5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ギリシャ人

1 :日本@名無史さん:04/09/24 20:52:23
お隣の国に勝るとも劣らない妄想民族ギリシャ人について語りましょう
夢はコンスタンティノポリス奪還、東ローマ帝国再興だ

2 :世界@名無史さん:04/09/24 20:55:41
2をゲトした模様

3 :世界@名無史さん:04/09/24 20:56:32
ギリシア人はヨーロッパの朝鮮人

4 :世界@名無史さん:04/09/24 20:58:14
ヴェニゼロス=金日成。

5 :日本@名無史さん:04/09/24 21:00:58
>>1
妄想の仕方がショボすぎる
所詮日本人の妄想の限界はその程度だな

アレキサンダー大王時代の領土がギリシャの領土なんだよ!!
これは第一次大戦後あたりに大真面目に語られたギリシャ人の意見です(ヘレネス主義)


6 :世界@名無史さん:04/09/24 21:01:06
>4
半島の隣国にアタテュルクに匹敵する人物が存在しなかったのは痛い。

7 :世界@名無史さん:04/09/24 21:01:24
ヨーロッパの中国人はイタリア人。
朝鮮人はギリシャ人。
日本人と近いのはドイツ人。

8 :世界@名無史さん:04/09/24 21:03:19
始皇帝=ギリシャ人の末裔とか言ってるらしい。
バクトリアあたりから春秋戦国の中国西部に入ったギリシャ人が
秦支配層の先祖だとか。

9 :日本@名無史さん:04/09/24 21:04:52
>>1
「東」ローマ帝国なんて言おうものなら謝罪と賠償求められます



10 :世界@名無史さん:04/09/24 21:07:51
>>6
確かにわが国にいたらな。

11 :日本@名無史さん:04/09/24 21:11:14
ヴェニゼロスは世界史の中でもトップクラスの釣り師
こういう人間の生き様こそ学校の授業でおしえろよ

12 :世界@名無史さん:04/09/25 09:59:07
ギリシャ人といっても住んでる場所が同じなだけだからなぁ

13 :世界@名無史さん:04/09/25 10:50:41
スラブ人だしな。

14 :日本@名無史さん:04/09/25 11:15:25
オリンピックとかでギリシャ人選手見てると名前だけはちゃんとギリシャ人だよな
〜テデスとかさ

15 :世界@名無史さん:04/09/25 11:26:50
>>8
ソース

16 :日本@名無史さん:04/09/25 11:37:55
ヴェニゼロスのメガリ・イデア構想ってギリシャ人が居住するところは
全てギリシャの領土ってころだよね?
あんまりたいした範囲じゃないような・・・
トルコ人が居住するところは全てトルコの領土とかいったらえらいことになりそうだけど
まあトルコ人をどう定義するかが非常に難しいけど

ちなみにアテネ国際空港の正式名称はエレフテリオス・ヴェニゼロス空港だそうです
やっぱギリシャ人には結構人気あるのかな、この人は

17 :世界@名無史さん:04/09/25 12:33:33
>15
ttp://www.rizospastis.gr/wwwengine

18 :世界@名無史さん:04/09/25 13:20:55
>>17
捏造するんじゃねぇよバカ
中国の事なんかどこにも書いてないじゃないか。
そもそもおまえが本当にギリシャ語読めるんならそのサイトにあるΚΚΕって
どういう意味か翻訳してみろよ

19 :世界@名無史さん:04/09/25 14:27:42
つまり「ギリシャ人は捏造民族」とか騒いでいるこのスレの住民自身が捏造のプロ、ってことだな。
糞スレ決定。
>>1は責任とって削除依頼出して来い。


20 :世界@名無史さん:04/09/27 03:48:45
アレキサンドリア帝国とビザンチン帝国の領土はみんなギリシャの領土であることは常識ですよ。
もちろん、ギリシャ人によって文明化された南イタリア、南フランスもギリシャの領土です。
コルシカ島では1982年までギリシャ語が話されていたそうです。
http://www.ethnologue.com/show_language.asp?code=GRK
>The Greek of Italy and that of Corsica are probably separate languages (R. Zamponi 1992).
>The last native speaker died about 1982 (Nick Nicalas 1997).
もちろん、コルシカ島もギリシャの領土です。
アフガニスタンも、アレキサンダー帝国軍の末裔のギリシャ系が居るのでギリシャの領土です。

21 :世界@名無史さん:04/09/27 07:35:51
>>20
ついでにインドも加えてくれ

22 :世界@名無史さん:04/09/29 11:54:09
ミランダ王は実在したの?

23 :世界@名無史さん:04/09/29 19:50:42
ギリシアはすごいねぇ。
昼休みが午後1時から6時までとかだし。いつ働いてるんだろう。
>>20
イタリア南部のギリシア語地域は、いまでもギリシア語で、しかも、
それが、古代ギリシアの植民地をたくさん作った時代にさかのぼり、
ローマなんかよりも古いと。
ちなみに、ギリシアというのは、この南イタリアのギリシア人の自称
であって、現代でも、greci という。ギリシア本土のギリシア人は、
一度として、「ギリシア」なる名前や「グレコ」なる名前をいった覚え
はなく、「ヘラス」が現在でも国名である。

24 :世界@名無史さん:04/09/29 20:07:40
神様のお恵みで生きています。

25 :日本@名無史さん:04/09/29 21:06:19
>>16
一応第一次大戦を勝利に導いた英雄だから
その後がアレだけど
しかしヴェニゼロスがトルコに勝ってたら首都はコンスタンティノープルだったんだろうか
でも今ごろイスラム過激派のテロに悩まされてたかもしれないな

26 :世界@名無史さん:04/09/30 00:57:37
ディスカバリーチャンネルで
テルモピレー特集放送してるね。
なかなか興味深いですな。


27 :世界@名無史さん:04/09/30 16:54:34
>>7
万年属国で、最後まで毛沢東主義型の鎖国共産主義なんかやってた、
アルバニアが、ヨーロッパで言う朝鮮だろ。

28 :世界@名無史さん:04/10/02 03:08:29
イタリアはマグナ・グラエキアとシチリアなどの島嶼を返還せよ!

29 :世界@名無史さん:04/10/02 03:21:00
>>28
まあまあEUなんだからいーじゃん。

30 :世界@名無史さん:04/10/02 03:26:38
         ,,―‐.                  r-、    _,--,、   
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \  
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"  
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/    
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`    
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/bike/1096637050/l50
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、 
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \ 
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ," 
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"

31 :世界@名無史さん:04/10/10 21:01:30
ギリシャ人の祖国とは我が父祖が植民しギリシャ語が話されていた全ての土地を言う



32 :世界@名無史さん:04/10/10 21:20:43
正しくいえば「ギリシア人」とは、ギリシア語を話す、イタリア半島
南部の人たちだ。他に、ギリシア人はいない。
今、ギリシアと呼ばれている国は、一度もギリシアを名乗ったことが
ないので、これは、「ヘラス」国である。

ちなみに、テッサロニキで、博物館にいったときに、たかが「出口」
のために、εξοδοσ とあったのはびっくり。エジプトでちゃう
かと思った。

33 :世界@名無史さん:04/10/10 21:35:32
>>32
古典語でもGateの用法あるけどね。
でもまあ、大仰な感じはするわなw

34 :世界@名無史さん:04/10/10 21:58:17
>>33
そうだとは思う。英語の exit の訳だと思えば、両方 ex で始まるし。
でもさ、そのときに、すっごい歴史感じちゃって、感動っていうか。

35 :世界@名無史さん:04/10/10 22:17:44
>>34
確かに意外なところでモノの起源や歴史を知ると感動するよね

そういやギリシア語で思い出したが、外語板にこんな笑い話もw

名前:名無しさん@3周年 投稿日:04/08/16 02:14
昨晩TV神奈川でギリシャの番組やってたのだが、
「ΑΚΡΟΠΟΛ」って名前のタヴェルナが、
AKPONOA(アクポノア)だっつって紹介されてて非常ーーーに萎えた。

36 :世界@名無史さん:04/10/11 01:10:12
ギリシャ語をEUの共通語にするぞゴルァ

37 :アクィラ ◆0fUIPC892c :04/10/11 01:32:12
十字軍の頃になると、
所謂、ビザンツ帝国をローマ帝国と呼びたくないカトリック圏から、
「ギリシア人の皇帝」などと呼ばれることを、
ビザンツ皇帝は黙認(後に、公認)していたとの記述を読んだ記憶が...
(勿論、自称してるのとは違うわけですが)

中世期は「ギリシア」って、
ビザンツでも、カトリック圏でも、
良いニュアンスでは使われないみたいですね。

38 :世界@名無史さん:04/10/11 17:48:51
ヘラスにあぼーんされたトロヤ残党の末裔ごときがなめんなよゴルァ

39 :世界@名無史さん:04/10/11 18:48:50
http://www.geocities.com/Athens/Oracle/7823/english.html

40 :世界@名無史さん:04/10/13 15:01:24
>>37
>中世期は「ギリシア」って、ビザンツでも、カトリック圏でも、良いニュアンスでは使われないみたい

西欧側では「二枚舌野郎」みたいなニュアンスでギリシア人を使ってたと聞く(w
ベネティア商人だったかな??
シルクや聖遺物なんてのを扱ってたからかな。

一方で、古典思想を伝えてるってことで尊敬する向きもあったわけだけど。
こっちは一部知識人や好事家の間でのことかな??

41 :世界@名無史さん:04/10/13 16:28:27
>>23
ところが、そうでもなくて、
西ローマ帝国〜フランク王国期に俗ラテン語に飲み込まれて消失、
ビザンツ帝国のイタリア南部回復で再殖民→戦乱で離散、消失、
両シチリア王国時代に国策で官吏・商人の招聘→カトリック化で消失、
オスマン王朝の伸張による難民
船舶運輸事業による港湾地域での出稼ぎ、移民
ユーゴスラビア、ルーマニア、ブルガリアの共産化による難民・移民
と、南イタリアのギリシャ語の住民の内容は入れ替わっているわけで、
今に残っているのは下から二つ目くらいまでのものだ。

42 :アクィラ ◆0fUIPC892c :04/10/13 22:23:47
>>40
>一方で、古典思想を伝えてるってことで尊敬する向きもあったわけだけど。
>こっちは一部知識人や好事家の間でのことかな??

ルネッサンス以降なら、大いに有り得そうですけど、
中世だとどうなのでしょうか。

一方、ビザンツ人と言えば、
「細かいこと、つまらないことに粘着する高飛車な奴」
のイメージらしい。
現代語にも残存しているとのこと。

43 :アクィラ ◆0fUIPC892c :04/10/13 22:35:16
>>42
私も含め、この板の住人は、
多かれ少なかれ、ビザンツ人の末裔と言えなくもないw

44 :世界@名無史さん:04/10/13 23:03:29
It's Greek to me!!

45 :世界@名無史さん:04/10/13 23:36:57
>>37
とはいえ、東ローマ帝国、あるいはビザンチン帝国で、
軍人の公式言語は最後までラテン語だったそうだ。
ようするに、命令系統とかそのあたり。

46 :アクィラ ◆0fUIPC892c :04/10/14 05:34:13
>>45
異民族を補助軍的に採用してた場合は、
(東ゴート?のテオドリックみたいな場合を想定)
ラテン語ではなかったのでは?

正規軍だと仰るとおりかもしれないけど、
とすると、ギリシア語だけしか分からない筋肉バカは、
ビザンツ軍人になれないということか。
何か、頭でっかちの軍隊のような...

47 :世界@名無史さん:04/10/14 07:01:17
ラテン語を完全に話せる者でないと士官クラスになれなかったということなのでは?
兵卒にはラテン語といっても、「進め」「退け」など命令のためのわずかな言葉を覚えさせて用が足せたか、
あるいは士官のほうが兵卒のギリシャ俗語を解したのでは?
しかし、上からの命令は正則ラテン語で行なうということだったのでは?

48 :世界@名無史さん:04/10/14 16:20:16
西洋の中国

49 :世界@名無史さん:04/10/14 16:25:33
現代ギリシア語でもフランスを「ガリア」、ドイツを「ゲルマニア」というんだな。
オリンピック見て驚いた。

50 :アクィラ ◆0fUIPC892c :04/10/14 23:38:30
>>47
実際は、そんなとこでしょうねぇ。
で、一瞬、昇進のためにガリ勉している姿が思い浮かんでしまった。
それはそれで...

51 :アクィラ ◆0fUIPC892c :04/10/15 00:13:12
あ、でも、南川高志著『海のかなたのローマ帝国』に、
どこぞの東方属州から来た部隊では、
かなり、ラテン語が多用されていたと書かれていた。
休暇願とかも、ラテン語みたいな感じだった気も。

例のNHKの3回目でやるらしいから、
確認しておこうっと。

52 :世界@名無史さん:04/10/15 06:30:37
現代ギリシャ語には、近代以降の学術用語以外で、
ラテン語からの借用語は多いの?

53 :世界@名無史さん:04/10/15 14:08:09
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041015-00000086-kyodo-int

「ゲーム禁止法」は違反 欧州委がギリシャ提訴

 【ブリュッセル15日共同】欧州連合(EU)欧州委員会は14日、自宅でコンピューターゲームをすることまで禁じたギリシャの法律は、域内のモノやサービスの自由な流通を定めたEUの法令に違反しているとして、同国政府を欧州司法裁判所に提訴した。
 ギリシャは2002年、違法ギャンブルを取り締まる目的で、スロットマシンなど電子機器を利用したゲームを禁止する法律を制定。その際、家庭用コンピューターゲームや携帯電話の付属ゲームも対象になった。
 実際に家庭内での利用が摘発されることはないが、カフェなどでゲーム機設置が許可されないケースがあるという。
 欧州委は今年4月、法改正を要求したが、ギリシャ政府は対策を取らずにいた。 \

54 :世界@名無史さん:04/10/15 14:48:14
さすが政教分離ができてない国。

55 :ナポレオン ◆vYVYAtFe0o :04/10/16 00:25:03
>>37
>中世期は「ギリシア」って、ビザンツでも、カトリック圏でも、
>良いニュアンスでは使われないみたいですね。
いや、ビザンツ末期には「エラス」という言葉は
「ローマ」に替わる民族的・文化的アンデンティティの拠り所として、
知識人を中心に盛んに唱えられるようになります。
「自分達はローマじゃない、エラスなんだ」と。

>>45
ん? ビザンツではイラクリオス帝時代に公用語はギリシア語になってますが。
典拠プリーズ。

※エラス、イラクリオスともにビザンツ時代のギリシア語での発音です。
古典ギリシア語(ビザンツ時代にはもう使われてない)では、
ヘラス、ヘーラクレイオス。

56 :アクィラ ◆0fUIPC892c :04/10/16 02:03:24
>>55
ご教示感謝。勉強になります。
何故、「ローマ」が忌避されたのか、
その理由を、ご承知でしたら、お教え下さい。

57 :世界@名無史さん:04/10/16 04:40:19
ギリシャ人=デブのイメージ

58 :世界@名無史さん:04/10/19 13:11:49
オリーブ油だからスマートだよ!

