5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

キリスト教は邪教です! PART 9

1 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 19:07:59
『キリスト教は邪教です!』ニーチェの現代語訳・・・だって。
その主張は、
1イエスとキリスト教は関係ない
2西洋の哲学者はほとんどがインチキ
3キリスト教が戦争を生み出す
だそうな。ホンマかいな?

関連
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062723123/qid=1121974081/sr=8-4/ref=sr_8_xs_ap_i4_xgl15/250-8744454-1354630
http://www.geocities.jp/tekina777/niche.html
part2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1124847976/l50
part3
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1133540210/
part4
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1145929338/
part5
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1148992312/
part6
http://academy4.2ch.net/philo/#2
part7
http://academy4.2ch.net/philo/index.html#1
part8
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1157209382/l50

2 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 19:09:11
Part7
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1154299149/

3 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 10:02:30
>>1乙かれなのだ。

4 :GOAT:2006/11/08(水) 16:38:33
>>1
 キリスト教でなくても,宗教は他人を巻き込むことが多いので争い事も発生しやすいのでは?
 また,「絶対的な教え」がある限り必ず反対派が発生するのは自然の摂理に近いような。。。
 うーん。なんだかよくわかんないですよね。宗教って。。。 


5 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 16:42:13
「信じる」って何だろうね。不明なものを受け入れるって。

6 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 16:53:55
>>4
問題はキリスト教がオウムと同レベルでありながら世界宗教であることだろう。

7 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 19:47:01
>>6
生殺しの技術ではオウムなんぞ足元にも及ばない

8 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 23:35:22
イスラム教が危険な宗教というのは、キリスト教の宣伝工作の結果なわけで、
イスラム教はキリスト教よりはるかに穏やかな宗教。


9 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 02:04:58
>>8
危険でないイスラム教というのはどの宗派?
危険であるキリスト教というのはどの宗派?

そういうことを詳しく指定して書かないで適当なことを言っていても無意味。

10 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 20:25:41
歴史を参照せよ


11 :短パン:2006/11/09(木) 20:34:15
〜〜〜なんつぅか。此処哲学板なので、
おんどれの持論は『宗教板』で、がなるのが吉w

っつか、板がちがうんじゃぃーwww
上げてる意味も解らんので、削除w

市ね。

12 :考える名無しさん:2006/11/11(土) 00:26:32
そろそろ本題に……
スレタイの新書読んだ奴はいないのか?


13 :考える名無しさん:2006/11/11(土) 00:35:57
235:名無しさんにズームイン! :2006/11/10(金) 23:31:27.88 ID:ei0O5AV2 [sage]
キリスト教は自然との共生ではなく支配をする。
キリスト教徒はこれみても心が痛まないのだろう。

14 :考える名無しさん:2006/11/11(土) 00:38:09

長澤まさみちゃんの水着姿
http://megurulove.com/bbs/etc/img/11460352480008.jpg

激レア


15 :考える名無しさん:2006/11/11(土) 01:26:26
>>13
これって何??

16 :考える名無しさん:2006/11/11(土) 13:46:48
http://d.hatena.ne.jp/asin/4062723123

17 :四式 ◆P0IfHjzAm. :2006/11/11(土) 16:53:22
なんか知らんが、キリシタンは戦国時代に奴隷貿易したよね。
現代でもコリアンに日本原罪論で贖罪意識を植え付けて女を売ったよね。
神が魂が否定するのだよ、神=ゴッドなんていえるキリシタンの言葉だけの
信仰ではない、俺の神と魂が全力で否定するのだよキリシタンを。

18 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 05:46:36
ここでも聞くけど
「永遠回帰」か「永劫回帰」はどちらがオリジナルのニュアンスに近い?

19 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 09:00:39
★★日本の宗教雑考★★
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163146726/

20 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 10:16:59
誰か大沢あかねの巨乳画像ちょーだい。


21 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 16:39:20
永遠回帰は反キリストのメッセージにすぎない。
わかるかね。

22 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 18:51:04
コワスギ

バチガイデスマソ
シツレイシスタ オマカセシマス
サヨナラ

23 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 18:58:18
22

テイセイ

タイヘンシツレイシマシタ
スレノケンハオマカセシマス

サイナラ〜


24 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 02:15:26
また教会関係者が荒らしはじめましたね。

25 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 14:07:40
日本の無宗教も年間3万人以上を自殺に追いやる
とんでもない邪教という事になる。

26 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 17:26:25
>>25
他人を殺す宗教よりましだろう。
そもそも無宗教じゃないし。

27 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 18:13:28
>>26
日本人は神道だろ。初詣は宗教行為だ。
で国内でおきる殺人のほとんどは、他人を殺す宗教&日本人だよな。

28 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 18:17:42
初詣が宗教行為だと思って行ってる人なんているのか?

29 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 02:06:03
>>27
神道とは何か理解してないようですね。

30 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 07:20:26
>>25
単に無宗教だから自殺するとでも思ってんのかね?宗教が必ずしも人を幸せにするとは限らないし。むしろ宗教のために自殺する人も中にはいるんじゃないの?
自殺者の7割はうつ病と聞いたことがあるぞ。本で。
>>27
他人を殺す宗教?一部のキリスト教などのたぐい?
また神道の信念に基づいて殺人を起こすとでも言うのかね?


31 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 11:07:34
>>30
それは、神道の信念に基づいて殺人が行われたことはないという、無茶な主張ですか?

32 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 12:56:40
>>25-31
神道と国家神道を混濁している人が多い。
神道に聖書のような聖典があるとすれば話は別だが
それに類するものがあったとしても内容を
知る人はほとんどいないはずである。
キリスト教の聖書の場合、批判者が引用するのは
ほとんど旧約聖書の方である。
キリスト教が旧約を乗り越えて新約に至った事を忘れている。
旧約のみを批判するのはユダヤ教を批判しているのと同じである。
キリスト教へのルサンチマンとでもいうものは
ナチスの崩壊で失われたはずで、その残党か右派系の喚きが
ニーチェの反キリストを使ってささやかな抵抗をしているとしか思えない。

33 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 13:53:30
>>32
>神道に聖書のような聖典

あるだろ。祝詞とか。

34 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 15:46:21
>>33
あなた頭が悪いんですね

35 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 23:57:53
一神教における聖典とは何か、全く知らない人間が、無理やり話しに入ろうと
してるんですね。鬱陶しい。

36 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 00:04:29
他者の利他的な行為がよいのではない!
強者の自己肯定の感情こそがよいなのだ!

