5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

革マル派・黒田前議長が死去 辞任後も強い影響力

1 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 00:39:46
 過激派「革マル派」の実質的指導者である黒田寛一前議長(78)が6月下旬に埼玉県内の病院で死亡していたことが関係者の話で10日分かった。
 黒田前議長は昭和38年に日本革命的共産主義者同盟(革共同)が分裂して革マル派が結成されて以来議長を務めた。平成8年に辞任後も強い影響力を及ぼしていた。

 昭和42年以降は集会などに姿を見せず、演説は録音テープで流したり代読されたとされ、消息は謎に包まれていた。

2 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 01:00:03
 かなあり昔に革マルの人たちと喫茶店でお茶飲んだことあるな。懐かし。一言で革マルといっても色んなタイプがある。中には人懐こい人もいる。無口な人もいる。しかし皆、活動には真面目に取り組んでたなあ。クロカンの本、貸してもらってたけどついに読まずじまい。

3 :考える名無しさん :2006/08/11(金) 02:02:58
>>2
それ言ったら暴力団関係者だって同じ。
実際に話す機会があると人懐っこかったり、無口でシャイだったりする。
問題はその組織がどういう組織なのかが重要。


4 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 02:18:37
ヤクザからみの大学教授や物書きってマジで存在するよ。

5 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 10:45:08
クロカンの『ヘーゲルとマルクス』に始まる主体性唯物論は
その賛否はともかく戦後哲学史に残る著作であうことは事実だろう。

6 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 12:44:10
 クロカンの『ヘーゲルとマルクス』一応手もとにはあるので読んでみるかな。昔挑戦したがかなり難解で挫折した。この人はこの人で優秀な人だったのだと思う。

7 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 16:47:55
立命館の哲学科はいまごろ大パニックww

8 :考える名無しさん :2006/08/11(金) 17:00:37
クロちゃんです♪

9 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 19:24:35
本多ポンタを見事にテロられたチュンとしては、
クロカンで仕返ししたかったろうな。
ただ、本多ポンタの隠れ場所はチュンの最高機密
だったのに、誰が裏切って□○に密告したかが
当時騒がれた。結局はポンタの席を得たヤツが
怪しいという程度でウヤムヤよ。

10 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 21:54:23
クロカンも78歳で死亡か・・・
それにしても
宮本顕治って本当に長生きだな

11 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 01:06:57
『黒田寛一をどうとらえるか』(芳賀書店)共著・大久保そりや、高知聡、喜利山博之、長崎浩、降旗節雄、富岡裕、成岡庸治。昭和49年第二刷。1000円。今やエロの代名詞の芳賀書店もこんな堅い本出してたんだねーちなみに表紙は黒田寛一(黒眼鏡)の顔写真である。

12 :おっさんは死んだ:2006/08/12(土) 03:25:23
黒田はそんなに哲学的な著書を残しているのか?

それ言ったら暴力団関係者だって同じ。
実際に話す機会があると人懐っこかったり、無口でシャイだったりする。
問題はその組織がどういう組織なのかが重要。



この通り。創価学会いんもほとんどは「いい人」やし朝日新聞の
記者も、あって見るからに不愉快な人はいない。
どの組織にもいろんな性格、人柄の人がいるのは当たり前や。
松下政経塾はみんなギラギラしてるかというと素朴な人や文学的な人もいる。
東大出身者がみな、鼻持ちならないかというと、謙虚な人もいっぱいいる。
部落解放同盟の人がみな怖いかというと、大半は素朴でいい人や。
わしは、日本の各界各層の様々な人にじかにあっているから、
人間、どの組織にもいろいろという結論になった。革マルにも
シャイな人がいたのも当然やな。


13 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 08:32:38
9氏じゃないが、そう言えばポンタはマルに殺れたんだよな。
家中を逃げ回ったらしく、血痕がそこらじゅうに付いてたらしい。
そこにいくと、黒姦はベッドでくたばったと。
で、残る60年代からの"有名人"は吉本隆明ぐらいだな。

14 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 10:47:46
おい、吉本隆明はこの夏を越せるんか?

15 :考える名無しさん :2006/08/12(土) 10:58:20
↓ここで吉本隆明が一言。

16 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 11:43:46
よしもとばななです。
父はただ今認知症で文筆ができません。
が、皆様には「クロカンの死は個人幻想が共同幻想に
全的に侵食された状態だ。」との伝言です。


17 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 11:51:28
ま。。。。次は いいだもも  だな

18 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 12:51:53
ウチゲバの責任取ってから死ねクズ

19 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 14:49:50
こぶし書房あやうし?

