5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

 他の生物と人間との決定的な相違点 

1 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 10:28:49
これを探索、発掘し、特別な意味をもたせてそれを生きるための糧とする

これが哲学である

ご意見をどうぞ

2 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 11:35:02
他の生物と人間との決定的な違い

[参考資料]
http://pic.to/pink.gazo-ch.net/bbs/27/img/200512/550933_jpg
http://plaza.img.jugem.jp/20050830_15368.jpg


3 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 12:01:59
おもしろいよ^^

4 :酸素ボンベ:2006/11/20(月) 13:24:43
二重構造の脳味噌
古脳は写真を見たら其処に其の物が有る(居る)という
反応をする様だが新脳が「いやいや写真でっせ」という
適応能力が上がり可能性が広がったと言う訳です

5 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 19:29:21 ?2BP(0)
天国に行きたいと思うのが人間

6 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 19:33:38
感覚的に捉えられないものを「ある」とするのが人間。

7 :考える名無しさん:2006/11/21(火) 09:50:12
下ネタで笑うのが人間

8 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 03:16:15
あげ

9 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 03:23:27
2でこたえがでてる

10 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 09:09:26
自己言及するのが人間。

11 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 09:11:27
智恵の実がある

12 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 09:35:20
      ____        
    /      \      
   /         ヽ    
   |  ^   ^     |  
   | .>ノ(、_, )ヽ、    /  
   | ! -=ニ=-  ′ 6 l  二足歩行
.   ヽ  `ニニ´    ,-′ 納得したろ?お?中卒 
     ヽ (((((( /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  |

13 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 14:01:33
神や仏をイメージする
考える脳をもつ(幸か不幸か?)
火を起こせる
物を作れる
オナニーできる
自殺できる


14 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 14:49:41
↑ 追加! 繁殖期がない(年中セックスする)

15 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 22:45:38
12>>
二足歩行は人間だけかお?

16 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 22:54:37
ニワトリって二足歩行じゃね?

17 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 16:48:32
鳥は皆二足歩行だわな

18 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 16:50:49
13の無知が酷い件

19 ::2006/11/26(日) 16:54:33
ちょっと考えてみたが「決定的な」となると難しいね。

火を扱える…ってのもチンパンジーに教えこめば出来そうだし。


20 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 16:55:52
特にない

21 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 17:11:48
誰もわかってないが、他の生物と人間との決定的な相違点は「言語」だよ。
そして、言語の使用による「勘違い」の生成なのだ。
他の生物にも鳴き声や無味無臭の物質を発生させて合図を送るなどがあるが言語はひと味違う。
では、言語は何が違うというのか?
ミルクが欲しくてオギャーと泣くことは乳児でもできる。この時点では「気持ち」を伝えるためだ。
言語の基本は自分の気持ちを伝えるためだ。表情やジェスチャーよりも複雑に伝えられる。
それで聞き手がそれを理解するには、日本語で話しかけるなら日本語を理解する相手でなければならない。
よく「わかる、わかる、その気持ち」とか言うが、実は本当に相手の気持ちをわかっていることにはならない。
実際、本当に相手の気持ちを理解するのは不可能だ。注射されてチクっとする痛みは
自分と他人で同じ痛みかと聞かれれば証明する方法はない。だが注射されたことがある人ならば
チクリとする痛みはわかる。ここで「わかる、わかる、その痛み」となる。
それは自分が経験したのと「同じ」痛みと解釈されるからだ。
実はこの「同じ」というところが重要なのだ。言語を媒介して
「同じ」「同じ」「同じ」を繰り返す。これが人間の「言語」であり
他の生物との決定的な相違点である。

22 ::2006/11/26(日) 17:14:09
というか進化の可能性も含めるとどうにも言えないよな。

現状で言えばとりあえず動物に高層ビルは立てられない。


23 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 21:34:45
>>21
文章の稚拙さはさておき、もう少し物事を深く考える癖をつけた方が良いよ。

24 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 13:00:30
>>18  (`・ω・´)
>>21 鳴き声で意思の疎通をはかるのは一種の言語では?

