5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

柄谷行人を解体するXVII

1 :早稲田になぜ吉澤ひとみと夏目ナナなのか:2006/11/18(土) 11:14:51
karataniweb http://www.kojinkaratani.com/
柄谷行人を解体する http://mkt.3w.to/
KARATANI-B http://homepage3.nifty.com/karatani-b
はてなダイアリー http://d.hatena.ne.jp/keyword/%ca%c1%c3%ab%b9%d4%bf%cd?kid=3667

「国家と資本主義」 2006年12月2日 13:00〜14:30
新宿住友ビル7F 朝日カルチャーセンター
http://www.acc-web.co.jp

国家とは何か。資本主義とは何か。両者のあいだにはどのような
関係があるのか。『世界共和国へ』において人類史的なスケール
で国家と資本主義の生成原理をとらえなおした柄谷行人氏と、
『国家とはなにか』で知られる若手哲学者の萱野稔人氏が、国家
と資本主義の問題をめぐって原理的な思考をくりひろげます。

2 :考える名無しさん:2006/11/18(土) 12:20:54
重複でスレストしたろうにw

3 :ミクシィへ2ちゃんねる悪質ユーザー侵入 :2006/11/18(土) 13:33:13
 「上場したら文句を言う人が増える。そんなに大それた金もほしくない。自分がいなくなったら上場するかも」

 匿名掲示板「2ちゃんねる(2Ch)」の管理人、西村博之氏(29)は4日の講演会で、上場
企業が運営するソーシャルネットワークサービス(SNS)「ミクシィ」について言及した。
 西村氏が平成11年8月に開設した2Chは、2年間で月間訪問者数300万人を突破。
日本のコミュニティサイトで初めての成功例となった。

 一方、ミクシィは16年2月に発足。今年10月に有効利用者数600万人を達成し、運営会
社「ミクシィ」の今年度3月期売上高は19億円弱。9月に東証マザーズに上場し、295万円
の初値をつけて話題を呼んだ。

 後発のミクシィの勢いに呼応するように16年3月、2Chでは一大ムーブメントの端緒とな
る書き込みがあった。投稿者はいわゆる「電車男」。オタク男が自分の不器用な恋を逐一報
告した書き込みは書籍、映画、ドラマに展開、2Chが生んだ最大の社会現象となった。

 アングラから一気にメジャー化し、「あのとき法人化してたら、2Chは今のミクシィのポジ
ションにいたんじゃないか」とみる関係者もいるが、「電車男で2Chは終わった」との指摘もある。

 「垣根が低くなり、初心者が入門的サイトとして来るようになった。アクセス数が激増した
分、ネット社会の暗黙の了解を踏み越えた書き込みも増えモラルが低下した」

 膨張する2Chには現在、40万近いスレッドが林立するが、内部関係者は「悪質な書き込
みを削除するボランティアは実質15人。手が回るはずがない」と打ち明ける。

 西村氏が「怪しげなほうが面白い人が集まる」と戦略的に危険性を容認し、個人情報の暴
露や誹謗中傷などトラブルも絶えない2Ch。その逆を突き、ミクシィは管理主義で成功を収めていった。

 「誰かの紹介がないと参加できず、ID登録も必要。18歳未満は参加禁止で、悪質な参加
者は運営局が強制退会させる。2Chにはない安心感が人気だ」(ITライター)

 「匿名性こそが存在意義」の2Chに対し、ミクシィ運営局は「お知り合いがあなたを発見し
やすいように、本名で登録して身近な交流を広げましょう」と勧めている。

4 :考える名無しさん:2006/11/18(土) 13:33:46
 だがこうした清濁の対比構図は崩れつつある。例えば先月に発生した電機メーカー社員
のわいせつ画像流出事件。「彼女のM字開脚などハレンチ写真や実名をファイル共有ソフト
で流出させた。彼女がミクシィに本名で登録していたため、日記や個人情報が割り出された」(ITライター)

 個人情報見たさに2Chでは「ミクシィに招待して!」という書き込みが殺到。「一気に悪質
な2Chユーザーが大量流入し、ミクシィユーザーの日記に獲物がないか目を光らせている」(同)

 ミクシィ運営局もようやく本名で登録した場合の危険性を注意事項に追加したが、匿名に
して1人で複数のIDを使い分ける“多重人格者”も出現。匿名性の高まりとともに、会員制
の安心感は急激に薄れた印象だ。

 講演会で西村氏は「匿名じゃないサイトのほうが珍しい」と語った。2Chはミクシィになれ
なかったのか、あえてならなかったのか。(2Ch取材班)



5 :考える名無しさん:2006/11/18(土) 19:19:35
「実際、そのために、グローバルな非国家組織やネットワークが数多く作りだされています。
しかし、それが有効に機能しないのは、結局は、諸国家の妨害に出会うからです。」(『世界共和国へ』)

NAMってどんな風に国家に妨害されたのか。自滅したんじゃないのか。

6 :考える名無しさん:2006/11/18(土) 19:30:23
 ん

7 :考える名無しさん:2006/11/18(土) 19:32:05
まーた、フマがなんか書いてるよwww

>一方で、流動性トラップを抜け出した状態では名目金利は
>正であるため、将来において流動性トラップから抜けると
>いう期待は、必然的に将来において名目金利が正になると
>いう期待を伴う。逆に言えば、将来においてもゼロ金利が
>続くと期待することは、必然的に流動性トラップから抜け
>ないと期待することである。(日本は、これに近い状態を
>続けているように見える。)

>であるならば、本流リフレ派の主張の通り、トラップから
>抜けるには、シニョレッジが使われる(減税?財出?)と
>いう期待を市場が抱く必要性がある。もちろん、あまりに
>多く使われると期待されると、今度は高インフレになって
>しまうけれど。本流リフレ派の認識はFTPLと親和的である。
http://bewaad.com/20061115.html#c17

8 :考える名無しさん:2006/11/18(土) 19:36:45
「資本と闘え」という内容の本を書いて印税がっぽり

9 :考える名無しさん:2006/11/18(土) 20:03:25
俺の肩たたき券(10回分)と、「定本柄谷行人集」全5巻、交換希望。

10 :考える名無しさん:2006/11/18(土) 21:30:51
933 :三つ巴のバトル :2006/11/16(木) 16:15:58
339 :考える名無しさん :2006/11/10(金) 11:33:32
>管理人の西村氏の賠償金の不払いや裁判逃れなど無責任な実態が明らかになってきた。

ひろゆきカラヤンそっくりやん

340 :考える名無しさん :2006/11/10(金) 17:15:29
隠れ家は蛭田さんとこらしい

348 :考える名無しさん :2006/11/12(日) 03:02:10
こんにちは。
他の店については、よく分からないのですが、
古本茶屋岩狸さんは、
喫茶店というより、本棚と座敷があり、
ご主人の蛭田さんが一人で切り盛りされいます。
早稲田の古本屋街にありますので、
古本散策の折りに、立ち寄られるのもいいかもしれません。

350 :考える名無しさん :2006/11/12(日) 17:25:45
あかねが早稲田から船橋に移転した場合
ピエさんの交通費どうなるの?

351 :考える名無しさん :2006/11/13(月) 00:02:44
住み込みでバイトすればいいじゃん

352 :柄谷スレ向上委員会 :2006/11/13(月) 14:14:01
俺が出してやることになってる

353 :考える名無しさん :2006/11/14(火) 21:47:43
蛭田
意地になってるなw


11 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 02:32:34

安っぽいプライドを傷つけられて憤慨している思想オタクが何人かおりますね。
キモッ。



12 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 12:37:02
キモッ。
って書けばもう来なくなるだろうという予想ははずれるだろう

13 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 12:50:20
なんでも哲学 pugyao
1 :考える名無しさん :2006/11/19(日) 02:17:05
go!!!

2 :考える名無しさん :2006/11/19(日) 02:18:03
チンチンシュッシュッ、まだらんよ!

チチンチュッシュッ、まだらんチンチン、まだらんよ!
チンシュッシュだらんよ!

3 :考える名無しさん :2006/11/19(日) 02:19:18
まだまだらんチンチン、まだらんよ!
らんチン、まだチチンチュッシュッ、まだらんチンチンらんよ!

4 :考える名無しさん :2006/11/19(日) 02:24:36
pupupu

5 :考える名無しさん :2006/11/19(日) 02:26:29
チンチンシュッシュッ、まだらんよだだらんチンチン!

チチンまだチチンチュッシュッ、まだらんチンチンチュッシュッ、まだらんチンチン、まだらんよ!
チンシュッシュだらまだチチンチュッシュッ、まだらんチンチンんよ!

6 :考える名無しさん :2006/11/19(日) 02:50:12
プププ

7 :考える名無しさん :2006/11/19(日) 02:51:31
ほう、


14 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 13:38:31
デリダなんてのは、日本人なんか黄色い猿で尻尾がある程度にしか思ってないんだから、
ま、せいぜいがんばってくれよw

15 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 13:41:50
4 :考える名無しさん :2006/11/19(日) 02:24:36
pupupu

5 :考える名無しさん :2006/11/19(日) 02:26:29
チンチンシュッシュッ、まだらんよだだらんチンチン!

チチンまだチチンチュッシュッ、まだらんチンチンチュッシュッ、まだらんチンチン、まだらんよ!
チンシュッシュだらまだチチンチュッシュッ、まだらんチンチンんよ!


16 :尼崎とカント:2006/11/19(日) 15:35:36
線路のカーブで外側を高く設置するが、
その左右で生じる角度をカントというらしい。
右に曲がり切れずに事故に遭った
犠牲者107名はNAMの会員数に近い?

17 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 16:32:54



334 :考える名無しさん :2006/11/19(日) 16:25:36
必死に改変コピペしてその都度の抵抗にしているようだが、
>( ´,_ゝ`)どうしても自演とみとめたくないようだが、
>プギャオが書き込んでいないのに救急隊員Aが名無しで大暴れしている件についてよく考えてみようw
これが痛いwwwwwww意味わかって改変してるのかwwwwww
はいwwww自演と認めますwすべて救急隊員Aの自演ですwwwwwww
よく考えましたwwwwwww





18 :柄谷行人 ◆WcOabcjNAM :2006/11/19(日) 18:39:28
見苦しいですね(笑い)

19 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 19:31:20
ぷぎゃお(笑)

20 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 18:34:08
_/ミ   \_
        /    !  ミ  \_
       /    __|l l l\   \
      / // / \  |_L \ \
     / ///    \ | l_ \   )
     / ( /.|      \\\ \|
     |  | /l/ ,-==    =\ヾ| \ |
    / ! ! ( V ,--o、   l-o-L\\\
    | ! ! !(__!           \ \ |
    \ l\|     ,       | \ }          
     \l  |     l..o,.o)     | \\
       \ ^l    ,-v-、_    / / |
        | \  <-l^l^lヽ/  /|___/| まじめに回答しろ、おまいら!
          ̄\  ヽ ̄/  / |  )/\
         / |\_  ̄  _/  | ̄^|\  \
      / ̄  /|   ̄ ̄ ̄  /   \\  \___
     /    ( _|        | l l l \|        )
  / ̄      \        ) | | | | \      /\
/          \_____// | | | | \\     /  .\
                   / / | | | | \ \  /    \


21 :柄谷行人 ◆WcOabcjNAM :2006/11/21(火) 08:42:02
君はいつから気が狂ってしまったのでしょうね。

22 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 14:41:25
しょこたんが
最近いちばんイケテルよね

23 :新柄谷行人:2006/11/22(水) 17:59:50
 さあみなさん、新しい革命の始まりです。

24 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 20:51:44

安っぽいプライドを傷つけられて憤慨している思想オタクが何人かおりますね。
キモッ。




25 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 09:58:38
蛭のようなお前

26 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 11:38:46
蓮紡の国会演説がやたら面白いと思うんだが
あの大仰なジェスチャー
なんでタウンミーティングのやらせにエレベーター係が日当一万五千なのかというのを
説明するのに、あんな手をいっぱい広げなくちゃならないのか?
全身で表現するのか
蓮紡はベッドでもどうせあの感じで
ジェスチャーオーヴァーなんだろ


27 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 14:53:50
蛭田のようなアタシ


28 :日本史は暗記科目ではない(履修天皇):2006/11/24(金) 07:19:15
シンドラーのリフト

29 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 17:25:10

安っぽいプライドを傷つけられて発狂している思想オタクが何人かおりますね。
キモッ。




30 :THE グル :2006/11/24(金) 17:42:28

いいですか、

チンチンシュッシュッ チンシュッシュッ

これが断言できます。

定説なんです。

どうかしましたか?



31 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 00:00:09
4 :考える名無しさん :2006/11/19(日) 02:24:36
pupupu

5 :考える名無しさん :2006/11/19(日) 02:26:29
チンチンシュッシュッ、まだらんよだだらんチンチン!

チチンまだチチンチュッシュッ、まだらんチンチンチュッシュッ、まだらんチンチン、まだらんよ!
チンシュッシュだらまだチチンチュッシュッ、まだらんチンチンんよ!



32 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 07:44:44
>>29
わけさんはオタクなのですか

33 :THE グル :2006/11/25(土) 21:14:08

いいですか、

チンチンシュッシュッ チンシュッシュッ

これが断言できます。

定説なんです。

どうかしましたか?



34 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 00:49:09
          ________
         /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       (:::::::::::人ノヽノヽノヽノヽ人::::::::::::::::)
      (:::::::::::/           \:::::::::::::)
      (::::::::::/      昼      \:::::::::::)
     (::::::::::/               ヽ::::::::)
     |:::::::/ ,,;;;;;;;;;;;;;;,     ,,;;;;;;;;;;;;;;,  |:::::::::|
     |:::::┏━━━━┓  ┏━━━━┓:::::|
     |::=ロ   -=・=- ┣━┫ -=・=-   ロ=::|
     /|:::/ヽ      /ノ  ヽ      / ヽ|ヽ
    .| |/  ` ̄ ̄ ̄´/    ` ̄ ̄ ̄´   | |
    ヽ|         (. o⌒o .)        .|ノ
      \       :::::::::::::U::::::::::::::     /
       |\    ::::--┬┬┬--::::   /|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |. \.     └┴┘    ./ .|  <   昼間たかしが週刊朝日に(ry
       \                 /    \______________
        \     ´ ̄ ̄ ̄`    ./
          \           /
     ___/|.\______/|\___
   /;;;;;;;;;;;;;;; \\         //;;;;;;;;;;;;;;;;;\
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\\       //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\


35 :反戦と抵抗の祭〈フェスタ〉2006――逃亡の想像力を手放さない。:2006/11/26(日) 06:11:42
2006年11月26日(日) 開場:12:30(13:00-21:00)
千駄ヶ谷区民会館集会場(交通:原宿駅、明治神宮前駅から徒歩10分 東京都渋谷区神宮前1-1-10)
資料代:500円 詳細→http://blog.livedoor.jp/r_festa/

▼講演+上映+討論 13:00-15:00
[集会]戦争からの逃亡――まぁ皆さん聞いてくださいよ
「ミサイル8分らしいね」「やっぱやられる前にやっちゃう〜?(笑)」
(あーあ。やっちゃえとか言っちゃって。守られると思ってんだ。で、どうなの。実際は)
――脅威と被害を見据え、動員と退路を見抜くこと。私たちはそこから逃亡の想像力を育てよう。
【問題提起】
「北朝鮮核実験の脅威?」から逃亡の想像力を考える
土屋彰久さん(政治学者・早稲田大学等非常勤講師)

「9.1都総合防災訓練」から戦争動員の現実を考える
金栄煕さん(9.1監視行動実行委員会)

▼路上パーティ→逃亡 15:00-17:00
太陽を戦慄させるサウンドデモ 原宿→渋谷 デモコース 集合:原宿駅 時間:15-17時 さまざま企画あり。お楽しみに!
※コスプレ参加の方には更衣室を用意してあります。
※「路上パーティ」から参加して「逃亡」だけするという方は、午後3時過ぎに原宿駅にいらしてください。案内します。
※当日は撮影などもあるかもですのでそのへんよろしく。

▼トーク→交流 17:00-21:00
[交流]労働からの逃亡――プレカリアート交流会
司会 雨宮処凛(作家)&ぺぺ長谷川(不安定雇用層)

「労働からの逃亡」をテーマに、参加者の発言を中心としてつくられる対話形式の企画。「労働からどうやって逃げる?」「にげちゃダメだろ?」「仕事楽しいよ」など、みなさんの活発な提起がこの企画の唯一にして最大の原動力です。
司会は、「だめ連」の結成メンバーにして交流スペース「あかね」スタッフのぺぺ長谷川、現在のプレカリアート(不安定雇用層)の問題に積極的に発言を行う作家の雨宮処凛の二人。まったりダラダラ、ときに真剣に、キャラたちまくりの司会に負けないトークを!
▼常設展示
ビラ展パート2/「ヤスクニ写真展 2006年夏 +α」 by Galleria Kamex


36 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 10:42:43
なんで当日通知なんよ?
一週間くらい前じゃないと予定の都合つかんやん、これからはそうしてくれ

37 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 12:32:50
嫌だよ よくテレビチェックしとけよw

38 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 13:39:51
地方の人にきびしいですね

39 :柄谷スレ向上委員会:2006/11/26(日) 21:21:27
ここは相変わらずだね〜w

もう少し工夫しろや!

40 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 01:58:17
柄谷の解体は、もうバクテリアにまかせておけ。

41 :12月2日 オフ会としての読書会:2006/11/27(月) 06:17:21
吉祥寺 牛角・公園口店 17:00

42 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 07:53:58
吉祥寺で牛角なんかいってるやつはまずバカ
田舎者

43 :こういう奴って、まずストーカー?:2006/11/27(月) 08:00:39

単独性
失恋すると、柄谷行人を読みたくなる。
最近のものは読んでないからわからないのだけど(でも『世界共和国へ』は読んだ。
が、よくわからなかった)、『探求』あたりまでの柄谷行人の著作は、
自分にとっては恋愛の哲学。



44 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 14:16:15
広和馬鹿

45 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 20:56:09
文学って終わったの?

46 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 21:45:48
「近代文学」は終わった、とされる

47 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 00:14:53
売れないから?

48 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 00:50:23
>>43
hahaha そうだね

49 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 11:56:04
>>41
そこ広いの?
店に迷惑かけないようにとか配慮してる?

50 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 11:59:42
牛角の焼肉なんかで満足してるやつらは
まず舌の貧しい人間だな

51 :柄谷行人 ◆WcOabcjNAM :2006/11/28(火) 18:39:26
君のいうことは10年たっても何も変わりませんね

52 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 20:10:34
【9:291】( ^ω^)・・・
1 名前:考える名無しさん 2006/11/20(月) 15:57:47
( ^ω^)・・・

282 名前:考える名無しさん :2006/11/28(火) 01:37:58
くっせーまらぶりまらだお!

283 名前:考える名無しさん :2006/11/28(火) 01:38:48
くっせーまらぶりまらだお!

284 名前:考える名無しさん :2006/11/28(火) 01:39:44
くっせーまらぶりまらだお!

285 名前:考える名無しさん :2006/11/28(火) 08:19:46
マラちっちゃいお!

286 名前:考える名無しさん :2006/11/28(火) 15:54:25
まらだだん!まだまらだだん!

287 名前:考える名無しさん :2006/11/28(火) 18:50:52
まらだだん!まだまらだだん!

288 名前:考える名無しさん :2006/11/28(火) 18:53:52
ファックだな

289 名前:考える名無しさん :2006/11/28(火) 19:21:16
まらだだん!まだまらだだん!まだまらだだん!


