5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自尊心を高めるための具体的方法

1 : :03/03/29 02:20
教えてチョ。自尊心が低いためメンヘル板には逝けません。

464 :没個性化されたレス↓:2006/12/23(土) 05:06:10
>455
俺は自分のことを言ったわけじゃない。
一般論を言っただけだ。
お前の言っていることは何の解決策でもない
空論なんだよ。だからえらそうなこと言わずに
自己満足してればいいじゃないかw


465 :没個性化されたレス↓:2006/12/23(土) 10:47:49
>>463
そのとき、認知の歪みが解消していないと、
「こんなちょっとの進歩なんて進歩のうちに入らない」
「たった一ページじゃなくてもっとたくさん出来なきゃ意味が無い」
などの完璧主義にとらわれて芽生えた自信を破壊したり、

「どうせまたやらなくなってしまうんだ」
などの否定的予測をして習慣化を阻害したり、

何かの障害で数日やれなくなったら
「いままでの努力は無に帰した」(完璧主義)
「やっぱりやめてしまった、これからも出来やしない、もう終わりだ」(破局的思考)
「私は三日坊主の怠け者だ、だから私には無理なんだ」(ラベリング)
(他に成し得た事はあるのに)「最後まで続けたことなどありやしない」(心のフィルター)
と考えて、完全な挫折と決め付け諦めてしまう。

もしこのような認知の歪みがあるなら、先にそれを解消するほうが早道かもしれない。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1159784491/

466 :没個性化されたレス↓:2006/12/23(土) 10:57:26
>>455,>>464
空論と言うか、プロヴォーカーですな。
親にそう言われて育ったのかも。

自信をつけるには、短期的ではなく長期的に努力を積み上げられたほうがいい。
短期的即効的に人を行動に駆り立てるためには脅し・恐怖は有効だが、
長期的には疲れてしまう上、
既に脅しに疲れ、諦め、自信を失っている者には…逆効果かも。

長期的な動機付けに向いているのは、しない事による負の結果への恐れではなく、
する事による正の結果への期待・する事自体を楽しむ態度
ではないでしょうか。

467 :没個性化されたレス↓:2006/12/23(土) 12:01:08
ある患者に「あなたは何に対しても結果が出ないと意味がないと感じているようです。
そして、いつも自分は駄目だと感じているようですね。
しかし、結果が重要なのではなくて、そのプロセスの方がずっと重要なのですよ。
たとえば、あなたがやっている手芸の趣味で、思った通りにできなくなると放り投げてしまって落ち込むけど、
手芸は作る過程が楽しいのではないですか?」と述べたところ、急に激怒し、
「そんな価値観は私には受け入れられません!」と席を立ってしまった。
しかし、次の面接で、「先生の話があまりにも衝撃的だったので、取り乱してしまいました。
たしかに私は今まで結果しか見てこなかったと思います。
プロセスの方がずっと重要な中身だなんて考えもしませんでした」と述べたことは印象的であった。
「内的価値とは自分にとってだけ意味があって重要なもので、
人がどう思われるかは重要なことではないと分かって、もっと健康になろうと考えることにしました」と述べた。
ttp://www.studio.co.jp/ichihashi/doctor2.html

468 :424:2006/12/23(土) 14:06:52
>>429
>>この分析はほとんど不可能である事は容易に分かります。
>この見解は424さんのものと思いますが、
>>文章完成法がどういうモノか知りませんが、
>という状態でこれが導き出せる秘訣のようなものはありますでしょうか。

>>424
で書いた「この分析」とは「文章完成法」の事を指しているのではなく、
「自己分析」の事を指しています。
誤解を招く書き方だったかもしれませんが、私はそういうつもりで書きました。
言いたかった事は「自己分析はほとんど不可能である事は容易に分る。」という事です。

ですから、「文章完成法」が有効かどうかについては私には判断できません。
ただ言えるのは、自分を分析するには他者の助けが必要だという事です。





469 :没個性化されたレス↓:2006/12/23(土) 15:37:04
>>459
判断が誤りかどうか? あるいは正しいのか?
それ自体はさほど重要ではない。
より大切なことは、その判断に「引きずられない」こと。

