5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【肉食】 動物を食べるのはやめなさい! 【極悪】

1 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 16:17:21
屠殺場の壁がガラス張りだったら、人々はみな、ベジタリアンになるでしょう。
ポール・マッカートニー
「仏教」「地獄絵図」ってキーワードで検索してみてください。
というよりしてほしいと思う。
ひよこはオスだとわかると数十匹袋に入れられて圧迫されて叩き殺される。
食肉される牛は最後涙を流すこともあるらしいです。
片脚を鉄のチェーンで縛られ逆さまに吊るされ、宙に浮く。悲鳴を上げる。
牛は自らの重い体重を支えられず、
吊るされた脚は脱臼し骨がバキとへし折れる音が解体場に鳴り響き、
牛の頭は人間が持ってきた解体する大きなまな板のよな台に首が乗って目は充血し、
パニックになり鳴きつずける。人間はノコギリのような刃物で首に切れ目を入れ、
その瞬間に動脈が切れ大量の血が滴る。。
・・・生きてる鶏を吊るして羽をむしりとり首を切って、
中には動脈でつながり意識ある鶏を熱湯に放り投げフタをする。
俺このサイトみてから改心した。
「牛の作文1、2」ってコーナー見て人間は戦争をやめろだとか
平和を願ってるけど、家畜の動物たちに待ってるのは地獄。
安楽死させてると思ってた。
もしくはガスの中で意識薄れていく中で死んでいってると思った。
だけど、現実はそうじゃなかった。涙というよりショックで肉食べれなくなった。。
人一人がベジタリアンになると80の命が救われるらしいです。
俺は宗教あんま信じてるほうじゃないけどそんなんじゃなくて
普通にベジタリアンになろうと思った。
俺が食べないことで少しでも殺される数が減っていることに
なるならいいやなんて思った。。
グロテスクな映像は見なくていい。命ってなんなのか。文章だけでも読んでほしい。
ここを覗いた人が何かしら家畜たちに対して感じてほしい。
国道16号線を走っていた時、赤信号で止まって前のトラックの隙間から
見えた牛と目が合った。大きな瞳がすごく潤んで見えた。。
それから16年間肉は食べていませんって書き込みに泣いてしまった。


2 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 16:28:37
人間が植物ばっか食べたら、その植物を餌としている動物が死ぬことになるな

3 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 17:10:34
食物連鎖による数の減少は自然な事です。

4 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 17:16:53
愛があれば大丈夫だと考えていた我々 が馬鹿だったのは確かだね。安全であれば安全でない人をたすけなければならない。それを怠ったから浄土に何かが侵入してくる。二十代、三十代の良い子のみんなは

5 :これが本当のことだ:2006/09/08(金) 17:18:10
これから愛がない人を助けなければならない。悪い人たちを切り捨てた親達の尻拭いをしなければならない

6 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 17:39:15
肉のほうがうまいから仕方ない。

7 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 21:36:19
>>1
ベジタリアンになるのは勝手だが、
勝手にこっちの行動を制限しないでくれ。

食用の動物が悲惨な目に遭うのは、俺たちの責任か?
直接の責任は、惨殺するヤツらだろ。
間接的な罪は俺たちにもあるかもしれないが。

俺は殺された動植物に感謝しながら食べる。

8 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 23:08:53
ワシントン条約で保護されてる動物が密猟されるのは、買う人がいるからだよ
買い手がいなかったら金にならないから密漁なんてしません

9 :一言居士:2006/09/08(金) 23:10:46
そうですか。ところでユダヤ教・イスラム教には家畜を決まったやり方で屠殺するのですが、そのやり方とは家畜への苦痛を最小限にするやり方なんですよ。知ってました?
君は、その殺された動物の肉を食べないのが慈悲だと思っているようだね。でも、わざわざ我らのために殺された動物が食べられないまま、捨てられていくとしたら、動物は無駄死にしたことになる。
君には悪いが、はっきり言って肉食は無くならない。肉食は極悪と憤っているようだが、菜食はいいのかね?植物は動物のように苦しまないと思っているのかもしれないが、本当のところはわからないのだよ。
植物は苦しまないと勝手に思い込まないように。それも人間のエゴなんだよ。
まあ、上に挙げたユダヤ・イスラムの屠殺法を倣うのが肉食禁止より現実的なやり方だよ。

10 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 23:17:31
結局自分に近い側から優先的に守ろうとするだけなのさ
人間>哺乳類
哺乳類>その他の脊椎動物

11 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/09/08(金) 23:17:44
近代化以前は日本人は皆、ベジタリアンだったんだよな・・・。

俗説だが。

12 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 23:30:05
>>11
魚は?

13 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 05:49:48
肉の味の野菜作れないのかな?

14 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 07:41:41
>>1
肉の流通無しにして失業した人をどうすんの?

15 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 07:53:20
ベジタイリアンって「健康な人」って意味だから
肉を食わない「菜食主義者」とは違うんだよね、本来は

16 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 07:58:42
×ベジタイアン
○ベジタリアン

だった

ラテン語のベジトゥス(綴り忘れた)と
英語のvegetableは違う

ベジタリアンはラテン語のベジトゥスから来てる言葉のはず

17 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 08:02:07
ほんとだ。
菜食主義はベジタブリアンだって。

18 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 08:06:51
だから何だ

19 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 08:09:54
牛は草ばっか食ってるから野菜

20 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 08:49:42
自分が宇宙人に飼われて、
痛い思いして殺されて、食べられるのはいやだなあ。

まあ、人間と牛などの動物では、違うからよくわからないけど。
とにかく、牛とか殺して食べていいということの根拠は、僕はわからない。
 
あと、やはり、実際に殺されるところをほとんどの人は
見ることなどなく、肉を食べているというところも問題なのかも。

実際に見ることで、その後ベジタリアンになるかならないかに
関わらず、人間が、動物を殺して食べるということを、リアルなこととして
捉えられるようになると思う。
そういう意味では、魚(大型魚除く)と牛でも違うのかも知れない。
(釣りの光景はほとんどの人が見たことある)

今の日本では、「食べていい、食べるのが普通」という常識だと思うが、
それが、本当に正しいことなのかは、全然確実性がないと思う。






21 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 09:25:01
>>20
>自分が宇宙人に飼われて、
>痛い思いして殺されて、食べられるのはいやだなあ。


藤子・F・不二雄『ミノタウロスの皿』がお勧め

22 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 10:20:16
そう、止めた方がいいかも。

23 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 10:24:18
あるうちは食べるw

24 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 10:26:19
健康とか寿命とかに全く影響がないんだったら、やめたっていいけど。
本当のところどうなの。

25 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 10:32:19
昨日は秋葉原の万世橋酒場で豚肉食べたよ

26 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 13:42:12
>>24
雑食であるヒトの完全菜食は難しいらしい

>>20
しかし繰り返せば慣れてしまう…

日本人ももとは獣を殺すのはもちろん、食うこともあり得ないと考えいてた時代があった

27 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 17:36:02
食肉を止めなさいって言ってるから間違いなんだよな。
養殖、畜産、栽培これらが分かりやすく人に例えるなら
奴隷制度や人権の尊重を無視した独裁的な支配力の行使そのもの。
命の循環の流れを無視し、新しい人の世界のために流れを作り出す。
まあ、つまり人間が道を踏み外し始めたのは、農業を始めたころから
自分たちにとって都合のいい利益だけを、極限まで追求し続ける独善的な姿勢にある。
現代社会はまさにその典型。人は経済発展に固着し豊かさを追求し続ける。犠牲は人以外から補えばいい。
産業が全てを変えてゆく。娯楽や生活、文化が金に変わる。
物に囲まれて生きて、それが当たり前すぎて人は自分がどれほど豊かな環境下に生きているか意識すら出来ていない。
今自分の周囲にありふれる物見渡してみて、金に頼らず直接自分の手で作りだした
これが唯一無二のオリジナリティー等と、語れるような物を持っているだろうか。
無い者もいるかもしれない。深く考えなくとも、時間をかけずとも表面を取り繕えば、豊かさを手に出来る世の中だから
そんな人間が多く、生に関与しない俗欲の商業も成り立つ。

28 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 21:17:17
自分の好きなように生きればよろしい
周りが許してくれるかどうかは知らないけどね

29 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 23:13:29
日本人は肉を食いだしてから社会全体がおかしくなった。

30 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 23:17:39
>>29
縄文時代からということか?

31 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 23:40:19
>>29
「Bが発生しだしてから、Cが発生した。
Cの原因はBだ!Bを止めるべき!」
実はAという引き金がBとCを起こしていたりしてね。
Bを無くしたらCは無くなるのかしら?

32 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 01:45:33
>>7

>勝手にこっちの行動を制限しないでくれ。

その理論だと人食もいいって事になるよね?

33 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 01:59:10
いいのだよ

34 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 06:41:11
カニバリズム

35 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 15:48:31
>>32
人食の善悪にかかわらず、したいという人はいるかもしれない。
むしろいないとは言い切れない。

俺はその人じゃないから行動の制限はできない。
ただ俺が狙われたらそいつを殺してでも抵抗はするが。

死肉の場合は、どうかわからん。

36 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 16:09:03
肉食動物がどうして草を食べないのか、それを勉強してからスレ立てしろ。
そして>>19は草食動物に対する勘違いの極み。

37 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 19:30:45
どこまでがマジレスなのか分からん…。

38 :考える名無しさん:2006/09/11(月) 09:06:39
野菜にも意識があるってなんかのテレビで言ってたよ。
微弱な電磁波みたいなの?で感知できるらしい。
葉をちぎられたり、火を近づけられたりするとおびえるし、いつも世話をしてくれてる人が近づいただけで喜んだりするってさ。
でも、そんなこと気にしてたら肉も野菜も食えね。
牛とかかわいそうなら、せめて安楽死させるように運動するための団体でも作るくらいしかないんじゃない?

39 :19:2006/09/11(月) 18:48:41
>>36
牛肉は野菜!!

40 :考える名無しさん:2006/09/11(月) 19:10:40
いやいや36はギャグでレスってんじゃねーんだよw
牛は胃にセルロースの分解を助ける細菌を飼ってるわけ。
反芻したときにその細菌も一緒に飲み込んで消化することでタンパク質を摂取してるわけだ。
低カロリーな草だけ栄養にして生きてるわけじゃないんだよ。
肉食動物は体内でセルロースを直接分解出来ないから、草食動物を食べることで植物から得られる栄養を摂ってる。

これ義務教育レベルの理科だと思うんだがな?

41 :考える名無しさん:2006/09/11(月) 19:24:53
食用に作った肉を食わない道理はないだろ

つまり今更食わなくなっても牛は救われるとは限りません

42 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 00:16:20
人が養殖しなければ生まれるはずのない牛
さて、牛に聞いてみよう
「人に食われる運命にある牛生なら生まれてこないほうが良かったか?」と

43 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 00:58:19
ついに哲学板に登場ですか、この話題。
すでに食べ物板や身体健康板や犬猫板で延々と不毛な議論が繰り返されていますのでご参考まで。

新・菜食良かった事困った事★2
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1156612119/

農薬のついた野菜食べられますか?
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1157291938/

健康的☆プチ・ベジタリアン生活
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1145106000/

根野菜を食う動物愛護ベジタリアンは邪道
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1140714574/

攻撃的ベジタリアン 西森マリー
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1085387641/

ベジタリアン
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1151727872/

【喰うか?】肉食の是非を問う【喰われるか!?】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/dog/1149262321/

44 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 03:51:15
肉を食べるのは良くないよ。動物を殺して切り刻む事は気持ち悪い。何故気持ち
悪いかというと、それは人間にとって良くない事だから。

45 :19:2006/09/12(火) 04:54:21
てめえどこ中だ?

46 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 06:59:24
ライオンやワニが肉食なのと同じ
食われる動物の感情を配慮する捕食者がどこにいるw
本当にそう思うなら、社会生活の枠から外れないと無理

47 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 07:38:53
何だかんだで力こそ全てなのよぉ。
このスレ見てるとキメラアントが思い浮かぶw

案外、人間は感情があり気性の変化が激しいし、知能も高いから格好の栄養食かもな。
あんまり抵抗すると危険因子とみなされて、食われる以前に皆殺しだろうけど。


48 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 20:31:36
生きているだけで罪を背負うとは理不尽なものだな
お互い様だが

49 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 02:31:20
このスレ書き込みの程度の低さが目立つな・・・w
主題が中学校のHRみたいにとっつきやすいからか?

50 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 03:25:57
そういえば田畑を荒らす害獣は駆除されるんだったな

51 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 04:44:10
食肉が可哀想って言うんなら、医療に関わる動物実験はどうなんだ?
別な話じゃ済まされんぞ。

52 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 05:06:14
荀子だったか韓非だったかが、王者と平民の関係を人と家畜に例えていたな
支配するものと支配されるものと、役割は異なるが両者にとってプラスになっているとのこと

53 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 02:04:47
>>51
研究用の猿を意味無く殺すのは制限されている。人間は何故動物を殺すと気持ち
悪いと感じるのか。それは不自然だからだ。肉食動物は歯と爪で動物を切り刻ん
でも気持ち悪いと感じない。それは自然だからだ。

54 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 04:33:18

もうそのへんで、

人間を食べるのは止めなさい!

やっぱり、

人肉を食べるのは美味しくないからさ!


55 :19:2006/09/14(木) 08:38:03
料理は愛情

56 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 11:15:07
もしも人間が侵略者に家畜として獲られ生かされたら、きっとこう言うだろうな。
「お前たちに殺されて食われるくらいなら、自分で死んでやる!」
言葉なんて通じないかもしれないが、侵略者(支配側の視点)から言わせれば
「食われるために存在している、豚の分際で何生意気に叫んでんだこいつ?」

豚「本当に知的な生命体ならこんな倫理無視な、感情の欠片も無い非道な行為をするはずが無い!お前らは鬼畜だ!」

鬼畜「まあ、少しでもアドレナリンが出りゃうまい肉ができるからな、あんまり煩かったら叩いて黙らせるか」

豚「畜生・・本当は自害しようにもヘタレだから死にきれねぇ・・こうなったら一か八かで一矢報いてやる・・」

鬼畜「さて仕事仕事っと、悪く思うなよ豚。お前がうまい肉になりゃ、世の中の皆が幸せになれるんだからよ」

豚「殺されてたまるか!お前の腕を噛み千切ってやる!アッー!!」

豚の一噛みは無抵抗のまま体制を崩し、鬼畜の一裂きが急所を外れ脇腹を引き裂いた。豚は見苦しくもがき苦しみ絶命した。

鬼畜「あ〜あもったいねぇ、これじゃ売り物にならねぇよ。しかたない、粉々にして豚共の餌にでもするか」

BATEND

57 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 12:01:33
>>56
感動!泣いた!肉を食べる人間は残酷でひどい生き物だ!

58 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 12:51:22
下らなさすぎて流そうと思ったがbatendに泣いた。

59 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 14:16:34
BATENDage

60 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 16:51:43
>>53
それは「慣れてないから」
人間は大概のことには慣れるようにできてるよ
すぐ慣れるさ

61 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 17:46:42
それって原初的な感覚なのか?
倫理や道徳に汚染されていないヒトが居ない以上、検証のしようもないが。

62 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 17:50:46
BATEND

63 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 18:38:58
>>53
全体的に話がズレてる。誰が意味なく殺してるなんて話をした?
それに制限なら、ちょっとは殺ってもいいのか?
自然不自然の話もよく分からん。自然って、肉食動物と話できるのか?
それに気持ち悪いから不自然、という流れもどうだろうか?
「虫きもちわるーい! だから存在が不自然だわっ! もう殺しちゃえ!」
これも通るな。

あとBATENDは確かに泣ける

64 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 18:57:38
殺すってのは捕食が前提だろう。
食物として見ていない対象に対して気持ち悪いと感じることは、それこそ自然な感情。
血や臓器は自分の姿を連想させるから嫌悪感湧くんじゃないの?

原罪なんて言い訳をあげつらうまでもなく、生命活動に必要なエネルギー補給に対して疑問を感じる方が疑問。
自分が生きることを否定しているのと同義だよ。
人は選択出来るんだから摂りたいものを頂けば宜しい。

65 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 20:53:33
>>64
自己正当化もいい所だな。キミの論理だったら人間が人間を食べる事も
正当化できそうだ。怖ろしい。
生命エネルギーの補給なんて動物を食べなくても植物で充分可能よ。肉を
食べる必然性など全くない。

66 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 21:06:32
>>65
どこに必然性の話が?
食人については前半にある。
ごちゃごちゃ言わず好きな物を食べろと書いてあるだろう。
自己正当化をしているのは自分の方でしょう。

67 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 21:10:01
動物の脳って食べられるんですか?
考えただけでもワクワクするんですけど、どんな味がするんですか?

68 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 21:11:25
>>64
肉食動物が草食動物を殺して食べて罪悪感を感じたり気持ち悪いと感じて
墓を建てたりしたかい?していないだろう?肉食動物は、気持ち悪いから
草食動物を殺さないのではないよ。お腹がいっぱいだから殺さないだけ。
肉食動物は、殺しに対して罪の意識を起こさない。なぜなら自然の理だから。

ところが人間は動物を殺すと罪の意識や、かわいそう、気持ち悪い
などの気持ちが湧く。それは人間にとって自然な食べ物ではないからだ。
キミは自分で動物を殺さないで調理済みの肉を食べているから
気持ち悪いとか罪の意識が起きないだけ。
キミは自分で食べている物の事実から目をそむけ、「目隠しをして食べている」
ようなもの。だからキミの意見は真実ではなく、嘘、欺瞞、矛盾、現実逃避、
間違いだ。

69 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 21:13:36
>>67
白子と似たような感じだと言われているね。
でも哺乳類の脳はエイズやらクロイツフェルト・ヤコブ病やらの原因と言われているから危ないかもね。
(ヒトへの感染例はないけど狂牛病も)

70 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 21:16:25
鯨は食べてはいけない(欧米側から(知能が高いから))。うしたべるの正当化してるね。

71 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 21:24:20
>>68
動物と話したことはないから気持ちは知らないが、感情が湧くから「人間」なのだとは考えたことがないのかい?
それが不自然と感じる原因なんだと考えたことは?
知によって理を知る哲学の徒の言うこととは思えませんね。

魚をさばいて食すことは釣りをすれば体験する。
美味しそうだと思えることは、食べられるということではないのかね。

72 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 21:32:23
>>65
同じ生物として植物を殺し食することを正当化するのは何故?

73 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 21:44:49
>>65=>>68って全然>>64読んでないだろw
なにを脅迫観念で脊髄反射しちゃってんのか・・・。
肉食べないとこういうおバカさんになっちゃうからみんな好き嫌い言わないで食べようね^−^

74 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 21:56:55
>>69 哺乳類の脳はエイズ
これほんとか?サルの脳を食べるのはたまに見かけるぞ。

75 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 22:01:11
>>74
それは中国の話では?
エイズの起源はアフリカだって言われてますね。

76 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 22:03:29
なに、この世はそういうものである。
殺人ですら悪でも善でもない。
牛でも何でも必要とあらば食らうだけだろう。
植物もまた生命である。

77 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 22:03:35
そうそう食人に興味があれば「クールー」でググってみてください。

78 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 22:07:37
動物をたべるなんて信じられません。

 人間が増えすぎて 有り余っているのですから
人間を食べましょう。 これぞエコです。

79 :750:2006/09/14(木) 22:08:43
羊の脳もだよなイスラムでは、クロイツフェルツヤコブ病だよね。
そこからだろ。

80 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 22:10:06
羊のはスクレイピーって呼ばれてますねえ。

81 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 22:32:30
食人は、普通、感覚的にも心情的にも道徳的にも駄目だと感じるだろうが、
実際問題として、人体に悪影響があるらしい。なんでも脳がやられるとか。
そういう理由もあって、タブーとなったのだろう。
まあ、ならんでも、おれは絶対食わんがな。

82 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 22:33:02
サルの脳みそが大丈夫なら、羊も牛もどうでもいいよ。
当然、肉と同じように、脳は少しだけ焼いて食べるんだろうな〜

83 :一言居士:2006/09/14(木) 22:40:52
>>78
なら自分の肉でも食っとれ。

84 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 22:43:30
定期的にたつなこのスレ

85 :750:2006/09/14(木) 22:45:20
味はあんきもらしいが・・・・・

86 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 22:47:50
>>81
石で焼いて食べれば、肉でも脳でもOKしょ!

>>82
ナマで食したらいかんじゃろ!!
サルの脳みそがいけるなら、
ヒトの脳みそも美味しいんじゃないか?

87 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:01:13
>>86
いや、プリオンが関連しているので、焼けばよいという話ではない。
とどの詰まりは、あらゆる面で、アウトだ。

88 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:05:18
>>87
そういうもんなのか。
ソーセージとか肉ポップンに入ってる危険部位ってやつか?
肉食べなくても、脳食べると直接頭よくなって、悟りを得そうなんだけどなぁ・・

89 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:08:42
異常プリオンは極めて安定物質なので、煮たり、少々焼いたりしたくらいではまったく分解しない。


90 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:09:38
正常プリオンはおまいらの脳の中にもたっぷりある。

91 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:11:24
>>89-90 おまい、ずいぶんくわしーなー!幸せそうで、いいなー!

92 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:11:40
>>1
CO2かなんかで安楽死させたんなら、食っていいのか?
基本的にそのようにしか読めないんだが。

93 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:12:28
誤解あるといけないけど、プリオンはブドウ球菌みたいに普通に体内にある物質よ。
異常なのを摂りいれてしまうと発病しやすくなると言われてます、今は。
でもプリオン源の病気は地域性があるらしいですね。
だから脳は食べちゃいけません!じゃなくて単に風俗病なのかもしれません。

94 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:15:30
メスの家畜の処理に関してのみ 例の作家に任せるか
高い所から落とすらしいから挽き肉ばっかりになりそうだが

95 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:19:10
家畜っていうと聞こえ良くないかもしれないけどさ、愛玩動物だって充分に人のエゴイズム感じるんだが。
これについてご意見伺わせて欲しい。

96 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:21:04
まあ乱暴な切り口かもしれないけど、飼う(捕獲)ことに違いはないわけで。
その後死刑になるか終身刑になるかの関係に似ていると思う。

97 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:21:26
つ「家畜人ヤプー」

98 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:23:09
>>96
>その後死刑になるか終身刑になるかの関係に似ていると思う。

…なるほど 。

99 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:23:07
思うんだけど、豚や牛は食べるところあっても、ヒトは食べるところ無いじゃん。
ヒトは食べたくないとかじゃなくて、どうしだか、たいていはみんなはヒトを食べない。
したがって、一番役立たずな動物はヒトでしょ?

100 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:30:01
>>99 このスレの少し上見ると、人の脳は食べていいらしいよ!

101 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:33:21
人肉風味の豆腐がアメリカで売られてるらしいじゃん。
商品名は忘れたが。
どうやって味覚調査したんだろうな。

102 :一言居士:2006/09/14(木) 23:37:48
>>95
そうですね。人間は可愛がっているつもりかもしれないけど、動物にしたらどうなのかはわからない。
過剰な動物愛護というのも人間のエゴイズムとか自己満足の延長かもしれないし。
要は人間っていうのは、ある意味業の深い生物なのかもしれません。

103 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:43:44
人食い族にとっては、自分達の仲間意外は人間じゃないらしいね。
牛や豚を食べるのと同じ感覚で食人しているらしい

104 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:46:17
過剰な動物愛護は動物虐待だ。動物虐待は良くないという価値観に
基づいて動物愛護の行き過ぎを批判しているのだ。ゆえに動物虐待は良くない
というのは人間の共通観念だ。だから動物の肉を食べるのも悪い。

105 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:49:22
>>95
エゴである部分は大きいと思う。
しかしながら、愛玩動物達は人間社会に適応し、絶滅の危険を減少させる事に成功した、
という見方もできる。
あとは飼い主が阿呆でなければ、保健所行きにはならないだろう。
だが、冤罪の死刑囚は未だ減らずの現状である。

106 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:53:21
現代人がレトルトパックや冷凍食品を食べるようになってから、食に
対する感覚がおかしくなって来たのだろうね。どういう過程で作られた
食品かを全く知らずに、何か舌触りが気持ちいい物体だなと思って
食べてるんだからなあ。罰当たりだ。

107 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 23:55:35
>>104
仰ることはよくわかる。
私もそれについて考えてみたが、過剰な動物愛護そのものを批判しているのではなく、その行為者を非難しているのだと気付いた。
動物を憎む人はいないのだ、人は人を憎むのだ、食肉は憎しみの触媒に過ぎない。

108 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 00:08:47
人には1つしかないであろうとても大切な命があるんだ

あれ、動物も死ぬし命あるんじゃん

じゃあ動物のも大切にしないと、命そのものじゃなくて人間だけが大事という論法になってしまうね

(植物の命は?)・・・言わないお約束

動物愛護の精神は基本的に上記で合っていると思う。
哲学的に考えると、人が想像(創造)する「命」がなければ生命に重要さは見出せないのではないか?
動物愛護の精神に則り人とそれ以外の動物が並列であるとするなら、食肉なんて非常に瑣末な話だと思わざるを得ない。

109 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 00:20:33
かの トルストイ はこう言った
「肉食をするすべての人が 自分でそれらの動物を殺すことになったら 彼らの大部分は肉食を敬遠するようになるであろう」

私たちが食べてる お肉が出来るまで
http://jazzmens.net/vegetarian/pics_killed.htm

畜産動物は もういらない
こんな残酷な食べ物は 人間には合わない

例えば自然界で ライオンがシマウマを育ててから 殺すだろうか
狼が人間の子供を拾って育てたら 殺さず一緒に暮らすのが 動物の自然な情と言うものではないか
育ててから殺すと言う 自然界では考えられないような情のない人間は 犬畜生より劣る存在ですか

畜産動物 彼らには昼もない 夜もない
身動きする事も出来ない
毎日同じ場所で 同種の匂いがする いつものまずい飯を食べ
糞尿をその場に垂れ流し ただただ 無為に過ごす毎日
彼らには生への喜びなどなかった 自らのせいに感謝したことなど 一度もなかった
死ぬためだけに生まれてきた そして生きたまま殺されていく

畜産動物を殺すのは 人間の感性から言ったら 明らかに残酷なのである
そして人間は 食べきれない肉を毎日 何トンも捨てている
こういう鬼畜な食生活は もう辞めにしようじゃないか
自らに課せられた屠殺の穢れと言う責任を 他人に丸投げして 自分は穢れないようにしている
こんな卑怯な行為も もう辞めにしよう もう卒業しようじゃないか

自分では殺せない動物を食べると言う事は、人間としてとても卑怯な事なんだ

110 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 00:21:46
Lv:1〜ヴェジタリアン入門編〜
◆ポゥヨゥ・ヴェジタリアン 
  鳥(鶏、七面鳥、あひる等)OK。                          
◆ペスコ・ヴェジタリアン
  魚介類OK。ピシュタリアン/フィッシュヴェジタリアンとも言う。       
Lv:2〜肉はもう、いらない〜
◆ラクト・オボ・ヴェジタリアン
  乳・乳製品、卵をOKとする。ヴェジタリアンの中で最も多数派。
◆ラクト・ヴェジタリアン
  乳・乳製品はOK。
◆オボ・ヴェジタリアン(エッグ・ヴェジタリアン)
  卵はOK。
◆ピュアヴェジタリアン
  植物ならOK。若干の乳製品もOK。

Lv:3〜本格的なヴェジタリアンへ〜
◆ヴィーガン
  動物性食品は一切食べない。

Lv:4〜人間の業を超えろ・仏への道〜
◆スーパー・ピュア・ヴェジタリアン 
  ニンニク・ニラ・タマネギ・キノコなどは禁止。若干の乳製品はOK。
◆フルータリアン 
  植物でも本体を殺さずに採取できる果や実などのみOK。
  穀物や調理・加工された食材なども摂らない立場もある。
Lv:5〜もはや神の領域〜
◆ウルトラ・スーパー・ピュア・ヴェジタリアン
  乳・卵・および植物でも本体を殺すことになるショウガ、ニンイク、イモ類などの根菜類、キノコは食べない。 
  果実も食べない。葉や穀類で野生のものだけを食する。
Lv:6〜神仏を超えた究極的存在〜
◆ウルトラ・スーパー・ミラクル・ピュア・キングヴェジタリアン
  動植物などの生命を一切殺さない。土と水だけを食べて生きる。

111 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 00:22:33
有名なベジタリアン 一覧

○芸能人
・マイケルジャクソン ・ビートルズのメンバー全員 ・ブリトニースピアーズ ・アヴリルラヴィーン
・トムクルーズ ・レオナルドディカプリオ ・ジュリアロバーツ ・ブラッドピッド ・リチャードギア
・中島美嘉

○スポーツ選手
・カールルイス

○歴史的偉人
・ガンジー ・イエスキリスト ・釈迦 ・ニュートン ・ダーウィン ・ソクラテス ・リンカーン

○天才
・レオナルドダヴィンチ ・ゴッホ ・シェークスピア ・坂本龍一 ・ニーチェ
・ヒトラー  ・アインシュタイン ・エジソン ・庵野英明

○他
・宮沢賢治 ・昔の日本人 ・インド人

112 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 00:33:30
こういうレベルの人たちが、このスレに居座っているんじゃ・・

113 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 00:35:25
>>109
そのさ・・・そこまで考えていて目を逸らして生きている肉食拒絶者の方がよっぽど卑怯じゃね?

「オレイジメはしてないよ、見てるだけだから・・・だから悪くないよ」
↑こいつとどう違うわけ?

114 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 00:38:46
ベジタリアンさえいなければ俺は悪者にならないですむんだ!
ベジタリアンは全滅しろ!俺を悪者にするな!
俺に罪悪感を抱かせるな!臭いものには蓋をしろ!
動物を食べるのが悪い事だと気づかせるな!せっかく見ないふりしてるのに!

115 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 00:41:31
いや好きなもの食えばそれでいいじゃんって大抵の人は思ってるよ。
動物性タンパクが不足するとそうやって脅迫観念に駆られるらしいね。
いつでも率先して絡んでくるのは菜食主義者です。

116 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 00:44:37
そうだよ
犬も猫も人間も食べれるものはみんな食べればいいんだよ

117 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 00:59:28
進んで食べたいと思う人は稀だろうね。
自分でしたいとは思わないが、しようとしている人を止めるつもりもない。

118 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 01:28:41
ベジタリアンがベジタリアンを食うのは食肉ではないとか言い出す奴がいたら面白いな

119 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 01:43:18
どんなに長年 菜食主義を貫いても その体は肉でした
いちばん大きな手元の肉を忘れて緑黄色の洪水を歌う

120 ::2006/09/15(金) 01:55:53
草食動物って知ってる?

