5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ナポレオン・ボナパルトを語り明かすスレッド

1 :世界@名無史さん:05/02/15 00:54:03 0
我輩の辞書>>2-10に不可能の文字は無いと言ったら無い。

ナポレオン語りスレッド
http://mentai.2ch.net/whis/kako/997/997447479.html
ナポレオンを語り尽くすスレッド
http://mentai.2ch.net/whis/kako/1011/10118/1011864885.html
http://mimizun.com:81/2chlog/whis/academy2.2ch.net/whis/oyster/1011/1011864885.html
ナポレオン・ボナパルトを語り倒すスレッド
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1059408770/

484 :世界@名無史さん:2006/01/04(水) 23:53:46 0
さっき王室特集でナポレオンの末の弟の子孫が映ってたけど
すっごい濃かった。

あと誰か神戸のナポレオン展いきました?

485 :世界@名無史さん:2006/01/05(木) 00:10:21 0
ナポレオンのロシア遠征、しらみに足元をすくわれる
ttp://news.bbc.co.uk/2/hi/health/4534540.stm


486 :世界@名無史さん:2006/01/05(木) 00:18:07 0
これ、ヴィルヌスの大量埋葬地の話ですよね?
Napoleon Seriesでも話題になってましたが、確定というわけでも
ないんですよね?


487 :世界@名無史さん:2006/01/05(木) 08:30:46 0
ナポレオン自殺未遂したらしいね

488 :世界@名無史さん:2006/01/05(木) 14:56:13 0
1814年の退位の時だね。>自殺未遂
マルモンの裏切りが余程ショックだったのだろう。

489 :世界@名無史さん:2006/01/05(木) 16:22:45 0
えっ、どんな方法で?

490 :世界@名無史さん:2006/01/05(木) 16:31:06 0
>>489
隠し持っていた阿片か砒素を飲んだらしいが致死量に至らなかったそうだ。

491 :世界@名無史さん:2006/01/06(金) 08:00:28 0
英雄の最後が自殺でなくて良かった…

492 :世界@名無史さん:2006/01/10(火) 00:29:33 0
>>484
行きましたよ〜激込みでした^^;
説明テープヘッドホンタイプ500円で利用できます。
意外と利用者多いです。
因みに入場券1300円ですが会場周辺のローソンで前売り券1100円で
発売してます。お得ですよw

493 :世界@名無史さん:2006/01/10(火) 21:08:54 0
>>491
セントヘレナ島では自殺を口走ったことは無かったな。
あの時は諦めていたのだろうな何もかも。

494 :世界@名無史さん:2006/01/10(火) 22:11:38 0
いや、その反対にペンで伝説を作ろうという意気に燃えていたのでは?
口述させた回想録は自己弁護に満ちている。
サント・ブーヴだったか、
「セントへレナ日記」は自家中毒した精神のトイレットペーパーだ
と言った人がいる。


495 :世界@名無史さん:2006/01/10(火) 22:12:34 0
>>484
もう1つあるナポレオンスレにあったから転載

展示してあったのは
ナポレオンの肖像画や遺物、側近、同じ時代の人(ストウ婦人など)皇后の肖像、
グラントリアノンのナポレオンの書斎やマリー=ルイーズのアクセサリーなど
普段はヴェルサイユにあるというナポレオンの士官学校時代の像もありました。

全体的な感想を言うととてもよかったです。
私の好きなアルプス越えの絵(すごい大きかった)も見れたし、
マリー=ルイーズに送ったというアクセサリーは
本物じゃないにしても素晴らしかったし
(本物はダイヤとルビーだけど、今回の展示品はショーメに保管してあるデザインの原本?で
ブルーサファイアとルビーを使用しているらしいです)

内装もヴェルサイユ調になっていて凝っているなぁと思いました。
聞けば壁紙や床の板までほとんどをフランスからお取り寄せしたとか
職人もフランス人で、手がこんでいるなぁと思いました