59 :世界@名無史さん:04/10/19 19:00:32
>>56
擬古主義とかatticismでググってみ。

60 :アクィラ ◆0fUIPC892c :04/10/19 23:18:11
>>59
擬古主義という言葉は、
古典を振り返るものですので、
ギリシャ古典に限らず、
ラテン古典をも含めてもおかしくないはずです。
また、atticismは、コイネーや中世ギリシャ語ではなく、
古典期の前5-4世紀のアッティカ方言を範としようというものでは。
いずれにせよ、ビザンツ末期の特質ではないと思われます。
(レイノルズの著作では、9世紀の古典復興が挙げられていた筈)

オストロゴルスキーが言うところの、
「ギリシア人(語)によるキリスト教的東方ローマ帝国」
であった筈のビザンツが、
その本質の一つであり続けた「ローマ」を切ったのは、
何故なのだろうとの、>>56でした。

61 :世界@名無史さん:04/10/21 00:09:09
擬古主義
モナーを悪とし、ギコを良しとする『偏狭な思想』

62 :世界@名無史さん:04/10/21 09:34:39
ローマは領有してないし、バチカンとは仲悪いし、キリスト教の原典はギリシャ語で
書かれてるし、もともと文明はギリシャの方がローマに教えてやったものだし、
ローマ人の方のアイデンティティがトロイ戦争の難民の子孫でギリシャ人と同祖同族と
いうところにあったんだから、本家たるギリシャの領域を支配してギリシャ語喋ってりゃ
文化的優越感が生じるだろうに。

63 :世界@名無史さん:04/10/21 12:15:10
けど血統はスラブ人。

64 :世界@名無史さん:04/10/21 12:30:07
スラブは語族で人種じゃないよ。

65 :世界@名無史さん:04/10/21 14:16:50
どっちにしても古代ギリシア人とは血が違う。

66 :ギリシア人:04/10/21 15:14:49
  このモンゴロイドがっ!pu

67 :世界@名無史さん:04/10/26 08:12:10
ギリシャ文字で書かれたトルコ語というのは残っていないの?
いわば「カラマンリ語」と言うべきようなもので。

68 :世界@名無史さん:04/11/22 13:36:42
ローマ帝国では、インテリはギリシャ語も分かり、ギリシャ文化を学び、
庶民はラテン語しか分からなかった、と聞いたことがあるけど。

古代ローマ時代はそうであって、しかし、
多くの書き込みがあったよに中世、およびそれ以降はまた、違うってことか。

69 :世界@名無史さん:04/11/22 18:46:46
オストラコンは現代日本にも導入したいな。
自分の選挙区ばかりに国費を掠め取るような代議士を、他地域が引きずりおろす。
国会の選挙区内の住民は選び、選挙区外の住民が逆票で対抗。

70 :世界@名無史さん:04/12/18 11:16:49
>>68
それは西と東で違うでしょ。

71 :世界@名無史さん:04/12/23 04:14:03
マイ・ビッグ・ファット・ウエディング っていう映画でギリシア人のなんでも起源だって言うところを
揶揄してると思われるシーンで「お父さん、着物も」「そうだよ、ギリシア語のキモニ?(冬)という
言葉が語源で、寒いから服をきるから…」といったことを言ってた。

72 :名無しさん@:05/01/02 19:33:37
ここの版レベルが高いので質問させてください。

ローマ時代の「アジア」はどこからどこまでの範囲と認識されていたのですか?

中国は「セリカ」=絹の国と呼ばれていたらしいけど、「アジア」とはまったく別のものと捉えられていたんですよね?

できれば情報ソースも教えてください。

73 :世界@名無史さん:05/01/02 19:46:00
>>72
単純に考えれば 「アジア」=小アジア だと思うのだけど、違います?

74 :世界@名無史さん:05/01/02 20:04:22
アジアとは元々「東」という意味で、本来はギリシアから見たボスポラス海峡東岸の地域だった。

それが地理の知識が増すに連れてアジアの指し示す区域がどんどん広がり、
現在では「本来のアジア」を小アジアという・

75 :世界@名無史さん:05/01/02 20:34:40
ローマの属州アジアの範囲は小アジア半島西部のみですね。
この時代の「アジア」はまだ、元々のアジアの範囲に限定されていたということですか。
ttp://home9.highway.ne.jp/nicolo/Cancelleria/ro-e-map.html

76 :名無しさん@:05/01/02 21:33:21
ご返事ありがとうございます。いや、ほんとここはレベル高いですね。
つまり
ローマでは「アジア」という言葉は行政単位として小アジアを指していただけ
である。で、帝国領土とそれ以外の東方地域はオリエント・オクシデントという分
類でいいのですよね?

そして問題は「アジア」が具体的にいつ頃から拡大されていったのか。
これもどなたか知っている方いますか?
近代以降ってのはわかるのですが、正確な時期がどうもわからないんです。

>>74さん
「地理の知識が増すに連れてアジアの指し示す区域がどんどん広がり」
というのはローマ時代におこったことですか?そうではなく近代以降と
考えていいのですよね?

77 :世界@名無史さん:05/01/03 01:02:40

小アジア史総合スレッド   @世界史板
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1038900541/

78 :世界@名無史さん:05/01/10 20:04:04
ドラクマの紙幣の人物知ってる方。

79 :世界@名無史さん:05/01/10 20:08:46
100ドラクマ札の肖像画は自然科学者のデモクリトス。

80 :世界@名無史さん:05/01/11 14:00:05
>>79

おおきに。

81 :世界@名無史さん:05/01/11 14:00:47
さまよえるオランダ人

82 :世界@名無史さん:05/01/26 00:13:32 0
帝国書院の世界史地図に第一次世界大戦前(1941.01)の国力図があった。
ギリシャの人口は500万人ほどだったらしい。これでトルコと100万だか150万だか
の住民交換(1922以降)行ったわけか。1/5-1/4、凄まじい入れ替えだな。
ちなみにトルコはアラブ方面領有した状態で2000万人ほど。
そいえば現ギリシャ人スラヴ説の人って小アジアとかのギリシャ人をどう見ているのだろ。

83 :世界@名無史さん:05/01/26 00:39:48 0
トルコ人はトルコ語を話すが、人種的にはスラブ人ですから

84 :世界@名無史さん:05/01/26 00:46:37 0
突厥の血はどこへ逝ったんだろうか。

85 :世界@名無史さん:05/01/26 00:49:14 0
ごく薄く入ってますから
だからスラブ人種でもポーランドのような北方系とは違って濃い

86 :世界@名無史さん:05/01/26 00:56:02 0
いつ頃からスラブと混血したんですか?

87 :世界@名無史さん:05/01/26 00:57:08 0
>>56
ビザンツ学者井上浩一先生の説明によると…

(ギリシア人意識の芽生えは1204年以降だとした上で)
第二のローマ、コンスタンティノープルを失ったことは、ローマ人・ローマ帝国
という建前を色褪せたものにした。いまやみずからの栄光を学芸に求めざるをえ
なくなったビザンツ人は、ギリシア意識を強く持つようになる。ニカイアの文人
皇帝テオドロス二世はみずからの国をあえてヘラス(ギリシア)と呼んだ。十四
世紀のメトキテスになると、さらに積極的に「ギリシア人たれ」と呼びかけてい
る。
(『世界の歴史14 ビザンツとスラヴ』P210-211 中央公論社1998年)

だそうでつ。


88 :世界@名無史さん:05/01/26 12:53:06 0
スラブは言語系統。スラブ人種なんていう言い方はゲルマン人種と同じくらいおかしい。
トルコは「アナトリア人種」だよ。

89 :世界@名無史さん:05/01/26 23:34:08 0
>>86
6世紀以降。ドナウ川を越えてビザンツ帝国へ侵入し、そのまま
住みついてしまった。その頃ギリシャ人達はシチリアや南イタリ
ア、小アジアへ逃げてしまった。ここで残ったギリシャ人とスラ
ヴ人が混血したと考えられる。
しかし、8世紀以降国力を盛り返したビザンツ帝国はバルカン半
島への支配権を徐々に回復させ、小アジアや南イタリアなどへ
逃げたギリシャ人を再度ギリシャの地に植民させている。

と、いうことをスラヴ人説を取る人はどう考えてるのか説明キボン。
まさか、19世紀のフェルメライヤーの説を鵜呑みにしてるじゃないよ
ねぇ。

そもそも、バルカン半島やアナトリアのように民族の出入りが激しい
ところで混血しない方がおかしいと思うのだが。

90 :世界@名無史さん:05/01/27 00:07:54 0
ビザンツの国力が衰えた11世紀以降の話は?

91 :アクィラ ◆0fUIPC892c :05/01/27 05:02:52 0
>>87
レス感謝です。
基本的な文献を読んでいませんでしたorz
折を見て目を通すことに致します。

92 :世界@名無史さん:05/01/28 00:27:23 0
>>90
12世紀までは何とかバルカン半島を維持できていたが、その先はどうかねぇ。
というか、ビザンツ自体アルメニア人が支配階層にたくさんいたような多民
族国家(まあだからこその「ローマ帝国」なのだが)だし、そもそも当の本
人達は「『ローマ人』であって『ギリシャ人』ではない」って言ってた人達
だから(末期になると>>88みたいな知識人は多くなるが)。いまだにギリシャ
では「ローマ人」て呼ぶこともあるっていう話もあるくらいだし(ホントか?)。
 近代以降の民族の概念で語ろうとしても、ローマ〜ビザンツ・オスマンと
千百年も民族を越えた「世界帝国」に支配されてきたこの地域でそれが意味
のあることなのかどうか…逆に無理矢理民族の枠を作ろうとした結果が「バ
ルカンはヨーロッパの火薬庫」になったのだろうし。

93 :世界@名無史さん:05/01/28 22:14:04 O
>>1
ギリシャ人の場合は実際にアナトリア・バルカンはお
ろかシリア・エジプトまで支配している時代があった
からただの妄想ではない。隣の半島人はなかったこと
を捏造してるので全然違う。

94 :世界@名無史さん:05/01/29 09:28:52 0
ギリシャって土地はあるの?
例えば現在のイタリア共和国は、本来のイタリアって土地のみならず、ガリアの一部も領土なわけだが。

95 :世界@名無史さん:05/01/29 12:13:22 O
↑ハァ?


96 :世界@名無史さん:05/01/29 16:31:39 0
>>93
じゃヨーロッパの中国だな
短期間でもはるか昔でも同じところに住んでたやつらが
支配したことがあるってだけで領有権を主張するのも
妄想よりはまだマシだけどやっぱりタチ悪いな

97 :世界@名無史さん:05/01/30 19:13:43 0
「トルコ」って土地は無いよな。

98 :世界@名無史さん:05/01/30 20:46:23 O
>>96
アテネ五輪の時、トルコ代表団にもいちあう拍手してたからな。
サッカーの試合でブーイングしかしなかった日本の隣国よりかはマシ。

99 :世界@名無史さん:05/01/31 00:02:18 0
>>96
それをいうならユダヤ人だろ。
二千年も前の話を持ち出して土地を分捕り、国を作ったんだから。

100 :世界@名無史さん:05/02/03 10:27:08 0
近代ギリシャ王国の君主が
対内的に「皇帝」を名乗ったとかいうことは無いんだろうか?

101 :世界@名無史さん:05/02/03 10:33:49 0
ない。所詮は西欧からきた王様だし。

102 :世界@名無史さん:05/02/03 11:34:13 0
皇帝より「アルコン」とか「僭主」の方がギリシアっぽくて萌える

103 :世界@名無史さん:05/02/03 13:36:14 0
古代と現代とでは住んでいる人がちがうってね

104 :世界@名無史さん:05/02/04 00:19:05 0
>>100-101
ビザンツ皇室のコムネノス家やパレオロゴス家の末裔とかならともかく、
西欧の王家出身じゃねぇ…。

>>103
また来たよ、この手のレス。
古代から混血が激しいからね。スラヴやトルコ、アルバニア、アルメニア
色々混じってるよ。極東の島国やその隣りのどうでもいい半島と違って民
族の入れ替わりが激しい。7世紀くらいでビザンツが滅びてたら、ギリシャ
語と古代ギリシャ文化の記録も消滅してたかもな。

105 :世界@名無史さん:05/02/04 21:13:56 0
ギリシャ文明に関しては
ササン朝やアッバース朝に保護されてたわけだし
消滅までは(略

106 :世界@名無史さん:05/02/08 15:30:25 0



107 :世界@名無史さん:05/02/09 11:02:25 0
>>103はファルメライヤー

108 :世界@名無史さん:05/02/16 02:38:32 0
「ビザンツとロシア・東欧」によるとスラブ人はバルカンを南下し623年にはクレタにまで到達、ギリシャ内陸部の地名や中世以降の人名にスラブ語起源のものがかなり残っているという。
ところがギリシャのスラブ人のその後については歴史も文化遺産も考古遺物も殆ど何も残らず、ビザンティン帝国側の対応もよくわからない。全バルカンがキリスト教化されてる以上、布教はされた筈だが8XX年代みたいにスラブ語で布教した形跡も無い。

故にビザンティンはなし崩しにスラブ人が雪崩れ込むままにし、なし崩しにギリシャ語で布教し、なし崩しにギリシャ人化してしまったのであろうとのこと。

スラブ化の勢いも凄まじいがギリシャ化パワーも相当なもんだ。そういえばローマもギリシャ化されたんだよなー。

109 :世界@名無史さん:05/02/16 07:14:23 0
ただ、ギリシャ化といってもギリシャ正教化と言語のギリシャ語化に
すぎないから、古代ギリシャとは言語以外は無関係な方向なんだよなぁ。

110 :世界@名無史さん:05/02/28 20:11:34 0
現代ギリシャ人と話してるとき、東ローマ帝国のことを話の流れで「ギリシャ帝国」と呼んだら
どういう反応されるだろうか?
「ビザンチン帝国」とかだと多分不機嫌になるだろうけど。

111 :世界@名無史さん:05/03/02 18:56:36 0
クリム(クリミア)半島のギリシャ人って今はどうしたのかなと思ったら、
今でもいるんだってね。
どのくらいの人口があるのだろう?
ギリシャ語を教える「ギリシャ学校」なんてのもあるらしい。
クリミア・タタールは有名だけど、ギリシャ人はあまり聞きませんが
詳しい人教えて下さい。

112 :世界@名無史さん:05/03/02 20:06:26 0
キリスト教がセム一神教がヘレニズム化したものだし、
ビザンチンの中世ギリシャ語は古代ギリシャ語の後裔だし、
ギリシャ正教を受け入れて中世ギリシャ語を喋るように
なるということは、ギリシャ化以外になんなん?

113 :世界@名無史さん:05/03/03 17:10:08 0
人種の話ぢゃなからうか。
古典期のへレスの民のように(?)、紅毛碧眼ではなく中東っぽい人種になったことを
いふんぢゃなからうか。
でも、もとからギリシャ人って今のような風貌だったといふ説もあるけど。


114 :世界@名無史さん:05/03/03 17:12:30 0
訂正
誤:古典期のへレスの民のように(?)、紅毛碧眼ではなく中東っぽい人種、、
正:古典期のへレスの民のような(?)紅毛碧眼ではなく、中東っぽい人種、、

115 :世界@名無史さん:05/03/03 18:45:09 0
>>111
バルカンスレで話題になってました。ウクライナ全体で10万人ぐらいだとか。
ただ、オデッサ近郊などの居住者を含むでしょうから、クリミアだけでは
もっと少ないと思いますが・・・
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1040515302/928

116 :世界@名無史さん:05/03/03 18:53:44 0
>115 ありがd

117 :アクィラ ◆0fUIPC892c :05/03/03 22:00:52 0
山川世界各国史の『ギリシア史』は、
2月発売となってたと思うのですが、
見かけた方いらっしゃいます?

