5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

1421〜鄭和艦隊が六大陸を発見していた

1 :世界@名無史さん:04/01/04 00:39
先月発売された「1492〜中国が世界を発見した年」紹介記事
http://www.webdokusho.com/38/0401/sonymg.html
著者ギャビン・メンジーズ(Gavin Menzies)

著者が証拠としているものとしては、カリブ海やオーストラリアの周辺で
巨大な古い中国の難破船が発見されていること、イタリアのベネチアでは
(コロンブス、マゼラン以前の)1428年にアフリカや南北アメリカ、
オーストラリアを含めた正確な世界地図が存在していたこと、鄭和の艦隊は
六分儀を使って自らの船の位置を記録しながら航海していたが、コンピュータ
によるシュミレーションで当時の南十字星などの位置を再現し、鄭和の航海記録と
照らし合わせたところ、オーストラリアや南極、南北アメリカの沿岸などの場所が
浮かび上がったことなどが挙げられている。

601 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 22:39:32 0
鄭和は世界史になんの影響も与えていない。
マゼランの世界一周は学術的にも記念すべき出来事だったが、
鄭和の航海は後世になんの影響も与えていない。
中国の天文学者自体が知らないのだから。


602 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 23:18:47 0
>>596
>鄭和が作った地図も参考にされたのではないだろうか?
そう思う

603 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 23:19:59 0
>>600
>コロンブス、マゼラン
王に海賊してこいと言われただけだったり
功名心や欲得で動いただけ

604 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 23:51:11 0
心はコロンブス
いつかヴァスコ・ダ・ガマのように
マゼランペンギン

605 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 00:15:52 0
I only believe in facts and data.

606 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 00:21:29 0
だからさあんな落書きみたいな地図が参考になるはずないだろ
ヨーロッパは中近東から直接知識が入るのに
わざわざほとんど接点のない中国から
あまりイスラム圏の地理に詳しくない中国人の書いた
ペルシャやインドの地図を参考にする必要がないだろ


607 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 02:19:33 0
>>592
この前、鄭和の地図とかいうのがあったけれど、
何度も通っているはずのマラッカ海峡も描かれて無かったよw
その癖、地中海とかアメリカ大陸が正確に描かれているという不自然極まりない代物だった。
それよりも近場のインドネシアも無かったような…

608 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 13:44:48 0
ディスカバリーチャンネルの「シリーズ工芸品 天馬と麒麟」という番組、
【偉大なる旅人 鄭和】(7月DVD発売予定)の続編だね。
全欧州海軍を遙かにしのぐ規模の外洋艦隊3万人、
世界征服も容易だっただろうに、それをしなかった明帝国。
中国文明の伝播によって、大航海時代が始まったのは自明。
という番組。これを下敷きにしたNHK番組制作開始の予感。
>東洋人がいかにして西洋を発見したかは、あまり知られていない。
>番組では、漢王朝時代に作られた「空飛ぶ馬」のブロンズ像と
>「中国一角獣」と呼ばれたキリンの陶磁器を手がかりに、いかに
>中国が西洋の伝説の馬を探し求めていたかを検証する。3万もの
>兵を引き連れて世界の半分を巡り、皇帝にキリンを持ち帰って
>献上した宦官の活躍は、当時としては壮大なスケールだ。
【シリーズ工芸品 天馬と麒麟】
5月21日(日) 16時〜17時  5月22日(月) 15時〜16時
6月1日(月) 20時〜21時  6月2日(火) 04時〜05時
>ロンブスが米大陸に上陸する87年前の1405年、中国は明王朝の
>海軍提督であった鄭和が、ヴァスコ・ダ・ガマが率いた5倍にのぼる、
>3百隻の船団に3万人の水兵を乗せて世界半周の航海に出た。彼は
>頭脳明晰で、優れた貿易商であると同時に冒険家…南アフリカのモガ
>ディシュなど40を超える国々を訪れ、持参した絹や磁器など工芸品で
>交易をしながら貿易ルートを構築したのだった。アジア、中東、アフ
>リカに及ぶ、鄭和の航海はどんなものであったのか。鄭和は、当時の
>中国が高度な航海術と知識を持っていたことを示しているが、記録の
>大部分は失われていた。新たな資料を元にCGを駆使して大航海を
>再現する。
【大航海の英雄・鄭和】放送予定日
6月4日(日) 19時〜20時  6月5日(月) 07時〜08時
6月5日(月) 12時〜13時  6月6日(火) 17時〜18時