25 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 13:25:23
犬と猫の決定的な相違点は何なんだ。

26 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 13:31:51
>>25
マジレスすると、チンコの大きさ。
猫は10mmくらい。犬は10cmくらい。

27 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 14:00:31
うちのペットはメスなので犬か猫か分かりません ><


28 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 14:39:57
主観・客観の思考ができるかできないか、それが違い。

29 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 15:27:58
しかし、うちの猫は客観的な発言をしてきたぞ。

30 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 15:40:41
客観的思考って何?

31 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 16:31:10
自己への意識だよ

32 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 16:50:17
生物は生物からしか生まれないよね。
簡単な質問だけど。

33 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 12:46:23
>>28 正解!

34 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 13:50:09
動物は客観的思考ができないのか?

35 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 13:51:26
客観てなんだ?

36 :ブレン:2006/11/28(火) 14:46:03
人は花を愛する

37 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 14:56:22
簡単に言えば自己を客体化することだ。

38 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 18:40:23
他の生物は、それぞれ完成体
人間は余剰分が多すぎる
人間は、この余剰分だけ不完全


39 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 17:20:24
>>34 できない!

40 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 17:59:16
>>39にも出来ない件

41 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 18:06:09
ヒトは生物の一種であるが人間は生物ではない。

42 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2006/11/29(水) 18:15:15
人間だけが悪魔の糧となることができる。
人も含めたその他の生物は生命活動の役割を担っているにすぎない。

43 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2006/11/29(水) 18:26:21
人類が進歩してきた目的は人間が生命活動に依らない世界を実現する為である。
しかし人としての適性が高い種族は生まれ続け用済みであっても存在しつづける。

44 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2006/11/29(水) 18:32:15
マイメロたん(*´Д`)ハァハァ

45 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2006/11/29(水) 18:32:49
誤爆

46 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2006/11/29(水) 18:38:21
つまり私が言いたいのは完成されたはずのこの世界が必要のない要素を抱えていることである。

47 :28:2006/11/30(木) 16:05:42
>>35
例えば、ある強いサルがあるサルを殺したのを見て、他のサルは逃げだ
したとした場合、その逃げたサルは、"自分もやられる可能性がある"と
いう理由から逃げたのではなく、ただ怖いから逃げたのです。
つまり、思考に"自分"を含めないのが主観的思考。

客観・主観の考えを正しいとすると、このスレタイを思いつくかつかな
いかが、生物と人間の違いだとも言えるはずです。

(この主観・客観の考えは、このスレを見てすぐに思いついたものなので、
未完成だと思います。なので反論をお願いします)

48 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 23:21:08
>>21
では、生物間での言語では勘違いはないってこと?


49 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 23:35:55
>>47
妙に納得してしまったけど
「出来ない証明」は他にある?
難しい質問だけど。

50 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 23:39:42
>>47
というかそもそも猿の思考過程をどうやって知ったんだ?

51 :47:2006/12/01(金) 09:16:39
>>49
「死」の概念は理解できないはず。

>>50
"自分"を含んだ考えを持つことが出来るのなら、つまり、主観・客観を持つ事が出来るなら、自己嫌悪だとか自分に対する感情が発生する。となると、それなりの理性がつけば、サルの自殺もおかしくなくなる。


52 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 13:53:17
ゾウは鏡に映っているのが「自分」だと認識できるらしい


53 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 21:44:56
つ鏡象

54 :47:2006/12/03(日) 12:21:27
>>52
思考のはなしです。
認識は関係ありません。

55 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 17:30:09
纏めると↓

考える脳をもつ。
神や仏をイメージする。
火を起こせる。
物を作れる。
オナニーできる。
自殺できる。
繁殖期がない。
「死」の概念がある。
客観的思考ができる。


56 :47:2006/12/03(日) 17:45:06
>>55

>考える脳をもつ。
>物を作れる。
は確実に省ける

>神や仏をイメージする。
は、その「神」「仏」の定義が必要。
Godの直訳は神ではないので、そこのところも考える必要がある。




57 :透明人間:2006/12/03(日) 19:40:14
其の違いは悩みをもっていることである
・・・・悩みとは心である

58 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 12:24:42
>>56 物を作れる。→巣をつくる という様な意味ではなくて、
   人間は自然界に無い物を作るという意味ですよ。