118 :世界@名無史さん:05/03/03 22:11:11 0
アクィラさん、『ドナウヨーロッパ史』どうよ?

119 :アクィラ ◆0fUIPC892c :05/03/03 22:19:10 0
不勉強で未読です。
アマゾンのレビューは高評価を付けてましたね。

120 :世界@名無史さん:05/03/03 23:48:31 0
オデッサと言うとギリシア独立の拠点がありましたよね
イプシランディスとかがいた…
あの辺ギリシア人って今でも多いのかな?

121 :世界@名無史さん:05/03/08 13:41:52 0
>>109
言語以外は無関係って言うけどさ、
思考する上で一番重要なのが言語なんだから、
言語を受け継いでるってことは思考形態も受け継いでるってことじゃないの?
それともひょっとしたら現代ギリシャ語って古代ギリシャ語とは文法から発音から語彙まで
スラブ諸語とかに換骨奪胎されちゃってるってことなの?

122 :世界@名無史さん:05/03/08 20:00:10 0
日本人=武士道のイメージが未だに強いように
ギリシャ人=ヘレニズムのイメージも強いよな。
当の現代ギリシャ人にとっての誇りは、まず第一に正教なんだろうけど。

123 :世界@名無史さん:05/03/08 20:08:20 0
>>121
正気か?

124 :世界@名無史さん:05/03/20 20:01:52 0
age

125 :世界@名無史さん:05/03/20 20:02:45 0
      ∧∧
〜′ ̄ ̄(,,゚Д゚) <なんだこの厨房どもの会話は!!
  UU ̄U U 

126 :世界@名無史さん:05/03/20 21:03:04 0
古代ギリシア人って、ローマ同様に飽食とかしてたのかな、と
おもっていたらかなりストイックで、食生活も現在とあんまし
変わらず質素ですね。午睡の習慣も無かったみたいで。

127 :世界@名無史さん:05/03/20 21:58:44 0
>>121
古代ギリシャ語と現代ギリシャ語とは
二千数百年の時を隔てていますが
その半分以下しか隔てていない日本の中古語と現代語の距離より
はるかに差が少ないです。語彙も文法も。

128 :世界@名無史さん:2005/03/21(月) 14:00:03 0
>127
なにせ妄想民族だからな
ユダヤ人のヘブライ語みたいな

129 :世界@名無史さん:2005/03/21(月) 15:43:13 0
>>128
ヘブライ語同様、近代になって古代の語彙・文法を復活させたようなもんだからなぁ。
そもそも、バルカン諸民族の言語なんてみんなこんな感じで人工的に作ったもんだし。

130 :名無しさん@社会人:2005/03/26(土) 23:54:26 0
>>129
古代の語彙・文法の復活ってのは具体的にどんなことがおこなわれたんでしょうか?
いつ頃とか、中心人物などがいれば知りたいです。上田万年みたいな奴がいたんですかね。
なんかいいサイトとかあれば教えてもらいたいのですが。

131 :世界@名無史さん:2005/03/27(日) 00:26:01 0
>>130
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3%E8%AA%9E

132 :世界@名無史さん:2005/03/27(日) 03:46:11 0
>>111
お詳しいですね。
1921年、クリミア自治共和国に住んでいたギリシア人は23868人、全人口の3,3%。
20年代、ギリシア語学校、ギリシア語新聞、ギリシア人のコルホーズが存在した。
30年代末、スターリンの弾圧を受け、多くのギリシア人がラーゲリで死んだ。
1944年、クリミアには14300のギリシア人が残っていたが、タタール人などと同じく
様々な地方に強制移住させられ、強制労働に従事させられた。彼らの法的な身分が
改善されたのは1956年。この間、ギリシア語教育は禁止されたので、若い世代は
ギリシア語を話せなくなった。56年から90年代にかけてクリミアへの帰還が実施。
現在、シンフェローポリにクリミア・ギリシア人の機関がしっかりと存在。

133 :名無しさん@社会人:2005/03/27(日) 20:00:03 0
>>131
ウィキでは一応調べたんですよね。もうちょっとこう、詳細が知りたいんですよね。
独立に前後してナショナリズムの昂揚とともに古ギリシャ語復興運動みたいなのが
あったのかなーと思ったんで。

134 :世界@名無史さん:2005/03/27(日) 20:21:48 0
ja.wikipediaの「カサレヴサ」の項の

さまざまに分化した各地の方言をまとめ、革命後の
新ギリシアの「共通語」として、アダマンティス・コライス(1748年 - 1833年)らの
言語学者が、古典ギリシア語と「コイネー」に基づき、言語の純粋化
(日本語において外来語を漢語等に訳したように、外国語から拝借している
語彙を、それを示すギリシア語単語を作って置き換えるなどした)と
学問的な計画により創造された擬古典言語であるが、

から何も読み取ることが出来ないの?

135 :名無しさん@社会人:2005/03/27(日) 23:47:52 0
>>134
すんません。下まで読んでませんでした。
なかなかギリシャ語の変遷は面白いですね。カサレヴサが偉大なギリシャ
文明の継承物であるだけに、簡単には棄て切れなかったみたいですね。
だけど、この説明読む限りオスマントルコ支配下でも随分ギリシャ語は維持
されたみたいですね。まさかオス万トルコではローマ時代みたいに公式文書に
ギリシャ語使ったとかはないですよね?


136 :カラジチ ◆mWYugocC.c :2005/03/28(月) 00:12:06 0
>>135
ギリシア語は聖書の言葉。
教会関係ではギリシア語を使っていた。

>カサレヴサ
コイネーは結局のところアテネ近郊の方言なので、他の地方ではむしろカサレヴサの方が通じたとか聞いたことが。

137 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 00:40:45 0
>>135
文語が残り続けたのはギリシャ正教の礼拝は何語で行い、聖書は何語で書かれて
いたのかがものすごく大きいでそ。口語については文語に引っ張られてそれなりに
維持はされていたものの、やはり方言差が大きく、現代ギリシャ人は絶対に認めたく
ないだろうけどオスマン統治下では口語共通語にはトルコ語を使っていた状態
(トルコ人とも雑居していたし、なんせキリスト教トルコ人とすら自称していた)
だったのを、近代以降アテネ方言でまとめいていっただけ。

138 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 00:45:37 0
うひゃ。推敲していたらもろにかぶった…
ちなみに、カサレヴサ成立以前はトルコ語以外だと古典ギリシャ語が
通じたとのこと。

139 :名無しさん@社会人:2005/03/28(月) 01:41:33 0
みなさん、親切にありがとうございます。
そうか、聖書か。聖書っていうと新約と旧約しか頭に浮かばない先入観があるか
らなぁ。ということになると、東方正教をもっていたロシア語とかコーランがある
アラビア語とかも、あんまり変わってないのか、という疑問も浮かぶな。まあ、こ
れはスレ違いということで。

もう一つ質問させてもらいたいのですが、アナトリア地域にいたギリシャ人がトルコ
語を喋ったっていうのは納得いくのですが、アテネとかのギリシャ人はどうだったの
でしょう?そもそもアテネにもトルコ人いっぱいいたのですか?それともミッレト制の
下で自治を謳歌していた感じですか?


140 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 10:23:15 0
>聖書っていうと新約と旧約しか頭に浮かばない先入観があるからなぁ。

他にどんな聖書があんだよ?
モルモン経なんかか?


141 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 12:41:49 0
>>140
「新教と旧教」って書きたかったんだよきっと。正教って知名度低いから。

>>139
ギリシア本土にも、「トルコ語を話すイスラム教徒」や「トルコ語を話す
キリスト教徒」や「ギリシア語を話すイスラム教徒」や「アルバニア語を
話すイスラム教徒」や「アルバニア語を話すキリスト教徒や(以下略
が混住してましたよ。住民交換と迫害によってほとんどいなくなりましたが。

142 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 15:49:49 0
ギリシャ人め、チビの癖に身長サバ読むなって。

143 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 17:08:13 0
トルコ語という共通語(もちろん生活語は別にある)、オスマン臣民という共通意識で宗教の
違いすらある意味乗り越えていたオスマン帝国が近代ナショナリズムによって解体されて
いったのは大きなの損失といえるかもしれない。

とかギリシャ人に言ったら大変なことになるだろうな…。

144 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 17:56:07 0
オスマン帝国はヨーロッパに領土をもつべきではなかったのだよ

145 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 19:05:47 0
ギリシャ語でフランスはガリアって呼ぶんでしょ?
じゃあマルセーユもマッサリアみたいな感じでよんでんのかなぁ。

146 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 19:08:37 0
>>144
1402年アンカラの戦いで電光バヤジットT世がティムールに敗北した後、
滅亡の危機にあったオスマン帝国領内の小アジア地域は反旗を翻したが、
ヨーロッパ地域が従順だったおかげで復興したことを知らないのかな?

147 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 19:26:44 0
アンカラの戦いでもトルコ系遊牧民の部隊がティムールに寝返ったのに
セルビア人部隊は最後までバヤジットのために戦った。

148 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 20:21:25 0
ちょうど右隣がオスマン帝国スレだw

149 :カラジチ ◆mWYugocC.c :2005/03/28(月) 21:13:46 0
>>139
そもそも新約はギリシア語でして……
あとアテネって独立以前は地方小都市だったようです。

>>148
そのうちスレの住民交換で大量の難民がやってきます。

150 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 22:25:27 0
>147
そういやチャルディランの頃もトルコ系遊牧民はサファビー朝へ寝返ろうとしてますね
それを防ぐのはセリムの弾圧弾圧凌遅三千刀滅九族
セリムの目つきはあれに違い無い!

151 :世界@名無史さん:2005/03/29(火) 21:36:57 0
ヽ-=・=-′ヽ-=・=-′

これか

152 :世界@名無史さん:2005/03/30(水) 19:25:44 0
>132さん
111です。あなたのほうが百倍詳しいです。
この知識を仕込んだのは外パブです。w
あるウクライナ女性とお話しした時
「実は私はギリシャ系で、、、」という話になったのです。w

153 :132:2005/03/30(水) 23:53:48 0
>>152
そうでしたか。
日本語でない専門書を調べて、お答えしたのですが。残念でした。
そういう場所に通っていらっしゃる方とは無縁な世界に生きているもので。

いいこと、教えてあげますね。
ここの世界史版のコテハンは全員、専門家でないですよ。
ただし、ここの少なくとも1つのスレだけは、2名以上の専門家がいます。
132で書いたことなど、日本語ではどこにも書かれていませんよ。
世界史研究者は、外国語しか読みましぇん。ハクショーン大魔王。

154 :世界@名無史さん:2005/03/31(木) 02:33:37 0
>>153
そんな言い方しなくてもいいだろ。

155 :世界@名無史さん:2005/03/31(木) 04:05:22 0
「歴史」を読むと黒海沿岸って遊牧民がちらほらいる程度の不毛な国という印象を受けたんですが、実際はギリシャ人がたくさん入植してるんですよね。
なんでトゥキディデスはそういう書き方をしたのか知っている人いますか。

156 :世界@名無史さん:2005/03/31(木) 09:40:57 0
エル・グレコ

157 :世界@名無史さん:2005/03/31(木) 23:32:45 0
>>155
そんな細かい話、トゥキディデスの研究者が出てこない限りわからんだろ。常識的に考えて。

>>154
2chに居ついてる研究者とかろくな奴いないからしょうがない。

158 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/01(金) 14:28:19 0
>>155
ギリシア人が黒海までの航海ルートを開拓した時期を検討のこと。
黒海北は大ステップ地帯で馬の飼育に適しています。
独自の騎馬民族文化が花開きましたが、言語系統とかは不明。まずは、
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%82%BF%E3%82%A4
ギリシア史概説では、『ギリシアを知る事典』(東京堂出版)がよくできています。

>>157
そんなことはないです。例えば、「共和国P」スレには研究者多。
変な人が多いご時世なので、みんなコテハンにしないのでしょう。
情緒不安定な人とは、ネットでも会話しないことをお勧めします。
「逃げるが勝ち」と言いますからね。

159 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/01(金) 14:35:46 0
132=153=真性包茎だから放置しとけ

160 :世界@名無史さん:エジプト暦2329年,2005/04/03(日) 13:23:02 0
132=153は女だろ。
外パブの話なんかされたら、女なら気分のいいもんじゃねーからな。

ギリシア系といえば、トラブゾン帝国があった辺りにまだ住んでいるな。
トルコの北岸。

161 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 12:29:34 0
153さん、外パブをやぢです。

>日本語でない専門書を調べて

>132で書いたことなど、日本語ではどこにも書かれていませんよ。
>世界史研究者は、外国語しか読みましぇん。

外国語が読めることが相当ご自慢のようだが、
「象牙の塔w」の住人しか外国語が出来ないと
思っているらしいところが痛すぎる。w
頭と性格の悪そうな人ですね。
俺は語学屋なんですけどね。111の話も露語で聞いたこと。
日本に初めて来た女性には、露語ができると、もてるんだよ。w
外パブは馬鹿の行くところと決め付ける「研究者w」さんより、
利口な人間は「象牙の塔w」の外にたくさんいるんだよ。
君より外国語の出来る人もね。




162 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 16:05:38 0
>>153
不能の世界だと見た!

163 :153:2005/04/05(火) 16:54:13 0
>>161
あなたが私よりも語学ができるということはありえない。
1人だけ、よくできる人をネットで見かけたが、
やはり研究者だった。
試しに下の文を訳してみなさい。
訳で判断する。



164 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 17:00:23 0
Развитие общественно-политических процессов в конце 80-х – начале 90-х гг.
повлекло за собой образование в Крыму ряда национально-культурных обществ.
Одним из первых среди них оформилось общество греческой культуры, впоследствии
преобразованное в Федерацию греков Крыма. Важная роль в его организации принадлежит
К. Д. Апостолиди, Х. И. Шонусу, Н. Г. Сумулиди, Е. А. Хаджи, Г. П. Салдуриди.
В настоящее время Федерация объединяет 14 региональных организаций в Симферополе,
Евпатории, Керчи, Феодосии, Ялте, Бахчисарайском, Белогорском, Кировском, Ленинском,
Нижнегорском, Симферопольском районах, насчитывающих 1860 членов. Подавляющее большинство
крымских греков проживает сегодня в Симферополе, Белогорском, Нижнегорском и Симферопольском
районах. Усилиями культурно-этнографического центра Федерации воссоздан ряд национальных
фольклорных коллективов.

165 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 17:02:34 0
Среди них – детские хореографические ансамбли в Симферополе, Керчи, Ялте,
Белогорске, с. Чернополье Белогорского района, вокально-инструментальные
ансамбли «Орфей» (г. Старый Крым) и «Прометей» (пгт. Зуя), хоровые фольклорные
коллективы в Феодосии и с. Луговое Ленинского района. В Крыму регулярно проводятся
фестивали и праздники греческой культуры с участием художественных коллективов и
исполнителей из Греции. Один из таких фестивалей в рамках Дней греческой культуры
в Крыму прошел 6 – 9 сентября 1998 г. и вызвал большой интерес общественности.
Греческая диаспора Крыма отмечает многие национальные праздники, в т. ч.: День
освобождения Греции от османского ига – 25 марта и антивоенный праздник «Охи»
28 октября.