609 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 14:11:52 0
>>608
>世界征服も容易だっただろうに、それをしなかった明帝国。

西洋を意識しすぎて、日本もイスラム世界も無視されているね。


610 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 14:38:29 0
NHKが鄭和特番を放映すると、現代中国の海洋覇権肯定に見えてしまう。


611 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 16:43:24 0
>>610
実際そうなんだから仕方ないお

612 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 16:51:01 0
>>611
中国人必死だなw


613 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 18:50:28 0
NHKは中国の覇権主義を
「欧米とは違う平和的発展」とか
誤魔化して事実上容認しているわけだが。

614 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 22:38:58 0
だいたい3万人程度で世界征服できるはずがない


615 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 22:55:38 0
ピサロとコルテスのチームは南米征服の時、何人いた?

616 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 23:07:23 0
>>615
世界征服と南米征服を同列にするな。
秀吉は30万人もの大軍を朝鮮半島に送り込んで失敗してるんだぞ。
それに当時の世界の海上はイスラムが牛耳っていたし、
実用性のある大砲が発明されたのはオスマン帝国からだ。


617 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 23:15:00 0
「シリーズ工芸品 天馬と麒麟」では
コロンブスの船を
鄭和艦隊主要艦とCGで並べてたね。

甲板上に三隻載せられるって。

現代の航空母艦より巨大だって言ってた。

すごいね。

618 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 23:15:30 0
>>613
欧米の大航海と植民地主義は香辛料が目的だったが、
中国は香辛料に魅力を感じなかった。
航海の目的自体が違うのに西洋の大航海時代と
比較するのはナンセンスだよ。


619 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 23:15:54 0
明日の午後三時からまた再放送だ。

620 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 23:18:47 0
>>617
ただし、これには近年異説が唱えられ近世以来の伝統的な中国の海船と同規模程度のものとする見方がある。
当時の航海術と造船技術ではこのような巨大船は(たとえ製造することは出来ても力学構造的に荒天を
乗り切ることは難しく)運航は不可能であったと考えられている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%84%AD%E5%92%8C


621 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 00:05:03 0
オスマンはヨーロッパ製の大砲を使っていたけどな

622 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 00:16:40 0
ハイハイ、ちゅうごくじんはえらいえらいw

623 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 01:05:30 0
俺たち日本人も中華圏の一人だ

誇りに思おうよ

624 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 01:21:07 0
>>623
親中ポチって奴か?


625 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 01:24:44 0
暴力団にいじめられないように、自分から暴力団に入れ、
ってことか?

626 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 01:32:13 0
今の中国共産党と取り巻きの政府なんかどうでもいいよ。

俺たち日本人はどこから誰が見ても中華圏の一員だよ。

627 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 01:39:38 0
>>623
>誇りに思おうよ

虎の威を借る狐は醜い。
そもそも自分からイデオロギーを暴露して
客観的な歴史検証を鈍らせている。
愚かしきことだ。


628 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 02:00:45 0
と言ってみても、自分が中華圏民の一人な事実は変わらない。

中華帝国の冊封の下にあったのは、
日本、モンゴル、朝鮮、琉球、台湾、ベトナムだ。
日本本土は室町時代でそこから脱したが沖縄は明治時代までその支配下。

政治的にも、文化的にも、人種的にも、我々は中華圏の人間。

中国度合い

漢族>中国の55少数民族(モンゴル族、ロシア族、朝鮮族、オロチョン族ほか)>>>ベトナムの京(キン)族>奄美や沖縄の人>大和民族>アイヌ族

629 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 02:07:41 0
55少数民族の中にベトナム系の京(ジン)族は含まれている。

