5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

キリスト教は邪教です! PART 7

1 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 07:39:09
『キリスト教は邪教です!』ニーチェの現代語訳・・・だって。
その主張は、
1イエスとキリスト教は関係ない
2西洋の哲学者はほとんどがインチキ
3キリスト教が戦争を生み出す
だそうな。ホンマかいな?

関連
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062723123/qid=1121974081/sr=8-4/ref=sr_8_xs_ap_i4_xgl15/250-8744454-1354630
http://www.geocities.jp/tekina777/niche.html
part2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1124847976/l50
part3
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1133540210/
part4
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1145929338/
part5
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1148992312/
part6
http://academy4.2ch.net/philo/#2




2 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 07:39:55
こちらが正規スレです。

3 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 07:47:43
今回こそ、ニーチェの話題で、、、
低次元の宗教問答はスルーで

4 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/31(月) 19:36:51
>>3
低次元の宗教問答はニーチェの方です。

5 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/31(月) 19:39:00
>>3
ニーチェの宗教問答が高級というならどこが高級なのか説明してください。

6 :日生田力 ◆mrXpoIPlD2 :2006/07/31(月) 21:30:09
1に書いてある上2つはよくわからないんだけど3つ目の戦争を生み出すにかんしては戦争は場合によっては必要かどうか考慮しないとな。
僕は戦争は外科手術のようなものでより大事な物を守る為には血を流すことも有りなんじゃないかと思います、
もちろん自然治癒の方がいいだろうけど。

7 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 21:52:22
なんでそう間違いだ間違いだってヒステリックに叫ぶのかね。
一見間違いだと思うことにももしかしたら真理は隠れているかもしれないと思ったことないんですか?
そうでしょう。わからないから学ぶのに、
わかりきったことだから、間違いに決まってるから、っていうのが求道者なんですか?信仰する者なんですか?
ニーチェの宗教問答を高級だと思わないのならなぜニーチェスレに来るんです?もっと高尚だと思う場へいけばいいでしょう。
どうせ間違った思想なんか勉強したらずっとさまようぞなんて言いたいのでしょうが、そうまでして得た綺麗な思想がなんぼのものなのかね。



8 :日生田力 ◆mrXpoIPlD2 :2006/07/31(月) 22:03:00
ごめんなさい

9 :一言居士:2006/07/31(月) 22:45:26
キリスト教が直接戦争を肯定せずとも、ヨハネ黙示録の描写に見られる異教徒の描かれ方を見れば、
異教徒を軽んずる風潮は生まれうる。新約聖書は、直接暴力を肯定しているわけではない。
が、禁欲などにより、精神の平衡を崩すことにより、感情的になり戦争へといたりうるのではないか?

山上の垂訓のときのイエスと、街頭でのイエスの性格に矛盾があるとニーチェも指摘しているが、後者は
「泣き叫んで歯噛みするであろう」とか結構怖いことを言っている。前者の場合、「よい人にも悪い人にも等しく雨を降らしてくださる」と語調が穏やかだ。
ニーチェの指摘は間違いとはいえない。で、イエスはキリスト教とは異なる可能性あり。

10 :日生田力 ◆mrXpoIPlD2 :2006/07/31(月) 23:01:29
なるほどイエスとキリスト教は違うと、
戦争についてはイエスが平和ではなく剣を持ってきたのだとかいう場面がありますよね、あれも後付けっぽいのかな?
なんか七の七十倍も許さないといけないと矛盾する気がするな。

11 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 23:08:18
やはり、キリスト云々と言っているキリスト教は、ユダヤ教の域を超えていないのでは?
イエスは地位も権威もいらない人、キリストと言う冠は棘の冠以外何者でもない。
この際、イエス教とキリスト教を分離してみてはいかがか?
と言うより、キリストはまだ来てない教にするべきか。
それだと、ユダヤ教だし。悩みは尽きない。


12 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 23:20:39
なぜニーチェは「イエスはかく語りき」の本を著さなかったのだ。
「キリスト教は邪教です!」の続編の「組織宗教はすべて邪教に陥る!!」
を著さなかったのだ。精神錯乱が早すぎです。

13 :日生田力 ◆mrXpoIPlD2 :2006/07/31(月) 23:23:25
>>11

14 :日生田力 ◆mrXpoIPlD2 :2006/07/31(月) 23:30:51
>>11 民家の壁に貼ってある看板に「見よ、私はすぐに来る、byキリスト」ってのがあって2000年はすぐじゃないだろって笑ってしまいました、
でも同じ時代に生きてたらかなり刺激は受けるだろうな、
聖書だけじゃちょっと足りないや。

15 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/31(月) 23:31:52
>>7
>なんでそう間違いだ間違いだってヒステリックに叫ぶのかね。
>一見間違いだと思うことにももしかしたら真理は隠れているか
>もしれないと思ったことないんですか?
>そうでしょう。わからないから学ぶのに・・・

大いに結構です。それなら食べず嫌いせずにスウェーデンボルグも
学ぶといいでしょう。ハイレベルなものに接することになります。

>ニーチェの宗教問答を高級だと思わないのならなぜニーチェスレに
>来るんです?もっと高尚だと思う場へいけばいいでしょう。

善意の第三者に有害だからです。 もぐらに悪意はないのは分かって
います。しかし畑を荒らすなら叩かれます。

16 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/07/31(月) 23:34:09
しかし、悪意のあるイタチは別問題です。
ユダの告白氏よ、私の質問に答えてください。

17 :ルーラ ◆LURaWxMx/Q :2006/08/01(火) 03:48:04
     , - ' ゙    `` ‐ 、_,,,,,
   ,r'          /=ミ
. /             彡lll  
 l -=・=- -=・=-    |:;l .;:!
 l   _,.=ニニニ=__,、    |:;l .;:!    キリスト紛いは過敏だな
 l     `¬―'´     |:;l .;:!   しかたないから本スレごと移転してややるか
 ヽ             ' l;;'
  i              ノ  |
''''''''7i,         ,/  /`〉`゙T''''''''''
  l  `ー---― '"    / /.|  |

18 :ルーラ ◆LURaWxMx/Q :2006/08/01(火) 03:49:25
出鱈目を言って無理に自己主張する傾向が病的に強く何かと無様なる己に対する客観と他人に対する優越欲であり、憎しみ矛盾です。隣人に対する憎悪であり、そこから復讐に対する燃えるような欲望であり、残酷における歓喜これが自己愛の内部その外部は
自己に比較して他の者を軽べつすることであり、また霊的な善の中にいる者たちに対する嫌悪であり、これには時として明白に高慢または誇りが伴うこともあるが、客観的に自分自身の状態を意識する方法って何?って感じだが。神を知っていると主張しては
所詮(俗に言う死語)を使う者は復讐心に燃えている一方、所謂(対面しても大丈夫な顔)を使えるものは色眼鏡は必要ないが所詮(俗に言う死語)を使う者は色眼鏡
自己満足の為だけに利用は、聖なる導きではないが、善悪を独占する「囲い込み」其の所属計画を練る定義は分別すべき区分で有りつつもせしめようとして楽ができるという幻想という不潔要素を何とかする為には
妄想で常軌立ち回る増長の賜これまた嫉妬する怒り「せしめようとしている訳ではない」悪い幸福を得様とし続ける執念の所為(せい)である。服従の強要というストレス発散を続ける悪口と阻害の応酬が多く肝心の議論を嫌がる。阻害を受け続ける破目とは
知の阻害すなわち錯誤した知に基づいた行動は意図しない。遠足の弁当は米飯が当たり前でしたが、なんと神はひとりだけサンドイッチを食べていたのです。煮干を食べる事はゴカイやミミズとかミジンコなどプランクトンと同様それを食べることは出来ない
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1151607265/0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

19 :奇跡 ◊†&rlo;神魔&rle; ◆rraJIngh0s :2006/08/01(火) 03:52:16
    ,、::::::::::::::::::::::::::::. 、、_,,,,,
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::: \l     
 } -=・=-、-=・=-    1{ bl
 ヽ _,.=ニニニ=__,、     ' l;
''''''''7i,         ,/  /`〉`゙T''''''''''      捏造スレ
  l  `ー---― '"    / /.|  | http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1154272334/
.  |  |  .l i       / ./ |  |
  |  |  | l      / ./ .|  |
http://wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
           __,,,,,,___      
        (⌒ヽ:::::::::::'''''-,,   キリスト教は邪教です! PART 7 宗教は証明できない
       -=・=-\  ::::::::::::::::::ヽ 
        3 ハ::::::::::::::::::::::ヽ,
      . -=・=-_ (         )
     (⌒ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒)
http://wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

     , - ' ゙    `` ‐ 、_,,,,,
   ,r'          /=ミ     wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
. /             彡lll  
 l -=・=- -=・=-    |:;l .;:!
 l   _,.=ニニニ=__,、    |:;l .;:!       wwwwwwwwwwwww wwwwwwwwwww wwwwwww
 l     `¬―'´     |:;l .;:!
 ヽ             ' l;;' wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
  i              ノ  |
''''''''7i,         ,/  /`〉`゙T'''''''''' д
  l  `ー---― '"    / /.|  |

20 :あわよくば ◆mxGEN2sp1A :2006/08/01(火) 03:58:26
>>6
前スレで「何かを嫌がる」という部分を抜粋してみます。

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1154272334/0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
出鱈目を言って無理に自己主張する傾向が病的に強く何かと無様なる己に対する客観と他人に対する優越欲であり、憎しみ矛盾です。隣人に対する憎悪であり、そこから復讐に対する燃えるような欲望であり、残酷における歓喜これが自己愛の内部その外部は
自己に比較して他の者を軽べつすることであり、また霊的な善の中にいる者たちに対する嫌悪であり、これには時として明白に高慢または誇りが伴うこともあるが、客観的に自分自身の状態を意識する方法って何?って感じだが。神を知っていると主張しては
所詮(俗に言う死語)を使う者は復讐心に燃えている一方、所謂(対面しても大丈夫な顔)を使えるものは色眼鏡は必要ないが所詮(俗に言う死語)を使う者は色眼鏡
自己満足の為だけに利用は、聖なる導きではないが、善悪を独占する「囲い込み」其の所属計画を練る定義は分別すべき区分で有りつつもせしめようとして楽ができるという幻想という不潔要素を何とかする為には
妄想で常軌立ち回る増長の賜これまた嫉妬する怒り「せしめようとしている訳ではない」悪い幸福を得様とし続ける執念の所為(せい)である。服従の強要というストレス発散を続ける悪口と阻害の応酬が多く肝心の議論を嫌がる。阻害を受け続ける破目とは
知の阻害すなわち錯誤した知に基づいた行動は意図しない。遠足の弁当は米飯が当たり前でしたが、なんと神はひとりだけサンドイッチを食べていたのです。煮干を食べる事はゴカイやミミズとかミジンコなどプランクトンと同様それを食べることは出来ない
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1154272334/0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

21 :せしめる方法 ◆mxGEN2sp1A :2006/08/01(火) 04:02:02
>>1http://academy4.2ch.net/philo/#2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1151607265/0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

22 :分命 ◆9wWWWWZv6M :2006/08/01(火) 04:07:30
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1151607265/536 http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1154272334/5
勝っても善とされない。キリスト教はそこは妥協しない。要は現実逃避じゃなくて現実に甘んじないということだ。
そんなことは自明なのにそれがイヤだから。勝ったら自分は善だと思い込み

23 :分命 ◆9wWWWWZv6M :2006/08/01(火) 04:16:11
>>11 棘の冠

うまいこと表現しますね。ユダは棘の鎧ですなと相打ち

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1154272334/0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
出鱈目を言って無理に自己主張する傾向が病的に強く何かと無様なる己に対する客観と他人に対する優越欲であり、憎しみ矛盾です。隣人に対する憎悪であり、そこから復讐に対する燃えるような欲望であり、残酷における歓喜これが自己愛の内部その外部は
自己に比較して他の者を軽べつすることであり、また霊的な善の中にいる者たちに対する嫌悪であり、これには時として明白に高慢または誇りが伴うこともあるが、客観的に自分自身の状態を意識する方法って何?って感じだが。神を知っていると主張しては
所詮(俗に言う死語)を使う者は復讐心に燃えている一方、所謂(対面しても大丈夫な顔)を使えるものは色眼鏡は必要ないが所詮(俗に言う死語)を使う者は色眼鏡
自己満足の為だけに利用は、聖なる導きではないが、善悪を独占する「囲い込み」其の所属計画を練る定義は分別すべき区分で有りつつもせしめようとして楽ができるという幻想という不潔要素を何とかする為には
妄想で常軌立ち回る増長の賜これまた嫉妬する怒り「せしめようとしている訳ではない」悪い幸福を得様とし続ける執念の所為(せい)である。服従の強要というストレス発散を続ける悪口と阻害の応酬が多く肝心の議論を嫌がる。阻害を受け続ける破目とは
知の阻害すなわち錯誤した知に基づいた行動は意図しない。遠足の弁当は米飯が当たり前でしたが、なんと神はひとりだけサンドイッチを食べていたのです。煮干を食べる事はゴカイやミミズとかミジンコなどプランクトンと同様それを食べることは出来ない
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1154272334/0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

24 :分命 ◆9wWWWWZv6M :2006/08/01(火) 04:20:03
>>16
対立して派閥がとうの喚く時点で駄目人間
それと結婚しても後の祭り

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1154272334/0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
出鱈目を言って無理に自己主張する傾向が病的に強く何かと無様なる己に対する客観と他人に対する優越欲であり、憎しみ矛盾です。隣人に対する憎悪であり、そこから復讐に対する燃えるような欲望であり、残酷における歓喜これが自己愛の内部その外部は
自己に比較して他の者を軽べつすることであり、また霊的な善の中にいる者たちに対する嫌悪であり、これには時として明白に高慢または誇りが伴うこともあるが、客観的に自分自身の状態を意識する方法って何?って感じだが。神を知っていると主張しては
所詮(俗に言う死語)を使う者は復讐心に燃えている一方、所謂(対面しても大丈夫な顔)を使えるものは色眼鏡は必要ないが所詮(俗に言う死語)を使う者は色眼鏡
自己満足の為だけに利用は、聖なる導きではないが、善悪を独占する「囲い込み」其の所属計画を練る定義は分別すべき区分で有りつつもせしめようとして楽ができるという幻想という不潔要素を何とかする為には
妄想で常軌立ち回る増長の賜これまた嫉妬する怒り「せしめようとしている訳ではない」悪い幸福を得様とし続ける執念の所為(せい)である。服従の強要というストレス発散を続ける悪口と阻害の応酬が多く肝心の議論を嫌がる。阻害を受け続ける破目とは
知の阻害すなわち錯誤した知に基づいた行動は意図しない。遠足の弁当は米飯が当たり前でしたが、なんと神はひとりだけサンドイッチを食べていたのです。煮干を食べる事はゴカイやミミズとかミジンコなどプランクトンと同様それを食べることは出来ない
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1154272334/0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

25 :&rlo;軍トプジエ ♦ 卍 来襲再暑酷 卍 ◆UHTH..HTHU :2006/08/01(火) 04:21:46
>>10
確かに贅沢なんだよな

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1154272334/0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
出鱈目を言って無理に自己主張する傾向が病的に強く何かと無様なる己に対する客観と他人に対する優越欲であり、憎しみ矛盾です。隣人に対する憎悪であり、そこから復讐に対する燃えるような欲望であり、残酷における歓喜これが自己愛の内部その外部は
自己に比較して他の者を軽べつすることであり、また霊的な善の中にいる者たちに対する嫌悪であり、これには時として明白に高慢または誇りが伴うこともあるが、客観的に自分自身の状態を意識する方法って何?って感じだが。神を知っていると主張しては
所詮(俗に言う死語)を使う者は復讐心に燃えている一方、所謂(対面しても大丈夫な顔)を使えるものは色眼鏡は必要ないが所詮(俗に言う死語)を使う者は色眼鏡
自己満足の為だけに利用は、聖なる導きではないが、善悪を独占する「囲い込み」其の所属計画を練る定義は分別すべき区分で有りつつもせしめようとして楽ができるという幻想という不潔要素を何とかする為には
妄想で常軌立ち回る増長の賜これまた嫉妬する怒り「せしめようとしている訳ではない」悪い幸福を得様とし続ける執念の所為(せい)である。服従の強要というストレス発散を続ける悪口と阻害の応酬が多く肝心の議論を嫌がる。阻害を受け続ける破目とは
知の阻害すなわち錯誤した知に基づいた行動は意図しない。遠足の弁当は米飯が当たり前でしたが、なんと神はひとりだけサンドイッチを食べていたのです。煮干を食べる事はゴカイやミミズとかミジンコなどプランクトンと同様それを食べることは出来ない
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1154272334/0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

26 :進展あり ◆x7WWgZANGE :2006/08/01(火) 04:37:16
>>15
人を匡(救(すく))うことは道理に適っているが「贅沢な人間を部外者かせ助けたところで」やはり、贅沢は充たされない可能性があるが、賭け事などにループしている類はキリストという棘とかいう冠を被ろうがユダが悶絶する青い鎧を刻印しても同次元である

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1154272334/0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
出鱈目を言って無理に自己主張する傾向が病的に強く何かと無様なる己に対する客観と他人に対する優越欲であり、憎しみ矛盾です。隣人に対する憎悪であり、そこから復讐に対する燃えるような欲望であり、残酷における歓喜これが自己愛の内部その外部は
自己に比較して他の者を軽べつすることであり、また霊的な善の中にいる者たちに対する嫌悪であり、これには時として明白に高慢または誇りが伴うこともあるが、客観的に自分自身の状態を意識する方法って何?って感じだが。神を知っていると主張しては
所詮(俗に言う死語)を使う者は復讐心に燃えている一方、所謂(対面しても大丈夫な顔)を使えるものは色眼鏡は必要ないが所詮(俗に言う死語)を使う者は色眼鏡
自己満足の為だけに利用は、聖なる導きではないが、善悪を独占する「囲い込み」其の所属計画を練る定義は分別すべき区分で有りつつもせしめようとして楽ができるという幻想という不潔要素を何とかする為には
妄想で常軌立ち回る増長の賜これまた嫉妬する怒り「せしめようとしている訳ではない」悪い幸福を得様とし続ける執念の所為(せい)である。服従の強要というストレス発散を続ける悪口と阻害の応酬が多く肝心の議論を嫌がる。阻害を受け続ける破目とは
知の阻害すなわち錯誤した知に基づいた行動は意図しない。遠足の弁当は米飯が当たり前でしたが、なんと神はひとりだけサンドイッチを食べていたのです。煮干を食べる事はゴカイやミミズとかミジンコなどプランクトンと同様それを食べることは出来ない
だがそれなら食べず嫌いと贅沢は別問題であり酷暑を凌ぐほど追詰められた人間が必要不可欠であるという必然性は理想かと思われるかどうかは不明だが

27 :白子のり ◆x7WWgZANGE :2006/08/01(火) 04:52:34
>>6
現実逃避と責任転嫁についてだが、キリスト紛いは
賭け事で負けると行き成り他者に対して「自分を不利な状態にするなと言い聞かせる」という自己紹介の傾向がある

28 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 10:56:21
偽スレを立てたキリスト教徒が荒してますね。
スルーでいきましょ!

29 :ユダの告白:2006/08/01(火) 12:23:41
結局、小ヨハネは、頭の弱いただの愚者なんだろうね!!!
そろそろこのスレ本来のテーマであるニーチェのアンチクリストの哲学を
真剣に論議すべきだな・・・。

30 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 12:40:52
 【シリコンバレー31日時事】米人気俳優メル・ギブソンさん(50)がカリフォルニア州内で飲酒運転容疑で逮捕された際、ユダヤ人蔑視(べっし)発言をした疑いが浮上し、波紋を広げている。
 ギブソンさんは28日未明、スピード違反で停車を命じられ、酒気帯びが発覚。その後、米メディア報道で、「世界中の戦争の原因はユダヤ人にある」と発言した逮捕時の記録が明らかになった。(時事通信)

 そのとおりじゃないか。メル・ギブソン見直したよ。


31 :日生田力 ◆mrXpoIPlD2 :2006/08/01(火) 13:01:34
酔っ払って話したってことは本音なんだろうね。

32 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 16:50:07
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/honbun/holocaust.html

ナチスがガス室でユダヤ人を虐殺したというデマも、イスラエル建国のために流したもの。
テロ国家イスラエルは恥を知れといいたい。


33 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 17:03:36
>>29

かまうから喜ぶんだよ。

34 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 19:09:34
そりゃそうだ


35 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 19:24:39
社会は弱者を生き長らえさせるためにある。
何にせよ脅威となるもの強者を一致協力して抑制排除していくシステムである。
抑圧を進めるにつれて弱者はその脅威に依存していることをしばしば思い味あわされると共に、皮肉にもその抑圧が強者の強さをその脅威を高めていたことに気づかされるのだ。

36 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 19:26:21
と、弱者がほざいてます。

37 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 19:35:48
ま、自分を強者あるいは敢えて弱者に分類する奴は大抵脆いと。

38 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 19:55:44
民主主義なんてのは独裁につながる。
弱者であることを自覚し始めた民衆が英雄を妄想し始めるからである。


39 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 20:13:04
弱者が強者を育ててると視ることもできるよ。
そうみてみると、世界は一つとして何やら目的を有しており、何らかの栄光を目指してるようにもみえる。
世界の構成分子はあたかも下っ端の労働者や学生のように意図を知らされることなく身近な圧力にただ従うばかりでも。


40 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 21:17:04
歯車には歯車の役目あり。



41 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 22:14:00
ニーチェは民主主義を批判しているけど、
どうなんだろうね。
確かに、多数が正しいとは限らないことも多いし。



42 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 23:31:33
多数決を繰り返すと必然的に状況は悪化していかざるをえないと。


43 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/01(火) 23:52:04
>>29
ユダの告白氏よ、私の質問に対する答えはどうなったのですか。
出鱈目なことを言いっ放しで逃げるとは哲学徒とはそんなに
卑怯者なのですか。ソクラテスは逃げなかったと聞きます。

質問1.スウェーデンボルグがカントを尊敬していたという論拠。
質問2.無神論のカントと有神論のスウェーデンボルグが共通する
    という論拠。
質問3.カントは冬の散歩道で人に声を掛けられても挨拶しなかった
    ほどの人物なのに、どうして美しい信仰心の持ち主などと言
    えるのか。
質問4.カントが美しい信仰心を持っていたというならなぜスウェ
    ーデンボルグ批判の書を正式に訂正しなかったのか。


44 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 23:57:00
多数決の民主主義=愚民政治

45 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 23:58:20




( ´・∀・`)も〜オナニーType-cやって寝ます〜 ノシ





46 :日生田力 ◆mrXpoIPlD2 :2006/08/02(水) 00:06:01
じゃあどんな政治がいいかっていったら現実的には民主主義じゃない?
他にいいのが無かったらしょうがないよね、
まぁ理想でいったら天に従う天主政治なんてのがあったら一番良いと思うけど。

47 :一言居士:2006/08/02(水) 00:21:37
だいたい腹減ったときにイチジク食おうとしたが、生えてなかったのでイチジクに向かって二度と生えるな、と呪いをかけたイエスが愛にあふれていると思う?
運が悪かっただけで、イチジクは何もしていない。汝の敵を愛せととくイエスと同一人物とは思えない。
さらに心の中でも姦淫してはならない、罪を犯すようなら手をちょん切れ、目を抉り出せと言った人物が、姦淫の罪を犯した女を石打ちの刑に処そうとしている
ところを、罪のないものから石を投げよとは言わないと思う。矛盾点が多すぎる。

48 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/02(水) 03:05:04
>>47
探究心があるならスウェーデンボルグをお読みなさい。
それらの疑問にすべて答えてくれるでしょう。

49 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 08:21:31
>>46

現実としてはそうなんだろうねえ・・・
あとは国民の質を高めるという達成可能かどうかわからないことが問題になる。

でもけっきょく人間は二律背反を背負わなきゃいかんのだろう。

50 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 08:28:20
根本的には人間自体が矛盾なんだろうなあ。
キリスト教自体は邪教だが、それを信仰した人間たちが数多くの美しい芸術的遺産を産み出したりする。
人間の歴史から考えると害の割合が多いのだが、その信仰から生まれたものに稀には人を感動させるものがあるわけだ。
それが多くの人を惑わすのに力がある。

51 :日生田力 ◆mrXpoIPlD2 :2006/08/02(水) 17:17:12
でもさ人間てすごいよな、
西暦で二千年、実際にはその何倍もの歴史があったと思うんだけど未だに解けない問題があるってすごいことじゃない?
ある意味問題が無いのも問題と言えるだろうし、
善があるなら悪もなければならないとするなら邪教も必要かな。

52 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 17:30:34
2200年発行予定
『キリスト教はなぜ衰退したのか』

53 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 01:51:40


TBSの放送免許剥奪を求める署名

https://www.powup.jp/sign/tbs.aspx






54 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 02:37:05
亀田はスウェーデンボルグを熟読していたらしい。

55 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 10:16:11
小さなヨハネは亀田ということか!

56 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/03(木) 22:50:03
>>54-55
ははは。

57 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 04:06:13
>>55
知能レベルは一緒


58 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/04(金) 06:35:55
>>57
はははは。ごまめが歯軋りしています。

59 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 06:40:17
>善があるなら悪もなければならないとするなら邪教も必要かな。

ああ、なるほど。
人間そのものに関わる大きな問題かな。
エロって人間そのものの問題だよな。
置かれる状況によって崇高なものにも陰惨なものにもなる。
善も悪もそんなものかな。

殺人自体は良くも悪くもないし。

もっと根本的な問題があるんじゃないかと。

60 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 06:57:00
善と規定すると悪はその必然として規定される。
しかし宗教は人間の生というか人間そのものの問題だし、もしかすると宗教はその生の土台から生えてくる悪そのものかも知れない。

つまり邪教でない宗教なんて無いのだ、と。

61 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 22:55:53

 あの〜〜、全知全能の神は全ての人を予定して作りました。

どうしてアダムとイブを罪人として作り、全ての人間に原罪があるとするのですか?

済みません、誰か教えて下さい。お願いいたします。


62 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 23:05:13

 あとキリストは、人間の罪の為に死刑になったのですよね。それでも人間には罪が残ってるのでしょうか?

アダムとイブで言えば、契約を守らなかった罪はあると思いますけど、キリストに忠実な善人であろうが悪人で

あろうが福音が得られるという意味が分りません。教えて下さい。一様予定説は知ってるつもりです。



63 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 23:13:32

 一応私の知ってる範囲内でのキリスト教の予定説では、ちっぽけな人間の善悪なぞ神は知った

事じゃないですよね。神は神で人間には知り得ない事。ならば罪深い人間ってなんでしょうか?

旧約までは契約の神でしたが、新約からは内心の神になったとしても、キリストが人間の罪をしょっても、

未だにプロテスタントの間では人間は罪ある人間なのですか?


64 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 10:10:24
キリスト教の教義はその場その場のでっちあげだから、
罪の定義もいろいろ。


65 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 10:30:50
正確に言うとチョンによるキリスト教は邪教です
正確に言うとチョンによるキリスト教は邪教です
正確に言うとチョンによるキリスト教は邪教です
正確に言うとチョンによるキリスト教は邪教です
正確に言うとチョンによるキリスト教は邪教です

死ねチョン


66 :日生田力 ◆mrXpoIPlD2 :2006/08/05(土) 11:36:49
>>61 もともとは罪が無かったけど、食べちゃいけないと言われた知恵の実をたべてから罪が生まれたってことだから、
仏教の知らぬが仏に似てるかな、
じゃあ知恵がなかったら罪は無いのかな?どうなんだろ。

67 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 12:04:25
どこかで読んで知ってたが忘れちまった。確か果実じゃなくて蛇が・・・
なんだっけ?。


68 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 12:15:28
あらゆる動物を殺してきた人間は、ふと思いました。
自分たちは何なのだろうと。
互いに殺しあう獣。
血に染まった手。
狂った猿の末。
最悪の罪人。
地上の癌。
殺人鬼。
悪魔。
死。

あらゆる動物を殺してきた人間は、ふと妄執に囚われたのです。
生と死に意味などありはしないのに。くだらない妄想に囚われたのです。

おろかな預言者が説教をはじめました。
人には罪があるのだと。

おろかなおろかな人間が、その妄想を信じました。

嘘と詭弁とペテンとインチキが妄想のレンガを塗り固め、塔は高くのびました。
だからキリスト教はバベルの塔。


『人々の言葉は乱れ、神をも畏れぬ邪教の塔は滅びた』


それがキリスト教の末路……。

69 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 12:16:48
>>63
罪があるのを人間といい、罪が無い完全体を神としたのかな。

までも、人は自分を罪人であると認めることによって、完全になるんだと思う。
自分の罪を認められないと人は病気になるからね、統合失調症とかね。

だから、絶対に人が神になることは出来ない訳で・・・

そうだ思い出した。C.G.ユングのヨブへの答えだったかも・・・記憶が・・・w

70 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 12:22:35
×自分の罪を認められないと人は病気になるからね
○自分の罪を認めないと、人は病気になるからね


71 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 12:28:01
>>69
それは世界をありのままに受け入れられない矮小な人間の理屈だな。
それとも君は僕が神だとでも言うのかね?

72 :日生田力 ◆mrXpoIPlD2 :2006/08/05(土) 12:29:38
罪を犯すことが在るなら償いもまた在るはずだ、
必要な時に償って生きればバランスは保てると思う。

73 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 22:32:13
イエスは亀の子
亀田の子

74 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 22:43:54
邪教の定義からやらんとね。
殺し合いの根源となる教えが邪教であるなら
すべての宗教・思想・・というか科学でさえ、「邪」となり得るんだが。

75 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 00:22:37
>>74
キリスト教=邪教

これが定義というか真理。

76 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 05:47:03
971 :考える名無しさん :2006/08/07(月) 04:25:59
きちんとしているよな、小さなヨハネは。
ちがいがわかる数少ない人間だよ。
がっかりしたよ、哲学板の連中には。
いかにも冷静な知識人というふりをした奴ばかりで。
小細工だけでしか対抗できないし。
ヨっ、さすがだね知識人。
ハッとするようなことを言うね、なんて賞賛すると思っているのかな。
ネンネでもあるまいし、寝言ばかり言うバカには付ける薬がないよ。www

77 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 06:04:40
どちらかが見下す関係から抜け出さないと、このスレは荒れるばかりじゃないだろうか。
小さなヨハネはキリスト教布教の意思は無いようだね。w
彼の否定する他の人たちと同じ次元にいるのがわからないようだ。

あなたはいたってキリスト教をから他の人々を追い払っている。

78 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 09:17:03
>>74
ならば、すべての人間が「邪」となり得るし、
人間に原罪があるというのも、正しいかも知れんな。

79 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 23:54:35
キリスト教ってイエスの教えから乖離してるよね。



つーか邪教。

80 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 06:20:24
イエスの敵はパウロ。

81 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 06:29:39
ニーチェ、読んでみます。

82 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 20:53:03
髪は死んだ by 温水

83 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/08(火) 23:04:42
>>76
あ、なるほど縦読みですか。ははは。

84 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/08(火) 23:29:42
>>77
同じ次元とは笑わせます。ところでキリスト教がただ平和をもたらす
ものなどと思うなら大違いです。

マタイ10・34−35
「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。
 平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。わたしは敵対させるた
 めに来たからである。

マタイ3・7−8
「ヨハネは、ファリサイ派やサドカイ派の人々が大勢、洗礼を受けに来
 たのを見て、こう言った。「蝮の子らよ、差し迫った神の怒りを免れ
 ると、だれが教えたのか。悔い改めにふさわしい実を結べ。」

85 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/08(火) 23:37:15
教会は悪と誤謬と闘うため『戦闘的教会』とも『戦う教会』とも
言われるのです。

86 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/08(火) 23:40:21
狐と狸とその礼賛者であるもぐらたちと戦いましょう。

87 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/08(火) 23:45:02
縦読みはもう分かったので、今度は中味でかかっていらっしゃい。
皆さんの馬鹿にする知恵の少ない非力なヨハネがお相手しましょう。

88 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/08(火) 23:49:31
黙示録21・8
「しかし、おくびょうな者、不信仰な者、忌まわしい者、人を殺す者、
 みだらな行いをする者、魔術を使う者、偶像を拝む者、すべてうそ
 を言う者、このような者たちに対する報いは、火と硫黄の燃える池
 である。それが、第二の死である。」

89 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 00:13:00
>>87

キリスト教が信仰している神は、
全能の神?
不完全な神?
どっち?

90 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/09(水) 06:07:03
>>89
?不完全な神とは論理矛盾です。もう少しよく考えて質問するように。

91 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 09:04:36
>>90
全能の神とは誰のことですか?
聖書の世界創造の神ですか?
神は嫉妬深いのですか?
全能であれば嫉妬などしない筈


【このレス読んで、キリスト教に成った人、誰か教えて下さい】

92 ::2006/08/09(水) 09:19:26
>>90しかし質問自体はいい。
Christ教の信仰している神は、
全能の神?
制裁の神?
ぐらいではどうかい

93 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 09:24:46
>>90
別に論理矛盾じゃないだろ。それは神の定義による。
ある石を神とする考えもあれば、人間を神とする考えもある。

君の神の定義は何?

94 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 09:25:00
>>86
>狐と狸とその礼賛者であるもぐらたちと戦いましょう。

こういう人たちがいるから、宗教が悪者にされてしまうのですね。
戦争の歴史は宗教の争いの歴史だと考える人のなんと多いことか。
多くの宗教者にとっては迷惑なことでしょう。



95 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 10:03:41
>>85
「戦う教会」とは、どの教会を指すのか、「実名でご説明」御願いします。
全体とか、善意あるとかではなくて、具体的に説明御願い致します。
では無いと、「混乱と不信」をまねくだけです。
前々から、疑問に思って居るのですが、小ヨハネさんは、どの「セクト」
に属して居るのでしょうか?
それによって、論議の方向が定まると思いますが?



96 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 10:43:00
>>84
>わたしは敵対させるために来たからである。

小ヨの言動、書き込みはこの一言に尽きる。
これからも、随時引用させて頂く。


97 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 12:34:27
キリスト教の布教のために新大陸に渡った者たちが連れていった病原菌によって、
一体何千万人の原住民が亡くなったのだろう。「汚れた白い悪魔ども」という
呼び名は、まさに真実であったのだ。キリスト教はかくも邪悪なる宗教である。

98 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 13:49:47
縦読みワロタ。

99 :小松:2006/08/09(水) 14:09:51
>>89
キリスト教が信仰しているのは神ではなく神の子ですが……
神を信仰しているのはユダヤ教ですが。

100 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 18:40:44
>>99
キリスト教信者は「キリストは人間であり神の子であり父なる神ご自身である」とか唱えてますが。
教義からしてユダヤ教に喧嘩を売っている。さすが自己矛盾だらけの戦争宗教だ。

101 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 19:21:16
今NHK教育で恐竜の番組やってるんだが、基督教は恐竜の存在をどう
解釈してるんでしょうか。

102 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 19:30:52
T REX 爬虫類人種かい?


103 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 21:03:45
>>89
キリスト教の最も簡単な矛盾。

問い:全能の神はその神自身が持ち上げられない岩を作れるか

岩が作れる場合:その岩を神は持ち上げられないので全能ではない
岩が作れない場合:岩が作れないので全能ではない。

結論:全能の神は存在しない。

104 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 21:08:28
>>103
神を無能化して楽しいか?

神をある特定の個人に帰するのは、神の最も忌み嫌う考え方だと思わないか?(一人の
人間が他の人間より優れている、という考え方。民族主義、国家主義の原理とされ、戦争に
利用される定義。)

105 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 21:21:28
>>104

神を無能化して楽しんでいるんじゃなくて、
キリスト教の矛盾点を突いているだけ。

> 民族主義、国家主義の原理とされ、戦争に利用される定義。

天皇を神とする軍国主義、金ブタを神とする全体主義、テロリズムetc
不完全な神、もしくは神ではないものを神格化し、
その神への信仰を利用して起こす戦争・殺し合いは後を絶たないね。

106 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 21:35:28
>>104
> 神をある特定の個人に帰するのは、神の最も忌み嫌う考え方だと思わないか?

神をある特定の個人に帰した事例=キリスト、モハンマド

107 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 22:12:50
>>106
神をある特定の個人に帰した事例にChristを挙げているが、Christは「
私と同じことを、さらにこれ以上のことをあなたがたはできる」と言っている。
神を特定の個人に帰したのはChristの責任ではなくて、宗教のせい。

108 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/09(水) 22:27:55
>>91-93
神とは造物主のことです。神は唯一、不可分、全知全能であり完全無欠
の存在です。石を本気で神と思うような人類はいないでしょう。

ねたむとか復讐するとかは人間からの外観によってそう表現されている
に過ぎません。

>>95
教会とはミクロでは再生した個人を指し、マクロではその時代の主の
教会を意味します。現行の基督教会はいずれも形骸化した組織にすぎ
ません。私は真の主の教会に属するのです。

>>103
それも論理矛盾です。出来ない事を出来るかと聞いているだけであり
意味を成しません。

109 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/09(水) 22:36:59
神は人格神であり、唯一です。民族宗教によってその神のことを
アラーとも阿弥陀仏ともヤハウェとも父なる神とも主とも呼びます。
そして神は目に見えるイエス・キリストとしてこの世に降られたのです。
主イエスは万物の創造主父なる神ご自身です。

110 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/09(水) 22:44:28
出エジプト3・13−14
 モーセは神に尋ねた。「わたしは、今、イスラエルの人々のところ
 へ参ります。彼らに、『あなたたちの先祖の神が、わたしをここに
 遣わされたのです』と言えば、彼らは、『その名は一体何か』と問
 うにちがいありません。彼らに何と答えるべきでしょうか。」

 神はモーセに、「わたしはある。わたしはあるという者だ」と言われ、
 また、「イスラエルの人々にこう言うがよい。『わたしはある』と
 いう方がわたしをあなたたちに遣わされたのだと。」

ヨハネ8・24
 だから、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになると、わたし
 は言ったのである。『わたしはある』ということを信じないならば、
 あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる。

111 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/09(水) 22:46:43
イスラエルとは本来霊的な人々という意味であり、ユダヤ民族を
指しているのではありません。

112 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/09(水) 22:56:16
みなさんは私が言っていることが分からないでしょうが、それは
皆さんが霊的なもぐらだからです。皆さんに理解できないから
といって、すぐに間違いだなどと思わないように。
自分には理解できないというのが正しい答えです。

113 :一言居士:2006/08/09(水) 22:57:32
キリスト教というのは、当時のユダヤ教の体制に反乱を起こしただけだ、と「アンチクリスト」にある。
そもそもユダヤ教がなぜ、ユダヤ民族以外は救われない、という不寛容な宗教と誤解されたのであろうか?
ユダヤ人の選民思想というのは、神との契約をほかのどの人間よりも遵守しなければならないのがユダヤ人であるというものなのに。第一ユダヤ教徒=ユダヤ人なのだが・・・
そもそもパリサイ主義に対してなぜイエスやヨハネはかくも怒るのであろうか?

114 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 22:59:38
キリスト教の人ってほんとに隣人愛を
実践しているんですか?


115 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 23:00:38
>>108

> それも論理矛盾です。出来ない事を出来るかと聞いているだけであり
> 意味を成しません。

>>103は、神が全能なら出来ないことも含めて全てをする能力があるのか?
という設問。
設問が矛盾しているのではなく、
「神は全能」という定義そのものが矛盾している。

116 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/09(水) 23:01:19
マタイ7・6
 神聖なものを犬に与えてはならず、また、真珠を豚に投げて
 はならない。それを足で踏みにじり、向き直ってあなたがた
 にかみついてくるだろう。

117 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 23:06:48
一つ疑問があり、小さなヨハネさんに答えてもらいたいのですが、
「左手の業を右手に伝えてはならない(逆だったか)」の意味は何ですか?

118 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 23:08:02
>>107

> 神を特定の個人に帰したのはChristの責任ではなくて、宗教のせい。

だとすれば、神を特定の個人に帰したキリスト教(宗教)は、
「神の最も忌み嫌う考え方」ということになるね。

119 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 03:22:35
小ヨハネはわからないことはスルーします、
間違いを指摘されたらしばらく姿を消します、
そのくせいつも高飛車です、
ムカツキます、
嫌いです、
目の前にいたら殴ってしまいそうです、
でもクリスチャンなら頬を差し出してくれるんですよね、
7の70倍も許してくれるんですよね、



小ヨハネ、



答えろや!!

120 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 03:29:23
寝ちゃっただけでは?代わりに私がレス。
自分の善行を人に触れ回るな、善を行なってもすぐに忘れろ、という意味だったはず。
では私も寝ます

121 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 03:38:30
10世紀以降行われたユダヤ人のゲットー隔離もローマ教皇庁の主導。
キリスト教主導によるユダヤ弾圧の土壌がナチのホロコーストで結実。
その前にもポグロムなどで幾たびもキリスト教徒による集団リンチ殺人が起きている。
魔女狩りも同一のものか。

宗教戦争や十字軍、昨今のアメリカによる武力侵攻。
自分だけを信奉しろという狭量なエゴイストの神がその原因か。

ヤハウェは自分だけを崇拝しろ、という言葉の裏には、他にも神がいることを
暗に認めているね。ヤハウェは善神というよりも、神は神だろうけど
悪魔とも言える神としか思えないな。

122 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 03:42:41
米国の神父の大半は神を信じていない。(統計で出ている)
「右の頬を打たれたなら左の頬も出せ」という聖書の格言も
何ら実践されていない。むしろ「目には目を、歯には歯を」という
バビロニア的倫理に逆戻りしているのであり、「寛容」は従順な弱者に
のみ適用される。


123 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 09:01:22
小さなヨハネさん、「真の主の教会」は地上に存在しているモノですか?
どうすれば、「真の主の教会」にアクセス出来るのですか?
何か入会規則、資格などあるのですか?
「真の主の教会」は宗教法人ですか?
「真の主の教会」は誰によって、運営されているのですか?
それらを明らかにしない限り、残念ながら貴方の主張は私にとって
無意味で、時間の消耗です。

124 :一言居士:2006/08/10(木) 09:19:08
>>123
おそらく比喩だよ。実在の団体じゃないと思うよ。

125 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 09:21:33
亀汰興業の最高顧問 不機嫌???
 
「よく似た環境だな???。裁定は何時の世も重いものだ。興弱くんの勝ちだ。」???
「TV局は、観客の肖像権・個人情報保護を考え、観客の顔にはボカシを入れるべきだな」??? 
 

http://www.asyura.com/sora/bd7/msg/188.html
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1144818472/l50

126 :123:2006/08/10(木) 09:37:07
>>124 Maybe so...........でも、知りたいです。
本当に重大で、人類の存亡に関わる知識であれば
投稿者はリアルタイムで自分のレスに責任を持つのが
義務であり、それが筋と言う物だ。
私は彼を試している。



127 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 10:11:54
小ヨハネが無敵なのは。
ツンボであること。
理解できないこと。

これが原因だと思われるが、ほかにあるかな。

128 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 10:12:29
キリスト教は白痴や人間のクズの宗教らしいね。

129 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 17:46:15
小ヨハネやっぱり消えたか、
忘れた頃にまた現れるんだろうな、

130 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 18:08:43
>>108
>神とは造物主のことです。神は唯一、不可分、全知全能であり完全無欠

神は自分自身を含む未来の出来事を知っていますか?

神は未来を変えることができますか?

131 :一言居士:2006/08/10(木) 18:58:29
善のみの神はデカダンスの産物、ってあったなあ。善い神と同様に悪い神も必要とされる、と。
その点、日本神話はちゃんと凶津神(まがつかみ)と、悪い神を登場させている。

善のみの神は民族が徹底的にダメになっていくとき現れるともあった。つまり二元論的で極端なんだよね。


132 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/10(木) 22:47:03
>>117-119
まことに>>120氏のおっしゃる通りと思います。

133 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/10(木) 22:52:25
>>123
真の主の教会とは主イエス・キリストが唯一の真の神であることを認め、
かつ「再生」した人間個々人のことです。それはすでに少数ですが
この世に生じ始めています。黙示録に言う神殿とはそれらの私たちの
心のことであるとも言えます。

134 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/10(木) 22:58:37
>>130
>神は自分自身を含む未来の出来事を知っていますか?

もちろんです。

>神は未来を変えることができますか?

つねに私たちがより深い地獄に行くことから私たちをたわめる努力を
されています。そう言う意味において未来を変えておられるかもしれ
ません。

135 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/10(木) 23:00:29
>>127
鉄砲魚と鷲だからです。

136 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/10(木) 23:06:26
>>126
>投稿者はリアルタイムで自分のレスに責任を持つのが
>義務であり、それが筋と言う物だ。

なるほど同感です。ところでユダの告白氏にも私は質問をしている
のですが・・・。早く答えてください。

ユダの告白氏よ、私の質問に対する答えはどうなったのですか。
出鱈目なことを言いっ放しで逃げるとは哲学徒とはそんなに
卑怯者なのですか。ソクラテスは逃げなかったと聞きます。

質問1.スウェーデンボルグがカントを尊敬していたという論拠。
質問2.無神論のカントと有神論のスウェーデンボルグが共通する
    という論拠。
質問3.カントは冬の散歩道で人に声を掛けられても挨拶しなかった
    ほどの人物なのに、どうして美しい信仰心の持ち主などと言
    えるのか。
質問4.カントが美しい信仰心を持っていたというならなぜスウェ
    ーデンボルグ批判の書を正式に訂正しなかったのか。

137 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 23:22:50
おまいの「美しい信仰」の持ち主の必要条件は、
道で声を掛けられて挨拶することなのか?
人付き合いの悪い香具師は、それだけで信仰も疑われるんかい?w

138 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 00:11:11
>>134
おかしいですな。
未来を変えてしまったのなら、当初の予想は外れ、未来を知っていることにはならないです。
自分が何をして世界がどうなるかを知っているということは、未来を変えないということです。

139 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 00:13:37
まあ、分析哲学的に言えば、
「未来を決める」と「未来を予想する」は両立しない、
とかそういう議論があるな。

140 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 00:24:28
従って、論理的に、無知全能であるか、全知無能のどちらかしかありません。

141 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 00:26:12
あ、でも、半知半能、無知無能もあるか。

142 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 03:11:10
>>140-141
んー
単に「無」が正解かもね。

× 神は死んだ
○ 神は無かった

143 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/11(金) 06:56:55
>>137
それはそうです。
>>138
いえ、神は全知全能であって、常に働きかけておられます。
それが未来を変えるということなのかよく分かりませんが。
手を離せば一瞬にして万物は霧消するでしょう。

144 :123:2006/08/11(金) 07:17:13
真の主の教会とは、イエス キリスト?
真の主の教会とは、ある完成された「実存の人物」の喩えですか?>>133

145 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 09:04:07
>>143
>手を離せば一瞬にして万物は霧消するでしょう。

なぜ?