121 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 02:00:08
はいはい。
肉を食うのが不自然ならどうして人間は雑食なんでしょうね。
何故肉を噛み切る犬歯があり、溶かす胃酸が出て、消化して栄養と出来るのでしょうね。

122 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 02:07:21
人間が肉食に適さないワケ
--------------------------------------------------------------------------------
歯の形
人間の歯は動物を取ってしとめるキバはなく、草食に適した臼歯がある。

あごの形
肉食動物は食物を噛まずに飲み込むのであごは発達しておらず、臼歯もない。
人間は食物繊維を咀嚼(そしゃく)するための顎(あご)がある。
また肉食動物の顎は上下のみにしか動かないが
人間や草食動物の顎は横にも動く。
これは穀物や草をすりつぶすためにある。


人間には動物ハンティング用の殺傷能力のある爪はなく、木の実や果物を採取できるように親指を向かい合わせることができる手を持つ。これは人間が動物肉を食べるのではなく、果物や野菜を採集するのに適していることを示している。


肉食には胃酸を多く含む胃液が必要。
人類と草食動物の胃酸は、肉食動物に比べて20分の1の濃度である。


肉食には体内で毒素を作り出すので短時間で消化・排出のため、高濃度の消化器官と短い腸が必要。
肉食動物の腸は体長の約3倍であるのに対し、
人間の腸は草食動物のように長く、体長の約12倍の長さの腸をもつ。

123 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 02:08:46
>>121
人間は人間を食べる事ができますが何か?

124 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 03:59:38
人間に肉食をやめさせる前にライオンに肉食をやめさせてこい

125 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 04:06:05
ライオンって美味いのか?

126 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 06:05:32
>>1
単純に屠殺が残酷で見るに耐えないからという理由ではだめだと思います。
なにか肉食をやめることで人間の生態やら行動によい影響が
あることを科学的見地から示して下さい。

127 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 06:43:31
宗教では肉食を制限したり禁止したりと消極的なものが多いから、肉食が
良くないというのは人類に普遍的な価値観かもな。科学というのは、そういう
宗教的価値観に基づいてどのように合理化するかという事しか
言えないから、科学実証主義的に肉食の是非を問うのは別の話だと思う。

128 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 07:10:23
おれたちは植物でもウィルスでも病原菌でも大量虐殺をしてきたわけだよな。w
生きていくうえで必要ならばなんでもやっていくだろう。
必要があれば人間同士でも食べる。
神がわたしたちにそれを許したとか言って死体を食らったのが飛行機事故で生き残った人たちだろう?

それは善でも悪でもない。
ある場合に悪になりある場合には善とは言わないが必要であり許されることもある。
されは殺人と同じことだ。
戦争で殺されそうになったら、殺すことは必要であり許される。

あなたの感情が許さないのなら食肉は拒否すれば良い。
ただそれを他者に強制することは許されない。

129 :19:2006/09/15(金) 08:01:03
ハムの人

130 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 08:53:48
>>128
この板に適した表現ではないかもしれないが、言わせていただきたい。
正論である、と。

131 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 12:06:46
差別はこういうところからも生まれるんだよね。
昔紺屋は着物に染色する職業だったが、色を出すために虫を大量に殺した。
そのため紺屋は後年違う染色法が発明されるまで差別された。
もちろん動物を殺す職業は賤業として差別され続けたし、その名残は現在も存続するようだ。

むろんベジタリアンが食肉を忌避するのは自由である。
しかし過去において食肉を嫌った思想によって歴史的に職業差別が生まれたことを忘れてはならない。

132 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 12:46:30
>>128
肉を食べないと人間は死んでしまうんですか?
植物や病原菌やウイルスの大量虐殺と猫や犬の大量虐殺はあなたにとって同じものなんですか?

133 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 12:48:14
会社のオヤジの叔父さんが戦争中の激戦地から命からがら生き延びて帰ってきた。
顔いろは本当に変な色をして何を食ってきたんだろうと思わせるものだったらしい。
その叔父さんは戦争については一切語らず、死ぬときに戦友が呼んでいると言ったそうだ。

生き物が可哀相という感情はもしかすると余裕のある時のものではないのだろうか?
あなたがたベジタリアンの感情自体を否定するつもりは無く、それらは場合によって美しくもあるだろうことは否定しない。
ただ、生きようとしてやりたくもない殺生をする場合もある。
それを職業とすることもある。
その豊かな感情による優しさは、場合によって独りよがりになり腐臭も漂わせる可能性があることを考えなければならない。

134 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 12:50:05
>>132

どうか冷静になって文意を読み取ってください。

135 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 13:47:33
お前ら、善悪って言うのは談合で決まるようなもんなんだよ
談合に参加してない奴にとっては喜ばしくない決定がなされるものである
平等を絶対の真理だと思ってんの?

136 :一言居士:2006/09/15(金) 14:12:47
>>131
あなたの紹介したのと似たような事例を私も挙げる。
鎌倉時代、漁師・猟師などは生活のためとはいえ殺生をしているので、地獄へ堕ちることを本気で恐れていた。彼らも賤しい職業に就いているとされた。
しかし、そんな彼らに救いの光明が現れた。親鸞の浄土真宗である。自分の悪を自覚し、善への無力さを痛感するものこそ阿弥陀仏は救うという悪人正機説が彼らの心の支えとなった。
明治時代になるまで、肉食は賤しいとされてきた。そして動物を殺生する人々は真剣に罪悪感をかかえながら生きていた。

137 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 14:27:22
これぞ価値相対主義の典型。

138 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 14:47:03
こんな議論とは無関係に、必要に応じて動植物を食料にしていくわけだ。
必要が無ければ悪、必要があれば許容される。

そんなもんだよ世間は。
どんな人でもどんな清廉潔白な人でも殺生して生きていかなければならない。
人間は霊長類の長ではあるが、同時に動物なのだ。
動物であるがゆえに自然界のほかの命を食らう。
鰯が大漁であれば、海では弔いだと歌った詩人がいた。
人間はそうやって必要に応じて他の命を食らって生きていかざるを得ない。

まさに生きていくことは命を<頂きます>ということなのだ。
代替案をもたないかぎり、動物愛護の精神から発した人たちの思いは永遠に届かない。

139 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 14:49:39
動物食が「必要悪」ならば、それは「できるだけ」少なくするべきだ、
「できるなら」やめるべきだ、という結論になる。
動物食が「悪でも何でもない」ならば、食べたい人がどれだけ食べようが
自由である、という結論になる。
これが論点じゃあるマイカ。


140 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 15:36:00
>>93
あんたが誤解している。
正常プリオンは細菌などのような外来ではなく、まったくの自前品。
正常型のプリオンは、比較的“浅い”ポテンシャルの谷にはまっている。
異常プリオンは、もっとも“深い”極端に安定な谷底に収まっている。
だから、分解するにも大変なエネルギーが必要で、料理するくらいではまるで
効果がない。
異常プリオンはひとつの特性として、自己を鋳型にした触媒性を持つ。
従って、異常プリオンが正常プリオンに作用すると、正常プリオンはより安定な
異常プリオンに変成されてしまう。
極少量の異常プリオンは、製造過程のミスや確率的変成品として、むしろ普遍的に
存在し、普通は免疫などの方法で抑え込まれているのかも知れない。


141 :19:2006/09/15(金) 15:51:05
ちょいワルプリオン

142 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 17:18:25
動植物を食らう、そして食らわれることは善でも悪でもない。
生きるうえで必要な行為を動植物も行っているだけだ。

ただ知能が有ると遊ぶために殺すこともある。
シャチもそんなことをすると聞いたことがある。
それは知能がある動物の特有の行動かもしれない。
人間はそれを社会性を教育することで避けるようにしている。
この場合は感情的な問題として悪と規定しているだけだ。

食肉が大部分の人間にとって必要な栄養源であるのが現在の状況だ。
ベジタリアンは環境と自己の経済がその主義を許されているという豊かな環境にいるのではないだろうか?
だとしたら、そのことを強制することは貧しい人間を抑圧することでもあるのでは?

143 :19:2006/09/15(金) 17:30:11
感情的な問題 と 勘定的な問題

144 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 17:56:23
誰が上手いことを(ry

145 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 20:13:33
人間を食ったロバの話

146 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 20:18:01
科学の発達により多少なりとも改善できるのは間違いないが

147 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 20:30:46
つまり、植物は生物とは認識されてないのか?
植物はいくら切り刻もうが、熱を加えようが構わないと言いたいわけか
傲慢だな

148 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 20:34:19
基本的に>>1の願望が叶うことはありえないのではないだろうか。
その感情は十分伝わるが、現実としては?だろう。

149 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 20:42:57
サーロインだけをクローン増殖

150 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 20:43:18
感情が無い限り、痛みを感じない限りOKか? w

151 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 20:50:36 ?2BP(20)
牛と人間に何の違いがあるの?そりゃ、知能、見た目、違いはあるよ。
でも結局は、骨組みに肉がついて、脳があって動いてる。命がある。
牛と豚だって違うはず。ベイブとかは豚も犬も会話できるけど、有り得ない。たぶん。
会話はできないはず。
人間には人間の社会、牛には牛の、豚には豚の、狼には狼の・・・

人間は人間を食べる動物がいないから、食べられていないだけで、
もし人間が抵抗もできないぐらい強い獣、もしくは宇宙人がいたら、食べられるよ。
でさ、人間は牛を食べる。
人間がさ、牛を食べるのやめたら、天敵は人間を食べなくなるかな?
ならないよね。強いものは弱いものを食べるんだよ。食物連鎖。
人間は下手に知能があるから、それが悪いとか良いとか考えちゃうだけ。
ライオンが牛を食べるのと、人間が牛を食べるのは違うの?
ライオンだって、知能がもう少しあったら、人間みたいになるよ。

ライオンは考えないだけ。人間は考えちゃうだけ。

宇宙や自然の一部でしかない私たち人間が、牛を食べるのが悪いとか良いとか、
何偉そうに、って話だよ。


152 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 20:56:39
>>151
一つだけ認識違いがある。
食物連鎖と弱肉強食を混同しているところ。
ヒトを栄養にする生物がいるから連鎖として成り立っているんですよ。

153 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 20:58:37
>>147
ここの>>1はそうみたいだよ(同じ主張をあちこちの板でやってる。
何かの宗教が裏にあるみたいで、植物差別がものすごい。

154 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 21:08:18 ?2BP(20)
>>152
そっか。ごめん。自分は無知だし、推敲もしないで書き込んじゃった。


155 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 21:26:06 ?2BP(20)
今、>>1がいうサイトで犬のとか見たけど、ショック。
ダメだあんなこと。人間がすることじゃない。
というより、人間しかしないことだ。あれは。
あんなことする生物はこの世に人間以外いない。
知能があるって恐ろしい事だ。
ライオンは食べる事だけ考えるのに、人間は知能があるにもかかわらず・・・
わざわざ無惨な殺し方をするなんて。
もう、あの写真をみたら論理的に考えられない。
食べるのはしょうがない、私と韓国人は違う。だけど、ちょっと韓国が嫌いになった。
よくわかんねぇ・・・

156 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 21:34:43
人間は知能があるから最も残酷になれるのでつよ。

157 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 21:41:04
>>155
大丈夫か?
殺し方に捕われると、木を見て森を見ずということになりかねないが・・・。
肉を食べたくなくなればそうした方が自分のために良いでしょ。

158 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 21:54:27 ?2BP(20)
>>157
もし、自分が肉を食べない事で、彼らが救われるなら、食べないでおく。
というか、食べるときに絶対思い出す。
でもこれは知らなくちゃいけないことだね・・・
何も知らずに、のうのうと肉を食べるなんて。それはそれで幸せなのか。
恐ろしいよ;
イルカのも見たけど、もうありえない・・・orz

159 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 22:08:27
あるタレントさんが魚の目を隠して包丁を入れると言っていたな。
正直牛にしてもなんにしても効率とか経済性重視で殺戮しているんだろうね。

セレブな人間とか言っているけれど、じつはそんなことで支えられているんだろう。
実は人間は恐ろしいということは認識していなければならないんじゃないのかな?とこの議論を読んでそう理解した。

わたしは基本的に善悪という事情ではなく必要に応じて人間は活動しているのだと理解すべきだと主張したい。

160 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 22:23:07 ?2BP(20)
必要に応じて・・・

でも物事を考えるのに、善悪は必要じゃないかな。
だって、必要だからって物を盗んじゃいけない。
・・・って書いてて思ったけど、
貧しい子供が金持ちの家から一切れのパンを盗むのは悪ではない。。
と私は判断するし。

私達は、スーパーに行けば肉が手に入るので、買っているだけじゃないか。
肉がスーパーになくなったら・・・
わざわざ牛を殺してまで肉は必要ない。
人間は追い込まれて、それが必要になったから物を得るんじゃない。
手に入れられるから得るんじゃないの?
安いから買ってしまうってこと、あるよね?

何が言いたいのかよくわからなくなる・・・
けど、こうやって考えることは必要だし、善い事だね

161 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 22:32:08
疑問に思って、考え、実践するのは尊いと思うよ。
でも他人に押し付けると悪趣味になる。

162 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 22:35:11
そうそう、お前が風ぐるりで飲んでる薬も多くの動物の死を前提としているし、
ベジタリアンって言うなら植物をたべるんだろ?
なんで植物はいいんだよ。同じ生物なのに。

163 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 22:41:17
植物は感情を表さないからだって言ってたよ。
実際は声にしないだけで、植物を傷つけても凄い生化学反応あるんだけど、
>>1は自分の感覚で直接感じられないものは、ない事にしていいと思って
いる節がある

164 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 22:53:51
いやそういうことなんだと思うぞ?
でもない事にしたければそれでいんじゃないのか。
オレは動物が殺されているのを見ても知っていても肉食うよ。
好きだから。
嫌悪する感情より優る。

165 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 22:56:07
「植物を食べるのは何故いいのですか?」に対する返答は?

166 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 22:59:31
>>165
期待するだけ無駄
過去レス読んでみろ

167 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 23:00:24
>>165
植物には脳みそないからいいんです!

168 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 23:01:57
>>160
>でも物事を考えるのに、善悪は必要じゃないかな。

いや、それは社会の約束事じゃないのかな?
わたしは本当は善悪なんてのは無いと理解している。
人間が他の生物を必要に応じて殺戮することは当然の前提なんじゃないのかな?
そしてそのことを前提にして善悪を決めているだけだと理解している。

善悪が人間の都合であることはいろいろな場面で出てくる。
人を殺すのは悪いことか?
実は善でも悪でもない。
殺すことが社会にとって混乱を起こすのなら悪、社会にとって利益なら善というだけだろう。
ここでも根本的には必要ということが前提になっている。
戦争では敵の人間を殺すことが必要なんだ。
平和時での殺人は社会の秩序の必要から排除されたり受け容れられたりする。

残念なことなのだが、善悪はその程度のものなのではないだろうか。

169 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 23:12:23
164の感情なんて怪しいと思うよ。テレビゲームの中では抵抗なく武器の
ボタンを押す事が出来るというようなものが本当の自分の感情だと
勘違いしているんじゃないのかな。

スーパーでパック化されて並んでる肉は、ただの物質だから抵抗なく
いっぱい食べられるんだろうね。
自分で飼ってた子牛ちゃんを自分で牛刀で切って、目玉を見開いて
血を吹き出して痙攣する子牛ちゃんを見ながら肉を食べると、
そんなに肉を食べる必要性も感じなくなるんじゃないかな。

164はテレビゲームの画面の中の事と現実の区別が付かないのでは?

170 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 23:14:41
善悪なんて人間の中にしか存在しない。
しかし様々な要請から状況に応じて善悪を設定しているだけだろう。
状況によって善悪が変化するのはそのことを物語っていないだろうか?

171 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 23:23:07
>>169
見ながら食う必然性なんかないだろ。
バカ言ってないで早く>>65>>68へ向けられた回答しろ。

172 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 23:23:12
祖母ちゃんが田舎の叔母さんのところに行くと馳走に飼っている鶏の首をそれこそきゅっと捻って出すそうだ。
人によってはそれもできないかもしれないが、田舎では当たり前のことらしい。
そう言えばモンゴルでは羊を客人に料理するらしいけど似たり寄ったりだ。
牛の場合は手間暇かかるけど似たようなものではないだろうかと推察する。

それらを生まれた環境が違う人間がどうのこうの言っても、その感覚はわからないんじゃないのかなあ。
人間はとても強い。
場合によっては人の肉でさえ食うことができるくらいに。
野坂昭如によると末期がんにかかった人間は尿療法でもなんでも受け容れることができるそうだ。
通常ではできないんだろうが、やはり必要とあらばたいていのことをやってのけるのが人間だと理解している。
食べるものが牛ならば、そのことを前提にして飼うだろうし。

そんなもんだろう、人間は。

173 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 23:31:55
>>169
何を勘違いしているのか知らないが、殺す手間無く肉が売られているのはありがたいことじゃないか。
自給自足してたら自分でやらなきゃいけないし、肉や卵みたいな栄養価の高いものを摂るのは道理だろ。
お前が草食べるのを止める奴もいないから安心しろ。

174 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 23:40:04
遊牧民は普通にやってるがなあ?

175 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 00:00:00
草食ってるのは遊牧民自身じゃなくて家畜だろ

176 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 00:09:20
>>147
植物をいくら切り刻もうと熱を加えようと全く心は痛みませんが何か?

177 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 00:14:21
人間は肉を食べなくても生きていけます
欲です
あなたの欲のために、毎日多くの牛や豚が殺されているのです
いや、あなたが毎日殺しているのです
苦しみもがき泣き叫ぶ牛や豚を、あなたが殺しているのです
自分の手を汚すことなく、殺しているのです
動物を殺す人たちを差別しながら、その人たちが捌いた肉を食らっているのです
卑怯なのですあなたは
自らの手を汚すことなく、肉を食らうと言う事は人間として、卑怯なのです

178 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 00:36:32
虫とかトカゲとか、生のまま喜んで齧る原住民とかいるぞ。
TVのゲテモノ食いレポートとかでよくやっている。

179 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 00:42:34
>>177
他の板ならともかく哲板で釣りはやめろ。

180 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 00:51:18
これがマジなら大笑いだけどな。
ゆとり教育?

本を読めるのもインターネットが出来るのも、人の欲があってこそだ。
大体哲学なんて贅沢もいいとこだぜ?
積み重ねられた欲のおかげで便利に生活出来ているのにそれを否定するなんて片腹痛い。
穴居人ですか。
知りながら強く生きることこそ王道だよ。

181 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 00:51:29
自らの手を汚すことはないが、その分金を払ってんだからいいんじゃね?
トレードだよ

182 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 01:11:11
レートを決めるのは人間。
つまり人間いかんによって、動物たちの命の重さは変わる。

しかも金って、安定しないし。

183 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 01:15:00
(あなたの命を)いただきます(お陰で私の命を繋げられます)
と、感謝して食えばいいじゃん

184 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 01:21:33
動物の命を軽く扱って食い散らかしても何も感じないようになった現代人
の傲慢さに対して、いつか動物の方から逆襲されるんだろうな。
BSEなんかはその兆候ではないか?人間達の勝手で牛に肉骨粉を食べさ
せるなんて。

185 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 01:36:49
食べ物に困っていた大昔や、他に食べ物がない貧しい地域なら動物を食べるのも
生きるためだからしょうがないけど、今は生きるか死ぬかの瀬戸際で
生存のためにしょうがなく食べているのではなく、人間の勝手なグルメ趣味や
嗜好やストレス解消で動物の命を利用してるのでしょう。ただ快楽を得るために。
自分がおもしろおかしく快楽をむさぼって生きるために動物を食べるという
人間の奢りにはしっぺ返しが来ると思う。ジャンクフードなんて言うけど、
肉をゴミのように軽く扱ってるし。感覚的におかしくなってるのだろう。
肉になった動物に感謝する気持ちさえ失った現代人の末路は・・・・

186 :181だけど:2006/09/16(土) 01:58:14
>>182
つっこみどころがおかしくね?
トレードと言っても殺される動物に金を払うわけではないぞ
俺達が支払うのは動物の命の対価じゃなくて、手を汚すことへの対価

いわゆる善悪なんて人間同士で行われた談合なのだよ
この世に善いも悪いもない。好きなようにすればいい。
ただ、もしキミがオレにとって喜ばしくないことをしようとするなら
オレはそれを阻止しようとしますがね

187 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 02:17:48
>>185
はげどう
動物を食う事は生きていくためには仕方が無いって言うけど、てめえの肉食はただのグルメ欲じゃねえかって思う

188 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 02:28:29
君らの好きな動物だって選り好みします罠。
鮭の美味しいところしか食べないで捨てる熊とか、調べればいくらでも。
肉食獣が脳から内臓まで丸々余さず食べてるとでも思ってるんですかw


189 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 02:40:12
実際見たら吐き気するだろうな
まぁ、それも最初だけだろう
慣れたら案外普通に食べられると思う

190 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 02:42:55
医者が飯食わないとでも思ってんのかよw

191 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 04:23:30
日本人全員が医者と同じメンタリティーだとでも思ってんのかよ

192 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 04:29:44
>>175
自分で殺した家畜、平気で食ってるって意味。

193 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 04:33:29
心の鍛え方次第だ。
自分以外は植物だろうが人間だろうが、切っても張っても痛くない。
目的遂行の為には、無辜の人々を傷つけても平気なように訓練されればそうなる。

194 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 04:35:46
みんな自ら屠殺して食えるように鍛えよう。

195 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 04:40:51
屠殺上見学を小学校の必須見学にしよう

196 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 04:41:49
肉食動物の中にはハンティング自体を楽しむ輩もいますな
狩りだけして食わずに放置

197 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 05:24:38
ネコ飼ってればそのくらいわかるんじゃね?

198 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 05:28:11
だからさ、食肉が可哀想で駄目なら、医療での動物実験はどうなんだよって。
お前は薬とか使わないかよ。どうなんだよ。ラットとか死にまくってるぜ。
しかも、かなり悲惨な状態になってるのもいるんだぜ。
でもおれは医療の為には動物の犠牲は仕方ないと思うよ。
病気になったら医療に頼りたいからね。
>>1とかに激しく問いたい。病気になったらどうすんだ? 医療に頼らんのか?

199 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 05:29:28
しかし今日食った血のしたたるような焼肉はうまかったな。


200 :20:2006/09/16(土) 05:29:37
1で書いてあることは本当なのだろうか?
畜産業をしている人なら、なるべく痛み、恐れを感じないように
殺ろすことを考えるのが、あたりまえじゃないのか?
それとも、わざと苦しみを感じさせるような残酷な殺し方を
する畜産農家が多いのだろうか?
そうなのなら、また、違う問題だと思う。

あと、人間と牛などの動物はやはり違うところがある。
人間が死刑に処される場合、あと何日のいついつに自分が殺される、死ぬ
ということを認知するので、精神的に想像を絶する恐怖を感じる。
それに対して、牛などの動物は、そういうことをはっきり知覚することはないと思う。
(でも、実は、わかってる?)
その点は、やはり違う。
だから、食べていいってことには直結しないが。





201 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 05:29:45
>>193
じゃあ肉食を否定するのは生殺与奪に耐えられない精神の弱い人間の逃避行動だとでも?

202 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 05:31:51
>>198
ラットには、細胞レベルで済むものには培養細胞をつかって、出来るだけ個体の
損耗を防ぐ努力をしているようだ。

203 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 05:36:30
>>200
本当だろうが全てではない。
この手の輩の手口はいつも同じで、最悪のケースだけしかあげないだろう。
良い面は皆無(全く触れない)で、これだけが実態ですというように。
嫌韓厨が韓国の良い面を言ったことがあるか?
目的は議論じゃなくて、嫌わせることただ一点。

それと「殺し方」でも「食肉」の話でもなく殺すこと自体の話だな、これは。

204 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 05:41:45
そりゃあ一頭ずつ、おりこだねえってなでなでしながら、安楽死させてやる
わけにはいかんだろう。
バーンと逆さ吊りにでもして、牛が事を理解する前に、数瞬で頸動脈か延髄に
ダメージを与える。
見かけは血がどばっと出て、ギュウだかギャー叫んで目を剥くくらいのことは
あるだろうが、直ちに意識は薄れるだろうから、毛皮取りのように生きながら
剥かれたり、外側を傷つけないように、じわじわと殴り殺すのより人道的だ。

205 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 05:53:49
先進国の食事情はやはり問題だろう。
グルメとかなんとか言っているのは奇病にでも罹っちまえと思うわな。
ジャンクフードはたしかに問題だよな。
近頃の化粧品CMと同じで、消費者が必要も無いものを売りつけられて煽られているだけだろう。
しかし先進国の経済は可能性の開拓で発展しているからなあ。
お前さん化けそこなったタヌキみたいだなと言いたくなるようなメークだなという段階からかなり進歩したのが化粧の現在だし。
小学生まで手を伸ばしているが、たぶん中年以降、いや下手すると若い時から肌がおかしくなると予想している。
すぐ近くに化粧や消したおばあさんがいるが、水商売出身ではないかと推測している。
化粧取るとけっこう汚い肌しているのがいるけど、いろいろな化粧をしていたと聞いている。
整形もあとでしっぺ返しがくるだろうし。

わたしたちの現在はかくあるわけだが、ふとローマ時代を思い出さないわけにはいかない。
未開の地にいって未知の病原菌をもらってくるように、未知の段階に文明が入ってきて人間自身を使って壮大な実験をしているような気がする。

先進国の食事情はたしかに行き過ぎてはいるが、1が言うようなことも富裕層の裏返しのような印象を持つ。
ベジタリアンの主張はグルメたちとはコインの裏表ではなかろうか。

206 :750:2006/09/16(土) 06:03:24
西洋では、聖書があるので生き物をどのようにしてもよいという
もともとの発想があって、人間のために存在しているという
発想があるからだろう。


207 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 06:09:01
>>183

それがFAじゃないのかなあ。
しかし人間は欲で向上するが欲で滅びる。
竜巻のような状態の欲望にきりきり舞いになって放り出されるんだろうなあ。
西洋文明はそんな特質をもっていて、他をも食い尽くしていくって竹内好という思想家が言っていた記憶がある。

どこかで考え直さなきゃとは思う。
いずれにしても極端な思想は非現実的だろう。
ベジタリアン思想は基本的には富裕層のセンチメンタリズムだろう。

208 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 06:20:35
>>202
培養細胞はあくまでも細胞でしかないので、やはり使用範囲がある。
それに犠牲が減っても、いることには変わらんのよね。
「出来るだけ我慢してますよ。確かに肉は食ってますがね」というのと同じ。
これで良いのなら、>>1の主張は極端過ぎることになるし、そうでないのなら、
医療に関する動物実験をどう思うのかってことになる。
んで、その医療に頼るのかって話になるだろう? そういうことよ。

209 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 06:32:06
西洋では小さいときに親の性行為を見てしまうことをジンを飲ませるとか言うんだよな。
酒でもタバコでも肉体がある程度出来上がらないと対応できないのが人間だろう。
学習もそれと同じで、食肉の製造過程なんてのを子供に見せるのは酷だろう。
本当は人間は他の命、穀物も野菜も命だ、それを食らって生きているんだということの認識はある程度精神ができあがってから徐々につけさせるべきだろう。
性行為を小さいときにみた子供はたしかトラウマみたいなものを背負うと聞いたことがある。
それらはやはり適切な段階で認識させるべきなんだ。

210 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 06:54:17
たしかに先進国の食事情、とくに富裕層のはなんかなあと思わざるを得ない。
ナイナイの飯食ってその値段が大きく外れた人間が金払う番組なんて九十過ぎた祖母ちゃんは嫌悪している。
ニュース番組での料理店紹介なんて、これがニュースなのかねえ、と呆れてさえいる。

叔母で贅沢をしたのは、早くから歩けなくなったり癌で死んだりしている。
祖母ちゃんは小さいときから一家を背負って八十過ぎてやっと引退したが、今でも料理をして散歩をしてる。
贅沢をし過ぎて寝たきりになったりした妹たちはやはり祖母ちゃんが羨ましいようで、祖母ちゃんはそれを知って、この頃はあまり散歩ができなくなってきているとごまかしている。
叔父さんの五十代半ばの嫁は贅沢しすぎたせいで、足を切る切らないという話があったそうだが、現在は寝たきりになっている。

贅沢しすぎた先進国の未来を暗示しているような気がしているんだが。
ちなみに祖母ちゃんの若いときは牛が安いので、牛ばかり食わされて牛肉はみるのも嫌だそうだ。w

211 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 07:04:52
たしかに文明の発達で人間の死すら隠してしまってきている。
動物がどういう状態でトサツされているのかもそうだよな。
それらを知らないできた人間がいきなりそれらを知ったらパニック状態になるだろう。
しかしそれはそういうシステムに生きてきてそれらを知らずにいた個人的な事情に過ぎない。

適切な時期になんらかの形で人間はそういうことで生きているのだと認識させる必要があるんだろうなあ。

212 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 07:11:36
なに、人間は遅かれ早かれ滅びるよ。
物質的栄華を享受するのもよし、知的財産を享受するのもよし。

自分の判断でそれらを享受して後で文句を言わなければそれで良い。

213 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 07:56:10
>>206

人間中心主義でもあるんだな。
この辺も西洋思想に絡むのか。

214 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 08:08:28
そのうち、東南アジアやアフリカの子供達の臓器売買も大っぴらに
行われるのではないかな。東南アジアの子供達が自分の目玉や肝臓を
日本人に売って生活するとか。日本人は「金を払って肉を買ってるん
だから良いだろう」と言いだしかねないような。

215 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 08:10:23
>>214
それがいけない理由はなに?

