5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

環境社会学!!!

1 :nanasi:2000/11/07(火) 01:35
について語りあいましょう。やってる人少ないかな?
将来性はあるような気がするけど・・・
でも、理系の方のテクノロジーによる対策によって
かなり必要度は減っていくのかな・・・

2 :名無しさん@1周年:2000/11/07(火) 01:47
やってる人って最近は多くないですか?特に最近は福祉とか
情報とかと並んで興隆しているようですけど。

あとnanasiさんは環境社会学の人ですか?だとしたら、
>理系の方のテクノロジーによる対策によって
>かなり必要度は減っていくのかな・・・

ちゅうのは問題あるんじゃないのかな。自然科学の発展と
発生論・被害論・解決論を論じる環境社会学とは全く別の
プロセスを踏むと思いますし。




3 :名無しさん@1周年:2000/11/07(火) 04:44
やっている人、目指している人は多いと思うけど・・・。

少なくともどのように社会学であるのかは示していただきたいですね。

別に社会学でなくてもよさそうな論の立て方をする人が多いので。

少なくとも、環境を考える=善、の図式は何とかして欲しい。

4 :名無しさん@1周年:2000/11/07(火) 15:08
>3
環境を考える=善 ばかりでもないでしょう。
鳥越さんらの生活環境主義は、相反するとまではいかないけど
かなり違うんじゃないかな。もっと社会学的(民俗学的?)だし。


5 :名無しさん@1周年:2000/11/07(火) 20:10
しかしレベルの低い論文が、「環境社会学」というタイトルでまとめ
られて本になってるという事実はある。本人が主張してるわけでは
ないとしても、「環境を考える=善」の図式を利用してるのはまちがい
ないだろう。

6 :名無しさん@1周年:2000/11/07(火) 22:15
「現場に行って来ました」というだけの学会報告や論文が少なくない。
情熱はあるのかもしれないが、「だからどうした」(んなこたぁ新聞
にでも書いてあらぁな)。

7 :名無しさん@1周年:2000/11/07(火) 22:24
で、学問的意味は何なの?

8 :名無しさん@1周年:2000/11/07(火) 23:07
「環境」社会学なのか、「環境社会」学なのか、などという
不毛な論争もあった。

9 :名無しさん@1周年:2000/11/07(火) 23:14
鳥越さんの言葉に従えば、なんでも環境になりますぅ。

環境社会学って、地域社会学や農村社会学、公害問題論となんのかわりもない。
環境社会学会が出してる「環境社会学」ぬるいぞー、社会学者以外も入ってるから仕方ないんだろうけれど
もうチョト勉強してから書けよって言うの多いぞー、ノンフィクションみたいの多いぞー。

10 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 03:35
環境社会学は従来、みなさんが言うように公害問題
などについて、新左翼的な運動論が主流でした。

しかし、最近では消費社会論との接合をはかり、その問題
解決の可能性について考察するものがほんの少しづつ
出てきました。

また環境保護運動の思想的な変遷記述などの研究も出て
きた。

さらに政策提言型の学際的・実証的な研究も出てきました。

なにはともあれ最も期待されてる分野ですね。


11 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/21(木) 17:32
>6
同意。環境社会学をぱらぱらとは見るが,理論社会学の成果を取り入れてそれを応用したりしている訳ではないんですね。ただの報告とかだったら,確かに情報の早い新聞なんかのほうが役に立つ。結局,いまのところは,「環境」を冠に付ける,はやりの一つという印象しか受けない。

12 :名無しさん@1周年:2000/12/21(木) 20:50

舩橋教授ってどうよ?

13 :名無しさん@1周年:2000/12/24(日) 20:12
age

14 :山師さん:2001/01/20(土) 19:55

「環境高負荷随伴的な構造化された選択肢への通常主体の巻き込み」あげ。

15 :名無し@1周年:2001/03/19(月) 02:26
運動論が多い
もっと産業界に切りこむ分析があってもいいのでは?

16 :ポッキー食べて勃起。:2001/04/07(土) 02:23
なぜ人間は地球を汚すの!!

と言う小学生の問いに対して・・・

ホモ=サピエンスと言うのは特別な生物ではありません。本能に忠実にしか生きられない
獣なのです。皆さんが本能(性欲)にしたがってビデオ・ネットが普及するように、目先
の欲求にしか関心が持てないからです。所詮本能が働いている限り生活水準を落とすと言
う発想は嫌われるのです。

という回答をした。あってる?あっしは経済学部生です。

17 :不開示@個人情報:2001/04/07(土) 03:31


18 :非社会学者    :2001/04/08(日) 06:04
>>16
私が採点者なら バツ!!
「本能」が唯一の説明要因であるなら、チンパンジーの
「本能」との差別化が難しいね。

技術や社会の階層化のことも考えてみるべし。

19 :ポッキー食べて勃起。:2001/04/08(日) 22:23
チンパンジーと人間の「本能」は基本的に一緒だとおもうよ。
本能=欲求だとして欲求の分析をしてみる。
1食欲
2性欲
3安全欲求
4社会承認欲求
5自己実現欲求
数字が低い欲求が満たされると次の欲求が止めど無く求められる。

チンパンジーと人とに違いは5があるかどうかだと思う。
でも5はあくまで「本能」の範疇で「理性」という概念で扱われるものではないと思う。
人間は理性的に(合理的に)環境問題の危険性を察知し、理性的に行動する・・・とは思えない。
なぜなら、人(生物)は考えること行動することすべて「本能」と呼ばれる脳の分泌作用に
支配されているからだと思う。

>技術や社会の階層化のことも考えてみるべし。
ヒントきぼん。あたしゃにゃ思いつかん。

20 :ポッキー食べて勃起。:2001/04/08(日) 22:24
自然はうまくできていて、肉食動物と草食動物を一緒にしても草食動物は絶滅しない。
肉食動物と草食動物の数は変化し均衡を保とうとする。その均衡の基準が地球に降り注
ぐ太陽エネルギーの量で決まる。

今人類は太陽エネルギーの量に対してちと多い。だから環境が悪化し,適正な数まで減らされて
他の生物と均衡がはかれるように減ろうとしているだけ。
ほんとただそれだけ。環境保護なんて無理。絶対。自然に反することだ。

という考えをもっています。。あってる?

21 :名無しさん@1周年 :2001/04/09(月) 04:34
経済学的な発想を真に受けてはいけません。
経済学的な発想というのは、条件を様々に付け加えた上での仮定です。
したがって、ある条件下においては当てはまるが、
社会的事象全般において当てはまるものではないのです。
経済学的発想は一つのものの見方にしか過ぎません。
つまり、人間は功利主義的になんぞ生きてはいないのです。

ヒトが本能に従って生きてる?
そりゃ、おかしい。

なぜ、敬虔なイスラム教徒やキリスト教徒が存在してるのだ?
利益、あるいは本能に従って生きてるか?