人が心理的問題を抱えるのは、中途半端にその問題感情・気分を反復するから。
>>445の原理は、どんな感情も「飽きるほど繰り返せば飽きる」という
人間の自然な性向を利用するもの。

>>458
半端な実践は問題を強化する可能性があることを否定できない。
本当に飽きるまで一気にやれるならいいが、
日常生活ではさまざまに邪魔が入るためにその感情を味わいきれない。
だからこそ日常的にはうまく解消できず、そのために困ってる人がたくさんいるわけで。

したがって実践では、沸き起こる感情にただ巻き込まれるに任せるのではなく、
一定の意図的介入を行う。

470 :没個性化されたレス↓:2006/12/23(土) 18:17:15
>>432
> 分析に対する抵抗が問題なのはその通りだと思いますが、抵抗をするという事は
> それを見たくないという事です。見たくないという事はそれを抑圧しているという事です。
ここまではわかります。

> そして、抑圧している部分が自分の盲点になるのだと思います。
なぜ抑圧している部分が盲点なのでしょうか?その理由がかかれていませんね。

471 :没個性化されたレス↓:2006/12/23(土) 18:24:09
>>468
> 言いたかった事は「自己分析はほとんど不可能である事は容易に分る。」という事です。

> ですから、「文章完成法」が有効かどうかについては私には判断できません。

文章完成法は自己分析する方法のひとつです。自己分析が不可能だということはその方法である文章完成法も不可能だということになります。
自己分析のひとつである文章完成法を知らないなら自己分析は不可能だという権利はないのではないでしょうか?

472 :没個性化されたレス↓:2006/12/23(土) 22:37:08
>>470
それを見る事が自分にとって都合が悪いからそれを抑圧しているのですから
当人はそれを抑圧しているという事実を知りません。
ですから、それを抑圧している事が当人にとって盲点になっています。

そういう意味です。

473 :没個性化されたレス↓:2006/12/24(日) 00:08:15
>>472
だから理由になってないって…。

474 :没個性化されたレス↓:2006/12/24(日) 14:57:36
>>469
>> どんな感情も「飽きるほど繰り返せば飽きる」
という性向が一般であると信じられません。

認知のしかたによっては非常に長期間、問題感情・気分になり続けることもあるのでは?
一定の意図的介入を自分自身で出来るほど浅い気分ならいいんでしょうけど。

475 :没個性化されたレス↓:2006/12/24(日) 17:18:04
>>474
どんなに感動的な作品も、何百回も繰り返し鑑賞すれば飽きるでしょ?
だけど普通は、何百回も繰り返すこと自体がないよね?
普通は、繰り返し見るといっても間をおいてせいぜい十回前後じゃない?
さらに、ほんの数秒間の特定の場面だけを1時間もぶっ続けに繰り返すことってあるかな?

スパイ養成の訓練にも、たとえば残酷な写真をひたすら繰り返して見せることで、
諜報員の心理的反応を消去するというトレーニングがあるそうな。

肝心なのは、日常的な散漫な意識で繰り返さないこと。
今、これだけをやるんだ! という決意。
解決するためにその問題を直視するという決意。
この決意を最初に持つことが、最初の意図的介入。

ついで、問題感情を一回表現するたびに、身体的な動作を行う。
例えば、左右を見る、なんらかのメモを読む。特定の形に腕を振るといった動作を
逐次挿入する。これが意図的介入。こういうプロセスをあらかじめ決めておき、
決めたとおりに実行することで、問題感情の反復を自覚的にコントロールする。

こうして書いてくると、たとえばEMDRとかも同じような理屈かもね。
スリーインワンにも、視点移動を使う同様な手法があった気がする。
リサーフェシングという本にある「和解のために歩く」という練習が、
わりに手順が整理されていて個人的にお勧めなんだけど、今、
アマゾンで検索したら該当なしだった。以前書店で見たことあったと思ったんだが。

注)
リサーフェシングは、アバターコースという自己開発セミナーが出している教本で、
このセミナーは2chで非常に評判が悪い。
マルチビジネスであるとかトレーナーが無能だとか。
でも「和解のために歩く」という実習については評判がよかったようだ。

