5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

キリスト教は邪教です! PART 5

1 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 21:31:52
『キリスト教は邪教です!』ニーチェの現代語訳・・・だって。
その主張は、
1イエスとキリスト教は関係ない
2西洋の哲学者はほとんどがインチキ
3キリスト教が戦争を生み出す
だそうな。ホンマかいな?

関連
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062723123/qid=1121974081/sr=8-4/ref=sr_8_xs_ap_i4_xgl15/250-8744454-1354630
http://www.geocities.jp/tekina777/niche.html
part2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1124847976/l50
part3
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1133540210/
part4
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1145929338/

2 :孝える名無し 362:2006/05/30(火) 21:34:31
    __,,,,... -―‐-、__
=ニ_" ̄-...._,二   ,,..=''"   ""''=-、_
  ~~'''''‐、_ ''=;;;>ー`'―――--、    ヽ、     ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       `/         ヽ ヽ‐-、  ヽ   /  .る る と  |
       |エ`l  =''''エヱ,'' ‐/ /\    .l   l.  る る う  〈
       /(・)`|   /(・)  >  ヽ    \|   |.  る る お  〉
       /〈  ̄ "'  ,`ー- ' i   /\    |   〉  .る る る   |
.      l::::ヽ___ヽ  。゚ , ' l  ヽ__  /   〈   る る る  |
      |::::::r〜‐、     /     ,r、`i/    l.  る る る  〈
.       |::::::))ニゝ     /     2り /    _ノ     る る  ,〉
       |::::(_,,   /     (_/|-=二__        る  /
      !::  ""        / 入. |        \____/
       `ヽ、__,,,,........,,,,_/ / || |l|
.          〕;;;;;;;;;;:::::=''" _/||  ||/ |
       _|| ̄|| ̄|| ̄ ||.  ||,/|| ヽ
    '" ̄  ||  ||  ||   || /|    \

3 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 21:39:19
糞食ライダーは入場禁止

4 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 21:55:49
ダヴィンチ・コード見てきた。
やっぱり邪教だな。

5 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/05/30(火) 21:58:56
>>3
それはなりません。主が拒まないのにどうしてわたしたちは人を拒むことが
できるでしょう。ここは天下の大道2chです。興味のある方は皆いらっし
ゃい。主は誰も拒みません。無邪気な子供のような人が主はお好きなのです。

ヨハネ6・37
「父がわたしにお与えになる人は皆、わたしのところに来る。わたしのもと
 に来る人を、わたしは決して追い出さない。」

マタイ11・28−30
「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませて
 あげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに
 学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。わたしの軛は
 負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」

マルコ10・13〜16
「イエスに触れていただくために、人々が子供たちを連れて来た。弟子たち
 はこの人々を叱った。しかし、イエスはこれを見て憤り、弟子たちに言わ
 れた。『子供たちをわたしのところに来させなさい、妨げてはならない。
 神の国はこのような者たちのものである。はっきり言っておく。子供の
 ように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはでき
 ない。』そして、子供たちを抱き上げ、手を置いて祝福された。」

6 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/05/30(火) 22:05:39
>>4
そんなくだらない映画など相手にしてはいけません。大嘘つきの悪魔の
陰謀です。自分でよく勉強することです。福音書も読まずによくそんな
ことが言えるものです。

7 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/05/30(火) 22:08:28
まったく皆さんの不勉強にはあきれます。どこが哲板ですか。
看板に偽りありです。哲学の名誉のために言いますが、もう
少し勉強して論理的なことを言ってください。

8 :セイタン:2006/05/30(火) 22:09:11
逃げ足速き人の子、ジョンよ。
ならばわたしを拒むな。
わたしを受け入れ、人の子が楽しむ事の出来る快楽の全てを
味わい尽くすがいい。

9 :セイタン:2006/05/30(火) 22:24:14
くだらぬ映画を拒み、それを作った人の子を憎め。
不勉強な人の子共を怒り、憎め。
己の心の闇に叫ぶのだ、わたしの可愛い人の子、ジョンよ。
それがわたしに対する祈りとなるだろう。


10 :一言居士:2006/05/30(火) 22:42:51
>>7 わたしは福音書なら少々目を通しますが。聖書って一級史料ですか?
  イエスは神でも神の子でもなく、人間です。これは、ユダヤ教もそういう見解です。イスラム教は、イエスを預言者と言っています。
  

11 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 22:48:39
>8
お前、ベルゼバブの子分の一番下っ端のパシリですらないな
せいぜいレギオンの食べ散らかした残飯処理係ってとこかw

もうちっと大物を呼んでこないと、相手にもされんぞ

12 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 22:55:22
>10
ユダヤ教やイスラム教なら信じるのかね

13 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 22:57:34
ニーチェはイエスと新訳聖書はまったく関係ないと言っている。


14 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 22:59:58
そらそうだ

イエスが聖書書いたわけじゃないし

15 :一言居士:2006/05/30(火) 23:03:34
>13
まあ、ニーチェの描くイエス像も一説に過ぎないわけではあるが、聖書の言うことをそのまま鵜呑みにするのも難しいわけであり…

16 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/05/30(火) 23:09:47
>>10
>イエスは神でも神の子でもなく、人間です。

ではなぜイエス・キリストはご自分を神であると言ったのですか。
また弟子達もなぜ主を神と認めたのですか。

17 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 23:11:59
>15
鵜呑みにしなくて結構、おそらく余計誤解するだろうから

これはあくまで、あくまで俺の意見だがな、
荘子と老子を読め、聖書はその後でいい
ヨハネ氏は何と言うか知らんが・・・

18 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 23:14:43
>16
邪魔して失礼
もし彼が本当に若いのなら、時間はあるでしょう

19 :一言居士:2006/05/30(火) 23:21:01
>16 それは単なる誤解ではないのですか?もし仮にわたしが「わたしは神だ」と言ったって誰も信用しないでしょう。
    イエスが「わたしは神である」と言ったところで、それがそのまま神であることに結びつくのでしょうか?
    弟子たちは引っ掛かっただけじゃないのですか?

20 :18:2006/05/30(火) 23:26:15
俺はここで引く

・・・あとはヨハネさんに相手してもらえ



やれやれ

21 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 23:27:48
>>16
>>ではなぜイエス・キリストはご自分を神であると言ったのですか。

そんなことイエスは言ってないだろう。基地外はすっこんでろ!!



22 :tar:2006/05/30(火) 23:39:31
語るのはイエスという人間。

23 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 23:45:07
まず「聖書の記述が正しい」と思考停止してる人間になに言っても無駄

24 :孝える名無し 362:2006/05/30(火) 23:51:43
その時点で哲学ではないという罠。

25 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 23:57:52
人に試練を与え信仰を試す神が全能の神?

全能なら一目で見抜けよ
てか一目見る必要もないか・・・

26 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 00:45:26
馬鹿な民を惑わす術。

27 :さるべ:2006/05/31(水) 01:04:25
みなさん。初めまして。

いきなりですが、「汝の敵を愛せ」がキリスト教であるというのは誤解だ
という見解についてどう考えますか?

イエスは自分を神だと言ったんですか?
それじゃ、最期になぜ「神よ! 神!」と呼びかけたのです?
神ではなくて救世主(メシア)であるとしか言ってないのでは。


28 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 01:19:38
>>16
イエスが自分で神と言ったというのは、どこに書かれていますか?
主が神というのは、ユダヤ教から同じですし、イエスはユダヤ教徒です。
イエスは、ユダヤ教グノーシス主義者だと思うのですが。

29 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 01:20:09
旧約では誤解てか嘘
新約では微妙

信者が自分たちの組織を正当化するために適当なことを言うのはデフォ
どうせ奴らはまともに聖書読んでないからチョロイチョロイ♪とか思ってる

30 :理性的ニヒリストの実像性。:2006/05/31(水) 06:44:15
さて、大いなる始まりを、見届ける偉大さに引かれる者達よ。

あなた方の“一切”の歴史とは何であっただろうか?
ある人は、幸福の為に、又ある人は、運命の為に、更にある人は、全人類の平等の為に、別の時には呪われた自己の運命に復讐する為に、其処では一切の世界を否定する為に、そして何時の時も但、生きる為に・・・・・。

ある人は愛の為に、あの人は夢の為に・・・・・・。
その人は天国の為に、かの人は信じる為に・・・・・。
そして、人は人の為に・・・・だが人は“神”の為に・・・・・・・。
やがて“人”はあらゆる“不安”の為に・・・・・。
この地上に生きた人類は、全ての恐怖を有りの儘に、この地上に“残して”全ての“願い”の叶わぬ儘に・・・・・・・。

あの一つの“没落”へと・・・・・移り行く・・・・“命”の終わる所・・・“死”への“意志”する所へ・・・・・。


31 :理性的ニヒリストの実像性。:2006/05/31(水) 06:46:38
あなた方の“一切”の“記憶”を道連れに・・・・。
何が“真実”か?と何が“真理”と呼ばれるものか?!

“一切”の道徳的賢者を自負するものは、こう言う。
「神を知りなさい、真実を知りなさい、理解出来ぬから、愚かなのです!!」

「神を理解出来ぬ者は“真実”を語らずに“嘘”を吐くのです、嘘は“悪”です、憎みなさい・・・・、“神”を理解出来さえすれば、素晴らしい“知恵”を授かる事が出来るのならば。」

「・・・・だから・・・信じなさい、神を、理解しなさい、神の言葉を、その神の“言葉”から神を理解“出来る”と“信じなさい”!!」

「何故なら神を理解出来ぬ者達は皆愚かです、だから“堅実”に“誠実”に神を信じなさい、何故なら“真実”は私で在り、私の周りに有る“一切”は幸福な安らぎが待って居るのだから・・・・・。」と。

“誠実”であるとされる、神を知るものは神の言葉を
“誠実”に信じ続ける事で“真実”を創り上げる事が出来ると言う・・・・。

何故なら“人間”には“真実”や“真理”など創造する事を理解するなど出来ない!!!!!

あなた方“人間”になど偉大なる“真実”など創り上げる事など決して可能では無い!!!

我々は“真実”を創り出す事は出来ないのだろうか?
我々は“真実”を知る事が出来ないから嘘を吐くのだろうか?

我々は“真実”の中でこそ、一番幸福な安らぎを得られるのであろうか?

私は“疑い”ざるを得なかった、私は“反感”を持たずには居られなかった、私は“歌”はざるを得なかった・・・・・・。

彼らは“誠実”に信じろ、と言う・・・・ならば、私は“誠実”に“疑え”と言う・・・・・。

何故なら“その”信じる事辿り着く先に居る私は、もはや“幸福”すら欲しないある“場所”の存在の可能性を僅かでも、疑いの中でこそ、“信じる”事が、何よりも憧れと羨望の輝きを何よりも光らせているのだから・・・・・・・。


32 :理性的ニヒリストの実像性。:2006/05/31(水) 07:06:58
【“真実”的、信仰による“誠実”性と“疑い”的理脱による“誠実”性。】

私は彼ら達(神の言う事への理解を済した者。)の、言う“真実”に“誠実”であり、聖人は嘘を吐かないと私なりに、およそ、逆説的に“誠実”に“疑う”事から始めた。

《神を理解した者》への、自己観点視野による相対的な人類学的考察。

【神を知る者】を此処からはあえて【ノエシス】(ギリシャ思想学に置ける知を理解する者、又は知を持つ者を意とする、厳密には多少、異なるが・・・・。)
では、この神を【神を知る者、又は神を理解する者】(以下ノエシス)と名乗るモナド的預言者(“あなた”を小さな単子性原理主義の偉大な予言者の後継者である事を讃えて!!)が我々に開示して提出を示し。
更に、その“実在”性を感覚の概念化から※1存在的認識論を言語的解釈に基づいた、許容範囲以内に留められる“ある”程度の知識(少し意地の悪い言い方をしたが、噛み砕くと、神の知をもったとしたの

“彼ら”から見た我々への“認識論”への疑い。)を保有する事が果たして可能で在ろうか?無かろうか?と言う観点から“では”なく。


33 :理性的ニヒリストの実像性。:2006/05/31(水) 07:11:44
此処では、“彼ら”が神を理解した【知性で在る】と仮定した上で有って。

“其処から初めて”の“人類学的観点”から湧き出る“彼ら”への“誠実”なる危険的可能性への移り行きとなる“真実的幸福”から“偽善的幸福”までの距離と時間との対話的考察と。
その信仰の確証にまで結び付く、“現在”までに変わらぬ、“真実”である者が告げる倫理的価値観による“誠実性”の現実的現代へ回答として送る。

私の“誠実性”と彼らの“誠実性”への突き詰めた【知を欲する者としての“互いへの嫌悪感”】

※1軽率な誤解に躓かぬ為に言うが“認識”が先か?存在が先か?と言う凡庸な不理解を軽減する為、敢えて使わせてもらおう。“私”に言わせて貰えば、そのどちらも“先”だ、と言う事。

【ノエシス的思考論と我々哲学的思考論に置ける両者の認識感覚と能動性。】

私が、ある憶測と推測の結果が、その思考論の実証を何らかの価値の在る過程を通し。

その“匂い”と捏造された意識の概念を、私の理性がまさしく確定的だと、判定を下し。

知性としての認識の奥底へ刻み込む事が“もし、仮に私が知ると言う事”だと知らなかった事だとしても、
私は、こう言わざるを得ないだろう、そう神を知ると言う彼らに「真実として語り合う一切の口から出た、苦悩と言う名の家畜的精神が君達を真実へ走らせ。」
「又、数々の宗教的ノイローゼからの救世主を君達は現代までに悩み苦しんで来た!!」

「だが、私は“断じて”こう言おう!!君達の救いになる所が在る!!」

「もはや、神を理解できな者が居ろうと、人を救う事を行なわぬ者が居ろうとも良いのだ!!」

「“自分自身すら殺す姿”を、発見されなければ、あなた方は幸福になれる!!あなた方は賢き者となれる!!」

「だが、あなた方に何故、それが許せよう?何故、それを、もはや、静かに通り過ぎる事が出来よう?」

「あなた方は“自分自身”すら殺される姿に“同情”出来るではないか?」

あなた方には救いとなる点が在る。


34 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 08:05:15
小さなヨハネは親に一度も反抗したことがない反抗期のなかった子だお。
小さなヨハネはプラトンの書物を一度も読んだことが無いのにソクラテスを
尊敬する子だお。
小さなヨハネのスエーデンボルクと聖書のソースはあるサイトからコピペだお。
小さなヨハネは哲学を勉強したことないのに哲学を馬鹿にし、2ちゃんねるに釣りに
きてる子だお。


35 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 08:38:50
目の前の日本人すら信用出来ないのに、どうして2000年も前に死んだ外人男なんて信じられるか!

36 :理性的ニヒリストの実像性。:2006/05/31(水) 11:14:24
私はこう言おう。

「キリスト教は“低劣”だ。“だが”邪悪では無い。」と。

イエスは彼のユダヤ人たちに言った。「律法とは奴隷のためのものであった。――私が神を愛する如くに、神の子として神を愛せよ!
われわれ神の子にとって、道徳など何の関わりがあろう!」――。

ニーチェ著、善悪の彼岸、第4章・箴言と間奏。より、一部抜粋。

第2幕・哲学的先入観と宗教的先入観との間に置かれた“誠実”な言葉。

さて、諸君。より一層の“深み”と“高さ”を我々がより、哲学的な認識論を飛び越し、より哲学的先入観により、来たるべき方角と方向性への可能性を見失い。

新しい“価値”への評価を一つの誤った間違いだとする事、又は“そう”言う事を“正しく”無い事だ!!とか、それは、ひどく危険な思想であり、まったく間違った考えだ!!と言った
もはや、理性的先入観にすら「否」と「然り」を言えずにあのあまりにも「低劣」な「先入観。」への本能的な真理への誘惑を“欲望”だと、教え込み。

あの“全ての価値の転倒の試み”や、古代ギリシャ時代で一つの成熟を実らせた“偉大な賢人”として、自己自身のあらゆる“悩み”を一つの完全なる知恵として流れ環状する苦悩と憧れ
を、謙虚に叩き潰さんと素直に拒絶しては、虚無的な倫理論により、全否定し、全くの“愚かな間違い”だと言う、彼ら。


37 :理性的ニヒリストの実像性。:2006/05/31(水) 11:18:04
彼ら、そう「宗教的先入観」として《自己原因》(カウサ・スイ)を自らの《第一原因》(カウサ・プリマ)だと何の間違いも起り得ない、賢人としての財産を残した、彼ら(敢えて此処ではニーチェとプラトン、彼らを二人を差して貰おう!)の魂により書かれ、綴られ。

現代文庫の一つに陳列されている“書物”に描かれている“一切”の“感覚”が絡まり、導かれ通じ合う、事を翻訳とは言え、何よりも現代に生きる私に伝わり
呼び起こした、あの感情の内に押し寄せ、波の引いた跡に残され、砂浜に散らばる様に落ちてた、感覚と感情の傷跡は。

およそ、悩み抜き、生きたおよそ、苦悩の後の“不幸”により吐き出された、言葉とも、思想だとも、私は
自己の感性が創り挙げた、虚構の象徴が“彼ら”が、文体として連ねた概念の言葉は。

およそ、彼らの描いたもの(哲学的な散文)が、彼らを知る様々な人が言う様に“無意味”な事や“狂気”の末に“発狂”しその後に絶命した。

“彼らが”とても、自己にある虚無的な真実を否定する為に悲劇的な破滅の歌だとは決して、あの砂浜に残された“記し”が、何よりも、「否」と「然り」を言い、否定するのだ。。

人が生きると言うのは無駄な事か?又は、この自身が生きた生に「罪」は有ったか?そして、私が残したこの一筋の道を綴りあげる時、私は苦悩したか?

私は、何故に彼ら(哲学的観念)に生きた。

彼らが、まさに自身の瞬間を書き留め、まさに自身の“言葉”と“想い”を纏める事が可能であり。

更に、この一切の内に全てが納まった、この手元にある一冊の書に記された。


38 :理性的ニヒリストの実像性。:2006/05/31(水) 11:30:40
およそ、全ての“言葉”が、信じられる事に値する価値が在ると言うならば、私は、こう言わなければ、“真実”は嘘に偽りを着せる。

何故?彼らの言葉が信じられるか?だと?

もし、本能なるものが理性を超えて、感性に本能的な“感情”を創り出し。

もし、仮に「心」と言う場所に、彼らの感性と感覚が混ざり合う場所があって。
もし、仮に、その「砂浜」に打ち上げれてた、感情的に感性へ回帰する“一切”の・・・・・概念的な表象の本音に置かれた“音符”だとしたら?

もし、更に、その波に乗り新しい玩具をもって来た、海辺に新しい色とりどりの貝殻を旨く叩いて“鳴らした”時に感じた感覚が、あの才能の置かれた記しと同じもので有ったとしたら?
『神を理解しない哲学者が説く言葉は、真実ではありません、何故なら、彼らは愚かであり嘘を吐きます、だから、真実などでは、ありません。』

私が、もし【彼ら】(哲学的な観点の持ち主)の綴る言葉を全て理解した、とは。

およそ、とても、言えなくとも、この様に言わざるを得ない。

『彼らの生きる所には、幸福は無かったか?嫌、それよりも彼らが“良く”生きた事の方を何よりも、理解せぬば成るまい。少なくても彼らは“創作”すると言う事に於いて、その随所に残された“記し”が取り残されている。』

“彼”は真、良く“生きた”“彼”は真、良く“楽しんだ”。

少なくても“あの”時代を生きてると信じ続けた、最も『善くて善しい人』達よりは、その苦悩との隣り合わせに置かれた。

創作に於いては十分に楽しみを見い出し、又その喜びの中を“彼”フリュード・リッヒ・ニーチェは・・・・真『誠実』な良い“生き方”という思想の中に“生きた”。人と


39 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 11:58:17
なんだこの知性の感じられない駄文は

40 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 12:08:45
私はこう言おう。
オマエは“低劣”だ。

41 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 20:52:06
このスレも前スレや前々スレのように荒れて終わるであろう。

42 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 20:56:45
てか このスレじたい荒れるのが目的だろ?

43 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 21:09:15
>>42
勘違いしてもらっては困るッ!
このスレは、ヨハネとライダーの専用スレであって、
荒れるのが目的なんかでは断じてない。

傍観者たる我々が、ヨハネ・ライダー波を受信出来るという貴重なスレなのだ。

この際、スレタイのことは忘れてくれ。あれは単なる飾りだ。

44 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 21:13:06
荒れたほうが発信出力上がるんじゃないのか?

45 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 21:29:06
>>43
スレタイはキリスト教の反面教師的な部分を見つめなおす、
という目的にしてキリスト教の邪教ぶりを示すには十分適当だと。

46 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/05/31(水) 21:53:48
おい、偽預言者。小泉、アテが外れて残念だったなw

47 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/05/31(水) 22:14:52
『オーメン』が致命的なのは、黙示録にダミアンに対応しそうな
登場者がいないことだなw

48 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 01:18:19
新すれ
もうたってるよ


49 :tar:2006/06/01(木) 04:50:50
青空は神様の贈り物。
素直さは神様の宝物。

50 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 06:29:53
>>45
そだねw





少なくとも、皆 処刑ヨハネと小ライダーのことが大好きってことさ。
子供たちは皆 青空が好きであるように。

51 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 17:41:13
割礼って包茎手術とは違うの?

52 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/01(木) 18:38:16
これでも読んで勉強してろ。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/min/991520357/l50

53 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/01(木) 22:42:01
>>28
>イエスが自分で神と言ったというのは、どこに書かれていますか?

例えば次の箇所です。『在りて在る者』とは『神』と同義です。

出エジプト3・13−14
モーセは神に尋ねた。「わたしは、今、イスラエルの人々のところへ
参ります。彼らに、『あなたたちの先祖の神が、わたしをここに遣わ
されたのです』と言えば、彼らは、『その名は一体何か』と問うにち
がいありません。彼らに何と答えるべきでしょうか。」
神はモーセに、「わたしはある。わたしはあるという者だ」と言われ、
また、「イスラエルの人々にこう言うがよい。『わたしはある』とい
う方がわたしをあなたたちに遣わされたのだと。」

ヨハネ8・24
だから、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになると、わたしは
言ったのである。『わたしはある』ということを信じないならば、あ
なたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる。

ヨハネ8・28
そこで、イエスは言われた。「あなたたちは、人の子を上げたときに
初めて、『わたしはある』ということ、また、わたしが、自分勝手に
は何もせず、ただ、父に教えられたとおりに話していることが分かる
だろう。

54 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 22:46:27
言ったかどうかわからんが
それが神なのか悪魔なのかもわからんよな

なんせ悪魔は狡猾だから・・・

55 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/01(木) 22:47:02
次の箇所もそうです。これらは主は父なる神ご自身であると言って
おられるのです。

ヨハネ10・30
 わたしと父とは一つである。

ヨハネ14・7−11
「あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ること
になる。今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている。」
フィリポが「主よ、わたしたちに御父をお示しください。そうすれば
満足できます」と言うと、イエスは言われた。「フィリポ、こんなに
長い間一緒にいるのに、わたしが分かっていないのか。わたしを見た
者は、父を見たのだ。なぜ、『わたしたちに御父をお示しください』
と言うのか。わたしが父の内におり、父がわたしの内におられること
を、信じないのか。わたしがあなたがたに言う言葉は、自分から話し
ているのではない。わたしの内におられる父が、その業を行っておら
れるのである。わたしが父の内におり、父がわたしの内におられると、
わたしが言うのを信じなさい。

56 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 22:49:28
ほんと狡猾だな・・・

57 :tar:2006/06/01(木) 22:50:42
人の生き様を言い訳にするか。

58 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/01(木) 22:50:44
>>54
まあ、もぐらには分からないでしょう。

59 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 22:53:13

地獄に落ちるわよ!


60 :tar:2006/06/01(木) 22:53:29
クズが。

61 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/01(木) 22:54:28
主イエス・キリストが神ご自身であったことを理解出来る人は
極めて稀です。クリスチャンでさえ分からないのです。

62 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 22:57:37
マタイの福音「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」
マルコの福音「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ」
どっちも「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」


「はぁ?お前神じゃね〜の?」ってことか?

63 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/01(木) 22:58:34
主が父に祈られたのは主のへりくだりを表わします。またそれは
わたしたちにお手本を見せられたのです。

64 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 23:00:19
ゴミどもは神にへりくだって生きとけ!  ってこと?

65 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/01(木) 23:01:57
>>62
さらに試練は絶望に至って完成します。主がご自身の霊魂である父に
祈るのは主の試練の完成です。

66 :tar:2006/06/01(木) 23:02:01
月並みだな。

67 :一言居士:2006/06/01(木) 23:03:39
>小さなヨハネさん
イエスの生きていたころを伝える史料は、聖書以外に何がありますか?

68 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 23:06:00
ルカの福音「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます」
ま 自分の師匠を見捨てて逃げ出したダメダメ弟子たちの書いたことだから・・・

そんな奴らの書いた物語を信じてる奴も大勢居るみたいだけど

69 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/01(木) 23:10:49
帰り道に電柱の上に銀色の大きな毛玉が乗っている。

と、思ったら鷲。

70 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/01(木) 23:12:18
クルマに驚いて逃げる子狐。

71 :考える名無しさん ◆8U./Lb8Pi6 :2006/06/01(木) 23:40:33
神はいない。虚無の宇宙だけだ。

生命現象上の自我という現象の上にたまたま生まれ、
そして死んでゆくだけだ。

しかし、その根拠は、基督者が神を信じる程度に等しい。

72 :さるべ:2006/06/01(木) 23:44:22
>>68
ま 自分の師匠を見捨てて逃げ出したダメダメ弟子たちの書いたことだから・・・
そんな奴らの書いた物語を信じてる奴も大勢居るみたいだけど

よくそう簡単に言えるね。私だったら間違いなく見捨てて逃げる。
そういう罪深さを私たちは持ってしまっているってことでしょ?
乱暴に言えばイエスをあの十字架にかけたのは私たちだ、という。


73 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 00:32:48
イエスが痔だったって本当ですか?


74 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 01:12:28
>>53
引用のどこにもイエスが自分で神といっているところはありませんね。
また、スピノザの汎神論と矛盾もしませんから、
イエスは哲学で言うところの「私」の存在性を神と読んでいる可能性もあると思います。
つまり、全ての人の内に神があり、全ての人が神である可能性もあります。
イエスがユダヤ教グノーシス主義者であると考えるとこの点もおかしくはないでしょう。

75 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 03:47:27
そもそもイエスが実際に言ったことと、2世紀に成立した「新約聖書」を関連づけるのは無理があるでしょう。
ほとんど当時の権力者=教会がでっちあげた話なんだから。



76 :tar:2006/06/02(金) 04:22:39
意義のあるでっちあげは人を惹きつける意味なく支持をされません。
分からないことは分かることに関連づけて検証してみればいいのです。

77 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 04:58:54
キリスト教が邪教だとしても人間が今まだ滅んでないのに
一役買ってるのは確かだろ。

78 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 05:10:32
疑問だけど

機械的唯物論者=哲学者最高位=デアルカ=ハルカ=爆乳大佐
  
だろ?



















79 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 08:39:40
>>77
キリスト教が蔓延し、教会が科学者を異端として弾圧し、あらゆるキリスト教に反する本を燃やした
中世の暗黒時代のせいで、人類の発展が1000年遅れたと欧州で言われてるのを
知ってのことか?

80 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 09:01:45
いや案外人口増加を制御してきたのかも・・・
なんせ人殺しの数じゃダントツだからな

最後の審判とか言ってるし

81 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 11:23:45
死海文書によるとイエスは古ユダヤ教の秘教派であるエッセネ派に属していた。

エッセネ派は、太陽を中心にした自然崇拝の日本の古神道に似た宗教であったと言う。
イエスは、天照大御神を崇拝していた。
「天にましますわれ等の父よ」の祈りは太陽を祈っていたのだ。


82 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 15:34:45
>>79
この本にもそう書いてあるね。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4198921776/503-3792077-4243938?v=glance&n=465392
>>81
>エッセネ派は、太陽を中心にした自然崇拝の日本の古神道に似た宗教であったと言う。

ソースきぼんぬ

83 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 15:42:28
>>53,55
つまり直接は言っていないということでしょ?
それならそれはあなた個人の解釈というふうに、
自分でとらえられないかな?
それともあなたの属する宗派ではそう解釈してるとか。
あなたが変に見えるポイントはそこ。

84 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 16:05:31
ぼくの中でイエスは、ローマの圧政に苦しむ民衆に
人間としての基本的な誇り、日常の生活に存在する喜びや幸福感を
思い出させようとして語りかけ、権力と結びついて形骸化した宗教にかかわる
律法学者たちを、その卓抜した論法でばっさばっさ斬っていった、
かっこいい論者だww
それをなんか水の上歩けたり、死んでも甦ったりする「モンスター」に
しちまってるのはその後の「キリスト教信者たち」だと思ってる。

結局もとのもくあみだ、とイエスも草葉の陰で泣いてると思うぜww

85 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/02(金) 18:00:35
あー、小泉政権の相乗りウゼー。殺すぞ、コラ

86 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/02(金) 18:04:06
屑どもめ。さっさとこの世から消えろって。

87 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 18:14:39
よくわからないけど殺人予告?

88 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 18:55:05
ダビンチのコードによって教会の邪悪な歴史が表沙汰にWWWWWWWWWW

89 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 19:21:38
いや ダビンチ・コードは聖書と一緒で小説だから

90 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 19:35:35
>>79
そんなこと言うなら西洋文化自体を否定して地球と共存をしていた頃
のアニミズムが「精神的には」合理的かつ進んでいたのでは?
ってな立場もありな気がするね。自己を否定するようだけど。

91 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 19:57:13
ダ・ウィサク・コード














池田大作による世界的名著。

92 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 19:57:49
>>84
奇蹟のないイエスなど炭酸の抜けたサイダーのようなものだよ。
イエスと同じように太陽を崇拝した古神道の神人黒住宗忠も
ライ病人やメクラやイザリをその場で治し、一度息を引き取った死人をも
蘇えらしたりしている。
まっ、おのれの我を全く消し去って大自然と完全に一体化した神人なら
奇蹟は当然起こるべくして起こるものだよ。
21世紀の現代でも奇蹟は起こっているよ・・・。
君のイエスはただの革命家、ただの思想家に過ぎない。
そんなのイエス・キリストじゃあない。

93 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/02(金) 20:08:42
『オーメン』のダミアンの元イメージは、多分、
ヘッセの「デミアン」だよな。どうでも良いん
だけどさ。

94 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 23:06:25
どうでもいいことを書くな。ばか

95 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/02(金) 23:09:19
どうでも良いようなコメント、有難うござい真下。

96 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/02(金) 23:39:37
しかし、皆さんの国語力のなさ、読解力のなさには呆れます。これで
哲学など出来るのでしょうか。モーセに対して神は『在りて在る者』と
自己を名乗り、主もまた『在りて在る者』と名乗ったら、神と主は
同一であることくらい論理の基礎ではないですか。

97 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/02(金) 23:42:25
全く哲板のレベルはひどいものだ・・・。

98 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 23:42:46
>>96
俺も『在りて在る者』と名乗れるよ。

99 :tar:2006/06/02(金) 23:44:54
まったくです。

100 :一言居士:2006/06/02(金) 23:51:02
>96 同姓同名の人間は、同じ一個人とは限らない。

101 :tar:2006/06/03(土) 00:10:43
誰それの仕事に固執する姿はいかにも女性的です。

102 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 07:11:25
小さな彐ノ乀ネたんは、もう初潮は終わったのかな?(;´Д`)ハアハア

103 :考える名無しさん :2006/06/03(土) 09:33:40
>>102
氵礻彐、才乄ー。
小さな彐丿乁礻たんはょぅι゙ょに決まってんじゃん。

だからきっと 丫 こんな感じ。

104 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 09:45:42
とにかく神に祈るがいい、凡人どもめ

105 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 10:04:35
大木凡人は7月1日生まれ。



>> だからきっと 丫 こんな感じ。

ワロスwwwwww

106 :さるべ:2006/06/03(土) 10:05:36
>>96
>モーセに対して神は『在りて在る者』と
自己を名乗り、主もまた『在りて在る者』と名乗ったら、神と主は
同一であることくらい論理の基礎ではないですか。

論理は前提を是とした上で成り立つ。
その前提が是なのか非なのか等等をわざわざ哲学しているのに
それを是としたのでは、そこではもはや哲学は要らない。
それを>97全く哲板のレベルはひどいものだ・・・。
と言うのはどうなんですか。
それに
>>61>主イエス・キリストが神ご自身であったことを理解出来る人は
極めて稀です。クリスチャンでさえ分からないのです。

それはもう哲学というより個人の姿勢の問題でしょう。
ですから
主が神であるとして、その先に哲学を進めるのなら
仮の前提と断わってからにすべきです。あなたのいう論理の基礎はそこからです。






107 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 11:02:22
だから 「聖書が正しい」って時点で哲学も議論も無意味
チラシの(ry

108 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 11:06:13
>>96
で それがなんかの証明になるの?