22 :名無しさん@1周年:2001/04/09(月) 04:40
>19
きみの言ってることは支離滅裂だ。

きみの言う理性や合理性というのは何だ?
きみは本能の赴くままにカキコしてるとでもいうのか?

23 :非社会学者:2001/04/09(月) 11:02
>>19
あなたなりによく考えているのだろうね。
「本能」(=遺伝子の問題)が重要であることは、
わしは否定しないよ。
しかし、「自己実現欲求」を人間に固有の本能と
してすますのは、何も説明していないのと一緒じゃ
ないかね?(あなたのいうところの本能の定義が
あまりに曖昧だよ)
チンパンジーだって、ある条件下で自己のメリットと
引き替えになら、「地球を汚す」行為をすると
考えられんかね?
また、食欲・性欲と自己実現欲求はどのように
区別するのか?

問題は、ある社会はダムをつくるが別の社会はつくら
ないのはなぜか、ということじゃないかね?
なぜ、人類は歴史の大部分をチンパンジーと大差のない
(おそらく)生業を営んできたにもかかわらず、「いま」
地球を急速に汚しているのか?
人類はその歴史の大部分で、人口を増やすことによって
全体の生産性を上昇させるという戦略をとっていない。
むしろ本能とは正逆の措置、つまり人口調整をおこなっ
てきた。人口を著しく増やし始めたのはたかだかこの
1万年くらいの間だろう。
あなたは、それが本能によって決定された歴史だと考える?


24 :名無しさん:2001/04/09(月) 11:13
>>16
> なぜ人間は地球を汚すの!!
一言で言うと「人間はなかなか死なないから」ではないか。環境に負荷をかけ
てもなかなか自滅しないどころか、さらなる負荷をかけることで生き延びてし
まう。すぐ死んでしまう生物はその負荷に巻き込まれて絶滅したりもする。

(そんな小学生がいたとして)小学生の言う「汚す」というのと「環境に負荷を
かける」というのはイコールでないかもしれないが、一応。

>>20
なかなか死なない人間がほとんど自滅してしまうほどに環境破壊が進んでしま
うと、そこから均衡を取り戻すのは無理なんじゃないか。絶滅した種は戻らな
いし、化学物質だとかの中には何百年かかっても分解されないものもあるし。


25 :テレクラ:2001/04/09(月) 12:42
>>16
「地球を汚したい」っていう本能が無いってわかりますよね。
「ゴハンが食べたい」っていう本能はあるような気がしますね。
 じゃあ、
地球を汚す行為を挙げてみて、どれが本能に基づく行為なのか
分節化して捉えてみましょう。

ちなみに、社会・人文科学のたいていの立場で、
ゴハンを食べる行為さえも、本能に丸ごと基づいてるとは捉えません。
食欲も性欲も文化的に規定されているって考えます。

人間は個の、種の存続に反する行為を為すことができます。
利益に反するようにも見える個々の行為は巨視的に見れば種の存続のために
為されているという考え方もありえますが、その場合は「本能」って概念は力不足ですね。

26 :ポッキー食べて勃起。:2001/04/09(月) 12:42
レスしてもらった内容に、納得した部分とまだ納得できない部分があります。
>経済学的発想は条件を様々に付け加えた上での仮定。
かなり納得。経済学では「外部経済」とかいう卑怯な手法で言いくるめようとしていることを思い出した。経済学は盲目的なアプローチをしがちだということを思いました。(自分もかも?)

本能の定義は欲求に忠実に行動するベクトル。理性は合理的(欲求を常に最大化する)に行動するベクトル。自分の考えでは本能に理性も含まれていると考えていて、重要なことは一般の本能の言葉の意味合い(功利主義的本能)よりも拡大解釈している(すべて行動要因は遺伝子支配の本能)点。つまり合理的な行動も欲求充足行動の一環として行われるということ。だもんで・・・

>なぜ、敬虔なイスラム教徒やキリスト教徒が存在してるのだ?
>利益、あるいは本能に従って生きてるか?

の例でいうと、敬虔な信者はなぜ他の人間より敬虔な信者になり得たかということを分析してみると、19でいう4,5の欲求が強かったと言うことになり,やはり欲求に忠実に行動している。といえない?

>「自己実現欲求」を人間に固有の本能としてすますのは・・・
は確かにそうです。チンパンジーをなめてました。
その指摘を踏まえて考えた事は、人はチンパンジーより自己実現欲求が強いんじゃないか。なぜなら大脳の構造において人は社会的欲求、自己実現欲求を発生させる部分を発達させてきたから。です。

27 :ポッキー食べて勃起。:2001/04/09(月) 12:43

>「いま」地球を急速に汚しているのか?
>環境に負荷をかけてもなかなか自滅しないどころか、さらなる負荷をかけることで生き延びてしまう

あと今人間側からしたら環境に負荷をかけていると“一見”見えているかもしれませんが本質は違うんじゃないかと言うことを思っています。

>>20が自分の考えの根本で、それで例をいうと草食動物が肉食動物に捕食されて数を減らしているということは、トータルな数でいうと肉食動物に偏在している状況でいずれ均衡を保つため揺り戻しがくる。地球全体で現在の状況を当てはめてみると、人間という生物種に偏在していて均衡を保つため環境悪化=人の生存環境の制約大が起こっているということ。です。

>人間がほとんど自滅してしまうほどに環境破壊が進んでしまうと、そこから均衡を取り戻すのは無理なんじゃないか
の部分は自分の考えを破綻させる気がします。太陽エネルギーが絶対量でその上で踊らされているだけと思っているんですけど、その太陽エネルギーそのものを人は制限できる可能性が出てきたことになってどぎまぎしているところです。


28 :ポッキー食べて勃起。:2001/04/09(月) 12:45
>利益に反するようにも見える個々の行為は巨視的に見れば種の存続のために
>為されているという考え方もありえますが、その場合は「本能」って概念は力不足ですね。
そこをなんとか巨視的にみて「本能」を捉えてくださいまし。

29 :非社会学者:2001/04/09(月) 14:06
勃起さんは、何が主張あるいは確認したいのだ?
今ひとつわからん。

・人間は、欲求の拡大を制御することができない。
・種としての人間は、将来にわたり数を激減させるかも
しれないが滅亡することはない。

という二つが両立するということがいいたいの?
最初の質問は「人間が地球を汚すのはなぜか」に対する
答え方だったと思うが、なんだか議論がねじれてるね。
何を話したいのか確認希望。