37 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 00:19:19
何にとってよいのだ?

38 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 23:02:43
端的によいということです。
何にとってかというのは後から考えられることです。
他人がよいと感じられるのではなく、私がよいと感じられる、
これがよいの起源だと後から考えたのです。

39 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 23:47:09
>>32
「キリスト教の聖書の場合、批判者が引用するのは
ほとんど旧約聖書の方である」

 お前はキチガイか?
ニーチェは基本的に新約を批判しているんだよ。

40 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 04:06:41
キリスト教のページ見て吹いた。
「主は全て用意してくださっています。下の項目をクリックしてください。」
主はネットにも精通していたのか。

41 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 08:43:52
この本がおすすめです。

運命を変える思考の力 (単行本)
ラルフ・ウォルドー・トライン
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4797329211/sr=8-2/qid=1163892894/ref=sr_1_2/503-9637325-6926332?ie=UTF8&s=books

自己啓発本ですが、キリスト教の歴史がわかりやすく書かれています。
自分はジェームズ・アレン「原因と結果の法則」にはまって
執筆時期、内容が似ているこの本を読んだのですが、
キリスト教のことも勉強になってよかったです。


42 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 09:03:33
>>41
で、どんな話なの??

43 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 00:29:12
神道は宗教ではない。
それがわからないやつが何を言ってもムダ。

44 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 00:58:39
結婚するまでに一度もセックスをした事の無い人は?
ほとんどゼロだね。
宣教師になってしまった後に結婚する事を許されないカトリックの宣教師のなかの
独身の人は子供に性的虐待をする事で有名だね。
つまり人間はどこかで性欲を発散させる必要が有る事の証明だね。

セックスの低年齢化で問題になっている
10代の妊娠と性病を防ぐ為に性教育が必要。
例えばハイスクールでコンドームの使い方を教えるとか
コンドームを生徒に配ってしまうとか
でもあなた達は変。

結婚前のセックスは信仰に反するから
セックスを教えてはいけない、
コンドームを配ってもいけない。
教えは一つだけ "セックスをするな!"
そんな事言っても99パーセントの人はします。 

それでは質問です。
10代の性病と妊娠の件数が増える事に関してどう思いますか?

キリスト教に限らず宗教は邪魔です。
創価学会、仏教、ヒンズー教、イスラム教 すべて糞です。
宗教をやる人間は糞喰らえ! 

45 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 01:03:51
>>44宗教は悪い面も確かにあるがいい面もある

46 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 06:34:57
>>44
つまらん。

47 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 08:35:24
>>42
短く要約すれば、キリスト自身が人々に伝えたかった事は
すばらしい事だったんだけど、キリストの死後、キリストやその弟子以外の人によって
作られた「キリスト教」は、キリストの教えとはかけ離れた物で、
それが、悪い歴史を作ってきたということです。
また、キリスト教の話以外の自己啓発の部分も良かったですよ。



48 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 11:50:02
>>47
>「キリスト教」は、キリストの教えとはかけ離れた物

これは間違いですね。キリスト教は、キリストの教えに最も近いです。
キリスト教以上に、キリストの教えに近いものはありません。

悪い歴史を作ったのは、教えではなく、それを利用する人間です。
日本の国でも同じことです。指導者の考え方=国の考え方ではありませんから。


49 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 13:31:54
>>48
>>悪い歴史を作ったのは、教えではなく、それを利用する人間です。

つまり、キリスト教は無意味ということですか?
教えはあっても実践できなきゃ何のための分厚い聖書、何のための教会なんでしょ?

50 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 13:54:29
>>49
実践できる人もいるが、出来ない人も多い。
病人にこそ医者が必要なように、罪を背負った人こそイエスの教えが必要と言うのがあるが、
治療や、実践の効果には個人差があるものだ。

宗教を認めていないのに、完全性を求めるのならば、その人は頭が悪いのだと思う。

51 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 13:55:31
>>49
>つまり、キリスト教は無意味ということですか?

別に無意味にはならんだろ。いい面もあるのだから。

52 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 15:25:11
イエスとキリストをきちんと区別できるやつはいないのか?


53 :考える名無しさん:2006/11/21(火) 03:25:15
イエス・キリストのイエスは個人名、キリストはヘブライ語では「メシア」と呼ばれ、「救世主」の意味らしい。

54 :考える名無しさん:2006/11/21(火) 20:35:35
宗教は一見、平和を唱えていると勘違いされるけど、団体を支配する者達の利益が目的だからね。
国益優先の米国と同じで米国は兵士の命で支配層の利益を購い、宗教は信者の人生を宗教の利益に捧げさせるんだからね。
イエスは人間の正当な在り方を探求して広めた哲学者で、キリスト教はイエスの考え方を盗用し都合良く、それに手を加えて聖書を作り世界一の団体に成ったのです。
イエスはユダヤ教徒からキリスト(メシア=キリスト=救世主)であることを否定され、十字架の上で刺し殺されて死んだのです。
イエスの再来は2020年〜2037年の間だ、と預言されており、人類の最終戦争と言われるアルマゲドンと同時期なのです。
宗教家達がアルマゲドンを2000年として騒ぎ立てたのは人々を不安に陥れて信者を集める手段に使いましたが本物の人類の最終戦争と言われるアルマゲドンは2020年のこれから始まることです。
アルマゲドンを人類の最終戦争と言って恐れるのは宗教家だけで、この人類の最終戦争は従来の戦争とまるっきり違い全て平和裏に始まり平和裏に終わる、と言う素晴らしいものなのです。
つまりアルマゲドンは人類の心の奥深く隠されていた潜在知能を使い智恵を産みだし、その智恵で奪い合いの無い自由で平和な社会を構築する時期が2020年〜始まり2037年の時代に終わるで有ろうと遠いい過去に予測したのですね。
人々が智恵に目覚めてしまいますので、宗教に騙される人もいなく成りますので全ての宗教は自然消滅する、とやはり預言されているのです。
2020年頃には、皆さんが知能を育て智恵を持つキリストに成ってしまいますので、その事を例えて人類を長きに渡り虐げてきた「ユダヤ人は真のメシア、イエス=キリストの再臨を迎えるで有ろう」と言うのです。
ざっとですが、こんな所ですね。


