5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

子供作る奴が一番子供のことを考えていない?

1 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 02:03:52
環境と資源の問題、争いの社会
虐待問題の増加、親子間の障害事件の増加
ストレス社会における精神疾患の増加、等

子供を作る奴は深く考えているのか?


2 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 02:07:12
釣りか?結婚したら誰でも自然に子供作るだろ。深く考えるとか
関係ない。

3 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 02:08:41
>1
お前の親が考えたかどうか深く考えてみろ。

この穀潰し。

4 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 02:15:54
確かにいまどき子供つくるのは恐ろしいわな

5 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 02:28:47
人間メシ食ってウンコして子供生むのが当たり前。
だったらメシ食わずウンコするな>>1

6 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 02:32:58
餓死と常に背中合わせだった時代に較べれば遥かに生存を維持し易いわ

7 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 02:46:26
人間、動物なんてヤって子供産んで育てて・・・の繰り返しだろ。

8 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 02:48:33
>>1に賛同するわけではないが、一つの命を作り出すという重荷を背負う覚悟ができていない連中が多いとは思うな
生んでくれと頼んでいないのにこの世に放り出されて、なりたくもないのに大人になって、問題起こそうもんなら「責任は自分でとれ」なんてふざけた話だ

9 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 02:56:32
>>5

    (・ω・` )ヾ(・ω・* ) ネェネェ

ブボボ(`;ω;´)モワッ (・ω・* )

    (`;ω;´)  ε=(*ノ;ω;)ノ

10 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 08:35:14
少なくとも、十代で収入もろくにないのにズッコンバッ婚で、さらにポコポコ産んじゃうようなのは
あんま考えてないかもね。

11 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 10:24:40
俺はけっこう深く考える派。
それで思ったがやはり子供産もうなんてのは自己満以外のなにものでもないな
経済力あるなどよほど子供を幸せにできる保障がない限り生むもんじゃないよ

確かに自己責任なんてのは単なる要請であって、実際すべて自分に責任・原因があるかといわれるとそうじゃない。
深く考えるのが正しいかどうかわからんが2,3,5のような何も考えてないのは明らかな問題

12 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 10:30:59
>>11
お前の親が考えてなかったんだからどうしようもないんだよ。

13 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 10:49:01
ギシアンしてよがってたらその結果出来ちゃったっていうのがほとんどなんだから
考えてるわけねーだろw

14 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 16:43:24
まぁ必然みたいなモンだしね
深く考えるようになる方が問題

15 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 16:49:59
子供について色々考えるのは生んだ後です
作る過程では己の事しか考えていませんよ

16 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 20:33:45
>>1
複数の板に同じ糞スレ立てんじゃねーよタコ

17 :考える名無しさん:2006/10/04(水) 15:54:44
???⇒?

18 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 21:16:21
ただ生きればいいって問題かしら?

19 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 21:21:09
俺が思うに親子関係て被害者と加害者の関係にしか思えないのだが‥
ただ被害者が加害者になって加害者どうし本質から目をそむけ目をつむりあってるだけみたいな

20 :考える名無しさん:2006/10/13(金) 00:51:11
世の中詰まらない詰まらないと言って作る人間が

21 :考える名無しさん:2006/10/13(金) 01:10:42
俺は、結婚して子供を持たないと世の中で一人前として認められない、
という世間体で作られた気が汁。
そして今でも俺に対してそういう理由で結婚を薦められる。
親の保身のために子供が利用される時代さ。

生まれた後をそれなりにさえ扱ってくれさえすれば、
性欲の結果作られたほうがはるかにマシだった・・・

22 :考える名無しさん:2006/10/13(金) 01:40:51
動物のように、子供を生んだ瞬間から母性本能爆発すればいいんだけど
うちの猫、近親相姦して奇形猫が生まれたんだが、飼い猫のどれかが喰いやがった。
動物界でも異変が起きているのは確か。

23 :考える名無しさん:2006/10/14(土) 16:56:50
生命の目的が子孫を残す事だから生き残って来たんじゃないよ。
生き残って絶滅しなかったから今生きているだけ。
残そうと思ったのじゃない、残っただけ。

自然界は厳しい場所、そこで生きろと言うのは子供のためと言う考えは無い。

24 :考える名無しさん:2006/10/20(金) 21:03:13
ようするに馬鹿の一つ覚え

25 :考える名無しさん:2006/10/20(金) 21:05:32
そしてイワンの馬鹿は生き残り賢き者達は自殺しましたとさ

26 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 07:38:27
ここで無駄口叩いていないで、中国やインドやアフリカで叫んでこいや >>1


27 :考える名無しさん:2006/10/28(土) 00:37:44
発展途上、貧乏人程子が多い。

28 :考える名無しさん:2006/10/28(土) 00:41:44
低所得ではやるしか楽しみがないしな…動物みたいなもんだよ。

29 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 18:08:43
中国って死刑も多いよね

30 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 18:34:55
>子供作る奴が一番子供のことを考えていない?

こういう計画出産的な考え方が少子化を進めるんだろうな。

31 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 23:00:04
いろいろ考えてたら子供なんかつくれない。
子供をつくった哲学者。つらなかった哲学者のリストをつくったら
面白いな。

32 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 23:35:39
>>30
少子化でいいよ。
日本は人口多すぎ。
食料の60%は輸入に頼ってるんだから

33 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 23:54:45
国土も狭いし5000~6000万人あたりが妥当なんじゃないか。
欧州の先進国だって大体そんなもんだからな。
資源が無い国は人材が資源だからDQNの子沢山はまずい。

34 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 17:31:43
人生は辛く厳しいものです。
何故生まれる事を正当化する?

35 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 18:00:29
格言を一つ。
「命だけは丸儲けだ。
 何もしていないのに与えられた。」

36 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 20:02:16
あげ

37 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 20:29:53
生まれて損はない
人生はね、拾ったお金を元に商売するようなもんなんですよ
拾った金額に差はあるし、商売に失敗するかもしれませんけどね

38 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/02(木) 20:47:13
格言を一つ。
「命だけは丸儲けだ。
 何もしていないのに与えられた。」

これいい言葉だなあ。気に入った。
と自演してみる。

39 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 09:20:52
この件については死んでから考えることにする。

40 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 16:53:36
家畜は生まれて損はなかったのでしょか?
食べられる為に育った家畜。
人も大して変わらない。

砂漠で生活している人にお金を上げても喜ばないそうです。
水は価値があるけどお金なんて貰っても使い道が無いそうです。
欲しくも無い物を与えてもらっても嬉しいとは思いません。
嬉しいのはそれを貰ってよかった人だけです。

牛の糞を肥料に使う人にとって牛の糞を貰えば嬉しいでしょう。
オフィスで働いている人に上げたらもうけたなんて思いません。

ゴミ捨て場からガラクタを集めて自分のうちに運ぶ人はもうけたと思うそうです。
近所は迷惑だと思っても。

家畜は育ててくれている人たちに愛情を持って育てられています。
その愛情を持っているのに簡単に食べ物にされます。
生まれて家畜たちはよかったのでしょうか?
生まれなければ無駄に苦しみ無駄に生きる必要なんてないです。


41 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 17:15:23
要らないものもらったなら捨てろよ

42 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 17:25:52
処分に困ります。

43 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 00:49:47

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1163512851/l50


44 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 01:01:33
子供を作ろうとしている親がまず考えているのは自分のことだからね!!

45 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 01:05:47
希望者を安楽死させる制度があれば処分に困ることもないかと

46 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 02:15:56
生まれて嬉しいって理解出来ない。

47 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 03:09:26
生まれてこなければ良かったって理解できない。

48 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 05:02:27
必ず死ぬこの世に勝手に子供を産み落とした親は人殺し
そして子供が大人になったら養うこともせず、逆に養われ
子供を残して勝手に先に死んでいく親は悪魔

すべての親は罪人
子を作ることは間違いなく罪である

我々はすべての親に謝罪と賠償、そして子供が死ぬまで養う義務を要求する
それが親としての最低限の責任であり、自らが殺した人間への最低限の償いである

ニートであること
それが子を作らない人間に対して、最低限保障されるべき権利である

49 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 05:15:37
>>48
そんな能書きは見たくないが、
ニートでもいいよ。

50 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 05:44:41
死とは与えられた時間の残りが0になることです
生きるのが嫌なら自分で残り時間0にすればよろし
キミは「出会ったなら必ず別れがくるから」と言って、最初から誰とも出会わないようにするのかい?
キミは何も得ない人生を過ごしなさい。そうすれば失うこともないから。
得たものは必ずいつか失いますよ。
ところで、どうでもいいものを失ったって何ともないよな。
持っている状態が良かったから失うのが嫌なんでしょ。
それを、失うのが嫌だから最初から得ないほうがいいだなんて得ずして失ってますよ
いつか無くなるものだからこそ、あるうちに楽しんでおきなさい

51 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 06:16:16
今時快楽主義なんてひねりが無いな

52 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 02:36:38
>>50
出会いたくないだろうね。
初めから関らなければ痛みを受けないで済む。
本当は受けなくていい痛みだったよ。

