5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世界史からみた外交を語るスレ

276 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :2006/01/12(木) 11:00:40 0
>>274
ドイツ西部・フランス東部の「領土・主導権争い」というか。
もともと、十五世紀後半にブルゴーニュ(ドイツ名ブルグント)公国が
フランスからの独立志向を強めてハプスブルク家と婚姻政策をとり、
ハプスブルク家がブルゴーニュを支配するようになった付近から対立関係が始まる。
この辺は複雑なので、ブルゴーニュ公国スレを見て欲しい。
その後、フランスはブルゴーニュの再統合(という言い方が適切か分からんが)を
含め、東への拡張政策をずっと続ける。そうなると神聖ローマ帝国皇帝でもある
ハプスブルク家としては、自分の勢力圏が脅かされることになるから
黙って見ていられない。

あと、スペイン王がハプスブルク家だった時代には、フランスにとっては
そちらからの圧迫もあった。こちらはスペイン継承戦争でブルボン家が
王位を継いだことで消滅するが。


149 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)