146 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 09:09:46
カントは無神論じゃないっすよ。

147 :ユダの告白:2006/08/11(金) 10:56:29
ちゃんと聞く気が有ると言うのなら答えても良いが、また何時もの調子で、
・・・それはおろかな意見ですとかナントカ言って誤魔化すだけだろう・・・、愚かな小ヨハネよ?
ちゃんと聞く気は有るのか・・・?

148 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 11:32:32
ご隠居様いる?

149 :キリスト:2006/08/11(金) 12:39:21
教会こそが悪魔である。

150 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 13:01:57
>>143
>いえ、神は全知全能であって、常に働きかけておられます。

完璧に作ったのなら、それ以降、働きかける必要はないのでは?
放置で十分でしょう。


151 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 17:09:38
>>1 蛇足
Sixteen Tones
http://blog.goo.ne.jp/ablerail1007/m/200602
本の感想など
http://members.jcom.home.ne.jp/j-miyaza/page350.html
不二草紙
http://fuji-san.txt-nifty.com/osusume/2005/07/post_c602.html

152 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/11(金) 23:26:42
>>144
主イエス・キリストを真の唯一の神と認める人たちのことです。
実存の人物の喩えではありません。

>>145>>150
存在とは不断の創造だからです。

>>146
恐らくカントは神を信じていないと思います。そうでなければ
神の存在は証明できないなどと言わないでしょう。

153 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/11(金) 23:28:25
>>147
聞く気があるから何度も聞いているのです。くだらないことを
言っていないで早く答えてください。

154 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 00:22:48
こいつ、自分と自分の脳内同志だけが真の信仰を持っているって信じ込んでる狂信者でしょ?
もうスルーでいいんじゃね?

155 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 00:27:06




キリスト教の矛盾点は明白でしょ?



気づいてるくせに…。


156 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 00:28:29
邪教の虜小ヨハネはここで愚かさを晒すことにより邪教の正体を
明らかにすべく神から派遣されたという特別な使命を背負って
戦っておられるのです。オーメン
婦女暴行目的宗教の摂理てのは確かキリスト教だよな?

157 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 00:38:03

   【世の終わりが近づきました】

何の働きもない者が、不敬虔な者を義と認めてくださる方を信じるなら、
その信仰が義とみなされるのです。ローマ書4,5

すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、ローマ書3,23
それは、次のように書いてあるとおりです。「義人はいない。ひとりもいない。」ローマ書3,10

しかし、主は、私たちのすべての咎を彼に負わせた。イザヤ書53,6

キリストは、聖書の示すとおりに、私たちのために死なれたこと、また、
葬られたこと、また、三日目によみがえられたこと。Tコリント15,3-4

私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の赦しを
受けているのです。これは神の豊かな恵みによることです。エペソT,7

まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしのことばを聞いて、わたしを
遣わした方を信じる者は、永遠のいのちを持ち、さばきに会うことがなく、死から
いのちに移っているのです。ヨハネ5,24

あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から
出たことではなく、神からの賜物です。行ないによるのではありません。だれも誇る
ことのないためです。エペソ2,8-9

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、
ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。ヨハネ3,16

主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。使徒16,31


158 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 00:44:59
>>152
>存在とは不断の創造だからです。

その根拠は?ソースは?


159 :一言居士:2006/08/12(土) 09:07:36
>>157
またひとり宣教師がやってきやがった…
そもそもイエス自身が我々のために死んだなんて言ったのかよ。
使徒じゃなくて、イエス自身が…
イエスが我々のために死んだのなら、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」なんて言うのかね?

160 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 10:40:59
宗教としてChrist教が排他性ゆえに狂っているとしても、Christは聖者であることに変わりはない。
Christ教を批判したとされるNicheがChrist以上とは思えない。Christ教を批判するのなら、せめて
それ以外の代替宗教としてどこか挙げるべきでないかな。
批判それ自体は、ただの一方的な決め付けなんだから。

161 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 10:42:22
だれか層化を止めてくれ><
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/fashion/1155205223/l50

231 :ノーブランドさん :2006/08/12(土) 10:12:58
自分の知り合いの層化信者は友人の家を自己破産に陥れて、結局その信者自身も自己破産すてたなぁ・・・
そいで色々事が露見して今裁判で係争中。まぁ信者の負けは確定だけどね。
それでも「みんな」いい人たちとか、「悪人はいない」って言い切れるんだ?


238 :伝道師:2006/08/12(土) 10:20:02
きっとそれはなにかの間違いでしょう。
善意の結果の不幸かもしれませんし^^
よいことが起こる前兆かもしれません^^

245 名前:伝道師 :2006/08/12(土) 10:24:22
悪意には屈しません

259 :伝道師:2006/08/12(土) 10:39:10
この現状が創価学会を貶める人たちの実情ですよ。
理性の欠片も無い。

162 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 11:50:45
ニッヒェって誰だ

163 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/12(土) 14:34:09
>>158
天界の秘義9847
「なぜなら事物はそれが発生してくる源泉と同じ源泉から存続
 するからである、それは存続は不断の発生であるためである。」

2chのスレッドが常に立て続けないと存続しないのと同様です。

164 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/12(土) 14:37:34
>>160
なかなか冷静なものの見方です。さらに言えば、そのキリスト教とは
すでに形骸化したものであり、イエス・キリストとは聖者以上の方、
すなわち神ご自身なのです。

165 :123:2006/08/12(土) 15:45:02
>そのキリスト教とはすでに形骸化したものであり
あなた自身、キリスト教(カトリック、プロテスタント)を邪教と見做しているのですか?

166 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 18:23:48
>>160
本読んでないだろ。
ニーチェは、仏教はキリスト教の100倍マシだ(第2章)。
批判されてるのはキリスト教団であって、
キリスト(=イエス)そのものは批判どころか褒めてる(第3章)。
ナザレのイエスの実像をキリスト教を宣伝する際に歪めたキリスト教を批判してるわけで。
あと、ニーチェの綴りはNietzscheな。

167 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/12(土) 19:48:00
>>165
邪教とまでは言いません。崇めるべき神が主イエス・キリストである
ことを理解できなくなってしまったために形骸化していると言うのです。


168 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 20:03:23
神も悪魔も人の想念から生まれたのは間違いない

169 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 20:53:38
169
Deutschの綴りでも分かるように、Nietscheじゃないか?

170 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 21:56:57
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%A7
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A5%CB%A1%BC%A5%C1%A5%A7&search_history=&kind=&kwassist=0&mode=0&all.x=59&all.y=12

Nietzscheと表記してあるな。
まあ、どちらかが依拠していたら両方とも同じだが。w



171 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 22:02:57
http://www.art.com/asp/sp-asp/_/PD--12063924/SP--A/IGID--1504190/Friedrich_Wilhelm_Nietzsche_1873.htm?sOrig=CRT&sOrigId=45525&ui=77E8EB571089443EA48CBAF4E39EB9B6

Friedrich Wilhelm Nietzsche
ここでも同じだな。

172 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 22:07:11
Nietzsche
http://www.google.com/search?hl=en&lr=&rls=GGLR%2CGGLR%3A2006-29%2CGGLR%3Aen&q=Nietzsche&btnG=Search
Nietsche
http://www.google.com/search?hl=en&lr=&rls=GGLR%2CGGLR%3A2006-29%2CGGLR%3Aen&q=Nietsche
Niche
http://www.google.com/search?hl=en&lr=&rls=GGLR%2CGGLR%3A2006-29%2CGGLR%3Aen&q=Niche

nicheでも出てくるんだなwww

173 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/12(土) 22:08:23
キリスト教自身も自分の神がキリストであることが分からず、
ニーチェもキリスト教徒に生まれていながらもちろんそのこと
を知らず、分からない者同士で邪教などと言い合っているの
ですから滑稽です。

174 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/12(土) 22:09:29
>>168
幼稚な誤りです。

175 :韋駄天はふと考えた:2006/08/12(土) 22:56:46
ユダヤ人が占領したい地域があれば、まずはそこにヒズボラやアルカイダを潜伏させる
そしてテロ撲滅の大儀を名目にその地域へ軍事侵攻して占領

これは他国への新たな侵略方法だな
白人というのはいつもうまい侵略方法を見つけるものだ

176 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 23:01:17
>>164
>イエス・キリストとは聖者以上の方、すなわち神ご自身なのです。

その根拠は?また、その根拠が正しいという証明は?

177 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 23:42:18
>>174
幼稚なのは小ヨハネです。
幼稚なヨハネに改名しなさい。

178 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 23:43:41
えらますぃー

179 :不真面目:2006/08/12(土) 23:52:08
>>133
岩を作って、手を使わずに宙に浮かすと言う事で。
あかんか?

180 :不真面目:2006/08/13(日) 00:00:57
>>177
イエス・キリストは神様の子供ではなかったですか?
人と神様との仲介者では?

世界の終末は何時ですか?と弟子に聞かれた時、確か、
私にもわからない、聖なる父のみご存知です。
と新約聖書に書いてあった記憶がある。

181 :不真面目:2006/08/13(日) 00:02:54
177さん
↑ごめん間違った。
>>164でした。

182 :不真面目:2006/08/13(日) 00:12:42
>>174
<神も悪魔も人の想念から生まれたのは間違いない >
これを幼稚の一言でゆうたらあかんやろ。
人間がおらん事には神様も悪魔もおらんがな。
しかし、宇宙は神様が作ったんやから人間より
先にいてはったの。




183 :179:2006/08/13(日) 00:28:32
>>133>>103の間違いでした。
ごめんなさい。

184 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 00:28:49
>>182
>宇宙は神様が作った

なんて、宗教物語に書いてあるだけでしょ?

185 :不真面目:2006/08/13(日) 00:32:24
>>184
>宗教物語に書いてあるだけでしょ?

聖書を信じるかどうかはどっちゃでも
ええけど、旧約聖書にかいてありまっせ。

186 :不真面目:2006/08/13(日) 01:13:41
>>159
>イエスが我々のために死んだのなら、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」
なんて言うのかね?

ところがこの言葉が無い事にゃ、我々の為に死んだことにはならんのよ。
イエスは本当に殺されるのが怖かったし、最後の最後には神様が助けて
くれると思っていたからつい口からでたんとちゃうやろか。
しかし、死ぬ間際には、父よ私の身を貴方にゆだねますと言われた。
そして、復活。説明にはなってへんか。




187 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 01:14:30
十戒の三戒「神の名をみだらに叫んではいけない」

キリスト教徒で、この戒律を破っているやつ多すぎw

188 :不真面目:2006/08/13(日) 01:28:05
>>187
>十戒の三戒「神の名をみだらに叫んではいけない」

そやさかい、イエスがきはったんや。
でも、何故そう思う?


189 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 01:41:07
>>188
んーそやねぇ。
神の名を騙って悪事を正当化する輩が昔から一杯いたんだろうねぇ。
現代のイスラム原理主義や、カルト教団なんかの悪事の手段に
神の名を使うのはいけないよってことだろうねぇ

以後、ここのスレで神の名を使うことを禁じますw

190 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 01:44:45
Oh, My God!

191 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 01:47:51
>>186
「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」は、父よ私の身をあなたに委ねますではなくて、
父よなぜ私を見捨てられたのですか? ではないかね? 

疑ったのだよ。あれほど人間の善の生き写しに近い生涯を送ったChristも完璧ではなかったのだ。
……なーーんて、実は『神との対話』Neale Donald Walsch、Sunmark出版、1995-1998年、各\2,000の読み覚えなんだけど。

192 :不真面目:2006/08/13(日) 01:56:48
>>189
そうでんな。私もそう思います。

そやけど神様の名前つかうな言われたら
そりゃ、せっしょうやで。
勝手に禁じてもろたら困るがな。
わいは原理主義者やオカルト教団とちゃうがな。
キリスト教・プロテスタント・バプテスト派でっせ。

193 :不真面目:2006/08/13(日) 02:09:00
>>191
しってまんがな。そやから、最後の最後には神様が助けて
くれると思っていたからつい口からでたんとちゃうやろか。
と書いたの。そして、イエスは決して完璧とはちゃいまっせ。

聖なる場所から両替人やハト売りを追い出して、腰掛けを
倒した。と新約聖書に書いてあったような。暴力は振るって無いと
おもうけど、腰掛に八つ当たりしてはります。

194 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 02:33:13
>>187
みだら……

195 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 06:33:28
>>187
みだら

196 :不真面目:2006/08/13(日) 08:39:32
↑2つ、意味不明。
あっ、もしかしたら、ふしだらとか、
みだれてる。の、みだらでぇっか?

197 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 09:34:06
みだりだろ

198 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/13(日) 09:39:58
>>176
新約聖書にはたくさん出てきます。私はあるということを信じないなら・・等。
私には証明はできません。理解できる人には理解できるでしょう。
しかし証明せよと言う人がよくいますが、何がどうだと言えば証明したこと
になるのか教えてください。

199 :一言居士:2006/08/13(日) 10:08:12
>>198
それがわからないから証明しろと言っとるんだい。
証明の箇所がわかっていたら、もっとはっきりした質問の形をとるさ。

自由・平等はキリスト教由来の理念であることは注目に値する。西洋哲学の重要なテーマである自由・平等が。
問題の箇所・・・
神の前でだれも誇ることの無いよう・・・平等 真理は自由にする・・・自由

200 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/13(日) 10:16:05
>>199
証明しろというのは証明があり得るという前提だろうと思います。
ですから何がどうであればキリストが神であることを証明したこと
になるのでしょう。

201 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 10:19:26
>>200
知らんがなw
しかし証明責任は存在を主張する側にあるから、自分で考えな。

202 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 10:36:25
小さなヨハネは答を教えて欲しくて叫んでいるのだろう。

203 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/13(日) 10:46:29
>>200-201
ははは。理解力のない人にどう言ったらいいか分からないから
聞いているのです。

204 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/13(日) 10:49:29
まあ、皆さんの尊敬するカントやニーチェもキリストが
神であることを理解できなかったのですから、生徒たち
はなおさらでしょう。

205 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 10:50:06
小ヨハネは自らの存在だけで十分にその証明をしている。

206 :一言居士:2006/08/13(日) 10:54:16
>>200
ヨハネよ。反証可能性という言葉を知らぬようじゃな。神の存在証明をしたとして、それとは別に反対命題:神が存在しないことを証明し得ない場合は、神の有無は証明不可能である、と。
だからそもそも科学的には証明できんことなのよ。だのにあなたは、確かに神はある、といってはばからぬ。それとも、神っていうのはあることがらの定義だろうか?
神の定義とは何だ、教え給う。その定義で我々を納得させられるなら、論理的に証明したことと同じであろう。

キリスト教を理性的にしたのが、近代の理念である。

207 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 11:42:53
>>203
自分の無能を他人のせいにするなよw
だからお前は嫌われる

208 :ユダの告白:2006/08/13(日) 11:56:22
ああー、愚者小ヨハネよ・・・、ぜんぜん聞く気ができてはおらぬようじゃな〜!
そなたの余りにも愚かしい言説を聞いていると目眩がしてきて吐きそうじゃわいな〜。
もう、許してたもれ・・・!!!

209 :不真面目:2006/08/13(日) 14:08:58
>小ヨハネはん
わてが記憶してる限りでは、新約聖書にイエス自身が
自分が神だと言った記載はなかったような気がする。
>>206
神の存在を科学的に証明する、なんか誰にもでけへん。
明日が必ず在るという証明もでけんやろ。
神は信仰の対象であって、その存在を認める対象には
なれへん。でも神様はいるとおもーてるで。
信じるのは自由やろ。たとえそれがあろーが、なかろーが。


210 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 14:23:48
>>209
すまんがネットの上で中途半端な関西弁はやめてくれ、読みにくい。

211 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 14:39:06
>>209
信じるのは自由なんだが、信仰を強要し、信じない者をもぐら呼ばわり
する狂信者がいるからね。
だから、そこまで強要するなら神を証明せよという話になる。

そもそも、ここは学問する板なんだから、科学的証明を求めるのは当然
とも言える。信仰したいだけなら宗教板でやればいい。

212 :不真面目:2006/08/13(日) 14:53:32
>>210
わかりました。ごめんなさい。でも私は関西人です。
>小ヨハネさんは、キリストとイエスを混同してるのではありませんか?
まさかとは思いますが。

キリスト教ではキリストは救い主の意味。イエスは名前。太郎とか一郎と同じ。
ユダヤ教はまだ救い主が地上に降臨していないと考えています。

キリスト教で聖書は新・旧両方読んでいます。
ユダヤ教では旧約聖書しか読みません。
新・旧に聖書を分けたのはキリスト教です。
ユダヤ教の人達からみれば聖書に新も旧もありません。


213 :不真面目:2006/08/13(日) 15:42:31
>>211
それもそうですね。
皆様の熱い議論に引かれて来ましたが哲学に疎い
私の入る余地はありませんね。
ただ、小ヨハネさんのキリスト教の理解は
私の考えている教義とは違うように感じました。

私は信仰の強制などは考えていません。
科学的に神の存在を証明するのは、私には無理です。

アリストテレスの時代には神学と哲学が融合された。
と本に書いてありました。




214 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 16:01:23
>>213
いや、入る余地はあるよ。
ニーチェにしてもカントにしても、神の存否が問題なのではなく、人間
が何故神を要請するのか、又は、人間が何故神を利用しようとするのか
という点にその本質があると思う。

基督教にいう神そのものが邪悪なのではなく、神の名を利用して信仰を
強要する基督教者のこれまでの行為が邪悪なのか否か。
論点はそこだ。

215 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/13(日) 17:36:21
>>206
神とは万物の創造主のことです。しかも人格神であり
イエス・キリストこそその神です。

>>208
屁理屈を言っていないで潔く私の質問に答えなさい。

>>209
いいえ、婉曲(?)な表現でたくさん言っています。
「私はある」であるというのも神の別名です。

「私と父とは一つである」「私を見た者は神を見たのだ」も
私は父なる神であると言っているのです。

216 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 17:38:38
>>215

痛すぎる・・・

217 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/13(日) 17:43:28
>>214
人間が神を要請するというのは欺瞞です。それは神はいないが
人間がそれを想像(創造)していると言っているのと同じです。
単なる無神論です。いえ、単なる無神論より卑劣です。神を否定
しているのに、字づらの上では神を肯定しているようにふるまって
神を殺しているからです。
だからカントは愚劣、愚鈍、狡猾な狐であり、ニーチェは狂った
狸なのです。皆さんは彼らに騙されているだけです。


218 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 18:30:02
>>217
本当に小ヨハネは愚劣、愚鈍、狡猾な狐であり、狂った狸だな。

219 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 18:57:43
神が前提であるのが知性の小さなヨハネ。
前提そのものを疑っているのが他の論者。

220 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/13(日) 19:04:31
ヨハネ書はパウロの影響、濃いからな・・・。

1 ヨハネ福
  14:9 イエスは彼に言われた、「ピリポよ、こんなに長くあなたがた
と一緒にいるのに、わたしがわかっていないのか。わたしを見た者は、
父を見たのである。どうして、わたしたちに父を示してほしいと、言う
のか。

221 :ユダの告白:2006/08/13(日) 19:48:41
ああー、小さなヨハネよ、そなたの正体見破ったり。
そなた、キリスト者では無いな・・・。
そなたはキリスト教を貶めようとするアンチクリストであろうが!
わざと愚かにキリスト教の弁護を装うことによりキリスト教を貶めんとする
反キリスト者であろうぞな。

222 :一言居士:2006/08/13(日) 19:52:21
>>215
要は神とは創造作用のことでしょうか?

223 :不真面目:2006/08/13(日) 21:17:36
>>214さん
やさしさが身にしみました。
ありがとうございます。
>>220さん。その部分を聖書で確認しました。

小ヨハネさんの>イエス・キリストこそその神です。
貴方は聖書に詳しいと思いますから、抜粋しませんが、
私にはどうしてもイエス=神と考えられません。
*何故、イエスはマリアから人の子として生まれたのですか?
*何故、ヨハネの洗礼を受けたのですか? マタイ福音書・4:15〜17
*人として生まれたからこその、復活ではないのですか?





224 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 21:46:20
>>217
> だからカントは愚劣、愚鈍、狡猾な狐であり、ニーチェは狂った
> 狸なのです。皆さんは彼らに騙されているだけです。

あなたはカントを読んだことがあるの?




225 :不真面目:2006/08/13(日) 22:20:27
>>214さん
キリスト教は過去に数々の邪悪な行為をしています。
十字軍、魔女裁判、科学の否定等。

しかし、たった3年半ほどしか活動をしていないイエスが
神学、哲学、芸術、歴史に大きな痕跡を残しているのは
事実だと思います。

唐突ですが、哲学に愛はありますか?




226 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 22:55:18
>>225
愛とは何かを考える哲学もあると思うけどね。
基督教教義は、他者への愛(=善)が自然に(自明に)備わっているらしいが、
「自明」という壁を越えて考えるのが哲学だと思う。

227 :不真面目:2006/08/13(日) 23:35:59
>>226
自明を超えると言う事は、客観的と
捕らえても良いのでしょうか?

228 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/14(月) 12:14:21
>>219
>前提そのものを疑っているのが他の論者。

まことに哲学とは器用な表現をします。ただ単にみなさんに
認識能力がないというだけです。

>>222
創造作用が神な訳がありません。人格神なる造物主です。
しかも救世主です。

>>223
主がこの世に来られたのは実に色々な深い理由があるようです。
しかし来られたのが神でなければキリスト教の広まった理由は
説明できません。

>>224
1冊だけ読みました。(『視霊者の夢』)

229 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/14(月) 12:15:50
>>221
ユダの告白氏よ、つべこべ言っていないで早く私の質問に
答えなさい。

230 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/14(月) 12:17:15
43 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/01(火) 23:52:04
>>29
ユダの告白氏よ、私の質問に対する答えはどうなったのですか。
出鱈目なことを言いっ放しで逃げるとは哲学徒とはそんなに
卑怯者なのですか。ソクラテスは逃げなかったと聞きます。

質問1.スウェーデンボルグがカントを尊敬していたという論拠。
質問2.無神論のカントと有神論のスウェーデンボルグが共通する
    という論拠。
質問3.カントは冬の散歩道で人に声を掛けられても挨拶しなかった
    程度の人物なのに、どうして美しい信仰心の持ち主などと言
    えるのか。
質問4.カントが美しい信仰心を持っていたというならなぜスウェ
    ーデンボルグ批判の書を正式に訂正しなかったのか。


231 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 13:00:18
>>228
>まことに哲学とは器用な表現をします。ただ単にみなさんに
認識能力がないというだけです。

いや、だからさ、認識能力が無いというのは大バカ小ヨハネの一方的判断だ。
大バカ小ヨハネはやはり大バカだからそれがわからない。w

232 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 13:27:52
>>228
>しかし来られたのが神でなければキリスト教の広まった理由は
>説明できません。

同様にイスラム教が広まった理由も、仏教が広まった理由も、
創価学会が広まった理由も説明できません。
キリスト教が特別ではありません。

233 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 13:44:44
>>228
>主がこの世に来られたのは実に色々な深い理由があるようです。
>しかし来られたのが神でなければキリスト教の広まった理由は
>説明できません。

じゃあ、細木数子はキリストですか。
そうでなければ、細木信者がキリスト教徒より多い理由は説明できませんものね。


234 :不真面目:2006/08/14(月) 16:08:38
>>228
それはおかしいです。イエス=神
でなくても、神の子ならば全然かまわないと思います。

キリスト教の広まった理由は西洋文化が世界的に
強かったからではありませんか?
私はクリスチャンですが、考える力は持っています。
抽象的な言葉では人を納得させる事は出来ません。





235 :不真面目:2006/08/14(月) 16:24:14
今日、『キリスト教は邪教です!』ニーチェの現代語訳
を買って読みました。
聖書、キリスト教については全面否定の印象を持ちましたが
イエスその人については否定の印象は受けませんでした。
 
私がクリスチャンになった理由の一つに、イエスの言葉で
愛と信仰と希望(この言葉も批判していましたが。)
この中で、1番優れているものは【愛】だと断言されました。
なんと、信仰よりも、愛です。私は同情と愛とは全く別物だと
思っています。「愛は意思の力」です。だから、汝の敵を愛せるのです。
(私には出来ませんが、出来るようになれれば、と考えています)
同情は行動で表せませんが。愛は行動に移せます。

聖書に在る一つ一つの言葉が人の心をゆさぶり、
キリスト教信者を増やしていったのではないでしょうか。





236 :不真面目:2006/08/14(月) 16:48:33
>>233
細木数子とキリストを同列に考えないで下さいね。
日本でキリスト教が広まらないのは(人口の約1%)
私が考えるに、必要が無いからです。古来から、日本には
豊かな風土、環境、そして八百万の神々が信仰されてきました。

キリスト教が伝わったのは、1549年です。その時は、ニーチェ
も言っていた様に、最下層の人々から広まっていきましたが、
その後弾圧を受け、又、日本自体が鎖国に進んで行きました。
1853年ペルー来日で、西洋文化に接触する機会が庶民にも
出来ましたが、先に書いた理由で日本人には道徳心(ニーチェは否定してますが)
があり、ごく一部を除いて差別なども少なかったです。
庶民の生活は当時の西洋諸国にもひけを取らないものでした。
宣教師たちがいくら伝道しても、主の惠を受け入れる素地が無かったのです。
それは、現代に通ずると思います。


237 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 16:54:15
>>236
>細木数子とキリストを同列に考えないで下さいね。

細木はイエスではないが、キリストかもしれない。
イエスはキリストであっても、キリストはイエスとは限らないよ。

238 :不真面目:2006/08/14(月) 17:07:56
>>237
そうですね。キリストはイエスと考えないユダヤ教
イスラム教がありますから。
キリスト教はイエスをキリストだと断言しています。

でも細木が2000年後も人々の記憶に残っては無いと思います。
それに、彼女は占い師でしょ。それとも預言者だとお考えですか?
イエスは占いを嫌っていました。


239 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 17:12:30
>>238
>そうですね。キリストはイエスと考えないユダヤ教

間違い。イエスをキリストと考えないのがユダヤ教

本当にキリストの意味わかっていっているの?
人間は動物だが、動物は人間とは限らない。
イエスはキリストであっても、キリストはイエスとは限らない。

>でも細木が2000年後も人々の記憶に残っては無いと思います。
>それに、彼女は占い師でしょ。それとも預言者だとお考えですか?
>イエスは占いを嫌っていました。

残っているかどうかとか、占いかどうかとか関係ないでしょう。
世を救えば、救世主=キリストなんだから。
キリスト教の救世主ではないだろうけど。

240 :不真面目:2006/08/14(月) 17:52:29
>>239
>>212を面倒でなければ見て下さい。
哲学とは言葉の禅問答みたいなものですか?
確かに残ってるかどうか、占いは関係ありませんでした。

しかし、細木を救世主になぞらえるとは。
貴方は細木信者ですか?

241 :一言居士:2006/08/14(月) 18:09:57
今日驚くべき事実を、三井美奈・著「安楽死のできる国」で知った。キリスト教は自殺者に対し、とてつもないことをしてきたのだ。
それは、自殺者は教会での葬儀を受けられないばかりか、棒で体を貫かれ街中を引き回しにされ最後は頭を割られるという見せしめの刑に遭っていたのだ。
おまけに死者の財産は没収されたのだ。このようなことが19世紀まで行われていたのだ。なんと忌まわしいことであろうか。
日本の「死者に鞭打たない」思想と比べて、あまりに凄すぎる。
このような烈しさを持つキリスト教が戦争の原因に全くならずに済むことはありえないだろう。

242 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 18:11:51


243 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 18:13:21
アイの宗教ですか。ははっ

244 :不真面目:2006/08/14(月) 18:44:40
>>241
その通りだと思います。
戦争の原因になっています。
今も、そして、これからもなるでしょう。宗教の根は深いですから。

聖書の解釈は時代によって変わっていっています。
その時代の人でも反対する人はいたと思いますが、
時の権力には中々逆らうのは難しいものです、
どこの国でも同じだと思いますよ。宗教に限らず。
今はそんなことはしてないでしょ。
>>243
デカダンスですか?


245 :一言居士:2006/08/14(月) 20:02:05
>>244
今は無いですけどね。しかし、アメリカのごく一部の狂信者の中には、中絶した女性や中絶する産婦人科医を殺したりする阿呆もおるのです。ごく一部ですが。

246 :不真面目:2006/08/14(月) 20:19:45
>>245
聖書の解釈を間違えるとその様な事件が
起きてしまいます。
残念な事ですが、そのような人がいるので
キリスト教に嫌悪感を抱く人もいます。




247 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/14(月) 22:19:01
全く話にならない低レベル・・・。
神を認識できないでどうしてキリスト教を論じられるのでしょう。

248 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/14(月) 22:21:04
どうか皆さん、狐や狸や霊的盲目のもぐらの人たちの
言説に惑わされないように。

249 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/14(月) 22:35:02
なー、俺は潰せなかったぞ。最悪だなぁ・・・。

250 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/14(月) 22:38:50
もう、昔に戻ることは不可能なんだ、分かるよな?

251 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/14(月) 22:41:28
俺を生き埋めにしたければ、俺を利用しようとすべきじゃなかった。

252 :一言居士:2006/08/14(月) 22:47:07
>>247
かってに引き篭もってな。
問答無用って俺らにいいてえのか。ならこのスレから出て行けよ。GO!AWAY!だ。

253 :一言居士:2006/08/14(月) 22:53:33
あとな、もぐらだのきつねだのとぐだぐだ言いやがって。こっちはある程度がまんして聞いてやってんだぞ。うぬのたわ言をな。
だれに話し掛けてやがるんだよ。独り言ならよそでやれ。

254 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 22:55:13
よそでもやってるしw

255 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 22:59:56
>>247
>神を認識できないでどうしてキリスト教を論じられるのでしょう。

認識できないから信じるんじゃないの?
そして信じるキリストについて議論する。別に普通ジャン。



256 :不真面目:2006/08/14(月) 23:25:06
>>247
>神を認識できないでどうしてキリスト教を論じられるのでしょう。
 出来ます。
 むしろ神を認識していると言い切れる人が圧倒的に少ないのです。聖書を読んだ
 事の無い人が多いのです。私も神を認識しているかと言うと自身がありません。
 イエス様は信じています。
 >霊的盲目のもぐらの人⇒私の事でしょうか?
  貴方の答えには論理性がありません。貴方の信仰動機はどのようなものですか?
  教えて下さい。

257 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 23:25:16
> 1冊だけ読みました。(『視霊者の夢』)

あなたは、誰かが新約聖書の一部だけ読んで勝手な解釈をして、
「だからキリスト教は・・・・・・」と断定するひとがいたら、
そんな人の言うことを聞く気になる?


258 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 23:40:49
>>247
貴方も認識できないでしょう?
神と悪魔の区別はできないようですから。

259 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 00:20:56
神と悪魔とは何か?

260 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 17:19:16
ん?天使(善)vs悪魔(悪)じゃないの?
神は善悪の全てを含む完全な存在

261 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/15(火) 21:10:08
>>220 >>249
ヨハネがパウロの影響を受けているとは思いません。何について
そう言うのでしょう。

>>252-253
ここでもぐらを叩くのが私の仕事です。もぐらのあなたにそう言われて
はいそうですかと引き下がる訳にはいきません。私も皆さんのレベルに
耐えているのですからあなたも私の言葉に耐えたらいいでしょう。人間
は忍耐が大切です。

262 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/15(火) 21:19:05
>255
>認識できないから信じるんじゃないの?
>そして信じるキリストについて議論する。別に普通ジャン。

認識出来ないなら信じることは不可能です。それは信じてなど
いないのです。

>>256
主イエス・キリストが神であることをスウェーデンボルグなどを
通じて知ることです。主イエス・キリストが父なる神ならこれほ
ど素晴らしいことがあるでしょうか。

私の信仰動機は自分の悪さに嫌悪を催したことがきっかけです。

263 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/15(火) 21:24:04
>>257
なるほどその通りです。しかし、腐った食物は口に入れた瞬間に
それが腐っていることが分かり、それ以上食べられません。
それと同様です。カントはその1冊で私にはもう十分です。

>>258
世には神を認識している人間もいるのです。

264 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/15(火) 21:35:04
>>234
主イエス・キリストが神であることを知っているクリスチャンは殆ど
いません。しかしそのことがまさに人をキリスト教から遠ざけるのです。
キリストが神でないのに崇拝するなら個人崇拝、人間崇拝であり、
そんなうさんくさいものは誰も心から信じはしないのです。

使徒時代、キリストが神であることが知られていたからこそキリスト教は
広まったのです。使徒たちは彼が神ご自身であることを知っていたのです。

265 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/15(火) 21:39:09
ここにもマイブログのコピペしとこうかな。

 何かを信じるということは、その普遍性を信じる、ということに他
ならないのではないだろうか? 本当の信仰においては、信じられる
ものは、世の人々が曖昧にイメージしているような何かの対象"object"
ではなく、超越者(それは必然的に"subjective"である)である。

 同時にそれは、その信じるものを守るために戦うことでもある。

蛇足:

 上記の弁は、ちょっとするとイスラム相手に宗教戦争をやりたがる
アメリカの米国福音派(保守的キリスト教派)が喜ぶような話と思われ
てしまうかも知らない。しかし、キリスト者(クリスチャン)であると
いうことは、どういうことか。



266 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 21:39:41
>>261-264

さてみなさん、燃料が投下されましたw

267 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/15(火) 21:40:24
 (続き)イエスにとって神が父であったように、福音を受け入れることによって
キリスト者にとっても神はやはり父である。イエスは天に上げられること
によって、神の子ではなくなったのであろうか? 否、イエスは天にあっ
ても、はやり神の子であろう。であるなら、(米国福音派がしばしばそう
主張するように)イエスの「神」であることを強調することは、キリスト
であるイエスと、キリスト者との間に不必要な隔てを設けることになって
しまうのではないだろうか? そもそもナザレのイエスのキリストである
ことを認めることと、イエスの教え(福音)を受け入れ、その教えの如き
神を教えの如く父として信じることは、一つのことである。キリスト者で
あるということは、そういうことを意味するのであって、「イエス・キリスト
を神と認める」という宗教的排他意識の源であるような考え方は、キリスト・
イエスの教えとは本来、何の関係もないことである。



268 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/15(火) 21:41:37
 (続き)そもそも「パウロ主義」における信仰義認の問題意識は、割礼という
一民族としてのイスラエルの風習が「福音の世界化」の妨げになって
しまうことから生じた。行為を伴わない精神性は、主観的な妄想と大差ない。
ここではキリスト・イエスの「私は律法を廃するためにではなく、
成就するために来た」という言葉と同じく、内面性を重んじない
形式主義的行為義認に対する信仰の精神化がテーマになるべきはず
なのである。パウロの信仰における独自の傾向(主観主義的、
グノーシス主義的傾向、肉と霊の対立の強調など)は、福音の
イスラエル民族を越えた広がりのためには良い方向に働いたかも
知れないにせよ、一方で、形式主義的信仰義認とでも呼ぶべき
誤解された信仰のあり方を招きやすくしてしまっているのでは
ないだろうか?

269 :不真面目:2006/08/15(火) 21:44:41
私は哲学版には相相応しくないと思いました。
今までレスして頂いた方、感謝しております。

これからは、宗教版にいきます。

270 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 21:45:40
相応しくないのは、小ヨハネ。

271 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 21:47:45
http://id33.fm-p.jp/27/kakamu/


ちょwwwwwwすげぇwwwwwwwwwww



272 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/15(火) 21:59:43
キリスト者はキリストの弟子たれよ、神棚に飾るなよ?

273 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/15(火) 22:06:16
>>220 >>272
ヨハネがパウロの影響を受けているとは思いません。何について
そう言うのでしょう。


274 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/15(火) 22:09:18
>>270
穴に潜っていないでハンドルネームを付けて出てらっしゃい。
たっぷり叩いてあげますから。

275 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/15(火) 22:11:37
おお、敬愛するソクラテスよ、あなたの後輩たちは
臆病者ばかりです。

276 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/15(火) 22:12:03
そうそう、ヨハネ書のパウロの影響を言ってるのは世界で
俺一人かも知れん。

パウロ書簡読むと、結構、神秘主義的な言辞並んでるんだよな。

277 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/15(火) 22:13:50
ところでユダの告白氏はどこへ行ったのですか。
質問の回答をして下さい。

278 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/15(火) 22:14:11
そもそもヨハネ書って、のっけからロゴス中心主義的だろ?

279 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/15(火) 22:16:12
>>276
そうですか。まあ、個人的な感想は自由ですからコメント致しません。

280 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 22:38:31
>>263
ある狂信的な仏教徒が、十字架上のイエスが最後に「神よ、あなたは私をお見捨て
になるのか」と言うところだけ読んで、鬼の首でも取ったように「ほら、こいつ口
ではいろいろ言っていても、結局死が目前に迫ってきたらこれだよ。ここだけ読ん
でもこいつがペテン師だったのは明らかだから、それ以上聖書なんか読む必要ない」
って言ってたよ。w

281 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/15(火) 22:49:33
冒頭から、「神の子がこの世に天幕を張った」とか(原典)、
昔やったな、これ・・・。

282 :もぐら:2006/08/15(火) 22:53:02
>>274
はい?

283 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 00:56:17
>>263
>世には神を認識している人間もいるのです。

でも、貴方は神と悪魔を区別することができませんよね?

284 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 01:02:58
> 世には神を認識している人間もいるのです。

違うんじゃね。神を認識しているつもりになっている人間もいるのです、じゃね?

285 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/16(水) 06:49:25
>>283
>でも、貴方は神と悪魔を区別することができませんよね?

どうしてですか。

>>284
>違うんじゃね。神を認識しているつもりになっている人間もいるのです、じゃね?

神を認識出来ない人にはそうとしか思えないのでしょう。
もぐらが太陽などというものを見たもぐらはいないと思うのと一緒です。

286 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/16(水) 06:51:22
>>278
ロゴス中心主義とは何ですか。

287 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/16(水) 06:53:30
>>280
その狂信的な仏教徒が信仰する対象は何ですか。
もしそれが阿弥陀仏ならそれはイエス・キリストのことです。

288 :一言居士:2006/08/16(水) 09:24:50
>>269
そんなこと言わないでくださいよ。ここは相手との対話ができてりゃ基本的に居ていいんだから。
だいたい、「バカの壁」に引き篭もってる奴がひとり居てしかもいけしゃあしゃあと「福音」とやらを述べたつもりになってんだから。あなたが退場する理由なんかないよ。

289 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/16(水) 09:25:08
>>286
チャチャっとネットで検索するとデリダの用語らしいな。

初めにみ言葉(ロゴス)があった。
み言葉(ロゴス)は神と共にあった。
み言葉(ロゴス)は神であった。
み言葉(ロゴス)は初めに神と共にあった。
云々。

ヨハネ書はエッセネ派の影響とみられることが多いような
気がするが、ギリシャ哲学が背景にあると思う。

290 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/16(水) 09:29:08
ようするに思弁性が強いってこと。

291 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 11:08:47
>>285
> 神を認識出来ない人にはそうとしか思えないのでしょう。
> もぐらが太陽などというものを見たもぐらはいないと思うのと一緒です。

たとえ話は結構だから、あなたが神を認識していると主張する根拠を書いてくれ。
まさか、他の人には確かめようもないあなただけの「確信」じゃないんだろ?



292 :不真面目:2006/08/16(水) 11:41:29
すみません。一言話したくて
来ました。

私はイエス様=神とは考えていません。
キリスト=救い主(人間)と考えています。
【理由】
*人であるからこそ、人からお生まれになった。
 (処女懐妊は神のお力)
*人であるからこその恐怖、十字架での言葉。
*しかし神は見捨てなかった。(だからこの世の人も見捨てられない)
*三日後の復活。(神の力)
*人であるイエス様が私の罪を引き受けてくれた。(神とのとりなし)

イエス様 本人が全知全能の神であるならば、これらのことは難なく可能
でしょう。
(全知全能の人が何をしてもあたりまえです)

「神は唯一です。また、神と人との間の仲介者も唯一であって、
 それは、人としてのキリスト・イエスです。 テモテT:2・5

最後に小ヨハネさんにこの言葉を送りたいと思います。

私はイエス様を、通してて神のところに行きたいと思います。

皆様に神の祝福のあらんことを。アーメン





293 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 11:50:19
>>285
>>でも、貴方は神と悪魔を区別することができませんよね?
>どうしてですか。

できるのかどうかを聞いているのですが?
できるとおっしゃらないのは、できないからでしょう?



294 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/16(水) 11:54:27
神は対象として認識すべきもんじゃないんだがね。
絶対主体(超越的内在とか言ったりもする)だから、
我々が常に認識される側。

295 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/16(水) 12:11:29
「超越的内在」という言葉を持ち出したのは、人間が
絶対者である神の側から一方的に対象化されるだけな
のであれば、人間の側に主体が実存することが不可能
になってしまうから。つまり泥でこねられた人形(被造物)
を越えるものではなくなってしまう。

だからキルケゴールなんかは「神認識」とかいう言葉使ったりする。
「神の子(神人)」の霊(実存的意識)は三位一体論的に
言えば聖霊を介して繋がっている。

神秘主義では「神との合一」とか言うことが多いね。

296 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 16:15:25
聖書は矛盾に満ちた自己分裂的書物。

297 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/16(水) 17:26:13
ああ、ローマ人への手紙問題の内容、やっと思い出した。

三章三節に「神の信仰(ギリシャ語でピスティス)は無になるであろうか」
という一節があって、例えば聖書協会口語訳ではこれを「神の真実」と訳してる。
パウロの特殊な信仰観を希釈してるらしい。

で、三章二十一節以下に、「それは、信仰なるイエス(ピスティス・イェースゥ)
による神の義であって」とある。同口語訳では「イエス・キリストを信じる
信仰による神の義であって」と、やはり若干、原典とニュアンスの違う翻訳を
してる。

298 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 17:28:54
おまい、ギリシャ語原典で新約聖書読んでんのか?
2ちゃんねる哲学板にあるまじき真面目な香具師だな。w

299 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/16(水) 17:29:48
で、この二箇所をつなげると、「(父なる)神の信仰であるイエス」という
見方が出てくるわけだ。これは何かというと、>>289に引用した
「神の吐いたロゴスであるイエス」という考え方とぴったり重なる。

言霊信仰みたいな話。

300 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 17:34:03
300

301 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/16(水) 17:45:32
こういうパウロの信仰観や特殊な原罪解釈と、(仮定としてだが)
パウロの影響の濃いヨハネ福音書におけるイエス像、とか、
相関関係にまでは、今一つ、踏み込めてないんだが。

302 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 17:55:52
ピスティス(信仰)はヘブル語ではエムーナー(信頼)

303 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/16(水) 18:03:12
>>298
俺は齧ってるとすら言えないレベルだが、別に珍しくはないぞ。
VIPにばかりいても分からんだろうが。

304 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/16(水) 18:22:09
パウロ書簡で気づかされるのは「イエス・キリストにある者である私」とか、
「キリストをまといなさい」とか、キリストを師と弟子のようなパーソナルな
関係を持つべき存在としてではなく、超越的で抽象的でもある何かと
表現している点だな。この流れから、キリストの身体としての全体としての
キリスト者(コリント人への第一の手紙第十二章等)、という霊的全体主義も
導き出される。

ヨハネ書冒頭の「そして言(ことば)は肉体となり、わたしたちのうちに
宿った」という一説も同じことを意味していると思う。

305 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/16(水) 18:56:58
ああ、しかしマルコ・マタイ・ルカに登場する
聖体のパンとぶどう酒のことを考えると、コリント書
はパウロのオリジナルな発想ではないわけだな。

ヨハネ書には、この「最後の晩餐」の場面は存在しない。
キリストは最初から、>>304のように無条件の神的存在と
して描かれているせいだろうな。

306 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 19:05:02
>>303
VIPって何だ? 新約聖書はコイネーだし、
辞典なども完備しているから読みやすい方だとは言え、
ふつうそこまでしないんではないか?
俺の周りがカトリック系だからか?