630 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 02:10:01 0
>>582 南船北馬というが、動物の扱いに慣れた北方民族が統治するとうまくいく。

日本・西洋含め、海洋民族が征服王朝を立てた例は実は一度もない。これからも多分無理。

631 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 02:10:19 0
>>628
おまえには以下の本をお勧めするよ。
http://www.asukashinsha.co.jp/china/chinatop.htm


632 :628:2006/05/22(月) 02:18:54 0
その本は楽しく読んだし、嫌韓流も2巻とも面白く読んだ。
中国、ベトナム、シンガポール、タイ、スリランカ、インド、
ブラジル、チリ、米国のいずれかの国に毎月出張し続けてるよ。
自分の仕事とJICA絡みの仕事と二つで忙しいよ。
今月も浙江省に1週間いて帰ってきたところ。

心配、ありがとうね。

633 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 02:31:41 0
>>623
こんなバカに限って、
マゼランの世界一周とか
世界最古の地球儀とか
アムンゼンの南極点到達とか
ライト兄弟の人類初飛行とか
アポロの月面着陸とか
苦々しく思ってるんだろうな。


634 :628:2006/05/22(月) 02:51:41 0
>>633
>アポロの月面着陸
小学校でテレビを前に諸手をあげて歓声を上げたよ。

635 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 03:08:27 0
>632
肩書きやら国名をたくさん挙げると、他人が跪くと
思ってる典型的な虚言癖w

636 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 14:14:15 0
どちらにせよ、俺たち日本人は
準・中国人、亜・中国人。

637 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ :2006/05/22(月) 14:58:20 0
         ∧_∧
         <`Д´ヽ>
         /   /⌒ヽ
      _/⌒/⌒/ / |__
     / (つ /_/ /\ |  /\
   /  (_____/  ヽ/   \
  /| ̄ ̄         ̄ ̄|\   /
/  |   かまって     |  \/
    |   ください     |/

638 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 15:16:16 0
【シリーズ工芸品 天馬と麒麟】
5月22日(月) 15時〜16時

ディスカバリーチャンネルで現在放映中。
鄭和は身長2mの大男だったんだね。

639 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 15:58:26 0
番組を見終わった。

阿片戦争で押し寄せた英国艦隊を強くしたのは
かつて中国鄭和艦隊が欧州に伝えた英知だった…というセリフが心に残った。

640 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 21:00:39 0
古代ローマは、今なおアメリカやロシアを含む欧州の母体と
してノスタルジアを感じさせる。それにひきかえ支那ときた
ら、日本や朝鮮など周辺諸国から迷惑がられているだけ。

かつて輝いた文明でも、こんなに違いがあるとはね。

641 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 22:31:18 0
>>640
>朝鮮など周辺諸国から迷惑がられている
朝鮮はベッタリ従属しています。ロシアからは嫌われてますが。
「うちの若いもんは気が荒いんで、何をしでかすか、
 親分のあっしにも分からないんで」と中国が凄むためのコマ。

周辺国で迷惑がってるのは、台湾とベトナム、チベットとモンゴルだよ。

日本は米国追従派と中国隷属派が、外務省内でも自民党内でも
激しく争っている最中。ロシア派はムネオ追放と共に弱体化。

642 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 22:40:13 0
>>639
やれやれ、やっぱり欧州を出汁に使ったか。乞食だね。
よっぽど欧州に近代化で先を越されたのが悔しいらしい。


643 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 22:46:59 0
そもそも欧州の英知はほとんどイスラム世界伝承なんだがな。


644 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 22:51:22 0
中国崇拝者は西洋を出汁に使わないと中国史を賞賛できないのか?