55 :考える名無しさん:2006/11/21(火) 21:16:19
このスレの存在自体が、Gottの万能性を否定する証拠のような希ガス。

56 :考える名無しさん:2006/11/21(火) 22:27:46
GottとGodをきちんと区別できるやつはいないのか?


57 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 08:45:55
少なくともニーチェの神はGott

58 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 19:06:40
十字架の上で刺し殺されて死んだのはニーチェである


59 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 11:49:50
ニーチェにはいわゆる哲学という部分があるのでしょうか。
批判ばかりしているイメージしかないのですが。



60 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 21:21:49
ニーチェ理解には程遠いようだな。

61 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 00:08:36
信仰がなければ見えないものもある。
神を否定するのは、信仰なきものの不幸である。


62 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 00:51:06








早く働けよ

親泣いてるぞ


63 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 17:27:16
ひとつはっきりしていることは
ヨーロッパのキリスト教は
キリストその人の教えとは
なんの関係もないということだ
たとえばローマ・カトリックにおける教皇・法王という概念などは
反キリストそのものである


64 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 19:02:40
>>63
キリストは職業。
個人をさすならイエスだろ。イエスの教えをキリスト教以外で知ることができないのに、
関係のないといいきるのは頭がおかしいとしか思えない。

65 :考える名無しさん :2006/11/28(火) 20:09:18
全ての宗教は想像力の範疇ってね。
誰にでもわかるよきっと。

66 :りくーつ・こねりー:2006/11/28(火) 21:07:56
>>50
> 宗教を認めていないのに、完全性を求めるのならば、その人は頭が悪いのだと思う。

どういう完全性なの?具体的に…

67 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 03:05:50
キリストは職業ではない。
救世主という意味である。


68 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 16:56:43
キリストはパウロが売り込んだ商品名。

69 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 13:52:18
ニーチェの入門書、何を読めばいいですか?
レポートで使うので。

70 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 19:19:27
>>65
おまえはそんな反論しかできんのか
日本語おかしいし
顔もおかしいよwww

たいての日本人にとってキリストとはイエスのことなんだよ
それで誤解するようなバカはどうでもいいんだ
バーカ

71 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 21:53:19

哲学板では区別つけろよ

72 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 22:58:33

そうだよな
哲板にいるのは
ふつうの日本人よりバカなんだから
区別しとけよ

73 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 04:21:09
なんかふと思ったんだが
靖国神社参拝が問題になるのはそれが正し過ぎるからだろうね。
戦後どころか日本の歴史が積み上げてきた砂上の道義を一変に
崩しほとんどの事を否定してしまう正しさの危うさが靖国参拝
にはあると思う、俺はそれで良いと思うが。

74 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 21:24:09
>>キリスト教は白人限定の宗教で、
白人以外は人間として認めていないからな。

黒人のキリスト教は何?


75 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 22:50:16
個人的にはキリスト教を肯定も否定もする気も資格もないけど
現代版「キリスト教は邪教です!」とかいう現代の下劣さを象徴するような
俗臭芬々たる衰弱したタイトルは失せてほしい。

キリスト教がパウロの嘘であってもなくてもどちらにせよ、
苦痛を知っている人たちを救う力がすごい宗教だと思う。
本当に聖らかな信仰を持った、先天的要因の統合失調症患者が知り合いにいるけど
信仰がなかったら、たぶん彼女の人生は絶望以外に何もなかったような気がする。
そういう人も世の中にはいるんだから、ふざけ半分の腐ったタイトルは・・嘔吐!


でも、宗教の利用のされ方が、愚悪極まりなく、偽クリスチャンの偽善が甚だしいのも事実。
聖書に対しての理解がない人がこの本を読むのなら、キリスト教がどうこうより
組織化された嘘で固められた宗教の卑劣さ加減を理解する目的で読んだ方がいいと思う。
文字通り骨が疼くような苦痛、を知らない人が神がどうこう考えても意味がない。
神を信じることなしに生きていけない人は、たくさんいる。
イエス、あるいはニーチェの存在に涙を流せないような無情な知識人が、この本を字の
表面だけで理解するのは、テスト前に世界史の言葉を頭に貼り付けるのと代わらない。
この訳ではあまり伝わってこないが、ニーチェの言葉の裏には、かなり精神的なものが
あるから、言外の思想を読み取るべき。覚えて貼り付けるのではなく、読んでいるその時に
魂に染み込ませて読むのがいいと思う。

とにかく、ニーチェは苦痛を完璧に知りぬいた人だろうから、彼自身の精神から
色々学ぶ、というより感じることが、この本の第一義だと思う。

76 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 02:14:03
何の本?