109 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/03(土) 12:41:39
>>87
人倫と平和を愛する国民の崇高な義務だからな。許可証も
もらってあるし(前スレ参照)。

110 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 14:56:24
嗚呼、汝等、信仰うすき者よ・・・!
ヨハネはん、あんたのことでっせ・・・!


111 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 17:33:30
一部の教会関係者がすれを荒らしていますが、以後無視でお願いします。
ここは、ニーチェのアンチクリストのすれです。



112 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/03(土) 17:35:34
>>67
>イエスの生きていたころを伝える史料は、聖書以外に何がありますか?

ローマの歴史家でフラビウス(?)の「ユダヤ戦記」(「ユダヤ史」?)という
本に少し記載があるように聞いています。(当方未読)

113 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/03(土) 17:43:54
全く皆さんの頭の固さには驚きます。人の証明云々より、皆さん自身は
イエス・キリストを神と思うのか人と思うのかそれを言ってください。

イエス・キリストはご自身を神と実質上言われたことは福音書により
明らかです。福音書は2世紀ではなく、キリストを見た人間が存命中
の時代に書かれたであろうことはほぼ確証されているそうです。
福音書ほど当時からの写本がたくさん存在している文書はないのです。

114 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/03(土) 17:49:19
弟子たちは勘違いしたとか、人々は騙されたとか皆さんは平気で
言いますが、そんなくだらないことでキリストに対する信仰が
広まったり残ったりすることは在り得ません。
それはイエス・キリストが真に神であり、主を目撃した人たちが
事実を伝えようとしたからに他ならないのです。
そうでなければ使徒をはじめ、どうしてたくさんの人間が殉教など
するでしょう。

115 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/03(土) 17:50:29
ほんとうに皆さんは霊的に死んでいます。思考停止も甚だしい。

116 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/03(土) 17:53:37
ニーチェはもちろん、カントも霊的な盲目、愚鈍そのものです。
彼らが皆さんの先生なのですから、生徒も盲目愚鈍は当然なの
でしょうが。しかし聞く耳のある者は聞いてください。

117 :一言居士:2006/06/03(土) 18:13:38
>>113-114
イエス・キリストは人間なり。使徒や信者から、神のような存在(あくまで神ではない)と見なされた人間なり。


118 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 19:00:26
>>114
前スレで
「殉教は正しさを証明しない。命懸けの自爆テロをお前は正しいと思うのか?」
みたいなこと聞かれてたのを
お前が何て答えるか楽しみにしてたんだが、放置してたよな。
"自分の手に余ることは放置する"
この点だけはお前が持つ数少ない賢明さだと思ってあえて黙ってたんだが
ここでまた殉教によって正しさを主張するならこの質問に答えてからにしてくれないか。

119 :一言居士:2006/06/03(土) 19:06:54
>118
そういえば、ニーチェも「アンチクリスト」のなかで、殉教と真理の間には相関関係は存在しないと言ってましたねえ。

120 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/03(土) 21:56:35
>>118
まず殉教と自爆テロが同じとは思いません。
それから、あなたはなぜキリストを信じた使徒たちが殉教したというのですか。
その理由を答えてください。

121 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/03(土) 21:59:47
>>117
>使徒や信者から、神のような存在(あくまで神ではない)と
>見なされた人間なり。

あなたがそう思う根拠は何ですか。聖書にそういう箇所がありますか。


122 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/03(土) 22:01:55
>>118
それからあなた自身はキリストを人と思うのですか、神と思うのですか。

123 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/03(土) 22:05:10
皆さんは人の言葉をあげつらうばかりで自分の考えなどないのです。
誰がどう言っていたからといって、それがどうしたというのです。
自分で信じてもいないことを記憶知から述べているだけです。
自分で考えずに何が哲学徒ですか。

124 :tar:2006/06/03(土) 22:08:21
必要を超えた存在を必要に治めるのが人間。

125 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 22:16:08
>>116
カントは、あなたよりも遥かに純な敬虔なこころと、愚鈍なあなたとは比べるべくもない
素晴らしい聡明な頭脳をもつ歴史上の偉人です。
カントは神や真実在の如き物自体は、人間の理性の認識能力を越えるものゆえ
わたしには分かりません、と謙虚に認めています。
ニーチェは、キリスト教のドグマによって歪められたヨーロッパ二千年の
歴史的真実を見抜いたが故のキリスト教批判です。
これまた素晴らしい天才的叡智ではありませんか・・・。
これのどこが盲目愚鈍なのですか・・・?
小さなヨハネよ、盲目愚鈍なのはあなたの方です。
カントの「純粋理性批判」とニーチェの「アンチクリスト」この二冊は
必ず熟読してください。
そうすれば分かるはずです、バカでない限りこの二人の天才の偉大さが・・・。

126 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 22:20:34
小さなヨハネさん、貴方はキリストを神というんですね。
クリスチャンはキリストを神と同一視しているようですが、
一般的にはキリスト=神の使いではないですか?
私はそう記憶しているのですが…。私はキリストを人だと思いますよ。
理由
一.キリストが神なら、何故迫害に遭って処刑されたのか。
二.何故現代社会において、キリストはただの宗教対象の一つとして成り下がったのか。
三.神が存在するなら、キリスト以外の事物を神として崇める人々を、間違った方向に誘うはずがない。
四.そもそも神であるという根拠がない。

どうでしょう? 


127 :一言居士:2006/06/03(土) 22:42:03
>>121
どうして、聖書、聖書とそれだけをよりどころにするのですか?そもそも、聖書は弟子たちが書いたのでしょう。
私の説>>117が正しければ、聖書にイエスは人間であるという記述がなくても不自然じゃないですよ。
なぜなら弟子たちはイエスを神と思い込んでいたからです。
ですが、それは弟子たちにとっての神でしかなく、人類普遍の神ではないということになります。

128 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/03(土) 22:47:01
近代自我の傲慢から抜け出せない奴。

129 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/03(土) 22:47:48
>>125
>カントは神や真実在の如き物自体は、人間の理性の認識能力を越える
>ものゆえわたしには分かりません、と謙虚に認めています。

だから愚鈍だと言うのです。人間の理性は神の存在を認識することが
できます。カントにそれが出来ないというだけです。主人から預かった
1タラントンを地面の中に隠していた愚かな僕とは彼のことです。
それは、認識能力を神から与えられていたのに使わなかったという
意味です。

130 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 23:06:00
結婚でもしてみたらどうだね。お前ら。

131 :tar:2006/06/03(土) 23:09:20
「すべての肉のいのちは、その血そのものである。」(レビ記17-14)

132 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 23:21:15
もまいら、小さなヨハネたんを虐めるな。




このお方は、聖・少・女であられるのだゾッ!




処刑ライダーはお付きの運転手だお。

133 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/03(土) 23:24:34
>>127
>なぜなら弟子たちはイエスを神と思い込んでいたからです。

それはどうしてですか。

134 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 23:29:49
ヨハネさん、>126の質問にも答えて下さいね。

135 :一言居士:2006/06/03(土) 23:36:21
>133 
イエスの言動に感動したからじゃないんですか?神のような人だと。
しかし、「神」のような人と、神は違います。

136 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/03(土) 23:41:07
神の存在を理解する者にとって、神は理性では分かりませんなどと
くだらないことを言う人間はもぐらに見えるのです。しかもそう
言うことが賢いと思っているのですから愚鈍なことこの上ありません。

白痴のニーチェや愚鈍なカントを崇拝する者たちも同様です。

137 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 23:43:00
で、神っていったい何なの?
見たこと無いが。

138 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/03(土) 23:45:51
>>135
>イエスの言動に感動したからじゃないんですか?神のような人だと。
>しかし、「神」のような人と、神は違います。

使徒たちはキリストのことを神のような人だと思ったのですか。
それとも神だと思ったのですか。

139 :一言居士:2006/06/03(土) 23:50:14
>136
>神の存在を理解する者にとって…
「理解」じゃなくて、「誤解」ではないのですか?
>白痴のニーチェ
あなた随分ニーチェを悪く言いますねえ。気違い・白痴・狂人などと・・・


140 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/03(土) 23:52:26
>>125
>カントは、あなたよりも遥かに純な敬虔なこころと、愚鈍なあなたとは
>比べるべくもない素晴らしい聡明な頭脳をもつ歴史上の偉人です。

神の存在も理解できない愚物のどこがそんなにすごいのですか。

141 :一言居士:2006/06/03(土) 23:54:04
>138 弟子たちはイエスを神だと思ったのです。ちょっと文章がわるくてすいません。
     
     しかし、実在するのは、神のような人であって、神ではない。

142 :tar:2006/06/03(土) 23:54:12
神のような人を神だと思った。

143 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/03(土) 23:54:38
>>135
>>139
>イエスの言動に感動したからじゃないんですか?神のような人だと。
>しかし、「神」のような人と、神は違います。

使徒たちはキリストのことを神のような人だと思ったのですか。
それとも神だと思ったのですか。

144 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 23:57:00
存在の意味を履き違えている小さなヨハネよりはマシでは。
君の「理解」は他者には通用しない「理解」なのではないかな?
君が理解したと言うならそれでもいいけど、他の誰かと共有するものではないんだよ。
よってヨハネの考えは社会、及び世界にも通用しないんだ。

145 :一言居士:2006/06/03(土) 23:57:08
>>142
そうです。僕のいいたいことはそういうことなんです。

146 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/03(土) 23:57:54
>>141
>弟子たちはイエスを神だと思ったのです。ちょっと文章がわるくてすい
>ません。しかし、実在するのは、神のような人であって、神ではない。

なぜ彼らはキリストを神だと思ったのですか。


147 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/03(土) 23:59:38
>>144
皆さんのようなもぐらには理解できないでしょう。

148 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:00:31
>>143
ただの犠牲者でしかなかったのでは?
人々(暴圧下の者)の同情心が感極まってナザレの人を神に仕立て上げた。
パウロが僧侶としてそれを道具として使った。

149 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:02:31
君たちが犠牲になって、神を打ち立てたのでしょうね。
神の祝福があるのでしょうね。

150 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:03:19
>147
もぐらには理解出来ないだろうねー。って言ってる時点で、
自分の考えが絶対的に正しいという根拠を持ってないんでしょうな。
不特定多数の人を説得させる自信がないから、ある事ない事並べて
ちょっと言い返されたら「凡人には分からない」と逃げる。
そんなの誰でも言えるよ。
じゃあキリストが神ではないって言って君が反論してきたら、
「小さなヨハネには理解できないだろうね」って言ってあげるよ。


151 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:03:38
「神」の定義ってなんだよ

152 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:06:55
>イエス・キリストを神と思うのか人と思うのかそれを言ってください。

実在したイエスキリストのことならどう見ても人間だろ

きみの言うイエス・キリストはキリスト教が神と祭り上げたもんだろ?
そんなのはキリスト教内の事情 人類の常識みたいに勘違いしてないか?
オームとイメージかぶるぞ

153 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:07:31
>>151
それはまた別スレで

154 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:07:36
ギリシア神話の神
日本の八百万の神
古代エジプトの神
イスラム教徒の神
キリスト教徒の神
北欧神話の神
その他もろもろいっぱい在るけど、
昔の人々はどう考えていたのだろうか?

155 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/04(日) 00:07:52
>>148
そんなくだらないことで誰が信じるでしょう。昔の人がそんなことで
信じたと思うならおよそ現実味に欠けます。

156 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:10:46
平家にあらずんば人にあらず
クリにあらずんば人にあらず

157 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:12:04
無神論者にとっては>>155の考えのほうが不思議だ。
まあ、死んだ私のじいちゃんは偉大なる私だけの神(仏)であるが・・・

158 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:19:36
しかしながらイエスが多くの人に愛されていることは認める。
ニーチェに批判されようとそれは事実である。

159 :tar:2006/06/04(日) 00:28:53
神の名を呼ぶことは行為に対するもので関係を断ちます。
存在そのものが必要とされないのは出来ないからです。

160 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/04(日) 00:30:05
>>152
>きみの言うイエス・キリストはキリスト教が神と祭り上げたもんだろ?
>そんなのはキリスト教内の事情 人類の常識みたいに勘違いしてないか?
>オームとイメージかぶるぞ

人間には神でない者を神に祭り上げることなど出来はしません。
キリスト教内の事情程度でそんなことが出来ると思うのでしょうか。
それができるなら、とっくに麻原某は神になっていたでしょう。

161 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:31:04
しかしながら小さなヨハネが多くのバiタに愛されていることは認める。
2chで批判されようとそれは事実である。

162 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/04(日) 00:32:41
>>157
神というのはあなたのおじいさんや奥さんのことではありません。
万物の創造主のことです。

163 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:33:50
>>160
「永生」という概念をイデオロギー化すればそれは可能である。
キリスト教がそうであるように・・・

164 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:35:07
>>162
結局それは、キリスト教から見た神の定義だよな
その定義はイスラム教のアラー、仏教の仏とも異なるよな
つまり、神でない者を神に祭り上げている者がいることになるよな

165 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:35:59
時代によっちゃ麻原も神になってただろな

キリストだって死んだ瞬間から大勢の人に神と認められたわけじゃない
復活を信じない弟子たちもいたわけだし
信じた弟子たちがそれを命をかけて広めていった結果だろ?
弟子たちがなにもしなきゃただの受刑者

166 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/04(日) 00:39:07
まったく皆さんの非常識・人間に対する洞察力の無さには呆れます。
真実でなければ力など持ち得ないのです。ただの嘘や思い込み、事情や
祭り上げで、どうしてキリストに対する信仰が発生し、存続するでしょ
う。疑り深い人間相手にそんなことは不可能なのです。

167 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:41:14
弟子たちの血の努力は無視か?無視なのか?

168 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:43:21
>>166
人間は思い込みや固定観念に縛られやすいのだよ。
構造主義的思考?
自分を取り巻く環境下にあっては自己は解明できない。
外からみて初めてそれに気付く。

169 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:43:44
どうして基督者が至上なのは何故なの?




つか、小さなヨハネはカトリック?プロテスタント?それとも基督教系のセクト?

170 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:44:42
そもそも、真実はなんぞや?という件。
キリスト教に真実はあると思う。
しかし、唯一絶対な真実はないだろ。物理法則くらいか。
キリスト教が宗教として唯一絶対の真実ではない。

171 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:47:24
>166
そういう時代だったからじゃないの?
リアリズム即ち科学が世を動かすようになったのは、つい最近だよ。
だったらイスラム教も仏教もヒンズー教も存続している理由を述べてよ。
仏教に至っては、実在の皇族まで神として祀り上げられてるんだけど?
まさか天満宮や東照宮やらが神様を祭神にしてるとは思ってないよね?



172 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:57:52
カトリックから異端視されていたグノーシス派も
キリストを否定してるわけじゃないよな霊的存在って言ってるんだから


物質が原罪そのもので物質を想像した神は下等な神(?)
キリスト教では神が信仰を試したり試練を与えられたり
まるで悪いことした奴に罰ゲームさせてるようなことするらしいじゃん
それってそういうことじゃないか?

173 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 01:17:22
誰かリーゼンフーバーでも呼んでこいよ

174 :リーゼンフーバー:2006/06/04(日) 02:33:34
ん?俺リーゼンフーバーだけど、何か聞きたいことある?

175 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 03:23:53
>>174
「聖・少・女」小さなヨハネたんの聖水飲ませてお。

176 :一言居士:2006/06/04(日) 09:05:33
>>166
疑心暗鬼というように根拠のない疑いほど人間はとらわれる。たとえば、強迫神経症の強迫観念。
強迫観念というものはしぶとく、冷静な認識を妨げるものだ。「…のような感じがする」と、強い思い込みを抱く。
このことから、あることが説得力をもつことと、それが真実なのは別のことである、と思うのだ。


177 :さるべ:2006/06/04(日) 09:46:20
>>150>もぐらには理解出来ないだろうねー。って言ってる時点で、
自分の考えが絶対的に正しいという根拠を持ってないんでしょうな。
不特定多数の人を説得させる自信がないから、ある事ない事並べて
ちょっと言い返されたら「凡人には分からない」と逃げる。
そんなの誰でも言えるよ。
じゃあキリストが神ではないって言って君が反論してきたら、
「小さなヨハネには理解できないだろうね」って言ってあげるよ。

ヨハネさん。もうあきらめませんか。これじゃお互い理解できそうにないですし。できないんだし。
確かに何千年も受け継がれてきたのですから、その中身も考えれば、嘘やデマが残り続けるとは考えにくい。
ほぼ確たることとして見てもいいでしょうが
100%の確証にはならないでしょう。
ところであなたは神の存在を立証・・・したのですか??

178 :tar:2006/06/04(日) 10:33:44
絶対の「生かす」が奇跡で「生かされる」が平等な「生きる」「生きられる」。
対等の「生きる」が奇跡で「生きられる」が相対な「生かす」「生かされる」。

179 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 11:21:13
>>177
>確かに何千年も受け継がれてきたのですから、その中身も考えれば、嘘やデマが残り続けるとは考えにくい。

このような"大人"な考えに付け込まれて、下劣な弱者に都合のいい言説が残ってきたのだよ。

180 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 11:29:28
>>171
間違ってるよ・・・!
仏教ではなくて神道・・・。
天満宮の祭神=菅原道真
東照宮の祭神=徳川家康

181 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 12:05:02
小さなヨハネよ、神は理性では認識できないよ。
神や絶対を認識できるのは、本物の信仰心に裏打ちされた
直観的叡智だけだよ・・・。
釈迦やイエスは勿論、古来よりの真の宗教的達人たち・・・
すなわち、ウパニシャッド哲学をつくったヨーガの古仙人たち、
中世キリスト教神秘主義の聖者たち、
イスラム教のスーフィ二ズムの聖者たち、
中国、日本の禅の達人たち、
かれらの宗教的体験による直観的叡智でしか神を真に認識することはできない。
まだ、カントのほうが謙虚で正直だな・・・。
小さなヨハネよ、君は嘘つきだ・・・。
西田幾多郎博士の「行為的直観」でも読みなさい・・・。

182 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 13:41:17
>180
ああ、すまん。仏教の類に神道も入れてた。

183 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/04(日) 14:50:59
>>177
>ほぼ確たることとして見てもいいでしょうが
>100%の確証にはならないでしょう。

結局不可知論者には何も理解できないのですね。

>ところであなたは神の存在を立証・・・したのですか??

神の存在の立証とは何をもって立証というのか具体的に教えて
ください。

184 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/04(日) 14:54:00
>>181
あなたのようなもぐら学者には何も理解できないでしょう。
あなた自身はイエス・キリストを神と思うのですか、人と
思うのですか。

185 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 14:56:36
なんかよぉ、卑小なヨハネに反駁の余地を与えすぎ!
わざとにやってんだよな、きっと。

まだまだ続きますね!

186 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/04(日) 14:56:42
皆さんは霊的な知識も判断力もないのでカントを偉いと思うのです。
カントは愚鈍で狡猾な狐です。

187 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 15:04:45
このスレはいつまでもこうなんだな・・・・。

188 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 15:16:17
「霊的な知識も判断力」って言われて、
「はいそうですか。まったくすばらしい」
なんて答えたら「哲学」ではなく「宗教」だもんなぁ。

189 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 15:36:10
>>184-186
コピぺしてんじゃねぇ!だから「卑小」と呼ばれるんだ!

190 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 15:45:35
      /  , -''"´     \
  / /  /  ,. ‐'''""~´ ̄ ̄\
 V /   /  /             }
  ∨ /  / ,,.. -一ァ',二二二{
   V  ,..,/ ,.ィ彳 f==<r'二二二{、    | ̄ ̄              __|__ |
   ∨| ヘ`<=''~   弋ッ-ミ'''テ~ナ/    |ー― \/ ´ ̄| 「 ̄`  |   | \/
    〉'| | ト、   i{   ,..`二/ =|/''′     |__ /\ 匚]__ !__,  |_ |  __/
   //ヽヽぅ   ヽ     {   =|
   //匚 ̄]〕       丶,-‐ ,>      ( そ の と お り で ご ざ い ま す )
  /´r┐|__,|ト、       、____`7´
__人..二.」'   l>、    ヽ`,二/
     ´"''ー-論\  ∠三ノ
―-、__        ``ヾニ='′
     `ヽ      /、
       |‐- ...__   /ヽ\_
         \    ̄   `ヽ \

191 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/04(日) 16:14:09
>>181
>小さなヨハネよ、君は嘘つきだ・・・。

では、あなたはどうなのですか。
あなたはわたしの前に過去いくつのハンドルネームを使ったか
具体的に名をあげて答えてください。

192 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 16:16:57
おまえは今まで食ったパンの枚数をおぼえているのか?

193 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/04(日) 16:17:21
それが出来ないなら、あなたこそ大嘘つきだ。

194 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/04(日) 16:20:08
>>192
パンの枚数と自分の使ったハンドルネームとは違います。
思い出すだけで結構、あげてみてください。

195 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 16:20:22
ゆるさねえッ!
あんたは今 再びッ!
オレの心を『裏切った』ッ!

196 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 16:26:59
小ヨハネくんの言う霊感というものが、ごく少数人にしか与えられていないならば
大多数の常人は永遠に君のいうことを理解できない。
ついでにイエスキリストは実在したかどうかもわからない。

197 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 16:54:47
いや、目覚めてないだけだッ!
さぁ、霊的感覚に目覚めなさいッッ!!
でないと、この展開が終わらないでしょッ!
霊的判断に従ってはいはいうんうん素晴らしいと言えばいいンですッ!!

198 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 17:20:45
1947年、イスラエルの死海の辺にあるクムランの洞窟で、
近くに住む羊飼いの少年が迷える子羊を探しているうちにある古文書を
発見した。
これが世に名高い死海文書である。
これによって、イエス・キリストが歴史的実在の人物であったことが
証明された。
ついでに言うと(重複するが)、文書によるとイエスはエッセネ派という古ユダヤ教の
秘教グループに属していて十代の頃から霊的修行を積んでいた。
エッセネ派は太陽を中心とした自然崇拝の日本の古神道とおなじアニミズム
の宗教であった。
森羅万象のなかに神をみるという、最も原初的で最も生々しい親身にせまった
宗教、それがアニミズムなの・・・。
ある意味最も原初的即最も新しいものなのかも・・・。
「天にましますわれ等の父よ」とは太陽のこと。
イエスは天照大御神を崇拝していた。

も一つ、ついでに言うと>>181はわたしです。
小ヨハネくん、わたしは、ハンドルネームなど使った事はありません。
だって、このレスにはつい最近来たばかりなの。
あんまり、君が嘘ばかり言うからつい苦言を呈しただけ。
どうしても、ハンドルネーム使わないといけない・・・?


199 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 17:23:18
>>197
今いきなり目覚めた!
霊的感覚がついに!
すばらしすぎる!感動だ!
神が見える!

200 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 17:28:47
>>199
おいおい、大丈夫か・・・?
なんか、悪い物でも食ったんとちゃうか・・・?

201 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 17:29:47
  ,. ---――- 、    / /  ヽ| ,. -―、,ィ'´,ィT;;T ヽ、
/          ヽ   ト、| ヽハl />- // ///;;/   i!
 知  バ  マ  ジ ヽ l ヽ、Ll {_/__ ノ/ ///;;/  /:l _,. -――‐、
  っ  カ  ジ  ョ   ヽト、   <_ノノノ/;;/ /:::ノ
  て  に  レ  ジ   |lヾ'', - ' ´  `ヽ、;;//::::/
  た  さ  ス  ョ    .| Y へ,_ ''  __,,. -'ヽヽ / ひ  通  お
  か れ  で ネ   l | ,tt:ァ、ノ  ,.,、__  〈/  と  じ  っ
  ? る   応 タ   >l ''  ノ ::  `ー'´ 、/;   り   な  と
  マ  っ  え  に   / l、l  ,、ヽ',、     ノ//    登  い  ネ
  ヌ  て  る  対  | ,、 l  ノ三ヽ、   、//l     場  ア  タ
  ケ     と   し   l/  ',   ー-- `  // .|   ∫  ホ  が
              ノn  /.l _     //レ l    ∫  が
ヽ_____,. -/⌒ヽ/ ヾ、_`ヽ _,,. // / ハ       
  r'―‐-、  ヽr'=、、ヽ' /-、::::: : :   /// / ノ         
  |:: :::   ヽ/:.:.: ノノ r' 〉 }     // /、-、 ̄ヽ
__f::: 、  r'=、、/Y ハ l, 、/\   // /::::ノ/:.:.:.:.:.:.ヽ、____ノ
ヽ--、__/ヽ='_'l_(__)' >、lー/:::ノ  ̄.//-'::::) /イ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
-イ´   {     ̄ ; ノ、/ |ヽ、f:://-ヽノ:/ イ|:.:.:. :. :. :. _,,. - ´
 l     〈`ー----イ//  l ヽ//_::ノ__,. - 'l |      ヽ、
 l      ヽ、___;,.-'´ノ   l  トj       レ    o    ≫
_ノヽ       ヽ--- <     l          /o、 //  /イ
  `ヽ ___/:ヽ、  ヽ   l         /  >':::ヽ〈/   |

>>194 小さなヨハネ

202 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 17:36:39
あーあー、おまえ、ほんとにばーかーだね・・・!
これをまじレスと思ったの・・・?
はっ、はっ、はっ・・・。

203 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 17:47:00
主は言われた!
「哲学板は衰退する」と!
「この地を去れ」と!



204 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 18:01:13
>>170
物理法則も「法則」であって、前提内で一定の法則でしょ?
真実ってそういうものになるのか?という疑問が湧きます。
全く前提なしで「これははこう!」みたいな…
で、出てくるのが実は信仰だったりする。

小さなヨハネさん、あなたの言っている事が間違っているかどうか、
私には判断しかねます。
あなたの中では真実、私の中では虚偽。
それを許す事があなたの信仰でも大切とされる「寛容」では?
他人をモグラ呼ばわりする以前に、御自分の信仰に磨きをかけることが
あなたにとってどれだけ尊い事かよく考えてみてください。

真実の定義は?…別スレですねスマン

205 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 18:36:28
>>198
今日から君のハンドルネームは
クムランボーイズACT.3
だァ――ッ!

注:
クムラン…死海文書から見つかったから
ボーイズ…ベドウィンの少年が見つけたから
act…なんとなく
3…文書を見つけた少年の数は「3」人だから

206 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 18:57:53
198だが、なんか長すぎるハンドルネームだなー!
もっと短いのない・・・?
それに小さなヨハネがなんというか・・・!

207 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 19:08:11
ならば「死海少年」ってどうよ?

208 :隼人 ◆Ci3UmwhFqY :2006/06/04(日) 19:20:28
>>203
負けたら、このセリフだね。
本性丸出し。

哲板に栄光あれ!

209 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 19:31:34
>>205
act:ジョジョの奇妙な冒険「エコーズ」より
>>207
死海少年:荒木飛呂彦『魔少年BT』より

>>204
物理法則は、現在我々がいる宇宙についての記述であり、
その宇宙を遥かに越えた真理(んなもん知らんが)についての記述ではない。

210 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 19:41:16
おーい、小さなヨハネよーい、はよ出てきて意見言わんかい・・・!

211 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 19:58:18
宗教の歴史を見ていくと、その時代時代によって「神」的存在の解釈が変化していく。
プロテスタント然り、親鸞然り。
更に、イエス、アッラー、仏陀等、その地域の実情によって「神」的存在のあり方はそれぞれ異なっている。
これは、「神」的存在が人の要請によって、人から創り出されたものである証明ではないか?

そして、時の宗教権力者の名において、「神」的存在は、人心を誘導するために度々利用された。
極論すれば、歴史的な観点において「神」的存在は、権力者の道具に過ぎないと言える。

真の神がいるのかもしれないが、それがどのような存在なのか、どのような意思を持つのか
あるいは意思のない存在なのか、それは実証されていない。
又は、たとえ自分が真の神の啓示を聞いても、それを他人にも実証する手段を持ち得ていない。

故に、「神」の名を持ってだけでは、全ての他者を納得させることは不可能なのだ。
少なくとも私は、「神」の名だけで物事を語られるとき、上記の理由で、激しい嫌悪感を覚えるのだ。

212 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 20:51:14
神は人間になんて関心ないよ なんとなく気付いてるんだろ?

213 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 20:59:43
・・・というのも憶測に過ぎないわけだから気付くもクソもないでしょ。

214 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 21:18:07
>>211
宗教が自然科学、「神」が「法則を勝手に捻じ曲げるご都合解釈」
でも合致する名言。

原発問題、タバコ問題、メガビタミン理論、妄信したら色々大変
なのはなんでも一緒だねぇ、やばいのは小さな誰かさんだけではない
よな。気がつけば私自身も何かにすがりたい時が有る…w

215 :NO NAME ◆8U./Lb8Pi6 :2006/06/04(日) 21:19:46
神は天体の運行でお忙しい。
いわんや、人間をや。

216 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 22:15:30
権力者自身をも支配してしまうのが宗教の妙味であるぞな。

217 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/04(日) 22:19:06
>>198
議論するなら名を固定してください。
ところでその出典を明らかにしてください。

218 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/04(日) 22:48:37
>>215
エインステーンの理論に拠れば、お前一人の身体の重さは、
全宇宙の重量の裏返しになるんだぞ。思いつきだが。

219 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/04(日) 22:51:06
みなさんはカントの謬見に惑わされてはいけません。神は人間に
神を理解できるよう理性を与えて下さいました。その理性で神を
理解できないとは甚だしい誤りです。カントがそうであっても
人間が皆そうではありません。カントはまわりくどい言い方を
したようですが、本人は神を信じていないというだけのことです。
なぜなら彼は神を理解できないし、理解しようとも思わないから
です。皆さんもカントごときを訳もわからず崇拝しているうちは
何も理解できないでしょう。

220 :tar:2006/06/04(日) 22:53:19
いい加減だなあ。

221 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 22:59:51
>>219
神の存在を否定はしないし、カントを崇拝するつもりもない。
ただ、イエスが真の神であるならば、それを実証して欲しいだけ。
理解するつもりはあるよ。

222 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/04(日) 23:02:20
カントはスウェーデンボルグに挑戦しようとしたのですが、
スウェーデンボルグの霊的視野について全く理解できなかった
ので、負け惜しみからスウェーデンボルグをけなしたのです。
あの葡萄は酸っぱいと言った童話の中の狐そっくりです。

みなさんはそんな狐学者に騙されているのです。まわりくどい
言い方をすれば賢いなどと思わないように。ただの認識能力の
ない愚鈍な人間に過ぎないのですから。彼は老いとともにその
愚鈍さを現し、最後は認知症となってしまいました。

そもそも、冬の散歩中に冷たい空気を吸うのが嫌で、人に話し
掛けられても返事をしなかったなどというけちな人間のどこが
そんなに素晴らしいのでしょう。馬鹿も休み休み言って下さい。

223 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 23:06:30
>>222
いや、だから、カント批判はいいから、イエス=神の説明求む

224 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/04(日) 23:06:31
>>221
>イエスが真の神であるならば、それを実証して欲しいだけ。
>理解するつもりはあるよ。

何をどう言えば実証できるのか私には分かりません。
しかし、理解する気があるならスウェーデンボルグをお読みなさい。
それが人智から来たものでないことは理性のある人間ならすぐ
分かるでしょう。

225 :NO NAME:2006/06/04(日) 23:09:23
>>222 小さなヨハネ
人間性とその人の展開した論理と、どうして等価なのか、ヴォケ。

>>218 諸兄
エイステーンだかリバティーンだか知らんが、
そりゃ思い上がりも甚だしい話だな。
たかだか、自然現象の上に自我という現象が発生し、
その中のたかだか一つの自我としてたまたま存在する私が、
なぜ宇宙の裏返しなどとおこがましいことが言えるでしょうか。

226 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/04(日) 23:10:00
理性のある人間ならスウェーデンボルグを読むと、その真実性に
気がつく筈です。それは私の言葉では残念ながら説明できません。
体験していただく必要があります。そうすればカントなど凡百の
哲学者の世迷いごとなど何の価値もないことがすぐわかるでしょう。

227 :NO NAME:2006/06/04(日) 23:12:48
あ、たかだかが一つ多いな・・・w

信仰者たろうとする者は、2chにたむろってる暇があれば、
聖書を読んでなさい。もしくは、我らに納得のいく形で神の正しさを説くか。
小さなヨハネは聖書の無謬性を説いて、それへの批判を全て否定しているから、
おそらくは原理主義者なのだろうが、そもそも宗派はいったいなんなの?

