5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

みんなが幸せになる社会システムを考えようよ

1 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 01:39:15
どうしたらよい?

2 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 01:43:53
働くグループ、遊ぶグループに分けて定期的に交代する

3 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 01:44:38
みんなが幸せになる社会システムなんてあるわけないし、逆に危険だ。
みんなが幸せになることを阻害しない社会システムを考えることが大切だ。

4 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 01:45:09
幸せとはなんだろう。

5 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 01:52:48
人によって幸せの条件はバラバラ

6 :しろうと ◆AUSirOutoE :2006/12/16(土) 01:57:39
何らかの比較で上位に入ることで自己実現する
競争型の幸せを追求すると、「みんなが幸せ」は
事実レベルじゃなくて論理レベルで不可能ですね。

そこで市場競争自体は否定せずとも、それと
個人の幸福の尺度を切断すれば、比較的多数が
幸福になります。でも今度はその幸福は薄くなる。

それにそれって結局、大昔からの「隣人愛」のような事だし。
まあ色々考えても、やはり社会システムができるのは
有限資源の分配の最適化までだと思いますけどね。


7 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2006/12/16(土) 02:30:42
みんなが親子になればいい。

8 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2006/12/16(土) 02:35:31
大人とか子供は死刑ね。

9 ::2006/12/16(土) 04:07:04
おまえみたいなニートは死刑。生ごみ。

みんなが、↑みたいな働かないで幸せニートになるとしたら、
一瞬で日本は終わるね。

10 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2006/12/16(土) 04:19:49
おまえ鋭いなw

11 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 04:48:24
子供を作る事を禁止することだね

やがてみんないなくなって

みんな幸せになれる

12 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 05:00:27
非常に幼稚な発想で申し訳ないけれど、アリストテレスの時代は奴隷が労働していたように、
たとえばロボットが労働を代替することはできないものか。
俺はこのことと、不老不死技術が何時か実現するとを信じて自殺しないで生きてるくらいなんだが。
もちろんロボットどもも相当大規模な数になって管理製造は大変だろうけれど、技術がある程度高まれば
有志のみでの管理も可能ではないかと思う。

13 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 07:22:03
>>12
そんなことをしなくても、現代技術をもってすれば、
小指を動かすくらいに簡単に日々の食料を作れます。
でもそれで幸せかどうか。
人の形をさせて人の代わりをさせて、ようするに自分より下の人間が欲しいわけだ。

14 :第三の波平 ◆V8RGN/F1uY :2006/12/16(土) 09:27:04
幸せとはいろいろにとれますが、ひとつの案として、現実的により多くの人で実現可能なものとして、
生存が確保され、過剰に欲望が想起されず、ほどほどに充足する状態(中庸)と考えてみましょう。

科学技術が発達して現代で、生存を確保することはできるようになってきています。
それ以上に、過剰に欲望を想起されている、煽られている面が強いです。

欲望は始めからあるものでなく、状況の中で作られるものです。
それは、資本主義社会システムから来ている面が大きいですね。
現代では需要を想起し続けなければ、経済成長は維持されません。

この始まりが、フォーディズムと言われます。フォーディズムは大量生産だけでなく、
労働者を消費者とすることで、大量生産を可能にする大量消費を作りだしたと
言われています。現代ではさらに多様化しマーケティングに繋がります。

中庸を実現するためには、過剰な欲望の想起を抑制する必要があります。
「贅沢するな」ということではだめです。「贅沢するな」が欲望を想起してしまうからです。
過剰そのものをなくさなければなりません。

欲望は他者への欲望ですから、消費社会は他者への競争を煽ることで成り立っています。
自由と平等による自己の自立(自分探し)による他者との繋がりの分断と、
その疑心暗鬼による不安による欲望の想起の螺旋構造が、現代の資本主義社会です。


15 :第三の波平 ◆V8RGN/F1uY :2006/12/16(土) 09:44:38
とはいっても、資本主義的欲望の想起、経済成長を抑止すると、
大量の失業者の発生、あるいは国際競争に負けるなど、
大変なことになってしまいます。

その中でもボクが一つ気にしているのが、なぜ先進国では少子化し、
人口は減少するのか、ということです。
収入が低くて、多くの子供が作れない福祉政策の問題が言われますが、
むしろ貧しい国は多産です。
これは、豊かな社会になるほど、その社会の生活水準を一人の子供に
与えるためにコストがかかるためです。

当然ですが、豊かな社会ほど、一つにかかるコストが上昇します。
欲望がされるほどに、さらにコストがかさみ、自分を維持するのがいっぱいいっぱいで
扶養家族を養うどころではなくなる、ということでしょう。
そして高齢化し、少子化し、人口は減少する。

これは、ここ200年で爆発した資本主義的成長の抑止として働くのでは
ないでしょうか。経済学的に終わりなき成長の資本主義モデルという
定常状態から成熟期への遷移です。経済学では決して予測できないものです。