166 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 17:10:37 0
暖かくなると真性包茎のキチガイがわいてくるようです。
関わると恥垢臭がうつりますから、放置しましょう。

167 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 17:27:50 0
>>153のファビョり方は学問的素養の有無以前に人間として恥ずかしい希ガス

168 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 17:49:21 0
Huit autres groupes ethniques comprennent entre 100 000 et 500 000 personnes: les Juifs (486 300 ou 0,9 % de la population
de l’Ukraine), les Biélorusses (440 000 ou 0,9 %), les Moldaves (342 500 ou 0,6 %), les Bulgares (233 800 ou 0,5 %),
les Polonais (219 200 ou 0,4 %), les Ruthènes (200 000), les Hongrois (163 100 ou 0,3 %) et les Roumains (134 800 ou 0,3 %).
Selon les estimations de 1998, plus de 250 000 Tatars de Crimée seraient rentrés en République autonome de Crimée,
principalement pendant la dernière décennie. De plus, treize autres groupes ethniques comptent entre 10 000 et 100 000
personnes: les Grecs, les Arméniens, les Tsiganes, les Allemands, les Azerbaïdjanais, les Gagaouzes, les Géorgiens,
les Lituaniens et plusieurs groupes appartenant aux langues altaïques telles que les Tchouvaches, les Ouzbeks, les Mordviniens,
les Kazakhs, etc. Les nombreux autres groupes nationaux comptent moins de 10 000 personnes par langue. Selon le rapport présenté
par l’Ukraine au sujet de la Convention-cadre pour la protection des minorités nationales (2 nov. 1999), plus de 130 nationalités
seraient représentées en Ukraine. Dans les principales divisions administratives et territoriales de l’Ukraine, sauf pour ce
qui est de la République autonome de Crimée et de la ville de Sébastopol, les Ukrainiens forment de la majorité absolue.
Dans la République autonome de Crimée et la ville de Sébastopol, les Russes, qui représentent respectivement 67 % et 74,4 % de
la population de ces territoires, constituent également la majorité absolue.

169 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 18:01:13 0
Im Altertum war die Krim von Kimmeriern und Chersonen dann von Skythen bewohnt.
Daneben existierten griechische Kolonien. Im 1. Jahrhundert v. Chr. wurde die Krim
römische Provinz. Im 3. Jahrhundert n. Chr. kamen Goten (siehe Krimgoten ) auf die Krim
die zum Teil bis ins 16. Jahrhundert nachweisbar waren. Ihnen folgten im 5. Jahrhundert.
die Hunnen Chasaren (siehe auch Chasarenreich ) Kumanen und Tataren. Die südliche Krim
war unter Kontrolle von Byzanz und Genua. 1450 entstand auf der Krim das Krimkhanat
das weite Teile der Ukraine unter seine Kontrolle brachte (s. ukrainische Geschichte )
das 1475 aber unter osmanische Kontrolle kam. Seit 1783 kontrollierte Russland die Krim.
1853 - 1856 war die Krim v.a. Sewastopol Schauplatz des Krimkrieges . Im Zweiten Weltkrieg
wurde die Krim von 1941 - 1944 durch das Deutsche Reich annektiert (in Referenz auf die
germanischen Krimgoten wurde es durch Nazideutschland zeitweise in Neugotland umbenannt).
Ende 1944 wurden die Krimtataren auf Stalins Befehl hin nach Zentralasien deportiert.

170 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 18:02:50 0
包茎が常駐しちゃったな…

171 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 18:04:59 0
Współczesny język grecki to język Greków mieszkających w Grecji, na wyspach greckich oraz na Cyprze.
Greka należy do języków indoeuropejskich, posługiwały się nią ludy zamieszkujące obszary wokół basenu
Morza Śródziemnego od trzeciego tysiąclecia p.n.e. W pierwszej połowie trzeciego tysiąclecia p.n.e.
starożytni Achajowie posługujący się tym językiem osiedlii się w południowej części półwyspu Bałkańskiego
i otaczajacych go wyspach. W końcu ósmego wieku Grecy zaadoptowali i zmodyfikowali alfabet fenicki.

172 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 18:13:05 0
世界にはね、情報が溢れかえっているんだよ。
上の文章はすべて標準的で、難しいところは全くない。

173 :高校生:2005/04/05(火) 18:38:33 0
大学ってこんな変な人が授業教えてるんですか?行きたくないなあ

174 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 21:11:49 0
著しく協調性に欠けるから周りからは煙たがられてるんだが何故か本人だけは
それに気付かず妙に高い学歴や専門性を誇って勝ち組だと思い込んでいる悪例

院まで行けばこういう可哀相な人はたまに見れるよw

175 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 21:22:12 0
まあ、文系だと海外文献紹介すればいっぱしの研究者面できるからね(w

176 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 21:44:13 0
と、研究者にもなれなかった方々が申しております(www

177 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 22:03:40 0
>>176
よう、相変わらず臭いな。まだ包茎手術せんのか?

178 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 22:11:57 0
>>177
文献読解力のない厨房が一匹、釣れました(ww

179 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 22:13:13 0
図星だったので発狂してしまった理系コンプレックス丸出しの包茎くん、乙。

180 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 22:34:45 0
>>179
四十而不惑♪

181 :世界@名無史さん:2005/04/06(水) 00:12:44 0
一気に糞スレ化したので晒しage

182 :世界@名無史さん:2005/04/06(水) 03:25:56 0
今日は院の入学式だったが、キムタク風にいえば「閉じてる奴」が90%くら
いで引いた。で、153・163みたいな一見すると真面目で暗そうな感じだが、内
心は自意識過剰な人間が大勢いるんだろうと思うとなんだか陰鬱な気分になる


一つだけ確かなことがありそうなのは、2chに常駐して一般人に知識をひけ
らかしたり、叩いたりしているような奴は、研究者としての才能も成功ないだ
ろうことだ。153なんかは見事に体現してくれた。その意味で感謝したい。戒め
にします。

183 :世界@名無史さん:2005/04/06(水) 16:29:51 0
>>182
仮に研究者として成功したところで周囲からは疎まれるわな
結局のところ社会に出ようが蛸壺化しようがDQNはDQN
学歴はあるからプライドだけは妙に高いけど誰にも理解されない
孤独感に苛まれるとこういうふうになっちゃうんだぉ

その点コミュニケーションの大切さを分かってる>>182さんは
何やってもそれなりにうまくいくんじゃね
院まで行くと>>153みたいな人間性に問題ある連中は多いし
嫌になることも多々あるだろう
けど挫けずにガンガレ

184 :世界@名無史さん:2005/04/06(水) 18:25:50 0
ひろぴ

185 :世界@名無史さん:2005/04/07(木) 13:35:25 0
高校生さん、大学の教師にも賢い人がいますよ。
163のような馬鹿の比率が、一般社会より高いのは確かですが。

186 :世界@名無史さん:2005/04/07(木) 14:47:49 0
ガンガレ、ひろぴ

187 :世界@名無史さん:2005/04/11(月) 21:48:31 O
で、山川の「ギリシア史」読んだヤシはいないか?

188 :カラジチ ◆mWYugocC.c :2005/04/12(火) 09:54:24 0


189 :世界@名無史さん:2005/04/13(水) 13:08:02 0
あげ

190 :世界@名無史さん:2005/04/19(火) 03:41:22 0
>>187
世界各国史17か?
近現代の比重が思ったより多いから古代史好きにはちょっと物足りないかも

191 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 07:04:31 0
ソフィストの詭弁ていまのギリシャでもあるの?

192 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 15:08:13 0
古典ギリシャ語だけど、講義取ってるんだけど、ギリシャ文字が読めるようになっただけでも
うれぴーもんだね。

193 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 16:57:22 0
その調子で碑文が読めるようになるまでガンガレ

194 :世界@名無史さん:2005/04/27(水) 16:15:35 0
IGage

195 :世界@名無史さん:2005/04/27(水) 16:48:49 0
あがってなかったorz

196 :世界@名無史さん:2005/04/27(水) 18:50:06 0
paideuooの全変化形暗記が第1のステップ。
ここまでで大半が脱落。

197 :世界@名無史さん:2005/04/30(土) 09:10:49 0
バイロンやプーシキンなど、ギリシア独立戦争に共感してヨーロッパから
駆けつけた面々は、現実のギリシア人と接触して失望した。

198 :世界@名無史さん:2005/04/30(土) 09:45:00 0
スペイン内乱でヨーロッパ、アメリカから駆けつけた面々は
スペイン人には感動したけど人民戦線には失望したのとは大きく違うな。

199 :世界@名無史さん:2005/04/30(土) 10:22:49 O
>>190
日本では古代ギリシャばっかりで、ローマ・ビザンツ時代以降は無視してる本が
多いからバランスとったんだろう。ビザンツとオスマン時代はその道の専門家が
書いてるし、ギリシャ通史としては良心的かと。古代ギリシャ関係の本なら、他
に山ほどあるだろ。

200 :世界@名無史さん:2005/04/30(土) 10:37:34 0
>>199
他の巻と比べて近現代だけ多いって訳でもないよなぁ。

201 :世界@名無史さん:2005/04/30(土) 16:08:21 0
独立戦争で、ギリシア人はテルモピュライのような戦い方をせず、もっぱら
山賊のようなことばっかりやっていたので、古典を通じてギリシアに思い入れ
を抱いていた西欧人はガカーリしたんだってさ。

202 :世界@名無史さん:2005/04/30(土) 16:11:52 0
だって本当に山賊なんだもーん。

203 :世界@名無史さん:2005/04/30(土) 16:14:21 0
独立戦争に関しては、英語で文献あり。

204 :世界@名無史さん:2005/04/30(土) 16:54:56 0
バルカン半島は山がちな地形なので、山賊がゲリラ戦をするのに向いていた。
古典古代に成立したポリスも、こういう地形と関係があるのかもしれない。


205 :世界@名無史さん:2005/05/01(日) 02:59:58 0
昨日のBS2でやっ手いたキプロスのドキュメント見た人いますか

206 :バイロン卿:2005/05/13(金) 20:15:10 0
「ギリシア人には赤面を、ギリシア人には涙を」

207 :世界@名無史さん:2005/05/13(金) 21:43:56 0
ヴェニゼロスが上手くやれば(というかヘマさえしなければ)今頃は
首都がコンスタンティノポリスだったろうに
後にも先にもあれ以上の好機は無かったと思う
それでも貨幣に肖像が刻まれてるヴェニゼロスは素敵すぎる

208 :界@名無史さん :2005/05/13(金) 22:00:46 0
ギガリイデアだっけ?
でもそうなっていたらテロとかに悩まされていそうだけどね

209 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 09:33:06 0
去年のオリンピックもアテネよりコンスタンティノポリスを(無理矢理)会場にしたかもな。

210 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 12:04:45 0
ヨーロッパの列強は、当初ギリシア独立戦争に介入することに慎重だった。
オーストリア外相メッテルニヒは、ロシアがギリシア問題に介入して、各国の
バランス・オブ・パワーが崩れることを恐れていた。
ところがイギリス外相カニングは、国内の産業ブルジョアジーの不満を、
海外における新市場(新生ギリシア)の開拓というはけ口を与えることに
よって緩和するという考えを持つに至った。

211 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 12:33:02 0
ギリシャ独立戦争への列強の介入がなければ、エジプトにおける
ムハンマド・アリーの近代化が成功していただろうなぁ。

212 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 13:38:30 0
ムハンマド・アリーが列強とロンドン四カ国条約を結ばさせられたのは
列強がムハンマド・アリー朝のシリア領有を阻もうとしたことが原因で、
列強がギリシア独立戦争に介入したのより10年以上後の出来事だし、
エジプト経済が完全なヨーロッパの従属化に置かれるのは
1860-70年代のムハンマド・アリーの孫たちの世代。

213 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 16:19:20 0
やっぱコンスタンティノポリスはギリシャ人の街として存在してこそキャラ立ちするって感じがするからな。
トルコ人には悪いけど。

214 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 16:23:40 0
君府は「ギリシア人」ではなく、「ローマ人」の都市。

215 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 16:29:45 0
>>213
現在のイスタンブールで、ビザンツ時代につくられたものは、
アヤ・ソフィア、ヒッポドゥローム、テオドシウスの城壁、地下宮殿
(イエレバタン・サライ)、ヴァレンス水道橋、ガラタ塔

オスマン時代につくられたのは、トプカプ宮殿、ブルー・モスク、
スレイマニエ・モスク、グランド・バザール、ドルマバフチェ宮殿。

216 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 20:08:11 0
イギリスの詩人シェリーの作品『ヘラス』

「世界の偉大な時代が新たに始まる。黄金時代が到来する」
「現代のギリシア人はかの栄光ある民族の後裔であり、われわれの想像力は
彼らを我らと同類の人間の姿に描き出すことを拒絶する。彼らはかの栄えある
民族の感性、鋭敏な概念思考、熱狂、勇気を受け継いでいる」

217 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 00:17:13 0
日本人が追われて日本にやって来たように
ドーリア人に追われてイオニア人は
エーゲ海の島々や小アジアに移り住んだのでしょうか?

218 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 06:36:28 0
>>217
>日本人が追われて日本にやって来たように
釣りか?無知なのか?


219 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 22:27:46 0
ほす

220 :世界@名無史さん:2005/06/19(日) 18:47:32 0
日本・トルコ友好スレッド
http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/nida/1118546059/l50

@ニダー大好き板

221 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 22:40:18 0
  88888    ヘレー
 ( `∀´)   出身地 アテネ
 (_つノノl|つ  誇り高いヘレネス(ギリシャ人)。
  Ll_|_|_l.||   旧宗主国トルコに謝罪と賠償を
 (__)_)   要求する点はニダーそっくり。
            ___________________
   88888    │トルコは元々ギリシャの植民地なのデス!!
  ( `Д´)   <戦争は強いのは認めマスけど
  (_つノノl|つ   │文化的には劣等後進民族なんデス!!
    Ll_|_|_l.||      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (__)_)   

222 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 22:42:55 0
止めれ!

偉大なるギリシャを侮辱するなああ!

