5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【約束の】イスラエルの歴史【地へと】

1 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 12:04:46 0
戦闘国家イスラエルの歴史を語りましょう。
古代イスラエル王国やシオニズム関連もどうぞ。

2 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 12:06:28 0
ゴリアテって実在の人物?

3 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 12:06:40 0
やりたい放題イスラエル
でも最近の内情を見るとかなり行き詰まり気味。

4 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 12:12:31 0
常に小規模の紛争を周辺国に仕掛けてないとアメリカを始めとする欧米が支援をしなくなってしまうからね。
なんか突っ張ってるけど実は先生や周囲の注意を惹きたいだけの不良みたい。

5 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 12:39:17 0
西岸をはじめ、あちこちに侵攻して領土を拡げたはいいけど
難民が増えすぎて立ち往生。ようやく撤退を開始したはいいけど
今度は入植してた同胞から猛反発がでてる。
そういうドキュメントをこの間NHKのBSでやってたね。
ユダヤ人対ユダヤ人の構図で、退去勧告をするイスラエル軍からも任務に反対して脱走兵が出る始末だとか。
入植者のユダヤ人がイスラエル軍に「お前らはナチと一緒だ」とかわめいてた。
ユダヤ人にとってナチスって都合のいい言葉だなと思った。元はといえば自分らで侵攻して土地を奪ったくせに・・・

6 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 12:55:01 0
>>2
っていうか、ダビデの実在すらわかっていない。
テル・ダン碑文が見つかって、実在肯定側が勢いづいているわけだが。

7 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 12:57:49 0
プププ。負けラエルはもう内政がぐちゃぐちゃですよ。

イスラエル:帰還の予備役兵から批判噴出 レバノン戦闘で

【エルサレム海保真人】レバノンの戦闘から帰還したイスラエルの予備役兵の間で、
軍首脳部と政府に対する批判が噴き出し始めている。批判は「前線での補給物資
の不足」「指揮命令の優柔不断さ」など広範にわたり、イスラム教シーア派民兵組
織ヒズボラを壊滅できず、自陣に多くの犠牲をもたらした戦闘の責任問題に発展し
そうだ。政府は本格的な調査委員会の設置を検討し始めた。
イスラエル各紙によると、地上部隊の予備役兵の将校たちは20日、ハルツ軍参謀
総長との会合で前線での問題や苦情を次々と報告した。空軍による水や食料の補
給は不足し「兵士は脱水症状のまま負傷兵救出のため何キロも歩かねばならなかっ
た」という。また配布された現地の空撮図が4年前のもので役に立たないなど、情報
の不足を指摘する声もあった。
落下傘部隊の予備役兵グループは新聞紙上で抗議文書を公開。この中で「臆病(お
くびょう)な」指揮決定者の「優柔不断な態度」により「作戦が頻繁に変更され、明確
な目的なしに敵の領土に長期間とどまるはめになった」と訴えた。
こうした批判に対し、歩兵・落下傘兵隊のハイマン司令官は20日の退任あいさつで、
「歩兵の準備をうまくできず、小隊の消耗を防げなかった。責任を重く感じる」と述べ、
指揮面での失敗を認めた。
レバノン戦闘では停戦発効までの1カ月余でイスラエル兵117人が死亡、約1000人
が負傷し、軍は近年にない大きな痛手を受けた。一方でヒズボラを壊滅できず、ロケッ
ト弾攻撃を阻止できなかった。世論調査によるとイスラエル国民の大半は「勝者なし」
と感じており、批判の矛先はオルメルト首相、ペレツ国防相、ハルツ軍参謀総長の3人
に向いている。
国防省には国防相直属の戦闘調査委があるが、「お手盛り」との批判を受けており、
国会の外交・国防委員会は21日、これに代わる新調査委の規模や構成などについ
て協議した。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060822k0000m030077000c.html

8 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 12:59:20 0
難民の数がイスラエル国民の人口を超えそうになってこりゃやばいと慌てて撤退始めたんだよな。
仮にパレスチナ難民に選挙権を与えてしまったらすぐに国を乗っ取られてしまう。
かといって、何百万人もの難民を抱えて延々と人権弾圧しておくのも民主国家の建前上よろしくない。
しかしイスラム教徒の難民が独立して強い勢力になってしまうとやはり少数派ユダヤ人国家イスラエルの危機になってしまう。
なんだかもう泥沼もいいとこ。中東の民主化を一番恐れているのもイスラエルだろうね。

9 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 12:59:57 0
「戦争は失敗だった」イスラエルで首相辞任求め抗議
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060822id24.htm

 【エルサレム=三井美奈】レバノン紛争で動員され、停戦後に復員したイスラエ
ル軍予備役兵や家族らが、「政府はイスラム教シーア派組織ヒズボラ攻撃に失敗し
た」として、21日からエルサレムの首相府前でオルメルト首相の引責辞任を求め
る抗議活動を始めた。

 予備役兵らは首相府前にテントで野営し、「戦争は失敗だった」「指導部は責任
をとれ」などのプラカードを掲げ、連夜デモを行う構え。

 21日夜には約200人が集まった。レバノン南部から復員したという大学生シ
ャイ・ザクスさん(31)は22日、「ヒズボラは武装したままで、なぜ今停戦す
るのか理解に苦しむ。戦場では指揮系統が混乱し、政府の準備不足は明らかだった」
と主張。元将校のジル・ギウダさん(78)は「首相は指揮能力がない。こんな軍
隊に孫を兵役に出すのはいやだ」と述べた。

 ヒズボラ攻撃には、2〜3万人の予備役兵が動員されたと見られる。予備役兵は
停戦後、レバノン南部での食糧や弾薬不足や指揮のまずさを公開書簡やメディアで
相次いで指摘し、政府批判の中心となっている。

10 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 13:02:02 0
イスラエルは建国以来一度も戦争に負けたことがない。
最強国家イスラエル!

11 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 13:06:05 0
>>10
バカかてめーは。

今回の戦争でイスラエル国民の6割が敗北だったと考えていて、
3割が引き分けもしくは勝者なし、勝利だは1割以下だぞ。

海外メディアも含めてもうちょい最新ニュース見ろ、化石野郎。

12 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 13:09:22 0
しかしなんだってあんな馬鹿なレバノン侵攻作戦を始めてしまったんだ?
レバノンってキリスト教が多数派でしょ?