53 :カード使えます:2006/11/29(水) 06:47:22
牛タンはまだオーストラリア産で
780円かもしれません。

54 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 09:46:44
たけえよw

55 :大学HPに「フリーターは惨め」就職のススメ勇み足 :2006/11/29(水) 18:04:47
 近畿大学(本部・大阪府東大阪市)の理工学部が運営するホームページに「新卒で就職
出来ていない人は欠陥品」「30歳後半のフリーターは惨め」といったフリーターを侮辱した
ともとれる文章が掲載され、外部からの指摘を受けて削除していたことが29日、分かった。

 同校によると、理工学部理学科の講師が「夢を実現するために、今はまず就職すること
です」と学生を励ます目的で数年前に執筆。手直しを重ねながら、就職情報のホームペー
ジに掲載され続けた。

 この中に「新卒で就職出来ていない人は落ちこぼれであり欠陥品。君がどのように言い訳
をしようと、社会は欠陥品と見ます」「30歳後半になったフリーターは悲しく惨め」という文言
があったほか「既卒者は肉体労働に近い、人が敬遠するような職を探すことになります」と
いう表現もあった。

 今月21日に「自分もフリーターだが、欠陥品と書かれ腹が立った」というメールが届いた
ことから、大学側が気付き、文章を削除した。同校広報課は「就職活動する学生に奮起を
促す趣旨だった。誤解を招く表現があり、申し訳ない」と陳謝している。



56 :柄谷行人 ◆WcOabcjNAM :2006/11/29(水) 19:51:40
君そのものではないですか。

57 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 19:57:09
柄谷ゼミOB

58 :柄谷行人 ◆WcOabcjNAM :2006/11/29(水) 20:00:13
さすがの君もそろそろ後悔し始めたようですね。

59 :↑柄谷行人 ◇WcOabcjNAM [] 投稿日::2006/11/29(水) 21:57:10
304 名前:考える名無しさん[sage] 投稿日:2006/11/28(火) 21:46:06
■■■■■■■■
/ ''''''魔堕駄汚!''''''■
|  (ο),  、(ο)   ■■■■■■■■
/  ■■■■■■■■
/ ''''''魔堕駄汚!''''''■
|  (ο),  、(ο)    |    魔堕堕〜♪
|    ,,ノ(、_, )ヽ、,,    |
|    `-=ニ=- '     |  
!     `ニニ´      .!      
\ _______ /
 ⊂__つ ⊂__つ   夜裸痢爬賎汚〜♪
  (ヽ ゚゚ ノ   (ヽ ゚゚ ノ
   ∪∪    ∪∪ ''''''魔堕駄汚!''''''■
|  (ο),  、(ο)    |    魔堕堕〜♪
|    ,,ノ(、_, )ヽ、,,    |
|    `-=ニ=- '     |  
305 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2006/11/28(火) 23:12:59
(^ω^)まらディクシーッだんしりだだん!ディまんごだおクシーッ!

306 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2006/11/28(火) 23:16:18
(^ω^)まらだだんお!ごんごだお!

307 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2006/11/28(火) 23:25:33
(^ω^)まらだだんお!ごんごだお!

308 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2006/11/28(火) 23:26:49
(^ω^)くっせーまられはせんよ!ごまだだんごだお!デまらんよィクシだんしりだだんーッ!

309 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2006/11/28(火) 23:47:53
(^ω^)くっせーまられはせんよ!ごまだだんごだお!デまらんよィクシだんしりだだんーッ!


60 :柄谷スレ向上委員会:2006/12/01(金) 11:40:25
マイ哲学の限界ってここだ!

61 :アソシエーションからフェデレーションへ:2006/12/02(土) 20:59:17
ギリシャよりエジプト、
フランスより中国。
後者の影響力が大きかったそうです。

62 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 15:00:51
美しい国

63 :意外なマルクス批判:2006/12/03(日) 15:22:33
A. 略奪・再分配
B. 互酬制
C. 市場経済
D. X

槌田敦ってエントロピー理論の人?

64 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 20:39:20
早稲田のあかね、寿命延びたらしい
よかったね

65 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 21:26:19
カラヤンはカヤノンには優しいな。

66 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 01:05:46
萱野稔人「交差する領域 〜<政事>の思考〜」
社会哲学の旗手が送る思想と行動のメッセージ!
http://blog.yomone.jp/kayano/

67 :柄谷行人 ◆WcOabcjNAM :2006/12/04(月) 05:27:23
>>59
面白いものを作りますね。10分ほどかけて作った意欲作なのでしょうけど。

68 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 06:54:40
元寇の時に戦った武将を充分褒賞出来なかったのが
北条政権衰退の原因らしい

69 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 09:06:12
批判されてファビョって名無しで暴れて・・・・あげく漫画の改編ですかW
まるで某コテみたいですねW
巣へ帰れw

70 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 10:26:30
>元寇の時に戦った武将を充分褒賞出来なかったのが
>北条政権衰退の原因らしい

Q潰しの恩賞まだなんですが。
ポイントカードでええから。

71 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 12:26:31
>12/2 柄谷行人・萱野稔人「国家と資本主義」 朝日カルチャーセンター
「産業革命」は「インダストリー」により
「工業革命」という訳の方が正確だそうです。


誰か これの報告たのむ

72 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 13:06:44
はてなで辿ってみたが誰もレポしてないな
マコリンがいつもの一言ボヤキ。
それ以外なし。



今やもう、柄谷の話に興味を示すものなんか
いなくなったのか?






73 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 13:42:39
これのことか
http://d.hatena.ne.jp/keyworddiary/%ca%c1%c3%ab%b9%d4%bf%cd

74 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 13:43:04
>ぺぺ長谷川(不安定雇用層)

まだいたのかよこいつ。いまどき元だめ連ってw


75 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 21:52:51
昨日の書評と同様、秀吉の朝鮮侵略を
次の徳川幕府が償いながら朝鮮と通信使を行き来させていたのは
現在の戦後日本と朝鮮の関係と同じだ、という話もしてました。

76 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 21:55:37
ゴミを減らすつもりが増大させている。
環境の観点(槌田敦=エントロピー理論を援用)に立った
論考を展開するとのこと

77 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 22:00:37
LETSは失敗だったとも

78 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 22:11:03
>>63

やっとこさ、マルクス批判をやったというのなら、そこんとこの味噌を頼む

79 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 22:12:06
■朝鮮通信使をよみなおす 「鎖国」史観を越えて
仲尾 宏〔著〕

明石書店・3990円

評・柄谷 行人 (評論家)

朝日新聞 2006年12月3日

80 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 22:14:46
>>77
> LETSは失敗だったとも

今頃言うなよってw

最初からわかりきってるんだろう

81 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 23:38:14
柄谷は機嫌よかった?どんな服着てた?

82 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 00:33:50
153 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2006/12/04(月) 23:04:57
まだらんのかね?

154 名前:考える名無しさん[sage] 投稿日:2006/12/04(月) 23:12:22
まだらんかな?

155 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2006/12/04(月) 23:20:38
             _:/__:.   -==- i、 -==-`
          /´    `ヽ、.  / ー-' ヽ   .: 
           /             `ヽトェェイ    ここだよ?
            i                  :;  
             _''"´ ̄ ̄`` ー- 、     
          /              `ヽ、   
           /    -=・=- i、-=・=-   ゙i  
            i       / ー-' ヽ     ,!   
           !       -=ニ=-      /   ヘッヘッヘッ

156 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2006/12/04(月) 23:32:49
こらこらおまいら。
私だってまだらんのだよ?

157 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2006/12/05(火) 00:21:34
まだらんって仏教のあれのことかお?


83 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 06:18:05
「アソシエーション、X、世界共和国、フェデレーションは
実現しないが考え続けなければならない」と言っていたが、
それでは自身が批判するトロツキー=アーレントの
「永続革命」と同じではないか?

84 :君は我慢できるか?:2006/12/06(水) 16:57:04
今日発売の「群像」07年1月号より、「プレカリアートの憂鬱」という連載を始めました。興味
のある方は、是非是非読んで下さいね。毎回プレカリアートな方々に取材し、書いていくと
いう連載では初めての試みです。第一回目のタイトルは「障害者枠での就職は、ニートの
希望となり得るか」。今の日本で生きるとは、働くとは、ということを、連載を通して考えていきたいです。
「群像」のこの号には、「バンギャル ア ゴーゴー」の書評も載っています。「追っかけ少女の
ビルドゥングスロマン」というタイトルで永江朗さんが書いてくれています。とっても嬉しい。

そして同じく今日発売の「STUDIO VOICE」07年1月号でも「バンギャル ア ゴーゴー」の書評が。
「逃げる場所はもうずっと前からある」というタイトルで水越真紀さんが書いてくれています。
その書評の中で、なんだかすごい文章を発見。

「これは00年代『逃走論』(浅田彰)と『完全自殺マニュアル』(鶴見済)だ。
浅田彰が雨宮処凛になる20年の間に、この一つのメッセージが必要な層はこのように広がってきたのだ」

ををを・・・、よく理解できないけどなんだかすごそうな気がします。
完全自殺マニュアルは思いっきり自分の世代ですが、逃走論はタイトルしか知らない・・・。
ですが一定程度の年齢層より上の人にこれを見せると反応が違います。でもなんとなく
こんな一文を読むと、「バンギャル ア ゴーゴー」を読まなくちゃいけない気になりませんか?







85 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 17:07:15
>>84
何にせよ紹介レスおつかれさまですありがと

86 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 17:44:24
世界共和国なんて考えは、ビルダーバーグ会議を始めとする世界支配の機構を論じる場においては、
最初から計画されてたこと。
ビルダーバーグなんて欧米の知識人にとっては百も承知のことだが、
日本においては長い間、オカルトな与太話として片付けられてきた。
しかしだからこそ、柄谷なんかがビルダーバーグでの青写真を前提にして思想ごっこをしても、
殆どの日本人はその元ネタに気が付かなかったのだ。
そしてビルダーバーグの陰謀をヨイショしていく限りにおいて、彼の地位は安泰だったのだ。
極端な例では、創価のようなカルト教団が駆逐されないのも、
そのような世界計画の一端を担っているからだ。
柄谷が創価にも庇護されてるなんてことは、今更トリビアにもならない訳だし。
ビルダーバーグに関しては、最近漸く本格的な和書が出たので、
柄谷たちの偽善ぶりも少しは知られるところとなるのかな?
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862380328

87 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 18:22:05
86の追伸:
偶にはあちらのメディアも御覧になったら?
http://www.youtube.com/results?search_query=Bilderberg

88 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 04:05:08
「柄谷を読んでます」と言うと、柄谷だけを読んでます・彼の信者ですという風に
相手を勝手に脳内変換して受け止めるタコが必ずいるな。




89 :柄谷行人 ◆WcOabcjNAM :2006/12/07(木) 04:12:46
まだらんですとはなんですか?

90 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 08:25:19
柄谷だけを読んでる・彼の信者であるのに、「柄谷を相対化してます」という風に
自分を勝手に脳内変換して正当化するタコが必ずいるな。


91 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 09:19:17
愛知県警

92 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 10:19:23
柄谷行人」っていつのまにか、晩年のラカンみたくなってねえ?
そんで、いつか柄谷が「柄谷ファンのことはしらん。私は阪神ファンだから」
とか言ったりして。
NAMの失敗・解体云々というより、『探求』でやった「倫理的」な「他者論」に
惹きつけられたやつらの期待値が高かったせいで愛憎の対象になりやすくなってるんだろうね。
「他者論」ってけっこう危険なんだな。
そうなると高橋哲哉とか押井守周辺もやばいな。
いまやってる「革命と反復」もかつての強度はないし、才能を食いつぶしてるような気がする。
『探求W』でもういちど「他者論」と「信仰」(柄谷ファンーファナティシズム)の練り直しを
した方がいいんじゃないだろうか。
「国家」がいま重要なのがわかるけど、「反復」から探ってもわかんないと思うけどな。
「信仰」の超越論化/「歴史」のオブジェクト化、としての「国家」が今後の課題なんだろうけど。

93 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 21:31:04
強度?

94 :元の時代に紙幣が発明されたらしいですが:2006/12/07(木) 21:51:02
カール・ポランニーと栗本慎一郎は
「互酬制」と「市場経済」だけ。

マルクスは「租税」をあえて経済理論から外し、
「賃金」「労働」を重視した。

しかし、以上は「X」の視点がない。


クラストルの未開社会を論じた
「国家に抗する社会」などどうでもいい。

中国が官僚=公務員を発明。

「トロイ」はとろい映画。

95 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 21:53:19
そこで描かれたヘラクレス、アキレスについて。

映画「始皇帝」の群集のシーンはCGではなく
人民解放軍が動員された。

96 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 21:55:08
まあ、国家=資本とか国家=暴力とかいう
話はさほど目新しいとは思えません

97 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 21:59:00
ブラッド・ピットが出たくらいだから。

98 :考える名無しさん:2006/12/08(金) 07:00:17
未開社会といっても現在の未開社会は違う。
ブラジルの未開社会の人も国民ですよ。

萱野「経済に組み込まれている…」



中国とインドの人々が経済発展を続け、
皆、日本人なみの生活をするようになった時の
地球の環境悪化を考えてみて下さい。

99 :考える名無しさん:2006/12/08(金) 11:24:59
operaoperation
この国ってどこ
この国ってどこ
この国ってどこ

100 :考える名無しさん:2006/12/08(金) 14:04:31
フっマでぇーーーーーす

今日は柄谷先生に言われて様子をみにきました^^


101 :考える名無しさん:2006/12/08(金) 18:00:40
なにもの?

102 :大阪の騒音おばさん“おしっこおばさん”に強力化!? :2006/12/08(金) 18:03:50
 大阪府警豊中南署は6日までに、尿を隣の家にかけたとして、大阪府迷惑防止条例違反
の疑いで同府豊中市の無職の女(80)を逮捕した。容疑を否認している。同署は昨年夏か
ら数十回かけたとみている。

 調べでは、女は、8月24日午後7時ごろ、コップに入れた尿を、隣家の台所の窓ガラスに
投げかけた疑い。11月までに計5回にわたってガラス窓や玄関ドアに尿をかけたという。

 女は夫と2人暮らしで、隣家は5人暮らし。二十数年来の隣同士だが、約11年前、自宅前
の道路舗装をめぐり関係が悪化。女は大きな音を立てて掃除したり、テレビを大音量で見る
ようになったという。

 昨年7月ごろから、隣家の周りでアンモニア臭がするようになり、隣家の家族が警察に相
談、ビデオカメラで記録したという。

 隣家とのトラブルをめぐっては、CDラジカセを大音量で鳴らし続けて不眠や頭痛にしたと
して奈良県平群町の「騒音おばさん」が傷害罪に問われ、一審で懲役1年の判決を言い渡
された。



103 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 16:06:58
中国の科挙は、身分に関係なく公平だったが、
それを取り入れた日本では身分の影響が続いた。
紫式部が父親の待遇を嘆いていたように。

フランスの官僚制度は中国の制度を取り入れた。

プラトンなど古代ギリシャ人は、先行したエジプト文明に
コンプレックスを持っていた。

104 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 16:44:26
噴いたwwwこの新説なにwwwwww

105 :柄谷スレ向上委員会:2006/12/09(土) 17:10:15
みな晩年は秘教的になるw許してやれw

106 :考える名無しさん:2006/12/10(日) 10:14:46
http://blog.goo.ne.jp/enjugumi/d/20061202
でろでろながらも、きょうは朝日カルチャーセンターで柄谷行人さんと萱野稔人さんの対談「国家と資本主義」があるので、がんばって新宿へゆく。

講座はほぼ満席。150人くらい? 内容としては岩波新書の『世界共和国へ』あたりの話を萱野さんがくわしく突っ込んで聞いてみます、というような感じで、それほど新鮮味はないものの、「生」で柄谷さんの話が聞けるというのはそれはもうありがたいことで。
(とはいいつつ、調子が悪かったので途中とても眠たかったり)

107 :考える名無しさん:2006/12/10(日) 11:06:16
ジーコ→コージ→行人→スーパー行人→スーパー行人2→スーパー行人3→スーパー行人フォー

108 :考える名無しさん:2006/12/10(日) 12:00:13
萱野さんは初めてお目にかかりましたが、見た目はかなり怪しいひとです。
声はビビる大木に似ていたです。

終わったあとしばらくサイン会になって、そのあとひとと会う約束があるという柄谷さんと
京王プラザホテルの喫茶店へ。編集者のひとや柄谷さんの奥様とぽつぽつといろんな話。
でも、いろいろ知られざる柄谷さんの話を聞けて面白かった
(孫に「マルクスを読め」って言ってるって話とか)。

柄谷さん、来年は東京に戻ってくるらしいので、また何かしら会える機会が増えるかもしれない。
あと30年は生きるつもりでいるらしいから、先に死なないようにがんばらなくちゃね。
(んー、しかし、実は奥様とちゃんと話したのは初めてだったのだ。けっこう柄谷さんは
わたしのことを話しているらしくて、短歌のことをいろいろ聞かれたりしました。
かなり複雑な気分だったなり)


109 :考える名無しさん:2006/12/10(日) 20:17:54
萱野の役割は、要するに朝鮮通信使だYO!

110 :トランス酸クリニック:2006/12/11(月) 07:10:15
ファクトリーは産業という意味もあるけどね

111 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 08:29:27
過去を消すことやリセットすることは出来ない。
過去の傷痕に真摯に向き合い、乗り超えるべく努力するよりほかないだろう。
私は、柄谷行人のように、社会主義200年の歴史を総括するとか、大言壮語するつもりにはなれない。
だが、自分なりに、自分が経験してきた事柄の歴史を総括し、新たな時代を切り開くよう力を尽くすしかないだろうと思う。

私はQ-NAMの一連の経験を経ながら、なおも柄谷行人に帰依している人達、例えば関本洋司氏などの気が知れない。
何故、柄谷行人の言葉に今なお「真理」があるなどと思い込めるのか、私には分からない。
我々は力弱く、知識も不十分な者であるかもしれないが、自分自身の立場性、限界性から、生身の自分から、
柄谷行人の傲慢な断言への徹底批判や抵抗を創っていくしかないのではないか。



112 :中核派全学連 京都大学占拠:2006/12/11(月) 15:32:21
全国学生ゼネスト!と??んでいます。
最後の戦闘的学生運動 といったところでしょ うか。

http://www.youtube.com/watch?v=_KkB5dBN1bY

113 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 19:28:00
『検証 内ゲバ ― 日本社会運動史の負の教訓』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4916117476/
死者113人、負傷者約5000人以上を出した内ゲバ。
それは日本の社会運動に壊滅的打撃を与えた。
本書は、この負の教訓を検証し、その原因の解明の中から、21世紀の社会運動の
再生への道を示す。


『検証 内ゲバ〈PART2〉― 21世紀社会運動の「解体的再生」の提言』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4916117530/
内ゲバを克服する思想とは何か?
2001年刊「検証内ゲバ」PART1に続く、内ゲバ問題の徹底検証。
内ゲバの基本的要因とは何か?
内ゲバ廃絶の歴史的試みの検証、当事者たちが語る内ゲバ体験などで構成。

114 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 00:21:24
中核派も今や公然と、はてなブロガー

http://d.hatena.ne.jp/pantheran-onca/

115 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 05:50:56
最近mixiの柄谷コミュが盛り上がってるなあ。・・・




なんで?w

116 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 05:57:59
盛り上がってましたね

117 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 06:09:09
> 声はビビる大木に似ていたです。

誰だよそれ?

118 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 08:25:03
“立場、限界、生身の自分”に拘る111氏はそれだけで既に柄谷よりマシだよ。なぜなら111氏があげた上記のものは批評において重要にもかかわらず柄谷がうやむやにしているものだから。

119 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 08:28:24
>>118
ワラタ

120 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 10:56:30
関本の売名行為は酷いw

121 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 11:22:19
>>111
ソース?

