5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ラストエンペラー溥儀の5人の夫人達

1 :世界@名無史さん:2005/10/10(月) 17:20:37 0
最後の皇后―婉容
淑妃―文繍
明賢貴妃―譚玉齢
福貴人―李玉琴
真の伴侶―李淑賢

女性の幸せって何なのか?
ってのを深く考えさせられるサンプル
5人が5人とも波乱万丈な人生だし

117 :世界@名無史さん:2006/07/29(土) 15:58:27 0
怒った溥儀に捕らえられて鞭打ちの刑で死んだとかじゃなかったっけ?

118 :世界@名無史さん:2006/08/01(火) 01:18:54 0
入江曜子の『溥儀』で、ニ格格夫婦は浩に対して批判的だったと書かれていたけど、
どおりで浩が『流転の王妃』でニ格格夫婦のことを悪く書いているわけだ。
自分に批判的な人間の悪口を書くのは浩クオリティだな。
入江の本だと、浩は特権階級意識丸出しで、自分の嫌いな人間の悪口を
いつまでも書き続ける女で、
李淑賢はヒステリーで溥儀に当り散らすやっかいな女だな。
李淑賢は溥儀の改造計画の一環として与えられた妻だったから、
本当に「真の伴侶」だったのか疑問符がつくんだよね。
彼女らが自分で書いたものは、しょせん自己美化が入っているから。

>>117
溥儀はサドだけど、さすがに殺すまではやらないよ。
迷信深くて、殺したら祟られると信じていたからね。ハエ一匹も殺せない。
それに日本の口利きがあったら、あえて逆らえない。

119 :世界@名無史さん:2006/08/01(火) 07:40:15 0
溥儀はゲイだというのに、女と異性婚を繰り返しさせられて
まことに可哀想な限りぢゃて。


120 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 16:55:51 0
果たして本当にゲイだったんだろうか?

121 :世界@名無史さん:2006/08/18(金) 00:38:31 0
最後の奥さんは「性生活は一度もなかった」とTVで証言していた。
少なくとも女性に対して性的な興味はなかったのでは。


122 :世界@名無史さん:2006/08/18(金) 02:21:35 0
性的な興味がなくてSEXしなかったのか、
興味はあったが立たなくてSEXしなかったのかでは違うよな。
李淑賢の本では、溥儀がインポの治療をしようとしていたと書いてたから、
後者のような気がするが。

123 :世界@名無史さん:2006/08/18(金) 20:29:48 0
セックスレス夫婦でも以下の場合が考えられるな。溥儀の場合どれだ?

女に興味ないよ───男には興味あるよ→真性ホモ派
           └─男にも興味ないよ→性的無関心派

女に興味あるよ───SEXしたいけどできないよ→インポ派
           └─SEXしたいとは思わないよ→プラトニックで十分派
           └─SEXしたいけど妻とはしたくないよ→仮面夫婦派


124 :世界@名無史さん:2006/08/18(金) 23:51:22 0
ペドやロリの趣味のヤツもたくさんいるよ

ラストエンペラーがめとった最初の妻の年齢は…

125 :世界@名無史さん:2006/08/18(金) 23:59:18 0
最初の妻婉容は同い年だったからロリじゃない。
満洲国皇帝になってから娶った譚玉齢、李玉琴はロリ趣味かもしれない。
婉容が浮気したから、従順でおとなしい少女を自分で教育しようとした。


126 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 15:40:49 0
まあ通説通り
そんな感じだろうな

127 :世界@名無史さん:2006/09/04(月) 15:35:34 0
溥儀は純正なる男色家だという事実は万人周知の域に属すると云うのに
痴呆どもが何をほざいて居るのぢや?!?!


128 :世界@名無史さん:2006/09/04(月) 21:53:35 0
男色家っていっても実際に男の愛人いたの?


129 :世界@名無史さん:2006/09/04(月) 22:30:09 0
常識ぢや!