223 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 22:48:51 0
ギリシャはニダーに負けるとも劣らない民族主義国家

224 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 23:00:12 0
昨日のサッカーでギリシャサポーターがヘラスと叫んでたのを聞いて
なんか感動した。

225 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 23:04:22 0
どうせなら去年に聞いてくれよ。

226 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 23:22:58 0
去年のヨーロッパチャンピオンは、いまや日本に手も足も出ないほどにやられる
チームとなってしまいました…

227 :世界@名無史さん:2005/06/21(火) 01:55:14 0
「トルコ」なんて地方は無いんですけど…。

228 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 04:47:57 0
>>223
誇るべき栄光があるからね。
何も無い朝鮮人と一緒くたにするのは酷。
ホメロスも、三角関数や浮力についての論文も、キリスト教の原典も、ギリシャ語だ。
朝鮮語が原典で世界中に知られている書物って、共産主義者からも嘲笑されている
『主体思想』くらいじゃん。

229 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 13:19:58 0
単にギリシャ語をしゃべるようになっただけのバルバロイのくせに。

230 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 20:53:44 0
それを言い出したらきりが無いかと。
毛沢東とかだって匈奴や鮮卑の子孫かもしれないし。

231 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 23:30:07 0
極東で拾ってきたニダ。面白かったのでつい。

680 名前:日出づる処の名無し 投稿日:2005/06/21(火) 21:08:48 ID:O8yAAT/T
  88888    ヘレー
 ( `∀´)   出身地 アテネ
 (_つノノl|つ  誇り高いヘレネス(ギリシャ人)。
  Ll_|_|_l.||   旧宗主国トルコに謝罪と賠償を
 (__)_)   要求する点はニダーそっくり。
            ___________________
   88888    │トルコは元々ギリシャの植民地なのデス!!
  ( `Д´)   <戦争は強いのは認めマスけど
  (_つノノl|つ   │文化的には劣等後進民族なんデス!!
    Ll_|_|_l.||      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (__)_)



232 :世界@名無史さん:2005/07/05(火) 13:32:10 0
>>231
ひでえなこりゃ

233 :世界@名無史さん:2005/07/05(火) 19:52:21 0
とはいえど
パレオロゴス朝「ギリシャ」帝国で文化が花開いたのもまた事実。
今までに於いて劣化コピー文化しかない半島と比べるのはカワイソス。

234 :世界@名無史さん:2005/07/05(火) 21:26:17 0
>>229
ドイツ人とかフランス人とかイギリス人も元を正せばバルバロイだろ。
古代ギリシア人だってクレタ文明を滅ぼしたバルバロイなんだから揚げ足取りはやめようぜ

235 :世界@名無史さん:2005/07/05(火) 23:36:48 0
>>234
バルバロイがヘレネスを名乗っているのがアレ。

236 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 20:03:39 0
★ギリシャ人の難しい発音の名前にストロー英外相、ギブアップ

 [ストラスブール 6日 ロイター] EU議会のギリシャ人議員の多音節の
名前を2回、発音し損ねて、英国のジャック・ストロー外相は発音をあきらめ、
謝罪した。
 同外相は「学校で古代ギリシャ語をやったのですが、書くのが中心で、
発音はあまりやらなかったのです」と冗談めかした。

 欧州対外関係委員長のベニタ・フェッレロワルドナー氏も、自分の二重姓も
舌をかみそう名前だが、イヨルゴス・ディミトラコポウロス氏の名前を何度も
発音しようとしてうまくいかなかった。同氏は、委員長の挑戦がうまくいかないたびに
ニヤリと笑い、拍手した。
 ジョーセプ・ボーレル議長が助け船を出した。ゆっくりと発音して簡単な
ギリシャ語のレッスンを行ったのだ。

 しかし、最も現実的な示唆を行ったのはドイツ人議員のエルマー・ブロック氏。
ディミトラコポウロス氏が属している外交委員会の委員長だ。

 ブロック氏は外相に「ジョージ、と呼んではいかがでしょう。うんと簡単ですよ」
とアドバイス。ストローは喜んでこの助言に従い、続くディベートで繰り返し
《ジョージ》と呼んでいた。

REUTERS vhttp://www.excite.co.jp/News/odd/00011120791571.html



237 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 20:07:42 0
>>235
蛮族とされた人々の血が混じったら「生意気」だという事になれば、
中国など幾多の異民族の侵入を受けた事か。

238 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 20:20:42 0
>>237
混じるもなにも、今のギリシャ人で古代ギリシャ人の血の割合なんて微々たるものやん…
基本的にギリシャ語をしゃべるようになったスラブの蛮人+WW1までアナトリア在住で
ギリシャ語住民。

239 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 21:02:00 0
文化受けづいているのだからギリシャ人で良いと思うが。
帰属意識は〜の集団に属していると自覚する事から始まるのだから。
そもそもアナトリアもビザンチン帝国の版図であったわけだしね。
スラブの蛮人と連呼しているけどそれは差別にならないか。

240 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 21:25:24 0
ビザンツはギリシャ語をしゃべってはいても帰属意識は完全にローマ人やん。
それを古代ギリシャと直結するからアレになる。

あと、今のギリシャ語自体、古代ギリシャ語とは大幅に変質していた
言語だったのを、近代になってから古代ギリシャ語風に復刻したもの
というのはこのスレにあるとおり。イスラエルにおけるヘブライ語の
復刻と似たようなもの。

んで、スラブの蛮人と連呼しているのは、当のギリシャ人の意識がそうだから。
ギリシャ人が馬鹿にしているものが、実は遺伝子的なルーツの多くを占める
という事実を皮肉っているんだよ。

241 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 21:25:30 0
>>236
古代ギリシア専門だがすげー分かるw

242 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 21:52:55 0
>>240
中国人だって古来から中華主義を標榜してきたけど、彼らが言うところの胡や夷と混血してきたわけで
大して変わらんがな。
何処だって自民族や自分の文化圏を第一にしたがるのは人の性であって理解できない事ではない。
日本人だって朝鮮人や中国人と遺伝子のルーツを共有しているわけだが、2chでは彼らを貶めている
訳で他所さんの事をそうはいえたものではない。

243 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 21:58:55 0
ギリシャ人の場合、2chで貶めるどころかマヂに民族浄化やっちゃっているのが
大違いだけどな。狂い方は2ちゃんねらや朝鮮人の比じゃない。

244 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 22:09:22 0
民族浄化は世界史に興味ある人なら普遍的な行動パターンだと思わないのが不思議。
正当化はできないが、それは人の性ではないかと。

5月にNHKでキプロスの民族融和の特集をやっていたけど、あいつら鬼畜で人殺しで云々と
いう喧伝はギリシャ側もトルコ側もやっていたが、そういうのはやめようと努力している訳で
火をつけてまわるような議論は学問板ではどうかなと思う次第。
歴史を語ることと、「断罪」して検察や裁判官になる事は似て非なるものだとおもうけどなあ。

245 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 23:00:40 0
擁護が苦しくなってきたね(w

246 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 00:31:58 0
欧州最下等人種をポルトガルと争う一方の雄、ギリシャ人。

ところでギリシャ文明って非印欧語族の土人の文明をパクっただけなの?
野蛮さ故に軍事力だけは勝っていたんだね。

247 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 00:40:09 0
人種的には全くかわらないトルコ人と揉めてるって
変な話だな。元々同じ民族だったのに、
片方がたまたまトルコ語化しただけだろうに。

作用に言語と宗教は大きいということだろうが、
彼らが自分たちの民族に思いを馳せる時、中央アジアやギリシャ半島
にルーツを追い求めるんだろうが、特にキプロスのトルコ人の場合、
血統的には殆どギリシャ人っちゅーかキプロス人なんだろうな。


248 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 00:44:27 0
>>246
下等かそうでないかって何で判断してきめているんだ?
>>245にもいえるけどそういう風な書き込みは学問板としてはいかがなものか

249 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 02:26:33 0
毛むくじゃら。眉が濃い。肌が黒い。ニガーの血、ニガーっぽさ。
人種混交の失敗例。雑種。まじりまくりのチグハグな顔。
血が均等に混ざってなくて、体のアチコチに特徴が出てるような感じ。

250 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 02:35:00 0
248は論破されてアレになっちゃったな…

251 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 02:38:20 0
>>250
何をもって論破されたと書き込んでいるのか?
差別ネタしか書き込まれていないのに。

252 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 02:51:23 0
ていうかギリシャ人自身がギリシャ彫刻みたいな顔を
至上としてプロパガンダを行っているので、
ニガー顔は叩かれても自業自得だろ。

253 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 02:52:20 0
差別ネタねぇ。お前が読解力皆無で理解力皆無で民族浄化したがる
ヘレネスマンセーの知能障害者かつ真性包茎なのはよくわかったから、
これ以上妄言を垂れ流さず消えること。

254 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 02:56:43 0
そういや、アテナオリンピックでは必死にギリシャ彫刻顔の
女を集めて行進させてたな。スラブっぽいのとか南方系の
ポルトガルっぽいのは排除してた。

あとギリシャ女は金髪に染めてるのが多いね。
顔と合ってなくて不自然。

255 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 03:17:58 0
ギリシャ人の歪んだ人種認識による歪んだナショナリズムを指摘することが
差別なんだから、248は幸せな脳みそだな。

256 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 03:26:02 0
ギリシヤも半島国家

257 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 07:38:03 0
はっきり言ってシリア人の方が白人に近いんじゃね?


258 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 18:32:52 0
"I find it laughable, given the above, that you find Greeks your closest living relatives"
I LIVE IN GREECE AND I AM PERSIAN! Many greeks really (I mean REALLY) look like Iranians/Persians.
Mostly Athenians. Sometimes even I am amazed. Anyway, everybody here thinks I'm Greek... And when
I say I'm Persian, they all mention Xerxes, Darius (etc.) and then they say that Persians and Greeks are
cousins. I find it very cute.
-----------------------
(一応)白人(の一種)  古代文明(×モダーンカルチャー)が拠り所。
イラン人とギリシャ人は似ているな。


259 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 21:18:27 0
>>252-254のレスは学問板のレスとしていかがなものか。 ギリシャ人がこういう連中だと決めつけ
貶める事がはたして知性にあふれた書き込みといえるのか。

髪に染めてどうこうなど日本らアジアの国々でもみられる傾向ではないか、他所の国を貶めるために
そういう言動をしてはずかしくないのか。いくら便所の落書きとはいえ度がすぎるのではないか。

260 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 21:31:24 0
むしろ何でそんなにギリシアマンセーになるのかが理解できない

261 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 22:17:19 0
>>247
>人種的には全くかわらないトルコ人

大嘘つくな。
ギリシャ人みたいなヨーロッパ顔のトルコ人なんて
海峡越えたらかなり少ないぞ。

262 : :2005/07/09(土) 22:20:40 0
>>261
その前にサッカーギリシャ代表見てみ。
ギリシャ人自体がヨーロッパ顔じゃないからw
トルコ人と大差ないぞ。トルコより小汚いくらいだよ。

あと私は、キプロス島のトルコ系のこと言ってんの。
人種的には変わらないだろ。

263 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 22:29:05 0
ギリシャ人の方がトルコ人より毛深い、髪が縮れているので、
余計に野蛮人に見える。ある種の
ヨーロッパ人種の悪い影響を受けている。
トルコでもギリシャ国境に近くなるにつれて、ブサイク率が高くなるの
だな。なんつーか、クドイ、濃い、汚い人種が増える。


264 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 22:40:35 0
ttp://www.ayanosuke.net/mt/archives/cat21/index.html

265 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 23:48:48 0

グリース

266 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 00:04:27 O
みんな同じ猿じゃないか。


267 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 21:40:41 0
   ファビョーン    
 .∧_∧   アイゴー!         ∧_∧
∩#`Д´> '') トルコに強く抗議し  (´∀` ;)  そんな事言われてモナー・・・
ヽ     ノ  謝罪と賠償を(ry    (    )
 (,,フ .ノ                  | | |
   .レ'                  (_(_)

   ヘビョーン               ヾ
 .88888   ウオー!           □
∩#`Д´)'') トルコに強く抗議し  (・Ω・ ;) そんな事言われても・・・
ヽ ノノl| ノ  謝罪と賠償を(ry    (    )
 (,,つ .ノ                 | | |
   .し'                 (_(_)

       博士!我々はヘレーの癇癪をヘビョンと名付けることにしますた!!




268 :世界@名無史さん:2005/08/05(金) 05:08:59 0
クレタ人:アカイア人:ドーリア人=縄文人:弥生人:朝鮮人

269 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 10:52:35 0
>>262
いや、それは無いでしょ。
トルコは普通にモンゴロイドっぽい顔の人も居たし

270 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 16:30:32 0
夢はコンスタンティノポリス奪還かー
コンスタンティノポリス陥落の際は結構トルコ軍に虐殺されてるし
近世でもキオス島の虐殺があったり
昔の栄光があるだけにギリシア人もまた悲劇の民族のような気もするのよ

271 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 19:39:44 0
ギリシアはコンスタンティノポリス奪還はもう諦めたのか?キリスト教の聖地だし、本来アナトリア半島もギリシアのものだろ。

272 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 19:11:26 0
>>270
欧米のプロパガンダでしょ。
トルコはイスラム教。自称ギリシャ人はキリスト教徒だから
意図的に捏造し隠蔽しているの。

273 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 15:49:30 0
ドリス方言の子孫、ツァコニア語。ラコニア人の直接の子孫なのか
どうかは知らないが。
http://www.ethnologue.com/show_language.asp?code=tsd

274 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 17:07:02 0
ドリス方言ってギリシャ文明に暗黒時代をもたらしたドーリア人の事じゃないか?
ギリシャ文明の継承者でもなんでもない。
朝鮮人が日本文明の継承者っていうようなものだな。

275 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 17:14:35 0
ドーリア人、ラコニア(ラケダイモーン)人、スパルタ人。ほぼ同義。
シシリアのシラクサイ出身のアルキメデスの著作はドリス方言。

276 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 17:24:31 0
ついでに言うが、ethnologueのどこに「ギリシャ文明の継承者」
なんて書いてある?ツァコニア方言の話者は牧人だとあるだろう。
勝手に想像して意味不明なことを主張しないように。

277 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 17:46:52 0
ギリシャにドーリア人南下

 BC1200年ころ、ギリシャ人の別の一派(ドーリア人)が南下してギリシャ本土へ侵入した。
先に定着していたギリシャ人の諸部族を支配したり追い出したりしてギリシャ全体が大混乱する時代となった。
 ミケーネ文明は崩壊し、文字も失われた。BC1200年ころからBC800年ころまでは、文字による史料がな
くくわしい歴史がわからないため、ギリシャ史上の暗黒時代 Dark Age とも呼ばれている。
 この暗黒時代の後に、ポリスを中心とする古代民主制の時代が到来する。


蛮族の子孫だな。 彼らもギリシャ人とは言わない。
僭称に過ぎない。

278 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 17:49:49 0
コンスタンティノープル奪還に成功したら、首都をアテネからコンスタンティノープルに移すのか?
そしてアヤソフィアで盛大なミサをするのか?

