5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

歴史を知って分かったこと

1 :世界@名無史さん:2006/06/03(土) 16:31:33 0
世界史板の碩学たち、歴史を学んで知ったことはなんだい?

2 :世界@名無史さん:2006/06/03(土) 16:33:53 0
「公王」という称号が存在しないこと。

3 :世界@名無史さん:2006/06/03(土) 16:35:18 0
今まで生きてきて、「おまえバカだろ?」といわれたことのない奴はもれなく「頭が悪い」

4 :世界@名無史さん:2006/06/03(土) 16:35:57 0
歴史は所詮文字の羅列でしかないということ

5 :世界@名無史さん:2006/06/03(土) 16:42:59 0
おまいら歴史を学んでなんかいいことあった?

6 :世界@名無史さん:2006/06/03(土) 16:49:15 O
同じ趣味を持つ嫁が出来た

7 :世界@名無史さん:2006/06/03(土) 17:22:01 0
人間は自分の欲望の為に平気で戦争を起こすクズみたいな生き物だという事

8 :世界@名無史さん:2006/06/03(土) 17:48:33 0
でも戦争で滅ぼさなければならないほどのクズ国家も存在するわけで

9 :世界@名無史さん:2006/06/03(土) 17:59:35 0
共産主義はバカしか引っ掛からない
保守主義は理屈っぽい奴しか引っ掛からない
民族主義はうそつきしか引っ掛からない


10 :世界@名無史さん:2006/06/03(土) 18:06:54 0
轢死にも歴史があるということ。

11 :世界@名無史さん:2006/06/03(土) 18:23:21 O
史家の鋭い観察眼への畏怖と敬意
それに引き換えて、職業としてのジャーナリストは…

12 :世界@名無史さん:2006/06/03(土) 18:28:23 0
人間が馬鹿で愚かだから、ずっと君主制と貴族制の政治ばかりだったが
近代に入って民主主義という至高善の価値が生み出され、民衆が力を
持って社会を進歩させてきた

という物語が完全に嘘とは言わないが、極めて疑わしく胡散臭いもので
あること

13 :うんこ:2006/06/03(土) 18:30:04 0
うんこ

14 :歴史をしって階級を知った。:2006/06/03(土) 20:18:47 0
上流階級    皇族(旧十四宮家)、公家(摂家、清華家、大臣家)、元士族(将軍家、大名家)、政治家一族(衆参議員クラス)、宗教家(大僧正、浄階クラス)、軍人(将官クラス)

中流階級上   元士族(旗本、御家人、藩士、郷士)、公家(羽林家、名家、半家)、
政治家一族(県知事、市長クラス)、大学長クラス、神官、住職、企業家、軍人(佐官クラス)、資産家(地主、馬主、山主)、官僚(キャリアトップ)の家系

中流階級   大学教授クラス、家元(伝統芸能)、上級公務員(キャリア組)、政治家(県、市議会議員)、会社役員クラス、 エリートビジネスマン(MBA、ファンドマネジャーなど)、
医者、弁護士などの各種専門職(独立開業可)、軍人(尉官クラス)、スポーツ選手などの家系。       

成金階級    芸能界などの家系

労働者階級上  自営業、一般公務員(ノンキャリア)、一般サラリーマン(部長以下、一流企業含む)、サービス全般、などのホワイトカラー職系の家系

労働者階級下  肉体労働者、などのブルーカラー及びグレーカラー職系の家系

下層階級   花柳界、ホームレス、生活保護などの家系

階級は家柄であって教養や文化や政治に対する考え方など家庭の中で話す内容は格階級によって違うかと思います。

話してる内容は各家庭に於いて多少温度差があるでしょうが、大体こんな感じではないでしょうか?

上流階級   政治、皇室、芸術、歴史、趣味 、宗教
中流階級   経済、文化、ビジネス、哲学、歴史、法律、ファッション、科学、資産運用、学歴(留学、大学etc.)、習い事
成金階級   食べ物、車、家など目に見える物
労働者階級  車、ギャンブル、芸能、スポーツ、観光旅行、ローン返済 、会社内の仕事話
下層階級   会話の内容が無い。 黄色い声が入り混じってストーリーが掴みにくい。

親族の中でどの職業が多く占めているかで判るかと思います。

15 :世界@名無史さん:2006/06/03(土) 21:30:39 0
>>5
去年までの株で、ちゃんと勝ち逃げできたよ!