307 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/16(水) 19:19:51
まぁ、司牧の勉強でもしない限り、普通はしないだろうね。

コリント書のキリストの肢体論は、自己犠牲を象徴する儀式で
ある聖餐とは、若干、ニュアンスが異なるようだな。

パウロの捕らえ方では、皆、役割に甘んじてしまって、個々人の
完徳への道という意識が薄らいでしまうから。

308 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/16(水) 20:22:50
自分と信仰を共有しない他者に出会うと、自分の信仰が
毀損されたような気持ちになるのは、その他者を無意識に
自分の仲間と見做しているからだな。

体制宗教的な信仰形態の持ち主は、得てしてそういう心理に
陥りやすいかも知れない。

309 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/16(水) 21:09:15
シモーヌ・ヴェーユの「人が自らの意志で自らの自由を神に捧げることを
邪魔しないために、人から自由を奪ってはならない」という言葉を俺は
好んでときどき引き合いには出すが、自由のために異教徒の信仰を踏みつけに
して良いなどと言った覚えはない。

310 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/16(水) 23:08:08
>>289
>ヨハネ書はエッセネ派の影響とみられることが多いような
>気がするが、ギリシャ哲学が背景にあると思う。

ヨハネは漁師の息子であり、特にそのような素養はないと思われます。
ロゴスとは言葉でしょうが、スウェーデンボルグがそれについて何と
いっていたかわすれましたが、主なる神の人間性のことではないかと
今思います。それが肉体をまとって出て来られたのがイエス・キリスト
だということです。

311 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/16(水) 23:09:53
>>293
どういうシチュエーションで神と悪魔を区別しろということですか。

312 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/16(水) 23:12:58
>>310
ああ、ペトロも漁師の子ってことらしいが、
ずっとイエスの後をくっついて歩いて何も
学ばなかったと考えるのは非合理だろ。

313 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 23:19:09
ペテロっておっちょこちょいだけどね。
足も遅いし。

314 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 23:22:02
>>311
貴方が神を認識しているのなら、あらゆるシチュエーションでどうぞ。
貴方は認識できていないと思われます。
例えば、神と神でないものの違いを答えられるでしょうか。

315 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/17(木) 07:00:19
>>312
もちろんヨハネはキリストに学びました。しかし、エッセネ派の影響や
ギリシャ哲学がヨハネの背景にあるというのはキリストがそうだという
ことですか。

>>314
少なくとも『神との対話』の神は悪魔と思われます。

316 :ユダの告白:2006/08/17(木) 08:47:58
アホの小ヨハネや・・・!
>しかし、エッセネ派の影響やギリシャ哲学がヨハネの背景にあるというのはキリストがそうだということですか
そなたの歴史的認識の無さ、無知蒙昧さが凄まじくも暴露された言葉よのう・・・。
死海文書を良く勉強すべし・・・。

317 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 08:59:44
>>315
>少なくとも『神との対話』の神は悪魔と思われます。

それは悪魔を認識しているのであって、神を認識できているわけではないでしょう。

神と神でないものの違いの答えにはならないと思います。

318 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2006/08/17(木) 15:07:06
■■■ここまで読んだ■■■

319 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 21:09:46
小さな小さな小さなヨハネ

320 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/17(木) 22:00:23
>>316
なんだ、316は312ですか。馬鹿馬鹿しい。
ところで、くだらないことを言っていないで私の質問への回答を
してください。

321 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/17(木) 22:08:23
>>317
神と神でないものの違いと言われても何と答えてよいのか
知恵のない私には分かりません。識別できるだけではいけ
ないのですか。


322 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/17(木) 22:14:27
ヨハネ10・26−27
 しかし、あなたたちは信じない。わたしの羊ではないからである。
 わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っており、
 彼らはわたしに従う。わたしは彼らに永遠の命を与える。彼らは決
 して滅びず、だれも彼らをわたしの手から奪うことはできない。



323 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/17(木) 22:26:14
>>316
>そなたの歴史的認識の無さ、無知蒙昧さが凄まじくも暴露
>された言葉よのう・・・。

偉そうなことを言っていないで私の質問に答えてください。

質問1.スウェーデンボルグがカントを尊敬していたという論拠。
質問2.無神論のカントと有神論のスウェーデンボルグが共通する
    という論拠。
質問3.カントは冬の散歩道で人に声を掛けられても挨拶しなかった
    程度の人物なのに、どうして美しい信仰心の持ち主などと言
    えるのか。
質問4.カントが美しい信仰心を持っていたというならなぜスウェ
    ーデンボルグ批判の書を正式に訂正しなかったのか。

324 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 22:27:13
>>321

オマエ、真正のバカだな。www

325 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 22:28:53
キリスト教会が説く「罪」に実体があるのか。進化論の登場によっ て、アダムとイブの原罪物語は神話になってしまったはずである。 聖書は、架空の罪を説いているのではないのか。
もし罪が架空であるならば、 
「罰」の方も架空に違いない。聖書か ら神罰の記述を探し出すぐらいは雑作もない。例えばノアの大洪 水は神罰物語であろう。しかしその大洪水が仮に史実であったと しても、それが神罰と言えるのであろうか。
もし天変地異が神罰なら、
1923年の関東大震災も1995年の神戸大地震も神罰と解するしかない。ならば関東の犠牲者10万人と神戸の6000人にだけ、 どんな罪があったというのか。

聖書に騙されて、架空の罪、架空の神罰に翻弄されるようなお人 好しにはなりたくない。人間はただ人間に対してのみ、あるいは
国家・社会に対してのみ罪を犯すのである
前者は損害賠償の責 任を果たすことによって清算され、後者は公開裁判を経て、刑罰 に服することによって帳消しとなるであろう。



326 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 22:31:43
神と人間との断絶噺は、キリスト教会が好んで持ち出す十八番の 話芸である。
しかし現実には、神との断絶などあり得ない。上記 の投稿が、如実にそのことを示しているではないか。
人間から良心の失せることはないのである。
神のすぐそばで微罪を犯そうと、 遠く遠く離れて大罪を犯そうと、
良心は常に厳正に、且つ健全に 機能している。
キリスト教会は聖書のいう罪を「的外れ」と定義しているが、その 定義自体が「的外れ」であろう。
聖職者たちは架空の罪と架空の神罰を振りかざして、
善良な人々の死後を脅迫して生計を立てて いる。罪深いというのなら、彼らこそが罪深いのである。

327 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/17(木) 22:35:00
>>316
カントの『視霊者の夢』も実にあなたと同じような雰囲気です。
とても読めたものではありません。皆さんがカントやニーチェを
崇拝しているのを見ると、オウムの信者や摂理の信者が不潔な
教祖を崇めているのとそっくりです。

328 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 22:38:01

−キリスト教の罪はまやかし−
昨今のキリスト教会が、罪の定義をごまかしていることは明らかです。
福音書にイエスの病癒しの場面がたくさん描かれているには理由があります。
罪と病気が同義語だったからです。
細菌もウイルスも心因性疾患も 知られていなかった時代、
病気は神罰であり、悪魔・悪霊が取り憑くことに よって起こるものと信じられていました。
福音書をご覧下さい。
《イエスは汚れた霊を叱って言われた。
「唖と聾の霊よ、私がお前に命じる。この子から出て行け。2度と入って来るな」
すると霊は叫び声を上げ、 激しく引きつけさせて出て行った。(マルコ9章25−26節》
もう一つ引用してみましょう。

《夕暮れになると、人々は悪霊に憑かれた者を大ぜい、みもとに連れてきたので、
イエスはみ言葉をもって霊どもを追い出し、病人をことごとくお癒し になった。(マタイ8章16節)》


329 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/17(木) 22:38:37
>>324
ははは。真性の馬鹿結構。もぐらの皆さんに誉められたらおしまいです。

330 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 22:40:23
つまり人間の罪に腹を立てる神がいたのであり、
それに呼応して悪魔・悪 霊が取り憑くという図式が描かれています。
すべて病人は罪びとであり、神 の怒りを買っている者であり、
悪魔・悪霊に苦しめられている者でした。
古代社会に於ける医療とは、
詰まるところ悪魔祓いであり、宗教がそれを担 わされていたのです。
宗教・医療・悪魔祓いの渾然一体の時代があったこ とを、まず知っておかねばなりません。


331 :一言居士:2006/08/17(木) 22:40:27
>>327
その言葉 そっくりそのまま あなたに返す
>>325-326
キリスト教の原罪:人間はどうしても地獄に堕ちるっていう発想もはったりですよね。
そんで架空の罪とやらをイエスが贖ったっていうんだから、もう空想そのものでついていけませんよね。

332 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/17(木) 22:42:08
>>313
ペテロ書簡はバカには書けないぞ。

333 :一言居士:2006/08/17(木) 22:42:30
>>328>>330
なるほど。

334 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/17(木) 22:43:39
ルカ6・22−26
 人々に憎まれるとき、また、人の子のために追い出され、
 ののしられ、汚名を着せられるとき、あなたがたは幸いである。
 その日には、喜び踊りなさい。天には大きな報いがある。
 この人々の先祖も、預言者たちに同じことをしたのである。

335 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 22:45:05

古代イスラエルの悪魔祓いは、祭壇に於ける子羊の惨殺です。
他の動物 が用いられることもありましたが、主役はいつも子羊でした。
たとえば申命記からは、儀式執行に当たっての煩瑣な規定を読み取ることができます。
彼らの動物犠牲の祭儀は、
むしろ「生贄の呪術」「子羊殺しの呪術」
と言い換えた方が、文明人には分かりやすいでしょう。

呪術からは次の2点を読み取ることができます。
(1)子羊殺しは、罪ある人間の身代りとしての死刑執行であること

(2)流される血は、罪が赦されるための神への贈与であること

この生贄の呪術(子羊殺しの呪術)が、やがてキリスト教へと発展します。
イエスが「神の子羊」と異称されていることからも容易に理解できるはずです。
つまりキリスト教は、伝統の子羊殺しの呪術に代わる「神の子羊」殺し の呪術
として宗教界にデビューしたわけです。効能書きには、
新しく「永遠 の生命」が追加されました。

《神はその独り子をお与えになったほどに世を愛された。
御子を信じる者 が1人も滅びないで永遠の命を得るためである。(ヨハネ3章16節)》


336 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/17(木) 22:45:12
病や罪に対する時代の知識よりも、イエスがやると
言ったとおりになるって点が重要ナノヨ

337 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/17(木) 22:48:09
>>332
あなたがユダの告白氏なのなら逃げていないで早く私の質問に答えてください。

338 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/17(木) 22:49:26
>>335
文明人って、総理が戦争神社にお参りに出かけて、
半分くらいが大喜びする日本の連中みたいなのの
ことか?w

339 :一言居士:2006/08/17(木) 22:49:44
>>337
人違いと思われます。

340 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 22:49:54
335の続き
誰にも分からない理屈です。
キリスト教の神は、わが子いじめの先駆者な のでしょうか。
神が神に対して神自身を生贄に捧げるということのようですから、
自作自演の自虐プレーとも言えそうです。
説明するにも、伝道側にとってさえ意味不明の様子で、
ただ「イエス様は私たちの罪のために身代りに
十字架にかかって下さいました」
と繰り返すばかりです。

あなたは呪術を信じますか。――身代りの死刑執行と神に供える十字架の血。
古代人の頭の中には、「罪を消去する呪力」と「呪力によって消去さ れる罪」
は正しく均衡して納まっていたのでしょう。
しかし文明の時代に、も はやそんな天秤棒は存在しません。
キリスト教会が執拗に押し付けてくる 罪は、だからまやかしなのです。


341 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/17(木) 22:52:20
国家のために戦って死んだら神様になるとか、
文明人様ならバカにするよなw

342 :一言居士:2006/08/17(木) 22:53:55
>>340
贖罪思想は矛盾の塊ですな。それとキリスト教の罪というのは罪悪感の罪というより、100パーセント地獄落ちするという人間の性質(架空の)と思われるが。

343 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 22:54:52
先人がいてこそ、現代人がいる。だから感謝。
いるかいないかワカラン神様を拝むよりはいいね。

344 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/17(木) 22:55:02
俺は形式主義的信仰義認は拒否するが、贖罪論の全てを
否定するつもりはないぞ。解釈の問題だからな。

345 :一言居士:2006/08/17(木) 22:57:39
>>344
贖罪についてのあなたの説を述べてもらえないでしょうか?
あと神は認識するものでないとはどういうことでしょうか?
教えてください。

346 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/17(木) 23:00:29
メシアの磔刑が、暗にイスラエルの犠牲の風習を模しているのは
事実だと思う。イエスも、それはアタマにあったんじゃないか?

347 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 23:02:37
>>321
>神と神でないものの違いと言われても何と答えてよいのか
>知恵のない私には分かりません。

それを識別できないというのです。
Aを認識、識別ができるならば、not Aとの違いを答えられるというものです。


348 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/18(金) 00:37:46
犠牲ってか、供犠。本物の子羊を首切って祭壇で丸焼きにして、
それで美味そうな良い匂いがして神様が喜ぶってのと一緒だとは、
どんなクリスチャンでもさすがに思ってはいないだろw

349 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/18(金) 00:45:16
ふと、タルコフスキーの『サクリファイス』での、
オットーの贈り物についての言い分など思い出し
たりもするが。

つまり供犠は神のために自分の何かを犠牲にすること。
子羊を自分の所有物だとして。気持ちの問題って話だが。

これはもちろん、キリストの贖罪とは関係の薄い話。

350 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/18(金) 01:20:07
ああ、なるほど。神のために自分を犠牲にするのが、
キリストの贖罪か。

351 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/18(金) 01:27:27
ここまで徹するって、なかなか出来んことだよね・・・。

352 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/18(金) 01:33:00
ベトナム戦争の時、マクナマラの前で焼身自殺を
したクェーカー教徒がいたんだよね。

火を付ける直前に、抱いていた子供を放り出したって。

353 :考える名無しさん :2006/08/18(金) 01:42:22
×キリスト教は邪教です
○キリスト教も邪教です

354 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 07:41:00

キリスト教は、嘘で固めた詐欺師の宗教です。
新約聖書『ヨハネによる福音書』に次のような記述があります。
(54年口語訳、日本聖書協会。以下 同じ)

《イエスはまた激しく感動して、墓にはいられた。
それは洞穴であって、そこに石がはめてあった。イエスは言われた、
「石を取りのけなさい」。死んだラ ザロの姉妹マルタが言った、「
主よ、もう臭くなっております。4日もたっていますから」。イエスは
(中略)大声で
「ラザロよ、出てきなさい」と呼ばわれ た。すると、
死人は手足を布でまかれ、顔も顔おおいで包まれたまま
出て きた。(11章38節−44節)》

まるで安物のコントの世界です。
歴史の中に神の子・キリストが実在した証拠はありません。
福音書が伝えるすべての奇跡は、無知な庶民を欺くため の作り話です。

355 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 07:50:30

キリストの奇跡は本物でしょうか。
福音書が伝えるイエスの不思議な行いは、
古代人の宇宙観を知った上で評価しなければなりません。
福音書から 引用します。

《イエスは彼らに語り終わってから、
天に上げられ、神の右に座られた。 (マルコ16章19節)》

福音書以外からも、類似の記事を挙げることができます。

《こう言い終えると、イエスは彼らの見ている前で
天に上げられ、雲に迎えられて、その姿が見えなくなった。
(使徒行伝1章9節)》
「天に上げられ…」「雲に迎えられて…」は何を語っているのでしょう。
科学 史家の言う「三層の世界観」です。
当時は雲の上にも大地の下にも、それぞれ世界があるものと
信じられていました。神と天使が暮らす上層世界、
悪魔・悪霊が棲む下層世界、そして地球はそれらの間
に挟まって存在して いたのです。
もっとも地球とはいっても、まだその形状はホットケーキのよう
に平べったいものでした。それが三層の世界観です。



356 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 07:52:53

マルコ、使徒の両記事は、イエス・キリストの体
がおもむろに浮かび上がり、風船のようにフワリ、フワり
と上昇して、神と天使の世界へ帰還したと伝えているわけです。
現代のキリスト教会は、この記述を当時の人々の知見、教養に配慮して
比喩的に表現されたものと弁解していますが、姑息な 言い逃れです。



357 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 07:55:59

聖書が平べったい地球しか知らなかったことは、
歴史が証明しています。 そもそも地球が球状であることは
マゼランの世界一周によってようやく知られるようになったのであり、
16世紀に入ってからのことです。ガリレオの宗 教裁判は教会の誤りで
はなく、聖書が間違っていたからです。三層の世界 観あるいは
平べったい地球は、イエス・キリストの奇跡を論じる上で
見落と してはなりません。
教祖の奇跡デビューは、婚礼の席だったようです。
水を葡萄酒に変えた、と福音書は述べています。
以後、嵐を鎮める奇跡、素足で水の上を歩く奇跡、
パンの数を何千倍にも増やす奇跡など次々と起こし、
ついには自分自身が死から蘇って、弟子の目前でオリーブの丘から浮上、
雲に迎えられつ つ昇天するというものです。




358 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 07:58:44

とりわけ死からの復活は、キリスト教の礎石であり、
もしこの奇跡がなかっ たならばキリスト教そのものが存在しえないと
伝道者は言い切ります。人 間にとっての忌まわしい死は、
悪魔・悪霊の仕業であり、罪ゆえの敗北です。
一方イエス・キリストの復活は、死に対する勝利宣言であり、
これを信 じるならば誰でも神の御許(みもと)にあって
永遠の生命を担保されるのだ そうです。
永遠の生命はさておいて、キリストの奇跡は本当に奇跡の語に
値するでしょうか。なぜこのような問いを発するかと言えば、
盲目の禅僧・伊藤慈音 が、軸受けもないのに地球は回る、
これ奇跡なりと言い残しているからです。もし慈音の指摘が
うべなわれるならば、平べったい地球の上の奇跡など論じる価値
さえありません。



359 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 08:26:04
聖書の時代は民衆が地球が丸いとは知らなかったからな。
イエスがそれを丸いと言ったらイエスが殺されていたかもしれない。
地球が丸いなど証明するのはイエスの使命ではなかっただけなんだろう。

360 :めい:2006/08/18(金) 09:18:20
いつの時代もキリストを批判することしか知らない
私たちはキリストを迫害することしか知らない
私たちはキリストを殺すことしか知らない
戦争を生み出したのは私たち人間の欲の塊で他者を傷つけることしか知らない
なのにまだ私たちキリストを我が主として認めず
欲望のままに毎日を過ごすことしか知らない
私たち人間は何を知っているのだろうか。この美しい地球を汚して
神が与えてくれた全ての生き物、土地を与えて祝福してくれたにもかかわらず
神を否定し、神の子まで殺してしまった人間こそが邪であり悪であることを
いまもなお知らない

361 :めい:2006/08/18(金) 09:40:21
私たち人間の知恵では到底、神を理解するのは不可能である。しかし
私たちの生活の中で神を理解しようという心があるなら神の愛が少しずつ
分かってくるのだと私は思います。どんなに美しい花々を人間は作り出す
ことはできません。クローンという技術も今ありますがまだ神の力の前では
遠く及びません。クローン技術では長いLIFE SPANはありませんしそれもただ
神がつくられた源からCOPYをしているだけだからです。私は画家ですが
どんな美しい動物や花または人間を美しく描いても実物と比べれば当たり前の
様に実物のほうが数倍美しくそして個性がひとつひとつの神の作品には
あるのです。人は神の作られた世界で生き神の道具によって生かされています。
近代科学においてもそうであり、車を作るにしてもコンピュータチップを
つくるにしてもその源であるシリコンや鉄が必要で
私達が食べている肉、野菜、魚なども私達人間が生まれる前から
すでに用意されており私達はそれを採って食べて生かされているのです。
ですから私達は神の成し遂げたこの大きな偉大な力と愛と創造の中で
生きているはずなのに、なぜ私達人間は批判することしか知らず神を
否定するのでしょうか。そして否定する人間たちは何を求め何のために
生きているのでしょうか?良い職につき良い奥さんをもらいよい服を着て
よい食事を食べることそれで快楽を求めることがその人の幸せだと思う
人間はたくさんいます。だけども私は思うのです。人の幸せはやがて取り去られて
しまうものです。誰ひとり幸せを永遠に感じることはできません。
主のために生きることだけが永遠の幸せだとは思いませんでしょうか?
主のために生きるというのは互いを愛すること、そして神という壮大な方を
私達の生活の中に取り入れ祈り、他者を愛することだと私は思います。
神の愛が私達人間の過ちを知らす日が来るようお祈り申し上げます。

362 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 09:52:17




Q. 働きもしないで、なんでネット環境あるの?






363 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 10:14:33
>>361

神を愛さない理由。
人生は幸福より不幸の割合が圧倒的に大きいから。
それを原罪というなら、神は苦しみを与えるために人を作ったのか。
少なくても宗教を信仰する最も大きな要因は、「苦難からの解放」だと
思うが、その苦難自体が愛する神によって齎されているという状態は
滑稽ですね。そんな神はとても愛せませんよ。と。

364 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 11:57:45

神の子・キリストは、本当に歴史の中に存在していたのでしょうか。
イエス の存在を疑っているのではありません。
イエスは平凡な名前でしたから、あの町にもこの村にも同名の男性
はごろごろしていました。しかしその中に、 神の子・キリストは
確認されていません。

キリスト信者は、福音書の記述にコロリと騙されているだけ
なのかも知れません。例えばありもしない殺人事件を、
いかにも実際に起こったかのように 書くためにはテクニックが要ります。
それをある文筆家は、「本物の薪(た きぎ)に虚構の火を点じる」
と表現しています。

ヨルダン川、死海、ガリラヤ湖は実在します。エリコもベツレヘムもエルサレムも
架空の町ではありません。ヘロデ王、ピラト総督、大祭司カヤパも、
歴史に足跡を留(とど)めました。どれもが本物の薪です。
しかし神の子・キ リストの出来事だけは虚構の火である可能性があるのです。

365 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 11:59:59
四福音書が出揃った頃から、イエスの誕生について異説が流布していました。
情報源はローマの哲学者、ケルソスです。彼は史上最初のキリスト教批判論者
となった知識人で、イエスの母マリアが夫以外の男性と性交したらしいことを報告しています。


366 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 12:02:12

イエスに纏わりついて離れない「不倫の子」伝承を、
今も等閑に付すことは できません。おそらくマリアの性交相手
はローマ軍に奉仕した人物で、狩人、狩猟者を意味する名前の男性
だったはずです。天使ガブリエルの 胎告知物語
(『ルカによる福音書』1章26-38)に較べ、ケルソスの報告には
リアリティーがあります。
もしイエスがただの人間の子だったとすれば、誰が彼を神の子・キリストに
仕立て上げたのでしょう。まさに使徒なる連中こそが、
この宗教の立役者 であったことは想像に難くありません。
彼らの素性が今なおまったく分かっ ていないことは、むしろ教会側
には幸いでしょう。


367 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 12:17:36
キリストは固体として特別ではないとおもう
誕生の前に多大な伝説・犠牲者たち・お膳立てがあって、
その満ち潮に乗ったのがキリスト
望まれたこと以上をこなしたのは立派だが
歴史的文化的影響は、キリストの仕事以外の状況による


368 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 18:10:02
トーラーの法則

369 :めい:2006/08/19(土) 02:40:49
>363
それはあなたが神を責めたいからです。嫌なことがおこれば全て神が悪いと思っている
人間は精神的に弱くていつもなにか悪いことがおこれば自分のせいではなく
他人が悪いと思いたがる。そして逃げ出したりもう駄目だと思えば自殺を考えたり
する。それが最も逃げきれる道だと勘違いする。あなたは幸福より不幸のほうが
多いというのはテレビのニュースの影響などで神を見ようとはしていない。
不幸の方が多いと思うのはあなたが不幸のことばかり頭に覚えようとしているからだ。
人間は実際に嫌なことは大人になってもひきずることがあり、それがトラウマに
なるケースが多い。それが心の闇であり病でありその隙間に悪の手があなたを
さらって行くことをあなたは気づいていない。嫌なことがあればなんでも
神への冒瀆につなげるのはどうかと思う。それよりも実際にその問題に向き合う事
そしてどうしたら私たちは幸せという意味が分かるのかを考えた方が良い。
逃げてはならない。

370 :めい:2006/08/19(土) 03:00:43
不幸は私たち自身が作っているもの。殺害、盗み、敵意、
姦淫、その他(他人への嘘、傷つける言葉、傲慢な考え、自分の事しか考えないずるさなど)
は全て人間が作り出したものだ。それは神ではなく人間が神がつくった法則を壊した
私たちの罪であり、神への憎しみである。矛を神に向けて何になろうか?
私たち人間がかってに自分達に矛を向けているとも知らずに
今日も人間は神を憎み神をののしり、神に逆らおうとするのだろうか?
愛という言葉を悟れ。それは神のみが知っておられる。そしてそれを知ろうと
するならば、他者を愛し神を愛すべきである。神を愛せる人間にならなければ
どう人を愛すことができようか?離婚ばかり続くこの世だ。それは神を知らずに
生きる人間の生き様が原因である。少しばかり夫婦の関係が悪くなれば逃げ出し
離婚へとせかす我ら人間にはいつの世も神を知ろうとはしない。いいことだけ
与えればあなたは神を信ずると言うのだろうか?それはどこかの社長さんが
あなたにお金をいっぱいあげたらあなたはその社長にこびるのと同じだ。けれども
あなたが病気の時にその社長は来なかった。あなたが手術をしていて苦しい思い
をしているけれどもその社長は来なかった。それは金さえ与えればいいと思ったからだろう。
しかしあなたのそばに来たあなたの母親は金はないがあなたの側で看病し
あなたを愛してあなたの手術の日も来てあなたの為に祈るからだ。
そしてあなたは見ることができるだろう。果たしてどちらの愛が真実だったのだろうか?
神は今もあなたに振り向いて欲しがっている。この物語を母の様に
子は大きくなれば母親や父親に背を向ける人々の多い時代だ。産まれた
時から大人になるまで育てあげ愛を与えたのにもかかわらず。
そして今人間も神という母であり父という存在の愛に気づかずに背を向けて
しまった。

371 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 03:30:58
>>370
わかったから具体的に神は何をしてくれたんだ?
腹が減ったときに神を祈ったら突然目の前にパン
でも現れたのかい?
君は死の間際に神の不在を知るだろう。

372 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 03:35:09
>>370
> 不幸は私たち自身が作っているもの。殺害、盗み、敵意、
> 姦淫、その他(他人への嘘、傷つける言葉、傲慢な考え、自分の事しか考えないずるさなど)
> は全て人間が作り出したものだ。

その悪事を働く人間を神自身が作り出した。と君は言っているわけだが。
その殺し合いを正とする環境(弱肉強食、自然淘汰、生存競争)も
神自身が作っていることに何故気づかないんだ。

373 :めい:2006/08/19(土) 04:37:13
372さんへ
あなたが申したパンについてだが人はパンだけで生きるものではない。
働くことも必要であるし、ただでパンを食べれると思う発想があまりにも人間として
ずれていると思うのだが。弱肉強食や生存競争においてもそれは人間の問題だ。
神は弱肉強食の世界を神が作ったと思っているのはあなただけだと思う。人間
がそういう社会を作ったのだとなぜ考えれないのかと私は思う。神を忌み嫌うのはあなた
の自由だが、生存競争については私達人間が他者よりもいい生活を送ろうとし
ている人間に問題がある。神は人を作ったが決して殺し合いを正とする環境を
作ろうなんて思ってはいない。それは人が神の道を歩まず悪をすい拝することを
選んだからだ。人はPuppet(人形)ではない。自分が神を選ぶか悪を選ぶかという選択
をくれたからだ。

374 :めい:2006/08/19(土) 04:42:44
苦しみなしでは真実の幸せは決して来ない。小さい頃からめぐまれていて何一つ不自由のない人間がいたとしよう。美しい建物、美しい嫁をもらい立派で誰から
も尊敬される人間がいたとしとう。誰もがその人を見れば妬みそして心の奥底では憎悪が生まれる。それが神への冒瀆へと繋がる。何故おれには無理であいつには
できるんだ。全部、神様のせいだと思いたがる。それは自分にないものが他人にはあるからだ。そしてその人の前では愛想はいいものの、家に帰れば悪口の連発が続く。
金持ってるからあいつについてるだけだと。人は妬みそして神をののしることで自分のストレスを解消しようとしている。
実際には金持ちだろうが貧乏だろうが皆問題はある。いくら金を持っていても金を使いまくる子がいれば一瞬にして二世代で金はつきてしまう。美しい嫁がいても
夫婦での会話のない生活を過ごす金持ちもいれば、子供が欲しくても作れない家庭もある。それやあまりにも夫が多忙の日々で子供は親に対しての愛情がなかったりする。
このように全てにおいて人間には他人に知られない秘密があり悩みがありそして苦しんでいる。その事情を知らずに他人は他人をけなす。逆に金持ちが普通の家庭
に憧れるケースも沢山みられる。子供のいない金持ち夫婦は普通の家庭を持った人たちを妬み私も子供のいる家庭が欲しかったと妬むのである。
だから不幸だと決め付けてはいけないのである。自分だけが不幸だと思えばいつもあなたは神を責めるようになるからである。そして不幸という言葉は実は
幸せを探す鍵である。不幸があるから助け合う必要がでてくるからだ。人は自分だけで生きるのではなく、独りぼっちではないからだ。


375 :めい:2006/08/19(土) 05:01:46
問題はそこにあるのではなくイエス キリストを主として受け入れるかにある。何人かここの掲示板でキリストは偽者で実在しないだのという者が増えていることには
とても悲しく思う。それは彼を主として受け入れたくないからである。または真実を偽りに変えてしまう人も多い。ダン ブラウンの書いた本やあらゆる本をとりあげ、
私はこの本を読んだから聖書は偽りだと勝手に判断してしまう。その情報は果たして正しいのだろうか?聖書以外の本を書いたのも人間であり、書いた人間達こそが偽り
なのではないのだろうか?本を書き儲けるだけに書き上げた偽り者達だとなぜ人々は気づかないのだろうか?いつの世もキリストを否定しあげくの果てに殺してしまった
私たちに何が真実か見分ける事のできない者が続出するばかりである。
イエスが空想でできた話だと言う人間が増えてしまったことに関しても悲しく思う。実際、聖書の新約では4人の証言者が同じ証言をしている。それはマタイ、マルコ、医者のルカ、
そしてヨハネによって書かれている。4人が同じ発言をしていてるのにもかかわらず偽りだと発言するのもどうかと思う。それは人々が神を否定したい一心しかないからだ。


376 :めい:2006/08/19(土) 05:03:44
仮に北海道に田中くんがいたとしよう。私は田中くんの親しい友達で私はいつもあなたに田中くんって人が北海道に住んでいて東京に遊びに来るんだけどとても
いい人なんだ。どうだろう?一緒にPartyをやらないかとあなたに言ったとしよう。しかし、あなたは田中くんを知らないし親しくもない人間なので田中くんを家に来させたくない
でいるので私に田中くんはちょっとPartyの席が足りないから無理だなと嘘をつき断ってしまった。そうすればあなたは田中くんを知ることもなければ、田中くんが北海道にいたって
事も信じない。それはあなたが田中くんの存在を拒否してしまったからである。
人は目に見えるものしか信じようとしない。仮に私とあなたが親友であなたがマフィアに追われていたとしてあなたがドアのベルを鳴らし助けを求めたとしよう。然し、
あなたの声は聞こえるが私はあなたの姿が見えないのであなたを信じないとしよう。すればあなたはマフィアに殺されてしまう。それは私があなたの声を聞いたにもかかわらずあなたを拒否し、
あなたを親友として受け入れなかったからだ。
それは私たちが親友をも受け入れることのできない愛のない人生を過ごしているからだ。そして、私たちの親友であり父である神をも神だと認めず拒否することしか考えない愚かさからであり
キリストを私たちは迫害することしか知らない。


377 :めい:2006/08/19(土) 05:13:37
天文学でもあなたのNaked eyeでは見れない星たちがこの宇宙には存在する。
そして私達は科学を勉強してこの私達が住むMilky Galaxyでは火星もあれば木星もあり
冥王星という私達のGalaxyのはじっこにある星まで知ることができた。それはスコープ
を使ったり実際にカメラで実写するまでになった。しかし、私達がこれらを行うまでは
誰もこの星たちが存在するなど誰ひとり知らなかったし信じようともしなかった。
昔の人で言えば地球は丸いということを知らなかった。しかし証明するまで誰もそれを信じようとしない。
空気が大気中にあるということは今では当たり前になっているが実際空気Oxygen
は目には見えない。だけど私達は信じるという言葉を使わないでいる。人が人に
この地球には空気があるんだよ。信じる?と聞いたとしても誰もが馬鹿らしいと思うだろう
それは当たり前のように空気があるからだ。目には見えないが私達は科学に頼らなければ
認めないようになっているからだ。月も実際に行かなければあなたは信じないのだろうか?
いや、あなたにはもう月が地球から見えるためその必要がないのかもしれない。
だがもしも今日もまだ月というものが科学で証明されていなければ
私達はなにか明るい光につつまれた不思議な丸い物体が空に浮かんでいるとしか
思わないだろう。科学では神の存在を超えることができない。神もまた
人の目で見えなければ人は信じないままなのだろう

378 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 08:14:03
>>377
あなたの言う神が実はイエス・キリストその方だと知ったら
あなたは狂喜して喜ぶでしょう。

マタイ13・46
 また、天の国は次のようにたとえられる。商人が良い真珠を探
 している。高価な真珠を一つ見つけると、出かけて行って持ち
 物をすっかり売り払い、それを買う。

379 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 08:16:34
ところで処刑ライダー氏に質問ですが、あなたはユダの告白氏と
同一人物ですか。
もしそうなら私の質問に答えてください。

380 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 08:25:19
>>347 :考える名無しさん :2006/08/17(木) 23:02:37
>>321
>神と神でないものの違いと言われても何と答えてよいのか
>知恵のない私には分かりません。

>それを識別できないというのです。
>Aを認識、識別ができるならば、not Aとの違いを答えられるというものです。

そうですか。私はあなたにそう言われても神を知ることにおいて何も困らない
のです。主を識別する羊に違いを聞いてみたらいかがですか。

しかしあなたは神を認識しているのかそれをお聞きしたい。認識しているなら
その違いについてあなたが説明してみてください。もしあなたが違いを説明
するなら私もそれを手本にして説明してみましょう。

381 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 08:34:17
>>380
>そうですか。私はあなたにそう言われても神を知ることにおいて何も困らない
>のです。主を識別する羊に違いを聞いてみたらいかがですか。

別に貴方が困ろうと困らなかろうとどうでもいいことですが、
認識できないなら、結局は知らないってことで、知っているつもりになっているだけですね。
その点で、石ころを神と崇めている人たちと同じでしょうね。

>しかしあなたは神を認識しているのかそれをお聞きしたい。

私の個人の能力の話は関係ありません。貴方の能力を話題にしているだけですので。

382 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 08:34:19
>>316 :ユダの告白 :2006/08/17(木) 08:47:58
アホの小ヨハネや・・・!
>しかし、エッセネ派の影響やギリシャ哲学がヨハネの背景にあるというのはキリストがそうだということですか
そなたの歴史的認識の無さ、無知蒙昧さが凄まじくも暴露された言葉よのう・・・。
死海文書を良く勉強すべし・・・。

処刑ライダー氏に質問です。
あなたはくだくだとキリスト教をめぐる空疎な雑学を披露しますが、
それはまさに上記のユダの告白氏の主張に沿ったものです。

ところであなたは神の存在を信じているのですか。それから
イエス・キリストは何だと言うのですか。

383 :一言居士:2006/08/19(土) 08:38:15
>めいさんへ
不幸は私たちがつくるものって違うと思います。そもそも生きることはそれ自体で苦しいことなんです。神を信じないから苦しいんじゃありません。
どうしてキリスト者というのは、ステレオタイプな人間の見方しかできないのでしょうか?人生は愛だけでできているわけじゃないのに。
真に病気に苦しんでいる人間が感謝するのは、愛と同情を自分に示すけどそれ以外は何もしてくれない人ではない。むしろ愛も同情も示さないが、自分の病気を治してくれる人なのです。
だいたい本当に苦しんでいる人間に向かって、「あなたが苦しいのは神を信じないせいだ」などと言うのは、その人に対する侮辱に過ぎません。

384 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 08:38:38
>>381
>認識できないなら、結局は知らないってことで、知っている
>つもりになっているだけですね。
>その点で、石ころを神と崇めている人たちと同じでしょうね。

ははは。そんなことはありません。

>しかしあなたは神を認識しているのかそれをお聞きしたい。
>私の個人の能力の話は関係ありません。貴方の能力を話題に
>しているだけですので。

いえ、あなたの認識を是非聞いてみたいのです。私の質問に
答えていただけませんか。

385 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 08:45:10
>>384
>>認識できないなら、結局は知らないってことで、知っている
>>つもりになっているだけですね。
>>その点で、石ころを神と崇めている人たちと同じでしょうね。
>ははは。そんなことはありません。

いいえ。そんなことあります。
説明できない以上、貴方の思い込みなんです。

>いえ、あなたの認識を是非聞いてみたいのです。私の質問に
>答えていただけませんか。

本当は知りもしないのに、私の答えを利用して答える可能性があるので、
私の方が先に答えることはありません。あくまで貴方の答えが先です。
貴方がご自分の非を認めた場合はその限りではありませんが。

386 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 09:14:08
>>373

パンは一例であって、困難に直面した際に
具体的に神は何を与えてくれるのか?という質問。
はぐらさないで質問に答えてくれませんか。

それに生存競争は人間だけじゃなくて
生物すべてがその本能に従って行動している。

> 神は弱肉強食の世界を神が作ったと思っているのはあなただけだと思う。

アフリカでライオンが個体維持のために
シマウマを殺す行為は、ライオンが悪だからなんですか?w

> 人はPuppet(人形)ではない。

神が人間やライオンを造ったのなら、
そのライオンが弱者(シマウマ)を殺す行為を選択する(悪の選択?w)のは
生きるための必然であって、それを選択するのが罪なら、最初からライオンや
人間を神が造らなければいいだけでしょ。
生物を作れば必然的に生存競争という名の殺し合いが発生する
のだから、それは殺し合いの元となる生物を作った神の責任であって、
人間や他の生物はむしろ被害者。神のオモチャだね。

387 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 09:17:24
>>376

北海道の田中君は、現実的な手段、例えばその田中君に電話する、
または自ら北海道に行けばその所在を確認することができる。
北海道の田中君は神の不可知の例えにならない。
素直に、神の存在は証明できませんって言えばいいのにねぇ

388 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 09:21:38
>>377

科学ではその存在を確認できない星も無数にあるだろう。
そこに未知の星があるかもしれないが、科学では
あるとは断言しないし、その未知の星を信じ愛せよなどとは言わない。
君らはあると断言し、その見えない星を信仰し、愛せよと言っている。
ここに決定的な違いがある。

389 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 09:34:07
>>385
>本当は知りもしないのに、私の答えを利用して答える可能性があるので、
>私の方が先に答えることはありません。あくまで貴方の答えが先です。
>貴方がご自分の非を認めた場合はその限りではありませんが。

あなたもよく言う。
では私の神の認識をお答えしましょう。神とは主であり
イエス・キリストです。
神でないものとは主イエス・キリスト以外のものです。

390 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 09:36:13
モーセに出現した神も主であり、その方は後にイエス・キリスト
として来られた方です。

391 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 09:38:58
その神は民族や宗教によってアラーとも阿弥陀仏とも
言われています。しかし同一の神です。

392 :ユダの告白:2006/08/19(土) 09:41:30
あいも変わらずくだくだと空虚な戯言のみをいっておるのう、小ヨハネは。
もすこし中身のある論を述べてくれぬかのう・・・。
これではイエスが可哀そうじゃわい。
二千年まえに十字架で磔になり、今また小ヨハネの愚かな言葉と言う槍に突かれるとは。
イエスが余りにも哀れで可哀そう・・・!!!

393 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 09:42:18
>>389

それが神の認識であるなら、神は私でも構わない。
神とは人間であり私自身です。
神でないものとは私以外のものです。

あなたは私が神ではないと証明することはできない。
だから、神である私に従いなさい。
以上。

394 :スピーカー演説迷惑だ!:2006/08/19(土) 09:42:58
この間家の近所の道路でキリスト教の信者が車の演説スピーカ付などの車に乗って
て「イエス・キリスト教を信じない者は地獄へ落ちる。聖書にちゃんとそう書いてある」
だっけ?な事をスピーカーで昼間に堂々と宗教活動してたけど迷惑だよ。
うるせぇんだよ!
俺と同じ迷惑を受けた人はいませんか?
いい迷惑だよ。

395 :黒色のポスターは何がいいたい?:2006/08/19(土) 09:47:01
それと時々俺がよく移動手段で使う自転車で運転しているとたまに家の壁に
ポスターサイズで周りが黒色で文字が書いてあって神がどうのこうの聖書が
どうのこうのキリスト教を信じない者は地獄へ落ちる聖書にそう書いてある
どうのこうのそんなもんいちいち外に張るなよと俺は思う。
何かキリスト教って自分の考えが違う物は全て排除すると言うイメージが
あるような気がする。

396 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 09:49:08
>>390

講談師、見てきたような嘘をつき。www

397 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 09:57:33
>>389
>では私の神の認識をお答えしましょう。神とは主であり
>イエス・キリストです。

それは言葉を置き換えただけで、何も説明していません。
神=主=イエス・キリスト、これはわかります。

これまでの質問は、
「神=主=イエス・キリスト」とそれ以外のものの違いを説明できるかどうかってことです。


>神でないものとは主イエス・キリスト以外のものです。

例えば、それは何でしょうか?

398 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 09:58:18
九官鳥は憶えた言葉を繰り返ししゃべるだけ。
論理など期待してはならない。

399 :一言居士:2006/08/19(土) 10:49:01
>>395
たしかに「キリスト教は邪教です!」のなかにも、「キリスト教徒は自分と考えの異なる人を認めようとせず、それどころか徹底的に迫害する」とありましたよ。
その実例として、レコンキスタ後にゴルドバにある公衆浴場を全て閉鎖したとかあげられていました。

400 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 12:06:49
>>392 >>394 >>395
おお、出てきましたね。逃げていないで私の質問に答えてください。
なぜあなたは答えられないのですか。出鱈目だからですか。
それから、ハンドルネームをころころ変えるのはなぜですか。
卑怯だからですか。ユダの告白氏=処刑ライダー氏よ

質問1.スウェーデンボルグがカントを尊敬していたという論拠。
質問2.無神論のカントと有神論のスウェーデンボルグが共通する
    という論拠。
質問3.カントは冬の散歩道で人に声を掛けられても挨拶しなかった
    程度の人物なのに、どうして美しい信仰心の持ち主などと言
    えるのか。
質問4.カントが美しい信仰心を持っていたというならなぜスウェ
    ーデンボルグ批判の書を正式に訂正しなかったのか。

401 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 12:12:46
>>397
主なる神イエス・キリスト以外のものとはそれ以外のものすべて
です。そんなことは明白ではないですか。

>神でないものとは主イエス・キリスト以外のものです。

>例えば、それは何でしょうか?

あなたや私、すべての被造物です。



402 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 12:54:38
>>401
>主なる神イエス・キリスト以外のものとはそれ以外のものすべて
>です。そんなことは明白ではないですか。

だから、それはどうやって区別、識別するのですか?と聞いているのです。
「神=主=イエス・キリスト」とそれ以外のものの違いを説明できるかどうかってことです。
と書いているのが読めませんか?

>あなたや私、すべての被造物です。

復活前の肉体のあるイエスは、被造物ですか?神ではないのですか?

403 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 13:16:53
(岩波哲学小事典より)

【スヴェーデンボリ】「スウェーデンの神秘思想家。霊界と人間界との交通を
信じ、多くの信奉者があった。カントの『視霊者の夢』はその神秘説に対する
批判である」

なるほど。。。
丹波哲郎みたいな人なんだろうね。
カントのおかげで哲学辞典にまで載ったんだね。
「カントを尊敬」ってそういう意味なんじゃないかな?
尊敬というより感謝かな?

404 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 13:18:52
(尊敬とか感謝とかいうのは、もちろん霊界での話しだから
示せといわれても示せないんだろ。。。)

405 :ユダの告白:2006/08/19(土) 14:34:28
アホの小ヨハネや・・・!
何を勘違いしているのやら・・・???
わらわは他の名なぞ一度も名乗ってはおらぬわ。
しょうがないのう、アホの小ヨハネや、良くお聞き・・・!
問い一、カント書簡集の中のクーノプロッホ嬢宛のなかで、カントは自身で
スウェーデンボルグに手紙を書き自分の質問事項にスウェーデンボルグが
新刊書のなかで答えるという約束をとりつけた、と述べている。
そのときにカントの依頼をうけて実際にスウェーデンボルグに会った友人は
スウェーデンボルグは非常に好意的で、学者としてのカントを尊敬していると伝えている。
ところがだよ、二年たってもスウェーデンボルグは新刊書でカントの質問に答えなんだ。
おそらく、たんなる失念、物忘れだったのだろうが・・・。
またスウェーデンボルグの著作を送るという約束も果たされなかった。
苛立ったカントは八巻もの「天界の秘儀」を自ら買い込んで読み、「視霊者の夢」を書いたのだよ。

問いの二は前スレで十二分に説明済み、もう一度よく読むが良いぞえ。
問いの三、カントは生まれながらに非常に虚弱体質であった。
十代の頃、医者から「この子はおそらく二十歳まで生きられないだろう」と言われたぐらいなの。
カントにとって規則正しい散歩は、生きるか死ぬかの真剣な自己鍛錬だったの。
そうでないと、あんなに異常なまで規則正しい生活などとても出来ないのだよ。
そのお陰でカントは、八十歳を越える長寿を手に入れた。その当時の八十歳は、現代なら百歳以上の長寿なのだよ。
アホの小ヨハネや、だからそういう文句はそなた自身が百歳以上生きてから言うが良い。
問いの四は、ただ「純粋理性批判」の著述に忙しかっただけなの・・・。

406 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 15:10:17
>>401
空理空論のレスだよw
神がいるという仮定を証明できない限り成立し得ない、珍回答w

407 :367:2006/08/19(土) 15:42:05
数学的な意味での神の証明は不可能
というのも悟性が正しく働くという前提で
証明が成り立っているから
正しく働く仕組みそのものを作った神は
証明以前の領域

408 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 21:22:06
>>405
やっと答えてくれましたね。しかし気になる点があります。
私の手元にある『霊界と哲学の対話 カントとスヴェーデンボリ』
金森誠也編訳・論創社刊にもカントのそのシャルロッテ・フォン・
クノーブロッホ嬢への手紙は収録されていますが(P10)「学者と
してのカントを尊敬している」という表現はありません。

>おそらく、たんなる失念、物忘れだったのだろうが・・・。
>またスウェーデンボルグの著作を送るという約束も果たされなかった。
>苛立ったカントは八巻もの「天界の秘儀」を自ら買い込んで読み、
>「視霊者の夢」を書いた

あなたのこのレスは講談社現代新書 高橋和夫著『スウェーデンボルグ
の思想』(P203)からそっくりそのまま引用していますが、そこにも
「学者としてのカントを尊敬している」という表現はありません。

「学者としてのカントを尊敬している」という表現がどこにあるのか
出典を示してください。

>>403 >>404
露払いとは念が入っていますね。

409 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 21:27:47
俺も霊魂の存在信じるよ。今の科学じゃ解明できないけど霊子力なる未知のエネルギーは存在すると思う。

410 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 21:29:17
(続き)
>問いの二は前スレで十二分に説明済み、もう一度よく読むが良いぞえ。

前のスレッドを読むことができません。今一度説明お願いできますか。

虚弱体質や忙しかったは理解できますが、そういう理由で挨拶も訂正
もしなかったのにどうして美しい信仰の持ち主などと言えるのかその
根拠の説明にはなっていません。その点を答えてください。

411 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 21:36:06
>>402 名前:考える名無しさん :2006/08/19(土) 12:54:38
>>401
>主なる神イエス・キリスト以外のものとはそれ以外のものすべて
>です。そんなことは明白ではないですか。

>だから、それはどうやって区別、識別するのですか?と聞いている
>のです。「神=主=イエス・キリスト」とそれ以外のものの違い
>を説明できるかどうかってことです。
>と書いているのが読めませんか?

そんなことは自明ではないですか。あなたが何を言っているのか
理解できません。

>復活前の肉体のあるイエスは、被造物ですか?神ではないのですか?