13 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 13:23:23 0
とりあえず、板違いになるからこれ一つだけ貼っとく。

@世界最強だったイスラエル軍が土曜日もボコボコ。
【最新情報】イスラエル紙ハアレツ
http://www.haaretz.com/hasen/spages/749479.html
IDF(イスラエル国防軍)発表で土曜日に兵士24人死亡。
撃墜されたヘリ搭乗の5人も全員死亡確認。過去最悪の死亡数。
-----------------
自慢だったメルカバ最新戦車も、連日ロシア製ATMメチスMでズタズタのボコボコ。
Anti-tank missiles were a key tool used against the IDF, claiming lives of soldiers.
* Three fighters of the Armor Corps' Battalion 9 were killed after an anti-tank missile hit a Merkava tank in which they were riding in Wadi Sluki on the eastern region.........
↑↓土曜日の戦車被害が並んでるけど多すぎて以下省略。
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3290185,00.html
[これが恐怖の携行ATMメチスMだ→]http://www.shipunov.com/eng/atgw/metis.htm
========
A(パレスチナ人相手にもうやりたい放題だったイスラエル自慢の)巨大ブルが、
ヒズボラにやられた。そこで彼の乗るメルカバが救助に向かったが、
現場に到達する前にATMの攻撃を受け、装甲を貫通、彼は二本の足を失ったという記事。
Sergeant Bar-On’s ★Merkava tank★ was sent about a mile across the Israeli border to rescue soldiers
in a military ★bulldozer hit by Hezbollah fire★ in the Lebanese town of Marun al Ras on July 20.
But before his crew reached the stricken bulldozer, a rocket pierced the tank’s armored skin,
shredding both his lower legs.
■メルカバは同僚のブルを救えなかったのですね・・・
http://www.nytimes.com/2006/08/12/world/middleeast/12soldiers.html?_r=2&oref=slogin&oref=slogin

(参考)↓見るからに凶悪なイスラエル自慢の巨大装甲ブルD9N
http://www.israeli-weapons.com/weapons/vehicles/engineer_vehicles/bulldozers/D9_D10.html
ヒズボラがパレスチアンのカタキを取ってくれましたにょ。

14 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 13:39:21 0
ttp://www.janjan.jp/world/0608/0608099315/1.php
新鋭兵器装備のヒズボラに苦戦のイスラエル軍

イスラエル軍撤退から6年、ヒズボラは戦術を磨き、兵器を蓄えに蓄えた。
兵器の供給元はいうまでもなくイランだ。2003年12月のイラン南東部
大地震の際、救援物資を載せてシリアから飛んだ大型輸送機は、大量のイラン
製兵器を積んで帰国した。兵器はその後、レバノンのヒズボラに渡った。
アフターケアも行き届いていた。イラン空軍はミサイルの扱い方を、革命防衛隊
はゲリラ戦をヒズボラに「出張指導」した。
今回の交戦で約3000発のイラン製ミサイルがイスラエル国土に着弾している
(6日現在)。イランが供給したミサイルの中には、射程200キロの「ゼルザル」
も含まれている。このミサイルは未だ撃っていないが、楽々と首都エルサレム
を狙うことができる。ヒズボラの指導者ナスラッラー師は「テルアビブを攻撃
する」と警告しているが、それが単なる脅し文句ではない裏付けは、ここにある
(レバノン側からだとテルアビブはエルサレムよりはるか手前。

15 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 13:39:54 0
イランの革命防衛隊が指導したゲリラ戦術も存分に威力を発揮している。
ヒズボラは、縦横自在に張りめぐらせたトンネルからいきなり地上に現れ、
対戦車ミサイルを放つと、姿を消す。イスラエル軍歩兵部隊はゲリラを追撃
しようとするが、ブービートラップに引っ掛かり爆死する。ヒズボラは夜間も
動ける暗視ゴーグルも装備している、といわれている。
イスラエル軍はトンネルの所在もつかめず、夜でも自由に行動できる敵が、
いつどこから飛び出してくるのかわからない。米軍がベトナムのジャングルで
味わった恐怖と同じ恐怖を、イスラエル軍も味わっているのだ。恐怖から
逃れようとして動けば、ブービートラップの餌食となる。

16 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 13:40:20 0
ベイルート沖に展開していたイスラエル海軍艦船に、ヒズボラの放った
対艦巡航ミサイルが命中、乗組員4人が犠牲となった。この艦は最新鋭
のミサイル防衛システムが備えていたのだが、ミサイルはそれをかいくぐった。
原型は中国製の「シルクワーム・ミサイル」である。
イスラエル軍のコンクリートシェルターをも打ち抜く、イラン版「バンカー
バスター」も脅威だ。さらに、イスラエルにとってもっと気がかりなことがある。
テヘランの軍事工場に中国製兵器の大量生産ラインが完成した、というのだ。
大量の最新兵器を持ったヒズボラがレバノン市民を盾に人民の海から攻めてくる。
これまでの中東戦争とは比較にならないほど、イスラエル側に多大な犠牲者が
出る可能性もある。イスラエルはかつてない危機に晒されていると言ってよい。

17 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 13:42:33 0
>>2
旧約聖書に出てくる人物の中で、確実に実在したのはソロモン大王あたりから
らしい。
(ソロモンの名を書いた碑文が出土していたはず)

18 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 13:45:27 0
126 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[] 投稿日:2006/08/27(日) 00:22:44
巫女とか非処女ばっかじゃん、大嘘こいてんじゃねーよ糞神道

127 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[] 投稿日:2006/08/27(日) 02:42:36
>>126
当方現役巫女ですが処女ですよ。
見た目も見苦しくない程度の自信はあります。
うpでもなんでもやってやりますよ。

口だけで死人に名前付けて金取るような宗教に難癖つけられる筋合いないですよ。



http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1156647625/

19 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 15:01:50 0
>ソロモンの名を書いた碑文が出土していたはず
テル・ダン碑文だろ?しかしソロモンではなく、ダビデ。
ただ碑文の解釈についてはいまだに熱く議論されている。
今現在確実なのは、オムリ、アハブ(前9世紀前半)から。


20 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 16:16:23 O
イスラエルの首都ってエルサレムかと思ってたら国際的には認められてないんだな。
やはり聖地関連で色々あるからかな?

21 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 18:05:34 0
ユダヤ人の言語はもともとヘブライ語だったんだが、アッシリアや
新バビロニア(カルデア)など、他国の支配を長く受けたせいで
途中からアラム語に変わってしまった。

22 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 11:02:33 0
イスラエル人ってかなり多くの人が海外に二重国籍を持ってて
いつでも国から逃げ出せるようにしてるらしいね。
イスラエルに移住するユダヤ人も少ないらしいし、国の将来に懐疑的なのかも。

23 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 13:39:42 0
「イスラエル?あんなとこに移住する奴はバカ」
とか広言してるユダヤ人は世界中に大量にいそうだな。

24 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 13:46:36 0
アメリカやフランスであんだけ成功してたらわざわざ物騒な紛争地帯に移住する気にならんだろうな。
実際、イスラエルの強硬なシオニズムに反対の立場をとるユダヤ人はかなり多い。
ジョージ・ソロスなんかもそうじゃなかったかな。

25 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 15:17:41 0
>>22
こんな状態じゃ、わざわざイスラエル国家をつくった意味がないような…

26 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 16:45:53 0
オレの姉貴が去年までアメリカのユダヤ男とつきあってたんだけど、
国籍が2つあってびっくりしたと言ってたな。
5ヶ国語を自由に話し、世界を各地で古美術を売りまくっていたそうだ。

もうそのユダヤ男とは別れたらしいけど、ものすごいキツイ性格で、
ユダヤ人としてのプライドがすごいあったと言っていた。

あと、他人を批判するのが得意で、ヘビースモーカーで、
相手に対して絶対に譲らない性格だったらしい。
JALで旅行に行ったとき、スッチーの態度にクレームをつけて、
JALの上司にチクり、そのスッチーを退職させちゃったとか。

そんな男と別れて正解だと思った(´・ω・`)

27 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 17:00:33 0
ユダヤ人の中でもかなり貧富の差が激しそうだしね。
イスラエルに移住した人々というのは、大戦などで彷徨ったり迫害されてて本当に居場所がなかったユダヤ人。
いわゆる勝ち組ユダヤ人はイスラエルをうざがってそうだ。