228 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 23:13:14
嗚呼、ヨハネよ、小さなヨハネよ・・・。
大カントは、君よりも遥かに謙虚で清らかで、神のみこころに
かなった尊きひとだよ。
かれは理性的な知識ではとても神様のことはわからない、と言ってるだけだよ。
つまり信仰というものは、そういうものを越えたところで
神様と一つになるようにならなければ、本当の真理というものは
分からない、と言っているのだよ。
「純粋理性批判」は無理でも、カントの「宗教論」ぐらいは読もうね。
それと、わたしは、198だけど「死海少年」でいいかなHNは・・・。

229 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/04(日) 23:15:49
>>225
>人間性とその人の展開した論理と、どうして等価なのか

関係あるに決まっているではないですか。あなたは麻原某の
言葉を研究する気になりますか。あなたには興味あるかも
しれませんが、私にはおよそ興味などありません。彼の
言葉などくだらないに決まっているからです。

「善い人は良いものを入れた心の倉から良いものを出し、
 悪い人は悪いものを入れた倉から悪いものを出す。人の口は、
 心からあふれ出ることを語るのである。」 ルカ6・45


230 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/04(日) 23:18:26
>>228
「死海少年」とはあなたにぴったりの名です。
 確かにあなたは霊的に死んでいる・・・。

231 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/04(日) 23:20:24
まあ、狐のカントの理性とやらに煙に巻かれていなさい。

232 :NO NAME:2006/06/04(日) 23:23:02
>>229 小さなヨハネ
おいおい、俺が言ったのは「等価」であって「相関」ではないぞ、ヴォケ。
すまんすまん、「等価」っていう表現が厳密じゃないんなら「同値」だな。

人間性を否定⇒その人の論理を否定

というのは、人間性とその人の論理を同値とみなしてるんだろ?
相関ってーのは、例えばだ、

人間性∽論理 (記号は相似な)

などのことを言うんだよ。だから、俺が相関に基づく否定を批判したのなら、
今さっきのお前ェの批判は理に適ってるけど、そうじゃねーから氏ね。

233 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 23:41:01
ヨハネはただの馬鹿だったのか・・・!
なーんだ議論するなら固有名を、なんて言うからまともな奴かと思ったら
なんの哲学も思想もないただの馬鹿か・・・。
まっ、これじゃあ、肝心の信仰心も怪しいものだな・・・?
論理で言い返せないもんだから、感情的な貶しかよ・・・。
チンケな野郎だぜ全く・・・。
あーあー、くーだーらーねー・・・! バーカーヤーロー!

234 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 23:43:48
>>224
スウェーデンボルグの概要をざっと読んでみたが、倫理教育にはなかなか良い内容だね。
神は「無限の愛と知恵そのもの」か。

しかし、イエス=神の論拠は示されていない。
結局、教えの内容は解るが、根本が強引だなあ。

神の定義をより普遍化され、大衆に受け入れやすい解釈としてはいるが、
イエスは人間だろ。やっぱり。

人間イエスの示した「愛」が、スウェの定義した「神」を体現している、と言った方が極めて自然だ。

235 :234:2006/06/04(日) 23:49:51
ちょっと文章が変になったなw

しかし、スウェの解釈は人智から出たものだと思うが。
人智から生まれた倫理を神として定義し、イエスに結びつけたのでは?

236 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 23:52:01
それと、馬鹿ヨハネよ、おまえ、偉大なる聖スエーデンボルグを引き合いに
出すな・・・。
お前に引用されるとスエーデンボルグの名が穢れるわ・・・。

237 :NO NAME:2006/06/04(日) 23:59:08
信仰を論理的に突き詰めていくと原理主義という壁にぶちあたるのは、
まぁ やむを得ないところもあるし、
それが信仰心からくるものならば日曜基督者よりは全然真剣みも伝わってくるわけだが、
狭量はいかんよ。

議論しろッ!議論は素晴らしいゾッ!エンポリオぉ〜〜〜!
ってどっかの神父も言ってたお。

238 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/05(月) 00:20:56
自分を見つめ直せ・・・。

239 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 00:22:15
>>238
ところで何とか自我の話は?

240 :さるべ:2006/06/05(月) 00:32:28
いや、なんかせっかくだからスウェーデンボルグもっと勉強してみます。
実際に今、不可知論で通ってるから一度からっぽにして読んでみよっと。

ヨハネさん。神の存在とは
言語的思考による立証、実証に裏付けられることによって
というものではなく、
それを超えたところで、あるいは別の次元で理解されるものだ、ということですか?

241 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 00:45:15
>>216
信仰すらも利用してしまう権力者たちが世界を牛耳れるのかもよ?w
どちらが上に立っていたか、今となっては正確には判らんけれども
なかなかどうして執着心というのは信仰心に負けず劣らず強いのだろうね。

私はあえて別物と思っておくが…

242 :tar:2006/06/05(月) 01:05:30
成り立つ存在に神はいない。


243 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 01:10:33
>>242

堵虞慧螺も知らんのか?

244 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 01:12:14
不在でも姿勢は強固…自身への執着だろうけど

いや、自分の話。別に他人の事等知りゃしませんw

245 :234:2006/06/05(月) 01:19:11
 スウェ曰く、どの宗教の者であれ、悪を慎み善をなし愛に生きるのであればどんな民族も個人も
心の中に天界が作られており、死後もその世界に永遠に生きる・・・と。

しかし、天界の存在についてもスウェは実証しているのかな?

 また、あらゆる宗教はひとつ、その根元は同一の神から来ているという思想
らしいが、神=イエスキリストと言うのなら、アラーも仏陀も実はイエスと
言うことなのかな?
 この点は、しっかりした立証が無いと、他の宗教には受け入れられまいと思うけど。

246 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 02:41:44
>>245
 イスラム的にはイエスはただの偉大な預言者だから
唯一神アラー=イエス はもちろん、アラー=ムハンマドも認めない。

 仏陀はそもそも語義が「真理の悟りを啓いた者」で
仏教にとっての神(神と呼んでいいのかはともかく釈迦のこと)は輪廻するし、
苦しみも持つただの衆生扱いだからイエスだけが特別な存在、とは答えないだろう。

 阿弥陀信仰の浄土真宗なんかだとちょい別かも知れんけどその辺は良く知らない。
歎異抄ぐらいしか読んでないけど
それでも「阿弥陀がいるかどうか分からんがとりあえず念仏」と
神の存在や浄土(天界)の存在を確信できないというしかなかったはず。

トマスがインドで布教してたのは聞いたことすらない。それも霊感?w

あと宗教の話がそのまま哲学に通じると思うな。
聖書とアウグスティヌス読んで反省しろ。
自分の目の中の丸太を取り除け。

あとちょっと思ったんだが「考える名無しさん」は全員同一人物じゃないぞ。

247 :一言居士:2006/06/05(月) 07:54:46
>>222
カントはたしか、胸を患っていたのではなかったか?彼は病弱だったときく。
そのような無愛想な行動は、冷気を吸って肺を損なわないようにするためという、彼流の養生法らしい。
べつに私はカント哲学の信奉者ではないが、補足しておく。

ま、どうせキリスト教の愛なんていいかげんだ。たしか、新約聖書のどこかで、
かたきにも愛をおよぼしなさい。そうすれば、彼の頭の上に、地獄の炎をのせることができる。
と、あったような・・・

248 :tar:2006/06/05(月) 08:41:38
誰にも事情があるのに誰が悪いだなんて軽々しく言えないね。

249 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 09:58:33
>>小ヨ
認知症とか病気に対する差別意識が生々しいなー。

きもい。

250 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 14:53:58
>>247
いいかげんな記憶に基づいて
何かを「いいかげん」と非難できる感性には脱帽します。

251 :名無しさん@英語勉強中:2006/06/05(月) 21:22:42
       /  メ r'~``''、-、  ヽ|i///  ,,. -'"´  i、   ヽ
     , ‐'"  i^ ,i  ;ヘヾ"''‐=-; ; , .:≡ニ=、、、 "ヽヽ `  、, i
   / __,.-;'~,i   /             ヾ   ヽヽ  ヽヽ\
  / , -'"/ /ノ  /               ヽ\  i!  ヽ,\`''‐、_
 //  / /  // ;\  ,r::::::、   ,r:::::、  ,/ ヽ\  i! 、  `i, `''ー-、ヽ、
//   / /  /;.ヘ| (  \i::::::::::l   i;:::::::::/  ノ 〉、\ i! i.  |    `ヽ
''   //   r'∧ |  ‐;‐'r。‐,ミ':;;,   ,.'r",.。-';'-- ,i  ヽ,  i! i  |
    i i   i i  |  `'`,-'-‐',    く`;ェ.'/  ,i /) !ヽ  ヽ|  |
   / i,  i \` ' |     :::'  /:::l  ':: ' '    / / 丿 ヽ   |  ヽ
  / /|i  ヽ /`i i;i      /  i       ./‐''"ヽ  i   | ヽヽ
 /  | i  / i///! i      i,.  ,i      ./ | | i  |  | |  i |
/ |  | / ,r'  i | i 入   、::;_、'.,,,' ,::;;、   /iヽ, i l /  |  i ||  i `ヽ
 i  |  i,  | ! i | !\.  ヽ.,, `''''' ,ノ  / i i i   || |  |  i  i
./  /l|  / | | | '/i ヽ \.  ''''''''''' ,/ /  .! ヽ  | | |  〈   | ヽ,
  i / //  i / |ヽ  \  ヽ、, __ ,/ ,/  ヘ. !`i  i‖||  | |  | i  ヽ
  /  /   /  |ヽ,\_, \     ,/  /  〉| `'i_| i |   |!  | !  ヽ

252 :一言居士:2006/06/05(月) 22:21:16
>>250
はっはっは。ご指摘ありがとう。脱帽感謝します。
って、いいかげんで悪うござんしたね。あったことは、確かなんだから。箇所を忘れただけですがな。

253 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/05(月) 22:26:25
>>246
>トマスがインドで布教してたのは聞いたことすらない。それも霊感?w

それは常識のようです。新約聖書外典に収録されているトマス福音書を
参照。(講談社学術文庫にあったと思います。)それ以外に出典があるの
かは知りません。

254 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/05(月) 22:35:37
しかし、まあ、皆さんは不勉強なのによく口から出まかせをしゃべる
ものです。私もあまり勉強していませんが、皆さんのもひどい。
それで人に実証しろだの立証しろだのよく言います。

それからイエス・キリストがエッセネ派だったなどというのは
どの通俗本にあったのですか。出典を明らかにしてください。
全く話にならない。

255 :一言居士:2006/06/05(月) 22:41:25
どう実証するかがわかっていたら、あなたにそうしろと要求なんかしませんよ。

256 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 22:46:18
>>252
それとほとんど同じことを言って
宗教板のサロメは大恥をかいたのだよ!
(宗教板の「イスラーム」スレ参照)

257 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 22:54:44
トマスの福音が読めるサイト
http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_tomas.html

258 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/05(月) 22:58:53
神の存在は立証するとか実証するという問題ではないのでしょう。
なぜならある人には根拠であると考えることが他の人には根拠と
して認められないからです。どこまで行っても平行線です。

神の存在は各人が認識することであって他人が説明することでは
ないのではないかと思います。ですから、神の存在は証明できない
と、さも得意気に言った人がいたようですが、そもそもそんなこと
はナンセンスなのです。当人の無能を棚に上げたというだけのこと
です。皆さんはナンセンスなトリックに騙されているのです。

259 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 22:59:51
>>257を読んでみたがトマスがインドに行ったとは書いてないなぁ。
解説ページで紹介されてる「伝説」なんじゃないの?

260 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/05(月) 23:06:11
三点なら立つことはできるが、二点の支持による自転車で立って
いることはできないと主張する人がいるとします。それは証明
できないと言うでしょう。
しかし、平気です。私たちは二輪の自転車に倒れずに乗ることが
できます。さらには止まっていてもバランスを取ることは可能なの
です。証明よりも乗ってしまえばいいのです。

261 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/05(月) 23:07:44
>>259
本をきちんと読んでから言ってください。

262 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 23:15:41
トマスがインドに行ったと書いてあるのはトマス行伝である。
>>261
>>257のトマス福音書の訳の底本は
とある英訳と講談社学術文庫の「トマスの福音書」である。

263 :234:2006/06/05(月) 23:18:26
やっと来たねヨハネさん。
んで、スウェの言う、神とイエスと他の宗教についての結びつきについて、詳しく
教えてくれませんか?当方、おっしゃるとおり素人なんですよ。

264 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 23:27:06
人間と言うのは自分の間違いを認めたがらないものだ。
信仰を持つ者ですらそうなのだ。

265 :234:2006/06/05(月) 23:34:35
>>258
試しに、ヨハネさんの神=イエスの根拠を聞きたいですが。

266 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/05(月) 23:35:18
我々の目的は勝利にあるのではない。
神は永遠の勝利者である。

267 :tar:2006/06/05(月) 23:49:02
だから存在が神じゃねえっつってんでしょうが。
関係しないから神とか呼んでるんでしょうが。

268 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/05(月) 23:52:29
>>263
スウェーデンボルグは古代人の時代に宗教的なものが各民族に伝播
して行ったように述べていたと記憶しています。あるいは多神教の
起源など。

また、神は唯一であり、各民族が信仰している神とは唯一の主である
ことを他生に行って教えられるというようなことも。

269 :234:2006/06/05(月) 23:56:41
>>268
なるほど。
なぜ、スウェはそのような考えに至ったのですか?
特に、後段の部分について聞きたい。

270 :tar:2006/06/05(月) 23:57:29
自分にとって唯一でもアンケートとれば二つに分かれる。

271 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 00:59:36
トマス外典か、そこまでチェックしてなかったわwww
グノーシス系の外典かな?偽典外典どこまで認めるの?
アレクサンドレイア学派とか認めなさそうだけど。

宗教に何らかの一つの原型があると思う考えがあるのは知ってるが
何でキリスト教を範型としているのかがちょっと聞きたい。

272 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 01:07:31
エル・カンターレもヤハウェと同一なのか・・・

273 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 06:10:09
もはや卑小なるヨハネの思考は停止している。
「本を読め」この発言の意味するところは、
もはや卑小なるヨハネ自ら、すでに考えることを
やめてしまっているということ。
そういう人間(教典に思考をゆだねる人間)であると公言しているようなものだ。
ならば、彼は「哲学」となんの関わりがあろうか?
この場に似つかわしい人間であるとはとても思えない。

274 :考える名無しさん ◆TKW2dF7ZnA :2006/06/06(火) 06:22:24
>>251
ミューミュー乙。

275 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 12:07:09
>>273
「本を読め」と言ったのが問題なのではなく
自分自身でもよく本を読んでないのが問題なのだ。
あいまいな知識に基づいて意見してみたところ、
トマス福音書とトマス行伝を取り違える結果となったのである。

276 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/06(火) 12:20:11
竹下節子も五章目気にしてたんだな…。


277 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 17:16:54
ばかヨハネよ、死海文書の基本文献だけでも三十冊以上もあるのだよ。
なかには、イエスはマリヤとローマ兵との野合で生まれたという内容まで
あり、イエスの死後、その父であるローマ兵(その時は将軍になっていた)
が部下に命じて墓からイエスの屍骸を持ち去ったという・・・。
弟子たちのまえに現れたのはイエスにそっくりな彼の弟であったんだと・・・。
でもすべての基本文献に共通するのは、最も初期の原始キリスト教団=エッセネ派=クムラン教団
である。洗礼のヨハネはそのなかでも指導者的立場のひとでイエスの修行上の
先生であった。
ついでにマグダラのマリヤはイエスの内縁の妻・・・。
だから彼女は後世カトリックによって娼婦に貶められたの。
当時シナイ山のお山の神様に過ぎなかったヤハウェイを、天の太陽と同一視
して「天にましますわれらの父よ」としたのも、エッセネ派の太陽信仰、自然崇拝
の教えによるものなの。

278 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/06(火) 17:48:40
東京で一人暮らしの頃は綱渡りみたいな毎日で、
緊張感が高かった。今の暮らしは安定している
分、別の形で緊張を維持して帳尻を合わせろと
いうことらしいな。

279 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/06(火) 18:38:03
>>277
文書番号教えろや、この大法螺吹きめw

280 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 18:38:53
>>277
全体的にソースきぼんぬ

281 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 18:41:28
どの本のどのページに書いてあることなのか
答えなさい。

282 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 18:45:51
小さなヨハネはサイトのコピペが判明したキチガイだよ

283 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/06(火) 18:49:50
新書で良い解説書あるな♪
http://www.amazon.co.jp/gp/product/406149693X/

284 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/06(火) 18:53:58
書評の「紹介の仕方に偏り」というのはそうかも知れん。
>>277みたいなデマ・俗説を批判してるだけなんだろう。

285 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 20:22:35
おい、なんとかライダー、おまえなんか勘違いしてねえか・・・!
俺の言ってる基本文献は、死海文書に関する研究や解説のほんだぞ。
なかには全くのトンデモ本もあるんだよ。
しかし、おまえに大法螺拭きよばわりされるとはな・・・・!
ふぁっ、はっはっはっ・・・!

286 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/06(火) 20:34:54
アニメの『新世紀エヴァンゲリオン』で死海文書云々って
やったせいで、アニオタ系の死海文書マニアもいるんだよ
ねw

287 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/06(火) 21:50:32
>>269
>なぜ、スウェはそのような考えに至ったのですか?
>特に、後段の部分について聞きたい。

彼は原則として自分で考えついたことを書いたのではなく、
霊界で見たこと、主や天使から教えられたことを書いています。

288 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/06(火) 21:57:49
>>275
失礼。本箱を探したのですが、見つからなくて記憶で書きました。

>>273
しかし、皆さんは霊的知識が不足しているのでもっと読んで欲しい
のです。真実の知識がたくさん無ければ、考えることはできないの
です。水は真理の知識に相応していますが、水もたくさんないと
理知として流れ出さないのです。

289 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/06(火) 22:08:57
論理的整合性にはっとさせられる箇所はあんだよね。
鈴木大拙訳持ってっけど。

290 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/06(火) 22:18:04
>>234
>しかし、イエス=神の論拠は示されていない。
>>265
>ヨハネさんの神=イエスの根拠

スウェーデンボルグは現に主に遭ったのです。そして沢山の経験を
与えられます。一言で根拠というのが言えるとは思えません。
すべての事物が符合するのでしょう。

私もスウェーデンボルグを読んで、スウェーデンボルグから教え
られたのです。たくさん、本当にたくさんの事を学びました。
それらを総合すれば主は神であるという確固たる信念に至ります。

また、スウェーデンボルグ以外にも主からの啓示によって書かれた
書物は近代にもたくさんあります。それらを読むことによって確信は
深まりました。

291 :234:2006/06/06(火) 22:20:57
やはり霊界体験ですか・・・

ヨハネさんはスウェの霊界体験を真実と信じているようですが、私にはそれが真実とは思えません。
スウェの体験が真実だという証明が無い(というか不可能)のですから。
よって、その言を信じることは出来ません。スウェの言が嘘だとも言えませんが。

論拠無く信じること。妄信。これが、いかに危険なことか。

292 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/06(火) 22:21:59
>>289
>論理的整合性にはっとさせられる箇所はあんだよね。

そうです。その通りです。スウェーデンボルグを読むと
これは人智では到底考え付くことはできない、まことに
神からの教えであると感服するのです。

293 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 22:23:23
小さなヨハネ=処刑ライダーか・・・?

294 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 22:24:06
グノーシス万歳だな。

295 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/06(火) 22:25:36
>>291
まあ、『天界の秘義』(28巻もあります。全部とは言いませんが)を
読めば、それが論拠がないなどと言えないことが分かるでしょう。

296 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/06(火) 22:25:50
>>293
おまい、馬鹿野郎。俺は(以下略

↑懐かしいフレーズ。

297 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 22:29:37
以下略じゃ分からん

298 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/06(火) 22:29:48
スウェーデンボルグの体験が真実でないと言うなら、カントも報告
しているスウェーデンボルグの千里眼を始めとする「3つの出来事」
をどう説明するのでしょう。

299 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/06(火) 22:33:23
>>291
>スウェの体験が真実だという証明が無い

あなたはその「3つの事件」も知っていてそう言うのですか。

300 :234:2006/06/06(火) 23:02:38
スウェの千里眼はネットでさっき読んだ。
そういう話があることは解った。
スウェの千里眼って本当の話なの?

301 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/06(火) 23:12:12
>>300
>スウェの千里眼って本当の話なの?

自分で考えるしかないでしょう。


302 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 23:48:37
処刑ライダーは東京での生活がよっぽど懐かしいらしい。
昔話とも自慢ともとれるような形で独り言をつぶやく。




でも年配の方に「それはもう何回も聞きました」って言っちゃダメなんだお。

303 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 23:57:04
自分で考えたが やはりト印だな・・・

304 :234:2006/06/07(水) 00:00:08
>>298-299において
 「スウェの体験の真実性を示す論拠として『3つの出来事』がある」
と言っているのに、証明の前提であるはずの
 「『3つの出来事』の真実性の論拠は、自分で考えろ」
と?

305 :考える名無しさん:2006/06/07(水) 00:03:51
信者脳=ゲーム脳

306 :考える名無しさん:2006/06/07(水) 00:58:38
スエーデンボルグ程の人なら、そのぐらいの千里眼は持っているだろうよ。
だが、それとイエスの神性の証明と何の関係がある・・・?
スエーデンボルグは「わが宗教は善をなすにあり」といって正しい善い事をなす人の
宗教であるならば宗派を問わずそれは正しい宗教だ、と言っているが・・・。


307 :考える名無しさん:2006/06/07(水) 12:39:50
イエスは宇宙人だったのか....
http://www.rael.jp/

308 :考える名無しさん:2006/06/07(水) 15:03:53
ヒエロス・ガモスしてぇ

309 :考える名無しさん:2006/06/07(水) 15:04:46
>>307
それ、悪質なインチキカルトだよ・・・!
トンデモ本の百倍は、とんでもない与太話で大金を巻き上げようとしている
詐欺カルト教団だよ。

310 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/07(水) 20:33:54
オーメン祭り終わったな。以後、20世紀FOX製映画は
ネオコンのプロパガンダ目的の屑映画ということでw

311 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/07(水) 20:37:31
>>302
テメエに読んで欲しくて書いてんじゃねえから安心しろw

312 :考える名無しさん:2006/06/07(水) 21:42:44
ライダー様の癇に障った模様DEATH。

313 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/07(水) 22:04:45
>>291 >>304
>ヨハネさんはスウェの霊界体験を真実と信じているようですが、私には
>それが真実とは思えません。スウェの体験が真実だという証明が無い
>(というか不可能)のですから。よって、その言を信じることは出来
>ません。スウェの言が嘘だとも言えませんが。

スウェーデンボルグのそれらの体験については彼の伝記などに必ず紹介
されています。静思社のものが詳しいかもしれません。また、カントも
『視霊者の夢』で書いています。それらを読んでいただいたらよいで
しょう。それらが真実かどうか証明しろと言われても私には証明の
仕様がありません。

314 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/07(水) 22:06:48
>>306
傍証として挙げました。

315 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/07(水) 22:22:41
信仰とは頭から信じ込むものと思っている人が多いようですが、
それは誤りです。理性によって理解し、その結果信じるものです。
しかし、その前提としてたくさんの霊的知識が必要になります。
たくさんの知識をインプットし、それらに思い巡らしているうちに
それらが関連づけられ、符合して初めて理解し、信じるに至るの
です。皆さんに勉強しなさい、スウェーデンボルグを読みなさい
と言うのは、それらの知識をまず知りなさいという意味です。
皆さんは全く無知なので、それでは何も理解できません。
信仰はたくさんの霊的知識なしには成り立ちません。空疎な
信仰というものはないのです。知識が貧弱であればあるほど
その信仰も貧弱です。

316 :考える名無しさん:2006/06/07(水) 22:27:33
つまり信仰とは偶然的なことをあたかも必然と思い込むことなのだな

317 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/07(水) 22:34:36
ただし、誰でも可能かというとそうではありません。真理を希求する
心がなければだめです。真理を愛する心がなければ真理を求めようと
はしません。とくに自分の知恵を誇る者は謙虚に真理を求めることを
しません。「心の貧しい者は幸いである」とは自分には知恵など何も
ないことを認め、心から神の真理を希求する者の意味です。そういう
者こそ神の真理に満たされるのです。

318 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/07(水) 22:39:32
>>316
偉そうなことを言っているうちはもぐらです。それらのたくさんの
知識を関連付け、符合させることは相当な知性、合理性、理性が要求
されます。はっきり言って愚鈍で怠惰な魂には難しいことなのです。

319 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/07(水) 22:48:10
自分の知恵を誇る者を「金持ち」と言います。「金持ちが天国に
入るのは難しい」のです。なぜなら真理に目が開かれるために
必要な霊的知識・真理を受け入れようとしないからです。そういう
者は神を理解することはできません。すなわち、信仰を持つこと
はできないのです。

320 :考える名無しさん:2006/06/07(水) 22:52:08
金は悪と決め付けるキリスト教徒
片腹痛いわ

321 :四式:2006/06/07(水) 23:14:18
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%8A%E3%82%AE
小さなヨハネには神様を理解する事は無理だろうが。

322 :考える名無しさん:2006/06/07(水) 23:14:39
ひとはパンのみにて生きるものにあらず、されどパンなしでも生きられません。
だから、小さなヨハネよ、また再び言おう・・・!
君は嘘つきだ、と・・・。

323 :一言居士:2006/06/07(水) 23:17:17
本当に人間が原罪をもつ存在なら、神様の恩寵なんかあるはずがない。恩寵がある、と口にすることさえ罪深いはず。
人間には恩寵がないか、それとも原罪がないか、どちらかね小ヨハネ氏。



324 :考える名無しさん:2006/06/07(水) 23:25:18
>>315
>理性によって理解し、その結果信じるものです。

これは誤りです。

325 :234:2006/06/07(水) 23:26:49
>>324 同意。
私は、理性的になればなるほど、神など信じられない。

326 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 01:15:14
信仰と宗教をわけて考えられない奴は
心の救いを宗教に求め教義に毒され
信じるほうが疑うことより楽だから
思考することをやめる

疑うことを放棄したとき
成長することも放棄している

こういうところから宗教と科学の対立が生まれるんだな・・・

327 :tar:2006/06/08(木) 02:23:22
私が君に天国を譲りましょう。
有り金のすべてをよこしなさい。

328 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 16:03:51
でっ、なによ・・・、小ヨハネは、イエスが処女懐胎したマリアから生まれた
と本当に信じているの・・・?
小ヨハネの今までの書きこからすれば当然信じているんだろうね・・・?
でも、21世紀の科学時代の今日からすれば、それって豚でもない大法螺の
与太話だよね。
まだ、死海文書のトンデモ解説本にあるという、「イエスはマリアとローマ兵との
野合で生まれた」>>277の説のほうが有るとすれば、ありえることだよね。
イエスは神とするなら当然、マリア処女懐胎説は君の信仰の骨子だろうから。
つーまーりー、いいかねここが重要だよ、君の信仰は、出鱈目ぽいトンデモ本よりも
まだとんでもなく非科学的な与太話にもとずく迷信だよ。
そうじゃあなく、君がそんな非科学的迷信のマリア処女懐胎説などは認めないというなら
イエスの神性も否定することになる・・・。
さあ、この矛盾にはっきりと答えなさい、小さなヨハネよ・・・?


329 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 16:53:12
「マリアとヨセフとの間に生まれた」のほうがよっぽどマシだがな。

330 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 17:19:27
>小さなヨハネ
あなたの言ってることが全然わからない。
なんでイエスが神なわけ?キリスト教徒なら
父なる神、主なるイエス、精霊が三位一体で神じゃないの?
スウェーデンボルグは何を勘違いしてるの?
はっきり言って小さなヨハネ君のいってることは独り言だよ。
それも宗教板でやるもんだよ。

331 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 17:47:11
>>329
いやそれはありえない。
大工のヨセフは心正しい人だったので、妊娠したマリアを遠ざけて離婚しょうとした
と聖書にもあるぐらいだから、彼以外の何者かだろう、イエスの父親は・・・。

332 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 18:02:32
>>331
聖書を根拠にするなら、イエスの父親自体ありえないだろ。
聖書を疑うなら、人間の中ではヨセフがありえそうだが。

329をありえないと言い切るお前は、どちらの立場でもおかしい。

333 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 18:04:14
マリアってとんでもねえビッチだな

334 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/08(木) 18:13:36
ヨン式までいやがるな。

335 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/08(木) 18:25:28
>>328
>小ヨハネは、イエスが処女懐胎したマリアから生まれた
>と本当に信じているの・・・?

もちろんです。

336 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 18:31:16
>>332
人の話は良く聞こうね。
わたしが何時聖書の「思想」を根拠にするといったの・・・?
聖書の「記述」によってヨセフではない、と言っているの・・・。
良く聖書を読んでください・・・もうー!

337 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 18:36:17
>>335
じゃあ、おまえはただのばーかーだな!
ふぁっ、はっはっはっ・・・・。

338 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 18:53:47
>>336
聖書の記述でそういうのならば、
「彼以外の何者かだろう、イエスの父親は・・・。」
というのも、同様にありえないわけだが。お前頭悪いぞ。


339 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/08(木) 19:00:20
ホセ・オキャラハンって2001年に死去してんだなぁ・・・。
ttp://www.aciprensa.com/reportajes/7q5.htm

起源68年封印と推定される第七洞窟からは第二ペテロ書らしき断片も
発見されたって話だったが。


340 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/08(木) 19:01:43
訂正、「紀元」。これでモメたっけw

GIFアニメで見せられると説得力あんだよな。

341 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 19:09:45
>>338
お前、馬鹿だな・・・!
おれは聖書の思想「マリア処女懐胎説」は非科学的迷信だと言ってるの。
お前、ひょっとして処女懐胎信じてんのか・・・?
この馬鹿あたま悪すぎー。

342 :一言居士:2006/06/08(木) 19:20:43
わつぃが考えた新説:イエスは自然発生しただけで、聖霊のしわざでない。

343 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 19:26:39
>>341
バカだな。迷信だったら、父親の第一候補は、ヨセフだろ。
聖書を信じる→父親はいない。
聖書を信じない→ヨセフが父親の可能性大。
ってことだ。

ところでお前は聖書を信じているのか?
どちらの立場なんだ?

344 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 19:26:49
まあな、・・・便所のカビも自然発生するしな・・・?

345 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 19:27:39
つーか、人間もそうだし、この世に存在する全ては自然発生だぞ。

346 :一言居士:2006/06/08(木) 20:13:01
聖書のことばを科学的に解釈しよう。(奇妙なことは端から承知)2通りの解釈あり。
1:イエスは処女マリアから産まれた。よって、マリアの染色体23本を受け継ぐ。
父親は人間でない。聖霊のわざ、よって父親の染色体なし。
よって、イエスの染色体は23本しかない。
46本でなく、23本で奇数本。よって、イエスは人間でなく無性生物である。

2:マリアは聖霊のわざで、人間としてのイエスを孕んだ。人間なので、染色体数46本。
聖霊という無形物のため、父方の染色体は、提供されていない。よって、マリアの染色体のみ用意されている。
マリアの染色体をそのままうけついだため、イエスはマリアのクローンでかつ女性である。
以上、トンデモ新説でした!

