5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆★  岩井克人  ★☆

1 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 00:54:40
久々に立ててみました

2 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 01:03:49
板違いだよ。削除して欲しい。
哲板に恨みがあって嫌がらせしてるの?

3 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 01:08:31
>>2
東クン?

4 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 17:03:56
元気かな

5 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 02:40:08
かっちゃんしゅきしゅき

6 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 13:19:15
板違い氏ね

7 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 13:38:07
>>6
即死回避保守乙

8 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 18:05:47
その辺の哲学者学者よりよっぽど哲学者だよ。
ニッポン放送とカントを同じ土俵で考えられるんだから。

9 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 01:02:23
というわけでage

10 :考える名無しさん:2006/06/15(木) 16:45:39
かっちゃんw

11 :考える名無しさん:2006/06/23(金) 13:25:55
http://www.toyokeizai.net/online/tk/person/index.php?kiji_no=12

12 :考える名無しさん:2006/06/23(金) 15:02:09
>>11
ワロタ
いや、写真クリックすると無駄にでかくなるからw

13 :考える名無しさん:2006/06/23(金) 17:40:04
思わず保存してしまった
手のひらの毛の一本までよくわかる超巨大画像

14 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 00:39:40
>>11
ゲ、なにこれ。でけーっww

15 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 16:00:14
∩( ・ω・)∩ばんじゃーい

16 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 23:40:07
岩井たん大好き

17 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 00:13:59
>>11
素晴らしい!
そういうのは初めてだ!

18 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 02:20:22
かっこいいね

19 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 21:47:29
榎原均の岩井貨幣論批判ってどうよ?
http://homepage1.nifty.com/office-ebara/mokuroku8.htm

20 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 23:13:29
サントリーからなんたら賞をもらってるね
わかりやすい犬だ、こいつは

21 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 11:17:45
こういう場合、サントリーが犬なんだ。

22 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 16:12:36
岩井克人の「貨幣論」では、マルクスの価値形態論が脱構築されている。マルクスの示した価値形
態の図式を循環論Zへと展開することで、貨幣という形態は、マルクスがこだわった労働価値による
根拠づけのような外部要因が入り込む余地がないことを示す。「貨幣は貨幣であることで貨幣であ
る」とうことだ。

ではこれによって労働価値説はもはや葬り去られるのだろうか。ある意味で正しく、ある意味で正しく
ない。岩井はこのような循環論の例として「言語」を上げている。これは柄谷が、マルクスの形態論
をソシュールの言語論で説明することと同じ意味であり、構造主義である。だから東は岩井の貨幣
論を、デリダの構造主義批判である「否定神学」と言ったのだ。すなわちマルクスの価値形態論は否
定神学である。よって循環論の構造を持つのだ。

しかしマルクスの、そして岩井の循環論のようには貨幣の構造はできていない。それはデリダがいう
ように、構造主義はできすぎた静的な構造なのだ。岩井の循環論Zは静止しており、力動が欠落し
ている。マルクスの価値形態論には外部的要因が入り込む必要がないが、実際の貨幣システムに
は必ず外部が存在する。だから循環論にはならず、労働価値は必ず外部として回帰する。


23 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 16:26:12
>>22
>しかしマルクスの、そして岩井の循環論のようには貨幣の構造はできていない。それはデリダがいう
>ように、構造主義はできすぎた静的な構造なのだ。岩井の循環論Zは静止しており、力動が欠落し
>ている。マルクスの価値形態論には外部的要因が入り込む必要がないが、実際の貨幣システムに
>は必ず外部が存在する。だから循環論にはならず、労働価値は必ず外部として回帰する。

間違い。貨幣の構造は外部を内部化する動的な循環構造。

24 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 16:56:46
>実際の貨幣システムには必ず外部が存在する。だから循環論にはならず、労働価値は必ず外部として回帰する。

同じ意味では?


25 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 18:52:19
どこが?

26 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 18:53:36
どこも

27 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 18:56:24
動的な循環構造と言っている時点で・・・

28 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 18:57:31
au

29 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 18:58:54
動的じゃないと循環しない

30 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 19:00:42
そりゃそうだw

31 :考える名無しさん:2006/09/29(金) 19:02:18
終了

32 :考える名無しさん:2006/11/18(土) 03:51:05
>>31
知的ルサンチマンに苛まれている不貞腐れたバカボンパパみたいなルックスの
初老リーマンが書き殴った酔っぱらいの戯言のごとき「思想批判」を鵜呑みにして
哲学板でバカにされ発狂した人間が必死の思いで立てた「批判者ウォッチスレ」が
こともなげに削除されてるね。


6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)