28 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 17:01:21 0

関西在日コリアンの成金みたいなユダヤ人だな

29 :28:2006/08/28(月) 17:02:49 0
26のユダヤ人のことね

30 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 17:03:22 0
イスラエルとアラブ両方とも滅びろ。


31 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 17:08:00 0
独眼竜モシェ・ダヤンまんせー

32 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 17:08:12 0
軍需産業にとっては貴重な顧客なイスラエル。
イスラエルに最新の武器を売り込んで戦果あげれば
それだけ宣伝になる。

33 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 18:30:13 0
根本原因は選民思想な気がする。

34 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 18:46:52 0
このスレをモサドが監視しています。
イスラエルを誹謗中傷する書き込みをしたら
その人のPCに警告メールが送られてきます。

35 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 19:31:08 0
>>34
うそつけ

36 :世界@名無史さん:2006/08/29(火) 02:05:02 0
観光でも十分やってけそうな気もするけどな・・・

37 :世界@名無史さん:2006/08/29(火) 12:02:08 0
パレスチナ問題などの外政もそうだけど
議会とか内政もグダグダだからな
中道新党ができて第一党になったと思ったら党首は脳溢血で倒れちゃうし
レバノン侵攻にしても多分に内政のパワーバランスを反映した面がある。
あんな小さい国で周りに敵ばかり作って、仲間割れまで激化したら本当に国が潰れかねない。
頼みの綱はやはりアメリカか。

38 :世界@名無史さん:2006/08/29(火) 19:10:23 0
>37
知ってて書いていると思うが念のため

イギリス人が一枚かんでいるのは知っているよね?
イスラエル自身が敵を作りたくて作っているんじゃなくて
アラブ・イスラエル双方が喧嘩するようにイギリス人が煽ったせい
イギリス人はユダヤ人もアラブ人も嫌いだから。

犬(ユダヤ)と猫(アラブ)と猿(トルコ)を同じ檻(土地)に入れて、喧嘩させて、
くたばったところで3匹をまとめて食うのがイギリス流

さらにあるグループが一人勝ちしないように各グループ内にも、火をつける(宗派とか出身地とか水利権とか土地利権とか)。

日本にもイギリス並の腹黒さがあればなぁ

39 :世界@名無史さん:2006/08/29(火) 23:28:25 0
英米は極東でも同じ罠をかけてるよな

40 :世界@名無史さん:2006/08/29(火) 23:35:21 0
イスラエル自身も望んで敵を作ってるように見えるけど・・・
紛争地帯で有り続けないと、アメリカの支援をつなぎ止めておけないし
なにより中東和平が進みそうになるたびにPLOを挑発したり裏で煽ってテロを起こさせ
和平をつぶしてきたのはイスラエル自身だ。

41 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 00:28:21 0
>>38
最初はそのつもりだったけど、終いにはイギリスにもコントロール
できなくなってあの地域から撤退したんじゃないの?
英米に神のような能力があるとでもいうのか?

42 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 01:03:22 0
イスラエルのワインって結構美味いよ。

43 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 02:46:00 0
NHK・クローズアップ現代

あす8月30日(水)放送予定  19:30〜19:58
ヒズボラ台頭 変わる中東地図

一ヶ月に及ぶ激しい戦闘の末、ようやく停戦となったレバノン。イスラエルとの徹底
抗戦を貫いたイスラム教シーア派組織ヒズボラは勝利を宣言し、その支持基盤をよ
り強固なものとした。停戦監視を行う国際部隊の増強が進む中でも、武装解除には
全く応じない構えだ。一方、イスラエルでは、ヒズボラの脅威を取り除けないまま停
戦を受け入れたオルメルト政権への批判が高まり、強硬路線に向う動きが強まるな
ど、双方の火種は依然くすぶったままだ。更に、ヒズボラの"勝利"は「親米アラブ国
家」とも言われてきたサウジアラビアやエジプトをも揺るがそうとしている。宗派を越
えてヒズボラの戦果を称える民衆の怒りの矛先が親米政権側に向けば、アメリカの
中東政策はますます厳しい状態に追い込まれることとなる。停戦後も、大きく揺れ続
ける中東情勢の行方を探る。


44 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 14:58:08 0
前々から思ってたんだけど、イランやイラクでゴタゴタが起きると
北朝鮮がミサイル撃ったりして騒ぎ出す。逆もまたしかり。そしてイスラエルの周囲も騒がしくなる。
毎回この繰り返しのように思えるんだけど。
裏で全部つながってるのかな。やっぱり。

45 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 15:18:34 0
イランと北朝鮮は核拡散・ミサイル開発や兵器の売買、はてまた
地下要塞化のノウハウ交換.etcで緊密といわれているけどね。

46 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 18:00:10 O
小泉が北のミサイル発射にあわせてイスラエルに行ったのも何かしら関係があるからなのかもしれないね。
まあ、ただのスケジュールの可能性もあるけど。

47 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 12:00:34 0
>>46
中東いってサミット出て、最近では中央アジア歴訪
当然いろいろと関係ありますよ

48 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 01:26:15 0
それにつけてもおやじはカーン〜

49 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 01:31:45 0
シャロン意外としぶといね。

50 :世界@名無史さん:2006/09/05(火) 03:03:26 0
50ゲット

51 :世界@名無史さん:2006/09/08(金) 22:55:25 0
そう言えばスーパーにあったイスラエル産の青くて大きな夏みかん
最近見ないな

52 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 11:06:39 O
知り合いの元イスラエル特殊部隊のユダヤ人(在日3年)が
今回のレバノンの件でまた軍に戻らないかと勧誘の電話が来たが断ったそうだ。
今あっちの社会はパレスチナ=イスラム勢力の反攻にかなりビビってるらしい。

53 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 22:51:46 0
ttp://www.janjan.jp/world/0608/0608249998/1.php
今回の戦闘での「反省点」として以下の3つが挙げられている。

(1)予備役の訓練が不十分なため白兵戦において劣勢となった。
(2)戦車14台がヒズボラの対戦車ロケット砲に破壊された。
(3)情報戦、諜報戦で敗れた。

(2)は戦車が攻撃、破壊されて兵士が拉致されたので、重く受け止められている。
(3)は主に以下2点―ヒズボラの軍事・政治指導者たちの(レバノン国内での)
所在がつかめなかった。トンネル、土塁もどこにあるのか、割り出せなかった。

54 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 22:52:40 0
ヒズボラの諜報はレバノンのあらゆる機関に張り巡らされており、
モサドを凌いだ。通信機器を使わないなどイスラエルに対する防諜も
しっかりしていた。「ヒズボラの指導者ナスラッラー師は1992年に現在
の地位に就いて以来、一度も電話を使ったことがない」などという逸話
もあるほどだ。

55 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 00:34:58 O
北にヒズボラ南にハマス。
まあ四面楚歌は今に始まった事じゃないしこれからも何とかするんだろうね。
今のイスラエルは軍事的な問題より対米外交や国内問題…労働党とリクードと中道新党の軋轢や
日増しに増える非ユダヤ系イスラエル住民の問題の方が死活問題だろう。

56 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 07:34:11 0
今のイスラエルは難しいよね。何より時間が味方しないところが。
とにかくエルサレムの半分引き渡して、平和条約を条件に早くアラブ国家との共存体制を
作るくらいの事をしないと、近い将来、歴史上久々のユダヤ国家の消滅を我々は見ることになるかもなあ。