30 :ポッキー食べて勃起。:2001/04/09(月) 15:33
これまで漠然と思っていたことをまとめると・・・
>・人間は、欲求の拡大を制御することができない。
>・種としての人間は、将来にわたり数を激減させるかも
しれないが滅亡することはない。
になると思います。この二つと捉えてくれて差し支えないと思います。
その前提として本能の言葉の意味を拡大解釈する必要があるっていうことだと思う。

主張したいことはこれまで言ってきたとおりです。(19、20)その後のレスは
レスしてもらった印象を語っただけで主張の詳細です。

確認したいのは、この考え方は誤りなのかどうか、または視野が狭いんじゃないのかどうか。
を判断してくださいな。ということです。(まだ納得いってないってことです。)

31 :非社会学者:2001/04/09(月) 16:46
完全に誤っているとは言い切れないけど、かなり粗っぽいね。

・「欲求の拡大」の中身をもう少し洗練した方がいいんでは
ないかね?少なくとも、「地球を汚すこと」それ自体が
本能的欲求ではないでしょ。
「食欲」「性欲」「子孫を残す」これ以外に本能的といっても
よい欲求があるならば、具体的に定義しないと意味がない。
それと、環境保護が自然に反するという考え方は、視野が
狭いのではないの?
あなたは経済学部なら、もっと徹底的に経済学的に考えてみたらどう?
あなたの言う意味で「環境保護が自然に反する」ならば、
1年後の収穫のために作物の種を撒くという行為も「自然に反する」。
環境保護は将来の欲求を満たすための資源確保の一戦略であり、
成功する保証はないが、それ自体「不自然な」行為ではない、
と私は一応考える。

32 :非社会学者:2001/04/09(月) 16:57
さらに、
・人間が数を減らした上で存続するのか、それとも
絶滅するのか、はどちらが正しいか判断する根拠が
全くないので、議論できない(少なくとも永遠に
存続することはありえないので、「この先○年存続
できるか」くらいがせいぜいでしょうな)。

だいたい、人間は地球上の生命体のほんの一部で
しかないのだから、太陽エネルギーの帳尻と人間
という一種の存続を関連づけても意味がない。

人口を減らすこと(同時に生活スタイルを大幅に
かえること)が環境問題への選択枝のひとつで
あることは否定しない。


33 :ポッキー食べて勃起。:2001/04/09(月) 18:46
まだ納得できません。31,32のレスは非社会学者さんの見解と自分への疑問点の指摘のレスです。
これまでをまとめると、小学生「なぜ人間は地球を汚すの!!」 の答えが・・・
1・人間は、欲求の拡大を制御することができない。 (ゆえに環境破壊は仕方がない)
2・しかし種としての人間は、将来にわたり数を激減させるかもしれないが滅亡することはない。(安心しろ)
で差し支えありません。

そこで1個1個論点を検証洗練しなければいけないと思います。まず、1つ目の「欲求の拡大を制御することはできない」の具体例を示すと、人間の立場からこれまで人類は欲求を制御した(理性的な行動も一つの欲求だとココでは捉えている。)歴史はありません。本当です。(言い切って大丈夫かな?おかしかったらおかしい点の理由きぼん。)たぶん面白い読み物になってんで、ちょっと長いけど読んでくんさい。

34 :ポッキー食べて勃起。:2001/04/09(月) 18:46
人類の歴史の大きなターニングポイントを1農業革命2産業革命3環境認識革命と捉えてみる。
1農業革命以前は狩猟採集の生活を人類はしていた。サルとほぼ変わらない。そこでは食欲が当面の欲求として最重要視されていた。(と思われる。)
1農業革命(一万年ぐらい前?)において恒常的に食料の心配をする必要がなくなり、次の欲望である安全の欲求が表に出始めた。それは古代・中世を通して主人への主従関係(安全の欲求の表れ)であり、戦争(自国意識の芽生え=他国からの侵略を警戒)である。人々は止めど無くわき上がる食欲
を満たすことに成功し、安全に(平和に)生活したい欲求がわき上がることになっていった(ようだ)。

次に1の農業革命の浸透普及により安全欲求がほぼ満たされ、次の社会承認欲求が見え始めた。2産業革命で人類は社会的な存在として認めてもらいたい欲求がふつふつと表れることになる。原始時代、古代、中世を通して潜在的な欲求(当時はそれよりも食欲安全欲が優先していた)となっていた社会的に存在していることを認めてもらいたい欲求が、産業革命により「資本家と労働者の関係」として意識するように(本能の作用で)なってきた。すでに労働者は食欲、性欲、安全の欲求はほぼ満たされているから次の欲が出てきた。(といえるのではないか。)サラリーマンはその典型で、低次の欲求は満たされているからやれ「俺は社蓄だよ・・(もっと俺の愚痴をきけってんだよ。)」とか“歯車の話し”うんぬんがある。

そして現代。環境意識革命なるものは環境を意識するまで欲求が満たされたよという意識革命のこと。一部であるが(先進国は大多数)自己実現をしたいという欲求を持てる余裕が生まれた。自分探しブーム(自己実現欲求充足行動)や、社会貢献がしたい!(自分はもう十分満たされているから他の存在に働きかけることでもっと高次な欲求を満たしたい!)として表れる。
「俺ら、地球を汚しているわ!」と気付けたのは、低次の欲求を満たしたものだけが持てる本能作用の一環として。現に途上国の人はその日の飯が食えないから、人間活動(環境破壊)を増進拡大するぞ!といっている。その人らに環境活動の大切さを言っても無理。先進国が何らかの法的処置で経済活動を縛っても、途上国の人達はその抑えつけられたエネルギーをテロ、闇取引という形で表れてくる。環境保護は食欲以下すべての欲求の根幹を揺るがす問題だけど、いざ実行できる(意識できる)人は自己実現欲求を満たすところまでいった富めるものに限られる。

地球を汚すことを、本能的にしていないにも関わらず、地球にやさしくなれることを意識することは極限られた人しかできない。

2は厄介。1が解決してからまたゆっくりと。

35 :非社会学者:2001/04/09(月) 20:27
「欲求」と「本能」の区別をしておいた方がいいんじゃないかな。
別に、全部間違っているといってるわけじゃないけど。
勃起さんがゼミの学生なら、言葉づかいの甘さをいぢめるぞ。

異なる環境下で現れたり現れなかったりする行動まで
「本能」と言ってしまうのは学術的定義を完全に
逸脱している。

あと、何でもかんでも欲求のせいにしてしまうのは、
説明能力に問題がある。常に欲求を充足するのが
人間の決定された姿(独立変数)であるなら、
「なぜ地球を汚すか」の説明は環境の側に求めた方が
よいのではなかろうか。
俺が子供なら納得せんぞそんなもん。。。


36 :非社会学者:2001/04/09(月) 20:49
ちょっと言葉が足りなかったかな?