20 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 14:54:37
ブントの荒もそうだけど、日本の革命家の書いた「哲学」って、
学問的にはデンハだしレベルも低い゚でしょ。
それをみんなでヨイショするのは本当に気持ち悪い。

21 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 14:58:58
 黒田寛一と吉本隆明は60年安保までは会合で遇ったり、黒田が吉本邸へ訪ねたりもしていたようだね。ちなみに吉本は後年1981年、鮎川信夫との対談「思想と進化と幻想」中で《そこ(思考実験)のところだけでいえば、黒田寛一と革マルだけが本気ですね。→

22 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 15:04:05
→つまんないことしてアップアップしてるみたいですけれど(註…いわゆる内ゲバのことであろう)、徹底的に思考してますね。水平線の上に出られないでアップアップしてるみたいですけど、本気なのはそこだけですね》と黒田の思考の試みに一定の評価をしている。→

23 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 15:07:18
→のちに中核派と広松渉が組み始めたときは中核派は広松を担ぎ出すことで革マルの理論家黒田に対抗しようとしたようにも見えたね。実際は広松は担がれたというより、積極的にコミットしていたようたけども。

24 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 15:17:49
“こぶし書房”て名前が物騒で引いてしまう笑
 もっと別の名前に変えてほしい。“黒田出版会”とかのほうがとっつきやすい。

25 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 15:42:03
同盟葬みたいなんやるんかな?
その葬儀会場にチュンが殴りこみかけたら
めっちゃオモロイぞ。
これって、真面に楽しみやんか。

26 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 15:51:40
>>23
中核と広松が組んだという事実はまったくない・
広松を担いだのはブント戦旗の荒と西田だ。
23は完全なデマだろう。

27 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 15:54:46
内ゲバって内部からの批判者も多いらしいよ。あんなこともう止めろ、てね。あれで組織から脱退した人間も多いだろう。大衆も離れてゆくし。発散にはなっても一時だけだしよい結果は何も残らない。理論的な深化の方が実が多いだろう。

28 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 16:03:12
 そうだったのか苦笑左翼戦線に疎い俺の勘違いだ。済まなかった詫び
 あれは90年代半ばだったが、『理論戦線』に広松特集が続けて組まれたので驚いたな。あれはてっきり中核派だとばかり考えていた。

29 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 16:08:15
「理論戦線」はブントSENKI派(荒派)の機関誌。常識だろが。

30 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 16:16:39
そう怒るな。所詮狭い世界の話なんだから。で、貴方はどこに所属しているのか?中核派か?

31 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 16:19:25
中核派の理論的な支柱って誰かいるのかな。

32 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 16:24:44
革共同系に思想なんてあるわけない。黒田の主張も反帝・反スタだけだろ?
ヘルメットかぶってゲバ棒振るしか能のないクズサヨ教祖氏ね。あぁ、もう氏んでるか(ワラ

33 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 16:28:56
>>30
そういう雑誌てどこに売ってるの

34 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 21:21:51
『理論戦線』なら新宿御苑前の小さな本屋さん、「模索社」にバックナンバーは揃ってると思いますよ。広松特集号がまだあるかは判らないけども。黒田寛一の本もたぶんあるでしょう。

35 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 21:22:44
読む価値のないゴミだと思うけどね。

36 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 21:54:53
というかカクマル派がある限り批判的な解釈が出来ないので、結局議論の俎上にあがらないと。

37 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 22:34:47
いや、なんぼ革マル派でも(或いは中核派でも)身になる理論的批判まで聞かないほどヤクは回ってはないはずだ。批判は歓迎してると俺はみている。まあ、中にはゴリゴリの党派主義者もいるだろうが。

38 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 22:37:26
聞かないだろ。
聞く用意が無いからゲバルトに訴えるんだから。
そもそもゲバ棒用意してる相手に批判もなにもあったもんじゃない。
国家でさえレジティマシーには配慮せねばならないが、
非合法活動を理論的に肯定してる連中の場合、事実上対話という契機は排除されている。

39 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 22:43:47
>>34
ありがとう。模索社って名前は聞いた事があるけど、新宿御苑前なんですね。
京都の三月と似た感じの店なのかな?今度行ってみます。こういう雑誌を置いてる
店って品揃えが独特で好きなんですよ。

40 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 23:33:39
いや、ゲバとか言うけど、あれはね、“出動”なんです。俺はやだ、て言えばそれまででね。出動しない自由もあるし。批判はきくよ、彼らは。現に俺の会った人たちは聞く耳はあったよ。それなりの読書や読み方はして話すべきで、でないと彼らは納得はしないけどね。

41 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 23:42:07
模索社はとても入り口が小さいので見つけにくい。入り口付近にチラシが下げてあるのが目印。宿御苑の新宿門てのがあり、そこから新宿通りの交差点に出る途中にあります。
とても小さな店で、ミニコミ誌や自費出版も置いてくれています。