57 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 07:53:10 0
>>56
イスラエル+在米ユダヤ人団体は、第二次世界大戦後ずっと勝ち続けてきたが、
最後の最後で負けるんだろうか。
ハンニバルやナポレオンみたいに。

58 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 08:16:59 O
>>56
アラブ国家と平和共存って言うけど
あんだけ好き勝手ってやってきたイスラエルが今更言うのは難しいでしょうw

59 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 15:53:03 0
なんつーか……ある時期からイスラエルや在米ユダヤ人団体は、
「この世は金と力で決まるから、何事も力で押し、あるいは在米ロビー団体
をバックに威嚇して従わせる」
みたいなシニカルな考え方に染まっていったような気がする。

アメリカのユダヤ人団体は、ムスリムのみならず、欧州諸国や日本やアメリカ
国内のマイノリティの反感を買うようなこともやってきた品。
なにごともほどほどが肝心というか、ときには空気読むことも大事だろう。

60 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 23:15:47 O
イスラエルっていう国が出来る前から、ずっとユダヤ人は現イスラエル地域に住んでたんだけどね。
中世にはエルサレムにシナゴーグが建設されてユダヤ教の聖地としてちゃんと機能してたしイスラム教徒とも共存してた。
侵略して余計な国を作らない方がよかったんじゃないかな。

61 :世界@名無史さん:2006/09/11(月) 21:44:27 O
>>60
聖地として機能してたからこそ、そこに建国するのが悲願になった訳で。
別の土地にユダヤ人国家を作る案もあったらしいけどね。

62 :世界@名無史さん:2006/09/11(月) 21:48:39 0
最初、イギリスはシオニスト協会にケニアを提案したけど断られ
ヒトラーはマダガスカル島を英仏に提案したが結局これも却下。

63 :世界@名無史さん:2006/09/11(月) 21:58:45 0
ソ連のユダヤ共和国もあまり移住しなかったしね
当人達でない以上「約束の地」のことはよーわからんが

64 :世界@名無史さん:2006/09/11(月) 22:45:19 0
アメリカからイスラエルへの移住は、
意外にも少ないというデータがある。

アメリカのユダヤ人の本音は
「アメリカこそが俺たちの約束の地」だという。

65 :世界@名無史さん:2006/09/11(月) 23:27:36 0
イスラエルなんて建国しちゃってなに考えてるの?馬鹿?
って知り合いの超正統派の方が言ってた。

66 :世界@名無史さん:2006/09/11(月) 23:59:05 0
>>64アメリカで暮らすのが楽だからでしょ
テロはないし金はあるし税金はイスラエルのが
ばり高いし・・
だからアメリカノユダヤ人はイスラエルのやつらに
うしろめたさがあるってさ

67 :世界@名無史さん:2006/09/12(火) 00:14:39 O
>>62
マダガスカルがイスラエルなら(そういう国名にならないかもだけど)
その後今ほど面倒な事になってなかっただろうね。
まあそうなったらそうなったで、アフリカのダイヤやレアメタルの鉱山を牛耳ったりして
アフリカの紛争を操ったりしてるかもだが。

68 :世界@名無史さん:2006/09/12(火) 00:37:31 O
>>67
そんな心配しなくても、実際に今現在ダイヤ産業を牛耳って
アフリカから搾取して紛争に絡んでるのはユダヤ人ですからw

69 :世界@名無史さん:2006/09/12(火) 07:45:59 0

地球全土がユダヤの約束の地ですから〜

残念!

70 :世界@名無史さん:2006/09/12(火) 12:39:03 O
>>69
だから欧州とかは厄介払いも兼ねて他地域にユダヤ人を押し付けて
一ヶ所に封じ込めようとするのかもね。
日本やアメリカも満州にユダヤ人居留地作ろうとしたし。

71 :世界@名無史さん:2006/09/12(火) 12:47:15 0
一時期、日本版wikipediaのイスラエル関係の項目が全部イスラエル側というか
イスラエル大使館の見解とか主張だけで埋め尽くされていた時あった。

アレはなんだったんだ。

72 :世界@名無史さん:2006/09/12(火) 12:54:42 0
今のイスラエルが滅んだら、今度こそ嘆きの壁はイスラム教徒に完膚無きまでに破壊されるんだろうな。
煽りを受けて聖墳墓教会も破壊されエルサレムは遂にイスラム教のみの聖地になりますと。

73 :世界@名無史さん:2006/09/12(火) 17:34:47 O
>>72
そうなったらキリスト、ユダヤ教圏の復讐でマホメットの昇天した場所も空爆され
エルサレムは灰塵と帰するかもだね。
まあ実際そうなったらそうなったでスッキリするかもしれない。

74 :世界@名無史さん:2006/09/12(火) 19:40:07 0
イスラムとユダヤ、お互いがけんかして最も得するのは
キリスト教

イスラエルとアラブの人々は、自分たちの喧嘩が
共通の敵であるキリスト教徒を得させているのに気づいているのかどうか。
知っててやっているのか、それとももう忘れちゃったのか

75 :世界@名無史さん:2006/09/12(火) 20:00:42 0
ユダヤ人差別が世界的に盛り上がってた戦前ならとにかく
現代でもキリスト教とユダヤ教は仲悪いのかな?
あまり紛争や宗教対立の話を聞かないが。

76 :世界@名無史さん:2006/09/13(水) 00:50:30 0
>>75
いまやアメリカの福音派は強力なイスラエル支持派。


77 :世界@名無史さん:2006/09/13(水) 05:50:56 0
>>58
アラブも好き勝手やってた。と、言う水掛け論にも出来るけど、今イスラエルがやってることは
「これだけ苦しい思いをするのなら多少屈辱的でも平和の方がまし」と思わせる戦略でしょ。
どのみち「どのつら下げて」なんて言われて引っ込むような連中じゃないし、双方とも。
とにかくあの地域の人たちとしては、どこかしらで安定点を見つけてもらわないと困る、ってのが
本音だろうしねえ。

78 :世界@名無史さん:2006/09/13(水) 19:14:11 0
ttp://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200609131220163
「戦争犯罪を裁かずに何のための国際法か」 デンマークの議員がイスラエル
外相逮捕要求

デンマークのアーエン国会議員が、欧州外遊中に同国を訪問したイスラエルの
ツィプ・リブニ外相を、戦争犯罪で逮捕して刑事訴追するよう要求したことに
共感が広がっている。イスラエルの戦争犯罪に対しては欧米では繰り返し訴追
手続きが取られてきたが、その責任が問われたことも制裁が行われたことも
ないからだ。今回は、諦めムードが先立っていた世論の反応が違ってきたという。
アーエン議員は、イスラエルの国連加盟取り消しを支持し、EUに輸出されて
いるイスラエル製品のボイコットを訴えている。多くのイスラエル製品がガザや
西岸の違法な入植地で生産されているからだ。

79 :世界@名無史さん:2006/09/13(水) 22:04:34 0
初代イスラエル首相のベングリオンは、1948年の建国宣言で国境を明示しなかった。
彼はアメリカ合衆国も独立宣言で国境を明示しなかったと主張したそうな。
独立後のアメリカがインディアンやメキシコ人の土地を奪って国土を拡張して
いくのを思い描いていたのかもしれない。

80 :世界@名無史さん:2006/09/13(水) 22:15:47 0
建国宣言と国境線の画定はもともとあまり関係ないような。

アフリカ諸国の建国宣言についても見てみるとよい。

81 :世界@名無史さん:2006/09/13(水) 22:48:13 O
よくイスラエルはやりたい放題やってると言われるけど
特に凄いと思うのは1985年のチュニジア爆撃かな。
チュニジアがPLOを支持して首都にその本部を構える事を許していたために
イスラエルは予告なしにいきなりチュニジアの首都チュニスに爆撃機を送り込んでPLO本部を爆撃して破壊。
チュニジア人も巻き込まれて百数十人が死亡した。
予告も宣戦布告もなくいきなり第三国(しかも地中海の向こうの遠く離れた国を)を爆撃してしまうんだから酷い国際法違反だが
この時もイスラエルは国際社会からなんの制裁も受けていない。

82 :世界@名無史さん:2006/09/13(水) 23:01:41 0
>>81
アラブ諸国の側が国際法違反をやった例はある?