347 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 20:21:07
>>343
お前みたいな馬鹿に説明するのはもうくたびれたが、
いいか、もう一回だけ説明してやる。
ちゃんと真面目に聞けよ・・・。
聖書の思想「マリア処女懐胎説」=非科学的迷信ーここちゃんと押さえとけ。
聖書の記述「大工のヨセフはこころのただしい人だったので、マリアが妊娠した
のをみて大いに怪しみ、彼女を遠ざけ離婚しょうとした。何故ならヨセフは
まだ彼女をしらなかったから・・・。」
マリアがイエスを身ごもった時、ヨセフはまだ彼女の体をしらなかったと
聖書は言っているの。
以上二つの事柄から結論は一つだけなの。
イエスはヨセフ以外の人間の男の子供なの・・・、わかるー?
それがトンデモ本のいうようにローマの兵士なのかどうかは俺は知らんが。
おまえ、ろくに聖書読んでねーだろ・・・?
この不信心者め、懺悔せよ・・・。
ちなみに俺は信心深き、洗礼名パウロ・フランチェスコ・・・。

348 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 20:29:55
 カルバンの予定説を考察したマックス・ヴェーバーを説明する小室直樹(痛快憲法学)

 神は全知全能にして全ての物を作った絶対的な存在。人間なんてケシ粒で奴隷みたいな物。
パウロは言う、自分の人生の文句を言うなとね、便器が職人に言ってる事と同じ事だと。
神は個々の人間を作っている。地獄に墜ちる人間、天国に行く人間、その人の人生も併せて
生まれる前から予定して作ってるのです。神が作ると言うのは青写真があって作る訳ですから将来の
人生さえ作ってしまうのです。だから悪人でも善人でも天国に行ける人は行けるのです。

 そうなると人間は、天国に行けるかどうかの証を知りたくなり、禁欲的行動主義になる。
それは、神を信じられるって事や、神に与えられた天職に忠実であるかなど。
質素に暮らして、天職であるべき仕事を信じて休息日以外働きに働く。
そうすると余剰が生まれる、その天職による余剰を隣人愛の実践として不正が無いよう
お金で交換すると定価が生まれた。天職をどれだけ頑張ったかって評価は、どれだけ人のために
働いてお金を儲けたかって事になる。キリストは金を儲けるなって言ってない。
そこから目的合理主義に利潤を追求して貨幣を使った資本主義が生まれた。
貨幣とは元々は交換の手段ではなかった。



349 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 20:30:28
ちなみに人間は神にとってはケシ粒の様なもんだから、王権やらの特権から平等や人権が生まれた。
これが民主主義になる。質素に真面目に働き、神を信じて、特権者を殺していく、これがプロテスタント。

 ちなみにキリストは人間に契約としての命令をしてない。契約ならば何センチとか厳格な言動が出てくる筈。
キリストがした事はこれでもかってくらいの奇跡です。つまり神は全知全能である事を知らせたかったのだろう。

 こんな事が書かれていたと思います。
キリストは多々の奇跡を起こし、神を知らしめ、最終的なメシアになりキリスト教となる。そして三位一体説で神となる。
でもキリスト教の中にも、ゾロアスター教を引き継いだユダヤ教と同じで、二元論的神と悪魔の概念がある。
それが人間の本性である将来の不安からの過剰を生み出し、大虐殺が繰り替えし起こっている。
一神教的、神・悪魔の二元論は、世界に宗教を普及させる為に人間の本性を利用したって事があると思う。
それに比べるとゾロアスター教が嫌いな釈迦は、栗本氏が言う過剰・蕩尽を抑制する立場だ。

350 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 20:40:28
ほら 最近まで天動説信じてた集団だからあれだわ プッ

351 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 20:47:24

 キリスト教の致命傷は、進化論です。特に予定説のプロテスタントにとっては・・・
人間の知り得ない全知全能の神が人間や猿を未だに作っているのに、
猿が人間になるなんて矛盾が生じるからです。

352 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 20:54:05

 聖書の一言一言を真に受けたって意味がない、特にキリストは比喩で物を言うし、
ましてキリストが書いた物でもなんでもない。全体的思想の流れの中で聖書は読むべきだと思う。

 地動説だろうが、天動説だろうが余りキリスト教への打撃になってない。
天動説にすると、計算が複雑になるだけな事であって・・・・

353 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 21:18:04

 俺が思うに、なんでプロテスタントが新訳聖書と旧約聖書を一緒に読ませるのかが分からない。
小室直樹が言うには、プロテスタントは旧約がないと子供を躾ける基準が無くなるからだと言うが・・・・
子供の頃から、ヨシュア記の虐殺やホモの話なんて教えていいのだろうか?
ユダヤ教の旧約聖書は、ユダヤ人の為の物とおもうのですが・・・・
そして、ユダヤ教と新訳では少し違う思想だと思うのです。
 
 キリスト教に詳しい方、教えてください。

354 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 21:18:54
地動説はキリスト教に大打撃をあたえたと思うけど・・・?
とくに、文化全体のコペルニクス的転回は、カトリック教会の中世封建制
の崩壊につながった。

355 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/08(木) 21:19:29
で、某板で拾ったネタとして、カインとアベルが
弥生人と縄文人という話だったな。楽園追放と
基本的に同じ主題なわけだ。

356 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/08(木) 21:23:42
ちなみにスプリングスティーンの歌は『アダムとカイン』だったなw

357 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 21:31:04

 科学で言えば未だ未知な事があるだろう。
空間が4次元で、素粒子が消えたり、発生したりなんて過去の
どんな科学者が想像しえただろうか?

 だけれども、猿と人間の中間の進化過程の生物がいたとすれば、
予定説は整合性を保てない。

358 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/08(木) 21:39:36
未来は一つだけだ。しかし我々はそれを知ることは出来ない。
未来は予測は可能だが、事実としての未来から情報を直接に
取得することは出来ない。神でもなければな。

359 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 21:49:06

 つーか、中世のカトリック教会って無茶苦茶だったじゃん。
当時のゲルマン民族は文盲率が非常に高かったし、教会側は聖書を読ませる事自体も嫌がったし、
子供も平気で作ってたし、12世紀くらいにやっとサラセンのイスラム教徒から聖書を教えて貰ったくらいだしさ。
マリア信仰もゲルマン民族の風習だし、プロテスタントですら未だにゲルマンの元の宗教とキリスト教を混合した
お祝いしてるよね。そんでもってミトラ教→ゾロアスター教→ユダヤ教→キリスト教で同じなのは冬至。
クリスマスは当時の冬至だったらしーよね。

360 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 22:03:53

 でも宗教心を持つことは大切な事だと思う。
自分の存在自体に不安を抱く犯罪者や精神病患者にとっても、なんらかの行為を信念をもってし続ける人にとっても。
そろそろ新しい正当な宗教が生まれる事が望ましい。インチキ宗教は金儲けだから、一回やめるって言って反応を見れば
分かる。その点で言えば、キリスト教・イスラム教・ユダヤ教・仏教はまだ正当派だろうね。

361 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 22:09:04
宗教と信仰心は違うぞ

信仰=道徳>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>宗教

362 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 22:29:31
>>343
ヨセフとつきあいはじめる前に、マリアは妊娠していたんじゃないのかね。
あるいは、妊娠させたヨセフが「オレじゃない」と言ったか。
どちらにしても、イエスの両親はろくでもなさそうだな。



363 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/08(木) 22:32:06
さて、本日の主題。

マラキの書が登場したのは、やっぱノストラダムスの時代だな・・・。

364 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 22:36:23

 科学哲学でさえ、人間はこの世界を知り得るかと言うことが議論の最大の論点になってる。
今の所、知り得ないって意見の方が優勢らしい。

 ならば宗教を信じる事は良いことなんじゃねーの?
文化的規範であっても、価値の相対化が激しくなった現代には宗教は必要だと思う。
それでないと人間の秩序は保てない。人間の基本である近親相姦・人食は人間の生理が受け付けない
としても、複雑化した社会には何らかの規範となる宗教が必要だと思います。

 複雑化し相対化した社会に宗教じゃない何の信仰が必要なのですか?


365 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 22:36:38
五輪の書は?

366 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 22:44:12
そんなこと要ってるからオームとかがはびこるんだぞ
信仰は有益かもしれんが一つの神に執着して強要するのは
正常とは思えん

世界をみろヨーロッパの教会離れ
アメリカの狂信(無宗教者は議員になれない)

367 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 22:45:04

 だから道徳も相対化しちゃってるだろ?この様な道徳を持たなければ社会が持たないって。
それだけじゃしてはいけない規範なんて成り立たないよ。馬鹿じゃん。

368 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 22:46:48
>>1
邪教徒ですから、そういうこともありますよね。

369 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 22:46:51
イエスは神いわゆるGODです。

370 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 23:01:31

 原始社会と言われる所では、近親相姦をしない為の複雑な制度がきっちりなりなってる。
文化人類学者の研究のおかげで分かった。
しかし親殺し、子殺しが反乱する社会は人間社会として正常なのかと問いたい。
 人間ってのは元々家族や仲間や同族を大切にして群れて行動する動物だし、
それでなければ貧弱な身体に進化した人間は生き残る事はできなかったんだよ。
体毛も失ったし、チンパンジーに比べると筋力は著しく低下した。

371 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/08(木) 23:06:01
そっくりだからな、諸世紀第五章と「全ての教皇に関する
大司教聖マラキの預言」。

372 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 23:08:25
>>347
聖書を信じるなら、イエスには父親はいないだろうが。
聖書を信じないなら、イエスの父親はヨセフである可能性が高いってだけだ。

373 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 23:10:26

 やっぱり哲学ってーのは、科学・社会科学を元にしなければ成り立たない学問だって痛感した。
独自にはもー成り立たない学問だってな。

374 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 23:12:09
てかさ 異端審問とか魔女裁判とかやってるころに
オームできたら目立たなかったろな 
生まれるのが遅すぎたな麻原

375 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/08(木) 23:17:19
ダニエル書から考えると、次の区切りにはちゃんと終わりそうだな。
その時になってどう感じるかはともかく。

376 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 23:18:33
 ゲルマンの原始宗教とキリスト教の融合の中で、予定説がなりたって初めてキリスト教はまともな宗教になったと言える。

377 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/08(木) 23:22:09
マラキの書は「ローマ人」が主題になってるだけで、
カトリックが終わるとは限らないな。何かは変わる
としても。

378 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 23:22:09
 キリスト教を本当に理解するには、構造主義の文化人類学の手法がなければ理解できっこないと思われ・・・

379 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 23:34:25
もし聖書が神の書というなら人類が聖書を理解できる日が来るとは思えないが?

380 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 23:40:10
 理解する事と信仰は、同値じゃない。矛盾を指摘する事も理解だろう。

381 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 23:52:37
まず信仰と宗教は同じなのか?

382 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 00:05:26
 信仰の中の一つが宗教だと思われ。
必要充分条件じゃないことは確か。
つーか信仰って言葉の定義がないと誰も答えられない。
自転車とバイクの定義をするようにね。

383 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/09(金) 00:08:21
>>381
ダルビッシュと新庄の違い。良く分からんが。

384 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 00:08:38
エーイ、もうみんな勝手な屁理屈ばかり・・・?
小さなヨハネよ、降臨せよ・・・・?

385 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 00:14:51
 オーム心理教は宗教だと思うけど、
それを理解(=どんな宗教であるか)して批判しても全く問題はないと思います。
それがキリスト教であろうが。
多数の意見と多数の合意がないと社会は成り立たないんじゃないの?

386 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 00:36:28
必要なのは思考停止状態かもな。
信仰対象がなんであれ、相対化されないルールが欲しい立場の者にとっては
大事な事だ。
道徳なり倫理なりの根本を支え得るのは今のところこれしかないから。
(自然科学では証明しようが無い部分だからね、ってか自然科学は「どのよ
うな仕組みで」論であって「何の必要性があって」論では無いものな)
逆に、それを良しとしない人間が自称「揺るがない人」な可能性も在る。
だからあまり信仰の説明を求めてもなぁ…

387 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 00:42:05
 
 何度でも言うけど、キリスト教は進化論が正当化される限り絶対に認められないんだよね。
だって、個別に作られる物と生物学的な遺伝で伝承されてできる物は相反する事じゃん。
キリストは生物をロボットの様な物扱いしてるし、それは間違っている。
 子供は神が勝手に作る物じゃなくて、親の遺伝子でできる者なのですから。




388 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/09(金) 01:03:21
Le boute feu par son feu attrape',
Du feu du ciel a` Calcas & Gominge:
Foix, Aux, Mazere, haut vieillart eschappe',
Par ceux de Hasse des Saxons & Turinge.
放火犯がおのれの火の罠にはまる
天の劫火がカルカソンヌとコマンジュへ
フォア オー マゼール 老いたる重要人物が逃走
ヘッセン チューリンゲン 一部のサクソン人に助けられ
(山根和郎 訳)

389 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 01:04:03
科学者は間違えないのか?
信仰を伝えるものは間違えると思うぞ。
だから天動説から地動説になったし、神が何種類もいるわけでしょ?

キリスト教の教義の一部に間違いがあるからって鬼の首を取ったよう
にモノを言っても、また「聖書を言葉通りに捉えるな」って言われる
だけだろうに。信仰と宗教内の教義の不確かさや細分化は余り混同す
ると混乱の元に成ると思う。


390 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 01:05:41

 神が作る人間と、人間が人間の遺伝によって作られる人間との矛盾は
進化論に始まる遺伝子学によって否定される。これが究極の問題なんだよね。


391 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 01:11:59

 どんな宗教学者もいってるさ、キリスト教の最大の敵は進化論の様な遺伝学だとな。
これを根本的に打破しないとキリスト教の根本原理がなくなるんだよね。


392 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 01:22:05

 つーか生物学によって、キリスト教徒はどんどん少なくなってる。
ヨーロッパでキリストを本当に信じる者は4割になってる。アメリカは8割近いがね。
 これからは予定説を唱えるキリスト教徒(プロテスタント)は減少するだろう。
それより因果律の仏教やイスラム教の方が矛盾点は少ないだろう。

393 :389:2006/06/09(金) 01:26:50
別に進化論の否定をしているわけではないんだがなぁ…
これは私個人の考え方なので例え話としてでも思っててくれな。

進化論は進化論でいいだろう?キリスト教徒の教え(神が人間を
創った)が間違っていたからどうかしたのかな?
それは旧約聖書のアダムとイブの話だね、でもキリスト教の教義
ってなけっこういろいろとたくさんあって、それが全てではない
ワケさ。
で、大事なのは「神が最初(宇宙を創った?)」
自然科学で証明される法則は全て「神が定めた」
この世界(この宇宙全体)は「神に護られている」
そしてその絶対者である「神が主である」
こんな感じかな?私もあんまり詳しくないので訂正あれば宜しく。
で、これらが根幹だから遺伝子によってアダムとイブが「嘘」だと
してもそれは「神」が嘘をついたのではなく、人間の作った神話で
あると。
で、信仰する人が別に「あなたが信じないなら仕方ない、私は信じ
ます」と言えばいいだけの事でしょ?相手が納得するまで話す義理
も無いし神のいる証拠なんて勿論無いw


394 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 01:32:40
 聖書を読むならば、一貫して全ての人間は個々に神が作ったと言っています。間違いないです。
それが、違うならば反証してください。

395 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 01:40:18
 アダムとイブの時代から、パウロまでも個々の人間は神に作られたと明言してますよ。
だって、パウロは自分の人生に文句を言うことは神に文句を言ってる事だって言ってるじゃないですか。

396 :389:2006/06/09(金) 01:40:18
スマンキリストのほうだったよな、ボケてたw
アダムとイブをマリアとキリストに替えてくれ。

同じだよ。神の不在の証明には成らない代わりに、信仰者の
神の存在の証明もできない。このことは変わりようが無い。

で、キリスト教がなくなってどうなるか考えたら、やっぱキ
リスト教的なモノを信仰するのでは?
でもイスラム教だって神の証明はできない。矛盾が見えにくいだけ
なんだから…一度神の不在を考えて信仰を離れた人間が似たような
別の何かに「飛びつく」ような事ができるかなぁ。
個人的な意見として「私ならしない、古巣に戻る」

397 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 01:42:37
間違ってると思うものを信じるヤツはいない。
「間違ってる」だけで十分だよ。
どんな宗教でも世界を整合的に説明できる。
それだけのことだろ?

398 :389:2006/06/09(金) 01:49:37
>>394-395
あれ?だから私は別に「聖書は神話でもいい」と思ってますよ?
私はヨハネ氏ではないですからね、あと皆様を納得させようとも
思ってはいない。
ついでに言うとクリスチャンですらない。

しかしながら考え方としてはこう思う事がある。
「個々の人間の魂(霊的な部分・命)」なら創るかもしれない。
証明はできません、自然科学外のことですから、空想というか妄想
ですね。が、命は現在自然科学外の事なのでそちらも反証はできな
いのでは?

…信仰について語る事はやはり不毛ですね


399 :389:2006/06/09(金) 01:55:32
>>397
お、後半はその通りなご意見
しかし前半は引っかかりますね。

>間違ってると思うものを信じるヤツはいない
これはあまりにあなたの主観では?
極端な例しか思いつきませんが、「自分に害しか及ぼさないのに」と
薄々気づきつつもなかなか止められない事って色々ありますよ?


400 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 02:04:08
>>398
あなたの言ってる事は正しい。分かり得る範囲外のことは議論のしようがない。
死後のことを語る人の反証をしようがないのと同じです。
しかし、分かり得る範囲内の事であれば言論もできます。
 例えば、
キリスト教で言えば、人間は神が気まぐれの様に作ったおもちゃの様な者。
日本の神教ならば、神は日本人はなんらの条件もなしに繁栄すると言ってる。
 こんな感じ。

401 :389:2006/06/09(金) 02:08:06
…スマン眠いです。
あすがるし、途中でキャラすら定まらなくなってきたので落ちようか
と思う。信仰する人間は嫌いじゃないので擁護してみたんだがどうも
上手くいかんwそして眠い、そして妄想スマン

>>397
私は多少の矛盾点なら目をつむる。なぜなら「信仰の対象は絶対者」
でも「信仰してきたのは人間」と「私なら信じると思った」から…
これでは証明にはなりませんが、矛盾の無い話にはなります。
整合性を付けるためには何でもする。見たいものを見る。それが人間
のやってきた事だし、現在の自然科学も気を抜けばすぐそちらに流れ
そうな気がする…法則は動きませんが、見つける人間はミスを犯しま
すからね

402 :tar:2006/06/09(金) 04:33:06
イエスが子であり殺されたのならば殺したのは父ということになる。

403 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 09:02:47
じゃあ、やっぱり、イエスのおとったんは、将軍となっていた
あのローマ兵だったんだ・・・?

404 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/09(金) 18:45:59
1986年、レイキャビクで米ソ首脳会談が決裂。90年、ドイツ再統一。
来年が2007年。見通しは甘くないな。

405 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/09(金) 19:56:31
結局のところ、黙示録の「王国」はこの世の国ではないわけだな。
それは一つの世界観だ。しかし、頭で考えただけのものでは決して
ない。むしろ、真に現実的な世界そのもの。

俺の側からの解釈を言えばだがね。

406 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 22:41:22
285 名前:しおり ◆Fake/629IY  sage  投稿日:2005/12/25(日) 01:41:48 ???
イエスが12月25日の、所謂クリスマスに生まれたのではないことは明らかになっていますが。
1)羊飼い達が、12月の冬にに羊を野に放つことはありえない事実。8〜9月であったと推定されています。
2)イエス以前から、12月25日は、当時の最有力宗教であったミトラ教の祝祭日でした。
当時キリスト教は布教を始めたばかりで、 ミトラ教に集まる人々を、
勧誘のためその日に準じたのが始まりでした。
12月25日は他のミトラ教以外の異教徒においても重要な祝祭の日だったのですよ。

そして、異端的(パガン)というテーマですが、異端を言い出したのは、当時のローマカトリックです。
特に4世紀のコンスタンチノープルでの宗教会議で、
カトリック教の権威を教会主体に偏向(変更ではない)さす為に、聖書を再編し、
不都合な記述や書籍を排斥しました。多くの書籍が焼かれました。
元々のイエスの教えは、ミトラの教えとかなり近いものでもあったと想定されています。
その証拠に、カトリック教会の儀式は実に多くのミトラ教の儀式と同じものを 含んでいるのは事実であり、
特に有名な「アーメン」は、エジプトの「アーメン・ラー」であり、
エジプトの神であるラーから拝借しているのは、唯ならる事実です。
キリスト教の司祭が胸で十字を切るのも、ヘブライからのものです。

407 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 22:43:06
名前:しおり ◆Fake/629IY  sage  投稿日:2005/12/25(日) 01:44:57 ???
面白いのは数珠ですが、西欧ではロザリオと言いますが。
数珠の源泉は、東洋からであり、チベット仏教が発祥です。
西へ流れて中東西洋のミトラ教などに取り入れられたのが基本でした。
キリストという言葉の意味も「覚醒した人」と言う意味で、仏陀と同じ意味です。
調べれば異端とか正統派とか言う次元でないことが分かってきます。
だから、イエス・キリストとゴータマ・ブッダはどちらも、個人名に「覚者、悟った人」を付けただけです。
馬鹿馬鹿しいと思わずに、また、異端などと、後世の「教会権威主義者」の言動に毒されず、
悟りを追求したいものです。
ちなみに、現在のキリスト教聖書は、元々アラム語で書かれたものが、ギリシャ語に翻訳され、
それを近代ヨーロッパの言語に翻訳しているので、 多くの誤訳があります、
そのために変な意味になっている部分が多くあります。
本当のイエスの教えは、迫害後に地下に潜行し、グノーシスとして教えられているのも、 事実でしょう。
だから、気の毒ですが、逆にローマカトリック教が異端というのが真実のようで
よく調べれば、パウロ教と言ってもいいくらいです。

408 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 22:44:28
>>402
そういう意味では私は「神は死んだ」の言葉に賛成。
信仰は否定しないが、あの時点でキリスト教教義は「信仰対象」には成り得
ないと私は考えている。ちなみに私は389

しかしキリスト教に出てくる「主」である「神」の存在を崇めなさい、
信じなさい、そして救われなさいと活動するキリスト教自体は「別に間違っ
ているとは思わない」根拠はすでに述べている。

人によって何処に信仰の対象が在るかは変わるが、「本質」を捉えていれば
問題は無いと思う。しかしながらこの問題部分を他者に説明する事も理解を
してもらう事も無理ではないかなとも思うが…ね

難しいですね、信仰を話すのは

409 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/09(金) 22:59:53
全地球的規模の気象変動を前にして、第三次世界大戦を起こして
物量とビギナーズ・ラックを武器に乗り切れるとネオコンは判断
したと誰もが思う。

410 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 23:11:19
信仰が個人のものならいいが
教会はその所属する組織を守るため多くの間違いを犯してきた
その間違いのほとんどは信仰とは関係なく
既得権、権威の維持が目的ゆえに同じ過ちを繰り返す
「ダビンチ・コード」上映禁止などと言うのは異端審問そのもの
法王の指示じゃないとはいえその行動を黙認していれば同罪

教会が権威に執着する限り異端審問はなくならない
教会はまた必ず間違いを犯す

411 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 23:46:42
 キリスト教の面白い所は、未だ天国に行った人がいないって事。キリスト教の天国はまだ空っぽなんだ。
神が降臨して審判の日が未だ来てない。
 審判の日には全ての人が完全な体に戻され(何歳の時点なのか知らないが)
天国に行く人はそのまま天国行き。駄目な人は永遠の死。
仏教なら輪廻、イズラム教の天国は余りにも肉感的で遊び放題、美女といくらでもやれるし、いくら酒を飲んでも二日酔いはない。
しかし地獄行きだと、永遠の苦しみが待ってる。
なんて聞いたけどね、本当かどうかは知らない。小室直樹が書いてた。



412 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 23:56:42
 そそっ、クリスマスってミトラ教の冬至である大晦日。
ミトラ教は古くて、世界中に広まってたからね。
ローマの軍人や庶民が特にそうだった、ギリシアのプラトンの神学もミトラ教だったもんな。
もちろんゲルマンがそうだったし、スキタイもそうだった。

 俺はイスラム教の天国に行きたい、でも豚肉も酒も好きだから無理か・・・・

413 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 00:09:28
 俺の大将はバリバリのプロテスタント。
クリスチャンってどうしてあんなにすっきりした感じなんだ。
でも結構、引いてしまう様な恐ろしい冗談をいったりすんだよね。
でも俺は隣人と見なされてるから有り難いこった。
 なんでか知らないが、俺の先祖はユダヤ人かもしれないって言ってんだよ。
詩編が好きで良く読むらしいよ。
 でも今の世界を牛耳るアシュケナジーユダヤは、カザール帝国出身でユダヤに改宗したトルコ系民族
ってしってんだろうかね。

414 :messiah:2006/06/10(土) 00:23:52
http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/ishagadamasu/00mokuji.htm
http://akyoon.hp.infoseek.co.jp/bunmeinosouzou2.pdf

415 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 00:33:37
う〜ん…
>>410
で言われている事は別宗教でも少なからず当てはまるんでは?
というか、政教分離ができていない政治体制が問題だからそれは信仰の問題
とは言い切れない気がする。むしろ民度の問題かと。
要するに国全体が同一の一神教を支持していて、そこに何かしら宗教的な批
判がなされれば「キリスト教でなくても」同じような対応をしたのでは?

世界で一番人数が多い(影響力が強い)から「邪教」と言いたいわけではな
いものな。

>>411
仏教の中にも世界の終末はある。そしてそれをも救うのが弥勒菩薩。五十六
億年だかなんだか後かな、この辺はうろ覚えなんで宗教板ででも聞いてみて
くれい。ま、一つの宗教に分派が無い、矛盾が無いってのは「それだけマイ
ナー」って可能性や、「ただの我々の不勉強」って可能性もあるかもよ。

416 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/10(土) 06:37:27
>>328
処女懐胎が非科学的だというのは人知の限界です。そもそも科学の観察対象
である万物を造った神が処女懐胎を良しとされたなら、神に従属すべき科学
が主人に対して何を文句をつけることがあるでしょう。
皆さんの脳のキャパシティーはどうしてそんなに小さいのですか。もぐらの
脳とはそういうものですか。想像力の欠如、思考停止です。

417 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/10(土) 06:40:16
万物の存在すら説明できない科学に処女懐胎は許されないなどと
言う権利はないのです。

418 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 07:43:33
>>406
そういえば、6世紀ころに開かれた第2回宗教会議でも、
何度も生まれ変わることで人は救われるという思想は、
当時大きくなりつつあった教会の権力を弱めてしまうからって理由で、
聖書から輪廻転生の概念を削除したって話を何かで読んだことある。

419 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 08:52:00
>>416
なんでも神の御業で片付け
真実を見ようとしない貴様が一番の思考停止の愚か者だ

420 :∃W∀И ΟИ ◆8U./Lb8Pi6 :2006/06/10(土) 10:14:40
>>417 Joannes parvus
万物万象を説明できないからと言って、
処女懐胎という自然の摂理に逆らった不条理を指摘するのを禁止される謂れはない。

真の素粒子についてはまだわからなくとも、少なくとも人類の知識は、
処女懐胎なぞありえんことぐらいはわかる程度には至っているから、
それを非難して何が悪い?

それでも許されないというのなら、相応の論拠を示し給へ。

421 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/10(土) 10:35:43
まったく地の蛇たちは頭を天にめぐらすことができないのです。
感覚的なもの・自然的なもの・地上的なものしか把握できない
人間は、最も原始的な感覚である触覚を意味する蛇に譬えられ
ます。蛇は地に腹をくっつけて動くからです。

この蛇がアダムとエバを騙して霊的なものから引き離してしまった
のです。人類はこの感覚的なものしか信じないようになったため
霊的な認識力を失いました。エデンの園とは人間の豊かな認識力
を表わしています。エデンの園を追放されるとはその認識力を
失った事を意味しているのです。

422 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 10:46:44
×処女懐胎
○レイプ

423 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 10:47:59
>>421
どうでもいい神話を理由に蛇を差別する差別主義者キタコレ!

424 :一言居士:2006/06/10(土) 10:54:26
しかし、科学といっても、現在の時点でわからないこともある。
聖霊を未発見の原理として私流に考察したのが>>346である。
ただ、男の子を産んだとあるが、父方の遺伝子がないと、人間の雌雄は決められないのだ。

科学的考察というのは、現在わかっている範囲でしないと際限がなくなるのも事実である。
しかし、所詮中世に科学者を宗教裁判で弾圧したキリスト教に科学は不似合いですな。

425 :一言居士:2006/06/10(土) 11:22:37
処女懐胎もあるかもしれない。永遠の生命もあるかもしれない。
しかし、地上的、自然的、感覚的なものを偽とするあなたは自己欺瞞に陥っているのだ。
結局あなたは、我々が真とするものを偽とし、我々が偽とするものを真とするのだ。
ああ、キリスト者よ、原罪を負う人間に恩寵なぞあろうか?恩寵と口にすることすら許されないのではあるまいか?
神は死んだのではない、神は我々を完全に見放したのだ。もう神はお呆れになって人間を罰したりすらもしない。
ならば、認識に謙虚になろうではないか。神は我々に知恵や真理を与えたりしないのだ。


426 :一言居士:2006/06/10(土) 12:04:16
424,425の続き
小ヨハネ氏には呆れるばかりです。好きなだけ神でも信じてください。
人間に神を認識することが出来うるとしたら、科学によっても神を認識しうるはずです。
もぐら、霊的に盲目、地を這う蛇、と我々を好き放題に言ってくれますね。こういうのを傲慢というのです。
愛の鞭とあなたは言うでしょう。しかし、それは「愛の無知」というべきです。



427 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 12:06:06
へーえ、いまどき、処女懐胎なんて本気で信じてる人
いるんだ・・・。
だけど俺的には、そんな人の存在自体が信じられねー。
だって、いま21世紀だよ、ほんとにぃ・・・・!

428 :∃W∀И ΟИ ◆8U./Lb8Pi6 :2006/06/10(土) 12:17:47
>>421 Joannes parvus

ほぉ、ではモ前は神の体系を全て語れるというのだな。
では、どーぞ♥
ただし、神の御名においてその体系には矛盾という誤謬は許されないからな。

429 :∃W∀И ΟИ ◆8U./Lb8Pi6 :2006/06/10(土) 12:21:01
>>421 Joannes parvus

物理という体系は周知の通りだが、神という体系はみな無知だからな。

もぐらでも蛇でもないお前が示してやれよ。

430 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 13:19:49
>処女懐胎が非科学的だというのは人知の限界
 そうかもしれない。だが、人知(科学)の進歩を「神の教えと矛盾する」というだけで阻害してきた
 狂信者が言うべき言葉ではない。
>神に従属すべき科学
 そういう盲目的な位置づけが人知を阻害する。
>皆さんの脳のキャパシティーはどうしてそんなに小さいのですか。もぐらの
>脳とはそういうものですか。想像力の欠如、思考停止です。
 逆に言いたい。
 狂信者の脳は、過去の一部の人間の勝手な解釈により生まれた「神」の小さな
 枠に支配され、それを越えることが出来ない。
 想像力の欠如、思考停止である。

>万物の存在すら説明できない科学に処女懐胎は許されないなどと
>言う権利はないのです。
 処女懐胎を信じることを禁じようとは思わない。
 しかし、処女懐胎が存在するならば、その主張の根拠を説明しなければ納得は不能である。
 根拠無き妄信は思考停止と同義である。

431 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 17:52:18
>>406-407
うげ〜、そいつ宗教板コテの響子と同じこと言ってるよ・・・
しおりって奴はヘブライ語の「アーメン」と
アメン・ラーの「アメン」の意味を調べたことあんのかねぇ?

432 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/10(土) 21:36:04
>>430
>だが、人知(科学)の進歩を「神の教えと矛盾する」というだけで
>阻害してきた狂信者が言うべき言葉ではない。

私は科学の進歩を阻害しようとした覚えはありません。いいかげんな
ことを言わないでください。

>処女懐胎が存在するならば、その主張の根拠を説明しなければ納得は不能

神に不可能なことはないからです。

433 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 21:37:16
★緊急事態発生!!日本に朝鮮人が押し寄せる法案が可決間近!?★

自民党が本来推進していた「北朝鮮人権法案」とは、北への「経済制裁のみの法案」でした。
これに対し民主党も二月に「北朝鮮人権侵害救済法案」として「独自案」を国会提出。
これは「脱北者を難民と認定し、日本の定住資格を与える」という条項を盛り込んだものです。
法案成立を急ぐ自民党は、ここへ来て民主案(脱北者支援)も受け入れる考えに方針を転換…
脱北者支援について「施策を講じるよう努める」の明記で合意しました…

スパイ防止法さえ無い日本が脱北者の移住を支援… orz

そんなことをすれば、どの様な事態に発展するかは火を見るより明らか!
法案は6/13可決予定です!時間が有りませんので今直ぐ抗議行動に結集して下さい!!

【政治】"脱北者の保護・支援に努める" 与野党が「北朝鮮人権法案」で一本化…今国会で成立へ2(N速+現行スレ)
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1149771867/
【日本終了】朝鮮人を日本に大量移住 反対 OFF(抗議運動作戦本部)
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1149833514/l50
「北朝鮮人権法案」アンケート
http://www.shimpu.jpn.org/

434 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/10(土) 21:38:23
>>428
>ほぉ、ではモ前は神の体系を全て語れるというのだな。

私はそんなことは言っていません。

435 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 21:39:08
神に不可能なことがないからって、余計な仕事までさせるなよ…
処女降誕でなくたってイエスの値打ちが下がる訳じゃない。

436 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/10(土) 21:44:44
>>427
>だって、いま21世紀だよ、ほんとにぃ・・・・!

そんなことは関係ありません。21世紀になったからといって
神の存在が否定されたわけではありません。それなら
21世紀の私が処女懐胎を信じて何がおかしいでしょうか。

437 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/10(土) 21:47:04
>>435
私には分かりませんが、いろいろと深い理由があったのだと思われます。
なぜなら、神のなさることに無駄なことは一つもないからです。

438 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 21:49:21
>>437
分からないならほっとけよ
神のすることに無駄はなくてもおまいがやってることは無駄

439 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/10(土) 21:50:02
皆さんが理解できないからと言って、それが神の存在や処女懐胎を
否定する理由にはなりません。

440 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 21:54:35
小ヨハネ氏自身が科学の進歩を阻害したとは言わんが、教会が科学に基づく新説を
「神に背く」と言って弾圧してきた歴史は認められると思うが。

441 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/10(土) 21:54:36
>>438
私は皆さんの中に将来の鷲の子を探しているのであって、もぐらの
子を探しているのではありません。聞く耳のある者は聞きなさい。

442 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/10(土) 21:56:10
>>440
私はそんなくだらないことの申し開きをしたくて来ているのでは
ありません。

443 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 21:57:42
話にならん…
こういうのがいるせいでキリスト教徒が基地外扱いされる

444 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 22:01:02
>>443
禿道だ。
まあ、小ヨハネ氏が神の教えに忠実(?)というのは解った。
それ以外の考えを受け入れないというのも解った。
神の存在を信じさせる力が無いことも解った。

445 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/10(土) 22:04:02
>>443
ははは。皆さんの先生は狂人のニーチェではないですか。

446 :∃W∀И ΟИ ◆8U./Lb8Pi6 :2006/06/10(土) 22:19:32
>>445 Joannes Parvus
おいおい、モ前は神をさんざん語って語って騙ってきたじゃねーか。
今更、神の体系を語れねーとかぬかすんじゃねーゾ。

出来ねーなら、もぐらとか霊的に盲目だとか蛇だとかっつー失言を撤回して謝罪しろ。
下らん比喩で言葉遊びをすんのも大概にすんだな。ここは哲板だ。

それから、ニーチェがいつ俺の先生になったんだ?