476 :没個性化されたレス↓:2006/12/24(日) 17:32:32
>>471
自己分析とは自分で自分の精神を分析する事でしょう?
分析する能力もその人の才能によるので一概には言えないかもしれませんが、
たとえ能力があったとしても、独力で自分を深く分析するのはかなり困難だと思います。
自己を分析しているつもりでも、自分の抑圧体制を強めているだけであったり、
自己弁護や自己正当化を繰り返していするだけだったりするのではないでしょうか。

自分を分析するには他者の助けが必要です。他者の助けを借りればもっと先まで分析できるでしょう。
だから、自己分析するにも、例えば、自分の行動に対する他者の反応を判断材料にして
自分の無意識を探るなどして他者の助けを借りるような方法を考えなければならないでしょう。

「文章完成法」という自己分析が、他者の助けを借りる形の分析方法なら、少しは自分の分析に
役立つかも知れません。

477 :没個性化されたレス↓:2006/12/24(日) 19:07:03
>>476
盲点と欠点の話はどうなったの?

478 :没個性化されたレス↓:2006/12/24(日) 19:14:16
>>475
「見れば見るほど新しい発見がある」などといって、ある名画を何十年も飽きずに見続ける人がいるように、
普通は飽きるはずのものが、捉え方によっては飽きない可能性があるのでは?

うつ病の人なんか、いくらでも飽きずに落ち込んだ気分になって、それが次第に深まって、自殺とかしちゃうでしょ。

479 :没個性化されたレス↓:2006/12/24(日) 19:26:46
>>331
鏡で行う自己受容をときどきやっているんですが、日常で自分の欠点を意識しないといけない場面になると落ち込んでしまってなにもかもどうでもよく感じたりします。
これはまだ自己受容できてない証拠なんでしょうか?

480 :没個性化されたレス↓:2006/12/24(日) 20:51:24
>>478
できれば、実際に追試をしてからの意見を聞きたいね。
論理上の「そうならない可能性」をあげつらうだけなら、
「そうなる可能性」をあげつらうことと差はない。ベクトルが違うだけ。

俺は>>439の指摘に対して、自分の経験を踏まえて答えてる。
実際に効果があったからね。

うつ病に効果があるかとか、医学的検証をしてくれるんならむしろありがたいが、
論理上万全でないから無効かも、というような、議論のための議論を続ける気はない。
実践してみて、ダメだと思えば次を探して試せばいい。
生きるってそういうことでしょ。

名画鑑賞の例については、本人がそういうフィルターをかけ続けているからでは?
「名画を鑑賞するぞ」「この行為から喜びを引き出すぞ」みたいな。
喜びを感じることは不快なことではないから、何とかしたいとか考えない。
それを「この絵のアラ探しするぞ」とか「真贋鑑定するぞ」といったフィルターに
変更したら、その人は、どんな感想を持つのかな。

あるいは同じ絵を見て、「この画家はむかし、俺の彼女をレイプしやがった」
みたいな怒りを燃やす人もいるかもしれない。
そういう人は、その絵を見るたびに不快感を感じるだろう。
どっちが正しいんだろう? 別にどっちが正しいかなんてないよな。

いうまでもなく、人は同じものを見ても同じように感じるわけではないし、
同じ人でも、時と場合で違う感想を持つこともあるわけで、
それを意図的に行うことができれば便利だよね。
そのための方法論でもあるわけで。

481 :没個性化されたレス↓:2006/12/24(日) 21:18:16
>>478
端的にいうならば、
「飽きないように繰り返していれば飽きないだろう」
「強化するように繰り返していれば強化されるだろう」

そして
「飽きるように繰り返せば飽きるだろう」

単に「繰り返す」といっても、その実際のプロセスは単一ではないということだね。
注意深く切り分ける必要があるな。

ここに書き込んで意見を交わすことで、予想外の視点を得られた。
やはり情報は発信するべきなんだな。
オートクラインの効果ってたしかに無視できないね。

482 :没個性化されたレス↓:2006/12/25(月) 19:00:04
>>473
見えない所が盲点だというのでは説明になっていませんか?
どの部分の理由が知りたいのですか?出来れば詳しくお書きください。