83 :世界@名無史さん:2006/09/13(水) 23:05:15 0
国際社会においては違法行為があっても制裁が行なわれるとはかぎらない。
制裁が可能になるのはそれが強者の利害に見合っているときだけ。

しかしだからといって無法地帯というわけでもない。
どんな国も信頼できる国というイメージを損なわないようにできるだけの努力はする。

そして国際法はそうした国々のニーズにこたえうるだけの柔軟で多義的な解釈を許容する。


84 :世界@名無史さん:2006/09/13(水) 23:27:44 O
>>82
ミュンヘン事件などパレスチナ・アラブ側の武装組織がテロを仕掛けた事なんていくらでもあるでしょう。
チュニジア爆撃にしてもイスラエル側の言い分は
「(テロで)先に国際法違反をしたのはPLOとその支持国」というもの。
生き残る為には手段を選ばず、聞く耳もたないのは彼らの常だよ。

85 :世界@名無史さん:2006/09/13(水) 23:41:49 0
グーシュ・エムニームやカハみたいな過激な宗教シオニスト組織は
今どうなっているのかな。
一時はハラム・アッシャリフの聖なる壁を破壊しようとしたりして
国際社会を騒がせていたが。

86 :世界@名無史さん:2006/09/14(木) 01:28:44 0
>>82
第一次中東戦争そのものが、国際法違反ではあるんじゃないかな?
イスラエルの建国は「国際連合」が、「民主的な投票」で、決定したものだもの。
独立国への侵略行為そのものではある。

87 :世界@名無史さん:2006/09/14(木) 04:37:34 0
>>86
>民主的な投票

m9(^Д^)プギャー

88 :世界@名無史さん:2006/09/14(木) 14:16:40 0
イスラエルのモットー
「我々は愛されて滅びるよりも憎まれても生き続ける」

89 :世界@名無史さん:2006/09/14(木) 16:49:22 0
全員アメリカに移住して土地をパレスチナに明け渡せば全て解決するのだが・・・

90 :世界@名無史さん:2006/09/14(木) 16:53:13 0
>>89
旧約聖書とシオニズムで検索してから言いな。
如何にユダヤ人がパレスチナに固執したかが判る。

まー昔はアッバース朝やオスマントルコもユダヤ人を差別しないで
「啓典の民」として尊重していたんだが
今のイスラム諸国には馬耳東風だろうな。

91 :世界@名無史さん:2006/09/14(木) 18:03:10 O
イスラエルはイラン・イラク戦争の時にイラクの原発も爆撃したよな。
さすがやることが容赦ない。

92 :世界@名無史さん:2006/09/14(木) 18:10:18 0
>>91
あの時は国際上では非難されたけど中東諸国からは歓迎された。
理由はイラクが核持つとフセインがアラブの覇者になるので
それを嫌ったシリアやサウジアラビアは密かにイスラエルに祝電を送った。

今はどうだろうねー
シーア派のイランを空爆したらスンニ派諸国は歓迎するだろうが
イランの背後の中ロが黙っちゃいないと思う。

93 :世界@名無史さん:2006/09/14(木) 18:10:41 O
差別がなかったって
前近代イスラム系王朝の異教徒差別はインド除くどんな現代民主主義国の差別よりきついだろ。

単に前近代の社会のなかでは穏やかな方ってだけの話じゃん。

94 :世界@名無史さん:2006/09/14(木) 18:19:35 0
異教徒と言っても、キリスト教とユダヤ教はイスラームから見れば
旧約聖書を聖典としている同系列の『啓典の民』
イスラームの進出や十字軍の際でもこの二宗教の信者は身代金払えば
釈放されるし、平時では人頭税さえ払えば信仰も生活も保障された。
イスラームが差別・弾圧したのは偶像崇拝の仏教やヒンズー教。

95 :世界@名無史さん:2006/09/14(木) 20:21:28 0
イスラエルを十字軍に例えたがる西欧人も多いが、基本的な状況はもまあそんなところ。

第二神殿が崩壊した後も一世紀もしないうちにティベリアあたりにまでユダヤのコミュニティーは
帰還を果たしているし、アラブ征服の前後にはエルサレムにもユダヤ教徒たちが住めるようになって
エジプトやアンダルス、中東全域からユダヤ教徒たちがエルサレムを行き来してパレスチナ周辺にも
ユダヤ教徒の村落が多かったそうだから、よく言う「ユダヤ人は離散して2000年も故国を〜」
というのは大嘘も甚だしい。シリア・パレスチナ地域にユダヤ教徒の政権が無かったのは確かだが。

十字軍の場合は西欧からやって来た連中は「キリスト教vs.マホメット教だっ!」的な意識が強かったが、
とうの中東側の住民はイスラム教徒もキリスト教徒諸派の住民もユダヤ教徒たちも、彼らをキリスト教徒
とかいう以前にただの西の田舎から侵略して来た「フランクとかいうDQNな野蛮人」としか見ていなかった。

イスラエルの場合は「ユダヤ人vs.アラブ人」がいつの間にか「ユダヤ人vs.イスラム教徒」になってるけど、
どうも現地の人たちもイスラエルなどが喧伝する「ユダヤ人vs.イスラム教徒」的な考え方に陥っている感じが
してならない。基本的に十字軍もイスラエルも歴史的根拠薄弱な「自分たちは故国を奪還したぞイデオロギー」
であの地域を占領して建てた政権だってことは共通しているのだが、移民政権と現地住民との闘争と言う
基本構造はどうにも見過ごされがち。

> イスラームが差別・弾圧したのは偶像崇拝の仏教やヒンズー教。
それも眉唾。インド方面でイスラム政権と土着のラージプート政権との戦争はよくあったが、基本的に他の異教徒
と扱いは同じ。住民が仏教徒やヒンドゥー教徒であっても侵攻と生活について安全保障を約束してその代わりに
人頭税を徴集した程度。よく聞くムガル朝のアウラングゼーブがヒンドゥー教徒などを弾圧したみたいな話も、
地方のラージプート政権の継承問題にアウラングゼーブたちムガル宮廷が干渉したせいで、ラージプート連合側から
大反乱を招いた。ファーティマ朝のハーキムみたいな君主はかなり稀。

96 :世界@名無史さん:2006/09/14(木) 22:50:40 0
>イスラエルのモットー
>「我々は愛されて滅びるよりも憎まれても生き続ける」

ユダヤ人は死に絶えるまで人殺しを止めない定めの民族。
殺されるまでに一人でも多くの他民族を道連れにして死んでいくことを運命としている。

97 :世界@名無史さん:2006/09/15(金) 00:20:57 O
>>96
ユダヤ教徒はその殺し合いの果てのハルマゲドンで
自分達だけは神に救われると信じてるのかもね。
なんか向こうにはハルマゲドンとしての最終戦争や人類の破滅を前向きに捉える考え方があるっていうし。

98 :世界@名無史さん:2006/09/15(金) 18:57:21 O
イスラエルは第三次や第四次の中東戦争で捕獲したアラブ連合の戦車(T62など)を
自国で整備して他国に売って外貨を稼いでいたらしいね。
ユダヤ人だけあってしっかりしてるというか、図々しいというか。
こういうのは国際法上ありなのかな。

99 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 11:49:34 0
ブッシュとその支持者のお得意様ってサウジとかのアラブマネーなんでしょ?
それでもなぜ大統領は盲目的といっていいほどイスラエルを支援するの?
矛盾してないか?