59 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 14:11:45
動物の思考過程をあくまでも観察者としての人の立場からしか
考えられず、しかもそれは予測に過ぎない
また、動物側にたってもそれは同じ

つまり自己以外の思考を理解し得ないという点では人と動物は何ら変わり無い

よって人と動物の違いは人には定義できない

60 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 14:14:08
幸福の定義が全体の生存に反する

こんなもんだろ

61 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 16:36:57
>>59に反論できないんだが。

62 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 18:12:53
>>1他の生物と人間との決定的な相違点
植物は自然に任せ、動物は本能に任せ、人(ホモサピエンス)は欲望に任せ生きています。
そして、人(ホモサピエンス)が精神的に進化を果たすと、人と全ての間を保つ知能を備えた人間と呼べる生物に
成長するのですが、それはこれからの話しです。
つまり人類(ホモサピエンス)の社会に人はいるが人間は現れていない、ということです。
>>59
>つまり自己以外の思考を理解し得ないという点では人と動物は何ら変わり無い
自分達の住まう大切な地球の自然を食い荒らす人類は他の動植物に比較すると尤も下等な生物では、と思います。


63 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 19:44:39
>>62
宗教は他所でやってくださいwww

64 :47:2006/12/04(月) 20:45:20
>>58
>人間は自然界に無い物を作る
例えば何が?

>>59
>動物の思考過程をあくまでも観察者としての人の立場からしか
>考えられず、しかもそれは予測に過ぎない
と、いうのも予想の範囲ではないのでしょうか

>>62
その「人間」の定義ですが、きっとそれには綻びがあるはずです。

>自分達の住まう大切な地球の自然を食い荒らす人類は他の動植物に比較すると尤も下等な生物では、と思います。
自然を食うのは皆、同じ。
下等である理由はそれだけですか?


65 :59:2006/12/05(火) 00:50:00
>>64
つまりはそこだよ。そのことも予測の範囲にしか過ぎない。
だから断定しえない。加えて、反証のリスクすら背負っていない。

つまり偽なんだ。

66 :59:2006/12/05(火) 00:51:41
そして俺の予測は
>例えば、ある強いサルがあるサルを殺したのを見て、他のサルは逃げだ
>したとした場合、その逃げたサルは、"自分もやられる可能性がある"と
>いう理由から逃げたのではなく、ただ怖いから逃げたのです。
>つまり、思考に"自分"を含めないのが主観的思考。
こんな理由も何もない断定の元にたったそれこそ“主観的思考”よりはよっぽど現実味と可能性があるんだよ。


67 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 05:58:38
人間の特徴は物事を抽象化して思考できることだと思うけど。
人間以外の動物に、一つの森も、一本の木も、一匹の兎も、一輪の花も、みんな同じ「一」だということが理解できるんだろうか?

68 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 07:52:28
>>67
それは検証不可でありなおかつ反証のリスクも負っていない

69 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 08:35:41
ええと。
ここは人間とそれ以外の動物の差異を“科学的”に検証するスレなの?

70 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 11:09:06
一種の無限ループだね

71 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 12:15:49
人間は笑う!

>>64 人間は自然界に無い物を作る 例えば何が?→→→枚挙にいとまがない。

72 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 17:49:46
59でおしまいと思った俺は哲学的じゃないのか


73 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 17:59:30
59は猿が書き込んだんだろ

74 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 18:38:50
>>73
kwsk

75 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 18:42:56
いじめ(虐待、嫌がらせ)の原因は、100%いじめる側の「多様な(先天的障害を含む)個性を受け入れる寛容・包容力・忍耐力・思いやり・想像力・労り・慈愛」の欠如である
「いじめられる側にも原因が」という主張は、そう主張する人自身の「いじめたくなる原因」のすり替えであり、上述した己の欠陥から目を逸らすための口実・言い訳に過ぎない

「学校を何度変わってもいじめられるのは、いじめられる側に原因がある証拠」という理屈は通らない。何故なら「どの学校にも、異なる個性を認められず不平不満を上手く自己処理・表現できない未熟者がいること」が本当の原因だからである
「多数派だから正しい」という安直な誤謬を盲信して物事の本質・因果関係を見誤ってはならない

