5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

哲学は難しすぎる

1 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 11:55:38
理系の俺が大学の図書館で哲学に関する本を読んだが、全く理解不能



2 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 14:37:04
だろうね、哲学が難しいんじゃ無くて哲学の事を知っている人がいないだけだよ。

3 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 14:38:41
>>1
何読んだの?

4 :Yukko:2006/07/16(日) 14:43:54
はじめまして。
私は中学のとき『ソフィーの世界』を読んで学問としての哲学に興味を持つようになりました。
知っての通り、『ソフィー』は難しい専門用語を使わないで哲学を語ってくれる本です。
しかし、当時はそれすらほとんど理解できませんでした。
なぜなら、私は常識的なものの見方に捕われていたからです。
哲学者は普通とは違う発想の持ち主なので、先入観を捨て去らないと全く分からなくなります。
しかし逆に一度分かってしまえば実に簡単なことを言っているケースが多いのです。
某心理学者の『頭の体操』シリーズと同じですよ。

5 :Yukko:2006/07/16(日) 14:49:14
図書館ではどんな本を読んだのですか?自分と似た考えの哲学者についての概説書からだと入りやすいと思いますよ。
日本では哲学科は文学部の中にあるのがほとんどなので、理系で哲学やる人は貴重です。
がんばってください☆
(なんて書いて年上だったりしたらごめんなさい)

6 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 14:55:03
哲学は言葉という抽象概念を使用して、
なんらかの普遍的洞察を提示してるだけなので、
順番に読んでいけば、誰にでも理解できます。
理系なら、言葉の数学と思えばいい。実際にそう。

7 :四式:2006/07/16(日) 15:27:03
哲学なんて勉強した事もないから良くわかんねえが
疑問が持たれるその闇に光を当てて答えを見つけ出すのが哲学じゃねえか?
昔の人が哲学として考えて出した問いと答えをなぞる事は哲学とは言えないと思う
哲学とは疑問を見つけ出し何故かに答えようとする精神性を持って哲学者と言うんじゃないか?

8 :飛べないカラス:2006/07/16(日) 15:45:15
理解するということは、実際に知識を役立てられるという状態なのかも。
哲学書を記憶することは出来てもそもそも元の情報が役に立たなければ
理解は出来ないな。

9 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 17:59:11
>1
まず哲学の歴史について学んだほうがいいよ

10 ::2006/07/16(日) 18:38:37
俺なんか自分がやってたことが
高校に入って哲学としってなんの違和感もなかった

11 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 19:13:42
哲学なんてのは「なんで在るのか?」
「これがこれと呼べるのはどうしてか?」
を延々と繰り返してるだけです。

12 :法学部生:2006/07/16(日) 19:19:25
哲学が言葉の使い方の雑すぎるから、学問的には魅力が無い。
芸能としては面白いと思う。

13 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 21:11:39
>>1
哲学は学び物ではないと思うが。
行うもので。他人の真似しても暗記しても哲学ではないと思う。
自分でヤレ!悟れ!w

14 :四式:2006/07/16(日) 21:39:03
自分でヤレというのも違うような、
先人が実証検証を費やして多くの人に認められ
人々の脳のライブラリに定着した哲学語を学ぶのは
重要なことでしょ。その陰を踏まえない哲学なんてものは
独我論的正しさでしかない。
それは人々を啓蒙する所か根拠のない自信で人を惑わし
学問の発展を妨げる無意味で無価値な代物でしかない。

15 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 21:44:03
そうだね。哲学語はないもんね。

16 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 22:00:24
結論
論理学を学び、後は自分で考えろ

17 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 22:06:10
結論:勉強しながら考えろ。考えながら勉強しろ。

18 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 22:07:23
結論:哲学は必要ない。

19 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 22:09:56
なら死ぬまで思考停止してろ

20 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 22:12:10
>>1
数学にも自然科学にも哲学はあると思われ

21 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 22:12:52
こころだっていってるだろうが。それでこい

22 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 22:13:01
何の必要もない。


23 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 22:17:16
自縄自縛ですよ、人間

24 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 22:18:52
哲学入門クッキング

てきとーに哲学書を選ぶ(なるべく貫禄のあるものがよい)

哲学・思想辞典も併せて購入する(これも分厚いものがよい)