122 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 13:34:19
http://d.hatena.ne.jp/femmelets/20061207#p16

123 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 15:06:47
柄谷の本を読むときに、実際の(生身の?)柄谷行人を念頭にして
読んでなかったので、NAMは俺には関係ないなあと素通りしてしま
ったんですが、批評とか哲学ってそんなに実存を厳しく締め付けなく
ちゃいけないものだったの?知らなかったな。

124 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 17:56:44
見たよ mixiの柄谷コミュ
あの馬鹿さ加減が異様にウザイ
いたんだな。やっぱり。ネットのどっかには。
柄谷のこと語りたがってる馬鹿な羊どもがw
南無も酷かったが、あれは南無以前南無以下のアホどもだな
誰かあの醜悪な光景を
上から爆撃してやれw

125 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 18:03:46
> 批評とか哲学ってそんなに実存を厳しく締め付けなく
> ちゃいけないものだったの?知らなかったな。

>>123
そんなことはないよ。
認識のほうが重要なんだから。
しかし関本のケースは別でしょ
あれは、柄谷が君を殺せと命令すれば
二つ返事でそのまま殺しにいきますというケースだよ

126 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 18:17:01
 柄谷の批評自体、個体に生きられる歴史やその内的潜勢力を軽視するものだ。また、それは個体論に限らず、柄谷における現実性の概念自体が《選別と排除》に収斂し、歴史的潜勢力てものを軽くみようという方向で考えられている。
 しかし個体や現実性を→

127 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 18:22:02
→自由との関わりで考える場合、難しいのはたえずそれらが歴史的潜勢力てものを内部に秘めているからだ。
 一方柄谷の論理はそれらの歴史的潜勢力を繰り込まないで自由や可能を考えようとしている。それは『探究U』を開けば明らかな話で。→

128 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 18:22:52
>二つ返事でそのまま殺しにいきます

ツネヅネそうは言うがビビッて雲隠れするタイプよね。

129 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 18:27:30
また携帯電話で書き込んでる人は、
無理して2ちゃんに書かなくていいから。
他のお客の迷惑。
携帯ならmixi向きだよ。

130 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 18:28:50
→それがあるから柄谷の論理による実存や自由はひどく身軽なものとして規定されることができる。
 しかし彼が肝心なものに蓋をして己の論理を作り上げていることは、彼の言説を言葉の純粋な意味で空想的・夢想的な批評としてしまう。→

131 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 18:35:06
→111氏のいう“立場、限界、生身”ていうのは実は柄谷から最も疎遠な概念。そこが鍵で、だからこそそれらを大事にする、という姿勢は柄谷的思考への総括としてなかなか良いと俺は思う。

132 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 19:53:02
>>126-127,130-131
>柄谷の批評自体、個体に生きられる歴史やその内的潜勢力を軽視するものだ

最近そういう考えから離れてる。「探究」の「あとがき」で柄谷自身が
強調しているように、彼は決して目前の現実を軽視してはいないし、
「探究」という本が極めて純理論的に展開されているからといって
それが「身軽」に思考してる素振りに見えるとしたら、それは読者の側の
問題だろう。(だから「探究」という本は広範な読者を獲得したのだが)

柄谷には真理がある、と読んでしまう人は、かつてそう読んで傷ついた人も、
いまも相変わらずそのように読んでる人も、気の毒な人だとは思うけど、
そういう人たちはフーコーなり何なり読んで、知識人の生産する「知」を
自分の中でもっと相対化させる努力が必要だろうと思う。

>“立場、限界、生身”ていうのは実は柄谷から最も疎遠な概念
>だからこそそれらを大事にする、という姿勢は柄谷的思考への総括として
 なかなか良いと俺は思う

かつて自分もそう思っていたけど、柄谷の思考をそのように総括しても
実存的風土に絡めとってみたところで、そこからどんな「可能」が
立ち上がるのか、あまり期待できない。またしっかりと大地に足をつけてる
つもりの知識人たちの80年〜90年の仕事のほうはどうだったのか、という
疑問もある。


133 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 20:15:07
いうまでもなく、日本は実存的なものが支配的で
だから柄谷みたいなのが出てきたってのが
おもしろかったわけ。それをまた実存的なものに
からめとってもしょうがない。
摂津とか鎌田とかの主張って、
なむときゅーのいさかいっていう現実があるから
かろうじて無意味さから逃れるところがあるんで、
それなしにたんに道徳なり倫理なり
誠実さなりの手本にしたところで
もともとある実存的風土がよろこぶだけ。

134 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 20:27:07
関本氏はいいいんじゃない?
裏切り者の摂津よりかはw

135 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 21:40:31
>>134
NAM的

136 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 00:07:26
 確かに柄谷の言説に真理はないね。真理はないが撹乱ならある(笑)面白くないかといえば確かに新しいし面白い。しかしそれだけだという気がする。
 あと、気になるのは『探究U』をみる限り柄谷はハイデガーへの誤読が激しいな。ハードカバー版42-43頁→

137 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 00:28:27
→で彼はハイデガーへの批判を試みており、43頁後半に《ハイデッガーは、主体(主観)というような実体を否定して、無名の、かつ共同存在としての実存に向かう》などと書いているが、改竄も甚だしいし、無責任なことを書かれては困る。→

138 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 00:44:13
殺せと命令すれば二つ返事でそのまま殺しにいきます
だの
裏切り者
だの
いうまでもなく、日本は村人的なものが支配的で
だから摂津みたいなのが出てきたってのが
おもしろかったわけ。それをまた村の掟に
からめとってもしょうがない。

139 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 00:59:22
→ここでの柄谷の書き方に即せば、ハイデガーは個体の位相と共同的な位相とを分けて考えており、《(個々の運命と運命との相互の)伝達と闘争との中で、歴運の(註・共同体や民族の)威力は初めて自由に解き放たれるのである》(全集版『有と時』566頁)とする。→

140 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 01:02:07
NAMはムラ社会を全く変えなかったばかりか
むしろ強化したということでしょう?

挙句の果てに摂津のケースは
けっきょく最後にあれはダメ連化したことによって勝利した
ということだから。
共産主義の実体はムラであるという本質は
何も変えなかったわけでしょう。

141 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 01:05:44
→この書き方を読むかぎり、個体が共同性に溶解する、とか或いはするべき、とハイデガーが考えていたとは読めない。568頁ではまたこうある。《両者〈すなわち、過去的なものの保守と未来的なものへの進歩〉はいずれも、瞬間における本来的実存にとっては、→

142 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 01:11:29
→どうでもいいことである。》つまり『有と時』で“個体を否定し共同性に向かわせる”、などしてないのは明らかだと言わねばならない。
 柄谷は無造作に、早合点に思想を読み取りすぎている。

143 :神奈川で短歌って俵万智?:2006/12/13(水) 06:51:42
インダストリーだった。

・帝国…中国、ロシア、エジプト
・亜周辺(アジアの周辺?、資本主義の発達)…日本、西欧

という、当てはめようという図式が
単純すぎるかもしれない。

その中でも、中国−日本の册封関係が
「特別」であるかのように語るのはどうなのか。

144 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 07:58:45
村人化ってのが柄谷行人が「晩年のラカン化みたくなってる」>>92ってこと。
柄谷行人を本人の意図と関係なく(多少はその気があったのだろうが)
周りがカリスマとして祀り上げようとするところに天皇制的なものを感じるんだよな。
そしてあたかも柄谷本人に選別=排除の権力があるように見えるけど
実際は柄谷のとりまき(政府)の権力争いがあり、柄谷ファン(人民)が
彼の言葉を神学的に解釈しているだけ。
柄谷行人本人が批評家出身だから、何でも批評(吟味)可能な否定神学的な場が
あってそこに吸い寄せられたファンと排除されたファンが内ゲバ化をおこしているんじゃないかな。

やっぱ柄谷は変に政治的なことをしないで、批評の仕事から宗教(共同体)批判をしたほうが
いいような気がする。文学ってジャンルは個体からの宗教批判だからさ。

145 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 08:04:59
>>144
柄谷さん朝から大変ですね

146 :144:2006/12/13(水) 08:14:35
・・・・・・・オレ谷行人。
関係妄想だな。


147 :フっマでぇ〜〜〜〜す:2006/12/13(水) 10:14:15
NAMに田舎モノが入ったことが問題なんだよ^^

148 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 11:44:45
柄谷・関本のムラ村人共同体とエクソシストせっちゃんの戦い(111より)

149 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 12:54:31
>>144
これが柄谷ファンの典型なのでぇ〜〜〜〜す

150 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 14:19:31
さむいやつ…。

151 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 18:50:02
柄谷・関本のムラ村人共同体と鎌田・摂津エクソシスト村人共同体


152 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 19:19:22
 柄谷にカリスマ性はある、と俺は思うが、同時に特に『探究』以後は興味深い主題とキレのいい文体、にも拘らずよくよく吟味すれば無造作な書き方が目につく批評家ないし雑文家になった、という印象。面白い書き手だと思うが納得できない部分が多いな。

153 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 19:59:32
exocist という言葉の意味が全然わかってないみたいだなw

154 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 20:17:35
とつづりもしらずに153がいいました。

155 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 20:24:47
ex・or・cist[ ksrsist ]
「exorcist」を新グローバル英和辞典でも検索する


[名]悪魔払い師, エクソシスト.



156 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 20:28:54
exorcist という言葉の綴りが全然わかってないみたいだなw

157 :153:2006/12/13(水) 20:33:45
謝罪します。
NAMを除名しないで下さい。

158 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 20:41:01
所詮外国語の綴りぐらいで、とやかく言う奴はまずバカw

159 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 20:48:26
アメリカ住んだしかとりえない人多かったのよ。NAMはさぁ〜〜〜〜

160 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 20:54:48
153だが、
この位の下らないケアレスミスで
怒涛の如く蝿がたかる
ウンコ的状況というのが
まさに2ちゃんねるの問題であるだけでなく
南無もまたこの阿呆性と決して無縁ではありませんね。





しかし幾らNAMのMLでも
まさかこの蝿ツッコミはねえよなあw

161 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 20:58:49
>>159
たとえば?

162 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 21:06:08
>この位の下らないケアレスミス

下らないって
やったのテメエだろがこのボケ


163 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 21:17:51
えっ!糞 しすた?

164 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 21:27:46
>柄谷・関本のムラ村人共同体と鎌田・摂津エクソシスト村人共同体

部外者にもわかるように説明お願い。

165 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 21:30:03
最初から意味はないよなw

166 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 21:34:44
エクソダス(出エジプトの脱出のことらしい)と言いたかったんじゃないか?

167 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 21:35:23
それもないよな

168 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 21:36:03
摂津の顔はたしかに四角いが、あれは渥美清似

169 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 21:36:51
それをいっちゃーおしめえよ。

170 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 21:38:21
渥美清似のオカマっていうのも倫理的だな、ある意味。

171 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 21:41:17
>>アメリカ住んだしかとりえない人多かったのよ。NAMはさぁ〜〜〜〜
>
>たとえば?

和気あいあい


172 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 21:42:40




            汝は        四角い顔を愛せますか?









173 :164:2006/12/13(水) 21:49:18
>柄谷・関本のムラ村人共同体と鎌田・摂津エクソシスト村人共同体

もしかして柄谷・関本のふたりが鎌田・摂津をどっかから追い出した(エクソダス?)っていう話なのかな?
で関本って人が柄谷の子分ってことなの?で命令されれば殺しに行くってこと。
マジで何があって仲が悪いのかわからない。
批評空間のwebで鎌田って人を子犬呼ばわりしていたから何かあったんだろうなということ
ぐらいしか知らない。

174 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 21:54:20
だから最初からその書き込み 中味ないってw

175 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 23:06:33
いや、ぴえーる、君のほうこそ中身ないってw

176 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 23:11:28
ぴえの本当の狙いは場を荒れさせて真面目な議論をしてる人力他を妨害することだよ。
誤記もわざとやってる誘い受けなので、ノってはいけない。

177 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 00:21:59
159のあと書き込み急に増えた和気だが。。。あせるなワケ&浅輪

178 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 00:27:24
えっ!糞 しすた?

179 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 00:39:10
顔が四角いといやあ なんといっても!  ペヤング ソースやきそば

180 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 01:06:17
ジョン・レノンのマザーに感動、ボブ・ディランに震撼する田舎モノ

181 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 01:36:08
音楽史が全然わかってないw

182 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 01:56:53
ジョン・レノンのマザーに感動、ボブ・ディランに震撼、たくさんの
ロックンロール、フォーク、ブルース音楽、ブラジルなど世界民族
音楽に感涙・・・結果、こんな音楽を創り続けてきました。 いつま
でも愛と自由、平和と自然の美しさを歌い続けていきます。 ...


183 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 01:59:23
うむ。不遇は世の常だ。頑張ってくれ。

184 :フっマでぇ〜〜〜〜す :2006/12/14(木) 02:25:55
浅輪たかひろ君(182)は不遇でなくてこれ実力ですねえ^^

小心者が悪さすると
み〜〜〜〜〜〜〜んな愛と自由、平和と自然を歌いたがるのですね。。。。



185 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 02:50:05
なんでも哲学の亡霊だろ(藁

今までの流れ 全部スルーしてよろしyo  

186 :164:2006/12/14(木) 05:00:38
途中参加はつらい。意味がわからない。

187 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 05:22:02
しつこいウンコ こびり付きw

188 :164:2006/12/14(木) 05:45:28
>>187 その意味はわかるw

189 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 06:47:26
愛知県警もわかるまで、時間の問題だなw

190 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 12:52:37
ピエさん、初心にかえる

191 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 13:04:33
>184
ビンゴ!

192 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 13:51:39
あさわ君は音楽史が全然わかってないw

193 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 18:32:31
ようじ君はもすこし冷静になってねw

194 :ネット掲示板での中傷などへの対応マニュアル/神奈川県警:2006/12/14(木) 19:28:49
いじめ防止に向け、ネット掲示板での中傷などへの対応マニュアル/神奈川県警

 インターネットの掲示板に書き込まれたひぼうや中傷がいじめを助長しかねないとして、
県警は学校向けに対応マニュアルを作製した。全国で発生した事例や、掲示板の書き込み
を削除する手順などを掲載。児童・生徒から相談を受けた際にマニュアルに沿って対応する
ことで、トラブルの早期解決に役立ててもらう狙い。

 掲示板は、学校や地域など狭い社会での情報交流の場としても使われている。携帯電話
でも気軽にアクセスできるため人気だが、半面で、匿名性を悪用し友人の個人情報を書き
込んだり、写真を無断掲載したりする行為も後を絶たない。

 二〇〇四年六月には、掲示板に悪口を書かれた長崎県佐世保市の女児が、書き込んだ
同級生を殺害する事件が起き社会問題化した。

 県警少年育成課によると、県内でも書き込みでショックを受けた高校生が退学を余儀なく
されたケースが報告されているという。

 掲示板が発端になる事件に対処するため、同課やハイテク犯罪対策センターなどが
プロジェクトチームを立ち上げ、マニュアル作りに取り組んできた。

 マニュアルは、教員向けに作製した。児童・生徒から相談を受けた場合に、不適切な書き
込みを確認し、掲示板の管理人に電子メールを送って削除を依頼する手順を図解。利用
頻度の高い掲示板なども紹介している。

 県学校・警察連絡協議会の佐藤文夫会長は「学校だけでは対策が難しかったので大変
ありがたい。トラブルのブレーキになってくれれば」と話し、年内までに県内の全小中高校
に配布するという。



195 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 21:08:12
結局、ピエさんて界隈の嫌われ者なわけ?

196 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 22:04:29
ピエさん憎しの2チャンネル荒らし対策委員長兼知的警備員?

197 :犬神系の一族:2006/12/15(金) 07:21:11
第四項に何かを当てると文句言われるから
Xにしたんですよ。

萱野「アソシエーションですね」


服は茶色っぽかったと思うけど
髪がリーブ21化、関井光男化していた。
飛騨さんがベネトンを着ていた。

198 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 07:47:55
ベネトンって警備員が着るのか?

199 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 08:15:47
飛騨さんは警備員じゃないでしょ。

200 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 08:43:29
飛騨さんは2ちゃんでフマピエ対策やってますw

201 :フっマでぇ〜〜〜〜す:2006/12/15(金) 09:22:26
え?
いや昨日会ったけどwwww

202 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 16:06:21
ゴロヒダ元気出せよ

203 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 18:15:58
『批評空間』の浅田彰のページで「NEW ASSOCIATIONIST MOVEMENT」に
いたずらされてますがどなたかなおしてください。

204 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 22:40:06
> 飛騨さんがベネトンを着ていた。



ベネトン買うても、着ていく場所が朝日かるちゃーセンターで
柄谷の話を聞きにいくってーーーー
その生活の本当の貧しさを
よく想像してみろよ

田舎の女子中学生が化粧して
原宿のロイホいきました
みたいなもんだぞ

205 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 23:19:25
新宿で柄谷のレクチャーだったら、まず
ビーサン履いて
短パン、トレーナー

これで決まりだな

206 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 02:11:53
> 京王プラザホテルの喫茶店へ。編集者のひとや柄谷さんの奥様とぽつぽつといろんな話。
> でも、いろいろ知られざる柄谷さんの話を聞けて面白かった
> (孫に「マルクスを読め」って言ってるって話とか)。


要するにこれは、孫に

男だったら、マルクス読め!

と言い聞かせてるのと、
殆ど同義だよな

ほんと 馬鹿な爺ジイだよなw


207 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 03:04:03
# 連載論文「『世界共和国へ』に関するノート2」(季刊「at」 5号・太田出版 2007年12月刊)
#  佐藤優との対話「国家・ナショナリズム・帝国主義」(「世界」2007年1月号)
# エッセイ「近代批判の鍵」・『坂部恵集1』月報(岩波書店)
# 座談会「坂口安吾と中上健次」(國文学12月号「中上健次特集」)
# 連載論文「『世界共和国へ』に関するノート1」(季刊「at」 5号・太田出版 2007年9月刊)
# インタビュー「国家・帝国主義・日本」(現代思想9月号)
# 論文「丸山真男とアソシエーショニズム」(「思想」8月号・岩波書店)
# インタビュー「グローバル資本主義から世界共和国へ」(文学界8月号)
# 座談会:『世界共和国へ』をめぐって:浅田彰・萱野稔人・高澤秀次(季刊「at」4号)(発行)太田出版:2006年6月
# 『革命と反復』連載第四回:「封建的とアジア的と」(季刊「at」3号)(発行)太田出版:2006年3月
# 『革命と反復』連載第三回:「段階の飛び越えとは何か」(季刊「atアット」2号)(発行)太田出版:2005年12月
# 座談会「ウィットフォーゲルをめぐって」with 湯浅赳男・関井光男(「國文学」12月号)
# 『革命と反復』連載第二回「永続革命の問題」(季刊「atアット」1号)(発行)太田出版:2005年9月
# 「坂口安吾のアナキズム」(文学界2005年10月号)
# 『革命と反復』連載第一回「革命と反復」(季刊「atアット」0号)(発行)太田出版:2005年6月

208 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 03:05:16
# 「デリダ追悼」討議(浅田彰・鵜飼哲)(新潮2005年2月号)
# 「定本柄谷行人集」に関する討議(浅田彰・岡崎乾二郎・大澤真幸)(文学界2004年11月号)
# 「アソシエーションとしてのバウハウス」(X-knowledge Home no.3)
# 「翻訳者の四迷」(國文学2004年9月号)
# インタビュー「国家について」(萱野稔人)(現代思想2004年8月号)
# 対談(福田和也)(新潮2004年8月号)
# 「近代文学の終り」(早稲田文学2004年5月号)
# 「帝国とネーション 序説」(文学界2004年3月号)
# 「特集・柄谷行人の哲学」(國文学2004年1月号・学燈社)
# 「カントとフロイト--トランスクリティーク II」(文学界2003年11月号)
# 「サイードを悼む」(読売新聞2003年9月27日夕刊)
# 「アンチノミー」(Objective Correlative 叢書・近大四谷ギャラリー9月)
# 「建築とアソシエーション」(新潮2003年10月号)

209 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 03:07:04
【論文】
「『世界共和国へ』に関するノート 2」
 「あっと」at 6号・太田出版・2006年12月19日発売

【対談】
 佐藤優「国家・ナショナリズム・帝国主義」(「世界」2007年1月号)

【既刊書】
 『坂口安吾と中上健次』(講談社文芸文庫2006年)
 『世界共和国へ……資本=ネーション=国家を超えて』(岩波新書2006年)
 『近代文学の終り』・インスクリプト2005年
 『思想はいかに可能か』・インスクリプト2005年

「定本柄谷行人集」・岩波書店・2004年
  第1巻『日本近代文学の起源』(改訂増補版)
  第2巻『隠喩としての建築』
  第3巻『トランスクリティーク』
  第4巻『ネーションと美学』
  第5巻『歴史と反復』

210 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 07:05:14
ぷえじゃな?

211 :フっマでぇ〜〜〜〜す:2006/12/16(土) 07:54:10
そんなにあせらなくていいよ!
どうせ俺しか見てないし!w

212 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 10:33:29
関本や飛騨ってのには意地しかなかろう

あと柄谷ファンの高齢化は深刻な社会問題になってます
年金どうするYO

213 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 10:45:59
ピエさん一人救えずに世界を変えられるのでしょうか?

214 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 12:58:58
洋司君は何をコーフンしてるのかな?

215 :プッ:2006/12/16(土) 17:04:07
# 夫馬 『政府インフレ率?
http://blogs.yahoo.co.jp/fumadayo/672389/8836336.html


216 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 23:51:22
>>211

ぷえじゃな?

にあせって反応しなくてもいいんですよ?wwwwwwwwww


217 :野球の「グローバリゼーション」 :2006/12/17(日) 17:20:01
読売新聞 2006年12月13日

柄谷行人 からたにこうじん 1941年、兵庫県生まれ。
評論家。著書に「日本近代文学の起源」
「トランスクリティーク」「世界共和国へ」など。


国境ないが特性もない
    近代文学と同じ運命に

どこの選手?
「世界で通用」の誤解
村上春樹もしかり


218 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 17:21:06
■ アナーキスト人類学のための断章 デヴィッド・グレーバー〔著〕 
― 評・柄谷 行人 (評論家)

FRAGMENTS OF AN ANARCHIST ANTHOROPOLOGY

「国家と資本に対抗」も人間の本性

高祖岩三郎訳、以文社・2310円

朝日新聞 2006年12月17日




219 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 18:01:51
解体してください
ttp://www2.uploader.jp/user/80157/images/80157_uljp00002.jpg

220 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 19:43:12




> 男だったら、マルクス読め!