42 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 00:23:07
黒色戦線社

43 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 00:26:50
学生のとき、ちょこっと読んだよ
社会人になったら全く役に立たないのがわかりました  さようなら

44 :ある朝、突然革命が起こった時:2006/08/13(日) 01:05:56
革マル

「俺たちがやったんでない革命は実存的でないから、人間を疎外から解放しはしない」と言ってカッコよく空をみあげる
(東大法学部トイレの落書)



45 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 01:43:38
                  ,,-――-、
                ,/       \
               ./ .-= =-:',..:-= =.\
             _:/__:.     ゝ    `ー-─--─ ''"´ ̄ ̄`` ー- 、
          /´    `ヽ、. ヽニソ     .:                   `ヽ、
           /           `              -=・=- i、-=・=-     ゙i
            i                  :;         / ー-' ヽ       ,!
           !       ‐-、      :. 。 .:'         -=ニ=-         /
         ヽ        ヽ     ; j:! "       __..:-‐'"´ ̄ ̄`   __ノ
             \         !    .:' 〃 ,..:---─‐'"´ __.. -──── ''"´
            `ヽ、     ヽ、 ノー;'"、二:.:'ー--ァ'"´  分かるか?
                  `ヽ、   >:).......ヽ、_∨:/` ̄i  
             ....:::::::::::にニニイ::::::::::::::::ヾK.._.ノ、   
           ....::::::::::::::::::,! _ i!:::::::::::::::::..ヾ:、__/ ミ、::::::::::::::::.........
            ..::::::::::::::::::::::::!`´_` .!        `===='' :::::::::::::.......
          ::::::::::::::::::::::::::k'´! i ,``;|
           ..:::::::::::::::::::::ヾ三三ノ     ',', 


46 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 17:43:23
書く○はわたしの大学の癌だったなあ。

47 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/14(月) 00:40:09
>>45
貴様らもすっかり御しやすくなったな(笑

48 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 00:43:34
>>47
ふふふ。はたしてどうかな?

49 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/14(月) 00:44:28
ヘッチュー

50 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 04:45:09
>>25 そんな事思ってるオマエが屑

51 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 10:55:40
立命館も懲りねえなwwwwwwwwwww

52 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 18:35:46
さらしage

53 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 18:56:07
 いや、“晒される”が当て嵌まるほどひどいスレではないでしょ苦笑
 内ゲバ、て“人民のため”のスローガンやら、悪魔憑きのような神学臭さが不気味だったね。吉本がマルクス主義をマルクスの理念的宗教化と規定し、問題にしたのも頷ける。

54 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/08/14(月) 20:19:46
気持ち悪ぃよな、佐藤亜紀。

55 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 17:01:47
>>46
自虐すんなよwww

56 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 12:15:58
age

57 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 08:28:28
いまさら黒姦のスコラ哲学なんぞ要らねーだろ。
有り難がってるのは、今や正統派スターリン主義へと
成長した□○だけだぜ。

58 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 14:04:13
学生運動華やかなりし頃を知らないので知識が足りないのでどなたか教えてください。
ゲバ棒とか暴力はOKなんですか?マルクスの本にあるんですか?
今の中国政府は共産主義ですか?
左翼の先には共産主義があるのでしょうか?

59 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 02:14:51
天才マルクスさんも、予想できなかったコトがあります。
それは、マルクス主義者といえども「世襲」「同郷」「仲間」…
とかの、人間本来についてまわる、情の奥深さです。
「金日成親子」「松崎明親子」「黒田兄妹」…。みんな同じ。
「人は絶対平等」がマルクス主義の真髄ですが、肉親の情の前には
すっ飛びます。この「情」を克服できる主義はあり得るのでしょうか?

60 :考える名無しさん:2006/08/20(日) 01:46:32


61 :考える名無しさん:2006/08/21(月) 14:36:35
>「人は絶対平等」がマルクス主義の真髄ですが

そんな真髄きいたことないよ。
人間の自由・平等は近代自然法思想であり、
マルクスは侮蔑してたんじゃないの。

62 :考える名無しさん:2006/10/09(月) 00:21:15
ヘーゲル法哲学批判序説・経哲草稿くらい読めば?

63 :でました真打ちwwwwwww:2006/10/09(月) 02:07:50

65 名前:考える名無しさん :2006/10/09(月) 01:15:29
お前にとって「単なるお笑い種」なら、
それに対する揶揄を退けるために「イスラエル」なんか持ち出してまで擁護してるのはいったい何なの?




64 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 11:56:44
>>59
全員を神の子にすればいい。これで平等

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)