53 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 02:37:39
永遠に続くならそのままで凍りつきたいけど。

54 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 03:50:40
凍ってたけど復活してきたお

55 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 04:13:37
もう一回冷凍

56 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 04:18:38
>>52
出会わずして別れてますな

57 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 06:59:17
人間には先見の目という洞察力がある程度備わっている
だから自分が何をすればこれから先何が起こり、自分がどういう状況になるのか大体想像がつく
一種の仮想体験って奴だ。
故に今まで自分が選んできた選択肢は自身が望んだもので本来安定できる状況下にある
得るものと失うものは同価値ではなく先の予測がつかない、自分には制御しきれるかどうか自信が無いもしくは管理下に無い
(賭け)という正念場に直面したとき、やって後悔する事が分かっていながら手を出す馬鹿は
結果がどうであれその場の快楽のみを追求していたに過ぎず、理性的とは言えない。


58 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 21:33:46
期待値が元金以上であっても、負ければ後悔するべさ
賭ける価値はあったはずなのだが

59 :考える名無しさん:2006/11/18(土) 03:41:03
たくさん子孫を残さなければ種を維持できない種は多くの子孫を作り淘汰されて生き残れる能力を持った個体が残されて来た。
安全に生きられる種には子孫は少ない。
これでバランスが取れた。


今は劣った種がたくさんの子孫を作っても淘汰されないようになっている。
安全に生きられる種は少ないまま、淘汰されるはずの種は生き残りその割合は増えてしまい生きずらいのに生きている人間は増えて行く。

60 :考える名無しさん:2006/11/18(土) 04:10:45
 確かに、子供を作るやつは子供のことを考えてないかもしれないが、
親は子供の為に、自分のやりたいことも我慢する。
 親は何でも子供のために行動するという訳ではなくて、親の都合とい
うものもある。親の融通の利く限りで子供の為に尽くせるのである。一
方、親の思いつきだけではない。子供に望まれるものもあり、親の与え
ものは子供に望まれ得るものだけである。
 それ故に、彼等の内で為される大部分はしてもしなくてもいい、どち
らでもいいことなのである。

61 :考える名無しさん:2006/11/18(土) 04:46:30
よかったかよくなかったかを判断するのは子供、そしてよくなかったと。
少子化は。

62 :考える名無しさん:2006/11/18(土) 07:56:50
人間だって動物なんだから
増えてきたら生物学的な抑止力が自然に働く。
なぜ人間だけが子供産むのにいちいち真面目に考える必要がある?
それはただの傲慢だろ。人間だけは特別な存在というねじれた優越感というか。

63 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 00:55:54
考えられる以上考える事を止めなければいけない必要性は無い。

64 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 01:56:29
儒教は子どもより親を優先しますね
先祖のために子どもを産むからな

65 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 04:19:38
平気でこどもを殺した昔の人たち

しかしそのヨーロッパでも、昔はやはりこどもは邪険に扱われていました。フランスのフィリップ・アリエスは『〈子供〉の誕生』で書いています。
こどもがかけがえのないものになったのは、たかだかここ200年くらいのことで、それ以前は、死んじゃったらまた産めばいいやという程度の存在でしかなかった、と。
さきほども登場したヴァン・デ・ワラさんも、18世紀の工場労働者は、自分のこどもが何人死のうとまったく気にしていなかったといってます。

ニール・ポストマンさんによれば、アリストテレスの時代のギリシャでは、嬰児殺しには道徳的にも法的にも何ら規制がなかったそうです。
イギリスでは18世紀まで、オトナがこどもを盗んだり売ったりすることに法的な罰則はなかったのに、反対にこどもが盗みをはたらくと絞首刑にされました。
L・ドゥモースさんは、総じて西洋では19世紀までは私生児は殺すのが当たり前だったといいますし、それを「大きくなって罪人になれば地獄行きだが、無垢な赤子のうちに死ねば天国へ行ける」と、ヘリクツのはなれわざで正当化していました。

16世紀後半、信長・秀吉の時代に日本に滞在したポルトガルの宣教師ルイス・フロイスは、そうした西洋庶民の考え方を知ってか知らずか、著書の『日本史』で、日本の子殺しと捨て子の多さを、さも珍しいことであるかのように記しています。

日本では婦人の堕胎はきわめて頻繁で……何ぴともそれを不思議とは思わぬのが習わしである。
ある婦人たちは、出産後、赤児の首に足をのせて窒息死せしめ、……堺の市は大きく人口が稠密なので、朝方、海岸や濠に沿って歩いていくと、幾たびとなくそこに捨てられているそうした子供たちを見受けることがある。

http://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson24.html

66 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 03:05:50
子供の事も考えられるようになって出た結論が、子供作る奴が事を考えていない?

67 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 03:27:28
いや釣りスレだから
本音は子供にどう接していいか分からない、程度だと思うな。

68 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 03:52:56
人生はそんなに楽しい物ではないと思う。

69 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 05:41:31
能力無いから生きられない人も無理やり生かされて淘汰させてくれない。
生きてても何も出来ないのに、昔なら子供の頃殺されて無駄に苦しまないで済んだはず。
子供の頃生きるのに相応しくなくて死なされる選択をされても生かされて死ねない世の中。

70 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 09:53:27
時代が変わって子供を操作する余裕が生まれてきた。
>人生はそんなに楽しい物ではないと思う。
楽しめるひと時があれば長持ちするものだと思う。
けじめのない厳しい家庭というのは喜んだり楽しんだりすることが
禁じられてたりするものだ。自分が苦しい思いしているから
子供は笑ってはいけないという哲学だ。


71 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 18:07:38
>>50
それって今実在している子供達だけでは不満だと言っている様なものだ。
「自分の子」だけが全てで、子作りして「他人の子」の競争相手を
増やそうが関係ないとね。


72 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 19:11:38
>>67
確かに今の現状だと殆どの人にとっては「釣りスレ」なのだろう。

>>48>必ず死ぬこの世に勝手に子供を産み落とした親は人殺し

子作り行為は殺人そのものでは無いけど「殺人の意思」と言う部分を
除けばその行為自体は殺人予備的行為にしか見えないし
その事に多くの人が気づかなければ「子梨=子供嫌い」という偏見が
いつまでもまかり通ってしまう気がする。

73 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 21:21:14
いつか壊れるとわかっているオモチャをあげるのは子供のことを考えていないのですか?
与えるってことは、同時に失うことを宿命づけることになりますからね。
失うのが嫌だから最初から要らないって馬鹿じゃね?
もらわずして捨ててるぞ

74 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 22:24:42
>>73
玩具を与えるのと子作りは違うだろ。
受精卵になった時が誕生でありそれ以前の段階で
「捨てる」なんて現象はありえない。あくまで妄想の世界でしかない。
それよりも今いる子供達を失わない様に注意を注ぐべきだろ。

75 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 23:00:26
ガイア説観点では人間はゴキブリよりたちの悪い寄生虫

命を繋ぐ意味を解せず本能(愛?w)のままSEX
寄生虫誕生

76 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 01:05:05
>>74
「失うのが嫌だから最初から要らない」と言っているのは親じゃないぞ
「子どもを産むのは、人殺しと同じだ」とかほざいてるお子様です

77 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 04:09:29
>>73
いつか子供が死んでもいいからって言う事?
子供の事考えて無いと思う。

78 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 04:25:03
>>76
親は失っていいのかどう思うか分からないけど、子供が失ったら嫌だと言ったら?

79 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 04:39:07
歴史のどこを切って見ても戦争や反乱ばかっり、自然界も生存競争で殺したり殺されたりしてとても楽園とは思えない。
誰もみんな苦労して人生生抜いてる、みんな辛い、みんな生まれない方がよかったんだよ。
今までの人生全部無かった事にして生まれなかった事にしたい・・・。

80 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 16:27:27
>>76
そりゃ既に誕生した子に対して
「どうせ最後は死ぬのだからこの子をつくったのは誤りだった」
と思う親はいないだろう。
>>74のレスはこれから新たな子作りをしようと考えている人に対してだ。
>>73が子作りをしない人に対して「オモチャ」を例えにして
ケチをつけているのかと思って>>74のレスをした。

81 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 23:03:59
全ての人間は死にます
ゆえに全ての人間は不幸であると言えます
ゆえに全ての人生は幸福にはなり得ないと言えます
不幸になるこの世に勝手に子供を産み落とした親は罪人です
子供を作った人間はその子供に耐え難い苦痛と不幸を与えた
ゆえに地獄に堕ちるでしょう

もらわずに捨てるのは愚かだという論理はこの問題に対しては通じません
それはこの世だけで通じる論理です
なぜなら最初からこの世にいなければ
捨てる苦痛を、経験しない苦痛を感じる対象がそもそも存在しないからです

ゆえに全ての人間は生まれなかった方がよかったし
ゆえに全ての親は罪人なのです

82 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 23:29:18
>>81
死ぬから不幸、の時点で間違い。メリットもあればデメリットもあるし、価値観も多様。頭悪い主張しかできない奴は不幸だと思うが。