645 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 23:54:10 0
>>642
>やれやれ、やっぱり欧州を出汁に使ったか。乞食だね。
>よっぽど欧州に近代化で先を越されたのが悔しいらしい。
番組制作は米国のテレビ局だよ

646 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 00:23:42 0
>>645
有色人種向けに作った番組だよ。


647 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 10:18:36 0
白人も結構自虐的なところがあるからな


648 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 13:52:44 0
おい!オマイラ!なんか凄いものが発見されたらしいぞ!

【奇跡?】5万年前の地層からAAキャラそっくりなオ−パ−ツが発掘される【白昼夢?】

http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1148289297/l50

649 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 22:32:15 0
心にゆとりのないシナ人は「シナは世界一!」としか
叫べないわけだが

650 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 22:50:36 0
>>647
米国白人にも朝日病が感染?

651 :世界@名無史さん:2006/06/01(木) 00:41:38 0
 

652 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 01:17:30 0
トルコの有名なオーパーツ、「ピリレイスの地図」。
コロンブス以前に正確な「アフリカと南米の沿岸」が描かれているどころか、南極大陸までも書かれている。

例の本では「鄭和が南米と南極を発見して地図を書き、ピリレイスがその地図を手に入れ、
自身が地図を書く際の参考とした」と、なっているなw

653 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 04:33:46 0
六大陸発見はまあおいて置くとしても、鄭和の航海の世界史的意義って何かあんの?
何にも無いような気がするんだけどwww

654 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 05:49:40 0
明を疲弊させた

655 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 06:03:20 0
>>640
あんた、バカぁ?
あんたの謂いで、古代ローマに対置すべきは古代漢帝国であって、どちらもノスタルジーの対象であるにはちがいない。
同じ謂いで、現代中国に対置すべきは現代イタリアだろうが、比較の対象にできるならやってみろ。
古代ローマにそく現代中国を対置する自分の論理の支離滅裂さに気づかないかなあ?

656 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 10:43:40 0
江戸時代の知識人、林羅山は地球が丸いと聞いて
「そんなわけあるかっ!!!」とマジ切れしたそうです


657 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 12:31:25 0
>>653
世界史的意義などない。鄭和などいなくても世界史は変わらない。
要するに、「当時は東アジアのほうが進歩していたのだ」って、
アジア人優越主義者の自己満足だろう。だから執拗に西洋と比較したがる。
鄭和の壊血病の予防策にしても、西洋人は知らなかったと判で押したように強調したがる。
この辺も西洋コンプレックスの現れだろうか。
西洋人の偉大な発明も日本の偉人伝で紹介されるが、東洋と比較したりはしない。
いちいち中国人は知らなかったなどと言ったりはしないだろう。


658 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 12:36:13 0
林羅山は後に明暦の大火で蔵書を一冊残してすべて焼いてしまい、ショック死しましたとさ。
スレ違い・・・

織田信長は南蛮人に地球儀を見せられ、「この世が丸いならば、何故下(南半球)の者は落ちない?」と
質問したそうな。

659 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 12:42:15 0
手岩なんてまあ所詮は巨大だが単発の打ち上げ花火

660 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 14:11:00 0
そういう質問を信長がしたということは格別に意味のある情報ではない。
南蛮人がどう答えたか、それに対し信長がどう反応したか、それを知りたい。

661 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 14:15:49 0
>>657
それは従来あまりに西洋画進歩してたのに、東洋は停滞してたからダメという言説が
過剰に語られていたので、その反論のため止むを得ない比較と言うべきではないか。

662 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 15:05:18 0
なんつうか、逆オリエンタリズムって感じだよね。無理やりにでも西洋に優越してたもの
を探し出してきて、偉大な中国とか、偉大な東洋とかってのは。そんなに偉大ならなんで
世界史を刷新するようなエポックにならねーんだよwwwwwっていう突っ込みは止めて置く方が吉?

