5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■スレッド立てるまでもない質問10@哲学板■

1 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 13:37:05
迷える哲学徒を照らす光となりますように。
スレッドを立てる前にここで聞いてください。

過疎板なので答えが遅くても気長に待ちましょう。
人名・用語について調べたい時はここで聞くよりも検索したほうが
速くて確実かと思われます。→google検索 http://www.google.com/

既存のスレッドを調べたい場合→スレ一覧でCtrl+F

前スレ
■スレッド立てるまでもない質問9@哲学板■
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1156744018/

過去ログ検索
にくちゃんねる 過去ログ墓場
http://makimo.to/2ch/index.html

2 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 13:48:36
やっと新スレ立ったか

3 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 14:13:18
■過去スレ一覧
1 http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1057254268/
2 http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1065938710/l50
3 http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1075099093/
4 http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1090455011/
5 http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1105531841/
6 http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1117313063/
7 http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1125387298/
8 http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1138091629/

4 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 15:41:03
>>1
立て乙

5 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 19:58:00
例えば「自分は他の人間よりも深く考えていて哲学的だ」と思ったとする。
それに対してもう一人の自分が即座に「それは驕りで哲学もかじっただけじゃないか」と反論する。
と、このような思考になることが多いのだが、もっと自己肯定した方がいいのか、
自己否定をある程度受け入れるべきなのか?

6 :ゾルレン:2006/12/11(月) 20:05:55
>>5
「自分が他人からどう見られたいのか」に興味があるならば
彼は真理を愛していない。

「われこそは哲学者だ」と名乗るのは自由だ。
しかし、真理を愛する者からはまったく相手にもされないだろう。
それでもなお「哲学者」と見られることを欲するならばそうすればいい。

7 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 21:56:49
>>5
評価という行為の構造に問題がないか?
名乗った者は、自分で、他人よりも自分の方が偉い、と宣言している。
答えた方は、いやおまえはえらくない、と断言する。
両者ともに、自分と他人を、自分の視点で、判断のふるいにかけている。
だから、真実は如何にと聞かれたとき、どちらの意見に味方しようと、どのみち大差ないわけだ。
全く違うやりかたは思いつかないのかい?
例えば、無知の知だとかみたいな?

8 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 02:48:09
>>5
先ず、「真理」が特定の個人に「所有」される、というが如き発想がとんでもない錯誤。反哲学的誤謬。
真理は、真理自身によってのみ開闢し、出来する。

9 :5:2006/12/12(火) 10:20:04
>>6 >>7 >>8
どうやら書き方が悪かったようだが、言いたかったのは自分の心の中で、
自己否定と自己肯定を繰り返すような思考の流れがあるが、
自己肯定を素直に受け入れた方がいいのか、謙虚であるべきかということ。
もう一つ例をあげれば「自分は正義感が強い良い人間だ」と思ったとする。
それをそのまま受け入れるか、「いや実は偽善的な人間かもしれない」
と思い直すか。どちらがいいかということ。
哲学的ではないかもしれないが・・・

10 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 12:28:35
何か大きな波でも興らねえかなあー。興らねーだろうなー今の若い日本人大勢での結びつきも祭りごとも嫌ってるからなあ。他人への不信、猜疑も激しいし。あーあ何かシラケちゃう

11 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 12:59:02
起こせばいいじゃん!10人も殺せば日本中祭りだぜ?

12 :サッカク:2006/12/12(火) 13:05:46
:サッカク:2006/11/26(日) 01:05:07
 いま・Now の、長さについて総覧・鳥瞰すると、答えは?



:サッカク:2006/11/26(日) 01:26:37
 今・Nowの、長さの具体例。

 コンピュータは、命令読みこみ、速さが、今・Nowだろうか?
 それとも、
 一つの命令を実行する、時間が、今・Nowの長さだろうか?
 それとも、それとも、
 何らかの入力インプットにたいして、動作アウトプットするまでが、今・Nowだろうか?