83 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 01:55:57
>>82
この世の中年長者から順番に死んでいくとは限らない。
自分より年下の者の死にメリットなど無い。不幸そのもの。
子作りしなければその不幸のリスクを増やさずに済む。


84 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 02:28:55
>>82
ひとつ正しいのは、自分でメリットデメリットを見て判断したり出来ない事。
自分に合っても合わなくても選択の余地はないと言う事。

85 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 03:35:44
全ての出会いは別れを伴います。
ゆえに全ての出会いは不幸を招きます。
誰とも出会わないように引き篭もりましょう。

別れが不幸になるのは、出会った相手が生きている状態が幸せだったからであって、
最初から出会わないようにするというのは、出会わずして別れている状態にすることです。

86 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 13:08:35
>>83
だから、なんで子供ができる=死ぬリスク「のみ」なんだwもうちょっと考えろよ。

87 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 13:10:13
>>84
意味不明

88 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 13:28:23
ttp://www.asahi.com/special/obstetrician/TKY200610110617.html

89 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 14:15:22
>>86
>>83で言っているのは単なる死ぬリスクの話ではないのだが。


90 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 14:24:26
>>89
へえ

91 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 15:08:06
>>82>>86
「メリット」は実際に子が誕生した後に思うことだろ。

>>83で言ってるのは子作りについて、要するに誕生前の話だ。



92 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 17:47:30
>>91
だ か ら
小作り前に「子供できる→死ぬ」のデメリットは考えるのに、なんで「子供できる→幸せ」のメリットは考えないんだって言ってんの。
期待値って知ってる?(笑)

93 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 20:08:28
>>92
知ってるよ。
でも結局ここで言うメリットは「親側」にとってのメリットだろ?
誕生前の話なのだから。

>>82がメリットがどうとか言うから>>83でそれを打ち消すぐらいの
「デメリット」があるとストレートに返しただけ。
それと>>83で言うべきだったが>>82のレスは
こちらから見れば誕生後の視点で語ってるに過ぎない。

94 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 20:37:24
>>93の続き
子供側の事を考えるのなら
誕生していない架空の存在より今実在している子供達を守る方が大切だろ。
今いる子供達にわざわざ競争相手を増やす事はないだろ。


95 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 22:41:58
>>93
へえ〜、子供の視点に立ったら「生きる喜び」というメリットは無くなるの?
早く死ねば?(笑)

それに、なんで「死ぬ」デメリットが「生きる」メリットを打ち消すの?
どんな計算?
そんなもん価値観に依るだろうが。

>>94
君にとって他人は「憎い競争相手」でしかないの?
早く死ねば?(笑)

96 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 22:57:31
子供が生んでくれなんて頼んだ覚えはない。
生んだ恩なんてない。
生んだのは一方意的に親の希望。
だから子供の事を考えて子供を作っている訳ではない。


97 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 23:06:01
人生を始めさせられたのは他人の意思。でもその後は全部自己責任。
義理にも出来る愛情。
自分で選んだ事ではないはずの自己責任。
そういう状況に下のは考えて無いから・・・。

98 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 23:06:43
>>96
そりゃ当然。

99 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 23:41:57
>>98
スレタイどおり

100 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 23:44:13
>>99
で?

101 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 23:53:30
>>100ゲット


102 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 06:52:10
>>95
>へえ〜、子供の視点に立ったら「生きる喜び」というメリットは無くなるの?
「誕生後」の視点で言うなよ。
「生きる喜び」は実際に子供が誕生した後にその子供が感じることだろ。

>それに、なんで「死ぬ」デメリットが「生きる」メリットを打ち消すの?
>>83をちゃんと読んだ?

>君にとって他人は「憎い競争相手」でしかないの?
>>94誕生していない架空の存在より今実在している子供達を守る方が大切だろ」
これを言った上での話だが。

>早く死ねば?(笑)
「死なない喜び」があるのに自殺する訳ないだろ。

103 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 07:35:06
2ちゃんのレスは殆ど釣りだと思われ

104 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 08:12:13
>>102
一貫性無さ杉

105 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 17:08:05
>>95
「生きる喜び」とか死ぬよりましなんだから当たり前だろ。
この世で生きてれば喜怒哀楽があるのだから。
具体的に言えば「今運良く死なずに生きている喜び」だけど。
生まれて来てしまった以上(自分より年上が全員死ぬまで)生きる事が
全てであり、今生きている事以上に何に喜べと?
でも最初から生まれて来なければ悲しみや怒りを堪えながら
生きる必要もない。
趣味にしたって結局生きていく為に悲しみや怒りを静める為に
ある様なものだ。
当たり前の事をメリットとか言うなよ。

106 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 17:47:34
   セックスとは、人間通信である。

 私達は遺伝子を創る技術者である。人体という媒体を介して遺伝子を流す通信
なのである。通信とは、脳の電界を発生させる。電界において、人体は誘導効果
が起こす媒体と化すのである。
 電界を生じさせること、人体に微弱な電流を流すので、無線や有線もあったが
新しい通信として考えるのである。
 はたして、人間は意志があるのだろうか。伝えたい情報を工夫して、相手に渡
すのである。情報の核になるものを一生懸命作っておいて、それを判らないよう
に流しているとしたらどうだろう。何だか惨めでせせこましく、そんなものが来
ているとしたら何だか遣り切れない。
 しかし、人間は意志なんてものはない。むしろ、情報を作る技術者だからであ
る。確かに、人間は情報を伝える工夫をするかもしれない、しかし、伝えている
そのものを工夫していやしないのであり、言い換えると、この情報は受け渡し他
の情報は渡さないで置こうというのではなしに、情報を伝える技術があるばかり
なのである。その後に、手を加えて、飾ったり、場所を変えてみたり、見栄えを
よくしているのである。
 通信が無かったら、私達は工夫せず、むなしく垂れ流してしまうだろう。
 赤ちゃんはこうやって出来ているのである。

107 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 17:50:06
他の動物と同様に本能のままに生んでるだけ。
究極的には誰のためでもないが、本当に嫌なら生まないから少なくとも生む側に子供が欲しいという意図は存在する。
子供のことを必ずしも考えているかはわからない。

108 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 18:14:34
 人体に電流が流れるのは天然自然であるべきであるのではないか。
それ以外で、人体に電流が流れるなんてことはあってはならないのだ。
しかし、人体に電流が流れるものは電界でなければならないのである。
自然の入り込む文明や遊びそんな甘いものは一切認めない。天然でない
から認めてもよいが、私の作り出した情報のみで感じなければならない
のである。私の作り出したものに感じないなら、一切認めない、いい証
拠なのである。
 工夫なんて認めないし、自然なんて一切認めない。
 だから、セックスとは、人体通信なのである。

109 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 19:58:45
>>105
おまえがどんな人生を歩んでそんなことを言っているのかは知らんけど、俺は生まれて来て受けた苦痛より生まれて来て受けた幸せの方が上回っているから、生まれて来て良かったよ。
きっと子供も幸せにできるし、俺の幸せのためにも小作りはする。
おまえは子供が受ける苦痛だけを考慮して家族を作らなければ良い。
しかし本当、おまえってアレだなw

110 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 20:11:39
これ真面目に見てみ→http://31483.hito.thebbs.jp/one/1164794693不幸だよな〜子供はと感じる論文だよ

111 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 20:14:30
不幸だよな〜おまえは

112 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 20:45:55
>>109
> きっと子供も幸せにできるし

「きっと」程度の楽観的予測で子供作るなよ。
運良く当たればいいが、外れたら子供が可哀想だ。

113 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 20:58:37
>>112
じゃあおまえはもう何もするな(笑)
期待値の意味とかしっかり理解してないんだろうね・・・。

114 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 21:35:20
他人の人生を期待値で考えるな。無責任極まる。

115 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 21:37:36
こうやって日本はどんどん不幸な人間が増えていくのだ

116 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 21:44:52
>>113
一応言っとくが>>83>>89>>91>>93>>94>>102>>105は自分だけど
>>112は違うから。


117 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 21:51:55
>>114
だからおまえはもう何もするな(笑)

118 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 21:53:02
>>116
どうでも良いよ、どっちもどっちだからw

119 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 21:53:16
>>117
俺は子供は作らん。
お前も作るな。子供のために。

120 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 22:14:42
死という究極の不幸を忘れて生きてるだけなのに
自分は幸せだとか幸福な人生だとかラリってんじゃねーの?
きっとずっとこうやって騙し騙し生きてきたんだろうな
つかきっと子供も幸せにできるし幸せにするとか傲慢にも程がある
お前は神様かよって笑いたくなるね
これからの日本や世界の情勢だけを考えても普通はそんな事言えないよ
きっと子持ちの自分を正当化したいだけなんだろうな

121 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 23:42:54
>>120
ラリってるねぇ(笑)

122 :桃尻7:2006/11/29(水) 23:44:55
お前が子供なんだよ



123 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 23:45:55
しかし頭の悪さも究極になるとここまで来るもんなんだな。。。>>120とか、石橋を叩き壊すタイプだなw

124 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 00:03:54
ここまでザッと読んでみたけど、とりあえず>>109が無学だという事は良くわかった。

125 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 00:26:49
それだけでは何の解決にもならん。
無学な奴が不幸な人間を量産するのだ。

126 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 01:53:47
無学かどうかは関係無い気がするが・・・

127 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 02:14:29
>>124
小学生レベルの簡単な否定乙

128 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 03:04:16
オマエモナー

129 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 03:20:55
荒れてるな・・・

130 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 20:59:30
自分の子供を作りたいと言うのは人間の一番のエゴ。
自分とは他人で自分の物ではないものに対して自分の意思で行う考え。

131 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 00:16:34
>>130
もうちょっと頭使えってw
エゴって何だ?一番って何だ?質問の意図が分かるか?