部屋の書棚に置く

自室がインテリな感じになったことに満足感を覚える

もし満足感を覚えちゃっなら、君の人生には哲学は必要ない
しかし、満足感を覚えなかったら、哲学書を辞典を引きながら読めばよい

25 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 22:20:01
おっさんって誰のことよ

26 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 22:24:12
既存の哲学の99%は論理学的には完全な誤謬
最初のうちは、過去の哲学者による失敗の歴史は無視して
正しく考える技法を学ぶべきです。

27 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 22:25:28
おまえら時間ありあまると思ってんのか?こえーぞ

28 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 22:25:47
「理系の俺」ってのがポイントだろ。

29 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 22:29:23
ヤッヴェ
2ちゃんねる
やってるところ見られた。はずかしーーーーーーーーーーーーー
帰ろう
かな

30 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 22:49:54
今どき恥ずかしいことでもないと思うが。

ちんちん見てまんまんおっき

とカキコしてたところを見つかったのなら恥ずかしいが。

31 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 23:05:01
> 既存の哲学の99%は論理学的には完全な誤謬

どういうこと?

32 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 23:24:41
>>31
書店に平積みされてた新書に書いてあったんじゃねえw

33 :考える名無しさん:2006/07/17(月) 00:04:13
ジャンル分けされてなければ
ハウスと浪曲を間違って買ってしまう程度の頭だったり
遺伝子的および血統的分類ができる犬と、
音楽とを同列に扱うような抜けた頭だったりするなら
そんな頭にバレアリックハウスなんぞ聞かせても無駄!
病院に行った方がよっぽどよいと思う。
世の中のすべての音楽はバレアリックハウスが基本だと思う。
バレアリックハウス以外いらない!
音楽=バレアリックハウスなんだからジャンルなんていらない!!
バレアリックハウス=哲学!!!!

34 :考える名無しさん:2006/07/17(月) 00:36:26
通信でいいから勉強しなおしたい。
ななめ読みで調子に乗ってたけど真剣に思えば思うほどちっともバカにできない事が次々頭に浮かぶ。
そしてどんどん不安になってくる。

35 :考える名無しさん:2006/07/17(月) 00:39:25
教養主義だ絶対的真理の不在だなんだと言うけれどもやっぱりどうしても、
一部の領域に専門的に特化して理解していくしか道はないと思う。
どうしたってそうなっていく。
自分が恥ずかしい。

36 :考える名無しさん:2006/07/17(月) 00:43:13
あれこれ興味あるものがどんどん出てくるのは自分が一つところ真摯に取り組んでいないからかもしれない。
真剣にやってたら他のことに手がまわらないし、気付かないから。
何より哲学書ってそう時間をかけずスラスラ読み進めない。
たしかに読む量って少なくてもいいんだなぁ…昔よく注意されたよ…

37 :考える名無しさん:2006/07/17(月) 00:45:24
教授の言っていたことは正しかった。
まずあれこれ我がもののごとくこなすなんてどうにも無理な話だよ。
やっぱり自分は素直に聞くことができていなかった…。

38 :考える名無しさん:2006/07/17(月) 01:20:26
哲学は、今まで意味のあることだと思ってやってきたことを
根底からあっけなく否定する力を持ち得るので、他の分野の学徒諸氏には
学ぶ前に憤りさえ覚えてしまう代物なので危険だ。
「今の自分」を否定されるのが恐いのならば触れないことだ。

39 :考える名無しさん:2006/07/17(月) 01:41:01
否定するだけでなんの力もないことを楽しめない人間は触れないことだ。

40 :考える名無しさん:2006/07/17(月) 01:44:13
>>38-39
物理法則を否定したところで、
その中で踊っている状態には変わりない。
そういう意味で、哲学ではなにも否定できませんが、なにか?

41 :考える名無しさん:2006/07/17(月) 01:48:31
現代哲学はちゃぶ台ひっくり返して笑ってるようなところがあるからあまり好きではない。
お前はただ皮肉な笑みを浮かべたいだけちゃうんかと。

42 :考える名無しさん:2006/07/17(月) 04:31:23
学ぶ価値があるのはフレーゲ系列の哲学だね。
その他の西洋思想は神学と科学のつじつま合わせのものだから、日本人が読む意味はないでしょう。

43 :考える名無しさん:2006/07/17(月) 12:22:39
>>42
カントとヘーゲルは?