216 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 08:15:43
植物に脳はない。脳がない存在に意識があるわけがない。
よって苦痛も感じない。植物は神から与えられた道徳的食料。

217 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 08:20:52
>>216
痛覚神経だけが重要だと言いたいのはよくわかった。
でも神を持ち出すと途端に話が胡散臭くなるので最後は蛇足。


218 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 08:30:02
>>214

その辺はまた違う問題だろう。
自由と言っても公共性との関係で制限されるのと同じ。
極端な例をもって自由を抹殺できないしその逆もまた同じだろう。

科学の発達は微妙な問題を出来させてきているなあ、と思うが。

219 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 10:45:07
>>206
しかし、今では西洋の人はむしろ「野生動物を殺すのはいけないが、
家畜は人間が作って管理しているものだから殺していい」みたいな発想じゃない?
だから鯨は殺してはいけないが牛や豚はいいんだ、みたいな。
捕鯨反対の西洋人に「牛や豚はどうなんだ」と反問すると「お前はなんで
そんなおぞましいことを言うのだ」というような顔をすることがあるらしい。
頭数の管理とか科学的なこと以前に、感覚として「全く違う問題」なのだろう。
彼等の感覚は、どうにも理解できないものがある。

220 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 10:56:57
西洋の基準はすべて世界標準ですから。w

221 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 11:02:35
もう「何故肉食を否定するのか」スレになっちゃってるなw

222 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 11:09:07
だから、痛みを感じないサーロインとロースとフィレだけをクローニング。

223 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 11:12:53
もともとベジタリアンという思想が特殊すぎるからだろうなあ。
押し付けようとするからボコボコにされるんであってね。

ただしそう考える人たちがいることを受け容れるのは良いと思うんだよね。
多様性を排除するのは拙いし、そういう人たちがいたほうが健全だと思う。
健全な人ばかりというのは不健全だと考えているから。

224 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 11:13:03
確かに乳牛の乳を絞ったり羊の毛を刈ったりするように
牛や豚の「肉を絞る・刈る」ことは、技術の発達次第では
不可能ではないような。
肉食否定論者は、こういうことも否定するのだろうか。

225 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 11:27:30
植物に神経と脳をつけてみるか?

226 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 11:45:13
そんな事せんでも豆腐ハンバーグ食べてればええやん

227 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 11:57:45
大豆増産の為に熱帯雨林を切り開く。
原住民が追われ、生活基盤を失って自殺する。
牛肉より優しい大豆ハンバーグを食おう!

228 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 12:36:28
サイヤ人だって人肉食ってるんだぜ?

229 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 12:47:39
なにも熱帯雨林を切り開かなくても養豚場とかの場所に大豆等を増産すればいい事さ
良い知恵をうまく使う方が合理的
有る内は食べるw

230 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 13:04:49
>>206
聖書にそんなこと書いてない。

神は人に地を管理するよう命じた。
さらに肉食が許されたのもノアの洪水以降。

231 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 14:27:26
肉食はOKということでFA。

232 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 14:30:58
哲板にFAなんてねーんだよ。
果てしなく永劫回帰するんだ。

233 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 15:54:46
1からの反論希望。
もう>>221の言う通りになってしまっている。www

234 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 17:27:38
>>225 それは面白い!

235 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 17:42:21
>>1はベジタリアンでありかつ無抵抗主義者になりました。

236 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 18:14:34
肉食動物全否定?

ライオンがシマウマ狩るのも結構グロいと思うけど

確かに鶏の解体とかはやばいと思うけど 無駄に殺生してるわけじゃないからいいんでない?

極論を言えば人間の共食いだってある意味許容出来る
極論としてだけど

237 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 18:19:15
人間食える事は知っているが、ところで人間って美味いのか?

238 :クロ:2006/09/16(土) 22:51:39
雑食の生き物は臭いがきついっていうからね。
人間はまずいと思うよ。そもそも人間が食べるほ乳類は
人が食べるための創意工夫がこらしてあるからね。
何の工夫も凝らされてない人間の肉は、イノシシ、熊レベルじゃない?

239 :尊氏:2006/09/16(土) 23:12:47
北条早雲よ。清和源氏の一流としておまえを愛するぞ

240 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 23:14:18
平家のめいもんだからな

241 :光のマナ識 希望の阿頼耶識:2006/09/16(土) 23:24:45
光の街 月の弓矢 幻の丘

242 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 23:50:10
>>198
薬は必要です
人間が生きていくためには仕方の無い犠牲です
しかし肉食は違います
肉を食べなくても人間は生きていけます

243 :一言居士:2006/09/17(日) 01:04:22
>>242
薬を作るのは人間だけだ。肉を食うのは、他の動物にもいる。
あなたはこういうかもしれない。肉食動物は理性がないからしかたないが、人間は理性を持っているから、肉食はダメ、と。
しかしその理屈は人間の思い込みによるものではないのか。
肉食動物は、実は好き好んで肉を食っているのではないのか?そうでないと証明してみせよ。
なぜ薬が必要なのかね?神経症には肉が効くらしいぞ。肉だって薬になりうるのだ。医食同源というじゃないか。

244 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 01:17:52
精製するのは人だけでしょうが、薬草を食べて体調を整える野生動物もおりますよ。
それと足りない栄養源を食べたくなるのも動物なら皆同じ。
医食同源という言葉これをよく言い表しているな。

245 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 01:25:36
>>243
欺瞞ですね。肉食動物は肉を食べないと死んでしまいます。しかし
日本人は肉を食べなくても生きていけます。
一部を除いて、日本人は歴史的に肉をあまり食べないで元気に生きてきた
期間が長いのです。そして日本人は優秀で美しく規則的な生活をして
いました。肉を食べないでも立派に生きてきました。
それが日本の伝統です。西洋近代化と称して肉食推奨者は
日本の伝統を破壊しました。あなたは近代西欧思想に
洗脳されているのです。あなたは伝統を保守せず伝統を破壊しています。
あなたはマクドナルドやケンタッキーやステーキハウスなどアメリカの
軽薄な罰当たり食文化に洗脳されている伝統破壊者ですね。

246 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 01:30:27
>>245
右翼の欺瞞に見えるが。
その文からは肉食動物より西洋人が劣っていると思わされる。
同じ人間を蔑視して動物愛護を語るとは片腹痛い。


247 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 01:37:03
>>243
文章に全くまとまりが無くて読みづらい

248 :一言居士:2006/09/17(日) 01:42:15
>>245
ああ、そう。なら君に要求する。
じゃ、蚊を殺すなよ。
じゃ、牛乳および乳製品を飲食するなよ。
じゃ、動物油脂が使われているものは一切食うなよ。
じゃ、卵や卵を使った製品は一切食うなよ。
肉さえ食べなきゃいいってもんじゃない。牛乳だって、家畜から文字通り搾取したものじゃないか。卵も然り。
具体的な例を挙げると、君はマヨネーズを使ってはいけない。
君はヨーグルトを食べてはいけない。
ていうか、野菜にしたって農薬でどんだけ虫を殺していると思ってんだよ。だから、君は無農薬野菜しか食べてはいけない。
君はむやみに明かりをつけるなよ。虫がそこに誘われて死ぬから。
ゴキブリが出てきても殺すなよ。

249 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 01:49:03
>>一言居士
何ガキみたいに熱くなって・・・おまいさんらしくもない。
言ってること無茶苦茶だぞw

日本人は貝も魚も食ってきてるんだから肉食はしかと根付いてる。

250 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 01:53:34
細菌の研究では、細菌は植物より動物に近いらしい。
免疫も止めろよ!

251 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 01:54:07

最近の研究では

252 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 02:16:50
肉食=魚や貝だと思う奴はほとんどいないだろう
肉食=哺乳類や鳥
そしてこのスレの肉食も=動物

253 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 02:17:44
>>248
でたでた
肉食主義者お決まりの火病w

254 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 02:19:30
>>252
それはマジで勘弁してくれ。
昆虫、魚介類含んで全て動物なんだが。
定義の話ではなく、ちょっとお前破綻しすぎだぞ。

255 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 02:22:41
1は魚や貝も食うなって言ってるのかい?

256 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 02:26:31
それは>>1に聞かないとわからないな。
もう居ないであろう。
既に>>1と話してる奴なんかいないよ。
ところで君の主張は?

257 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 02:29:19
私は肉食べるよ
252だけど
ロムってて貝や魚食ってるから肉食が根付いてるってレス見て
方向が違うんじゃないかと思ってレスしただけよ

258 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 02:38:42
なるほど。
今は動物性タンパクを摂取する必要があるのかって話になってるでしょ。
仮にここで語られていることが家畜に限るのだとしても、それだけでは問題見えて来ないよ。
殺し方の話ではないんだからね。

259 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 02:55:42
アメリカのマインド・コントロールというのは確かにあるよな。
ペリーが来航して日米和親条約の調印以来「肉を食べてアメリカ人のよう
になろう」という風潮が日本中に広まった。
ところが当の現代アメリカ合衆国の科学的な栄養学では、昔の日本食が
見直されており、昔の和食こそ一番質の良い筋肉を付けられる食事だと
言われるようになった。
ところが、アメリカに情報統制をされている馬鹿な日本人は、アメリカ
食肉業者に、肉を食べる事が健康的で大事なんだとマインド・コントロ
ールされたままでそれを盲目的に信じている。一生懸命アメリカ人
になろうとしている日本人。アメリカ人の言うことを全く疑わずに
思考停止して、アメリカの言うことは全て真実だと信じ心の底から
完全にアメリカ文化に適応した日本人。それが情けない。

260 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 03:07:38
>>259
日本人はみんなお前さんほどバカじゃないから心配するな

261 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 03:08:15
人の脳って肉なのか?食えると聞いたぞ!

262 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 03:33:58
>>260
と、アメリカにマインド・コントロールされている事に無自覚なバカが
吠えてますw

263 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 04:00:49
はいはい、2chもCIAの工作ですよ

264 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 04:40:56
日本のマスメディアの開放性は北朝鮮と同レベルのようだ

265 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 04:47:27
個人的には肉食はあまり摂取しないし、牛丼というか牛肉が嫌いなんだが、それはさておき。

1は動物を食うのは非人道的だから止めようと主知要しているという話だろう?
現実としては肉である種の栄養を補っている。
ある程度美味しいし、それなりに庶民に手に入る値段だから肉食を止めないのが現在の世界だろう。
それに代わる食べ物をベジタリアンが提出すれば良いだけだが、それらを満足させられるか?
美味しくても高かったら毎日の生活に追われている庶民はそんなものに手を出せない。
ここでは理想の食事なんてのは問われていない。

経済性と味覚、それを同時に満足させられるかという問題だろう。
どんなに科学的であろうがどんなに合理的であろうが、経済事情の合理性に合わなければ排除されてしまう。

それに味覚の多様性とか民族や地域の特殊性を否定して、動物を食べるのはやめなさい、というのは現在の世界では実現は困難だ。

現状の食肉否定は代替物を具体的に示さない限り、わたしたち庶民の経済事情を考えない空論にしか響かない。

266 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 05:08:09
主義主張の話でもお悩み相談でもないよ。
ここは哲板。その主題。
現実的な制約を取り払って大いに思考実験しようではないか、って場所だもの。
結論じゃなくて議論そのものが目的ですよ。

267 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 05:10:13
肉食と同等の経済性で賄われ、少なくとも味覚で同等くらいになれば、オレは転向する。
飯を食うのに精一杯のオレにはそれらが満たされない限りベジタリアンの主張には興味が無い。

268 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 05:16:48
肉食は現状では経済的、味覚的には否定できないということが理解されれば俺は興味が無い。
あとは栄養学の話だから、それは議論する能力が無いし。

いずれにしても1の主張は現在は問題にすらなっていないこのスレの流れに満足している。

269 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 06:07:00
必要性という言葉がキーワードじゃね?
活動をしていく上で食うのに必要な食物を経済的に、また味覚としてどういう形でとるかということだろう。
すべてはバランスだから多少の害でしか無いと考えればそれは無視される。
また害だとわかっていてもそれに代わるものが経済的に、味覚的に満たされない限りその習慣は続けられる。

今のところ、全体的に考えて肉食を拒否する決定的理由は存在しない。


270 :198:2006/09/17(日) 06:11:29
>>242
医療が良くて、食肉は駄目の理由がそれか。
それが無くても生きていけるからいい。
ならば自分に問うてみよ。自分は何が無くとも生きていけるか?
よく周りを見てみろよ。生きる事に直接関わらないものが沢山あるだろう?
TV、携帯、雑誌、PC、幾らでもあるだろう。これらと食肉を比べてみろ。
そういった現代人の必需品のほうが、よほど動植物を圧迫している。
「これが無くても、生きていける」
さあ、まずはパソコンの電源を切ってみようか。

271 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 06:20:01
たしかに人間性を求める限りでは現在の肉食提供の過程は感情的には受け容れられないだろう。
しかしどんなに人間性を求めても、基本として動物であることは受け容れなければならない。

金は貯めておけ、何があるかわからないから、金は使っておけ、何があるかわからないから。

人間の活動には絶えずこうした矛盾がつきまとう。

肉食肯定と否定議論は根本的には人間が意識を持ち価値観を持ち、また基本的には獣性を抱えているという縛りというこの二つの問題だろう。
どんなに理性的であろうとしても現実の必要性には生きていくうえで屈せざるを得ないのがわたしたち庶民だろう。

・・・まあ本音を言えば、安くて旨いものなら何でも食う、というのも俺たち庶民であるんだが。w

272 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 06:24:53
>>270
肉の話をしているのにコンピュータや雑誌の話にずらしちゃって、バカ
みたい。
レイプをした犯人が、他の男とセックスしないのか?するだろう?
だから俺とセックスするのもいいんだと関係ない話をして
自己正当化するみたい。あんたバカだよ。

273 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 06:27:03
結論
肉食自体は善でも悪でもない。
問題は全体として考えた場合人間が生きていくうえで必要かどうか、ということだ。

現在の食にかかわる諸事情ではその必要性を否定できない。

274 :198:2006/09/17(日) 06:52:29
>>272
いや、正確には、PC等々が作られれば、結果的に、
「動植物を絶滅に追いやることになる」という事実の話をしているんだよ。
動物愛護からすると、こちらの方が大問題だし、食肉と別な話ではないよ。
それとも、血や死体を見なければ、結局はどうでもいいってことかい?
あと、レイプの件はちょっと意味分からん。女が犯してるの?
それともホモの話?

275 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 06:59:53
270ではないんだけど。

もう少し議論を重ねないとバカ利巧は判断できないんじゃないかな。
観客には見苦しく映る。
あなたは270だけが相手なのではなく、観客もまたあなたの言動に快不快を感じるのだから。
少なくとも270の方が冷静に議論しているように今は見えるんだが。

276 :266:2006/09/17(日) 07:13:15
やり込めたい一心で極論持ち出すのが冷静とは思えないんだが。
議論を進めるなら198にはもうちょっと毒気を抜いて欲しい。

アルゼンチンの蝶のことより、今日は傘が必要かどうか考えよう。

277 :19:2006/09/17(日) 07:17:16
巨大なハンバーグが攻めてくる!
嫌いな肉はないんだよ!

278 :198:2006/09/17(日) 07:29:40
>>276
極論というのなら、どこがそう言えるのか説明しなくては。
それこそ、「お前は馬鹿だ!」とだけ言っているのと変わらんのよ。

279 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 07:50:51
>>278
具体的には・・・
>TV、携帯、雑誌、PC、幾らでもあるだろう。これらと食肉を比べてみろ。
>そういった現代人の必需品のほうが、よほど動植物を圧迫している。
これと
>PC等々が作られれば、結果的に、「動植物を絶滅に追いやることになる」という事実の話をしているんだよ。
これだな。

原因を探るのに因果関係を考えるのは重要だけど、あまり大風呂敷広げると収拾がつかなくなる。
バタフライ効果のような話を自分で持ち出せば、誰もがそれを使ってくることは自明じゃないの。
198には当然の話でも、少なくとも私には絶滅なんてのは極論にしか聞こえない。
落ち着いて軌道修正を頼むよ。
私も自分の過去レスを査読してみる。

280 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 08:04:42
>>248





「小さな悪が避けられないからといって、大きな悪を犯してもいいことにはならない」

最悪よりは次悪を

281 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 08:19:25
五蘊皆空なりと照見して一切の苦厄を度したまふ舍利子色は空に異ならず空は色に異ならず色是(これ)即ち空空即ち是(これ)色受想業識も亦復是(かく)の如し

282 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 08:24:12
>>280

だから、少なくとも現在必要である食肉はOKというのがわたしの理解だけどね。

善悪は人間の世界にだけ現象するんじゃね?
シャチや猫が小動物をいたぶったとしてもそれは善悪でもなんでもないし。
人間が巨大な力を有するから、ある基準をもってそれは生きていくうえで必要が無いから止めろという話であって。
歴史としてみて地球環境に害悪を与え、長期的に見ると将来の人類に影響する可能性があるから○○はやめようとかそういう話だろう。

しかし現実のわたしたちは今必要なことだと思うことをやっているのも確かだけど。

・・・でもここで喋っていること自体地球全体を考えれば余裕があるということの証じゃね?。
議論することを否定するわけではないが、それは意識していないと空論になってしまう。

283 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 08:39:16
食べた物の霊を神社で鎮めたり祈ったりした習慣て、
昔の人の知恵だと思うんだよね。心のバランスや自然との関係を整える
ために。

今って食べ物が電化製品の組み立て工場のようにベルトコンベアで
流れてきてパック化されるていくでしょう。こういう事を続けていると、
人間のために犠牲になった動物の存在を忘れてしまうのではないか
なあ。

日本は欧米の合理主義を受け入れて、食べ物に感謝する儀式や伝統なんて
古くさいと捨ててしまったけど、日本の伝統を見直すって大事じゃないの。

284 :一言居士:2006/09/17(日) 08:50:12
>>249
つい取り乱してしまった。ちと疲れていたもので…まったくあなたの言うとおり俺らしくもない。
改めて考えてみると昔の日本人はベジタリアンじゃない。陸上の動物の肉は忌避した替わりに、魚を食べていた。これが長寿化の一因となったのはいうまでもない。
どうして人間以外の動物を食ってはいけないのか?家畜の殺し方に配慮すれば食肉もいいじゃないか。どうして好きな物を食べてはならないのか?
どうして人間以外の種にも思いやりを持たねばならんのか教えて欲しい。


285 :一言居士:2006/09/17(日) 08:53:04
>>284
あ、4行目以降の文は>>249の方にあてたわけじゃない。4行目以降は菜食主義者にあてたものです。

286 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 09:28:34
>>283
心のバランスというのは良い切り口だね。
欧米では宗教によって食事毎に感謝の意を捧げてるよ。
過去レスにあるけど、日本では「いただきます」かな。

>人間のために犠牲になった動物の存在
ただこれは強者の理論だと思うな。
力を行使せず慎ましく思うのは美しいけど、それ以上に高みに上れる気がしない。
不条理を受け入れた上で生命は等価値だと生きる(=死ぬ)覚悟を得られたとき、
初めて地球に棲む他の生物と肩を並べられた気がする。
心身症にかかり死にまで至る脊椎動物よりも、シンプルな生物の方が圧倒的に生命力が強い。

>>285
わかっております、お気遣いどうも。

287 :198:2006/09/17(日) 09:32:55
>>279
確かに突っ走った感はある。反省をしてみる。

菜食主義者が黙って信念に従うのは恰好良い。尊敬できる。
だがどうしても、口を開いた途端に恰好悪くなるのは何でだ。
食肉への非難はどこから来るんだ? 何か合理的な理由はないの?

288 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 10:35:05
肉食の為に供される動物たちがどう扱われているかは意識されてもいいかも知れませんね。
ここから食べるのを止めましょう、というのは今のところは非現実的な話です。
わたしたちはいくら奇麗事をいっても他の命を頂く動物なのだと認識する。
ベジタリアンの主張は現在の食事情を考えないという意味で奇麗事に過ぎない。

現在の食事情を変えるのにはこういった認識も必要だが、現実としての対案を提示しなければ意味が無い。

しかしこの告発をする人はいろいろな意味で必要な存在だろう。
こういう人も許容しない世界もまたおかしいのではないだろうか。

289 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 10:46:21
鯨を食べるのは止めましょうと捕鯨を止める。
すると鰯を大量に食べる鯨のために鰯の値段が高騰する。

いやね、何かを止めるということもやはり自然への干渉じゃないでしょうか。
人間が生きようとしたら、やはり自然の食物連鎖の中で生きるしかない。

数年前まで猫屋敷みたいなかんじのところがあり近所がその糞尿で迷惑しました。
動物愛護も人間が生きる環境の中という中で実現させなければならないでしょう。

旧ソ連では自然のことを考えたダム造りなんて試みたそうですが失敗に終わったことを何かで読んだ記憶があります。
人間の知恵で全体のことを考えたつもりでも、やはり何かが抜け落ちてしまう。

どこで自然に任せるか、どこでは自然に関与できるのかがまだわかっていない現在性急な主張は危険だと思われます。

290 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 11:01:32
関係ない話したが。
知人のオヤジが91年の時のバブル真っ最中、マンションを購入した。
それこそ倹約に倹約を重ねた努力だったらしい。
本当にほっとした顔をしていたことを思い出す。
これから頑張るぞ、と晴れがましい顔を思い出す。
ちなみに99年くらいの時は同じ価格で2倍から2.5倍の面積のものが買えるそうだ。
たぶん一千万単位でみな損をしているはずである。
おまけに粗製濫造だから目も当てられない。

最近不動産屋が言っていたのだが、景気が良い時に不動産で動くのはバカで景気が悪いときに動く方が良いらしい。
給料はあがらず、子供を三人も抱えてその人も同僚たちも四苦八苦の状態らしい。

当時購入した連中は電車にやっと乗れたよと狂喜していたが、それが地獄行き列車だとは誰も思わなかった。

いくら小さい局面で努力しても大きな局面も考えないといけない、ということで思い出しただけだが。

291 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 12:43:39
>>287
飢餓に苦しむ人々
現在の地球の人口63億人強。そのうち、8億3000万人の人々が栄養不足で、
そのうち7億9100万人は発展途上国に暮らしています。つまり、世界の7人に1人、
発展途上国では5人に1人が、飢餓状態。人類が肉食をやめれば、
畜産で使われていた穀物分で途上国の飢餓を充分救えます。
約1kgの牛肉を生産するのに、16kgの穀物が必要です。
豚肉を生産するのに必要なエサのエネルギー(カロリー)はその5倍以上、
牛肉に至っては30倍以上必要です。
肉を食べるということは、貧しい人たちをさらに飢餓に追い込むこということになります。

292 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 12:48:09
それ全然違うって。
飢饉への国際的援助は肉食を止めたところで増えはしない。
言い方をかえれば家畜に穀物をやってるから発展途上国に回ってこないわけではない。
物資の流通を算数だけで語らないように。

293 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 12:58:00
けっきょく強者の論理なんだろう。
旨いものを食うだけの経済力があり、その経済市場に群がる人たちがいる。
またそれらの人たちの食い扶持がどうするかという話でもあるだろう。

アフリカの飢餓はじつは欧米諸国への借金返済のせいらしい。
資本が猶予すれば飢饉は大幅に減る。
しかし資本の論理はそうはいかない。

それらの構造を変えられるのか、という問題でもあるらしい。
日本の車はかつて欧米で猛威をふるったが、無秩序な輸入はブロックされた。
代わりにアフリカ諸国への洪水のような輸出となったのが七十年代らしい。
こういうことでも日本経済は支えられている。
つまり相手の国の事情なんて知ったことじゃない、というのはどこでも同じだろう。

今でも世界的な事情は変わらないんじゃね?
そういう世界の中に組み込まれているのが実情だろう。
つまり全体的な構造とか、業者およびそれに係わる人たちをどうするかを考えなければならない。

294 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 13:26:05
家畜として生を受けた以上、殆どの個体は搾取され続ける生涯に変わりはないよ。
BSE騒動のとき思い出してごらん。
豚や鳥で代替して、ただ処分されるだけの牛。
カラスやシデ虫やハエ(蛆)や数多の微生物なんかは丸々太れて極楽だったのかもしれない。

自炊したことがあれば、むしろ仕方なく野菜を摂っている人が多いことはわかるだろう?
高いけど栄養バランスを考えて・・・食卓の彩りを考えて・・・。
冷凍が効くので肉は保存しやすい上に栄養価が高い。
経験が無ければ親元を離れて一人で生活してごらん。

まとめると、キミが痩せれば誰かが太る。

295 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 14:03:51
日本人は文化的影響なんだろうが倫理がどれくらいの範囲まで
適用されるかってことをあんまり真剣に考えないね
それは実は倫理とは何か、倫理が実は階層的な、優生的な
思想をそれ自体のうちに含んでいる、徹底的に功利主義的体系
であることが、つまり倫理の本質がわかる重要テーマだと思うのだがね

296 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 14:27:53
>>295
メタ倫理の話題として語るべき、ということ?
君は実在論(認知主義)なわけね。

297 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 14:32:25
功利主義は一般に非実在だと思うが

298 :19:2006/09/17(日) 14:37:25
肉屋
小売り主義

299 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 15:10:01
>>287
答えは既にその中に書いていないかい。
信念としてそれを行う菜食主義者と、感情を規範にする肉食拒絶者がいるのだと思っている。

300 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 15:15:26
人間は欲望で発展してきたからなあ。
限りなき欲望でここまで発展してきたが、ベジタリアンは欲望で発展してきた人間の余裕の産物じゃね?
貧しかったら、そんな思想は出てこないような気がする。

301 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 18:00:36
動物の肉を食べる欲望はマインドコントロールによって作られたのでしょうね。
目の前に犬や猫や牛が歩いているのを見て、殺して食べてやりたいと本当に
心の底から思いますか?

302 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 18:35:35
>>301
過去スレを読んだか?
現代日本では、すでに殺され解体された肉を食っている。
つまり日頃から口にしている肉と、殺される動物とは必ずしも一致しない。

というか骨のない魚とか、なんだありゃ。
実に人間本位だと呆れるしかないや。

303 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 19:09:09
>>301
302が言うように、遡って一通り読んでから質問してくれ。


304 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 00:00:13
>>301
確かに人類が一切の食肉の記憶を無くしたら
再び動物を殺して肉を食べようなどとは思わないだろう

305 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 01:01:39
早晩、また誰かが食い始めるよ。

306 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 01:01:41
命を奪われる動物をかわいそうだと思うなら
植物の命も大切にしなきゃ


307 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 01:47:21
荒らし・誹謗中傷・板違いスレッドが設立された場合、レスはつけないで完全放置して下さい。
無視できない場合、荒らしと同類項と見なし、レス削除します。
削除ガイドラインに違反している場合は、所定の手続きに従い削除依頼を
削除要請板もしくは削除整理板に提出します。
重要削除対象や警察に相談中の方は削除要請板に提出して下さい。
削除依頼が出された場合、権限の与えられた削除人の裁定により、
スレッド又はレスの削除・停止・移動の措置が取られることがあります。
哲学スレッド削除:http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku/1101536556/

308 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 02:32:39
>>306
またでたよ植物厨

309 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 02:43:45
この前通りがかった花屋でのことですが、大きな文字で店の名前が書いてあるエプロンをしたオバちゃんいました。

そのオバちゃんが、なんと無道さに可愛いお花を切り刻んでいました。

ハサミのチョッキん・チョッキんという音が、とても残酷に聞こえて、
「あんなに可愛い花にも、ちゃんと命があるのに、エプロンオバちゃんは痛みを感じてくれないのかしら」と、
とても非情なことだと感じてしまいました。

いくら「それはたかが花ごときのことじゃないのか?」(これも植物ですよね?)とはいえ、ハサミで切り刻まれて痛そうだったし、素敵なお花がかわいそうです!

310 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 03:16:28
お花は生殖器です。チョッキン、チョッキンされたいですか?

311 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 03:20:39
無知だな。長生きさせるためには余計な葉っぱは切り落とした方がいいのだよ。
葉っぱは人間の腕とは違う。

312 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 04:11:38
生きるために食う

313 :19:2006/09/18(月) 06:19:25
食べる前に飲む!

314 :(´・∀・`):2006/09/18(月) 06:24:54
>>306
植物に脳はない。つまり植物に意識はない。意識のない生物に
痛覚はない。つまり植物を食べるのは悪ではない。
脳死患者から臓器を取り出すのと一緒。

315 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 06:29:09
ハラミは安いしうまいよ。牛の横隔膜だけど10年前に俺が発見したけど
機械的唯物論で話題になっている羊の脳ははっきり言って旨くない
けど、臭くもないよ

316 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 06:34:17
サルの脳みそはどうなのか?
たまに見るけど、スプーンですくって食べるのか。
なんとなくグルグルにしてやりたいけどな。

317 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 06:35:59
>>314
ニボシは子鰯だから脳があるので、ダシを取ってはいけないけど、
ワカメや椎茸はダシを取っていいということか?鰹節もダメか?

318 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 06:40:48
>>317
それはうまくないよ

319 :(´・∀・`):2006/09/18(月) 09:46:22
>>317
脳がない生物、あるいは死肉ならば食べてもいいだろう。
意識がある生物に苦痛を与える事は悪だ。

320 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 10:18:05
植物人間は医療費の無駄だから殺してしまえの議論に通じるような気が汁。

321 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 16:23:38
魚には痛覚が無いからおk

322 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 18:23:48
無痛覚の人も殺してOK   か?

323 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 18:42:15
>>319
結局普通の人々が手にしてるのは捌かれた後の死肉。

実際殺してるのはそういう業者の人たちで、自分らは死肉を食ってるからオッケーです。
って結論にもなりそうだ。
こうなると最も卑怯な態度じゃぁないか。

324 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 19:03:46
>>323
そうだな。

ここで「屠殺するのは人間、そいつが悪」となったら、
「食肉する動物も、結局は悪」になるな。

ちなみに痛覚云々いってるヤツらは、
自分の想像を超える(もしくは他人の押し売りを超える)ことが、
この世には存在しないと思っているんだろうな。
人間は万能じゃない、ということから知ろう。

325 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 19:04:41
アボガボをスライスして、わさび醤油で食べるとまぐろのトロの感じw


326 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 19:13:07
サメは悪だぜ

327 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 19:14:03
サメはだだぜ

328 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 19:17:02
蘭行だな

329 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 19:26:10
不可思議如来光

330 :(´・∀・`):2006/09/18(月) 20:05:49
>>323
勿論そう言いたいわけではない。間接的に殺害に加担したものも悪を受ける。
まあ直接殺すよりは悪が小さいが。


331 :(´・∀・`):2006/09/18(月) 20:10:40
悪は避けられない。それはその通りだ。人間の原罪というものだろう。
しかしだからと言って何をやってもいいわけではない。
できるだけ悪が最小になるように努力向上すべきだ。
それが創造主の願いだろう。

332 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 20:57:36
善悪なんてのは人間の都合の産物だ。

ここで一番考えなければならないのは「必要」だということがよくわかった。

333 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 20:59:27
いや、つまらんことを、と思ったが、非常に勉強になった。
ある意味生きるうえでの最大の収穫だよ。

大げさじゃなく、マジでそう思っている。

334 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 21:02:50
>>333
>>1へのレスかね? もう居ないようだが。

335 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 21:13:09
>>314
つまり、意識の持たない動物を作り出せと?