483 :331:2006/12/26(火) 01:44:48
>>479
自己受容できていない証拠だと思います。

その場合、たとえば、「鏡で行う自己受容は自分には難しい」ことを受け容れることができるでしょうか。
これも困難でしたら、「『鏡で行う自己受容は自分には難しい』ということを受け容れることは難しい」ことを受け容れてみてください。
ややこしいですが、この辺のやり方はくだんの本の85頁あたりから説明されています。
 おそらく479さんは始められたばかりと思いますので、1つのことはある程度やってみてどのようなことなのかわかる程度でとばして先にいってもよいと思います。
やっていて気分が落ち込んでしまうということも1つのフィードバックでしょう。
そこをクリアーしないと先に進んではいけないということはありませんので、やりやすいところからやってみるのも良いと思います。
自尊心が持ち上がってきますと以前できなかったところができるようになるものです。

ひととおり、全部のエクササイズに1回づつ挑戦なさってみて、最初に戻ってみるのも良いと思います。
そうしますと、だんだん慣れてくることもありますし、やること自体に自信がでてくると思います。

484 :331:2006/12/26(火) 01:48:08
>>465
わたしも、個人的な目標設定をしてそれに対する「実践的なアプローチ」と、
文章完成法のような「心理学的アプローチ」の両方を採ることが良いように思います。

個人的な目標設定と同様に、どのような「心理学的アプローチ」がご自身に対して有効か分かることは
大きな力となると思います。
「認知行動療法」が465さんに合っていると感じられたのでしたら、それが大きな力となるものと思います。


485 :没個性化されたレス↓:2006/12/26(火) 03:10:44
>>481
その「ように」こそが重要であって強調すべきところであるわけなのだが。
気分障害の臨床心理では認知が感情に影響を与えるってあるじゃないか。
上記の説明にはそれが明記してないので危険。
個人体験を万人に通用するかのごとく書くと
余計こじらせたメンヘルさんに謝罪と賠償を請求されちゃいますよ

486 :没個性化されたレス↓:2006/12/26(火) 22:05:53
>>485
その「ように」を自覚的にコントロールするために「意図的介入」をするんだけども。

たしかに俺の経験則であるから、効果を万人に保証できないことも当然だけど、
そもそも俺は他人の人生に責任を負う気もない。

俺の経験則から言えるのは、人はまさしく、
自身の感情を自身で選択してるということだから。

俺は、メンヘルとか呼ばれる人々が、どんな問題を抱えているのかよく知らないし、
さして興味もない。だって他人だし。
(要するに、自分の抱えてる問題を他人ごとのように感じられたら、すごい楽になるけどね。)

わざわざ苦しい感情・行動を選択した理由が、
それこそ生まれつきなのか、たまたま学習しそこねたのか、それとも単なる選択ミスなのか、
そこに心理学的あるいは生理学的に、確定的な定説があるのかも知らない。
おそらくないんだろうと思う。仮説はあるにしても。
メカニズムへの興味はもちろんあるけど。

>認知が感情に影響を与える

だからこそ、「不都合な認知」を自覚的にコントロールしようとするんでないの?
心理療法とかセラピーとかって、結局、そういうことでしょ?
その実践サンプルとして、俺なりの知見を書いてるんで。

それを試して問題が出るかも知れないが、
その場合の責任はどうするんだ? とか言われるんなら、
そもそも自己責任という感覚のない奴は何もせずに引きこもっていればいいじゃん?
としか思わない。
だって何をするにせよ、うまくいかなければそれは他人のせいだって叫ぶんなら、
そんな奴の人生なんて知ったこっちゃないね。

487 :没個性化されたレス↓:2006/12/26(火) 22:24:46
486はどんなやつの人生だってしったこっちゃないんじゃないのか?だからなにというわけではないが。

488 :没個性化されたレス↓:2006/12/26(火) 22:40:14
>>486
インフォームド・コンセントをありがとうございました。。

489 :没個性化されたレス↓:2006/12/26(火) 22:41:28
>>487
他人の話に熱くなる場合と、「ふーんそれで?」って場合がない?
心の中の何がその反応を分けるんだろうね。

それを「認知」というキーワード一言で済ますのもいいけど、
それだけでは先に進まないと思う。

490 :没個性化されたレス↓:2006/12/29(金) 10:35:21
ageます

491 :没個性化されたレス↓:2006/12/31(日) 20:24:46
コア・トランスフォーメーションもいいよ。一日一個ずつやっていけば
一ヵ月後くらいには調子がいいよ。自己評価が高くなると本にも書い
てある。