77 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 04:57:17
>>ニーチェの言葉の裏には、かなり精神的なものが
あるから、言外の思想を読み取るべき。

お前、原著で読んだの?
そのわりには頭の悪さがにじみ出ているが、、、。


78 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 05:05:15
>>77
いや、客観的に判定するとオマエのが頭悪そう。

79 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 15:00:58
>>78
客観的な判定?
だから頭が悪いって言われるんだよ。

80 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 23:52:07
私の、キリスト教が邪教である理由。

一神教*布教活動

です。
つまりこれは、侵略に等しい行動なのです。
ただでさえ、同じ民族、同じ家族であっても十人十色の考えを持つのに、それを絶対的な理論で統一しようとする。
結果、物事の真偽をはっきりさせなくてはいけなくなる。
そして、それが人の考えの否定だとかに及び、争いが起きる。
そんな主教が他国にきて、布教するとどうなるか。
一神教だから、その土地の土着の神は退けられる。
これは、ある王国が攻めてきて、その土地の王を退けさせ、自国の王を従わせる。まさに、これは侵略であり帝国主義である。

教理につて
仏教などの教理は、人それぞれの経験論や他の宗教の考えを取り入れたり、自然を観察したりまたは人を観察して成り立った。
よって、キリスト教の聖書に当たる、経典は何千何百となる。
なぜか、それは仏教が民主主義的で且つ学問的な性質を持っているためである。つまり経典とは、学問で言うところの論文であるからだ。
一方、キリスト教の教理は、「主が言った」「そう契約した」というように、教理の正しさは主に託しているため、なんの根拠も無い。
なので、教理は矛盾だらけ。(何故なら、ナザレのイエスが旅の途中で思いついた頓知で成り立っているから)



81 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 00:08:46
>>80
>一神教だから、その土地の土着の神は退けられる。

違うよ。一神教のGODを「神」としたのは誤訳に近い。
GODは、日本で言うところの神を超越したところにある存在。
日本で言う神々は、AngelかSpirit程度に相当する。

まあ、キリスト教を批判するなら、どの宗派に対するものかはっきりさせた方がいいね。
一つまとめて扱えるようなものではないから。

82 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 02:16:18

じゃあ、GODはなんて訳すの?


83 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 02:16:55
>>81
mutimoumai

84 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 02:55:05
>>82
対応するものが無いので、訳せない。

85 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 04:38:45
GODは、創造主=造り主(つくりぬし)。
ニーチェは、イエスを非常に優れた思想を持った<人間>だと
評価していたと思うのですが...
その時点で、大間違いかな?!残念ながら...
何故、ニーチェは、イエスを<人間>にしたかったのかな?
<イエス=人間>論争は、それ以前にもたくさんあったのに...
あと、キリスト教を信仰する者が、すんなり受け入れることを
哲学的に言い当てようとして、言葉の迷宮をグルグル巡る
ハイデガーの<存在>やデリダの<差延>の思考は、さらに
深刻そうで...困ってしまいます。
やはり、あまりにも楽天的でハッピーな思考をするキリスト教が
悪いのでしょうか?
悪いのかもしれない...(反省)









86 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 10:25:08
>>85
>GODは、創造主=造り主(つくりぬし)。

そういう側面があるだけで、創造主というだけではないだろう。
つまり逆は成立しない。

87 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 15:18:26
>>86
じゃあ、GODは何??


88 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 15:32:28
>>87
Great Ojichan Deep kissの略でしょ。
常識的に考えて。

89 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 15:33:30
>>88
最後のKが無いじゃないか。

90 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 16:20:50
>>87
YHWH

91 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 23:24:17


http://www001.upp.so-net.ne.jp/monzou/christ/P9104312.jpg



92 :考える名無しさん:2006/12/08(金) 09:16:44
>>90
だったら、造物主でいいじゃない。
だめなの??

93 :考える名無しさん:2006/12/08(金) 10:53:34
近代以降、人々のモノの見方や考え方、感じ方にいたるまで
ある人物によって、仕組まれた・仕掛けられたものだった...
むしろ、仕組まれた・仕掛けられたもの以外はありえない...
この洞察は、素晴らしいと思いますが、イエス(および初期の
キリスト教会)にその洞察を当てはめるのは、どうかな???
ちなみに、エホバはGODではありません。

94 :考える名無しさん:2006/12/08(金) 10:59:04
>>92
単なる創造主ではないから

95 :考える名無しさん:2006/12/08(金) 12:33:46
争っちゃいけない…その根拠は?なんだろう…
「侵略」とか「否定」とか非常にネガティブな単語を使われると誠に最もな
意見に聞こえるけど、「同胞の平和」以外に興味のない「生き物」としての
人間が「宗教」を発明したと考えたら非常に合理的なシステムでしょ。

逆に「救世主」が教えたもうたものならば、それが真なる「救い」。理屈の
上では邪教じゃないよ。

邪教の定義ってなんですか  >>80

ご存知の通り人間は「社会的な生活」を営む習性を持つ動物だと言われてい
ますよね。社会性とは必ず「政治」の顔を持っています。だから宗教だって
社会や政治を内包するのは当たり前、だって人間がやっているのだから。
だから「○○主義的」な宗教姿勢が見受けられるは至極当然だと思う。
私だけだろうか…?




96 :考える名無しさん:2006/12/08(金) 19:09:21
頂きます!

ありがとうございます!

ごちそうさまでした!!


97 :考える名無しさん:2006/12/08(金) 20:07:08
>>94
単なる創造主ではないなら、何か? と聞いておるのだよ。



98 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 18:56:00
>>97
YHWH

99 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 09:10:18
???????

100 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 03:52:21
もういくつ寝るとクリスマスですね♪
来年もいい年になりますように!!

101 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 09:15:46
クリスマスはイエスの誕生日ではない。
クリスマスのお祝いをすると、地獄に落ちるわよ。

102 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2006/12/16(土) 09:45:54
>>98
KWSK

103 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 10:08:15
>>93

ニーチェはイエスを擁護しているはずですが??

>>イエス(および初期の
キリスト教会)にその洞察を当てはめるのは、どうかな???