神ご自身です。

412 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 21:41:01
>>405
それから、あなたの回答がどうしてこんなに遅くなったのか
その理由も示してください。また>>408 >>410の私の質問
にはすみやかに回答してください。

413 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 21:53:00
>>411
まあしかし、世の中には狐や狸を神と崇拝する人もいるのですから
自明というのは個人差があるかもしれません。

414 :367:2006/08/19(土) 21:57:26
>狐や狸を神と崇拝する人
それは誰ですか?

415 :ユダの告白:2006/08/19(土) 22:17:20
そりゃあおまえがアホだからだよ、小ヨハネよ。
常識で判断せよ・・・、アホのヨハネよ。

416 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 22:25:16
>>411
>>主なる神イエス・キリスト以外のものとはそれ以外のものすべて
>>です。そんなことは明白ではないですか。
>>だから、それはどうやって区別、識別するのですか?と聞いている
>>のです。「神=主=イエス・キリスト」とそれ以外のものの違い
>>を説明できるかどうかってことです。
>>と書いているのが読めませんか?
>そんなことは自明ではないですか。あなたが何を言っているのか
>理解できません。

自明なら、「神=主=イエス・キリスト」とそれ以外のものの違いを
判定する基準を明らかにしてください。

>>復活前の肉体のあるイエスは、被造物ですか?神ではないのですか?
>神ご自身です。

ならば、肉体を持っているある人間が、イエスの再臨(=神)かどうかは
貴方にはわからないわけです。
それとも、人間の中にいるときに、即座に貴方は神かどうか判定できるのでしょうか?

417 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 22:40:11
>>415
>そりゃあおまえがアホだからだよ、小ヨハネよ。
>常識で判断せよ・・・、アホのヨハネよ。

私は例えば具体的な出典箇所を聞いているのです。
回答してください。

418 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 22:42:41
>>414
カントやニーチェを神々と崇拝する人たちのことです。

419 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 22:47:35
>>415
ユダの告白氏よ、男なら男らしく逃げずに回答してください。

それから、カントがその手紙を書いたのは39歳であり、
『視霊者の夢』を書いたのは42歳であったようですが、
スウェーデンボルグがその手紙をもらったとき
カントは哲学者としてそれほど有名だったのですか。

420 :367:2006/08/19(土) 23:01:55
>カントやニーチェを神々と(して)崇拝する人たち
それは誰ですか?
想像上の人ですか?
具体的な個人ですか?

421 :ユダの告白:2006/08/19(土) 23:04:42
そなたはアホ位ではなくて白痴なのか、小ヨハネよ。
その答えはそなたの持っている本に全部書かれているではないか。
持っている本をよく読んでみよ・・・。
カントは偉大な哲学者なのだよ、アホのヨハネよ。
日本語はよく読め、かってな解釈はいけないな。

それにどこにカントやニイチェを神々として崇拝する人たちがいるのかね?
かれらは偉大な哲学者として尊敬されこそすれ崇拝の対象などではない。

422 :考える名無しさん:2006/08/20(日) 04:54:00
どんなに偉大でも時代の制約があるからなあ。
尊敬しつつ、全ては受け容れない、これ当たり前。
たぶん科学史上ではニュートン>アインシュタイン

科学としてはアインシュタイン>ニュートン
カント、ニーチェも似たようなものだろう。

423 :一言居士:2006/08/20(日) 07:25:33
>>421
俺もニーチェを神として崇拝した覚えなんかないぞ。
小さなヨハネ氏は我々をなんだと思っているのだろう。

424 :考える名無しさん:2006/08/20(日) 07:59:14
うーん、小さなヨハネがバカだバカだと思いながら、どうしても自分の水準に引き上げてしまうんだよなあ。
このくらいのことは当たり前と思って議論をしちゃうんだよなあ。

・・・小学生に教えるつもりでやらなきゃあいけないんだろうなあ。







このスレは精薄児、小さなヨハネの言動を見守る会会員専用になりました。
以降、高度な発言は謹んでください。

425 :考える名無しさん:2006/08/20(日) 08:03:09
むしろ、小さなヨハネは白痴のフリをした、壮大というか暇つぶしの釣りとしか思えなくなった今日このごろ。w

426 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/20(日) 10:27:34
>>421
ユダの告白氏よ、私はスウェーデンボルグが「学者としてのカント
を尊敬している」という文章がどこにあるのかと聞いているのです。
逃げないで出典を明らかにしてください。どうしてあなたは
ごまかして逃げるのですか。あるならどこにこう書いてあると
示すだけではないですか。

427 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/20(日) 10:32:57
>>424
偉そうなことを言うならハンドルネームくらい出しなさい。
臆病かつ卑怯者。それともあなたはユダの告白氏本人ですか。
全く哲学徒とは名ばかりのチキンが多い。だから皆さんは
呼びかけられて返事もしなかったという狐のカントを神と
崇めているというのです。

428 :考える名無しさん:2006/08/20(日) 10:37:21
ぬふふ、バラカントークよのー

429 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/20(日) 10:38:25
>>405
>カントにとって規則正しい散歩は、生きるか死ぬかの真剣な自己鍛錬だったの。
>そうでないと、あんなに異常なまで規則正しい生活などとても出来ないのだよ。

それがどして呼びかけられても返事もしなかった理由になるのですか。
冷たい空気を吸うのが嫌だからというくだらない人間のどこが
あなたのいう「美しい信仰心の持ち主」なのですか。
ソクラテスは毒杯すら飲み干したというのに。
馬鹿も休み休み言いなさい。

430 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/20(日) 10:43:29
>>428
さあ、自分は賢いと思っているイタチともぐらはかかっていらっしゃい。
しかし男なら名前くらいつけて来なさい。

431 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/20(日) 10:52:28
>>424 >>425

>精薄児、小さなヨハネ
>以降、高度な発言は謹んでください。

ははは。まったく皆さんは利口者のふりをした愚物です。
なぜなら合理的な議論ができずに出鱈目ばかりで、都合が
悪くなるとすぐ逃げるからです。

敬愛するソクラテスよ、後輩たちによく言ってやってください。
カントのように道で声を掛けられても逃げるなと。

432 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/20(日) 10:55:10
おーい、臆病者のユダの告白氏よ。
早く私の質問に答えてください。

433 :367:2006/08/20(日) 11:57:16
よくわかりませんが、少しはわかりました。
ヨハネ氏にとって、寒い日に返事をしないことは、
「美しい信仰の持ち主」ではどう考えてもありえないということですね。

卑怯とか臆病とか軽蔑すべき人が多いのは、
われわれが哲学者を神々のように崇めている
からだ。
というのも、ヨハネ氏にとっての概念の結びつきを想像して
何とか理解しました。

434 :ユダの告白:2006/08/20(日) 14:36:59
白痴の小ヨハネや・・・!
本はよく読んだかね、それとも日本語がよく分からないのかえ?
まあ、良く分からんのだろうね?
おまえのその分裂的文章は・・・、ぜんぜん理解していない。
せめて講談社現代新書「スウェーデンボルグの思想」ぐらい読破せよ、もっているんだろ?
愚かなヨハネや・・・!

435 :考える名無しさん:2006/08/20(日) 17:16:57
キリスト教徒はユダヤ教徒をどう見てますか?

436 :考える名無しさん:2006/08/20(日) 18:00:16
小ヨハネは狂信者の横暴と狂気を見事に体現していておもしろすぎるw

437 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/20(日) 19:43:23
>>405 :ユダの告白 :2006/08/19(土) 14:34:28
>アホの小ヨハネや・・・!
>何を勘違いしているのやら・・・???
>わらわは他の名なぞ一度も名乗ってはおらぬわ。
>しょうがないのう、アホの小ヨハネや、良くお聞き・・・!
>問い一、カント書簡集の中のクーノプロッホ嬢宛のなかで、カントは自身で
>スウェーデンボルグに手紙を書き自分の質問事項にスウェーデンボルグが
>新刊書のなかで答えるという約束をとりつけた、と述べている。
>そのときにカントの依頼をうけて実際にスウェーデンボルグに会った友人は
>スウェーデンボルグは非常に好意的で、学者としてのカントを尊敬している
>と伝えている。

>>434
せめて講談社現代新書「スウェーデンボルグの思想」ぐらい読破せよ、
もっているんだろ? 愚かなヨハネや・・・!

ユダの告白氏よ、どこに「学者としてのカントを尊敬していると伝えている」
と書いてあるのか答えてください。

438 :考える名無しさん:2006/08/20(日) 21:05:56
ユダの告白さんではありませんが上からずっと読んだので一言。
「スウェーデンボルグの思想」は自分も読みましたので思うのですが
>カントの依頼をうけ実際にスェーデンボルグに会った友人の伝えるところによると、
スウェーデンボルグは「理性的で、親切で、率直な」人物であったという。<
とありますし、スウェーデンボルグがカントの質問に新刊書の中で答え、著作を送る
と約束しています。(結局どちらもスウェーデンボルグの失念のために果たされませんでしたが)。
これらを読むと明らかにスウェーデンボルグはカントを尊敬していたのではありませんか。
そうでないと、わざわざ新刊書のなかで質問に答え本を送りますなどと約束はしないでしょう。
それにカントは「形而上学講義」のなかでスウェーデンボルグを好意的に評してますよ。
どうも、小ヨハネさんは物事を悪意に解釈するいけない癖がありますね。
もっと素直にとらえたらどうですか。



439 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/20(日) 21:16:36
>>438
卑劣なユダの告白氏よ、名前を変えてくだらないことを言って
いないで自分自身の名で答えなさい。卑怯者。

>そのときにカントの依頼をうけて実際にスウェーデンボルグに
>会った友人はスウェーデンボルグは非常に好意的で、学者とし
>てのカントを尊敬していると伝えている。

どこに「学者としてのカントを尊敬していると伝えている」
と書いてあるのか。

440 :考える名無しさん:2006/08/20(日) 21:23:02
438ですが別人ですよ。

441 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/20(日) 21:25:07
>>433
>よくわかりませんが、少しはわかりました。
>ヨハネ氏にとって、寒い日に返事をしないことは、
>「美しい信仰の持ち主」ではどう考えてもありえないということですね。

その通りです。ユダの告白氏はカントはおまえなどとは違う「美しい
信仰心の持ち主」だと言うので、それは疑問だと言っているのです。
カントが本当に美しい信仰心の持ち主なのかそう主張するなら
その根拠を示して欲しいと言っているのです。

まあ、私が美しい信仰心の持ち主でないと言われても別に怒りは
しませんが、それ以外で出鱈目なことを言うのは許せません。

442 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/20(日) 21:30:01
>>440
そうですか。私はユダの告白氏が以下のように言うので

>そのときにカントの依頼をうけて実際にスウェーデンボルグに
>会った友人はスウェーデンボルグは非常に好意的で、学者とし
>てのカントを尊敬していると伝えている。

どこに「学者としてのカントを尊敬していると伝えている」
と書いてあるのか聞いているのです。 憶測でそこまで書くのは
不自然です。あるからあるのでしょう。だからどこにあるのか
聞いているのです。

443 :考える名無しさん:2006/08/20(日) 21:35:25
スウェーデンボルグとかもうトンデモはどうでもいいから。

444 :一言居士:2006/08/20(日) 21:37:07
438の人かわいそうに。小さなヨハネ氏の被害妄想の被害にあっています。

445 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/20(日) 21:42:13
403 :考える名無しさん :2006/08/19(土) 13:16:53
(岩波哲学小事典より)

【スヴェーデンボリ】「スウェーデンの神秘思想家。霊界と人間界との交通を
信じ、多くの信奉者があった。カントの『視霊者の夢』はその神秘説に対する
批判である」

なるほど。。。
丹波哲郎みたいな人なんだろうね。
カントのおかげで哲学辞典にまで載ったんだね。
「カントを尊敬」ってそういう意味なんじゃないかな?
尊敬というより感謝かな?

404 :考える名無しさん :2006/08/19(土) 13:18:52
(尊敬とか感謝とかいうのは、もちろん霊界での話しだから
示せといわれても示せないんだろ。。。)

>>438
しかし、あなたといい上記の403、404といい、匿名でユダの告白氏が
逃げているのを擁護するのはどうしてですか。
私はユダの告白氏が自分で言ったことに関してその出典を聞いている
だけなのです。

>どうも、小ヨハネさんは物事を悪意に解釈するいけない癖がありますね。
>もっと素直にとらえたらどうですか。

あなたは気持ち悪い言い方をしますね。
ところで次の文は引用ですか、あなたの考えですか。教えてください。

>(結局どちらもスウェーデンボルグの失念のために果たされませんでしたが)。

446 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/20(日) 21:47:44
>>443 >>444
私はユダの告白氏の発言の根拠を聞いているだけです。自分で発言したら
責任を持つのは当然ではないですか。

そういうことを軽視するから哲学徒とは名ばかりの集団だと言うのです。

447 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/20(日) 21:55:16
おーい、卑怯なユダの告白氏よ、早く私の質問に答えてください。
別人(それが自作自演であれ本当の別人であれ)に語らせておいて
本人は逃げている状態というのは見苦しいですよ。

448 :一言居士:2006/08/20(日) 21:58:02
だからむやみに人を疑わないで。あなたそれでもキリスト教徒か!?

449 :考える名無しさん:2006/08/20(日) 22:00:13
438です。
気持ちの悪いのはあなたです。
本「スェーデンボルグの思想」の読後感です。
皆さんがあなたを嫌うのがなんとなくわかってきました。
いちいちどうでもいい枝葉末節を捉えてしつこく粘着する。
これでは皆さんに嫌われますね。
ユダの告白さんも余りの不毛さに馬鹿馬鹿しくなってスルーしているんじゃあないですか?

450 :考える名無しさん:2006/08/20(日) 22:09:02
哀れな小ヨハネ・・・
哲学板で弄ばれていることに気が付かない狂信者小ヨハネ・・・

451 :考える名無しさん:2006/08/20(日) 22:13:36
どっちが弄んでるのか本当の所は分からないぞw

452 :考える名無しさん:2006/08/20(日) 22:17:23
見てて面白いからどっちでもいいがw

453 :考える名無しさん:2006/08/20(日) 22:36:05
>>411
>>主なる神イエス・キリスト以外のものとはそれ以外のものすべて
>>です。そんなことは明白ではないですか。
>>だから、それはどうやって区別、識別するのですか?と聞いている
>>のです。「神=主=イエス・キリスト」とそれ以外のものの違い
>>を説明できるかどうかってことです。
>>と書いているのが読めませんか?
>そんなことは自明ではないですか。あなたが何を言っているのか
>理解できません。

自明なら、「神=主=イエス・キリスト」とそれ以外のものの違いを
判定する基準を明らかにしてください。

>>復活前の肉体のあるイエスは、被造物ですか?神ではないのですか?
>神ご自身です。

ならば、肉体を持っているある人間が、イエスの再臨(=神)かどうかは
貴方にはわからないわけです。
それとも、人間の中にいるときに、即座に貴方は神かどうか判定できるのでしょうか?



454 :403,404:2006/08/21(月) 02:00:43
>>445
>しかし、あなたといい上記の403、404といい、匿名でユダの告白氏が
逃げているのを擁護するのはどうしてですか。

いろいろ妄想する前に、自分が多くの人(とは貴方には思えない【思いたくない】のでしょうが)
の反感をかう理由を考えてみたほうが良さそうですね。

【反省だけなら猿でもできる】はずですから。。。



455 :考える名無しさん:2006/08/21(月) 14:15:00
愚かな言辞を弄して、あなたがたをリトマス紙にかけている小ヨハネ氏の深謀遠慮がわからないのか。






↓そんなこたあない、というタモリのAA



456 :考える名無しさん:2006/08/21(月) 17:44:02
ドウモ〜〜〜ッ!!お〜o(⌒0⌒)oは〜♪ハジメマシテ〜〜〜ッ☆☆(*⌒ヮ⌒*)
私は14歳の中学生ですぅ〜〜〜♪(#⌒〇⌒#)キャハ
うーんとー、私メル友がすっごくすっごく欲しくってー、\(⌒∇⌒)/
探してたら(◎_◎)なんとっ!☆彡(ノ^^)ノ☆彡ヘ(^^ヘ)☆彡(ノ^^)ノ☆彡
素敵な掲示板♪を発見!!!!(^o^)//""" パチパチパチ
あやしい所とか…{{ (>_<;) }} ブルブルすごい数の掲示板がありますけど、
これ全部1人の方が管理しているんですか?(@@;)すごすぎ …
てなわけで、ついつい書いちゃったのらー(o^v^o) エヘヘφ(`∇´)φカキコカキコ♪
メル友に、なってくれるよねっ。(*^-^*) お・ね・が・い♪(* ̄・ ̄)ちゅ♪ッ
え?くれないのぉ〜?(;¬_¬)そんなのいやいや〜〜、ガ━━━(゚ロ゚)━━━ン
なってくれなかったら、( `_)乂(_´ ) 勝負! \(^o^)/
☆○(゜ο゜)o ぱ〜んち、☆(゜o(○=(゜ο゜)o バコ〜ン!!( ゚▽゚)=◯)`ν゚)・;'パーンチ
(>_<) いてっ!ダメ!! ゛o(≧◇≦*)oo(*≧◇≦)o″ダメ!!
(☆o☆)きゃ〜〜(@_@;)やられた〜〜(o_ _)o ドテッ ガ━━(゚Д゚;)━━ン!
(+_+) 気絶中。。。。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。うぇぇん <(゜ロ゜;)>ノォオオオオオ!! ??゚□゚;ハウッ!
なあんて(#⌒▽⌒#)こんな私っ!σ(^_^)だけど、(///▽///)
お友達になってm(_ _)mくださいませませ♪('-'*)フフ ドガ━━━Σ(ll◎д◎ll)━━━━━ン
ということで。(^-^)vじゃあね〜〜〜♪(⌒0⌒)/~~ ほんじゃo(゜▽゜ヽ)(/゜▽゜)o レッツゴー♪
それでは、今から他の掲示板も色々見てきまーすC= C= C= C=┌(^ .^)┘
(*^-^*)ノ~~マタネー☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★  

457 :一言居士:2006/08/21(月) 18:16:54
>>456
ここは哲学板だよ。場所わきまえようね、中学生君。

458 :考える名無しさん:2006/08/21(月) 19:35:01
『ローマ教皇とナチス』大澤武男

ラテラノ条約により教皇庁とイタリア・カトリック教会の支持を得たムッソリーニは、権力の頂点に
立つことになった。教会側からは、ムッソリーニが神から使命をさずかった指導者であるという声さえ
出されたほどであった。

ラテラノ条約が締結された十一日後の二月二十二日、ヒトラーはナチ党の機関紙「フェルキッシャー・
ベオバハター」(第四五号)に声明を発表し、次のように述べた。
「ヴァティカンがイタリアのファシストと和解の条約を結んだということは、教会がファシズムの政治機構
を公認し、信任していることの証である。此の度、今までの自由民主主義体制下では不可能であった
強調を教会がファシズムのイタリアと達成したということは、疑いなくファシズム思想の世界がキリスト教の
それと共通性を持っていることを示している」

ヒトラーはまた次のように主張している。
「ナチスの世界観は…(見方によっては)進んでキリスト教的(eine positive christliche)であり、一人一人
のよきカトリック者は、信仰深いプロテスタント信徒と同じように、議会制民主主義の反対者でありうるので
ある」(K・ショルダー『教会と第三帝国』第一巻、二〇八頁)

--------------------------------------------------------------------------------
ファシズム=キリスト教。ヒトラー総統公認。

459 :考える名無しさん:2006/08/21(月) 19:37:32
>>457
コピペにマジレスすんなよw

460 :考える名無しさん:2006/08/21(月) 21:30:23
有色人種にとっては全くの邪教

461 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/21(月) 21:43:11
何年か前にイギリスの科学雑誌が学術的に考証したイエスの
顔写真というのを公表してたが、どちからというとアルカイダ
系だったぞ。

今になって考えると、あれは間違いではなかったのかも試練。

462 :考える名無しさん:2006/08/21(月) 21:47:11
アラブ系とユダヤ系は近親関係という話もあるらしい。

463 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/21(月) 21:50:03
キリストはいつも虐げられし者らの中にいる。

そんな教えなかったっけ?

464 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/21(月) 22:36:00
ユダの告白氏よ、もう腹話術はたくさんなので自分で答えてください。

>そのときにカントの依頼をうけて実際にスウェーデンボルグに
>会った友人はスウェーデンボルグは非常に好意的で、学者とし
>てのカントを尊敬していると伝えている。

その手紙のどこに「学者としてのカントを尊敬していると伝え
ている」と書いてあるのですか。 憶測でそこまで書くのは不自
然です。あなたがそう言うからにはあるからあるのでしょう。
ですからどこにあるのか聞いているのです。

465 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/21(月) 22:37:16
>>463
あなたはユダの告白氏でしょう。そうなら早く答えてください。

466 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/21(月) 22:40:46
>>416
基準はどう説明してよいかわかりません。

>人間の中にいるときに、即座に貴方は神かどうか判定できるのでしょうか?

あなたがそうでないことは明白です。そうやって一人一人判断するのでしょう。
しかしそういう風に主が再臨するのではないと思います。
スウェーデンボルグなど啓示された書物によって再臨するのです。

467 :考える名無しさん:2006/08/21(月) 23:24:15
>>466
>基準はどう説明してよいかわかりません。

つまり、貴方は識別できないってことを自ら証明してるわけです。
気がついておられないかもしれませんが。

>スウェーデンボルグなど啓示された書物によって再臨するのです。

その根拠は?

468 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/21(月) 23:42:49
>>467
>つまり、貴方は識別できないってことを自ら証明してるわけです。
>気がついておられないかもしれませんが。

そうでしょうか。あなたが神でないことを私は明白に
識別しています。あなたが何を言おうがそれで十分です。

>スウェーデンボルグなど啓示された書物によって再臨するのです。

>その根拠は?

根拠?現にそうして再臨しているではないですか。

それから、人と議論しようとするならごきぶりみたいに
頬かむりしていないで名をつけてください。

469 :考える名無しさん:2006/08/21(月) 23:44:06
ごきぶりって頬被りするのかww

470 :考える名無しさん:2006/08/21(月) 23:45:28
>チビヨハネ
おまえは以前神の存在を否定する機械的唯物論者に論争を仕掛けていたが
撤退してこんなチビスレを運営しているちと残念である・・・byエホバw

471 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/21(月) 23:53:27
もぐらが太陽を知らないように、神を知らない人は
神を知っているということが理解できないのです。

自転車のように2輪でバランスなど取れる訳がない、
取れるというならその理由を説明してみろと言って
いるようなものです。自転車に乗れる人間にとって
自転車に乗れる理由などどうでもよいし、ナンセンス
なのです。

472 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/21(月) 23:57:41
>>470
ははは。ユダの告白氏よ、早く私の質問に答えなさい。

473 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 00:00:28
>>472
ははは。パウロの告白氏よ、早く私の質問に答えなさい。
おまえはキリストの間違いを教会によってねじ曲げることに成功したのか?

474 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/22(火) 00:04:50
>>405 :ユダの告白 :2006/08/19(土) 14:34:28
>アホの小ヨハネや・・・!
>何を勘違いしているのやら・・・???
>わらわは他の名なぞ一度も名乗ってはおらぬわ。
>しょうがないのう、アホの小ヨハネや、良くお聞き・・・!
>問い一、カント書簡集の中のクーノプロッホ嬢宛のなかで、カントは自身で
>スウェーデンボルグに手紙を書き自分の質問事項にスウェーデンボルグが
>新刊書のなかで答えるという約束をとりつけた、と述べている。
>そのときにカントの依頼をうけて実際にスウェーデンボルグに会った友人は
>スウェーデンボルグは非常に好意的で、学者としてのカントを尊敬している
>と伝えている。

>>434
せめて講談社現代新書「スウェーデンボルグの思想」ぐらい読破せよ、
もっているんだろ? 愚かなヨハネや・・・!

ユダの告白氏よ、その手紙のどこに「学者としてのカントを尊敬
していると伝えている」と書いてあるのか答えてください。

475 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 00:06:30
>>474
ははは。パウロの告白氏よ、早く私の質問に答えなさい。
おまえはキリストの間違いを教会によってねじ曲げることに成功したのか?
早く私の質問に答えなさい。早く私の質問に答えなさい。早く私の質問に答えなさい。



476 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 00:06:53
小ヨハネは、真偽は自分の勘で決まると以前自白しています。
小ヨハネに論拠などありません。
神の識別も勘で行っているのですよ。

無駄な問答です。

477 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/22(火) 00:08:21
ユダの告白氏よ、なぜ答えないのですか。

478 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 00:08:29
なんでもいいけど、お互い個人攻撃をやめて建設的な議論をしたらどうですか?

479 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 00:08:34
>チビヨハネ=悪魔に属する小天使
早く私の質問に答えなさい。早く私の質問に答えなさい。早く私の質問に答えなさい。


480 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 00:14:47
>>12
>「キリスト教は邪教です!」の続編〜

「キリスト教は邪教です!」の作者はニーチェでなく「適菜 収」ですから悪しからず。

481 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/22(火) 00:20:33
>>475 >>476
ユダの告白氏よ、あなたは具合でも悪いのですか。
しかし私にからむなら私の質問に答えなければ
なりません。



482 :476:2006/08/22(火) 00:33:26
ユダじゃないよw
IDが出ないからなここは。

483 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/22(火) 00:36:53
>>470
>チビヨハネ
>おまえは以前神の存在を否定する機械的唯物論者に論争を仕掛けていたが
>撤退してこんなチビスレを運営しているちと残念である・・・byエホバw

ごまめたちにはごまめたちが歯軋りする場所が必要です。

484 :ヨハネのしっぽ:2006/08/22(火) 00:37:30
>>468
>そうでしょうか。あなたが神でないことを私は明白に
>識別しています。あなたが何を言おうがそれで十分です。

私の存在は関係ありません。
貴方が、神とそれ以外を区別する基準を聞いているのです。
それを貴方が答えられないということは、
貴方は神とそれ以外のものを正しく認識できていないということです。

>根拠?現にそうして再臨しているではないですか。

再臨しているとはどこに書いてありますか?貴方の妄想でしょうか?

485 :ヨハネのしっぽ:2006/08/22(火) 00:38:51
>>471
>神を知っているということが理解できないのです。

違います。
神を知っているということは理解できますが、
貴方が神を知っているとは到底思えないです。

486 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/22(火) 00:42:35
>>482 >>486
>ユダじゃないよw

ああ、そうですか。失礼。

>小ヨハネは、真偽は自分の勘で決まると以前自白しています。
>小ヨハネに論拠などありません。
>神の識別も勘で行っているのですよ。

当たり前です。自転車に乗るのも勘です。

487 :476:2006/08/22(火) 00:52:02
人間の感覚では勘で自転車に乗っているが、
勘を検証をすると、力学的なバランスによって二輪走行が
成立することが論理的に証明できる。

前にも言ったが、勘の裏付けとなる検証をしろよw

488 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 04:18:13
>>480
適菜収先生のサイト、オモロイよっ^^

489 :めい:2006/08/22(火) 04:51:31
たった一日ですごい返信の数には驚きました。私は昨日、キリスト教会へ
行っていたためここには来れませんでしたが。小さいヨハネさん私もキリスト
教徒です。でもヨハネさんもあまり熱くなりすぎないように気をつけてください。
私達も罪人なのであり人間であるのですからね。キリスト教信者でない人にも
親切に答えてあげるべきだと思います。急かさないで彼らの言う事も聞きましょう。
さて問題に入りたいところですが返信があまりにも多いため少しずつ対応していきたい
と思います。私のタイピングはあまり早くないのでそこのところはお許し下い。

490 :めい:2006/08/22(火) 05:15:58
一言居士(383)さんへ
不幸について私達は語っていますが、私は一度も「あなたが苦しいのは神を信じない
せいだ」と言ったことはありません。侮辱するも一切ないので、そこの所を理解していただきたいです。
不幸というお題に戻りますが生きることそれ自体が苦しいとおっしゃっていますが
どうもそれがよく分かりません。何がでは苦しいと一言居士さんは思うのですか?
不幸という言葉には色々意味がありますね。だからとらえかたによっては私が言ってることは
誤解されたかも知れません。苦しんでいる人間に向かってあなたが苦しいのは
神を信じないせいだと言う言葉はどこからそういう風にとられたかも説明できればこちらとしては
助かります。人生は愛だけでできていないとおっしゃいましたがでは何でできていると
いうのでしょうか?後、病気についても語られましたが真に病気に苦しんでいる人間が感謝するのは愛と
同情を自分に示すけどそれ以外は何もしてくれない人ではない。むしろ愛も同情も示さないが、
自分の病気を治してくれる人なのですとあなたは書きましたがそれはお医者さまのことを言っているよう
ですね。でもそれはお医者さまだからできることで私達一般人が友達にできることは何かということは
祈りそして愛を示すことだと思います。もちろんその病人も病気が治ればお医者さまに感謝します。
自分の命を助けてくれたからですよね。でもお見舞いに来てくれた人にもその人は感謝しないのでしょうか?
私達キリスト教徒はあなたにあなたは悪い人だとは言っていません。それは私も罪人の一人であるからです。
感謝を人から求めるために生きてはいません。むしろ感謝されなくても良いとすら思います。
ただその病人にも私達にできることをしたいだけなのです。


491 :めい:2006/08/22(火) 05:31:25
386さんへ
パンは一例だったのですか。申し訳ない。あなたの意味を取り間違えたみたいでしたね。
つまり困難に直面した際に神は何を与えてくれるのかという質問があなたの言いたいことですね。
掲示板で書くとあまりに伝わりにくかったりもしますよね。そこのところはお互いのところがあると
思いますので互いに理解していきましょう。ここでは私も平和に質問のやりとりをしたいので。
はぐらすつもりはありませんよ。できるだけフリータイムがあるならここへ来るようにしたいと思います。
具体的に神は何を与えてくれるのか?という質問については難しい質問です。まずはあなたが何を求めるかが
Baseになるのですが、困難に直面した際というのもその困難によって色々与えてもらえることが違いますし
基本に何を求めてるかにもよります。文字数がいつも多くなってしまうので
何回かにわけて書かせてもらいます。

492 :めい:2006/08/22(火) 05:46:21
アフリカでライオンが個体維持のために
シマウマを殺す行為は、ライオンが悪だからなんですか?w
という質問についてですがこれもあなたの質問は私は理解してなかったので
申し訳ないと思う。てっきりあなたが人間社会の中での弱肉強食おっしゃっていた
と思っていた。ライオンがシマウマを食べるとことについては悪だとは思いません。
つまりあなたはシマウマがライオンに殺されるの嫌なのだと言いたいのでしょうか?
人はPuppetではないの質問についてですが、人は操り人形ではないと言いたいだけです。
私達は神のあやつり人形ではないので、人が神の道を選ぶか悪の道を選ぶかは
人が決めることだと書いたつもりです。誤解が解けるといいですね。


493 :めい:2006/08/22(火) 06:02:42
386さんへ
北海道の田中くんの例についてですが、その人に電話するとかそういう事を
私は言いたいわけでなく、友達が助けが必要な時や友達が遊びに来たとき
私達はその人を友達として受け止めたくないのでいるのでってことが私としての
意味なのですが。もう一度読んでもらって意味を理解していただきたい。私もまた
あなたの文をもっと読んで理解するようにはげむつもりです。
星たちについての例ですがそれは人間は目に見えるものしか信じないと書いたまでです。
つまりあなたが思うには星たちはもともと存在していて、この世界ができたのは自然であり
当たり前のように地球があり、酸素があり、生き物がいると信じているということ
なのでしょうか?

494 :めい:2006/08/22(火) 06:10:31
386さんへ
あなたはまず何故神に対して憤りをもつのでしょうか?またあなたは
人間は被害者であり神のオモチャだと言いますがあなたは神を否定しながら
神のオモチャであると言っていますよね。神の存在を拒否して神がいないと
言っているのに神のオモチャだと言うのはちょっと曖昧にとらわれます。
神を否定するのに神は存在するとも言っているからです。

495 :めい:2006/08/22(火) 06:40:13
なぜこの世は醜く、かつ悪で汚れているかということも考える人は多いだろう。例えどれだけ神が私達を
愛していても人間が神の道に従わなければ悪が人の心に入り汚すということを知る必要がある。
ある立派なお父さんがいたとしよう。彼は飲酒もしなければ煙草も吸わなければ浮気もしない人で
自分の息子にこれらの事だけはやってはいけない。なぜならそれは自分の体調も崩せば精神的にも崩し
そして家庭をも崩してしまうからだと息子に教えたとしよう。然し息子はやがて大人になり他人を見て
なあんだ、皆お父さんが教えた事は全て嘘ではないか。こんな事皆やっていて当たり前なんだから
お父さんの言うことなんか聞く必要もないと判断する。そしてこの息子は父親の道に従わず他人を見て
行動し父親に反抗し反省もせずに生涯を遂げたとしよう。

496 :めい:2006/08/22(火) 06:41:15
この話をふまえて今度は神という存在について語ろうと思う。この父親を神としてどんなに私達を愛していたとしても私達が神に従わず反省もせずに
生涯を遂げるとしたら、私達は父である神を無視して悪い外側からやってくる悪魔に惑わされて
他人に従う事を選ぶことになる。どれだけ神が愛しても私達がそれを受け止める事ができないのならば
当たり前のように人は悪の言うことだけを聞き神を無視して自分勝手なことを始める。なんでもできると勘違いもする。あらゆることに関してこの世には法則がある。自由ばかり求める人間は愚かである。自由とは
神の決めたRULEで生きるとうことだ。例えば人を殺してはならないという事は聖書の中だけではなく当たり前のようにやってはいけない事は誰でも知っている。それは人間がつくった法律の中でもそう書かれているからだ。
然し書かれているにもかかわらず人は人を殺める。それは人間が正しいことをも忘れ、己の欲望に生きて神を無視するからである。どれだけ神は私達を愛しているのに私達は父との関係を拒絶すること
を選んだためだ。


497 :一言居士:2006/08/22(火) 07:58:33
>>490
生きることが苦しいのは、何も金がないとか、怒り・憎しみ・ねたみに苦しむだけじゃありません。人間は善人ゆえに苦しまねばならぬことがある。
また、過剰な罪悪感や、根拠なき絶望や、神経質ゆえの強迫観念などたくさんあります。
人生は愛だけではない、「パン」も必要なんです。この「パン」とは何か?善ならぬものや時には「悪」をさしてます。「悪」とは人間の負の側面のことでこれを認めないとロクなことになりません。
真剣に闘病している人間に同情の意を示したら、かえって失礼になることもあるのです。見舞い人には、病人も感謝するでしょう。そばにいてくれるだけでも感謝します。慰めの言葉は余計な時もある。

498 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 08:45:42
>>489-496
めいさん、返答にはアンカー(例:>>1)をつけましょうね。

499 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 09:57:25
・・・長い

500 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 09:58:30
500

501 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 20:24:56
>>498
流儀、人それぞれ

502 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/22(火) 21:36:48
>>484
>私の存在は関係ありません。
>貴方が、神とそれ以外を区別する基準を聞いているのです。
>それを貴方が答えられないということは、
>貴方は神とそれ以外のものを正しく認識できていないということです。

関係あります。私はあなたが神でないことを明確に知っており、
それを他に適用することにより他のすべても神でないことを
認識しているのです。全体は部分から成るのです。

>再臨しているとはどこに書いてありますか?貴方の妄想でしょうか?

スウェーデンボルグ/『新エルサレムの教義』310
主の来られることは聖言の中に主が現存されることである
(『天界の秘義』3900,4060)。

同/『真の基督教』776
 主の再臨は身体によらず、主から発し主自身であるところの聖言
 によって行われる。


503 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/22(火) 21:53:20
>>487 :476:2006/08/22(火) 00:52:02
>人間の感覚では勘で自転車に乗っているが、
>勘を検証をすると、力学的なバランスによって二輪走行が
>成立することが論理的に証明できる。

力学的なバランスで自転車が立っていることなど論理的に
当たり前です。しかしそれがどうして勘を検証したことに
なるのですか。勘はその力学的なバランスをもたらすための
原因です。結果を説明できても原因を説明したことには
ならないのです。

>前にも言ったが、勘の裏付けとなる検証をしろよw

私にはできません。あなたも勘で自転車が立っていら
れることを検証などしていないではないですか。

504 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/22(火) 22:00:06
>>485 :ヨハネのしっぽ :2006/08/22(火) 00:38:51
>>471
>神を知っているということが理解できないのです。

>違います。
>神を知っているということは理解できますが、
>貴方が神を知っているとは到底思えないです。

どうぞご自由に。しかしあなたは神の存在そのものを
認めるのですか。認めないのに「神を知っているという
ことは理解できますが」と言っているのですか。
(めい氏のご指摘にならいました)

505 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/22(火) 22:08:30
ところでユダの告白氏よ、私の質問に対する答えはどうなって
いますか。

質問1.
 「カントのシャルロッテ・フォン・クノーブロッホ嬢へ
  の手紙のどこに『学者としてのカントを尊敬している』
  という表現があるのか」

506 :476:2006/08/22(火) 23:17:22
>>503
論理的検証を通じて、他者に対する説得力が生まれる。

自転車が走行できることは、検証をしなくても乗っている人間を実際に目撃
することにより(視覚により)説得力を有する訳であるが、言語又は文章だ
けをもっては、説得力に欠ける。
人は空想を真実として語ることが出来る。
妄想を真実として語ることが出来る。
共通認識できる手法を介してのみ、理解を得ることができる。

その上に、批判に対して誹謗中傷をもって答えては、他者を納得せしめる
ことは不可能である。論理的説得のみによって、批判を封じることができる。

論理検証を怠った結果が、地動説の糾弾などの過ちを生む。
過去の過ちを顧みることのなき者は愚かである。
教義のみをもって、他者を糾弾することは愚かである。

愚かな行為は、新たな対立を生む。
宗教対立という不毛な殺戮もまた、その一つである。
愚かな殺戮を人は何千年繰り返したことか。
邪教の根本は、信者の妄信にあるといえよう。

507 :ヨハネのしっぽ:2006/08/22(火) 23:47:19
>>502
>関係あります。私はあなたが神でないことを明確に知っており、
>それを他に適用することにより他のすべても神でないことを
>認識しているのです。全体は部分から成るのです。

関係ないですよ。
私が誰であろうと、コンピュータ上のAIであろうと、未来から来た貴方自身であろうと、
私が貴方に聞いている質問は成立します。

貴方が、神とそれ以外を区別する基準を聞いているのです。
それを貴方が答えられないということは、
貴方は神とそれ以外のものを正しく認識できていないということです。

>スウェーデンボルグ/『新エルサレムの教義』310

別にそれが正しいことの証明にはなりませんが。
それを正しいと思うのは貴方の妄想だと思います。

508 :ヨハネのしっぽ:2006/08/22(火) 23:49:16
>>504
>しかしあなたは神の存在そのものを認めるのですか。

私は認めています。私はその存在を知っていますから。
また、他のものに認識させる方法も知っています。
だからこそ、きちんと説明できない貴方の認識がおかしいと思うわけです。

509 :一言居士:2006/08/22(火) 23:51:42
>>506
そうです。「キリスト教は邪教です」の中でも、偉大な精神はものを疑うとありましたね。あと、確信する人間は信ずる対象の奴隷にすぎない、と。
で、西洋の哲学はキリスト教が基本にあるけど、前提のキリスト教を疑わないとよい哲学とはいえないでしょう。カントの道徳法則の強調はキリスト教の敬虔主義の影響です。


510 :一言居士:2006/08/22(火) 23:53:31
>>508
あなたの説明を希望。単に好奇心からであって、猜疑心からではないから。

511 :考える名無しさん:2006/08/23(水) 00:09:21
>>502
>それを他に適用することにより他のすべても神でないことを

小さなヨハネ氏は何故、起点を他人にして自分にはしないのだろうか。

小さなヨハネ氏、貴方はご自分が神ではないことを明確に知っていますか?
それを他に適用することにより他のすべても神でないことを認識しているのですか?


512 :考える名無しさん:2006/08/23(水) 03:17:21
uo最高の知性すーちゃん
ttp://homepage2.nifty.com/suesue/

513 :考える名無しさん:2006/08/23(水) 08:43:51
>>494

> 神の存在を拒否して神がいないと
> 言っているのに神のオモチャだと言うのはちょっと曖昧にとらわれます。
> 神を否定するのに神は存在するとも言っているからです。

いいえ、神の存在は認めないが、
君のいう神というものが存在するという立場であれば
人間は神のオモチャだ。と言っています。

> あなたはまず何故神に対して憤りをもつのでしょうか?

神という名の全知全能の何でも屋を定義し、
その者の教えで全てを解決できるとした
思考停止人間に対しては憤りを感じますね。

考えるのが面倒だから、人間にとって都合の良い神を捏造し、
それが唯一正しいから信じろ、とするやり方はある意味、
詐欺師やソフィストのそれと同等の欺瞞・不信感・嫌悪感を
抱きますね。神は正、聖書は正という前提を疑うのが哲学です。

それと神を語る者の大半が全てを知った気でいるという点で
謙虚さがない。わからない問題はわからないと
なぜ謙虚に正直に答えることができないんでしょうね。
無知の知からやり直してはいかがでしょうか。

>>501
> 流儀、人それぞれ
2chブラウザを使用しているので、
アンカーがあると、そのアンカーに対する書き込みを
容易に参照できるんです。
アンカーを使用するほうが他の人にとっても合理的でなんですよ。

514 :考える名無しさん:2006/08/23(水) 14:41:07
ねぇねぇ、カミサマは誰が作ったの?

幼稚園児が投げかけた問いです。

515 :考える名無しさん:2006/08/23(水) 15:08:36
>>514

何でもわかっている小さなヨスネじゃね?
超神小ヨハネを造ったのが小ヨハネの住んでいる町長。
町長を産んだのは町長の両親である張蝶々さん。
張さんは韓国人だから、宇宙の全ての元は韓国発ということがここで証明されました。





















・・・面白くない、今は反省している。

516 :考える名無しさん:2006/08/23(水) 15:09:13
516

517 :考える名無しさん:2006/08/23(水) 15:45:53
>>514
えぇとねぇ、カミサマはいないんだよぉ
とでも答えておけば?w

518 ::2006/08/23(水) 20:05:35
>>517
夢も希望もねぇww

519 :一言居士:2006/08/23(水) 20:07:33
>>514
人が作った、と答える。でも人が作った神でも神聖さは存在する。とも答える。

520 :考える名無しさん:2006/08/23(水) 21:01:01
>>495,496
人間が神の愛から離れているのは、人間の愚かさためではないと思う。

暗闇を知らない者は、光のまっただ中にいてもそれを光として認識することは出来ない。
悲しみを知らない者は、喜びのまっただ中にいてもその喜びを受け取ることは出来ない。
同じように、我々は神の愛から離れなければ、神の愛のまっただ中にいてもその愛を受け
取ることは出来ないと思う。
また、神を愛さないという状態にいなければ、我々は神を愛することは出来ないと思う。

なので、人間が神の愛から離れているのは、人間の愚かさのためではなく、むしろそれは
神の意図した必然で、神が我々を愛しているということを我々が知ることが出来るように、
また、神と同じように我々もまた神を愛することが出来るようにと、
神のご慈悲による取り計らいのためにそうなっているのではないかと思う。

521 :476:2006/08/23(水) 22:19:43
>>503
>力学的なバランスで自転車が立っていることなど論理的に
>当たり前です。

じゃあ自転車が倒れない理由を論理的に説明してみてください。

522 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/23(水) 23:40:19
>>521
ははは。あなたがそう言ったから言ったまでですが、その瞬間に
力学的にバランスが取れているからではないでしょうか。


523 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/23(水) 23:45:33
>>511
>小さなヨハネ氏、貴方はご自分が神ではないことを明確に知っていますか?
>それを他に適用することにより他のすべても神でないことを認識している
>のですか?

ああ、それは知っています。私はもちろん神ではないし糞袋です。

524 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/23(水) 23:49:49
>>508 :ヨハネのしっぽ :2006/08/22(火) 23:49:16
>>504
>しかしあなたは神の存在そのものを認めるのですか。

>私は認めています。私はその存在を知っていますから。
>また、他のものに認識させる方法も知っています。
>だからこそ、きちんと説明できない貴方の認識がおかしいと思うわけです。

うーん、本当ですか。しかしそれならすべてのもぐらは鷲となっていた
でしょうし、哲学における議論も止んでいたでしょう。

525 :一言居士:2006/08/23(水) 23:53:41
>>523
「糞袋」のあなたに駁される私らはいったい何なのでしょうか?

526 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/24(木) 00:01:42
>>507 :ヨハネのしっぽ :2006/08/22(火) 23:47:19
>関係ないですよ。
>私が誰であろうと、コンピュータ上のAIであろうと、未来から来た
>貴方自身であろうと、私が貴方に聞いている質問は成立します。

>貴方が、神とそれ以外を区別する基準を聞いているのです。
>それを貴方が答えられないということは、
>貴方は神とそれ以外のものを正しく認識できていないということです。

そうですか。それならそれで結構です。

>スウェーデンボルグ/『新エルサレムの教義』310

>別にそれが正しいことの証明にはなりませんが。
>それを正しいと思うのは貴方の妄想だと思います。

どうして妄想なのですか。

527 :ヨハネのしっぽ:2006/08/24(木) 00:04:22
>>524
>しかしそれならすべてのもぐらは鷲となっていた
>でしょうし、哲学における議論も止んでいたでしょう。

なぜ、そういう結論が出てくるのでしょうか。

それはそうと、私は貴方が、神とそれ以外を区別する基準を聞いているのです。
それを貴方が答えられないということは、
貴方は神とそれ以外のものを正しく認識できていないということです。

528 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/24(木) 00:05:08
皆さんはよく証明、証明と言いますが、証明など出来るのですか。
もし証明が出来るなら哲学の議論などすべて終わっている筈です。

529 :ヨハネのしっぽ:2006/08/24(木) 00:05:35
>>526
>そうですか。それならそれで結構です。

では、貴方は神を認識できていないということですね。

>どうして妄想なのですか。

根拠が無いから。

530 :ヨハネのしっぽ:2006/08/24(木) 00:07:13
>>528
世の中には証明できるものと、できないものがあるってことです。
そして証明できていないことは、間違っている可能性が大いにあるということです。
貴方は正しさとは何かを知る必要があると思います。

531 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/24(木) 00:10:31
>>527
それで結構です。ところであなたの神とは何ですか。
関係ないなどと言わずに教えてください。

>>525
糞袋に止まる銀蝿でしょう。本人は黄金の山の上を舞う
素敵な極楽鳥と思っているかもしれませんが。

532 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/24(木) 00:13:12
>>530
正しさとは何ですか。あなたですか。

533 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/24(木) 00:16:23
>>529 名前:ヨハネのしっぽ :2006/08/24(木) 00:05:35

>>では、貴方は神を認識できていないということですね。

いいえ、違います。それなら主の声を聞き分けるという羊に
そう言ってください。

>どうして妄想なのですか。

>根拠が無いから。

では、あなたに根拠などあるのですか。

534 :ヨハネのしっぽ:2006/08/24(木) 00:24:21
>>532
>正しさとは何ですか。

第三者でも検証できる真理です。

>>533
>>>では、貴方は神を認識できていないということですね。
>いいえ、違います。

どう違うのですか?