さすがに戴冠の絵(あのすごい大きいやつ)はなかったですが、
小さいレプリカならおいてありました。
あとはナポレオンが使用していた書斎の机や
果ては便器とビデまで。
戦いのときの絵も多く盛衰ぶりがわかります。
ピウス7世(だっけ)の椅子やカメオもありました。
マリー=ルイーズはとても可愛らしいなと思いました

496 :世界@名無史さん:2006/01/10(火) 22:22:36 0
ルイーズは二十三歳の娘だった。
金髪でぽっちゃりしており、態度はよそよそしかった。
青い目が心持ちとび出している。
色白で、赤ら顔だ。下唇が垂れて受け口になっている。
人好きのしない魅力のない人物、それがマリ・ルイーズだった。

デュマのマリ・ルイーズ評。
フランス人には人気なかったのかな。

497 :世界@名無史さん:2006/01/10(火) 22:35:29 0
↑おぉーっ、まさにハプスブルク家特有の顔立ちではないか!

498 :世界@名無史さん:2006/01/11(水) 02:49:54 0
そら、ちょい10年ほど前にみんなが大嫌いで殺したオーストリア女のイメージってのが
つきまとったんじゃないかな?


499 :世界@名無史さん:2006/01/12(木) 19:44:18 0
デュマってナポレオンものを書いてるの?
モンテ・クリスト伯はナポレオン没落後の話だよね。

500 :世界@名無史さん:2006/01/12(木) 19:44:25 0
デュマってナポレオンものを書いてるの?
モンテ・クリスト伯はナポレオン没落後の話だよね。

501 :世界@名無史さん:2006/01/12(木) 19:45:15 0
あ、二重投稿。すみません。

502 :世界@名無史さん:2006/01/15(日) 09:24:40 0
>>495
キングオブキングスででてたマリ・ルイーズたんは
相当ハァハァできましたがあれは映画だしなぁ・・・

個人的にはメッテルニヒの策謀とはいえあっさりと皇帝陛下を
忘れる薄情さが嫌いでつ


503 :世界@名無史さん:2006/01/15(日) 09:27:51 0
レスアンカー間違えた・・・
495でなくて496向けでつ スマソ

504 :世界@名無史さん:2006/01/15(日) 13:55:40 0
結局ルイーズたんは、さげまんじゃないですかー!
ナポちゃんの妻は、あげまんのジョゼフィーヌだけだと考えたい。
子供が出来てたらな〜 orz

505 :世界@名無史さん:2006/01/15(日) 14:01:14 0
それ、当時から言われていたそうで・・
古参兵曰く、
「おやじ(皇帝陛下)もばあさん(ジョゼフィーヌ)と一緒の時はツイていたんだが・・」 

506 :世界@名無史さん:2006/01/15(日) 15:23:34 0
ジョゼフィーヌがあげまんだったのは、ナポレオンと結婚してから?
最初のダンナはギロチン送りだよね。
男は女次第っていうけど、女も男次第なわけですか?

507 :世界@名無史さん:2006/01/15(日) 16:21:19 0
ジョセフィーヌ選んだ時点で間違ってる気もするけどな。

508 :ひろっち ◆l5Ju6Ly8I2 :2006/01/15(日) 22:26:27 0 ?
ジョセフィーヌがそんなになってしまたのはナポレオンと
結婚した後ではないですよ 彼女は夫に先立たれた未亡人なので
お偉い様と「親しい関係」になるしかなかったのです
ナポレオンの才能に気づいたお偉いさまがナポレオンに「譲った」のです
とはいっても結婚した後でも癖が抜けなかったのか浮気をしてしまったのです

509 :世界@名無史さん:2006/01/15(日) 22:52:56 0
お下がりだと言うことを頭にいれてランペルールやるとさらにバラスに対する憎しみが湧きますよ。

510 :世界@名無史さん:2006/01/15(日) 22:57:36 0
>>508
ソースをお願いします。
どちらの史料をお読みになったのですか?
出来れば引用もしていただけると助かります。

511 :ひろっち ◆l5Ju6Ly8I2 :2006/01/15(日) 23:01:56 0 ?
すごくメジャーな資料です
ナポレオンの生涯って言う本ですよ☆
とても読みやすくわかりやすいので是非読んでください!
僕も最近手に入れたばかりです