44 :考える名無しさん:2006/07/17(月) 16:02:30
↑ただのインテリ趣味だなw

45 :考える名無しさん:2006/07/17(月) 16:25:21
↑馬鹿はけーん

46 :考える名無しさん:2006/07/17(月) 18:17:36
>>42
必死だな

47 :考える名無しさん:2006/07/17(月) 21:22:52
哲学なんて否定上手になるだけ。
「何でだろう」なんて肯定側の時は絶対抱かない感情だし、
それが哲学の入り口ってことなら否定の入り口ってことじゃないかな。
幸せ生きてるんだったら要らないものだし、>1は人が良いんだよ。

そして肯定も否定も強弱も過去未来現在も全部儚いものなんだから
どんな問題でも愛してあげよう。過ぎ去っていく事象を覚えてあげよう。

48 :1:2006/07/18(火) 00:13:32
まさかここまでレス数が進んでるとは・・
本のタイトルは論理学と書かれていましたよ。ヘーゲル??だっけ??詳しくは見てないけど、かなり分厚い本でした。

49 :考える名無しさん:2006/07/18(火) 00:26:24
ヘーゲルは西洋哲学史の文脈では重要ですが、哲学を理解し構築するという観点では
読む価値はないですよ。

50 :考える名無しさん:2006/07/18(火) 11:40:45
言っとくけど、哲学書を読んで覚えても哲学を知ることはできないよ。
哲学は知識を集める事では無く、人の知能を育てる事が目的だからね。
人類にとって哲学ほど大切なものは無いし条件さえ揃えば知識など持たずとも
誰でも会得できるのが哲学ですよ。
>26番の言ってる事は本当だよ。

51 :考える名無しさん:2006/07/18(火) 12:46:39
>>1
難しいでは無く、解らないのでは?

理解不能の筈は無い、何故ならば、既に、哲学と言う用語を使用しているからだ。

結論、オマエは嘘をついている。

52 :考える名無しさん:2006/07/18(火) 13:34:02
勝手に結論つけてんなwwwwwwwww

53 :考える名無しさん:2006/07/18(火) 16:10:54

必死だな

54 :考える名無しさん:2006/07/18(火) 16:41:37
否定するだけなら2chねら〜でも出来るよね

55 :考える名無しさん:2006/07/18(火) 16:56:36
哲学という学問において
「結論」というのはやってはいけない行為だな

56 :考える名無しさん:2006/07/18(火) 17:05:20
>>54じゃー推論か?
仮定で終るのか?

57 :考える名無しさん:2006/07/18(火) 18:46:43
時代的に哲学の答えをだしても良いんじゃないか。

58 :考える名無しさん:2006/07/18(火) 20:58:26
>>57答えを出したら出したでまたその答えは本当に正しいのかという問いが始まる

59 :考える名無しさん:2006/07/18(火) 21:47:05
それでも哲学の目的は、こうなんだって一口で言って貰いたいよね。


60 ::2006/07/18(火) 22:09:51
まあ一言でいえば自分の生き方を
さがすため?

61 :考える名無しさん:2006/07/19(水) 09:22:59
哲学を辞書で索引すると「愛智の意」だけで哲だと「道理にあかるいこと」だよね。
だれか、この意味教えて、、

62 :考える名無しさん:2006/07/19(水) 10:38:36
>>61
「哲学」は、philosophy(ギリシア語のphilosophia)の訳語で、
philosophiaをそのまま直訳すれば「愛智」。
だから「哲」という字をいくら分析してもphilosophiaには到達しないね。

63 :考える名無しさん:2006/07/19(水) 12:37:14
愛智を分析すると哲学が分かるってこと?
だったら愛智の意味教えて、、、

64 :考える名無しさん:2006/07/19(水) 13:04:31
>>63
智を愛することです。

65 :考える名無しさん:2006/07/19(水) 16:46:14
香具師〓種も仕掛けも御座いません

哲学者〓真理は普遍で本質だ

魔術士〓君に未来と富を約束しよう

本 屋〓エロ本、アニメ、週刊誌、啓発本

求道者〓取り敢えず本を読む





66 :考える名無しさん:2006/07/19(水) 19:18:46
哲学というのはな、お前らのような能書きを垂れるやつの言葉を
いかにも難しいそうな言葉を使って垂れ直すわけだ。
一見難しく聞こえるわけだか、近所の頑固爺の小言みたいなもんで
右の耳から入って左の耳へ抜けていく、それが哲学ってもんだ。

67 :考える名無しさん:2006/07/19(水) 23:14:29
智を愛することが哲学なら何故、智を愛さなくては成らないのか?その理由は何でしょうか?
そして智とは何なのか?