:サッカク:2006/12/06(水) 00:49:15
 結局? いま、現在の、長さって?? 誰も考えたことがないのでしょうか?
 いまと、言う時間はゼロ0ではないですよね? >ALL

 頭のいい人たちがいっぱいいるんですから教えてください。よろしくお願いします

 〜(=^v^=)


13 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 01:05:08
人間のあらゆる行為の目的の根底には
自己保存の欲求があると思うのですが、
なんでまた人間って自己保存しようとするのでしょうか?



14 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 01:36:54
>>13
人間ってそういうもんだからですよ。

15 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 21:55:49
>>13
生物の共通事項
本質、そういうプログラムだから

16 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 22:04:13
どうして新年は冬にあるんですか?

17 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 22:18:59
>>16
南半球なら新年は夏

18 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2006/12/24(日) 22:21:22
ゼロからのスタートだから。

19 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 04:35:07
質問だけど、自分ってなんだと思います?
A君にとってのA君、B君にとってのB君、あなたにとってのあなたはすべて「自分」と自称するが
なぜ今この瞬間の「自分」が「あなたにとってのあなた」のみなのか考えたことは無いですか。
なぜ「あなた」が60億人から選ばれたんだろ。
体の構造も能力も他人と変わらない。なのになぜ自分は60億人から選ばれたんだろ。
だれか、うまく説明してくれ。

20 :名無し@autn. sys. ◆pFYl6xGCTc :2006/12/25(月) 05:08:09
(1) ものごとを「私の世界」からとらえていくと、私の世界の中に、私自身(自己観察された自分)もいるが、Aくんや、Bくんもいることになる。

(2) ここで、私は、AくんやBくんが、少なくともある面で、自己観察された私自身と同じ構造を持っていることを理解できる。
さらに、私は、人間を抽象的にとらえ、こうした人間が「60億人」いるということをとらえることもできる。
以上のように考えれば、「どうして60億人の人間の中の私だけが私なのか」という問いはそもそも生まれてこない。

(3) ここで、話を逆にし、「60億人の人間に共通する構造があるという視点から出発して、その中に私がいる」というように考えると、
どうして60億人の人間の中の私だけが私なのかという疑問が生まれてくる。
(もともと、60億人の人間を「同じ」だととらえた出発点が、「自己観察された自分」だったということは分からなくなってしまう)

(4) 要するに、「60億人の人間に共通する構造がある」ということが、唯一絶対の「客観的視点」であり、その視点の中でしかものごとはとらえられなくなってしまうと、「私」が何なのかさっぱり分からない。
ところが、「60億人の人間に共通する構造がある」と考えているのが、私だという、視点の外側の視点に注目すれば、「私」の存在は明らかになるということ。

21 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 10:37:05
どうして遠くの物は小さく見えて
近くの物は大きく見えるんですか?

22 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 13:16:01
>>21
バカヤロ、テレビ近くで見てるのに遠くに見えたら紅白んとき困るべ

23 :19:2006/12/25(月) 16:26:04
>>20
>「60億人の人間に共通する構造がある」と考えているのが、私だという、視点の外側の視点に注目すれば、「私」の存在は明らかになるということ。

レスありがとうございます。
>>20さんの言葉を次のように解釈させていただきました。読解力がないゆえ、違ってたら教えてください。
すなわち「自分」は唯一絶対の神であり、他人の存在、自分の肉体ですら全て幻、または脳が存在を感じているだけ、ということでしょうか。
他人が自分と同じ構造、意識を持っているというのは、勝手な思い込みであると。

24 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 18:39:19
>>16
冬至関連
その日から昼が長くなる
暦の歴史を調べれば出てくると思う

25 :名無し@autn. sys. ◆pFYl6xGCTc :2006/12/25(月) 21:52:06
> 「自分」は唯一絶対の神であり、
> 他人の存在、自分の肉体ですら全て幻、
> または脳が存在を感じているだけ、ということでしょうか。
> 他人が自分と同じ構造、意識を持っているというのは、勝手な思い込みであると。