「いじめは人格に問題がある者を矯正する手段」は、人格に問題がある者がしばしば使う逃げ口上である
仮に何らかの欠点や落ち度があったとしても、その矯正法がいじめである必然性はない。寧ろいじめの目的はいじめる側の一方的な快楽・ストレス解消であり、更正どころか却って社会憎悪・人間不信を増しかねない

「他人を不快にさせるからいじめられて当然」も責任転嫁である。そもそも不快感の原因は「それを感じる人自身の持つ価値観・固定観念」であり、他人のせいにするのは筋違いである(いじめの報復も同様。下記リンク先参照)
従って、いじめる側をただ感情的に非難するだけに終わる人もまた「己の未熟さ」に気付かねばならない。安易な厳罰化や一時的な対処は、問題の陰湿化・冗長化を招くだけである

「どうせいじめは無くならない」と言う人は、名も無き人々の不断の努力によって人知れず解決している数多の実態を、まず知るべきである。大きく報道される事象だけが全てではない
また「いじめられる側を守ろう」とする行為は、いじめられる側の自尊心を害し、実態の表面化を妨げる。いじめられる側を助ける必要はない。真に救うべきは、愛に飢えているいじめる側である

以上を読んでも尚「いじめられる側にも原因が」と正当化する人は、結局「自分自身の非(心の狭さ・貧しさ)を認めたくない」のである

感情自己責任論
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1160797425/1-3

76 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 18:48:40
動物も夢精すんのかな?

77 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 18:49:59
ゴバクキテル?

78 :47:2006/12/05(火) 22:50:13
>>65
>つまり偽なんだ。
命題論理的にまとめたような書き方だけど、「予測」に過ぎない根拠があるの?
それに、あれだけで「偽」とするのは無理があると思う。

ここで、あなたの「予測」の意味について、私は「サルの思考が、『分かる』又は『分からない』のどちらかである」というように読みましたが、間違いがあればよろしくお願いします。


>>66
>こんな理由も何もない断定の元にたったそれこそ“主観的思考”よりはよっぽど現実味と可能性があるんだよ。
サルの脳の機能の一部を破壊し、その後の行動を観察することから、その思考を調べることで理解できないだろうか。
現実味?
まさか、そんなもので結論を出すとは、思いませんでした。
現実味、つまり大きく言えば、なじみのある物こそ正しい、ってわけですか?



79 :64:2006/12/05(火) 22:53:54
>>71
>枚挙にいとまがない。
それが答えですか?

80 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 23:05:35
>>58
蜜蜂の巣も蜜蜂が作らないと自然界に無い。
人間の場合とどう区別してるのか分からない。

81 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 23:09:07
>>68
カブト虫、カラス、チンパンジーにそれぞれ算数ドリルを
やらせてみて、ちゃんとできるヤツがいたら、反証として
発表します。

82 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 23:13:48
いくら脳を調べても、心と脳は繋がらないようだね?

83 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 23:15:48
現代人は意識してないけどデカルトの影響て
ものすごく大きいのかもしれない。

84 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 23:55:50
>>81
何とかなるでしょ。
心の最小単位は一次欲求だから。

85 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 12:26:40
>>79 ハイ! あなたの身の回りの物殆んど全てが……。 粘着で m(__)m

   

86 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 15:37:07
こんなん人間がどう定義するかってだけだろ
59のでおわり

87 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 16:43:21
猿必死だなw
もっと頭使えよ

88 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 16:48:16
ええと、これは「人間の定義」を問うているのだろうか。
それとも「定義による人間と、定義による他の生物との相違点」を問うているのか。

たとえば、「客観的思考ができて、感情もあるが生物学上は猿である生物」
がもしいたら、それは「人間である」のか、「人間と差のない猿」なのか。
ロボットでも同じことだが。

89 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 17:17:53
下等で有るが故に下等で有ることに気づかぬ人科のホモサピエンス、
現実を検証すれば気づくでしょ。

90 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 17:32:30
ヒトが他の生き物と決定的に違うのはヒトだけだヒトとの間に
生殖能力を持った子供を作れること。

これはヒト以外には絶対無理。

91 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 17:48:29
>>90
日本語でおk

>>89
現実の検証が人間によって行われる以上、それは決定的にはなりえないんだが

>>88
客観的思考、ってのがそもそも人間がかってに名づけた行動の一種なだけだろ。
だからいずれにしろ、このスレタイの問題解決は無理。
あくまでも人による人の定義、とかならまだできるかもしれんがな。