336 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 21:18:02
脳みその無い肉を作り出せばいいんだよ

337 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 21:24:20
>>330
>まあ直接殺すよりは悪が小さいが。

これが323の言う「最も卑怯な態度」じゃないのか?

338 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 21:38:34
まあ悪いと思うことをランク付けしてるから>>323>>330は同じレベルで語ってるよね。
興味あるなあ〜悪事ランキングw

339 :(´・∀・`):2006/09/18(月) 21:41:31
>>335
意識は直接観測はできないので、脳のない生物をな。

340 :(´・∀・`):2006/09/18(月) 21:42:58
>>337
卑怯とは何だ?1人殺しても100人殺しても一緒だという危険な思想こそが
最も卑怯ではないか。トサツ業者は一般人よりも悪人である。

341 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 21:46:40
323が直接手を汚さず恩恵だけを被ることを卑怯だと言っているのは容易に読み取れるが・・・

342 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 21:53:16
確かに俺も肉を食うけど
自分の娘が屠殺業者と結婚するって言ったら反対するな

343 :(´・∀・`):2006/09/18(月) 21:57:58
>>341
私は他人にトサツさせて肉を食べることを肯定していないし肉を食べてもいない。

344 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 21:59:17
>>340
そう思うのならトサツ場にでも乗り込んで止めればいいのに。
少々大変ではあるが、現実的に不可能なことでもない。
>できるだけ悪が最小になるように努力向上すべきだ。
だろ?
君は傍観者を続けるだけ。
いや、傍観だけならまだマシ、傍観+断罪で他人を外部から悪人と罵るだけ。

イジメられてる者を見ても止めることもせず
「いじめてる奴が悪いんだ」と空念仏を唱えることしかできない無力者さ。

345 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:00:53
とある国の小さな村があります。この村は異常気象の影響で、
山崩れや橋の倒壊などで隔離されてしまっています。すべての
食べ物は大水の影響で流されてしまいましたが、幸運にも
ここに一頭の牛だけが残っています。


ここも共産系ニヒリズムな破壊スレですか。

この牛を食せばこの急場をしのげる事は間違いありません。



346 :(´・∀・`):2006/09/18(月) 22:02:21
>>344
私がトサツ業者を手にかけてしまったら意味がない。
恨みによって恨みに報いず

347 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:04:57
>>346
説得をはじめ、止める方法はいくらでもあるだろう。
やらない言い訳を探すな!悪と思うなら止めようとしろ!

348 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:06:23
牛の気持ちなんてどうでもいい

349 :(´・∀・`):2006/09/18(月) 22:06:54
>>347
説得して辞めるわけがないだろう。向こうも家族の生活がかかっている。
それは分かっている。だからこうして消費者から説得しているではないか

350 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:09:38
脳死患者の臓器は抜いて良いと言っている奴に説得されるバカはいない

351 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:10:37
>>1
>屠殺場の壁がガラス張りだったら、人々はみな、ベジタリアンになるでしょう。

慣れてしまえば生きた牛を見ただけで「旨そうだ」と言うようになるだけだと思う

352 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:14:58
>>349
君がトサツを悪とみなすならそんな者の生活なんて関係ない。
破壊してしまえばよいではないか。
(自分はもちろん悪とも思ってないが)

ノウノウと生活を送ってる悪の根源を止めずして、
(>トサツ業者は一般人よりも悪人である。
のだろう)
消費者を止めようとするのは順序が逆だろう。

353 :(´・∀・`):2006/09/18(月) 22:19:54
>君がトサツを悪とみなすならそんな者の生活なんて関係ない。
破壊してしまえばよいではないか。


仏教・キリスト教ではそういう考え方はしない
ウンコ投げ競争に参加するものもウンコなのだ

354 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:26:48
>>353
やはりイジメの傍観者か。
仏教・キリスト教の正義の為に自分の正義を持てない生ける屍だな。

しかし
>ウンコ投げ競争に参加するものもウンコなのだ
には同意しよう。
だからこのウンコ投げ競争から俺は降りる。バイバイ(´・∀・`)ノシ

355 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:43:24
早く吉野家の牛丼を食わせろ。
話はそれからだ。

356 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:43:55
>>351
口だけでなく、自分で慣れてみればいいだろ。なぜやろうとしない?
やろうとしない理由を考えてみろ。

357 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:50:58
極論すれば、人間は他の動植物と同じ地に住むにもかかわらず、
彼らの尊厳を無視し公害の元となっている。

 >>1の信仰を持つものは自殺するのが正しいね。www




358 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:52:51
>>356
めんどくさいからだろ。
他にいくらでもやることあるのに食なんかにこだわってられるかw
エネルギー補給出来れば肉でもサプリでもなんでもいいんだよ。
ああオレは351じゃないんで答えは別かもしれんが。

359 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:55:15
サプリだけで生きることになったら、比喩じゃなく味気ない人生だな。

360 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:58:54
>>352
手段を選ばなければ、その行為すら悪になる。
その破壊行為が、彼らの生活の破壊か、それとも人生の破壊か。
自分の考えを貫くのはかまわないが、未来のことを考えられなければ
ただの「自己本位で他人を不幸に陥れる殺人まがい」。

ただ説得をするのは、不可能ではないと賛同する。
むしろ屠殺を悪とするなら、
その行為から人間を脱却させることは、善にはならないのか?

361 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 22:59:19
田舎の親戚のジジイが自分の牧場の牛のケツを撫で回しながら「最高の霜降りだべさ」と言って満面の笑みを浮かべていたのを思い出した。

362 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 00:56:10
動物たちについて深く考えて食事します
大量生産して大事なことが抜けてるね
自分で殺した家畜をだべているインドの生活のが日本より健康的だなぁ

363 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 01:24:05
だから、サーロイン、テンダーロイン、フィレだけをクローン生産しろ!

364 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 01:47:24
>>357
何故極論するのか?

365 :19:2006/09/19(火) 03:04:03
極論すると

肉ではなく、タレがうまいのかもしれない

ということだな

366 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 03:40:37
鶏絞めて食ったことないのか?
残さず食べなきゃとは思うが、
もう動物を殺して食べるのはやめようなどとは思いませんでしたね

367 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 04:20:16
肉は旨い、ブタを見ると旨そうだと感じる、と言ってる奴は、
しょう油や味噌、塩こしょう砂糖一切無しで食えばいい。
肉食い肯定者は、肉が旨く味付けされているから旨く感じる
ということさえ知らない。自分では手を汚さず、テーブルの上に乗った
調理された完成品の肉料理しか見た事がないからだ。

368 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 04:26:19
>>365
いいや。
サーロインは、ウスターでも、きのことたまねぎとワイン煮込んだ特製ソースでも、
おろしポン酢醤油でも、例外なく旨い。
たれが旨いのではない。

369 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 06:09:15
文化は欲望と無駄なことで発展していくのかもね。
包装なんてそんなに必要じゃないけど、贈り物なんて木乃伊より厳重にして供される。

しかし地球の自然を勘案してどうも限界に来たんじゃね?ということなんだろうか。
これからは必要ということも考えなければならないかも。

ベジタリアンの主張を意味づけようとする理屈にも役立つものがあるかもしれない。
わたしはあまり肉食はしないが、肉食を全面的に否定しないし、またできないと考えている。

真偽はわからんが、樹木の伐採とか自然への過干渉が自然への脅威となっていると主張する人々がいる。
資本の可能性開拓によるガキの化粧や整形のような極端な無駄のようなものが食事情にも存在するだろう。
マスコミはそういった現象を煽り、そしてまた批判する。
マッチポンプだよな。
先日ニッテレが、小さい子供たちにエロカッコいいとかいう主題で踊りのコンテストみたいなことを放送した。
この局はロリコンの異様さを繰り返し報道している。
ジョンベネ事件にしても、言っては悪いがあの気持ち悪い幼女に魅力を感じる人間も出てくるかもしれない。
無駄にまで豪勢な食事にふれて食いたくなる欲望を煽るかも知れないように。

たしかにベジタリアンの主張には無理が多すぎるが、それを裏付けようとして調べたことには価値があるかもね、と思った。

370 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 06:47:52
1の主張はともかく、意外と多面的なことを考えさせてくれる良い主題じゃないだろうか。

371 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 06:57:44
美味しく食べようとすることを否定はしないよね。
その食材を理解し、どのように捌き、どのように味付けするのかは、おおげさに言えばその文化によるのかもね。

372 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 07:29:54
工場で圧縮パック、冷凍保存が文化かね。
もはや動物の命の価値は化学記号にすぎないほど低下した。
現代では、動物の肉は電子部品だな。人間や動物を石ころ
と同じように見る現代はおかしな時代だ。

373 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 07:58:28
食品工場ではフォークリフトで運ばれてきたセメント袋をカッターナイフ
で切って、40キロの調味料のパウダーの塊を巨大な混練機にドドドーっ
と入れてんだよ。ベルトコンベアで流れてきた食品をオバチャンが素早く
取って箱詰めにする。工場でパソコンのネジを回してるのと変わりない。

374 :19:2006/09/19(火) 09:34:23
がんもどきがちっとも雁に似ていない件

375 :19:2006/09/19(火) 09:37:21
良く考えたら雁を食べたことがなかった件

376 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 11:17:56
>>372

つ湾岸戦争

377 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 11:38:01
誰か、昨日吉野家の牛丼食べた人いる?
味は変わっていないのだろうか。

>>372
人間はともかく、動物を石ころと同じように見るのはデカルト以来の伝統では。

378 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 12:05:16
牛、とくに牛丼は嫌いだな。

それはともかく動物を石ころみたいに見ることもたしかにあるな。
人間が虫けらと同じだと思うこともある。
知り合いが焼ソバ屋やっていたときに、寒い時や雨の時は客足が伸びないと言っていた。
この時に、ああ虫けらみたいだなと思ったよ。

あまり関係が無いが。
ケーキ屋は商売するところで甘みを調節するそうだ。
労働者街なら甘く、サラリーマン層が多ければ甘みは少なく、というふうに。

非常に現実的だよな、人間の味覚や行動は。

379 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 12:47:54
大量消費の時代だからなあ。
それを賄う現実的要請だよな。

人間が知性をもって一般的動物を支配してからいろんな乖離が始まったんじゃね?
肉食の過程は一つの象徴にしか過ぎないんじゃないのかなあ。

大量殺戮なんてのは良心の呵責なくできるようになってしまったのと軌を一にしているかもね。

食肉は現在の構造の中に食い込んで排除ははなはだ困難だが、生命を食らっている人間はそのことを意識することは必要だろうね。
人間の生命を大量に奪う可能性があることとは具体的にはどういうことかは認識されるべきだろうし。

人間の死に対する感覚がおかしくなっている現在、なおさら必要だろう。

380 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 21:48:18
>>373
たしかにその2つでは、人間が行っていることは同じだが、
果たしてその産物が同じと言えるのか?

もともと無機物と有機物を比べられるのか?別次元のものなのに。
変わらないのはベルトコンベアや人間の動作だけ。

もしくは、人間の価値観が変わっただけ。

381 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 00:10:18
食べられることもなく捨てられていく肉が毎日何トンも出る
何百頭の牛は無駄死に

382 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 01:07:41
>>381
作戦失敗の兵隊さんに比べりゃ有意義かも

383 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 03:55:36
経済性とか効率が問題だからなあ。
嘆いている間に取り残されてしまう。

わたしたち人間は動物であることを無意識に忘れようとしているのかもね。
死からも動物を食らって生きているという現実からも遠ざかっていこうとする。

いただきますの意味をかみしめるべきなんだろうけど、日々の戦いに身を晒しているとそんなことを気にしている暇も無い。
それでも感謝という気持ちがある人と無い人は違うような気がする。
オレも毎日線香をあげて先祖や世話になった人に感謝の意をささげるようになった。
無神論者の唯物論者だけど、感謝すべき人に感謝すると自分が幸せになれる。
同様にいただきますと食事に供される生命を考えると、自分を相対的に理解できる気がしてくる。
己惚れるな、おまえも動物なんだとか、生きていることをありがたく思い、そして生きるために戦わなければならない、というふうに。

384 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 04:17:01
1の考えは感情的すぎと思えるが、それでも生きることをオレに考えさせる叩き台には十分になった。
そして1のように考える人間を排除したら、動物としての人間が生きるということがどういうことかをオレは考えないだろう。

社会は一様な考えで染まるべきではないのではなかろうか。


385 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 04:27:55
人間は矛盾の塊だ。

386 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 04:57:28
国道16号線を走っていた時、赤信号で止まって前のトラックの隙間から
見えた牛と目が合った。大きな瞳がすごく潤んで見えた。。
それから16年間肉は食べていません

387 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 05:48:13
食肉を人間に止めさせるだけの根拠はなかったな。

一部の人の感情に基づく極悪扱いは間違っている。
わたしたちはやはり<いただきます>と感謝して、いろいろなことに思いをいたす必要はあると個人的には理解している。

388 :19:2006/09/20(水) 05:53:50
リサイクル牛100%

389 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 06:06:25
殺人犯が被害者の分まで一生懸命生きますって言ってるようなもんだ

390 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 06:30:08
>>387
一部の人の感情ではないだろう。動物を殺す事に罪悪感があるのが
普通ではないか。その罪悪感に目をつぶって感じない振りをして
食べているのだ。この罪悪感は、不必要な殺生や自然破壊や動物が
絶滅しないようにと考えるバランス感覚を生み出すので、
大事な感情だと思われる。君が哲学をやっているなら、そのような心の
動きを誤魔化さずに、内省的に考えるのが重要ではないか。
経済と薬理学の根拠だけで、物事を判断するならば、哲学など必要
ないだろう。君は、カネと生化学の価値観に全ての価値を還元している
が、そういう事ならば哲学の出る幕もない。

391 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 06:59:24
youたち、最先端のバイオテクノロジーを駆使して植物人間にしてもらいなYO

植物の主だった特徴、大量の緑色体あり。
太陽の光を電気や化学エネルギーに変換可能。
大気中の二酸化炭素と水分から糖類を合成する。
水の分解過程から酸素も生産できる。

392 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 08:11:55
>不必要な殺生や自然破壊や動物が絶滅しないようにと考えるバランス感覚を生み出す

それは食肉を許容する人たちによって散々述べられている。

>君は、カネと生化学の価値観に全ての価値を還元している が、そういう事ならば哲学の出る幕もない。

為にするデマは止めようよ。
わたし自身は肉食はあまり好まないが、現在の世界の社会構造上肉食は合理性があると言っているだけだ。
カネは必要だが、振り回されたくないし、全ての価値を還元しているのならば金儲けに奔走するよ。w

わたしは人間とその社会を理解して、その上でどのように行動すれば良いのか考えたいだけだ。
意識の不思議、精神の不思議、そして人間が背負う業のようなものを感じて自然の不可解さに佇んでしまう。

ただそれらと食肉の必要性はまた違う問題だ。
わたしはわたしの価値を実現するために行動している。
わたし自身は肉は好まないが、肉を好む人とか食べざるを得ない人を感情で否定しようとは思わないだけだ。

393 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 08:21:43
わたしは必要性という観点から述べている。
善悪という観念はとても有効で必要なものだとも理解している。

ただし場合によってその観念の無条件の適用は過つものだと理解している。
殺人は無条件に悪いわけではない。
不戦とは相手があることであり、北朝鮮のような国は日本が米軍を追い出し自衛隊を解体したら確実に攻めてくる。
残念なことに必要があれば戦争も殺人は必要なのだ。

わたしたちは精神性を高めることは結構なことだと思う。
しかし同時に動物なのだ。
この矛盾を抱えながら人間は生きていかなければならない。

食肉に直接かかわらざるをえない人間もいる。
田舎や牧畜民には食肉が多くの場合必要なのだ。
そのことを忘れて可哀相と1のような思想を押し付けるのもまた迷惑で傲慢なことではないだろうか。

394 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 08:28:19
>>390が過去スレをまともに読んでいないことは明らか。

395 :19:2006/09/20(水) 08:32:05
外で食うとうまいんだよ

396 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 10:59:09
なんかもう似たような話の繰り返しだな。

食肉反対派は嫌味しか言えなくなっているし。w

397 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 11:05:37
哲学の話としてしてないからな。
理知的に語れる菜食主義者は=肉食否定というわけじゃないから議論にもならないのであろう。

398 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 11:41:04
しかし肉食肯定派は全く論理的ではないよね。ただ欧米流の生活に
日本人も適応する事が現実的だと言っているだけだ。哲学が全くない。

399 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 11:42:07
荒らし・誹謗中傷・板違いスレッドが設立された場合、レスはつけないで完全放置して下さい。
無視できない場合、荒らしと同類項と看做し、レス削除します。
削除ガイドラインに違反している場合は、所定の手続きに従い削除依頼を
削除要請板もしくは削除整理板に提出します。
重要削除対象や警察に相談中の方は削除要請板に提出して下さい。
削除依頼が出された場合、権限の与えられた削除人の裁定により、
スレッド又はレスの削除・停止・移動の措置が取られることがあります。
削除ガイドライン:http://info.2ch.net/guide/adv.html

400 :19:2006/09/20(水) 12:24:35
荒らすなボケ

401 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 12:49:49
全く質の悪いジョークだ

402 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 14:52:59
お前ら、なに言ってんだ?
昨日、吉牛食ったけど美味かったぞ!

403 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 15:35:45
利己的に生きることの何が悪いのですか?

404 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 15:47:49
>>403
まず牛丼食ってから考えてみたらwww

405 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 16:14:03
旨いか?牛丼。
オレは美味しいと思ったことが無い。

406 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 16:23:12
>>403
つまりみんなが利己的に生きると、他人の利己性もキミに害となってふりかかってくるのだよ。
てなわけでキミの利己心などぺしゃんこにされてしまうわけだな。

407 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 16:26:42
ここまでレスを読んで植物には脳が無いので意思も苦痛も無い、だから喰っ
ても良い、とする菜食主義者の主張に僅かな反論しか無かったのはそれを
検証しだすと議論にならないからでしょうか?
菜食主義者の方達に質問ですがもし将来植物にも意思や苦痛があると証明
されれば、生き方をフルータニアンにまで徹底されるのでしょうか?
長年の疑問なので答えを知りたい。

408 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 16:32:16
牛丼食べるときも、牛の姿思い浮かべれば涙が出るぐらい美味く感じる。

409 :19:2006/09/20(水) 17:01:54
ドナドナド-ナ ドーナー 牛丼ウーマーイー

410 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:08:49
>>407
たとえ植物に意思や苦痛があろうともそれは人間の目には見えるものではないから
これからも生きるために植物を食べ続けるであろう
つまりなにを食うか食わないかは、その食べ物が残酷か残酷ではないかという人間の根本的な感情である

411 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:10:16
>>406
牛肉食ってると、牛の利己性がオレに害となって降りかかってきますか?

412 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:11:01
見た目ですか。w

413 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:12:44
>>407
動物ダメなら何で植物はいいんだ、ってのは本当に知りたいことではないからだよ。
単に菜食主義者の矛盾点を指摘したいだけ。
意識や痛覚だけの話として反論来るのも想定内。

予定調和過ぎて詰まらないんだろうな。

414 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:13:45
基本的には自分に近いもののほう感情移入しやすく、仲間と認識されやすい
植物<動物
爬虫類<哺乳類

415 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:14:09

「ピクッ」って来ちゃうから、いやぁ!!

416 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:14:45
植物は血を流さないし涙も流さないし叫ばないし逃げることも無い
植物は食べ物

417 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:17:28
ドナドナドナド-ナプルコギハーウースー

418 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:17:32
子猫を殺したら大問題になるのに
雑草の大量虐殺に抗議する人間がいないのは何故か?
植物云々いってる奴はまずそれから考えろ

419 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:18:11
ドナドナドナド-ナプルコギハーウースー

420 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:22:27
>>410
これはこのスレの菜食主義者の意向として大体あってる?
だとすれば時間の無駄でした。
菜食主義者は肉食者を説き伏せるのは無理でしょう。
肉食者が動物に感謝するきっかけにでもなればまだマシですが。

421 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:23:30
>>418
そういうこと言っちゃダメだぞ?
社会的認知の問題にするのであればこのスレ自体が無意味になるw

422 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:25:34
>>420
こんな時間帯でそれは早計だろ。
回答が聞きたいなら1−2日待つんだな。

423 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:26:04
420です。
レスがおそすぎました。

424 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:33:31
423はつまり私が書くのが、ということでw
>>413
いやそれが1番知りたいことじゃないでしょうか?
それ以外の論点って何?

425 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:35:21
>>407
菜食主義者にはフルータリアンもいればヴィーガンもラクトベジもポウヨウベジもペスコベジもUSPベジもいます

426 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:38:05
脳みそ食べるとデロデロになるぞ!

427 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:38:07
>>424
雑草を刈るように子猫の頭を刈れるるあなたには
どんな説明をしても永遠に分からないだろう

428 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:41:17
>>424
そうゆうのは卑怯だとおもいますが?

429 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:44:05
428は>>427のまちがい
何度もすまん


430 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:48:34
牛の脳みそって食えるのかよ!

431 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 17:59:36
>>427

引かれ者の小唄って知ってます?

432 :413:2006/09/20(水) 18:13:22
>>424
肉食をしていれば大抵は同時に菜食も許容している。
だから植物を食べることにさしたる疑問も抵抗も無い。
問題は何故菜食はだけ良いのか、ではなくて何故肉食を拒絶するのか、ですから。

主義者を論破するだけの問答など不毛ですから、敢えてそこは突っ込まないのだと思います。
>>107にも私のレスがあります。

433 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 19:02:21
>>432
主流はそこでしたか。
難しそうなので、よく考えて参加できればそうします。
お騒がせスミマセン。

434 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 19:28:51
魚が嫌いで肉ばかり食べている人と魚好きの人との違いを
性格で見るとよく解るw

435 :19:2006/09/20(水) 20:16:58
大トロばかり食ってるやつはたいてい金持ち

436 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 20:19:43
>>401だが・・・>>400は意味をわかっていないようだな

437 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 20:38:33
>>1 の主張についてだが、
「動物を食うな」じゃなくて「動物を残酷に殺すな」なんだろ?
寿命で死んだなら食ってもいいんじゃねえ?
事故で死んだなら食ってもいいんじゃねえ?

「食うな」って言ってる>>1は、
罪悪感を感じて、または気持ち悪くなって、
「食いたくない」と思ったんじゃないのか?

438 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 20:53:55
殺すことを目的に飼うな、ってことじゃないのか?

439 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 22:13:19
例えば
人間より強い異性人が地球にやってきて
その異星人の好物が地球人だったとする

異星人は生の尊重よりも、効率優先で
人間を小屋に閉じ込めて、家畜扱いする

人間は宇宙人に対してこう思う
「なぜこんなむごい仕打ちをするのか
私たちが外を歩いていて、君たちに狩猟されるのならまだ文句はない
ただ、私たちが生活しているこの環境は何だ
昼も夜もなければ、身動きする事も出来ない
多くの仲間達が狂うような小屋で生活させ
そして私たち人間を、生きたまま殺す
君たちに情というものはないのか?私たちはモノじゃない!」

それに対して宇宙人はこういう
「何を言ってるんだ。君たちも牛や豚にこれと同じ仕打ちをしてきたじゃないか
上位者が下位者をどう扱おうが、それは上位者の自由である」

さて、それに対して人間は、なんと言うのだろうか?なにを思うのだろうか?
人間が屠殺を正当化する為に言ってきた詭弁を、宇宙人にそっくりそのまま返されたら
人間は果たして、どう答えるべきなのだろうか?

440 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 22:21:13
徹底抗戦あるのみ。

441 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 22:23:24
どう答えようと、されることは同じだろう?
そもそも意思疎通できる時点で、たとえ間違い。

442 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 22:27:30
>>439
そのような生死に関わる非常事態に、家畜に思いを馳せる余裕などない。
自分が助かりたい一心に決まっているし、それを非難することなど出来ない。

443 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 22:27:31
人間の言葉は宇宙人には通じず
人間が宇宙人に対して思った台詞は
人間を家畜扱いするのはよくないと言ってるベジ宇宙人が
肉食べる宇宙人に言った台詞だと言う設定だよ

言葉による意思の疎通が出来ても、情は沸かない宇宙人という設定でも
よかったんだけど、この設定だとすこし分りにくいかと思ってね
いくら牛や豚と言葉は用いないけどある程度の意思の疎通が出来る人間だといってもね

444 :肉大好き:2006/09/20(水) 22:28:22
おっと名前付け忘れた
俺は肉大好きです

445 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 22:30:35
>>439
人は黙って彼らの食料になるのみ。この構図は揺るがない。


446 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 22:33:07
そうでなきゃ、人が宇宙人を殺すしかない。


447 :肉大好き:2006/09/20(水) 22:35:03
家畜として完全に管理されてるから宇宙人を殺す方法もチャンスもないんだよ

448 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 22:43:51
設定設定って、
お前の好きなようにつくってるだけじゃねぇか。

たとえでも何でもねぇ、空想だ。

449 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:00:24
タブーの感覚が無くなってきているのかな。お金を払えば何でも
やって良いんだという感覚に日本人もなってしまった。前にも書いたけど
東南アジアの貧しい地域の子供達が、自分の内蔵や眼球を日本人に売って
暮らすようになるかもね。慣れればかわいそうとは思わなくなる、と
言い出すんだろうね。

450 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:04:49
>>449
前にも書いたけど、それで何か不都合があるの?

451 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:10:53
肉を食べるなとは言わない。個人の自由だからだ。
だが感謝はするべきだと思うよ。とても私事になるが旅行好きなんだが、海外に行くと動物を殺す場面に遭遇する。人生観が少し変わった。


452 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:11:37
すれ違いだが、
タブーという言葉ほど哲学(板)に似合わない言葉は無いと思った。


453 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:20:08
肉を喰いたいなら自分で育て、自分で殺せ、ということなら抵抗を感じると
思いはするが、それ以外方法がなけりゃ私はそうするでしょう。
でなけりゃなぜ肉食が続いてきたか?確かに植物を収穫するのに抵抗は感じ
ない。だがそれは人間側の感情から生まれた格差でしかない。
タレントの人気ランキングと同じ様な格差だろう。
生命の処遇を人間からの殺し易さ/難さで決めるのは酷い事では無いのか?
一切の殺生なしでも人は生きられそうだ。(フルータリアンその他)
だがここの菜食派でそうでない人たちは植物を殺している。
少なくともその人達は肉食者を咎める権利が有るとは思えない。
1の様な感情論意外の肉食者説得も有効な物は見つけられない。
すみません何度読んで考えてもこれぐらいしか書けません。
感情論意外(環境の事とか)でしか話が進められないと思うのですが。

454 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:24:28
何故感謝しなければいけないのか?理由はあるのか?
金を払ってるんだから感謝する必要など無い

455 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:26:06
>>453
日本では長く牛や豚を食ってはいませんでした
野蛮な白人が食っていただけです

456 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:26:22
>>451
自分はそこでも「感謝する"べき"」とは思わない。
感謝するかしないかもその人によるから。

ただ、そこで感謝しないような人間と付き合いたくはないけどね。

457 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:30:02
私は肉を食うような人とは付き合いたくないな

458 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:30:54
>>455
453です。
魚や貝なら”良い”?
それに日本人だけが改めればいいの?

459 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:33:39
>>453
なぜ抵抗を感じるのに殺すのか

460 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:39:34
>>457
うん、だから反感を抱くもの同士が付き合わなきゃいいんだよ
「みんな仲良く」というのが絵空事の理想論なんだ(嫌いじゃないけど)

461 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:39:54
>>459
食欲からです。
もし殺せなければフルータリアンになります。
命に格差を付けたくない。

462 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:42:58
>>461
命に格差をつけていない人など殆どいませんが
そういうのを偽善と言います

463 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:43:24
なぜ感謝する必要があるのか?
それはなぜだかわからない。ただ自分の経験上そうしたくなったんだ。いくつかの国でそういう体験をしたがみんな食べる前に感謝の儀式(儀式とは言い過ぎかもしれんが)をしている。
何事も経験だ。頭で考えるより、体験し感じてみることが大切だと思うよ。

464 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:47:34
>>462
偽善でも誤魔化して植物なら殺して良い、
とするよりマシじゃないでしょうか?

465 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:51:20
大いなる自然に感謝し、今日もお肉を頂きました。

これでおkですか?。


466 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:55:23
>>464
残酷だと思う気持ちを誤魔化して動物殺すよりマシじゃないかな

467 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 23:58:10
>>465
良い悪いじゃなくてさ…

何言っても無駄なんだな、なんか俺も悲しくなってきた。

468 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:00:50
>>467
よいとも悪いとも言ってませんが何か?。

心のスタンス、人と世界との立ち位置を言っているのだが・・・w


469 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:02:25
>>466
それは植物の意識を感知出来ないから
植物に対し残酷だと感じないだけで感じるならば動物と同じでしょう。

470 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:05:12
>>468
これでおkですか?

って言ったからこれでいいんだろ?って意味だと思ったんだよ。

471 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:06:39
>>286でも書きましたが、植物は生命力が非常に強い方だと思います。
果実が食べられることを前提として、動物でいえば卵であるところの種子をそこに入れているのですから。
傷付けば組織液で修復を試みたり二次災害を防ぐことをするわけですし、もしかしたら捕食されるときに逃げないことも逞しさなのかもしれません。

ところで私は精神分析を修めていましたがユング先生のシンクロニシティに共感できずに哲学の門を叩いた者です。
(当然、フロイト先生の夢分析も)
ですから全人類共通の観念というものは認めていません。
菜食主義は肉食が当然になったからこそ湧き起こる反作用と捉えています。

472 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:07:16
>>469
だから植物を殺すことは残酷じゃないってことじゃないの?

