5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

哲学は神学の婢 2

23 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 14:24:34
むじんくん
新スレおめでとうございます。
>>1について質問です。
>しかし何らかの「否定」によって出発した精神の運動は止まず、
 それは積極性なき否定となる。

西洋哲学史にはアルチュセールが言ったようなエピクロスから
連なる「地下水脈」というのがあって、ここではニーチェを
取りあげます。
ニーチェは、キリスト教を弱者のルサンチマンとして徹底的に
批判します。その一方で、彼は『力への意志』において
「不条理な生」を自らが積極的に選んだものとして、積極的に
肯定する「大いなる肯定(ja)」ということを言い出します。
これはヘーゲルに収斂するような「否定性」の哲学とは違い、
積極的、肯定の哲学です。つまり、哲学が「積極性なき否定」
となるとは言えないと思いますが。どう思われますか。

159 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)