68 :考える名無しさん:2006/07/19(水) 23:33:58
とりあえずソクラテスからだな。

69 :考える名無しさん:2006/07/19(水) 23:40:11
> 一見難しく聞こえるわけだか、近所の頑固爺の小言みたいなもんで
> 右の耳から入って左の耳へ抜けていく、それが哲学ってもんだ。

いわゆる、馬の耳に念仏ってやすですな。

70 :塩水 ◆1FrMT.vzQQ :2006/07/19(水) 23:59:06
哲学かじり出して一週間くらいだけど、なんとなく感じていたことや思っていたことが
明文化されていて、目から鱗がぽろぽろ。
哲学者ってマジ頭いいですね。

71 :名無しクオリティ:2006/07/20(木) 02:00:06
字にするのは難しい
ゆえに小難しくなる

哲学は感じるといい

72 :考える名無しさん:2006/07/20(木) 18:26:07
哲学とは知能を育て智恵を産みだし活用することを目的します。
哲学の哲とは道理にあかるいこと、を指し知能を育てる基礎と成ります。
道理にあかるく成ると育つ心の人間愛が知能を育てる事を指し哲学を愛智とも呼びます。




73 :考える名無しさん:2006/07/20(木) 19:37:46
パラパラも踊れない哲学者なんて・・・


74 :考える名無しさん:2006/07/25(火) 12:47:45
哲学は難しすぎる?
哲学書を読んで知識を集めても哲学を理解できないよ。
記憶力と言う力を崇拝する無知蒙昧なノータリンが他人の記した哲学書を読み覚えて
得意げに吹聴するけど、あれは具の骨頂の者達がやる事ですよ。
哲学を知りたいと哲学書を読み始めた時から哲学の道を逸れてしまいます。
哲学は物事の理を悟り、産みだされる智恵を人生に活用する事を目的とします。



75 :考える名無しさん:2006/07/26(水) 17:07:20
物事の理って、本当にあるのかな。

76 :考える名無しさん:2006/07/26(水) 22:55:22
辞書で智恵を索引すれば
広辞苑【智恵】物事の理を悟り、適切に処理する能力。
と記して有ります、ように人が知恵を得る為には物事の理を悟る事が不可欠なのです。
哲学の道理にあかるいこと、との事は物事の理を悟ると成される事で人に智恵を得る事を促しているのです。
その哲学の基本を無視して書物から知識を得て哲学を知ろうとしても無駄な事なのです。
知識と知恵は相反する全くの別ものですからね。

77 :考える名無しさん:2006/07/30(日) 03:50:24
>74
>得意げに吹聴する
これが正しい使い方。哲学は人生に活用するべき(つまり自分の財産にするべき)でない。
なぜなら全ての価値は社会(偉い人)が決めるから。そして偉い人が新しい価値を作る。(偉い人=新しいものを作る人)
偉い人がさらに広げた空間の中で、俺たちは切磋琢磨、(作られた価値の)上を目指せばいい。
他人に価値を否定されれば(これは誰でも簡単に出来る)自分の財産の価値は下がる。いらないものなのか、と。
つまり自分の人生が磨り減る。
どうでもよい事だけ哲学してれば良いってことになる。と俺は思った。まんこ。

78 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 10:27:16
>77
君は現代の奴隷か?

79 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 12:37:09
(~o~)(~o~)(~o~)
哲学は簡単だ!
哲学の本質は人の根本原理を探ることが目的だから物事の理を悟れば哲学を修める事ができる。
物事の理を悟らぬ者達が記した哲学に関する本を見ても哲学の本質に関わる事が記されて無いのは当たり前の昏々知己。

80 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 13:38:57
          ____
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\    <問題を解く技術は専門家に任せ、
    /   ⌒(__人__)⌒ \    我々哲学者は物事の根本原理を探りましょう。
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //   だっておwwwwwwwwwwwwwwwww
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /     バ
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バ   ン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、    ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

81 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 12:07:21
哲学なんてオタクとかいじめられっこのするもんだろ?リア充は哲学書よんだり哲学科入ったりするなんて想像もできんよ。




82 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 12:40:34
何を思ったのか先週古本屋でツァラトゥストラを買って
読んだんだが、なんだか意味不明なのだよwww
哲学なんて初めてで全然解らんのだが、
だれかアフォな俺にも解るように解説してくれまいか?