447 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 22:25:40
ニーチェ万歳じゃない。
先人の色々な考えを学び、真理を追究する。
小ヨハネ氏から神を学ぼうと思ったが、反面教師だったな。

448 :一言居士:2006/06/10(土) 22:31:13
>>439
理解できない≠存在しないならば、理解できる≠存在するでは?

449 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 22:33:51
>>446 ヒント
ココは元々ニーチェスレ
小さなヨハネとその反応者が支配
秩序崩壊(盛り上がり)

秩序は壊れてからが面白いね。
その点に関して神が死んだとして従来の価値観の転換を
宣言したニーチェは面白いよ。
このスレそのものがニーチェの神の死を再現しているといってもいい。
普通の話題でgdgd→小さなヨハネ襲来(神は死んだ)→なんとなく話題が別の方向に
実質は「荒れてる」といってもいいと思うんだがこの荒廃具合がいいのだよ。
そしてそれこそが2chの醍醐味だと思う。

450 :449:2006/06/10(土) 22:35:24
ヒントになってないな。
「小さなヨハネはこのスレの全員をニーチェ信者だと思い込んでいる」
一行で済むなw

451 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/10(土) 22:46:08
ジャジャーン

452 :一言居士:2006/06/10(土) 22:48:41
現代の科学は実証主義あるいは反証主義である。しかし、証明されたことだけが真実ではない。
よって処女懐胎や神の存在を完全に否定することは不可能である。
しかし、人間の認識は限界があることをまず知らなくてはならない。知的謙虚さのない信仰は、認識能力の限界をわすれた知的傲慢である。
これは人間の認識ではない、神の認識である、と自己欺瞞する。しかし、これこそ背神行為なのだ。
人間はどこまでいっても認識能力の限られた「有限者」であると自覚し、
人間が神の認識に至ることはなし、と悟ることがキリスト者の信仰ではあるまいか?

453 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/10(土) 23:24:56
>>452
人間が神の認識に至れるわけがないではないですか。
私は人間は神を認識できると言っているのであって、
神の認識に至るとか神になれるとか言っているのでは
ありません。人間は太陽の存在を認識できますが、
太陽になれるのではないのと同じです。勘違いしない
でください。皆さんは本当に人に言っていることが
理解できない人たちです。これで哲板とは呆れます。

454 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/10(土) 23:29:27
>>446
あなたの言う「神の体系」とは具体的に何のことですか。
私の知っていることなら喜んで話しましょう。

455 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/10(土) 23:37:10
>>446
>下らん比喩で言葉遊びをすんのも

言葉の霊的意義についてスウェーデンボルグから学ぶことを
奨めます。皆さんの先生たちの一人であるカントは残念ながら
スウェーデンボルグの『天界の秘義』を読んでも理解できませ
んでした。皆さんがカントを超えるためにはそれを読んで理解
できるようになることが是非必要です。

456 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 00:03:52

 人間じゃなくて神は全ての人間を作るのだから、処女懐妊っては普通に考えられる。


457 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 00:11:33

 しかし、人間の遺伝子によって人間は作られ、そして生活環境・個人の努力で人生が変わるとするならば、
キリスト教は論理矛盾だ。

458 :455:2006/06/11(日) 00:30:26
>>455
神の体系を知らん俺に聞かれても知らんとしか言えんが、
君の論拠たる神に関する体系だった記述だよ。
そうそう、ヨハネたんが知ってること範囲でいいから論じてよ。
ただし、前記で挙げたように無矛盾でね。

霊的意義からして意味不明でわかりません。僕モグたんなんで。ぐもぐも。

で、失言の撤回と謝罪はどしたの?

459 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/11(日) 00:31:25
え?w

460 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 00:32:07

 もし仮に、人間は人間の遺伝子から作られる物だとすれば、キリスト教は進化論がボトルネックになる。
神は全ての万物を創造しているなんて嘘になる。

461 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 00:40:59
 神は全ての物を最初に作ったなら、問題は少なくなるであろう。しかしそれでも、猿と人間は別々に作られた筈だ。
旧約聖書、新訳聖書で一貫して書かれていることは未だに個々の人間は神が創造してる事になってますよね。
人生までをもね。それがハリウッド映画で随所ででてくるよね。そしてそれに苦悩する人もね。

462 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 00:55:45
 遺伝子学や進化論がある限りにおいて、キリスト教の未だに全てを作ってるってのは嘘になるわけだ。
全知全能の神が作っている物に対して、遺伝子によって生物が作られる事はありえにだろ?

 ならばキリスト教は予定説を捨てなければいけない。起源において作ったには作ったが、あとの始末は各種の遺伝法則であると。
そうなるならば、今は全知全能であるわけがない。

463 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 01:00:56
>>小さなヨハネ

 もー神が人間を創造してないとして、生活環境や遺伝子で人間の人生が決まる物だとしたら、
どうやって神は人間を裁く事ができえようか?


464 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 01:05:55
 俺はキリスト教を否定するためにだけカキコしてんじゃない。いろんな意見があって参考になればいいと思うだけ。

465 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 11:04:34
はい、そこまで


466 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 11:22:55
このスレの98%は挑発と反応でできています。

467 :一言居士:2006/06/11(日) 14:51:30
>>453
ですから、人間に神の言葉なんか聞けるはずがないのです。神の言葉は、聞くものでなく探すものです。
神とは、不可知なるものです。神とは永遠の謎です。「私は知らない」なのです。
でも、探し続けるのです。神への信仰とは、聖書を信じることではなく、見つからないもの(真理)を探すことなのです。
見つからなくてもいいのです。なぜなら、探すこと=見つけること、だからです。イエスもマタイ書7章7節のなかで、
「探せ、そうすれば見つかるであろう」といっているじゃありませんか。

468 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 15:25:50
>>467
そうですね。おっしゃるとおりです。
じゃあ、そろそろ次の話題に……


469 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 15:26:15
テリー伊東です。


千葉、反日ロッテは、不法入国のチョンの球団。

在日カンコク、朝鮮人は圧倒的多数で不法入国していながら、
戦中のわずかな強制連行を論拠に戦後日本で利権ばかり主張し、
現在の在日利権を築き上げてきた

寄生虫です。

ロッテはテロ支援国(韓国)の恋人。
買うのは止めましょう。分かりますよね。

ロッテは拉致支援国(韓国)の恋人。
平和を愛する日本人なら買わないでしょう。

竹島を領土化する支援をしているのが現地企業のロッテです。
そしてわれわれの街を、路上を汚すガムを販売しておいて
清掃費用もガム代にかさない反社会的な朝鮮人(韓流)の血脈がロッテなのです。

ロッテロッテ 反日ロッテを買うのは止めましょう。

ロッテロッテ 反日ロッテを買うのは止めましょう。

ロッテロッテ 反日ロッテを買うのは止めましょう。

ロッテロッテ 反日ロッテを買うのは止めましょう。



470 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/11(日) 18:21:19
http://www.nhk.or.jp/taiga/
おまいらも、たまにゃ大河ドラマでも見れ。

471 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 18:53:26
 
 ジーザスは明日のサッカーは日本が勝つと予定してると感じるが、おまいらどうよ。

472 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/11(日) 19:05:35
ime落とすなよー。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~petercat/picture/hansinsikyoku.jpg

473 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/11(日) 19:24:11
あ、復活した♪ おまいら、今夜、本能寺の変だぞ。

474 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 19:26:40
 ひろ・さちやは、キリスト教は進化論によって否定されたと述べています。wwwwww

475 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/11(日) 19:29:50
ピクミン分類の神か?

476 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 21:31:41
おもうに、小さなヨハネ氏は、キリスト者ではないね・・・。
勿論、処女懐胎なんかも本当は信じてはいない。
本当のキリスト者なら、こんな2CHでアーホーなことを喚いて
かえって主を貶めるようなことをする訳がない。
あまり主イエスを冒涜すると本当に地獄へ堕ちるよ・・・!
もういい加減にしたまえ・・・。

477 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/11(日) 22:45:04
お馴染みの問題だな。

俺も処女懐胎は関心がない。もっとも成立が古いと見なされる
マルコ伝だと、説教中のイエスを「身内のもの」が「気が狂った」
と思って取り押さえに来てる(3.21)。

処女懐胎が周知の問題なら、家族はどうしてこんな真似をするだ
ろう?

478 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 22:59:09

 キリスト教では地獄はないよ。永遠の死。
永遠の死ならば、死んでる事も気づかねーだろーによ。

479 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/11(日) 23:08:55
http://www5e.biglobe.ne.jp/~petercat/picture/trinity-frogs.jpg

ほい、本能寺が囲まれた時に鳴いたという伝説のある蛙の香炉。

480 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/11(日) 23:12:32
>>478
逆だろ、地獄に堕ちても永遠の命。

481 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 23:12:45
>>478
ダンテの「神曲」読んでご覧・・・。

482 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 23:19:19
ダンテはまあ文学だとしても、最後の審判のときすべての魂が蘇り、
その後悪人は地獄に落とされることになってんじゃね?

483 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/11(日) 23:20:58
だから、地獄の苦しみが永遠に続くの。

484 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 23:43:20
 キリスト教に地獄があるのは認めるが、俺は永遠の死だと解釈してる。ヴェーバーを熟知した小室直樹が書いてる。
それはいいとして、人間ってのは自分の存在意義を常に問う生き物なら宗教が必要だと思う。
科学哲学でさえ世の中を知り得る事に否定的だ。科学哲学の意味論を駆使出来るような天才が出てきて、新しいまともな宗教を
作る事を希望します。

485 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 23:52:26
 数学は数学自体を証明できないが、数学の中では充分に帰納法は生かされ、物理学にも役にたってる。
でも社会科学分野は遅れを取りすぎている。19・20世紀の混乱がそれだと思う。
哲学自体の本は余り読まないけれど、なんとか哲学って書いてある本は暇潰しに読んでます。

486 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 00:06:45
めらめら燃える地獄の業火のなかで永遠にちりちり燃えなくてはならないのはキツイね。

487 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 00:14:38
 性善説の俺にとっては、一神教はちと性に合わないかもね。

488 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 00:19:19
 新訳、旧訳をごっちゃに考えてるから「めらめら燃える・・・」なんていってんだよ。
普通のプロテスタントはイスラム教やユダヤ教とちがってそうは考えてないよ。

489 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 00:22:45
 現代のプロテスタントの最重要人物はパウロ。
新訳・旧訳をごっちゃにすれば、矛盾だらけの宗教じゃないの?

490 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 00:28:47
 だから俺は思うんだよね。どうして新訳と旧訳を一緒に聖書とするのかとね。
そうなれば、メジャーな解釈はあっても人による解釈も千差万別になんじゃねーのかとね。

491 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/12(月) 00:31:31
>>486
肺に炎が入って来て(汗

492 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 00:37:48
神は死んだ!
我々が殺したのだ!

493 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 00:39:33
 ローマには、新訳だけ入っていって、旧訳は入っていってなかったのに。ミトラ教と新訳の融合だったのにな。

494 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 00:41:47
 遺伝子学の驚くべき実証性を考えれば、キリスト教なんて信じられない。

495 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 01:02:57
キリスト教の天国ってどんなのだっけ?
なんとなく
うまい飯が食えて綺麗で楽しくて快適なパラダイスっぽいイメージがあるよ。

496 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 10:49:25
旧訳→旧約
新訳→新約

497 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 12:53:36
> 数学は数学自体を証明できないが、数学の中では充分に帰納法は生かされ、
> 物理学にも役にたってる。

いくら宗教のスレだからと言って、こういう意味不明の発言はどんなものか。w

498 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/12(月) 19:57:00
人知れず孤独のまま終える人生こそが素晴らしい。
自己顕示欲ムキだしの世界の連中は吐き気がする。

499 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/12(月) 19:58:54
獣や偽預言者に居眠りをさせないためでなければ、
インターネットなど誰がするものか。

500 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 20:45:42
>>498 処刑
そ。

>>小さなヨハネ
基督者のお前に素敵な言葉をプレゼントしてやるよ。
ラテン語だ、ありがたくうけとっとけや。

Iēsū Christe, fīlī deī, miserēre Jōannēs parvus.
イエス・キリストよ、神の子よ、小さなヨハネを憐れみ給へ。

501 :500:2006/06/12(月) 20:48:20
>>小さなヨハネ
イエースー クリステ,フィーリー デイー,ミセレーレ ヨーアンネース パルウゥス.




何か困ったことがあったら心の中で唱えなさい。

502 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/12(月) 21:46:07
>>500
ありがとうございます。

503 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/12(月) 21:52:31
>>458
>君の論拠たる神に関する体系だった記述だよ。
>そうそう、ヨハネたんが知ってること範囲でいいから論じてよ。
>ただし、前記で挙げたように無矛盾でね。

『日本の“無宗教”は一番自然な宗教か。』というスレッドに
以前書いたことをとりあえず御覧ください。

>で、失言の撤回と謝罪はどしたの?

失言していません。

504 :短パン:2006/06/12(月) 21:57:20
「ヨハネ」とかを、のたまうのであれば。君。

まるでヨハネ警句をここに、書き出してみたらいい。。。

505 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/12(月) 22:58:39
皆さん、もっとスウェーデンボルグを勉強してください。
これからはスウェーデンボルグが世界標準となるでしょう。
日本人はスウェーデンボルグを理解できる器を持っています。
なぜなら、宗教に汚染されていませんし、それなりの潔さ、
真理を愛する心を持っているからです。真理を愛する心、
これこそが霊的なものです。

506 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/12(月) 23:02:07
もちろん、真理を知ったからといってそれですべてでは
ありません。行わなければならないのです。しかし、そこに
至るには試練をくぐり抜ける必要があります。試練は誰にも
与えられるのではありません。試練に耐えられる者にだけ
主は試練を与えて鍛えるのです。人間は試練を通じて悔改め
るのです。悔改めなければ「再生」されることはありません。

507 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/12(月) 23:03:46
日本には悔改めて「再生」した人物がもっともっと必要です。
そうでなければ世界をリードし、人類を救うことはできません。

508 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/12(月) 23:06:07
くだらない人知による哲学などにいつまでも惑わされて
いてはなりません。神からの啓示による文書を読まねば
なりません。人知に真理など考え出すことは不可能なのです。

509 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/12(月) 23:09:42
皆さんは人を判断するときに、その人が悔改めた人かどうかを
見るといいでしょう。そうでない哲学者など自己愛の固まりで
あって、そんな人物の御託に騙されてはいけません。

510 :短パン:2006/06/12(月) 23:19:07
死んでいいぞ。お前は・・・

んじゃ、さようなら。

511 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 01:08:12
>>509 小ヨハネは「JSA」の方ですか?

512 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 06:18:00
Iēsū Christe, fīlī deī, miserēre Jōannēs parvus.

主よ、この電波ヨハネを憐れみ給へ、アーメン。


513 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 11:24:22
哲学語るつもりがないのなら板違い。
「無神論者」「狂人」などと繰り返すだけなのを批判と
思ってるなら、もうおなかいっぱい。

514 :哲オタ ◆ncKvmqq0Bs :2006/06/13(火) 15:22:20
>>513
この板、人間観察には良いと思う。
でも、やはり「場違い」が一人居るかな。
「彼」は根が真面目な奴だと思う。
俺は、キリストは好きだが、
キリスト教は好かん。
日本人に生まれて感謝しておる。

515 :哲オタ ◆ncKvmqq0Bs :2006/06/13(火) 15:58:44
SEE ALSO
http://www.cardofjoker.com/philosophers.html

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1012616985/l50

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%8C%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AA

http://www.swedenborg.ca/index.htm


516 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 16:11:31
「ありがとう教」の方がよっぽどの邪教だと思う。

(1)滋賀の『あ○がとう村』
教祖によるセクハラ、病人信者放置死問題を起こす。(下のスレ内にソースあり)

(2)『う○し会』
・「ありがとう連呼で病気が治る、鬱が治る、運が良くなる」という
  根拠無しのニセ科学・医療論を提唱。
・ 関連会社で怪し気な開運グッズ『ありがとうグッズ』なるもの
  を「身につければ運が良くなる、病気が治る」と言って売っている(霊感商法)
・代表人物の発言は矛盾点が多い。
  (例)教義で「不平不満、悪口を言うな」というのに本人はばりばり悪口を言っている。
     「私は無神論者」と言っているのに、宗教臭いことを次々と発言。
・代表人物は学歴詐称疑惑の『噂』もある。

(1)と(2)の詳細は↓
【偽善】ありがとう教問題について【犯罪】(宗教板)
 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1129976101/l50 
 このような怪しい団体の被害者を減らしたい所存です。 情報交換お待ちしています。
 (誰かこのインチキ教団のことをマスコミにタレコミしないかな・・・)


517 :哲オタ ◆ncKvmqq0Bs :2006/06/13(火) 17:12:32
>>516
サンクス、516さん。
カルトをエグリエグリするのもオツだね。

518 :哲オタ ◆ncKvmqq0Bs :2006/06/13(火) 17:42:24
http://asyura2.com/0601/cult3/index.html

参考にどうぞ

519 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/13(火) 18:55:27
まったく皆さんの自惚れというか無知というかには参ってしまいます。
皆さんは門から中には入ってこないで、家人に向ってキャンキャン吠える
よその犬のようなものです。私の言うことが全く理解できないのです。
ですから内容に踏み込んだ議論も質問も出来ません。理解するために
必要な知識がないので理解できないのに、人の言うことを非難する
のです。宗教は思考停止だと。皆さんが理解できないだけなのです。

ペトロ2・2・10−11
「彼らは、厚かましく、わがままで、栄光ある者たちをそしってはばかりません。
天使たちは、力も権能もはるかにまさっているにもかかわらず、主の御前で彼
らをそしったり訴え出たりはしません。この者たちは、捕らえられ、殺される
ために生まれてきた理性のない動物と同じで、知りもしないことをそしるので
す。そういった動物が滅びるように、彼らも滅んでしまいます。」

520 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/13(火) 19:00:12
わたしに栄光があるわけではありませんが、あえて引用するならば
そういうことです。皆さんは知りもしないことをそしるのです。
自分には分からないと言うなら正直なのに、知らずにそしるところ
が無恥です。知らずにそしることが哲学的なアプローチでしょうか。
ただの傲慢のように思います。

521 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/13(火) 19:01:50
そのようにして恥を晒したのがカントです。彼はスウェーデンボルグ
を全く理解できないのに傲慢にも批判してしまった・・・。

522 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/13(火) 19:13:31
皆さんは口を開けば証明せよと言いますが、皆さんの言うことが
証明されているとは思えません。もちろん私は皆さんに証明など
求める気はありません。なぜならそれが誤謬であることは明らか
だからです。
しかし、哲学者の言うことが証明されているなら、とっくに哲学
を巡る論争などなくなっている筈です。ですから皆さんが証明
証明と要求するのはナンセンスなのです。そんなものは証明の
対象ではないのです。

523 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/13(火) 19:16:10
神を理解できないのは皆さんの認識能力の欠如なのです。
もぐらに鷲が非難できるでしょうか。

524 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 19:19:35
>小さなヨハネ
スウェーデンボルの性魔術について教えて下さい。

525 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/13(火) 19:19:53
視力は理解力・認識能力に相応しています。これが視力の
「霊的意義」です。
もぐらの視力と鷲の視力とが明らかに違うように個々の人間の
認識能力には大きな開きがあるのです。

526 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/13(火) 19:21:37
皆さんにはそのことが全く分かっていないようです。
まるで樹海を彷徨う人を山の上から見ているようなものです。

527 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 20:39:06
処女懐胎って
天動説vs地動説って感じだな

528 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 21:11:55
小さなヨハネが処女懐胎を信じたいのは、
小さなヨハネの中の人が40も過ぎたオバハンであり、かつ未だに「おぼこ」だからなんだお。




だから、電波ゆんゆんしてるけど、あんま虐めないでageて。

529 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 21:17:53
>>526
貴方は神にお会いしたことがあるのですか?

530 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 21:27:23
キリスト教を否定する者が何故
自惚れで無知になるのかな?

キリスト教徒はそうでない者よりも優れていると?


531 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 22:31:47
小ヨハネよ、嗚呼、嘘つきヨハネよ・・・。
スウェーデンボルグは、君の言うような人ではないよ。
かれは、当時最高の科学の知識と技術を体得した偉大な科学者でもあった。
と、同時に深い偉大な神秘家でもあったが・・・。
君は、スウェーデンボルグの書は何冊読破したのか・・・?

532 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/13(火) 22:59:22
>>531
>スウェーデンボルグは、君の言うような人ではないよ。

私がスウェーデンボルグのことをどう言いましたか。

>君は、スウェーデンボルグの書は何冊読破したのか・・・?

あなたは何冊読破したのか先に言ってください。

533 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/13(火) 23:01:31
>>529
>貴方は神にお会いしたことがあるのですか?

ありません。

534 :529:2006/06/13(火) 23:06:30
私はあります、毎日お会いしてます
貴方のような懐疑主義者=ニヒリストじゃありません

535 :一言居士:2006/06/13(火) 23:07:22
>小ヨハネ氏
なぜキリスト教が正しいのですか?

536 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/13(火) 23:08:52
昔、俺が発案した、非接触式盲人杖、どうなったんだろw

537 :考える名無しさん:2006/06/14(水) 04:05:20
>>小ヨハネ
何か口を開けばスウェーデンボルグ、スウェーデンボルグ
君はそれしか言えねぇのか!?
あくまで宗教ってのは思想形態の一つだろ。
聖書やスェーなんたらの中身を信じなきゃいけない理由なんてどこにもないだろ。
というか信じりゃえらいのか?肯定すれば優れてるのか?
お前はキリスト教を異を唱えるものに対して何て言った?
やれモグラだ、やれ犬だと優劣を決め付けた偏見と傲慢さが感じられて虫唾が走る。
果ては無知だ、自惚れだ、あなた方には理解できない、だと?
てめぇみてぇにな宗教を人を蔑む道具に貶め優越感に浸るような奴がいたから
ニーチェは言ったんだ、「神は死んだ」ってな。


538 :考える名無しさん:2006/06/14(水) 09:08:29
コピペ

大航海時代には、航海者からローマ法王に、異教徒は人間であるか、との問い合わせが頻繁によせられている。
その答えは、「人間でないのでならば殺すも奴隷にするのも自由である」と答えている。
殺すなかれ、という戒律はキリスト教徒にだけ適用される。
近代国際法の生体を暴露すると、ポルトガル人は信仰篤いキリスト教徒として知られている。
そのポルトガル人がアフリカで何をしたか。
彼らはアフリカでアラブ商人を駆逐して奴隷貿易の権利を手に入れ、
その首都リスボンはアフリカ黒人の奴隷市で栄えることになった。
奴隷貿易で大儲けしたのはポルトガル人だけではない。
ヨーロッパのキリスト教諸国は、奴隷貿易で大いに栄えた。
キリスト教国の国際法は異教徒を奴隷として売買することを合法的としていたからだ。
15〜19世紀の400年間、アフリカ大陸から奴隷貿易で連れて来た黒人は六千万人にのぼる。


いまだに人種差別がおこなわれている


539 :531:2006/06/14(水) 10:18:28
>>532の嘘つきヨハネよー。
スェーデンボルグは、君の権威付けや詭弁の擁護の為の者ではない、って言ってるのだよ・・・!
彼は、宗派を超えた普遍的な宗教とも言うべき高い高い立場の偉人なの。
君の如き偏狭で独善的で排他的な我利我利亡者が云々できる御方ではないと
言っているのだよ。

スェーデンボルグの書は、わたくしの愛読書の一つである「鈴木大拙全集」の中にある
幾冊かの翻訳で読みましたよ・・・。

540 :考える名無しさん:2006/06/14(水) 10:39:06
具体的な批判がねーな。この流れでは実質的に
「馬鹿」と「アホ」の二語しか使われていない。

541 :考える名無しさん:2006/06/14(水) 13:39:30
Iēsū Christe, fīlī deī, miserēre Jōannēs parvus.

イエス・キリストよ,神の子よ,この盲いた小さなヨハネに光を与え給へ。
この盲いた者は、天の光を感じることができずに、地獄へと彷徨い歩いていきます。

542 :哲オタ ◆8x8z91r9YM :2006/06/14(水) 15:34:56
狂信者は不気味な存在だ。

自らの思い込みを正当化し、

自らの理論を捏造し、

対立するもの全てを敵と見做すからだ。

キリスト帝国アメリカ
http://www16.ocn.ne.jp/~aeeba/book/kirisutokyoteikoku.htm

宗教的狂信は治療出来ないの?
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1089735728/l50

「巨大ハリケーンは同性愛者への天罰」と
キリスト教根本主義団体
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1125720968/1-100




543 :哲オタ ◆8x8z91r9YM :2006/06/14(水) 16:03:45
キリスト教が全て悪いとは言ってない。

多数は、世の中を案じている牧師さんは大勢いる筈。

一部のアホの仕業である。

つーか・・・狡猾な連中の悪巧みである。

それゆえに、末端のアホを相手にしても
無意味ではないか?

戦う牧師、小石氏のHP
http://www.ne.jp/asahi/petros/izumi/

544 :考える名無しさん:2006/06/14(水) 16:13:24
牧師は正しい人でなければならない。
正しい人は牧師になどならない。

545 :哲オタ ◆8x8z91r9YM :2006/06/14(水) 18:41:08
>>544
知的な言い回しだね。

君が牧師なら図星だと思うよ。


546 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/14(水) 22:39:45
>>539
>スェーデンボルグは、君の権威付けや詭弁の擁護の為の者ではない
>って言ってるのだよ

私はそんなことのためにスウェーデンボルグを利用などしていません。
あなたと一緒にしないで下さい。

>彼は、宗派を超えた普遍的な宗教とも言うべき高い高い立場の偉人なの。

それは違います。彼の『真の基督教』を読めば、彼が基督教そのもの
の預言者であることが分かるでしょう。

>スェーデンボルグの書は、わたくしの愛読書の一つである「鈴木大拙全集」
>の中にある 幾冊かの翻訳で読みましたよ・・・。

そうですか。恐らくそれは『神の愛と知恵』、『天界と地獄』、『神の摂理』
だろうと思います。しかし残念ながらそれだけではダメです。最低でも
『真の基督教』を読まねばなりません。さらに彼の『天界の秘義』を読まねば
表象と相応の概念が分からないでしょう。それらを読んでから人のことを
嘘つき呼ばわりしてください。

547 :考える名無しさん:2006/06/15(木) 00:29:42
てか 本がすべてなのね・・・    プッ

548 :一言居士:2006/06/15(木) 01:11:13
関係ないのですが、私哲学板に入るとき、
インターネットエクスプローラーから、2ちゃんねるで検索して
その途中、過去ログ倉庫に収められているスレッドから哲板掲示板に入るのですが、
これって、過去ログを閲覧したことになって料金がかかるのですかね?

549 :考える名無しさん:2006/06/15(木) 02:50:06
>>546
だ〜か〜ら〜
スェーデンボルグのそのファンタジックな内容を
あんたが何故そこまで盲目的に信じきっちゃうんだい?
思考が停止してるんじゃありませんか?

550 :考える名無しさん:2006/06/15(木) 17:04:33
嗚呼〜、小ヨハンネスよ〜、嘘つきヨハネよ〜。
どこまで君は愚かで嘘つきなのか・・・?
いままでさんざ、スェーデンボルグ先生を利用してきたではないか。
君の愚かさを繕い誤魔化すために・・・。
懺悔せよ〜、小ヨハネよ〜、懺悔せよ〜。
そして二度と偉大なるスェーデンボルグを利用するなどと言う大いなる罪を
犯さないと誓いたまえ〜・・・!

551 :考える名無しさん:2006/06/15(木) 18:53:13
      ,r'-゚->、
  _ ,,_/⌒Y⌒Y^ヽ_
 /r'´ l f。〉  く゚) l `ヽヽ
 l l  'i,   =   l  ヽ'i
. l l   L,人__人_,ノ  l l
  ljj   }`ー--‐'7   l l .
     `ー '"~´    iiリ ..   Iēsū Christe, fīlī deī, miserēre Jōannēs parvus.

552 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/15(木) 22:37:26
まあ、スウェーデンボルグを少し齧っただけでスウェーデンボルグを
云々する人は多いです。しかしそれらの人たちはスウェーデンボルグの
ごく一部を取り入れているだけで、全体像を把握していません。
そういう人たちはスウェーデンボルグを本当に理解しているわけでは
ありませんし、心からスウェーデンボルグ受け入れているわけでも
ないのです。

553 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/15(木) 22:39:19
鈴木大拙もそうです。彼はスウェーデンボルグを翻訳まで
していますが、心底スウェーデンボルグを受け入れている
訳ではないのです。もし受け入れていたらクリスチャンに
なっていたでしょう。

554 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/15(木) 22:49:59
>>549
実は逆で、スウェーデンボルグを理解できない人は思考停止
しているのです。
なぜ信じられるかというと、読めば自ずからこれは真実である
という強い印象を受けるからです。

555 :考える名無しさん:2006/06/15(木) 22:56:52
>>554
       |            `ヽ、      _ .. -―===‐-  .._     、ミ川川川彡
        |              \  , ≠-―――- .._    \  -ミ       彡
       , -┴==――-  .. _        〉'´       、   `ヽ     ヽ三   ギ  そ  三
.    //´             、 、 /   、 \     \    ヽ.  三.  ャ  れ  三
    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨  / 、\ \    \    ヽ 三   グ  は  三
    \/  /   /, {     `ヽ  !   /  }ヽ. ヽ、 ヽ、__ ..二、    三.   で       三
     , '   , '    // ハ   |  ト、 |l   {  /二ヽ `¨¬x=-ミ_‐┐  三   言  ひ  三
   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハlハ   イィ::f_} \  ´ vイ} ´ /}   三    っ  ょ  三
    l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |__ハ  {` ゙ー'   `   ̄  ノ,′ /三.   て   っ  三
   j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′厂´ \ ヽ、  `      u   /   イ 三   る  と  三
      ヽ{   `    u. ノ   / /    {{爪    -:‐   ー=彡イ /  三  の   し  三
       八   ´`     ー=イ  fl /      {  \      ..:::::::::〈 /   三   か  て  三
      ハ\     ...::::::|  jハ{     { + \__..:::::::::::::::::∨ ┼ 三  !?    三
        \{` ー‐、.:::::::::::| /         { + } / ∧:::::,. -‐/    〃彡      ミ
           `    」::::::/j /\       /{ + } ≠x 〉´  / + 〃r 彡川川川ミ
          /x=く  ´ _f〜、      / /Y´‐}  〃}}、 /´ ̄ Y 〃 ノ ハ \ \
         f^ア 〃ノハ ヽ  ノメ〜ヽ   / / { ニ} {{ 〃}} {二  | 〃f´ /  }  ヽ

556 :考える名無しさん:2006/06/15(木) 22:57:35
スウェーデンボルグなぞ、知る必要もないし、無視しても良い。

557 :考える名無しさん:2006/06/15(木) 23:24:22
>>555
ギャグを本気で言ってるんだよw

558 :一言居士:2006/06/15(木) 23:32:59
>>554
真実がわかったと確信して一切疑わぬを思考停止というなり。

559 :考える名無しさん:2006/06/16(金) 00:21:56
小ヨをこれ以上弄っても、もう何も出てこないぞ?
壊れたレコードと同じだ。

560 :考える名無しさん:2006/06/16(金) 01:52:08
小さなヨハネ氏は、偉そうなことを言ってても、自分の信仰を隠してカトリック教会に行ったりしてたからね。
卑怯者に見えるね。
ようするに、自分に都合が良ければ、自分に心地よければなんでも良い。

561 :考える名無しさん:2006/06/16(金) 03:05:00
お前ら、ニーチェを語れよ!!!!!!!!

562 :考える名無しさん:2006/06/16(金) 09:45:22
>>561
スレタイなんてもはや誰も気にしていないようだぜ!