663 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 19:00:21 0
田中芳樹はその傾向が酷い

ヨーロッパを題材としたの歴史小説なのに
突然、脈絡もなく「この時代の中国は素晴らしい」と比較する。

西欧中心史観から脱却するための通加点なのかね。

664 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 19:35:10 0
ディスカバリーチャンネルで
鄭和の番組が今、流れてる

665 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 19:59:46 0
鄭和の航海が後に続かなかったことは
インカ文明が車輪を発明しながらそれを放棄してしまったことを彷彿させる
いくら英雄や天才が現れても、それを受け入れ評価する社会が無い限り文明は進歩しないのだな

666 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 20:35:17 0
鄭和の航海が後に続かなかった理由は
当時の明が農本主義の原点に戻って海外交易の重要性を認識しなくなったから。
後、士大夫=官僚組織にとって第二第三の鄭和の登場は迷惑極まりない
宦官の専制を一層、加速するに過ぎない存在だったから。

667 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 20:41:05 0
鄭和の航海が後に続かなかったのはニンジンがなかったからさ。
武力でアジアを侵略しなかったのも王朝の財政悪化を恐れたからで、
別に中国人が平和的だったからではない。
秀吉の朝鮮出兵では、明が援軍を送ったために財政を悪化させて滅亡したし、
日本側も豊臣家が滅亡している。国益のない戦争など愚かな話だ。
西洋も、オランダはインドネシアを植民地にしたが、日本とは200年以上も
平和的に貿易している。
鄭和の時代の明がアジアを侵略しなかったもの、
西洋列強が日本を侵略しなかったのも同じことだ。


668 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 20:51:29 0
>>661
日本語へんだぞ。

669 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 02:34:45 0
>>660
南蛮人がどう答えたかは知らないが、信長は最終的に「道理にかなっている」と、地球が丸いことを理解したということです。
しかし家臣団は、どうしても地球が丸いことを理解できませんでした。

670 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 04:18:27 0
南蛮人が信長に地球儀を持って来たとき、
すでに信長は地球儀を持っていたとTV番組で見た覚えがある。
おそらくこの地球儀は鄭和の航海情報をもとにして作られたものだったのだろう。

671 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 07:09:55 0
>>670
ソースがないね。

672 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 07:19:00 0
現存する世界で最古の地球儀は、西ドイツのニュルンベルグ博物館にある
ベハイムのものである(1492年製作)。
日本人が製作した現存する最古の地球儀は、渋川春海の地球儀であって、
元禄 3(1690)に伊勢神宮に奉納され、同徴古館に所蔵されている。


673 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 12:54:35 0
>>672
>1492年
鄭和の航海の年だ

674 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 18:44:07 0
エジプトやメソポタミアのように、文明は北半球に最初に興った。
もし文明が最初に南半球に興り、順次発展していったならば、南半球が上になった地球儀が作られていたのかな?
やっぱり信長でなくても、「下側だったら我々は落ちてしまう!」と思うものね。


675 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 19:19:07 0
>>674

オーストラリア旅行でもして世界地図でも買って来い

676 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 20:41:52 0
でもオーストラリアやニュージーランド、アルゼンチンあたりの人口の大多数、
もしくは政府や経済の上層部は、北半球に興った文明の子孫たちだろ?
後で北半球から移住してきた。

アボリジニやインディオが文明を最初に興していたらどうなる?