473 :471:2006/09/21(木) 00:10:54
っと>>471は、植物に意識はあるか?痛がるか?拒絶しているか?についての自分の考察です。

474 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:11:04
>>465
感謝して食べます。おkですか?
って何者に「おk?」と尋ねているのか。

大自然にか?殺された動物にか?神にか?
世界の卑小な道徳律に、だろう。

感謝している、だから私は許される──

475 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:13:20

牛だぁって〜 ブタだぁって〜 ニワトリだぁって〜

みんなみんな 親子がいるんだ 家族がいーるんだ〜



悪魔が人間をでかい釜で煮てるキリスト教の地獄絵図見たことある?
たしかブリューゲルかなんか。

あれ悪魔を人、人を家畜に置き換えればまんま現世こそ動物にとって
地獄そのものだね。



476 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:17:09
>>472
そう感じないってだけの話だと思ってますが?

477 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:22:16
>>474
そうだな、自分にだろ。

>大自然にか?殺された動物にか?神にか?
>世界の卑小な道徳律に、だろう。

そんな長い前フリはいらない。
自分がそう思い込むことで救われるから。

言っていることは同じだが。

478 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:23:19
>>476
私は残酷だと感じないから植物を食べますが
あなたは残酷だと感じているにもかかわらず肉を食うんですか?

479 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:24:21
>>474
否定論者の道徳律にだよ。w

480 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:25:11
>>477
お前が喰われる立場になればいいと心の底から願う

481 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:25:13
>>1
アリも踏みつぶさないように注意して歩こう。

それと薬も飲んじゃ駄目だよ。
細菌を殺してしまうし、動物実験もされてるしね。

482 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:28:04
>>481
薬は人間が生きていくためには必要不可欠

483 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:28:51
>>478
自分で殺してないから感じませんよ。
上の方で挙げられているトサツのビデオも観て残酷だと感じましたが、
晩飯時には忘れてました。

484 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:35:03
都合の悪いことは忘れられるなんて...都合のいい哲学だね

485 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:37:21
>>484
483ですが、植物には意識が無い、とするのは都合良くない?

486 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:40:22
>>485
そもそも意識ってなんだろうな。物ではないし…
わかんねぇ

487 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:42:57
ほらほらキミの体内の白血球がかわいいバクテリアを殺してるよ。


488 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:43:44
あーあー水掛論になっちゃってマアw
>>486
>>299にあるように、感情を規範とする肉食拒絶者がいるのです。
理屈は感情に叶いません。

489 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:45:02
動物のそれは、複雑な社会システム、上下関係、子育てなどから存在を推定することは
簡単にできるが、植物のはどうだろう

490 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:49:12
485です。
水掛論にしか持ってけませんでした。
此方から菜食主義を説得する必要はないのですが
行きがかり上。私の頭では・・・

491 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:53:53
人も死んだら切り分けてスーパーに並べればいいのにな。

492 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 00:57:53
今日は目玉焼きですね。

493 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 05:18:59
いや、1が肉食主義を説得しようとしたのですが、失敗したというだけです。
感情的な肉食拒絶というのならば、それは説得できるわけがない。
その代わりに感情的な肉食拒絶者は人間社会の肉食を止めさせることはできない。

話はそれで終わりです。
肉食拒絶は現在のところでは合理的な理由が存在しない。
それは人間全体が肉を拒絶できるほど豊かではないこと。
経済構造上肉食にかかわる人間とか産業を排除するには代替案が無い限りその実現ははなはだ困難なこと。
自然の在り方として食肉は普遍的であること。

その他幾つかのことがあるのだろうが、現実的代替案が無い限り現在の人類は食肉は拒否できないというのが現在だろう。
無論個人の水準での主義は自由でしょう。

494 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 05:22:15
焼肉食べる女性ってどんな家庭で育ったの?
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/kbbq/1148046937/

495 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 05:26:53
しかし肉食がどのような過程で食卓に供されるのかは、人間が動物であることを認識するにはいいかもしれない。
現在社会は人間の死とかそういうことから小さいときから遠ざけられているという指摘があった。
昔は人間の死を普通に身近に体験できた。

人間がどういう存在なのかを認識できたら、わたしなどはいろいろ違っていたかもしれない。
しかしその認識は適切な時期があると理解している。

現在の一部の日本の性教育のように、年齢を考えないのは間違いだろう。

496 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 05:30:13
それは人間全体が肉を拒絶できるほど豊かではないこと。

497 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 05:35:32
人間が動物であり、また肉に替わる食べ物が出てこない限り肉食は続くんじゃね?
牧畜民とかその他の食肉が必要な人間たちに代替案を出せない限り、食肉否定は死ねと言うことじゃね?

先進国の一部のバカバカしい消費は否定したい気持ちはあるけど。

498 :19:2006/09/21(木) 05:42:47
人工肉作ればいんじゃね?
カップヌードルの中の四角い肉ぐらいなら作れるんじゃね?

499 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 05:42:48
その前に犬猫他ペットを無責任に飼って、厭きたりしたら無責任に捨てる人間を無くしたいな。
近所の美人で有名なお姉さん、おしゃれな犬を飼ったんだが一年位したら面倒になって処分したそうです。
いっぺんで嫌いになりました。

500 :19:2006/09/21(木) 05:47:26
犬は後でスタッフがおいしくいただきました

501 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 06:07:35
>自然の在り方として食肉は普遍的であること。

食物連鎖として食肉が存在するということかな。
動物としての人間を認識する限り食肉の合理性はあると主張するということか。

502 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 06:12:35
赤身肉と野菜をタッブリ食ってりゃ健康。

503 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 06:15:13
真の菜食主義者を名乗るなら、自然枯死した植物だけにすべきだ。

504 :19:2006/09/21(木) 06:16:15
牛も豚も脂身は白いのに、何故ひとの皮下脂肪はオレンジ色なんだ?

505 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 06:18:01
歴史的に、中国人が詳しいと思うよw

506 :19:2006/09/21(木) 06:26:34
人工肉もうあった

おから+蒟蒻=肉
http://www.onikumitai.net/

507 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 06:29:12
無駄で過剰な食事情を知ると馬鹿馬鹿しく思う。
資本が可能性を開拓しようとしてジャリたちも整形や化粧をさせて、歳食ってからどうなるかなんて知ったことではないと食い物にする。
なに、歳食ったらそのケアとか言って違う形でカネを搾り取るよ、というのならマッチポンプだよ。

ハムスターが玩具の中で回転している姿みたいだよな、先進国の人間は。
回転させていないと経済がストップしてしまう、みたいな。

そういう構造から個人的には抜け出したいけれど難しいだろう。
竜巻に巻き込まれて放り出されるのかな、俺たち人間は。
それとも知恵で切り抜けることが出来るのだろうか。

批判は自分たちの行動を相対化させる意味で貴重じゃね?
受け容れる受け容れないは別にして。

508 :19:2006/09/21(木) 06:42:50
おから+蒟蒻=脂身のない肉
なんだよな
問題は脂身を何で作りどう着けるかだな

509 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 06:56:27
つまらない結論だが、バランスの問題なのかもね。
世界的にも一国の中でもバランスは取れていないし。

問題は山積しているし、人間と自然のバランスが取れない限り人類終焉は早まるんじゃないのかな。
肉食問題はある意味で人間の行動の象徴なのかもね。

510 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 07:15:41
>>1
どんな動物も他を殺さなければ生きて行けないのだよ
喰う=殺す 悠久の昔からの摂理です

511 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 07:21:22
>>508
脂身は要らない。

512 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 07:22:47
>>510
>>1は植物差別主義、植物は殺してもいいらしい。

513 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 07:59:03
感情としての肉食否定はわかるんだけど、現実としてはかなり難しい話だよな。

514 :490:2006/09/21(木) 10:05:00
490です。
昨夜眠くてレス出来なかったもので。
>>486 >>489
動物の意識の存在は確定してるのでしょうか。私は哲学に興味が有るだけで
殆ど読んだことがないもので。意識自体が定義されてない?

もう1つ感謝についてですが、倫理以前に捕食者として
際限なき殺戮者となり得る人間はシステム維持の安全装置としての自制を持
たなければならない。幾つもの宗教の始祖が述べている感謝とはその安全装
置の”翻訳後”の感謝という言葉ではないか。節約とゆうか。
だから私は食物に感謝します。
多少ずれた話は承知で感謝の必要の理由という事で。



515 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 10:08:18
>>491
>人も死んだら切り分けてスーパーに並べればいいのにな。

ドイツで少年を切り刻んで肉屋の店頭に並べたという話があったな。
なんでも肉に毛が生えていて客が怪しんだのでばれたそうだ。

こういうのはけっきょく感情の問題だろうね。
肉親は耐えられないし、人間ははなはだ身勝手な動物なんだけどそれは他の動物も同じだし。
小動物を玩んで殺したりする猫は自分の子供の死を悲しむだろうし。

人間もまた動物としての感情を逃れられないだけだろう。
それは善悪とは無関係だよ。


516 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 10:15:51
ちょっとわからないが、食肉否定論者の人たちは、魚や卵は問題ないのかな。
魚や卵を食べれば、栄養的には問題ないような気がする。
それと、純粋な人工肉は無理かもしれないが、そういう有機物(オキアミとか
プランクトンとかも)をうまく利用して、大豆等と組み合わせれば、味も触感も
本物に近い肉は作れないこともないのではないか。費用的にも、頑張れば
牛や豚を飼うより安くできないこともないかもしれない。
そうすれば、「哺乳類を食べるのは厭だ」という感情的な問題はクリアできる
可能性もあるのでは。

517 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 10:25:48
じゃあ、脳みそは食べていいのかよ

518 :490:2006/09/21(木) 10:35:01
514訂正
10行目
私達は食物に感謝しなければならない。
とします。

519 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 11:39:20
けっきょく人間の力がそれを意識しないと自分自身が滅びてしまうほどのものになってしまったんだろうな。
食肉否定は難しいが、自分の力におぼれないために感謝とか動物であることを人間が認識しなければならないだろう。

520 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 11:51:33
>>512
子猫を殺したら大問題になるのに
雑草の大量虐殺に抗議する人間がいないのは何故か?

521 :490:2006/09/21(木) 11:57:01
>>520
猫好きが多く、雑草好きが少ないからでは?

522 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 12:26:05
雑草好きじゃないやつは差別主義者ってわけだ

523 :19:2006/09/21(木) 12:28:36
いつかは地球のすねかじりを卒業して火星で自立するぞ!

524 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 12:31:20
二つの論点が混同されているぞ。

1.動物は苦痛や恐怖を感じるから、食べるのはかわいそう。
2.動物を人工管理して大量生産大量消費を繰り返していると、
 自然を破壊していずれ人間自身の首を締める。

2.は、植物についても全く同じことがいえる。人間は自然の一部を
囲い込んで人工化して支配している。農業とはいわば植物のアウシュビッツだ。
植物は良いが動物はいけない、というのは筋が通らない。
せいぜい「自然の人工化は、自然全体への影響を考えてやるべきだ」という
結論しか出ない。それは、科学の問題であって倫理の問題ではない。


525 :19:2006/09/21(木) 12:32:25
上原以前に野球が好きじゃないyo

526 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 12:36:41
動物と人間は同じ種類で、植物の動物に分類できるからだろ。
肉食でもない動物種が動物を食べるのは蛮行だと。

君が肉食か肉食じゃないのかはここ見れば判別できるよ
http://veganism.exblog.jp/941344/

527 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 12:37:33
>植物の → 植物と(訂正)
;;

528 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 12:40:28
農業は特定の種の保護
ホロコーストは特定の民族の撲滅
じゃないのか?

529 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 12:44:31
言い換えれば
農業は相互利用
アウシュビッツは一方的排除

530 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 12:49:03
農業は動植物の細胞がゴルジ体やクロロプラストを取り込んで強制してるのと同じ構造だろう

531 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 12:50:07
強制 → 共生

532 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 12:55:19
>>520
>>421見てもわからなかったようだな。
一般論をタテに語るなら、菜食主義なんて極少数派ということも同時に自覚しろよ。
「猫可愛いね殺すなんてヒドイよ、牛は愛らしいね牛肉も美味しい」殆どの人がこれ。
異端者が世情を論拠とするなんて自分で自分の首を絞めているもんだということ。

一般の雑食の人が、肉食拒絶を同じ論調で言えばこう言う。
「なんで? みんな食べてるのにバカじゃないの? どうして食事を不愉快にさせることを言うの?ウザい」

まあ自分に有利な話だけを論うのは主義者の得意技だけどなw
だから信憑性が無くなるってことは覚えておいた方がいい。

533 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 13:01:52
>>526
見てみた。
3番は通常食する対象であるか?
誘導尋問は論拠に自信の無い良い証拠だと思うが。

534 :533:2006/09/21(木) 13:07:25
送ってしまった。
1や2が「野生のトリカブト」だったり「学校の桜の樹」で美味しそうと思うなら菜食なんだろう。

個人ブログなんで叩くつもりはないが、その判定テストは眉唾ものだとしか言えないw

535 :490:2006/09/21(木) 13:15:55
>>522
差別と好き嫌いは別物って文意のつもりでしたが・・・。

536 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 13:22:10
>>533
君の逆誘導尋問説なら3番で毒蛙だすな(笑)
両方食用になるものなんだが。

で、動物と植物の分類に関しては異論はないみたいだな。

537 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 13:22:58
動物(従属栄養)は、所詮、植物(独立栄養)の脛かじりなんだよ。
そこんとこよ〜く自覚して、本当に感謝すべきは何なのか考えろよ。

538 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 13:25:35
判定テスト自体が疑問だ。

539 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 13:27:01
そんなこと言えば、植物だって太陽の脛かじりだぞ。

540 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 13:27:14
チンパンジーは肉食するからな。
その他にも昆虫食はいるし。
類人猿の一部は明らかに雑食で、人間も雑食だ。

541 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 13:29:09
>>539
太陽は頼まれてもないのに勝手にエネルギーフロー起こしてるんだから、
それを使っても脛かじりとは言わない。

542 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 13:31:54
植物だって、動物が頼んだから生えているわけではなかろう。


543 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 13:41:53
菜食主義者が食べる野菜は、人間が頼んで畑に植わってもらっているのだ。

544 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 13:48:43
>>540
チンパンと同レベルの思考(嗜好)で構わないのならどうぞ肉食を励行してくださいませm(_ _)m

545 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 13:49:19
苦しいな。
一旦リフレッシュしたらどうだ?

主義に基づき動物は食べるが植物は食べない!って奴はいないのかね。

546 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 13:53:15
>>544
人間が草食動物の系列だといううのは嘘だと言ってるんだよ。

547 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 13:54:15
>>540
チンパンジーがやってるから俺もやるんだっていう、
お前の考え方はサル並みw

548 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 13:54:42
>>545
極端なのは体に悪い。野菜も食べよう。

549 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 13:56:14
>>547
お前バカだろ?
人類発祥から雑食で、草食動物ではないと言ってんだよ。

550 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 13:58:46
今日は赤身カルビに大根おろし、ニンニク、エリンギ、タマネギを食べるぞw

551 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:06:06
落ち着けよ。

ベジタリアンのヒステリーによる煽りに乗ることはねえよ。w
論拠に乏しいから罵り合いにしてグダグダにしたいだけだろう。

552 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:12:04
見えなければいい、知らなければいい、というメンタリティに基づくわけだな

553 :490:2006/09/21(木) 14:12:39
>>551
確かにベジタリアンのまともな反論をもっとみたい。

554 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:13:16
1の論拠は感情だけに基づく。
けっきょく現実的根拠に乏しいことを指摘されて追い詰められて面白くないだけだよ。

肉食は現在はこれを排除するのは難しいと言っているだけだ。
それに味とか栄養とか経済構造とか解決しなければならない。

肉食を受容するか排除するのか、どちらに与するのか判断しかねている中立派を意識して議論してくれ。
もともと感情から発しているベジタリアンとやらを説得転向なんてのは不可能に近いことだから。

相手はむしろ観客だろう。

555 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:21:48
人も所詮動物。
たしかに人は無駄に動物(人も)を殺しているかもしれない。
でも結局人も動物。
どうしても一寸の魂も無駄にしたくなければ社会から逸脱して釈迦の後をおいなさい。
彼は本当に偉大な人だから。

556 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:22:03
>肉食を受容するか排除するのか、どちらに与するのか判断しかねている中立派

そんな人いるのか。見たことないぞ。
コレステロールが高いとかいう理由で個人的に「肉食を排除」しようとして
(失敗して)いる人ならいるかもしれないが。

557 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:25:19
>>552
意図的無関心

558 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:27:34
>>546
特定のチンパンジー持ってくることで人間(類人猿)が肉食であることに結び付けられるのなら
イヌイットが肉食べてるから、全人類が肉食であると証明されたと唱える以上に強引だぞ。

559 :ぬえ:2006/09/21(木) 14:27:37
まず、何が悪で何が善なのかをもっとよく考えたほうがいいね。
とてつもなく善と悪は曖昧だからね。
極端な二極化はえらいことになる。

560 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:28:47
「Aが正しい」と思う自分を疑い、その疑うことをすら疑い、大体正しいってなんだ?
哲学徒ならまずこういう考え方をするだろう。
感情を規範にする人が、そういう人に疑問視されるのは当然。
(散々考えた挙句の結論として感情優先なのであろう、と暗黙の了解をされていると思うが・・・その割に深みがない)

ぶっちゃけ議論が哲学板らしくねーんだよw

561 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:32:53
>>558
狩りをするチンパンジーは特異な例ではないよ。
もっといえば、霊長類の大本は食虫類だからね。

562 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:34:52
>>559
極悪、極善すら絶対的定義は出来ない。

563 :ぬえ:2006/09/21(木) 14:40:40
>562
絶対的定義はできなくともある程度の価値観は共有できるかも。
所詮ある程度だけどね。

564 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:42:48
>>561
だからおまえさんは、そいつら(霊長類)やその人たち(イヌイット)のように
食わないと死ぬから、生き延びたいから食ってるのかと。

キャビアやフォアグラと同じように食わなくてもいいけれども、嗜好品として
好んで食べている状態に近いのではないだろうかね。

565 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:44:49
野菜は倍食ってるけど?

566 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:46:18
歯を見りゃ解るだろ。雑食なんだよ。

567 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:46:23
>>563
善悪の正体は別として、己の行動理念は自善に基づくというのは基本的な共通事項で良いのでは。
(独善のイメージを考慮して自善としました。仏教と関連はありません)

568 :19:2006/09/21(木) 14:47:09
もりもり食べ野菜

569 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:47:47
食わなくても死なないが、嗜好品として好んで肉を食べて、
何がいけないのだ?

570 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:49:36
嗜好品として藁食っても文句は言わないから、こっちもほっといてくれ。

571 :ぬえ:2006/09/21(木) 14:51:17
>567
そこははげしく同意。

572 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:52:31
>嗜好品として好んで食べている状態に近いのではないだろうかね。

うーん、現状では一般家庭ではかなり普及しているよなあ。
選択肢として代替物で美味しくて肉くらいに栄養代価、および安いものを提供可能かということになるのかな。

それが可能なら徐々に比重が変わるだろうけど。
でも肉食を止めることで自然にはまったく影響が無いのかな。
鯨を捕らない事で鰯が減ったなんて言われているけど。

573 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:53:21
>>567
結局コスト(金銭的意味だけではない)の問題だよ。
勝手に人を殺してもいいことにすると、戦国よりコストがかかる。
大多数に人間がやってられないと感じるから、悪を設定し、罪と罰を決める。

574 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:54:10
とりあえず、高いか安いかの違いを考えてどうするんだ。"自然”を考えてるのに。
自然界に通貨はないのだが

575 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:55:09
>>570

ああ、肉食を一般的に否定できる根拠自体が薄いな・・・

576 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:55:24


577 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:56:15
>>574
わざわざ注意書きしてやってるのにアフォか?

578 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:56:48
大多数の食い物は、塩、ソース、しょう油をかけなきゃそんなに
美味しくない。

579 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:57:14
自然自体を考えたら肉食は否定できないな。

580 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:57:59
>>577
頭に血が上りやすいのか2ch中毒は。
その上へのレスだろ。

581 :567:2006/09/21(木) 14:58:48
>>571
では次に考えるべきことは善悪の価値判断でしょうね。
ここでループしてしまっている感がしますがw

>>573
アンカーミスですか?
申し訳ないんですが話の繋がりがわかりません。

582 :ぬえ:2006/09/21(木) 14:59:12
とりあえず落ち着こうぜ。

583 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 14:59:14
>>578
それこそまさに、人間の嗜好。

584 :19:2006/09/21(木) 14:59:55
>>506の人工肉だが
「津軽雪花」
なんてネーミングが地味すぎる

「バーチャルミート(事実上の肉)」
とすればもっと話題になるだろう

585 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 15:01:17
だから、肉食を否定する根拠はいろいろあるんで、分けて考えろって。

1.動物は痛みや恐怖を感じるから、食べるのはかわいそう。
 又は、功利主義的に考えて悪である。
2.動物を食べると自然破壊になって、結局人間が不幸になる。
3.健康に悪い(コレステロールが高いとか)。

2と3は科学の問題であって、倫理の問題ではない。
問題になり得るのは、1だけだろう。

586 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 15:03:53
>>580
(金銭的意味だけではない)と注意書きしてるのに、「自然界に通貨はないのだが」
とアフォを言ってるっての。

587 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 15:04:18
豆腐など植物タンパクに匂いと味付けすれば解決するんじゃないか。
たかが自分の嗜好のために動物を何匹も犠牲にしていれば心が傷むだろう。

588 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 15:07:00
>>581
内なる善も悪もコストとストレスの結果として構成されるものだと言ってるの。

589 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 15:08:14
魚も食べてはいけないのですか?

590 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 15:09:05
>>587
大豆は雑草じゃないから、大量の大豆を作るためには、多くの草食動物を駆逐するわけだ。
良い心がけだね。

591 :19:2006/09/21(木) 15:11:09
何ごとも心がけが大事だからね

http://www.onikumitai.net/recipe/index.htm
見てたら腹減ってきた
うまい肉くいてぇ〜

592 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 15:11:44
自分で手を下さず他人(エ○、○ニン等の人)によって殺ってもらってことによって
罪悪感がない(間接的)ことをいいことに(無神経になれる)、肉食いという嗜好が流行りマジョリティに。

同様に、ガチョウを虐待しているという罪悪感がない(間接的)こといいことに(無神経になれる)
フォアグラがこのまれる。

「おいしいこと」が「罪悪感」に勝るシステムが機能すれば人間はいくら残酷なことでも
無知(無神経に自分を仕向けられる)を推進力にマジョリティになりえるんだよ。

サルが人間の食べ物を覚えて暴れまわるのと童謡に人間も好きなもの・おいしい物欲しさに
暴れまわる(殺生)する。

人間(肉食い人間)はそれほど理性がないのかもしれない。

593 :490:2006/09/21(木) 15:12:16
>>585
同意。絞らないと。


594 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 15:12:41
>>586
だから自分のレスの上みろって(苦笑)
イタスギ

595 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 15:14:30
>>590
ヒント:「お前がいると人類の食料が減って迷惑だな」

596 :567:2006/09/21(木) 15:16:16
>>588
まず個人の善悪などない、という意見ですね?
では人は何を拠り所に行動するのでしょうか?
殺人を論拠としていますが、それを決めているのは誰なのでしょう?個人ではないのでしょうか?

597 :19:2006/09/21(木) 15:17:45
最近うなぎ食ってねえな
高いからな

安いバーチャルうなぎねえかな

598 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 15:25:58
>>596
個人だと言ってますよ。ただ、個人の中に突然天啓が湧いて決まるわけではないと言ってるんですが、
何か不都合ありますか?

599 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 15:29:24
>>572>>574ねえ?

600 :490:2006/09/21(木) 15:31:42
>>592
肉食者の大半はそうでしょう。
それを自覚させる論法が何故肉食者の反感を買うのか?
肉食の私も本当は反感の根拠がはっきりしない。

601 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 15:33:13
理性って感情の一形態じゃね?

602 :567:2006/09/21(木) 15:33:17
>>598
不都合は早計なことです。
前提を確認せずに価値判断だけ行っているからこれだけ収拾つかなくなっているのでしょう。
まさか「善悪の正体は別として」と先手を打っているのをそれを無視されるはずはないと思い込んでいました。
自分の主張を言いたいだけでは、意義のある議論が出来るとは思えません。

603 :ぬえ:2006/09/21(木) 15:34:27
善悪を判断するには個人の自善にたよるしかない。
社会的善悪はかならずしも個人の善悪と合致しない。

604 :ぬえ:2006/09/21(木) 15:37:40
善悪の正体って結局なんだろう?
正体なんて本当はないのかな?

605 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 15:41:21
1みて、ますます食欲旺盛になった

支配欲とかそんなん刺激されて

606 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 15:44:00
植物のコミュニケーション手段が、動物のものとはあまりに異なっているので、
人間としては、植物を殺して食べても、何の叫びも聞こえない。
実際には、ネギを切ると、一瞬にして全体に辛みを生じるように、化学物質を
使って悲鳴を上げているのだが、それをそう認識出来ないから、平気で殺して
いる。
その自覚無しに殺戮している菜食屋に、動物の代理屠殺がどうのと感性豊かな
発言されてモナー。

607 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 15:44:35
どうも理解できない。
俺は嗜好と栄養の観点から肉は平気で食べる。食べなくても死にはしないだろうが、
そんなことは気にしない。
牛や豚の屠殺現場は見たことがない(テレビではあるが)。見れば罪悪感は大して
抱かないが、気持ちが悪くて食欲がなくなるだろう。だから見たくない。
肉を食えば必然的にウンコが出るが、ウンコはなるべく見たくないのと一緒だ。
すこぶる合理的・理性的な判断だ。
これのどこに問題があるのだ。全然わからないが。

608 :567:2006/09/21(木) 15:47:12
>>598を見れば、己の正しいと思うことを人は拠り所にしているということに対する見解は同じなようです。
レスの入れ違いでズレましたが、善悪判断の湧き上がる根源を私は考えてみますね。
>>573>>603参考にさせてもらいます。

609 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 15:50:26
>>602
善悪の正体はもちろん別にしておいて頂かないと困ります。
先験的に持ってこられたらそれこそ話にならない。
その上で言ってるんですが?

610 :19:2006/09/21(木) 15:53:58
善の正体、「善」そのものの実現とは
有限な肉体(自然的傾向性)を持たない理性的存在者になること

それを目指すことは可能であっても実現させることは原理的に不可能
(そもそも実現という言葉は自己矛盾するのでこの場合適用できない)
現実に可能なのは「最善」を尽くすことまでだ

社会的善と個人的善が必ずしも合致しないというが
そこで言われているのはその社会その個人にとっての
その時点での最善のことだろう

常に普遍的でなければ善ではない

お肉好き好き おなかすきすき

611 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 15:56:16
参考までに読んでみて
http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-35.html

612 :567:2006/09/21(木) 15:57:18
>>609
前提を差し置いていきなり善悪の組成について言及しているように見えたわけです。
>>567はその段階の話ではありませんでした。
もうこの話はこれで良いでしょうか?

613 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 16:02:25
>>610
それも、相互作用により、あなたの中で構成された概念の善。。。



人類は自然に雑食なのである。

614 :19:2006/09/21(木) 16:04:09
言い換えると
善は現実に存在しない
ということでもある

615 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 16:05:51
善も悪も方便。
神よりも多少実用性の高い擬制。

616 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 16:06:39
なんだけど、無視してかかると、痛い。

617 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 16:06:40
>>607
[どういう風に]合理的で、[何の目的において]理性的判断なのか言わないと誤解されるよ。

前段読んだ限りには、ご都合主義で臭いものには蓋理論にしか読み取れない。

618 :19:2006/09/21(木) 16:09:45
ウンコ見ると気持ちが悪くてウンコ食えなくなるからウンコはなるべく見たくないのと一緒だ

619 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 16:12:41
BSE騒ぎがあった時に、試しに肉を食べずにいたら、全然食べなく
なったな。習慣性のものなのか。

620 :19:2006/09/21(木) 16:12:41
610、614は全て
たかしが言っていたことの受け売りだ

621 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 16:18:51
>>618
ウンコ食いさんの発言ですか?

622 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 16:21:38
BSE騒ぎがあった時に、試しにアメリカ産の牛肉を食べずにいたら、全然食べなく
なったな。習慣性のものなのか。オーストラリア産はもちろん食べてる。

輸入禁止だったしw


623 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 16:24:10
>>617
「自分の利益を最大化する」という目的において合理的かつ理性的判断という
ことだが。他人の利益にも反しないので、社会的な利益の最大化という目的に
おいても合理的だ。
「ご都合主義」とは何のことか。こんな問題は人それぞれの「ご都合」は
違うに決まっている。俺は何も肉が嫌いな人に食えなどと言っていない。
中島義道氏などは、肉と名がつくものは気持ち悪くて一切食えないそうだ。
肉料理を作るのに巨大な人的犠牲が出るというのなら、そこまでして
食いたいとは言わないが、狩猟も牧畜も精肉も産業として成り立っているのだから、
社会的にも何も不都合はない。
「臭いものに蓋」をして何が悪いのだ。それが悪いのは問題の解決にならずに
やがて臭い以上の害悪をもたらすからであって、屠殺現場を見ずに肉を食った
からといって将来何の害悪もない。今臭いだけなのだから、蓋をしないより
する方がいいに決まっている。


624 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 16:24:52
犬の肉って日本でも食ってる人は食ってるみたいね。
つい最近、都内で切断された犬の首が何十個も川にプカプカ
浮いてたそうだけど。

625 :19:2006/09/21(木) 16:26:21
夫婦喧嘩は犬も食わない

626 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 16:39:03
そういえば、ペット業者が気にくわない人を殺して、ミンチ肉を製造する
機械に殺した人を突っ込んで、文字通り人間ミンチ肉して飼い犬に
食わせてたという話を思い出した。
そこのペット業者は夫婦で殺した人間をミンチにしてたらしいから、
夫婦が犬に人間の肉を食わせてた事になるのかな。喧嘩した人を
夫婦で犬に食わせた、人を食った話だね。

627 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 16:41:57
>>624

あの事件はやはり犬を食ったのか?