観てみたい気がする。

279 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 18:04:35 0
>>277
コピペご苦労。線文字Bで書かれた文献が古典期に継承されていると
思ってるんだね。君がイオニア方言、アイオリス方言、アッチカ方言、
ドリス方言の区別も知らないことは良くわかったよ。アルキメデス、
テオクリトス、ピンダロスを知らないということもね。ついでに
ミケーネ文明と古典ギリシャ文明の区別もつかないことも良くわ
かったよ。

280 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 18:27:18 0
ギリシャ人自身もここで指摘されてるような矛盾には気づいているんだよ
だから必死で大声をあげて主張したり、やりすぎだろと思うような行動をする

281 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 18:32:51 0
>>279
>>1を嫁。
ここは古代ギリシャを語るスレではない。
欧州のチョンを語るスレだと気づけ。

282 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 18:59:43 0
>>281
話者が1500人程度の言語を話す民族を指して「ギリシャ文明の継承者」
だとか、「朝鮮人が日本文明の継承者っていうようなもの」だとか言う
のは洒落としても程度が低過ぎる。

283 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 20:35:42 0
ギリシャ内戦について語ろう。ELAS、メタクサス、EDES、EKKA、
パパンドレウ…

284 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 03:52:00 0
【1:306】【韓国】韓国の貧民街も見方を変えれば気分はギリシャ[08/23]
1 名前:蚯蚓φ ★ 2005/08/23(火) 23:30:21 ID:???
目立つ色のペイントを塗った釜山の代表的貧困層地域、沙下区甘川2洞。
この形や色の独特の風光を世界中が羨ましがる景色を持つギリシアのサントリーニ
(Santorini)と比べる主張が人目を引いている。

サントリーニはさわやかな白壁の建物と青色の屋根、これらと向き合う青い海、そして
真っ青な空の調和によって世界で一番美しいと言われる場所。イオン飲料広告の撮影地と
しても有名だ。

二箇所を比較するきっかけは、「アカシア(ネイバーID;jinsub0707)」というネチズンが
ブログにあげた文。このネチズンは貧困層地域である甘川2洞の写真とサントリーニの写
真を一緒にあげて比べ、「今もそれなりに素敵な風景だが、もうちょっと計画的な姿に変
わったらギリシア・サントリーニが羨ましくなさそうだ」と言った。このネチズンが甘川
2洞について知ったのは、月刊建築雑誌『ポア(poar)』の去年4月号を通じてだ。

これに対してネチズンたちは「良い発掘だ。原色的な色彩がポカリスエット (の広告)に
出る背景の白い所をしのぐ」「私も見て驚いたことがある」「素敵だ」「色をもっと柔ら
かい色にしたらもっときれいだったろう」 のように驚くべきだという反応を見せた。
一方「沙下区の貧困層地域だ」「私が見るには貧困層地域でしか見えない。」など、貧困
層地域特有の発生的特性を先に見なければならないと指摘するネチズンもいる。
(以下略)

ソース:朝鮮日報を抄訳<韓国の貧困層地域も ‘色’ よく使ったらギリシアの休養地みたいだね?>
http://www.chosun.com/national/news/200508/200508230112.html
写真:(上:サントリーニ、下:甘川2洞)
http://www.chosun.com/media/photo/news/200508/200508230112_01.jpg


285 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 04:04:29 0
マヂで面白い視点だな。ちょっと感心。

286 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 12:01:05 0
サントリーニ島って昔は吸血鬼(ヴリコラカス)で有名な所だったんだよな。
ちょうどイギリス人が「ニューカッスルへ石炭を送る」というように
ギリシャでは「サントリーニへ吸血鬼を送る」という言い回しがあった。

287 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 12:05:43 0
オスマントルコ人もバルカン半島で起こる吸血鬼事件には相当困惑してたらしい。
トルコ人の行政官が、キリスト教徒の村人が死体を掘り起こして心臓に杭を打ったりするので
「イスラム法にはこういう場合の処置が書いてないのでどうしていいかわからない」
と報告書を中央に送っている。

288 :世界@名無史さん:2005/09/01(木) 17:51:22 0
>>272
いや、事実も含まれているとは思う。
全て捏造してるわけではないでしょう・・・

289 :世界@名無史さん:2005/09/01(木) 18:16:48 0
少なくともアルメニア人虐殺については当時の政府高官だったエンヴェル・パシャも認めてるらしい。
といってもギリシャ人には関係ないが。

290 :世界@名無史さん:2005/09/02(金) 00:07:37 0
ttp://lemonodaso.exblog.jp/1739348/
この写真のお坊さんはエルサレム総主教イリネオスです。彼はエルサレム
総主教区の最高位にありながら、不動産ころがしをやったり、及び近辺に
アポストリス・ヴァヴィリスという国際指名手配の麻薬の売人をおいていた
ことや、アルキメデスの原本(何だか知りませんが、オリジナルな何か〉を
ロンドンの競売にかけたりしました。その原本を落札したのがビル・ゲイツ
です。いったいどうなっているんでしょうか?
このアルキメデスの何とかはギリシャの国宝であり、エルサレム総主教庁の
宝物であります。
また不動産ころがしは莫大なお賽銭から流用しています。聖職者のいや人間の
風上にも置けない悪い奴とエルサレムの地元の人から怒りをかっています。

291 :世界@名無史さん:2005/09/02(金) 00:09:09 0
5月6日にエルサレム総主教庁の18人司教たち及び72人聖職者たち
の会議でイリネオス総主教は退任を要求されました。その日の会議は
夜遅くまで続き、激しい論争が繰り広げられました。とにかく3分の2
が退任を迫ったのです。イレネオスは最後まで自分の悪行を否定し、
挙句の果てに彼に退任要求をする人々に向かって「スクリキ(=毛虫、
蛆虫、這う虫)」「ごみくず」と暴言を吐いたりしました。その夜遅く
やっとイリネオスは退任すること認めて、その会議場を去ったのでしたが…。
2日たって、5月8日は総主教庁にたてこもったイレネオスは総主教職
を断固として辞めないと宣言したのです。人々は彼の権力への執着ぶり
に驚愕してしまいました。それで日曜日は総主教庁は上を下へのカオス
(混沌、大混乱)となりましたがが、結局最後は大喜劇として終わり
ました。

292 :世界@名無史さん:2005/09/14(水) 03:26:56 0
       +

293 :世界@名無史さん:2005/09/19(月) 09:48:14 0
+≡≡
≡≡≡

294 :世界@名無史さん:2005/09/24(土) 09:52:28 0
ビザンティン帝国の頃の「国旗」はどんなものだったのでしょうか?
「双頭の鷲」?
尤も「国旗」なんてものは近代の産物でしょうが…

295 :世界@名無史さん:2005/09/24(土) 09:57:28 0
「ビザンティン帝国」って表現は止めよ!
西ローマ帝国が滅びて以来、「ローマ帝国」はコンスタンティノポリス
を帝都とする此の国しか無かったんだから。
もちろん、フランク人らが西欧につくった帝国は何ら古代ローマとは
無関係なにせ者でしかナイ!!!

296 :世界@名無史さん:2005/10/14(金) 01:26:19 0
一地方の名に過ぎないグラエキアが
なぜにギリシャ全土を指す呼称に変わったのだろう。

297 :世界@名無史さん:2005/10/14(金) 01:56:55 0
そんなのよくあることじゃん。フランス語のAllemandだって、最初はただアレマン族のことだったのに
ドイツじゃタイを指すようになったり、Angleterreだってただアングル族の土地って意味なのに
イギリス全土をさすようになったり。

一部が全部を代表するのは珍しくないんでねーの?

298 :世界@名無史さん:2005/10/14(金) 01:57:34 0
じゃタイ→自体

299 :世界@名無史さん:2005/10/15(土) 18:28:08 0
アジアなんて言葉も元はアナトリア半島を示す地名に過ぎなかったのに、
いつのまにかヨーロッパ以外の全ユーラシアのことになってるし。

300 :世界@名無史さん:2005/10/15(土) 18:30:02 0
冷静に考えたら、東アジアの中国文化圏と西アジアのイスラム圏って全然別の世界なのにね。

301 :世界@名無史さん:2005/10/15(土) 18:31:56 0
ヨーロッパ人にとって東洋とは何よりもまずイスラム世界。
あとはおまけ。

302 :世界@名無史さん:2005/10/15(土) 19:15:33 0
アフリカと聞いて黒人を思い浮かべるのも語源を考えるとかなり変だ。

303 :世界@名無史さん:2005/10/15(土) 23:32:36 0
「ローマ人」というギリシャ人自称はもう使われないの?

304 :世界@名無史さん:2005/10/30(日) 17:03:53 0
      アッララララーイ      アッララララーイ     アッララララーイ      アッララララーイ

         / ///////////////        \\\\\\\\\\\\\\\ \
       / ///////////////           \\\\\\\\\\\\\\\ \
      / ///////////////              \\\\\\\\\\\\\\\ \
    / ///////////////                 \\\\\\\\\\\\\\\ \
( ・∀( ・∀( ・∀( ・∀( ・∀・)・∀・)・∀・)・∀・)            (・∀・(・∀・(・∀・(・∀・ )∀・ )∀・ )∀・ )∀・ )
| ̄ || | ̄ || | ̄ || | ̄ || | ̄ || ⊃───────── ─ ── ─ ──────⊂ ||  ̄| ||  ̄| ||  ̄| ||  ̄| ||  ̄|
\/ \/ \/  \/ \/-J  -J   -J  -J              し-  し-  し-  し-.\/ \/ \/ \/ \/


305 :世界@名無史さん:2005/10/30(日) 17:57:03 0
ギリシア人つったって
殆どがスラヴ系とトルコ系だからな・・・

306 :世界@名無史さん:2005/10/30(日) 18:32:56 0
古典古代のギリシアのスレがなぜか無い
ここでいいのか

307 :世界@名無史さん:2005/10/30(日) 18:39:07 0
はいナ。こちらで古代ギリシア人について語りましょうぞ。
とくに衆道に冠して興味深い話題があったら、是非にも
お聞かせ下さりませ!



308 :世界@名無史さん:2005/10/30(日) 18:47:06 0
トゥキュディデスを再読してやっと凄さがわかった
数年前通読したときは退屈だなあなんて思ってたのに
最高の歴史叙述と言われるだけのことはある
クレオンなどのデマゴーグに扇動されるアテネの衆愚政の酷さを読むと
現代の民主主義の弱点に思いを馳せざるを得ないし
メロス島やプラタイアの滅亡とニキアスの敗退・処刑には悲哀を禁じえない

309 :世界@名無史さん:2005/10/31(月) 15:59:01 0
ホーンブロワー会ったことあるけど面白いおっさんですよ
トゥキュディデスのコメンタリー書いてるのを知らなかったら異常者に見えるくらいテンション高いw

310 :世界@名無史さん:2005/10/31(月) 16:35:55 O
>>307
ホモ吉さんは巣に帰って下さい。

ギリシアは古代ギリシアだけではありません。

311 :世界@名無史さん:2005/11/01(火) 04:41:21 0
古代ギリシアのパイデラスティアーに関して教えて下さい。
よろしく。


312 :世界@名無史さん:2005/11/01(火) 22:27:20 0
突き痔出ず

313 :世界@名無史さん:2005/11/01(火) 22:30:30 0
古代ギリシアのパイデラスティアーに関して教えて下さい。
よろしく。



ドアホウの荒らしは無視して下さいネ!



314 :世界@名無史さん:2005/11/02(水) 20:38:24 0
トゥキュディデスのケルキュラ島の内乱の部分読むと
現代の悲惨な内戦と変わらんねえと思う


315 :世界@名無史さん:2005/11/11(金) 19:29:55 0
>>1って、現代ギリシャ人に何か恨みでもあるの?
旅行先で金を騙し取られたとか?


316 :世界@名無史さん:2005/11/11(金) 22:13:12 0
なぜ、ギリシアと朝鮮を結びつけたがるのか。
朝鮮は有史以来の属国、中国のパクリばかり。過去の栄光というものすら無い。
ギリシア人は古代中世と、独自の偉大な文明を築いたと思う。
もちろん、今いるギリシア人との直接のつながりは薄いかもしれないが、
古代ギリシアやビザンティン帝国の末裔を名乗る彼らが誇るのは当然のこと。
韓国人のトンデモ史観、誇大妄想とは別次元でしょう。

それに、ギリシア人はトルコにオスマン帝国時代の謝罪と賠償なんて要求してない。
ただ1000年近く抗争を繰り返してきた異民族異宗教の敵で、感情的に受け付けないだけ。
韓国の反日は、身近な日本に対する劣等感の裏返し。
独立戦争を起こして、多くの犠牲を払って勝った国と、たなぼたで独立できた国の違いでもある。
>>267はそんな違いもわからないのか。

おそらく、トルコは親日、トルコとギリシアが対立している、といった断片的な情報を総合して、
つまらぬ空想をしたのであろう。



317 :世界@名無史さん:2005/11/11(金) 23:19:42 0
>>316

> それに、ギリシア人はトルコにオスマン帝国時代の謝罪と賠償なんて要求してない。

しったか乙

318 :世界@名無史さん:2005/11/12(土) 14:11:44 0
>>317
謝罪と賠償を要求したことってあるの?

319 :世界@名無史さん:2005/11/12(土) 15:01:49 0
だいたい、オスマントルコのギリシア支配と、日韓併合がなぜ一緒になるの?

親日と言われている国と、対立関係にあるから、っていう間接的な理由で、
なぜギリシアを貶める?

320 :世界@名無史さん:2005/11/12(土) 15:13:11 0
ギリシアはぜんぜん盛り上がらないか...

321 :世界@名無史さん:2005/11/12(土) 15:14:56 0
>>287
キリスト教徒がキリスト教徒の墓を掘ったり遺骸を損傷したりした場合について、
イスラム法の適用外で、村の自治に任せて帝国官吏からは別段のお咎め無しなん
ではないの?

322 :世界@名無史さん:2005/11/12(土) 15:33:44 0
4年くらい前だけど、ローマ法王がギリシャ訪問したとき、
第4次十字軍の行為を謝罪しろっていうことでデモがあったね。

323 :世界@名無史さん:2005/11/12(土) 16:03:29 0
韓国の主張してる「植民地時代の清算」とか「国際法違反の併合条約」なんて、
ギリシアの対トルコ感情とは無関係。
欧州は欧州、北東アジアは北東アジア

ギリシアスレはここしかないんだから、
ギリシアは欧州の韓国、なんていう強引なこじつけはやめて、
普通にギリシアを語りましょう。

324 :世界@名無史さん:2005/11/12(土) 16:46:51 0
323=無知を晒した316っぽいな。ハナから湧いて出てくるなよ。

325 :高知少将ジーモン土佐守ジョーカー:2005/11/12(土) 18:50:19 O
>>1はギリシア女に騙された。そんでトルコなら安心だろうと、

この糞スレを立てた後に行ったら、イスタンブール旧市街で

ゴロツキにカネを奪われた。

326 :世界@名無史さん:2005/11/12(土) 19:31:49 0
>324

はいはい、ギリシャは欧州の韓国。オランダは欧州の韓国。フランスは欧州の韓国。
坊主憎けりゃ袈裟までの単細胞は楽でいいねw

327 :世界@名無史さん:2005/11/12(土) 19:38:16 0
みっともなさすぎ。

328 :世界@名無史さん:2005/11/13(日) 01:48:49 0
どうして韓国ネタはものすごい盛りあがりをみせるんだろう。

329 :世界@名無史さん:2005/11/13(日) 13:40:24 0
ヘレニズム期と現代との文化断絶が起きたのはいつ?
オスマン支配で、ギリシャ語が一地方の哩語に落ちぶれた時期?

330 :世界@名無史さん:2005/11/13(日) 15:25:14 0
ところで、バチカンとギリシャ正教の関係って今どうなってんの?

331 :Ω:2005/11/21(月) 13:05:52 0
何故ギリシャ人は差別されるのか
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/geo/998499919/244
この件も、よろしくお願いします

332 :世界@名無史さん:2005/11/29(火) 11:49:58 0
「十字軍」やノルマン海賊が文化、産業に必要な人員を拉致していったことが衰退の最大の原因。
オスマンは復興させようとした。

333 :世界@名無史さん:2005/12/12(月) 22:36:47 0
  88888    
 ( `∀´)    トルコ人はDQNなのデス。
 (_つノノl|つ  ageるのデス。
  Ll_|_|_l.||   
 (__)_)   

334 :世界@名無史さん:2005/12/15(木) 00:27:20 0
もともとギリシャ人ってベルベル系や中東のアラブとか、黒人系のエジプト人の血が主体だから
ガリアやケルトに比べたら格段に黒いのに、なんでトルコに占領されたから黒いとかいいう妄説
が学問版なのに主流なの?