132 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 01:28:53
「頭使え」という指摘は妥当ではないな。
もうちょっと推敲しろ、程度がいいのではないかと。

133 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 09:39:25
>>131
>エゴって何だ?一番って何だ?
そのまんまじゃん。

普段若者達に向かって「現実を見ろ」「屁理屈言うな」とか言ってる
いい年した親連中が何故子作りに関する事になると自己中心的な理屈や
都合のいい妄想を語り出すのだろうか?
と言ってもこれも青臭い意見なんだろうな。
大抵は自己保身の為に子作りしているだけなんだろうから
辻褄合わせの為にああいう言い方になるのだろうね。

134 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 17:33:03
>>133
やっぱりそんなもんか・・・。
おまえは死ぬまで「人間にとって子作りが一番のエゴなんだよ」とか得意気にほざいて、
大衆から軽蔑され、知的な者から嘲笑されていれば良いよw

135 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 17:41:37
煽りだけのレスは見ていて不快だ。

136 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 17:53:38
流産
結婚できない不細工の主張親の影響

いずれか?スレ主は。

137 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 18:24:55
>>136
その決め付けた様な言い方はまるでカルト教団の信者みたいだ。
でも子作りに関する事ではそういう言い方もまかり通るんだろうな。

138 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 18:58:35
まだ存在していない者のことを考えられるのか、という件

139 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 19:04:58
1はキチガイか。男と女が結婚すればいずれ子供ができる。これが
人間社会の自然な流れだ。
無責任な子育てをするなとか、子供にしっかりと躾けをしろというスレを
建てろバカ1。それが問題の本質だろ。

140 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 19:06:53
>>138
その必要があるときもあるんじゃないかな。
ちょっとスレ違いになるけど例えば新種の病気が発見されて、それに感染するかもしれない新生児への対応策とか。
命に関わる病気なら、まだ生まれてないから考えられません、ではすまない。

141 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 21:48:20
子作り行為は殺人では無いが「殺意」という点を除外すると
まるで殺人予備と言っていい位の行為だ。
・生まれれば必ず死ぬ
と言う点が先ずそうである。
更にその上に
・(年齢順と言う意味では)死ぬ順番はばらばら
・常に100%の生の保障はなく生んだ親より先に死ぬ可能性すらある
という点があり、
しかもそういった現実を知っているにも拘らず子作りしている点。

このスレタイもあながち間違ってはいないのではないのか?

142 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 23:22:40
ホント恥ずかしい奴(ら)だな。
産まれりゃ死ぬのは当然。
「殺人」を「人の死を決定つけること」とするなら「子作り」は「殺人」だ。
が、その場合は道徳的文脈において「殺人」にも悪いものと悪くないものがあるとされるだけで、どっちにしても「悪」とされている「殺人」と「子作り」は符合しない。
「子作り」は道徳的に悪ではないし、論理的に言えば「絶対的善悪」すら存在しない。
おまえ(ら)は変に道徳に囚われ、かつ、「殺人」という字面と一般認識における「殺人」を混同し、その結果、「道徳に従えば子作りは悪」と言ってしまっているのだ。
その道徳への無理解は大衆から軽蔑され、その論理への無理解は知的な者から嘲笑される。
以上の文章を熟読せよ。
おまえ達が最も愚かな立場であることを自覚するチャンスを与えているのだから。

143 :THE グル:2006/12/01(金) 23:56:31
いいですか、スレの流れは無視しますが、
そろそろ独身者は国のことを考えない非国民認定されます。
尚且つ子供を産まない女は不良認定されます。
さて寝ますよ、いいですか。


144 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 00:24:59
>>142
アホか。>>1ぐらい読んでから書け。

145 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 00:34:06
>>142
>>141>・(年齢順と言う意味では)死ぬ順番はばらばら
>・常に100%の生の保障はなく生んだ親より先に死ぬ可能性すらある
この点だけでも>>141の「殺人」予備と正当防衛の結果の「殺人」とかとは
明らかに違う。
大人でも自分の親より先に死ぬ可能性が大いに有り得る所など特に質が悪い。
(そもそも当の親本人が「親より先に死ぬのは親不孝」何て言っているのに)
それと子作り行為自体についてはあくまで「殺人予備」と言ったので
あり「殺人」とは言っていない。
(「殺人」は「被害者」が死んだ後にしか成立しないから)

146 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 00:53:14
善悪の定義とは、
他人が喜ぶことが善、他人に迷惑をかけることが悪。
そしてお互いの動機と受け方によって様々に変わっていきます。

子供を作るとき、子供を不幸にさせようと思って子供を作った場合は悪でしょう。
でもそういう親はほとんどおらず、
みな子供の平安と幸福を願い導き、生み育てようとします。
そしてそれは善なのです。なぜなら、子供という自分以外の者を喜ばせようとするからです。

147 :単純な論理 ◆KQ.ePdbBgg :2006/12/02(土) 00:56:10
いずれにしろ十年以内に偉大なる将軍様が逝かれる前に世界中に正義の
核ミサイルを撃ち込んで堕落した資本主義国を悉く荒野にするので、
全てはそこから再生するしかないであろう。

148 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 01:56:40
>>146
その定義だと、他人を生きる苦しみから救ってあげようとして殺すのも善に含まれそうだが。

149 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 09:41:37
>>145
分かりやすく言わなきゃ分からんのか。
おまえはもろもろの事情から「子作り=道徳的悪」にしたいんだろ?
なる訳無いっつってんのw
おまえが「死などの不幸の原因は誕生が根本にある」といくら声高に叫んでも、そんな論理で道徳は「子作り=悪」になどしない。
「子作り=殺人」どころか「子作り≒殺人」にすらならない。
「道徳」の性質を「論理」的に理解していれば、おまえみたいに愚かな主張をすることは有り得ない。

150 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 10:18:41
道徳の性質か
幸福はみんなのために不幸は一人のためにだ。
不幸は最小限に食い止めて除去することだ。
少数の人間に封じ込めて一掃する。そのためにも不幸な子供は必要なのだ。
それが論理的理解といったところだ。

>でもそういう親はほとんどおらず、
かどうかは微妙だが。一言で言えば子供の幸福を願うなら
馬鹿は子供産むなだ。馬鹿はエゴしかないから後先考えずたまたま産んじゃうんだけどね。

穏健な見方をすれば道徳というものは、エゴと奉仕の実践的バランス。
奉仕だってエゴだというなら、奉仕というエゴも持つことで全体のバランスをとる。
自分だけが気持ち良い。以外に楽しみの核がない奴が産むのは賛成できんな。

151 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 10:30:53
> 少数の人間に封じ込めて一掃する。そのためにも不幸な子供は必要なのだ。

今ここでいさぎよく人類絶滅すると
将来に渡る不幸を最小限にとどめられるのではないか?


152 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 10:50:50
宇宙人やゴキブリが似たようなことしてるかもしれんし。
まあ、不幸も幸福に変わる可能性があるなら、それを将来と呼ぶのかもしれん。
>将来に渡る不幸を最小限にとどめられるのではないか?
そんなのは未来人に教えてもらいたいね。死滅してたらそんなこと分かるわけがないがw

幸不幸なんて当人の主観だから、これまでどおり勝手にするさって所だろうな。
他人の幸不幸を弄ぶのだって幸福に思うのは可能だからな。


153 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 11:00:28
あー表現まずかったか。
質問ではなく反語ね。

言いたいのは、
今ここで人類が絶滅しない(つまり子供が生まれ続ける)とすると、>>150に従って不幸の連続再生産が続く。
今ここで人類が絶滅してしまうと、それ以降不幸な子供は一切生まれずに済む。

ということ。

154 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 11:29:57
>今ここで人類が絶滅してしまうと、それ以降不幸な子供は一切生まれずに済む。
再び人類が発生する可能性がある以上不可能だと思うがな。
要するに不幸を人類に封じ込めて処断するというなら、
幸福は宇宙のために不幸は人類のためにというわけで、非常にデスラーな発想だと思うな。
絶滅=博愛なら人類だけではなくて地球全体も死滅しなきゃということになる。
徹底するなら宇宙全体ということにもなる。人類発生の可能性そのものを駆逐しなければならんからね。
まかり間違ってまた生まれてしまうなんて絶対嫌だろ。

>今ここで人類が絶滅してしまうと、それ以降不幸な子供は一切生まれずに済む。
そこまで徹底したいならこれを確実に遂行出来るという科学的根拠でも示すことだね。
簡単に言えば人生が一回限りであることを証明すること。
また、宇宙のどこかで人生のようなものが発生しないことを証明する、
発生しない方法を考案し実行することだ。