492 :没個性化されたレス↓:2006/12/31(日) 20:35:01

ごめんなさい、この子ちょっとおかしいんです
         _ --――- _         ..--‐‐‐‐‐‐‐‐---..,
       /          `ー 、   /:ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)
       /          _ ィ ス::. ヽ  |::::/          ヽヽ
      /   、    , ィ'_´,.ィ´  ヽ:::.ヽ .|:::ヽ  ........   ........ /:::|
    { :.   ヾ、-、/__,.ノ〉  r 、_l::::::! |::/    )  (    \:|
    ∧ :::.  .::::〉'` __  ̄´   ` ーl::::!〈 ,i  -=; ‘ =‐ ‐= ‘ ;=- |6)
   / ∧:::: |.::::/ -r'てハ`     ,z=、 !/ ヘ|  'ー-‐'   ヽ-ー'  |/     心離の教授って
.  / / />!:::l  ´ !:っ'ソ    lし! |,イ  |   /(_,、_,、_)\  |     あまりいい大学
  / ,'  ,' ! ヘヽ{   ´ ̄     、ヒリ レハ  |  /-‐ ̄ 二ニヽ\. |     出てない・・・モゴモゴ
. /     ヽ 'ー  / / /     ′//!ノ   l /    -―= く  l
/       `Tヽ_    ,〜 -‐ァ /     /     -‐ , ‐´ /
       .:::/   ヽ、 `ー‐ '´/     r'‐ 、  ,. -‐'´「  /|:\
     .::/ /       ヽ‐- ´|     - / ̄ヽヽ,イ    ̄ ̄ ./:::::::::::::  
    .:::/ !  _    ヽ_:::::::l     /    ヽ〉


493 :没個性化されたレス↓:2007/01/01(月) 13:56:10
>>331
文章完成法をすることで、自分の弱点を知ることができるということは納得いかないでもないですが、なぜ自尊心が上がるんですか?その原理を教えて下さい。

それと>>449で何をおっしゃりたかったんですか?

494 :没個性化されたレス↓:2007/01/01(月) 14:16:42
それと>>463は本当に331さんが書いたものですか?

495 :331:2007/01/01(月) 17:47:21
>>493
文章完成法で自分の弱点が分かることはあるのですが、元の目標は自尊心の向上です。
精密なメカニズムにつきましては、分かりませんが、まじめにやりますと、自尊心が持ち上がったと感じられましたので、
「それでよし」としております。
他のことでも言えるのですが、自分で「やる」と決めたことを実際に実践することで自尊心はあがるものです。
成功の法則や心理学が詳しくても生活がよくなったり、自尊心がほとんど変わらないとしましたら、
それは実践していないことが原因です。
ナサニエル・ブランデンの文章完成法は自分自身についての気づきや許可などをして阻害されているところを
解いたりなどができることによって行動力がえられることもあるようです。
 ある成功本に「焦点」を作るのに威力を発揮するのは「質問」とありましたが、
自分自身に対して質問を出す訓練にもなると思いますので、個人的にはオススメなのです。
ただし、読むだけではなく、エクササイズをできるだけ丁寧にやってみないと効果は薄いと思います。
おおざっぱに言いますと心理面を矯正することで、自尊心を回復するのに良いと思います。

これに対しまして、多くの成功本は実践することによって自尊心が後でついてくる形と思います。

496 :331:2007/01/01(月) 17:51:37
>>449
は息抜きのつもりもあるのですが、自分の気持ちを正直に述べているシーンと思いました。
文章完成法は尋問されるのとは違うのですが、「質問」が与えられることによって
自分では普段アクセスしない潜在意識の奥にあるらしい?記憶に触れることができるというような
ことのちょっとした見本のように感じましたのでいかがでしょうか?といったところです。

497 :331:2007/01/01(月) 17:54:13
>>463
>>462の後ろのほうで誤字がありましたので、訂正させていただきました。
そのころは年末で忙しく、睡眠時間が3時間無かったように思います。
ボケていたと思います。

498 :331:2007/01/01(月) 18:38:17
>>493
趣旨からははずれていまいますが、
本、セミナー、カウンセラー、催眠療法士、精神科を利用することが考えられると思いますが、
どの方法が良いでしょうか?
●本
 費用が少ない
 一人でできるので好きなときにでき、いくらでもできる。