335 :世界@名無史さん:2005/12/15(木) 01:41:05 0
へ? そんな盲説が主流とは思えんが。

336 :世界@名無史さん:2005/12/15(木) 01:43:04 0
むしろ、ギリシャ人にスラブ人っぽいのが多いのは、中世以降のバルカン半島への
スラブ人の侵入によるものなので、いわゆる古代ギリシャ人の血は今のギリシャ人には
薄いというのが一般的だ罠。

337 :世界@名無史さん:2005/12/15(木) 23:16:13 0
  88888    
 ( `∀´)   

まさかこの頭を観ての書き込みでは…

338 :世界@名無史さん:2005/12/17(土) 20:02:43 0
【トルコ】「アルメニア人虐殺」を認め「国家侮辱罪」に問われたトルコ人作家、初公判
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1134738738/
     ヾ   
     □   
   (-@д@) 100万人のアルメニア人が殺害された。
   (    ⊃ トルコ人は謝罪と賠償をしなければならないのです。
    |  |  |   
   (_)_)←オルハン・パムク氏

   88888    │漏れ生粋のトルコ人だけど、
  (=( ・Ω・) <ちゃんとアルメニア人虐殺の反省をしなければならないのデス。
  (_つノノl|つ   │アーメン・・・じゃなかったアッラーアクバル!!
    Ll_|_|_l.||      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (__)_)←「生粋のトルコ人」 某バルカン半島人のような服装をしているが気のせいであるwww 

339 :世界@名無史さん:2006/01/07(土) 20:40:35 0
age

340 :ty270410:2006/01/08(日) 00:03:14 0
「黒いアテネ」だったか,「黒いアテナ」だったか,
そんな本がありましたね!

341 :世界@名無史さん:2006/01/11(水) 21:57:00 0
もうどうでもいいからコンスタンティノープル返してよ。マジで。

342 :世界@名無史さん:2006/01/12(木) 14:08:01 0
ま、確かにハギア・ソフィアくらいは返還してやるべきだな
日本に例えると京都と東京がチョンに占領されているみたいなもんだから

343 :世界@名無史さん:2006/01/12(木) 15:08:09 0
返すって……ローマ人に?

344 :世界@名無史さん:2006/01/12(木) 16:45:52 0
>>343
ギリシア共和国に。

345 :世界@名無史さん:2006/01/12(木) 16:46:58 0
歴史上、ギリシア共和国の領土だったことは無いはずだが…

346 :世界@名無史さん:2006/01/12(木) 17:23:49 0
占領したことはあるっけ。

347 :世界@名無史さん:2006/01/12(木) 17:31:43 0
コンスタンティノープルにはギリシャ共和国が成立した段階でも、
その後も多数のギリシャ人が居住し続けていた。
ローザンヌ条約による住民交換でもコンスタンティノープルは対象から外されてた。
しかし、第二次大戦後、トルコはキプロス問題に介入するため反ギリシア暴動を扇動、
コンスタンティノープルのギリシア人は致命的な打撃を受ける。
これを受けてキプロス紛争も燃え上がり、
トルコは首尾よく民族浄化とキプロス紛争介入の口実を得る事となった。

348 :世界@名無史さん:2006/01/13(金) 23:39:12 0
>>343>>344
ギリシア共和国は関係なく、彼等曰くの「ヘラス」に返すと言う意味でしょう
ところでヘラスってどっからどこまでなんだ?

349 :世界@名無史さん:2006/01/13(金) 23:59:36 0
ローマ人意識を持っていたヤシがヘラスだなんて、お笑いにしかならんぞ…

350 :世界@名無史さん:2006/01/14(土) 18:19:28 0
  88888    
 ( `∀´)   旧ギリシア・ローマ帝国領全部なのです。
 (_つノノl|つ  ただメソポタミアは勘弁するです。
  Ll_|_|_l.||   
 (__)_)   

351 :世界@名無史さん:2006/01/16(月) 22:51:21 0
西はジブラルタル海峡
東はパミール高原

352 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 09:43:43 0
        ,.-─ ─-、─-、
      , イ)ィ -─ ──- 、ミヽ
      ノ /,.-‐'"´ `ヾj ii /  Λ
    ,イ// ^ヽj(二フ'"´ ̄`ヾ、ノイ{
   ノ/,/ミ三ニヲ´        ゙、ノi!
  {V /ミ三二,イ , -─        Yソ
  レ'/三二彡イ  .:ィこラ   ;:こラ  j{
  V;;;::. ;ヲヾ!V    ー '′ i ー ' ソ
   Vニミ( 入 、      r  j  ,′
   ヾミ、`ゝ  ` ー--‐'ゞニ<‐-イ
     ヽ ヽ     -''ニニ‐  /
        |  `、     ⌒  ,/
       |    > ---- r‐'´
      ヽ_         |
         ヽ _ _ 」

     ウプレカス [ Uprecus ]
  ( 西暦一世紀前半 〜 没年不明 )
 
 
ttp://www.din.or.jp/~sage14/20051003.jpg


353 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 23:58:34 0
ギリシア人が早くからキリスト教化したのは何故でしょう?

354 :世界@名無史さん:2006/02/07(火) 16:50:00 0
>>353
1.ヘレネスの自覚を失いローマ市民としてのアイデンティティを持った
2.ローマ皇帝がキリスト教を国教とした
3.自動的にキリスト教化される
って流れでしょ

古代オリンピックが廃れた時点でヘレネスという民族意識は根絶。
本来のヘレネスは裸族だ。子供は学校で裸、大人も体育競技で裸。
ギリシャ彫刻に裸体像が多いのは本当に裸んぼだらけだったから。
キリスト教化されて裸にならなくなったら、もうローマ人であってヘレネスではない。

355 :353:2006/02/12(日) 22:02:00 0
確かにその頃ギリシア人と言う意識はなかったかもしれないが
パウロの伝道があの辺り中心で行われて
初期のキリスト教団がギリシア(というよりはアナトリアか)でできたと記憶しているわけで

356 :世界@名無史さん:2006/03/03(金) 17:08:32 0
変換を要求するなら、先ず南イタリアじゃないのか?

357 :世界@名無史さん:2006/03/12(日) 22:06:50 0
南イタリアにはギリシア人住んでるしな

358 :世界@名無史さん:2006/03/25(土) 20:16:27 0
今も?

359 :世界@名無史さん:2006/03/28(火) 23:43:42 0
今でもいるよ。
http://en.wikipedia.org/wiki/Griko_language

The most prevalent theory on the origin of Griko is the one
by Gerhard Rohlfs and G. Hatzidakis, stating that Griko's
roots go as back in history as the time of the ancient Greek
colonisation of Southern Italy and Sicily, in the 8th century BCE.
In that respect, this Southern Italian dialect is the last
living trace of the Greek elements that once formed Magna Graecia.

だと。

360 :世界@名無史さん:2006/03/29(水) 02:43:27 0
すげえ・・・よくぞ同化せずに存続できたものだ。

361 :世界@名無史さん:2006/03/29(水) 17:36:11 0
同じくドーリス方言に分類されるツァコニア語と比べると
はるかに現代ギリシャ語(ディモティキ)に近いらしいから、
本土との往来はずっとあったんだろうけどね。

362 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 09:00:44 0
現代ギリシャ語の授業ってどこの大学で受けられる?探したけども見つからない

363 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 09:09:15 0
東大文の西洋近代語専修とか

364 :世界@名無史さん:2006/04/29(土) 14:43:31 0
>>357
南イタリアには古くから住むアルバニア系(アルバレシュ)が今も
住んでいますよね。

365 :世界@名無史さん:2006/04/29(土) 16:32:12 0
南イタリアのアルバニア系はキリスト教なの?

アルバニア人ってのも謎の民族だよね。民族の孤島にいる。
印欧語族の中ではどこに近いんだ?

366 :世界@名無史さん:2006/04/30(日) 00:01:21 0
r'⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒ヽ ⊂゙⌒゙、∩
ヽ__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__ノ  ⊂(。A。)キタ━━━━━━━━!!!!!!

367 :世界@名無史さん:2006/04/30(日) 15:16:15 0
ローマ建国伝承が、トロイ戦争の難民がイタリアら辺に定着してラテン人の祖になった、
トロイの王統の末裔がローマを建国した、ということになっているんだから、ローマ市民
であることとヘラスであることは容易に両立するわな。
アグリジェントとシラクサの戦争に介入した口実も、同じヘラスの都市たるシラクサと
メッシーナが夷狄のポエニ人の侵攻を受けたから、と言っている。

368 :世界@名無史さん:2006/05/01(月) 04:24:37 0
>>367
すげーウリナラ妄想w

369 :世界@名無史さん:2006/05/02(火) 17:09:11 0
ローマの初期、アドリア海側に支配権の及んでいなかった時代に、当時の先進国たる
アテネやテーベとの使節の交流で、同祖同族説はギリシャ側にも受け入れられていたようなんだが。

370 :みき:2006/05/14(日) 09:52:48 0
始めましてっ。高@のものですが、ここでギリシャ世界についての質問をして
もいいですか><;??


371 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 21:45:42 0
ヌルーだな

372 :中高生質問スレから転載:2006/05/14(日) 23:34:28 0
757 :みき :2006/05/13(土) 22:31:36 0
前回、ギリシャでお世話になった高1のものです><;又、疑問をもったので、教えて下さい><
ペロポネソス戦争により、今までデロス同盟とペロポネソス同盟でふたつに分かれていたギリシャが、ペロポネソス同盟にギリシャまとまる。→アテネと仲良かったのでポリステーベが怒り、ペルシャ支援のもとスパルタVSテーベ。→ポリス没落

と習いましたが、ここでつ疑問があります。
1テーベがアテネと仲良かったと言うことは、テーベもデロス同盟に属していたか?
2なぜペロポネス同盟にギリシャまとまっているのにポリスであるテーベはそこに属していないのか?
3最終的にレウクトラの戦いでテーベがポリスの勢力NO1になったあと、ほかのポリスはどうなったか。
4ペルシャはレウクトラの戦い後、どこを狙っていたのか?
全然わからないので、教えて下さい><お願いします><;


373 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 01:19:12 0
>>370
ここで暴れられるとめんどうだから古代史のスレへ誘導するか
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1110970819/l50

374 :世界@名無史さん:2006/05/16(火) 23:48:21 0
女子高生の一人くらい面倒みてやれよ、オタ!

375 :世界@名無史さん:2006/05/29(月) 12:14:07 0
ギリシャ人の風貌的特徴って何だろうね。
ローマ人やペルシア人やインド人と比べるとどう
とかって区別できるもんかな?

376 :世界@名無史さん:2006/05/30(火) 02:27:13 0
ローマ人の祖先がギリシャ人というのは本当でしょうか?(もしかしてトンデモですか)

377 :世界@名無史さん:2006/05/30(火) 03:39:49 0
このスレにあったはず。当時のローマ人がそのように称していただけで
当然学問的にはトンデモだけど、ギリシャ人も認めていた模様。

378 :世界@名無史さん:2006/06/18(日) 01:20:46 0
ローマ人がトロイア人の末裔を自認していたというならわかるけど、
自分たちがギリシア人だと思ったことはあるのかな?

ホメロスの作品の中には、ヘレネス(ギリシア人一般)という呼称は見当たらない。
ヘレネスに相当する呼び名として、ダナオイとかアカイアなどがあって、
トロイア人はこの中に当然含まれない。
まさにそのダナオイと戦っているのがトロイア人だから。
トロイア人をギリシア人(ヘレネス)と見なすのは、不自然だ。

ヘロドトスも、神話伝説を合理化して、
ヨーロッパとアジアの抗争の歴史を振り返っているところで、
トロイア人をアジア側として勘定に入れている。

かといってまさかローマ人が自分たちをアジア人として
認識していたわけではないだろうが、
ギリシア人と交戦していたトロイア人を先祖に持つという伝説から、
自分たちがギリシア人だという認識にはいたらないと思う。

379 :世界@名無史さん:2006/06/18(日) 11:19:14 0
アエネイス(トロイアの落武者アエネアスがイタリアに流れ着いてローマを建国した)
のことならウェルギリウス作の「おはなし」じゃないの?

380 :世界@名無史さん:2006/06/19(月) 11:58:53 0
>>378
まさか、トロイア戦争を外征だと思っていたりするわけ?
エーゲ海西のアカイア諸都市連合が東にあったトロイを攻撃した経緯が、ホメロスのイリアスだろ。
あくまでも、ギリシャ世界の中での戦争。日本で言うと、武田信玄が上杉謙信と川中島でやりあった
レベルの内戦だぞ。
そうでなく、アカイア=ギリシャ、トロイア=外国なら、なして、ギリシャ世界の主神ゼウスが、
ギリシャ世界の三柱の女神の争いの仲裁・審判をトロイアの王子・パリスに委ねるよ?
トロイの王統は、ゼウスが人間のアンキセスを女神アフロディーテーと娶わせて生まれた子の子孫、
アンキセスはゼウスと巨神の娘エレクトラの子孫、と当のギリシャの伝承にあるわな。


381 :世界@名無史さん:2006/06/19(月) 12:09:33 0
それに、さ、ホメロスの時代にヨーロッパとアジアとの対立なんちゃあ、意識されていないわな。
「アジア」といえばアナトリア半島のエーゲに面していた部分だけ。シリアもバビロニアもペルシアも
インドも知っていたけれど、それをまとめて称する呼称としての「アジア」では無い。
ヨーロッパに至っては総称するエーゲ海から西を一隊と捉える概念すらなく、ヘロドトスが便宜上、
「エウロペーの行った地域」と総称したに過ぎない。


382 :.:2006/06/19(月) 15:00:27 0
今のギリシャ人の黒人の影響度ってどれくらいだろ?
ポルトガルは全人口のうち30万人が先祖に黒人の血が混じってるらしいけど

383 :世界@名無史さん:2006/06/20(火) 01:12:52 0
「黒人」「影響度」の定義による。

384 :世界@名無史さん:2006/06/26(月) 22:24:48 0
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/fu/news/20060627k0000m060116000c.html
訃報:松平千秋さん90歳=京都大名誉教授

松平千秋さん90歳(まつだいら・ちあき=京都大名誉教授、西洋古典文学専攻)21日、老衰のため死去。
葬儀は近親者のみで済ませた。自宅は非公表。喪主は長男正文(まさふみ)さん。

ホメロスの「イリアス」「オデュッセイア」、ヘロドトスの「歴史」(いずれも岩波文庫)
などの翻訳で知られるほか、「ギリシア語入門」(共著)などの著作がある。

毎日新聞 2006年6月26日 21時26分


( _ _)人

385 :トリップをどぞ:2006/06/27(火) 00:29:41 0
HUaD7Si3BQ <= #6_(tyNc5
i4dq7si3D. <= #.,12s(?i
U7SI3vhgE2 <= #?)A{fF\n
Q7SHIcbJ2Y <= #gTSh_O;W
jlU137SI3o <= #|TS=PvYo
Op7shiHapA <= #*Sg%+\a]
7743XBzSrw <= #M]n19ONu
U9d77SHIiM <= #B]nrj*V[
y7shi5ptLs <= #w]n^64`T
i/7743.m3Q <= #BWSF!L*v
b7shiSOe3s <= #rWSpQ,#5
6NUN0L7SHI <= #pWS[syy{
f7Si3iezdU <= #$+[~N~1O
67SHIi01pU <= #pue%dM(t
Ku7cy7si32 <= #S;!KBt^2
H7SI3Ivivw <= #C|J|&[sE
87SI3JrRAw <= #X04`|UzT
7shiu9B6Fs <= #0AHf(R,;
7shimGlreY <= #&?6Cs_H-
7shiCE9cj2 <= #kD0pT0vH
Gn7SI3da.g <= #h;BrdfA#
7ZN7si3qT2 <= #aR+!t=fJ
7si3yFyUjw <= #2Bn`A*-|
BE7SHIbGBw <= #YBn~Ktzf
7SI3d88Bjc <= #ij-Gw)=g
fC7shicNgM <= #asA08v|*
7SHIC34g2Y <= #ksA)h4_P
7SI3umPOwg <= #ifwt(PNx
.7SI3VC/bM <= #-&Wyf}zR
7shiT5dvNQ <= #+&W|Fnpe

386 :世界@名無史さん:2006/07/21(金) 18:15:35 0
>>338
ハイハイその顔文字とか
反ギリシャ感情をどうにかしる

387 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 00:00:47 0
古代ギリシア人はどのような住居に住んでいたか分かる?