563 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/16(金) 19:04:19
大拙訳の文体って文語体で格調高いよなw

564 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/16(金) 19:29:16
彼が心霊上の証覚は、一千七百四十三年、始めて倫敦
起これり。彼の記す所によれば、この時、主自ら彼の前に
現れ給い、次のことを世に告げよと命じ給いぬと。即ち
基教の真信仰の既に全く亡失したるを更に顕わにする
こと、死後における天界・地獄・及びこ是等両者の
中間に存する境涯を説き示すこと、此中間の境涯は
人の死後直ちに入り来る所なるも、生前われらは既に
此に住して而も未だ之を自覚せざること、精霊と物体との
間には相応の理ありて相連関し、聖典は此理を基として
書かれたるものとして、吾人もし之を體し、潜心凝神して
聖文を読む時は其秘鑰(ひやく)を得てて救済の途に
入ること、これなり。

小伝

565 :考える名無しさん:2006/06/16(金) 19:36:41
 ,_________________
 |                       |
 |  ._,,..-..,,,__          ○     .|
 |  |:::::::: ニ=.T         _______.   .|
 |  |:::::::: ニニ ト、      _,.-个:::::::|   |
 |___ .|:::::::: ニニ |叫     |.=ニレ-'个ー‐-|
 |.  ̄\:. ニニ.|叫 ̄ ̄ ̄~T=ニ|::|`'ー.,_  .|
 |-ー‐''''个.ニニ.レ'´√ ̄ ̄'个-.,|::| 叫 `'ー|
 |. ニ= |::_,.-'´ /   _   ';_ ``|.,     .|
 |   _,.ト'´  /  /入ヽ  `;_  \   |
 |  /    /   ヽ∵フ   `;_  \,  |
 |_/     /  √ |Y| `'i   `;_   \_|
 |      /    | |.|.| .|    `;_    |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         犯人はヤス

566 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/16(金) 19:41:23
彼の言説が信仰に与える影響について云々出来るほど詳しくは
ないが、↑これからすると、重要なのは「スウェーデンボルグ
主義」ではなく、彼の言説と通して、キリスト教信仰を見つめ
直すこと、・・・かな?

ttp://swedenborg.web.infoseek.co.jp/daisetsu.htm

567 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/16(金) 20:03:15
「これ」とは小伝のこと。子供時代から異言癖があったらしいな。


568 :考える名無しさん:2006/06/16(金) 21:32:19
少なくとも、小ヨハネの宗教だけは、間違いなく邪教です、ってことが
確定じゃね・・・?

569 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/16(金) 22:03:13
おまいら。
http://www.kyo-kan.net/oshii-ig/gits-sac/20.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B8%E5%B1%B1%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3

570 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/16(金) 23:21:53
欧米での認知度どうなんだろね、丸山ワクチン。

571 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/17(土) 00:07:56
>>558
>真実がわかったと確信して一切疑わぬを思考停止というなり。

誰しも認識とは直感なのです。

572 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/17(土) 00:11:05
いずれ時は来るでしょう・・・。

573 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/17(土) 00:19:07
私の職務は鷲の子を探すことです。後は主が取り計らって
下さるでしょう。

574 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/17(土) 00:24:57
聞く耳のある人は聞いてください。スウェーデンボルグは
誰にでも読めるものではありません。真理を心から追究する
者以外の者にとっては無価値であり、不可解なものです。
真理を心から愛する者以外の者には仮にそれを読んでも
誤解し、躓くだけです。

575 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 00:25:20
>>572
何様だ

576 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/17(土) 00:32:13
カントがスウェーデンボルグの『天界の秘義』を読んでも
理解できなかったのはその好例です。ふくろうは暗闇の世界
では猛禽ですが、真昼の光の中では盲目となるように、真理を
愛していない者は誤謬の世界では猛々しく振る舞いますが
真理の光には霊的な認識能力が無くなるのです。

577 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 00:38:28
>>1
ニーチェの評価なんて高くないし、
しょせん狂い死にした奴の思想。
いまいち大した内容じゃない。


578 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/17(土) 00:40:49
カントを礼賛する者は裸の王様です。目に見えないもの、すなわち
理解できないものを見える、すなわち理解できると言っている
からです。
神の存在は証明できませんなどというお召し物などペテンでしか
ないのです。着物は真理に相応しています。

579 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 00:51:06
>>578
それは違うよ。
カントは哲学だから科学者の分類に入るが、
スウェーデンボルグは宗教家。
哲板では議論できない。
宗教板へgo


580 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 01:01:16
スウェーデンボルグなぞ知る必要もないし、無視して良い。


581 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 01:34:28
>>577
すでに狂ってるお前よりはましだろうw

582 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 01:44:37
>>1
ニーチェは自身が狂死する事によって、自らの
思想の価値を証明しましたねw

583 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/17(土) 02:01:51
http://web.archive.org/web/20020814123003/www01.u-page.so-net.ne.jp/fa2/azumajoe/maru1.html

584 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/17(土) 02:05:07
旧世界の連中はマルサスの『人口論』が怖くて仕方ないらしい(笑

585 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 02:24:08
小さなヨハネさん。
ぐぐってみたんだけど、
スウェーデンボルグって科学者ではあったけど、
思想の面ではあの世が見える神秘主義者的な人物みたいだね。
それはもう学問の域を越えてるというか
スウェーデンボルグの思想面は非科学的なので、
スウェーデンボルグのそういう面を論じるなら、もう二度と学問板には来ないで下さい。

586 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 08:56:40
愚かなり、小ヨハネよ、嘘をつくことなかれ・・・!
汝の言葉こそ、偉大なりしスェーデンボルグを汚すものなり。
懺悔せよ! 小ヨハネよ! 懺悔せよ!
さもなくんば、主の怒り、汝のうえに降りそそがん・・・!

587 :一言居士:2006/06/17(土) 10:26:39
ニーチェが発狂したとしても、それは彼の思想の無価値を証明するものではない。
千慮の一得、千慮の一失というように、どんな愚者でも真理を知りうるし、どんな賢者でも誤謬を犯しうるものだから。


588 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 11:32:15
ニーチェのニヒリズムは最終的には虚無主義になり、まったく
実を結ばない思想の一つ。


589 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 12:14:01





      / ̄ ̄\
      | ・ U  | ニーチェは基地外だったんでしょ?
      | |ι    \ おっおっおっ
/ ̄ ̄ ̄ 匚      ヽ
| ・ U    \     ) ))
| |ι        \  ノ
U||  ̄ ̄ ||||


590 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 12:35:01
『キリスト教は邪教か?』と問われれば、
『邪教では無い』と答えたい。

宗教とは、そもそも教えに対して絶対的な服従を求められるものであり、その宗教の価値観が他の
価値観との対立が多ければ一般的に『邪教』と呼ばれ、他の価値観との対立が少なければ、
さほど『邪教』呼ばわりされないものである。

よって、『邪教』というものは、相対的な価値観に基づく判断にすぎず、絶対的な『邪教』は
存在するものではない。

ニーチェは自己の価値観と判断で邪教としたが、ニーチェの考えが絶対的なものでは無い。

591 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 12:41:14
>>588
ペシミストに陥らないためのニーチェだと思うんだけど

592 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 12:45:59
>>591
なるほど、反面教師という事か。
そう考えれば有益ですね。

593 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 12:48:18
>>591
そうだよなぁ。>>588は逆だよなぁ。
そろそろ岩波文庫のニーチェは卒業しようね(^o^)/~

594 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 12:50:16
ヒント:「ニヒリズム」=「虚無主義」

595 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/17(土) 13:06:20
>>585
俺は一時期、目をつぶった状態で目の前の光景を
見ることが出来たぞw

596 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 14:24:01
>>595
そりぁシンナー吸ってればそんな幻覚も見えるさ。

597 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 15:59:17
超能力だろうが幻覚だろうと
スレ違いであることには変わりない。

598 :小さなヨハネ:2006/06/17(土) 19:07:31
みなさまの厳しくもこころ暖かいご意見で眼が覚めました。
もう二度とスェーデンボルグやカントを冒涜するのは止めます。
これからは真っ当な一キリスト者として主イエスのみを愛しみ教えを
実践してまいります。
これまでの傲慢不遜な言動どうぞお許しくださいませ・・・。

599 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/17(土) 19:15:59
>>595
一緒にするな。

>>597
科学厨は当板ではdqn扱いなわけだが。

>>598
トリップないぞ。

600 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/17(土) 19:16:43
>>595>>596の間違い。

601 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 19:27:57
異端だ、邪教だ、と一番騒いでいたのがキリスト教徒だってとこがなんだかな・・・

602 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/17(土) 19:30:31
信教の自由は守らせて貰う。偏見に基づく誹謗中傷には
対抗する。

603 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/17(土) 23:51:12
>>579 >>585
それなら、皆さんの先生である哲学者のカントはなぜスウェーデンボルグを
論じ、スレッドのタイトルである哲学者のニーチェはなぜ基督教を非難する
のか答えてください。

哲学とは原典を読みもせずインターネットで調べただけで分類する単なる
分類学ですか。そんなもので皆さんは判断しようというのですか。

604 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/17(土) 23:55:57
自ら論じておきながら反論は受け付けないとは、哲学徒という
のはそれほど臆病でアンフェアで意気地がないのですか。もう
少し中身に踏み込んだ気骨ある反論はないのですか。

605 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/17(土) 23:58:34
>>598
人間はその言説よりも行いで判断されます。恥を知るのが日本人
の美点です。

606 :考える名無しさん:2006/06/18(日) 00:12:57
>>605
君自身がこの掲示板での行いで評価されている。
君の様な態度を見ると、スェーデンボルグを読む気がなくなる。

607 :考える名無しさん:2006/06/18(日) 00:18:32
>>606 激しく同意

608 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/18(日) 00:44:24
そこで俺様がいつも登場。

609 :一言居士:2006/06/18(日) 00:45:07
こんばんは。なぜニーチェがキリスト教を批判するのかというと、キリスト教は現実逃避的な側面を持つからだと思います。
彼は、アンチクリストのなかでも、ヨーロッパを駄目にしたのはキリスト教とアルコールと述べています。
ちなみにニーチェは自著の中で、アルコールを一切飲むな、水で十分。というようなことを述べています。
現実が辛いのでそれをしのぐために、キリスト教やアルコールに走る。でも、それは長い目でみれば、かえって事態を悪化させるのだ、
と考えていたためでしょう。

610 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/18(日) 00:47:00
次の方どうぞ。

611 :考える名無しさん:2006/06/18(日) 01:06:38
キリスト教なんて史学から見れば偽りだらけの宗教だよな…。

612 :考える名無しさん:2006/06/18(日) 02:43:40
宗教なんて現代・・・というか過去もか、争いの原因になるだけだよなあ。
それでもこんな豊かな時代になる前は心の支えとして必要とされていた(必要だったわけではない)
先進国から宗教離れは進んできているがまだまだだよな。新興宗教のようなものも出てきてるし。
いつまでキリスト教やイスラム教その他もろもろの負の遺産によって人類は愚かな争いを繰り返すのか・・・

613 :考える名無しさん:2006/06/18(日) 02:53:49
 グローバリズムと科学の進歩によって、倫理は相対化される。
だけれども、より複雑になった社会にはより整合的な宗教が求められる物だと思う。
人間って不幸って感じた時には絶対的な物を求める者なのです。

614 : ◊†&rlo;急特超ビンゾ&rle; ◆f..iwwwwwg :2006/06/18(日) 02:57:48
大きな十字架を背負うべくニートやらニーチェ(独裁系ニートというか単なる軍服被る貧ちゃん)

615 :考える名無しさん:2006/06/18(日) 03:23:33
>>613
だから不幸だからといって宗教に頼るからそこにはまり盲目的になり、おかしな行動をとるのでは?
完全に整合的な宗教だなんて・・・それは宗教ではなく科学に基づいたまっとうな考え方でしか有りえないのでは?
「神」なんてものを持ち出した時点で整合性もくそもないと思うけど。
ただ不幸な時にお酒や薬やセックスに逃げるのも良くはないと思うんで、なにかしら宗教に変わる解決策は必要なわけだが・・・



616 :霊瞬(れいしゅん) ◆UX7/Za444o :2006/06/18(日) 03:30:56
>>0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

     , - ' ゙    `` ‐ 、_,,,,,
   ,r'          /=ミ
. /             彡lll  
 l -=・=- -=・=-    |:;l .;:!
 l   _,.=ニニニ=__,、    |:;l .;:!
 l     `¬―'´     |:;l .;:!     良スレ
 }             1{ bl
 ヽ             ' l;;'
  i              ノ  |
''''''''7i,         ,/  /`〉`゙T''''''''''
  l  `ー---― '"    / /.|  |

617 :考える名無しさん:2006/06/18(日) 03:45:51
科学もまた思想の一つどれを選び信じるかは自由だ。
だがもう人間は己で高次の存在と決めた物から行動の指針を「教わる」時代から
脱却し、無限の真理を追究し、己の力で「考える」べきだ。そうしなければ人間に真の進歩は訪れない。

人間に今必要なのは一人一人が個々に持つ確固たる「美学」を作る事だ。

と私は思う。

618 :分命 ◆9wWWWWZv6M :2006/06/18(日) 04:48:46
水をやらなければ枯れるがやりすぎても根腐れする
水草も同じく汚染された水やへドロでは枯れる
子供の所為で自由に買えていた物が買えなくなる反面子供は悪化する
其の親は働き過ぎで子供と遊べなくなり子供は苦しむ

>>615
自尊心すなわち個々に於けるプライドは何かと壊れ易く楽な方向へ邁進することは離婚などを意味する

>>617
自分の最大の敵は目前でもなく隠れている訳でもなく自分の最大の敵は自分に最も近くに必ず存在する

619 :考える名無しさん:2006/06/18(日) 12:06:12
てか 聖書の原本ってあるのか?
現在存在する聖書って
手垢だらけの劣化コピーのそのまた劣化コピーって可能性のほうが高いんじゃねーの?
しかも翻訳されてんだろ?

620 :考える名無しさん:2006/06/18(日) 12:36:10
>>617
哲学を信奉しろということでOK?
>>618
日本語でお願いします。

621 :考える名無しさん:2006/06/18(日) 14:12:52
著作の記述の内容を批判しなさぃょ。

「自分が信じてるのを否定された!むかつくー!」
とくりかえすのでは無くてね。

>>619
死海文書の写本などを見ると聖書はかなり正確に保存されたょぅだょ。

622 :考える名無しさん:2006/06/18(日) 19:32:42
まぁしかし死海文書を調べる事で
キリストの磔刑に処されてから3世紀後
ローマ帝国によって雛形が編集されて現在に至った今の聖書が権力者による編集の際、
キリストの神性を高めるためにキリストの人間性を象徴する福音書は廃棄され
男尊女卑の思想を固めるためにキリストの妻であり、
王族の血筋であるはずのマグダラのマリアをただの愚かな娼婦に貶め、
かなりの改竄がされているのもわかるんだけどね。

623 :考える名無しさん:2006/06/18(日) 20:21:59
超訳おもろいよ
読むベシ!

624 :考える名無しさん:2006/06/18(日) 20:43:36
現代社会において宗教のもたらす物は大体争いでしかない
よって成立も胡散臭いキリスト教は邪教

ただかつてのヨーロッパ社会の絶対的共通価値観はキリスト教に
基づいており、それがヨーロッパ社会にもたらした秩序は大きい
よってキリスト教はその当時、絶対的な神を現実のものとした

というのは浅はかな考えでしょうか

625 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/18(日) 22:59:17
お前のヒーローはスターリンやポルポトやマオなんだろうな。

626 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/18(日) 23:13:38
>>606
>君の様な態度を見ると、スェーデンボルグを読む気がなくなる。

私の態度で皆さんの怠慢が正当化されはしません。
皆さんの真理に対する情熱がないことを物語っているだけです。
勘違いしないように。あるいは問題をすり替えないように。

627 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/18(日) 23:17:14
それは基督教に対するよくある問題提起、すなわち戦争したとか
いう話も同様です。人間の自己愛・支配欲という悪は何でも利用
するのです。それを理由に基督教を邪教というのは表面だけです。

628 :小さなヨハネ:2006/06/18(日) 23:20:59
みなさま、死海文書によるとイエスは、神の子であると同時に人の子でもありました。
イエスは、マリヤと人の男との間の子だったのです。

629 :エジプト軍 ◆VnUZ9WuidM :2006/06/19(月) 01:05:45
>>619
シリコンオーディオというかメモリープレーヤーらしき現代のウォークマンで満足している場合ではありませんね
ワンセグメント地上波ディジタル搭載の携帯電話などを自慢している様では確かに無様ですね

630 :考える名無しさん:2006/06/19(月) 07:52:11
キリスト教徒は天国ばかり見てこの世界に盲いている

631 :一言居士:2006/06/19(月) 09:36:45
>>627
あなたのいう自己愛の定義を教えてください。
それとニーチェがキリスト教を断罪するのは、戦争をおこすからと言う理由が主ではありません。


632 :一言居士:2006/06/19(月) 09:46:52
「キリスト教は邪教です」のオビに「仏教の素晴らしさを発見」とあります。
しかし、ニーチェは「善悪の彼岸」などでは、仏教に対して批判的なのです。ニーチェは仏教を高く評価しているわけではありません。
なぜ、「アンチクリスト」において仏教を持ち上げたかといえば、この本がキリスト教批判だからです。
ニーチェはキリスト教をひどく嫌悪していました。そのため、今まで批判的だった仏教の優れている面をキリスト教に対比させるようなことが
行われたのではないでしょうか?

633 :考える名無しさん:2006/06/19(月) 10:05:07
マリア崇拝も中世の役人のでっち上げだし。

634 :考える名無しさん:2006/06/19(月) 10:16:12
>>632
ニーチェの本に故意に訳者の考えを混入させようとしたんだろうか。

635 :一言居士:2006/06/19(月) 10:20:27
>>634
いや、ニーチェ全集の「反キリスト者」には仏教の優れた面を紹介はしていました。
しかし、オビの内容はそれほど適切とはいえません。

636 :考える名無しさん:2006/06/19(月) 11:49:51
>>626
>私の態度で皆さんの怠慢が正当化されはしません。

別に怠慢でもなんでもないだろう。
俺が真理はこの本にあると書いたら、お前はその本を全部読むのか?

>皆さんの真理に対する情熱がないことを物語っているだけです。

そんなことはない。
スェーデンボルグなど読まなくても真理を知っていく事はできる。
スェーデンボルグは必要ない。
態度の悪いお前が推薦しているものを、あえて追加して読む気はなくなるということだ。


637 ::2006/06/19(月) 12:15:00
宗教などどこも変わらん。妄想だ。誰が神をみた?悪魔じゃなかったか?キリストが邪教なんじゃなくて、宗教じたいが思い込みだらけのばか集団妄想族

638 :考える名無しさん:2006/06/19(月) 12:44:31
思考をあきらめた地点から信仰が始まる。

639 :638:2006/06/19(月) 12:47:58
気持ちいいんだと思うよ。考えないで、信じちゃえばいいんだもの。

640 :考える名無しさん:2006/06/19(月) 14:36:27
>>635
ちくま版を読んだけど、たしかにニーチェは仏教を肯定している。
キリスト教と違って裕福な民からうまれた一種の哲学だから。
『キリスト教は邪教です!』は、そこのところをきちんと翻訳していると思うよ。
文体はあれだけど、結構まじめな翻訳だと思うよ。
オビは講談社がつけたんじゃないの。
別にニーチェが再発見したんじゃないと思うけど。

641 :考える名無しさん:2006/06/19(月) 14:56:00
>>640
いいなぁ〜!ちくま版って今手に入れにくいんだよな。
使用がないからオレは白水社・西尾幹二のを読んだ。

「権力の意志」では仏教を受動的ニヒリズムだと書いてあったが、
まあ、肯定的と言えなくもないか・・・

642 :小さなヨハネ:2006/06/19(月) 15:49:57
主イエス・クリストに全托すれば、何の悩みも苦しみもありません。
信仰こそこの地上の子らにとって最高不滅の幸福なのです・・・。

643 :考える名無しさん:2006/06/19(月) 16:26:24
それじゃ麻薬だなw

644 :小さなヨハネ:2006/06/19(月) 17:13:41
不条理なるゆえに、われ信ず!!!

645 :考える名無しさん:2006/06/19(月) 18:47:40
小さなヨハネよ。君の過ちは、自分の価値観を絶対とし、他者に押しつけようとしている
所にあるのだよ。
そして、そのような態度が、過去に幾度もの悲惨な殺戮を生んだのだよ。

それが何故わからん!

646 :考える名無しさん:2006/06/19(月) 18:53:54
他者に自分の価値観を押し付けるのは日本人全般に言えること。

647 :◆xuorz/f0gg :2006/06/19(月) 19:26:08
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1145446455/

648 :さるべ:2006/06/19(月) 22:03:13
スウェーデンボルグ今読んでます。結構面白いです。
今のところ霊界の考察における手記が、どうも仏教曹洞宗開祖の道元にも通ずるものが
あるように思うのです。近いうち、学部主任に相談してきます。

キリスト教の凄惨な歴史は、キリスト教自身にではなく
キリスト教を「自分のために」扱ってきた人々の問題に焦点を当てて考えるべきではないでしょうか。

649 :一言居士:2006/06/19(月) 22:33:35
>>644
ついに本音が出ましたね。信じたいから信じているのでしょう。

650 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/19(月) 22:40:53
ああ、神は偉大だ・・・。

651 :考える名無しさん:2006/06/19(月) 23:08:36
スウェーデンボルグの本に水星人や火星人や金星人が出てくるってホント?

652 :考える名無しさん:2006/06/19(月) 23:41:18
宗教なんて結局はカルト的要素に帰結するのだから
「まとも」という形容詞に値する宗教などそもそも存在し得ない

ただ創価でもキリスト教でもいいんだけど
断った相手に対して敵意を示すのはやめていただきたいけどね

653 :細胞愚 ◆wWWWqFyjhw :2006/06/20(火) 01:48:38
>>652
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1150474468/

654 :考える名無しさん:2006/06/20(火) 06:59:22
>>648
キリスト教と仏教は似てる所ありますね。
旧約の全ては空の空って言葉とか、
諸行無常と一緒だと思うし。

655 :考える名無しさん:2006/06/20(火) 11:17:30
旧約聖書はユダヤ教の聖典、仏教とはなんの関係もなし・・・。

656 :考える名無しさん:2006/06/20(火) 11:33:26
>>654
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9D%E9%81%93%E3%81%AE%E6%9B%B8
>空
> 作中に繰り返し出てくる「空」という言葉は、ヘブライ語でhebel、元来は「息」を表す名詞である。
>故に、仏教思想の「空」とも意味合いを異にする。一般的には、「息のように掴み所の無いもの」
>から転じて「空しい」と訳されている。



657 :考える名無しさん:2006/06/20(火) 16:16:08
ん?色即是空とは違うかもしれないけど、諸行無常とは
似てる気がするんだけど?

658 :考える名無しさん:2006/06/20(火) 17:56:06
キリスト教→神は絶対的なもので人間はそれに従うしかない

仏教→神は色んなことが出来て凄まじい存在だが
人間が越えようと思えば超えられて、神より上の存在になれる。

659 :考える名無しさん:2006/06/20(火) 20:33:09
>>657
どう似てるの?

660 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/20(火) 21:08:18
>>649
628,642,644は私ではありません。成りすましです。

661 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/20(火) 21:12:08
哲板といいながら嘘つきばかりです。きつね学者を先生と
仰ぐならきつねの弟子たちもきつねです。

662 :考える名無しさん:2006/06/20(火) 21:13:44
んじゃお前は狸だ

663 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/20(火) 21:20:45
嘘をついて神に対する信仰を妨害するなら霊的には立派な
殺人です。

「あなたたちは、悪魔である父から出た者であって、その父の
 欲望を満たしたいと思っている。悪魔は最初から人殺しであ
 って、真理をよりどころとしていない。彼の内には真理がな
 いからだ。悪魔が偽りを言うときは、その本性から言ってい
 る。自分が偽り者であり、その父だからである。」
                     ヨハネ8・44


664 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/20(火) 21:24:28
>>651
本当です。『天界の秘義』や『宇宙間の諸地球』にあります。

665 :さるべ:2006/06/20(火) 21:29:51
>>664
『宇宙間の諸地球』は翻訳出てますか?

666 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/20(火) 21:30:45
>>645
あなたのようなもぐらやきつねに押し付けるつもりはありません。

667 :考える名無しさん:2006/06/20(火) 21:34:13
もぐら、きつね、豚
そろそろパターン化してきたのでは?
原始猿さん?

668 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/20(火) 21:38:10
>>665
静思社から『宇宙間の諸地球』として、
たま出版から『スウェーデンボルグの惑星の霊界探訪記』
として出ていました。


669 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/20(火) 21:40:06
>>667
外側の観察などではなく中味についての議論を期待します。


670 :考える名無しさん:2006/06/20(火) 21:45:40
>>669
貴殿が言える立場か? >>666の発言はなんだ?
反論できなくなったら、動物の名前をならべる。

671 :一言居士:2006/06/20(火) 22:14:03
>>660>>663
霊的な殺人かどうか知らないが、そのどこかのヤツが他人のハンドルネームを騙って書き込みするのは議論の妨害である。
このような軽率で迷惑なふるまいは改められるべきだ。

672 :考える名無しさん:2006/06/20(火) 22:38:09
>>666
もぐらや狐に優劣がどこにあるんだい!?

673 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/20(火) 22:39:35
>>670
わたしが自分の考えを押し付けると言うので、そんなつもりはありません
と反論したまでです。わたしは真実を述べているだけであり、聞く耳の
ある人だけが聞いたらよいのです。人間はその人の器量の分だけしか理解
できないのですから。

674 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/20(火) 22:50:15
>>672
動物は人間の情愛、性格を表象しています。柔和な動物は
柔和な人間を、獰猛な動物は獰猛な人間を表わします。
もぐらは目が見えないが獰猛ではありません。
狐は狡猾で獰猛な者を意味していると言えます。

675 :考える名無しさん:2006/06/20(火) 23:36:34
>>674
ほう、「君自身」が動物にそこまで感じ取ったとしたら感心するね。
「無意味なはずの物に意味を付加する」
人間が最も人間たるものだ。
意味を付加する事により価値を高めるのは素晴らしい行為だが
意味を付加して物の価値を貶めるのは人間の最も唾棄すべき愚かな行為だよ。


君の場合はズバリその愚かなる行為だよ。ヨハネ君。分からないかい?

676 :考える名無しさん:2006/06/20(火) 23:52:48
>>674
その時点で既に霊的知識ではないのだよ。

677 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 04:58:30
嗚呼、嘘つきヨハネよ、君こそ悪魔サタンの申し子だ・・・。

678 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 06:39:16
いや、統一教会系なんだろ。壺売ってくるぞしまいには。

679 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 09:05:56
なーんだ、小ヨハネは、統一教会なのかよ・・・?
さ〜い〜て〜い〜!!!

680 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 11:38:54
蛇が全ての原因なのだから、キリスト教は蛇教

681 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 14:30:31
俺はキリスト教だけど、キリスト教は聖書を大事にするけど、
スウェーデンボルグは別に読もうが、読むまいがどっちでもいいよ。

小さなヨハネってコテの人はもうスウェーデンボルグ教だね。

682 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 14:42:21
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1147515142/52
52 :名無しさん@3周年:2006/06/10(土) 19:23:10 ID:9rAsbDLB
>51
角川の抄訳には載っていないので静思社の霊界日記第1巻から引用します


〔引用開始〕

○以前よりも多くの者が、天界へ入れられるためにペテロを探し求めている○

421 ペテロが天界から投げ落とされたことが明白にわたしに示された。
その時以来わたしは今日までもかれについて何ごとも聞いていないが、
今は前よりもさらに多くの者がペテロのもとに来て、ペテロを崇め、
自分たちを天界に入れてくれるように求めていると、今日話された。・・・(以下略)

〔引用終了〕

683 :◆1oKmZSIAF. :2006/06/21(水) 15:38:35
小ヨハネに一言。

スウェーデンボルグを勉強するより、まず世間一般常識を
勉強した方がいいよ。
2chでいくら正論をいっても、実績のない奴の意見なんか
真実であっても、潰されるのがオチだよ。
オマエこそ「虎の威を借りる狐」だ。

684 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 16:11:22
>>682
こりゃなるほど、キリスト教会が受け入れないわけだ・・・

685 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 18:44:49
ス氏の主張によれば、宇宙人は物理的な体を持つ存在のようだな。

686 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/21(水) 20:13:31
>>683
あれ、人違いだったっけ?
http://www.google.com/search?hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=1oKmZSIAF.&num=50

687 :389:2006/06/21(水) 20:27:31
>>400
色々考えてみたんだが…

それでもいいんじゃないですか?

まずキリスト教の場合
「それでも人間は罪を悔い改めれば神の愛によって許され守られます。だか
ら神を愛し、隣人を愛し、同胞を愛し、自分を愛しなさい。そして戒律を犯
さず生きるのが幸せへの近道よ〜」
これがキリスト教倫理。これがあるから人としての道を誤らない(という可
能性もある、まぁ建前と言えばそれまでだが)個人の場合だがね。

日本の神道の場合
「神様が言った、日本人は繁栄するそうだ。なるほど繁栄しているね。」
さて無条件に繁栄と言われるが、疑惑を持ちつつ信じるからこそ信仰とい
うのもまた有りではないかなと思うのだけれど…
一言に「繁栄」と言っても、現在が「最高の繁栄期」なのか、まだまだ途
上なのかは不可知論でしょう?だからやはりここでも必要なのは努力や思
考であり、憎むべきは思考停止w
むしろモチベーションを如何にあげられるかが鍵になるかな。
(かなり支離滅裂だがw)


688 :389:2006/06/21(水) 20:28:14


それと、日本の神道の様な宗教ははっきり言うと元々一つの信仰対象に絞ら
れていないのでなかなかに無理な話だな。だからと言って無理に靖国や天●
に絞らないでくれな、話が政治的になると分けワカメ。
(神道は何かあったり適切な時期がきたら神様にお払いやお祭り、奉納をす
る宗教なのでね、ってか教義自体を体系化したものを私は良く知らないんだ
スマン…やっぱ神様に謝って金払って許してもらう宗教だったキガス・訂正あ
ったらお願いしますどなたか頼む!!)

でも許すっての(信仰)も大事だと思うよ(フォローになってないか?)w



689 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 21:54:58
>>686
小ヨハネは多趣味人だね〜。

690 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/21(水) 22:01:02
おまいら、ここにも貼っといてやっからな。

【赤報隊】「とういつきょうかいのわるぐちをいうやつはみなごろしだ」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~petercat/picture/hansinsikyoku.jpg

691 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 22:27:53
なんかかわいいね。全部スタンプでおして書いててさ。

東京会のバーカ

692 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/21(水) 22:47:35
どう始末付けんねん、これ?

693 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 22:50:43
>>683
自演乙
小ヨハネ=獣=機械

694 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/21(水) 22:56:19
>>675
私が考え付いたのではありません。スウェーデンボルグの
『天界の秘義』から紹介しただけです。
さしづめ、あなたなどは狸でしょう。

695 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/21(水) 22:59:10
>>693
ははは。自演ですか。私には自演などする理由がありません。

696 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/21(水) 23:06:42
ところで、勘違いしないでいただきたいのは、私はスウェーデンボルグ
フリークではありません。霊的なものを何も知らない皆さんが勉強する
にはスウェーデンボルグが適当でしょうと言っているに過ぎません。
スウェーデンボルグを読めばそれで済むわけでもありません。

人間が再生するには知り、理解し、欲し、行うことが必要です。
それには悔改めが絶対に必要な条件であり、血の滲むような努力
が必要です。人間が狐や狸やもぐらの段階に留まるなるなら到底
再生など無理なのです。

697 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 23:18:48
>>696
では、スウェーデンボルグを読まなくても、他でもいいということですね。

698 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 23:24:35
もぐらって何ですか?
外国人?



699 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/21(水) 23:38:10
他でも可能ですが、条件があります。浄土宗や真宗でも可能です。
しかし、何も信じない皆さんにはスウェーデンボルグが最も早道
と思います。
富士の5合目に行くためには富士スバルラインが早道なのと同様です。

700 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 00:16:30
てかキリスト教ってなにがすぐれてんの?

701 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 00:24:36
キリスト教に限らず宗教は基本的に邪教の素質も孕んでいる。
それは仕方のないことだ。しかしながらその素質とは教義の内容だけ
でなく、信者の人数とその内訳(危険分子足り得る者)が重要とも言
えるかもしれないな。

邪教に仕立て上げるのは後の世の歴史学者や別文化の人間たちで、当
の本人たちはいたって真面目に信仰している、それがアンバランスだ
と思うか思わないかは、当に価値観の違い。

でもあまりに独善的だと迷惑がられるのも致し方無し…

702 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/22(木) 00:29:10
そうそう、誰でも正しいと思わせるような論理性もないと駄目だね。

703 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 02:42:22
>>696
ヨハネさん少し質問させてもらいます。

そのスウェーデンボルグに書いてある「霊的なもの」とは何でしょうか?
また、あなたがそれを頑なに信じる確固たる理由はありますか?
あるのならばそれはどのような理由ですか?