違うというのなら、神とそれ以外を区別する基準を述べてください。
それを貴方が答えられないということは、
貴方は神とそれ以外のものを正しく認識できていないということです。

>では、あなたに根拠などあるのですか。

ええ、もちろんです。

535 :一言居士:2006/08/24(木) 01:12:41
>>531
「糞袋」が「銀蠅」に説教を垂れてるとしたら、なんて滑稽な場面でしょうか。

536 :エホバ ◆dFFX3nGp4E :2006/08/24(木) 01:15:53
ヨハネの名を騙るモノたちよ退散しなさい

537 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 01:22:30
>>528
152 名前:小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY メール: 投稿日:2006/08/11(金) 23:26:42
>>146
恐らくカントは神を信じていないと思います。そうでなければ
神の存在は証明できないなどと言わないでしょう。




        ↑意味わからんのですが・・・

538 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 03:28:06
皆さん これでも見て落ち着いてw

創価学会の息のかかった企業リスト一覧
http://nvc.halsnet.com/jhattori/rakusen/AntiSouka/souka.htm

539 :めい:2006/08/24(木) 09:38:04
こんばんは。結構な忙しさでここには来れないですが、お互いの意見を尊重できる
ようにしましょう。これではお互いが責め合っている。おまえが間違ってるいや
おまえが間違っていると言ってるだけではただの喧嘩にしか見えません。証明
をしろと言い合ってては何処にも話はすすみませんね。それから他人をアホ呼ばわりしたり
もぐらなどという言葉は使わないで欲しいです。意見が違うのは分かります。それは
信じていることが異なっていますからね。

540 :めい:2006/08/24(木) 10:04:37
>>513さんへ
>いいえ、神の存在は認めないが、
>君のいう神というものが存在するという立場であれば
>人間は神のオモチャだ。と言っています

とあなたは書いていますが神の存在を認めないが私の立場において人間は神の
オモチャというのはどういうことでしょうか?私の立場というのは(私は神を信じている)
という事になりますがもしあなたが神を信じているとしたらってことですよね。
でももし信じていて人間はただのオモチャとしか思ってないならそれは信じていないのと
同じです。
あなたが憤りをもつ原因はただ意見が違うということではないでしょうか?
>神という名の全知全能の何でも屋を定義し、 その者の教えで全てを解決できるとした
思考停止人間に対しては憤りを感じますね。

の文についてですが、その者(神)の教えで全て解決するとは思っていませんよ。神がいても互い人間も
協力しあわなければならないと思うからです。誰も神がすべてやってくれるとは言ってません。



541 :めい:2006/08/24(木) 10:12:10
513さんへ
>考えるのが面倒だから、人間にとって都合の良い神を捏造し、
それが唯一正しいから信じろ、とするやり方はある意味、
詐欺師やソフィストのそれと同等の欺瞞・不信感・嫌悪感を
抱きますね。神は正、聖書は正という前提を疑うのが哲学です。

このあなたの文についてですが、何処が詐欺師なのか分かりません。別に
あなたに対して怒っているわけでもないですし騙しているつもりもないし
傷つけようとも思っていません。哲学者の中にも神を信じる人はいっぱいいますよ。
ただ日本にはキリスト教を嫌う人が多かっただけです。

>それと神を語る者の大半が全てを知った気でいるという点で
謙虚さがない。わからない問題はわからないと
なぜ謙虚に正直に答えることができないんでしょうね。
無知の知からやり直してはいかがでしょうか。

全てを知った気でいると書かれましたがそれも誤解ですね。そういう風に
あなたがとられたならもう何も言うことはありませんが無知の知とはなんでしょうか?
あなたの思考も学校やテレビや社会によって影響されそれが知識の元になってる
のですから。

542 :めい:2006/08/24(木) 10:17:52
謙虚さがない。わからない問題はわからないと
なぜ謙虚に正直に答えることができないんでしょうね。

>ではあなたには謙虚さがあると言いたいのでしょうか?あるとしたら
何処に?互いが互いを見下していては意味がありません。

543 :ヨハネのしっぽ:2006/08/24(木) 10:37:56
>>539
>証明をしろと言い合ってては何処にも話はすすみませんね。

話を進めることが目的ではありません。
証明できないことは、間違っているかもしれないということを認めることが大切でしょう。

>おまえが間違ってるいやおまえが間違っていると言ってるだけではただの喧嘩にしか見えません。

もちろん同様に、「間違っている」というのも、証明できなければ、ダメだと思います。

どちらも証明できないなら、それは、正しい可能性も、間違っている可能性もあるということです。

証明もできないのに、絶対的に正しいというのは、議論を進める態度ではありません。

544 :ヨハネのしっぽ:2006/08/24(木) 10:41:53
>>542
相手に謙虚さがあるかどうかが問題ではないでしょう。
特にクリスチャンなら相手がどうかよりも、自分の態度を見つめなおしてください。

貴方自身に謙虚さがあるかどうか、
わからない問題はわからないと謙虚に正直に答えることができるかどうかが問題だと思います。


545 :一言居士:2006/08/24(木) 11:50:55
>>539>これではお互いが責め合っている。おまえが間違ってるいやおまえが間違っていると言ってるだけではただの喧嘩にしか見えません。
そうですか。しかし、ここは議論・討論の場ですよ。「お互いに正しい。これでお終い。」ってことにはなりません。喧嘩ですか。以後言葉には気をつけます。
>>540>あなたが憤りをもつ原因はただ意見が違うということではないでしょうか?
>>513の人ではないが、答えさせてもらいます。意見が違うだけで憤りを持つとは限らないはずです。憤りというか嫌悪感を持つのにはそれ相応の根拠が存在するのです。
その根拠に基づき、相手の意見を駁するのが議論・討論のひとつの方法です。
>>542>互いが互いを見下していては意味がありません。
見下す?相手の意見が全て間違っているとか、自分の意見が全て正しいとか、ここの住人は考えていると思ったら間違いです。
いやそれよりあなたは、討論・議論の行為自体やそれをする人のことを見下していない、と言い切れますか?

546 :めい:2006/08/24(木) 12:11:13
>一言居士さんへ
早いお返事ありがとうございます。ええ確かにここは討論の場ですから私も討論しているつもりですが
ただアホとかもぐらとかそういう言葉はつつしんだ方がいいと思っただけです。
だから今も私は討論する姿勢で対応しているつもりです。
>。意見が違うだけで憤りを持つとは限らないはずです。それはそうですよ。私もそれは分かっている
ただ書く量も決められているわけですし全部を全部文字に変えることはできないので文字数も決まってるので
時間をかけて討論するつもりです。
>相手の意見が全て間違っているとか、自分の意見が全て正しいとか、ここの住人は考えていると思ったら間違いです。
これも承知しています。全員言っているわけではないのでその人その人の質問に応じているつもりです。
一言居士さんに言っていたわけではないのですよ。

547 :めい:2006/08/24(木) 12:17:38
一言居士さんへ
>討論・議論の行為自体やそれをする人のことを見下していない、と言い切れますか?
この質問ですが少なくとも他人を傷つけるような言葉は言っていないと思います。
相手を馬鹿にすることを見下すと私はとらえますが一言居士さんはどうお思いなんでしょうか
相手の考え方も私はそれなりに受け止めているんですよ。こういう考え方もあるし
ああいう考え方もあると私は思います。私も最初は皆さん方と同じ考え方だったって
ことも覚えていてください。

548 :一言居士:2006/08/24(木) 12:19:47
>>546
そうですか。私は昔から、自分以外の他人に向けた言葉を、自分に向けられた言葉と勘違いする癖が多少ありまして・・・

549 :めい:2006/08/24(木) 12:27:23
ヨハネのしっぽさんへ
>相手に謙虚さがあるかどうかが問題ではないでしょう。
特にクリスチャンなら相手がどうかよりも、自分の態度を見つめなおしてください。

その通りです。私もそう思います謙虚さがあるかどうかは問題ではないって
ことは私は言いたかったのです。その質問は私ではありませんよ。それは513さんの
質問です。自分の態度についてですが、私もちゃんと態度を見つめなおしています。
でもそれはお互い様です。

550 :ヨハネのしっぽ:2006/08/24(木) 12:45:09
>>549
私は、クリスチャンなら「お互い様」なんて態度ではダメだと思います。
相手がどうであろうと、だと思いますね。

551 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 14:35:34
>>541

ええと、ちょっと感情的になってしまったことをお詫びします。
(少なくても私は、)神は主観的にも客観的にも確認しようのない
不可知な存在であると考えています。
その確認しようも無いものを、同様に現代の知性では確認しようのない
宇宙の起源や、物質の本質、真理などの解に結びつける方法論に
無責任さと不信感を感じるわけです。

無神論者に対して、神は真理と主張するのは勝手ですが、
無責任に「神を愛せば救われる」などと言い放ち、信仰した結果
救われなかったとしたら、その信仰の為に費やした貴重な時間や金に
対する責任をどう取るんですか?とりませんよね。
それに、具体的に神は何をしてくれるのか?という問いについても
あなたは答えていない。
そういう意味で詐欺師のようなもの。といっているわけです。

無知の知を出したのは、その様な確認しようの無いものごとについて
あたかも知っているかのように、「神は真理である」と主張する姿勢に
対する皮肉です。少なくても「何を知らないかを知る」ことが賢明であり、
知らない問いに対しては「わからない」と答えることが謙虚だといいたい
わけです。

552 :ヨハネのしっぽ:2006/08/24(木) 14:51:45
>>551
>(少なくても私は、)神は主観的にも客観的にも確認しようのない
>不可知な存在であると考えています。

これは、貴方の神の定義ですか?
それとも、貴方が想像する神の性質ですか?

「神」のイメージに対するコンセンサスが得られていることを
前提にしているのはおかしいと思います。

神がある石ころだったら、それは主観的にも客観的にも確認でき、
不可知な存在ではありません。

>その確認しようも無いものを、

これ以降はまったく同感です。

553 :123:2006/08/24(木) 14:53:31
>>小さなヨハネ氏
小さなヨハネさん!あなたは、糞袋ですか?>>523
がっかりしました!
それより「最強の哲学」、「照応の法則」とやらをご披露出来ませんか?
そうすれば、本物の聖ヨハネも天界で、さぞ御満足と思いますが?

問い?
日本民族の「照応の法則」からの観点と方向性?
是非是非、説明して下さい。



554 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 15:53:20
1-553
「神の名前」ではなく「神の性格」について議論しましょう

555 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 16:03:38
坂東眞砂子。直木賞受賞作家。映画「四国」の原作者。

子猫殺しを告白。彼女の公式掲示板は祭り中。


556 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 16:08:26
>>552

> これは、貴方の神の定義ですか?
> それとも、貴方が想像する神の性質ですか?

有神論者がいう神という名をもつ観念に対する私なりの定義です。
例えば、他者が「全知全能であり、真理であり、主であるXは存在する」
といった場合のその「X」に対する定義です。
便宜上、「X」を彼らに通ずる「神」という名に変えて使用しているだけです。
そういう意味で、その「X」と呼ばれるものは、
(主観的に)少なくても私には、確認しようがなく、
(客観的に)科学的にも検証可能性のない、
不可知な存在であると考えています。

557 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 16:11:08
>>556
訂正
検証可能性 → 反証可能性

558 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 16:14:00
最果

559 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 16:16:12
蛇淫

560 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 16:19:20
すごく書きたくないが一応いう

561 :ヨハネのしっぽ:2006/08/24(木) 16:28:45
>>556
宇宙そのものを神とする有神論者もいますが、
その場合不可知ということはなく、神の性質が問題になると思います。

562 :123:2006/08/24(木) 17:08:24
根本的な問い

ニーチェは、何を信仰していたんだい?
権力? それとも永劫回帰、 超人かい?
これこそ、問題の核心と思うが?

563 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 18:03:26
真理といわれているものが真理でないという真理とかはどう?

564 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 18:30:49
糞袋様はご在宅でしょうか?

565 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/24(木) 20:53:24
>>553
スウェーデンボルグ/霊界日記857
「ある一人の霊が大胆に、また自信をもってやって来た。私たちが他の者
 たちと言葉を交わしながら主について話したとき、かれは私たちが話し
 ている主とはたれですか、とたずね、しかもそれが非常な自信をもって
 たずねられたため、最初わたしはかれは信じているとしか考えないわけ
 にはいかなかった。わたしはその方はイエス・キリストであられる、と
 言った。かれは、自分はその方はたれであるかは知らないし、その方に
 ついては聞いてもいないが、自分は宇宙の創造者、一人の神のみを信じ
 ている、と言った。それでわたしは、あなたはどこから来られたか、あ
 なたはこの地球に住んでいる者たちの一人であられるか、インド、日本、
 アフリカ、または他の何処から来られたか、をわたしに告げてくれるよ
 うにと、かれに求めたが、しかしわたしはそれを知ることはできなかった。」

スウェーデンボルグが彼の厖大な書物の中で唯一「日本」に触れたと言われる
のがこの箇所です。それは重要な意味を持っていると思われます。

なぜなら彼にとってアフリカとインドは良い意味で述べられている
からです。
アフリカとは天的な者が多く住んでいるところで、アフリカ人は
無垢で最も天界へ往きやすい民族であるというように彼は言います。

インドも霊的なヨガ行者が登場したと記憶しています。

その2国に並んで日本が触れられているということは良い意味で
触れられているに相違ありません。彼にとって日本は何らかの
霊的な意味を持っているのです。

566 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/24(木) 21:00:06
スウェーデンボルグは聖書において「島々」という言葉の持つ
意味を次のように解説しています。

スウェーデンボルグ/天界の秘義1158
・教会の外にいる正しい諸国民
・無知と単純と公正の中に生きているところの教会の外にいる諸国民

 「『諸国民の島々』によりそれよりも更に隔たった者が意味され、
 互いに相互的な仁慈に生きているが、それでも無知であって、主に
 ついては教会の信仰の教義的なものについては、内なる礼拝につい
 ては何事も知らないが、それでも或る外なる礼拝を持ち、それを宗
 教的に守った者たちが元来意味されているのである。こうした者た
 ちは聖言では島々と呼ばれており、それで『島々』により、その内
 意では、内なる礼拝から更に隔たっている礼拝が意味されているの
 である。」

567 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/24(木) 21:07:28
「島々」に該当する諸国民とはまずキリスト教が最初に伝わった
ギリシャを指すのだろうと思います。次に想定されるのは近代
デモクラシーのリーダーとなったイギリスです。
そしてこれから活躍することになるのが我が国・日本ではないか
と思うのです。スウェーデンボルグは次のようにも述べています。

静思社/スウェーデンボルグ/『聖書』116
 「わたしは、(遠い)島々に生まれて、社会的な事柄について
  は合理的ではあったが、神については全く何ごとも知っては
  いなかった人々を見ることを許されたことがある。霊界では
  こうした者は猿のように見え、その生活も猿のそれに酷似し
  ているのである。しかし彼らは、人間として生まれ、従って
  霊的生命を受ける能力を与えられているため、天使たちから
  教えられて、人間としての神を知ることによって霊的に生き
  たものとなされるのである。」
       (真の基督教274、霊界日記5822にも同)

568 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/24(木) 21:16:20
日本は宗教に毒されていない数少ない国ではないかと思います。
従来の宗教(キリスト教を含む)に毒されていたら主イエス・
キリストを真の唯一の神と認めることはできません。
日本こそそれを認められる唯一の国民であろうと私は考えて
います。

日本には『言霊』という言葉があります。正確な意味を知りま
せんが、それは恐らく「言葉の霊的意義」の意味から発生して
いるのでしょう。「言葉の霊的意義」を認められない者はたく
さんいます。その意味においても日本にはその素質があるので
はと思うのです。

569 :一言居士:2006/08/24(木) 21:21:38
>>568
言霊をどうしてキリスト教に結びつけようとするんでしょうか?
言霊とは、言葉の暗示作用を表現したものでは?これは私見ですが。

570 :りょん ◆Ryo/Z1n.Io :2006/08/24(木) 21:25:50
ェ・)ジッ

571 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 21:26:13
>>568
>正確な意味を知りませんが、それは恐らく

…じゃなくて正確な意味の方教えて頂けません?

572 :さるべ:2006/08/24(木) 22:44:33
『言霊』は密教の流れをくむ祈祷加持のなかで重要な役割を果たしたとしか知りませんが。。。
「言葉で表せないもの」を「言葉」でもって体現するという一見矛盾とも言える理念があるようです。
なぜか人は「言葉」から影響を受ける。それなら、言葉に呪力が存在する=暗示作用とまあ言えなくはないですね。

573 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 22:50:33
言霊
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%80%E9%9C%8A

574 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 06:08:11
糞袋様の袋には聖書の劣化コピーが
たくさん詰まっているのでありますか?
糞を撒き散らす行為は慎みなさい!

575 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/25(金) 06:54:47
>>574
処刑ライダー=ユダの告白氏よ、減らず口をたたいていないで
私の質問に対する回答はどうなったのか。

576 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 07:28:51
>>575
ああ糞袋様。
わたくしは、処刑ライダー=ユダの告白氏ではなく、単なるもぐらです。
あなたは何故もぐらであるわたくしを叩いてもてあそぶのでしょうか。

ああ糞袋様。
あなたが回答を求めるなら、
まず謙虚に他の方の質問にも回答してみたらどうでしょう。
あなたの減らないお口からでる糞を受け止める心の準備は出来ております。

577 :123:2006/08/25(金) 08:19:08
御返答有難う御座います。
>>565スウェーデンボルク氏が日本に言及しているのは
   とても興味深いです。

>>566>>567「島々」に何か重大な鍵、ヒント、象徴があると
      自分も思う。

>>568黙示録の「ロゴス」は「言霊」と訳す方が、自分では納得出来る。
   日本語の「アイウエオ」は何故か不思議です。

578 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 13:19:38
糞袋様。
ミネルバの糞袋うは夕暮れ時に飛び立つのでしょうか。
それとここは糞袋様のお口から出る糞まみれの糞袋小路でしょうか。

早く質問に答えなさい!

579 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 17:42:17
>>576

訂正いたします。

> あなたの減らないお口からでる糞を受け止める心の準備は出来ております。

あなたの減らないお口からでる糞を受け止める.心の準備は出来ております。

580 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 18:27:28
>>579そんな糞スレ書いて、何が好いんだい?

581 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 19:44:33
>>580
糞袋様。あなたは糞袋様でしょう?
もぐらのように姿を隠してないで早く私の質問に答えなさい!
私は今日、糞袋様の袋に入っているスウェーデンボルグの天界の秘義
を買いに、糞袋まで足を運び、新栄堂書店池袋本店に立ち寄りました。
店員に「糞袋の袋の中身はどこにありますか」と尋ねたところ、
「当店では取り扱っておりませんし、くみ取りません」と答え、
藤田雅矢さんの著書「糞袋」を手渡されました。
どこに行けば糞袋様の袋の中の糞を買えるのでしょうか。
それとも糞袋様はただの糞袋なのでしょうか。
違いますよね?
いいから早く私の質問に答えなさい!

582 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 20:06:14
・・・このような過程を経てキリスト教は邪教であり糞袋となるに至った。
めでたし、めでたし

583 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/25(金) 21:40:22
>>581-582
地獄には糞尿地獄という地獄があって、そこの悪魔たちは
糞尿の匂いが類稀なよい匂いに感じられて、糞尿を愛する
そうです。麻原某が紙おむつをどうこうしたというのを
聞いて、その話を思い出した記憶があります。

そんなにあなたは糞が気に入りましたか。ユダの告白氏よ。

584 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/25(金) 21:44:15
ユダの告白氏よ、私の質問に対する答えはどうなったのですか。
あなたが言ったことなのですから責任を持って答えて下さい。

質問
カントの手紙のどこにスウェーデンボルグがカントを哲学者と
して尊敬していると言ったと書いてあるのか。

585 :ヨハネのアタマ:2006/08/25(金) 22:40:13
空っぽ(^o^)

586 :きんぴら:2006/08/25(金) 22:44:46
>>小さなヨハネ様

だから、聖書を理解したくば、ユングの「ヨブへの答え」に
すべて書かれていますよ。

鉄板人の常識でつ


587 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 22:59:24
>>583
もぐらは黙って真実という名の日の光の当たらない
死と暗黒の土の中に潜っていなさい。

糞袋様はどこにいらっしゃるのでしょうか。
いるなら早く私の質問に答えて下さい!

588 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 23:11:58
自己の異常性は、それと同等かそれ以上の
歪んだ鏡を見ることでしか自覚できないものである。

589 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 23:36:14
>>588
あなたは糞袋様ですね。卑怯な真似をしないで出てきなさい。
私はもぐら叩きをしているのではありません。
早く質問に答えてください。

590 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 02:59:10
すっこんでろ、ばか!


591 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 05:20:26
キリスト狂徒、まじでウザいわ。
俺の全人生をかけてもこの基地外教だけはつぶしたる。

100年以内に精神病の一覧に「キリスト狂」をリストインさせて、
んでもって二千と百年でこのクソ宗教の歴史にトドメさしたるから見とれ。

とにかく、だ。
キリスト狂徒は、どいつもこいつもはやく死ね!

592 :めい:2006/08/26(土) 06:10:58
>>591
キリスト狂徒、まじでウザいわ。 俺の全人生をかけてもこの基地外教だけはつぶしたる。
100年以内に精神病の一覧に「キリスト狂」をリストインさせて、
んでもって二千と百年でこのクソ宗教の歴史にトドメさしたるから見とれ。
とにかく、だ。 キリスト狂徒は、どいつもこいつもはやく死ね!

こういう人はテロリストとあまり変わりません。殺意しかないのですから。

それはさておき、神の存在について語るつもりです。私達人間が何かを作るためには
例えばコンピューターでもテレビや冷蔵庫やロケットを作るためにはあらゆる物を使わなければなりません。
つまり私達は地球の資源から何かを作っています。そして私達人間の創造からこういう便利な
品物をつくるわけです。何もないところから何かをつくるとしたら人は何もできません。目の前に壁しかなかったら
創造することも知識も豊かになりません。この地球も勝手に生まれてきたとしたらそれは嘘になってしまいます。
誰かが創造して作らなければこの世界に人も動物も山も海もたくさんの星もできないはずです。
それを可能にしたのが神であると私は思うのです。

593 :めい:2006/08/26(土) 06:32:09
>>551さんへ
>それに、具体的に神は何をしてくれるのか?という問いについても
あなたは答えていない。 そういう意味で詐欺師のようなもの。といっているわけです。

この質問についてですが、神に何をして欲しいのか?という問いですが
神に何をして欲しいというのは私にとっては問いには思えません。神はなんでも屋ではないからです。
私は神を父の存在のように思っているわけで自分の父親になんでもかんでもやってくれというのはおかしいからです。
大人になれば自立しなければならないし神になんかやれとかなんか作れというのはまるで奴隷に対して言ってるようです。
自分の父親に向かって助けを求めたらお金や何か人間の目で見えることをしてくれたら
その父親を父親として認めるのが息子なのでしょうか?
何かを求めるのではなくて、このすばらしい美しい花々や山や海を人間に用意してくれたこと
に感謝するべきなのです。求めてばかりではだめなのです。また求めても与えられない場合もあります。
自分の思い通りに進むことはできないからです。人は自分の理想を求めすぎます。理想を求めるのは
良いことですが、何もかもうまくいくとは限らないことは私達人間が一番分かっていることなのです。



594 :めい:2006/08/26(土) 06:41:40
時には求めることだけではなく 与える喜びを知る必要があります。
誕生日になると友達が集まってきてはケーキやプレゼントを持ってきますよね。
でも大体の人が誕生日になれば自分の事で頭がいっぱいになってしまいます。
早くプレゼントを見たくて見たくてたまらないからです。それは人間は友達から何かをもらう
ということが嬉しくてしょうがないからです。でもある友達の中には適当にプレゼントを買えばいいと
思う人もあれば、これ買ったら友達は喜ぶかな?と相手の事を気にして散々に考えたあげく買う人もいます。
つまり人に与える喜びも知ることのできる人できない人がいます。私達も求めることだけ
を考えるだけではなく与える喜びを知る必要があるのではないでしょうか。

595 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 06:46:48
>>592-593
なんで宗狂やってるやつは例外なく頭わるいんだ?
山、海、生き物?
あぁ、確かにそれは不思議だ。
が、これらの不思議に直面したさいに、なぜ地球科学も生物学も経由せずに、いきなり
これは神さまのせいだ
なの?
何この思考回路?
あんた頭おかしいんじゃない。

596 :めい:2006/08/26(土) 07:02:11
ところでキリスト教は邪教と書かれていますが、何処に邪があるのか言って欲しいですね。
確かにキリスト教の中にも邪が潜んでいることは認めますがそれをキリスト教全部が邪だと
言うのもおかしいと思います。よくここでキリスト信者はステレオタイプな考え方しかできないと思われる人
がいますがそれについても少しだけ語りたいと思います。お互い様ですよとヨハネのしっぽさんに返答したのには
ちゃんとした理由があります。なぜお互いが自分を見つめなおす必要があるのか
それは皆ステレオタイプな人間だからです。勝手に黒人は皆怠け者で何もしない人と考える人もいれば
中国人は殺人が多いから皆殺人者だと決め付けるひともいるし白人は肌が白くて気持ち悪いから友達になりたくない
と決め付けるからです。キリスト教の中でも悪魔の道に従い捕まった牧師がいるから私は信じないというのも
ステレオタイプです。一人の人が何かをやらかしたら皆がそういう人だろうと思うのは間違いです。
黒人にも医者はいますし、中国人の中にもいい人はいますし、白人も優しい心の持ち主で頭のいい人もいるわけです。
だからキリスト教を邪と決め付けるのはおかしいのです。誰かが何かをしでかしたからではなく
ひとりひとりによって違うのです。

597 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 07:03:13
キリスト教学にいいのがいる

598 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 07:07:37
全てを理解したいのは人間のサガだろうね。
神という万能の言葉で全てを理解したつもりになる。

科学のトロトロした歩みなんて、というところだろうが、既に宗教は波に浸食された砂の城のようだ。
信者は倒壊しつつある宗教という城に目をつぶりながらしがみついている。

599 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 07:10:17
フロム、フォイエルンバッハ、クザーヌスそれまで。

600 :めい:2006/08/26(土) 07:12:29
>>595さんへ
あぁ、確かにそれは不思議だ。 が、これらの不思議に直面したさいに、なぜ地球科学も生物学も経由せずに、いきなり
これは神さまのせいだ なの? 何この思考回路? あんた頭おかしいんじゃない?

この質問ですが、地球科学も生物学も私達が研究した結果で全部を解決しようと思っても無理なことです。地球科学も生物学も
私達人間が考えて作られたことですので完璧ではありません。コンピューターを作るにしても色々まだまだ問題はありますしError
が含まれたりしているわけで、私達の地球科学や生物学でも全部を予測することはできないのです。ハリケーンや地震にも予測不可能な場合もあります。
人間の歴史は恐竜時代やもっとその前の時代に比べればとても短いわけです。


601 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 08:01:13
>>600
だからなに?
科学に予測できないことがあったら、なんでキリスト教がでてくんの。

正直にこう言ったらどうだ?
「私の脳はただでさえ低スペックあり、そのうえ怠け者でもあるため
科学なんてとうてい理解できそうにありません。何より目の前の現実を直視することが辛いのです。
ですから夢のある妄想を信じていたいんです」
な、これがあんたのすべてだ。

602 :一言居士:2006/08/26(土) 08:09:09
>>596
キリスト教は、万人とっての邪教ではないが、ある種の人間にとっての邪教なのです。そう言うと、主観的な決め付けと思われるかもしれませんが、ピーナッツアレルギーの人を単なる食わず嫌いとみなすのはおかしいでしょう。
人それぞれ適す適さないがあるのです。
意外に思われるでしょうが、キリスト教が邪教たるゆえんは、その極端な道徳性なのです。ニーチェが「アンチクリスト」を著したのは、キリスト教が不道徳だからではありません。生に敵対する教えだったからです。
なんのことかわからないかもしれませんが、ニーチェはキリスト教以前に道徳自体を告発しています。なにしろ彼は「インモラリステン(非道徳主義者)」と名乗ったくらいですから。
あなたはニーチェ思想の概要をつかむ必要があります。そうしないと、「アンチクリスト」がよくわからないと思います。

603 :めい:2006/08/26(土) 08:18:44
601さんへ

あなたには何も言う言葉はありません。是非あなたの脳だけを信じていてもらって結構です。
あなたは神の不在を信じているわけですから。現実=科学があなたの考え方ですからね。
つまりあなたは神はいない。そしてあなたは生涯を遂げればこの世の中から消えてしまう。
それがあなたの最後だと思っているわけですからね。その考え方も私なりにRespectしましょう。
以上



604 :一言居士:2006/08/26(土) 08:29:20
>>603
あなた、死ぬことに虚無感を覚えるのかね?

605 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 08:43:06
>>591,595,601
糞袋様。ついにあなたは完全なもぐらになってしまったのですね。
もう質問に答えろなどとは言いません。
悠久の土の中で安らかにお眠りください。

>>593
めいさん。
人間の父親についてですが、
人間の父親は自分の意思によって子供を創ります。
作られた子が幼い場合は一人で生きていくことができないので、
父親には養育する義務が発生します。
そして、子が大人になり自活できるようになったら父親の元から巣立ちます。
万が一、その大人になった子の心身に障害が発生した場合も
残念ながら、成人した子であろうが養育する義務があるのです。
あなたは、「神から巣立てない」養育が必要な幼い子供
もしくはなんらかの援助が必要な障害を持つ大人なのでしょうか。
神は世界や私達を創りっぱなしで、その後のことは
放置放任している無責任な父親なのではないのでしょうか。
神が何も与えず、「ただ愛せよ」というのなら、
それは救いではなく、利他心(無償の愛情)の強制であって
そんなものは神を信仰しなくても、私は持っています。

606 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 08:49:52
>>603
はは、あんたはもう妄想世界で暮らし続ける事を決め込んでるわけだ。
まあそこに逃げ込むのもいいさな。

最後にいっとくけど、
神は世界に介入しないし、来世なんてないから。

「キリストは基地害。史上最低のクズ」
だからほら、これだけ不敬な書き込みをしても
俺には天罰はくだらないし、地獄におちることもないんだよ。おもしろくないだろ?
で更に、あんたがいくら怒りを抑えたところで、
それと引き替えに天国に行ける、なんてこともないよ。
だって来世なんてないから。ひひ、大変だ。

607 :めい:2006/08/26(土) 09:25:54
一言居士さん
>>603
あなた、死ぬことに虚無感を覚えるのかね?

いいえ。それはないですよ。ただ私はその質問に応じて答えたまでですし、
彼の意見も尊重しているつもりです。彼がそういうならそれが彼の考え方
なのですから。

608 :ヨハネのしっぽ:2006/08/26(土) 09:31:07
>>592
>何もないところから何かをつくるとしたら人は何もできません。

このあたりはまったく同意です。しかし、

>>593
>何かを求めるのではなくて、このすばらしい美しい花々や山や海を人間に用意してくれたこと
>に感謝するべきなのです。

こちらはどうかと思います。
人間に用意したというのは勝手な思い込みではないでしょうか?
宇宙のために、地球や山や海や花や人間を用意したのではないでしょうか。
人間を特別視するのは思い上がりだと思います。

609 :めい:2006/08/26(土) 09:35:14
606さんへ
>>俺には天罰はくだらないし、地獄におちることもないんだよ。おもしろくないだろ?
で更に、あんたがいくら怒りを抑えたところで、

私はあなたに怒りの欠片もありません。あなたがそう思うならそれでよしとしただけです。

610 :ヨハネのしっぽ:2006/08/26(土) 09:35:23
>>603
そういう貴方は、神とそうでないものの区別はできるのですか?

611 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 09:41:44
>>606
糞袋様。
キリストが基地外であることは認めますが、
大変ではなく、それでよいのです。

何も与えない実態のない神に対する利他心の強要。
その強要されるものは愛情という名の金と時間と労力です。
これがキリスト教の全てです。

私の知り合いの飛び込み営業マン(訪問販売員)がよく言う
カモの特徴は、
第一に、心が弱っている人間であること
第二に、心の弱さを補填するためになんらかの宗教を信仰していること
第三に、それがキリスト教徒であること
だそうです。(ユダヤ教徒にはほぼ売れないとも言っていました)

キリストを神だと崇める被害者を救済することこそが真の愛情であり、
もし死後の世界があるというなら、キリスト教を破壊することことが
天国に選ばれる民の成すべきことではないのでしょうか。

612 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 10:29:16
596〜
とりあえず『邪教です!』読んでから議論しろよな。
それで理解できないなら仕方がない。邪教徒は邪教徒ということだ。



613 :476:2006/08/26(土) 10:39:17
宗教の根本的問題は、人間が創り出した教義や道徳といったものを、
神が人間に与えたものとしている欺瞞行為にあるのだと思うね。

そして、神への信心を教団組織への服従心に転化させることにより、
大衆を支配して莫大な利益を得ることができる。

本当に神がいるのなら、こうした教団組織の存在は許されないと思う
のだが。

614 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 10:45:34
>>609
さすがはキリスト狂徒、思考停止の能力だけはプロ級だな。
でも、そうでなければとても務まらんわな。

615 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/26(土) 11:21:12
>>581
>どこに行けば糞袋様の袋の中の糞を買えるのでしょうか。

人にものを聞くのに糞はないでしょう。しかし次の通りです。
ただし、以前あったというだけで現在あるかは未確認です。

@新宿 紀伊国屋
A神保町 書泉
B八重洲ブックセンター
C御茶ノ水 三省堂(?)


616 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/26(土) 11:27:16
あるいは出版元に照会する方が早いかもしれません。

@静思社
 英語からの重訳。スウェーデンボルグの殆どすべての
 ものが揃っています。

Aアルカナ出版
 ラテン語からの口語訳。ホームページがあります。

617 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/26(土) 11:36:13
前に神とそうでないものの基準ということを聞かれました。
一応思いつきましたのでお答えします。(もちろんそれ以外
にも創造主であり、万物を維持する方であり教師などでもあり
ますが。)

特にそれは私にとって神とは救い主であるということです。

主以外に魂を救ってくれる方・ものはいません。
阿弥陀仏も救うでしょうが、実はそれは主の別名と考えます。

618 :ヨハネのアタマ:2006/08/26(土) 11:41:45
空っぽ(^o^)

619 :ヨハネのしっぽ:2006/08/26(土) 12:05:00
>>617
でも、それは結果論であとでわかることであって、
現状での、区別の基準にはなっていないと思います。

620 :ヨハネのしっぽ:2006/08/26(土) 12:09:58
>>613
>そして、神への信心を教団組織への服従心に転化させることにより、
>大衆を支配して莫大な利益を得ることができる。

そういうことをするのは宗教ではないと思います。
新興宗教は、宗教の皮を被った営利組織であることが多いですが。


621 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 12:18:14
>>617
それさ、妄想ってわかって書いてんの?
いったい何がアンタを救うってんだよ。永遠の待ちぼうけに終わるだけ。
まあ、それもいいだろうけどね。

ひとつ質問があるんだけどさ。そう遠くない未来にね、脳の神経接続を非侵襲でリバースエンジニアリング
できるようになるはずなんだわ。
で、そうなるとあなたは自分の脳の惨状を、人様のまともな脳の状態と目で見て比べることが出来るようになる。
つまり自分がいかに甘い幻想だけを求めて、論理を無視し続けてきたか、
そんな事も無視できない形でデータとしてはっきり示されてしまうってワケ。

でね、そんな状況でも今の妄想維持し続けられる自信ある?

622 :476:2006/08/26(土) 12:30:56
>>620
新興宗教だけではなく、古来からの宗教にも厳然とある。

俺の死んだ祖父は仏教のある宗派の僧侶だったが、その宗派でも総本山
に各地の寺院から金が集まるシステムがきちんとできていた。
基督教はどうかしらんが。

新興宗教は、そうしたシステムが特に顕著で、社会と対立するために
問題視されることが多いが、古来からの宗派はうまく社会と折り合い
をつけながらこうしたシステムを維持している。

623 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 12:38:52
>>615

糞袋様。ご回答ありがとうございます。
早速、糞を買いに新宿の紀伊国屋に足を運びたいと思います。
糞袋様はその袋から「人にものを聞くのに糞はないでしょう」と
糞をお出しになったようですが、わたくしは人間は糞袋のようなもの
という観点から、糞とそれを包む袋は崇高なものであると考えております。
糞袋様が自身を糞袋と宣言した謙虚な姿はまるで
基地外キリストの磔刑やスケープゴート(生贄の山羊)のそれと
被るものがあり、大変深い感銘を受けました。

糞に強くリビドーを感じるわたくしにとって、その清らかな糞の精神を持つ
糞袋様自身は神そのものであり、そのお口から出る糞そのものが
わたくしにとっての魂の救済に他なりません。
これからは糞袋様のことを神と崇め、その袋の中から出る糞を
書き記し、聖書にひけを取らない旧約臭せえ書と新約臭くねえ書
を創っていきます。これらが完成したおりには、無知蒙昧な民に
糞教(ふんきょう)を啓蒙させ一大宗教として世界を謁見しようか
とまで傲慢にも思う次第です。

ですから早く糞を垂れ流して下さい。

624 :ヨハネのしっぽ:2006/08/26(土) 12:41:04
>>622
宗教の中にそういう組織があったとしても、宗教がそういうものということにはならない。
日本人の中に犯罪者がいても、日本人が犯罪者組織ではないのだから。

625 :476:2006/08/26(土) 13:04:04
>>624
各宗派の内情は細かく知らないからな。

信仰は人それぞれだから、信じたい人は信じたらいい。
ただ、宗教とはそういう事に利用される性質があるのは理解しておいた方が良い。

宗教者が創造した真偽のわからん教義は、俺は信仰しない。
社会的な付き合い上、宗教儀式には参加することはするがね。

626 :ヨハネのしっぽ:2006/08/26(土) 14:50:04
>>625
宗教に限らず、あらゆる組織が利用されるものだと思います。
ただ、逆に宗教家だから人格ができているとか、信用するのもよくないと思います。

627 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 16:16:53
ヨハネ氏は攻撃に強く、防御に弱い典型的なSですなw

628 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/26(土) 18:33:48
>>621
まあ、若いうちは分からないでしょう。しかしながら歳をとっても
分からない人間が圧倒的なのです。再生するは人間は最近殆どいな
いとスウェーデンボルグは本の中で嘆いていました。

>>623
キリスト教の概略を学ぶならスウェーデンボルグの『真の基督教』
がよいでしょう。しかし『聖言の霊的意義』『表象』『相応』を学
ぶなら彼の主著『天界の秘義』を読む必要がどうしてもあります。

ただ、これは余程の精神レベルがないと受け入れられないと
思われます。スウェーデンボルグを米国で紹介したエマソンで
さえ、ヘレンケラーから彼はそれを理解していなかったと
酷評されています。カントも全くだめだったのは『視霊者の
夢』を読めば明らかです。ユングについてどなたか触れてい
ましたが、ユングも『天界の秘義』は読んだようです。
しかし彼が自分流の解釈をしたのならそれは本当に理解したの
ではないでしょう。

629 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 18:38:33
スウェーデンボルグより
こちらの方がお薦めですよ。
http://www.tamba.ne.jp/

630 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/26(土) 18:42:31
キリスト教と言うと必ず何人殺しただの、支配者の道具だのという
議論がなされます。しかしそんな幼稚なレベルは早く卒業しなければ
真の基督教の意義など永遠に分かりません。それにはまずスウェーデン
ボルグを学ぶ必要があります。スウェーデンボルグは最低標準です。
皆さんの奮起を期待します。

631 :476:2006/08/26(土) 18:47:47
今行われている世界宗教者平和会議における発言を紹介しよう。

日本の宗教界を代表して渡辺恵進・天台座主が「宗教が争いの直接、
間接の原因になっていることが指摘されています。宗教者は神の正
義や仏の智恵を説く前に、神の愛や仏の慈悲を実践する平和の名に
ふさわしい者であるか深い自省と固い決意を新たにしなければなり
ません」と訴えた。


632 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/26(土) 18:51:11
従来のキリスト教に目を取られていてもだめです。
スウェーデンボルグははるかにそれらを突き抜けています。
パウロが地獄にいると彼は『霊界日記』に書いているの
ですから従来のクリスチャンは目を剥いてしまうでしょう。

それを平然と読めて理解できるのは宗教に毒されていない
我々日本人だけなのです。

633 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 20:53:32
ん?いつの間に日本人マンセーになったんだ?

634 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/26(土) 21:22:49
>>633
わたしは初めから日本人に期待しています。ただ、それには現在
もぐらの皆さんを叩き直さねばなりません。皆さんの霊的レベル
は本当に低いのです。カントだニーチェだなどというレベルを
早く超えて欲しいのです。それらがどんなに低レベルか皆さん
は分かっていないのです。

635 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/26(土) 21:28:40
しかし、善良な霊的もぐらならまだ救いようがあるかもしれ
ませんが、ずる賢い自惚れ屋になると難しいかもしれません。

そもそも嘘を平気でつくようではいけません。恥を知らない者
は要注意です。良心のかけらがなければならないのです。

636 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 21:29:11
霊的もぐらってどんなの?

637 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/26(土) 21:42:26
2CHでは匿名が許されるので本心が出ます。匿名をいいことに
言葉汚く罵ったり、ハンドルネームをころころと変えて他人を
装ったり、実に品性のないことしきりです。日本人の矜持を持た
ねばなりません。

私は皆さんに提案、いえ要求したいのですが、このスレッドで
捨てハンや名無しを使って無責任な発言をするのはやめて、他
のスレッドで使っているハンドルがあるなら一貫してそれを使
用し、責任ある発言をして欲しいのです。それが皆さんを立派
な人間にするでしょう。

皆さんは実に卑劣です。たいした名でもないのに、ここで恥を
かくのを畏れて本当の名を名乗れないのです。それで物知りの
哲学徒を自認しているのですから笑わせます。

638 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 21:46:06
          ./     ノ 人 ヽ    ヽ
    __    ./    //  ヽ ヽ    .ヽ   / ̄\
  ./ ○ ヽ、 /    (__)  (_)    ヽ/  ○  \
/      \,,,--―――''''''''''''''''''''――-/        ヽ
..⌒‐-,,,,_  /:/ヽー―――-、,,__,,,,-―――:||  _,,;-‐''"⌒~~~
     .ヽ/::||::::::::::   (●)    (●)   ||/ヽ
      く ::||:::::::::::::::::   \___/    ||:::::::::ヽ
       ヽヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ_/

639 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/26(土) 21:51:08
>>636
地上のこと、感覚的なことしか考えることができず、神のことや
天界や地獄のあることなど、魂の救済のことなどに思いを馳せる
ことのできない感覚的、自然的な人間のことです。

主が目しいの目を開けた奇跡が福音書に何度も出てきますが、それ
は肉体的な奇跡のみならず、主が霊的目しいの目を開けることを
表象しているのです。

私も以前は霊的なもぐらでした。しかし今は違います。主のおかげ
で鷲となりました。もちろん主の前には取るに足らない糞袋ですが。

640 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/26(土) 21:59:06
皆さんは逃げることなく恥をかいたらいいのです。
逃げることこそ恥なのです。匿名で私を罵ることは
あなた方自身を貶めることです。それは未来永劫
皆さんに付いて廻るでしょう。

ユダの告白氏にも言いますが、男らしく早く自首して来なさい。
名を変えて逃げていてもあなたの罪と不名誉は増すばかりです。
ここは天下の2chです。ここで発言するならそれなりの覚悟
が必要です。

641 :ヨハネのしっぽ:2006/08/26(土) 22:01:10
>>634
>もぐらの皆さんを叩き直さねばなりません。

仮にそうだとしても、それを貴方がするべきではないでしょう。

>皆さんの霊的レベルは本当に低いのです。

そうやって人を見下してどうするというのでしょう。
ここにいる貴方以外の私たちすべてが、
貴方より霊的レベルが低いことがどうしてわかるのでしょうか。

642 :ヨハネのしっぽ:2006/08/26(土) 22:04:55
>>637
匿名が嫌なら貴方が、そういうコミュニティに行ってここには来ないでください。
ここは、匿名での発言ができる貴重な議論の場です。貴方の管理する掲示板ではありません。


643 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/26(土) 22:09:36
そう、ユダの告白氏よ、あなたは私の2番目の質問、すなわち
無神論のカントと有神論のスウェーデンボルグのどこが共通
なのかという質問に、本に書いてあると答えました。

なるほど私も後で気が付きましたが、それは講談社現代新書に
あなたの発言がそっくりそのまま出ていました。しかし
私は著者の意見は疑問だと思います。表面上似ていても、
それは表面だけであり、本質は全く違う可能性が高いと
考えるからです。カントが神を信じていないであろうこと
は、彼の言動からして明白に感じられ、スウェーデンボルグ
と共通する筈がないのです。

あなた自身の考えを述べるのでなければそれは単なる受け
売りであり、それも嘘なのです。

644 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 22:23:53
>>637
> 2CHでは匿名が許されるので本心が出ます。匿名をいいことに
> 言葉汚く罵ったり、ハンドルネームをころころと変えて他人を
> 装ったり、実に品性のないことしきりです。日本人の矜持を持た
> ねばなりません。

そんなに匿名のもぐらが嫌なら
まずあなたの本名を晒してみてはいかがでしょうか。
あなたは「小さなヨハネ」という名が本名ですか?
そうでないならあなた「も」ただのもぐらなんですよ。

645 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/26(土) 22:23:56
>>641
>仮にそうだとしても、それを貴方がするべきではないでしょう。

ははは。もぐらを叩くのはわたしの使命です。もぐらに指図は受
けません。

>ここにいる貴方以外の私たちすべてが、貴方より霊的
>レベルが低いことがどうしてわかるのでしょうか。

わたしに叩かれて不満を示すこと自身、あなたのもぐら性を
物語っています。そもそももぐらでなければ私に叩かれは
しません。

>>642
>ここは、匿名での発言ができる貴重な議論の場です。貴方の
>管理する掲示板ではありません。

そんなことは当たり前です。私は皆さんにそれ以上の男らしさ
とフェアネスを要求しているのです。2CHは子供の来るところ
ではありません。臆病者は匿名でいればいいのです。

もちろん匿名がすべて卑怯だと言うわけではありません。
卑劣な非難をするなら、あるいは真に議論したいなら
相手の便宜を図り、かつ逃げないという意味で名を
名乗るべきです。

646 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/26(土) 22:26:12
>>644
>まずあなたの本名を晒してみてはいかがでしょうか。

私はハンドルネームを名乗りなさいと言っているのです。
本名など聞きたい訳ではありません。

647 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 22:33:30
小さなヨハネ、又の名はご隠居。

648 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 22:33:54
何だよこのスレ・・・コテの奴醜いぞ。

649 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 23:53:45
>>648
小さなヨハネ氏の言動は
騒音を撒き散らしてわざと反感を買い右翼を
貶めることを目的とする街宣右翼のそれと似ていますね。
あなたの言動には、キリスト教は邪教だという結論への
ベクトルしか感じません。同じクリスチャンとしては恥ずべき存在です。

650 :648:2006/08/26(土) 23:55:43
ちょ待てよオレは無宗教だwww
上がってたから目についただけだよ!
宗教家ってのはいつもこういう罵り合いしてんのか。

651 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 23:55:49
>>646
> 2CHでは匿名が許されるので本心が出ます。匿名をいいことに
> 言葉汚く罵ったり、ハンドルネームをころころと変えて他人を
> 装ったり、実に品性のないことしきりです。日本人の矜持を持た
> ねばなりません。

これはヨハネ氏自身に対して仰っているのでしょうか?
こそこそ逃げてないで、早く本名を晒しなさい!