628 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 16:52:38
>>623
>「自分の利益を最大化する」という目的において合理的かつ理性的判断
が間違っていないの? 一説においては屠殺肉には必ずアドレナリンホルモンが
入っていて、効果はよいわけではないです。他もろもろコレステロール等は
割愛しますが。。。

産業が成り立つのは往々にして無知やを利用したり供給者側が扇動・陽動した
場合において形成された市場を用いて搾取するばあいもあります。タバコ酒もちろん、
薬物漬け、ホリデーシーズンのギフト、バレンタインデーもろもろ。

なので産業からの視点を用いての社会的都合不都合論は強者から弱者を、多数派から
少数派を見下ろした観点になる色合いが強いです。それにこの考え方はこのスレで肉食
であることを肯定できるに足る説得力にはなりえない理論だと思います。

>「臭いものに蓋」をして何が悪いのだ。それが悪いのは問題の解決にならずに
>やがて臭い以上の害悪をもたらすからであって、屠殺現場を見ずに肉を食った
>からといって将来何の害悪もない。今臭いだけなのだから、蓋をしないより
>する方がいいに決まっている。
臭いか臭いくないかの議論が、人間が肉食であるのか肉食でないのか(肉食である必要が
あるのか、ないのか)であって、「”臭い”ものに蓋」(=肉食である必要はないが肉は人が
欲しがるから消費していいのである)でいいと言うのであればそこで自身の結論
に終始するだけなので、そこで議論は平行線にたどり終わります。

まぁ、そういう考え方の人もいるのでしょう。

629 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 17:00:44
ワンちゃんは食えない。
だが、>>623の理屈だと、犬も犬って知らないで食えば
結構いけるのかも知れないな・・・

知らぬが仏ってやつですかw

630 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 17:12:55
>>628
>合理的かつ理性的判断が間違っていないの? 
それが間違っているのなら、肉食はやめるのが合理的だろう。
(それでもやめられず食ってしまうことは有り得る。煙草のように。)
しかしその判断は医学その他純粋に科学的観点から行うのであって、
屠殺現場を見ようが見まいが一切関係なかろう。
「臭いものに蓋」とは、「屠殺現場を見ないで肉を食う」という意味だと
理解したが、違うのか。
>社会的都合不都合論は強者から弱者を、多数派から少数派を
>見下ろした観点になる色合いが強いです
一般論はともかく、この場合は誰が弱者で少数派なのだ?
食肉産業の従事者が何で弱者なのだ。彼等がやりたくないことを強制的に
やらされているのなら問題だが、そんな事実はあるまい。不当な低賃金で
酷使されているというのなら(そうは思えないが)、適正賃金を払えば
済むことだ。ちなみに私は部落差別など馬鹿馬鹿しいとしか思えない。
>肉食であることを肯定できるに足る説得力にはなりえない
そもそも私にとって肉食は当たり前であって、肯定したり説得したりする
必要を感じない。逆に、肉食を否定するに足る根拠はどこにあるのだ?


631 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 17:20:40
魚介類も調味料でなんとか食っている気がするのだが。
新鮮なのは生で食えるらしいが、肉類は腐る直前が美味しいとかいうけど生で食えないのか。

632 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 17:28:58
>>630
>そもそも私にとって肉食は当たり前であって、肯定したり説得したりする
必要を感じない。

ん・・・
なら、哲学にはならないな。
あなたの意見は板違いということで。

こういうテーマは生命倫理の問題だろうからね・・・

633 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 17:39:14
冷蔵庫を作るときに使う化学薬品か何かをワインに入れると
美味しくなるというので、ワイン製造会社がそれを入れてたことが
バレて問題になった事がありましたね。その時に、ソムリエって結構
いい加減なんだなと思いました。細胞を培養すれば動物を殺さずに
肉を作れる技術も出来るんじゃないですか。それなら良いでしょう。

634 :490:2006/09/21(木) 17:44:39
>>632
では私が訊きます。
肉食を否定するに足る根拠は?

635 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 17:46:36
肉だって生で食えるよ。
ユッケとか食ったこと無いの?
レバサシの良い奴が食いたくなってきたw

魚介類なんて良い出汁がでて涎モノだよ。

食い物なんてナニ食おうがその人の勝手だよ。
目の前に「肉」しかなくて、他に一切食べ物が無ければ死ぬのか?
いくら敬虔なベジタリアンでも食うだろ?
だったら、所詮人間の食なんてそんなもんだよw

636 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 17:48:40
>>635
なにその極論w この板に何し来た、この厨房めーー^^^^^^

637 :632:2006/09/21(木) 17:50:47
>>634
は?
俺は肉食を否定はしていませんが?



638 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 17:51:04
確かに。

639 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 17:55:06
目の前に「人間」しかなくて、他に一切食べ物が無ければ、
人間は人間を殺して食うらしいからな。

極論すれば、人間も食べていいという事になる。極論て便利やな〜

640 :490:2006/09/21(木) 17:55:07
>>637
すみません。そのように見えたのでw

641 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 17:55:36
極論じゃなくて真理だろw

642 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 17:56:55
>>632
何が板違いなのだ。
「肉食を否定できる哲学的倫理的根拠がある」というのが
このスレのテーマなのだろう。何がその根拠なのかわからないから
聞いているだけなのだが。それがないなら、特に肉食を
肯定したり説得したりする必要を感じなくて、当たり前ではないか。

643 :632:2006/09/21(木) 18:02:07
>>642
>「肉食を否定できる哲学的倫理的根拠がある」というのが
このスレのテーマなのだろう。

いやいや、根拠があるのかどうかを考えるのが哲学というものだよ。

それに対して
>肉食は当たり前
では話にならんだろ。

644 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 18:07:05
宗教のない時代に、何をやってもOKだという宅間のような狂った642を
止める力は何なのだろうか。心は見えないが故に存在しないのも同然
という現代の倫理とは。このスレッドは深い。

645 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 18:07:19
まあ、菜食主義差が葉っぱと穀物しか食わないのは勝手だが
肉食主義者が肉しか食わないのも勝手だろ。イチローなんて肉オンリーで
野菜なんて食わないらしいぞ。

俺は、何でも食う方だな、ま、最近豆腐が好きで豆腐ばっか喰ってるけどw
肉を食うなというのは、欧米諸国の捕鯨反対とかの動物愛護団体の過剰反応
の延長としか思えんな。自分等だけで勝手にやってなさいと無視されてるだろw
まともな人間はみんなおかしいと思っているさ。

646 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 18:12:58
>>643
根拠があるのかどうか考えるのは大いに結構だよ。
だから、否定する根拠があるなら教えてくれ、と言っているのだ。
「肉食は当たり前」というのは結論ではなくて出発点だ。
何も考えず当たり前に肉を食っている人間など大勢いるぞ。というか、
その方がずっと多いだろうに。
>>628が「それは肉食を肯定するに足る説得力にはならない理論だ」などと
言うから、それではまるで「肉食は前提として悪であって、特に肯定する
説得力のある理論がないのなら、当然にやめるべきだ」と言っているように
聞こえたから「そんなことはないだろう」と答えたまでだ。
特に否定するに足る説得力のある理論がないのなら、肉食をやめる理由など
全くないとしか思えないが、どこかおかしいか?

647 :632:2006/09/21(木) 18:19:46
>>646
>特に否定するに足る説得力のある理論がないのなら、肉食をやめる理由など
全くないとしか思えないが、どこかおかしいか?

別におかしくはないと思うが、それは哲学にはならないんだな。

>否定する根拠があるなら教えてくれ、と言っているのだ。

繰り返すが、それを考えるのが哲学なんですが?


648 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 18:30:48
>それは哲学にならないんだな。
何でだね。「果物を食べる」という行為について、それを否定する
根拠があるかどうか哲学的に考えて、特になければ果物を食べない理由など
全くないとしか思えない。それで、どうして「哲学にはならない」のだ?
>それを考えるのが哲学なんですが?
だから、考えるのは大いに結構だよ。考えてもよくわからないから、
「肉食を否定する根拠があるなら教えてくれ」と言っているだけだが。

649 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 18:47:23


650 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 18:52:33
いまや、家畜は食べられるだけの奴隷となってしまいました。
しかし、強いものの言い分は聞かなければならないのが、弱者の宿命。
だから強くなるために、少しでも優位に立つために男性は頑張るのだと思います。
女性は強いものに惹かれる。という特性はやはり否定できないのでは?

651 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 18:57:35
みなさんは根本から間違ってる。

自然界の種が年間どれくらい滅んでいるか考えたことありますか?

家畜は大繁栄しており、まったく種としての「勝ち組」なのです。

最悪、人類が滅ぶまで、人類が手にしている種は「勝ち組」です。

罪悪感などまったくない。どんどん食ってやる。

           誰か論破してくれ

652 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 18:58:53
家畜の心の持ち方次第で彼らの意識は変わる気がする。
手塚治虫のブッダで読んだのだが、ある老人のために、何か食べ物をとってこようとして熊、ウサギ、きつね(だったかな?
がそれぞれ餌を探しに出た。熊は魚を、きつねは食べられる植物を、しかし、ウサギは何も捕れずに一苦労。
そこで、ウサギは自分が火に焼かれ食べられたら老人は助かると思い、自分から火の中に飛び込んで命を落としました。
老人はそのウサギの心に打たれて、遺体となったウサギを掲げあげ、なんと清い心を持ったウサギかと奉った。

というような話がありました。
僕はそこで号泣し、ウサギの心はなんてすばらしいんだと思った。
そうなれとは言えないまでも、家畜の心次第なのかな?と思いました。

653 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 19:02:52
色々と思索してみました。
結論としてここで形而上学的な話は単なる独り言になってしまいそうですw
「自然」であることを本質存在と捉えている主義者が、上手に事実存在に落とし込めないでいる苦悩が
論拠の乏しさだという考えには至ったのですが・・・これは本筋ではないんですよね。
少し問題から離れます。

654 :653:2006/09/21(木) 19:03:22
↑567ですスミマセン

655 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 19:04:55
家畜の心の前にオマエの心をなんとかしろw

656 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 19:16:00
食べるものに対してのありがたさを認識できていなければならないですね。
これが、私の肉になり血になるのだと。感謝の念を持ち続けなければならない気がする。
ブッダが言った、言葉でみんな何かの縁があって、巡り合わせている、と。
僕はこれからも肉も魚も食べますが、感謝の念を抱いて食べようと思いました。


657 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 19:23:02
>>656
結局食うのかよ

658 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 19:23:42
犬が猫の子供に乳を飲ませる事がたまにあるらしいけど、動物が別の
種の動物に愛着を持つことは普通ないよね。人間には動物が神様の化身
だと想像したり、可愛いと感じる感情、感性がある。
人間は動物としては脳が壊れてるんだろうな。全然違う種なのに。
何でこんな不思議な感性があるんだろう?

659 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 19:23:58
オマンコはうまいぞ!

660 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 19:33:12
>>656はかなり核心に近いと思うよ。
「心の免罪符」をどこに設定するかで意見は割れているのだと思う。
原罪やカルマに求める人もいるだろう。
殺してまで食べることは許容範囲を越えている人もいるのだろう。
根底にあるのは自己を肯定したいという意識。
その差異の源泉となっているのは価値観だというありきたりのことしか言えないのだが・・・。

661 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 19:34:39
ある宗教的指導者のために軍事貢献しようとして、
資産家、軍人、一般市民が、それぞれ敵を倒そうと蜂起した。
資産家は軍と軍事産業に資金提供し、軍人は熟練した技術で敵を撃つ。
しかし、一般市民は敵に効果的なダメージを与えられずに一苦労。
そこで、一般市民は自分が爆弾を抱えて敵陣に侵入すれば大きな効果があると思い、
自分から人間兵器となり、敵陣で自爆し、命を落としました。
宗教的指導者はその一般市民の心に打たれて、
遺影を掲げあげ、なんと清い心を持った信者かと奉った。

662 :19:2006/09/21(木) 19:40:04
浅草サンバカーニバルが心の免罪符

663 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 19:51:18
> 僕はこれからも肉も魚も食べますが、感謝の念を抱いて食べようと思いました。

感謝の気持ちがあれば、死んでいく家畜の苦痛がなくなるとでもいうのか。

肉は食いたいが、家畜がかわいそう、との妥協から考えついたものだ。

罪悪感なしに、家畜を殺す精神をもつべきだ。

こんなスレ、アメリカ人が見たら笑うだろうな。



664 :490:2006/09/21(木) 19:55:40
>>663
罪悪感でなく、自制は必要だと思いますが。
倫理は別にして。

665 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 20:24:02
>>1
食われないなら、殺された牛は虚しいよなぁ

だったら「残さず食え!」って主張したほうがイイのでは?

666 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 20:29:39
かけがえのない命に対して、あなたは何が出来るか考えた事ないでしょ?

667 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 20:49:52
人一人が菜食になれば、80頭の哺乳類の命を救えるといいます。

668 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 20:55:25
>>633
エチレングリコール?

669 :490:2006/09/21(木) 21:11:41
判らなくなってきました。
648さんがなぜ板違いなのか。
私は素人ですが私を含め哲学以前の意見がかなり多いようですが。
やはり菜食派からの新しい肉食否定の論拠の提示が必要だと思います。
それは不可能ですか?

670 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 21:22:30
>>661
宗教はそれ自体が完全であると不完全性定理により証明できないが、
それによって心が救われたことを感謝、絶対正しいと信じ続け、完全であると錯誤してしまう。
宗教による怖いところは僕はそこにあると思う。


671 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 21:24:11
今日も大自然に感謝しつつお肉を頂きますタァ。南無阿弥陀仏。


672 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 21:28:02
肉食動物が草食動物を食べるのは残酷ですか?

673 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 21:35:17
見た目が怖い。痛々しい。

674 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 21:38:09
人間にも本能があり、草食動物を食べようとする心は理性で押さえ続けない限り止められないと思う。
草食動物の気持ちを汲もうとするなら、それは残酷だが、自分の命を絶えさせないようにしようと必死にとって食べるのが、自然の肉食動物であると思う。
理性で本能を押さえ続けるやり方は、人にとって無理のあるやり方であるとは思う。
それを実践する人もいれば、できないで何故私は誘惑に弱いんだと嘆く人もいると思う。
しかし、自分の種、自分の命を長らえさせたいと思う本能は、ある程度認めた形にしないと、苦しい。
それをどの程度許せるかの問題が、ここでの問題だと思う。

675 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 21:41:30
デカルトなんかは、動物には心などない、と言っているが、
そういう話は関係なし?

676 :490:2006/09/21(木) 21:48:27
>>675
ありだと思いますが、証明出来ないということじゃ?
証明出来ればスレの前提がひっくり返る話ですが。

677 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 22:05:00
>>663

>>656ではないが。
自然の恵みで生きることができ、わたしたちに供される命に対して頂きますと感謝しても良いんじゃないのかな。
あと自然とか、肉、魚を供してくれた人間の労働とかに感謝しても良いんじゃないのかな。
互いに助け合う側面も社会にはあるわけだし。

これは一つの考え方じゃないのかな。

デカルトじゃなくても動物に人間のような心は無いと主張する学者さんがいることはいる。
どの本か思い出せないがある言語学者が認識論として展開していた。

678 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 22:09:06
>>675
スレどころか世界がひっくり返るよ。

679 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 22:28:55
>>677
チンパンジーは訓練すれば、人間と近いくらいの心を獲得できる
可能性もあるらしいよ。これも言語学者が書いていたぞ。
結論を出すのはまだ早い。

680 :490:2006/09/21(木) 22:32:56
>>678
ですよね・・・
>>677
感謝しない、と云う人は本心からでは無いと思いますが、もし本心なら自分
の首を絞めることになるとは思わないんでしょうか?

681 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 23:24:13
首は締めるよりも、もいだ方が早いよ!

682 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 23:27:16
感謝って、自分のためにすることだからね。
何ものにも感謝しないというのは、むしろ凄い。

683 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 23:27:31
人間は雑食の種なんだよ。
だから、別に菜食主義者だろうが野肉食主義者だろうが居ても構わんのだよ。
肉食主義者は菜食主義に改めよというのは傲慢。

草食動物に草を食うなというのに等しい。

684 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 00:01:07
俺は肉食うけど、肉食う奴は地獄に堕ちると思ってる


685 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 00:03:51
>>532
感情の話をしてるんだよ
哺乳類を殺すことは許せないと言う感情を持ちながら
牛や豚は食うこの矛盾

686 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 00:04:48
そう、命の差別をしているのは君達肉食主義者なんだよ

687 :490:2006/09/22(金) 00:15:29
>>685
言葉の問題かもしれないが、残酷だと思っても許せないとは肉食者は思って
ない。
許せなきゃ喰わない。
>>686
詳しくお願いします。

688 :490:2006/09/22(金) 00:19:02
ちょっと訂正
猫の話忘れてた。
愛玩動物をストレス解消などで殺すのは違う話では?

689 :490:2006/09/22(金) 00:24:16
すまん
愛玩動物としてポピュラーな猫を只虐殺する事は社会的な反響が大きいが
肉食云々とは別けるべき話では?
と云いたかったのです。

690 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 03:56:11
差別するしないなんてのは食肉否定の根拠にはならないよ。

691 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 04:00:27
>>660
>「心の免罪符」をどこに設定するかで意見は割れているのだと思う。
こっちのほうが核心だと思う
(>>656のどこが核心かわからん。核心となる「赦しを求める人間心理」が表れているという意味なのか?)

692 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 04:17:59
>>691
よくわかってるじゃないかw
内容そのものではなく、下手に包み隠していないところがわかりやすいという指摘。

693 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 05:13:15

屠殺場に勤めてる人たちはどうなるのさ。かわいそうでも仕事して稼がなきゃいけないし。
いちばん残酷さをわかってるのは彼らだと思うよ。

694 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 05:45:14
個人的な感情で食肉一般を否定されてもなあ。
個人的な倫理観で脅迫されてもウザイだけ、としか肉食愛好者、および関係者は感じないだろう。

1みたいなのは典型だし。
一般的に受け容れられるのは、安い、美味い、簡単に入手可能という要素をクリアすることだろう。
非現実的だし、観念としても肉食否定しなければならない論拠は無いと個人的にだが思った。

根本的には嫌だから嫌ということでしかないし、哲学になっていない。
こういう嗜好にかかわる問題は、タバコは自分にも他人にも有害だということを統計とかで具体的に示すしかない。
できなかったら水掛け論になる傾向があるんじゃないのかなあ。

695 :19:2006/09/22(金) 07:50:03
動物の肉は絶対に食べないが
動物を大量に殺し続けたい
という菜食主義者はいないのだろうか?

696 :19:2006/09/22(金) 08:00:17
皮なしウインナーは
正確には
腸なしウインナーではないのだろうか?

697 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 08:10:20
何の話だか知らないが、子供のチンコか、大人のチンコかの違いか?

698 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 08:12:01
荒らしに反応すんなよ

699 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 08:12:46
確かに。

700 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 08:21:51
肉を食べるという行為は、
人間が人間である前に動物であるという、
社会的動物である前に自然的動物であるという前提を無視できないところに起因する気がする。
自然的動物であるのを脱して、社会的動物的から例えば神的動物になろうというのが1の主張のように聞こえる。

701 :19:2006/09/22(金) 08:26:48
神的動物とは?
仙人みたいなの?

702 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 08:35:03
>>701
ブッダとか読んでると、仙人みたいな人な気がする。

703 :19:2006/09/22(金) 08:38:04
即身成仏というのも近いか

空海が
「人の食うものなど二度と食うかい!」
といって即身成仏したというが
単なる「餓死」ではないのか?

704 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 09:01:33
>しかし、自分の種、自分の命を長らえさせたいと思う本能は、ある程度認めた形にしないと、苦しい。

「ある程度認めた形にしないと」ではなく100% 認めなさい。優秀な家畜の遺伝子は次世代に残される。

一匹の家畜の生きてた目的は人間により達成されているから、家畜から感謝されても、家畜に謝罪する必要はない。

705 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 09:11:13
>食われないなら、殺された牛は虚しいよなぁ

食われようと、死体を破棄されようと、死んだ家畜には何の変わりはない。

死んだ牛の気持ちを考えることがむなしい行為。


706 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 09:14:34
>罪悪感でなく、自制は必要だと思いますが。

確かに自制は必要だ。肉だけ食べてると体調不良になる。

きらいなピーマンも食べる自制は必要だ。


707 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 09:17:12
> かけがえのない命に対して、あなたは何が出来るか考えた事ないでしょ?

家畜の命など、いくらでも「かけがえ」があるものだ。

708 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 09:20:21
>人一人が菜食になれば、80頭の哺乳類の命を救えるといいます。

その80頭は生まれてこないわけで、遺伝子を次世代につなぐチャンスもないのだ。


709 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 09:28:09
>宗教はそれ自体が完全であると不完全性定理により証明できないが、

それは「科学」についても同様である。

「数学」と「神」と どちらを信じても レベルは同じ。

      ヒルベルトプログラム参照のこと。


710 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 09:31:12
家畜はかけがえがあっても、命はかけがえがなければならない!
「ブヒィィー」と生き絶えた家畜の命は、もう二度と命の火はつくことはない。
だからこそ、火が消える瞬間のひとみには、
生命が無くなってしまう寂しさを、少なくとも私たちが感じてあげるべきである。

711 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 10:06:51
> 生命が無くなってしまう寂しさを、少なくとも私たちが感じてあげるべきである。

感じると死んだ家畜に何か神秘的な作用が働くのか ?

己の罪悪感から逃避してるだけだろ、ニーチェのいう消極的ニヒリズムだ。


712 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 10:14:05
純粋に功利主義的に考えると、動物の悲しさや寂しさを感じたり、
罪悪感を抱いて食べるより、楽しく美味しく食べる方が明らかに
総効用は大きいと思われるが、いかがなものか。

713 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 10:19:05
>>709

誤爆?

714 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 10:26:40
>誤爆?

「宗教は自身で証明不可能であり、不完全性定理が適用される」とのカキコあり、

哲学では同様に科学にも「不完全性定理が適用される」のであしからず、の意味でした。


715 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 10:41:03
生物の攻撃的な性質は、傷つけあうだけで、秩序の破壊しかもたらさないから危険ではないでしょうか?

716 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 12:36:35
例えば、植物どいえども感情があり、葉をもぎ取られると痛いと感じる、という
論もある。コレが真実なら菜食主義者は植物すら食べることが出来なくなるよな?
種とか自然に落ちるようなモノもソレを「食べる」というのは、その種の生きる
チャンスを奪う行為とも言える。
魂の尊さを、人間>その他の動物>植物と規定しているのは菜食主義者じゃないのか?
肉食主義者はある意味全部=(イークオール)と考えているふしがある。
その意味じゃ俺は肉食主義者の方が正しい考えだと思うな。


717 :490:2006/09/22(金) 12:40:15
>>706
514で挙げたトサツのコントロールの必要、という意味ですが。
この意味での必要すら感じないとすれば自滅のスピードを上げるだけでは?
>>711
これは確かに人間側の勝手な感傷だと感じます。だからにも同意。
>>700
>例えば神的動物になろうというのが1の主張のように聞こえる。
たぶん私が反感を感じるのはこれが理由だ。
まだうまく説明できないが。

718 :490:2006/09/22(金) 12:50:05
717訂正
5行目最後 だから同意。
8行目 たぶん私が1の様な主張に反感を感じるのはこれが理由だ。

719 :19:2006/09/22(金) 14:15:22
埴谷雄高、『死霊』、第七章「最後の審判」に
釈迦が、自分の食ったチーナカ豆から
キリストが、自分の食ったガリラヤ湖の魚から
それぞれ糾弾を受ける場面がある

チーナカ豆や魚が人間を糾弾することは現実にはない

『死霊』の「最後の審判」は、
有限な実体を持ち常に現状に不満を抱える生命の
「自同律の不快」から来る
人間自身から人間自身への自己批判なのだろう

720 :19:2006/09/22(金) 14:17:15
食べ物に感謝・謝罪することを
心理主義的にでなくあえて道徳的に解釈すると
その目的は
不快感に蓋をする「心の免罪符」などではなく
むしろ他の生命を奪うことで自らの生命を維持していることへの
不快感を感じるよう自分自身を促し
生活構造の現状における限界(道徳的矛盾=悪)を意識させ
今後の生活構造の改善への意志と実践を自らに喚起すること
にあるということになるだろうか

現状を否定して改善したいとしつつも
ただ矛盾を叫ぶだけで具体的な工学的努力をせず
否定だけを強要するのは「最善」ではないだろう

肉食を否定するなら肉食に代わる食材を工学的努力で開発する
菜食も否定するなら菜食に代わる食材を工学的努力で開発する
食そのものを否定するなら食に代わる方法を工学的努力で開発する
そのようなことが必要だろうと思う

721 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 14:28:24
動物を食べる事と宗教とは、どんな関係があるんですか?
釈迦とか心理主義とかじゃなくて、そこをはっきりさせないと。

722 :19:2006/09/22(金) 14:30:33
たとえ民族宗教ではない仏教やキリスト教のような
世界宗教と呼ばれるものであれ
それらの持つ倫理的教義が適用されるのは
あくまで人間を中心としたある限界内であり
常に道徳的矛盾の不快を孕み普遍性のない
個別性の原理に基づくものだろう

倫理や法の適用範囲を拡大して他の生物の殺生を禁止し
人間同様にそれら生物自身を手段ではなく目的として扱おうとしても
現状では人間の生命維持との競合が生じ
全ての生物まで(普遍的に)適用範囲を拡大することはできない

また仮に人間自身をはじめ全ての生物に適用でき
地球の生態系全体を否定し改善する規範があったとしても
現状では人間以外の生物や自然界全体にそのような規範を
強制させるような方法もない

それでも無理やり今普遍的原理(善)を実現しようとすれば
即身成仏や自己犠牲の名の下に自殺を行うこととなり
自分自身の生命を奪うという新たな道徳的矛盾を生ずる
などということも起こりうる

理性の限界も、食によって維持すべき肉体もない
無限的理性的存在(神的動物)たらんとすることは
原理的に実現不可能でありつつも
目標とすべき善の理念のあり方としてあってもいいと思うが
自分たちが自然にも属する有限な存在である以上
具体的で現実的な最善の方法を模索し
徐々に善そのものへと接近してゆくべきだろう

723 :19:2006/09/22(金) 14:32:24
皮なしウインナーを2本と
うどんを食いながら
そんなことを考えてみた

724 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 14:38:29
>>667
救えるんじゃなくて、最初から存在しなくなるんだろ。
食わない家畜は生産されないからな。

725 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 15:11:10
>>722
それじゃあ宗教ってのは悪に基づくってことになるのかい?

726 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 15:27:17
>動物を食べる事と宗教とは、どんな関係があるんですか?
>釈迦とか心理主義とかじゃなくて、そこをはっきりさせないと。

仏教では、はっきりしている。

つまり殺人の禁止が目的である。

虫を殺さないよう努力を続けると、生活習慣で家畜を殺すにも抵抗ができてくる。

ましてや人殺しはできなくなってしまう。そういう人間になれるのが仏教の教えです。

だから非常に現実的な宗教だと思う。

イスーラムやキリスト教では血なまぐさい復習劇が山のようにあるが、仏教では聞いたことない。



727 :490:2006/09/22(金) 15:39:58
たぶん720の頭9行分までのことを私は感謝(必要な自制の置換えられた
言葉)として云いたかったのだと思う。こんなに上手く云えないが。
1になぜ反感を持つかは神的動物になろうとする前に菜食は良しとする矛盾
をさておき、また世界中で食物を無駄に捨てている現実を糾弾することをさ
ておいているからだろう。まず身近な所で改心させるべき対象はいくらでも
ある。
私と同じ様な反感を持つ人が多い為こんなにスレが伸びているのではないか
と思うが、どうでしょうか? 

728 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 15:47:51
>>727
改心というか、仏教的な心の学問を捕捉する形で、中国の古典(論語、老子など)があります。
心を強くする意味でそういうのを読んでみるのはいかがでしょうか?
お勧めは「中国古典一日一話」守屋洋著、三笠書房などは手軽ででも核心を突いた言葉が載っています。
こんな時どう行動すべきか?を教えてくれます。

729 :19:2006/09/22(金) 15:53:48
>>725
頭いいな
それは不味いから言い直すよ

×
常に道徳的矛盾の不快を孕み普遍性のない
個別性の原理に基づくものだろう

          ↓

善意志に基づき作られた当時の最善ではあっても
常に道徳的矛盾の不快を孕んでいる

730 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 15:56:20
>>19 お前は、もうつまんないからいきがるなよな!

731 :19:2006/09/22(金) 16:01:44
>>730
じゃあわかったよ
もう一度言い直そう

×
善意志に基づき作られた当時の最善ではあっても
常に道徳的矛盾の不快を孕んでいる

          ↓

全ての宗教は悪であり
全ての宗教者は悪人であり
犬も食わない

732 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 16:08:43
>そういう人間になれるのが仏教の教えです。

嘘コケw
御釈迦様は確かに殺生を戒めはしたが、肉食が駄目なんて言ってない。


733 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 16:10:35
>>731
宗教の中には悪に基づくものもあるのかもしれないが、
善意志に基づき作られた当時の最善はあるかもしれない、
ただ、その宗教者自身で自分の宗教が完全で絶対正しいと言うことはできない。
ということだと思う。
最善で存在する可能性はあり、それが善であると証明することができないと言うことだと思う。

734 :490:2006/09/22(金) 16:20:02
>>728
仏教は現実的な教えだと思いますがヒステリックな人達、反肉食以外にも
反捕鯨、グリーンピース、ブリジッド・バルドーなどには宗教はいつも届か
ないですね。なぜだろう?

735 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 16:23:51
>>734
ごめんなさい、反捕鯨、グリーンピース、ブリジッド・バルドーなどいろいろな活動があるのですね。
ちょっと調べてきます。

736 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 16:27:36
今日は何食べようかな

737 :490:2006/09/22(金) 16:31:17
すみません、734忘れてください。適当なこと書いちゃったw
ああいう活動者に対し仏教じゃ穏やかなアプローチしかできなさそうで
無理っぽいなあ、ぐらいの意味です。

738 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 16:39:39
>>734
反捕鯨に関してですが、僕は捕鯨は絶対悪だとは思いません。
ただ、生態系を維持するために(それしか人間には関われないと思いますが)、
捕ることはあってもいいと思うのです、
しかし、絶滅危惧種に関しては捕るべきではないですね。
調査捕鯨ももっと技術を上げて、殺さずとも調査できるようにしなきゃいけないのかもしれませんl
唯、鯨があまりにも増えすぎて、プランクトンや魚が絶滅してしまうのであれば、人間が介入しそれぞれ適正にする方がいいような気がします。
人間が動物界の長であるならば…

グリーンピースに関しては、
環境を良くする方法(科学技術なども含めて)が進展しないのが現状なのでしょう。
人間の消費、浪費が100年ぐらいの科学技術によって進み、環境が悪化しています。
人間一人一人が気をつければ、少し押さえることはできるかもしれませんが、飛躍的に改善する科学技術がないのが現状なのではないでしょうか?

