5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ひとりごと

1 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 00:48:32
ニュートンはオカルティストであり、最初の近代人というよりは、
最後の中世人とみなす人もあるくらい。彼のプリンキピアという
のは難解であり、当時の人で理解できた人がいなかったという。
彼は授業も下手で、むつかしく、生徒がひとりもいなかったとき
もあるという話。彼のほとんど神学論文みたいな文章もあるのね。

2 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 00:50:15
人のイデアはやはり人だということになるが。
神のイデアというのはおかしな表現になる、これは抽象名詞だし、
神はもともと一人だと。いや、違う。地上の神は八百万の神々以上に、
色んな宗教の色んな神がいて、その共通項をもって、唯一神、
善のイデア、神のイデア、としての天上の唯一神がいるのだよとなる。

3 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 00:51:38
聖書とか予言の研究してたり、錬金術も研究してたらしいですね。

4 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 01:02:08
共通項が唯一神ではない。様々な現れの根本に位置するのだ。
だから第一原因ともされるのだ。
轟音と空をつんざく光、豪雨、強風に共通項を求めるのでなく
雷雨や台風などを想定するのと同じだ。

5 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 01:08:00
欧米かて

6 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 13:34:31
肉体は滅びるが、魂は不滅。
そして、魂は神のもとへと召されて永遠に生きつづける。
立花隆というヒトは、オカルティストでもあるが、かれは東大で
ネオ・プラトニズム、中世神秘主義、神秘家としてのヴィトゲンシュタインを
研究してたはず。かれは西洋的思考法の表も裏もよく知り尽くしているのだ。

7 :tar:2006/06/13(火) 13:38:33
パソコン欲しいなあ。
だれか買ってくれないかなあ。

8 :薔薇十字:2006/06/13(火) 13:47:47
>>7
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/7

9 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 13:49:24
金利手数料はジャパネットが負担します

10 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 13:51:34
大川隆法が釈迦の意識体によって生まれているなら、大川の肉体は
大川のままで、その自動書記を秘書のように行うのは、大川であるが、
それをさせるのはもろもろの霊だということになるのだろうか?
とすると、その霊界みたいなのがあって、その霊界からのチャネリング
みたいなもので、大川は降霊術みたいなのを行っていると。
ではその霊界のほうはどうなっているのだろうか?
ユングは集合的無意識みたいなのがあって、社会や人間が共有する
意識みたいなのを表現しようとした。アーラヤ識というのもそうかも
しれない。これは仏教だ。
社会の人間が共有する意識や霊が、特定の個人に舞い降りる可能性も
ないとはいえない。それぞれが分有するのが霊なのか。
過去世において釈迦が弟子たちに教えたことを、現世でおぼえていて
それを語るのか。神通力みたいなので、釈迦の教えを過去なにを語って
いたかを知るのか。
さらに、全知の神はどうなのか、なにを知っているのか。大川が詐欺師なのか、それとも
本当の宗教者なのか。エル・カンターレなのか。全知の神は釈迦の
教えも知っており、霊界も知っており、神通力も知っていると思うが。
大川は神通力も使えるが、今は使用していないだけだというが本当なのか

11 :考える名無しさん:2006/06/15(木) 01:09:35
浅田の構造と力は、フランスの難解な思想家の思想をチャート化してみせた
逸品である。ソフィーの世界というのは、西洋思想の基本が簡単に示されて
いる。ヌーボー・フィロゾーフや西田哲学、東洋思想、ウパニシャッド哲学
スコラ哲学、など、わたくしもさまざまに学んできた。プラトンのイデア説
は、西洋思想の中で、もっとも東洋人に馴染みにくい考え方である。やはり
日本人は諸行無常の仏教なのだ。すべては変化する、滅びサルのだ。だから、
紙と木の家に住んでいられるのである。ところで、西洋の家は石だらけだ、
これは不変のもの、変化しないもの、永遠なるもの、真理の世界、恒久の
もの、そういったものに、不滅のものでもよいが、あこがれがあるのである。
精神があって、はじめて物質が存在し、この世の物質世界は精神世界の
ほんの一隅であって、はるかに巨大な世界精神のようなあの世があるのだ、
というのはなんとなくのみこめたようなきもする。肉体が滅びても、自我意識
、魂、とかいうものがまだ残り、存在し、死後、神のもとで永遠に生きつづける
というのがありうる。同時に、永遠の虚無もあるだろう、地獄である。どちら
も、さっぱりしてていいかな、と思っている。ただ、まだわたしは抽象的な
思考というのがうまくいかない。抽象的な形而上学的な世界があって、はじめて
この世界、具象的な形而下の世界があるのだろう、というのはわかるのだが。

12 :考える名無しさん:2006/06/15(木) 01:22:28
サルというのは脳が未発達で、ヒトでいえば、幼児くらいのはずと
記憶している。
ヒトというのは、知的な動物で、万物の霊長とよぶにふさわしいと
いえる。
ところが、天使や菩薩とか、如来は、それ以上のはずである。
進化の歴史とは、大雑把にいって、脳というハードウェアの更新である。
コンピュータのヴァージョンアップである。
とするならば、ロボットとか、コンピュータの方が
人間よりすぐれていることになる。
そういえば、電脳とかいうではないか。
という意味においては、立花が、ヒトはサルとロボットの間といい
電脳の進化論という表現はまことに正鵠を射ている。
ロボットは天使であり、コンピュータは神である。

13 :考える名無しさん:2006/06/15(木) 11:39:56
やっぱ石けんは牛乳石鹸の赤箱にかぎるな。

14 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)