5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

被害者スレ 12

1 :名無しさん@社会人:2006/06/17(土) 21:49:57
前スレ
被害者スレ 11
http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1150033748/l50

社会学的に見てどうだ?

305 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:03:49
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

306 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:04:19
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

307 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:04:25
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

308 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:04:57
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

309 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:05:14
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

310 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:05:29
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

311 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:05:57
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

312 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:06:03
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

313 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:06:34
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

314 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:06:47
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

315 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:07:06
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

316 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:07:40
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

317 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:07:44
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

318 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:08:18
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

319 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:08:35
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

320 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:08:51
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

321 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:09:22
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

322 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:09:36
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

323 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:09:54
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

324 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:10:28
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

325 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:10:33
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

326 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:11:06
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

327 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:11:20
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

328 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:11:38
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

329 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:12:09
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

330 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:12:16
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

331 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:12:44
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

332 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:13:01
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

333 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:13:16
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

334 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:13:43
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

335 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:13:48
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

336 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:14:20
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

337 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:14:25
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

338 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:14:54
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

339 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:15:10
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

340 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:15:26
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

341 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:15:58
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

342 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:16:09
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

343 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:16:35
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

344 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:16:59
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

345 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:17:06
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

346 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:17:43
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

347 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:18:20
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

348 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:18:25
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

349 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:19:02
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

350 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:19:35
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

351 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:19:45
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

352 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:20:33
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!
茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!茶ダウンいい加減にしろ!

353 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:20:39
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

354 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 01:21:12
「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
「押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ」
「テツandトモはもっと評価されていい。あんなジャージ、俺にも着れない」
「バイクは好きだね。っていうよりも、バイクが俺を求めてる」
「ジミヘンが俺のライブに来たんだよ。夢の中で、しかも3回も」
「特技は、男泣き」
「アメリカ生まれ、日本育ちの俺は、日米をつなぐ橋になる」
「ロックとか、パンクじゃなくて、押尾学というジャンル」
「モー娘。では加護ちゃんが好き」
「メロン記念日に同じ血を感じるんだ」
「魂を見たい? 俺のすべてが魂だよ」
「アメリカでのあだ名はジェームス」
「階段を登るたびに、自分が強くなっていくのがわかるんだ」
「未来から来たターミネーターなら、俺の音楽を正当に評価できるかもね」
「ジャニーズ事務所に入るつもりだった」
「ジャパンって発音したんじゃ通じないぜ。ジャピョンっていわなきゃ。ジャピョンて」
「嫉妬してるからって、そんなに冷たくしなくてもいいんじゃない?」
「俺より美しい男は見たことない。もちろん女も」
「挫折したこと? あるよ。このあふれる才能をどうやって全部活かそうかってね」
「石原知事と、連れションしたことがある」
「ベッカムヘアを見たとき「パクられた」って思った」
「ねたみ? たくさんあるよ。っていうか、世界中が俺をねたんでる」
「音楽は俺の世界の一部にすぎない」
「そんなことありえねーけど、俺がゴミだとしたら、「燃えてるゴミ」だね」
「革命に憧れる。もちろん音楽での革命」
「あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに」
「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
「俺がテレビに出てない時は、どこかでロックしてるんだ」
「もう、なんといっても音楽。ミュージュックだよ、ミュージュック!」
「俺には、愛という言葉の意味がわからない」
「何度でも繰り返したい。俺は押尾学なんだ」

502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)