677 :世界@名無史:2006/06/05(月) 21:15:45 0
愚かな日本人は中国人の偉業認められない悔しいから

678 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 21:30:39 0
>>670
おまえだったら「聖徳太子の地球儀」とか騙されて盲信した口じゃないか?
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9567/027.html
これも江戸時代の作成と証明されたが、騙された奴のなんと多かったこと。


679 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 21:41:53 0
1549年にフランシスコ・ザビエルが日本に到着し地球球体説をはじめとする
ヨーロッパの天文・地理知識を伝えたことが、彼の書簡により知られるが、
地球儀や世界図をもたらしたかどうかははっきりしないらしい。(平凡社・世界大百科事典)
ピーター・ミルワードによるとザビエルは次のように記している。
「・・・彼ら(日本人)は地球が円いことを知らず、また、太陽と星の動きについて何も知りません
でした。」(「ザビエルの見た日本人」p89 ピーター・ミルワード、松本たま訳 講談社学術文庫)
また、同じ文章が東洋文庫にもある。書簡96(1552年西日本での活動を記した書簡)の中に、
「・・・彼ら(日本人)は地球が円いことを知りませんでしたし、太陽の軌道についても
知りませんでした。
・・・」(「聖フランシスコ・ザビエル全書簡3 p186 河野純徳 訳 平凡社東洋文庫 1994)


680 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 21:44:50 0
それより、ザビエルは同然、「天動説」を信じていたんだよね?
下手に太陽の軌道を南蛮人から習わなくて正解だったかも。

681 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 22:25:44 0
>>676 マジレスすると、オーストラリアあたりじゃこーゆー地図を売ってるよ。
ttp://johomaps.com/world/worldsouth.html

682 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 23:01:19 0
>>681

俗に北半球を陸半球、南半球を水半球という。
その地図見ればそれが良く解るな。
せめて南極大陸がもっと北にズレて、オーストラリアあたりとつながっていれば
もっと居住可能、耕作可能な土地が増えたものを・・・

例のあの本では、南極大陸も鄭和の発見!となっていた。

683 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 23:19:52 0
>>671
まんがはじめて物語でモグタンのでやってたと思うよ。
外人「地球儀をもってきました」
信長「わしももう持っているがもうひとつあってもいいの」
とか言って、信長、地球儀二つを手足を使いお手玉状態でもてあそぶ。
ナレーション「外人が地球儀をもってきたとき、すでに信長は地球儀を持っていたとも言われるが詳しいことはわからないんだ」
って感じのシーンを見た気がするが違うかなぁ。
まぁこのスレを見ても、信長が地球儀を見て南半球の人は落ちないのかと言ったとか、
理にかなっていると理解したとか、いやいや、そもそも宣教師が地球儀をもってきたという記録がないとか
信長の地球儀を巡る情報は混乱してるようだなぁ。

684 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 23:28:54 0
>>683
その地球儀もザビエル以降の外人が持ってきた可能性が高いな。
ザビエルが来日したのが1549年だ。

685 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 23:32:17 0
>>680
>それより、ザビエルは同然、「天動説」を信じていたんだよね?

江戸時代の林羅山が地球球体説を否定してたんだから、それよりましだろ。


686 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 23:40:04 0
アルキメデスは紀元前に地球儀を愛用していた。


687 :世界@名無史さん:2006/06/06(火) 00:01:28 0
中国のほうが紙の歴史はずっと長いのに、
西洋のほうが文献が多いのは不自然だよね。


688 :世界@名無史さん:2006/06/06(火) 00:14:26 0
西洋にもパピルスや羊皮紙はありましたが何か?

689 :世界@名無史さん:2006/06/06(火) 01:04:10 0
>>688
パピルスは保存が悪いし、羊皮紙は大量生産できません。


690 :世界@名無史さん:2006/06/06(火) 01:09:09 0
中国最古の地球儀って何年なんだろうね?