652 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 23:58:01
648さん誤解を与えてしまいました。すみません。

>>649を訂正します。
小さなヨハネ氏の言動は
騒音を撒き散らしてわざと反感を買い右翼を
貶めることを目的とする街宣右翼のそれと似ていますね。
小さなヨハネ氏の言動には、キリスト教は邪教だという結論への
ベクトルしか感じません。同じクリスチャンとしては恥ずべき存在です。

653 :ユダの告白:2006/08/27(日) 00:15:49
これこれ、愚かな小ヨハネや・・・、他の人とわらわ自身の名誉のために言っておくが
わらわは、一度も名無しや他の名で言った事はないぞえ。
ずいぶん皆を疑って迷惑を掛けているようじゃのう・・・、いけないぞえ愚かなヨハネや。


654 :ヨハネのしっぽ:2006/08/27(日) 00:23:26
>>645
>もぐらを叩くのはわたしの使命です。

何か勘違いしておられるのではないでしょうか。
主は貴方にそんなことを望んではいないと思います。
貴方の勝手な思い込みでしょう。貴方がそうしなければならないという根拠はあるのですか?

>わたしに叩かれて不満を示すこと自身、あなたのもぐら性を
>物語っています。そもそももぐらでなければ私に叩かれは
>しません。

別に不満もありませんし、叩かれているとも思ってもおりません。
貴方が哀れですし、ここが荒れるのは良くないのではないだろうかと思っているのです。

>私は皆さんにそれ以上の男らしさとフェアネスを要求しているのです。

貴方が要求する筋合いは無いと思います。

>臆病者は匿名でいればいいのです。

臆病者じゃなくても匿名でいいと思います。

>あるいは真に議論したいなら相手の便宜を図り、

こちらは同意ですが、適当なハンドルでも発言番号でも良いと思います。

>かつ逃げないという意味で名を名乗るべきです。

別に議論に飽きたらいつでもやめるのは自由だと思います。

655 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 04:11:57
3 :考える名無しさん :2006/07/31(月) 07:47:43
今回こそ、ニーチェの話題で、、、
低次元の宗教問答はスルーで

656 :一言居士:2006/08/27(日) 09:38:23
ニーチェがアンチクリストの中でライプニッツをやり玉にあげていた。ニーチェは善悪の彼岸で霊魂原子主義と徹底的にたたかうべきだ、と言っていたが、これはライプニッツのモナドロジーのことかと思われる。
現に、ライプニッツは霊魂の不滅を信じていた。また彼のオプティミズムは、神に対する絶対的な信頼が置かれていると言ってよい。
このように西洋哲学、特にドイツはキリスト教の影響を受けた哲学者が現れやすい。ライプニッツのほかにもカントなど。哲学というよりキリスト教だから、ニーチェにやり玉にあげられるのだ。

657 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 10:44:39
ライプニッツはドイツ人のくせにフランス語で論文を書いた。
ニーチェはそれが気に食わないんだよ。
なぜってニーチェはフランス語で論文が書けないからだ。

658 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 11:04:35
アインシュタインは喋るのはフランス語が一番楽だと言ってなかった?
それで思い出したが。
ライプニッツはニュートンの業績に感嘆しながら、その重力概念には異議を唱えていた。
彼はニュートンの重力概念は魔術的だと批判した。
ちなみに現代科学でも重力はよくまだわかっていない、とものの本には書いてある。
科学の世界でまた第二のコペルニクス転換があるかもね。

余談でした。

659 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 12:56:26
もぐらのヨハネ


660 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 13:40:32
今日の夕飯は何にしようかしら・・・

661 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 14:34:32
35歳前後、関東在住、女性、ヒステリー気味。Sophiaの悪夢が・・・

662 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 15:04:07
関東在住ではなくて、韓国在住です。にぽんに居てこんなこといえましぇん。
一応、世界何とか教会の信者ですけど。

633 名前: 考える名無しさん [sage] 投稿日: 2006/08/26(土) 20:53:32
ん?いつの間に日本人マンセーになったんだ?
634 名前: 小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY 投稿日: 2006/08/26(土) 21:22:49
>>633
わたしは初めから日本人に期待しています。ただ、それには現在
もぐらの皆さんを叩き直さねばなりません。皆さんの霊的レベル
は本当に低いのです。カントだニーチェだなどというレベルを
早く超えて欲しいのです。それらがどんなに低レベルか皆さん
は分かっていないのです。

663 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 15:08:41
>>662 あー、それなら納得です。感謝 感謝!

664 :476:2006/08/27(日) 17:32:29
どうでもいいが、一応ソースが欲しいね。

665 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 18:06:53
ヘリコプターが飛んでるけど その音って何んだか怖いね

666 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 19:01:06
プロファイリング

日本人、35歳前後、女性、東京都・千葉県・神奈川県在住
性格:ヒステリー気味。サド。
趣味:読書

667 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/27(日) 22:01:29
>>653 :ユダの告白 :2006/08/27(日) 00:15:49
>これこれ、愚かな小ヨハネや・・・、他の人とわらわ自身の名誉
>のために言っておくがわらわは、一度も名無しや他の名で言った
>事はないぞえ。ずいぶん皆を疑って迷惑を掛けているようじゃの
>う・・・、いけないぞえ愚かなヨハネや。

よく言います。それならあなたは逃げていないできちんと私の以下の
質問に答えるべきでしょう。卑怯なチキンの言葉なぞどうして信用
できるでしょう。偉そうな口をきいてよく恥ずかしくないものです。

>>405 :ユダの告白 :2006/08/19(土) 14:34:28
>アホの小ヨハネや・・・!
>何を勘違いしているのやら・・・???
>わらわは他の名なぞ一度も名乗ってはおらぬわ。
>しょうがないのう、アホの小ヨハネや、良くお聞き・・・!
>問い一、カント書簡集の中のクーノプロッホ嬢宛のなかで、カントは自身で
>スウェーデンボルグに手紙を書き自分の質問事項にスウェーデンボルグが
>新刊書のなかで答えるという約束をとりつけた、と述べている。
>そのときにカントの依頼をうけて実際にスウェーデンボルグに会った友人は
>スウェーデンボルグは非常に好意的で、学者としてのカントを尊敬している
>と伝えている。

>>434
>せめて講談社現代新書「スウェーデンボルグの思想」ぐらい読破せよ、
>もっているんだろ? 愚かなヨハネや・・・!

>ユダの告白氏よ、その手紙のどこに「学者としてのカントを尊敬
>していると伝えている」と書いてあるのか答えてください

668 :476:2006/08/27(日) 22:06:06
もちつけ小ヨハネw

669 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/27(日) 22:12:07
429 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/20(日) 10:38:25
>>405
>カントにとって規則正しい散歩は、生きるか死ぬかの真剣な自己鍛錬だったの。
>そうでないと、あんなに異常なまで規則正しい生活などとても出来ないのだよ。

それがどして呼びかけられても返事もしなかった理由になるのですか。
冷たい空気を吸うのが嫌だからというくだらない人間のどこが
あなたのいう「美しい信仰心の持ち主」なのですか。
ソクラテスは毒杯すら飲み干したというのに。
馬鹿も休み休み言いなさい。

670 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/27(日) 22:15:14
>>405
>問いの二は前スレで十二分に説明済み、もう一度よく読むが良いぞえ。

643 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/26(土) 22:09:36
そう、ユダの告白氏よ、あなたは私の2番目の質問、すなわち
無神論のカントと有神論のスウェーデンボルグのどこが共通
なのかという質問に、本に書いてあると答えました。

なるほど私も後で気が付きましたが、それは講談社現代新書に
あなたの発言がそっくりそのまま出ていました。しかし
私は著者の意見は疑問だと思います。表面上似ていても、
それは表面だけであり、本質は全く違う可能性が高いと
考えるからです。カントが神を信じていないであろうこと
は、彼の言動からして明白に感じられ、スウェーデンボルグ
と共通する筈がないのです。

あなた自身の考えを述べるのでなければそれは単なる受け
売りであり、それも嘘なのです。

671 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/27(日) 22:18:35
421 :ユダの告白 :2006/08/19(土) 23:04:42
そなたはアホ位ではなくて白痴なのか、小ヨハネよ。
その答えはそなたの持っている本に全部書かれているではないか。
持っている本をよく読んでみよ・・・。
カントは偉大な哲学者なのだよ、アホのヨハネよ。
日本語はよく読め、かってな解釈はいけないな。

それにどこにカントやニイチェを神々として崇拝する人たちがいるのかね?
かれらは偉大な哲学者として尊敬されこそすれ崇拝の対象などではない。

672 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 22:20:58
糞袋様。もぐらが見つかってよかったですね^^
その興糞した糞袋様の姿から出る糞の質感は
なんといいますか・・糖質です^^

673 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/27(日) 22:24:16
カントやニーチェなぞどこが偉大な哲学者なのですか。
本当に幼稚だ。受け売り学徒の面目躍如です。

二人は誤謬という自家中毒で認知症と狂人となったのです。
麻原某は偉大な哲学者だったと言っているようなものです。

674 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/27(日) 22:28:00
>>672
もぐらなら罪はありませんが、狐の弟子・いたちは罪深い。
なぜなら嘘をつくからです。

675 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/27(日) 22:31:48
カントやニーチェを得意そうに吹聴する輩は自分の馬鹿さ加減を
知らないのです。狐や狸に騙されているだけなのに。

676 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 22:35:59
あー、今日のモグラは美味しかった。おなかいっぱい。

677 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/27(日) 22:40:49
カントはあれほど下品に『視霊者の夢』でスウェーデンボルグを酷評
しているにも拘らず、「彼の思想は崇高だ」と言ったり、「木星人は
善良だ」などと平気でスウェーデンボルグの『宇宙間の諸地球』から
引用したりと、どういう神経の持ち主か疑います。彼も立派な狂人
です。カントが「美しい信仰心の持ち主」とは笑わせます。

678 :一言居士:2006/08/27(日) 22:44:13
小さなヨハネさんへ
伝道の書 第10章 3節:愚者は道を行く時、思慮が足りない、自分の愚かなことをすべての人に告げる。
    同    13節:愚者の口の言葉の初めは愚痴である、またその言葉の終りは悪い狂気である。

679 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 23:38:02
プロファイリング

日本人、35歳前後、女性、東京都・千葉県・神奈川県在住
性格:ヒステリー気味、サド、馬鹿真面目、愛情に飢えている。
趣味:読書、2chでストレス解消。

680 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 23:43:51
小さなヨハネ さんはキムチ食べた事ありますか?美味しいですか?

681 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 23:43:53
いや真性のMかもしれんな。
で、年齢は40〜50かとw

682 :大きなウンコ:2006/08/27(日) 23:47:41
うぅ〜

683 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2006/08/28(月) 00:14:52
よく飽きないね。
好きなんだね。

684 :ヨハネのしっぽ:2006/08/28(月) 00:17:34
>>645
>もぐらを叩くのはわたしの使命です。

何か勘違いしておられるのではないでしょうか。
主は貴方にそんなことを望んではいないと思います。
貴方の勝手な思い込みでしょう。貴方がそうしなければならないという根拠はあるのですか?

>わたしに叩かれて不満を示すこと自身、あなたのもぐら性を
>物語っています。そもそももぐらでなければ私に叩かれは
>しません。

別に不満もありませんし、叩かれているとも思ってもおりません。
貴方が哀れですし、ここが荒れるのは良くないのではないだろうかと思っているのです。

>私は皆さんにそれ以上の男らしさとフェアネスを要求しているのです。

貴方が要求する筋合いは無いと思います。

>臆病者は匿名でいればいいのです。

臆病者じゃなくても匿名でいいと思います。

>あるいは真に議論したいなら相手の便宜を図り、

こちらは同意ですが、適当なハンドルでも発言番号でも良いと思います。

>かつ逃げないという意味で名を名乗るべきです。

別に議論に飽きたらいつでもやめるのは自由だと思います。


685 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 00:28:58
>>673
> カントやニーチェなぞどこが偉大な哲学者なのですか。
小ヨハネが偉大なコントをするスレはここですか?

686 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 00:36:21

ここは便所だじょ

よっこらっしょっと

おーきいウンコいくじょ

ブリブリ ブリブリ

ブリブリ ブリブリ


687 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 00:57:36
・・・こうしてキリスト教は邪教であり、ここはクソスレになり、世界が平和になったとさ。
めでたし、めでたし
- 小ヨハネ「コント編」 終

688 :もぐら ◆eHGWtg4u0I :2006/08/28(月) 01:18:20
小さなヨハネさん小さなヨハネさん、私に貴方の素晴らしい講釈を垂れてはくれますまいか

689 :もぐら ◆OOVlwrB/ts :2006/08/28(月) 13:18:25
弱い・・弱すぎる・・w

690 :もぐら ◆9Ce54OonTI :2006/08/28(月) 14:28:18
さぁここで動物クイズです。あなたは次の動物のどれでしょう?

1.もぐら 2.たか 3.きつね 4.いたち 5.たぬき

[こたえ]

1のもぐらを選んだあなたは、引っ込み思案です。
このスレでは名無しになる可能性があります。元気にお外に飛び出しましょう。

2のたかを選んだあなたは、目立ちがり屋です。
このスレではコテになる可能性が高いです。もぐらを食べましょう。

3のきつねを選んだあなたは、カントです。
難しいことばかり言ってないで、たまにはコントもしましょう。

4のいたちを選んだあなたは、カントの弟子です。
嘘ばかりついてないで、偉大な師匠を見習いましょう。

5のたぬきを選んだあなたは、ニーチェです。
発狂しないように気をつけましょう。

ブリブリ

691 :たぬき ◆EtMMUKvKeA :2006/08/28(月) 14:36:49
>>690
あ?

692 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 15:27:19
>>399
やっぱりそんな感じがするよ。何を信じようがそれはその人の勝手だが他人に迷惑
をかけてはいかんよ。
キリスト教に迷惑を感じた人っているか?
それとアメリカ人は約94%がキリスト教だからイラク戦争やアメリカは好き勝手
昔から戦争ばかりしているからアメリカは世界から嫌われるし宗教戦争にもつながる
んじゃないのか?
そうは思わないか?
ちなみに日本人はキリスト教は1%にも満たない。

693 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 15:29:38
>>692 というけど、お隣り韓国のキリスト教は何%なの?
イラクよりも、朝鮮半島のほうが身近だと思うけどな。

694 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 15:36:45
>>693
1994年に行われた統計庁の社会統計調査では、50%が無宗教、24.4%が仏教、
24.1%がキリスト教。

695 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 15:56:23
>>692で、日本は1%で他国は多数だと分かったけど、何を主張したいわけ?

696 :ヨハネのしっぽ:2006/08/28(月) 16:01:22
>>692
>キリスト教に迷惑を感じた人っているか?

いないんじゃないかな。
イエスの教えを守れない一部の間違ったキリスト教徒ならあるだろけどね。

>それとアメリカ人は約94%がキリスト教だからイラク戦争やアメリカは好き勝手
>昔から戦争ばかりしているからアメリカは世界から嫌われるし宗教戦争にもつながる
>んじゃないのか?

それはキリスト教徒だからではなくて、アメリカ人だからだろうね。
他の宗教だったとしても、同じことになっているだろうから、
その点はキリスト教に罪はないと思われる。


697 :ユダの告白:2006/08/28(月) 17:35:17
あれ、アメリカ政府の意向は、アメリカ経済を支配するユダヤ系財閥とキリスト教原理主義の
二つで決まっているんじゃあないの・・・?
歴代のアメリカ大統領は、ユダヤ系財閥の番頭だったとも・・・(リンカーンとケネディは例外、ために暗殺された)。
いまのブッシュは、番頭以下の茶坊主・・・?

698 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 18:54:51
>>692
アメリカ合衆国の宗教
プロテスタント58%、カトリック21%、など(2003年現在)。
キリスト教信仰者の比率は、1990年調査時の86.2%から2003年調査時の79%へと
年々減少傾向にある。

699 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 19:00:23
キリスト教の説く隣人愛は、キリスト教者同士の愛ってことでしかないよね。
他の思想宗教を持つ奴・・特にイスラム教と唯物論者に
対しては迫害心や利己心まる出しだし。へそで茶を沸かしますな。

700 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 19:17:58
ここって、大きいウンコしていいの?

701 :一言居士:2006/08/28(月) 19:50:07
ニーチェはアンチクリストでイスラム教とキリスト教なら、イスラム教のほうが上だ、と言った。
キリスト教は賤民の宗教、イスラムはそうでない宗教と。

702 :一言居士:2006/08/28(月) 19:51:26
もっともその当時のイスラム教であって、現代のイスラム教に対してはニーチェがどう反応するかはわからんが。

703 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 20:04:10
まあニーチェはキリスト教はまず奴隷に普及した「奴隷の道徳」だ
とまでこき下ろしているからねぇ

704 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 20:25:12
キリスト教は所詮、白人宗教。我々日本人には合わないのだよ。
一神教ではなく多神教もしくは無神論が肌に合っている。
スウェーデンボルグは神はイエスのみだ!なんてケチくさいことを言わないで
万物に神様仏様が宿ります。だからそれを大切にしよう・愛しようと
なぜ言えないのでしょうね。

705 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 20:28:11
>>700
どうぞお出しくださいな。ウンコにも神が宿っています。

706 :一言居士:2006/08/28(月) 20:35:45
>>705
糞尿にも道(タオ)あり!

707 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 20:37:18
>>705,706
ニーチェが言いたかったのはそのことじゃよ。


708 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/28(月) 20:44:40
>>697
653 :ユダの告白 :2006/08/27(日) 00:15:49
>これこれ、愚かな小ヨハネや・・・、他の人とわらわ自身の名誉のために
>言っておくが わらわは、一度も名無しや他の名で言った事はないぞえ。
>ずいぶん皆を疑って迷惑を掛けているようじゃのう・・・、いけないぞ
>え愚かなヨハネや。

よく言います。嘘ばかりついて本当によく恥ずかしくないですね。
あの露払いの発言を誰がするでしょう。それで哲学板の住人とは
笑わせます。私の質問に答えてください。

426 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/20(日) 10:27:34
>>421
ユダの告白氏よ、私はスウェーデンボルグが「学者としてのカント
を尊敬している」という文章がどこにあるのかと聞いているのです。
逃げないで出典を明らかにしてください。どうしてあなたは
ごまかして逃げるのですか。あるならどこにこう書いてあると
示すだけではないですか。


709 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 20:45:35
大きな運子の肛門がひりだした小さなヨハネ。

小さなヨハネは下痢便。

710 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 20:47:00
小さな下痢便の小さなヨハネ。

711 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/28(月) 20:52:49
カントは道徳律云々と言ったそうです。しかしカントに道徳心が
なかったようにそんなものは口で言うだけなのです。哲学において
道徳を語っても、神に根ざした道徳でない限りそんなものは絵空
事なのです。

ユダの告白氏よ、あなたも哲学徒ながら道徳のかけらもありません。
あなたの行動自体、哲学の恥だと知らねばなりません。

あなたはカントは偉大な哲学者で、美しい宗教心の持ち主だなどと
言いますが、それは全くの嘘です。哲学徒のモラルなどないの
です。嘘が常識なのですから。真理を追究するのが哲学なのに
嘘を愛するなら狂っています。

712 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 20:55:28
神なんて嘘っぱちを信じている宗教家が一番狂っていると思うんだが。
あ、ここマジレス禁止?

713 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/28(月) 21:01:10
哲学板の住人よ、皆さんは本当に恥知らずだ。しかし、
さあ、ハンドルネームも名乗れない臆病者の狐にイタチに狸たち、
かかっていらっしゃい。
いつでも非力なヨハネが相手になりましょう。皆さんには私くらい
で十分です。

714 :一言居士:2006/08/28(月) 21:03:34
じゃ、挑戦者1人目。小さなヨハネさん>>678を見てください。

715 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/28(月) 21:12:29
>>684 :ヨハネのしっぽ :2006/08/28(月) 00:17:34

>あるいは真に議論したいなら相手の便宜を図り、

>こちらは同意ですが、適当なハンドルでも発言番号でも良いと思います。

あなたは私の一部ではないのですから、私のハンドルを名乗るのは
やめて欲しい。男なら自分独自のハンドルを堂々と名乗ったらどうですか。
減るものでもなし。そんなけちな輩と真剣に議論する気にはなれません。

ハンドルを名乗れと言うと「大きなヨハネ」などと名乗る恥知らずも
確かによくいます。

716 :ヨハネのアタマ:2006/08/28(月) 21:14:14
空っぽ(^o^)

717 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/28(月) 21:16:21
>>714
見ましたが、あなたも全然進歩しませんね。
聖書やニーチェから引用はするのですが、あなたの考えというもの
が散漫です。ニーチェごときが言ったからと言って、だからどうし
たのかという感じです。

あなたもスウェーデンボルグを読んで、そこから引用するくらいに
なったら認めてあげます。

718 :A:2006/08/28(月) 21:21:11
>>712
多様な価値観を相互に認めあうのが民主主義で、信じるのはいいんだが。
価値観を他人に押し付けなければね。ただ、価値観排除に至らない正当な批判は別にいいと思う。

719 :一言居士:2006/08/28(月) 21:27:47
>>717
全然進歩しないのはあなたの方じゃないんですか?自分の考えに凝り固まって、柔軟性がない。
それと、あなたの言う「進歩」とはなんですか?
じゃ、私のあなたに対する意見を述べましょう。他人の意見を頭から否定するあなたは、真理を追究するものには思えません。
ようは、あなたの言う真理とはあなたが気に入っている説のことでしかありません。

720 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 21:30:20
世の末にはニセ預言者がはびこると聖書に書いてある。



721 :A:2006/08/28(月) 21:55:52
しかし、根元的にはユダヤ人の神様なのに、ここまで世界で信仰されているのは不思議。

722 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 21:55:55
あ〜、キムチおいしー
下痢でもかいちょうー

723 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 22:02:15
ま、ニケア(ニカイア)の公会議で時の権力に都合よく編纂されたのだが。


724 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 22:16:11
そもそもカントやニーチェの人格への非難を
その残した論に結びつけるやり方がおかしい。
哲学徒だって、カントの人格ではなく、その残した三批判書などの
著書に対して尊敬(というか学ぼうと)しているのである。
狂人ゴッホを尊敬しているのではく、ゴッホの作り上げた
ひまわりや夜のカフェを尊敬しているのある。ここを履き違えないようにせんとね。

725 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 22:21:48
ウンコおいし〜

726 :A:2006/08/28(月) 22:29:29
旧約聖書を編纂した紀元前のユダヤ人が、今の教義をみたら邪教と言うだろうか?

727 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 02:05:02
ミイラとりがミイラになることを肯定するスレはここですか?

728 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 03:04:12
w

729 :ヨハネのしっぽ:2006/08/29(火) 03:18:36
>>715
>あなたは私の一部ではないのですから、私のハンドルを名乗るのは
>やめて欲しい。

ならば、そもそも貴方がヨハネの名前を使うのをやめなさい。
私は貴方の名前とは関係なく、福音書記者ヨハネから名乗っていますし、
神父様から出されている私の堅信名(予定)でもあります。

>男なら自分独自のハンドルを堂々と名乗ったらどうですか。
>減るものでもなし。そんなけちな輩と真剣に議論する気にはなれません。

よって、このようなことを言われる筋合いはありません。
議論するしないは貴方の勝手ですが、
そのような呼び方をしたことに謝罪を求めます。

730 :小ヨハネは下痢便:2006/08/29(火) 10:44:42
685 :考える名無しさん :2006/08/28(月) 00:28:58
>>673
> カントやニーチェなぞどこが偉大な哲学者なのですか。
小ヨハネが偉大なコントをするスレはここですか?
****************************************************

小ヨハネの発言の核心を突いた言葉でつね。www

731 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 13:19:02
キリスト教もイスラム教も一つにまとまってないだろう!

732 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 13:31:55
まあよく考えると誰かを愛し愛されたいと真剣に思う人が
キリスト教などを妄信してしまうんだろうね。
そういう人にとっては神の愛は救いなのかもしれない。
でもイエスはジャニーズのアイドルみたいなもので
その虚像に対する忠誠は・・なんといいますか・・歪んだ愛情です。
届かない神の愛より、現実で抱きしめてくれる人の愛。これが真実です。
はやく戻っておいで〜

733 :ヨハネのしっぽ:2006/08/29(火) 14:30:50
>>732
>まあよく考えると誰かを愛し愛されたいと真剣に思う人が
>キリスト教などを妄信してしまうんだろうね。

そういうことはあまりないようです。

>そういう人にとっては神の愛は救いなのかもしれない。

貴方の勘違いだと思います。


734 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 15:28:12
キリスト教というのはさ、
信徒が世界で数十億人もいるのに
教義とまったく逆のことやってる人々がほとんどでないか?


735 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 16:39:08
>>733
じゃあ「救い」ってなにさ?
まさかスピリチュアリズムみたいに、あの世で救われる云々と
言い出すんじゃないだろうね・・
現世での救済ってなに?

736 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 17:45:55
>>734 そんなこといえるのも相手がキリスト教だからでは?
相手の数十億人が、神への冒涜だ!などと言って日本でテロ行為をすれば
降参するしかないだろ。つまりキリスト教の結束力が弱まってるから言いたい放題できる。
日本はそれに乗っかって味方して高見の見物をしてるだけになってしまう。
何でもありの2ちゃんねるといえどもイスラーム批判は腰が引けていると言える。
これは恐怖が発言を抑えている。イスラームの文句言う人はあらゆる報復を心配するだろう。
コーランすら読んだことないのにやれば尚更である。
恐れるのも無理はないことだよ。テロや聖戦、暗殺により生命の危機に晒されるわけだ。
それと日本人とは歴史上ほとんどイスラム教と関係がなかったこともある。
イスラム教徒は増え続けてるみたいだ。どうしたらいいものか?
ニーチェはキリスト教のど真ん中にいたからあれだけ言える。
「キリスト教は邪教です!」というと、邪教でない聖教があるということになりはしないか?
キリスト教に対抗する聖教なるものがないならば、
日本人にとって「宗教はアヘンである」というの大差ないのではないか?

737 :476:2006/08/29(火) 19:44:10
真に恐るるべきは、神ではなく神の名を借りて害をなす人間ということだよ。
害の多い宗教は邪教であるといえる。
聖教とは万民に幸福を与えるものだろうが、そんな宗教に覚えは無い。

738 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/29(火) 22:54:38
>>729
そうですか。それは知りませんでした。
言い過ぎたことをお詫びします。

ところで、あなたは人に神とそうでないものとの違いの基準を
聞いておきながら聞かれると自分では答えませんでした。私は
神とは主イエス・キリストであり、魂の救い主であると答えま
した。もう一度あなたの見解をお聞きします。

739 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/29(火) 23:08:30
>>719
進歩とは再生のことです。ただ、再生するにはたくさんの真理の
知識がまず必要となります。その真理の知識は神から啓示された
ものから得ねばなりません。人知で考え出されたものでは
だめなのです。

それは人工調味料、人工甘味料、人工着色料等々で作られた
人工食物のようなものです。神から与えられたものは天然の
滋味溢れる食物のようなものです。

740 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/29(火) 23:14:23
ですから神からの啓示・スウェーデンボルグをお読みなさい
と言っているのです。スウェーデンボルグを読むと、あなたは
富士の5合目に到達することが出来、樹海から抜け出ることが
出来るのです。カントやニーチェなど、眼下に広がる樹海に
出没する狐か狸のように見えてくるのです。彼らは真理を求
めて彷徨う人間を騙すだけなのです。

741 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 23:21:10
>>740
カントもニーチェも全知全能である神が創った貴方と同じ人間でしょ?

742 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/29(火) 23:26:37
>>741
その通りです。しかし神は人間に自由を与えました。
良くなるか、悪くなるか、神を選ぶか悪魔(自己)を選ぶかは
本人の自由に委ねられているのです。

743 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/29(火) 23:32:27
まあ、皆さんはスウェーデンボルグを一度読んでみると
いいのです。知らないものをそしっても仕方ありません。
スウェーデンボルグはまことに知性と常識に溢れる誠実な
人物で、その文章はもって廻ったようなところはなく、
明快です。

744 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 23:37:16
あなた、教会に行ってないでしょ?
ちゃんと礼拝してますか?
懺悔をしなさい。

745 :ユダの告白:2006/08/30(水) 01:21:48
そのとおりだぞえ愚かな小ヨハネや!
アホなことを言っていないで
懺悔せよ、愚かなるアホのヨハネや、懺悔せよ・・・!!!

746 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 01:25:09
迷える子羊は、神の面前で素っ裸になって懺悔なさい!!

747 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 01:55:15
>>742
「本人の自由」というのがよくわかりません。
どうしてある人は良くなることを選び、ある人は悪くなることを選ぶのですか?
「本人の自由」を「本人の自由」たらしめているものは何なのですか?
神は物事を選択する際の判断力を、皆に平等には与えて下さらなかったのですか?

748 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 02:02:57
ざんげ

749 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/30(水) 06:59:14
>>745 :ユダの告白 :2006/08/30(水) 01:21:48
>そのとおりだぞえ愚かな小ヨハネや!
>アホなことを言っていないで
>懺悔せよ、愚かなるアホのヨハネや、懺悔せよ・・・!!!

よくこんな馬鹿なことを言っていられます。
スウェーデンボルグがカントを尊敬したいたなどとどこに
書いてあるのか答えなさい。


750 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 07:58:13
ニーチェは読む気になったな。
新約聖書学は正統性を証明しようとたちあげられた。
にもかかわらず、イエスはキリストではないことが証明された。
この結果にブルトマンはわたしの信仰と学問は関係が無いと言わざるを得なくなった。
イエスの思想の敵はパウロ思想なのだ、という人もいる。

ニーチェがどういうつもりでイエスはキリストではないと述べたのかはわからないが、はなはだ興味があるところではある。

751 :ヨハネのしっぽ:2006/08/30(水) 09:10:48
>>738
>ところで、あなたは人に神とそうでないものとの違いの基準を
>聞いておきながら聞かれると自分では答えませんでした。

私の質問が終わっていないですから答えるわけがありません。

>私は神とは主イエス・キリストであり、魂の救い主であると答えま
>した。

それは答えになっていません。単純な言いかえをしているだけです。
神とそうでないものと区別する基準にはなりませんから。
区別ができないということは、貴方は神を認識せずに、
神という言葉を振り回しているだけだと思います。

752 :ヨハネのしっぽ:2006/08/30(水) 09:16:55
>>739
>その真理の知識は神から啓示されたものから得ねばなりません。
>人知で考え出されたものではだめなのです。

神から啓示された知識と、人知で考え出された知識はどうやって判定するのですか?
そもそも私は、その二つを区別する必要がないと思いますが、
貴方は「得ねばなりません」という以上、ある知識が啓示によるものかそうでないものか
識別できる必要があると思います。

>それは人工調味料、人工甘味料、人工着色料等々で作られた
>人工食物のようなものです。神から与えられたものは天然の
>滋味溢れる食物のようなものです。

どちらも神から与えられたものだと思います。
人工といっても、人間はその原子配置を換えただけに過ぎません。

753 :ヨハネのしっぽ:2006/08/30(水) 09:18:04
>>740
別に読む必要はないと思います。所詮貴方が騒いでいるだけでしょう。

754 :ヨハネのしっぽ:2006/08/30(水) 09:20:39
>>742
しかし、未来は決まっています。
全知全能の神ならば、人間が何を選ぶかどうかも知っています。
最後はどうなるかも知っています。

実際のところ、自由に感じるだけで、すべて決まっているのです。

755 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 11:49:28
>>749
私はユダの告白氏ではないが一言。

> スウェーデンボルグがカントを尊敬したいたなどとどこに
> 書いてあるのか答えなさい。

スウェーデンボルグはカントを尊敬していました。
それはユダの告白氏が書いています。
そして、そのことが真実か神に尋ねてみました。
すると神は「スウェーデンボルグはカントを尊敬していると言っておる」と答えました。
だから、尊敬していたことは真実なのです。
小ヨハネさんは神をお言葉を疑うのですか!

・・・これが君達のやりかたですね。

756 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 12:58:21
神は真理であり善である。その啓示は○○に書いてある。
だから△△は正しいし、××は間違い。
とする方法論を駆使すればどんな言説でも正当化できます。
このような論理が、イスラム原理主義やオウムのような
「神のお言葉であれば、例え人殺しであろうがどんなことであろうと正しい」
といった歪んだ正当性に変容します。

人は誰もが「自分の言動・考えは正しいし善」であると
思いたいわけですが、宗教者はそれを正当化するために
「都合の良い神」を創り利用しているのであり、
そのような「正義」や「善悪」にもっともらしい体裁を与える為に捏造された神は
ニーチェが言うようにもう必要ないんですよ。

757 :476:2006/08/30(水) 21:59:03
神はいないとは言わないが。

□□なる者が書いた○○という書物に書いてある啓示が、真に神のものである
ことを証明できないならば、□□が捏造したという可能性が十分にある。

神は信じてもイイが、人間は信用ならんからな。

758 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 22:08:03
>>757
しかし聖書は人間が書いた・・
ただ信じるという行為以外で、
真に神のものである証明などできないでしょう

759 :476:2006/08/30(水) 22:34:38
>>758
そうだね。

神的存在は否定しない。
いるかもしれないし、いないかもしれないし。

しかし、人が宗教を通じて語る神は信仰しない。
捏造の疑惑があるから。

行動論理として間違ってはいないはず。

760 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/30(水) 22:50:47
>>751
では、あなたの神とは何ですか。
イエス・キリストは何ですか。

>>752
>神から啓示された知識と、人知で考え出された知識はどうやって判定
>するのですか?
>そもそも私は、その二つを区別する必要がないと思いますが、
>貴方は「得ねばなりません」という以上、ある知識が啓示によるもの
>かそうでないものか識別できる必要があると思います。

それは識別できます。証明しろと言われても証明はできませんが。

>どちらも神から与えられたものだと思います。
>人工といっても、人間はその原子配置を換えただけに過ぎません。

私は霊的食物すなわち真理のことを言っているのです。
嘘を学んではいけないと言っているのです。
神は嘘を言いません。人間が嘘を言うのです。人間のついた
嘘を身に付けては有毒だと言っているのです。

761 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/30(水) 22:52:49
>>753
>別に読む必要はないと思います。所詮貴方が騒いでいるだけでしょう。

あなたは知りもしないことについてどうしてそんなことが言えるのですか。

762 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/30(水) 22:58:12
>>754
>しかし、未来は決まっています。
>全知全能の神ならば、人間が何を選ぶかどうかも知っています。
>最後はどうなるかも知っています。
>実際のところ、自由に感じるだけで、すべて決まっているのです。

神はもちろん全知全能ですから未来をすべてご存じでしょう。
しかし神は人間にあくまでも選択の自由を与えられました。
神が決めてしまったのではありません。ご存じであることと
神がすべて決めてしまうこととは違います。
あなたは神に対する認識が少しおかしいと思います。

763 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/30(水) 23:01:25
>>755
>・・・これが君達のやりかたですね。

私はユダの告白氏が「スウェーデンボルグはカントを尊敬していた」
と言うので、どこにそんなことが書いてあるのか聞いているのです。


764 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/30(水) 23:05:32
私は別に皆さんに味方をして欲しいとは言いませんが、ユダの告白氏が
自分の言ったことに責任をもって回答しないことに何の反応もないのを
不思議に思います。

それはそうとして、ユダの告白氏よ、男なら正々堂々と自分の発言に
責任を持って、どこにそんなことが書いてあるのか解答してください。
あなたが言ったことではないですか。いつまで逃げ隠れするのですか。

765 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/30(水) 23:09:28
>>757
ユダの告白氏=処刑ライダー氏よ、それはあなたに神を認識する
能力がないというだけのことです。証明などどうやってできるので
すか。早く私の質問に答えてください。

766 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 23:11:13
>>742
「本人の自由」というのがよくわかりません。
どうしてある人は良くなることを選び、ある人は悪くなることを選ぶのですか?
「本人の自由」を「本人の自由」たらしめているものは何なのですか?
神は物事を選択する際の判断力を、皆に平等には与えて下さらなかったのですか?

767 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/30(水) 23:12:18
皆さんは何かというと馬鹿の一つ覚えのように「証明、証明」と
言います。「証明」などどうやって出来るというのですか。

そもそも皆さんに何が証明できるというのですか。
私には分からないと言う方がよほど正直です。

768 :ヨハネのしっぽ:2006/08/30(水) 23:13:35
>>760
>では、あなたの神とは何ですか。

私の質問が終わっていないですから答えるわけがありません。
先に貴方が区別できる基準を答えることです。
それができないなら、正しく認識できないことを認めることです。
貴方は人間です。認識できなくてもおかしくはありません。

>イエス・キリストは何ですか。

私はイエスキリストの話はしていませんので、関係ありません。

>それは識別できます。証明しろと言われても証明はできませんが。

それならば、識別できると思い込んでいるだけです。
識別できない可能性があることをいい加減認めませんか。
貴方は神ではない人間なのでしょう?

>私は霊的食物すなわち真理のことを言っているのです。
>嘘を学んではいけないと言っているのです。
>神は嘘を言いません。人間が嘘を言うのです。人間のついた
>嘘を身に付けては有毒だと言っているのです。

人間が嘘を言うことがあるのはわかりますが、
人間が嘘だけしか言わないわけではありません。
ですから、元の記述はおかしいと思います。

769 :ヨハネのしっぽ:2006/08/30(水) 23:14:58
>>761
>あなたは知りもしないことについてどうしてそんなことが言えるのですか。

知らなくても生きていけるので、 必要ではないからです。
必要だと考えるのは所詮貴方の価値観に過ぎません。
貴方の脳内の外には必ずしも存在しません。

770 :476:2006/08/30(水) 23:15:36
ユダの告白氏のレスは、小ヨハネ氏への釣り。
みんなそれがわかってるから、あえて指摘しないだけだと思う。

結局、この世に広まっている神の言葉は、人を通じてしか示されていないからね。
人の言葉ならば、検証され証明されなければ、信用できないからね。
俺にとっては、それだけのこと。

771 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 23:17:30
>>760 イエス・キリストは何ですか。 とは何を愚かな事を言い出すのか!このたわけ者が!
>>767のように自分だけは救われるなどと正直ぶってないで、今日も懺悔をしなさい。
してないでしょ?懺悔も出来ないバカ者が!

772 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/30(水) 23:18:09
>>766
神は人間一人一人に認識力や理性を与えてくれました。
新約聖書にミナ(ムナ)あるいはタラントの譬えが載って
いますがそれはそういう意味です。
それを努力して使うかどうかは本人の自由であり、神は強制は
しません。横着者は使わないでしょう。もし強制するならロボ
トミーになってしまい、人間は幸福ではなくなるからです。

773 :ヨハネのしっぽ:2006/08/30(水) 23:20:07
>>762
>神はもちろん全知全能ですから未来をすべてご存じでしょう。

つまり決まっているということです。

>しかし神は人間にあくまでも選択の自由を与えられました。

「自由感」です。選択している感じがするだけです。
人間にはそれで十分でしょうし、原理的に区別することはできません。

>神が決めてしまったのではありません。ご存じであることと
>神がすべて決めてしまうこととは違います。

いいえ。
神が全知なら、創造とは初めから終わりまでをすべて同時に造っていることになります。
αからΩまでです。
神の世界には、我々の感じるような時間はありません。
神と我々の世界の関係は、人間と映画のフィルムの世界のようなものです。

>あなたは神に対する認識が少しおかしいと思います。

いいえ。貴方の方がおかしいと思います。

774 :ヨハネのしっぽ:2006/08/30(水) 23:22:50
>>767
>「証明」などどうやって出来るというのですか。

数学のように、それが真理であれば証明できるものです。
証明できないのであれば、それは常に間違っている可能性があるということです。
その可能性がないと言い切るなら、貴方の論理的な思考能力を疑われるだけだと思います。

>私には分からないと言う方がよほど正直です。

そうですよ。
だったら、貴方も神を認識できるなどと思い上がらないことです。

775 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 23:24:20
>>767
152 名前:小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY メール: 投稿日:2006/08/11(金) 23:26:42
>>146
恐らくカントは神を信じていないと思います。そうでなければ
神の存在は証明できないなどと言わないでしょう。


↑この発言とは矛盾してるように思えるんですが、どういう意味ですか?

776 :ユダの告白:2006/08/30(水) 23:26:02
愚かなアホの小ヨハネよ、何を矛盾した事ばかりを言っているのか・・・?
ついにそなたは大カントの叡智の前に屈したではないか。
>そもそも皆さんに何が証明できるというのですか。
>私には分からないと言う方がよほど正直です。
これはカントが口がすっぱくなるほど言っていたことではないか。
所詮そなたは偉大なるカントの手の平で駄々をこねて暴れているに過ぎぬわ。
懺悔せよ、愚かな小ヨハネよ、懺悔せよ〜。

777 :ヨハネのしっぽ:2006/08/30(水) 23:26:20
>>772
>それを努力して使うかどうかは本人の自由であり、神は強制は

その人物が、努力するかどうかも決まっています。
全知なる存在は、未来だけでなく、何を選ぶかを知っているし、
そう選択せざるを得ない原因も知っています。
そして原因の原因と無限に続くそれは、すべてαに遡り、因果はΩまで続きます。

778 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 23:32:44
>>763

> 私はユダの告白氏が「スウェーデンボルグはカントを尊敬していた」
> と言うので、どこにそんなことが書いてあるのか聞いているのです。

どこに書いてあるか、ではなく彼は本当にカントを尊敬していたか?
が知りたいんでしょ。どこかに書いてあればキミはそれを鵜呑みにするのかね。
キミが言うように人間は嘘つきなんです。
その人間スウェーデンボルグも少なからず嘘をつくんです。
人間スウェーデンボルグが書いたものには信憑性がありません。
スウェーデンボルグの本心は、彼自身か神でないとわからないことなんですよ。

だから、私は神にそれを確認しました。
キミも神の存在を肯定しているのだから確認すればよいでしょう。
尊敬していたことは揺るがない真実です。それが神の回答です。
キミはまさか、神のお言葉を疑うのですか!

779 :476:2006/08/30(水) 23:36:45
人の作った物語なんかは、αは作ったけどΩは考えてないものが多いw

この世が、神が作った物語ならば、途中で連載打ち切りで後は放置ってことも
あるかもしれないな。
Ωまで作ろうとすればできるが、やらない、あるいはやれないみたいなw

780 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 23:56:39
>>764

> 私は別に皆さんに味方をして欲しいとは言いませんが、ユダの告白氏が
> 自分の言ったことに責任をもって回答しないことに何の反応もないのを
> 不思議に思います。

小さなヨハネさんが哲学徒に宣戦布告したからだと思います。
でも可哀相になってきたから擁護側にまわろうかな・・
でも見事に釣られて暴れまわるさまは見ていて面白いし・・
難しい選択だw

781 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 00:03:00
イエスの御前で懺悔せよ!

782 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/31(木) 00:11:41
>>778
ユダの告白氏よ、わたしはあなたにそれがどこに書いてあるのか
聞いているだけです。どこに書いてあるのですか、答えて下さい。

783 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/31(木) 00:15:35
405 :ユダの告白 :2006/08/19(土) 14:34:28
アホの小ヨハネや・・・!
何を勘違いしているのやら・・・???
わらわは他の名なぞ一度も名乗ってはおらぬわ。
しょうがないのう、アホの小ヨハネや、良くお聞き・・・!
問い一、カント書簡集の中のクーノプロッホ嬢宛のなかで、カントは自身で
スウェーデンボルグに手紙を書き自分の質問事項にスウェーデンボルグが
新刊書のなかで答えるという約束をとりつけた、と述べている。
そのときにカントの依頼をうけて実際にスウェーデンボルグに会った友人は
スウェーデンボルグは非常に好意的で、学者としてのカントを尊敬していると伝えている。
ところがだよ、二年たってもスウェーデンボルグは新刊書でカントの質問に答えなんだ。
おそらく、たんなる失念、物忘れだったのだろうが・・・。
またスウェーデンボルグの著作を送るという約束も果たされなかった。
苛立ったカントは八巻もの「天界の秘儀」を自ら買い込んで読み、「視霊者の夢」を書いたのだよ。


784 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/31(木) 00:18:34
408 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/19(土) 21:22:06
>>405
やっと答えてくれましたね。しかし気になる点があります。
私の手元にある『霊界と哲学の対話 カントとスヴェーデンボリ』
金森誠也編訳・論創社刊にもカントのそのシャルロッテ・フォン・
クノーブロッホ嬢への手紙は収録されていますが(P10)「学者と
してのカントを尊敬している」という表現はありません。

>おそらく、たんなる失念、物忘れだったのだろうが・・・。
>またスウェーデンボルグの著作を送るという約束も果たされなかった。
>苛立ったカントは八巻もの「天界の秘儀」を自ら買い込んで読み、
>「視霊者の夢」を書いた

あなたのこのレスは講談社現代新書 高橋和夫著『スウェーデンボルグ
の思想』(P203)からそっくりそのまま引用していますが、そこにも
「学者としてのカントを尊敬している」という表現はありません。

「学者としてのカントを尊敬している」という表現がどこにあるのか
出典を示してください。

785 :ヨハネのしっぽ:2006/08/31(木) 00:19:44
>>782
民明書房刊「これはIt'sカント」に書いてあるという噂。

786 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/31(木) 00:28:39
>>775
カントは神の存在は証明できないと言ったそうですが、それは
カント自身が無神論であることを婉曲に表現したものではないか
という意味です。

なぜなら、神を信じる者にとって神の存在証明など、それが可能
かどうかの問題以前に、何の意味もないからです。ですから
そんな問題を取り上げること自体、神を信じていない証拠だろうと
考えるのです。

また、それとは別のことですが、そもそも神の存在は証明の問題で
はなく、認識の問題です。人間は証明によって認識するのではあり
ません。

787 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 00:32:14
素っ裸になって何もかも懺悔せよ!