221 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 21:53:58
 
 まあはっきり言って、柄谷がこういう状態で死を迎えるとは思わなかったな。
 吉本隆明よりも酷い晩年の迎え方ではないだろうか。彼があと30年生きようが、
 そんな生物学的寿命には何の意味もない。われわれが柄谷を解体するまでもなく
 彼は自ら自滅したのだ。

 柄谷はもうとうに滅んでいる。NAM設立の瞬間に彼は既に死んでいたのだ。
 現在「季刊アット」連載中の論文を読んで、知的に評価できるところは
 何処にも存在しない。彼の存在価値は哲学的にも文学的にもゼロになった
 のだ。

 哲学方面ではただただカント=マルクスに固着し、文学方面では坂口安吾と中上健次という
 同じ対象に固執してダラダラと論じているだけ。どうにもならない。


222 :柄谷スレ向上委員会:2006/12/17(日) 22:03:32
アンチはどうしょーもないねw
NAMのネットワークは今でも活動中なんだわな

お前らもなんかしろ!

223 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 22:31:18
>>222
盲目的な柄谷信者こそどうしようもない。
今の柄谷の仕事で評価できるところが一体何処にある??
「内省と遡行」「探究」などで示したブリリアントさが今の柄谷のどこにある?
今の柄谷を弁護できるというならやってみろ。

224 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 23:04:31
老人に期待しすぎだな。
確かにここ10年ぐらい同じ話の繰り返しだと思うが、それは本人も
分かっていて、だからこそ「今こそ実践だ」と意気込んでああいうこと
になった。
それで今は、新書なんかで同じことを書き直しているだけだがもう
しょうがないんだよ。
NAMのネットワークなんてどうしようもないが、彼の理論自体はダメだ
とは俺は思わないのでね。


225 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 23:54:29
自作自演臭w

226 :NYで大規模デモ 黒人男性に50発発射した警官に抗議:2006/12/18(月) 00:16:36
 ニューヨーク市警の警官5人が、事件の容疑者でない黒人男性らが乗った車に50発の
銃弾を発射、男性が死亡、仲間2人が重軽傷を負った事件が11月にあった。この事件に
抗議し、警官らの訴追などを求めるデモが16日、マンハッタンの5番街であり、買い物客
でにぎわう目抜き通りを黒人を中心に何千人もが埋めた。

 「ニューヨーク市警有罪」「警察テロを止めよ」「正義なければ平和なし」などと書かれた
プラカードを掲げて行進した。沿道を警備する警官には「人種差別主義者」などの罵声
(ばせい)が浴びせられた。

 事件が起きたクイーンズ地区出身のシンシアさん(50)は「不正は正さなければいけない
と思い、娘、孫と参加した。私たちアフリカ系アメリカ人は、何もなくても警官に呼び止められ
る。そんな時に乱暴に扱われない対応方法を子どもに教えないといけない状態が続いて
いる。とても悲しいことだ」と話した。

 警官の発砲で死亡した男性は自分の結婚式前夜のパーティーから帰宅するところだっ
た。当時の報道によると、男性らの乗った車は捜査員をはねそうになり、止まっていた
警察の覆面パトカーに2回衝突した。同乗の仲間も含め3人とも武器を持っておらず、
黒人が乗った車に50発も発砲した背景には、人種的な偏見があったのではないかとの
指摘がある。



227 :NAMピーポーとは:2006/12/18(月) 09:37:42
院クビになり警備員

もヤメテ百姓やるが挫折

あー暗い

228 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 11:00:43
しかたないでしょう。だいたい思想家の賞味期限なんて20年がいいところ。
サルトルだって、60年代には「あー、またサルトルがあんなこといってるよ」状態で、
70年代には完全に耄碌していたわけでしょう。
ただ、サルトルが衰弱する代わりに、当時は構造主義人文学者やフーコーらが
台頭してきたから、思想シーンは維持されていた。
問題は、現状が、カラ谷がその約20年の賞味期限を終えたところで、次がいないことじゃないの?

229 :続NAMピーポーとは:2006/12/18(月) 21:55:05
中二病がいつまでもなおんない

230 :柄谷スレ向上委員会:2006/12/18(月) 22:01:58
いいね〜w、このノリ

哲学をモードでしか捉えられない馬鹿が集結したわけだ
サルトルもフーコーも柄谷も終わってないんだよ

何にも終わってないんだよ、漱石じゃないけどね

231 :うるせえよこのバカ恥ずかしくねえのかw:2006/12/18(月) 22:11:29
なんでも哲学  神
1 :十二使鳥 :2006/12/14(木) 02:42:21
糞削除屋 死ね。

35 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2006/12/15(金) 05:06:14
「最終学歴 東大法学部卒」・・・・・


36 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2006/12/15(金) 05:27:31
(´;ω;`)まらだお。くっせーくっせービチグソゲロまらもんじゃだお。

37 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2006/12/15(金) 05:28:48
「最終学歴 東大法学部卒」・・・・・

38 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2006/12/15(金) 05:54:31
「最終学歴 東大法学部卒」・・・・・

39 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2006/12/15(金) 10:22:15
まらよんよ!

40 名前:考える名無しさん[sage] 投稿日:2006/12/15(金) 11:16:07
おお!哲学やってるねwww


232 :柄谷スレ向上委員会:2006/12/18(月) 22:35:12
サルトルって新しいじゃん?

計算不可能性こそ脱構築の正義の証だって言うデリダとサルトルってどう違うんだ?

同じだろ!

233 :惨めさにも度があるだろw:2006/12/18(月) 22:39:09
168 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2006/12/18(月) 20:48:29
東大に入学したときのあの喜びがいまだに続いている。

169 名前:考える名無しさん[sage] 投稿日:2006/12/18(月) 21:35:28
ぷおぷおぷおぷおぷよぷよぷよぷよ!ぷよよ!

170 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2006/12/18(月) 22:35:45
「最終学歴 東大法学部卒」・・・・・

234 :柄谷スレ向上委員会:2006/12/18(月) 22:40:30
マジレス期待した俺が馬鹿だった、、、、、、、、w

235 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 22:43:50
おまえの東大ってTDUのことだろう




TDUの入学式ぐらいでもそんなに嬉しかったのか
恐ろしいな
入学式だけ鳩山村じゃなくて
どっか東京で会場借りてやったんだろうなw



236 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 22:44:23
カラ谷は絶えざる移動としての批評と言っていた

237 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 22:50:52
瑞穂区って・・・
あの辺りにも名城大とか名市大とか南山大とか
大学だったら幾らでもあるだろうが



それがなんでまたw
頭に東京と名が付きゃあ
なんでもいいと思ってるなんて
ただの田舎者を通り越して、恐ろしすぎるなw

ダッチワイフの頭に藤原紀香と書いて
ちんこ擦ってるレベルだよな
怖いよおw

238 :柄谷スレ向上委員会:2006/12/18(月) 22:56:14
下ネタ健在だよね、新宿フリーライダーズ諸君w

アンチ柄谷やりたいのなら、もっと工夫したら?

239 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 23:06:44
お前、いいかげんピエさんの魂の叫びを認めてやれよ。
フマとの死闘を!

240 :柄谷スレ向上委員会:2006/12/18(月) 23:14:06
>>239
とっくの昔から認めてるよ
お互い韜晦しあってるだけじゃんか

正面からやりあえばいいんだよ、俺も参戦するからさ

241 :「最終学歴 東大法学部卒」・・・・・:2006/12/18(月) 23:18:12
フヒヒ…

    / ̄ ̄ ̄ ̄\  
   (  人____) ♪〜〜
   |./  ー◎-◎-)
   (6     (_ _) )    カタカタカタ
   | .∴ ノ  3 ノ  ______
    ゝ       ノ  .|  | ̄ ̄\ \
   /       \__|  |    | ̄ ̄|
  /  \___      |  |    |__|
  | \      |つ    |__|__/ /
  /     ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
 |       | ̄


242 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 23:25:18
でも、俺だって法政中退なんだよな・・・と考えて虚しくなったりはしない。
それがぼくらのピエさん。

243 :柄谷スレ向上委員会:2006/12/18(月) 23:31:18
あの頃の法政って凄かったんだぜ、中核も浅草橋で暴れてたんだからさ

244 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 23:58:32
>>228
中島一夫
城殿智行
池田雄一
前田塁

好きな人を選んでみよう
(鎌田・大杉は、オーバーエイジにより漏れました)

245 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 00:06:13
柄谷&NAMが東大法学部に劣等感感じたら終りだろう
北海道からやってきたあの男が喜ぶだけ

246 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 03:33:48
哲学みたいな低脳の逃げ道を男専用の学問だと主張するのか?
男を馬鹿にするなよ。


247 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 07:35:34
NAMには東大生いなかった。

248 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 09:41:48
いたよ。
モーヲタだったけど。

249 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 19:57:01
mixiのコミュ、ありえんほどすごく長いな

250 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 21:16:59
取り締まり役に意見したことがあり、感性で文章を書いていた自分の無脳を嘲笑った。やっぱ理論はいい。柄谷いい。

251 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 21:18:34
今はかわいいおじいさんになっちゃったけどな(w

252 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 21:38:50

        _,..-‐'´ ̄ ̄ ̄``ー-、.._
      /     ,、.l´`!ヽ、     ヽ、
   /       イ._ヽ! ,!' _/ヽ     ヽ
.   /       lニニ(ニ)ニ、ニ!      l
.  !      ヽ'´,イ lヽノ      /
.   ヽ、       ̄ ̄      _,.ィ´
     `ー! ‐‐‐‐‐  ‐‐‐‐‐‐ !´
       「`!┬‐‐‐‐‐‐‐‐┬!`!
     __K二二二二二二ニ/!
     l ii,!`(●)、  (●)"l'´,!
    人jj      ≡  .._   lrイ_   死刑!
    彡´.... i'´ r、.,....ィ ノ. ..... `Y
.   /  ::::::        ::::::::  ヽ
  ,./-         ー        ...!、
 ヽ =‐‐‐‐ー'ー-----‐'ー‐‐‐‐=ノ
   ヽ      三三       /  _r7-┐
    `ー 、..__ ‐-‐ _,.....-t='´/´ ̄ ,._彡´
       l `ーニニニ--ri二 `ー--イ,、
         !  '´ ̄ ̄___!´    / ヽ
       >--‐ri'´   _,.-'´   ノ
      /   / l _,.- '´,r'    ,イ
.    /    /‐ヘ´........_i'   r'´
   /    /   ヽ  .!__,......,」
.  / _,.. -‐'´      ヽ、..!   /
   ´             ヾ_,!

253 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 22:10:35
あげ

254 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 00:55:44
>>228
もう文学(広い意味では文物)の時代じゃないと柄谷自身が言ってる。
これは東などの後続世代も認めることでしょう。
柄谷が駄目になったのは年の所為じゃないよ。
対談で佐藤が言ってたように、他者をキーワードにした柄谷理論から見ても、
行動して理論が粉砕される方が、知識人のあり方として正しい。
東浩紀が醜態を見せまくってるのもみんな同じ。

255 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 14:01:02
>対談で佐藤が言ってたように、他者をキーワードにした柄谷理論から見ても、
>行動して理論が粉砕される方が、知識人のあり方として正しい。

もう理論そのものがだめということなのね。理論がだめなら、理論しかできない柄谷や東に
期待する要素はまったくなし。
柄谷より国連職員やNGO活動家、東よりエロ漫画家やプログラマのほうが偉い。

256 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 17:36:34
佐藤もその対談で言ってたけど、現場にいる人間がかえって現実が見えないことがあったりするから。

257 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 23:43:16
朝日の書評で今週は北田暁大が、こぶし書房の本を取り上げてますね




あなたが平等主義者なら、どうしてそんなにお金持ちなのですか
著者: ジェラルド・アラン コーエン
出版社: こぶし書房
ISBN: 4875592116
価格: ¥ 4,830

http://book.asahi.com/review/TKY200612190356.html

258 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 01:27:15
ここはだめ連に動いてもらって、あの人との対談を実現させて欲しい。

259 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 02:34:19
ダメ連を持ち出すまでもなく、既に柄谷は自分のほうから媚び売り宣言してるよ
それは今週の書評で明らか。

アナーキスト人類学のための断章 [著]デヴィッド・グレーバー
http://book.asahi.com/review/TKY200612190358.html
>研究に専念していた著者は、1999年シアトルでの反グローバリゼーションの闘争を見て、
初めて活動に参加したという。だが、そのとき彼が気づいたのは、ニューヨークの「直接
行動ネットワーク(DAN)」の会合のやり方が、かつてフィールドワークのために2年
過ごしたマダガスカル高地の共同体における評議会とよく似たものだということであった。

>ハンナ・アーレントは、評議会は「政治的行為の経験そのもの」に存するもので、「まったく
自発的に、そのたびごとにそれまでまったくなかったものであるかのようにして出現」する
のだ、という。
 つまり、それは誰かが考案したものではない。むしろ、現にある、反集権的な自然発生的
運動の形態を肯定するところにこそ、アナキズムがある。著者のアナキズムも、そのような
ものである。著者は「未開人」から学べ、といっているのではない。われわれはそうと知らず
に、彼らと同じことをやっている。


つまり今までバカにする対象だった「自然発生的」で「未開」な左翼のグループがやってることが
やっぱり最も合理的であるがゆえに正しいと、認識を変えたわけだな。
デビッド・グレーバー紹介してる人達が、日本でどの辺のグループにいるのか
を考えてみれば、もうそれがどっちの方角を向いて言ってるのかは明らかでしょう。

>著者は「未開人」から学べ、といっているのではない。われわれはそうと知らずに、彼らと同じことをやっている。

つまり、そうとは知らずに、自分ももう同じ事をやらざるえない、
という状況なんでしょうね。


260 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 02:43:52
理論家が行動すると、NAMになっちゃう。その経験から何を学ぶか… うーん

261 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 02:47:34
つーか、理論家が行動すると革マルになっちゃう、
というメタファーのほうが、もっとしっくりくるな


262 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 02:57:45
なるほど…ウーン コジンテキニカンガエナオサナクテハ…

263 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 03:46:02
ああーーーーー
もう サヨクなんか やめちまえよ



いい加減にしろ
うそつきカラタニw

264 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 05:09:28
要するに、柄谷は何にも、本当はわかっちゃいない
ということでしょう。

それじゃあ、今でも日本に普通に点在するような
未開部落=未開左翼みたいな場所で
どんなに馬鹿げたことが
集団幻想かヒステリーみたいに起こっていたにしても
それは「自然発生的」だから、正しいの一言で済んじゃうわけだわ。
永田洋子だって連赤的なイジメだって
みんな自然発生で起きるわけでしょう。
学校のイジメまで、あれは自然発生だから合理的だってことがいえるし

もしかして、イジメも含めてコミュニズムというのか?
どっかの南米の未開集落だって
定期的に残酷な儀式やってるから、
共同体が続いてるわけ。

それが人類が元からもってる共産主義だから、じゃ
今まで喋ってきた理論にいったい何の意味があったのよ?って
最初から何にも言わなかったことに等しいよ

265 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 05:24:39
ファシズムの本質も自然発生ですからね

266 :必ず最後に亀田勝つ:2006/12/22(金) 07:45:03
地動説は古代ギリシャからあったんですよ。
コペルニクスが革命的だったのは
それを理論で裏打ちさせたところです。

267 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 09:18:40
柄谷がむかし言ってた「単独者」がなんとなく集合すれば何か起こせるはず、って事か?

268 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 10:07:16
>>266
だからといって地域通貨理論が
未来の地動説になるということは、絶対にないだろう。

柄谷は相変わらず妄想を追ってるなw

結局、最終的には、貨幣の発行主体として責任を負うものの団体−主体が
国家の役割を担うことになるよな。社会の中で。
国家にとって、たとえ地理的な国境線が消えたり曖昧になったりしても、
最終的には貨幣の統一的な管理主体として、国家の役割は残る。
つまりお金に信用を付与するものの事を、最終的な国家と呼ぶことになるだろう。
そういう意味での国家主体は、社会の信用価値を担う権威=権力として
必然的な役割を担ってるわけなんだから、なくなりようがないし
その本性が悪といえるわけのないもの。
最終的に最小化された国家の機能とは、純粋貨幣主体ですね。

だから地域通貨論にコペルニクス的反転は
永久にないでしょうね。
今の段階からそれは理論的に完全に裏打ちできますね

269 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 10:16:26
柄谷の場合、最初から社会をよくしようと思って
地域通貨を唱えてたわけじゃあ、全くないからね。

柄谷の場合、あれはただのマッドサイエンシストにすぎないわけで
自分の名誉の妄想でもう意地になって、
地域通貨に噛み付いてるだけ

270 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 10:40:59
■[Q-NAM]怒り・苛立ち・無力感・焦り…
NAMの過去ログを読んでいるが、ネガティブな感情に襲われる。
かくも多数の人が情熱を傾けた運動が、これほど不毛な結果に至ったことをどう捉え
受け入れれば良いのだろう。「運動の真の再生」などどこにもない、という現実にも
暗澹たる気持ちになる。ぼくたちは、ますますマイナーになるばかりだ。
資本と国家の揚棄に向かって着実に歩んでいるとはとうてい思えない。
で、2007年1月31日がやってくる…。


271 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 11:32:00
柄谷行人は多分宮本顕治になりたくなかったんだろう。
NAMが解散しようがしまいが柄谷に依存しているうちは
何もできないんじゃないの。

272 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 11:39:56
元々依存体質の人しか見事に残ってないわけだから
どっちにしろ何もしませんね

273 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 14:29:04
柄谷は国家論に向ってる
NAM、NAMってもう昔のこと

274 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 14:32:45
宮顕にはとっくになってたよ。解散は内ゲバ時の行動を隠すため。

275 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 14:49:38
NAMはまだ続いてるぞ
柄谷も講演でいってた

276 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 15:56:43
柄谷はそうかもしらんが、
昔のことにしないと困る人がいっぱいおる。

277 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 16:30:27
NAMか、何もかもが懐かしい…

278 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 16:42:06
お尻のシワとシワを合わせて、しあわせ。
NA〜M〜。

279 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 16:58:47
NAMは永久に不滅です。

280 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 17:21:33
>>279
まるで、かつてのマルクス主義みたいだなw

281 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 18:28:45
国家と資本、それに大衆が勝ちまくるのは当然。
だが、最後に勝つのはNAM--第Xのアソシエーションですから。

282 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 20:06:06
> NAMはまだ続いてるぞ
> 柄谷も講演でいってた

もうやめてくれ
宗教詐欺師の話をまにうけるのはw

283 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 20:08:41
ピエさん、もう忘れろ。

284 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 21:21:05
僕達はあのころ時代のエリートだった。
NAM会員であることが誇らしかった。
ああ眩しい青春。


285 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 21:22:25
そもそも最初から中味のない動機で革命ゴッコ
だったんだから続くも何も、
最初から嘘っぱちだった


286 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 21:43:32
初めての恋も、別れも、
ぼくたちはみんなNAMで経験した。
きみはゴマキ、僕は辻加護を愛していた。
何もかもが狂おしいほどに眩しくて、
思い出すたび胸が熱くなるヲタたちのあの甘美な時代。

287 :「最終学歴 東大法学部卒」・・・・・:2006/12/22(金) 21:58:41
フヒヒ…

    / ̄ ̄ ̄ ̄\  
   (  人____) ♪〜〜
   |./  ー◎-◎-)
   (6     (_ _) )    カタカタカタ
   | .∴ ノ  3 ノ  ______
    ゝ       ノ  .|  | ̄ ̄\ \
   /       \__|  |    | ̄ ̄|
  /  \___      |  |    |__|
  | \      |つ    |__|__/ /
  /     ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
 |       | ̄

288 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 22:18:33
NAMで青春w

289 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 22:43:45
なんでも哲学     スペッシャル!

290 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 22:50:47
>>268
貨幣の発行主体として責任なんか関係ないよ

291 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 23:05:37
ゴロヒダもAちゃん警備やめろ

292 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 23:05:44
ここでフマさんに一つ訊きたい!


なんでも哲学   =   南無でもテツガク


の文字りだったのか?????