104 :sage:2006/12/19(火) 15:48:35
>>103
>>85をお読みください。
<実存>の思考で、イエスを考えても
宙にさまよってしまいます。

ですから、ニーチェのイエスの擁護も
残念ながら浅薄です。

権威ぶった・イエスの教えとは似ても似つかない
教義を振りかざすキリスト教会を批判するために
パウロやヨハネを罵倒しても意味がありません。

105 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 16:30:15
哲学こそ邪教です

106 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 16:52:48
無宗教こそ邪教です。


107 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 16:54:35
無宗教は自分が神様だからなw

108 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 17:01:52
>>104
はて?
キリスト教以外で、イエスの教えなんて明らかになっているのでしょうか?
イエス自体キリスト教の作り話かもしれないのに、教会と似ても似つかないとか無意味だと思いますが。

109 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 17:09:21
哲学は無宗教を装った一種の宗教だろ

110 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 18:46:33
>>108
確かに、キリスト教以外でイエスの
教えを理解しようとする機会は皆無ですね。
でも、キリスト教にも教義というものがあって
教義で分かったつもりになって、
本当にイエスの教えを理解しているのかは
怪しいのです・・・(反省)。

イエスが実在した人物かは、一度調べて
みてください
(勿論、実在した人物ですよ)。

111 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 19:11:17
>>110
実在した証拠は?
確かないと思いますが。

112 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 19:15:06
イヴにラブホの前で行列作って並んでいるカップルを見て
クリスチャンやキリストはどう思う?

113 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 20:43:42
クリスマスはイエスの誕生日じゃないんだよ

114 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 13:31:03
>>110
本当の教えといっても、それは新約聖書から読み取るしかない。
パウロが編纂した新約聖書以外に、イエスの言葉を読む手段はないんだから。
そこのところをどう考えているの??


115 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 21:39:57
>>114 パウロが編纂した新約聖書
それどんな聖書???

116 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 02:54:39
>>115
質問の意味がわかりませんが...

117 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 03:33:15
ひさしぶりに来たがちっともニーチェの話になってないな

↓ちなみに懐かしの小ヨハネさん
主イエス・キリストは父なる神 3.
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163166628/

118 : ◆xGAtZtjybY :2006/12/21(木) 04:13:35 ?2BP(0)
>>116
パウロは西暦60年代に死んでるんですが、
マタイ、ルカ、ヨハネ福音書はそれよりずっと後ですよ。
なのでパウロが新約を編纂するということはありえません……
なにか別のことと勘違いされてるのでは?
2世紀から4世紀にかけて、あれをいれるこれをいれないと議論した
その結果がいまの聖書ですよ(正式に確定するのは13世紀)

119 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 14:41:30
現代の学者たちの説によれば、新約聖書の書物の執筆時期は紀元32年から90年ごろで、それらの書物が新約聖書としてまとめられたのは150年から225年ごろの間であるとみなされている。

120 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 14:43:29
キリスト??何が神の子だしwwwwwバカじゃね〜のかよww
滅びろよキチガイどもwwて感じだ。キリスト教徒に対してww

121 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 17:07:42
明後日はクリスマスイブ。
wwが多いのも同レベル。



122 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 17:31:33
イエスは人の子で
ヨセフもしくはローマ兵士との間で生まれた子に相違ない。
あたりまえだ。
ただ信仰者はそう理解しない。
信仰とはそういうものだ。
未開の宗教的感性がそいう解釈におちつくのだ。
信仰するものはわかっていても
そうやって自己をなっとくさせているのだ。
水の上を歩いたり
パンを生み出したりできるわけはない。
超能力的人格を設定したのは信仰するものの側に理由がある。
イエスは神を信じたにすぎない。
妻帯しててもいいじゃないか。

123 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 17:33:07
私はクリスチャンです
ちなみにプロテスタント
邪教ではないですよ。

124 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 18:08:26
>>122
>イエスは人の子で

本人もそう言っている。

>ヨセフもしくはローマ兵士との間で生まれた子に相違ない。
>あたりまえだ。

こちらは断定できない。
何らかの異常で妊娠した可能性もある。

そもそも、創作上の人物かもしれない。

>ただ信仰者はそう理解しない。
>信仰とはそういうものだ。

そうとは限らないよ。
観念の世界の人だとしてもいいんだし。キリスト教グノーシス主義というのもある。

>水の上を歩いたり
>パンを生み出したりできるわけはない。

その程度のことならセロでも出来るだろ。

>妻帯しててもいいじゃないか。

別にいいんじゃないの?信仰しているなら、神が何しようと、誰もダメだとは言わんだろ。

125 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 18:18:20
今日の新聞に、イギリスでは近年クリスマスのことを「冬祭り」と
呼んで、キリスト教との関係を消すようにする動きがある、と書いて
あったが、本当なのか。
イスラム教徒との関係に配慮した例の「ポリティカルコレクトネス」という
奴らしいが、最近はそれに対する反動も強まっているとか。
一体何を考えているのか、よくわからん。

126 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 03:08:56
>>123
クリスチャンも結構邪教だよ^^
なんか名前はかわいいけどね。栗栖ちゃんみたいで。

127 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 04:55:08
申し上げます。申し上げます。旦那さま。
あの人は、酷い。酷い。
厭な奴です。悪い人です。ああ。我慢ならない。生かして置けねえ。
(中略)
捕えて、棒で殴って、素裸にして殺すがよい。
もう、もう私は我慢ならない。あれは、いやな奴です。
ひどい人だ。私を今まで、あんなにいじめた。はははは、ちきしょうめ。
(中略)
はい、はい。申しおくれました。私の名は、商人のユダ。
へっへ、イスカリオテのユダ。

おさむ

128 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 14:01:39
>>125
クリスマスはローマ帝国領内における太陽崇拝の行事。冬至の日からは昼の時間が長くなるので太陽が復活することになぞらえられていた。
クリスマスツリーにしても、元はゲルマンの樹木崇拝から来ている。
要は古代キリスト教が、その習俗がある土地の人々にも受け入れられやすいようにクリスマスという形をとったわけだ。イエスを「義の太陽」となぞらえたり、その日を彼の誕生日にしたりもした。

129 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 16:46:17
愚か者から攻撃を受けて報復するのは愚かしい。
相手を自分と対等の存在とみなすから腹もたつ。
もっとおとなになれ。などと言い出す者がいる。