半分は合ってると言えば合っていますが、実は、最初の問いと同じ間違いを犯していると考えることもできると思います。

私が言っているのは、「私の世界」というのが、世界の一部とか幻とかではなく、世界そのものだということです。
別の言い方をすれば、「客観的世界」の中に「私の世界」があるわけではない。
私が生きている「私の世界」の中で、私は他の人とかかわり、「客観的世界」なるものを作り上げます。(このプロセスを思いっきり単純化して説明したのが、>>20の(1)-(2)です。)
しかし、それはあくまで「私の世界」の中の現象の一つだということを言っているわけです。

ところが、客観的世界の方を前提にして、上記の話や、>>20の話をとらえ返すと、>>23のような解釈になります。
実際、これに近いようなことを言っている人はたくさんいるでしょう。
これも一つの視点なので正しいと言えなくもないが、これだと結局、最初の問いに答えてないのではないでしょうか。私の本来の意図とはむしろ正反対ということです。

26 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 21:56:46
>>19
その問いには答えがありません。
答えがあるという人はうそつきです。

27 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 00:44:47
>>19
国語辞典で「分」を引いて考えましょう。

28 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 15:26:45
ここが適当か分かりませんが質問させてください。

観音菩薩と弥勒菩薩ではどちらのほうが格上なんでしょうか?
どちらもメジャー級のスーパー菩薩であることはわかるのですが。
如来のほうが上なのは知っています。

29 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 23:54:48
>>28
好きに決めていい
それで何の支障も無い

30 :考える名無しさん:2006/12/31(日) 00:13:36
おっぱいは真理ですか?

31 :考える名無しさん:2006/12/31(日) 06:19:03
須藤元気のスレはどこいったん?

32 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 09:56:24
Aの意味はB
ではBの意味は?Aという意味である

みたいに、意味が循環しちゃって意味不明になってしまうことをなんというのでしょうか?

33 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 17:42:38
怠け癖をなおす方法を教えてください

34 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 01:35:53
18世紀の啓蒙主義の中で大きく分けて4段階あると思うのですが、どなたかお分かりになりますか?
又は、それについて書かれているサイトとかはないでしょうか

35 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 08:24:32
平等を求めてるだけなのに嫉妬と言って貶されましたー
僕はルサンチマンに囚われてるんでしょうか

36 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 10:08:50

違います。
その僕に囚われているのがルサンチマンです。

37 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 11:09:17
>>34
カンブリア紀、石炭紀、三畳紀、白亜紀
の四段階と思われます。

38 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 23:32:37
なぜ思想家や芸術家は障害独身だった人が多いのか、
そのような事について書かれた本、またはそれについて考えるのにいい本はありませんか

39 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 01:48:35
>>38
そういうのは直感的にそう思っている人が多いとしても
あまり研究の対象になってないんじゃないか?

手順としては
・古今の思想家、芸術家を列挙する。
・伝記などから家庭の環境や生活の水準を書き加える
・独身者の割合を計算する
・割合が低い場合→独身かどうかはあんまり関係ないか、割合が高い場合→次へ
・割合が高い場合、因果関係の前後あるいは他の要因を考察する(独身主義だったから芸術を仕事にしたのかその逆か)
・思想家にある気質、いわゆる浮世離れした考えをすることと独身志向が関連していると結論する

こういう本ってあるのか。

40 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 22:02:08
哲学のために議論しているのか、
哲学で議論しているのか、是非教えて下さい

41 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 14:25:00
結局功利主義を発展させたものこそ、最終的な道徳哲学の基礎になるべきですよね?

42 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 15:56:51
>>32
トートロジー


>>34
ずいぶんと前に同じ質問をしてた人?
>18世紀の啓蒙主義の中で大きく分けて4段階あると思うのですが
まずこれの根拠を教えてほしい。

43 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 19:55:53
フランス革命には陰謀があると友人から聞いたんですが、
証拠がないと納得できません

陰謀はあったのでしょうか?