293 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 23:09:22
>>290 信用(信仰)と紙幣を作る機械があればOK
   だから>>92のいうように信仰批判が必要。
   「カントのアンチノミーを乗り越える」ではあまりにも粗雑。

294 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 23:15:54
解体されるほどの建造物だったのか、柄谷さん

295 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 23:17:32
> 信用(信仰)と紙幣を作る機械があればOK

バカw



信仰と称する名の妄想だけ振りまいて
コドモおもちゃ銀行券、世の中に撒いてろよ
裸の王様が小判だと思って、肥え桶からウンコ振りまき歩いてるようなもん

こんなこと言っちゃう馬鹿がまだ生きてるようだから

南無デモ哲学

とかいわれちゃうんだzo!w

296 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 23:22:18
やっぱ神秘主義しかないな。

297 :村上行人:2006/12/23(土) 00:04:52
金の価値って、誰がつくったの? 人間でしょう贋金だって人間がつくるんだよ それは無価値じゃないでしょう 生きるために作ってる場合もあるんだから損得なんてドウデモイイ高次の話

298 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 01:09:39
>>297
馬鹿きわめつけw

299 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 02:30:27
玖杜椀も知らない楚歌厨発狂wwwwwwwwwwwwww

300 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 02:34:25
バカ谷はどうどもいいよ。

301 :297:2006/12/23(土) 04:47:33
どこらへんがですかぁ? ぐたいてきにおしえてね やさしくさ

302 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 05:12:58
> 裸の王様が小判だと思って、肥え桶からウンコ振りまき歩いてるようなもん






素晴らしい比喩だな

303 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 07:21:56
> 男だったら、マルクス読め!

結局、柄谷の想像の範疇というのは

左翼革命とは男のロマンである

というのと同じレベルの話だったということがわかるよ
こんな馬鹿な話の真に受けた奴が負け




もう一回明治維新まで走っていって戻って来い
頭でも冷やせ
という感じかな

吉田拓郎のほうが、まだ天然で芸にしてるだけ
害がないといったもので。

304 :佑人:2006/12/23(土) 07:55:38
オラのとーちゃん馬鹿にスンナ

305 :297 301:2006/12/23(土) 08:09:41
もっかいねじれると思うから言ってんだよ てめえで考えな

306 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 08:52:39
>>295
妄想と王様の違いも分からないのはバカの証拠。

307 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 09:23:14
佐藤との対談を見る限り、最近の柄谷は単なる紙じゃ駄目だとの認識だよ。

308 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 09:39:20
> 妄想と王様の違いも分からないのはバカの証拠。





あの〜、すいませんが、全然ナニ言ってるのかわかりません(爆











309 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 10:05:52
イデオット乙

310 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 10:34:59
ウンコを拭くのを見る限り、最近の柄谷は単なる紙じゃ駄目だとの認識だよ。

311 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 10:44:21
ウンコ=黄金

312 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 10:53:43
ちり紙だろうw

313 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 10:59:35
>>303
明治維新の前後では貨幣の性格が違うってこと?
資本の流通形態が変わっても貨幣自体のもつ魔術は変わるでしょうか。
言う事が断片的すぎてよくわからないんですが。
裸の王様っていう比喩にしても、子供がいなければ民衆は王様が裸だ
(紙幣が子供銀行券だ)とはいえなかったわけだし。
いえないってことは裸とは判っていてもそれなしではやっていけないってこと
でしょう?


314 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 11:07:14
閉鎖社会でカルト的な宗教マインドコントロールにかかれる
一団の集団幻想ならば
ウンコの干乾びたやつを王様が小判だといってばら撒けば
鵜のままそれを信じちゃうけど、
一歩お外のふつーの社会=正常な自然界に出れば、
それがあそこの洞窟でしか通用しないジャルゴンに過ぎなかったことを
痛みとともに思い知ることでしょう。


革命と新通貨立ち上げが男のロマンだと言い張れて
もてたオーライな時代は、所詮明治維新で終わってるよ
つーことでしょうね

315 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 11:10:14
オウム真理教の内部では(上九一色村)
麻原のウンコが通称 黄金で通っていました。









これホント

316 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 11:16:14
>>314
資本主義という信仰には「一歩お外のふつーの社会=正常な自然界」が
ない(出口も入り口もない)のが問題なのでは?

317 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 11:23:01
資本主義は多様性を吸収して発展するからね
ここの島宇宙が閉鎖的でも
全体としては、「常識」的なラインを引くことによって
交換経済を保証する(つまり貨幣の共通性によって)
ように仕組みが出来上がってるな





だから、個別の妄想は一線を肥えられないように
最初から管理されてる仕組み

318 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 11:29:16
地域通貨って通貨の脱構築じゃなかったのか?

319 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 11:40:26
>>317
例えばネットゲーム上の架空の物語の中でプレイヤーが物語上の取引を有利にすす
めるため、現実の貨幣とゲーム上の貨幣を交換(両替)するようなことがもし日常
化することにでもなればゲーム上だとはいえその貨幣も交換価値が生まれる可能性
が出てくるのでは?
別にゲームじゃなくてもカード会社同士のポイントの取引はこれから先もっと多様
化してくると予想されるから個別な妄想が一線を踏み越えないとも限らない
......という妄想はあり?。

320 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 11:54:06
> 地域通貨って通貨の脱構築じゃなかったのか?



だからやれるもんなら、やってみろよって。
口先だけ脱構築とか言ってただけで
実際には中味のないウンコを口にしてただけだろう
だいの大人が何人も。

脱構築という事は、構築のための母体があって初めて成立してるんだよ
それが一般通貨にあたることは自明であって
いずれにしよ、脱構築だか脱肛チクだか
どちらもメインの通貨を前提にしなければ、ありえない話なんだよw

321 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 11:55:41
あたりまえじゃん。

で、何が言いたいの?

322 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 11:56:45
> 例えばネットゲーム上の架空の物語の中でプレイヤーが物語上の取引を有利にすす
> めるため、現実の貨幣とゲーム上の貨幣を交換(両替)するようなことがもし日常
> 化することにでもなればゲーム上だとはいえ




だからそれにしたって、結局「現実の通貨」なる
メインストリームが機能してる、社会全体に
ということが前提になってるわけでしょう。
そこに寄生することによってしか
脱構築ゲーム自体が生まれないんだよ

故に裸の王様型カヘイは最初から論外
脱構築どころか脱肛モノ

323 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 12:04:20
現実の通貨を掛け金と両替していくうちに、
金本位制の崩壊やドルショックのようなことが
起こって通貨の上下価値が逆転していくことも
ありえるんじゃない(メインが崩壊してオルタナティヴだった
地域通貨が残るような)?
それがさまざまな地域通貨と複雑にリンクしているものだとしたら
...という妄想はどうだろう?

324 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 12:19:47
ピエさん、クリフマスが近づくと毎年興奮してくる

325 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 13:13:32
>>323
単に経済マヒ
大恐慌になるだけだと思うよ

恐慌を前にして慌てた民衆を餌に

ワレこそが真の共通貨幣を保証します!

と宣言する、ボナパルトならぬ、ルパンならぬ、カラタニ三世なるものが現れて
一大ファシスト統一政権を、世界革命を口実にして樹立するでしょうね

326 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 16:26:03
その方向が一番リアリティ感じる。           これから大恐慌になりますから、あらかじめどこかで円の価値を交換して確保しておきましょう みたいな

327 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 16:27:59
ぼくはユーロやと思ってたけど、            たしかに地域通貨で、円も必要ないかもしれない その地域が世界にとって 日本より大切ならいいってことっしょ?

328 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 16:29:21
日本の中間層が弱い・ないってことは、恐慌になった時には…                                    あぼーん

329 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 16:30:51
どっかの地方の過疎の土地買い上げて、ユートピアじゃない超現実の街を作ればいい。            中間の街、スイスのような、、、

330 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 16:32:06
地域通貨の名前はすでに決まっているはず・・・                                  ルパン笑

331 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 16:33:04
仮定って、超現実やん。

332 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 18:48:45
>>325

やっぱ柄谷の孫がヤバイな

333 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 21:06:51
ファシズム自体が政治体制として「悪」だという根拠はないと思うが。
なんだかんだいって、ファシズムへの誘惑を否定する奴に政治も哲学も宗教も
理解できないんじゃないの?


334 :柄谷スレ向上委員会:2006/12/23(土) 22:13:43
ひでーなw

自由主義/無政府主義/ファシズム、ついでにリバタリアニズム
て同じなんだよ、

マルクス主義ってそれらの批判って考えた方がいい

335 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 22:22:40
マルクスはマルクス主義者だったのか?
革命とファシズムの違いは?

336 :柄谷スレ向上委員会:2006/12/23(土) 22:43:54
ファシズムって実験済みの既成のアイデアを模倣とした一種のキッチュ

革命とは違うよ、疑似革命にしかすぎない

337 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 22:52:04
ファシズムが疑似革命であるとわかるのは結果的にじゃないの?
国民でも人民でもプロレタリアートでも大衆でもマルチチュードでも
いいけど群衆を誘惑する動機付けは革命にしろファシズムにしろ
同じじゃないの?
それを統一するアイデア(理念)が違うってだけで。

338 :柄谷スレ向上委員会:2006/12/23(土) 23:05:41
>群衆を誘惑する動機付けは

ここが革命とファシズムの差異なんじゃないのか?
革命は誘惑はしない、倫理を問うだけだ

ファシズムって倫理を誘惑する、だからキッチュだ

柄谷/デリダの「脱構築」の難解な所だけれども

339 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 23:27:14
倫理的な奴ばっかなら革命など必要ないと思う。
あと「誘惑」っていうのは個人崇拝(誰かが誰かを誘惑する)だけじゃなくて
不確実性みたいな雰囲気。「見る前に跳べ」みたいないい加減な衝動ね。
しかし倫理を問うだけで革命なんか起こるかな。
倫理なんて問われてたらふつう「革命?めんどくせえ」と思うけど。
キッチュだとしてもファシズム的なものも必要なんじゃない?
といってもファシズムを推進しているわけじゃないですよ。
「誘惑」に自覚的であったほうがいいといってるだけ。



340 :柄谷スレ向上委員会:2006/12/23(土) 23:42:42
>「誘惑」に自覚的であったほうがいいといってるだけ。

これは解るけど、「誘惑?めんどくせえ」って意識があれば
ファシズムもいらない

「革命」ってめんどくさい「倫理」に関係するんだよ
退屈と思うか?刺激的と思うか?

ここだな


341 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 23:47:51
向上委員は相変わらずちんぷんかんぷん。

342 :柄谷スレ向上委員会:2006/12/23(土) 23:50:21
イイじゃんw

ここは2ちゃんだぜ

343 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 23:58:54
2ちゃんは革命的ですか?ファシズム的ですか?

344 :柄谷スレ向上委員会:2006/12/24(日) 00:00:22
ファシズムでしょ?

345 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 00:03:57
2ちゃんは倫理的ですか?誘惑的ですか?

346 :柄谷スレ向上委員会:2006/12/24(日) 00:09:19
誘惑的だよ

そろそろ連投規制キツいんで退散するわ、ゴメン

347 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 01:33:49
出た向上委員会の必殺技w
「連投規制キツイんで」

348 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 05:03:30
僕は柄谷がウンコ拭いてるところ、見ました

349 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 08:31:37
ウンコ=黄金
紙=紙幣

350 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 09:40:20
僕は柄谷がウンコを紙幣で拭いてるのを見ました

351 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 10:05:24
黄金欲と肛門愛。
フロイト全集のサブリミナル広告?

352 :■[Q-NAM]全てのNAM会員へ:2006/12/24(日) 10:14:13
ぼくはあなたがたを「糾弾」したいのではない。ぼくにそんな権利はない。ただ、かつて起き
たことに対して、倫理的に向き合うことが、未来を開くことにつながるのでは、と思うだけだ。
ブログなりサイトなりを持っているのであれば、公開的に、Q-NAMの間で生じた紛争につい
て省察し、討論すべきだ。

事実だけをいえば、地域通貨Qを否定する根拠になった市民通貨Lは、結局始動しなかったし、
今後始動する見込みもない。ぼくたちは、空疎な言説に踊らされていたわけで、そのことは
本当に虚しいし恥ずかしいことだと思う。だが、そのことも含め、事実関係を詳細に明らかに
し、今後の教訓にしていくということが大切なのではないだろうか。

「理論」の名において、非民主的な権威主義的恫喝がなされてきたこと、これは深刻な問題
だ。そのことは、「理論」の名誉を失墜させたとおもう。地域通貨Qの否定は、何よりも「理論」
の名において為されたのだが、その「理論」なるものが怪しげだった。柄谷行人の新たな
貨幣論は金(きん)にリンクして初めて、流通する市民通貨がつくれるというものだったが、
それを地元商店街も巻き込んで実施しようという試みは虚しく潰えた。柄谷行人は地域通貨
を語らなくなった。NAM会員の多くも遁走した。……こうした全てのことは惨めで恥ずかしい。
だが、「現実」に向き合う必要がある。



353 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 11:43:47
告解室みたいだな。
「倫理的に向き合う」とか「全てのことは惨めで恥ずかしい」
とかいわれたら柄谷も嫌になるよ。

「現実」に向き合う前にもう一度「文学(批判)」と「哲学(批判)」をよんで
「すれっからし」になったほうがいいと思うよ。

354 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 13:26:37
柄谷行人は400万円をNAM会員に返却せよ

355 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 13:33:40
Qを否定しLが始動しなかったのはどうして? 理論的にはおかしくないか。

356 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 13:49:26
>>353

おまえみたいな奴が最低だな

357 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 15:06:15
朝日に唐谷の記事ちょっと載ってる〜 個別社会と全体社会について 明治維新からの視点は唐谷しかできない!?ワラ

358 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 22:25:27
柄谷家とは、ある種の亀田家なのか?

359 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 01:08:21
全てのNAM会員へ(2006年12月23日(土)、文責:攝津正 a.k.a. "Linda")

『重力』編集会議のホームページを見て欲しい。そこで、NAM会員らに主体
的な総括と自己批判が求められている。その要求は、至極真っ当なものだ、
と私は思う。

浅輪剛博、茨木彩、王寺賢太、大和田善博、岡崎乾二郎、片田直樹、柄谷行
人、倉数茂、後藤学、杉原正浩、関口洋介、関本洋司、高瀬幸途、田口卓臣、
田中正治、西原ミ ミ、西脇尚人、飛弾五郎、蛭田葵、柳原敏夫(朽
木水)、吉永剛志、和氣久明らNAM会員は、自らがしたこと/しなかった
ことについて真摯に総括/自己批判し、それを公開的に示すべきだ。拙い文
章でも、短い言葉でも良いと思う。あのNAMが解散してからもうすぐ4年が
経とうとしている。こんなにも長い間、我々は惰眠を貪っていたのか。そ
う思うと、忸怩たる気持ちだが、たとえ遅くともやらぬよりはやったほう
がましだ。

過去を徹底的に反省することなしに、未来が開かれることはないだろう。
我々は「真の運動の再生」を目指したが、いまだそれは実現していない。我
々自身の手で、我々の言葉と行為を批判的に総括することなしに、未来が開
かれることはないだろう。2007年1月31日には、400万円にものぼるNAM資産
の使途について、NAM資産管理委員会が決定を下すという。迷走に迷走を重
ねたまま、お金だけ放り出しても、責任が解除されることはない。我々は
何を目指し、何を為し、何を為さなかったのか。我々は何を実現し、何を
毀損したのか。そうした事柄について率直且つ誠実に言葉を紡いでいくこ
とを通じてしか、過去のしがらみを逃れる術はないのだ。

かつてと同様、NAMの総括を求めたい。一人一人が個人としてそれを為す
しかないだろう。

360 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 11:58:44
ボクの名前はなかった。
ほっとした。

361 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 18:04:59
だが、ごろつきどもにはこの刊行遅れは絶好のチャンスだ。我々の後塵を拝
して再び後出しじゃんけんに陥る前に、生れて初めて自己総括を存分に主体
的にやるがよかろう。ついでに言えば、今回の「03」は徹底的に読者を選
ぶ。ブックレットと同様WEBでの購入を希望する奇特な?NAM会員どもがいる
として、汚い手のまま消費者気分と野次馬根性だけで本誌を買える、などと
絶対に思うな。他人の戦争責任を声高に問う一方で自分のそれはちゃっかり
免除する真似、他の左翼に「革命的引退」を迫りながら自分は今なお現役だ
と錯覚する真似が通じると思うな。NAM会員の購入に際しては、当サイトで
の公開を前提とした「反省文」の執筆が最低限の義務であり、購入資格も選
考を通過した者にだけ与える(詳細は後日)。文句がある奴は、NAMの程度の
低さにふさわしく勝手に偽名でも別名でも使え。だが、我々の試みをいかに
回避し憎悪しようが、「補習と再教育のお時間」は君達日本人をとらえて無
限に続くだろう。




362 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 21:12:46
>>359
攝津氏がこういうこと書くのは分かるけど
>>360
まだ鎌田はQの失敗を認めていないのかな。

363 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 21:41:09
>>361
鎌田氏がこういうことを書くのは分かるけど
>>359
まだこのアフォらはNAMの失敗を認めていないのかな。

364 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 21:53:28
>363
NAMは永遠に不滅ですが何かw

365 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 22:31:57
NAMの失敗は、ほとんどQの失敗でしょ。
上の方でもウンコに例えられているけど。
鎌田は359で名前の出ている人たちを人格的に許せないから意地で続けてるようにしか見えない。
一般人同然の攝津氏が怒るのは分かるけど、文芸評論家がそれじゃ駄目でしょう。

366 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 00:17:23
NAMは永久に滅亡だと思うね

367 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 00:30:40
滅亡はしてない
今なお日本最大のカルトw

368 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 00:31:49
オウムは永久に不滅ですが何かw

369 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 00:42:48
この1年の「記憶」として 書評委員 お薦め「今年の3点」
柄谷 行人

@法と掟と(宮崎学著、洋泉社・1680円)
Aアメリカ憲法の呪縛(シェルドン・S・ウォリ
 ン著、千葉眞ほか訳、みすず書房・5460円)
B思索日記T(ハンナ・アーレント著、青木隆嘉
 訳、法政大学出版局・6510円)

朝日新聞 2006年12月24日


370 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 07:33:09
摂津の主張は一見もっともらしく見えるが
しかしやっぱり独善的、
だから叫ぶこと自体が
ナルシズムであるには変わらないでしょう

何を今更もっともらしい事を
白々と、という感じ
そんなの当たり前じゃないか
ふつーの脳みその持ち主なら、その当時ですべてわかるよ

だから、こういう主張のスタイルには、気をつけるべし
これは独善感情という意味では、
裏返しの柄谷にすぎないでしょう

病人が裏返って、ビョーニンの主張スタイルになる
だから、眉に唾をつけて見るべし

371 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 09:56:30
攝津氏のトランスクリティーク批判は、それあんたのことじゃんと思った。

372 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 23:06:25
ただ摂津にとって躁状態とは、他人を攻撃するときに起きるのだろうことは明らか

373 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 23:10:32
田舎警備員多すぎ

374 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 23:35:27
萱野はもういい加減
こんな堕落した奴のパシリになるのはやめとけよw

375 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 05:21:37
これは言えてると思うよ。


>■[Q-NAM]倫理の名においてこそ、非道が為される。
>Q-NAM紛争において最も腹が立つのは、こともあろうに「倫理」の名において激越な非道が
為されてきた、ということだ。ぼく自身もそうだったが、自分が正しいとおもっているから行動
に歯止めがきかない。恥ずべき言動を平然とやる。そして、反省もない。……これなら、
「倫理」など最初から口にしないほうがましだ、とおもわざるをえない。


基本的に、ナチスがユダヤ人をガス室に送り込むときも
間違いなく、ユダヤ教を滅ぼすことが、人類史的使命として倫理に当たる
と思い込んでいたに違いないのだからね。
ホロコースト的なものというのは、常に倫理的名目の思い込みで為されてる。





376 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 08:05:00
>>373
NAMの人に警備員はムリ
農家も失敗
ヒッキーw

377 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 01:12:36
農家はけっこういるよ

378 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 01:15:23

慶応義塾大学AO入試面接日


紺野「失礼します。紺野あさ美と申します
   よろしくお願いします。布の少ない水着で来てみました」

面接官「そこに腰掛けてください」

紺野「はい」
http://hellogirls.myphotos.cc/files/data/hellogirls25296.jpg

面接官「紺野さん元モームスだってね」
面接官「紺野さん可愛いね」
面接官「紺野さん写真集見たよ」
面接官「紺野さんオッパイ大きいね」
面接官「紺野さんマンコ見えそうですね」
面接官「くんくん・・・・紺野さん、ほのかにマン臭が漂ってきますね」
面接官「紺野さん合格です」

紺野「ありがとうございま〜す♪」



379 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 08:36:38
>>369
カラタニは宮学スパイ問題を知らないのか?