16 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 20:57:06 0
ニートは最下層まで読んだ

17 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 21:47:52 0
ニートでも能力さえあれば皇帝に成れる事が分かった

18 :ハリネズミ ◆qBLXpo7Q9Y :2006/06/14(水) 23:09:46 0
論拠や根拠が弱いのに、確定事項のような書き方をしている
ことがある。

19 :世界@名無史さん:2006/08/18(金) 03:03:22 0
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1139590072/201-300
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1155778754/1-100

20 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 00:27:31 0
歴史を勉強して、
謀略や政治の裏表を学んだはずの人間なのに
現実の生活では簡単に裏をかかれ、
見せかけの挑発にさえまんまと乗ってしまう。
歴史を知ってわかることはその程度。

21 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 19:48:49 0
共和にまさるものはなし ということ。

22 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 19:56:42 0
日本がすでに滅亡しているということ

23 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 19:57:29 O
>>14下流なのに上流階級のすると言う話で盛り上がる我が家は何ですか


24 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 20:17:47 0
万巻の書を読もうとも役に立たない場合があるということ>梁の元帝

25 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/08/30(水) 20:46:29 0
「伝統」や「伝承」は大抵の場合歴史的事実と反するということ。

26 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 20:53:08 0
日本共産党が昔は銀行強盗をしていたこと。

27 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 21:27:27 O
ギャング事件だっけ?
秘密組織なのに名簿を作ってていもづる式にタイーホ
まあ、当時は日本共産党じゃなくてコミンテルン日本支部だけどね

28 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 21:37:18 0
A級戦犯合祀をとなえたのは社民党の前身の旧日本社会党だということ。

29 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 22:10:32 O
宇宙は壮大だということ

30 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 17:55:48 0
自分で学んで、その歴史が正しいと自分で感じた歴史が、真実の歴史だということ。


31 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 18:06:15 0
歴史は誰も証明できないのに、なぜか事実扱いされがちなこと。つーか政治利用以外に歴史って意味ないんじゃ?

32 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 18:20:28 0
えんたーていめんと

33 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 19:18:50 0
女は人にあらずということ。奴隷以下。

34 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 19:26:21 0
男も家畜以下

35 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 20:06:14 0
山野野衾氏の前世はムササビだったということ

36 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 20:12:56 0
http://blogs.yahoo.co.jp/nokkiiwriter

37 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/08/31(木) 21:50:30 0
基本的人権が実は特定の社会以外では基本的でもなんでもない事。
とはいえ、通用するところでは通用する訳ですが。
宗教にせよ、人権にせよどこにも見えないのに実効力はあった。
しかし、他の文化内にある人間からはそれが見え難く、無視されがちになる。
逆に、同じ文化内で当然とされた概念には疑問を抱き難い。

38 :世界@名無史さん:2006/09/01(金) 19:00:56 0
基本的人権なんてその出発点からして矛盾だらけだったので、日本においてはカルト団体の布教に利用されている。
フランス政府は創価学会をカルト認定する前に、人権思想をカルト指定すべきだったのよ。

39 :世界@名無史さん:2006/09/01(金) 19:26:20 0
>>38
人権思想があるから層化をカルト認定できたんだろうが。

40 :世界@名無史さん:2006/09/01(金) 20:05:55 0
日本の外交のヘボさ

41 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 08:28:51 0
それをいうなら巧妙に偽装された植民地=日本には外交は存在しない、だろ。外務省だってかわいそうだよ。ヤクザの事務所に素手で麻薬の換金レートの
交渉しにいくようなもんだぞ。

42 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 09:26:30 0
ガッコで宗主国アメリカ様に逆らうなと教えられました

43 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 10:03:53 0
山野野衾氏の正体が皇太子だったということ

44 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 10:13:37 0
といか世界中の国に逆らうな、と教えられ、今は立派なM専になりました

45 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 10:20:26 0
リンカーンの「人民の、人民による、人民のための」の「人民」とはアメリカの白人のみを指したこと

46 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 11:25:06 0
>>43 山野野衾氏の正体はムササビです

47 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 11:29:06 0
人類の歴史はただ殺し合いの連続ということ。

48 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 11:35:51 0
有意義な人生を送った人は極めて少数だということ。

49 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 13:31:09 0
有意義を思えば有意義さ。他人の気持ちを覗くことなんてできないんだから。