蚊を殺すのは
べつに蚊と自分を対等の存在とみなすからではない。
単に蚊にかまれて腹がたつから殺すのだ。

精神主義を持ち出す連中は
実はおのれの実践的な能力を見限っているのである。
たとえば性道徳をうるさく言う連中は
性的に不能者である場合が多い。

敵から攻撃を受けて、しかも手も脚も出ない状態を、
自分の自由意志でそうしているのだとごまかしている。
そのごまかしが無意識のままにとどまり
そのうえ、それを正当化する理屈まででっちあげるのだ。

精神主義は弱者・不能者がでっちあげる夢だ。
キリスト教もそのひとつである。


130 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 20:05:34
君の現在はどうかわからないが君は必ず
弱者、不能者になる。

131 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 20:58:02
人を弱者と見下す者は見下される者になっても、強者とみなされ取り扱われる。
時と意志の力によって現実の立場は入れ替わっても
過去は現実として記憶に残っているんだから。


132 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 21:13:57
過去の現実に従って行動することが
人を劇的にする。
過去の現実と今の現実の剥離が大きくなるほどに、人は乱舞するようになるのだ。
例えば過去の強者が弱者に、過去の弱者が強者になれば両者とも、前者は現在の、後者は過去の、現実を否定しようとするために悲劇が起こりかねない。

133 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 21:14:55
宗教を馬鹿にする人間は「宗教に頼らなくちゃいけないような人間は弱い」とよく言うが、
お前はどんだけ強いつもりなんだ…。
自分のことを棚上げせずに信仰者を非難できるのは純粋哲学者くらいだろう。

134 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 22:36:34
純粋哲学者って何ですか?


135 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 22:47:14
職業的哲学者ではない哲学者

136 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 22:49:29
そうだ、どれだけ強いつもりなんだ。
人間社会では自立とか独立とかいってみても頼れる人がいての支えがあっての自立だからな。
むしろ否が応にも支えとなる人、頼れる人が多くなったからこそ自立できるわけで、だからむしろ他立であり、自力より他力に負うところがいかにも大きい。
いかに偉大になってみても他力によらずしては社会的にはホームレスという身分に収まるのである。
社会において孤立した個人は社会という文脈においては不能であり弱者であり不毛である。
不毛でも大地に立てるようになってから傲慢になるべきだろう。
社会人は他力本願なんだから謙虚でなければならない。
どのみち社会どころか世界から放り出されるわけだが。
死んででも何かしら神様とか対象を求めるは、消えてしまうならいいが、
人の存在と人の利用しうる力のすべてが他力によるわけではないからかもしれない。そんな予感があるからだろう。
自分の本質がそれ自体で存在するならば、それ自体で存在しうる絶対的存在性をもつとしたなら。
死によって逃がす場もなく自らの存在の重みと力は自分一身にかかってしまう。
絶大な力をもつ神がいたら世界を創り上げるのも当然だろう。
ビッグバンで始まったというのはわかる気がする。

137 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 23:31:27
キリストねえ・・・・。はいはい。ご苦労さま。もういいよ。'`ィ'`ィ ┐(´Д`┌


138 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 09:17:54
金は自分の依存性の程度を数的に告げるものさしである。
高い地位の味は知らんが、これもまた同じことだろう。これは全くの依存じゃないのか?
上に立っているというよりは支えられているのであり、登りつめるというよりは祭り上げられるのである。
社会的立場は許されているものでしかないから明日にでも路頭に迷うのかもわからない。
全く私有のものなどない。
取ろうと思われれば取れる人間は群をなしている。
あるとしたら死によっても奪えないかもしれないところの自分に刃向かう自分だけを私有しているのである。
死によって奪われるべきものだけが奪えないのである。
もし唯一私有しているかもしれぬこの刃が死後も残るならば神によらずしては救いはないだろう。
容赦なく自らに切りかかり続ける自分という刃の上に永住できる者は強者である。
だから強者を目指すか神の慈悲と愛を信仰するかしかないだろう。
これはたぶん一兎を追えば棚からもう一兎となる希ガスだ。


139 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 22:41:07
メリークリスマス♪
キリスト教による虐殺の被害者にも

140 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 07:30:50
まあそういうのは日本人による虐殺とかを言い続ける中国人と同じで意味がないだろうね。

141 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 03:48:04
同じく一神教の○○○○教は、邪教ではないのか。

本題。キリスト教が、というより、押し付けや植民地や殺戮は、白人(特にアングロサクソン)の専売特許ですよね。
だいたいキリスト教みたいなシロモンが、影響を与えたとは考えられません。
糞キリスト教弁護ではないので、あしからず。

142 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 22:08:37
パンって要するに、鎮痛剤だろな。
パンによって鈍感で盲目になるということだ。
苦痛への耐性は、人が大成するかどうかを大きく左右する。

143 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 23:04:44
キリスト教の影響でなかったら、あんなに残酷なことはできない。


144 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 00:04:47
>>143
キリスト教以外の残酷事件を知らないの?
イスラムとか、ヒンズーでもしゃれにならない事件はあるし、
宗教から離れても、通州事変とかいくらでもあるだろ。
結局宗教のせいではなく、そこにいる人間性で残酷な事件が起こる。

145 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 11:07:48
>>144
宗教は人間性と不即不離の関係にある。あるタイプの人間性が宗教となる。

146 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 20:29:37
>>145
作られるときはそうだと思うよ。キリストや使徒の人間性がキリスト教になったように。
でも、出来上がった宗教に属する人間が、宗教の性質を必ずしも表しているわけではない。
また、無宗教でも残酷な事件は起こる。

147 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 22:34:38
宗教は残酷な心を抑える機能も持たぬので御座るか・・・

148 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 22:47:11
ある行為が残酷であるかどうかを決めるのも宗教なんじゃないかな?