44 :誘導:2007/01/07(日) 19:59:46
>>43
板違い。こちらで聞いてね。
世界史板
http://academy4.2ch.net/whis/

45 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 11:20:38
信じる者は救われる。 (キリスト)
信じない者も救われる。 (法然・親鸞)

これって本当ですか?

46 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 14:07:17
>>45
嘘。

詳しくは
心と宗教@2ch掲示板
http://life8.2ch.net/psy/

47 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 14:48:35
そもそも「救われる」てなに?

48 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 18:26:50
>>47
信じてる者の信じる内容が実現すること。

49 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 18:40:54
今日もいつもと同じように俺の好きなアニメが放映された
すなわち、俺は救われた

50 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 18:49:41
「809」 副島隆彦の「ミネルバの梟(ふくろう)は夜、飛び立つ」論。
http://snsi-j.jp/boyakif/wd200611.html#2301

私が原著は12年前に書いた本である「決然たる政治学への道」(弓立社=ゆだちしゃ=刊、2002年)のP.174に、「本当は
学問の体系はこのようになっているの表」で、私は、はっきりと、「フィロソフィー(×哲学と訳すのは嫌いだ。知恵の学)と数学は、
神学(セオロジー、テオロジー)の下女、はしため である」そして、「サイエンス(ヨーロッパ近代学問)と、この神学が、大きく
闘うのである」と書いた。神学(セオロジー)は日本人には分からない。「神学論争」なる言葉は、日本語になっているが、その中身
を日本人で分かる者はいないだろう。そして、その下に、初級学問=下等学問としての、ヒューマニティーズ(人文、じんぶん、人間
の文字による記録、石碑、古文書の解読、文学部の世界)があるのだ、と書いている。 

「数学は、神学の下女」なのだ。これは、ヨーロッパの学問の体系の中では、はっきりしていることだ。数学は、決して自然科学(し
ぜんかかく、ナチュラル・サイエンス)には、所属しないのだ。ただ道具として多用される。 私、副島隆彦がこのように書いて、
まだ反論したり、何か異論を唱えることの出来る、日本人は、誰でもいいから、名乗りを挙げて出来てください。


51 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 18:55:25
>>48
信じる」を2回も使わないと説明できなかったんだから
では「信じる」を説明してもらおうか

  「信じる」てなに? なんのこと?



52 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 20:25:54
>>50
>数学は、決して自然科学(しぜんかかく、ナチュラル・サイエンス)には、所属しないのだ。

昔気質の(偏屈な)数学者に数学は自然科学だと言ったら怒るよ。
「白衣を着て飛んだり跳ねたりする肉体労働と一緒にするな!」って。
リンク先読んだけど、無茶苦茶。
数学者が読んだら爆笑するんじゃないの?↓

>しかし、√−3、(マイナス・ルート・3)は、存在しない。この世に実在(存在)しないものは実在(存在)しない。
>私たちの実感で分からない。実感できないものは、存在しないと断言しようと思う。

まるで1とか2とかの自然数は実在するような言い方だけれども、自然数だって定義からみれば「実感」出来ないしな。
なんか数学と物理学を混同してるし…

この人が何者かよく知らないけど、わざわざここにコピペした意図はなに?

53 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 15:01:02
意識とは?

54 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 23:31:43
こんちは。
大学の講義で教育哲学に関する論文を書くことになったんだけどお勧めの参考HPとかってあるかな?
見本にしたいから論文アップしてるとこあったら教えてくれると激しく助かる。

55 :考える名無しさん:2007/01/10(水) 10:46:17
ぴかぁ〜ってなんですか?
なんかの用語?暗号?

56 :考える名無しさん:2007/01/10(水) 11:01:18
>>55

この板に長らく生息するコテハンの名です。
一人でスレを独占していることがほとんどですが、哲学能力は高いといわれています。
最近はコテを変えた模様です。

57 :考える名無しさん:2007/01/10(水) 16:33:41
ベンサムとミルの刑罰理論が書いてある本の名前を教えてください。

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)