512 :ひろっち ◆l5Ju6Ly8I2 :2006/01/15(日) 23:02:27 0 ?
フランス革命を語る上でにナポレオンは言うまでもなく
重要な人物ですが彼のモチベーションはどこから来たと皆さんは考えますか?
1、フランスの革命はコルシカ島の独立につながるため
2、祖国フランスというに対する愛
3、独裁者への憧れ

僕はいい意味で3だと思います。彼は士官学校での孤独ゆえルソーの革命の肯定を名目に
いつか偉くなろういつか認められようというという夢を実行していったのではないかと考えます
というのはナポレオンは本当に実の祖国コルシカを思っているなら フランスに移らず極貧でも
革命を続けたからです
やっぱりナポレオンは野心家であって恐ろしいまでの先見の目があったみたいです
かっこいいっすね〜
あくまで素人の意見なので皆さんはどう思います?


513 :世界@名無史さん:2006/01/16(月) 06:21:10 0
時期によっても違うだろうしどれか一つに絞れるもんでも無いと思うぞ。

514 :世界@名無史さん:2006/01/16(月) 06:22:44 0
同意。


515 :世界@名無史さん:2006/01/16(月) 06:24:14 0
>>511
失礼ですが史料と資料の区別がついていらっしゃらないようで…。

516 :世界@名無史さん:2006/01/20(金) 02:02:53 0
ワーテルロー敗退後、ボナパルトはテミストクレスに習って敵国に身を委ねた
わけだが、イギリスにもう少しマシな待遇を期待していたのだろうか?
だとしたら見通しが甘い気がするけど、彼はたまにそういうことあるよね。
500人会議のときとか、ロシア遠征とか・・・極まれにだけど。
あるいはその辺りの冷静な判断ができず、結局最後は自分の好きな
プルタルコスの英雄を習っただけかもしれんが・・・。

517 :世界@名無史さん:2006/01/20(金) 15:58:45 0
処刑(含む暗殺)されなかったのが不思議。
生かしておいてエルバ島から大暴れされた、苦い経験があるはずなのに。
英国にとって「皇帝が生きている」ということが、政治的に有利な状態だったのだろうか?


518 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 01:14:03 0
政治的な有利はないと思う。国内外の世論に対する配慮と、ナポレオンの
立場、つまり仮にも一国の皇帝で、しかもオーストリア皇帝の血縁なんだから
簡単には殺せないのでは。だから遥か絶海の孤島に置いておくしかなかった。
セント=ヘレナは殺人的な気候らしいから、そこで死んでくれればラッキーと
思ってたかも・・・。

519 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 20:01:46 0
高野山への追放みたいなもんか
あそこも苛酷な環境へ送ることが目的だったというし

520 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 22:58:25 0
エルバ島はイタリア本土に近いし、故郷のコルシカも目と鼻の先。
季候はいいしワインもうまいし、統治も任されていたようだから、ナポレオンにとっては
居心地は悪くなかったと思うが。
 凡人ならここで余生を楽しく暮らすのもいいかなぁと思ったんじゃないかと思うが、
やっぱり野心を押さえきれないタイプだったんかな?

 個人的にはここで2,3年養生して、回復してからでもよかったのではとも思う…

521 :世界@名無史さん:2006/01/23(月) 00:13:21 0
確かにエルバ島での暮らしは悪くなかったと思うけど、ヨーロッパですら
小さく思えたあのナポレオンが、小さなエルバ島ひとつ与えられて満足できるとは
到底思えない。
ナポレオンが復位したのは、野心というより祖国愛もしくは正義感のためだと
思いたい。なにしろナポレオンの退位後、ウィーン会議は踊ってばかり、
王政復古したブルボン王朝の反動的な政治に国民は不満が募って国内外とも
混乱していた情勢だったから。だからナポレオンは時機を得て復帰したわけで、
あと2,3年待ってたら皆に忘れられてたかも知れないし、チャンスはなかった
可能性が高い気がする。