704 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 08:52:13
小ヨハネよ、いい加減嘘をつき続けるのは止めよ!!!
悪魔の申し子よ・・・?
地獄の使い魔よ・・・。

705 :一言居士:2006/06/22(木) 10:05:08
>>704
非キリスト者の私は、地獄だの悪魔だのと言う概念を否定する。

706 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 11:00:35
>>705
あなたが何を信じているのか良ければお聞きしたいね。
別に信仰対象とかいう意味ではないよ、ただあなたに軸たる何かが
おありかなぁと…興味本位だが

707 :一言居士:2006/06/22(木) 11:14:25
うーん・・・ニーチェとか、あと身体にしみ込んだ習俗とか・・・

708 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 11:38:22
宗教の構造ってねずみ講と似てるよね?

709 :706:2006/06/22(木) 12:02:21
>>707
回答有難う。私の興味本位だったので、本当に感謝。
ただ、ニーチェにしろ、体に染み込んだ習俗にしろ、何かを選択する
上での参考として「とても頼りない」と感じる事は無いかな?

勿論在る無し自体であなたの人間性や価値や何がしかの優劣などの話
をしようと思っているわけではない。

あと遅レススマン


710 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 13:10:28
一言居士 さん

訊いてばかりで失礼、こちらの事を書いて終ろう。
私は何かを強く信仰しているワケではないかも知れない。
しかし神の存在は信じたい部分もある。
キリスト教徒が特別変とも思わないし、信仰心を持つ人が特別弱い
とも思わない。
ただ、一概には言えないがと前置きしつつ…

人の弱い強いとか、心の揺らぎとか、偉そうな事を言ってる奴ほど
実は大した事無いんじゃないか?と疑ってしまう癖は在るw
これは弱い自分を守りたいが為の「事故防衛本能的ジェラシー」の
為せる業かもしれないし、案外当っている部分もあるかもしれない
がどの道不可知論には変わりない。

「全てを疑え」という言葉をそのまま信じたらその言葉を先ず疑う
わけだから何かを信じてもいい事になる。
「この言葉だけは特別で、他の全てを疑え」というのならそれはそ
れで信仰である。
人生なんて疑う事より選択する事の方が辛いし厳しいし大事だよね。
まぁご存知の通りだろうけどさ、ちょっと愚痴りたくなったんだよ
すまんな。

711 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 13:58:04
706は何を「信じて」いるんだい?

712 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 13:58:56
ごめん710読んでなかったw

713 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 18:28:44
なぜキリスト教は邪教なのか。
ニーチェの著書のなかから列挙して考えよ。


714 :超越論的観念現象論的教父哲学最高指導者 ◆bDGs3TNdU6 :2006/06/22(木) 18:50:10
なるほど、「獣 ◆1oKmZSIAF.」 と 「小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF.」
のトリップは全く同じですな。
自作自演ですなこれは。


715 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 18:55:40
>>714
wwわざわざ何を晒したいの?ww

716 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 19:04:36
>>714
へんなパスが一致したのでは?

717 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 19:05:10
>>714
へんなパスが一致したのでは?


718 : ◆XksB4AwhxU :2006/06/22(木) 19:06:00



719 : ◆ccqXAQxUxI :2006/06/22(木) 19:06:31



720 : ◆ozOtJW9BFA :2006/06/22(木) 19:08:07



721 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 19:22:50
トリップテストは初心者板でやれw

722 :超越論的観念現象論的教父哲学最高指導者 ◆bDGs3TNdU6 :2006/06/22(木) 19:37:08
晒したいのではなく
小さなヨハネに疑問があるんですよ。
前も聞いた通り
スウェーデンボルグの性魔術について教えてほしいのです。


723 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 20:08:32
スェーデンボルグに性魔術なんてあるのか・・・?

724 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/22(木) 22:22:35
>>703
霊的とは広い意味を持ち、霊的自然的なものとしてまず人間には霊魂が
あり、死後も生き、天界や地獄があるという事柄もあれば、以下に引用
するように、霊的精神的なものなどたくさんあります。

天界の秘義5639
「霊的なものは自然的なものに対してはいかようなものであるかをさらに
 かんたんに言っておかなくてはならない。なぜなら基督教世界にいる者
 たちの大半は霊的なものの何であるかを全く知ってはいないからであり、
 その言葉を聞くとためらって、たれもその何であるかを知らないと独り
 言を言うのである。霊的なものは、人間にあっては、その本質は、自己
 のためではなくて、善と真理とのために善と真理とを求める情愛そのも
 のであり、また自己のためではなくて、公正で公平なもののために公正
 で公平なものを求める情愛である。人間がこれらの情愛から自分自身の
 中に歓喜と楽しさとを感じるなら、ましてや幸福と祝福とを感じるなら、
 それはかれにおける霊的なものであり、それは自然界から来ないで、霊
 界から、または天界から来ており、すなわち、天界を経て、主から来て
 いるのである。」

725 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/22(木) 22:30:50
私がスウェーデンボルグの言うことを信ずる理由は、それが人知を超えた
素晴らしい内容であり、たくさんの事が符合し、いかにもそれは真に真実
であると感ずるからです。
また、スウェーデンボルグ自身の誠実さも信ずるに足る理由です。

726 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/06/22(木) 22:33:30
>>722
狸にでも聞いてください。

727 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/22(木) 22:37:40
しかし、トリップまで真似する技術があるとは知りませんでした。
また真似されるかもしれませんが、とりあえず変えてみました。

728 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/22(木) 22:44:32
725の続き
ただそれでは信ずる根拠たりえないと指摘を受けるかもしれません。
しかし、それが真実であるという認識は証明されるものではなく、
直感によって認識されるものです。
それは私たちの味覚や臭覚が瞬時にすえた食べ物とそうでないもの
とを識別できることと相応しています。

729 :一言居士:2006/06/22(木) 22:50:57
>>704
霊魂の不滅とかいいますが、我らが寝ているとき霊魂はどうなっているんですか?

730 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 22:57:13
今起きている人の中に入る
つまり、入れ替わり立ち替わり

731 :考える名無しさん:2006/06/23(金) 00:17:38
だいたい霊的ってなんなんだ?

たんに今説明出来ないことに値打ち付けてるだけだろ?
昔は説明のつかない星の動きも神の行いだとか言ってなかったか?

732 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/23(金) 00:39:10
おまい、それは「スピリッチュアル」!

733 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/23(金) 00:40:09
あ、連投規制。

734 :考える名無しさん:2006/06/23(金) 00:52:04
小ヨハネ、この冒涜野郎めが・・・!
ス氏を勝手に利用するな・・・!
罰当たり、悪魔サタンの手先。
死んだら地獄に落ちるぞ・・・!

735 :考える名無しさん:2006/06/23(金) 05:13:33
キリスト教信者には仏罰が下るだろう
南無阿弥陀仏 何妙法蓮華教

736 :考える名無しさん:2006/06/23(金) 15:52:42
誘導

【天界と】エマヌエル・スウェーデンボルグ【地獄】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1147515142/l50

737 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/23(金) 18:51:42
>>729
私たちが寝ている時は霊魂も寝ているのでしょう。なぜなら霊魂とは
私たち自身なのですから。


738 :考える名無しさん:2006/06/23(金) 21:43:51

 神は、人間の弱さを忘れさせてくれたり、時には人間の本性を利用する所もある。
人間の共同幻想の神だとしたら、人間が神なのか?



739 :考える名無しさん:2006/06/23(金) 21:46:40
 仏教やイスラム教は、因果応報、キリスト教は予定説。だって人類を作る前に全ての人間の人生と
救済は決められてんだろ?


740 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/23(金) 22:38:01
ああ、そういう態度のお前は地獄に落ちることになってる。

741 :考える名無しさん:2006/06/23(金) 22:44:10
直感が意外に正しいと、よく言われる。
直感は、その人間の全ての経験や知識に基づいた判断だと思われるので、
そうしたものを総合的した判断だとも言える。

但し、個々の人間の経験・知識はそれぞれ異なるので、個々に異なる判断
(直感)がある。

小ヨハネ氏が、直感でスウェーデンボルグを真実と認めるなら、それもまた
良いだろう。
私は、直感でスウェーデンボルグが真実であるとは思えない。これもまた、
当然認められるべきだろうと思う。

742 :741:2006/06/23(金) 22:45:26
ああ、3行目の国語が変になってるなw

743 :さるべ:2006/06/23(金) 23:09:08
>>738
弱さを忘れる?それは違うでしょう。
有名な
《あなたがたも聞いているとおり、姦淫するなと命じられている。しかし、私は言っておく。
 みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、既に心の中でその女を犯したのである。》(マタイ五27,28)
というアンチテーゼだって、旧約の教えを心の中まで徹底させています。
ドストエフスキーの立場なら、このイエスの言葉は
人間とは、どんなに努力しても掟に従うことのできない弱くて罪深い存在だ
ということを表していることになります。大方それであってると思いますが。
旧約のエレミヤも、律法とは文字に書かれているものではなく、心に書かれているものだと言ってますし。

ただ「弱さ」を忘れざるを得なかった時代があったことも否めないでしょうけれど。

744 :考える名無しさん:2006/06/23(金) 23:23:49
直感だけど 天動説のが正しいと思う!

745 :考える名無しさん:2006/06/23(金) 23:45:55
>>744
すげえ!!これこそ真理だぁ!!
見ただけで真実だと言う事が伝わってくる!!
>>744を受け入れず理解しない人間は馬鹿で阿呆で愚か者だな!!

そしてこれを理解できて信じてる俺って何て優れているんだろう!!!

746 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 00:25:34
鳥には空気、魚には水、人には自分が見えない、とは禅の言葉らしいですが。
観察する人が動かなければ、常にその対象が動いている事になる。

747 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/24(土) 00:27:22
皆さんは富士山の5合目まで来ることもできずに樹海を彷徨って
います。樹海には狂人、狐、狸、蛇がたくさんいて皆さんは騙され
ています。そんなものたちに道案内をしてもらうなら、登山の
スタート地点でしかない5合目に行きつくことすら永遠に出来ません。


748 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 00:38:14
>>747
あなたは、>>728において、
 >真実であるという認識は証明されるものではなく、
 >直感によって認識されるものです。

と述べているにもかかわらず、自己の直感のみを肯定し、
他人の直感について否定している。


749 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 01:05:52
>>743
いいんじゃないですか?エレミヤはその時代の正統と称するユダヤ教から異端扱いされてました。
後世になって初めて、正典の中に入れられた預言の書なんです。
エレミヤの言ってることは、イエスの言う徹底命題と同じだと思います。

750 :さるべ:2006/06/24(土) 01:07:03
徹底命題ってなんですか?

751 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 01:14:15
>>750
あなたの言う、律法を心の中にまで徹底させるアンチテーゼのことでしょ。

752 :さるべ:2006/06/24(土) 01:31:33
ああ、それですか。
それはつまり律法を守ることの不可能性を示唆するものですよね。

753 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 01:44:42
>>752
ドストエフスキーの場合はね。ただ、それに対してトルストイの方を見ると
本当に言葉通りに徹底命題、つまり律法を守るべきだと言ってる。
同じようにマタイなんかも、イエスの言葉をユダヤ教よりもはるかに禁欲的で厳格なものとして捉えちゃってる。
そういう方向で行くと修道院ができるわけ。ものすごく禁欲的な。まじめに心の中でも姦淫しちゃいけないなんていうようなね。




754 :MORALITY ◆oMyMORALjQ :2006/06/24(土) 01:57:01
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1145446455/517-

755 :さるべ:2006/06/24(土) 02:04:18
前から気になってたんですが
じゃあ、「汝の敵を愛せ」というのもドストエフスキーのような立場で
読まれるべきなんでしょう、マタイとは対照的に。

756 :愚幻 ◆GUGENiOq0w :2006/06/24(土) 02:15:21
>>755
口約束と実際は違っていて敵対する理由が見当たらない
話は長くならないが、延命や命乞いをする程度では雨曝し状態に真意有り

757 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 02:15:28
>>755
どうだろ?「汝の敵を愛せ」は実は全体から見てかなり特殊だからね。新約は大半がパウロとその後継者たちの書簡なんだけど、そのどこにも「汝の敵を愛せ」っていう言葉は出てこない。
ドストのような立場でってか視点で見ていいのかどうかはわかんないけど、少なくともマタイのように厳格主義的に見るとおかしくなっちゃうのは確かだね。


758 :さるべ:2006/06/24(土) 02:27:00
>>757
マタイだと、
汝の敵を愛せないやつは敵だ!と矛盾するみたいになるわけですか。
パウロも厳格的だったんでしょうね。

759 :愚幻 ◆GUGENiOq0w :2006/06/24(土) 02:28:13
>>757
別に複雑ではない

760 :気象庁 ◆GUGENiOq0w :2006/06/24(土) 02:30:13
世の中には「現状維持は退歩である」という強みが無くてはならない

761 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 02:42:52
>>758
いや、厳格ではなかったと思うよ。そもそも「汝の敵を愛せ」は徹底命題として見ないほうがいい。あれはイエスの精神で、共同体だとか民族だとか宗教だとかそういうのを破壊したというか相対化した言葉だと言える。
どれが絶対というのではないということね。だけどパウロはキリスト教を世界宗教として立ち上げるきっかけだった。そのためにはどうしてもキリスト教信仰共同体が必要だったため、「汝の敵を愛せ」とは言えなかったわけ。
キリスト教共同体を作ろうとするのに、そのもとであるイエスの言葉が邪魔になってしまう。皮肉だね。

762 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 03:04:19
敵という感情があることはその人には愛がないことを示している。
自己中心的な感覚がない場合、精神的には自分・他人の区別はなくなる。
そこには愛がある。

763 :さるべ:2006/06/24(土) 03:18:50
>>762
それはそうですが、ここでは敵という感情があるということでなくて
旧約の教えに対し、イエスが対比させる形で言ったという事でしょう。
「隣人を愛し、敵を憎め」と言われているのに対し、イエスは「敵を愛せ」と言った。
「敵を憎め」は旧約からでなく、死海写本かららしいですが。

764 :技あり ◆WAZAZll7GE :2006/06/24(土) 06:03:49
>>762 自己中心的な感覚がない場合、精神的には自分・他人の区別はなくなる。そこには愛がある。

765 :白子のり ◆x7WWgZANGE :2006/06/24(土) 06:10:11
>>000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
>>761破壊したというか相対化した言葉だと言える‮‫>>760世の中には「現状維持は退歩である」という強みが無くてはならない>>762感情があることはその人には愛がない>>763ここでは敵

766 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/24(土) 08:08:23
>>748
わたしはもぐらの視野を否定しているのではなく、鷲の視野もあると
言っているのです。なぜもぐらが鷲の視野を否定するのですか。

767 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 08:46:03
嘘つきヨハネ、もぐらはそなたじゃ・・・!

768 :一言居士:2006/06/24(土) 10:20:47
>>766
自分以外の視点をもぐらの視点って言っている時点で否定的じゃん。

769 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 10:37:17
小さなヨハネはモグラに食われるミミズ

770 :モグラ:2006/06/24(土) 12:13:47
>>766
モグラにはモグラの世界がある。
鷲には鷲の世界がある。

盲人には盲人の世界がある。
慧眼には慧眼の世界がある。

障害者には障害者の世界がある。
達者には達者の世界がある。

小さなヨハネには小さなヨハネの世界がある。

真理は万人の為にある。

それ故に、小さなヨハネは「鷲」で無く「モグリ」
である。

差別はやめようね!

771 :さるべ:2006/06/24(土) 13:53:07
>>761
それって、比較してみれば
イエスのほうが無教会主義で、パウロのほうは教会主義だというような感じですね。
イエスは、この世の価値観で敵とか味方とか決めるものから自由になって互いに愛し合える世界を
「神の国」と呼んだということですか。神の物差しで物事を見る、
すなわちこの世の物差しで敵だの味方だのを計るなと。

772 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 17:05:17
パウロはマリアとユダに罪を被せてドラマチックな聖書を
捏造し教会利権を作り出した存在。

故に今のキリスト教会こそがアンチキリスト。

773 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 19:48:04


   ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ・∀・)< 昔の書物が残っていないのは、幾多の戦乱で焼けたからです。そもそも紙は何年ももたないし。
 (     )  \_______________
 | | |
__(__)_)______________
 ( _)_)
 | | |
 (     )  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( 。A。)< キリスト教原理主義者どもが、「聖書に書いてないことが書いてある書物など許せん!!」と焼き払った。
  ∨ ̄∨   \_______________

774 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 20:04:16
聖書や他の宗教の聖典も果ては様々な国の歴史書も
どれも「実際にあった事」として書かれてるが、その内容が
「実際にあった」という確証は無いわけで、結局はその人その人が
どれを信じるかなんだよね。

775 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 20:09:50
  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ・∀・)< 様々な国の歴史書もどれも「実際にあった」という確証は無いわけで、結局はその人その人がどれを信じるかなんだよね。
 (     )  \_______________
 | | |
__(__)_)______________
 ( _)_)
 | | |
 (     )  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( 。A。)< 勝てば官軍、勝者の歴史だ。もちろん、聖書に書いてないことが書いてある書物は焼き払うけどね。
  ∨ ̄∨   \_______________

776 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 20:31:45
キリスト教は絶対真理であり世界最強宗教であるのである。

よって逆らうお前等は皆殺しーーーーーーwwwwwwwww

もちろん地獄行きもセットで〜〜〜wwwwwwwwwwww

永遠の火の海地獄、お支払いは不信仰になりま〜すwww

777 :一言居士:2006/06/24(土) 21:34:49
>>776
ふん、火の海なんか怖くねえ。

778 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 22:12:38
>>771
そういってもいいでしょう。パウロとかに比べるとイエスは乱暴に言えばアナーキーな思想に近い。
イエスは「神の国」のたとえをいくつもあげているけど、洗礼者ヨハネの「神の国は近づけり」のやつとはちょっと別で、簡単にいえば
敵を愛することが現実となるような、神の愛の支配が貫徹される領域だといえる。


779 :さるべ:2006/06/24(土) 22:23:36
>>778
「神の国」についてはパウロはどうなんでしょう。
パウロは生前のイエスを知らないんでしたよね。ただ、イエスをまったく知らない人間にも、霊のキリストが出現してくる。
ここに、キリスト教の根幹がある、とたしかスウェーデンボルグにあったような。。。
霊のキリストとはどういうことなんでしょうか。

780 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 22:37:15
>>779
スウェーデンボルグに?そんなのあったっけ?それはパウロの手紙じゃないか?
まあでも霊的なイエスっていうのは有名だし重要だね。別にオバケでも何でもなくて。パウロは、復活のキリストとの出会いから、生前のイエスをも含む福音書を書く必要はなかった。パウロは、みずから「肉によるキリストは知るまい。」といっている。
十字架にかかって復活したキリスト、つまり時空を超えたキリストだけを宣べ伝えるというのがパウロの立場です。


781 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 22:42:03
だからイエスの言葉をほとんど引用しないし、奇蹟物語も語らず、「十字架と復活のみ」になってる。
パウロの思想ってそうなんだよね。

782 :さるべ:2006/06/24(土) 22:44:02
>>780
肉を持ったイエスと、肉を超越したイエスに分けて考えるべきですね。

783 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 22:48:57
>>782
いや、そうなんだけどただパウロは、肉という言葉をあまりいい意味では使っていない。たぶん、当時のキリスト教徒のなかに、生きていたときのイエスの言葉や行いにこだわりすぎる人たちがいたんじゃないかな。
そういう人への批判もあったと思う。

784 :さるべ:2006/06/24(土) 22:50:21
>>783
へえ、対立というか言い争ってたんですか。

785 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 22:53:27
さるべって人はキリスト教になりたい人なの?

786 :さるべ:2006/06/24(土) 22:54:05
>>785
いや、違う。単にパウロの考え方の特徴だということだよ。

787 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 22:57:11
>>786
前からのレスを読んでるとそんな感じがしたもんで。

788 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 23:02:20
>>784
パウロは別に言い争ってないよ。

789 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 23:08:13
パウロが言い争ってなかったことなんてあるのかね

790 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 23:10:57
パウロパウロって、一体誰とパウロが言い争いなんだ?

791 :さるべ:2006/06/24(土) 23:16:57
786は私じゃないです。
そういえば霊的なイエスで思い出したんですが、仏教のお釈迦様についても似たようなところがあると思うんです。
大乗の『法華経』には、肉体を持ったお釈迦様と肉体を超えたお釈迦様どう考えたらいいかが示されているらしいんです。
つまり、なぜお釈迦様は死ななければならなかったのかということなんですが。。。
お釈迦様の弟子たちは、お釈迦様の教えに忠実に従っていましたが、言葉にとらわれすぎてかえって教えの本質が見えなくなってしまった。
そこでお釈迦様はいつまでも生きている私に頼るのでなく、自分自身の教えそのものを生きるようにと、
肉体的には死という形で身を隠した。それでも「自灯明法灯明」で、自分の教えに生きるところにお釈迦様が存在する。
これは大乗仏教の考え方らしいんですが、パウロにもどこか通じてませんか?

792 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 23:28:16
いや。。。。。全然似てないかと。。。。

793 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 23:31:28
>>791
確かにキリスト教と仏教はどこか通じる部分があるというのも
感じます。

794 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 23:33:54
>>791
そうなんか。まあ通じてるのかどうかは知らないけど。
だけれども、霊的とはいってもパウロは現実の世界を全く無視したわけじゃないよ。
でも、パウロ主義者みたいな人は現実世界を無視して、霊的世界でイエスに出会えると考えているらしいんですがそれは違うと思う。
現実世界から霊的世界に行くんだけれども戻ってこないっていうのかな。仏教にもあるよね、そういう言葉が。何だったっけ・・・。

795 :さるべ:2006/06/24(土) 23:38:01
>>794
「浄土へ往相し、娑婆世界へ還相する」じゃないですか?
この世の物差しにこだわりすぎるなという感じの。

796 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 23:50:41
浄土系ってキリスト教の影響があったという話なんですが、どう思いますか?
http://www3.osk.3web.ne.jp/~prince77/christ02.htm

797 :考える名無しさん:2006/06/25(日) 00:00:24
>>795
そう、それ!!パウロ主義者は往相だけになってしまうww。本来パウロはそうじゃないのにです。
けれどもそういう意味ではマルコ福音書は還相の書といっていいんじゃないかな。
イエス・キリストを本当に理解できるのは、復活後のキリストであり、復活したイエスが自分をガリラヤにて裏切った使徒たちに出会うまたも同じ場所、あのガリラヤでなんです。
でも復活後のキリストだけでいいかというとそうではなくて、自分がイエスを裏切った時間と場所、つまり現実にいつも返っていかなくてはならない。
それでもって、現代の我々にとってのガリラヤ、つまり自分の中の「裏切り」はどこにあるのか我々に問いかけてるのがマルコだと思うんです。


798 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/25(日) 00:02:42
往相回向と還相回向のことでしょうが、往相回向とは人間が再生する
ということであり、それは成仏したと同じ意味です。この世の生命、
すなわちそれは悪そのものですが、この世の生命に死んで、霊的な
生命を得た、すなわち再生して完全な人間になったという意味です。
生まれ変わるとは再生のことを意味します。

還相回向とは往相した(再生した)人間がこの世のまだ悪に染まった
人間を救うということです。つまり霊魂の救済に励むという意味と
思います。

799 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/25(日) 00:06:07
一度山に登った人間が、降りてきて人を救おうとすることです。
しかし、なかなか難しい・・・。
樹海にいるということすら分からないのですから。
さすがの鷲も穴の中に引き篭ったもぐらまで救い出すことは
出来ません。

800 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/25(日) 00:10:46
やはり救われたいと願う魂でないとどうしようもありません。
地上に出て救助を求めて空に向って必死で手を振る者でなけれ
ば主も救い出すことはできないのです。
自分は偉い、賢いと思っている地の中のもぐら学者、あるいは
もぐらの金持ちは救いようがありません。

801 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/25(日) 00:12:37
まして悪意のある嘘つきの狐、狸、蛇はなおさらです。

802 :考える名無しさん:2006/06/25(日) 00:22:45
愚かな愚かな嘘つき小ヨハネよ・・・!
そなたは、聖書やスェーデンボルグの精神を生きた内村鑑三先生の爪の垢でも
煎じて飲むが良い。
なんじ、聖書とスェーデンボルグを邪に利用する地獄の使いよ・・・!
懺悔せよ、小ヨハネよ、懺悔せよ・・・!!!

803 :さるべ:2006/06/25(日) 00:23:29
>>798
どうなんでしょう。往相した人間が霊魂の救済に励むのもあるでしょうが、
私の場合、還相とはいつ何時自分がイエスを裏切るかもわからない、そんな自分の弱さを見つめなおすことというのを
強調したいんですが。
>>797
では、イエスへの裏切りということが、マルコのなかでは大きな要素なんですね。
人間は神に従おうとしながらも裏切るものだという、矛盾した存在ですね。
それでも神は許してくださる。それがイエスの復活なんだ、と。
それじゃパウロは裏切りにはあまり重点置かないんですかね?

804 :考える名無しさん:2006/06/25(日) 00:24:34
日頃、他人様に偉そうな事ばっかり言ってるみなさん。張り切って行ってみよう!

性格診断in哲学板
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1151162457/

805 :考える名無しさん:2006/06/25(日) 00:30:37
>>803
いや、パウロには回心があるからね。もともと裏切っていたというか、はじめはキリスト教の敵の立場だったから。
そうなってしまう人間も許される、霊に満たされて栄光のキリストともに生きるという、恵みのほうを強調するのがパウロの特色じゃないかな。
マルコのような裏切りの問題というよりはね。

806 :さるべ:2006/06/25(日) 00:37:55
>>805
そうすると「汝の敵を愛せ」というのがキリスト教の教えの本質だというのは、
厳密には誤解なわけですか。「敵」というのは、自分のことだということですね。そして
いつ何時「敵」となって神を裏切るかもしれないこの私ですら、神に愛されて許されているんだ。
これがキリスト教の基本だといっていいんでしょうか。


807 :考える名無しさん:2006/06/25(日) 00:43:40
>>806
誤解とか基本だなんていうのはちょっと・・・。でもまあそれでいいと思うよ。
でも現代のキリスト教のなかじゃ一般的じゃないだろうな。正義振りかざして他国に戦争仕掛けるような国を支えてる、敵をやっつけるためのキリスト教もあるみたいだしね。

808 :考える名無しさん:2006/06/25(日) 02:57:15
>>801
狐、狸、蛇に何か恨みでもあんのかww

809 :細胞愚 ◆wWWWqFyjhw :2006/06/25(日) 03:51:50
‮‫>>797でも復活後のキリストだけでいいかというとそうではなくて、自分がイエスを裏切った時間と場所、つまり現実にいつも返っていかなくてはならない。
‮‫>>806-807「敵」というのは、自分のことだということですね。正義振りかざして他国に戦争仕掛けるような国を支えてる、敵をやっつけるためのキリスト教もある

>>000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

810 :細胞愚 ◆wWWWqFyjhw :2006/06/25(日) 03:57:35
‮‫>>797>>806-807敵というのは、自分のことだということで他国に戦争仕掛けるような国を支えていいかというとそうではなくて、自分がイエスを裏切った現実にいつも返っていかなくてはならない。

811 :しわざ ◆184v/vWAzA :2006/06/25(日) 04:03:28
>>810
真の道徳すなわち自分の道理を正当化する為に理路整然と物申して泡銭を追いかける背後には覆面という神霊が憑く

812 :奥義 ◆WAZAZll7GE :2006/06/25(日) 04:11:18
>>803-805
窮極の状態に自らを追いやっていると同時に道徳の有無に関連した猛反発を繰り返す運命というか結局「泡銭は雲を摑む如く」理不尽

813 :技あり ◆WAZAZll7GE :2006/06/25(日) 04:17:57
キャバレークラブ通称「キャバクラ」もう少し荒っぽいのがキャンパスパブ「キャンパブ」とはヘルスの簡易バージョンと認識しているつもりだが

814 :【未禁断の地】 ◆GONVHW.T.2 :2006/06/25(日) 04:25:00
レジスタンス

815 :一言居士:2006/06/25(日) 10:08:02
来世で救われたって意味ねえ。俺は現世で救われたい。

816 :考える名無しさん:2006/06/25(日) 10:50:26
「汝の敵を愛せ」だっけ?

今サヨク原理主義の方々が唱えている空念仏に似ていますね。

817 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/25(日) 12:05:41
酒抜けないでベッドで転寝してたら、悪霊の攻撃食らって、
余波でネコが大騒ぎ・・・。

818 :【禁断の地】 ♠&rlo;スンタスジレ&rle; ◆GONVHW.T.2 :2006/06/25(日) 14:06:53
意味のある様delicateな振る舞いに欠ける神経を持たない主
デリカシー微妙delicacy繊細な細かい点に重大微細エクスタシー陶酔境ecstasy原義は白眼視、魂が自分の境地の外に出る敵愾(てきがい)心を煽る意
気持ちがよくてわれを忘れてしまう状態に達する神秘主義思想で重要な概念エクスタシスつけあがってあれこれ注文をつける敵視相手が寛大なのをいいことにして付け上がる
「へたにほめると増長する」古くは「ぞうぢょう」しだいに程度がはなはだしくなること脈搏の忽ち亢進するを覚え感情たかぶり病状などが進むことデリケート感受性が強い
>>000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

819 :MISSION ◆YULooCJ7JY :2006/06/25(日) 14:22:08
イスラエルの失われた部族
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/tokehon.htm

820 :MISSION ◆YULooCJ7JY :2006/06/25(日) 16:51:59
「エノク書」
「Google」の検索結果
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%82%A8%E3%83%8E%E3%82%AF%E6%9B%B8&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

「ニーチェ」
「Google]の検索結果
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%A7&lr=lang_ja

「邪教」
「Google」の検索結果
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E9%82%AA%E6%95%99&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja



821 :考える名無しさん:2006/06/25(日) 19:38:35
狂ってる方がいい具合に混入してきましたね。

822 :考える名無しさん:2006/06/25(日) 22:51:34
キリスト教?偽善と傲慢の宗教。中には立派な人もいるかもしれないが
大多数は鼻持ちならない椰子だ。

823 :一言居士:2006/06/25(日) 23:11:18
原罪という発想や神の前で罪人というのは、偽悪ですな。
まあ、偽悪は偽善に通じるものだが。

824 :考える名無しさん:2006/06/25(日) 23:21:49
原罪はどれも採用してるとおも。

キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、

仏教、バラモン教、ヒンデゥー教に至っても輪廻から解脱するのを目的とする以上、
原罪と変わらない性質がある。
というより原罪より性質が悪い。

825 :考える名無しさん:2006/06/26(月) 00:33:24
                              ハ_ハ
                           ハ_ハ   ('(゚∀゚∩ 関係ないよ!
                  ハ_ハ   ('(゚∀゚ )   ヽ  〈
                  ('(゚∀゚ )  ヽ   ⊃   ヽヽ_)
          ∩ ハ_ハ ヽ   ⊃   ヽ と)
           ',(゚∀゚ )  ヽ と)    ヽ)
           ヽ   ⊃   ヽ)
       ∩ ∧∧  ヽ と)
      ',( ゚∀゚ )  ヽ)
  _, -ー´\と |_
  \____)-┘ \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

____/\⌒>
\____ゝ>\

826 :考える名無しさん:2006/06/26(月) 07:49:12
馬鹿だねーえ、輪廻転生があるからこそ、人間(勿論他の動物でも)の
進化向上の可能性があるんじゃあないのよ・・・。
もし、パラダイスか極楽みたいなとこでずーと住んでいると全く何時までたっても
永遠にそのまーんまだよ。

827 :考える名無しさん:2006/06/26(月) 07:53:26
原罪ってなんの罪だよ
ふざけんじゃねえ

828 :考える名無しさん:2006/06/26(月) 09:20:40
>>827
消費税みたいなもん。

829 :MISSION ◆YULooCJ7JY :2006/06/26(月) 11:23:03
聖書関係
http://www.asahi-net.or.jp/~zm4m-ootk/

ウィキペディア「バビロン」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%93%E3%83%AD%E3%83%B3

ウィキペディア「東ローマ帝国」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E5%B8%9D%E5%9B%BD

三十年戦争
http://www.uraken.net/rekishi/reki-eu36.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/30%E5%B9%B4%E6%88%A6%E4%BA%89



830 :考える名無しさん:2006/06/26(月) 13:04:19
小ヨハネと宗教板の名無し「ニーチェくん」が論戦するところを見たい。

831 :考える名無しさん:2006/06/26(月) 13:11:45
しかしコテハンつけてまがりなりにも自分の発言に一応の責任つけてる人って現実は何してる人なんだろ 見習い研究員あたり?