宗教とこういった科学技術がまだ手を結んでいないというのが、現状なのではないでしょうか?
宗教というのは内からの幸せを掴む方法。科学技術というのは、地球環境上で暮らす上で人間が便利に暮らす方向に進んできました。
昨今、科学技術の進展に危惧を持つ方も増えてきていると思います。
それらが手を携えて、人間の内からも外からも、人間だけに限らず最大多数の最大幸福になるように進んでいけたらいいのではないでしょうか?

739 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 16:52:05
どうして誰も書かないのであろう。
「これはアイデンティティ保護」の話であると。
あまりに明らかだからすっ飛ばしちゃってるわけ?

740 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 17:08:01
>嘘コケw
>御釈迦様は確かに殺生を戒めはしたが、肉食が駄目なんて言ってない。

肉食がダメなんてどこにも書いた覚えはない。

家畜を殺すのに抵抗ある人間は殺人などできない。

そういう人間になるのが目的である、と書いた。

741 :490:2006/09/22(金) 17:15:30
ああ・・・ごめんなさい
犬を喰うなんて野蛮!と韓国にいちゃもんつけたのはブリジッド・バルドー
でよかったですよね?ああいう人には仏教の教えも馬の耳に念仏だなあと。
捕鯨に関しても同じで他国、他民族の習慣に感情的な理由で難癖をつけ止
めさせるのは倫理以前に狂気に近いですね。
738の上段のような理由もありだと思いますが、それ以前に米、豪など
の言い分は別の次元から出てるモノですよね。

 おかしな方向に流れを変えてしまったかもでスミマセン。
 

742 :490:2006/09/22(金) 17:20:33
>>739
詳しくお願いします。

743 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 17:35:02
>>729 >>731
なんか>>730の関係で変なことになってるが、
宗教が悪だという意見を発すると、やっぱりまずいのかな。
善悪という概念は、それほど強固なものなのだろうか。

744 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 17:43:07
というか、何回言い換えてもへんだな・・・

>常に道徳的矛盾の不快を孕み普遍性のない
>個別性の原理に基づくものだろう

とか

>善意志に基づき作られた当時の最善ではあっても
>常に道徳的矛盾の不快を孕んでいる

とか書いているが、

19さんは、そもそも《無矛盾な普遍的道徳》があるとでも思ってるのかな?




745 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 17:50:32
> 宗教とこういった科学技術がまだ手を結んでいないというのが、現状なのではないでしょうか?

  おっしゃる通りです。

まず宗教ですが、あなたも書いてるように内なる世界を取り扱い、思考手法は教祖の言葉です。

そして科学ですが、外なる世界を取り扱い、思考手法は帰納法です。2つは相反します。

ここに哲学を接着材として準備します。

哲学は内なる世界を取り扱い、思考手法は帰納法ですから理屈の上では可能です。

ところが、ヘーゲル以来哲学は行き詰まっているようです。

現代哲学とはあまり言いません、現代思想と言われてます。

梅原武氏などは、新しい哲学は神道にヒントがある、などと言ってます。

宗教と科学を接着する哲学を誰か知りませんか ? (幸福の科学はだめよ)

746 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 18:29:12
>>742
体質的な問題を除き、幼年期から肉食を精神的に拒む子供はそういない。
(むしろ野菜が嫌いな子供の方が多いかもしれない)
このことからヒトの菜食主義は生来的なものではないと言える。
そして少なくともレスしている人は、2chに書き込めるくらいの知能と確立した自我を有している。
ここまでが前提。

肉食を拒絶する人は、「そう思うに至った過程」で価値観が揺らいでしまった。
許容出来ない心と肉を食べていた自分のバランスを取るために拒絶を選択した。
こうすることで急激な変化に対応し、自己同一を図っている。
まず「自分がどうありたいか」の結論に合わせるように論拠を求めているので、こじ付けや感情論が多くなる。
悪として排除したはずの「許せない自分」の面を見たくないので、自分以外にも同様の価値観を求める。
(自分を肯定するはずが、切り捨てた部分も自分であるという矛盾の解消)

雑食を問題としてない人は、社会的に認容されているという事実から自己同一性は既に確保されている。
菜食を「普通ではない」と喝破することは自分の立ち位置の確認作業をしているとも言える。
中には屠殺の残虐性に疑問を持ちつつも確立した自己を守るために、必要以上に菜食主義を非難したり、「心の免罪符」
を用意する。

以上、自己肯定と他者否定で保持されるアイデンティティー問題だと・・・こんな自明のこと今更だよねw

※あまり好ましくないが面倒くさいのはイヤなので前提部分の補足
 乳児期を考慮していないのは、母乳という完全食があるため
 たとえ草食(肉食)獣であろうと、乳児期から草(肉)を食べれば消化出来ずに死ぬ

747 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 18:50:47
>>746
>以上、自己肯定と他者否定で保持されるアイデンティティー問題だと・・・こんな自明のこと今更だよねw

で、君は菜食主義者を揶揄することで自己肯定しているわけだ。
あ、これも自明のことか・・・



748 :746:2006/09/22(金) 18:55:07
>>747
そこまで読めていればほぼ完全に理解して頂けたと言える。
ありがたい。
ただ揶揄は適切な表現ではない。

749 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 18:58:57
>>748
自明というか、そんなことを言い出したら、
全ては自己正当化だなんて、くだらない結論になるから
つまらんよ。

750 :490:2006/09/22(金) 19:00:55
>>746
私はこういう切り口は考えてもみませんでした。
肉食拒否者によくみられる感情的な物言い、わざとのように乱暴な意見の
肉食者、少し不思議に思っていたのですが説明がつきますね。
私もなぜこのテーマを無視できず、ひっかかり、参加したくなるのか。
自分を検証することも必要ですね。
これを自明としてない発言者は多いんじゃないでしょうか。

751 :746:2006/09/22(金) 19:04:25
>>749
全くもってその通り。
だから書くのを躊躇っていた。
哲学的でない話は楽しくないよね。
>>746はスルーしてもらって構わない。

752 :746:2006/09/22(金) 19:41:23
>>750
自明を強調したのは、哲学徒であれば自己言及したことがあるだろうという憶測に過ぎません。
あなたは>>634で「自分が反感を抱くということは菜食主義であるに違いない」と他人の鏡で自分を見たはずですし。

私が書いたのはあくまで最大公約数的な概論であって、個人個人の組成はそれぞれでしょう。
背景なんかより「動物を家畜として殺すこと」について哲学することがスレの主旨ですよね。
興醒めした方にはお詫びします。

753 :490:2006/09/22(金) 20:19:21
>>752
自分を見たはずが見えてませんでした。
私には746の話は両者の動機を考えるのにいいキッカケでした。
私も大分興醒めさせてますね。すみません。



754 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 20:49:28
読んだ本を引用するだけの哲学よりはマシと思うが。

では人は哲学はどういうスタンスで肉食社会と接するべきであろうか?

755 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 21:39:38
前にも書いたけど、トラがライオンを飼ったり象が子犬を育てたり
しないよね。人間くらいじゃないのかな、同じ種ではない動物を可愛い
と感じて飼うのは。こういう不思議な感情が人間にある理由は何なの
だろう?これって哲学的な疑問じゃないかな?
それと、サルが繁殖期に極度に興奮すると仲間を殴り殺してその肉を
食べ出すという話を読んだ事がある。肉を食べる事と精神の興奮状態
は関連があるのかな。

756 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 21:56:52
犬は必要性から飼った側面もあるんじゃないのかな。
羊をまとめあげたり、狩に使ったり。
猫は余裕の産物じゃない?
犬猫は日本でもかつて食ったらしい。
食用→実用と趣味に変化

ウサギなんてのも最初は食用のような気がする。

けっきょく人間が感情移入できる動物かどうか。
食用として実用性が高いかどうか。
愛玩動物として飼える余裕が経済的にあるかどうか、とか色々な要素があるとは思うが。
鍵になるのは必要性ということじゃないのかな。

757 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 22:04:19
いくらなんでも、猫は食わないだろう? そうとうにマズイらしいよ。

758 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 22:51:18
>>756
何故動物に感情移入する必要があるのだろう。
他の種の動物を愛らしいと感じる人間独自(サルも?)とも思える
感情が、唯物論的な必然性とどのような関係があるのだろう。
何故可愛いと感じる必然性が存在するのだろう。
仏教では愛した者との別離が苦しみになると考えられているそうですが。
動物を神様生まれ変わりと考えたりと人間の不思議な観念が、
この問題を簡単に割り切れないものにしている。

759 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 23:48:51
>>745
善だと思う行為を実践する人を増やすよう、世論を動かさないといけないのかもしれません。
科学的技術は手段になり、それは全人類共通の方法として確立しています。
だから宗教的に満たされる個人一人での力では、微力なのだと思います。
科学技術によって、一気に自然環境を改善できる方法が見つかればいいのですが、なかなか見つからないのが現状みたいです。
それが見つかれば、急速に自然環境を今生きている生物たちに適正な環境にすることができるのですが…
やっぱり世論の力を借りるしか方法はないのかと…今は、思っています。

760 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 23:52:12
>>757
わかった!
牛が旨いからいけないんだ。
きっと奴らの繁栄のために、人間ははめられたんだよ。

761 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 23:54:26
>>759
独善だったら?環境が却って壊れたら?
善悪で判断すべき事?

762 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 23:55:33
宗教が絡むとろくな事にならない。
宗教に科学技術を使わせてはならない。

763 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 23:57:19
>>761
独善だったら、いけませんね。すいませんでした。


764 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 23:59:46
>>762
昨今のイスラム原理主義のテロリズムなどの報道を見ると、確かにそのような感情が生まれるのは当然かと思います。
宗教が先導する問題ではないのかもしれませんでした。すいませんでした。

765 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 00:00:33
盛り上がってるな
肉食に罪悪感があるって証拠だな

766 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 00:07:55
オレは哺乳類を殺すことよりタリバン派に破壊されたバーミヤン遺跡の方が憤慨してるんだが。
764で思い出しちまった!!

767 :764:2006/09/23(土) 00:11:47
>>766
テメエの思い出話なんかしらねえよ、禿ww

768 :霞を食う某人:2006/09/23(土) 00:56:30
今日もまた感謝しつつ焼き鳥を頂きました。。南無阿弥陀仏。

769 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 01:17:39
感謝と言う自己肯定

770 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 01:18:57
今日も「いただきます」と感謝しつつ768をいただきます...          ゲプー

771 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 03:49:54
「いただきます」
どんな悪人でもこの言葉を唱ええると極楽へ行けると言う…


なわけねーだろアホかw
殺してるくせに「いただきます」何て言うな口先ヤロー
勝手に善人気分に浸ってんじゃねーよバカやろーてめーは悪人だ
悪人だと自覚して肉を食え
悪人のくせに「いただきます」なんて偽善な卑怯な嫌らしい言葉使うんじゃねえ!

772 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 05:34:18
勘違いしているよ。
善悪なんてのはもともと無いんだよ。
胃袋を満たす必要があって食べられるものを食べている。
ただそれだけだ。

善悪なんてのはその時々でころころ替わるものだ。
しかし一貫しているのは社会上必要であるかないかということだ。
人を殺す、食べるということすらある局面では許されることがある。

むろん無理やりに必要性を創出することがある。
資本は社会の欲望を膨れ上がらせることにより自らも巨大化させていく。
人間が生きていくうえで本当に必要かというと決してそうではない欲望を。
それが必要なのは資本だけということを隠してさも必要であるかのように装う。
それに気づいた人間が警告を発する。

肉食は本当に人間が生きていくうえで必要なのか?が問われるべきではないだろうか。
わたしには1の主張が感情に基づくだけであり、現在の人間の栄養摂取という必至の問題に盲目であるようにみえる。

773 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 05:44:59
人間は社会を形成して協働、競争していくことによって現在の力を得てきた。
競争だけを意識しても協働だけを意識しても成立しない。
競争だけを意識すると殺伐としてきたり孤独になったりする。

わたしは毎日線香を仏壇に上げて、先祖に手を合わせている。
感謝することによって自分を懸命に育て助けようとした人たちがいた、いることを意識できて幸せになれる。
そうだ、わたしはけっして不幸ではないのだということに気がつく。
「いただきます」「あれがとう」と言うことがわたしには必要だ。
そのことによって生かしてくれてきた様々な人たちに感謝でき、自らが幸福になれるから。

774 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 05:58:22
人間は霞を食っているわけではない。
人間もまた動物なのだ。
それを忘れた過剰な倫理観は様々な軋轢と問題を起こすのではないのだろうか。
こんな残酷なことをする人間は抹殺すべきだと考えて人間の大量虐殺まで考えかねない。
残酷なことを否定するためにもっと残酷になる可能性があるのではなかろうか。

局面ばかりでなく、それを否定したらどのような社会的問題が起きるのかを考える必要がある。
喩は適切ではないのだが、O157は行き過ぎた清潔思想のもたらしたものらしい。
この菌は普通の衛生状態では他の菌にやられるのだが、他の菌を人間が駆除することによってこの菌が活躍しだしたということらしい。
他の菌を生かしていたらこのような問題はなかったらしい。

人間の知恵でできることなんてのは限りがあるのではないのだろうか。
食事情を倫理観で変える必要があるのだろうか。
善悪という基準は人間の自己満足では無いのだろうか。

775 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 06:02:45
バランスを上手く取る。
つまらない結論だが、それは生きて行く上で必要なことなのだ。

776 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 06:56:54
オウムは社会の寄生虫なんだよね。
豊かな社会という背景が無ければ生まれてこなかったんじゃないのかな。
豊かな社会という生物に寄生しているだけじゃないのだろうか。

現代の一部のベジタリアンの思想もまたオウムになりかねない要素があるのでは?

777 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 07:00:31
個人的には考えることが多く、また教えられることも多い主題です。
1の本意とは無関係ですがみなさんに感謝。

778 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 09:58:55
動物を食べない代わりに植物を食べる。植物にとっては迷惑な話だ。


779 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 11:21:59
虫を食べれば解決!

780 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 12:20:41
適切な食べ方と量ならば、肉を食べてもいいと思う。
ただ、現代の食に対するメンタリティや過剰摂取は問題だと思う。
食べ物が、自然からの頂き物とか授かり物とか有り難いものという感覚が
あれば、自分の肉体的なエネルギーを自然環境や世界のために還元して
お返ししようという気持ちになるのではないかな。自分を育ててくれた自然の
恵みに感謝すれば、不良少年化する事にも抑止力の効果が少しだけあるかも
しれない。道徳で国旗を掲揚して君が代を歌う事を教えるのも大事だけど、
それと同時にお弁当の時間に「いただきます」とクラス全員で唱和して感謝する
時間を設ける必要があるのでは。

781 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 12:26:58
「いただきます」とみんなで手を合わせて、ゴキブリを食べるのでもいいのかな・・

782 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 12:28:21
ゴキブリは今のところ食べる必要が無いだろうよ。

783 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 12:33:50
虫はまだ来てないのか

784 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 12:46:44
「ゴキブリを食う」は種の絶滅の危惧を理由に
食肉に反対している者たちにはチャレンジしてもらいたいな。

785 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 16:27:13
>>780
それは机上の空論じゃないか?
学校での行事なんて形骸も形骸だし、
不良少年云々、付随的に効果があるなんて言っても説得力がない。

そもそもここで持論を述べてるヤツに行動力があるとは思っていないが。
俺を含め。


けっこう前に、小学校で飼育した動物を食べるっていう
課外授業を実施した教師とそのクラスの、ドキュメントがあったが。
あれが特異とされないような認識があればいいのかね?

786 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 17:45:07
必要の無い忙しさも込みで現代人は子供も含めて忙しいんだろうなあ。
社会を形成する上で大事な互いへの感謝や尊敬を失っている。

・・・オヤジたちは欲望を刺激されて放恣となり、女子供もそれを真似る。
そういう中で動物云々と言われても、大多数のはあッ?という返事は必然かもね。

787 :19:2006/09/23(土) 17:59:41
給食くいてぇなぁ

788 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 18:28:14
なつかしくて、ごぎぶりが食いたくなってんじゃないか?昔、食っただろ!

789 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 20:09:48
テレビ番組でごきぶり料理があったよな。

790 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 20:17:11
家畜は植物や飼料を食って生産されているから、人間が直接植物を食うより大量の植物が
消費されることとなる。

なぜなら、家畜の生存に必要なエネルギーが途中で消費されているからだ。
簡単な足し算と引き算。図にでもかけばすぐ分かることだ。

791 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 21:26:59
>>790
だから何ぞや? みんな知っとるよ。

792 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 21:30:08
お前は10個前のレスも読めないのか?上げてまでいうなアホ

793 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 21:30:47
ペットフードって美味しけど食べてみないと分からないよね。

794 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 21:42:42
この際生産コストの話は関係ないな。
肉と野菜の末端価格に大差はない。
というかなくなった。

795 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 21:59:06


796 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 22:01:14
中国の野菜はやっぱり安いよ。
さすが中国の味がして美味しいね。

797 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 22:30:25
>>792
ああ、ごめん。なんか煽っちゃった。
アンカーついてないから、どう言うスタンスでそう言うのかなって思って
聞いたんだけど、なんとなく勢いあまっちゃったんだ。

798 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 22:39:54
ゴキブリはホコリ臭いらしいぞ

799 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 22:43:03
しっかし、このスレまた立ったんだな

800 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 22:52:45
すみません795は私です。790の前提が当然とされた後に794が出た
のが不思議で”?”だけにしたのですが。
環境への負荷も生産コストに含めて考えるべきで、その生産コストもここで
の話に関係ありますよね?
単に肉食の必要性の証明の話に移ってるんでしょうか?

801 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 22:55:40
ションベンのニオイ?

802 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 23:18:38
なぜ人間を食べてはいけないか?という問題にも発展しそうだな。

なぜ人間を殺してはいけないかスレよりも、こっちのスレの方が
哲学的に深いね。生きる事は殺すことだというのを直視しているのは
こっちのスレだろう。>>1はとんでもない深奥を極めるスレを立てたもんだ。

803 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 23:21:41
人間の肉は、塩つけてるとさらに美味いらしい。

804 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 23:45:38
味覚と言うものは本来体が欲しているものをおいしく感じるようにできている
疲れた後の甘い物や、病気のときのあっさりとした果物などの例が分かりやすい
当然人によって・時間によって体の状態は変わる
その時々で体に必要な物質をおいしいと感じるのはごく自然なことである
他の動物の肉を食べると言うのは、人の最も原始的な欲求に則していると思うんだが?
菜食主義の猿人は滅んだんじゃなかったっけ?

805 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 00:07:35
だからこそ、虫を食べることにしたんじゃんか!

806 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 00:21:37
感謝して食べますとか言ってる奴きめえ

807 :19:2006/09/24(日) 00:55:54
「やい大将!この店は客にゴキブリ食わすのか!」
「お客さん 言いがかりはよしてくださいよ いま怖いお兄さん呼びますね」
「感謝して食べまーす」

808 :19:2006/09/24(日) 01:02:13
味覚と言うものは本来体が欲しているものをおいしく感じるようにできている
というが
ウンコ食ってるときにカレーの話されると不味く感じるよな

809 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 01:05:02
ご飯炊けたみたい★
ふっくらホクホク♪

810 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 01:23:14
>>808
おまえ・・・
身体的欲求と精神的外傷を同列で語るなよ・・・

811 :19:2006/09/24(日) 01:25:09
節子、それご飯ちやう!おはじきやで!

812 :19:2006/09/24(日) 01:29:57
>>810
何が言いたかったかというと
体が欲すること(自然・感性) と 体が必要とすること(不自然・理性) とは
まず区別されるべきもので
感性と理性とが 不完全ながらも 「何か」によって結び付けられようとしている
のではないか ということだ

その「何か」とは何だろう?

813 :19:2006/09/24(日) 01:30:30
そうだね、プロテインだね!

814 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 01:46:37
>>812
身体欲求と精神欲求の双方はバランスを保つ必要があると思うが
肉食の完全否定ってのはそのバランスの一部を破壊する行為だと思うんだが?
当然自己の精神バランスを取るために肉食をやめるのはその人の自由だが、それを他人に強制するのは一種病的といえるかもしれない
精神的に肉が食えない体(好き嫌いの部類だ罠)というのは否定する気も無いが、それを他社に求めなければ気がすまないと言うのは危険だね

815 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 01:47:23
>>810 おしい!身体的外傷と精神的欲求のことだったと思うけど。
>>811 蒸し暑い体育館に1日放置していたから、蛆虫が顔にいっぱい湧いていたね〜
>>812 最近まで宗教が続いたけど、久々に哲学っぽくなってきたよー

なんだか後ろがムズムズするんだけど、背中が割けて大きな目玉が出てきたみたい。

816 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 03:01:46
年齢と共に段々肉食が出来なくなるのは何故だろう。

817 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 03:12:03
高エネルギー密度の燃料が必要でなくなるから。

818 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 03:52:59
>>802

偶然なんだろうが、たしかに深いと思っている。
わたしは善悪なんか存在しないのだということに気がついた。
あくまでも必要ということでしかないし、その必要において場合によっては人間さえも食料になることに気がついた時は慄いた。

現実は仲良し倶楽部ではないが、人間はまた協働しなければ生きていけない。
この矛盾した存在である人間たちが作り上げた社会で今まで生存してきた奇跡にまた驚いている。
この奇跡は普通のことであり、この意味では奇跡ではないのだが、やはり不思議さを感じている。

わたしは今まで生かしてくれた人たちに思いをいたすことになったこのスレにであったことを幸運に思っている。

819 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 03:58:12
そして様々な人間に感謝できるようになった自分に驚いている。
自分もまたこの競争社会で生きてきて殺伐とした思いしか抱かなかったのだが、感謝できる人たちがいた、いることに気づくと癒されるのだ。

自分ばかりが不幸だなんていう馬鹿げた思いをもう抱かなくなる。
何かあったときには、このことを思い出して立ち上がる力にしたい。

820 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 04:01:43
感謝という行為は自分ひとりで戦うことが出来ない弱いわたしには必要なんだろう。

821 :19:2006/09/24(日) 08:09:51
それ何てローゼンメイデントロイメント?

822 :19:2006/09/24(日) 08:50:04
×
それ何てローゼンメイデントロイメント?

          ↓

それ何てローゼンメイデン?


>>814
「肉を食べるのをやめろ!」
と命令されるのはいけ好かないが
中立的な立場で 肉食と菜食とを比較して
情報を提供してくれるだけなら ありがたい
と思う

自分がいいと思うものを他人にも勧めたい
という心情は理解できないでもない
危険なのかもしれないが

823 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 08:53:16
ローゼンメイデンて有名なようだが内容はを知らないので意味がわからん。

824 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 11:53:11
何が論点なのよく解らないが
今仮に全人類が肉食をやめて植物食だけにしたらそれはそれで
環境が大変なことになりそうな気がする
信用できるデータがあればいいけど

825 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 12:21:47
いっそ
「どうやったら牛さんを楽に逝かせてあげられるか」
にスレタイ変えた方がいいんじゃねえの

826 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 12:28:37
論点もなにも、形成不利と見るや>>1は雲隠れだしな。
名無しでレスしてるだろうがそれは見分けがつかん。
このままだらだらDAT落ちじゃないのか?

827 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 12:36:37
牛は関係ないだろ。
牛丼が話題だと思ってたのか?

828 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 12:46:05
>>827
いや?別に鶏でも豚でもかまわないよ
>>1は安楽死だと思ってんだろ?んでその頃は肉食えてた
ならどうすれば安楽に逝けるか考えた方がいいんじゃね?
ま、>>1が魚も自分でさばいたことのない奴なら、なに言っても無駄かもな

829 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 13:02:45
だから虫食ってろよ!イナゴでいいからさ。

830 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 13:03:01
ここは哺乳類に限っての話だろ。
魚貝類を殺し食べることは問題ないらしい。
だからといってその偏りを追究することに意味はないけどな。

831 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 13:09:27
魚介類ぐらいまともに書け!w

832 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 13:19:37
魚介類だと海生植物も入っちゃうだろ。
わかりやすく気を遣ったつもりなんだが。

833 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 14:20:50
なんで哺乳類だけなんだよ
それこそただのわがままじゃねえか

834 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 14:29:26
w

835 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 14:36:55
鶏は哺乳類じゃないからいいよね

836 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 15:02:23
いろんなべジスレ見てみたがまともに議論に成りそうそうなスレが他に無い
このままDAT落ちじゃ惜しい 
データを出して肉食を続けるとヤバイっていうべジが来りゃ哲学から離れて
も議論に成りそうだけど。



837 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 15:52:58
>肉食を続けるとヤバイ
そういう論調で語ってるベジタリアンはここには来てないね。
そんな自爆行為みたいな発言する人、この板にはいないんじゃないかな?

・・・というか他板で善悪やら神やら持ち出したら即・基地外扱いされるだろww
そんなことも真面目に取り合ってくれる哲学板は素晴らしいと思うよ。

838 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 16:56:05
このスレを見ても分かるように、肉食肯定者は性格が暗くひねくれて暴力的
だ。マナーが悪く言い方が陰湿でニヒリスティックでもある。個人攻撃の
快楽に興奮しているようだ。このような人達が殺人を起こしたがるのも
肉食のせいであろう。ベジタリアンの心的傾向と正反対である。
この事も肉食が良くないと言うことの証左となる。新聞の社会面を
にぎわしている奇妙な現代的事件の90%以上は肉食者によるものである。
おそらく肉食によってキレやすくなっていると思われる。
セロトニンを脳内で合成するトリプトファンは肉だけでなく植物からも獲れる
のだが、動物肉からしかトリプトファンが獲れないかのような情報が
流れている。誰がそのような情報を流すのだろうか。

839 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 16:59:36
お前の方がよっぽど危ないけどな
自分で分かってないだろ

840 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 17:07:46
「肉食肯定者」って、肉食否定者なんて、あんまり見たことないぞ。
日本中に何人ぐらいいるんだ。

841 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 17:21:47
肉食拒絶者は相手にされてないってのが正直なところだな。
このスレでくらい言いたいこと言わせてあげてもいいんじゃないか?

842 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 17:23:00
838みたいなべジがよけい社会も環境も悪くする原因だろ
>>838せめてまともなべジにここ紹介しろ


843 :19:2006/09/24(日) 17:30:18
みんな、オラに肉を分けてくれ!

844 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 17:35:33
おまえら突っ込むところ違うだろ
>>838はこう言ってるんだぞ
「奇妙な現代的事件の10%はマイノリティーなベジで占められている」てな
ベジが人口の10%以下なら、ベジのほうがよっぽど危ないってことだ
俺の回り見回してみると、肉食わないって奴は1%もいないけどな

845 :19:2006/09/24(日) 17:38:03
頭いいな
一体何食ってそうなったんだ

846 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 17:38:21
>>838に突っ込むつもりなんかねーよ。
本気で書いてるわけないだろw

847 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 18:52:01
そういえば昔は自分たちで家畜をツブして食べてたんだよね。
いつから人間の感性は敏感になったんだろう。

進化ではないような気がする・・・

848 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 19:45:23

次に潰されるすのは、お前の番だな

849 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 20:31:01
俺はこのあいだ夏風邪に潰されかけたけどな

850 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 21:17:25
人類を700万人殺しても、新型インフルエンザウイルスは、人間カワウソとは
思ってくれないだろうな。

851 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 21:21:19
>>838
そうだな、あくまで母性により育てられることを基本に生きてきた哺乳類や鳥類が
工場のような非人間的な環境で何代にもわたって四六時中目を血走らせて
飼料を食べ続けて機械的に大量生産されるという、そういうことが例のクロイツフェルト
のげ絵印になってる異常プリオンを生み出しているんだろうな。
肉食者はプリ恩漬けになってとっとと滅びるべきだな。

852 :19:2006/09/24(日) 21:23:30
そうだな、プリオンって美味しそうな名前だよな

853 :19:2006/09/24(日) 21:26:16
でも、食後のデザートってかんじだよな

だけどよく考えると
デザートも食なんだから
食後のデザートって変だよな

854 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 21:31:49
入る場所が違うんだよ

855 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 21:34:23
>>851
放牧なら屠殺OKだな?

856 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 21:53:24
>>851
異常プリオンは一定の確率で生じ、自然界に存在します。

857 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 21:59:04
>>851
感情的にならずにデータを示して危険性を訴えればもっと効果的なのになぜ
そうしないのか。
いつも肉食者への反感と動物への憐憫ばかりで実効性がない。
そこが世間の反感を買う。




858 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 22:16:38
ミドリムシは、動物学の分野では「原生動物」に分類されているが、植物学
では「ミドリムシ植物」に分類されている、という動物だか植物だか分からない
生き物だ。

ミドリムシは食べていいのですか?

859 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 22:54:16
真っ黒の体長5セントほどのゴキブリがでてきた。
それも3匹も!
当然やっつけたけど、全部食べちゃった。

860 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 23:14:58
>>857
アメリカの牛食ってBSEになるより、それを買いに逝く間に交通事故に遭って死ぬ確率の方が
高いってことで、データによる説得には無理があるんだろ。

861 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 23:23:01
>>860
そうだよな、肉食者はプリオン漬けになってとっとと滅びるべきだな。

862 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 23:36:14
キープだ牛〜♪

863 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 00:04:22
自分では嫌悪感から殺すことの出来ない動物を他人に捌いてもらって食べるのは卑怯

人間として卑怯

864 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 00:26:31
>>863
必要があれば自分で捌くでしょう。だから肉食は続いてる。
現代人がそれをしないのはシステムの問題で必要なら慣れるでしょう。
上にあったのでいいたくないが植物は殺していいというのは命の問題から目
を逸らしてるようにしか見えない。
植物は何故軽い扱いなのか?

865 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 00:36:33
動物を殺すことに慣れた人は、人をも簡単に殺せるでしょう

866 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 00:46:21
>>865
状況が許せばそうする事は周知だとおもいますが?(戦争など)


867 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 01:03:00
人間を食べようということ?