「欲求」による説明は、説明としてちょっと貧相じゃ
ないかということです。34の中身の正誤は別問題。
前に「技術や階層化のことも考えて」といったのは、
34で試みられたような社会の組織形態上の戦略について
いったわけです(34の中身の正誤とは別!)。
しかしこれは人類が歴史上選択したひとつの戦略であって、
「欲求」の独立的な発現による必然的帰結だとは、
わしは思わないよ。
別の欲求の発現の仕方もあったのだから。(たとえば、
人口を抑制して生存する人間が豊かな物質生活を享受する
戦略、など。・・常に戦略上、どこかにメリットと
デメリットが存在する。)

あと、富の配分の不平等に環境問題のディレンマがあるのは
おっしゃる通りだと思うが、そこから自然の制約によって
「人口激減」にむかうとして、そこに至る道筋はいろいろ
考えられるね。
そのへんを説明できてこそ、説明たる価値があると思うが。


37 :hoge:2001/04/10(火) 03:09
「環境社会学」というわりには、ここってあんまり「環境」の定義がしっかりしてないねえ。自然環境なのか生活環境なのかという相当大きい枠組みすら使ってないし。

まあ小学生の質問自体がつたないのはしょうがないかもしれんけど、そこを考えて答えるようにしないと、通り一遍の回答になってしまうのでは。



38 :テレクラ:2001/04/10(火) 09:52
勃起さんのノベんとするところを
整合的に理解しようとすると、

 1.すべての人間のおこない、意志行為は欲求にもとづくものである。
 2.んで、欲求とは本能である。

という前提で、かつ、

 3.本能は「種の保存」を目的として持ってる。

だから、人間は環境こわす行動しても種の存続には反しないよーにしてる。

としたら良いのかな。
欲求・本能の語の使い方のまずさが、間違い・未整理に決定的に
結びついてるんじゃないかな。

個々の人間の行為は、端的に種の存続・個の保存に反するコトができる。
歴史上の、実際にある集団で人類の存続に反するような行いをやってる人たちも多い。

このような経験を反証するのが、
結果として今げんざい人類は存続してるって事実だけだもんなあ。

人類が存続してるという事実だけをもって、
人類は存続しようとする本能を持ってると言われても
やっぱり道具立てが貧弱じゃないかなあ。「大いなる意志」とか「理性」「神」を使ってみるのは
いかがでしょうか。すごく体力いるだろうけど。

39 :ポッキー食べて勃起。:2001/04/10(火) 10:29
>人間は環境こわす行動しても種の存続には反しないよーにしてる。
環境を壊している(植物、動物の種・個数の減少)んじゃなくて、人間が個数的にが偏在している。
(草食動物が減って肉食動物が増えるように・・しかしこれは短期的であって超長期的には安定して
個数を保つ。だから人間も今爆発的に人口が増えているけど、いずれ臨界点に達して均衡した個数に戻る。
っていう考え方。その根拠として人と動植物にどれだけの違いがあろうか。という考えになり、それを本能
に活路を見出して論じてきた。しかし・・・我説明能力の限界が早くもきてしまい。満足した説明は今のと
ころできん・・・修行してまいります。何かしら考えた成果は書かせてもらうよん。)

>端的に種の存続・個の保存に反するコト
を行える人は、直感ではどうしようもない程飢えている人には少なくて、どうしようもない程富める人には多くなる
傾向がある。この飢え、富めることからくる精神的な差は何か?これを論理的に説明しなければならない
と思ってる。


40 :環境経済学徒:2001/04/27(金) 01:27
ちょいと待った。ごくごく基本的な問題点についてですが。

>34
1農業革命2産業革命はともかく、
その次の段階が「3環境認識革命」ってどういうことなんでしょう。
これは基本的な知識があれば間違いだとすぐにわかります。

「環境問題」なんて広く捉えれば産業革命以前からあったし、
それに対する人間の側の認識や自覚だってあったよ。
プラトンの『クリティアス』をごらんなさい。


41 :名無しさん:2001/04/27(金) 21:00
勃起さんは修行にいったっきりここ見てないかもしれないが
>>39
> 草食動物が減って肉食動物が増えるように・・しかしこれは短期的であって超
> 長期的には安定して個数を保つ。だから人間も今爆発的に人口が増えているけ
> ど、いずれ臨界点に達して均衡した個数に戻る。っていう考え方。

超長期的だったらどんな種でも絶滅するんじゃなかったっけな。星の寿命とか
そういうことではなくて、純粋に生態学的に。数理生物学の本読みなされ。


42 :社会の窓:2001/04/28(土) 01:50
環境の定義すらマトモにできないのかね、キミたちは。
やっぱ文系は淘汰だな。
うふふ。

43 : :2001/04/28(土) 02:02
>>チンポの窓
環境の定義を一義的に諒解しうると思っているヒトがいるとしたら、
文理にかかわらずドキュウンだと思うが・・・?

44 :社会の窓:2001/04/28(土) 02:26
>43
やっぱバカの領域だな、社会学は。
一義的に定義しろなんて誰が書いた?
ちょっと日本語勉強しなおせや。
小学校でな。うふふ。


45 : :2001/04/28(土) 02:39
>>チンポの窓
ヒトは仮定の謂いでチンポのこととは言ってないんだけど・・・
(ニホンゴワカルヨネ)
チンポのいうキミタチは誰のことかな?
チンポは'キミタチ'でないのかな?
チンポによる環境の定義とは?
チンポはバカノリョウイキでなくて何者か?


