5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

哲学は神学の婢 2

71 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/06/08(木) 10:07:00
>>67
> ただ、生産手段を抑えている巨大資本が直接的に搾取できてしまう。
> そして、貨幣の意味がなくなれば流通が止まってしまう。「土に帰る」しかなくなる。

貨幣は利子なしで存在しえるか?ということですね。ケインズは世界恐慌の時に仮に
当時の英国の10倍の豊かさを実現できるならば、その時人間は一般に考えられている
「労働」というものから解放されるだろう、と言ってます。その時、単純に生活のために
貨幣を会得するという意味ではなく、貨幣それ自体への偏愛というものがいかに倒錯で
あったかが分かるだろうと。

貨幣への偏愛は、貨幣がそれ自体増殖し、支配する何かのごとくに機能しているから
です。それは認識の営みによって世界を支配したつもりになるのと等価だと思います。

159 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)