100 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 12:57:40 0
>>75

キリスト教原理主義にとって、イスラエルが聖地エルサレムに出来たことは
キリスト再臨の準備段階に当たるのだそうだ。
ブッシュの支持母体はキリスト教右派。さらにブッシュの地元テキサスには
「イスラエルのためのキリスト教連合」なんてロビー団体もある。

101 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 13:41:05 0
>>94
近代以降の欧米では、人頭税を払わなくても信仰も生活も保障されます。

102 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 14:03:25 0
>>99
さらに言えば、親米のアラブ諸国はイスラエルを黙認しているとみなされかねず。
他の反米国や反米組織から非難はおろか、テロを受けかねないのでは。
サウジで親米王政打破のテロなどは行なわれたことって過去にあったっけ。

103 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 14:13:09 0
>>102
アルカイーダを何だと思っているんだw

あと、メッカ占拠事件って知ってる?

104 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 17:52:30 0
>>99
>大統領は盲目的といっていいほどイスラエルを支援するの?
100の言ってるようなヨタ話ことはどうでもいいこと。

今のイスラエルとよぶ捏造国家モドキは
英米が手前の欲のために先の大戦後にでっち上げたもので、
その目的はアラブの原油利権を押さえることだから。

聖地云々は、ただのお題目。

105 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 18:42:02 O
でもイスラエルは勿論、シリア、レバノン、ヨルダンといった周辺国から
ほとんど石油は出ないよね。

106 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 18:53:27 0
イスラエルの強さもガチだけど、周囲のアラブ諸国の情けなさもガチだよね
アラブの団結など威勢のいい声もあるけど、パレスチナ人のことなんて周辺のアラブ人は
最底辺の人間としか思ってないだろう


107 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 20:20:01 0
アメリカの政治家がイスラエルを支持する理由はいろいろあるだろうけど
最大にしてもっとも直接的な理由は、アメリカではユダヤロビーが絶大な力を持ってるからだろうね。
AIPACというユダヤ系圧力団体は全米ライフル協会に次ぐ力があるというし
民主党の選挙資金の6割はユダヤマネーだとも言われている。
立候補した議員が親イスラエルであればそういうロビー団体が献金パーティーを開いてくれるが
反イスラエルなら対立候補に資金を流して潰しにかかるらしい。
レバノンとの紛争問題でもアメリカは上院下院ともに一方的にイスラエルを擁護する
ヒズボラ非難決議をほぼ全会一致で採択している。
アメリカで政治家をやろうとすればユダヤロビーは絶対に敵にまわせないということだろう。

108 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 21:13:24 O
結局アラブの富裕層も現状維持を望んでいるんだろう
アラブの王制は石油が出る限り存続するのかな
遠からず矛盾が限界に達しそうな気がするけど

109 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 22:09:04 0
大雑把な話で、アメリカの市場に流通してる世界の金の三分の一がユダヤで
三分の一が日本や欧州で、残りの三分の一がアラブマネーだというのを聞いたことがあるけど
その割りにアメリカ政界でのアラブの影響力ってユダヤに比べるとずいぶん見劣りするよな。

110 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 22:29:26 0
まあビン・ラディンファミリーやサウジ王家といった金持ちとは仲良くやってるんじゃないのかな
ただユダヤ人みたいにイスラエル国家の利益の為に金を使うんじゃなくて、一族郎党の繁栄の為に
お金を使ってるから、表立って政治的な影響力が感じられないだけかもしれない


111 :世界@名無史さん:2006/09/17(日) 20:44:08 0
>>105
>でもイスラエルは勿論、シリア、レバノン、ヨルダンといった周辺国から
>ほとんど石油は出ないよね。
中東産油国を狙う、狂獣としてのポジションがイスラエル。

112 :世界@名無史さん:2006/09/17(日) 23:37:28 O
>>107
ユダヤ系ロビー団体って、パブリックなメディアでは完全なタブーらしいね。
大手メディアが全てユダヤ資本だからだろうけど、アメリカでユダヤロビーの実態について報道されることはまずないのだそうだ。
マイケル・ムーアだって大統領とオイルマネーについては執拗に追ったけど、ユダヤとイスラエルは完全スルーだし。

113 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 00:42:15 0
ttp://10e.org/flashchiune/chiune.htm
ユダヤ系フラッシュ

114 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 05:25:20 0
石油が本当に枯渇したら中東の王国なんて大部分が香ばしい事になりそうだよなぁ(w
まぁ、ソレを使う日本や欧米もタダでは済まない騒ぎになるだろうが。

115 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 10:17:20 0
>>114
石油が枯渇するより先に、サウジアラビアの油田がテロ攻撃を受けたり、
サウード王家が革命で崩壊、という事態にはならないんだろうか?

116 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 12:49:43 O
>>115
イスラエルと同じように、サウジアラビアはアメリカが守るでしょう。

117 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 12:56:37 0
産油国じゃブルーカラーは出稼ぎ外国人にほとんど頼り切っている状態だそうだが、
石油枯渇後の産業の準備なんて考えているんだろうか?

石油以前はメッカ巡礼関連とわずかな真珠採取、畜産くらいだったようだが・・・

118 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 15:04:30 0
ttp://www2.pf-x.net/~informant/saudi/saudization1.htm
労働力のサウジ人化(Saudization)が進まない理由は、職業に対するサウジ人の
倫理観にも原因がある。豊かな時代に育った彼らにとって憧れの仕事は、
エアコンの効いた事務所で机の前に座り用件を電話で済ませるホワイト
カラーの仕事である。彼らはこれを”Desk & Telephone Job”と呼んでいる。
彼らの中には単純肉体労働や屋外作業は出稼ぎの外国人が担う卑しい仕事と
蔑視している者が多い。最近リヤドで行なわれた調査によれば、建設業では
サウジ人の比率はわずかに3.3%に過ぎず、製造業やサービス業も
同じような傾向を示している。
今や就職難は日常化しており、職業の選り好みができる状況ではない。
彼ら自身が職業に対する貴賎感覚を変える必要があると感じているものの、
豊かな子供時代に培われた職業観を自己改革することは簡単ではなさそうだ。
若者の間に現状に対する不満と閉塞感が蔓延しつつあり、政府の青少年
対策も難しい舵取りを迫られている。

119 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 18:09:46 0
今日イスラエルについて調べてみた