●セミナー
 費用がかかる
 他の人と意見交換ができる
 やり方が分からないとき質問ができる
 時間的に自由ではない

●カウンセラー
 費用がかかる
 一対一なので精密に診断できる
 セミナーより時間的自由がある
 良い効果を上げるには相手を信頼する必要がある

●催眠療法士
 費用がかかる
 催眠に入れれば効果が大きいかもしれない
 催眠に入れれば他に良い効果が期待できる



499 :331:2007/01/01(月) 18:39:24
●精神科
 健康保険が使える
 心理学の専門家ではあるが、あまり熱心に話を聞いてくれないかもしれない
 薬品に頼ることが多い
 ひどい鬱状態になった場合などは入院できる

心理面からの改善には以上のような方法があると思いますが、実際のところ実践なさってみないことには
分からないというのが本当と思います。
もし手始めにとお考えでしたら、やはり本の内容に沿って実践されてみることが良いように思います。
ナサニエル・ブランデンの「自信を育てる心理学」に関しましても専門的な理論に基づいているとは思いますが、
正直なところわたしの頭では分かりかねます。
理由や仕組みを詳しく知っておきたいというお気持ちはよく分かります。
この本に関しましてもそれぞれの項目ごとに説明がありまして、エクササイズが続きます。
わたしの場合、説明だけ読んでみましてもピンとこないこともありましたが、
その「状態」になってみることによって「ああそういうことか・・・」と実感するというかんじでしょうか。


500 :没個性化されたレス↓:2007/01/02(火) 07:36:33
;;;;;;;;;;/::/::::::::::::::;/:::::::::::/;/::::::::::::::::::;イ:::::::/ i::::;/     i!ヽ、l:::::::/ l;;;;;;;;;;:/゙!::::::!
;;;;;;;;/::/::::::::::::;〃::::::::::/;/:::::::::::;:::::::/l:::::::/ ,!::/ -−=fミz  ,/:;ク:/ l;;;;;;;;;/ !::::ノ
;;;;;;;l::/::::::::::::/;/::::::::::/;;;i::::::::::;/::::::/ l::::/ l:/ . /レ'゙ー''/、/ 〃 ,l;fi;;;/  l;::/
;;;;;;;レ'::::::::::::/;f゙:::::::::/;;;;i:::::::::/::::::::i  !::l   '  、 /:ジ   !  ,ノ   ,/ 〃  l;/
;;;;;;/::::::::::::/;;;!::::::::::i;;;;;;l:::::::::;!::::::::j  l;!  // ヾ/    ヽ、    '゙   '゙
;;;;/::::::::::::/;;;;l:::::::::::!;;;;;;!:::::::;':::::::::i      ,// `   u   ヽ、_
;;/::::::::::::/;;;;;;l::::::::::l;;;;;;l::::::::l:::::::::::!       //        ,ノ
;/:::::::::::/;;;;;;;;!:::::::::!;;;;;;!::::::::!::::::::::l  o            r'´
:::::::::::::/;;;;;;;;;|:::::::::!;;;;;;l::::::::l:::::::::::;!           , -‐'
─ ‐-' 、;_;;;;;l:::::::::l;;;;;;l::::::::l::::::::::;!           /        これが一番効果的
       `ヽ;::::::::l;;;;;;l::::::::ト、::::::l   u       /゙ヽ  , -─−- 、      臨 床 風 俗
        ヽ;:::l;;;;;;l:::::::i゙ l::::::!          |   Y´         `'ー 、,_
            ヽ;;;;;;;!:::::;l、.l:::::!          ,. -ヘ,  l             ゙ヽ     ,. -−-、
          ヽ;;;/'ル' `!::i、     ,/   ヽ、,!            _, -'、_, - '´      !
           i;i i/  l::! ` 'ー− ´       i'ト、-、,___,. -−' ´ ,. ‐'´    ..:::::/
              !     i!               ij  \_ヽ、  'ニ,. ‐'´     .:::::/ー 、
           i                       \ヽ、 /     .....::::::/     i


501 :没個性化されたレス↓:2007/01/03(水) 00:59:18
>>331
「自尊心があなたの人生を切り開く」は絶版になってしまっているようですね。
アマゾンで中古のものを買うしかないでしょうか?331さんはどうやって手に入れたんですか?

