5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

プルードン主義!

1 :1:2006/10/11(水) 12:28:17

民主主義は常にオルターナテイブ(今より良い世界)への志向をもたないと
既存の議会制ないし国家主義の肯定に愚する。

かつてそれ(大いなる物語)をマルクス主義が果たしていた。だが
前衛諸派の活動最盛期ですら、その役割に相応しくないという亀裂を見せていた。
(60年全学連、70三派全共闘が目指していたのはプロレタリア革命、それに
連なる市民・学生が目指していたのは高度市民社会)


学生運動が内ゲバで解体したのは当然といえる。ではそれに代わる
新たなオルターナテイブとは何か、プルードン主義を主張したい。


左翼運動解体後、起こったのは偽史ブーム。(要するに日本人であること
=戦前の植民地支配と戦後のその忘却の上での繁栄の加担であるとするなら
それ以外の所にアイデンティティを求めるしかない)それが宮崎駿の「もののけ姫」
からオーム真理教まで続いているとするなら、その混乱を収める方法は
再度の近代民主主義の肯定以外ない。

それが保守回帰の源泉だけど、敢えてオルターナテイブを求めるとすれば
(近代民主主義VS理想としての民主主義)プルードン主義ほどそれに
あった思想はない。

プルードン主義なら近代民主主義の再帰性を皮相な形でなく(根拠不在の現状追認と
当面のリスク管理)再帰性を通じて弁証的に民主主義は進化しているのだ=より普遍な
自己を目指して永久革命を行っているのだと肯定的に捉えれる。

2 :1:2006/10/11(水) 12:28:51
自己を無化して(もしくは脱構築して)実存する。これが本来、左翼の持っていた自己の
イメージだったはずだ。ただ、無化した後の具体的イメージがこれまではなかった。

学生運動最盛期は勿論、革命運動にコミットメントしてゲバ棒をもって機動隊と衝突
することがその具体的イメージだった。そのイメージは71年の入管闘争の時。新左翼も
結局、ナルシストなナショナリストと在日学生から批判されることで脆くも解体してしまう。

だが、在日に主体の根拠を求めるのも中国の天安門事件や拉致事件の暴露の後では
誤りであることはウヨに言われなくてもわかることだろう。じゃあ、どこに批判の拠点をおくか

世界市民ー個の確立こそ、それであることはいうまでもない。

3 :名無しさん@社会人:2006/10/11(水) 12:30:42
個の確立というと消費社会、欲望社会を完全肯定するのかとよく言われることだ、
日本でそうなってしまうのは結局、復古主義者とマルクス主義者以外政治的党派
がなかったせいだ。戦前の肯定でない形での倫理の確立、それは直接民主主義
的な契機、対話的公共性の確立を通じて以外ありえない。

自立した個の確立に丸山真男は絶望した。何故そうなるのか?それはハバーマス
すら気がついていない一つの理由による。対話的公共性はシステムであり、人工的
に革命的営為を通じて作られるものであるということ。対話的公共性など人は生まれ
つき持ってないし、個人の心情的努力だけでは永遠に到達できない、それは誰かが
構想し制度として設計されみながそのアイデアのために協力して作れなければでき
るものではない。



4 :名無しさん@社会人:2006/10/11(水) 12:31:13
市民社会の倫理の確立に自己否定は必要不可欠だ。自己否定のない市民社会は愚衆政に堕する。

そもそも何故自己批判が必要なのか。それは民主主義が普遍思想だからだ。「全ての人は生まれつき
自由でありその権利は平等に保障される。」この思想を肯定するためには民主主義は常にローカルな
ものを乗り越えてゆかなければならないことになる。


もともと普遍主義は旧体制の伝統に対抗するため持ち出された詭弁だったが、一旦これで市民革命を
行ってしまうとこの普遍主義がマクベスの魔女の予言のように市民社会を束縛しつづけることなる。これ
こそが永久革命のエネルギーであり、不断に自己を否定しつつ進化してゆくことでしか民主主義は存立
できない。


5 :名無しさん@社会人:2006/10/11(水) 12:32:10
世界市民主義、 大儀は立派だけどそれでも実際は何をするのさ。結局政権とって、ということになると嫌でも現実的な国家間の論理も
考慮に入れざる得なくなる。市民運動だけで留まるなら、単なる保守との補完勢力ということになる。


それにサヨクが唱える人民戦線論、権力をとれば容易に国家総動員体制ー徴兵制に変化する。それに比べれば今の自衛隊の方がましだ。



6 :名無しさん@社会人:2006/10/11(水) 12:33:02
資本主義経済に代わりえる代替案はある。

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1157992988/



サヨクは現状に対する外交活動では確かにあまり変わらないかもしれないが
長期的展望、世界を説得できる理念もある。

世界市民主義は個人の流動性(難民!)をより増し、究極的には北朝鮮みたいな
独裁国家を打倒するのに寄与できうる。インターネットに代表される情報革命が
東欧革命を呼び起こしたようにだ。




7 :名無しさん@社会人:2006/10/11(水) 12:38:42
それに人民戦線論や革命主義はサヨクが単なる平和主義、平和ボケの護憲主義でないことの論より証でもある。
昔の新左翼はよく代々木(共産党)批判として次のように言ったものだ。

「悪いのは戦争ではなく侵略だ。戦争反対.一億総懺悔は誰が戦争を行ったかの責任を曖昧にし解放戦争(革命)
の正当性を見失わせる」

この考えかたは親中派の考えそのものだが、ある意味、真理をついている。現在なら自衛隊の存在根拠として
むしろ積極的に活用できるのでないか。
「米帝・日帝に対抗するため東アジア開放戦線を組織する。」
この当時の反体制派の考えを日本政府もパクレばよい。現にアメリカのネオコンはそれをやった。イラク戦争
を先導したのは知ってのごとく元トロキストだ。アメリカが(あれだけ長期にベトコンと戦ったくせに)学ばなかった点は
コミュンテルン路線と毛沢東の遊撃戦の論理だろう。日本だとどちらも東アジア外交戦略にうまく活用できうるだろう。

8 :名無しさん@社会人:2006/10/11(水) 13:36:53
プルーン・ウドンは鉄分補給によさそうだね。

9 :名無しさん@社会人:2006/10/11(水) 13:44:05
資本主義はそれで倒せるかもしれないけど、
地下経済が最大の敵になるだろうなw

10 :名無しさん@社会人:2006/10/11(水) 19:47:36
ま、地域通貨そのものが地下経済になってしまってるから。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)