ちなみにネットで調べつつ読んだ限りは↓こう読み取った訳なんだが
あってるか?
・宗教(既存の心理的な価値?)なんざ糞。
・救いなんてない。人は永遠に苦しみつづけんだよ!
・でも、それでも向上心を捨てない貴方の意志が好き♪

83 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 13:09:29
じゃあ数学は簡単なんですか。
俺にとっては哲学は別に難しくない。
中学のときカント読んで面白かった。

84 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 13:15:45
>>82
きみは哲学なんかに関わらなくても生きていけるよ。
イヤほんとに。

85 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 17:17:16
 哲学とは弁論術に対抗するものだった。プラトンによれば弁論術とはたぶらかしと扇動の技術で、
彼ら弁論術家が説くものはまやかしの知識であるとする。弁論術とは訴訟や議会の議論で
相手を論破するための技術のこと。当時の裁判は陪審制であったので、陪審員をいかに
扇動し味方につけるかが勝敗の要因となる。要するにプロパガンダである。
 だれかが何らかの政治的意図をもって流した偽りの情報に満ち満ちたこの世の中で、
真に正しい知(ソフィア)を愛し求める(フィレインことが、フィロソフィアである。

86 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 23:17:03
>>85
しかし実際は自分の妄想を愛し求めている。

87 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 16:32:23
真に正しい知を愛し求める、には正しい知を産みだす正しい愛が必要です。


88 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 16:36:21
へえ、それでその「正しい愛」を生み出すには今度は何が必要なのさ?

89 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 16:39:05
>86
>しかし実際は自分の妄想を愛し求めてる。
何故〜矛盾を感じたとき、その答えを求めたとき、貴方は哲学をしています。

90 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 16:39:53
哲学は絶対学ぶな。悩みを増やすだけだから。
哲学ってのは悩むのが好きな奴のための学問なんだ。

91 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 16:43:47
悩みのない人生は薄っぺらな感じがする

92 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 17:09:44
悩みの比率が大きすぎる人生はもっとやばい

93 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 08:40:09
>88
その質問、以前に知を望む純粋で謙虚な心が必用です。

94 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 08:52:51
問題が解けない時に悩みに成ります。
哲学は人の巻き起こす問題の全てを理を以て瞬時に解き明かす心(潜在知能)を育てる事を目的としています。



95 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 08:57:06
逆に簡単すぎると思う

96 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 11:29:53
>>1
簡単だったりわかりやすい、ということが対象を魅力的にするわけではない。
「わかりやすいストーリー」「わかりやすい人間」
なんかを考えてみればいい。
難しいからダメだ、というのは、単に自分が理解できないものを受け入れる気がない
っつー意欲のなさなんだが、その壁が厚いにしても
対象そのものに否定因子が存在するとする態度は、実証的ではなく、その人間の
エゴでしかない。そういった人間性に迎合して思考しても
それは単なるうすっぺら虚栄心でしかないから、クソつまらない思考しか生まれないんだよ。
もう、才能がないっていうか向いてないっていうか。
たとえばフッサール現象学みたいなあからさまなわかりやすさ重視で構築されたものは
読んでみると、いかにそういった思考をする、ということがくだらないかよくわかるよ。

97 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 12:37:29
>95
哲学とは物事の理を悟り、育つ知能が産みだす智恵を以て、人類の抱える全ての問題の解決を旨とする。
これでどうでしょうか?

98 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 12:45:25
哲学とは万人にとって普遍的な真理の探究

99 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 20:59:25
>>97
それは朱子学でいうところの「格物致知」というものだ

100 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 16:44:56
>99
私の哲学は己の心と問答を繰り返す自己探求で進んできました、ので朱子学も挌物致知と言う言葉も知りませんでした。
確かに朱子学の挌物致知は私の探求結果と類似している所が多々、有りますね。
私の考えは哲学の真意は理に反する蒙昧的意識の比較的薄い、大衆の中より産みだされ、やがて全てに浸透すると考えます。
そして大衆が物事の理を悟るには理に反する意識から、理を重んじる意識に心の切り替えをする事です。
心の切り替えに必要な条件は知を望む、謙虚で純粋な心のみです。
朱子学の挌物致知が世の中に浸透しなかったのは難解で有った為、人々に受け入れられ無かった事が原因と思われます。


101 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 18:58:24
>98
>哲学とは万人にとって普遍的な真理の探究
確かにその通りですが、探求ばかりで万人を結論(真理)に導かないと不味いんじゃないの?





22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)