502 :没個性化されたレス↓:2007/01/03(水) 11:51:57
本当の名著ならふつう再版するものだが??

どうしてもというなら図書館で借りれば如何?

503 :没個性化されたレス↓:2007/01/03(水) 22:48:00
>>502
借りるよりは買いたいです。線を引いて使ったり長く使うものになると思うので。

504 :没個性化されたレス↓:2007/01/03(水) 23:23:43
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw/249-9067029-7771511?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%8E%A9%90M%82%F0%88%E7%82%C4%82%E9%90S%97%9D%8Aw
どうやら同じ人が書いているようなので『自信を育てる心理学―「自己評価」入門』のほうで良さそうですね。

私としては「この商品を買った人はこんな商品も買っています」に出ているほうの本もオススメですが

505 :没個性化されたレス↓:2007/01/03(水) 23:29:29
訂正
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/249-9067029-7771511?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E3%83%8A%E3%82%B5%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%20%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%B3
ナサニエル ブランデン、Nathaniel Branden

「自尊心があなたの人生を切り開く」は確かに絶版?ですね。

506 :没個性化されたレス↓:2007/01/06(土) 06:11:04
このスレ1から見てないけど
自尊感情が低いとプライドが高くなり
他人を蔑んだりしてしまう傾向があるように思う。

かなりの劣等感があり自殺も考えたが、今克服しようとしている。

自身の評価をつけるとき
どうしても他人を基準に比較しがちになってしまうが
自分が満足したかがたぶん大事なんだろうな。

今でも自尊感情を低く育てた親への憎しみが消えない‥

507 :没個性化されたレス↓:2007/01/06(土) 07:53:58
自分を敬え
自分自身は他の誰よりも安寧に処遇しろ
自分に誇りをもて
人生の大半は虚無だ
ゆえに自信なくして生きるのは愚かだ

508 :没個性化されたレス↓:2007/01/06(土) 17:52:44
> 人生の大半は虚無だ

なんかこの言葉すごい共感できる。

509 :没個性:2007/01/07(日) 04:36:06
>>507
まぁそのときの気分で言う事が変わるからね。

510 :331:2007/01/07(日) 09:22:10
>>501
わたしはアマゾンで購入しました。中古で¥3,000前後だったように記憶しております。
>>506
おっしゃる通りと思います。
「親への憎しみ」確かにむつかしいことですね。
おそらく貴殿のご両親もそのご両親から自尊心を受け継いでいらっしゃることでしょう。
もし、貴殿が知識を得ることによって「親への憎しみ」がわいてきたとしますと、
おそらく貴殿のご両親はそのご両親にたいして「親への憎しみ」を抱いていないでしょう。
 その場合は、そこへ焦点が向かないようにすることが大切なのですが、
「焦点を他に向けるのは難しい」と認めた上で、なにかに集中するのが良いように思います。
焦点が他へ移ってきたことは気分が変わりますので、わかりやすいと思います。
それは貴殿にとってなんでしょうか?
●悲惨な人々のお話
●ビデオゲーム
●偉人伝
●旅行
●スポーツ
●ドライブ
●散歩
いくつかあるかとは思いますが、気分が変わることは非常に重要です。
その後に自尊心を高める活動をしてください。
実際に自尊心が高くなりますと「以前は他人をさげすんでいたんだっけ。」とか「以前は両親を恨んでいたんだっけ。」
とまるで人ごとのように感じられるものです。心地よいことですよ。


511 :没個性化されたレス↓:2007/01/07(日) 23:14:30
>>331
自己評価を他人による評価によって決定するのでなく、自分でするべきだということはわかったのですが、
「自信を育てる心理学」のどのエクササイズがその訓練になるのかわかりません。教えて下さい。

512 :没個性化されたレス↓:2007/01/08(月) 11:31:52
いきなりSSTじゃだめなの?

513 :没個性化されたレス↓:2007/01/09(火) 01:01:52
ジェリー・ミンチントンの「人生がうまくいく、とっておきの考え方」も自尊心がテーマだけど、これについてはどうですか?

193 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★