博愛主義に基づく宇宙海賊でも人類全体を上げて結成するかね。
だとすりゃまだまだ死滅できんな。



155 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 11:33:45
>>149
それは今までの社会ならばの話だろ?道徳の基準はその時代によって変わるし。
ただ道徳について言うのだったら>>141>>145の「子作り」の部分に
「性交渉(但し強姦を除く、合法風俗等も?)」を付け加えるべきだった。
性交渉こそ悪の根源であり、性欲は自慰で処理すべきという事だ。
童貞処女を馬鹿にしたりする風潮を早く止めるべき。
世界中の人が性交渉を止めれば>>151の様な意見も出る余地も無くなる。

156 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 11:36:23
>>155
×意見も出る余地も ○意見が出る余地も

157 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 11:40:15
>>154
> 再び人類が発生する可能性がある以上不可能だと思うがな。

つまり、「現人類に限定して話をすると、可能である」ということだね。
現人類以外の生物まで含めると、動物や病原体なんかも考える必要があるだろうけど
そこまでは議論の対象にしたくない。いかがか。

> 簡単に言えば人生が一回限りであることを証明すること。

人生がn回あると仮定してもいいよ。
不幸は「現在の人口×n回」に限定できる。それが現時点で可能な最小回数でしょ。





158 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 11:55:13
何を持って可能なのかが良く分からんけど、
もし、n回説なら夏休みか麻酔にしかならんよ。
また、自分というものが地球上の人類のみに限定されることも証明してくれ。
>いかがか
どうでもいいけど。俺は単に徹底していないものを徹底していないといっているだけだからな。

>不幸は「現在の人口×n回」に限定できる。
全然根拠ないぜ。

159 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 18:06:16
>>146
子供は余計なお世話だと思ってる。子供が頼んだんじゃない。
もし子供の意見を聞きたいのなら子供が生んで欲しくなかったって言ったらどういう答えを返すのか。
子供の為に生んだなら子供の言う事聞くでしょう?違ったら親の為に生んだんだという事。
子供の為に子供を作ると言うのは価値観の押し付けに他ならない。

生きると言う事は自然では争い、現実でも同じ。
弱肉強食で苦労なんてしたくないはず、でも苦労を自慢したがる人さえいる。
社会は事実は厳しい世界を幸せだと誤魔化して生きている。
世の中厳しいと理解し教えつつその厳しい世の中で生きさせるよう促すと言うのは子供のためとは思えない。

160 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 12:25:07
やりたくなったからゴムつけないでギシアン、よがって中出ししたりされたり。
そしたら出来ちゃったんで産みました。大半はそんなところだろうw
産まれて来た後の子供のことを考えて作ったりしてる奴の方が珍しいだろうよ。

161 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 17:52:07
何か楽しくて人生始めたいの?

162 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 19:20:20
>>160
それは馬鹿ガキの発想。子供が欲しくて子供を作るのが普通の夫婦。
子供が欲しくなければ出来ても中絶する。

163 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 20:43:27
>>160
そんな安易な気持ちで子供つくんなや。
まぁ、テメェの親がそんな糞だったら仕方ないけどw

164 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 21:04:45
> 子供が欲しくなければ出来ても中絶する。

だったらデキ婚なんてなくなるな。


165 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 23:51:21
どうせ外面保ちの為。
自分を綺麗にしたい為。



166 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 19:28:40
>>159
間違いを指摘します。まず、
>子供の為に生んだなら子供の言う事聞くでしょう?違ったら親の為に生んだんだという事。
親は子供を生んでも生きていくうえで何の利益も在りません。
衣食住を面倒見て、学校も通わせて、小遣いまで与えて、いったいどれだけ
手間と金が掛かっているのか。そんな事も考えようともしない。
冷静に考えたら子供を生むほど馬鹿らしい事は無い。なのになぜ生むのか?
・・・遺伝子が子孫を残すように出来ているからだろうなぁと思う。

>世の中厳しいと理解し教えつつその厳しい世の中で生きさせるよう促すと言うのは子供のためとは思えない。
この文を含む後半部分は、ほぼ正しい認識だと思う。
ゆえに、弱い遺伝子は自然に淘汰される。自殺であったり、病気であったり、
いかなる原因であろうが次の世代に遺伝子を受け継げないのは淘汰されるべき弱い遺伝子だ
人間に限らず、牛や馬でも親が子に”厳しい世の中で生きさせるよう促す”という行為は
自然にある行為だ。人間だけがそうだと勘違いしているのは誤りである。



167 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 19:45:01
駄目な親と良い親がいるんだ。どっちに生まれるかは運だね。
良い親の元に生まれてたら1もこんな事は考えなかっただろうにな。

168 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 19:46:20
>166ただそこらへんにいる父親母親がめざましテレビの大塚さんや久本雅美なんかより優れた遺伝子を持っているとは思えないんだが寧ろ退化してくんじゃないかと思えるのだが如何に

169 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 19:47:13
じゃあオレは幸運だw

170 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 19:50:22
せkっくうす大好きですけどm何か?wwwww

171 :168:2006/12/13(水) 19:53:29
例えは変だがニュアンスはわかっていただけるかな。自然界は必ずしも優れた者を残し続けるとは限らない。昔の僧侶とか優れた人達はみんな独身だったみたいだし

172 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 22:07:22
>>171
"めざましテレビの大塚さんや久本雅美"が優れた遺伝子で、そこらへんにいる父親母親が
優れていない。とか、昔の僧侶とか優れた人達はみんな独身だった。等における
判断のものさしは何だ?何をもって優れているとかいないとか判断しているのか?
それを判断する人は、自然の摂理を超越した偉い人なのか?
そもそも自然を超越した偉い人は存在するのか? 教えてくれないか?

173 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 22:45:22
性欲に負けた結果

174 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 02:30:55
>>166
嫌な事しか無いなら生まないで結構。


175 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 03:43:33
子どもを生むのは先祖祭祀をさせるため。
名を上げるのは自分の成功により先祖の名を後世に残すため。
先祖>子孫

176 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 04:25:07
死ぬことがわかっているから命が大切なんだ
君が怖がっているのは死ぬことじゃない
生きることを怖がっているんだ

死んでもいいとか、永遠に死にたくないとか
そんなのどっちでも同じ
ひとつしかない命を生きるのが怖いだけ

命は自分のためだけのもの?
僕は親に友達に給食センターのおばさんに豚さん牛さん魚さん野菜さんに・・・
みんなに生かされた
だから生きなきゃいけない
生きて次の誰かに命を引き継ぐんだ
そうして命はずっと続いていくんだよ

177 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 04:51:23
親は子供の事を考えているが、価値観がすれ違ってんじゃないの。
甘えるなよ。頭は悪いけど彼らなりに一生懸命育てたんだよ。
途中で子育てに手を抜いたこともあるかもしれない失敗したこと
もあると思う。過去は全て水に流そうと意志を固めるのが大人になる
って事じゃないか。育った時代が違うから価値観や話が合わない
と思うが、それをひっくるめて助けてやるのが家族ってものじゃない
か。あんたもそろそろ男として器を大きくすべきだろ。親のことは
許してやれ。な。

178 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 08:37:05
> 過去は全て水に流そうと意志を固めるのが大人になるって事じゃないか。

それはどうでもいいが、同じ過ちによって自分が他人を不幸にすることだけは
避けようとするのがオトナだ。

179 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 08:39:05
>>176
> みんなに生かされた
> だから生きなきゃいけない

この2行に集約される主張を冗長に書かないで。
この2行が論理的につながってるような書き方だけど、そのつながりが理解できない。
みんなにXされたら、そのままXされ続けないとダメだ、という理由はどこから来るの?