130 :世界@名無史さん:2006/09/06(水) 19:49:12 0
>>118
イタリア人作家が書いた『ラストエンペラー』では
溥儀は仏教に深く帰依していて卵を食べると罪悪感に駆られて
何時間も読経したり、宮殿にいる害虫を殺すことを禁じたりしたけれど
それは、彼一流の自虐的陰険さで宮廷人たちを困らせたい、苦しめたいという欲求もあったと。
それから、満州宮廷で、小姓の少年を折檻死させている。
もの凄く後悔して、彼の魂のために数時間祈ったそうだけど。

131 :世界@名無史さん:2006/09/06(水) 19:51:47 0
『わが半生』によると溥儀は譚玉齢、李玉琴が
若くて扱いやすいから側室にしたと自分で書いてる。
少女の側室にしてはいけないことのリストを与え
それをしたら罰に何回殴打されるかを決めていた。
軽度のサド、だったかも。

132 :世界@名無史さん:2006/09/28(木) 18:52:57 0
譚玉齢は確か満州族他他拉氏出身だから
端康太妃(瑾妃)から押し付けられたのが真相じゃないかいな?

133 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 03:48:29 0
端康太妃は満洲国建国のずっと前に死んでる

134 :世界@名無史さん:2006/10/08(日) 19:41:55 0
満州国崩壊後の婉容の写真って見た人いる?

135 :世界@名無史さん:2006/10/08(日) 19:48:31 0
写真なんか撮れる状況ではなかったと思うが。

136 :世界@名無史さん:2006/10/08(日) 20:02:45 0
ソ連の飛行機に乗せられる溥儀の写真はよく見るけどね

137 :世界@名無史さん:2006/10/10(火) 02:51:44 0
誰かプーイーさんの写真うpお願いします!
以前まで膨大な量のぷーいーさんの写真載せてた中国のサイトが
検索しても出てこなくなっちゃったんで…。

138 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 02:51:34 0
このページ、溥儀の写真たくさんのせてるよ。

ttp://hw001.gate01.com/koenigstiger/main/sub02.html

139 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 15:55:59 0
プーイーよりワンロンの未公開写真みたいです

140 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 14:18:42 0
プーイーもワンロンもプーチエも全部膨大な量の写真を載せてた中国のサイト
なくなっちゃったね。

141 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 00:40:26 0
中国は自国の恥になるような写真はあっても絶対公開しないだろうな
阿片でやつれたワンロンの写真もあるかもしれないけど

142 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 13:00:54 O
いろんな「ラストエンペラー」に出てくる婉容は川島芳子と妖しい関係になっちゃってるんだけどマジなの?
何でいつもこんなのなんだろ。

143 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 16:52:18 0
映画とか小説に出てくる川島芳子は面白おかしく脚色しているから信じないでね。
芳子と婉容がレズ関係なんて根拠無しだから。

144 :世界@名無史さん:2006/10/18(水) 00:37:37 0
でも仲は良かったみたいだよ。

145 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 19:51:55 O
婉容が主人公で書かれた小説 「 我が名はエリザベス」読んだ人いる? これってどうなん

146 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 20:57:49 0
>>145
相当美化された婉容
宝塚みたい
悪いことは一切なし

147 :世界@名無史さん:2006/10/24(火) 23:50:10 O
>>146そうなんだ 買うのはもったいないなと本屋で思ったから聞いてみた。
他に良い本が 見つからない

148 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 01:59:30 0
宝塚といえば、「紫禁城の落日」という溥儀が主人公の舞台があった。
終始笑いがこらえられなかった。
キラキラした宝塚女が溥儀やってるんだぞ。似てねえ〜!
溥儀が超絶に美化されてたり、
婉容が最期は溥儀の腕の中で死なせてもらえたり、
離婚したばずの文綉が男装して蒙古兵を率いて溥儀を助けにきたり、
ぶっ飛びすぎです。