788 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 01:20:00
>>772
その「本人の自由」を「本人の自由」たらしめているものは何ですか?
どうしてある人は理性を使用し、ある人は使用しないのですか?
また、どうしてある人は努力をし、ある人は横着者なのですか?

その選択は、その人の性格や欲求、経験や知識、環境などといった生まれつきで
自分ではどうしようもない資質や条件に依っているように思います。
それらに依らなければ、その人はその選択を決定できないと思うからです。

もしそうだとすると、その人が悪くなることを選んだからといってどうしてその
人がその責任を被り、非難されなければならないのでしょうか?
また、良くなることを選んだからといってどうして賞賛されるのでしょうか?

789 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 02:07:23
>>786
カントは貴方と同じように、論理によっては証明できないと言っただけだと思います。
ただ、貴方と違ってカントが哲学者として偉大なのは、古くから罷り通っていた詭弁の
ごとき神の存在証明のどこが詭弁であるかを、論理と言語によってしっかりと説明して
見せたところにあると思います。
神の存在証明が貴方にとっては意味がなくても、哲学には意味のあることだと思います。
神を認識していようといまいと、彼の哲学者としての功績が損なわれることにはならな
いと思います。

790 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/31(木) 05:54:33
>>788
>その選択は、その人の性格や欲求、経験や知識、環境などといった生まれ
>つきで自分ではどうしようもない資質や条件に依っているように思います。
>それらに依らなければ、その人はその選択を決定できないと思うからです。

確かに私たちは親や祖先からの「遺伝悪」を受け継いでおり、生まれつき
悪です。しかし、自分で後に加える悪も実際あります。

創世記8・21
 人が心に思うことは、幼いときから悪いのだ。

しかし、神はどの民族にも十戒あるいはそれに類する規範を与えて人間の道を
示し、人には理性、判断力を与えて自分を改善するように求めています。
自分の中の悪と戦うことが求められており、だから「戦う教会」と言われ
るのです。「教会」とは本来個人のことです。

791 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 05:59:23




創世記8・21
 人が心に思うことは、幼いときから悪いのだ。


この時点で嘘じゃんw





792 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/31(木) 06:07:02
スウェーデンボルグ・天界の秘義4644
 人間はことごとく悪の中へ生まれており、すなわち、父から発
 した内的な悪へ、母から発した外的な悪へ生まれていることを
 知らなくてはならない。なぜなら人間各々の遺伝性は悪である
 から。

スウェーデンボルグ・仁慈の教義2
 人間は凡ゆる種類の悪に生まれている。かれの意志は―それは
 かれの固有性であるが―悪以外の何ものでもない。それで人間
 は改良されて、再生しないかぎり、かれはその生まれたちょう
 にとどまっているのみでなく、さらに悪くなりさえするのである。
 なぜならかれは遺伝的に受けつがれたいくたの悪にひかれ、自分
 自身で行ったいくたの悪を加えているからである。

マタイ10・34−39
 わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはな
 らない。平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。わたし
 は敵対させるために来たからである。人をその父に、娘を母に、
 嫁をしゅうとめに。こうして、自分の家族が敵となる。

 わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしくない。
 わたしよりも息子や娘を愛する者も、わたしにふさわしくない。
 また、自分の十字架を担ってわたしに従わない者は、わたしに
 ふさわしくない。自分の命を得ようとする者は、それを失い、
 わたしのために命を失う者は、かえってそれを得るのである。

「父、母」とは人間の遺伝悪や誤謬を意味し、「息子や娘」とは
 自分で後に取得した悪と誤謬を意味します。それらと戦えと
 主は言っておられるのです。

793 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/31(木) 06:20:54
>>788
>もしそうだとすると、その人が悪くなることを選んだからといっ
>てどうしてその人がその責任を被り、非難されなければならない
>のでしょうか?また、良くなることを選んだからといってどうし
>て賞賛されるのでしょうか?

そのために人間には理性、判断力ならびに選択の自由と規範が与え
られており、悪を為すならそれは本人の責任なのです。人間は本人
の行いによって裁かれます。所謂「信仰義認論」は誤りです。

申命記24・16
「父は子のゆえに死に定められず、子は父のゆえに死に定められ
 ない。人はそれぞれ自分の罪のゆえに死に定められる。」

出エジプト23・7
「わたしは悪人を正しいとすることはない」

マタイ16・27
「わたしはそれぞれの行いに応じて報いるのである」

イザヤ59・18
「主は人の業に従って報い」

黙示録2・23
「わたしは、あなたがたが行ったことに応じて、一人
 一人に報いよう。」

黙示録20・13
「彼らはそれぞれの行いに応じて裁かれた。」

794 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/31(木) 06:31:08
>>789
しかし、神の存在は証明の問題ではなく認識の問題なのに
それを証明の問題として捉えたことは誤りだと思います。

またそれにより彼は人に神の存在の探求を放棄させ、神は
存在しないのだと誤認させてしまうことになったのではない
かと思います。カントの罪は大きいのです。

795 :ユダの告白:2006/08/31(木) 06:46:43
嘘つき小ヨハネや・・・?
そなたがすべきことはただひとつ・・・!
懺悔せよ、嗚呼〜愚かな小ヨハネよ、懺悔せよ・・・!!!

796 :一言居士:2006/08/31(木) 08:04:36
正直言って小さなヨハネさんが神が存在すると考える根拠は、神があると思ったら存在するっていう素朴実在論に過ぎないのだわ。
証明できないと言ったら、もうこれしかない。あると思えばある、ってやつだ。

797 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 11:05:08
>懺悔せよ、嗚呼〜愚かな小ヨハネよ、懺悔せよ・・・!!!

ハゲ同

798 :めい:2006/08/31(木) 12:08:52
お久しぶりです。かなり忙しかったためお返事できなかったことをお詫びします。
ヨハネのしっぽさんへ
>>こちらはどうかと思います。
人間に用意したというのは勝手な思い込みではないでしょうか?
宇宙のために、地球や山や海や花や人間を用意したのではないでしょうか。
人間を特別視するのは思い上がりだと思います。

こういう風に思われるのも結構ですが、宇宙のためにってどういう意味でしょうか?
詳しく説明してもらえば助かります。また人間を特別視するのは思い上がりではないと思います。
人には神から特別な特権を得られたということは聖書にも記されています。
人間は他の動物と違って神があらゆるものを創造したように人間にも創造する力を与えられています。
また人間はお互いがコミュニケーションをとって分かち合ったりします。
猿は頭のいい動物ですがライオンが襲ってきたら逃げる時は適当に逃げますが、
人間は右に曲がれ。私は左に曲がるからという判断力もあります。また神は人間を愛して特別な存在とした
ためキリストを送られました。そしてヨハネの3章16節にも書いています。神はその一人子をお与えになった程
世を愛されたというのはあなたも知っているはずです。

799 :めい:2006/08/31(木) 12:12:30
現実=科学と皆さんは思っているようですが、現代科学も完璧ではないのです。
ですから皆さんは完璧でないものを信じているのに完璧な神を信じようとしないのは
私にとっては不思議です。目に見えなければ信じたくないということでしょうか?


800 :ヨハネのしっぽ:2006/08/31(木) 12:16:59
>>798
>人には神から特別な特権を得られたということは聖書にも記されています。

それは書いた人の思い込みでしょう。

>人間は他の動物と違って神があらゆるものを創造したように人間にも創造する力を与えられています。
>また人間はお互いがコミュニケーションをとって分かち合ったりします。

別に人間に限りません。
ある動物が他の動物と違うのは区別できる以上当たり前ですし、
人間だけが特別ではありません。

>人間は右に曲がれ。私は左に曲がるからという判断力もあります。

なら、それができない人は人間じゃないのですか?

>また神は人間を愛して特別な存在としたためキリストを送られました。

人間に対しては、「イエス」を送り込んだだけでしょう。
他の動物にも送られていても、我々が知らないだけだと思います。


801 :めい:2006/08/31(木) 12:24:04
一言居士
>>キリスト教は、万人とっての邪教ではないが、ある種の人間にとっての邪教なのです。そう言うと、主観的な決め付けと思われるかもしれませんが、ピーナッツアレルギーの人を単なる食わず嫌いとみなすのはおかしいでしょう。
人それぞれ適す適さないがあるのです。

と書いてますがそれは適さないだけで邪とは言い切れません

>ヨハネのしっぽさんへ
あなたはどうやら勘違いしているようです。私はあなたに同意されたいがために書いているので
ないのですよ。また私は何を言っても無理な相手にはどうしようもない人間に対しては
あきらめるしかないと思います。それはテロリストに自爆するなと言ってもテロリストは
そんなこと知ったことはないと思っている人間だからです。ですからキリストを迫害して
潰そうと思っている人間に対してはそれと変わりはありません。少なくとも神の存在を
知って欲しいと思って書いたものです。また私は一度もこの世の事を全て知っているとは書いてません。
私も人間の一人であり、神だけが全てを知っていて私は神に従っているだけのものです。
イエス様もパリサイ人に天におられる父について語りましたが、パリサイ人はイエス様を無視し迫害
して殺してしまいました。だから聞く耳を持つ人と持たない人がおられるように
全てはそれぞれの人達が選ぶ道であり私は誰かを変えようという気はないのです。
変えられるのは私ではなく神だからであることはあなたがキリスト教徒であるなら
知っていると思います。

802 :ヨハネのしっぽ:2006/08/31(木) 12:25:16
>>799
>現実=科学と皆さんは思っているようですが、

そんなことはないと思います。

>現代科学も完璧ではないのです。ですから皆さんは完璧でないものを信じているのに

科学を正しく知っているものは、そんなことは十分承知していますし、
盲目に信じているわけでもありません。所詮、科学は道具に過ぎません。
利用できるから利用する、それだけのことです。

>私にとっては不思議です。目に見えなければ信じたくないということでしょうか?

別に貴方が勝手に不思議がっていればいいし、
信じたくない人は信じなくていいのです。信じない自由も神が与えたのですから。
結局は本人が選ぶことで、他人の無信仰を批判したり、信仰を押し付けるのは、
神からその人に与えられた自由を否定する行為に等しく、愚かなことだと思います。


803 :ヨハネのしっぽ:2006/08/31(木) 12:28:24
>>801
>少なくとも神の存在を知って欲しいと思って書いたものです。

余計なお世話だと思います。

それでも、貴方が神を正しく認識できるのならまだマシですが、
本当にそれができるなら、まず神とそれ以外のものを区別する基準を明確にすることです。
それができないなら、神について語るのはやめたほうが良いと思います。

804 :めい:2006/08/31(木) 12:34:15
ヨハネの尻尾さんへ

いいえ、聖書を書いた人間に思いこみはないです。神は人間を創造したときだけに
神は自らの息を吹き込みました。それは私達が魂を一人一人に宿らすためです。
他の動物には与えられていません。だから私達には神の霊が一人一人にあります。
しかし動物にはそれはありません。また神はアダムにこれらの動物たちをあなたは名をつけてよい
とも言っています。人間は唯一神が宿り(聖霊)によって良いことと悪いことの
識別ができるようになったのです。動物にはそれらのことはできません。
相手を傷つけても悪いとも良いともわからないのです。

805 :めい:2006/08/31(木) 12:46:10
ヨハネのしっぽさんへ
>>現実=科学と皆さんは思っているようですが、 そんなことはないと思います。
これは神の存在を否定するものに言っています。科学を正しく知っているものは、そんなことは十分承知していますし、
盲目に信じているわけでもありません。
>>所詮、科学は道具に過ぎません。 利用できるから利用する、それだけのことです。
と書かれましたがそれはあなたがキリスト教徒であるからそう考えることができるのです。
>>余計なお世話だと思います。
余計なお世話と書いていますがでは神を否定する人間についてはどう思われているのですか?
キリストを邪として否定する側もキリスト教徒にとっては余計なお世話です。あなたは一体どっち
側にいるのですか?キリスト教徒は神の福音を述べるのが仕事です。少なくとも伝えなければならないこと
を伝えなければ救われる人間は増えません。勝手にさせとけという判断は間違いです。
神の存在にそのうちに気づく人もそのうちでるかもしれないからです。またイエス様も
私の福音を述べ伝えなさい。この世界の果てまでとも言われています。




806 :めい:2006/08/31(木) 12:51:58
ヨハネのしっぽさんへ
訂正文(805)最初の部分間違っていましたので訂正させていただきます。
>>現実=科学と皆さんは思っているようですが、 そんなことはないと思います。
。科学を正しく知っているものは、そんなことは十分承知していますし、
盲目に信じているわけでもありません。
これは神の存在を否定するものに言っています。

807 :めい:2006/08/31(木) 12:55:24
またパウロ先生もこう言っています。福音を述べ伝える事は恥じてはならない。
Gospelを伝えるのがあなたのキリスト教徒としての使命なのです。

808 :めい:2006/08/31(木) 13:07:41
ヨハネのしっぽさんへ
>>それでも、貴方が神を正しく認識できるのならまだマシですが、
本当にそれができるなら、まず神とそれ以外のものを区別する基準を明確にすることです。
それができないなら、神について語るのはやめたほうが良いと思います。

神を正しく認識できるのならまだマシですがと書いていますがこの世界には
誰一人、神を完璧に認識するものなどいません。ただ神の書物である聖書を元に
私達は行動するべきなのです。私ではなくあなたは何か良いことを書こうと思っている
に見えます。私はただ真実を伝えるのが目的であなたが間違っているとも
自分が偉いとも思っていません。勝手に私が神の事を全て知っていると思わないでください。
私もただの人間であることは承知しています。だから日々悔い改めそして反省することばかりです。
しかし私達はそれでも他者を自分のように愛さなければならないのです。もしも自分のように愛しているならば
福音を伝えないとしたら、それは他者を愛していないのと同様です。どうでもいいとしか
思わないのですから。



809 :ヨハネのしっぽ:2006/08/31(木) 13:43:08
>>804
>聖書を書いた人間に思いこみはないです。

残念ながらそんなことは断言できません。
翻訳過程で劣化することもあるわけで、間違いが入っている可能性は常にあります。
絶対に正しいと言うのならば、それは貴方の思い込みに過ぎません。

>他の動物には与えられていません。だから私達には神の霊が一人一人にあります。

あらゆる動物に与えられています。

>動物にはそれらのことはできません。
>相手を傷つけても悪いとも良いともわからないのです。

そんなことはありません。動物でも可能です。


810 :ヨハネのしっぽ:2006/08/31(木) 13:47:18
>>805
>と書かれましたがそれはあなたがキリスト教徒であるからそう考えることができるのです。

いいえ。私は無神論者の観点に立つことができます。

>神を否定する人間についてはどう思われているのですか?

神が否定する自由を人間に与えたのです。否定することは自由です。
結局は本人が選ぶことで、他人の無信仰を批判したり、信仰を押し付けるのは、
神からその人に与えられた自由を否定する行為に等しく、愚かなことだと思います。

>キリスト教徒は神の福音を述べるのが仕事です。

それを必要としている人にです。
そうでない人に押し付けるものではありません。

811 :ヨハネのしっぽ:2006/08/31(木) 13:52:15
>>807
パウロの言うことと、イエスの言うことが一致しているとは限りません。
また、イエスが言った言葉とされるものでも、正しく伝えられている保証はどこにもありません。
イエスはユダヤ教徒であり、目的は律法を否定するのではなく完成させるためだったのに、
ユダヤ教をまじめに知ろうとしないキリスト教徒が多いのは悲しい限りです。
イエスが手を加えたところだけを見ていて、何に加えたのかそのもとを見ていない。

812 :ヨハネのしっぽ:2006/08/31(木) 13:58:43
>>808
>誰一人、神を完璧に認識するものなどいません。

貴方が他者について言及することはできません。
貴方が知りえるのは、貴方自身が認識できるかどうかであり、
貴方以外の人間がそうだとは限りません。
他人も自分と同じだと勝手に思い込んでいるだけです。

また、認識できないなら、いい加減なことを言うのはやめましょう。
正直に、わからないとだけ言っていれば良いでしょう。

>福音を伝えないとしたら、それは他者を愛していないのと同様です。どうでもいいとしか
>思わないのですから。

いいえ違います。愛するが故に伝えないということもありえます。

813 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 15:25:36
今日も明日も料理するの面倒だなぁ〜
何作ろうかな?

814 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 17:50:00
ウンコ味のカレー
カレー味のウンコ
どっちにしよう?

815 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 18:17:53
けちけちしないで本物のウンコにしようよ

816 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 18:30:42
犬のウンコと
人のウンコで
味の違いはありますか?

あと、
猫のウンコも
いかがでしょうか?

817 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 18:52:17
ウンコじゃなくて糞袋が好きなの!

818 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 19:00:45
英訳して
スツールスバッグ。

819 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 19:32:26
Sorry that I know nothing
but I love not Unco but shit locker.
but I love you
but ua fool

820 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 21:16:34
じつは、ヨハネって男でしょ?

821 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 21:20:58
ヨハネは普通男ですが?

822 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 21:51:51
日々、懺悔をしなさい。

823 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/31(木) 21:55:27
785 :ヨハネのしっぽ :2006/08/31(木) 00:19:44
>>782
>民明書房刊「これはIt'sカント」に書いてあるという噂。

なんだ、馬鹿馬鹿しい。
ヨハネのしっぽ=ユダの告白=処刑ライダー
じゃないですか。
一体何役やれば気が済むのか・・・。

ユダの告白氏よ、馬鹿なことばかり言っていないで
私の質問に答えなさい。

824 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/31(木) 21:57:39
ヨハネのしっぽ氏が神の基準を聞かれて答えられる筈は
ないのです。本人は神を知らないのだから。

825 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/31(木) 22:00:11
本当に哲学板にはおかしな人が多い。

826 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 22:05:57
おまいがいる場所じゃないからだ

827 :一言居士:2006/08/31(木) 22:09:57
むやみに人を疑う小ヨハネさんは、キリスト教徒なんでしょうか?

828 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 22:10:19
このスレは、キリスト教は邪教か否かを議論とこですか?

829 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 22:11:19
>>828
いいえ、キリスト教は邪教です。

830 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/31(木) 22:19:15
おーい、ユダの告白氏よ、どうして私の質問に
答えられないのですか。逃げてばかりいないで
答えて下さい。あなたが言ったことについて
聞いているだけです。

831 :476:2006/08/31(木) 22:22:53
信者が信じるのは別にいいんだけど。。。

ここは学問板なんだから、人間が記した書物を引用するなら、まずはその書物
が神の啓示なり言葉なりであることを証明してくれないかね?

それが出来ない限り、なんの説得力も無いと思うよ。

832 :476:2006/08/31(木) 22:26:24
信者は、このスレの人々が神を否定しているように見えるようだが。

神を否定しているのではなく、神の言葉を書いた人間が、真実を記しているの
か否かが、真に問うべきところなのではないかな?

833 :828:2006/08/31(木) 22:26:29
>>829
ですえね!




834 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/31(木) 22:26:33
405 :ユダの告白 :2006/08/19(土) 14:34:28
 アホの小ヨハネや・・・!
 何を勘違いしているのやら・・・???
 わらわは他の名なぞ一度も名乗ってはおらぬわ。
 しょうがないのう、アホの小ヨハネや、良くお聞き・・・!
 問い一、カント書簡集の中のクーノプロッホ嬢宛のなかで、カントは自身で
 スウェーデンボルグに手紙を書き自分の質問事項にスウェーデンボルグが
 新刊書のなかで答えるという約束をとりつけた、と述べている。
 そのときにカントの依頼をうけて実際にスウェーデンボルグに会った友人は
 スウェーデンボルグは非常に好意的で、学者としてのカントを尊敬している
 と伝えている。
 ところがだよ、二年たってもスウェーデンボルグは新刊書でカントの質問に
 答えなんだ。
 おそらく、たんなる失念、物忘れだったのだろうが・・・。
 またスウェーデンボルグの著作を送るという約束も果たされなかった。
 苛立ったカントは八巻もの「天界の秘儀」を自ら買い込んで読み、
 「視霊者の夢」を書いたのだよ。

ユダの告白氏よ、
「そのときにカントの依頼をうけて実際にスウェーデンボルグに会った友人は
スウェーデンボルグは非常に好意的で、学者としてのカントを尊敬している
と伝えている。」などとどこに書いてあるのですか。

835 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 22:37:34
今日もお腹いっぱい。ウンコいっぱい。
さぁ、またいっぱいウンコだそ。ウンコいっぱい。

836 :ユダの告白:2006/08/31(木) 22:41:32
これこれアホのヨハネや!
日本語も読めないのかね、本をよく読みなさい。
スェーの引用ばかりしないで・・・、引用だけなら猿でも出来るわ・・・。
嗚呼〜、嘘つき小ヨハネや、そなたはもう大カントの叡智の前に完全に
敗北し屈服しているではないか・・・!
自分の言った事に責任をもちなさい・・・、アホの小ヨハネや。
懺悔せよ、愚かな小ヨハネよ〜、懺悔せよ・・・!!!

837 :828:2006/08/31(木) 23:08:00
あるサイトで、「使徒の働き19章23〜28章」をもとに、こんなことが主に書かれていた。
1.人の手で作る偶像は神ではない。
2.偶像などで利益を得るのは、神に対して利己的である。

1に関して言えば、教会にある十字架に貼り付けになっているイエスの像は何なのか。
2に関して言えば、神との契約を中心に進行しているのは利己的ではないのか。

意見、お願いします。



838 :ヨハネのしっぽ:2006/08/31(木) 23:09:34
>>823
>ヨハネのしっぽ=ユダの告白=処刑ライダー

違います。
真実が見えない「もぐら」は貴方のことだと思います。

839 :ヨハネのしっぽ:2006/08/31(木) 23:20:02
>>824
話を勝手に摩り替えないようにしましょう。

問題は、貴方が認識できると言い出したことからであって、
貴方の神とそれ以外を区別する基準が問われていたのです。

結局、貴方は区別する基準もなく、正しく認識できないことを自覚もせず、
思い上がっているだけであることが、証明されたと思います。

840 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 02:27:48
>>790-793
>どうしてある人は良くなることを選び、ある人は悪くなることを選ぶのか?
>どうしてある人は理性を使用し、ある人は使用しないのか?
>また、どうしてある人は努力をし、ある人は横着者なのか?

紹介して下さった引用文は、↑これらの質問の答えにはなっていないように思います。
僕が訊いているのは、自由な選択は何に基づいてそれを決定しているのかってことです。

ものごとの選択は、その人の性格や欲求といった生まれつきの資質に依ってなされるもの
だと思います。なぜなら、結果には必ず原因があり、自分で後に悪を加えてしまったこと
にも原因があったはずで、その原因をその原因の原因にとずっと遡って行くと、その人の
生まれつきの資質に行き着くことになると思うからです。

しかしそうだとすると、その人が悪くなることを選んだのは、その人が生まれる前から決
まっていた不可避的な必然だったことになってしまうというわけです。それが本当なら、
悪を為した責任をその本人に帰するのはおかしいことになってしまうでしょ?

ですから、「選択の自由」を認めるためには生まれつきの資質などに依らない「何か」に
依って選択が決定されなければならないわけですが、その「何か」とは一体何ですか?
といういうことを訊いているわけです。

841 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 03:45:23
生まれつきの資質

842 :めい:2006/09/01(金) 04:40:50
ヨハネのしっぽさんへ
聖書を書いた人間に思いこみはないです。
>>残念ながらそんなことは断言できません。
翻訳過程で劣化することもあるわけで、間違いが入っている可能性は常にあります。絶対に正しいと言うのならば、それは貴方の思い込みに過ぎません。
あなたはでは一体どこの教会でそのようなことを学んだのでしょうか?あなたはキリスト教徒でありながら
聖書を信じていない。あなたは疑うことばかりをしています。もしもあなたが神の信者であるならば
聖書の全てを信じているべきです。
>>と書かれましたがそれはあなたがキリスト教徒であるからそう考えることができるのです。
いいえ。私は無神論者の観点に立つことができます。

これについてですがあなたの場合無神論者の観点にしか立つことはできていません。神を信じていると言っておいて実は
信じていないのです。動物をアダムに神が名前をつけてよいと言ったのにもそれは人間が地上においての動物たちを
支配することのできるようにしたためです。
>>だから私達には神の霊が一人一人にあります。あらゆる動物に与えられています。
あなたは人と動物を同じに例えていますがあらゆる動物に与えられているとどこから
そう勝手に思ったのでしょうか?あなたは動物に霊があると言っています。またあなたは
キリスト教徒を批判する人間の一人と変わりません。そしてキリスト教徒の失言をいつも探しては
攻撃する姿勢する機会をうたがっています。また動物とかに話をどんどん変えていく方向性もある意味おかしいです。要点は信じるか
信じないかの問題だと思います。



843 :めい:2006/09/01(金) 04:45:09
攻撃する姿勢する機会をうたがっています--->攻撃する機会をうかがっています。
訂正文(842)


844 :めい:2006/09/01(金) 04:55:44
>>神が否定する自由を人間に与えたのです。否定することは自由です。
結局は本人が選ぶことで、他人の無信仰を批判したり、信仰を押し付けるのは、
神からその人に与えられた自由を否定する行為に等しく、愚かなことだと思います。

それは私もあなたと同じだと書きました。私が神を否定する人間についてはどう思われているのですか?
と質問したのはあなたが私が神について語るのは余計なお世話だと言ったためです。ではあなたは何のために討論
しているのですか?討論する気がないのにきていて意味もなく神を信じている人にも信じてない人にも
あなたは間違っていると言っています。つまりキリスト信者でもなく無神論者でもないというなら
あなたは自分をどうしたいのですか?あなたにはHumblenessという言葉を知らないと思います。
勝手な思いあがりをしてるのはむしろあなたです。動物に霊があると決めたのもあなたです。
私はないと言ったのは私の意見ではなく聖書にもとづいた理論を出しています。決して自分の頭で
理解しないほうがよいです。そうでなければあなたは聖書を信じていません。


845 :めい:2006/09/01(金) 05:06:27
また、否定することは自由だということは分かっていますが神は否定
して欲しいとは思っていません。あなたが勝手に神の立場に立ち自由に人間
にやらせればいいと思っているのです。あなたは聖書を読んでからそういうこと
を言っているとしたらあなたは私達キリスト信者とは異なります。キリスト信者を全て否定
して友達どころか全ての人間を拒絶しています。

私がキリスト教徒は神の福音を述べるのが仕事です。に対して

>>それを必要としている人にです。そうでない人に押し付けるものではありません。
これについてですがそれは間違っています。あなたの家族がキリスト教徒でなかった場合
あなたは家族にイエス様の事を黙ったままにするのですか?これは小さな例でしかありませんが
友達にも家族にもイエス様が私達を愛されたことについても言うべきです。しかしあなたは否定
するばかりではあなたの家族や友達がかわいそうです。確かに神は選ばれた人にしか特別な力を
与えていません。しかしそうでない人も家族や友達に救い主が来たということを伝える義務がありません。
あなたはそれをも否定するとしたら、あなたはキリストを迫害しているのと同じなのです。


846 :めい:2006/09/01(金) 05:08:20
しかしそうでない人も家族や友達に救い主が来たということを伝える義務があります。(845訂正)

847 :めい:2006/09/01(金) 05:18:22
842から847はヨハネのしっぽさんへです。
>>パウロの言うことと、イエスの言うことが一致しているとは限りません。 また、イエスが言った言葉とされるものでも、正しく伝えられている保証はどこにもありません。
イエスはユダヤ教徒であり、目的は律法を否定するのではなく完成させるためだったのに、
ユダヤ教をまじめに知ろうとしないキリスト教徒が多いのは悲しい限りです。
イエスが手を加えたところだけを見ていて、何に加えたのかそのもとを見ていない。

いいえ、パウロの言うこととイエス様の言うことは一致しています。パウロ先生も最初はイエスを迫害していた
人間でした。しかしある日パウロがキリスト信者を捕まえつづけている時にイエス様はパウロの
前に現れたのです。そしてイエス様はパウロよ。どうしてあなたは私を迫害するのか?と言っておられます。
その時パウロは盲人になっています。しかしキリストを信じキリストを伝えると決めた時から彼の目は開き
また見えるようになっています。パウロはもともと最高律法学者でもあります。その彼がイエスを嫌っていたにもかかわらず
イエス様は彼を変えられました。あなたは聖書を何だととらえるのですか?いつも神もパウロもイエスもそして無神論にも
あなたはただ単に割り込んでいます。あなたにはイエス様だけでなく良い友達が必要です。

848 :めい:2006/09/01(金) 05:30:30
しっぽさんへ>>また、認識できないなら、いい加減なことを言うのはやめましょう。
正直に、わからないとだけ言っていれば良いでしょう。

いい加減なことを言っているのはあなたです。正直にということはあなたは正直に言っている
のでしょうか?意味の分からないことをただ一直線に並べて書くのは討論という姿勢ではないのです。
私も最初はキリストを迫害するものでした。私は誰よりもキリストを嫌っていたし誰よりも
キリストをこの世から消し去ろうと思っていました。しかしイエス様と出会い私に言ってくれたのです。
あなたの罪は許された。だからあなたは外に行き皆にイエス様は救世主だということを伝えよと
だから私は伝えることをやめません。あなたが私にやめろというのキリスト教徒ではないから
そう言うのです。

849 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/01(金) 06:12:51
>>836 :ユダの告白 :2006/08/31(木) 22:41:32
>これこれアホのヨハネや!
>日本語も読めないのかね、本をよく読みなさい。
>スェーの引用ばかりしないで・・・、引用だけなら猿でも出来るわ・・・。
>嗚呼〜、嘘つき小ヨハネや、そなたはもう大カントの叡智の前に完全に
>敗北し屈服しているではないか・・・!
>自分の言った事に責任をもちなさい・・・、アホの小ヨハネや。
>懺悔せよ、愚かな小ヨハネよ〜、懺悔せよ・・・!!!

「引用だけなら猿でも出来るわ・・・。」
「自分の言った事に責任をもちなさい・・・、アホの小ヨハネや。 」

それなら早く「スウェーデンボルグがカントを尊敬していたと伝えている」
とあなたが言ったことの引用文を示しなさい。

850 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/01(金) 06:20:02
>>848
>意味の分からないことをただ一直線に並べて書くのは討論という
>姿勢ではないのです。

めい氏よ、ヨハネのしっぽというのはただの腹話術の人形なのです。

851 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/01(金) 06:22:36
ユダの告白がそうであるように。

852 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/01(金) 06:47:22
>>839
認識できない者がどうして他人が認識できないことを証明
などできるのですか。

鷲には太陽が見えないことが証明されたと太陽を知らない
もぐらが言っているようなものです。


853 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 07:01:30
会話が成立してない・・だ・・だいじょうぶ?

854 :一言居士:2006/09/01(金) 08:44:10
めい氏よ、うわべだけの謙りなんてうんざりします。あなたはそうでないとお思いでしょうが、このようなうわべだけの謙りがキリスト教が嫌われる理由の1つじゃないんですか?
あと、キリストを信じないものはみなその迫害者なんですか?たわ言もいいかげんにしてください。自分のことを罪人と偽悪者ぶって、ほかの人の意見を否定し、説教するんですね。
私に言わせりゃ、ヨハネのしっぽさんの方が話がわかる人物と思うんですが。

855 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 09:04:40
めいさんは、多分パウロ気取り

856 :ヨハネのしっぽ:2006/09/01(金) 10:09:07
>>842
>聖書を書いた人間に思いこみはないです。

それは貴方が勝手にそう思っているだけです。

>聖書を信じていない。あなたは疑うことばかりをしています。もしもあなたが神の信者であるならば
>聖書の全てを信じているべきです。

そんなべき論はありません。そもそも「信じる」ということ自体、認識できないから信じるのだということを理解したほうがいいと思います。
普通、目の前のキーボードがあると信じるという言い方はしません。在るものは在るんです。在りて在るもの(=主)についても同じです。

また、信じるということは、それをすべて正しいとして他者に押し付けることではありません。
私は各個人で信仰していることを否定はしませんが、それを正しいとして他者に押し付けることは間違っていると考えています。

>神を信じていると言っておいて実は信じていないのです。

それは貴方の勝手な思い込みです。私のことを貴方が知らないだけです。

>あなたは人と動物を同じに例えていますがあらゆる動物に与えられているとどこから
>そう勝手に思ったのでしょうか?

動物は種によって構造が違うだけで、材料はほぼ同じです。
DNAを書き換えることで、人間だろうと動物だろうとそれ以外のものであろうと、自在に作れます。

>またあなたはキリスト教徒を批判する人間の一人と変わりません。

それも貴方の思い込みです。私はキリスト教を批判しているわけではありません。
一部の不品行な信徒の行動に疑問を感じているのです。

>要点は信じるか信じないかの問題だと思います。

それは貴方個人の問題だと思います。

857 :ユダの告白:2006/09/01(金) 10:11:34
めいさんは日々悔い改めていると、言っているだけましじゃん・・・。
アホの小ヨハネときたら、悔い改めるどころか日々益々悪くなってゆく・・・。
ああ〜、やがて地獄に落ちる時がくるのに・・・?

858 :ヨハネのしっぽ:2006/09/01(金) 10:12:00
>>844
>神を否定する人間についてはどう思われているのですか?

その人の自由です。それすらも神から与えらた賜物です。

>決して自分の頭で理解しないほうがよいです。

ここにイエスがいたらそんなことは言わないと思います。

859 :ヨハネのしっぽ:2006/09/01(金) 10:17:41
>>845
>キリスト信者を全て否定して友達どころか全ての人間を拒絶しています。

別に否定も拒絶もしていませんが。貴方が勝手にそう思い込んでいるだけでしょう。
私と同じような考え方をする信徒も少なくありません。
むしろ、そういうことを言い出す貴方の方が異端である可能性もあると思います。

>友達にも家族にもイエス様が私達を愛されたことについても言うべきです。

別にそれは否定していません。

>しかしそうでない人も家族や友達に救い主が来たということを伝える義務があります。

別にそれも否定していません。


860 :ヨハネのしっぽ:2006/09/01(金) 10:25:08
>>848
いい加減なことを言わなければ、いいと思います。
貴方が自分の不完全さを理解しているなら、
貴方が聖書を正しく理解できるとは限らないこともわかるでしょう。

従って、貴方は、自分が「〜と思っている」と表現する限り正しいですが、
「〜は正しい」ということを言い出すことはおかしいと思います。

一例をあげると、貴方の場合、「聖書は正しい」ではなく、「私は聖書は正しいと思っている」です。
その正しさを証明できない限り、そういうのが相応しいと思います。

861 :ヨハネのしっぽ:2006/09/01(金) 10:29:23
>>852
>認識できない者がどうして他人が認識できないことを証明
>などできるのですか。

貴方はご自分で自分が認識できないことを証明してしまっているんです。

>鷲には太陽が見えないことが証明されたと太陽を知らない
>もぐらが言っているようなものです。

直接光を見ることのできないもぐらがフィルタを使って太陽の黒点を観察し、
鷲が太陽を正しく理解していないことを証明することもあるんです。

862 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 12:25:08
>鷲には太陽が見えないことが証明されたと太陽を知らない
>もぐらが言っているようなものです。

鷲(のつもりのハチドリ)が見たのは日焼けサロンのライトじゃないの?w

863 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 14:50:55



864 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 16:20:21
おしっこ
してこよ

865 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 18:40:13
邪教徒どもの罵り合い

866 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/01(金) 21:27:25
>>857
嘘つきユダに言われたくありません。それより
私の質問に対する答えはどうなったのです。

スウェーデンボルグがカントを尊敬していたと伝えている
とどこに書いてあるのか引用しなさい。大嘘つき。
大の大人がうそをついてどうするのですか。

867 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/01(金) 21:31:16
>>856
>そもそも「信じる」ということ自体、認識できないから
>信じるのだということを理解したほうがいいと思います。

確かにあなたは神を認識していません。

>普通、目の前のキーボードがあると信じるという
>言い方はしません。在るものは在るんです。在り
>て在るもの(=主)についても同じです。

私が同じことを言っているのに認めないのはどうしてでしょう。
あなたは全く出鱈目です。

868 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/01(金) 21:34:17
>>860
>従って、貴方は、自分が「〜と思っている」と表現する限り
>正しいですが、「〜は正しい」ということを言い出すことは
>おかしいと思います。

よくそれであなたは神を認識していないことが証明された
などと言いますね。支離滅裂です。

869 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/01(金) 21:37:48
>>861
>直接光を見ることのできないもぐらがフィルタを使って太陽の
>黒点を観察し、鷲が太陽を正しく理解していないことを証明す
>ることもあるんです。

訳のわからない屁理屈です。その譬えが具体的に何を言っている
のか自分で意味が分かっているのですか。

870 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/01(金) 21:43:40
全く哲学板の低レベルは目を覆うばかりです。嘘と恥知らずと
屁理屈ばかりです。何ですかこの発言は。よく恥ずかしくないと
思います。

836 :ユダの告白 :2006/08/31(木) 22:41:32
これこれアホのヨハネや!
日本語も読めないのかね、本をよく読みなさい。
スェーの引用ばかりしないで・・・、引用だけなら猿でも出来るわ・・・。
嗚呼〜、嘘つき小ヨハネや、そなたはもう大カントの叡智の前に完全に
敗北し屈服しているではないか・・・!
自分の言った事に責任をもちなさい・・・、アホの小ヨハネや。
懺悔せよ、愚かな小ヨハネよ〜、懺悔せよ・・・!!!

871 :ユダの告白:2006/09/01(金) 21:47:07
このキチガイヨハネめが・・・!
その答えは本を読んでみよ、日本語が読めぬのか・・・!
嘘つきの卑怯者めが・・・!!!
そなた、文章全体をよく読んでその全体の流れで深い意味をくみとれ・・・。
じぶんの都合のいいように切り取りするな、ばかもの・・・!!!
そなた、カントの前に屈した自説の論理破綻をきたしているのに
まだ懺悔せぬようじゃな、地獄へ行くしかないようじゃな・・・?

872 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/01(金) 21:47:44
まあ、霊的愚鈍なカントを偉大だなどと言っているのですから無能も
いいところです。しかもこずるい。もっと自分で考えなさい。

もしこれで哲学科の教授ですなどと言うのなら、生徒は可哀想です。

873 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/01(金) 21:50:47
>>871
威張っていないで
「スウェーデンボルグがカントを尊敬していたと伝えている」
とあなたが言ったそのことを出典を明らかにして引用して
下さい。私は待っているのです。大嘘つき。よく恥ずかしく
ないものです。

874 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/01(金) 21:53:17
>そなた、文章全体をよく読んでその全体の流れで深い意味をくみとれ・・・。
>じぶんの都合のいいように切り取りするな、ばかもの・・・!!!

それは自分のことでしょう。よく言います。恥知らず。

875 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 22:00:29
小さなヨハネは、神さまのことなんか全然分かっていないんだから
相手にするだけ馬鹿らしいですよ、ユダさん。

876 :一言居士:2006/09/01(金) 22:04:10
>>871>>873
罵りあいですか?キリスト教徒も見上げたものです。

さて不毛な議論はここで打ち切り。真理への道はだれにでも開かれているものです。
キリスト教を信じるものだけが真理に与かれるわけじゃありません。
ニーチェも、キリスト教は真理ということばを間違った使い方をしていると言っています。「キリスト教は邪教です!」の第5章にもありますよ。

877 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 22:23:29
生理きちゃった★
女の子の日♪

878 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 22:27:50
イブの因果が子に報い、憎しみにかられて戦争ばかりしている現代人とはこの人でございます。
誰も食べるべきでないリンゴのはずなのに、私だけが食べてしまいました。お叱りを受けました
ので、楽園から離れ、流れ流れついたのが始まりでございまする。
聞くも涙、語るも涙、幸福は人生の終わりでございます。

879 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 22:57:43
つ平等性智

880 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/01(金) 23:11:29
>>875
>>878
処刑ライダー=ユダ一座の座長自ら一人芝居ご苦労様。
くだらないことばかり言っていないで早く引用して
下さい。偉そうな口をきいているのに分が悪くなると
すぐ誤魔化すのですから根性無しです。
みっともないのが分からないのですか。

881 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/01(金) 23:21:32
大体こういうのは暇な大学の先生などという手合いに多いのです。
自分は知識があると自惚れている。2CHで人をからかってやろ
うと一人何役もして楽しんでいる。しかし、実は虎の威を借りて
いるだけで自分では考える能力がないので、調子に乗ってすぐに
墓穴を掘る。

そして挙句の果てに馬鹿にしていた馬鹿なヨハネに馬鹿にされ。

882 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/01(金) 23:26:06
>>877
おーい、女の腐ったの、早く引用してください。

883 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 23:28:45
>>790-793
>どうしてある人は良くなることを選び、ある人は悪くなることを選ぶのか?
>どうしてある人は理性を使用し、ある人は使用しないのか?
>また、どうしてある人は努力をし、ある人は横着者なのか?

紹介して下さった引用文は、↑これらの質問の答えにはなっていないように思います。
僕が訊いているのは、自由な選択は何に基づいてそれを決定しているのかってことです。

ものごとの選択は、その人の性格や欲求といった生まれつきの資質に依ってなされるもの
だと思います。なぜなら、結果には必ず原因があり、自分で後に悪を加えてしまったこと
にも原因があったはずで、その原因をその原因の原因にとずっと遡って行くと、その人の
生まれつきの資質に行き着くことになると思うからです。

しかしそうだとすると、その人が悪くなることを選んだのは、その人が生まれる前から決
まっていた不可避的な必然だったことになってしまうというわけです。それが本当なら、
悪を為した責任をその本人に帰するのはおかしいことになってしまうでしょ?

ですから、「選択の自由」を認めるためには生まれつきの資質などに依らない「何か」に
依って選択が決定されなければならないわけですが、その「何か」とは一体何ですか?
といういうことを訊いているわけです。

884 :ヨハネのしっぽ:2006/09/02(土) 00:02:36
>>867
>確かにあなたは神を認識していません。

今の議論では私のことは関係ありません。
貴方が、神とそれ以外を区別する基準を持って、正しく認識しているかどうかで、
貴方はそれができていないことが状況的に証明されたと言えると思います。

>あなたは全く出鱈目です。

どちらが出鱈目かは第三者や、読者各自に判定してもらいましょう。
貴方の断言は既に多くの人が指摘しているようにまったく当てになりません。


885 :ヨハネのしっぽ:2006/09/02(土) 00:04:47
>>868
支離滅裂なのは貴方だと思いますが、
どちらがそうであるかは、読み手と主に委ねましょう。

>>869
>訳のわからない屁理屈です。その譬えが具体的に何を言っている
>のか自分で意味が分かっているのですか。

私が喩えで話しているので、当然私はわかっていますが、
貴方の方が、私の発言を理解できていないのではないでしょうか。

886 :ヨハネのしっぽ:2006/09/02(土) 00:06:30
>>870
>全く哲学板の低レベルは目を覆うばかりです。

そう思うなら、来なくても良いですよ。
どこかに高レベルの場所でもあるのですかね?
私から見れば、貴方よりレベルの高い人が多いと思います。
もちろん、くだらない荒らしもあるでしょうが、そういうことに囚われるつもりもありません。

887 :ヨハネのしっぽ:2006/09/02(土) 00:08:37
>>876
>ニーチェも、キリスト教は真理ということばを間違った使い方をしていると言っています。

それはニーチェが見たキリスト教の一派に過ぎないのではないでしょうか。
具体的にどの宗派がそうなのでしょう?

888 :ヨハネのしっぽ:2006/09/02(土) 00:15:40
>>883
>悪を為した責任をその本人に帰するのはおかしいことになってしまうでしょ?