古バビロニアのセム系→エジプトへ→出エジプト→イスラエル統一王国建設→
イスラエル王国(10士族)とユダ王国(2士族)に分かれる→イスラエル王国滅亡→
ニネベ捕囚(その後の10士族は消息不明に)→ユダ王国滅亡→バビロン捕囚→
新バビロニア滅亡→ペルシャによりパレスチナ帰還→ローマ帝国による支配→
独立戦争おこすも失敗→各地へ離散(主にイベリアや半島やバビロンなど)→
少数勢力に→ハザール王国ユダヤへ改宗→白人のユダヤ教徒増える→
やっぱり迫害されて追放orゲットーへ隔離→ナポレオンによるゲットー解放→各国でも続々解放→
シオニズム運動→バルフォア宣言→ナチズムによる迫害→ホロコースト→
イスラエル建国→中東戦争経て現在に至る

って感じでおk?間違ってる点あったら教えて

120 :119:2006/09/18(月) 19:12:15 0
wikiでも調べてみて、加筆してみた

古バビロニアのセム系→エジプトへ→出エジプト→イスラエル統一王国建設→
イスラエル王国(10士族)とユダ王国(2士族)に分かれる→イスラエル王国滅亡→
ニネベ捕囚(その後の10士族は消息不明に)→ユダ王国滅亡→バビロン捕囚→
新バビロニア滅亡→ペルシャによりパレスチナ帰還→
ヘレニズム時代→プトレマイオス朝の支配→セレウコス朝の支配→
マカバイ戦争→ハスモン朝→ヘロデ王時代(イエス誕生)→イエス処刑→
ローマ帝国による支配→ 独立戦争おこすも失敗→各地へ離散(主にイベリアや半島やバビロンなど)→ 以下上記と同じ


121 :119:2006/09/18(月) 21:58:49 0
さらにアメリカ移民等を考慮してまとめてみました。連投すみません。

古バビロニアのセム系→エジプトへ→出エジプト→イスラエル統一王国建設→
イスラエル王国(10士族)とユダ王国(2士族)に分かれる→イスラエル王国滅亡→
ニネベ捕囚(その後の10士族は消息不明に。日本に渡来説有力)→ユダ王国滅亡→バビロン捕囚→
新バビロニア滅亡→ペルシャによりパレスチナ帰還→
ヘレニズム時代→プトレマイオス朝の支配→セレウコス朝の支配→
マカバイ戦争→ハスモン朝→ヘロデ王時代(イエス誕生)→イエス処刑→
ローマ帝国による支配→ 独立戦争おこすも失敗→各地へ離散(主にイベリアや半島やバビロンなど)→
少数勢力に→ハザール王国ユダヤへ改宗→白人のユダヤ教徒増える→
迫害されて追放orゲットーへ隔離→1600年代にアメリカ移民開始→
ナポレオンによるゲットー解放→各国でも続々解放→革命失敗でドイツからのアメリカへの移民→
ポグロムにより東欧からアメリカへの移民→シオニズム運動→
大戦→バルフォア宣言→ナチズムによる迫害→ナチを逃れてのアメリカへの移民→
ホロコースト→2次大戦終了→イスラエル建国→中東戦争経て現在に至る

122 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 22:17:23 O
>>119-120
GJです。

しかし歴史を振り替えるとやはりパレスチナにはずっとユダヤ人が住んでた訳で
20世紀になってから自分達には国がない、とか言って他民族を押し退けて国を作ったのは
一方的な侵略以外の何者でもないように思えるな。

123 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 22:42:19 0
>>122
今のイスラエル支配階層のユダヤ人は、昔先祖が住んでいたからとして正当化してパレスチナを侵略しましたが、
そのユダヤ人達は「アシュケナジーム」という、8世紀にユダヤ教に改宗したハザール人(白人)を先祖とします
その昔パレスチナに住んでいた「先祖」はセム系のアジア人であるスファラディ系ユダヤ人なので、
実際その理由では正当化されないのです

それにあなたは言うとおり、(以下コピペ)
 「パレスチナ(Palestine)」という名称は「フィリスティア(Philistia)」という言葉に由来し、
 これは聖書に登場するペリシテ人あるいは“海の民”と呼ばれる人々で、彼らは南海岸一帯を占拠していたのである。
 この地域の人類学的調査に基づいて学者たちは、パレスチナ人たちは、
 ユダヤ人の先祖たちがパレスチナに定住する以前の時代に、
 様々な人種が混ざりあって形成されたグループであることを発見している。
 紀元前4000年から900年までの間、この地で優勢だった人種グループはカナン人である。
 エリコ、メギド、ベト・シヤンといった町は、青銅器時代初期のパレスチナ文明のセンターであったが、
 この時代の中期に、パレスチナ人とフェニキア人との間の結び付きが発展したのである。
ということからも彼らの侵略は正当化されませんね

124 :世界@名無史さん:2006/09/21(木) 13:53:45 0
>121

他に目立った出来事としては、次のような事柄があります。

ベン・イェフダの尽力によりヘブライ語が日常語として現代語として復活。
そのこととシオニズム運動は影響し合っているようにおもえる。
宗教儀礼等でしか用いられなくなっていた死語同然の古代語が日常会話で
用いられるようになったことと、荒廃したイスラエルの地が開墾され人が住むようになったのはリンクしている。

ソ連・東欧といった共産圏の崩壊後、それらの国々からの
ユダヤ人のイスラエルへの帰還(アリヤ)。

新約聖書を読み、イエスをメシアと告白するユダヤ人が増えてきている。
米国、イスラエルにメシアニック・ジューの団体が出現している。

125 :世界@名無史さん:2006/09/21(木) 14:56:33 0
石油産出量が落ちてきたら王制への不満がでてきて、欧米の援助も少なくなっていって
イランみたいにイスラム革命が起きる可能性はあるのかな
米軍が駐留しているサウジなんて潜在的な反感をかなり買ってそうだけどな

126 :世界@名無史さん:2006/09/21(木) 14:59:33 0
>>119-121

頑張りましたね。
でもこれを忘れないようにするのが、けっこう大変なんですよね。
ちゃんととっておいた方がいいですよ。


127 :世界@名無史さん:2006/09/21(木) 15:40:51 0
>>123
アシュケナジーム=ハザール説なんてとっくに否定されてるぞ
大体イスラームだってユダヤ人のイスラエル領有の論拠たる旧約聖書を聖典にしてるんだから
パレスティナ=ユダヤ人のものって論理は正当化されるんじゃないの?

128 :世界@名無史さん:2006/09/21(木) 17:13:58 0
>>125
イスラム原理主義国家であるサウジにさらにイスラム革命が起こるのかw
しかしまあ、原理主義の上に原理主義を重ねると、何が生まれてくるのかは少し興味深くもある。

129 :世界@名無史さん:2006/09/21(木) 19:56:00 O
アラブとユダヤの憎しみ合いほど、高見の見物してて楽しいものは
ありませんな。どちらもしつこい事では天下一品。今後千年以上に
渡って憎しみ合うんでしょうね。同じセム系の兄弟民族同士の殺し合い、
じっくり堪能させていただきます。

130 :世界@名無史さん:2006/09/21(木) 20:49:24 0
セム系民族じゃない奴もしゃしゃり出てくるから面白いんだろうが

131 :世界@名無史さん:2006/09/21(木) 20:57:33 0
>>128
サウジアラビアでイスラーム革命が起こった場合、イランのようにまがりなり
にも議会が存在する体制になるのか、それとも専制になるのか興味あるな。

132 :世界@名無史さん:2006/09/22(金) 07:26:26 0
>>120

>ニネベ捕囚(その後の10士族は消息不明に。日本に渡来説有力)