691 :世界@名無史さん:2006/06/06(火) 01:47:50 0
>>673
鄭和の航海の年は(『1421』というタイトルからして)1421年あたりではないか!?
1492年はコロンブスの航海の年

692 :世界@名無史さん:2006/06/16(金) 20:26:06 0
鄭和はともかく、東南アジアやアフリカ西岸部との
交流の可能性はあると思う。

その中に中国人(華南人というべきか)が紛れていても
不思議はないだろう。
華僑みたいに世界中に散らばるのが民族の特性
みたいなところがあるからな。

693 :世界@名無史さん:2006/06/17(土) 04:01:19 0
>鄭和の航海が後に続かなかった理由は
>当時の明が農本主義の原点に戻って海外交易の重要性を認識しなくなったから。

農本主義の原点に返ったといえばそうなんだろうけど、単に燕賊が対外侵略主義者だっただけじゃない?
NHKでは明の平和主義外交を賞賛していたけど、同時期にタタール、オイラートやベトナムを侵略していたことには全く触れていない。

694 :世界@名無史さん:2006/07/05(水) 01:42:04 0
>>692
明代では遠くてもジャワ辺りまでだろうか? <華僑の進出範囲

695 :世界@名無史さん:2006/07/05(水) 12:19:58 0
           / . : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::ミヽ::::ゞ、
          i ; ; ;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::lリゞ;;:::ゞ
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノイ,/;;;;/::;;〃i/いリ;;;;;;:::::`、
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ,/;;;;/ノ;;/;ノノハノハw;;;:::::';
            !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ,ノノイノハノノノイノヽ、ノハ;;;::::!
           l;;;;;;;;r'ヽ;;;;!  -─ノノ-ノ '´─-ヽ;;:;:;:::/ カイザー・ラインハルトと同じく
          ハ;;;;;!リ〉リ'   r-rェァ'`  ,rェッ  !;;;;:ソ 嫁さんが筆おろしだった。
          ,リ;;;;;;),  ヽ           l    /;:ノ ミラクル・ヤンが、童貞元帥だったなんて
          ,/)ぃ,l:リ  l        ,_」   / 後世の歴史家は、なんて言うだろうか?
      _,.、-‐!  ヾ:!、Y       ___   /`ー -、_
_,.、-‐' ̄''ー- 、 l    \  ヽ     ー   /`ー-、_ i`ヽ、_
``ヽ、_,.、-ー-‐'ヾ 〔《l \ \     / \     `ー-,l ';
   ヽ、      ヽ      r'、  `ー‐',i ,r-‐'゙}        l! !
    .ヽ、     `、   /.、 \   / 〉\/          / ,}
      ヽ ゙l、  ヽ/、;:;:;:゙:、 \_/_,.r'             / / ク
`''‐-:、,_  ^:、 !       `ー、;;ヽ、,.ィ':;/          i / イr'゙ \
    ``''‐-:゙i ,|           `!;:;:;:;:〉     ___{_/ィレ'゙ _,.、‐':
ー─- 、___ミi、           ,}:;:;:/,-‐'" ̄ヽ、ヽ  ヽ、 ̄ヽ、   \
         `ヽ、   _,,..、-一''"         ゙i `l    `ヽ,.ー-ヽ、
         _,.、-‐'"                |  | ,ノー-、,    ヽ
      _,、-'"/                     |  イ'r
30過ぎまで童貞だった私が、新スレを立てたので、挨拶にやってまいりました。
【自衛隊のヤン・ウェンリー】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1150468063/

696 :世界@名無史さん:2006/07/05(水) 16:44:29 0
>418-428あたりで取り上げられてる世界地図。
バハ・カリフォルニアが島になって浮かんでるけど、
あの形は16世紀の一時期の地図に現れるだけ。
ほかの北米地形もやはり当時の地図と似ている。

だからそれ以前の地図ではないだろう。欧米渡来の
地図を粗雑に模写したもので間違いなかろう。

697 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 09:10:08 0

              _
            / /|)
            | ̄|
           / /




698 :世界@名無史さん:2006/08/12(土) 12:02:54 0
カリフォルニア湾は別名「コルテス海」だったっけな。

699 :世界@名無史さん:2006/09/05(火) 02:50:22 0
月例投錨に上がりました。

700 :世界@名無史さん:2006/09/07(木) 22:06:14 0
700get

701 :世界@名無史さん:2006/10/08(日) 21:22:35 0
月例停泊に上がりました。

194 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★