50 :世界@名無史さん:2006/09/26(火) 22:29:00 0
歴史は教訓にはならない。

51 :世界@名無史さん:2006/09/26(火) 22:41:34 0
>>47殺さなければ成らない10人を生かしておくと、後に100人が死なねばならなくなるということ

52 :世界@名無史さん:2006/09/26(火) 23:27:34 0
歴史は本当に教訓になるということ。
つーか、人間って、同じことの繰り返しをしているということが理解できました。

53 :世界@名無史さん:2006/09/27(水) 00:36:42 0
隣の支那を見れば分かるように、歴史は何の教訓にもならないということ。

54 :世界@名無史さん:2006/09/27(水) 01:07:15 0
歴史は面白い!

55 :世界@名無史さん:2006/09/27(水) 01:12:40 0
いまだにシナ、シナ言って得意がってるアホを見れば、何の教訓にもなってないことがわかるw

56 :世界@名無史さん:2006/09/27(水) 04:39:06 0
>>55のように、当世の価値観を歴史に当てはまりたがる池沼が歴史上珍しくないことがわかった。

57 :世界@名無史さん:2006/09/27(水) 05:35:36 0
>>55な、こいつをみれば歴史はなんの教訓にもなってないだろ。大日本帝国は言霊の影響と朱子学で戦争に負けてもまだこの通り、バカなまんま。

58 :世界@名無史さん:2006/09/27(水) 08:07:38 0
資料が限られているor殆ど無い時代・地域がわりとというかかなり多い。

例えば、パルティア支配時代前後からアラブ征服時代までのメソポタミアとか、
ローマの属州になってからファーティマ朝時代までのエジプトとか、
サーマーン朝時代以前、とくにソグド時代のソグディアナ周辺とか。
アフガニスタンは通時代的に資料が断片的にしかなくて、通史さえ数点くらい
しか書かれていない。

チベットあたりは仏教関係の資料が豊富で意外と物残りが良いけど、すぐ北にある
タクラマカン周辺の地域も政治史自体が良く分らない。ウイグル王国は寿命が長い割に
エディス朝(擬ヤグラカル王朝)以後、モンゴル帝国に帰順するまでの3、400年ほど
空白状態。カラハン朝とウイグル王国の関係も良く分かっていないし、カラハン朝自体
どういう系統の一族だったかもいまだに謎。

「歴史は勝者が作る」とか良く聞くけど、これは半分嘘だと思う。
「歴史は資料を残したものが作る」がより正しい。政治的に勝っても資料自体を作らなければ
後世に残りようが無いから。政治的に勝利し、そのことを自ら記録しようと努めた場合は、
「歴史は勝者が作る」ことができるけど。

59 :世界@名無史さん:2006/09/27(水) 13:06:58 0
本当の民主主義なんてものは人間には運営できないってこと。


60 :世界@名無史さん:2006/09/27(水) 19:38:17 0
つうか自由と平等を同時に謳っている国家は大うそつきだということ

61 :世界@名無史さん:2006/09/28(木) 09:00:16 0
万民といえばそうなるな。
ただ、ブルジョアと言い換えると、
あながちはずれてないんじゃないか?

62 :世界@名無史さん:2006/09/28(木) 20:05:30 0
大体そのときの「民」ってのは白人のことで、植民地にいる有色人種のことは含んでいなかった。

63 :世界@名無史さん:2006/09/28(木) 20:19:17 0
人は争うものだ

時流は確かに存在する

64 :世界@名無史さん:2006/09/28(木) 21:28:42 0
甘えん坊の羊は眠れ

65 :世界@名無史さん:2006/09/28(木) 21:38:54 0
戦争は所詮兵力の多寡や兵器の優劣では決まらないということ。

66 :世界@名無史さん:2006/09/28(木) 21:56:00 0
うんこの美味しさを知る者は俺しかいないということが分かった。

67 :世界@名無史さん:2006/09/28(木) 23:44:30 0
理想主義は早く勢力を伸ばし、また早く滅亡する。
現実主義は遅く勢力を伸ばし、滅ぶのが遅い。

だが両者共にいずれ必ず崩壊する。早いか遅いかだけだ

68 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 02:51:59 0
歴史はウソに満ち溢れているということ。
勝者が力を正義に換える時、ウソは史実となる。
敗者が沈黙する時、捏造された史実は不動のものと化す。
死人に口なし。生者のみ饒舌。生者は死者の沈黙の上に栄える。

69 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 02:57:24 0
しかし戦勝勢力を正当化して敗戦国の住民の反乱を極力抑えないと、
結局死ななくていいような民が沢山死んでしまい被害が大きくなってしまうということ。
・・結局は政治なんだな。

70 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 11:35:11 0
国は必ず滅ぶ

71 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 12:45:36 0
>>68
「歴史はウソに満ち溢れている」という自分も歴史について語ってるわけだから
クレタ島人のパラドックスと変わらないのではないか。

72 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 19:05:51 0
なによ「クレタ島人のパラドックス」って?