380 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 08:43:11
黒いということなら、佐藤優の方が筋金入りの黒さだし。

381 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 08:59:36
農家といってもお遊びでしょ

382 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 09:51:47
デモシカ農家かよ。。。。

383 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 11:11:37
俺の場合は、漢字の病人だから、よいんだ
と開き直る柄谷の態度とは
要するに漢字の概念のほうが偉いんだと、思い込んでいるんだろう

ほんと、
バカな野郎だなw

384 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 19:26:52
>>380>>379
柄谷はNAM解散以降、スパイとかラスプーチンとかこそがリアルだと思い込む
どうしようもない隘路に無自覚にはまりこんでいるということだろう。

385 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 20:39:59
自然農ってどう?

386 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 15:14:09
集団や組織の問題はやっぱり難しいね。
くじ引きで解決できる問題じゃないなあ。

387 :考える名無しさん:2006/12/31(日) 02:31:26
またまたあ

ぴえさんったら

388 :事実は小説よりも恐い:2007/01/01(月) 04:34:33
うわっちゃああああ
こりゃ酷い話だな
新年早々すごいものを見た




>彼に追従するNAM会員の「愛」もまた、病理的で盲目的なものでしかなかった。
NAMセンター事務局のパスワードがWELOVEKRTNであったという事実、
そして柄谷行人NAM退会宣言を受けてNAM代表団らが作ったMLがkaratani-amourと称し
ていたという事実は、まさに病理的な愛を巡って運動が組織されるというこれ以上ない
倒錯に陥っていたことを示して余りない。

389 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 04:37:52
北朝鮮も真っ青な、NAMの現実ですね
つーか、そのものじゃんかw

390 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 05:07:35
専門用語で「ハッテン場」というらしいw

391 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 06:47:14
六本木ベルファーレが12月31日に閉店したらしい。
一つの時代の終わりと言われている

392 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 13:54:40
金と交換できるドル、ソ連のマルボロタバコ、タクシー券を利用した地域通貨を例に出して
貨幣は商品との一般交換に使われる以前に、それ自体で使用価値(この言葉は物議を醸しそうだけど)
がなければならないと、最近の柄谷も言ってるじゃん。
QはNAM内においてまず柄谷ファンクラブの会員権として使う必要があったということでしょ。

393 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 16:42:04
つまり、Qの使用価値とは最初から疚しかったというだけの事でしょ



同じ統一教会の会員でも
コンサートのチケット買う人と買わない人では、格が分かれるといったもの

394 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 18:03:27
私は、amour-q MLの公開を主張したが、松本治の反対により、実現しなかっ
た。その後パソコンがクラッシュし、データが失われていた。私は、lets_t
hink MLの一部漏洩を契機にQ攻撃を続けていた頃、柳原敏夫に公開を要請し
たことがあったが、断られた(参考メール)。そのため、公開ができないま
まだった。

しかしこの度、『重力』編集会議のご厚意で、私のパソコンのデータ復旧を
することが出来、私のパソコンに保存されていた分のMLデータが発見された。
それで、発見できた限りの情報を公開することにした。だが、MLはこれで全
てではない。私の記憶では閉鎖に至るまで、他に数通あったように思う。
完全
公開が実現できないのは残念だが、致し方がない。

395 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 18:40:34
>■[Q-NAM]不条理…
記憶を辿れば辿る程、不条理を強く感じる。どうしてこんな馬鹿なことになったのか、自分
でも分からない。後悔先に立たず、と言うが、まさにその通りで、こんな事態に陥るとは
予測できなかった。……NAM解散後、4年目の春。ぼくは独り、傷痕に向き合う。



↑の次にすぐ、なんで↓のような気分が来れるの?




>■[狂歌]新春狂歌!
正月に 家族揃って 初詣 御滝不動で 幸せ祈る




ここまで来てると、分裂症でしょ。
どうだろう?



396 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 19:16:04
これが攝津流トランスクリティークなんだよ。

397 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 19:29:28
不条理…

398 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 20:05:20
宮崎学の本をゴーストライターで書いてるのは、あかねの店員だろ


知ってんのかよ 柄谷は?w

399 :考える名無しさん:2007/01/02(火) 01:24:23
僕は道を歩いていて、ときどきクスッと笑うことがある。
「ああ、自分は天下の於鰻蛇絽大瑚螺鰻蛇慧慧蛇豫那学部卒なんだ」と思うと、嬉しさがこみ上げてくる。
激烈な入学試験を突破してから○年。
於鰻蛇絽大に入学したときのあの喜びがいまだに続いている。
「最終学歴 於鰻蛇絽大学 瑚螺鰻蛇慧慧蛇豫那学部卒」・・・・・・



400 :考える名無しさん:2007/01/02(火) 02:28:04
浅輪剛博、
茨木彩、
王寺賢太、
大和田善博、
岡崎乾二郎、
片田直樹、
柄谷行人、
倉数茂、
後藤学、
杉原正浩、
関口洋介、
関本洋司、
高瀬幸途、
田口卓臣、
田中正治、
西原ミミ、
西脇尚人、
飛弾五郎、
蛭田葵、
柳原敏夫(朽木水)、
吉永剛志、
和氣久明


401 :考える名無しさん:2007/01/02(火) 03:13:53
      ○  ○  ○
      ‖__‖__‖
     /       \
.    │ -= =-∴-= =- ヽ   
    /     ゝ     ヽ  
   / ´ ヽ` ̄ヽニソ  ー-゙:.、 「最終学歴 於鰻蛇絽大学 砧砧出出朕出出学部卒」・・・・・






402 :考える名無しさん:2007/01/02(火) 06:53:18
> そして柄谷行人NAM退会宣言を受けてNAM代表団らが作ったMLがkaratani-amourと称し
> ていたという事実は、





要は、田中正治がバカなんでしょう。

新田トラストというHPの文章を見てもツライ人という感じだな。

あれも柄谷が利用した人間像の一種なんだけれども、
勘違いした老人左翼の柄谷信仰でできてる。
あれは、もし四十代くらいで田中が柄谷と会ってれば、
間違いなく罵倒されてたような人でしょう。

403 :考える名無しさん:2007/01/02(火) 07:41:15
柄谷と佐藤優の対談を読んでから考えていたんだが
柄谷の口にする非暴力のおかしさというのは、
非暴力が実現されるためには本来、暴力の実体になってるところの
憎しみをまず消去させうる手段から考えなければならないはずなのだが
しかし柄谷の場合は常にそこのところが本末転倒していて
個人的な憎悪は彼のスタイルによっていつも増幅せざるえない宿命にあるのだが
そのくせ、表面的で形式的な非暴力だけを訴えてるから、
どうも腑におちない話になり、テメエ勝手な言い分をいってるだけにしか見えないんだな









ホント
硫黄島からの手紙でも見て、考え直したほうがいいよw

404 :考える名無しさん:2007/01/02(火) 09:38:25
>>400
ゴローはちゃんと宿題やっとけよ

405 :考える名無しさん:2007/01/02(火) 15:45:09









        対談 w !! 









                       見世物か!



406 :考える名無しさん:2007/01/02(火) 16:49:12
見世物というよりも単に    ストリップw

407 :考える名無しさん:2007/01/02(火) 21:46:20
>>403
柄谷行人が与えたものとは、憎悪と去勢である。


つまり、、、            最悪





408 :ビィトゲンショタイン:2007/01/02(火) 23:03:06
http://www.geocities.jp/mozouya/JU88c-6/VOL148.htm

409 :フっマでぇ〜〜〜〜す:2007/01/03(水) 05:51:13


君、性機能なくなっちゃったのwwwwwwwww

410 :NHK謝罪:2007/01/03(水) 09:29:34
http://www.youtube.com/watch?v=oVqsOBE6dgk

411 :フっマでぇ〜〜〜〜す:2007/01/04(木) 04:51:41

変態?(笑)

412 :『世界共和国へ』に関するノート(2):2007/01/04(木) 11:00:32
 ヘスの考えでは、人間と自然の関係は交通である。具体的にいえば、そ
れはメタボリズム、つまり、「物質代謝」Stoffwechselである。

413 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 02:58:37
2ちゃんが静かになってから、不思議なことに
反対に青木のコミュニタリアニズムが
着々と売れてるね。5年近く売れ続ける本って
そうはないんじゃないの?
2ちゃんの落書きよりも、ホントの読者の口コミの力って
すごいね。本物の静かなブームに驚いてる。

414 :フっマでぇ〜〜〜〜す:2007/01/05(金) 04:22:51
>>413
どこで売れてんだよ馬鹿w

415 :低脳の見本:2007/01/06(土) 08:31:14

フマさんと言えども、この馬鹿さにはかなうまい



904 名前:考える名無しさん :2007/01/06(土) 08:10:08
新年を迎えて一気に糞スレ化も進みましたなぁw
糞コテの阿呆も自分が以下に愚かで無駄で独りよがりのチンカス野郎だったかってことに気が付いたみたいですなw
でてこれないのが惨めで哀れだm9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーーーッハッハーヒャヒャヒャヒャヒャヒャ




416 :正月早々鼻をつまむような猟奇的事件だな:2007/01/06(土) 09:49:51
切断遺体:頭髪、胸部など切り取る

送検のため代々木警察署を出る武藤勇貴容疑者(中央)=東京都渋谷区本町で5日午後
3時1分、塩入正夫写す 東京都渋谷区の歯科医、武藤衛さん(62)方で長女の短大生、
亜澄(あずみ)さん(20)の切断遺体が見つかった事件で、亜澄さんの遺体から頭髪と胸部、
下腹部が切り取られていたことが分かった。死体損壊容疑で逮捕された次兄の予備校生、
勇貴容疑者(21)は胸部などについて「流し台のディスポーザー(生ごみ処理機)で処分した」
と供述している。性別などの判別を困難にする工作と取れる半面、激しい恨みを示す行為
ともみられ、警視庁捜査1課は理由を追及している。

 調べによると、亜澄さんの遺体は十数個に切断され、四つのポリ袋に入れられて勇貴容
疑者の自室のクローゼットなどに隠されていた。ほとんどが関節部分で切断されていたが、
胸部と下腹部が切り取られていた。また、頭髪は短く切られていた。勇貴容疑者は、切断し
た遺体を「後で捨てるつもりだった」と供述している。切断に使ったのこぎりと文化包丁は
洗い、返り血を浴びた着衣は洗濯したという。

 また、殺害状況については「頭を殴ったが、気絶した後で起き上がったので首を絞めた」
と供述している。遺体には水死の形跡もあり、捜査1課は、激しく暴行した後で亜澄さんを
浴室に運び、水を張った浴槽に頭を沈めた可能性があるとみている。

 同課は5日午後、勇貴容疑者を同容疑で送検した。


417 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 09:55:49
高峯駆が目標にしてたのは、中川翔子だったという

418 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 13:23:31
おれも沢尻エリカを目標にしてる

419 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 13:30:20
それは 野糞アリカだろうw

420 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 17:37:14
> 死体損壊容疑で逮捕された次兄の予備校生、
> 勇貴容疑者(21)は胸部などについて

予備校生兄の連行される姿と顔写真見たが
あれは比ヤングと似てる



421 :ビィトゲンショタイン:2007/01/06(土) 22:17:17
金田一と打とうとして近代知と出たので
ビィトゲンシュたよ!

422 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 22:47:40
社会の動乱や、事件に敏感なのはサヨクの性癖七日?



423 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 03:18:00
最近、柄谷行人読んだことない
近年、出版した本ある?

424 :在日犯罪者一覧:2007/01/07(日) 03:35:43
●麻原彰晃 →オウム真理教教祖。サリンを撒き無差別殺人。坂本弁護士一家惨殺。海外新聞がkoreanと表記。
週刊現代がスクープ。事件前の対談で自ら語っている。
●宅間守 →大阪 池田小学校の児童殺傷。8人殺害 15人が重軽傷。朝鮮人部落出身
●東慎一郎 →酒鬼薔薇聖斗。神戸の首切り小僧。生首を校門に飾る。2人殺害。元在日朝鮮人
●林真須美 →和歌山 毒入りカレー事件。4人毒殺 63人が負傷。帰化人
●織原城二(金聖鐘) →神奈川 帰化人、英国人 豪州人女性を強姦、ビデオ撮影、バラバラ殺人
●関根元 →埼玉の愛犬家連続殺人犯。4人を殺害。肉片を削ぎとりドラム缶で焼却、川へ流す
●丘崎誠人 →奈良 岩を数回、少女の頭部に投げつけて絶命させた 在日朝鮮人
●キム・ミンス →韓国人留学生 強盗殺人犯。大分 日本人老夫婦を刃物で殺傷
●李東逸 →韓国人 檀国大学教授。芝居観覧のため来日中、東京で日本人女優Nを強姦
●金允植 →韓国人 強姦罪で指名手配中に逃亡目的で来日。大阪で主婦を100人以上連続強姦
●金大根 →韓国人の強姦魔 連続児童虐待暴行殺人。6名の女児死亡
●李昇一 →韓国人 東京 テレビ「ガキの使い」関係者を名乗り少女140人をレイプ
●沈週一 →韓国人 鳥取 大阪 和歌山 ベランダから女性の部屋へ侵入し9人を強姦
●張今朝 →韓国人 長野 「一緒に猫を探して」と小学校4年の女児をレイプ
●ぺ・ソンテ →韓国人 横浜 刃物で脅し、女子小学生14人をレイプ
●宋治悦 →韓国人 東京 ナイフで脅し手足を縛り下着で目隠しの上、主婦19人を強姦
●崔智栄 →北朝鮮籍の朝鮮大学校生 新潟 木刀で傷を負わせ、18歳少女2人を車の中で強姦
●金乗實 →北朝鮮籍の朝鮮大学校生 同上、共犯者。他にもう一人19歳の共犯者(朝鮮籍)あり
●鄭明析 →韓国人 カルト「摂理」教祖。日本人1000人、台湾人100人、米英仏人などを強姦
●徐裕行 →韓国籍 オウム真理教幹部・村井秀夫刺殺事件の刺殺犯。裏で北朝鮮が関与か
●国松孝次警察庁長官狙撃事件。現場近くから北朝鮮製のバッジ、韓国のウォン硬貨などを発見
●世田谷一家惨殺事件。採取された指紋が韓国人の男と一致。韓国警察からは協力を得られず
●東京資産家強盗殺人事件。奪われた腕時計が韓国で販売。韓国人グループの犯行とみて捜査中


425 :在日犯罪者一覧:2007/01/07(日) 03:36:38
朴珠那(31): 顔写真をすり替えたパスポートをパスポートセンターに申請し不正に取得する
金明徳(58): 同上
姜英児(56): 店舗型性風俗営業が禁止されている個室マッサージ店で、女性従業員に男性客への性的サービスをさせる
李承富(50): 795グラムの覚せい剤(約4770万円相当)を電気座布団の中に隠して密輸する
趙淑伊(43): 県公安委員会へ届出をせずに、営業禁止区域でファッションヘルスを営む
崔正成(52): 水戸署大工町交番の出入り口ドアの窓ガラス(時価1万円相当)を右手で割る
申孝男(45): 医師から自宅のリフォーム代として預かった5000万円のうち、1100万円を返金せず着服する
孫錫烈(30): 出会い系サイトで知り合った13歳と14歳だった女子中学生に計4万円を渡し、ホテルで猥褻な行為をする
李占友(29): 獣医師夫妻を縛り、現金4200万円や貴金属など56点(計567万円相当)を盗み、妻に約2カ月のけがを負わせる
李在峰(28): 同上
曽明常(42): 同上
劉洋(28): 同上
金百合子(45): 大量の覚せい剤の密売に関わる
金真彩(20): 同上
李秀男(51): 産廃の処分許可がないのに、昨年7〜8月の間家屋の解体ごみ約326立方メートルを処分する
林韓日(56): 神戸市の中小企業向け低利融資制度を悪用し、市内の信用組合から約600万円を融資させだまし取る
全成玉(58): 交通事故で保険金(搭乗者傷害保険金約300万円、後遺傷害保険金約2000万円)をだまし取る
李和明(44): ひき逃げ事故を起こした知り合いの住吉会系暴力団幹部の身代わりになろうとする
姜智凱(29): オークションサイトに中古のノートパソコンを出品したように装い、男子大学生から代金約10万円をだまし取る
韓長広(41): 経営している派遣型売春の女性従業員に売春させる
金圭植(58): レジャー施設の経営者を脅迫し、手足で頭などを殴り代表取締役辞任届などに署名させ、会社の実印などを脅し取る
朴仁哲(51): 同上
金斗龍(51): 同上
金興博(53): 私服警察官2人に売春の相手になるよう勧誘する



426 :在日犯罪者一覧:2007/01/07(日) 03:37:22
金周煥(31)→短期滞在ビザで入国後、在留期間を超えて不法に残留する。
金成容(39)→短期滞在ビザで入国後、在留期間を超えて不法に残留する。
金応萬(43)→旅券を持たずに船で入国して不法に在留する。
嚴英順(37)→出産した子供に日本国籍を取得させるため、うその胎児認知届と出生届を提出する。
高英樹(25)→偽造クレジットカードを使い商品をだまし取る。
文明淑(29)→マッサージ店で女性店員を使い男性客に性的サービスをさせる。
崔珍栄(35)→三月まで交際していた女性(29)に別れ話を持ち掛けられ立腹、殺害しようとする。
全光烈(54)[朝鮮学校教員]→酒気帯運転でトラックに追突、弾みでオートバイに衝突。オートバイの男性を死亡させる。
金玉鉉(39)→店舗型風俗特殊営業が禁止されている地区で風俗店を経営、女性従業員に性的なサービスをさせる。
徐賛述(48)→在留期限が切れた後も引き続き国内にとどまり、約9年10か月にわたって不法に残留する。
申孝男(45)[朝鮮籍]→住宅リフォームの仲介として男性医師(47)から預かった工事代金約5000万円のうち約1100万円を横領する。
全孝信(36)→多重債務者ら約2200人に対し不正な貸し付けを行い、2億円を超える違法収益を得る。
パク・ジンソン(45)→長崎県沖でのタチウオ漁で、操業日誌の漁獲量を過少記載する。
任榮Y(43)→韓国で製造された偽ブランド商品を日本に輸入し、元締めとして露天商などに卸す。
閔俊基(33)→33歳の韓国人男性に、以前交際していたこの男性の姉を呼び出させ、恐喝する。
禹時允(59)→覚せい剤を密輸入する。
李辰世(29)→1人暮らし女性のマンションに侵入し、現金やキャッシュカードを奪う。
朴奉秀(31)→港区六本木の雑居ビル内に違法なバカラ賭博場を開く。
黄勝雪(??)→条例で禁止された地域でファッションヘルスを営業する。
李丙教(36)→操業日誌の漁獲量を、実際より約7.7トン少なく記載する。


427 :在日犯罪者一覧:2007/01/07(日) 03:38:06
強制連行されたという在日朝鮮人は以下の質問に答えなさい。

・ 誰によってどこへ強制連行されたのか詳細を述べなさい。
・ 戦後60年間,祖国から返還請求がない理由を述べなさい。
・ 戦後60年間,祖国に助けを求めなかった理由を述べなさい。
・ 戦後60年間,祖国が在日朝鮮人を問題視していない理由を述べなさい。
・ 戦後60年間,自分達で帰国事業を立ち上げなかった理由を述べなさい。
・ 戦後60年間,日本人に対して返還事業を提案しなかった理由を述べなさい。

質問に対する回答が無い場合,
在日朝鮮人は「違法入国者」の末裔,もしくは当人であるとみなします。
つまり「犯罪者」であるということです。


在日朝鮮人のすばらしい「愛国心」

・強制連行されてきた外国人のはずだが、祖国に帰らせろとは言わない。
・祖国は日本よりすばらしいと言うくせに、帰ろうとはしない。
・帰る祖国が存在するのに、帰る場所はないと言う。
・日の丸を見るのも嫌な外国人のくせに、日本から出て行こうとはしない。
・立派な朝鮮人名を名乗らず、屈辱なはずの日本人名を自らの意思で名乗る。
・大嫌いなはずの日本人に、リアルでもネット上でも成りすます。
・祖国の参政権もないのに、なぜか先に日本での参政権を要求する。
・祖国を良くするための諫言はしないが、日本には内政干渉をする。



428 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 03:39:00
「田岡一雄自伝」より
通りすがりの通行人の目つきが気に食わないといっては難くせをつけ、
無銭飲食をし、白昼の路上で集団で婦女子にいたずらをする。
善良な市民は恐怖のどん底に叩き込まれた。
こういった不良分子は旧陸海軍の飛行服を好んで身につけていた。
袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを首に巻きつけ、
肩で風を切って町をのし歩いた。
腰には拳銃をさげ、白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器を引っさげた彼らの略奪、暴行には
目にあまるものがあった。
警官が駆けつけてきても手も足も出ない。
「俺たちは戦勝国民だ。敗戦国の日本人が何をいうか」
警官は小突き回され、サーベルはヘシ曲げられ、
街は暴漢の跳梁に無警察状態だ。
〜中略〜
一瞬、ぎくりと立ちどまり、悲鳴のあがる方角に走った。
途中で四、五歳の女の子が泣きながら夢中で駆け寄ってきた。
「どないしたんや」
「おかあちゃんが、おかあちゃんが」
少女は私に泣きじゃくりながらしがみつく。
この世のものとは思えぬ女の狂気じみた悲鳴がきこえつづけていた。
「ここにいるんやで。ええな」
私は少女をその場において一目散に走った。
少女の母親は木立の中で数人の男に犯されていた。飛行服の男たちだった。
------------------------------------------------------
創氏改名は屈辱だったと言うわりに通名を名乗る在日
実態は戦後に悪さをしすぎて日本人に嫌悪されたため
通名という都合のいい偽名を使うようになったのである



429 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 03:39:46
★これが創氏改名の真実だ!併合直後から朝鮮人は改名を熱望していた!