522 :世界@名無史さん:2006/01/25(水) 00:19:23 0
ナポレオンの将軍で一番有能なのはドゼーと言ったら言い過ぎだろうか。
しかしドゼーもランヌも、いい奴はみな死ぬんだよな・・・。

523 :世界@名無史さん:2006/01/25(水) 01:23:42 0
ナポレオンの時代に限らず、人物の評価は難しい。
自然科学の実験とは違って、同じ条件で比較することはできないからね。


524 :世界@名無史さん:2006/01/25(水) 02:19:06 0
なんか一人で好き勝手やらせるとダメな将軍がけっこう多い。
ナポレオンがいなくてもつかいものになるのはごくわずか。

525 :世界@名無史さん:2006/01/25(水) 17:54:56 0
ナポレオンが登場する前は、一人でちゃんとやってた将軍もわりといましたよね。
ナポレオンの晩年は、むしろ彼のシステムが破綻してたという見方はどうでしょうか?

526 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 14:04:03 0
ナポレオンが孫子を読んでいたという情報の出所はどこでしょうか?
日本では当然のことのように書かれていることが多いのですが、
欧米ウェブでは、「おそらくナポレオンも読んだだろう」程度の書き方です。
ということは、じっさいに読んだという本人の言とか、読んでいるところを見た
というような記事は残っていないと考えていいのでしょうか。

527 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 14:24:57 O
BS11ナポレオン再放送楽しみです

528 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 20:31:48 0
>>527
何月何日何時?

529 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 22:28:37 0
NHKのサイトに出てるよ

530 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 23:10:46 0
把握した
これって前にギャオでやっていなかったっけ?

531 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 23:17:06 0
ギャオのは完全版かな。
NHKのは半分くらいに短縮?
ひょっとしてもっと短いかも。
いずれにせよ、あんまりいい出来のドラマではなかったし。
フランスでの評価も低いみたい。

532 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 23:21:49 0
>>531
そうか、あれが完全版なのか
戦争シーンが物凄く少なかったから
おもしろく無かったよ

533 :世界@名無史さん:2006/01/27(金) 05:32:10 0
あれは、マリア・ヴァレフスカ夫人とマリー・ルイーズで
ハァハァするドラマなのでつよ  おまいら

534 :世界@名無史さん:2006/01/27(金) 23:02:49 0
>>525
革命期のエースだったジュルダンが、スペイン戦役で駄目駄目だったことは?
まあ、ジュルダンは国土防衛戦に強いタイプという説もあるが

535 :世界@名無史さん:2006/01/27(金) 23:53:53 0
スペインではマッセナも駄目駄目でしたね。
これは加齢による衰え?
それともリモートコントロールがうまく機能しなかったせい?
部下がとんでもなく非協力的だったのは確かなようですが。

536 :世界@名無史さん:2006/01/28(土) 09:02:26 0
スペインじゃ、みんなやる気なかったんよ。
早く家に帰りてーなーと思っていたに違いない。

537 :世界@名無史さん:2006/01/28(土) 13:28:18 0
ポルトガル王ニコラは、やるき満々だったんじゃないかと
あとナポレオン退位頃まで、フランスに帰ってこなかったスーシェも

538 :世界@名無史さん:2006/01/28(土) 14:58:14 0
ナポレオン本でここのオススメって何?
自分が読んだのは
作者名忘れたけど
ナポレオンの生涯
ナポレオンの戦場
ナポレオン言行録
これだけです


539 :世界@名無史さん:2006/01/28(土) 15:10:42 0
ナポレオンの戦場はどうかなぁ。。。
ツ○さんでしょ?
初心者向きにはおもしろいけど。
図版が多いから。


540 :世界@名無史さん:2006/01/28(土) 16:11:07 0
基本線としては、
ナポレオン(長塚隆二)かな。現在入手可能かどうか、わからんけど
ナポレオン戦線従軍記(ヴィゴ・ルシヨン)なんかも面白い

541 :世界@名無史さん:2006/01/28(土) 16:44:28 0
>>540
サンクス

542 :世界@名無史さん:2006/01/28(土) 20:52:19 0
ここ数年、200周年の影響か、ボナパルト関係の書籍が
翻訳物を含め多数出てますね。

これらに、20年後でも読めるような完成度の高い本は
あるんでしょうか。長塚隆二の本は、まさに20年ほど前
の作品でしょう。ふつう、20年も前の歴史関係の本なんて、

543 :世界@名無史さん:2006/01/28(土) 21:02:49 0
ナポレオン戦争全史ってどうなん?