46 :社会の窓:2001/04/28(土) 02:43
やっぱ基地外集団。
逝って良し。

47 : :2001/04/28(土) 02:47
架空の集団を妄想するチンポ
イッテヨシ

48 :いやホント♪:2001/04/28(土) 06:30
ああああ〜社会学は〜♪、今日もォ駄目ぇ
だあったぁ〜♪

社会学は、幼稚な哲学。子供の議論でございます。

49 :へのへのもへじ:2001/08/15(水) 04:26
環境における人間の位置を考えましょう。

50 :七誌:2001/08/19(日) 13:15
社会学やってますが、環境社会学なんざ糞の役にも立ちません。大きな
顔しないでほしいよ。そもそも社会学がただでさえ、有害なことを垂れ流す
のに、これ以上有害なことを言われても、ウザイって〜の。

51 :ななし:01/09/08 02:23
>50
全くその通りだ。社会学の中でも環境社会学は、理論的ではなく
感情的に文章が展開されているものが多いと思う。あんなの学問
ではないね。卒論であるもののリサイクルについて書いたけど、
初め工学や経済関係の文献を中心に資料として使ってたら、先生
に少しは環境社会学の本も読みなさいって注意された。で、読ん
でみたらほんと、馬鹿じゃないのって思ったよ。リサイクルはし
なければならないことを前提に話を進めているから。その前提が
あやふやなのに何でこの人たちはこれだけ書けるのか不思議に思
ったよ。ほんと現実から離れ自分の世界で物事語る集団だね。自称
環境社会学者たちって。

52 :名無し:01/09/08 02:33
>>51

正解。
ただの市民運動家か、市民運動家をルポしているライターと同レベル。
学者面しているだけ有害。

53 :名無し:01/09/08 12:45
まあそれでも実際に環境保護運動やってる人たちの役に立ってるんなら
いいと思うけど・・・どうなんでしょう?

54 :七子:01/09/08 21:24
船橋
目をあけて、学生を見て、講義しろ

55 :環境社会学頑張れ!:01/09/08 22:27
 環境社会学の方法論などにとやかく言ってる人が多いけど、最近また
生活史や個人誌などの方法論も見なおされてるし、今までの
アンケート的な調査による研究が閉塞状態にあるようにも思われるから、
十分期待のもてる学問領域だと思うんですが。だいたい社会調査やったこと
ある人なら、あのアンケート調査がどれだけいい加減なものかわかってる
と思うし、あんなあのデータをいじくり回して客観性がどうたら言ってるよりは
よっぽどましだと思うのですけども。
 また理系のテクノロジー開発で環境の方もどうにかなるという発想も、
たとえば原子力開発などを見ればわかると思いますが、どんな技術でも
そこに人が介在している限り計算通りにはいきませんので、理系の人に
のみ環境問題を任せるのも危険ではないのでしょうか。

56 :鳥越俊太郎:01/09/09 00:57
鳥越皓之はヤバいだろ?論文とかも院生レベルじゃない?

57 :51:01/09/10 01:25
>>53
 はっきり言って、いいわけがないと思う。そのような運動している人
 のためにわざわざ「環境社会学」などと銘打つ位なら、必要ないでしょ。

>>55
 理系の人にのみ環境問題を任せるのは危険だと言うのは同意します。ただし、
 文系の人間だけでもはっきり言って何もできません。今言われている環境問
題に対しては、文系、理系双方(さらには社会学と経済学といった文理それぞ
 れの間)の協力がない限り、まともに取り組めないかと思います。
 しかし、私の感想では、環境社会学はそういった姿勢があまり見受けられず、
 せいぜい文系の経済学と一緒に取り組んでいるだけのように感じます。それに
 より、例えば環境保護などに関することでも科学的な裏付けがされないまま、
 環境保護をしていくべきだということを前提に論を展開しているものが多いと
 思います(と言うより極端に言えば環境問題のことはどうでもよく、地域住民
 が周りの環境に対して満足するにはどのようにすべきかを述べているのが多い
 かと思います。従って前提においては科学的根拠より、住民の感情の要素が強
 いのではないでしょうか)。果たしてそのようなものを「社会科学」として受
 け入れられますか?環境社会学が「社会科学」の一分野であるとするならば、
 社会学以外における様々な分野の研究などをふまえた上で、例えば住民と環境と
 のつきあい方を説いて提示することが必要と思います。
 従って、方法論をとやかく言う以前に環境社会学においては問題が多くあるので
 はないかと感じます。少し長くなってすみません。
 

58 : :01/11/23 21:01
今面白いかどうかとは、別の話。

59 : :02/01/29 01:34
Q1
現代日本の消費生活の豊かさと環境問題の深刻化との因果関係を述べよ

60 : :02/01/29 03:08
>>59
消費生活の豊かさを説明せよ。
環境問題の深刻化を説明せよ。
そのうえで両者の因果性が問題の遡上となる根拠を述べよ。

それからやね。

61 :age:02/01/29 18:08
age

62 :名無し:02/05/16 02:25
うわーお。

63 : :02/06/24 19:29
北海道でセミナーがあったみたいだけど、だれかいった?

っていうか、環境社会学会って研究発表の場をセミナーっていうのね・・・。

64 :親切な人:02/06/24 21:44

ヤフーオークションで、凄い人気商品、発見!!!

「 RX-2001 」がパワーアップした、
「 RX-2000V 」↓
http://user.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/NEO_UURONNTYA#.2ch.net/

ヤフーオークション内では、現在、このオークション
の話題で、持ちきりです。

ヤフー ID の無い方は、下記のホームページから、
購入出来る様です↓
http://www.h4.dion.ne.jp/~gekiyasu/#.2ch.net/

65 : :02/06/26 00:27
ウザイ宣伝だけでいまいちもりあがんないね。

66 : :02/06/30 05:06
age

67 :( ´∀`)さん:02/07/01 01:11
学者が何かの役に立ったためしがありますか?無責任で役に立たない
のが、学者なのです。研究は本人が面白ければそれでよいのです。
むしろ期待されていると思い込んでいる学者は逝ってよしです。

68 : :02/07/01 10:59
自然が・・・すきなんだねぇ・・・。

69 :日本国民:02/07/01 20:00
でも生活レベルを落とすのは耐えられないんでしょうな・・・
あまつさえ原子力を妄信的に危険視する傾向にある。
仮に水素の核融合が制御できるようになっても、これじゃあね。
やっぱり、ある程度の理系的な知識は持ってないと。

70 :○○人:02/07/04 22:24
>>69
デフレの要因のひとつは、生活レベルをなんとしてでも落とさんがために試行錯誤をおこなった結果にもあるのではと、個人的には思っています。
古本・中古品に消費者の目がむくようになったこと、100円ショップがこれまでになく全国的に展開している様子、ファーストフードなどなど・・・。
以上にあげたものは、少ないお金であっても生活レベルをさげないようにすべく求められたものだと思っています。

71 : :02/07/05 01:23
今週末「フジの27時間テレビ」 http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1025611625/-100
 オフ版【2chネラー】湘南ゴミ拾いオフ【参上】http://natto.2ch.net/test/read.cgi/off/1025786449/l50
 
 場所    http://www.fujitv.co.jp/27h/ev-gomi02.html

 目的    「W杯でアジアの地位を貶めた韓国への抗議」と
       「その韓国を擁護しつづけ、視聴者の抗議を嘲笑した不治テレビへの抗議」
       「韓国の自慰行為の犠牲になった葡・伊・西チームへの励まし」