868 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 01:07:31
>>864
人類が殺せるかどうか、ではなくて、あなたが殺せるかどうか、なのです
あなたが、苦しみもがき叫ぶ動物を、殺せるかどうかなのです

869 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 01:21:30
人間を殺して食べようなんてとんでもない事です!!

870 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 01:26:40
>>865
話のすり替えはやめな
食うことが悪いのか?殺すことが悪いのか?殺して食うことが悪いのか?
どれを取るかによって話の流れが変わるよな

871 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 01:28:35
>>867
そんな例も上でありましたね。でもここでは単に殺す事についてですよね。
>>868
私は人類の中に入ってるつもりですが?

872 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 01:43:18
ではなぜ動物を殺すことはいけないのか?
殺すこと自体がダメと言うことは、当然理由の如何によらずダメと言うことだろ?

873 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 01:44:26
>>871
ということは、あなたは小さい頃から大事に育てた動物を
食べるために殺すことが出来ると言うわけですね?
苦しみもがき泣き叫ぶ動物を、あなたは殺せるんですね?自分の食欲のために

874 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 02:13:41
食欲は大切だ。性欲も大切だ。

875 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 02:23:45
>>873
それは愛玩動物としてみているからだろ?
少なくとも今はいい時代だろうな、食べることを選り好みできるんだからな
食えるかどうかじゃなく、食いたいかどうかで話せるんだからよ

876 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 02:30:14
>>875
そうです
食べることを選り好みできるいい時代に
あなたが自分の食欲のために自分の手で動物を殺せるかどうかが問題なのです

877 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 02:35:11
殺せたら喰っていいってどんな理論だよ…

878 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 03:08:14
毛皮は贅沢でありしかも小動物などを殺したりする残酷なものだから生産および着用は止めろという主張はある程度力を得てきている。
これらは他に替わるものがある。
しかし毛皮否定論はその昔の極寒の地の住民にその主張を押し付けることはできないだろう。
否定論者は毛皮着用に替わるものをその全ての住民に提供しなければならない。

人間の行動原理は可哀相とかいう感情ではないのだ。
必要かどうかなのだ。
ある場合には仲間まで殺したり、極端な場合は食べたりする場合もありうる。
そんなことはできない、というかも知れない。
食人はともかく必要があれば人間は殺人も犯さなければならないことがありうる。
じつは善悪なんてのは存在しないのだ。
その社会秩序に必要か不必要かが究極の基準なのだ。
あなたが生存に必要な行為だと判断して強盗をした。
しかしこれは社会秩序には不都合だから罰せられる。
それに違う行為の選択の余地は無いということではないのだから。

食肉は人類にとって他に選択肢が無い限り否定はできない。
ある部族の食環境が食肉しか許されない場合に否定論者は餓死しろとはいえないだろう。
ではわたしたちの社会は食肉が必要でない食環境にあるのか?
問題の本質はそれではないだろうか?

879 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 03:26:30
善悪という基準は人の良心に訴えやすく抑止力が強いのではなかろうか。
社会秩序を維持する場合にはかなり有効性がある基準だと思う。
為政者は一般社会で考えられる善悪を踏みにじる場合があるが、秩序維持、保身に必要だからだろう。

(場合によってはこのお手軽な基準は為政者に牙を剥くことがあるが。)

しかし食肉否定の感情自体は否定できない。
この感情からもしかすると新たな食環境を創出する可能性は否定できないからだ。
これらの異端者は場合によって社会に害をなすかも知れないが、必ず一定の割合で存在するだろう。
わたしたち社会は彼らをたんに排除するのではなく、抱え込まないと新たな発展は望めないのではないのだろうか?

880 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 03:30:01
人の脳みそ食べちゃおうかなぁ・・
エヘヘ ヘヘ

881 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 03:31:17
喩は悪いのだが、働きアリの何割かは働かない。
その何割かを排除すると、また何割かが働かなくなる。

社会が逼迫すると異端は排除されるかもしれない。
しかし異端を排除しなければならないのは人間社会にとって不幸な時代だろう。
逼迫しない、させない為にも異端者は必要なのかもしれない。

882 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 03:35:21
肉食主義者の癖になに上から目線で語ってるのやら

883 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 03:41:21
>>873
>>876
871ですがこのスレで同じ様な問答がすでにありましたよね?
今度は違うかと思ったがまた同じ。
なぜ情に訴えるしかないと思うのですか?

884 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 03:44:13
>>883
何故素直に答えられないんですか?
他に食べるものが一杯あるのに、苦しみもがき泣き叫ぶ動物を、
あなたが自分の食欲のために自分の手で殺せるのかどうか

>このスレで同じ様な問答がすでにありましたよね?
私はこのスレを途中から見ているので知りません

885 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 03:56:05
この前敬老の日にお花プレゼントしました。
黄色い花は可愛かったんだけど、お花屋で買うときに、
イケメンのお兄さんが「チョキン・チョキン」と
可愛いお花を切り刻んだり葉っぱをもいだり
しているのは心が痛くなった。
黄色くて小さいお花なのに、容赦ないのが怖かった・・

886 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 03:57:16
植物厨はスレ違い

887 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 04:53:54
>肉食主義者の癖に

そういう批判ではなく、具体的に論駁しないと<食肉主義者>は相手にしないでしょう。
わたしは肉はそれほど好きではないが、周囲に合わせて食事をしている。
吉○家の牛丼なんかは大嫌いなので致し方ない場合だけしか行かない。
それになんやかやと言って牛丼は避ける。
しかし牛丼好きを否定しようとも思わない。

ベジタリアンの主張は論理的な食肉許容の主張に対抗できていない。

888 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 04:55:37
>>885は、動物の殺され方が可哀相というのなら植物の扱われ方も可哀相と感じる人もいるだろうということだろう?

889 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 05:07:36
動物としての人間は生きようとするかぎり植物でも動物でもその命を食らっていかなければならない。
生きるということはそういうことなのだということが理解できた。
ベジタリアンの問題提起はわたしには当たり前のようにして関心がなかったことの意味を浮き上がらせてくれた。

このスレの二百辺りまでで既に答えは出ている。
あとは無限ループの問答にしかなっていないし、これ以上の議論は時間の無駄にしかならないだろう。

最後に言いたい。
個人的にはとても意義深い議論でした。
thanks>ALL

890 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 05:30:15
>肉食主義者の癖に

あなたには肉食主義が悪いことなんでしょう。
それはあなたとその仲間の価値観でしかありません。

価値観を押し付けるにはその価値観に普遍性があることを納得させなければなりません。
それができなければ自分たちだけの価値観であることを理解するべきです。

891 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 05:52:08
大量殺人や快楽殺人と屠殺とは同じ事である、という事です。
同じかもしれません。でも仕事だから仕方ないのです。
肉を食わなければいいということではなく、金を稼がなければいいということでもないのです。
BATEND

892 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 06:18:31
命を摘むことがなぜ悪いかわからない。動物でも人でも


893 :19:2006/09/25(月) 06:26:43
命を摘まれることは?

894 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 06:30:00
殺すってことだよ。
そんなこともわかんねぇのか?お前アホだな。

895 :19:2006/09/25(月) 06:44:53
>>894
「摘まれる」とは? と意味を聞いたのではなく
「摘まれること」は? と自分が主体から対象になった場合を想定したら
その場合はどうか を聞いたつもりだyo

加害者として命を奪うことへの意識はなくても
被害者として命が奪われる場合なら
意識せざるを得ないのではないか
と思ったから

もし
自分の命を他の命によって奪われ利用されるのが許容されないのなら
その一つの事例だけで
命を奪うことは普遍的に許容されるものではない
ということになる

896 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 06:48:23
>>863
で、あんさんは、魚に関してはどうなんだっけ?

897 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 06:48:48
命は摘まれたくは無いが、そのためには戦うしかないだろう。
でも日本は戦争を放棄している、そこが変な理由です。
個人的な戦いは戦争ではないとするしかない。

898 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 07:02:50
動物はそんなこと考えないだろうよ。
食物連鎖の中で理由もなく捕食されるもの、捕食するものとして存在する。

命を奪い合うのは許容されるされないではない。
動物にとって必要な行為に過ぎない。

そして人間もまたまごうことなく動物なのだ。

899 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 07:06:41
以下無限ループ。www

900 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 07:21:03
もう言ってしまうよ。
命を理由に肉食を否定するのは臆病者のロジックだと。
もしくは脅迫観念に支配されている神経症。

901 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 07:21:34
植物を差別するなんてとんでもない。いい迷惑だ。

902 :19:2006/09/25(月) 07:59:52
>>897
>命は摘まれたくは無いが、そのためには戦うしかないだろう。

その場合は「悪ではない」のではなくて 
「悪と分かっているが自分の生命の維持を優先するためには戦いが回避できない」
ということなんじゃないのだろうか

>でも日本は戦争を放棄している、そこが変

たしかに 国際間での恒久平和の達成 と 自国の維持 は
全ての国で意識が共有されていることを前提とすれば両立するはずだが
実際にはそうもいかないだろうとおもう

「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」
普遍的政治道徳の法則(自国のみを優先しないこと)に従う責務をはたす
と憲法前文にもあるので
今後戦争を想定しないともとれる(しかし九条には「国際紛争」という言葉が出てきた)

たとえ自分が殺されることになっても戦わない
という決意を日本は国家としてしたのだともとれる

戦う以外の解決法も無いとは言い切れないし
考えれば見つかるかもしれないのだから
という楽観なのかもしれない

難しい
正直言うと自分にはよく分かっていない問題だ

903 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 09:34:48
>大量殺人や快楽殺人と屠殺とは同じ事である、という事です。
>同じかもしれません。でも仕事だから仕方ないのです。

大量殺人や快楽殺人をやって稼いでる人を見たことがない。

職安に行ったら職あるの?

904 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 09:39:09
>自分の命を他の命によって奪われ利用されるのが許容されないのなら
>その一つの事例だけで
>命を奪うことは普遍的に許容されるものではない
>ということになる

普通になりません。

自分の命は惜しいが、他人の命は惜しくないから。

命を平等に扱うのは妄想です。



905 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 09:43:20
>命を理由に肉食を否定するのは臆病者のロジックだと。

さらに言わせてもらうと、「消極的ニヒリズム」であり、人生に失敗してる。


906 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 10:10:41
>>903
兵隊さん

フランスの職安ならあるかも

907 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 10:34:27
膠着してしまったスレッドに新しくも懐かしい価値観を提示しよう。
「人類とそれ以外(の命)は区別すべきである」

「人も牛も虫も草木も生命は等価値」とするのはレトリックである。
証明出来ないことに対して、擬人法を用いてイメージしやすくしているに過ぎない。
一度こういう考え方をしたら、親近感を抱いてしまった自分から帰還する作業が必要である。
君は獣でも植物でもない。
殺人と屠殺を同列に扱うことは、君が家畜だと主張しているようなものだ。

では人類は特別なのかと言えば、そう人類は人類にとって特別な存在である。
過去の過ちは、特別を地球規模で行使してしまったことにある。
結果として自分たちの住まう場所を破壊してしまうことは当然受け入れられない。
弾劾されることがないのであれば、為せることは何でもしてしまえば良い。

本稿は「人間至上主義」に非ず、「人間中心主義」である。
人間が傲慢だと思うのであれば、そこから考え直してみることをお勧めする。

908 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 10:50:10
↑屠殺屋必死だなw

909 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 11:07:54
牛のウンチって食べてもお腹こわさないよね?

910 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 11:09:24
いらんわい!

911 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 11:12:05
>>907
木と人間の命を比較した場合、合理的に前者を優先すべき曲面も存在し得ると考えられるが?

912 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 11:12:49
訂正:局面

913 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 11:35:55
メタンガス発生?でお腹がプックリになるんじゃないか

914 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 11:44:48
>>911
それは酸素供給のことを言っているのだと思うが、相反する問題ではない。
より理解を深めるために具体的にその局面をお願いしたい。

915 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 12:05:22
>>907
哲学的には、より根本的で過激な問題設定ができます。
「自分の命とそれ以外の命は区別するべきである。」
この場合、他人の命を尊重する理由は

1.好きで愛着があって、死ぬとかわいそうだから。
2.他人と自分は力関係においてほぼ対等であり、共同して社会を構成
 しないと自分の利益を最大化できない。他人の命を尊重しないと、
 自分の命も尊重されない可能性がある。他人は社会契約の相手方として 
 自分と対等の存在だから、その命は建前として尊重せざるを得ない。

この理由を動物に当てはまると、1.はその人の主観次第です。
より本質的なのは2.で、動物と人間は力関係において対等でなく、
社会契約の相手方でもないので、その命を尊重する理由が何もありません。
だから、事実として尊重されない場合が多いという結果になります。
どちらの理由も、「生命は、実はそれ自体において貴重なのではなくて、
自分の都合で尊重したりしなかったりするだけだ」と考える点では同じです。
つまり一種のニヒリズムであることは、否定できません。




916 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 12:15:03
牛の肉はダメだけど、牛のウンコは食べていいよ!
本当は、食べたことないでしょ?

917 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 12:15:16
>>884
一応レスします。
なぜ素直に答えてないと思うのかというと、あなたが情による思考しかして
ないからです。殺せなければ人類の肉食はとうに途絶えてます。
そして私も人類の一員です。
878さんと重複しますが人類がここまで存続してくるのにどのような局面
があったか承知ですよね?
問題とすべきは現在の食肉の必要ですが泣き落としで世界の食料事情を変革
できますか?
ナイーヴ過ぎて文字どうり”話にならない”事言ってますよ、あなたは。
前レスを読まずにありきたりの事を言うのはもう勘弁な。

918 :19:2006/09/25(月) 12:34:37
J ビーフ

919 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 12:44:54
このスレは最終的に「なぜ人は人を殺して人肉を食べてはいけないのか?」
という倫理問題に収束すると思う。

920 :19:2006/09/25(月) 12:48:05
>>904
その箇所は 感情や現実問題についての話題ではなく
論理上のみでの 善悪について話題にしたつもりだったyo

921 :19:2006/09/25(月) 12:56:34
>>919
はずれたらみんなに焼肉おごれよな

922 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 13:04:54
タレかければ、牛の目玉は食えるか?

923 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 13:10:23
>兵隊さん
>フランスの職安ならあるかも

ナンセンス

兵隊さんの仕事は「国の主権」を守ることであって、人殺しではない。

924 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 13:18:34
> 何故素直に答えられないんですか?
>他に食べるものが一杯あるのに、苦しみもがき泣き叫ぶ動物を、
>あなたが自分の食欲のために自分の手で殺せるのかどうか

いっぱいはないだろう、肉と植物だけだ。

お腹いっぱいのとき食欲はないから、殺さない。

腹が減ったときは、食欲のために殺す。

それが普通だぞ。


925 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 13:23:21
「肉を食べる経験をしてみたかった」という少年には、
「自分を殺して自分の脳を食べればよい」と言ってやればよろしい。

926 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 13:26:12
>>925
反論は出るでしょうが、慧眼ですね。

927 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 13:33:56
小1の頃に読んだシェークスピアのベニスの商人は怖かったな。
シャイロックが借金の抵当として、借金した人の人肉を切り取るぞという
話なんだよ。

928 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 13:40:19
>シャイロックが借金の抵当として、借金した人の人肉を切り取るぞという
>話なんだよ。

あれはひどい話だった。

シャイロックには何の落ち度もないのに、

ユダヤ人だという差別から借金を踏み倒される話だった。

キリスト教徒は本当に怖いよな。




929 :907:2006/09/25(月) 13:48:45
>>915
アンカーを付けてもらった理由がわからないのですが?
私は虚無主義者ではないのだが・・・。

930 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 13:51:43
ニュー速では、肉食者がネコ殺に大騒ぎだぞ。キモイな

931 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 13:53:42
>>929 あなたの「肉を削ぎ取るぞ」という事ですが?

932 :907:2006/09/25(月) 13:55:55
↑意味がわからないし騙りも大概にしなさい

933 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 14:00:12
ならんぞ

934 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 14:06:08
猫が虐殺って、その場面が夢に出てきそうだね…

935 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 14:08:38
猫ヒロシ、猫ヒロシ、・・・・

936 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 14:40:46
>>917
また質問に素直に答えてないですね
話をすりかえて
人類じゃなくて、あなたがどうかと聞いているのです
私も人類の一員ですとか、卑怯な答え方は辞めてください
他に食べるものが一杯あるのに、苦しみもがき泣き叫ぶ動物を、
あなたが自分の食欲のために自分の手で殺せるのかどうか

・他に食べるものが一杯あるのに、苦しみもがき泣き叫ぶ動物を、
私は自分の食欲のために自分の手で殺せる

・他に食べるものが一杯あるのに、苦しみもがき泣き叫ぶ動物を、
私は自分の食欲のために自分の手で殺せない

このどちらかで答えてください


937 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 14:48:56
>>924
肉以外の食べ物はいっぱいありますが
日本には
少なくとも肉を食べないと死ぬような環境にはありません
それと、それが普通だぞ、じゃなくて
他に食べるものが一杯あるのに、苦しみもがき泣き叫ぶ動物を、
「あなたが」自分の食欲のために自分の手で殺せるのかどうか、が問題なのです

938 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 15:02:00
>>936
同じですよ。
食欲が勝れば私は手間でも自分の手で殺して喰いますが?
肉を欲した時にすでに他人によってさばかれた動物の肉がなければ。
なぜ人類がしてきたことを私が例外的にできないと思うのですか?
あなたは例外的に殺せないかもしれないがそれを私にも当て嵌まると考える
のはなぜでしょう?

939 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 15:12:46
つか、苦しみもがいて泣き叫んでるなら、楽にしてやった方が
いいんじゃないの?

940 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 15:16:03
>>938
あなたが2度も質問に素直に答えられなかったのは
他に食べるものが一杯あるのに、自分で育てた苦しみもがき泣き叫ぶ動物を、
自分の舌欲のために自分の手で、「殺せない」からなんです
私は心理学を学んでいるのであなたの葛藤がよく分かります
人類云々の話を持ち出すのは、やはり動物を殺すと言うことに罪悪感があるからです
自分一人が悪者になることに耐えられないからなのです
農耕民族で長い間牛豚を食べてこなかった
日本人のメンタリティとしては、殺せないと言う選択肢の方が自然ですね

941 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 15:19:05
今日はしゃぶしゃぶにしよう!

942 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 15:22:06
2度ではなくて4度でしたね
失礼しました

943 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 15:31:48
>>940
では罪悪感があったとして食肉が続いてきたのは何故でしょう?
私が罪悪感を感じたとして食欲の為に動物を殺せない事の証明は
出来るでしょうか?

944 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 15:41:47
牛肉はうまい。鶏肉もうまい。それを味わえる人生はすばらしい。
仮に、肉食が人生を肯定する力を少しでも持つならベジタリアンになる必要なんかない。
宅間守は自分の人生をすばらしいと肯定できれば、あのような犯罪を起こすことはなかったろう。

それに牛肉を売ることで代々生計を立てている人や、肉牛を放牧して生活している人なんかは
路頭に迷っていいのかな。その人たちが惨めな末路を歩んでも牛が救われたらいいの?
俺は牛なんかよりもその人たちに同情してしまうなぁ。

ベジタリアンも肉食家とは違う次元で残酷なんだろうし、残酷であらざるをえないんだろう。
でも「残酷」なんて評価自体が妙な視点から加えられた判断に過ぎないとも思うけど。

945 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 15:47:23
>>944 牛のおならって臭いのかな?

946 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 15:48:57
肉が旨いんじゃないんだってば。タレで旨く演出してるの。
肉が旨いと思っている人は、タレ無しで食べてみな。

947 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 15:56:34
> 肉以外の食べ物はいっぱいありますが

突き詰めれば、肉と植物しかないのだよ。

カップメンのお肉は乾燥してるけど、まぎれもなく家畜の肉さ。

948 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 15:56:38
罪悪感自体が歴史的産物じゃね?
これこそがマインドコントロールの産物だと思うんだ。
人を殺すことはじつは善悪には関係ない。
善悪は社会秩序を保つ判り易いというかお手軽な道徳の押し付けに過ぎないと思えてきた。
つまり社会秩序の必要からということだ。
でも実際は善悪なんてのは無いんだ。
それを犯しにくいように罪悪感を植えつける。

949 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 15:57:50
本当に旨い野菜は何もつけずに食べても旨い、とよく聞くが、
正直あまり旨いと思ったためしがない。
その点、果物は旨い。

950 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:00:58
>>949 君の脳がそうのように指令しているだけなんじゃないかな?

951 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:03:45
>他に食べるものが一杯あるのに、苦しみもがき泣き叫ぶ動物を、
>「あなたが」自分の食欲のために自分の手で殺せるのかどうか、が問題なのです

「他に食べるもの」とは他人が殺した家畜にすぎん。

「自分の食欲のために自分の手で殺せるのか」当然だ、私は自分が欲したから肉を食う。

たまたま他人が殺した肉があるから、それを食ってるだけだ。

家畜を殺し肉を食うのは、自分が欲したことだと認めなさい。

「積極的ニヒリズム」を体験しないと、人はどんどん弱くなる。


952 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:04:42
〉〉946
肉は塩コショウのみで食べるのが一番うまいよ
ただし安い肉だとだめ
釣りたての魚なんかも塩振って食うのが最高

953 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:08:42
>>951
君はニーチェを支持していたのですか。
一つ疑問があるのだが、ニヒリストがこのような議論に参加する意味はなんだろう?
人に己が知恵を享受するのは、弱者は捨て置くべしとしたニーチェとは考えが違うと思いますが。

954 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:10:42
心理学を持ち出すことは話を曖昧にするだけじゃないのか?

955 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:15:12
>本当に旨い野菜は何もつけずに食べても旨い、とよく聞くが、
>正直あまり旨いと思ったためしがない。

実はそうてもない。高度成長時代のキュウリの品種を食ったことがあるが、

中身はスカスカ・苦いし、まずかった。その頃は塩をつけて食ってたらしい。

現代のキュウリの方が断然うまい。「昔の野菜はうまかった」って奴は嘘つきだぞ。




956 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:20:36
肉を食べることは、満たされない権力欲の補償ですね。
弱い人間が神に近づくための逃げ道。
ひとり裸でサバンナに放り出されたら3日で野獣に食い殺される弱い存在
である人類が、自然を征服したかのような錯覚に浸るための。

957 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:25:05
>弱者は捨て置くべしとしたニーチェとは考えが違うと思いますが。

それは誤解だろう。弱者を徹底的に追い詰めなければ

「消極的ニヒリズム」から脱出できない、というのがニーチェだ。

文字通り「弱者は捨て置くべし」なら、ニーチェは本なんか書かない、自分だけ強者であることに満足してるだろう。



958 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:25:05
30点

959 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:26:46
>>956
そうだとして肉食をやめる理由になるでしょうか?

960 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:29:40
>肉を食べることは、満たされない権力欲の補償ですね。
>弱い人間が神に近づくための逃げ道。

チンパンジーやマントヒヒも肉を食うが、やっぱり神を目指しているのか ?

961 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:32:17
>>960
残念ながら、ヒヒには神という観念は無い。

肉を食べても良いが、まず最初に自分の体の肉食べるべきではないか。

962 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:33:42
>ひとり裸でサバンナに放り出されたら3日で野獣に食い殺される弱い存在
>である人類が、

どうしてどうして、サバンナの土人は強いぞ。ライオンは彼らの姿を見たら逃げる。


963 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:37:09
>>962
裸でというのは素手という意味だ。空手でライオンに勝てるのか。

964 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:39:58
しかし、ここの食肉否定者は次から次へと電波を飛ばしてるな。
マジで大丈夫なのか?
普通の菜食主義者が偏見をもたれなければいいが……

965 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:44:17
>肉を食べても良いが、まず最初に自分の体の肉食べるべきではないか。

理屈が理解できん。まず、家畜の肉を食うべきじゃないのか ?

966 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:49:27
>>964
私たちが日常出会う菜食主義者は、ある程度の社会性を有しているからその点大丈夫だ。
一皮剥けば同じなのかもしれないが、それを発揮して来ない時点で害はない。

「雉も鳴かずば撃たれまい」ということを知っているんだよ。

967 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:52:39
私の940の問いはとるに足りないものでしょうか?
急かすようですが間もなく1000なのでw
罪悪感や抵抗はそもそも前提としてあるもので肉食否定の根拠になり得ない
と思ってましたが。私の場合ですが。

968 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:54:27
マン汁?

969 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:55:40
967訂正
943の問いです。ごめんなさい。

970 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 16:57:29
菜食主義者というのは
1.そもそも肉を食べたくないから(まずいから)食べない。
2.肉は食べたいが、体に悪いから我慢して食べない。
3.肉は食べたいし、体に悪いとも思わないが、食べるべきではないと
 思うから我慢して食べない。
どれなのだ。1と2は、哲板で扱うような話ではないぞ。

971 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 17:02:35
>他に食べるものが一杯あるのに、苦しみもがき泣き叫ぶ動物を、
>あなたが自分の食欲のために自分の手で殺せるのかどうか

親戚が来たので、ご馳走するため自分でエサやってた鶏を自分でしめた。

先にお湯をたいて、しめたらすぐに湯煎する。そうすると、羽毛がきれいにとれる。

腹をさいて卵になりかけの卵を別にとっておく、そこがとってもおいしいから客にだす。

うーん、年がばれたか。



972 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 17:04:30
>>964

いや、自分が正論だと思っている食肉否定の根拠が薄いことを指摘されて感情的になっているだけだろう。
人間にはよくあることだろうよ。
誰でも自分が正しいと思いたいから。

973 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 17:04:50
もしかしたら動物を食べなくなる時代が来たりするかもしれない

974 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 17:08:43
>>971
うん、祖母が叔母さんが鶏の首を絞めてご馳走してくれるのを、おかしそうに描写するよ。
慣れの問題だろう。
オレも田舎にいたらフツーにやっていると思うよ。

975 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 17:17:13
祖母ちゃんが夏に行くたびに叔母ちゃんが鶏を馳走してくれたと言っていた。
やはり鶏はご馳走だったんだな。

976 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 17:25:29
元々、めったに食べる物じゃなかったんだ。祭りや非日常空間で死を
予感させるような儀式的な形で食べていた。タナトスってやつか。

977 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 17:31:15


978 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 17:32:59
菜食主義者は鶏卵を食べるのも反対なのか。
生まれる前で命になっていないから食ってもいいのか。

979 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 17:33:28
> 私は心理学を学んでいるのであなたの葛藤がよく分かります
>人類云々の話を持ち出すのは、やはり動物を殺すと言うことに罪悪感があるからです

家畜を殺すのに感じる罪悪感には、どうゆうコンプレックス名がついてるんだ。

文献の名前とページを教えてくれ。

>農耕民族で長い間牛豚を食べてこなかった
>日本人のメンタリティとしては、殺せないと言う選択肢の方が自然ですね

山くじら・モミジ・ボタン等 みんな動物食の隠語だ。日本人が肉食しなかったと本気で思ってるのか

980 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 17:36:31
>菜食主義者は鶏卵を食べるのも反対なのか。
>生まれる前で命になっていないから食ってもいいのか。

無生卵なら食ってよし、有生卵はダメヨーン


981 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 17:43:43
鳥を殺せる人はたくさんいるだろう
だが牛や豚を殺せると言う人は少数派のはずだ

982 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 17:46:18
友達が、小さい頃に茹で卵を割ったら、茹でヒヨコが出てきて、
それがショックで卵が食べられなくなったと言っていた。
小さい頃にゆっくりと慣らしていけばいいのだろうけど、パカッと
割ったら予想外のキモい物質が突然現れたもんだから。
それはショックで食えなくなるわな。こういう事は、最初はゆっくり
と教えないといけないよ。

983 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 17:48:12
>>981
現在日本ではそうかもしれないが状況が変われば違うでしょう。
それより943の答えを知りたい。

984 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 17:48:26
必要なら馬でも殺すんじゃね?

985 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 17:48:34
>鳥を殺せる人はたくさんいるだろう
>だが牛や豚を殺せると言う人は少数派のはずだ

事実だけいわれても・・・

その先はないのか ?

986 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 18:06:48
輪廻という民間信仰のような迷信があるせいだ。
自分が死んだら牛に生まれ変わって食べられるのかと想像すると・・・
妄想なんだが、何か悲しい。

987 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 18:08:15
鳥が殺せる、殺したから牛や豚も殺せるとするのは間違いと言うこと

988 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 18:13:52
誰でもゴキブリ、ハエ、蟻、蚊は殺せる。
クワガタ虫となると、殺しにくくなる。
カブトムシとなると、井上陽水くらいにしか殺せない存在だ。

989 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 18:13:59
>>987
あなたはその理由を訊かれてるのだと思いますが?
943の答えまだでしょうか?

990 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 18:14:42
>では罪悪感があったとして食肉が続いてきたのは何故でしょう?

罪悪感のある人は淘汰・絶滅したから

>私が罪悪感を感じたとして食欲の為に動物を殺せない事の証明は
出来るでしょうか?

江戸時代、島原の乱で農民は空腹のあまり子供を食った。

さすがに自分の子は食えないので、他人の子と取り替えて食った。

食欲のために子供を食うことを考えれば、家畜なんぞ屁でもない。


991 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 18:17:56
> 鳥が殺せる、殺したから牛や豚も殺せるとするのは間違いと言うこと

鳥が殺せる、だから牛や豚も殺せるといえる。どちらも家畜の延長だ。



992 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 18:18:29
かぶと虫 壊れた・・・

993 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 18:20:04
>>991
そして、どちらも生き物という延長で君は人間を殺すのか。

994 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 18:21:26
牛→狂牛病
豚→E型肝炎
鶏→鳥インフルエンザ

995 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 18:22:29
>>990
私は魚以外殺して喰ったことがないので解りませんが自分の育てた牛や豚
を殺すのは抵抗を感じると推測しかできませんが。慣れるまではそうなん
じゃないでしょうか?
後者は同意。

996 :19:2006/09/25(月) 18:23:53
お魚くわえたドラ猫くわえたサザエさん

997 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 18:24:05
パックされた肉しか見たこと無いのだから、罪悪感など感じる事はないね
人間の肉もパックされていたら、同じように罪悪感を感じないだろう

998 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 18:26:06
南米からの輸入物コンビーフの缶詰って、何の肉なのか俺には
よく分かんない

999 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 18:27:14
>>990
あなたは他に食べるものが無いから肉を食うのか?
飢餓の話はスレ違い

1000 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 18:27:16
1001匹ワンちゃん肉

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

267 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)