@1910年、日韓併合。
A直後、総督府が朝鮮半島を把握する為に「民籍」(≒戸籍)の作成に取り掛かる。
Bなんと!大量の朝鮮人が「日本名」で民籍に登録する騒動が勃発!
Cケジメがつかなくなる事を恐れた総督府は「改名禁止」の法令を出す。
※1911年11月1日総督府令第124号「朝鮮人ノ姓名改称ニ関スル件」
※「内地人ニ紛ハシキ姓名」を禁止。
※既に改名していた朝鮮人には圧力をかけて「復姓」させた。
(  ´∀`)「併合直後なのに図々しい!さっさと元に戻せ!」
< *`Д´>「アイゴ!」
D1932年「満州国」が出来る。
E「満州国」に朝鮮人が入植するが…。
<丶`∀´>「ウリは日本人ニダ!」
(# `ハ´)「名前が朝鮮人アル!元々は我々の奴隷民族アル!偉そうにするな!」
< *`Д´>「アイゴ!もうウリは立派な皇国臣民ニダ!日本名が欲しいニダ!」
(  ´∀`)「…仕方がないか」
F1939年「創氏改名」が発令。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
朝鮮には「姓(氏族名)」はあっても「氏(苗字)」が無かった。
内鮮の融合が進み、戸籍管理を統一する為にも、「創氏」が強制された。
「創氏」の登録は日本名でも朝鮮名でも良かった。
しかし8割の朝鮮人が「日本名での創氏」を望んだ。
日本名で創氏した朝鮮人は名前(下の名前)も合わせて変えたがった。
それが「改名」であり、これには手数料が取られた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Gこの「創氏改名」に伴い、大量の朝鮮人が日本名を名乗る事になる。

…朝鮮人は併合直後から日本名を名乗りたかったのだが、総督府は許さなかった。
それが許されたのが「創氏改名」なのである。

430 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 03:40:41
金素雲も嘆く在日朝鮮人の横暴

日本人はなぜ朝鮮人が嫌いか、差別されるには朝鮮人の方にもそれなりの原因
がある、という筆者の論は決して間違っていないと思ふ。例えばあの有名な朝鮮
人詩人の金素雲氏は、その自伝の中で次のように書いている。

日本人所有の家を借りたなら、家賃は一切払わなくてもよいというのが、その当時
(昭和の初期―筆者注)同胞の間では常識化していた風習だった。

「お前らは国まで盗んでいったじゃないか。家賃ぐらい何だ!」――こちらにはこ
んな腹があったが、引っかけられた日本人の側では恨み骨髄にならざるを得な
かった。家賃をもらうどころか5,6ヵ月分の家賃に当たる金を<立退料>という
名目で払わなければならなかった。こんなとき、その仲介の役割を果たすのが、
いうなれば叔父の職分だった。(同胞が集団居住する町には、こんなブローカー
が必ず何人かいた)

1,2年ただで住んでは<立退料>をせしめて家を空けてやることもあったが、時
には引っ越した次の日に大家から立退料を取ってまた引っ越していく、そんな場
合もあった。 その立退料の半分ぐらいにあたる金が叔父のようなブローカーの
懐に入ってくる。もちろんこれは4,50年前の昔話ではあるが、こんなやり口が
その後長い間い年月を通じて、大多数の日本人の生活感情の底に<チョーセン
ジン>を敬遠し蔑視する後遺症の種となったことも事実である。
                  
               中村 粲   文武新論 平成5年7月10日



431 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 03:41:17
ここまで生活レベルを上げてもらいながら、
日本の敗戦が決まると豹変し、暴虐の限りを尽くしたチョン。
http://plaza.rakuten.co.jp/khiroba/diary/200501100000/
http://www12.tok2.com/home/doronpa/

ほぼ同様の経緯だが50年たっても恩を忘れていなかったパラオ。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/20010503.html
http://www.sarago.co.jp/nfhtm/pw.html
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/kak2/1210091.htm

     ,,.---v―--、_       日本人はな、お互い様やねん。
   ,.イ" | / / / /~`'''ー-、  相手に譲ってもろたら今度は自分が譲るねん。
  //~`ヾ、;;;;ソ'''''''ヾ、   ,.ヽ ヽ そうやって上手い事回っとったがな・・・
 /:,:'       ...  ゞ 彡 彡、ノ)
 !/  ~`ー'",..- ...   〉     !( 『あの人ら』は違う。
i   ̄~`        !  彡  |ノ 一回譲ったらツケ込んで来て、
,i ,.- 、 ゝ " '" ~ ~`  ヾ ,,--、 |  こっちはずっと譲らなあかん羽目になる。
/         _    ヾ"r∂|;! それでも『あの人ら』は平気なんや。
ヾ` '⌒` ;::   "~ ~` 彡  r ノ/  カドたてんとことおもて譲り合うのは、
i    ノ           _,,.:'   日本人同士だけにしとき。
ヽ ノ"( 、_,..:ー'"ヽ、 : : :   ,i /    そうせんと『あの人ら』につけこまれて、
 ヽ、 ,. :: ::  ヽ      ノ:|ラ:)`ヽ、『ひさしを貸して母屋を盗られて』
   ヽ、`''''"""''''" '  ,,..-'" //   \日本がのうなってしまうからな



432 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 03:41:47
戦前
<丶´Д`> <国として立ちゆかないウリの国の面倒を見て欲しいニダ…
戦後↓
<丶`Д´> <ウリの国は日本の植民地にされていたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
----------------------------------------------------------------------------------
戦前
<丶´Д`> <本国じゃご飯食べられないニダ…  日本に密入国するニダ…
戦後↓
<丶`Д´> <ウリ達は日本に無理矢理強制連行されてきたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
----------------------------------------------------------------------------------
戦前
<丶´Д`> <朝鮮人だとバレると欧米でバカにされるニダ… 日本風の名にしたいニダ…
戦後↓
<丶`Д´> <ウリ達は日本に無理矢理日本風の名前を押し付けられたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
----------------------------------------------------------------------------------
戦中
<丶´▽`> <高給ニダ!是非ともついていって体を売るニダ 追軍娼婦するニダ …
戦後↓
<丶`Д´> <ウリは無理矢理連行され、従軍慰安婦にされたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
--------------------------------------------------------------------------------



433 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 03:42:24
■中国人、謝永光著「日本軍は香港で何をしたか」より抜粋。
最初の数日間は平穏無事で、「皇軍」の姿は全くみられなかった。
ところがある日、突然五、六人の‘獣兵‘が現れ、麻雀をしていた四人の女優を輪姦したという。
前述の女優は日本軍の馬丁に暴行されたが、この馬丁とは恐らく朝鮮人に違いなかった。
(中略)
香港占領期間中、多くの朝鮮人が日本の軍服を着ていたが、一般の日本人よりも背が高く、日本の正規軍よりももっと凶暴だった。
このとき民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、ほとんど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。
当時香港住民は日本軍に対するよりももっと激しい憎悪の念を彼らに抱いた。

■元パリ・マッチ特派員アルフレッド・スムラー著「日本は誤解されている」より抜粋。
「別に日本人戦犯の責任を軽減するつもりはないが、占領地域で最も嫌われたのは、このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だったことに注意しておかなければならない」
※パリ・マッチ・・・フランスの歴史ある雑誌
http://bookwebpro.kinokuniya.co.jp/files/magazine/Paris%20Match.jpg [ソースチェック]

■とある内科医の述懐「キヤンガン、山下将軍降伏の地―フィリピンの心象風景」より抜粋。
山では仲間どうしの信頼関係が全てだ。
韓比日の3人で風雨の中、ピークを踏む寸前のこと、小休止のときアンがコリアンと知らないフィリピン人の彼が言った。
「日本の占領下で最も残虐だったのはコリアンだった。赤ん坊を投げて銃剣でうけたのも彼らだった。皆がそう信じている。」
一気に遭難しそうになったパーティを何とか支えつつ、私はキアンガンの将軍の亡霊を見たような心持だった。
その後も各地でこの噂のような言説をきくたびに、愛国者たるアンの胸中が想われてならない。
http://www.net-ric.com/advocacy/datums/95_10irohira.html

■中国人が描いた絵「旭日旗を持った朝鮮人が中国人を殺す」
http://japanese.joins.com/transboard/upfile/up28088.jpg




434 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 03:43:29

     アメリカ人が見た戦後の在日朝鮮人

 戦後の日本においては、朝鮮人少数民族は、いつも刺戟的な勢力であった。
 数においては大いに減ったもの、朝鮮人は依然として口喧しい、感情的・徒労的
 集団である。彼らは絶対に敗戦者の日本人には加担しようとはせず、かえって戦勝
 国民の仲間入りをしようとした。朝鮮人は一般に日本の法律は彼らに適用され得な
 いものとしてアメリカ占領軍の指令も同じようにほとんど意に介しなかった。
 そのため国内に非常な混乱をおこした。占領当初の数ヶ月、在日朝鮮人炭鉱労働者の
 頑強な反抗のために日本の重要産業たる石炭産業の再建は損害をこうむった。
 経済的領域における朝鮮人のいろいろな活動は、日本経済再建への努力をたびたび阻害した。
 1948年の神戸における緊急事態宣言は、日本の教育改革を朝鮮人が妨害した結果、
 行われたものである。引き上げについては占領当局が決定した政策を日本政府の手で
 実地しようとするのを妨害した。/たとえこのような事件(朝鮮人の犯罪)で朝鮮人の
 犯罪性が拡大されることがなかったとしても、この犯罪性が日本人・朝鮮人の関係に
 与えた影響は依然として甚大なるものがある。朝鮮人の略奪行為が、大部分、下層民の
 日常生活にとってきわめて重要な地域において行われたということもあった。
 さらに朝鮮人は日本に不法に入国しようとしたが、ときには伝染病も持ち込んだと
 いう事情もあって、この不安を強める実例を提供した。朝鮮人は悪者だという心理が
 時の流れとともに日本人の心から薄れていくであろうと信ずべき理由はなにもないのである。

         ハーバード大学教授 エドワード・ワーグナー(朝鮮史)




435 :密入国ソース:2007/01/07(日) 03:44:50
俺のヘソクリは朝鮮系、女房のは韓国系の仮名口座へ。
http://web.archive.org/web/20040203224840/http://www.yuriko.or.jp/ronbun/sapio.htm
仮名口座だけじゃない!在日の脱税特権「五箇条のご誓文」
http://www.yuriko.or.jp/column/colum99/corum990819.htm
在日韓国・朝鮮人一世の9割9分は強制連行とは無関係。
http://mirror.jijisama.org/zainiti_raireki.htm
敗戦に苦しむ日本人に横暴の限りを尽くした在日。
http://mirror.jijisama.org/sangokuzin.htm
在日朝鮮人連盟(朝鮮総連の前身)による朝鮮人戦勝国民、日本人四等国民宣言
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/D35.htm


436 :密入国ソース:2007/01/07(日) 03:45:24
●『在日・強制連行の神話』( 鄭大均著 文春新書)より
「在日の多くは海峡を自らの意志で越えたのだ。 在日は強制連行されてきた人々とその末裔だと
 する主張がある。 が、一世の証言に丹念にあたれば、それが虚構にすぎないことが分る」
●正論2003年6月号掲載  評論家 黄 文雄 
「誇り高き台湾少年工と「強制連行」どころか勝手に日本に殺到した朝鮮人の落差」
●朝鮮人によるマスコミへの卑劣な圧力が無かった頃は、朝日新聞も大量の密入国者がいる事実を報道してました。
『朝日新聞 1959年6月16日付』(「世界」 2000年10月号 戦後日本「在日外国人」の虚像と実像 原尻英樹)より
「密入出国をしたまま登録をしていない朝鮮人がかなりいると見られている」
●1974年の法務省編「在留外国人統計」によれば、在日韓国・朝鮮人の日本上陸は昭和16~19年の間は1万4514人。
「国民徴用令」による徴集は19年の9月以降の僅か4ヵ月間であるから、単純に計算しても、この期間に徴用された者は
16~19年間の1万4514人の12分の1、つまり1210人ほどにすぎない。昭和20年9月1日以前は679名であり、
それを加えた概算1889人ほどが、真に徴用の名に値する在日朝鮮人だという事になる。仮に「官あっせん」を
徴用の概念の中に入れ、官あっせんが行われていた昭和17年2月~19年8月の来日者の推計数を全部加えても
約1万1300人ほどである。従って、在日全体の僅か0.5%未満にすぎない事になる。



437 :密入国ソース:2007/01/07(日) 03:45:57
「これでは困る韓国」呉善花、崔吉城 1997 より

呉「在日の人たちにしても、植民地時代も自分の意志で積極的にきた人のほうが
 ずっと多いんじゃないですか。強制連行で連れてこられた人たちはほとんど帰っ
 てしまったわけですから。」
崔「そこはいいポイントです。事実はまさしくその通りなんです。ところが、
 そうであるにもかかわらず、意識としてはそうじゃなくなっているんです。
 自分も植民地のときに強制的につれてこられたのだと、これはアイデンティティ
 としてそうなってしまっているんです。」
呉「なるほど、意識と実際は違うということですね。」
崔「実際は強制されてきたのではなくても、我々は強制されてきたんだという、
 そういう物語をつくってそれを自分の意識としてもつんです。
 ここが在日韓国・朝鮮人を考える場合のかなり大きなポイントです。
 (中略)それで一世たちはそういう物語を二世、三世に懸命に教えるんです。」
呉「なんのために教えるんですか」
崔「民族意識を守り、それを子孫に伝えるためです。」


438 :密入国ソース:2007/01/07(日) 03:46:29
【在日】「私は徴兵で日本に来たんだよ」と嘘をつく母と、
「その時代に徴兵なんかないの」と嘘を暴く息子

「私は徴兵で日本に来たんだよ」と主張する母親と、「嘘を言うな」と
たしなめる息子。ずーっと探していた動画なんですが、YouTubeで
見つかったのでリンクを貼っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=lCbB1BAcN3w&search=korea

これはインターネットが普及する前に放送されたもので、確かフジ系列の
「NONFIX」という深夜番組だったと思います(違ったら訂正よろしく)。
最後に「うちの息子は思想がないの」といわゆる強制連行説が嘘であることを認めます。
強制連行なんか存在しない事がわかる貴重な資料です。



439 :密入国ソース:2007/01/07(日) 03:47:45
「戦前(昭和14年)に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前には約200
万人となった。増加した100万人のうち70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個
別渡航者と、その間の出生によるものである。
残りの30万人は大部分鉱工業、土木事業の募集に応じてきた者で、戦時中の国民徴用令に
よるものはごく少数である。(中略)
終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引き上げで合計140万
人が帰還したほか、北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引き上げ計画
で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していた者のうち75%が帰還している。
(中略)
現在、登録されている在日朝鮮人は総数61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、
戦時中に徴用労働者としてきた者は245人に過ぎず、現在日本に居住している者は、犯罪者
を除き、自由意志によって残留した者である。」
1959年7月13日朝日新聞
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
1959年7月13日 朝日新聞


440 :密入国ソース:2007/01/07(日) 03:48:38
★在日の徴用者はたった245人!終戦後75%が帰国!(朝日新聞)

■1959年7月13日 朝日新聞
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg

■記事内容と補足「在日朝鮮人の徴用者は245人」
・終戦直前、日本には200万人の朝鮮人がいた。
・その内、140万人は終戦直後に朝鮮に帰った。
・更に北朝鮮帰還事業などで10万人が朝鮮に帰った。
・つまり200万人のうち、150万人…つまり75%が帰国した。
・国民徴用令は1939年7月から施行された。(日本人と台湾人)
・しかし朝鮮人には1944年9月まで適用されなかった。(つまり優遇されていた)
・1945年3月には日韓フェリーが停止されたので、徴用が可能だった時期はたったの7ヶ月。
・1959年の調査では在日における「徴用者」の人数は…たった245人だった。
・現在、日本に残留している朝鮮人は「自由意志」による残留である。(犯罪者を除く)

■まとめ
「徴用」や「徴兵」で日本に来た人は元々、僅かです。
「徴用」や「徴兵」によって「朝鮮の家族や友人や恋人から引き離された人」が、どうして日本に残るのですか?
家族に会いたくないのでしょうか?
200万人の内、140万人が終戦直後に帰国しています。
僅かな徴用者、徴兵者は、その時、帰国していると考えるのが当然です。
つまり日本に残った人は「家族で日本に移住して来た人」です。
つまり「自由意志」で日本に来て、「自由意志」で日本に残ったのです。

それなのに「強制連行された!戦後は帰りたくても帰れなかった!嫌々ながら住んでやってるんだ!」と叫んでいるのです。


441 :密入国ソース:2007/01/07(日) 03:49:23
大半、自由意思で居住
────────────
外務省、在日朝鮮人で発表
────────────
戦時徴用は245人


在日朝鮮人の北朝鮮帰還をめぐって韓国側などで「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、
いまでは不要になったため送還するのだ」との趣旨の中傷を行っているのに対し、外務省はこのほど「在日朝鮮人の引揚に関するいきさつ」について発表した。
これによれば在日朝鮮人の総数は約61万人だが、このうち戦時中に徴用労務者として日本に来た者は245人にすぎないとされている。主な内容は次の通り。
一、戦前(昭和14年に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前(昭和20年)には約200万人となった。
増加した100万人のうち、70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個別渡航者と、その間の出生によるものである。
残りの30万人は大部分、工鉱業、土木事業の募集に応じてきたもので、戦時中の国民徴用令による徴用労務者はごく少数である。
また、国民徴用令は日本内地では昭和14年7月に実施されたが、朝鮮への適用はさしひかえ、昭和19年9月に実施されており、朝鮮人徴用労務者が導入されたのは、翌年3月の下関-釜山間の運航が止るまでのわずか7ヶ月間だった。
一、終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引揚げで合計140万人が帰還したほか、
北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引揚計画で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していたもののうち75%が帰還している。
戦時中に来日した労務者、復員軍人、軍属などは日本内地になじみが薄いため終戦後、残留した者はごく少数である。
現在、登録されている在日朝鮮人は総計約61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、戦時中に徴用労務者としてきた者は245人にすぎず、
現在、日本に居住している物は犯罪者を除き、自由意思によって在留したものである。(1959年7月13日 朝日新聞)
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg


442 :密入国ソース:2007/01/07(日) 03:49:55

在日一世の八割以上は、上陸年不詳。つまり密航者。

法務省編 在留外国人統計(1974年度版)
http://sapporo.cool.ne.jp/rati_yurusan/gazou/zairyu_gaikokujin.htm
ビラのHPより
http://sapporo.cool.ne.jp/rati_yurusan/



戦前は、一大畜産地・済州島で牛の疫病が発生して生活難に陥った島民が、
当時 存在した済阪航路に乗って大阪に大量流入し、その後全国に広がった。
大阪や東京では7割ぐらいを同島出身者が占めていた。戦後も在日ネットワー
クを 頼って1970年頃まで韓国人の日本への密入国が続いた。
在日における済州島出身者の比率の異常な大きさと、朝鮮半島の総人口に占
める 同島民の比率の小ささを考えると、朝鮮総督府の土地調査事業で土地を
奪われた農民が、仕事を求めてやむなく来日したというのも嘘だとわかる。

今日の在日韓国・朝鮮人には、戦後の密入国者とその子孫がかなりの比率
を占めている。日本政府は、在日の永住権を巡る韓国政府との外交交渉で
密入国者に関しても寛大に扱った。

