5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

         加藤諦三         

1 :没個性化されたレス↓:2006/06/06(火) 19:14:10
加藤諦三 ホームページ
http://www.kato-lab.net/

262 :加藤信者:2006/07/17(月) 15:47:32

しかし、加藤先生の本は、ある種の僕みたいな人にとっては
救いですね。実際。だからといって、今までのハンディは
重いですけど。悪人でさえ、自分が殺そうとしている人にたいして
冥土の土産を聞かせてくれます。つまり僕の両親は善人だったが
その善人を補うために私を利用した。冥土の土産に真実も教える
能力が無い両親。

263 :加藤信者:2006/07/17(月) 15:54:03

メイドの土産も用意できない両親。それは逃避である。
葛藤を解決するために、俺を利用した両親。
何も悪くない両親だが。やはり真実の姿を見てしまった。
もう何が動機で言っているのかすべてわかってしまった。
自分が不安だから俺に怒り、自分の甘えの欲求を満たそうというために
俺に二重の拘束を連発し、服従させ、自由にさせたと本気で言う。
それも冷静に普通に。これってやっぱり悪魔なんじゃないんですかね。
子供は悪魔と言いますが・・・。子供の心をもった親ってね・・・。

264 :加藤信者:2006/07/17(月) 15:56:21

つまり、子供の甘えの欲求を持ったままの両親
劣等感の強い両親は
ひょっとしたら、悪魔かもしれないということだ。

子供は残酷だ。虫をばらばらにし、親に対して無理難題を突きつけ
(二重の拘束)相手を困らせる。(なぜ困らせるか?といえば
それは、甘えのため)(注目して欲しいなど)(要するに甘え)
親は子供に手を焼く。しかし、それが自然なのだ。

それが親だったらどうだろう?子供が精神病になるのも
うなづけるね。それで親は学校のせいにしたり
自分が悪いとはみじんも考えない。立派な洗脳だろ

270 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)