180 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 09:13:35
>過去は全て水に流そうと意志を固めるのが大人になる
>って事じゃないか。

つまりだな橋の上から川に子供をつき落とせば、
過去のずさんな子育てはなかったことになるわけだ。

なかったことにするってのが大人になることなんだね。
とかなんとかいって、
他人に不幸の烙印を押すことに躍起になってるものさ。

器が大きくなるのは器としては最低限大切にされたというわけだが、
割れた器は小さくなるだけなのさ。だから、お前のような奴は
割れそうな奴を片っ端から割っていくか、割れた奴を更に粉々にしていれば、
親の愛情の比較優位に心から涙することが出来るわけよ。

181 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 10:48:09
すまん言い過ぎた。
少なくとも器を大きくするということは
体はまともでいられたからこそ可能なことだと思うぜ。
割れた器に出来ることはせいぜいとがることぐらいか。


182 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 17:03:31
と言うか親に何か訴えている訳じゃないし、小学生でもない、男子、でもないし。

183 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 17:04:47
子供を作る事がどうかと、と思っているだけで・・・

184 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 22:43:30
ここまでのまとめきぼん

185 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 06:58:17
自分の事は自分が考える。親が考えるのではない。

186 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 15:35:07
子供を作るかどうかを考えるのは親。考えないで作るバカ親もいるが。

>>185
生まれた瞬間から自分の事を自分で考えられる人間はいない。
人生を自分で考えた通りに行動出来るようになるには時間がかかる。
理解ない親の元で育てば自活するまで(あるいは自活しても)無理な場合がある。

187 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 01:18:47
この世界は戦争が起こるような世界・・・
事故も、病気も、災害も、いろいろな問題も起こってる。日常で・・・
この時点でけして生まれる事が幸運ではないと思う。

188 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 13:43:43
 子供は産まれてすぐに自分が幸運だったかどうかを判断する事は出来ない。だが、大抵の場合はその内出来るようになる。極稀な凡例は知らん。
 そして、これからが問題。この時点で、子供は産まれて来た事が不幸な事だったと考えたと仮定する。
 だが、この世の中は大抵の事は自分の努力でひっくり返せるようになっている。勿論、産まれて来た事が良かったと感じるようになる事も。

 つまり、それぞれの幸不幸は子供の責任だろう。結局自分の力でなんとか出来る事の方が多いのだから。

 まぁこのスレに沿った考えを出すなら、親が考えられる子供の幸不幸の尺度なんて資産程度の物だろうから、親は子供の事を考えられていないだろうな。

189 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 17:47:16
>>188
このスレのお子様達には主体性がないんですよ
自分の人生を他人が何とかしてくれると思ってるお子様達なのです
他人が何ともしてくれなかった場合、
そのツケを支払うことになるのは自分だということをわかっていないんじゃないかな

190 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 19:40:57
>>188-189
人権もないような国でもその考えが通用するだろうか。

191 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 20:03:47
>>190
 そもそも人権がない国ではどうか? と仮定をする事自体がナンセンスな気がするな。今現在、人権がない国は稀有な存在だからね。そんな極稀な(検閲
 それは、自分に有利になるようにした仮定に思える。

 俺は人権がある国で育っているのだから、それ以外の環境でどうなるかは知り得ないし語り得ない。それについて、知ったつもりで哲学する程愚かじゃない。

192 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 20:33:25
>>188
> この世の中は大抵の事は自分の努力でひっくり返せるようになっている

なってねーよ

193 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 20:44:30
>>192
何故努力でどうともならないと考えるのか。その理由も付け足してもらわないと、どうとも言えないんだが。
それだけだと
「そうですか」
としか言えない。

194 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 20:49:24
この程度のことに理由を要求するならもういい。
そうですか、といっといてくれ。

195 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 20:54:39
そうですか。


若干論点ズレてるし以上。

196 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 21:09:12
何もしないで待っているよりは、ひっくり返せる可能性に賭けてみたほうがいいと思うけど

197 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 21:32:38
簡単にひっくり返せたらいじめられて自殺する子供はいないはずだけど

198 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 21:38:47
>>197
簡単に、とは言ってないぞ。あくまで努力をしてからの話だ。
何もしないような奴まで擁護出来る内容じゃない。

199 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 21:39:08
自分の人生を他人が何とかしてくれると思ってるのはお子様に限らない。
子供が自分達のすさんだ人生をばら色にしてくれると考えている親もいるだろうな。
子はかすがいというだろ。

200 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 21:41:38
人生を他人任せにしても別にいいけど、実際にその人生を歩むのは自分なのだよ

201 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 23:46:26
判断力のない子ども時代の親の責任は重大だな

202 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 00:01:43
子供を作ることは罪である
by 中島義道

203 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 10:24:21
>>202
そのぐらい言わないと人口減ってくれなさそうだ。

204 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 14:44:57
>>196
生まれなければ別に足掻く必要もない。
努力しないと生きていけないのが世の中なのでしょう?
これは世の中厳しいという事。もし厳しい世界じゃないなら状況動かさなければいけい努力なんてしなくてもいいはず。
そんな事してまで生まれる必要はあるの?


205 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 14:49:22
>>189
自分の事は自分でしか出来ないのは当然の事。
そういう世界に生む事は子供のためではない事は明らかでしょう?

206 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 18:30:07
>>204
「生きる」だけなら努力も何も、しなくて良いよ。ニートとかもあるし、働かなくても生きる為に必要最低限の金は国から出てくる保証はされてる。本当に最低限の金だが。

問題にしてるのは生まれて来た事を良かった、と思えるかどうか。そこは各自の努力に依存する。だから、それぞれ幸不幸は子供の責任と言ってるんじゃないか?

207 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 20:50:03
育てる覚悟もなく子供を作る親もいるぞ。
教育に無関心だったり、給食費払わなかったり。
スタート地点に立てなくて、大人になってからでは
取り返せないような運不運もある。

208 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 21:31:59
>>206
生まれた事をよかったと思うしか選択肢が無いのにもう強制。
それだったら麻薬でも何でもやって嬉しがってるのと変わらない。
生まれたらよかったと思う以外には無いのか?
悪かったと思ってそれを言う事はないのでしょうか?

209 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 21:58:00
>>208
206は子供が生まれる事に肯定的=生まれて来た事は良い事だっていう立場なんだから、
生まれて来た子供も生まれて良かったと思うに違いない
そういう前提で話をすすめてるのだと思う。
現実には努力だけでは何とも出来ない事も多々あるわけで、
生まれて良かったと思う人も思わない人も、それなりにいると思うけれど。

210 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 13:42:41
>>1がいう子供は産まれてくる子供のことではなくて
もしかすると社会全体の子供のことではないだろうか?

つまり
今の社会において誰よりも子供に無関心なのが、
これから子供を作る世代の人間という意味では?

211 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 17:51:57
人は自分の事しか考えないって意味じゃない?

212 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 18:16:09
生まれてくる子供の事を考えて子供を作らないのが真の愛。
苦しんだ人程この事が良くわかってる筈。


213 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 18:56:26
自己忠な人は皆から嫌われると思う・・

214 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 20:10:50
>>213
避妊せず同意なしで中出しする奴だな

215 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 23:31:48
子供{第三者(当人)}の同意?

216 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 23:36:37
>>212
それで、誰を愛してることになるの?
どこのどういう顔のどういう性格の人を愛してることになるんですか?

217 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 00:23:09
人生は厳しい物。
誰もが言っている。
厳しいなら何で続ける必要があるのか?

218 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 01:17:20
>>212
それが愛かどうかは分からないけど、生きてて良かった事は無い。

219 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 01:30:02
あなたが親のことをどう思ってるか知らないけど、
あなたの親は自分の命に代えてもあなたを守ろうとするよ。
これは愛でもヒューマニズムでも、親としての責任感でもない。
それが親というものだよ。
あなたも親になれば同じように思うでしょう。
独身主義の私はそう考えているよ。
生んでくれて育ててくれた両親に感謝しています。

220 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 01:34:55
劉邦さんは馬車で逃げるときに、重くて遅くなるからと言って子供を突き落としましたよ

221 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 01:41:49
どんなに愛されていても変わる事の無い争いの世界、弱肉強食の世界、生きるためには何かを必ず犠牲にしなければならない・・・
それは食べ物となる生き物も含めて・・・
そしてその子供も何かしらの犠牲になる。
これが子供の事を考えた結果とは思いたくない・・・

222 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 01:56:15
>>219
>あなたの親は自分の命に代えてもあなたを守ろうとするよ。
そう思いたいけれど、実際はそういう親もいるし、そうじゃない親もいる。
じゃなかったら子殺しする親など一人もいないはず。

223 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 02:09:34
平気でこどもを殺した昔の人たち

しかしそのヨーロッパでも、昔はやはりこどもは邪険に扱われていました。フランスのフィリップ・アリエスは『〈子供〉の誕生』で書いています。
こどもがかけがえのないものになったのは、たかだかここ200年くらいのことで、それ以前は、死んじゃったらまた産めばいいやという程度の存在でしかなかった、と。
さきほども登場したヴァン・デ・ワラさんも、18世紀の工場労働者は、自分のこどもが何人死のうとまったく気にしていなかったといってます。

ニール・ポストマンさんによれば、アリストテレスの時代のギリシャでは、嬰児殺しには道徳的にも法的にも何ら規制がなかったそうです。
イギリスでは18世紀まで、オトナがこどもを盗んだり売ったりすることに法的な罰則はなかったのに、反対にこどもが盗みをはたらくと絞首刑にされました。
L・ドゥモースさんは、総じて西洋では19世紀までは私生児は殺すのが当たり前だったといいますし、それを「大きくなって罪人になれば地獄行きだが、無垢な赤子のうちに死ねば天国へ行ける」と、ヘリクツのはなれわざで正当化していました。

16世紀後半、信長・秀吉の時代に日本に滞在したポルトガルの宣教師ルイス・フロイスは、そうした西洋庶民の考え方を知ってか知らずか、著書の『日本史』で、日本の子殺しと捨て子の多さを、さも珍しいことであるかのように記しています。

日本では婦人の堕胎はきわめて頻繁で……何ぴともそれを不思議とは思わぬのが習わしである。
ある婦人たちは、出産後、赤児の首に足をのせて窒息死せしめ、……堺の市は大きく人口が稠密なので、朝方、海岸や濠に沿って歩いていくと、幾たびとなくそこに捨てられているそうした子供たちを見受けることがある。

http://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson24.html

224 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 01:15:07
子供なんて親の道具でしかないと思うけど?