米国公文書の秘密文書を調査したブルース・カミングス・シカゴ大学教授
http://web.archive.org/web/20041010011826/http://www2.odn.ne.jp/~ccq47810/gaikokujinnno.html

在日一世のほとんどは、不法入国の犯罪者



443 :密入国ソース:2007/01/07(日) 03:50:27
もう黙ってはいられない
http://f25.aaa.livedoor.jp/~zflag/mirrors/md/index.html
戦後、在日韓国・朝鮮人は何をし、何と言ったか
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/D35.htm
三国人の不法行為
http://mirror.jijisama.org/sangokuzin.htm
強制連行のウソ
http://homepage3.nifty.com/yoshihito/hp-muen.htm
朝鮮兵について
http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/tyousenhei.html
99年5月256号ハンギョレ21
http://www.altasia.org/hangyore/hangyore99256.htm
私の村は地獄になった
http://plaza.rakuten.co.jp/kawamurakent/diary/200507140000/
日韓併合前後 朝鮮半島写真館
http://photo.jijisama.org/
マスコミが言えない韓国の話:在日朝鮮人
http://brain.exblog.jp/i4


444 :密入国ソース:2007/01/07(日) 03:51:36
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)




445 :密入国ソース:2007/01/07(日) 03:52:11
http://www.youtube.com/watch?v=nphQDygKRtQ
在日?朝鮮人労働者・戦時徴用は245人!朝日新聞報道




446 :密入国ソース:2007/01/07(日) 03:54:09
日本軍に、強制連行されて来たと言ってる 朝鮮人の 99.999 % は嘘つきであった ! 

 http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=58332 





447 :密入国ソース:2007/01/07(日) 03:55:04


第276回 [2006年7月14日]丸激トーク・オン・ディマンド
ゲスト:江川達也氏(漫画家)
http://tubech.com/test/read.cgi/soeHX9-Da9E/tag/1149244446/l50

宮台大先生「左翼はずっと嘘をついてきた」
http://www.youtube.com/watch?v=soeHX9-Da9E

宮台発言まとめ
・在日の多くが強制連行されたと言う主張は嘘
・実際は「日本で一旗あげよう」という目的で来たのが大半
・そういう事情のため、祖国では在日は差別される
・この在日強制連行説を吹聴したのは、サヨク連中
・在日も利権獲得のためにそれに乗った
・日教組がその強制連行説を広めるため、子供もそれを信じる
・でも、ある日「嘘じゃん」と気づく奴が出てきてバックラッシュが起きる




448 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 09:54:29
500 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2007/01/07(日) 03:28:40
『逃走論』は責任を問うことが自己目的化した新左翼(連合赤軍のリンチ、中核、革マル)
へのアンチテーゼとして書かれていたのであって単純に責任を負いたくない奴の言い訳とは
決め付けることはできない。逃走(ニゲル)は闘争(ノル)があってはじめて意味がある。
『構造と力』の最初のほうでも「<聖>の契機を欠いた<遊>は対象とかかわっていく
ダイナミズムを失い、モラトリアム期間内に局限された矮小な「レジャー」と堕す」
とあったことからも類推できるように、対象があって初めてその位置取り(闘争/逃走)
が可能なのであって、はじめから何もない、責任感のない奴にとっては言い訳のコレクションに
しか見えないという自己解題的な「踏み絵」的意味を持った本だった。

449 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 10:44:27
今日のサンデープロジェクト面白いな

田原の司会で、
全共闘とは何だったのか?

枡添、菅直人、沢田亜矢子、山本コータロー、吉永みちこ、





450 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 11:39:34
しかし、「全共闘」は一人も出ていない!

451 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 12:55:25
どんな内容だったの?
欠席裁判みたいになったのかな?

452 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 13:40:13
高野は全共闘だろう
本人は共産党系のキャップで700人組織だったとか言ってるが
実質はほぼ全共闘に等しいだろうな




そもそも全共闘について、全共闘のメンバーじゃなければ語れない
なんていう思い込みが一番ナンセンスでしょ

453 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 15:40:27
>452
「実質はほぼ全共闘に等しい」ってどういう意味?
高野は69年には全共闘に対して敵対的な新日和見主義派の日共でしょう?
弟(津村喬)は早大全共闘だったが。
問題は、どうして自称「全共闘」が一人も呼ばれないかということで
(せいぜい「悔いあらためた」奴ばかりで)、
全共闘でなければ全共闘を語れないということではない。
そりゃあ、誰だっていろんな角度から語っていいわけよ。



454 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 21:02:16
> 高野は69年には全共闘に対して敵対的な新日和見主義派の日共でしょう?
> 弟(津村喬)は早大全共闘だったが。

そんなオタ的な知識はどうでもいい。知らんでよろしい。

それじゃあ今日のサンデープロジェクトに過去全共闘内人間が来ていたら
何か違う話になったのか?
それは全くならないでしょう。全共闘内輪だったら例えば誰を呼べたのか?
宮崎学か?サカリュウか?
別に誰を呼んだところで今日の話と違ったものになるとは、とても思えない。
なぜなら、実質的なコードとして、彼ら同時代人の経験値というのは大体同じ話に
構造的に定位しうるのだし、現実には、高野や菅の持っていたコードの裏表の話に
還元できるのは、ほぼ明らかなのだし、早稲田の全共闘の体質なんか、ずっと上って
今の早稲田の左翼の体質と、それが違うものであるはずなんかないというのは、
もう簡単にわかるわけだ。
高野と高野が相手にしてたその外側と、何か細かい差異があったかのように
見せかけるようなものなら、それこそが詐欺行為でしょう。
早稲田だったら昔から今まで、カクマルあり民青ありノンセクトありで、その全体的な
構造なんか、変化しようもないもの。何も全共闘の時期に限って特別なものなんて
ありやしないわけだ。
全共闘の話をリアルに話させたかったら、ぶっちゃけ一水会の鈴木邦男の話を聞くぐらいで
もうsそこにあったものの本質把握なんか、簡単にできますよ。
同時代のコードというのは、そこで何処のポジションにいようと、結果的には
同質的に同じものとして、後から来た人間には伝えることはできるわけ。
残るのは、構造であって、個々の微細な妄念では、全くない。
そしてその時代の全体構造を指して、全共闘の季節というのであって。
番組の趣旨もそういうもなんだし、制作の態度から、それは別段間違いもない。
当然のことでしょ。

455 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 05:24:50
10代のやつのベタさ加減と元全共闘のベタさ加減のシンクロの高さの不気味さ
について。

456 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 09:32:09
高峯駆 = ミルプラトー

457 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 10:10:44
>>454
無知に居直るのはいくない。
無知を指摘されると、オタクだとパブロフの犬のように吼えるアホ。
宮学も全共闘ではないよ。高野の子分です。
鈴木邦男が当時ほとんど何も活動してないというのは、
右翼内では常識。批判もすでに出ている。
それで、どんな構造だかコードだかがわかるのかね。

458 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 10:30:15
要は、全共闘を自称する集団だからといって
そこに何か特筆に価するような特別な言い分があったのかどうか
正当な論理がありえたのかどうか?という問題でしょう。
そして実質的には、そんなものどうやらありえない
それは色んな角度から証明できますよ、簡単に
という話をしてるわけ。

実際、元全共闘とかいったところで、碌な人材なんかいやしない。
それは今の左翼にも碌な人材なんかいやしないということと
同じ理由によるもの。

459 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 10:41:13
全共闘を名乗り、自覚し、この人は真面目な活動をしていたから→
かの人物は全共闘の本質を理解してるのか?

そんなこと全くないわけだ。
本質を理解していることと、その活動に手を染めてることとは
別の次元の話。
むしろ中味のわかってない人間のほうが、活動としてはよく働きうる。
これは左翼でも宗教でも普通によくある話。

全共闘の批評をするためには、どのようなゲストをブッキングすればよいのか?
というのは、別に内にいたかどうかということは、さして重要ではない。
むしろジャーナリストとして、正しく情報を持ってる人に語らせるのが確実。
高野みたいなので、十分相対化はできるだろうな。

460 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 12:13:05
元全共闘にバカしか残ってないのは、実際にそれがバカだったから

ただそれだけのことですね

461 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 13:16:16
訳の分からない気取りで、わざと難解そうな文章を書く人はどうせみんなから捨てられる。
このことは、肝に銘じておいたほうがよい。
日本の知識業界は、長く1920年代からの、昭和初期の新カント学派と呼ばれる、「ドイツ哲学の学者達」の
悪弊に始まって、やたらと難解な文章を書くことが、偉い事だとだという巨大な思い違いをしている。
この病気は今でもなかなか治らない。本当は自分の頭が良く無いだけのくせに、やたらと、象徴語と、
ドイツ式観念語(本当は禅用語を無理やり当てはめただけ。観念とか本質とか根本とか意識とか。500語)を使いたがる。
読んでいる方はいやになる。こんな下手な誰も説得できないような文章を、苦しみながら書いてるとあとあと大変だろうな。
どうせ誰も読んで分かることは無いのだから。当たり前のことを、はっきりと書くことができない。
やたらとこねくり回してそれが「するどい批評になっていなければいけないと、勝手に思い込む。
副島隆彦「属国日本論を超えて」

(副島隆彦「今日のぼやき」2001.5.21より抜粋)
私の頭の中は、今でもこのように、雑然とした理解で成り立っている。生活実感で理解できないと「理解」と
いうのはそもそも成り立たない。私はもの書き言論人としては、素人さん(一般大衆)レベルでの実感での理解、
というのをものすごく重視する。わけの分らないことを書く人や、その文章を毛嫌いする。
このことは、私は、「オッカムの刃」 Occam’s razor と言う考えを自分の思考原理に置いているからだ。
全ての事柄(事象)を徹底的に明晰にしようとする 思考方法であるオッカムの刃 については、そのうち書く。
この日本語という限界言語によってでも、私は、明確なものをぎりぎりまで追究して、死んで行こうと思っている。
(抜粋おわり)


462 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 14:53:44
>>461
ゴミを否定したからといってダイアモンドを発掘したことにはならない

                                 かしこ



463 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 17:12:04
少なくともここで出てきた話の何処に

>訳の分からない気取りで、わざと難解そうな文章を書く人

がいたのか、さっぱり意味不明だろうw
>>453>>457が全共闘の本当に下らない細部に拘る
意味のない情報をちらつかせてきた。
それで全く論理的に勝ち目がないとわかると
こんどは、おまえら訳の「わからない難解な文章」を重宝てると来た。
そんな難しい文章を悪いが、おまえのような見るからに頭の悪そうな輩に
親切にもぶつけってやったものは一人もいないw
勘違い甚だしいんだよ。




少なくとも、全共闘の何だか知らないが、おまえのように無知にも無恥にも
開き直れる奴が、日本で何かをやれたような試しは全くない。
ゴミはゴミとして静かに社会の隅へと追いやられていっただけだ。
そんな亡霊に発言の機会など、テレビに必要にされることなどないな。

464 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 17:15:38
「元全共闘」、やっぱりアホすぎ

465 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 20:58:31
http://book.asahi.com/review/TKY200612260244.html
柄谷行人 関西に7年ほどいました。来年から東京に移転する準備をしています。

466 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 21:30:08
アナーキズム(=個別社会)は結局、正しくない。

行き着くところは、オウム的な集団が、結局のところアナーキズムだったということに
なってしまうからね。
佐藤優との対談でも言われていたように、アルカイーダはまさにアナーキズムだった。

しかしマルクスの場合、実際にはアナーキズムを否定していたことに、
もっと注目すべき。
マルクスはプルードンとの論争の中で、
アナーキズムを退けてコミュニズムを立ち上げようとしていた。
これがマルクスの本当のところですね。
そこの点に、もっと皆が気づかされるべき。

467 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 01:36:18
>>463その他
日本語さえかなりおかしいですが、いったい何が言いたいのかな。
自称ポスト団塊は、自分の無知をたなにあげた団塊叩きが生きがいのようで
(情報さえ粗末にして独りよがり)、
全く無内容でつね。ちなみに、おれは団塊に対して批判的でつが。



468 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 01:46:45
いいトシして、でつね とか でつが とか使ってんじゃねえよ(藁




とにかく確実にいえてることは
ここには「難解」にあたるような文章など最初から何一つなく
誰もそんな言葉使おうとしたこともないのに
わけのわからん全共闘妄想の独りよがりがやってきて
詰まらん因縁つけてるだけだろw








469 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 10:40:43
出常

470 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 12:02:16
今まで出てきた単語で一番難解だったのは        高峯駆

471 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 18:09:37
会合で、関井光男さんとお会いする。以前、岡崎乾二郎さんの関係で一度お会いしたこと
はあるが、話をするのはこれが初めて。

「NAMの精神」とか「公共性」などと関井さんが言う言葉の意味がぼくには気になった。ぼく
にとって公共性という言葉の意味はハッキリしている。それはひびのまことさんが言う意味
でのオープン・ミックス・パブリックのことだ(こちらをクリック)。が、関井さんにとって、公共
性とは何を意味しているのか。

関井さんは、海外から見たらNAMは存在しているが、海外からの問い合わせなどに応答
する態勢が出来ていない、などと言う。が、海外から見た過大なNAMの幻想、虚像に拘っ
てどうするというのか。ぼくたちの実態がこんなものである以上、それをごまかすことはでき
ないと思う。

『トランスクリティーク』の英訳がどうの、などと言うが、『トランスクリティーク』はNAM会員
総体が承認したNAM原理第2版とは相対的に別個のものだ。その理論的責任は、柄谷行
人に負ってもらうしかない。ぼくたちは自分が認めた方針や原則に従い、地道にこつこつ
運動をつくるだけだ。それ以上は欺瞞でしかないのではないか?



472 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 21:02:34
関井はこのままだと、まじで高峯駆 なっちゃうよ

473 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 22:12:40
> 柄谷行人 関西に7年ほどいました。来年から東京に移転する準備をしています。



引きこもりからの脱出なのか?




474 :ナゾの団体、10億円CM攻勢…全国紙の大半“制覇” :2007/01/10(水) 16:00:57
 数百万人の人生を変えたという本「パワー・フォー・リビング」を無料で進呈するという謎
めいたテレビCMが、先週末から大量に放送中だ。7日には全国紙の大半に全面広告が
出され、折込や雑誌広告にも大展開している。米国に本部を置く財団が世界各国で行って
きた巨大キャンペーンの一環で、ドイツでは「宗教色が濃すぎる」としてCMが放送中止と
なり、日本のテレビ局でも対応は二分している。秘密主義を貫く財団の正体とは?

 「10億円もの予算をかけて全国にスポットCMを大量に流す。日本ではまったく知られて
いない団体が、トヨタなどトップ企業と同レベルの広告費を投下すると、業界は騒然として
いる」(民放テレビ局営業)

 各局のCMを1カ月間ジャックし、新聞雑誌でも大展開するのは、米フロリダ州に本部を
置く「アーサーS・デモス財団」という団体だ。

 広告塔は敬虔(けいけん)なキリスト教徒の4人。プロ野球・北海道日本ハムのヒルマン
監督(44)、「久保田早紀」の名で「異邦人」をヒットさせた歌手の久米小百合さん(48)、
音楽ユニット「m−flo」のverbalさん(31)、フィギュアスケート選手のジャネット・リンさん
(53)。

 自らの宗教体験とともに、「パワー・フォー・リビング」という無料の本を勧め、取り寄せる
ための電話番号やホームページアドレスが表示される。

 実はこうしたキャンペーンは、これまで欧米でも行われてきた。米国では99年3月までの
半年間で大統領選のメディア戦略をしのぐ33億円余が投じられた。ヤンキースのペティット
投手や元ミスアメリカが本を勧めるCMは、CNNだけで1日50回流れ、「タイム」誌などの
各雑誌や地下鉄駅にも広告が掲出された。

 無宗教者のために83年に書かれた「パワー・フォー・リビング」英語版は、134ページの
冊子に例え話を織り交ぜ、「神はあなたを愛している」「人類は罪深い」「何人たりとも神を受
け入れねばならない」などと訴える。聖書を読むよう勧め、妊娠中絶や喫煙、同性愛には
反対の姿勢だ。


475 :聖書読め、中絶反対…キリスト教右派と関係深く :2007/01/10(水) 16:03:30
 01年末からはドイツでも英国人歌手、クリフ・リチャードさんらを起用して同様のキャンペ
ーンが行われたが、キリスト教右派的な教えや秘密主義、新興宗教とのかかわりなどで
批判が高まり、1カ月で放送禁止となった。

 同財団の創始者は、ダイレクトメールによる生命保険で財をなしたアーサーS・デモス氏。
1955年に設立し、79年に同氏が亡くなると妻のナンシー氏が代表を引き継いだ。毎年の
ように全米で慈善団体の上位に名を連ね、資産額は600億円とも。テレビ宣教師やキリス
ト教系組織、同性婚や妊娠中絶に反対する法律事務所などに多額の寄付を行っている。

 米国の宗教事情に詳しいある教授は、「キリスト教福音派の中でも、中絶反対や進化論
否定などを訴える右派と関係が深い財団。米国では福音派の保守的な価値観が盛り返し、
ブッシュ大統領の当選にも貢献した」と説明。さらに同財団について「本を頼んだ後にしつ
こく勧誘されるようなケースは聞いていないが、情報が遮断されている点はカルト的」とみる。

 99年にタイム誌記者が財団本部に電話取材すると、「われわれはカルトではないが、
自分たちの実態を話すことはできない」と回答され、「当財団には(自分たちを)PRすること
を望まなくなった経緯がある」とのFAXが送られてきた。財団関係者には、財団を称賛する
話を外部ですることすら禁じるなど、厳しい秘密保持が求められるという。



476 :考える名無しさん:2007/01/10(水) 16:04:15
 日本でも秘密主義は貫かれる。

 財団の住所とされる東京都港区南青山のビルの一室を訪ねても、呼び鈴に応答はない。
ビルの関係者は「複数の団体の連絡場所として使われている部屋。誰もいないことが多い」と話す。

 本の発送を頼むホームページに財団の連絡先はない。同様にコールセンターでもオペレ
ーターは財団や本の「情報を持ち合わせていない」うえ、センターの所在地も「お答えでき
ない」。マスコミ向けの電話窓口でも広告会社社員が「資料をお送りします」と応対するの
みで、財団とじかの接触はかなわなかった。

 謎に包まれたCMへの対応は、民放テレビのキー局でも二分している。「本の宣伝だと
聞いている。うちの規定には抵触しない」とするテレビ朝日、「NPO法人の活動報告をまと
めた本と聞いている。仮に宗教関係でも初詣CMなど勧誘の色彩がないものはOK」の
テレビ東京、そして日本テレビがCMを放送。一方で「総合的に判断」したフジ、「内規等に
基づいた考査判断」をしたTBSは見合わせている。

 前出の教授は「大々的に宣伝しても、キリスト教徒が少ない日本でどれだけ効果が上がる
か疑問だが、動向を見守る必要がある」と話している。 

477 :考える名無しさん:2007/01/10(水) 16:43:15
関本洋司さんに感じた一番の違和感は、ぼくは、柄谷行人『Qは終わ
った』のNAMホームページ掲載がNAM原理のその起草者自身による苛烈
な自己否定であり、NAMという運動体の「死」の体験だったと考える
が、関本さんはその「死」の体験をくぐり抜けていない、と思う点で
ある。大袈裟にいえば、Q-NAM紛争は一種の極限状況であり、個々人
のありようが問われる試練=テストだったと思うのだが、関本さんは
それをくぐり抜けていない、と感じる。例えば、田中正治さんが「NA
Mを再会しよう」と言いさえすればすぐにでもNAMが再会できる、な
どと言ったりするところにその感覚の差異を感じる。

ぼくが思うのは、NAM会員、Q-NAM会員は一種のマジック・ワードで思
考停止していた、ということだ。田口君も西部さんも指摘していたが
、柳原敏夫さんや杉原正浩さんの「揚棄」という言葉の使い方や、或
いはNAM会員全般の「契約」という概念の捉え方にその魔術的な思考
停止が窺える。「契約」という言葉が、批判的な知性の働きやラディ
カルな民主主義を抑圧するために使われてきた、というのがNAMの歴史
だ。柄谷行人自身が「自由な契約」という欺瞞の下で実質的には従属
と信仰を強いてきたのだが──精神分析と同型の欺瞞!──、Q-NAM会
員一人一人がそのような欺瞞を内面化し、自ら主体的に自由を放棄
し従属してきたのだ。

だから今こそ、「草の根的な思考と実践」の解放を、と強く言いた
い。お偉い評論家や学者の「知」に依存するのではなく、どんなに
拙いものであれ、個々人が自ら考え行為することの貴重さを思う。
体当たりでぶつかって体験し、血肉化することの必要を思う。


160 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)