832 :考える名無しさん:2006/06/26(月) 16:50:33
ただの目立ちたがり

833 :考える名無しさん:2006/06/26(月) 16:56:27
小ヨハネはただの馬鹿で愚かな、聖書とスェーデンボルグを冒涜する
香具師だよ・・・!


834 :考える名無しさん:2006/06/26(月) 18:27:28
まことじゃあくなるはよこしまなるおしえをばらまくきょうかいのげぼくどもなり。

835 :一言居士:2006/06/26(月) 22:59:41
>>831
この一言居士めは、高校生でござい。

836 :考える名無しさん:2006/06/27(火) 00:24:44
>>830
ニーチェ君なら下劣な者を相手にしない。

第一、病人と健常者で病気の感染をさせあわせる勝負をするなら、
健常者に勝ち目はないのだよ。

837 :因縁 ◆INNEN8sGug :2006/06/27(火) 02:27:00
参照
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1145446455/526-

838 :考える名無しさん:2006/06/27(火) 13:12:14
ニーチェくんが健常者??
キリスト教質問箱荒らしの常連が健常者ですか…

839 :考える名無しさん:2006/06/27(火) 14:17:18
>>838
いや、特定の人物じゃなくてニーチェみたいな考え方を持った人のことかと思ったんだ・・・

840 :考える名無しさん:2006/06/27(火) 18:58:52
「一言居士」と「さるべ」おめー厨房か?

841 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/27(火) 22:24:38
下がってる下がってる。

842 :考える名無しさん:2006/06/27(火) 23:05:04
厨房ってなに?

843 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/28(水) 01:22:51
教えてあげない。

844 :考える名無しさん:2006/06/28(水) 06:52:22
宮崎哲弥という人がこの翻訳を高く評価していたけど、あの人はどういう人なのかな。
最近テレビによくでているようだけど。


845 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/28(水) 10:03:25
そういや、明菜ちゃんがいつまでも復帰出来ないのは、進駐軍にアナルをレイプされてホモになってしまったジャニーズ北川の圧力なのか?


846 :考える名無しさん:2006/06/28(水) 16:14:41
へぇ・・・!ジャニーズにはそんな古参の方もいらっしゃるんですねぇ!

847 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/28(水) 18:44:05
テメー、上手くツッコミ入れて喜多川。

放置しとくの勿体無いよなー、実力もあって、良いオンナなのに、、、


848 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/28(水) 19:18:39
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%A3%AE%E6%98%8E%E8%8F%9C

ああ、こんな風か。不遇で影が薄い印象強いから・・・w

849 :考える名無しさん:2006/06/28(水) 20:23:24
正直ホモのアラブ人って実在してなくね?

850 :考える名無しさん:2006/06/28(水) 20:27:35
イスラームでは同性愛と飲酒は厳禁

851 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/28(水) 21:04:17
厚遇されているとも言えないか・・・。

こないだニューズウィークで喜多川の権力者ぶりやっとったが・・・。

852 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/28(水) 22:38:41
何が真理か追究するのが哲学ならば不可知論など哲学の名折れです。
哲学の皮を被ったただの詐欺でしかありません。

イエス・キリストは神か、神でないかを私たちは問われています。
まして真理を追究する哲学徒がその問題を避けて通るのは理由の
如何に拘らず腰抜けです。なぜならそれが真理を追究する者に
立ちはだかる最大の難問だからです。それ以外の問題などこの
問題に較べればゴミのようなものです。

うなぎやなまずのように暗い淀みに留まることなく、鮭のように
上流に遡る勇者はいないのですか。

853 :考える名無しさん:2006/06/28(水) 22:43:50
>>小ヨ
こいつはいつまで同じ能書きを延々と垂れ続けるのかな?

854 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/28(水) 22:44:10
スタタンで、「子供っぽいって前回言われたんですが、これでどうでしょう!?」って
言った瞬間、バババってスカウトの看板立ってなw

855 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/28(水) 22:46:34
ニーチェはキリスト教徒たちに躓いて本質であるこの問題、
すなわち主イエス・キリストは神であるか否かの追求から大きく
逸れてしまいました。キリスト教徒に難癖をつけても仕方
ありません。彼は問題の本質を見抜く目を持っていませんでした。
彼のこの本がくだらないのはそのためです。

856 :考える名無しさん:2006/06/28(水) 22:48:30
うなぎは綺麗な水を好まないのか
うなぎをの事を知っているつもりでいる人は、本当のうなぎを知る機会を逃している

857 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/28(水) 22:50:06
カントは神の存在を理解できなかったので理解できないことを
まるで賢明であるかのように言いくるめました。皆さんはそんな
カントを礼賛するのです。皆さんは全く裸の王様です。

858 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/28(水) 22:50:38
上京後の縁はしない。

859 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/28(水) 22:54:47
>>856
まあ、本当のうなぎを目の中にでも入れて可愛がってやってください。

860 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/28(水) 22:57:06
「話題に」抜け。

気の強い女の人だなーと感心しますた。

861 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/28(水) 22:58:25
>>853
皆さんの知的レベルが向上するまで。

862 :考える名無しさん:2006/06/28(水) 23:00:04
キリスト教って、だだ宗教であってそれ以上でもそれ以下でもないよ。
それを人間が論じるのは意味があっても真実を語れない

863 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/28(水) 23:05:08
うなぎたちに贈る言葉。

「光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を
 好んだ。それが、もう裁きになっている。悪を行う者は皆、光を憎
 み、その行いが明るみに出されるのを恐れて、光の方に来ないから
 である。しかし、真理を行う者は光の方に来る。その行いが神に導
 かれてなされたということが、明らかになるために。 」ヨハネ3
 ・19−21

864 :考える名無しさん:2006/06/28(水) 23:06:48
>>861
あなたは自分の方が知的レベルが上だと思っているのでしょうか。
思い上がりだと思いますよ。

イエスがあなたの行動を見たら嘆くことだと思います。
キリスト教徒として恥ずかしいです。

865 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/28(水) 23:09:36
>>862
真理を何も知らないめだかたちは口をぱくぱくさせて
同じところをぐるぐる廻るだけです。

866 :考える名無しさん:2006/06/28(水) 23:21:35
小ヨは真理を知ってるのですね?

867 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/28(水) 23:27:31
>>864
そうですか。ところであなたはイエス・キリストを神だと思って
いますか。

868 :一言居士:2006/06/28(水) 23:40:15
>>867
ここは哲学板です。論理的に説明してください。
あなたは論理・証明より直感を重視するようですが、その根拠も示してください。

869 :考える名無しさん:2006/06/28(水) 23:47:36
>>867
あなたの霊的波動は残念ながら低級のものです。
まずは自我を捨てることから始めてみてください。

870 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/28(水) 23:53:51
>>◆qKk9IwRSXY

「すかしっぺ」と読んだ・・・。

871 :考える名無しさん:2006/06/28(水) 23:57:21
>>867
三位一体説ではそういうことになっておりますがもしかしたらあなたは異端者ですか?

872 :さるべ:2006/06/29(木) 00:19:09
イエスを神と見るのか、神ではないと見るのかってことなんでしょうか。。。
仮に真理がひとつではないとすれば、
イスラム教とのつながりも見えてくるように思うのですが。イスラム教ではイエスは預言者の一人とされてますからね。
それとも三位一体説から考えたほうがいいのか。。。

873 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 00:21:43
>>872
真理が一つでないとすればキリスト教自体の全体が崩壊することになるけど?
おれはそれでもべつにかまわないけど?

874 :さるべ:2006/06/29(木) 00:29:40
>>873
>おれはそれでもべつにかまわないけど?
もしかしたらイエス自身もそう思うかもしれないんですよね。。。
彼自身は真理を独占してるつもりなどさらさらなかったでしょうし。

875 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 00:39:38
>>867
私は神以外のものを知りません。神は全存在でもありますから。


876 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 00:44:00
さるべと小ヨハネは同じレベルで滅茶苦茶だな。

877 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 00:57:27
小ヨハネ派の布教ウザス

878 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 01:26:29
このスレは悪口とそれへの応酬がほとんどで肝心の議論が少ない。

879 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 01:38:17
議論になりそうになると、コテハンが逃げだすか、
レッテルを貼って決め付けで終わるからね〜

特に小さなヨハネさんはスウェとニーチェとカントが
哲学の全てだと思ってるみたいだし


880 :Concorde ◆4Rax5D4KLQ :2006/06/29(木) 02:18:51
>>818 原義は白眼視、魂が自分の境地の外に出る敵愾(てきがい)心を煽る意
>>878 このスレは悪口とそれへの応酬がほとんどで肝心の議論が少ない。

881 :Concorde ◆4Rax5D4KLQ :2006/06/29(木) 02:23:06
>>879
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1140158520/535-

882 :Concorde ◆4Rax5D4KLQ :2006/06/29(木) 02:30:59
>>863-864

883 :金剛 ◆GOLD883/2I :2006/06/29(木) 02:36:01
>>882
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1145972434/13

884 :エジプト軍 ◆VnUZ9WuidM :2006/06/29(木) 02:37:40
>>000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
http://‫http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1145972434/29

885 :エジプト軍 ◆VnUZ9WuidM :2006/06/29(木) 02:40:21
>>882
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1140158520/538

886 :火の鳥 ◆dIdiU4udT2 :2006/06/29(木) 02:43:20
>>875
要するに「軽自動車とか黒いクルマで、逃げ隠れしても結局は同じ」気がするという意味ですね

887 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 02:47:52
>>800-885
いつも色んなコテでつまらないし、うざい。
自治厨か?
地獄へ堕ちろ

888 :奇跡 ◊†&rlo;神魔&rle; ◆rraJIngh0s :2006/06/29(木) 02:52:13
>>683
人を見下ろすことは「普通車が軽自動車を見下ろし」軽自動車が原付が自転車を見下ろすことは不自然ではありませんね
そこで【怒りが生じる】という意味

889 :鳳凰 ◆dIdiU4udT2 :2006/06/29(木) 02:54:31
>>887

>>888

890 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 03:09:05
一人釣れたw

891 :\/\/スタンダード ◆DSZSCATuX2 :2006/06/29(木) 03:24:19
http://Q. 彡ミ    ___  __
http://Q.  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /
http://Q.  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
http://Q.  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
http://Q.  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
http://Q.     しばらくおまちください♬

892 :ブルーレッド ◆KANGEN8FpQ :2006/06/29(木) 03:36:26
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1138710997/

893 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 03:38:49
さらに釣れたw

894 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 04:28:42
>>857
そのカントを同じ理由で批判しているのがニーチェなのだが。
読解能力のない身障はすっこんでろ!!

895 :◆Falcond3ho :2006/06/29(木) 04:42:54
( ^ω^)

896 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 04:56:03
枝豆うめえ

897 :一言居士:2006/06/29(木) 09:00:17
>>894
そうそうニーチェはカントを批判しています。小さなヨハネさんはカントをキリスト教の敵と言っているようですが、
ニーチェはむしろ、カントは哲学者ではなくキリスト教の神学者として成功した、と言っています。


898 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 09:22:50
>>861
あなたは自分の方が知的レベルが上だと思っているのでしょうか。
思い上がりだと思いますよ。

イエスがあなたの行動を見たら嘆くことだと思います。
キリスト教徒として恥ずかしいです。


899 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 17:02:52
違う板で魂なんか無いといったら
お前は蛇だ、へその辺りになんかあるといわれた
マジ吹いたw

900 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 17:25:48
http://www.geocities.jp/x_meishu/index.html

901 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/29(木) 21:30:53
>>875
イエス・キリストが神かどうかをお聞きしているのです。

902 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/29(木) 21:32:21
>>897
「カントは哲学者ではなくキリスト教の神学者として成功した」とは
どういう意味ですか。

903 :一言居士:2006/06/29(木) 22:00:45
>>902
キリスト教倫理を宗教としての倫理ではなく、社会通念としての倫理として理論付けることに成功した、と言う意味です。
あとカントは、神を純粋理性(認識)ではその存在の有無を断定しませんでしたが、実践理性(行動)では、
徳にかなった幸福のために、その存在を認められる(つまり福音信仰によって幸福を得るため)としました。
カント哲学というのは、倫理面はキリスト教をベースにしてあるのです。

904 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 22:01:55
>>901
「神以外のものは知らない」と言う言葉が理解できないのですか?
必然的にわかるはずですが、バカなんですか?あなたは。

905 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 22:32:55
神ってその定義は何なんだろ
キリストが神って言うならあまりに人間くさい神だな

906 :刀十嵐 ◆v/GENOwwOM :2006/06/30(金) 03:53:40
人は「せしめようとしている」だが併し阻害を受け続ける破目になる一方でも有る意味がさつ極まりなく不潔という要素を何とかする為には何を再構築しなければならないかは潔癖的構想と意見の相異
>>000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

907 :考える名無しさん:2006/06/30(金) 04:58:35

こいつが変な新スレたてているけど、削除できないのかな?

908 :考える名無しさん:2006/06/30(金) 06:47:00
かなりの粘着質だな、この糞コテハン


909 :考える名無しさん:2006/06/30(金) 07:25:03
とうがらしって読むの?

910 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/06/30(金) 22:35:23
>>904
ええ、理解できません。どういう意味ですか。

>>903
しかし、それは単なる剽窃です。なぜそんなことをする必要があるのでしょう。

911 :一言居士:2006/06/30(金) 23:45:23
>>910
はっきり言えばカントはキリスト教を理論的・近代的に布教したのですよ。

912 :考える名無しさん:2006/06/30(金) 23:56:53
>一言居士
カントよんだこともないのにいいかげんなこと言うなよ。

913 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 00:28:00
誰も信用できない。

914 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 01:46:16
あくまで哲学者だから布教はまったくしてないな。
キリスト教から存分に影響を受けている哲学者ではあるけども。
ただ生涯にわたってキリスト教信者であったのは事実だよ。

915 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 01:49:45
>>911
真の基督教はイエス・キリストは神であるという認識に基づいて
います。神の存在は証明できないなどと言うのは無神論の告白で
す。倫理道徳も神の命令に依拠しており、神の存在が前提です。
無神論のカントが基督教である訳がありません。

基督教でないカントがどうしてそれを布教できるでしょう。
もし信じていないものを布教するならただのペテンです。

916 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 01:55:17
無神論者に本当の倫理道徳などありません。あるのは世間的な
体裁のために倫理道徳を尊重するだけです。「視霊者の夢」から
はカントが世間体を非常に重視していたことが感じられます。
人間はいくらでも本心でないことを言ったり書いたりできる
のです。

917 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 01:56:19
>>915
いいかげんにしろ、ぼけ!
おまえのカルトの世界観で、キリスト教全てをひとまとめにするなよ。
本当に霊的素質があるならば、哲学者なんてすべて餓鬼同然とわからないおまえは重罪。
宗教信者と哲学者の合間に立って、適当なこと言ってるなよ。
おまえがペテンだ。

918 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 01:57:35
皆さんは裸の王様にふさわしく、すぐに人に騙されます。
皆さんが目の見えないもぐらだとはその意味もあります。

919 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 01:58:09
>>916
エロヒムの名の下に、おまえの所業の判決を委ねた。
abbe male spiritus!

920 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 01:59:42
>>917
ほう。では、あなたは基督教とは何だというのですか。

921 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 02:01:54
俺は神を信じてるし信仰もしてるけど
どうして宗教の型にはまるのかがわからない。

小さなヨハネを見てると、神を信仰しているというより
宗教を信仰してるようにしか見えない。

922 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 02:02:38
>>918
悪霊め。消えてなくなれ。
おまえは、キリスト教徒ではない。
そして、おまえは悪名高きキリスト教徒でもない。
おまえは神を信じない。おまえには動物霊が宿っている。
見える者にしかわからない。
罪無き不特定多数の人に悪の教えで洗脳するおまえは嫉妬の固まりだ。

923 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 02:06:45
哲学者がすべて偽物と言いはしません。わたしはソクラテスを
尊敬しています。あとは殆ど知りません。ニーチェとカントは
1冊ずつ読んで、これは偽物だと知りました。

924 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 02:09:23
>>922
イエス・キリストが神と信じているのにどうして神を信じない
などと言えるのですか。イエス・キリストが神と信じるのが
基督教でなくて何ですか。

925 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 02:10:57
>>923
ニーチェはたしかに、後半変なものが憑いてる。


が、それだけでは理由にならん。
今ここで書き込みを促す動機を与えているおまえに憑いてるものの説明にはならん。

926 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 02:14:29
しかし、真実をしったのちに、キリストが神では無い説明をするのは非常に難しい。
神の側だ。しかし、神ではない。
となると、神の定義にまでさかのぼる。よほどの暇人でないかぎり、それ以降に耳はよせない。

927 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 02:26:53
>>926
ほう。ではイエス・キリストは何ですか。

928 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 02:36:05
>>927
人の模範例です。と言いたいところだが、誰が信じるんじゃ、ぼけぇ!

929 :不可思議 ◆1MUGEN0V.. :2006/07/01(土) 02:58:33
>>918‮‫前半>>922

あわよくば多分お山の大将を牛耳る養子階級

930 :水影 ◆1MUGEN0V.. :2006/07/01(土) 03:00:36
>>922
後半は自己紹介という意味で

>>925-926
( ^ω^)

931 :◆GeNOy8zVV2 :2006/07/01(土) 03:05:50
キリスト教は邪教です! PART 6
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1151607265/

932 :あわよくば ◆mxGEN2sp1A :2006/07/01(土) 03:15:03
>>928
部屋散らかってませんか?と聞きたいのでは?

933 :とうがらし ◆v/GENOwwOM :2006/07/01(土) 03:18:56
     , - ' ゙    `` ‐ 、_,,,,,
   ,r'          /=ミ
. /             彡lll  
 l -=・=- -=・=-    |:;l .;:!
 l   _,.=ニニニ=__,、    |:;l .;:!
 l     `¬―'´     |:;l .;:! 部屋は片付けないと不潔になる
 ヽ             ' l;;'
  i              ノ  |
''''''''7i,         ,/  /`〉`゙T''''''''''
  l  `ー---― '"    / /.|  |

934 :まじない ◆GeNOy8zVV2 :2006/07/01(土) 03:23:35
>>925
なんとなく判らなくも無いが?

>>918
それは図星ですね(藁)

935 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 04:11:45
>>934
おまえは誰だ!!
今日からお前を佐藤幸伸と命名する。

936 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 04:25:39
>>929-935
今日も釣れたw
馬鹿ばっかw

937 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 05:16:44

 AP通信は米軍当局者の話として、この米兵らは、4人のうち若い女性1人をレイプし、殺害した上、残り3人も殺害した疑いが持たれている、と伝えた。イラク国民と政府の反発は必至だ。

 同通信によると、事件が起きたのは今年3月。関与したとみられる米陸軍の下級兵士5人は既に米軍に拘束され、うち1人は犯行を自供した。米兵らは殺害した女性の遺体を焼いた疑いもあるという。イスラム教で遺体を火葬することは固く禁じられている。
(読売新聞)

938 :一言居士:2006/07/01(土) 10:10:36
>>923
ソクラテスは半キリスト者と認定されたものね。早い話あなたはキリスト教以外はみな偽物と決めつける偏狭な精神の持ち主さ。

939 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 10:43:32
>>910
>ええ、理解できません。どういう意味ですか。

理解できないなら、理解しなくても結構です。十分に説明しています。
もぐらにはわからないのでしょう。

940 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 10:57:13
>>872
イスラム教もかじってるのか。イスラムの場合、地上と天上を明確に分けているけどそれがどこかつながるわけ?

941 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 11:02:28
小ヨハネは馬鹿と違うか・・・?
ニーチェとカントをたったの一冊づつ読んだだけだと・・・。
アホかお前は・・・!!!
カントの「純粋理性批判」でもよんだんか・・・?
ひとにはスウェの本全部読め見たいな事いっといて自分はたったの一冊かよ・・・?
ば〜か〜、小ヨハネはほんものの馬鹿だ・・・。

942 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 14:12:08
>>941
皆さんには全部読んでも理解できないことが
ヨハネ氏にはたった一冊でできると言いたいそうですよ。
単にキリスト教にちょっと批判を加えただけで、その本は偽物だそうですよ。


943 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 16:18:16
食べ物は少し食べればそれが饐(す)えているかどうかすぐに分かります。
文書も少し読めばその人が狂っているかどうかはすぐ分かるのです。

944 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 16:22:10
皆さんは嗅覚が鈍いので、それが腐っているかどうか分からない
のです。わたしは腐った内容の本などそれ以上読む気もしないと
いうだけです。

945 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 16:23:35
>>944
二律背反に対する見解をどうぞ。

946 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 16:29:12
>>945
二律背反という意味が分かりません。

947 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 16:33:59
訓練を積むとそれが神からの啓示によって書かれた真実であるか
どうか分かるようになります。上流から流れて来る清い水は
甘美であり、へどろのような腐った水は耐えがたくなります。

皆さんにスウェーデンボルグをたくさんお読みなさいとは
清潔な真理をたくさん学んで成長してくださいという意味です。

948 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 16:39:14
知識が偏ると判断力も鈍るという典型を見た気ガス

949 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 16:52:26
>>948
はははは。その言葉をそっくりあなたに返します。

950 :一言居士:2006/07/01(土) 17:19:12
>>943
納豆はどうなんですか?あれくさいにおいするじゃないですか?
でも栄養豊富ですよ。

951 :六道輪廻 ◆CCOOlsJrvM :2006/07/01(土) 17:24:18

Д



      【黄恥餓医見本市】



   ◆餓鬼 地獄 畜生 修羅 人間 天上◆


           流転


                    Д

          

952 :一言居士:2006/07/01(土) 17:29:06
まったく小さなヨハネさんの視野の狭さにはあきれてしまいます。
キリスト教を批判したからといって、批判者をもぐらだのめくらだのと言い出すのです。
以前は故・遠藤周作氏がイエスの神性に疑問を持ったくらいで、大文豪をもぐら呼ばわりしました。
イエスの「汝の敵を愛せ」を忘れてしまったのでしょうか?これでキリスト者とはあきれてしまいます。
ひとのことをもぐらもぐらという前に、キリスト教という洞穴から出てこないあなたはなんなのでしょうか?

953 :六道輪廻 ◆CCOOlsJrvM :2006/07/01(土) 17:36:31



      Д他山の石Д

954 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 17:44:30
スウェーデンボルグの言う神が存在しないならば、小ヨハネの人生は耐えられない。
従って「神は存在しなければならぬ」という論理。

スウェーデンボルグの考えは、小ヨハネの維持のために必然的な考えである
である、というだけの状態である。

「自己の存在維持に必然的」という論理のみで、他者を批判するのは何と
不遜なことであろうか。

955 :さるべ:2006/07/01(土) 17:44:39
>>940
イエスは律法を心の内面にまで推し進めておいて、でもそんなこと
人間にはとてもやっていけないと言ったのではないでしょうか。
そしてイスラム教はその内面化をやめたように思うんです。内面化なんかしたら
神の愛から遠くなってしまう。彼らにとっては、律法は『ハック・アラー』だけでいい。
五つの罪の規定だけでいい。それ以外は、人間の知恵としての、地上的原理でやってゆけるではないか
と定めたんだと思います。

956 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 19:29:48
>>955
地上的原理ってどういう意味のこと?

957 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 19:48:08
>>946


馬鹿丸出しw

958 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 20:09:10
>>950
おお、それは良い例です。そういう答えが出てくることを期待していました。
良い無害な誤謬もあるのです。スウェーデンボルグはチーズを譬えに説明し
ていたように思います。私はイカの塩辛を連想しました。

>>952
遠藤周作氏が大文豪などと世間の評判を信じてはいけません。それでは
インチキな機織職人に騙される裸の王様になってしまいます。

959 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 20:11:42
>>957
何と何が二律背反なのか分からなかったのです。教えてくれますか。
言っている意味が分かればいくらでもお答えします。

960 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 20:14:02
>>959
そういう事を聞かれてるんじゃないだろ・・・

961 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 20:15:35
汝の敵を愛せとこれを混同しないでください。間違いは間違いと
指摘することは皆さんに対する愛なのです。

殺人などの犯罪者を死刑にすることは愛です。それは世間を殺人者
から守り、また、殺人者自身の悔改めのために必要なことなのです。

962 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 20:20:20
あれれ?ねぇ、おじいさん。
一人でお花畑で遊んでいる人がいるよw?

963 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 20:26:36
洗者ヨハネの強烈な言葉をご存じでしょう。

「蝮の子らよ、差し迫った神の怒りを免れると、だれが教えたのか。
悔改めにふさわしい実をむすべ。」ルカ3・7
しかしそれは愛からです。

「はっきり言っておく。およそ女から生まれた者のうち、洗礼者
ヨハネより偉大な者は現れなかった。」マタイ11・11

964 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 20:32:23
もぐらの子などと呼ぶくらいそれに比べれば可愛いものです。

965 :一言居士:2006/07/01(土) 20:32:28
そんな神の愛なんかくそ喰らえだ!

966 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 20:34:18
>>965
しかしそんなものなのです。

967 :一言居士:2006/07/01(土) 20:38:02
地獄へ落とすなら、「お前が憎いから落とすのだ」と言え!
「愛ゆえに地獄へ落とす」だなどと言うな!

968 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 20:41:30
>>967
神が人間を地獄に落すのではなく、人が勝手に地獄に行くのです。
地獄へ行きたがる人間は天国など大嫌いだからです。
なぜなら天国は隣人愛や神への愛が支配しているからです。
地獄は自己愛の亡者が集まるところです。

969 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 20:43:14
>>959
哲学の文脈で二律背反(antimony)というときは、矛盾の無い前提条件から
矛盾する命題を導出してしまった哲学者カントの拙劣さを嘲って言う場合が
殆どですよ。

970 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 20:48:04
考えてもごらんなさい。死刑になる人間は敢えて自ら死刑に
なるようなことをしたから死刑になるのです。
どうしてそれが神のせいでしょう。

971 :一言居士:2006/07/01(土) 20:48:11
>>968
ほっとくと永遠の地獄へ堕ちてしまう人間を創った神は、さぞ慈愛にあふれた方なのですね。

972 :さるべ:2006/07/01(土) 20:54:13
>>956
たとえば、ローマの税を納めるかどうかの質問に、イエスは
「カエサルのものはカエサルに」と答えましたよね。

973 :一言居士:2006/07/01(土) 20:56:42
まあ、神様をせめたってしかたがない。>>970のことはたしかにそうです。神のせいではありません。
しかし、なぜ神の恩寵が必要なのですか?わたしは自分が死後天国へ行こうが地獄に堕ちようが知ったこっちゃありません。
この信仰心薄い私めが申しあげますが、親鸞が「念仏を唱えて浄土に行けるかどうかなんてわからない、地獄におちるかもしれない。けれど
法然上人に騙されて地獄へ堕ちたとしても、『地獄は一定』のこの身だから後悔はしない」というようなことを言っていましたが・・・

974 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 20:59:34
>>972
ああ、パリサイ派がイエスにしかけた問答ね。当時、エルサレムとローマの二重権力のもとにおかれて微妙な立場にいた人たちがいた。
これが問答の背景にあるわけだけど。

975 :さるべ:2006/07/01(土) 21:04:13
それでパリサイ派がイエスをひっかけようとしてもちかけたのが
「おまえはローマ政府をとるのか、それとも神のエルサレムをとるのか」
でした。


976 :一言居士:2006/07/01(土) 21:06:35
>>975のさるべさん、話の途中ですがすみません。なんじの敵を愛せとはどういう意味でしょうか?

977 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 21:08:21
>>969
そうなのですか。ありがとうございます。カントが笑われている
とは知りませんでした。
しかし今哲学辞典を見てみましたが、徳の研鑚と幸福追求の間に
二律背反が生ずるとありますが、その前提自体おかしいでしょう。
なぜなら徳の研鑚こそ幸福だからです。

978 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 21:10:59
>>975
「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい」と答えてたね。まあ、地上の原理と天上の原理を明確に区別したとも言えるね。
ユダヤ教は地上のことまで律法で治めようとしているけど、それはおかしいよとイエスは言ったんだと。


979 :一言居士:2006/07/01(土) 21:12:03
僕の意見では、
相手への憎しみの感情というものは、じつはその感情を抱いている本人まで苦しめてしまうのだからほどほどにせよという意味と考えています。
で、「裁くな」も、相手に下した判断が自身をも拘束するつまり自縄自縛になるからやめておけ、だと思うのですよ。

980 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/01(土) 21:14:39
>>971
よくある発言です。しかしだからこそ神はこの世に降って自ら
殺されるまでして見本を示し、人間を救おうとしたのです。
その神のどこが無慈悲でしょう。

>>973
それは地獄の永遠の責苦なるものについての知識がないから
そんなことが言えるのです。その前に他生そのものを信じて
いないからそのような発言となるのです。親鸞も同様と思います。

981 :さるべ:2006/07/01(土) 21:30:15
>>976
すみません、今の私に言えるのはとりあえず743-806でいったことだけです。
一応その簡単なまとめとして>>806のように述べました。それも付き合ってくれた人の意見を参考にしてのことですけどね。
>>977
いえ、カントは、われわれ人間は「何の抵抗もなく」道徳法則を尊敬する、
道徳法則に対する尊敬は「自然な」感情である
というのは誤解だと言っています。つまり、われわれは厭厭ながら道徳法則に従うのだという事です。
その場合、どうしても徳の研鑽と幸福は相反してしまうようなんです。
>>978
そこいくとイスラム教は地上の王国と神の権威とを分けました。
ところが後世のキリスト教は、地上に理想の王国を作ることまで引き受けてしまったように思うんです。

982 :一言居士:2006/07/01(土) 21:35:09
>>981
御返答ありがとうございます。

983 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 21:40:02
>>981
うん、イスラム教の場合、神と地上のそれぞれの領域をはっきりと区別してあいまいにしない。それに対してキリスト教は、俗に言う「地上に天国をつくる」という立場から、元来は天上の領域に属するものを地上の領域にまで持ってきてしまった。そういう立場から伝道している。

984 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 21:58:56
戦国時代
http://hobby8.2ch.net/sengoku/

985 :さるべ:2006/07/01(土) 22:01:39
>>983
伝道となるとまた違うように思いますが。。。
また他にもイエスは、ちゃんと区別せよと言っている様な例があります。
《「しかし私は言っておく。一切誓いを立ててはならない。天にかけて誓ってはならない。そこは神の玉座である。地にかけて誓ってはならない。そこは神の足台である。・・・」》(マタイ五33〜37)
つまりは、神の名において誓うな、と。イエスが言いたかったのは
神の名によって自分の行為を正当化するな、ということだと思うんです。

986 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 22:08:50
>>985
イエスがこう言ったのに後世キリスト教はそれにまるで反対のことをやってしまったんだ、と。
そういえば『キリスト教は邪教です!』とニーチェが言ったのはそこかも知れないね。イエスとキリスト教は関係ないというのは、特にその点においてということなんだろうな。

987 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 22:11:21
ここは哲学を知らない者が集まって聖書を哲学的に無理矢理解釈
しようとして失敗し、その後雑談馴れ合いスレに変えようと
試みる哀れな道化師の集うアンチノミーなスレですか?

988 :さるべ:2006/07/01(土) 22:17:18
>>986
ええ、イエスに従うというのはそういう区別をはっきりせよということでしょう。
そうすると、本来キリスト教徒の日常生活は、何だっていいんでしょうね。

989 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 22:20:53
>>988
そうそう。
それちょっと考えれば誰でも気付くのに、
あんまり誰も気付かない。

990 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 22:23:54
>>987
そう思うんだったらわざわざそんなカキコせんで、あんたがやってみせりゃあいいだろ。
第二の小ヨハネか、お前は。

991 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 22:27:45
宗教オンチが集まって議論しても無駄

992 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 22:29:51
>>990
いや、わざわざ哲学板まで来てそのレベルじゃ宗教板でやっとけよ

と、ふと思ったもんで


993 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 22:30:17
>>988
もともとキリスト教成立の基盤は、倫理というものを相対化したところにある。そのうえにキリスト教的生き方なんて言うのを持ってくるのはおかしい。
非常に極端に言うと、「キリスト教倫理」というのは、ありえない、イエスの精神に反した形容矛盾である。まるい四角形って言っているようなもん。

994 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 22:30:21
次スレ名「キリスト教の邪教ぶり」

995 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 22:32:16
>>994
残念ながらもうたってるんだな。

996 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 22:34:31
>>992
宗教板でもどうだろ、特にこのpart5・・・。

997 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 22:36:46
誰だよ、刀十嵐って、勝手に立てやがって。

998 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 22:37:27
>>996
あぁ、逆になんでも逝ける哲板の方が(ry

ってかw







            人類の叡智である哲板をな(ry

999 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 22:38:44
じゃあパート6でいったんゼロに戻して
お互い一から立論するようにしよう。ちょっと論点を整理したい。
「キリスト教は邪教かどうか」の一点に絞って話してくれ。
お互いモグラだ狂信者だ言ってるようじゃまとまらんからさ。

1000 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 22:40:05
1000なら神は死んだ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

286 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)