544 :世界@名無史さん:2006/01/28(土) 21:40:08 0
チャンドラーの?
松村某の?

チャンドラーは古い。史料批判もイマイチかなぁ。
松村某は論外。


545 :世界@名無史さん:2006/01/28(土) 22:03:58 0
>>544
自分が聞きたかったのは、松村ってやつの方
論外ってのはそんなにおもしろくない内容だったのか・・・・


546 :世界@名無史さん:2006/01/28(土) 22:35:26 0
>>545
元陸上自衛隊の幕僚らしい文章だから、慣れていない人にはとっても味気なく、面白くないと思う
内容は、まだ読んでないので、正確性は確認していないけど、概説っぽい

547 :世界@名無史さん:2006/01/28(土) 22:48:46 0
>>542
フーシェ関係の資料なんて、ツヴァイクか、それの孫引きしかないしなあ

548 :世界@名無史さん:2006/01/29(日) 10:59:48 0
>>527
明日BSでナポレオンやるね

549 :世界@名無史さん:2006/01/30(月) 12:43:15 0
http://www3.nhk.or.jp/kaigai/napoleon/index.html
前編 BS2 1月30日(月)午後2:50〜4:30
後編 BS2 1月31日(火)午後2:50〜4:30

550 :世界@名無史さん:2006/01/30(月) 14:27:32 0
>>549
うわぁー今気付いた!!!録画間に合ったよ。サンクス!

551 :世界@名無史さん:2006/01/30(月) 19:56:09 0
これはコランクールが良く出てくるやつだったっけ?

552 :世界@名無史さん:2006/01/31(火) 20:21:44 0
>>540
近くの本屋で注文頼んだけど
両方無理だって・・・・
アマゾンで中古が買えるけど
クレジットカード必要らしく、自分は持っていない・・・
ネットで買える所知りませんかね?

553 :世界@名無史さん:2006/01/31(火) 21:56:55 0
ttp://www.kosho.or.jp/servlet/bookselect.Kihon

上のサイトで検索してみてください。
どちらもあると思います。
ただし、長塚本はかなり高価なよう。
個人的には長塚ナポレオンはあまりおすすめしません。
小説として読むのならいいと思いますが。


554 :世界@名無史さん:2006/01/31(火) 22:07:10 0
>>553
見つかりました
ありがとうございます
古本でこの値段ですか、たしかに高いですね

555 :世界@名無史さん:2006/01/31(火) 23:07:41 0
BSのナポレオン、思ってたより結構面白かった。端折りすぎだけどね・・・。

556 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 13:02:50 0
 

557 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 23:43:57 0
ヤフオクに「ワーテルロー」の小説が出てる。
ハヤカワのやつね。
これ、なかなか手に入りにくい。
今、800円。

558 :世界@名無史さん:2006/02/09(木) 10:27:55 0
本池立の「ナポレオン 革命と戦争」は基本

559 :世界@名無史さん:2006/02/10(金) 13:33:53 0
お前ら!!
ナポレオンが流されたことで有名なセントヘレナ島に
日本人が1584年に到達していた事実を知っているか?
俺は今知ったんだがすげー驚いた。こりゃ凄いトリビアだよ。

560 :世界@名無史さん:2006/02/10(金) 16:21:36 0
セントヘレナに飛ばされて
死ぬまでの5年間ナポレオンは何してたの?