16 :第三の波平 ◆V8RGN/F1uY :2006/12/16(土) 10:12:30
高齢化社会はそれはそれで、経済の維持の面で異なった問題が
生まれるでしょう。顕著なのが年金問題のように、高齢者の福祉費を
どのように確保するのか。

欲望は他者への欲望ですから、幸せの基本はコミュニティの再生です。
現代の豊かさに裏付けられた自我の肥大は、コミュニティの帰属を嫌い、
過剰な欲望に充足を求めています。
これは矛盾しています。他者をもとめつつ、他者と離れる。
この矛盾が資本主義が終わりなき成長できる動力でしょう。


高齢者とは、若者よりも生物的に成熟し、どん欲さが減ることが考えられますが、
さらには死の近接、終わりを意識するということです。
老いは死に至る病と考えられますが、そこに悲惨さありません。
病による死とは異なり、受け入れる死です。

高齢者は若者よりも、欲望は想起されにくいのではないでしょうか。
物的量よりも、質に価値を求める。フィジカルよりプラトニック。
中庸に向かうことが期待されます。
中庸とは、適度な他者との関係の構築に行き着くのだと思います。

高齢者を美化しすぎでしょうか。

17 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 10:34:18
>>14-16
バランスが取れてる状態が一番幸せで、
社会は自己補整してバランスを取ってると言いたいのでしょうか。

どんなに社会が多様でも一様でも、平穏でも混乱していても、人々の感じる幸せは一定かもしれません。これは比べる対象があるからですが。

18 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 11:15:17
脳みそいじったらいい。
幸せ感じる時が人それぞれである以上
思考を統一することがまず必要!!

・・・
まずは「これ即ち幸せ!」をある程度規定しないと
考えようがないんじゃない?>>1


19 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 11:27:24
温かみがない人々が温かみをもってくれるのを望むしかない。博愛主義なさすぎ

20 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 11:47:44
思いついた。

今生きている人間は以下に成されることへ余計な口出しをせず
絶対的に協力する事を前提とする。
一、人間の思想にかかわるもの(書籍とか)をすべて消去する。
二、生まれてくる人間に徹底して偏った教育を施す。
三、考える暇を与えない。
四、つぅああぁぁぁあぁぁああxやっぱだめだあぁあぁ

がんばったけどムリだ。ムリ。ごめん。俺パスで。

21 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 12:40:25
>>12
>>13
んなもん当分無理。
たとえばロボットに完全自動でマグロ漁させてみろよ。

22 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 13:01:25
あっ、ぴかあだ!!!!!!!!!

23 :第三の波平 ◆V8RGN/F1uY :2006/12/16(土) 16:56:01
高齢化というメタファが示すのは、老練的なものでない。
老人は達観するはあまりに若者からみたイメージすぎる。
むしろ生理的な老化的なもののほうが良いだろうか。感受の速度、量の面で劣ってくる。
人々は老化し社会は成熟する。
このような人の成熟についてコジェーブの予測の一つがスノビズムである。
欲望の対象の飽和は反復の様式美へむかう。
もう一つは動物化。豊かで生理的な充足は欲望を消失させる。
老化は後者に近いだろうが、動物化において欲望を封じ込めるには終わりなき生理への刺激開発が欠かせない。
コジェーブが動物化をアメリカの高度成長期にみたように、活性化された消費資本主義に対応する。
この歴史の終焉論がフクヤマのリベラリズムの勝利宣言にむすびついたのはそのためである。
それがとどこうると欲望のバックラッシュが起こる。現代のネットや暴動などさまざまな「祭り」にみられる。
それに対して老化は生理そのもの減退であり、無理に欲望を封じ込めない。

24 :第三の波平 ◆V8RGN/F1uY :2006/12/16(土) 17:48:49
しかし人は老化するのだろうか。高齢化で生理の感度がにぶっても、欲望の次元、すなわち他者への感度は鈍るとは限らない。
現に豊かさのなかでストレス社会といわれるように他者との関係が浮上している。
現代の動物化はコジェーブの考えた幸福なイメージよりむしろ他者回避する逃げであり、他者が浮上していることの反面の傾向が強い。
ここに資本主義における生理への物理的な充足という終わりなき脅迫の限界があるようにおもう。
高齢化、人口減少社会という傾向のなかで、老化に対応したシステムの模索がひつようだろう。


25 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 18:08:40
第三の波平(ぴか〜)よおめー相変わらずだな

26 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 18:48:30
おまえら葉っぱでもやって寝てろ

27 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 21:30:58
悪い国をやっつけて人々を解放するのだ。

28 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 22:03:56
まあ、1は自分が不幸せだからこのスレたてんだろねw

29 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 22:18:31
生涯に愛する人を一人だけ持っていること。

同性愛の習慣が広まっていること。

道徳は全く説明や見返りなく行われていること。

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)