149 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 11:43:56 O
確かにそれはありえないww

150 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 15:43:31 0
『紫禁城の落日』と聞いちゃ黙ってられねぇ、あれで宝塚にはまったヅカファンです。
後に浩さんの自伝で色んな真実を知って、衝撃を受けたもんだ。婉容が死ぬシーン、
感動して泣いたのに、実はあんな死に方だったなんて……別の意味でまた泣いた。
宝塚の芝居としては名作だったけど、まったくのファンタジーだったね。

上演が92年だったので、まだご存命だった溥傑さんが観劇にいらしたそうだ。
溥傑役の男役はその日、浩の血統についての長台詞を開演前に練習しまくったんだって。

151 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 15:51:08 0
なんで文綉が男装して蒙古兵を連れて現れたのかが謎だ。
どうせなら川島芳子でも出せばよかったのに。

152 :150:2006/10/25(水) 18:14:00 0
>>151
それは上演当時も言われてて、文繍と川島芳子をミックスした人物像なんじゃないかと
言われてた(めちゃくちゃだがw)。文繍を演じたのはこれで退団するちょっと人気のあった
男役で、大きな役をつけつつ男装シーンを取り入れたかったのかもしれない。

与太話ついでに……溥儀を演じたトップスターは、お嬢の多い宝塚でも指折りの名家(華族)の出で、
祖父は海軍の軍人だった。で、この祖父が来日した溥儀を出迎えたことがあるらしい。
事実は小説よりも、ってやつですね。

153 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 13:02:40 0
テレビでやることがあったらちょっと見たいなあ
それはそれでなかなか面白そうだ


154 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 22:22:46 0
月例保守に上がりました。

155 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 13:33:36 0
gyaoのドラマ再放送しないのか?

156 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 04:04:08 0
「末代皇帝」なら今はヤフー動画で見られるよ。

157 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 22:02:56 0
>>156
情報サンクス

後で見てみる


158 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 23:34:15 0
プーイーはGHQの裁判で
「日本のヒロヒトも裁け!」と絶叫したとか

159 :世界@名無史さん:2006/12/14(木) 17:44:55 0
満人て美白で美形多いよね。
中国人と雰囲気違う高貴な品性の民族。


160 :世界@名無史さん:2006/12/14(木) 22:16:42 0
婉容を生で見てみたかった。

161 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 15:37:10 0
確か婉容タンの家は満洲八旗所属だけどモンゴル系のダフール族じゃなかったっけ。

162 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 14:26:36 0
自伝が加筆修正されて出版

愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)の自伝「我的前半生(わが半生)」が、
大幅に加筆した完全版として来年1月に出版されることになった。
極東国際軍事裁判(東京裁判)での自らの偽証を明確に謝罪し、日本軍と満州国との
連絡役を務めた関東軍将校の吉岡安直に罪をなすりつけたと後に反省したことなど、
これまでの1964年版では削除・修正されていた部分が盛り込まれ、自己批判色の強い内容となっている
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200612160326.html

中国の新聞では、朝日新聞ほど内容が修正されていることをあまり歌っていないみたい。
http://www.china.com.cn/book/txt/2006-12/11/content_7487836.htm

163 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 04:29:17 0
「我的前半生(わが半生)」完全版でも、溥儀は自分が、男性にしか欲情しない
男色家だ、という事実を明白に記して居ないんだろう?


164 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 07:46:44 0
>>162 の中国の新聞によると、婉容が生んだ子供をボイラーで焼き殺した話も
完全版には出てくるみたいだな。


165 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 11:24:31 0
八カ国連合による北京陥落のときはやっぱり強姦しまくりだったのだろうか?

166 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 17:21:28 0
>>165
公使を殺されたドイツは皇帝が「野蛮人に対する方法」を許可したんだから
略奪強姦したい放題だった筈。

でもその中でも日本軍は極力略奪を禁じて
井戸に投げ殺された珍妃を仮埋葬している。

34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★