 服装    「ポルトガル・イタリア・スペインのユニフォーム着て」



久々大きな祭りのヨカーン

72 : :02/09/19 20:15
社会学?
あっても良いんじゃない?
ヒッキーが社会に責任を押しつけて自己を正当化する手段として
ひいては自己啓発としてな。




73 : :02/09/19 20:16
            __,,,,_
        _.. -´´      ̄`ヽ,
    `ー ''"--―〃  _,ァ---‐一ヘヽ            <                 >
     `ー--―― /´      リ}            <  い ざ 開 戦 !!    >
      `ー--   〉.   -‐   '''ー {!            <                >
        `     |   ‐ー  くー |              ∨∨∨∨∨∨∨∨
           ヤヽリ ´゚  ,r "_,,>、 ゚'}                     _.. ‐ァ=r‐''⌒゙二ニ二つ
         ヽ_}     ト‐=‐ァ' !                _. -‐ '"´  l l    r} } }l
          ゝ i、   ` `二´' 丿     __      . -‐ ' "´        l ヽ  、 ヽ_ノノ
              r|、` '' ー--‐f´-‐ ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´         ヽ、`ーテヽJ
     _.. -‐''フ|フヽr-‐ ''''フ. ̄「´      /   /                __.. -'-'"
  . ‐ '7    く/|」-rへ. /   l     l   /            . -‐ '"´
皇太子様が南北朝鮮へ宣戦布告されました!各自開戦準備をしてください。
ジークニッポン!ジークニッポン!!ハイルメグミ!!!






74 :00:02/11/18 06:59
環境社会学。

時代遅れの農村社会学者と社会運動論の延命のためにある学問にしか思えない。


75 :山崎渉:03/01/17 16:28
(^^)

76 :   :03/02/18 07:51
自然は偉大です。

77 ::03/02/23 08:40
鳥越ももう死んだなあ

78 :出会いNO1:03/02/23 09:12
http://asamade.net/cgi-bin/pc_i_j_ez-index.cgi
            ↓
   出会えるサイトはここ出会い率NO1
     http://asamade.net/web/
            ↓
   業界初こんなシステムどこにも無い
    なんたって無料で稼げるサイト


79 : :03/03/04 17:48
^ ^;

80 :山崎渉:03/03/13 13:01
(^^)

81 :山崎渉:03/04/17 10:02
(^^)

82 :山崎渉:03/04/20 04:28
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

83 :しんだ:03/05/03 21:52
この学問はしんだね。

84 ::03/05/14 16:31
既にしんでたよ

85 :山崎渉:03/05/28 15:30
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

86 : :03/05/31 10:15
しんだ

87 :動画直リン:03/05/31 10:21
http://homepage.mac.com/hitomi18/

88 :立命館大学経済学部4回生:03/07/10 18:03
お前ら環境、環境抜かしてるけど本当は何も知らない馬鹿だろ?

昔、滋賀県では洗濯には粉石鹸だけ使おうとかいう運動があったけど
今はみんな合成洗剤バリバリなのはどうしてか知ってる?

アルミ缶からリサイクルしてアルミニウムを製造するときと
アルミの鉱石から製造するときとどれくらいコストに差があるとか知ってる?
これくらいなら就職試験の一般常識だよ。

89 :@43 ◆wU2AUupFY. :03/07/10 19:44
>>88
どこに就職決まった?

90 :立命館大学経済学部4回生:03/07/10 20:00
>>89
全国規模展開の「すか?らーく」ですが何か?

91 :@43 ◆wU2AUupFY. :03/07/10 20:05
飲食系か
ぼくの志望とはちがってるから、ピンとこない

92 :山崎 渉:03/07/12 12:31

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

93 :fokfas:03/07/12 14:59

共産党は悪党!
パナウェーブのリーダーの言動を見てください。
誰がみても奇異です。妄想症とはああいう人のことをいうのです。
『日本狂産党・同類』
日狂の党内は、世間を上回るスピードで超高齢社会化してる。
基地外、キティー、妄想狂、自分では正しいことを言っているつもり。
共産主義者が批判者を隔離=これ日常!
セクハラ行為=これ日常!
タラフク飲ンデルゾ、 酒飲ムナ!不出茶化
不出茶化の酒席でのご乱交は今に始まった事ではない。
数年前は、離婚問題にまで発展した新宿歌舞伎町の女問題もあったし。
2000年5月にも元常任幹部委員の市川○一・元参院国対委員長の『不倫問題』
女性問題に敏感な筈の党がこれですから!
ビラ撒きする時、既に他の党派のビラが入っていたりすると、
それを抜き取ってしまうようにとの指示が地区幹部からある=これ日常!
日本共産党員連続幼女レイプ事件の判決はどうなりましたか。
佐○木けんし○う君雑収入17倍!
ガッポリ、ボロ儲けですか?

もっととんでもないネタがあるよ!!!

流石!赤だな!


94 : :03/07/14 10:15
何だかわからん。

95 :山崎 渉:03/07/15 12:30

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

96 :おいあいそんぽ:03/09/12 20:05
 うっ,,止まってるやないか。専門家の諸兄に聞きたいことあるのに。誰か来て〜!!

 あることがきっかけで,ある集団(160世帯,500人)における生ごみの排出量を2年間にわたって調査したのですが,そしたらどうやらその分布はガンマ分布らしいことがわかりました。
 もっと細かく言うと,水,土の週2日,全20班でステーション収集,各班ごとに収集量を測定し,それぞれがやはり(というか当然)ガンマ分布らしい。もしや人数が少ない班(2世帯)では指数分布が出るかと思ってみてみたが,出なかった。(でも指数分布には近い)

 このような事実は環境社会学では知られているのでしょうか?(そういえば,滋賀大の金子研の卒論見てたら全国自治体における一人当たり排出量がガンマ分布に似ていたのが記憶にある。)
 
 私は素人なのでこの辺を詳しくは知らないのです。どうか教えてください。また,検定法とかも。

 なお,統計屋さんが詳しそうなので,数学板にも投稿させていただきます。よかったらメールちょ!

97 : :03/12/10 00:35
安芸

98 :名無しさん@社会人:04/04/23 03:38
社会学を学習するだけでなく生態学を勉強すべし、
「はじめてのエコロジ−」
放送大学テキスト「生態学」などが手頃。

99 :名無しさん@社会人:04/04/23 10:56
日本初の生態学者は阿部行蔵。
彼が社会主義協会派のマルクスレーニン主義者だったことを知ってる人は少ない。


100 :名無しさん@社会人:04/04/23 22:51
>>99
生態学者と言えるのでしょうか?
生態学の業績は発見できなかった。

101 :名無しさん@社会人:04/06/07 01:30
なかみは大部分が農業経済じゃないの?