225 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 01:22:53
生んだからには責任を取ってオレが死ぬまでの生活を保障しろ
などと餓鬼んちょがほざいてんだよね

226 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 01:32:19
むしろ生まないでいい

227 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 10:55:06
良スレに会えたことを

感謝

228 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 13:30:18
むしろ生でいい。クリスマスだし

229 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 18:59:45
>あなたに会えてよかった。
こっちは別に合いたくなかったよ?

230 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 19:21:23
>>225
何がどうガキの遠吠えなのかを哲学板らしく説明せよ

231 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 20:47:41
幸せになるとは限らないのに生むという事が分からない・・・
生まれてよかったと必ず思える訳じゃないのに・・・

232 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 21:05:38
親は自分のためにあなたを生みました
で、あなたはどうするの?
誰かが何とかしてくれるのを待ち続けるだけなのか、
自分の人生を少しでも良いものにしようとするのか

233 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 21:17:39
まだ死んでたまるか!

234 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 22:18:31
>>232
自分の人生にこれ以上は期待しないしもう止めようと思う。
でもその前に人生はいい事ばかりではないと訴える事は出来る。


235 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 22:24:34
やりたいことが何もないと叫ぶことがやりたいことか

236 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 22:31:02
>>232
今のすべてを受け入れると言う方法もある。

しかし、幸せになるために生まれてきたという思い込みも捨てた方がいい。

237 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 22:35:29
武士は斬られる瞬間、諦めるのではなく受け入れる

幸せになるために生まれてきたのではないが、
どうせ生まれてきたのなら幸せを目指すさ

238 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 22:38:45
無理に幸福になるより子供が同じようになる事をなくしたい

239 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 22:41:40
大丈夫、キミが子供作ろうと思っても作れないから

240 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 22:43:00
幸せじゃなかったとしてもその人の人生が否定されるべきとは思わないけど。
不幸だった人が幸せだって人よりも価値の無い人生だと言うことでもないんだから。

241 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 22:45:49
価値があったか決めるのはその人。


242 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 22:53:00
【価値】
物がもっている、何らかの目的実現に役立つ性質や程度。値打ち。有用性。

価値は見る人によりけり。
自分にとって価値があっても、周りの人にとっては価値がないかもしれないし、
自分にとって価値がなくても、周りの人にとっては価値があるかもしれない。

243 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 23:54:50
子供は生まれてくるのか否かを選ぶ事はできないが
親は子供を生むか否か選ぶ事ができる。

244 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 03:18:40
中学の時に親の一時の性欲で、生まれてきたかと思うと悲しくなった。

245 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 03:25:46
恒久的な愛から生まれる障害者よりも、
一時の性欲から生まれるとしても健常者のほうがいいな
キッカケよりも現状が大事

246 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 18:24:55
それが健常者といえたらね?

247 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 18:32:09
不幸な健常者よりも、
幸せな障害者のほうがいいけどな。

248 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 19:33:24
>>243
親が子供作ることも子供が産まれることも必然、運命だから選べる選べないの問題じゃなくて全て最初から決まってる

子供からすれば産まれることが運命、親からすれば産むことが運命なんだよ

249 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 20:03:19
>親が子供作ることも子供が産まれることも必然

いや必然じゃないよ

>運命だから選べる選べないの問題じゃなくて全て最初から決まってる
いや決まってない


>子供からすれば産まれることが運命、親からすれば産むことが運命なんだよ
そんな運命はありません


はい論破

250 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 21:57:55
それ論破とは言わないだろう。

251 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 23:26:41
馬鹿が生まれてきてしまうなんて、親にしてみりゃとんだ災難だな

252 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 00:15:31
馬鹿を生んでる親が馬鹿な件について

253 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 00:33:06
災難に合いたくないなら生まない事。

254 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 01:22:03
>>249
論 破 っ て 簡 単 で す ね

255 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 16:04:25
>>250
いいます

>>251
ばかgはお前

>>254
論破が簡単なのではなく>>248を論破するのがかんたんなだけだよ

256 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 18:33:26
そうじゃないと言うだけで論破か。

257 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 19:33:43
>>248がとても理論的じゃないと思う

258 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 20:16:17
同意w

259 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 21:09:45
決定論的だと思う

260 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 22:04:13
いい歳こいて恋愛すらできずに、お見合いで結婚するような
ダメ人間は子供を産むべきではない。
独自の統計をとったところ、ニートの大半は親がお見合い結婚だった。

子供の人生の幸福度は、親の人生の幸福度に比例する傾向がある。
したがって、いままで生きてきて幸福ではなかったと考える人物は
子供を産むべきではない。
いや、より厳密に基準を示そう。
「いままで生きてきた人生とそっくりそのまま同じ人生を送りたいか」、
と自問してみよ。これにイエスと答えられる人間以外子供を産むべきではない。

261 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 22:09:00
ニートは不幸だと決めつけてませんか?

262 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 22:11:10
人生を楽しむ能力に欠ける人間が子供を産めば、
その子供も不幸になる可能性が高いのである。

この明白な蓋然的知識によるかぎり、上述の基準は
極めてまっとうなものである。
もちろん示した基準以外にも様々な基準がありうる。
子供を育てる経済的環境が整っているか、子供を取り巻く社会的環境は健全か、
子供に遺伝的疾患はないか、子供を育てる健全な教育心を有しているか、
夫婦のなかは円満か、などなど。だがこれらの基準よりさらに重要なのは上述の、人生を楽しむ能力である。

263 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 22:16:26
人生を楽しむ能力(ちなみにこの能力は第一に性格に依存する、
第二に外見に依存する。頭の良し悪しは世間一般で考えられているほど重要でない)
は遺伝するのである。
このことは火を見るより明らかだが、なぜかこれを声だかに指摘するものは少ない、
なぜならこの思想は優勝劣敗的でタブー視されてるからである。
だがよく考えてほしい。これは「これから産まれてくる」子供に対する思想で
あって、いまこの世界で生活している人間に対するものではない。


264 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 22:19:32
出世前診断で先天異常があるとわかっても、
堕胎しないで生む親の心境は如何なものなのですかねぇ。
その子を捨ててさっさと次の子を生むほうが楽だろうに。

265 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 22:32:06
ナチス思想とはまったく正反対のものである。
ナチスはユダヤ虐待により多くの人間を苦しみに陥れた、
しかし子供の幸福を第一義とするこのいわば性格的選別思想は、
子供の幸福という、倫理的最上価値を考慮するのである。
お見合いで結婚するような輩は多くの場合男は下心に執着してるのである。
産まれてくる子供のことなど何ら省みぬことがないかのごとく性交しまくるのである。
しかしこのひどく醜い利己的人間も、内心は心を痛めているのである。
その一片の良心を拠りどころに、理性の命令に従わねばならないのである、
さもなければ

266 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 22:42:52
幸せか幸せでないかは本人に判断させるべきで、
他人が判断することではない。

イギリスにも、
「貧乏人の子供は貧乏人になる。これは彼らが劣った人間だからだ」
と考えて間引きしようとした方々がいましたね

267 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 23:54:02
その判断が生んで貰いたくなかった・・・と思って

言葉を出したら何故か周りが否定否定否定・・・

判断させないじゃん?

268 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 00:04:18
>>260
まあしかし必ずしも見合いが悪いということはないだろ。 それ以前に日本人の人間性が発達してるとは思えないしアジテーションに流され   安くとてもまともに本音で話しあえるだけのコミュニケーションレベルに達してない国じゃないか

269 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 00:10:27
繋がり方悪すぎなんだよ日本人

270 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 00:10:33
周りに否定されようが内心の自由はあるぞ?
両親は不幸な人生をなくすことよりも、幸せな人生になる可能性に賭けたのだよ

99人が不幸だと思っていても1人が幸せだと思っているなら、その世界には価値があるのではなかろうか
59分間が不幸でも1分間の幸せがあるならば生きる価値があるのではなかろうか
自分の判断で生きる価値がないと思ったなら死ねばいいさ。運が悪かったと思って諦めてください
他人の判断で幸せな人生を送る可能性を持った命を殺してしまうよりはね

271 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 00:23:10
幸せな人生の人なんていないと思うのだけど?
誰でも悩み抱えて誰でも仕方なく生きてる・・・。

272 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 03:45:08
妥協しながら生きていく必要があるなら、始めから人生なんて無くてもいい。
生きる事ってそんなに楽しいものじゃないと思う。
それでも生きてる人って大勢いると思う。何で?

273 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 10:47:07
不幸の原因は欲だが、欲こそ生きる理由だとニーチェ大先生は言っておられる

274 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 15:37:15
多くの人が生殖をもう少し優生学的に
考えられるようになればイイんだけどね。
無責任な親は多いよ。



275 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 16:38:44
生殖の相手を選んでますが?
ま、文明の発展により劣ったオスでも生きられるようになってるのが問題か
生き残った優れたオスによる一夫多妻制が望ましいってことで
たぶんそれだと>>274は子孫を残せないと思うけどね

276 :274:2006/12/28(木) 17:24:28
>生殖の相手を選んでますが?