>>87
( ´,_ゝ`)

92 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 05:11:30
他の生物と人間との決定的な相違点は、善くも悪くも人間は意識的存在だとい
うこと。なぜかわからないがキリンさんだけが首が長くなり、タコイカさんだ
けがああいう形になったのと同じように、なぜかわからないが人間だけ頭がよ
く働くようになった。それにしたって宇宙的スケールで見ればゴキブリさんも
人間も似たようなものだろうけど、地球環境における生物的次元においては、
それが大変な格差を生むことになった。巨大な建物を造り、空を飛び、海の底
まで行けるようにした。がそれにしても、だからどうなんだと言われればそれ
までのこと。自分の誕生日を自分で決めることさえできず、一人だけ300才
500才まで生きた人という人もいない。人間の頭脳の産物はたいしたものだ
が、しかし総体としてみた場合にはそれほど動植物とかけ離れてるわけではな
いような気がする。多少その生涯に意味を持たせることができるようになり、
楽しむことができるようになったくらいのものだろう。

93 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 12:13:28
ひどい主観論ですねw

94 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 23:21:36
ガンダムを作れる可能性があるのは、今のところ人間だけです。

95 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 00:16:07
>>92
納得。 その通り!!(児玉清)

96 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 00:37:57
人間は料理する!
だから料理しないでゴロゴロしてるやつはブタな!

97 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 00:49:28
柴わんこの和の心

98 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 01:02:45
>>92=>>95
自演な上にツマランとは救いようがないw

99 :考える名無しさん:2006/12/10(日) 20:09:20
>>92
>なぜかわからないがキリンさんだけが首が長くなり、タコイカさんだ
>けがああいう形になったのと同じように、なぜかわからないが人間だけ頭がよ
>く働くようになった。
君はわからないようだが、進化論を知っていれば何とかなるでしょ。

>宇宙的スケールで見れば
その宇宙的スケールを考えたのは、ゴキブリさんと同じ人間なわけだ。

>自分の誕生日を自分で決めることさえできず
このスレに、誕生日は関係ない。

>人間の頭脳の産物はたいしたものだ
それが、動植物とかけ離れているのでは?

>多少その生涯に意味を持たせることができるようになり、
>楽しむことができるようになったくらいのものだろう。
それもまた、動植物とかけ離れているのでは?



結論
もっと考えろ。



100 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 10:41:55
>>93
2ちゃんは主観を述べるところですよ(*^ω^)
一般論しか語れないお方は発言なさらぬのがヨロシ

101 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 15:22:16
2ちゃんである前に哲学板であることを棚上げしようとするな

102 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 15:25:26
天才チンパンジーももちゃんと人間は同位

103 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 15:39:09
「ジャンケンポン」の発明。
この発明によって人類は、それぞれの存在を損なうことなく「勝ったり」「負けたり」
することが出来るようになったのであり、その意味で、自然の促す弱肉強食の因果律
独立することが、可能になったのである。

104 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 22:09:54
 動物は政府をもってないわけだ。マウンティングして、ハーレムを形成するけど、
ハーレム内では絶対的な地位を占めることにして、それ以上の広がりをもたない。
そうして、縄張り争いに負けると、出て行くだ、出ていかないだの話をしだすのだ
が。

105 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 22:34:53
>>103訂正
×因果律
○因果律から

106 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 20:35:13
てすと



107 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 21:44:52
人は文化を創り出す。

108 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 21:59:29
人間だけが自由を追い求めることができる。

109 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 22:35:06
人間は特別だと思っているか否か

110 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 23:22:47
哲学できるのが人間

111 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 23:29:00
つまり哲学できない馬鹿は人間ではないのですね

112 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 00:14:12
言語能力がある=自意識がある でいいか?

113 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 11:27:56
整合性を求める欲求の有無

114 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 17:10:11
子供の時(9才位まで)って、今が永遠に続いて自分が大人になるなんて
想像すらできなかった。
不思議だね

115 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 01:49:46
人間の主観で「他の生物と人間との決定的な相違点」について考えること。

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)