102 :名無しさん@社会人:04/06/08 03:54
環境ファシズムやってた院生はいたなあ

103 :名無しさん@社会人:04/06/08 23:00
>>102
レッテル貼り乙。

104 :名無しさん@社会人:04/09/07 23:12
京都精華大学人文学部環境社会学科について知っている人はいますか?

105 :名無しさん@社会人:04/09/08 01:01
学ぶ価値への問題じゃなくて、学ぶ前提で話をしたいんだが、環境社会学を大学で本格的に学ぶにはどのだいがくにいけばいいんだ?結局

106 :名無しさん@社会人:04/09/08 01:50
>>104
ホームページはここだけど、実際に研究体勢がいいかどうかは
ちょっと分からない。
http://www.kyoto-seika.ac.jp/jinbun/kankyo/

>>105
>環境社会学を大学で本格的に学ぶにはどのだいがくにいけばいいんだ?

普通は、一般的な社会学教室に入って、自分で環境社会学関連の文献を
探して読んで調査する、ということになると思う。
だから、特に環境社会学に適した大学、というのはないんじゃないかな?
という気がする。環境社会学を学べる可能性がない社会学教室以外は
全部OKということになるかもしれない。
頼りにならない答えでごめん。他の人の意見も聞いてみたらいいと思う。
下のスレで聞いてみるのもいいんじゃないかな?

☆雑談・スレ立てるまでもない質問スレッド2☆
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1083214342/l50

107 :名無しさん@社会人:04/09/08 02:05
>>106 ありがとうございます。とりあえず自分としては神戸大学を考えてます。いろいろありがとうございました。

108 :名無しさん@社会人:04/09/08 20:22
環境社会学を専攻する学科でも一般的な社会学を大まかに学ぶことができますか?
環境系のほうが就職等が良さそうなので・・・。

109 :名無しさん@社会人:04/09/09 02:51
>>108
それこそ大学によって違うような。

110 :名無しさん@社会人:04/09/09 08:34
>>109
どこならいいですか?

111 :名無しさん@社会人:04/09/09 12:34
どこに行きたいの?

112 :名無しさん@社会人:04/09/09 20:19
環境社会学を専攻できる学科って少ないような気が・・・。
誰かかたっぱしから書いてくれ。

113 :名無しさん@社会人:04/09/09 22:24
京都精華大学人文学部環境社会学科

114 :名無しさん@社会人:04/11/03 03:08:30
保守

115 :名無しさん@社会人:04/11/06 22:22:45
役に立たない

116 :名無しさん@社会人:04/11/07 06:27:43
age

117 :名無しさん@社会人:04/11/07 12:14:37
環境経済学がわからないDQNのための学問なんだな。

118 :名無しさん@社会人:04/11/07 12:15:35
http://www.nies.go.jp/seika/gaiyo/a24_99/2-3-10.html

119 :名無しさん@社会人:04/11/07 13:29:57
>>117
環境経済学>環境社会学 ってか?プププアホくせ

120 :名無しさん@社会人:04/12/21 00:21:23
高齢の農村社会学者の退職によるポスト空きに環境社会学者は乗っかってるだけ。政策系・経済系と無理して合同学会をしたせいで、
社会学内部どころか環境学領域からなめられているのが痛いな。社会学の問題解決能力ってのはシンプルに人とモノを動員するイデ
オロギーを作り出すという部分でしか担保されない気がする。社会学者という名の扇動家あるいは政治家か。

実証を標榜する社会学者は、常に調査地域で問題を起してきた。ジャーナルを一目見て、なぜ社会運動側あるいは市民と標榜する革
新系政党側の論理を無批判に称揚するのか理解不能。学生運動世代はともかく、いまどきの若手学者までそんなポジショニングをし
ている限り、未来はない。

環境社会学者の槍玉にあがる行政や医療関係者あるいは工学者もまた全力を尽くしたことを理解してほしい。自由史観が云々されて
いるけれども、環境社会学者は社会運動側の資料の信頼性や妥当性をどう考えているのか。被害者や支援者側にも問題は多々あれど
それは書かないお約束、

環境社会学やるくらいなら、腕っこきの新聞記者やルポライターを目指すべきだよ。

121 :名無しさん@社会人:04/12/21 01:20:27
はいはい、そうですねー(棒読み)

122 :名無しさん@社会人:04/12/21 11:35:36
>>120
むずかしい問題ですね。

123 :名無しさん@社会人:04/12/22 04:35:43
時代遅

124 :名無しさん@社会人:05/01/24 16:03:04
コースの定理ってどんなの?

125 :名無しさん@社会人:05/01/29 00:26:25
>>124
経済学

126 :名無しさん@社会人:05/01/29 01:08:58
環境社会学専攻の連中ってコースの定理もわからない馬鹿ばっか。

127 :名無しさん@社会人:05/03/04 09:33:56
から揚げ

128 :名無しさん@社会人:05/03/04 19:29:33
平成16年度 科学研究補助金の配分状況
http://homepage3.nifty.com/katu-kobayashi/doppo/rankingu_4.htm
科学研究費補助金(科研費)は、
人文・社会科学から自然科学までの全ての分野にわたり基礎から応用まであらゆる「学術研究」
(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、
ピア・レビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。

国立の圧勝!
慶応13位
早稲田15位


129 :名無しさん@社会人:2005/04/10(日) 03:27:12
なんかえんえんとキライごとを語るってイメ−ジが……

130 :名無しさん@社会人:2005/05/13(金) 18:55:26
age

131 :名無しさん@社会人:2005/05/18(水) 14:08:36
私の卒論のテーマを考えてください

132 :名無しさん@社会人:2005/05/18(水) 15:43:22
鳥越先生、早稲田に移ったのか?