良い事です。ただ、相手を選ぶだけでなく、
あなた自身の遺伝子が”残すに値するか”も
しっかり考えられるようになれればさらに良いと思います。

>たぶんそれだと274は子孫を残せないと思うけどね

うん、私はどちらかと言うと劣っているので、
残すつもりは毛頭ありません。



277 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 18:24:22
あっぱれ!

278 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 00:30:01
そんなに子孫残したいの?


279 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 01:23:45
ところで人間は使い捨て。
二十歳超えて老化して来た人を誰が喜ぶだろうか?
子供を大人の為に都合よく育てる。
年取ったら捨てられる。
途中にある喜怒哀楽なんてオマケ。価値がある人生なんて無い。
もしこの事を理解していて、新しい心をを作り出して、その心が苦しんだとしても構わない正当な理由があるなら知りたい。

280 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 17:57:55
不幸だと感じるあなたはまず生きている
人生の意味を考える前にまず生きている
価値があるかは別としてまず生きている

生きている人には楽しめる可能性がある
楽しめればいいじゃない
楽しめないなら工夫するのみ
いい頭もってんじゃん

281 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 18:01:05
楽しむのは義務ではないはず。
楽しまなければ生きていくのは辛いくらいなら生まれたくなかった。
>>280
誰と話してるのでしょうか?個人??あなたって誰??

282 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 18:09:48
>>281「あなた」は私の書き込みに反応する人を対象としたつもり
つまり、今のところ281ね。
楽しむのは義務じゃない。当然。好きにして。
へぇ、あなたにとって、生きていくことは
楽しまなければ辛いことなんだ。
じゃぁ、楽しんでいるときはどう?辛い?
そんで、生まれてしまったあなたは敢えて死ぬ気は無いの?

283 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 18:25:27
楽しんでいる時は嫌な気持ちです。
早く死にたいけどなかなかタイミングが難しい。

でも質問に先に答えて貰いたい。
それで楽しまなくていいのなら生む必要は無いのでしょう?
何で楽しまなくてもいいのに生まないといけないのでしょうか?

284 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 18:34:35
生まれる事にどういう人が満足しているのか疑問?

285 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 18:50:42
人生なんていい事ばかりとは限らない。
生まれたら生きるしかないけど、何で新たに生むの???

286 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 20:24:39
>>285
死は恐るべしだから。

死こそ存在の本質であり世界を貫くもの。
生きながらも本質に近づくためには、死の縁に立つことが必要。

287 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 20:34:28
死は無ではなく、存在の本質は死だから、死をくるむ生を一時でも与えたいという善意からでは。

288 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 20:39:23
生は死を核とする存在を包み込む薄い表皮である。


289 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 20:50:48
その生きて死んでをしなければならない人生を始めたい方が何処にいるのか・・・?
とてもくだらないと思うけど・・・そんな事して楽しい?

290 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 20:57:07
お前等の軟弱な人生観を叩きなおすために存在するんだろ

291 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 21:04:07
ずっと女に聞きたかったんだけど男は最終的に物化するのか?誰といてもそれほど苦にならなくなり誰でもよくなるものか?

292 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 23:17:11
睡眠は死から最も遠い存在の有り様である。
眠っているとき人は最もよく生きている。
老人は遅寝早起きだ。
赤ちゃんは?

293 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 23:49:11
人生は厳しいんだよ。何故生む?

294 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 01:28:58
欲は不幸の原因だが、欲こそ生きる理由とのこと

295 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 02:07:19
ここと関連した話が聞ける所
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/mental/1163783015/l50



296 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 06:01:15
今日テレビで昆虫が昆虫食ってた。食べた昆虫は、悪?食べられた昆虫が悪?

今日俺はハム食った。豚食った俺は悪?豚殺った人が悪?

多分豚食った俺は悪。豚殺って売った人も悪。
しかしその「生存最低限悪」に負けてしまう人は、種という上の次元から見た場合、不要のレッテルを貼られる。
自己の生存最低限悪に気付かぬまま死ねれば幸いだ。

最低限悪を受け入れ、何かを踏みつけなければ、自分が生きていけない。しかしその踏みつけは、種にとっての肥料になる。


自分が努力し、他人を蹴落とし、破滅させることにより、人間という種が進化する。

297 :考える名無しさん:2006/12/31(日) 12:51:05
>>283全てはあなたの自由。
やりたいようにやればいいと思いますね。
生む人生まない人たくさんいます。
楽しむ人楽しまない人たくさんいます。

やりたいことがわからなかったら、
じっと待つもよし。じたばたするもよし。
要するに、正しい答えなんて無いってことだね。



298 :考える名無しさん:2006/12/31(日) 14:12:39
自分の事は自分で考えるべき。親に考えてもらおうという甘えた
精神がキモい。

299 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 13:01:19
>>283
ずっと考えて出した答えが、子供を生む事に対しての疑問。
何故対策何かし無ければならないのか・・・と言う事。
それを実行してる・・・。

300 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 02:52:04
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1167741925/l50
違う視点で意見が聞けるように立てて見た・・・


301 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 23:09:59
子を作る事と殺人はほぼ同罪。当事者(子)に意識(自我)あるか無いかの違い。

安楽死が認められない理由は、損をする側がいるから。
そして損をする側が社会を動かしている。
そして社会は社会に適した人間を作ろうとする。
大半は思惑通り。安楽死肯定者は多勢に無勢である。

親が子を産む理由は、世間体、快楽の代価、良心の呵責、物欲、
そうであってほしいという希望的観測からなり、全て自分の為である。
いわば、エゴイズム。殺人も同じ。
そして子は権力者である親に逆らえない。奴らは優越すら感じている。

人生に対し、悲観するのであれば自殺しかない。
だが、本能(恐怖、苦痛)がそれを躊躇させる。

自分が変われば世界も変わるというが、内在的な虚無が存在する以上変わりようがない。
他人と時間と空間がある以上、自由意志もまかり通らない。

302 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 23:12:04
>>301
心頭滅却すれば火もまた涼しい
安全が保障されているジャットコースターを怖がる低脳が多すぎるな

303 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 23:20:16
番組で放送していたが、
鬱病患者の脳に微弱な電気(うろ覚え)を流した所、症状が回復した。

人間の尊厳とは何だろうか。
脳に刺激を、開発を、行えば全ての問題は片付く。
人間なんて所詮そんなもんだろう。

話は飛ぶが、
こんな下らない事を何千年と繰り返してきた人類は
理性動物でも何でもないただのサルだ。家畜と同類。

304 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 23:24:17
>>302
全てにおいて安全が保障されているとでも思っているのか?
希望が絶望に変わる苦痛を味わった事があるか?
尊厳を失った事はないか?存在を否定された事はないか?

虚無から逃れたいだけだろう。

305 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 23:28:45
>>304
自転車乗るほうがよっぽど危険だぞ
生きるための本能であって、死にたいなら理性で本能を上書きしろ

306 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 23:43:38
>>305
自転車と何を対比した?そしてどう危険なのか。

その理性が恐怖や苦痛を冷静に見ているんだよ。
例えるなら勝ち目のない戦のようなものだ。

自殺者、殺人者に多い傾向であるが、
305の言ってる事とは逆に、理性が働いていない事が多いとされる。
簡単な事だ、その先を知ることができるのは理性があるから。

307 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 23:51:40
本能が働いてたら自殺はしませんよ
恐怖や苦痛は生きるためのものであって、
死にたいならそんなもの感じる必要はないのだよ
死んだほうがいいという自分の出した結論を信じきれてないから恐怖や苦痛を感じるのだよ
信じきれたなら、幸せへの足音である痛みに対し快感を覚えることでしょう
心頭滅却しなさい

308 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 00:14:23
>>307
306でも言っているが、恐怖や苦痛といった本能を理性が捕らえている。
だから死ねない。死ぬ人は理性が働いていない傾向にある。

文章読もう。

309 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 00:16:00
>信じきれたなら、幸せへの足音である痛みに対し快感を覚えることでしょう

310 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 00:21:17
俺『楽な仕事ないかな〜』
母『ありません』
俺『あー仕事したくねぇ』
母『男は一生仕事するの』
俺『仕事辛い...辞めてぇ』
母『みんな辛くても続けてるの』

じゃあさ、一生辛い思いすると分かってるのに何故生もうと思った?馬鹿じゃないの?

311 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 00:22:14
>>309電波が混じっててプッwwwwって感じ。

312 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 00:30:04
>>311
おつむを使わないから手段が目的化してますよ?
何のための本能ですか?
安全なのに恐怖を感じてしまうような、本能に流されるだけの人なのでしょうね
ここは安全だから怖くないと自分に言い聞かせてごらんなさい

313 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 13:46:01
快楽に身を任せていたらガキができた。
そういうのがほとんどじゃないかな。
子孫を残すためだの子供が欲しかったからだの、それらは後付の理由だと思う。

314 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 14:26:21
そういうふうにできている  さくらももこ

82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)