73 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 19:56:31 0
一神教は悪

74 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 20:10:06 0
人間は歴史から学ばないということ(ヘーゲル)

75 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 21:05:39 0
>>72
Gugrecus といいたいとこだが暇だから解説

あるクレタ人が「クレタ人は皆嘘つきである」と言った。
この時、この「クレタ人は皆嘘つき」が真実だとすると、
このクレタ人も嘘を付いている事になる為、クレタ人は皆嘘つきではない、となる。
またこのクレタ人が真実を言っているとした場合、このクレタ人は真実を語っているので、
またまた「クレタ人は皆嘘つき」という命題は成立しない。

76 :世界@名無史さん:2006/09/30(土) 07:07:11 0
たとえるなら、歴史というものは終わらないワルツのようなものです
戦争、平和、革命の三拍子がいつまでも続く…

ということ
 



77 :世界@名無史さん:2006/09/30(土) 07:11:49 0
ONEPIECE!にでてきたポーネグリフとかいうのが
実はとんでもない代物だということ、なんだアレ……

78 :世界@名無史さん:2006/10/01(日) 06:26:55 0
age

79 :世界@名無史さん:2006/10/01(日) 06:39:37 0
地球上の数ある文明の中で、実は西欧文明こそが特殊だということ。

80 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 12:33:46 0
>歴史を知って分かったこと
歴史はよくわからないということ

81 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 16:00:06 0
論理的に矛盾があってもあまり気にならなくなる。
理想と実態は常に乖離する。

82 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 17:18:42 0
人類の歴史は、殺戮の繰り返しだという事。歴史とは同族殺しの観察日記にすぎない。

83 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 17:43:11 0
勝てば官軍、負ければ賊軍

この諺の正しさ

84 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 21:40:05 0
>>82だからさ、殺さなきゃならない奴を放っておいた方が余計に死人が出るというジレンマを知るのも「歴史を学ぶ」ことなんじゃないのか?

85 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 22:02:22 0
>殺さなきゃならない奴を放っておいた方が余計に死人が出るというジレンマ

金正日がその典型だな。
奴が一日生きればその分人民が死ぬ。

86 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 22:17:54 0
子供の頃は

この国はこうしたから繁栄した!
この将はこんな考えだから勝利できた!

てな事例からセオリーを見出そうとしたが
そんなのは、それを語るものの都合によってコロコロ変わることがわかった。

87 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 22:23:24 0
じような話があっちこっちに登場することに気づく。

カテリーナ・スフォルツァーが、敵に包囲され籠城していると、
息子達を殺すぞと脅されて、城壁の上から、そんなもの
いくらでも産めと豪語したと言ったという話は、
中世フランスの武将が同じようなバリエーションがある。

88 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 22:30:59 0
いやホントの歴史なんか誰も知らないから
今研究機関や大学等で書かれてる歴史も所詮は古事記日本書紀の類だから

89 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 22:42:22 0
高貴な女がミイラにされる処理を行なわれる前に、レイプされていた ヘロドトス
フィレンツェの人口は カタスト
中世イングランドには水車が ドゥームズ・デイ・ブック
ジャンヌの姉が、レイプされて リュック・ベッソンの映画
中世ヨーロッパでは小麦は1粒で ブローデル

90 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 22:43:10 0
といった感じで、大体出典がわかってくる。

91 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 16:03:12 0
歴史を変える方法が2つあると言う事
1.タイムマシーンを発明する。
2.シナ人になる。

92 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 19:04:30 0
卓越した精鋭のエリートの筈なのに物凄く頭湧いてる政治家や軍人が沢山居る事

93 :世界@名無史さん:2006/10/18(水) 00:33:31 0
「エリート」になるために、必ずしも本人の能力が優秀である必要はないってことだな
あるいは、天はニ物を与えずってことか

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)