149 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 22:47:52
>>147
抑えられて、あの程度に収まったという方が正しいと思う。
奴らに宗教が無かったら、本当に酷い蛮族だと思うぞ。

150 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 22:48:17
(信仰者にとって)なにが残酷でなにが残酷でないかを決めるのも所属する宗教だろうね

151 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 06:56:56
>>149
あの程度って……。
世界を地獄に落としこんでおいて…。


152 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 11:13:20
>>151
あれでもマシになった方なんだよ。落とし込んだわけではない。

153 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 11:30:31
>>152
根拠は?
あとね、ニーチェがキリスト教を批判するのは戦争おこすからという理由だけじゃないんだけどな。

154 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 15:31:35
>>153
>根拠は?

キリストの教えによって、まともになった人間の方が遥かに多い。
もともと、罪のない人は来なくてよく、罪人を救うためのもの。
改心した人の方が圧倒的に多い。

それに歴史に完全な根拠は求めるのは不可能だ。>>151にも根拠はないだろうね。

>あとね、ニーチェがキリスト教を批判するのは戦争おこすからという理由だけじゃないんだけどな。

俺はその話はしていない。

155 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 16:00:20
>>154
キリスト教のため精神を病んだ人はいないのですか?

156 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 17:05:28
>>155
いるよ。でも少数。医療事故みたいなものだと思われ。

157 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 05:24:26
>>156
それはないだろ


158 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 11:01:44
イエス・イエヤス

159 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 11:04:50
イエス・タケチヨ

160 :考える名無しさん:2007/01/02(火) 10:25:05
ニーチェは、ピラトがイエスに尋ねた「真理とは何なんだ?」
という言葉で、ピラトが(イエスの語る)真理そのものを、
懐疑的に考えることのできる深い認識をもった人物として評価
しているけど・・・どうなんだろう???
単純に理解できないだけだったと思うのですが・・・
イエスが処刑されないように画策したりして悪い人物ではないと
思いますが・・・
ニーチェが、ピラトを評価する根拠が分かりません???

161 :考える名無しさん:2007/01/02(火) 23:53:46
>>154
>キリストの教えによって、まともになった人間の方が遥かに多い。
その、「まとも」がどのようなものかによると思う。

>もともと、罪のない人は来なくてよく、罪人を救うためのもの。
罪の無い人はいないはずじゃないの?

162 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 00:12:44
キリスト教は、統一的な宗教で且つ布教活動であるから、邪教。
簡単に言えば帝国主義的である。

布教活動で他国に行く
一神教(統一性)なので、その土地の土着の神などを退けさる。
これが、戦争だとかの火種となる。



163 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 00:28:24
>>161
>罪の無い人はいないはずじゃないの?

「罪の無い人はいない」というのは大雑把な言い方。
普通はいないだろうというぐらいだが、
教会の中では実際問題「罪の無い人はいない」として問題はない。

それでも、他人に対して罪人だと押し付けるものではない。
(押し付けているところがあったら、それは異端かカルトだと思っていい)。
罪人であるかどうかは、その本人が判断することと。
罪がないなら、それはそれでいいし、
罪に苦しむなら、教会はそこから救ってくれる。

個人的には、「罪」という言葉より、「心の傷」という言葉のほうが相応しいと思う。

164 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 00:30:20
>>162
>一神教(統一性)なので、その土地の土着の神などを退けさる。

そういう宗教もあるでしょうが、
カトリックでは地元の神社に参拝することは問題ないし、
それが地域社会として根ざしているなら、そうすることは奨励している。

165 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 00:37:22
キリスト教は合理的な科学理論ではない。
ヨーロッパの伝統だ。キリスト教を否定することは伝統破壊になる。
伝統が破壊されれば人間は弱くなる。非合理的である理由で伝統を
否定するのは賢くない。

166 :162:2007/01/03(水) 21:49:50
>>164
>カトリックでは地元の神社に参拝することは問題ないし
問題ないという、理由は何でしょうか

>>165
>ヨーロッパの伝統だ。キリスト教を否定することは伝統破壊になる。
伝統として見るのは、どうかと思う。
伝統であれば否定してはいけないとうのも、賢くないと思う。


167 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 22:22:16
>>166
>問題ないという、理由は何でしょうか

問題がないというのに何か理由が必要でしょうか?

反対する理由もなく、個人の自由にしていいということですよ。

168 :162:2007/01/04(木) 00:04:35
>>167
>問題がないというのに何か理由が必要でしょうか?
理由は必要でないといえる理由はちゃんとあるのでしょうな。
あの質問をしたのは、一神教なのに他の宗教への参拝するのは矛盾していると思ったからです。
まさか、あなたの身の回りだけの、極めてローカルな話ではないですよね?


169 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 02:31:48
>>168
>一神教なのに他の宗教への参拝するのは矛盾していると思ったからです。

別に矛盾していませんよ。
キリスト教のGODは、正確には日本の神とは違います。
GODを神と訳したのは相応しくないと思います。
日本の神は、キリスト教では、HolySpiritかAngelに相当すると思われます。
なので、八百万の神は、聖霊であり、何も問題ありません。

170 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 02:32:51
>>168
>一神教なのに他の宗教への参拝するのは矛盾していると思ったからです。

別に矛盾していませんよ。
キリスト教のGODは、正確には日本の神とは違います。
GODを神と訳したのは相応しくないと思います。
日本の神は、キリスト教では、HolySpiritかAngelに相当すると思われます。
なので、八百万の神は、聖霊であり、何も問題ありません。


>まさか、あなたの身の回りだけの、極めてローカルな話ではないですよね?

はい、参拝の話はバチカンからの話です。

171 :さるべ:2007/01/05(金) 02:07:45
イエスの説いた教えと、後世のキリスト教ってずいぶん違ってきてるんですね。。
ニーチェは後のキリスト教を、共同体原理批判の視点で主張したんでしょうか。


172 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 02:13:00
>>171
そりゃ、ね。イエス自身は新しい宗派を作るとかそういうつもりじゃなかっただろう。
むしろ、自分こそがユダヤ教の本来の精神を説いたと思っていたのでは?