561 :世界@名無史さん:2006/02/10(金) 18:07:00 0
>>560
自分の昔の話をして、それを書かせてた

562 :世界@名無史さん:2006/02/10(金) 19:10:48 0
俺は再起を期して、本国の残党たちと謀略をめぐらせていた!と信じたい(泣)。

563 :世界@名無史さん:2006/02/10(金) 21:44:19 0
ところでセントヘレナってどんな所?
老後に金があったらそこに暮らそうかな

564 :世界@名無史さん:2006/02/10(金) 21:48:00 0
ナポレオン伝説ではひどい風土ということになってるけど、
実際にはそれなりに暮らしやすい所らしいよ。
ナポレオンのころはマレー人とかもたくさんいたのだっけ?

565 :世界@名無史さん:2006/02/11(土) 00:44:54 0
セントヘレナ‥それは絶海の孤島
最寄国はアンゴラ、ナミビア
あんなとこ、日本人は何しに行ったんだろーね
バテレンに連れてかれたのかな

566 :世界@名無史さん:2006/02/11(土) 09:51:23 0
昔はセントヘレナは中継基地みたいなところで、大西洋を縦断する場合は必ず立ち寄ったんじゃ
ないの?

567 :世界@名無史さん:2006/02/11(土) 11:45:14 0
ナポレオン滞在中にも、結構いろいろやって来たみたいだね。


568 :世界@名無史さん:2006/02/12(日) 17:33:37 0
イギリスの商船の船長が時折、表敬謁見してアジア方面の話を聞かせていたそうだ。
特に琉球の話題(非武装で貿易立国)には驚いたとか。

569 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 01:22:17 0
1584年と言うと大友宗麟の出した天正遣欧使節?

570 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 02:44:27 0
セントヘレナのナポレオンの家などはフランス領になっているらしい

571 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 06:53:04 0
>>570
フランス政府の所有では?


572 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 10:55:53 0
エルバ島はナポレオンの領地でナポレオンはその島の君主だったけど、
セント・ヘレナ島はイギリスの領地で流刑地、ナポレオンは単なる捕虜では?

573 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 12:03:09 0
ナポレオンはアメリカ亡命を望んでかなえられず、
イギリスに投降したんじゃなかったっけ?

574 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 12:15:55 0
>>564
そうそう!よくしってんじゃんそうなんでよなっ実は死ぬほど快適だぜあそこ
専門の医師とかもつれてってホントは結構ゆったり療養してたんだよな
>>573
は?ちげぇよカスッ!!イギリスに亡命を望んだんだよアメリカのアの字もでてこねぇし!!
氏ね

575 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 12:49:25 0
564=573ですが、べケールの証言やホーサム提督の書簡など
とはまったく違う史料があるの?
フランス臨時政府からも依頼があったんですよね、確か。
それならそれでおもしろそう。

576 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 15:07:59 0
ふつうに史料なんて腐るほどあるよ
ベーシックなのでもいろいろ載ってるし

577 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 16:56:46 0
エロイカ読んだ後に、長塚隆二のナポレオン読むと
読む気萎えるな・・・・・
逆の方が良かった・・・

578 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 18:38:11 0
>>549 ナポレオンがエジプト遠征の時に連れてきたアラブ人従者って実在の人?
物語の途中で消えていたけど。


579 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 19:27:40 0
アラブ人じゃなくってグルジア人だったかな。
実在の人です。
メモワールも残してる。

580 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 23:23:51 0
>>573
タレイランがアメリカ亡命を薦めただけでは?
タレイランもフランス革命時はアメリカに半亡命状態だったし。

581 :世界@名無史さん:2006/02/15(水) 00:13:18 0
ナポレオンの男色相手で最も有名かつ長続きしたのは
誰だったっけ?




582 :世界@名無史さん:2006/02/15(水) 01:24:58 0
ワーテルロー後にナポレオンがアメリカ亡命を選択肢の一つとして
考えていたというのは、かなり有名な話だと思っていたのですが、
ひょっとして日本では、あまり知られていない話なんでしょうか??

583 :世界@名無史さん:2006/02/15(水) 16:41:20 0
>>581
ウジェーヌ。

584 :世界@名無史さん:2006/02/15(水) 18:04:17 0
>>582
日本ではナポレオン事態が(ry

246 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★