133 :名無しさん@社会人:2005/11/12(土) 17:53:41
高齢の農村社会学者の退職によるポスト空きに環境社会学者は乗っかってるだけ。政策系・経済系と無理して合同学会をしたせいで、
社会学内部どころか環境学領域からなめられているのが痛いな。社会学の問題解決能力ってのはシンプルに人とモノを動員するイデ
オロギーを作り出すという部分でしか担保されない気がする。社会学者という名の扇動家あるいは政治家か。

実証を標榜する社会学者は、常に調査地域で問題を起してきた。ジャーナルを一目見て、なぜ社会運動側あるいは市民と標榜する革
新系政党側の論理を無批判に称揚するのか理解不能。学生運動世代はともかく、いまどきの若手学者までそんなポジショニングをし
ている限り、未来はない。

環境社会学者の槍玉にあがる行政や医療関係者あるいは工学者もまた全力を尽くしたことを理解してほしい。自由史観が云々されて
いるけれども、環境社会学者は社会運動側の資料の信頼性や妥当性をどう考えているのか。被害者や支援者側にも問題は多々あれど
それは書かないお約束、

環境社会学やるくらいなら、腕っこきの新聞記者やルポライターを目指すべきだよ。

134 :名無しさん@社会人:2005/11/12(土) 23:16:37
ある種の社会学者たちはあなたのご指摘に
なるほどあてはまるように思える。
けれども全てそうばっかりでもないと思う。

1.「常に問題を・・・」
それはちょっと言い過ぎでは?
そもそもインフォーマントに接するというのは微妙な行為。
それを記述して発表するというのはもっと微妙な行為。
トラブルサムなものであることは間違いない。

でも、だからやるべきではないというのは極論。
無理解にダム建設>強制退去を推進した行政は
全力を尽くしていたのだから社会学者が
ちょっかいだすべきじゃないというのは
ちょっといただけない。

2.社会運動側/市民/新系政党
へえ、そうなの?
少なくとも俺はそうじゃないし、
そうとは読めないような文章も多いよ?
住民の意識を無視して外部から「市民」と呼ばれる
正体不明のエコロジストがめちゃくちゃに引っ掻き回す
ようなケースもちゃんと報告されてる。

たとえば、鬼頭秀一の
『自然保護を問いなおす −環境倫理とネットワーク』
なんかはどう?

続く

135 :名無しさん@社会人:2005/11/12(土) 23:44:30
ご指摘の点はつまり、

「科学者ではなく社会運動家である」
「科学者ではなく物語作家である」

ということなのかな?
となると反論の方向性はふたつあるように思える。

一方は「科学的であるとはどういうことか」、
つまり、どんな科学だって一定程度は
社会運動だし物語づくりに過ぎない、でも
俺たちはそれで何とかやっていくしかない
という反論。要は、目くそ鼻くそを笑うな!と。

他方は「環境社会学という社会運動」であり、
「環境社会学という作風」であり、
それはそれで別にいいじゃん、
という反論。要は、別に俺ら科学じゃねーし!と。

俺はどっちも嫌いだけど、それにしてもさ、
「環境と社会の関係に関する学」というのは絶対必要だし、
行政と医療関係者、工学者、生態学者さえいれば充分、
っていう議論はもう成り立たないんじゃないのかなあ。

多分あなたの言っておられるのは、こういうことだよね?
「今、環境社会学と呼ばれている専門分野はダメダメだ。
あの状態が続くっていうんなら、あんなのやめた方がいい。」
それには俺も同感。同感な社会学者は多いと思うし、
同感な【環境社会学者】も多いと思いますハイ。

136 :名無しさん@社会人:2006/01/14(土) 10:44:15
質問なんですけど、日本の棚田百選の記事をデータとして環境社会学的理論を形成するとはどのように書けばよろしいのでしょうか?

137 :名無しさん@社会人:2006/01/14(土) 17:29:37
いくつか主義というか大きな潮流があるから一概にはいえん。
そもそもアメリカと日本でもかなり異なっているんだよ。

あんたが何を書きたいのか、まずはそれだろ。

138 :名無しさん@社会人:2006/01/19(木) 22:44:28
http://www.kankyo.tohoku.ac.jp/koho_index.html#event
東北産業クラスター計画・第9回環境フォーラム合同国際セミナー
「バイオミミクリー・ゼロエミッション・ネイチャーテック
 〜人と地球に優しい環境・経済・ものつくり〜」
http://www.kankyo.tohoku.ac.jp/index.html

日時 : 平成18年2月1日(水) 13:00〜17:00 (12:00開場)
会費 : 無料
会場 : 仙台国際センター 大会議室 橘
募集締切 : 平成18年1月27日(金)
○基調講演(1) ジェニュイン・ベニュス 氏
○基調講演(2) グンター・パウリ 氏
○先進事例:ネイチャーテック研究会の活動について
○ネイチャートーキングセッション
 モデレーター:環境科学研究科 石田秀輝 教授
※日本語による同時通訳がつきます
詳細情報はこちらhttp://www.kankyo.tohoku.ac.jp/pdf/9th_kankyoforum_060201.pdf(PDFファイル)

139 :名無しさん@社会人:2006/04/25(火) 20:20:26
島崎稔・美代子著作集〈第1巻〉戦後日本資本主義分析 (編集/安原茂、解説/山之内靖)
島崎稔・美代子著作集〈第2巻〉日本農村社会の構造と論理(編集/蓮見音彦、解説/細谷昂)
島崎稔・美代子著作集〈第3巻〉戦後日本の農村支配機構(編集/安原茂、解説/吉沢四郎)
島崎稔・美代子著作集〈第4巻〉戦後日本の都市分析(編集/倉沢進、解説/吉原直樹)
島崎稔・美代子著作集〈第5巻〉社会科学としての社会調査(編集/川合隆男、解説/川崎嘉元)
島崎稔・美代子著作集〈第6巻〉安中調査と鉱害裁判―調査報告1(編集/安原茂、解説/鎌田とし子)
島崎稔・美代子著作集〈第7巻〉ダム建設と地域社会―調査報告2(編集/高橋明善、解説/皆川勇一)
島崎稔・美代子著作集〈第8巻〉都市調査と構造分析―調査報告3 (編集/大野晃、解説/皆川実、大澤善信)
島崎稔・美代子著作集〈第9巻〉ボルゴの民―イタリアの都市と農村 (編集/古城利明、解説丸山優)
島崎稔・美代子著作集〈第10巻〉能楽社会の構造(編集・解説/倉沢進)


140 :香強建築:2006/05/08(月) 23:47:38
これって環境境学のテーマですか?

http://wing.zero.ad.jp/temasek/benjo.htm


141 :名無しさん@社会人:2006/05/10(水) 21:28:52
>>140
よく撮ったなw

142 :名無しさん@社会人:2006/07/03(月) 11:27:01
嘉田さん、滋賀県の知事さんになったんだってね〜

143 :名無しさん@社会人:2006/07/03(月) 12:36:05
嘉田さん
日本の社会学者初の政治家になったんやないの?ガンガレー

144 :名無しさん@社会人:2006/07/03(月) 20:35:53
東久留米市の元市長は東大社会学卒の社会学者だったはず

145 :名無しさん@社会人:2006/07/07(金) 11:01:29
あまり私はこの分野はわからん

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)