別におかしくありません。必然なのは、裁く世界を含めてのことですから。
映画の中の話では、悪が裁かれるのがおかしくはないのと同じです。

889 :考える名無しさん:2006/09/02(土) 05:07:01
邪教徒が毎晩妨害しにくるスレ。
次スレは健全化するかな。しないんだろうな。


890 :一言居士:2006/09/02(土) 09:11:14
>>887
一口にキリスト教と言うのは語弊があるようですね。
ニーチェが批判するのは、真理というものが神の啓示や聖書によってしか得ることが出来ない、と考えるキリスト者のことを言っているのだと思います。

891 :考える名無しさん:2006/09/02(土) 09:29:53
一口にキリスト教徒というと、小ヨハネも俺もキリスト教徒。
そんなのは御免被る。小ヨハネ君も同じ気持だろw

892 :一言居士:2006/09/02(土) 09:56:57
>>891
はい、申し訳ありません。これからは気をつけます。結局、個人の生き方について討論するべきなんでしょうね、哲学ってのは。

893 :ヨハネのしっぽ:2006/09/02(土) 10:39:56
>>890
>真理というものが神の啓示や聖書によってしか得ることが出来ない、と考えるキリスト者

私は、そのような考えは、キリスト教徒が目指すものではないと思います。
世界のあらゆる事象は、神によるもので、どんなことからも真理が得られると思います。

聖書が正しいと主張する気もありませんし、引用するのは誰かみたいで気が引けるのですが、
信徒には参考になると思うので、その箇所を示します。

エフェソ4・6
すべてのものの父である神は唯一であって、すべてのものの上にあり、
すべてのものを通して働き、すべてのものの内におられます。

894 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/02(土) 11:50:24
>>883
>ですから、「選択の自由」を認めるためには生まれつきの資質など
>に依らない「何か」に依って選択が決定されなければならないわけ
>ですが、その「何か」とは一体何ですか?
といういうことを訊いているわけです。

それは理性とか良心とかさらにその元となる知識ということでは
ないでしょうか。


895 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/02(土) 11:51:15
天界の秘義2831
 霊的な者たちは、天的な者たちとは異なって、善と真理とを認識
 はしないで、その代りに、良心をもっており、それはその者たち
 がその両親や教師たちから幼い頃から吸収した信仰の諸々の善と
 真理から形作られ、後にはその者たちがその中へ生まれてきた信
 仰の教義から形作られているのである。善と真理とを何ら認識し
 ていない者たちは、知識により確認しなくてはならないのである。
 たれでも自分が学んだ事柄については、また信仰のいくたの善と
 真理については自ら何らかの観念[考え]を形作るのである、な
 ぜなら観念がないなら、何一つ記憶の中には空虚なものとしてし
 か残らないからである。それを確認させる物が、他のいくたの知
 識から、実に記憶知からさえも、それに附加されて、その事柄の
 観念[考え]を満たすのである。その観念そのものを多くの物に
 より確認することにより、それが[その観念が]記憶の中に密着
 し、かくてそれが思考の中へ呼び出されることができるようにな
 るのみでなく、また信仰がその中へ徐々に注ぎこまれることがで
 きるようにもなるのである。

896 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/02(土) 11:54:03
天界の秘義2831[2]
(中略)
 しかしながら霊的な人間は天的なものと霊的なものにおける善と
 真理とを認めるこのような認識はもっていないで、それに代って
 指示を与える良心を持っているのであるが、しかし前に言ったよ
 うに、この良心はかれらがその両親や教師から、後には教義にお
 ける、また聖言におけるかれら自身の研究から吸収したところの
 善と真理に関わるいくたの知識から形作られていて、これらの知
 識をそれらが全くは善であり、真ではないにしても、かれらは信
 じるのである。

897 :ヨハネのしっぽ:2006/09/02(土) 11:55:04
>>895
こんなものは読む必要もなく、思想を他人に押し付ける行為は良くないと思います。

898 :ヨハネのしっぽ:2006/09/02(土) 11:56:58
スウェーデンボルグの話がしたいなら、それ相応のスレを立てるなどして、
そこでやった方がいいのではないでしょうか。
ここでその話題を続けるのは、スレの住人の迷惑になると思います。

899 :476:2006/09/02(土) 12:36:00
人々は、幼い頃から両親や教師に信仰を教え込まれることにより、その信仰が
善であり真理であると認識するようになる。

こうした人々は、知識の獲得にあたって、信仰の観念に適う知識は吸収できる
が、信仰の観念に適わない知識は、何一つ記憶の中には空虚なものとしてしか
残らない。

ってことでおk?

900 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/02(土) 12:37:47
>>897
聞かれたから答えたまでです。押し付けているのではありません。
押し付けてくっつくなら何度も言いましたがすべてのもぐらは鷲
となって空を飛んでいたでしょう。

>>898
なるほど。ただ私はスウェーデンボルグについての話をしたいの
ではありません。キリスト教は邪教であるというニーチェの
言葉に反論しているだけです。そのために議論が多岐にわたる
のは止むを得ないことです。

しかしどなたか「主イエス・キリストは父なる神」というスレッ
ドを立てていただけないでしょうか。私はそちらに行くでしょう。

>>890-891 >>893
私は聖書やスウェーデンボルグ等々など啓示されたものから
でなければ人間は真理を得ることはできないと考えています。
皆さんの議論が全くの出鱈目であるように、人知による屁理
屈など誤謬の固まりです。

ヨハネ3・27
 ヨハネは答えて言った。「天から与えられなければ、人は何も
 受けることができない」

901 :ヨハネのしっぽ:2006/09/02(土) 12:44:56
>>900
>聞かれたから答えたまでです。押し付けているのではありません。

ここはスウェーデンボルグのスレではないので、私は貴方の行為を押し付けだと思います。
他の人は各自判断すれば良いでしょう。貴方が押し付けていないと言っても説得力はありません。

>すべてのもぐらは鷲となって空を飛んでいたでしょう。

モグラが空を飛ぶ必要はありません。馬鹿馬鹿しい。

>しかしどなたか「主イエス・キリストは父なる神」というスレッ
>ドを立てていただけないでしょうか。私はそちらに行くでしょう。

いいですよ。哲学板ではなく宗教板に立てるのなら私がやりましょう。
その代わり、そちらに行く約束を守ってくださいね。それでいいですか?


902 :ヨハネのしっぽ:2006/09/02(土) 12:49:28
>>900
>私は聖書やスウェーデンボルグ等々など啓示されたものから
>でなければ人間は真理を得ることはできないと考えています。

私はスウェーデンボルグなど必要ないと思いますし、
それは啓示でもなんでもないと思います。
また、必ずしも真理など得なくても良いとすら思います。

>皆さんの議論が全くの出鱈目であるように、人知による屁理
>屈など誤謬の固まりです。

私は、皆さんの議論ではなく、貴方の論が出鱈目だと思います。他の多くの人もそうでしょう。
確率からいっても、貴方一人が大きく間違っている可能性が高いとお思います。
「皆さん」をそうやって見下す貴方は、
自分が間違っている可能性を考えられないほど思い上がっているのではないでしょうか。

903 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/02(土) 12:54:30
>>899
まあ、そんなところでしょう。ところであなたは以下の質問に
十分に答えていません。検証検証といいますがそんなことは
できはしないのです。

503 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/22(火) 21:53:20
>>487 :476:2006/08/22(火) 00:52:02
>人間の感覚では勘で自転車に乗っているが、
>勘を検証をすると、力学的なバランスによって二輪走行が
>成立することが論理的に証明できる。

力学的なバランスで自転車が立っていることなど論理的に
当たり前です。しかしそれがどうして勘を検証したことに
なるのですか。勘はその力学的なバランスをもたらすための
原因です。結果を説明できても原因を説明したことには
ならないのです。

>前にも言ったが、勘の裏付けとなる検証をしろよw

私にはできません。あなたも勘で自転車が立っていら
れることを検証などしていないではないですか。

506 :476:2006/08/22(火) 23:17:22
>>503
論理的検証を通じて、他者に対する説得力が生まれる。

自転車が走行できることは、検証をしなくても乗っている人間を実際に目撃
することにより(視覚により)説得力を有する訳であるが、言語又は文章だ
けをもっては、説得力に欠ける。



904 :476:2006/09/02(土) 13:09:10
>>903
正解なのかw
なるほど。スウェは子供の頃から洗脳して妄信させることを推奨するわけだ。

自転車の力学なんてスレ違いだが・・・

走行中、右にバランスを崩したら右にハンドルを切り、進路を変える。
すると、それまでの進行方向への運動エネルギーを、左に車体を立て直す力に
転化することができ、バランスを保つことが出来る。

簡単に言えばこういうことだが・・・やっぱりスレ違いだろw

905 :考える名無しさん:2006/09/02(土) 16:32:52
上からずっと読んできたのですが、小ヨハネさんに質問があります。
あなたはキリスト教徒ではありませんね?
どうもイエスを貶めるような気がしてならないのですが・・・。
あなた、ひょっとしてアンチ・クリストなのでは?

906 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/02(土) 19:50:03
>>901
議論することがどうして押し付けでしょう。あなたの否定ばかりの発言は
何の説明もなく、それこそ押し付けです。

>いいですよ。哲学板ではなく宗教板に立てるのなら私がやりましょう。
>その代わり、そちらに行く約束を守ってくださいね。それでいいですか?

いいえ。哲学板に立てていただくことを希望します。実は以前に立てて
いただいたことがあり、1回だけで中断していたのです。

>>902
真理を求めることは必要です。
また他人の判断を根拠とすることは理性を放棄することと同じです。

907 :一言居士:2006/09/02(土) 20:01:46
>>906
そんなスレ立てたって板違いということで無視されて過去ログ倉庫行きだよ。

908 :考える名無しさん:2006/09/02(土) 20:09:48
小ヨハネはどうして哲板にこだわるんだ?


909 :476:2006/09/02(土) 21:03:13
>>906
自己矛盾に落ちている。

聖書やスウェーデンボルグの著書は全て他人が書いた著書でしょ。
それを判断の根拠としているあなたは、理性を放棄していることになるよ?

910 :ヨハネのしっぽ:2006/09/02(土) 21:06:02
>>906
>議論することがどうして押し付けでしょう。
>あなたの否定ばかりの発言は
>何の説明もなく、それこそ押し付けです。

そういう貴方は本当に相手と議論できているのですか?
相手も議論できていると思っていますか?
そうでなければ、貴方が議論している気になっているだけで、
相手から見たら押し付けだと思います。

>いいえ。哲学板に立てていただくことを希望します。

なぜ哲学板なのでしょうか?
哲学板に立てる相応しい理由を述べてください。
ローカルルール違反になるようなことはダメです。

>また他人の判断を根拠とすることは理性を放棄することと同じです。

そうですよ。その点は>>844
>決して自分の頭で理解しないほうがよいです。
とは違って評価できます。ですが、真理を求める必要はありません。


911 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/02(土) 21:24:53
>>904
私が言っているのはそれでは物理的な運動をコントロールしている
勘を検証(説明)したことにはならないでしょうということです。
結果を説明してもその原因を説明していないではないですか。
その程度があなたのいう検証(説明)ですか。

>>905
主イエス・キリストが唯一の神であると言うことがどうして
キリスト教でないでしょう。アンチ・キリストの正反対です。

>>907-908 >>910
私が哲学板を希望するのは皆さんがあまりに真理から遠い
からです。真理を求めるのが哲学なのに真理は不要だとまで
言うのですから皆さんこそ哲板にふさわしいとは思いません。

自作自演の嘘と出鱈目と無知と自惚れのオンパレードで、
モラルもなく、論理性や合理性すらないからです。

912 :ヨハネのしっぽ:2006/09/02(土) 21:30:38
>>911
>私が哲学板を希望するのは皆さんがあまりに真理から遠い
>からです。

それは貴方が判定することではありません。
貴方は管理者でもなんでもないのですから。
もし何らかの判定をするのなら、
貴方の意見を支持する人がどれだけいるかどうかが基準になると思います。
貴方の方が真理から遠い可能性だってあるのですから。

>真理を求めるのが哲学なのに真理は不要だとまで
>言うのですから皆さんこそ哲板にふさわしいとは思いません。

数理的真理、科学的真理、哲学的真理、宗教的真理は違います。
宗教的な話題はここでするのは相応しくありません。

>自作自演の嘘と出鱈目と無知と自惚れのオンパレードで、
>モラルもなく、論理性や合理性すらないからです。

私から見れば、貴方のほうにモラルと論理性の欠如があるように思えます。



913 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/02(土) 21:31:11
>>909
横着をしないで読んでから自分の目で判断したらいいでしょう。
そういうのを屁理屈というのです。

914 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/02(土) 21:33:49
>>912
>数理的真理、科学的真理、哲学的真理、宗教的真理は違います。
>宗教的な話題はここでするのは相応しくありません。

では何故「キリスト教は邪教です」などというスレッドが
哲板でまかり通るのですか。

915 :考える名無しさん:2006/09/02(土) 21:42:19
>>914
ニーチェが神を殺したからです。

916 :考える名無しさん:2006/09/02(土) 21:52:47
>>1
頭が悪いことを考える人なんですか?

917 :476:2006/09/02(土) 22:11:36
>>911
私が最初に言った「勘を検証する」という言葉が語弊を生んでいるようだ・・・。

人間、最初は上手く自転車に乗れないんだよな。
どうしても転んでしまうのは、勘が力学的バランスを巧く感知できずコントロール出来ていないから。
まあ、勘違いで転ぶわけだ。

何度もチャレンジすると、勘違いが修正されて巧く自転車をコントロールできるようになる。
この過程が、勘に基づく理論を実地検証する作業なわけだ。
そうして勘を修正することにより、正しい勘を身につけて自転車に乗れるようになる。

>>913
屁理屈も何も、貴方自身のレスについて矛盾を指摘しているだけだがw

918 :ヨハネのしっぽ:2006/09/02(土) 22:16:05
>>914
>では何故「キリスト教は邪教です」などというスレッドが
>哲板でまかり通るのですか。

そこは確かに疑問ですが、それに貴方が便乗してはいけません。
他人が犯罪を犯したからといって、同じようにマネをするものではないのと同じです。

919 :476:2006/09/02(土) 22:23:30
宗教的な「人間」の行動に対する批判だから哲学になるんだろ。
神自体を云々言うのが本来の趣旨ではないだろ。

920 :ヨハネのしっぽ:2006/09/02(土) 22:27:22
>>919
「人間」の行動に対する批判だったら、哲学になるのか?と言えば、そうでもないと思います。
「ニーチェ」だから哲学板だと言われたほうが納得できると思うのですが。

921 :476:2006/09/02(土) 22:29:39
>>920
まあそうだね。
ニーチェのスレは同一の板にあった方が便利だからかもしれない。

922 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/02(土) 22:35:52
>>917
しかしそれではどうして勘があり得るのかという、勘そのもの
を説明したことにはならないのです。それがあなたの言う検証
(説明)ですか。

>屁理屈も何も、貴方自身のレスについて矛盾を指摘しているだけだがw

それが小学生的な表面的、条件反射的な理屈なのです。

>>918
ではどうしてあなたはそのスレッドを放置するのですか。
私はキリスト教は邪教とは思わないので反論しているのです。



923 :476:2006/09/02(土) 22:41:44
>>922
私は、貴方に勘の仕組みそのものを検証しろと言ったかな?
勘違いがあるから、勘に基づく「理論」を検証しろと言っているのだが。

あと、矛盾を指摘されたからといって、相手の中傷をするのは貴方の悪いところだ。

924 :476:2006/09/02(土) 22:52:03
ああ、勘を検証しろと言ったかもしれんw

でも、それは小ヨハネ氏自身が、自分の勘に基づく理論が絶対的に正しいような事
言っていたから、それなら・・・と、証明を求めたんだったよな。

何故か、小ヨハネ氏は私に証明責任を転嫁している・・・

私自身は、勘が全て正しいなんて思ってないし。

925 :ヨハネのしっぽ:2006/09/02(土) 22:56:23
>>922
>ではどうしてあなたはそのスレッドを放置するのですか。

ニーチェ関連だから、他に行き場所がないと思います。

>私はキリスト教は邪教とは思わないので反論しているのです。

私もそうは思いませんが、
貴方が反論しているようには思えません。
貴方がしているのは布教行為だと思います。


926 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/02(土) 22:58:39
>>923 :476:2006/09/02(土) 22:41:44
>>922
私は、貴方に勘の仕組みそのものを検証しろと言ったかな?
勘違いがあるから、勘に基づく「理論」を検証しろと言っているのだが。

486 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/08/22(火) 00:42:35
>>482 >>486

>小ヨハネは、真偽は自分の勘で決まると以前自白しています。
>小ヨハネに論拠などありません。
>神の識別も勘で行っているのですよ。

当たり前です。自転車に乗るのも勘です。


487 :476:2006/08/22(火) 00:52:02
人間の感覚では勘で自転車に乗っているが、
勘を検証をすると、力学的なバランスによって二輪走行が
成立することが論理的に証明できる。

前にも言ったが、勘の裏付けとなる検証をしろよw


>勘を検証をすると、力学的なバランスによって二輪走行が
>成立することが論理的に証明できる。

勘を検証するとはあなたが言ったことです。勘を検証すること
が出来るならしてみせてくださいと言っているのです。


927 :476:2006/09/02(土) 23:02:30
>>926
ま、語弊があったことは訂正しておきましょう。

勘に基づく理論の検証であって、勘そのものがどう働くかではない。
>>924にも書いたが。

928 :476:2006/09/02(土) 23:05:01
>>926
まあ、貴方が自分の正しさの根拠を自分の勘に依拠しているわけだから、勘の
正しさを証明できなければ、正しさは認められないよ?

929 :考える名無しさん:2006/09/02(土) 23:07:04
>>888
よくわからないのですが、貴方の言ってる「おかしい」の主語は何ですか?

僕の言ってる、全てが決まってるという考えは、神が宇宙の物語を全て書き終えているからでは
なく、因果関係のもとに決まっているからです。ファンクションの変数xの値が定まると、それ
に対応してyの値も定まるように、過去から未来までが全て定まっているという意味です。

映画の中の話を観ていて、僕が現実の理屈からするとおかしいと思うことを映画の中の登場人物
がおかしいと思わないのは、その映画を作ったのが人間だからだと思います。映画は人間の作っ
た虚構の世界ですから、現実の理屈にそぐわないこともあると思います。そして、現実にそぐわ
ない理屈をもとに映画を作れば、現実の世界の僕がおかしいと思うことを映画の中の登場人物が
おかしいと思わないのも当然だと思います。なぜなら、その世界はそのおかしな理屈でそのよう
になっているからです。

でも、現実のこの世界は、全知全能である神が創った自然法則の元に、因果関係で成り立ってい
ます。僕が何を考えるかは決まっています。しかし、それは神の書いた宇宙の物語の1ページに
そう書かれているからではなく、因果関係から導きだされた理屈の上からそう考えるのだと思い
ます。

たとえば、1+1

930 :一言居士:2006/09/02(土) 23:08:14
要は小さなヨハネ氏は、自転車に乗る人の勘がなぜ自転車に乗るための物理的条件を満たすに至るのかを訊いているのではないでしょうか?

931 :考える名無しさん:2006/09/02(土) 23:09:56
>929は書きかけを手違いで送信してしまいました。
すみません。スルーして下さい。

932 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/02(土) 23:10:16
>>925
>ニーチェ関連だから、他に行き場所がないと思います。

そうですか。それならそれに反論する私も他に行き場所が
ありません。

>私もそうは思いませんが、
>貴方が反論しているようには思えません。
>貴方がしているのは布教行為だと思います。

反論の結果がそうなるかは私には分かりません。
しかし、間違いだから間違いだと言っているのです。
反論を許さないで哲板のスレッドとはいえないでしょう。
それは反論でないとあなたが思うのは自由です。しかし
私は反論しているのです。

933 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/02(土) 23:17:31
>>928
ではあなたは何によって正しさを証明するのですか。
私は神の存在は認識(直感)によるのであって証明の
問題ではないと言っているのです。

934 :476:2006/09/02(土) 23:18:25
>>930
なるほど。
しかし、それは人間の脳の働きによる部分だよね。

物理法則を自転車の練習(経験)から学び取り、運転操作を補正することにより物理法則を満たす
二輪走行が可能になる訳でしょ?

勘は人間の経験則だと思うが、経験則は必ずしも正しくない。
勘が全て正しいなら、人間は最初から自転車に乗れるからね。

935 :ヨハネのしっぽ:2006/09/02(土) 23:19:47
>>932
>そうですか。それならそれに反論する私も他に行き場所が
>ありません。

それは貴方のわがままと言うものです。
貴方の反論が求められているわけではありませんし、また、貴方のは反論になっていません。

そして、それは貴方が判定することではなく、貴方の書き込みを見た人が判定することです。

>しかし、間違いだから間違いだと言っているのです。

いいえ。貴方は自分自身の間違いを認識できないのだと思います。

>私は反論しているのです。

そのつもりになっているだけですね。
このスレで貴方を認めている人はいないと思います。
貴方が何を言おうとも無駄だと思いますよ。

936 :ユダの告白:2006/09/02(土) 23:26:18
小さなヨハネは、頭が馬鹿みたいに悪い非論理的思考(嘘とこじ付けのみ)の持ち主である、
と言う事がよくわかったよ・・・!!!
この愚か者めが・・・、地獄へ消え去れー。

937 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/02(土) 23:27:49
>>935
>貴方の反論が求められているわけではありませんし、また、
>貴方のは反論になっていません。

ははは。そうですか。私もあなたにそっくりそのまま返します。


938 :ヨハネのしっぽ:2006/09/02(土) 23:29:58
>>937
>ははは。そうですか。

そうですよ。
私は間違いや誤解しているところを訂正するのが目的であり、
貴方のように布教活動や押し付けはしていません。

939 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/02(土) 23:30:09
>>936
おお、またユダで登場ですか。あなたには宿題があります。
「スウェーデンボルグがカントを尊敬していたと伝えている」とは
どこに書いてあるのか引用してください。

940 :考える名無しさん:2006/09/02(土) 23:30:58
頭悪い人と遊んでいて面白いか?

941 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/02(土) 23:32:53
>>938
>そうですよ。
>私は間違いや誤解しているところを訂正するのが目的であり、
>貴方のように布教活動や押し付けはしていません。

ははは。私もニーチェの発言に対してそうしているのです。

942 :476:2006/09/02(土) 23:33:35
>>933
 @理論を現実化すること。
 A更に、同一条件を満たせば再現が可能であること。
だね。

言葉だけではなく、現実化し、実際に見せることでしか他人に納得されないと思う。

小ヨハネ氏をはじめ、基督教の人々が神の奇跡を再現してくれれば、私も神の存在
を確信するのだが。

943 :ヨハネのしっぽ:2006/09/02(土) 23:34:35
>>941
で、それができていると誰が認めているのですか?
他人に通じないのでは、まったく無意味ですよ。
それとも貴方は自己満足のために書きなぐっているのでしょうかね。

944 :考える名無しさん:2006/09/02(土) 23:47:47
>>942
小ヨハネ氏をはじめって、あれが代表かい。。。

945 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 00:08:36
次スレ
http://academy4.2ch.net/philo/index.html#1

ヨハネは立ち入り禁止。

946 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 01:33:30
>>888
よくわからないのですが、貴方の言ってる「おかしい」の主語は何ですか?

僕の言ってる、全てが決まってるという考えは、神が宇宙の物語を全て書き終えているからでは
なく、因果関係のもとに決まっているからです。ファンクションの変数xの値が定まると、それ
に対応してyの値も定まるように、過去から未来までが全て定まっているという意味です。

映画の中の話を観ていて、僕が現実の理屈からするとおかしいと思うことを映画の中の登場人物
がおかしいと思わないのは、その映画を作ったのが人間だからだと思います。映画は人間の作っ
た虚構の世界ですから、現実の理屈にそぐわないこともあると思います。そして、現実にそぐわ
ない理屈をもとに映画を作れば、現実の世界の僕がおかしいと思うことを映画の中の登場人物が
「おかしい」と思わないのも当然だと思います。なぜなら、その世界は現実からすればおかしな
その理屈でそのように創られているからです。

でも、現実のこの世界は、全知全能である神が創った自然法則の元に、因果関係で成り立ってい
ます。僕が何を考えるかは決まっています。しかし、それは神の書いた宇宙の物語の1ページに
そう書かれているからではなく、たとえば論理については因果関係から導き出して考えます。

たとえば単純な数字計算で1+1=2ですが、1+1=1だと考えている人がいたら、それは論理の上
で「おかしい」と思います。「全てが必然的に決まっている世界で、悪を為した責任をその本人
に帰するのはおかしい」というのは因果関係から導きだされた論理です。その論理が本当なら、
今までの「悪を為した責任をその本人に帰する」という考え方は実際に「おかしい」ことになる
と思います。

世界が天動説から地動説に変わったのはあらかじめ決まっていた未来ですが、それは神の書いた
宇宙の物語にそう書かれてあったからではなく、あくまでも地動説が論理的に正しいことが証明
され、天動説が「おかしい」ことが判ったからだと思います。

947 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 01:36:29
>>894
それでも、どうしてある人はその理性を使用し、ある人は使用しないのか?
どうしてある人にはその良心が形作られ思考の中に呼び出されるようになり、
ある人にはそうはならないのか?・・・と、まだ原因を遡ることが出来ると
思います。

そして、どこまでもその原因を遡って行くと、やはり我々に先行する環境や
生まれながらの資質といった最初の原因に行き着き、その先の未来を不可避
の必然なものしてしまうという結論になってしまうように思います。

948 :ヨハネのしっぽ:2006/09/03(日) 01:37:32
>>946
>僕の言ってる、全てが決まってるという考えは、神が宇宙の物語を全て書き終えているからでは
>なく、因果関係のもとに決まっているからです。ファンクションの変数xの値が定まると、それ
>に対応してyの値も定まるように、過去から未来までが全て定まっているという意味です。

上記の両者はどちらでも同じでしょう。
原理的に区別できませんし、する必要もないと思います。

949 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 01:38:37
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%82%E9%96%93
アインシュタイン的時間解釈
アインシュタインによれば時間と空間は同じもので時空(時空連続体)と解釈する。
ニュートンの時間方程式もアインシュタイン方程式も時間対称性を持ち、ニュートンもアインシュタインも自分の方程式に時間対称性(時間は等方向つまり過去、現在、未来にも流れる事が方程式上可能)が存在するのを見つけており悩んだが、
アインシュタインはあえてこの方程式上に存在する時間対称性が数学的に存在を許すのを肯定し、過去、現在、未来が同時に存在しているという解釈をした。
これを時空連続体という。時空連続体には過去、現在、未来がすでに同時に存在しているという解釈である。

この概念を発展させた近年の研究で、なぜ光速が秒速約30万キロなのかという事も説明する。
即ち、すでに出来上がっている過去、現在、未来(時空連続体)の中を私たちが光速度 秒速約30万キロで走っているのである。
私たちが光の速度を秒速約30万キロと観測するのもこの為である。
もし、私たちが時空連続体内を秒速10万キロで走っていると、光速度は秒速10万キロとなる。
アインシュタインは記者から「その様な事が本当にあるのか?」と聞かれ、「信じては貰えないと思うが、過去、現在、未来がすでに同時に私の数学方程式上には存在しているのです」と答えている。

950 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/03(日) 10:52:39
>>934 :476:2006/09/02(土) 23:18:25
>>930
>なるほど。
>しかし、それは人間の脳の働きによる部分だよね。

>物理法則を自転車の練習(経験)から学び取り、運転操作を補正する
>ことにより物理法則を満たす二輪走行が可能になる訳でしょ?

>勘は人間の経験則だと思うが、経験則は必ずしも正しくない。
>勘が全て正しいなら、人間は最初から自転車に乗れるからね。

倒れることがあるからといって正しく働く勘の存在を否定する
ことはできません。あなたは勘そのものを説明できないのに
直感で神の存在を認識することを否定するのですか。

自転車に乗っていることは見れば分かります。神を認識して
いるかどうかは目で見ても分からないでしょう。しかし
精神が目で見ても分からないように、認識していることも
目で見えないからといって否定する理由にはなりません。
またそれは証明云々には馴染まない問題なのです。

951 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/03(日) 11:00:04
>>942 名前:476 :2006/09/02(土) 23:33:35
>>933
 >@理論を現実化すること。
 >A更に、同一条件を満たせば再現が可能であること。
>だね。

>言葉だけではなく、現実化し、実際に見せることでしか
>他人に納得されないと思う。

>小ヨハネ氏をはじめ、基督教の人々が神の奇跡を再現して
>くれれば、私も神の存在を確信するのだが。

あなたが何を証明できるというのですか。勘の存在すら説明
などできないではないですか。その証明の条件さえ分からない
でしょう。たとえば具体的に何がどうだと言えれば神の存在を
証明したことになるのですか。

それが奇跡の再現だというならどうして奇跡の再現でなければ
ならないのでしょう。私たちは神ではないのですから神の行った
奇跡など行えるはずはありません。論理矛盾です。


952 :一言居士:2006/09/03(日) 11:04:12
>>950
要はなぜ正しく働く勘があるか?と言いたいのですね。勘といえども真理になりうると。だから、勘(直感)で神を認識したからといって間違いとは言い切れない、と。

953 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/03(日) 11:09:37
>>947
そんなことはありません。神はあくまでも私たちに自由意志を
与えてくれています。

あなたがもし悪いことをしたら自分のせいではないと言うので
すか。それは神のせいだと言いはるなら少し恥ずかしさを感じま
せんか。

954 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/03(日) 11:17:32
>>952
その通りです。

それに証明証明というのも証明の中味や成立条件を吟味してみると
口では簡単に証明が可能なようなことを言っていても、実際はあ
まり当てにならないのが事実です。

神を認識することはその人の直感や認識能力によるのです。

例えば宇宙の存在を神の働きと思う人もいれば、自然が
一人でに存在しているだけだと思う人もいるでしょう。

もしどちらかが正しいと証明が出来ているならば、哲学の
議論も大半は片がついていたでしょう。

955 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 11:18:55
ガンガーのガートに朝日が昇る

956 :476:2006/09/03(日) 11:29:52
>>954
正しく働く勘の存在を否定してはいないがな〜。

何度も言うが、小ヨハネ氏がどう思おうと否定はしない。
だが、それなりの方法で説明されないと、私は納得しないということだよ。

自分の主張が受け入れられないのは、あんたが悪いから。
それを相手が受け入れないのが悪いと言ってあんたは駄々をこねているんだよ。

957 :一言居士:2006/09/03(日) 11:36:58
>>954
>もしどちらかが正しいと証明が出来ているならば、哲学の議論も大半は片がついていたでしょう。
そうですね。宇宙の存在から神を見出すことはあるでしょう。
しかし、そこまでです。見出した神がどうして聖書のとおりでなければならないのですか?
結局、物事をただの偶然と見なすか、神の意思の現れとみなすかという解釈の次元の問題ではないのですか?

958 :一言居士:2006/09/03(日) 11:41:55
どうも小さなヨハネ氏が何を言いたいのかがわかってきた。
神を認識するというのは、実は花を美しいと思うか思わないかというのと同じなのでは?
ある花が美しいかどうかを証明できないのと同じように、神も同様と言いたいのでは?

959 :476:2006/09/03(日) 11:46:24
私の勘では、この花は美しいのです。
私の勘は正しいのです。

故に、皆さんもこの花を美しいと思わなければなりません。
さあ、あなた達もこの花を美しいと思いなさい。

・・・って言われて、だれが納得する?

960 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/03(日) 11:46:49
>>956
>だが、それなりの方法で説明されないと、私は納得しないということだよ。

それなりの方法、すなわち証明とか検証とかあなたが言っていたことですが、
わたしはそれは無理だろうと思います。

もしそれを要求するなら具体的に何がどうなれば証明したことになるのか
言ってみてください。恐らくあなたにはできないでしょう。
それはそんな方法や証明というものが最初から空想でしかないことを意味
しているのです。

どうぞ具体的に何がどうなら証明したことになるのか説明してください。

神の奇跡の再現など証明の条件たりえないことは理解いただけましたか。


961 :476:2006/09/03(日) 11:50:23
>>960
ならば、貴方が私を納得せしめることは不可能ということだね。

それ以上の答えは無い。

962 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/03(日) 11:56:26
>>958
そうです。その通りです。サンダー・シングはそれを砂糖の甘さ
に譬えています。説明はできませんが、味わってみればその甘さ
が分かるのです。

>>959
同じくサンダー・シングはあなたのように神を味わってみようと
しない人を、ミルクの成分分析ばかりして飲もうとしない化学者
の実例を挙げて説明しています。あなたよりあなたの子供さんの
方が賢い。成分は知らなくともそれが飲めば甘く、力がつくこと
を知っている、あなたは分析ばかりしてミルクを腐らせていると。

963 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/03(日) 11:59:34
>>961
何がどうなら納得するのかそれを具体的に説明してくださいと
言っているのです。
結局あなたはありもしない証明や検証や方法を語っているに
過ぎないのです。

964 :476:2006/09/03(日) 12:10:51
>>963
神を正しく認識し、聖書が真実だというのなら、瓶の水が葡萄酒に変わる原理も
パンをいくら千切っても無くならない原理も、説明が可能だと思うがね。

貴方の勘が全て正しいなら、私が何者かも勘で言い当てられるだろうがね。

神が創った世界を正しく認識しているのなら、基督教は地動説を排斥したりは
しなかっただろうね。

歴史を鑑みる限り、「私は神を認識している」と言う者達は、実は正しい認識
を持っていなかったわけで。

そうした経験則を踏まえると、小ヨハネ氏の言葉を受け入れることは到底出来
ない罠。

965 :476:2006/09/03(日) 12:17:16
神の奇跡の証明が空想でしか無いというなら、神の存在自体も空想の可能性を
否定できないわけで。

それを信じろというのなら、説明責任は信仰を求める側にあり、私に説明責任
を転嫁するのはどうかと思うね。
それは全て、小ヨハネ氏がやるべき事でしょ。

966 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/03(日) 12:28:07
>>964-965
あなたが証明、検証、それなりの方法ということを言っているの
です。ですから何がどうであることが神の証明の条件となるのか
具体的に言ってみてください。

>神の奇跡の証明が空想でしか無いというなら、神の存在自体も
>空想の可能性を否定できないわけで。

神の存在の証明が空想だと言っているのであって神の奇跡の証明
などとは言っていません。事実を誤認しないでください。

967 :476:2006/09/03(日) 12:31:36
>>951で、
>神ではないのですから神の行った
>奇跡など行えるはずはありません。論理矛盾です。

と言っているが、偉大な神の行いを人が行使できないのに、小ヨハネ氏は
神を正しく認識できているという。

神を正しく認識できているならば、神の奇跡もまた行使なり説明ができて
然るべきなんだが。

論理矛盾は小ヨハネ氏の方ではないのかね?

968 :476:2006/09/03(日) 12:34:24
>>966
簡単に言おう。
私の目に、神の姿を見せてみろということだ。

969 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 12:38:14
神はもう居ない。
俺が殺した。

970 :ヨハネのしっぽ:2006/09/03(日) 14:21:44
>>953
>そんなことはありません。神はあくまでも私たちに自由意志を
>与えてくれています。

自由を感じる自由意志は与えられていますが、
未来は決まっており、変えることはできません。
全知なる存在は、私たちが何を選択するか、未来がどうなるかも知っています。
ゆえに、レールの上に引かれた自由意志があるに過ぎません。
因果から逃れることはできません。

971 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/03(日) 14:51:30
>>967
>と言っているが、偉大な神の行いを人が行使できないのに、
>小ヨハネ氏は神を正しく認識できているという。
>神を正しく認識できているならば、神の奇跡もまた行使なり
>説明ができて然るべきなんだが。
>論理矛盾は小ヨハネ氏の方ではないのかね?

私は神の存在を認識していると言っているだけですべてを
正しく認識しているなどと言っていません。神の奇跡を行使
することや神のすべてを説明することまで求めるのは論理の
飛躍です。

鷲が太陽の存在を知っているからといって、どうして鷲が
太陽のようにならなければ、あるいは太陽のすべてを説明
出来なければいけないのかということと一緒です。

>>968
もぐらの目に物理的な太陽を見せることができないのと同様、
物理的に見せることは難しいでしょう。しかしあなたにその気
があるのなら例えばヨハネによる福音書の中に神を見る(理解
する)ことは可能でしょう。

ヨハネ14・9
 わたしを見た者は、父を見たのだ。
ヨハネ10・30
 わたしと父とは一つである。

なぜなら主は父ご自身だからです。それが理解できたとき
目が開かれると言うのです。

972 :ヨハネのしっぽ:2006/09/03(日) 14:54:09
>>971
>私は神の存在を認識していると言っているだけで

UFOの存在を認識していると言っている人と何も変わりませんね。
貴方の認識とは、所詮そのレベルの認識と言うことです。


973 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/03(日) 14:57:26
>>970
>自由を感じる自由意志は与えられていますが、未来は決まっ
>ており、変えることはできません。全知なる存在は、私たち
>が何を選択するか、未来がどうなるかも知っています。
>ゆえに、レールの上に引かれた自由意志があるに過ぎません。
>因果から逃れることはできません。

神が全知で未来をご存じであるということと、神がすべてを
決めていることとは同義ではありません。あくまでも神は私
たちに自主的な選択を与えています。

あなたに聞きますが、あなたが悪いことをしたら、それは
自分のせいではないと言い逃れをするのでしょうか。

974 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/03(日) 15:01:37
>>972 名前:ヨハネのしっぽ :2006/09/03(日) 14:54:09
>>971
>私は神の存在を認識していると言っているだけで

>UFOの存在を認識していると言っている人と何も変わりませんね。
>貴方の認識とは、所詮そのレベルの認識と言うことです。

ほう。ではあなたはどうなのですか。あなたは神を認識しています
か。それは誰ですか。主イエス・キリストは何ですか。そこまで言
うのなら、私のことは関係ありませんなどと逃げないで回答してく
ださい。それすら言わずに人のことを批判できるのですか。

975 :ヨハネのしっぽ:2006/09/03(日) 15:10:40
>>973
>神が全知で未来をご存じであるということと、神がすべてを
>決めていることとは同義ではありません。あくまでも神は私
>たちに自主的な選択を与えています。

しかし、その選択で私たちが何を選ぶかは、私たちが生まれる前、
宇宙の始まりであるαの時点で全知なる存在は知っています。
つまり、自主的な選択と言えども、レールの上を進んでいることには変わりないのです。
他の選択はしないことを全知なる存在は知っており、
我々は他の選択をすることはできません。
自主的に決められた選択をするだけなのです。

>あなたに聞きますが、あなたが悪いことをしたら、それは
>自分のせいではないと言い逃れをするのでしょうか。

しません。自分のせいというのが決まっていただけです。

976 :ユダの告白:2006/09/03(日) 15:11:07
アホのヨハネや!
そなたの言う神の認識や主イエス・キリストは、そなたの脳内妄想に過ぎぬわ!!!
この罰当たりの愚か者め・・・。
地獄へ堕ちよ・・・。

977 :ヨハネのしっぽ:2006/09/03(日) 15:14:05
>>974
私は自分が認識できることを主張しているわけではありません。
私が認識できようとできまいと、私の議論においてどうでもいいのです。

しかし、貴方は認識できると主張されるので、その根拠を問うているわけです。
神とそれ以外のものを区別する基準も持っていないのに、
認識できると思い上がれるのは不思議に思います。

978 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 15:14:43


2ちゃんに来て2年数ヶ月

そろそろ潮時だと思う 
だって廃人にはなりたくないしね



979 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/03(日) 15:31:29
>>977
神の存在を認識出来ない者に神の存在を認識している者の批判は
出来ないと言っているのです。なぜならそれは空疎だからです。
批判可能な何物も持ち合わせていないからです。
だからあなたはどうなのかと聞いているのです。

砂糖を味わったことがあり、砂糖は甘いということを知っている
者に、根拠は根拠はと言っても仕方ないでしょう。

あなたが砂糖を味わったことがあり、あなたが砂糖は確かに甘かった
ということを知っているなら、文句なく認めるでしょう。

砂糖を味わったことが無い限り、説得する根拠などありえないのです。

980 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/03(日) 15:33:47
>>976
ユダよ、夏休みの宿題はどうなったのですか。

981 :ヨハネのしっぽ:2006/09/03(日) 15:44:00
>>979
>神の存在を認識出来ない者に神の存在を認識している者の批判は
>出来ないと言っているのです。

別に私は、神の存在を認識している者の批判をしているわけではありません。
貴方が認識できているかを尋ねているのです。

貴方は認識できると主張されるので、その根拠を問うているわけです。
神とそれ以外のものを区別する基準も持っていないのに、
認識できると思い上がれるのは不思議に思います。


982 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/03(日) 16:37:51
>>981
わたしもあなたが神の存在を認識できているかどうか尋ねて
いるのです。なぜならそれが重要な問題だからです。
あなたも自分のことを語れもせずに思い上がれるとは。

983 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/03(日) 17:07:14
>>982
>貴方は認識できると主張されるので、その根拠を問うて
>いるわけです。神とそれ以外のものを区別する基準も持
>っていないのに、認識できると思い上がれるのは不思議
>に思います。

認識した者にとって「神とそれ以外のものを区別する基準」
など必要でしょうか。

空を飛ぶ鷲が太陽とそれ以外の基準を聞かれても何を訊いて
いるのかと思うでしょう。太陽は太陽だと。

神の存在を認識した者とそうでない者との認識の違いは空を
飛ぶ鳥と土の中のもぐら、あるいは暗い水の中の魚くらい
違うのです。それは思い上がっているのではなく、事実なの
です。せめてもぐらも地上に出てくれば太陽光線の熱を感じる
ことができるでしょう。魚も明るい水の方へ出てくれば太陽の
光を感じることができるでしょう。それには直接啓示された
ものによって神を知ろうと努めることです。その努力をしな
ければ神の存在を認識することはできないでしょう。

984 :小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY :2006/09/03(日) 17:13:23
人の解説によっては、そもそも解説できるかどうか疑問ですが、神の存在を
認識することは不可能でしょう。まして証明することや基準をあげる
ことなど無理です。

神の啓示によって書かれたものでなけれなりません。人知による哲学で
神を探求することはできません。神がその人に顕われ、神の指示によって
書かれたものが啓示です。それを読むことにより、本当に神を求める
魂には霊的な視力(認識力)が与えられるでしょう。

985 :ヨハネのしっぽ:2006/09/03(日) 17:59:41
>>982
私は認識できることを根拠にしたり、主張したりはしません。
そのようなことはどうでもいのです。
貴方が私が認識できないと思うのならそれでも今は構いません。

ただ、貴方は認識できると主張されるので、その根拠を問うているわけです。
神とそれ以外のものを区別する基準も持っていないのに、
認識できると思い上がれるのは不思議に思います。


986 :ヨハネのしっぽ:2006/09/03(日) 18:01:13
>>983
>認識した者にとって「神とそれ以外のものを区別する基準」
>など必要でしょうか。

そのことを宣言したり、主張したり、根拠にしたりするのであれば、
基準を説明する必要があります。

ただ、貴方が沈黙を守る場合は、その限りではありません。

987 :ヨハネのしっぽ:2006/09/03(日) 18:04:44
>>983
>空を飛ぶ鷲が太陽とそれ以外の基準を聞かれても何を訊いて
>いるのかと思うでしょう。太陽は太陽だと。

鷲が、太陽を認識できない相手に太陽を説明するのなら、
太陽とそれ以外を区別する基準は必要です。
ただ、鷲が、説明も主張もしていいないのに聞かれたのなら、
答えられる必要はありません。

988 :ヨハネのしっぽ:2006/09/03(日) 18:06:56
>>983
もぐらは、土の中に神を見出すでしょうし、魚も水に神を見出します。
しかし、鷲はそのような神の姿に気がつくことはありません。
完全な神の姿を知ることができるわけではないのです。鷲ですらね。


989 :ヨハネのしっぽ:2006/09/03(日) 18:10:24
>>984
>人の解説によっては、そもそも解説できるかどうか疑問ですが、神の存在を
>認識することは不可能でしょう。まして証明することや基準をあげる
>ことなど無理です。

なら貴方は沈黙することです。
人によってそれを神と呼んでいないだけで、既に認識している可能性があります。
貴方の余計な言葉で、間違ったほうに誘導する可能性があります。
貴方は完全な人間ではないのでしょう?貴方は間違いを犯す可能性があるのでしょう?
まず、そういったことをちゃんと認識してください。
貴方がどんなに正しいと思うことでも、それは間違っている可能性があることを。

990 :476:2006/09/03(日) 18:11:06
小ヨハネ氏は、思い上がりも甚だしい。

小ヨハネ氏も人であり、他の者も全て人である。
ならば、批判する他人に対して理解を得るためには、説得力を有する説明を
しなければならないはず。

それを、自分は神を認識できるから、他人は自分を批判できないなどという
言葉を吐くなら、それはまさしく邪教徒の論理であり、反社会性を有すると
言うものだ。

誰もが自由に批判しあえるという前提で成り立つのが今の日本社会である。
それを否定し自らの宗教の批判を禁ずるならば、信教の自由を逸脱している
ものと断言できよう。

991 :一言居士:2006/09/03(日) 18:14:32
小さなヨハネ氏よ、君に問う。
Aがケーキを食べて、「これは甘いのでおいしい」と言った。
君もAと同種のケーキを食べた。君はそのケーキが甘い、と思った。
このとき、君はA同様ケーキをおいしいと感じているのかね?

いいかね。砂糖が甘いのは事実だとしても、それがおいしいかどうかは証明できない。
砂糖をなめれば通常の味覚をもつ者は甘いと感じる。しかし、おいしいと感じるとは限らない。
君の言うことも同じだ。「神が存在するのだ」と君に感じさせる事柄は、たしかに存在する。しかし、他人がそれを見て「神がいるに違いない」と感じるとは限らないのだよ。
要は、客観的事実と主観的事実を混同しちゃいけませんってこと。

しかし・・・神は存在するのかもしれんなあ・・・聖書が神の啓示とは疑わしいが・・・

992 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 18:22:12
時間は空間と密接に結びついているから主観と客観は主体と客体と結びついているんだよ。つまりブラフマンは水槽脳みたいなものだ。ただ確かめあわないとわからないんじゃないかな

993 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 18:36:05
美しいがきほんでしょ

994 :476:2006/09/03(日) 19:00:36
>>971
>もぐらの目に物理的な太陽を見せることができないのと同様、
>物理的に見せることは難しいでしょう。しかしあなたにその気
>があるのなら例えばヨハネによる福音書の中に神を見る(理解
>する)ことは可能でしょう。

私はヨハネという人間を知らない。
よって、ヨハネの福音書について以下の疑問がある。

@ ヨハネは福音書に真実を記述したのか?
A 現代に伝わる福音書は、ヨハネが記述した原本のままなのか?
B ヨハネも人であるならば、神の全てを正しく認識できるのか?

この点が解明されない限り、決して確信を得ることは無い。

神を疑わず、まずは神を語る人を疑うのが私の行動論理だ。

995 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 19:07:09
次スレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1157209382/l50

996 :ヨハネのしっぽ:2006/09/03(日) 23:42:26
>>990
>それを、自分は神を認識できるから、他人は自分を批判できないなどという
>言葉を吐くなら、それはまさしく邪教徒の論理であり、反社会性を有すると
>言うものだ。

彼の態度や発言をもって、キリスト教を邪教と呼ばないで欲しいと願います。
彼は一般の信徒とはかけ離れていますので。

997 :ヨハネのしっぽ:2006/09/03(日) 23:47:18
>>991
>しかし・・・神は存在するのかもしれんなあ・・・

貴方の言う「神」とは何でしょうか。どう定義していますか?



998 :ユダの告白:2006/09/03(日) 23:54:18
小ヨハネはキリスト者ではない・・・!!!
イエスを冒涜する悪魔の申し子である。

999 :ユダの告白:2006/09/03(日) 23:56:13
小ヨハネは確かに認識はしているのでしょう?
悪魔を確かに認識している。

1000 :ユダの告白:2006/09/03(日) 23:58:02
もう二度とここにはきてほしくはない・・・。
小ヨハネよ、そなたに相応しい場所、地獄へ帰るが良い。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

406 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)