388 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 00:35:48 0
アテナイ等の中心都市や植民都市では区画整理された土地に10m×10mくらいの正方形の家建てて
(ほとんど石材で出来ている)、入り口付近には宴会場、奥に台所と女性部屋と倉庫があるのが普通
1階につき4〜5部屋程度の大きさで2階住居がある家もあった
古代ギリシャは「市民平等」が建前だったので都市部では8割方同じ構造、同じ規模の住居しかない

郊外へ出ると農場経営者の住宅がありこれは数百u規模の大きなものが多い

389 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 11:38:40 0
国民の過半が健康に影響の出るレベルの肥満、8割が適正体重を大幅に越える肥満と
いう統計の出ているアメリカで、ギリシャ人=デブというイメージが定着している
のはなんでかのう?

390 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 17:33:13 0
何でギリシア人は木造建築をしなかったの?

391 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 19:18:16 0
>>390
昔は木造建ててたけど木が減っちまったからだとか。神殿が梁と柱という
木造的な形なのは昔の名残とか。

392 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 20:52:51 0
たとえば、パルテノン神殿、建ったの2400年前だよ。
その間、ずっと、柱はあの場所から一度も動かされていない。

対して、木造建築考えてごらん。世界で一番古い部類の法隆寺も唐招提寺も
その半分の年月しか経っていない上、200〜300年に1回はバラして組みなおしている。
300年も柱が立ちっぱなしの木造建築なんか一つも無い、つまり、定義の仕方によれば、
木造建築はみんな建造300以下ということだ。

石造りのものしか残っていないからって、石造りしかなかったということにはならないよ。

393 :世界@名無史さん:2006/07/26(水) 22:39:08 0
ギリシア人っていっつも白いトーガみたいの来てたの?
色つきのカラフルで立派な着物とかも着てた?

394 :世界@名無史さん:2006/07/31(月) 22:41:55 0
アポロンとかアレスの像って包茎だよね?
ゼウスの像も包茎だっけ?

395 :世界@名無史さん:2006/07/31(月) 23:05:50 0
>>394
たぶんそうだと思われ。
古代ギリシャでは包茎のこぢんまりしたちむこが美しいとされ、
割礼したエジプト人の粗大なちむこは壷絵などで嘲弄的に描かれている
と、何かで読んだ。

396 :世界@名無史さん:2006/07/31(月) 23:13:51 0
>>395
日本に輸入したいな、その感覚。

397 :世界@名無史さん:2006/08/03(木) 11:51:09 0
ギリシャ人の民族的統一は実は無かった?
別にポリス民主制のとこばかりじゃなかったし。

398 :世界@名無史さん:2006/08/13(日) 19:13:01 0
ギリシャは「民主主義揺籃の地」なんて言われるようだけど、
1967年には西側ヨーロッパで初の軍事クーデターが発生して、
軍事政権が成立したんだよね。この軍事政権の詳細について
知っている人おる?

399 :世界@名無史さん:2006/08/14(月) 10:59:21 0
『世界各国史 ギリシア史』とかクロッグ『ギリシャ近現代史』でも読んどけ

400 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 14:53:16 0
>>398
困ったときは、とりあえずwikipedia。日本語では直接クーデターについて書かれた項目はないけど、
パパドプロスの項で触れられている。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%91%E3%83%89%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B9

英語がOKなら、英語版読んどけ
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Greek_military_junta_of_1967-1974

401 :世界@名無史さん:2006/08/18(金) 23:16:28 0
今のウズベキスタンやアフガニスタンあたりには
ギリシア人の子孫及びバクトリア支配時代からの
文化なんか残ってるのかな?

402 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 06:38:14 0
古代ギリシャ人の血を現代のギリシャ人も一応引いているのでしょうか?
トルコやイタリアにも古代ギリシャの子孫がいると聞きましたが、どうなのでしょうか?

403 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 12:08:48 0
古代の文明人はその時代としては数が多い。昔の技術では近代のように
強力な民族浄化は難しい。
そんなわけで古代文明の跡地の住人はしばしば古代人の血を引いてると思うですよ。
旧ビザンティン帝国領域内のトルコ人やスラヴ人も古代ギリシャ人の血を引く人は
多いと思うですよ。

404 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 15:17:07 0
>>402
そりゃ血統は残っているでしょう。
ぐちゃぐちゃに混血して何百分の一かに薄まってるとは思うけど。

405 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 02:59:25 0
アテネ=ペラスゴイ?

406 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 10:30:15 0
>403
自称トルコ人やイタリア人のギリシャ人がイタリアやトルコに沢山いそうですね。ギリシャだけでなくコーカサス系の人やゲルマン系やスラヴ系の自称トルコ人もいそうですね。
>404
もうギリシャ人とは呼べないくらいに混じってそうですね。

407 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 08:36:36 0
スターリンが言ってたように民族の定義って結局自分が
どう思うかに行き着くわけだからいいんでないの

408 :世界@名無史さん:2006/08/29(火) 17:20:14 0
グルジアに住んでいた「ギリシャ人」はトルコ語を話していたらしい。

409 :世界@名無史さん:2006/08/29(火) 18:50:05 0
まあ現在のギリシャ語でもトルコ語由来の言葉とか結構あるし

410 :世界@名無史さん:2006/08/29(火) 19:06:03 0
ttp://www.amazon.com/Fields-Wheat-Hills-/dp/0226424944/sr=1-23/qid=1156845568/ref=sr_1_23/102-3158248-7166508?ie=UTF8&s=books

ギリシャ領マケドニアについて書いた本だけど、カスタマーレビューがギリシャ人とそれ以外で
はっきり分かれてて面白い。
あそこが多民族地域だと主張しただけでこれほど強烈な反応があるとは。

411 :世界@名無史さん:2006/09/01(金) 00:42:16 0
まえによく出てこられていたコテハンの「レリン」さんというのはトルコ人?

412 :世界@名無史さん:2006/09/01(金) 20:05:24 0
中世までのギリシャ語由来の単語を寄せ集めると現代ギリシャ語になるし、
韃靼人の単語をかき集めるとトルコ語のイスタンブール方言になるし、
スラブ語っぽい単語を沢山あつめるとマケドニア語になるけれども、
文法・音韻構造は大体同じで単語もごちゃ混ぜで使っていたものを、
帰属意識に従って単語をかき集めて別々の言語に仕立て上げただけだ。

413 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 18:57:28 0
神戸に昔からあったギリシャ人の海運関係向けのレストラン
震災で潰れたんだろうな
昔のガイドにしか載ってない

414 :世界@名無史さん:2006/10/05(木) 00:47:21 0
 

415 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 12:24:39 0
まあ現代ギリシア語のうち、印欧祖語まで語源を遡れる語彙は
二割程度だそうな。
アラビア語やトルコ語などからの借用語の多さもさることながら、
エーゲ海〜バルカン半島に分布していた、印欧語族以前の先住民言語の語彙も相当数あるし。

これについては隣のアルバニア語も似た状態。

416 :世界@名無史さん:2006/11/08(水) 20:38:48 0
古代エーゲ文明の語彙とかは残ってないの

417 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 23:45:19 0
>>416
エーゲ=aiga「海」より。
エジプトの語源のアイギュプトスの語幹部も同じ。

明らかに印欧語ではない。エーゲ海からペロポネソス半島に住んでいた先住民の言語と思われる。
エーゲ文明を担っていた集団かどうかは定かでない。
線文字はギリシア語だったと判明してきたので、そのまた前の住民かも。


418 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 14:36:34 0
海にのみ言葉の痕跡を残すなんて・・・

419 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 00:34:51 0
age

420 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 22:12:30 0
ギガワロス(紀元前439年 - 紀元前388年)

古代ギリシアの哲学者。アテネで生まれる。
ソクラテスの弟子とも伝えられる。
「人間の幸福には笑いが必要である」という笑いの哲学を説く。
紀元前398年、アテネの神々を嘲笑する論文を発表したために、神官の怒りを買い、
アテネを追放される。
笑いの哲学を説いたために、当時のアテネの知識人の間では「ギガワロス」が
「とても笑ってしまう」という意味で使われていた。
弟子にテラワロスがいる。代表作は『形而笑学』。

421 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 22:30:26 0
×ギリシャ人
○ギリシア人


ところでギリシア鼻って知っとるけ?

鼻根部の凹みがなく、額から鼻先まで一直線の最も美しいとされる
鼻の事だよ。

女神像の鼻だな。

422 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 02:19:31 O
ああ、あれってギリシア人にとって理想の鼻なんだ
趣味でギリシアの壷絵を模写したりするが、確かに一直線だな

423 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 12:46:26 0
中身がスラブの自称ギリシャがどうあがいても僭称している古代民族ギリシャ人と
騙りスラブごときが同じになるわけねーしw

424 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 22:23:14 0
>>423
日本語がおかしいですよ。
某国の方ですか?

425 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 12:49:21 0
>>421
紀元前5世紀のアテネなら、もうディガンマは文章には使われなくて数字としての
用法しかないはずだけれど。

426 :世界@名無史さん:2007/01/01(月) 14:08:46 0
騙りスラブの国家が古代ギリシャの子孫とうざいな。

427 :世界@名無史さん:2007/01/02(火) 02:06:52 0
現代ギリシャ人が言語は口語は当時のアテネ方言を基に、文語は古典ギリシャ語を
基に19世紀に作られた現代ギリシャ語を使っているだけの、正教化したスラブ人に
すぎないのはガイシュツ中のガイシュツで、いまさら声高に叫んでも…

428 :世界@名無史さん:2007/01/02(火) 02:16:44 0
ギリシャ史
スラヴ人の分布には地域的な濃淡があったことは、地名からもうかがうことが出来る
中略
「モネンバシア年代記」も「ペロポネソス半島の東部・・・・・・のみは、その近づきがたい地形のために
スラヴ人がいなかった」と記している
中略
テッサロニキはスラヴ人に取り囲まれつつも、いぜんとして数万人の人口を有する大都市であった
「ギリシア史」より
他に沿海部にもギリシャ人が住んでいたらしい、
完全に人種が違うというわけではなく入ってきたスラブ人と混血していったらしい
スラブ人もギリシャ化していったらしいし

http://hellenicnationalist.blogspot.com/2004/12/iranian-perspective-on-alexander-movie.html

(3) The Blondism of Alexander

429 :世界@名無史さん:2007/01/02(火) 06:35:38 0
>>428
ノルマンディーに今でも言葉がちがうケルトっぽい連中が住んでいるからといって、ゲルマン人の国だとはいわない。
スラブはスラブだよ。その辺りかいできているかオタク。

430 :世界@名無史さん:2007/01/02(火) 07:00:56 0
日本語でおk

431 :世界@名無史さん:2007/01/02(火) 10:06:12 0
スラヴ人がギリシャ語話者になり、ギリシャ人がスラヴ語話者になったのだとすると
各地域での使用言語はどういう要因で決定したのか?

432 :世界@名無史さん:2007/01/02(火) 14:23:45 0
>>429
日本語でおk。

433 :世界@名無史さん:2007/01/02(火) 17:48:50 0
今のギリシャ人がスラブ人だって言ってんのは古代ギリシャ人を金髪碧眼の白人にしたい欧米の白人至上主義者なんだよ。
古代文明の成果は全部白人による物だとしたいからこいつらは古代エジプト人ですら金髪碧眼だと主張してる奴ら。
恥を知れよ、>>429

434 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 06:46:35 0
バルカンでの民族は宗教の違いはあってもスラブ民族が多勢を占めている。
バルカンの支配民族の対立はオスマン帝国末期の民族浄化合戦に起因する。
なかでもギリシャ人=騙りスラブによる民族浄化は許容範囲を超えている。
つい先日のアテネオリンピックの開会式においてもなぜか金髪碧眼の
美男子美女を集め、自称ギリシャ人の国威掲揚に寄与したが、
ギリシャ人の大半は金髪碧眼などではない。
ヨーロッパ人特に西欧人の価値観

金髪碧眼>黒毛>赤毛>肌の色>>>  超え難いアーリア人の壁>>>黒人>>>>黄色人種>>>>>シナ・朝鮮
となるわけだ。


435 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 12:51:42 0
>>433はギリシャ人≠スラヴ人=金髪碧眼といい
>>434はギリシャ人=スラヴ人≠金髪碧眼という

どっちなんだ

436 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 16:58:10 O
>>430

ワラタ

さっそく某ネットワークに教えてあげよっと。

437 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 02:23:40 0
ギリシャ=スラヴ説とかルーマニア=スラヴ説とかドイツ=スラヴ説とか
2chで見た覚えがあるが何故それほどまでにスラヴは絶対無敵なのだろう。

438 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 06:20:45 0
>>437
ギリシャ=スラブはスラブ人の南下、定着化によっておこった。
ルーマニアの騙りスラブも自称ローマの僭称ミンジョクによって後から入ってきた連中が手品のように入れ替わった。

で、ドイツ=スラブ説ってのはキリスト教の十字軍がイスラムの人々を侵略し殺害したように、
中核となったドイツ騎士団たちが北方に十字軍を起こし、今のカリーニングラード周辺で勝手に国を拵えた。
むろん男ばかりの所帯だったから現地のスラブ人=キリスト教化されていない異教徒たちを犯し、雑婚を
繰り返して愛の子をつくっているうちにゲルマン化していったものだ。

これが紆余屈折のうちに北方の「キリスト教化」に半世紀ほどかけた末にできたわけだ。
無論強制改宗と虐殺と女狩りの歴史の連続だがな。
で、この開拓した土地から後のプロイセンが出るわけだよ。
いってみれば元々売り買いの対象となっていたスラブ人の文化圏がゲルマン化、キリスト教化していったわけだ。
要は2chでのギリシャ=スラヴ説とかルーマニア=スラヴ説とかドイツ=スラヴ説とする主張は根も葉もある
正当な意見なんだよ わかったか?

439 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 06:24:48 0
>>438
一次史料に基づくソースを出してくれ。

440 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 07:04:21 0
事実を語っているのにソースとはコレ如何に?

441 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 07:12:21 0
スラブもゲルマンも本質は劣等民族だと思う
実はまともな文化創生能力がない
町並みとかが実はそれを物語っている
南部イタリアやギリシャのギリシア語地域は本当にすばらしい


442 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 10:55:21 0
>ルーマニアの騙りスラブも自称ローマの僭称ミンジョクによって後から入ってきた連中が手品のように入れ替わった。

逆だろう。
もともと平地ルーマニアにはトルコ系遊牧民やスラヴ人などが住んでいたが
ロマンス系言語を話す山岳民がカルパチア山脈から降りてきて占領した。
それがワラキア公国やモルダヴィア公国のはじまり。

>むろん男ばかりの所帯だったから現地のスラブ人=キリスト教化されていない異教徒たちを犯し、雑婚を
>繰り返して愛の子をつくっているうちにゲルマン化していったものだ。

プロイセンの原住民はバルト系。
ドイツ騎士団員は貞潔の誓いを立てており、雑婚など論外。
あとドイツ人を入植させたというのを忘れている。

443 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 17:19:10 0
>>440
事実だと言う事を立証するソースを出してみ。

444 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 17:34:08 0
444ゲットだフォー!

119 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★