173 :さるべ:2007/01/05(金) 02:33:15
>>172
そうでしょうね。イエスに限らず、歴代の預言者たちはユダヤの民に「あなたたちは、神の道から外れている」と警告を発してきたのだと思います。

174 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 02:35:56
>>173
預言=警告じゃないだろ、何言ってんだ。
あったとしても一部分的なものなんじゃないの。

175 :さるべ:2007/01/05(金) 02:39:26
>>174
一部分かどうかはよくわからないです。ただ、ユダヤの民の選民思想に対する警告と、行為主義に対する警告、この2つは少なくともあったでしょう。

176 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 02:46:46
選民思想はわかるよ。
自分の民族を絶対的なものにしなきゃ生き残ることができないっていう状況に直面してきた。
それを背景に選民思想が顕著になるわけだけど、その傲慢さを指摘してきたんだよな。

177 :さるべ:2007/01/05(金) 02:56:47
>>176
預言者本来の精神がいわば止揚されているのが、『旧約聖書』の中では、「ヨブ記」と「コヘレトの言葉」という「伝道の書」だと思います。この二書には、民族という共同体としてではなく、個人として神に出会う、あるいは個人の生活を大事にすることが求められています。
こうした考えは、ユダヤ教にあっても、選民思想を破るものなんです。ただ、おっしゃるように迫害の歴史の中にあっては、それが絶対不可欠になったという面の方が大きすぎたんでしょうね。

178 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 03:04:26
>>171
イエスの説いた教えをどこで(何で)知りましたか?


179 :さるべ:2007/01/05(金) 03:18:02
>>178
えっと、確か「言葉伝承」「物語伝承」の上下巻です。教皇庁聖書委員会の学術論文でそういうのがあったんで。。。

180 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 03:42:46
>>179
それは誰が受け継いできたものですか?
受け継いできたものがそれを否定していますか?

181 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 16:43:20
>>156
少数とか言いますけど、その少数に当たってしまった人たちには重大な問題だと思いますよ。

182 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 18:08:08
>>181
そらそうでしょ。どんなことだってそう。
人間がすることに完璧なんてありえないんだから事故はつきもの。

183 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 22:34:08
2chに来て分かること。
たいていのキチガイというのは
平凡きわまりない、ありきたりな意見しか吐けないボンクラだということ。

これにレスつけたやつは
自覚症状があるわけですから
まだましなレベルです
おめでとう


184 :さるべ:2007/01/05(金) 23:47:53
>>180
福音書記者たちが伝承をまとめたもののみです。
マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの福音書を対比的に見立てた論文でした。

「否定していますか?」といいますと?

185 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 23:55:33
伝承をそれぞれの視点でまとめたのが福音書でしょ?
イエスが語ったという言葉も、それを伝えた人たちの視点が関わっているから一枚岩でもないですよね。
例えば「汝の敵を愛せ」とか。

186 :さるべ:2007/01/06(土) 00:01:53
>>185
そうですね。一人の人が書いたのではなく、様々な人が伝えた話を編集したのが福音書ですから。「敵を愛せ」という言葉は有名ですけど『新約聖書』の大半を占めるパウロの書簡には一度も出てこないんです。

187 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 00:04:33
>>186
どっちが正しいんですか?

188 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 18:55:06
>>184
今のキリスト教がそれを否定しているとでも思っているのですか?ということです。

189 :162:2007/01/07(日) 02:18:21
>>169
godと神が違うのは知っています。
しかし問題は、一神教とは崇拝する対象が一つであるともいえることです。
そして、キリスト教への崇拝とは契約です。つまりイエス・キリストを信じること。

>はい、参拝の話はバチカンからの話です。
おぉ、そうでしたか。
そんな代表的な機関が行っていたとは。
どうやら、一神教の本質に気づき始めたようですね。

190 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 18:19:24
邪教かどうかなんてどうでもいいけどさ
ユダヤ教≒キリスト教≒イスラム教としか思えないんだけど
史実と神話をごちゃまぜにして都合のいいようにでっちあげてるだけなのに
信者はなんでキリスト教をありがたがるんだ?
キリスト本人はキリスト教に全く関与してないしさ
でっちあげじゃん

191 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 18:24:56
>>190
イエスの教えと、その集まりが好きなだけ。同好会みたいなもんだよ。

192 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 18:26:35
>>153
キリスト教が誕生した頃のローマでは、奴隷同士が殺しあうのを見せ物にしていた。人間はもともと残虐なもの。
新大陸での奴隷貿易においても、キリスト教が真っ先に批判した。そうでなければ今でも行なわれているだろう。

193 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 18:29:51
>>190
キリスト教だけがイエスを神の子としている

194 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 18:41:52
目くそ鼻くその違いで殺し合い
愚かなり

195 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 19:20:34
キリスト教が邪教というのでなく、
信仰を邪教にしてしまう人たちが、
たくさんいるということでしょう。
商売やっちゃったら、
どの宗教も、邪教ですよ。
仏教でも、神道でも。


196 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 19:31:15
そのとおり。
信仰心そのものは非常に大事なもので、人類がそれを失うと猿以下になる。
信仰心のない地域は科学や哲学は勿論のこと、文化そのものがない。

197 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 22:22:34
>>196
お前カルトの布教活動にココ使うなよ。

198 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 23:37:33
>>196
で、その信仰心のない地域はどこにある?

199 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 18:34:07
>>192
本当に歴史を知らないんだな。

200 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 20:39:30
>>196

>人類がそれを失うと猿以下になる。
理性から信仰心が生まれた。
元は、理性とは生存効率を向上させるためにある。
つまり効率よく欲求を満たすこと。
それは食欲に関して言えば、被食者の犠牲率の向上につながる。
キリスト教が一般的に持つ倫理観にとって「生」に対するこの事実は「主の恵み」などとすることにより
朧げなものにした。
そこから何も考えず、ただ感謝するのみ。
やがて、生態系や環境が崩れ、生き難くなり、救世主が云々となる。

上に言うところの猿以下になって、今まで下にあった自然の一部になったほうが、かえってよいのでは?


54 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)