これはダウトでしょう。神々の指紋とかと同レベル。そういう「説」は確かにありますが、
学会においてまかり間違っても有力説ではないです。

133 :119:2006/09/22(金) 18:40:22 0
うーん・・・色々な説があるから今の知識では何が正しいのかわからない
俺みたいな一般人はとにかくたくさん本を読んで知識を得て判断するしかないな
昔ことだから絶対っていうのは無いだろうし・・・だから歴史っていうのは面白いんだが

134 :世界@名無史さん:2006/09/23(土) 08:24:31 0
取り敢えず、以下の本をお勧めしたい。

○学研のブックスエソテリカシリーズ13 『ユダヤ教の本』1995
某むうの学研と侮るなかれw ユダヤ教史にみならずカッバーラーなどユダヤ教神秘主義についても
ちゃんと説明がされている、宗教学をメインにしたまっとうなユダヤ教入門の書。カラーイラストが
多いのも好感が持てる。それぞれの説明が簡潔で要をつき、量もコンパクトで読み易い。

○『世界歴史叢書 ユダヤ人の歴史』アブラハム・レオン・ザハル著 明石書店 2003.8
ありがちな古代+欧州で終わるものが多いユダヤ関係の本で、中東でのユダヤ教徒たちについても
ちゃんと扱っている良書。税込みで7,140\とちょっと高いゆえ手がでなかったら図書館で読むのもお勧め。

これらの参考文献表を足掛かりに調べるのも良いし、ほかに公立図書館などにある聖書学関係の辞典あたりを
参照するのも良し。

135 :世界@名無史さん:2006/09/23(土) 13:09:02 0
〓■金槌を持ってマリヤ像を一瞥する■〓
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1148106206/1


136 :世界@名無史さん:2006/09/24(日) 15:52:16 0
>>127
>アシュケナジーム=ハザール説なんてとっくに否定されてるぞ

ウソを言うな。
確かに否定派はいるけど、完全に否定はされていない。

ユダヤ人自身から話を聞いたことがある。
イスラエルのユダヤ事典を調べてみろ。
ハザールについて書いてある。

137 :世界@名無史さん:2006/09/26(火) 19:00:29 0
欧米で何が何でもハザル=アシュメナジームとしたい人たちは、そのように主張して
いるようだけど、中東の在来のユダヤ人の歴史や中央アジア史、イスラーム史を
やっている研究者たちはこの種の主張についておおよそ否定的に見ている。

特にイブン・ファドラーンの報告直後のアッバース朝側の史料では、10世紀末には
ハザルはルースィやブルガール、オグズなどの周辺勢力から攻められて、結局ホラズム
方面からイスラームへ改宗するよう勧誘があって、とうとうハザルのカガン以下王侯
貴族たちはユダヤ教を棄ててムスリムになったらしい。

11世紀に入るころには首都のイティルにはもはやシナゴーグの影は見当たらず、モスクや
マドラサなどのイスラーム関係の建物が立ち並んでいると、当時のアラビア語の地理書では
書かれているのだそうだ。クリミア半島に逃れたハザルの一派はユダヤ教信仰を保持していた
ようだけど、現在のアストラハン周辺のハザル関係の遺跡ではユダヤ関係の遺物は10世紀か
11世紀頃までしか確認出来ないとかで、モンゴル帝国がやってくる大分前にはハザル本国では
ユダヤ教は絶えてしまったらしいとのこと。

ハザルやブルガール人は言語的にはテュルク系。イブン・ファドラーンなどに載っている
ルースィ人との比較からすると、ハザル人はテュルクとして他の部族などと特に形質的な
違いが述べられていないから、人種的にもモンゴロイドと見て違い無いと思うが。

138 :世界@名無史さん:2006/09/28(木) 12:30:51 0
イスラームだってユダヤ人のイスラエル領有の論拠たる旧約聖書を聖典にしてるんだから
パレスティナ=ユダヤ人のものって論理は正当化されるんじゃないの?

139 :世界@名無史さん:2006/09/28(木) 13:33:22 0
パレスチナが約束の地であるとはどこにも書かれてないだろ

140 :世界@名無史さん:2006/09/28(木) 15:22:29 0
イスラムの立場では、エルサレムはユダヤ教徒、キリスト教徒、
イスラム教徒共通の聖地だと認識いている。アブラハムをユダヤ、アラブ
などの共通の始祖と認識しており、人類全体では無くユダヤ人にのみ神の恩寵が
約束されていると解すユダヤ教の教理は神の言葉を曲解しているとみなしている。
そういう理由もあって歴代のイスラム政権は宗教的な違いによって一方の信徒を
エルサレムなどから排除する、と言う政策はとっていない。

「ユダヤ人の帰還」というが、そもそも第二神殿が崩壊する以前も以後も
パレスチナ(これもローマ帝国が名付けた名称だが)周辺にはユダヤ教徒が
住み続けて来たので、そもそもイスラエル側の主張はヨーロッパ系のユダヤ人
による領土侵略を正統化している虚言に過ぎないと現地では見ているそうだ。

シオニズム運動の方向性はいろいろ錯綜していて、エルサレムへの帰還が
いつのまにかパレスチナ地域の領土的支配にすり変わっている問題もあるが。

141 :世界@名無史さん:2006/09/28(木) 15:29:01 0
>>138
ユダヤの聖書は神より下された経典の「古い」バージョンだからな。イスラム教徒にとって。
クルアーンこそ最終完全版。だから聖書を信じているユダヤ人は遅れた迷信をいつまでも
信じている連中に過ぎない。迷信を元に領土要求されても困るだろ?

142 :世界@名無史さん:2006/09/28(木) 18:32:29 0

理想

戒律厳守→ヒゲ伸ばす→メシア「おっす!オラメシア!」→イスラエル誕生

現実             シオニスト運動←超正統派「なにやってんの?市ね」
                    ↓
                バルフォア宣言
                    ↓
戒律厳守→ヒゲ伸ばす→イスラエル誕生→メシアブチ切れ
                    ↑
                  今ココ

超正統派「ちょ、メシア現れる前になに勝手にイスラエル作ってんの?
       また、天罰下るだろうがボケ!!1」



143 :世界@名無史さん:2006/09/28(木) 21:38:35 0
> ヒゲ伸ばす→メシア「おっす!オラメシア!」
ものっそワロタw
超正統派ってエルサレムでそこそこ在住しているみたいだけど、
イスラエルという国家から見て超正統派の位置付けってどういう
感じなんだろう?

144 :世界@名無史さん:2006/09/28(木) 21:52:21 0
>>143
一般的な市民からすれば『偉いとは思うけど真似しようとは思わないし強制されたら困るなあ』的存在

145 :世界@名無史さん:2006/10/07(土) 16:58:24 O
レバノン侵攻って、アメリカを今度はイランと戦争させる為のプランかと思ったけど
アッサリ敗退したりその後も内政でグダグダしてたりしてるのを見ると
結構行き当たりばったりだったのか?とも思う。

146 :世界@名無史さん:2006/10/10(火) 13:18:23 O
>>44
だとすれば、まさにこれから中東の方でなんらかのアクションがあるという事だね。
まあ、イラン辺りは核実験関連でなにかしら黙ってないだろうし、となればイスラエルも何か手を打つだろうね。

147 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 17:52:14 O
NHK教育TV
「出エジプト記の真実=v前編
PM7:00〜8:00

おまいら見逃すな

148 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 16:53:43 0
了解

149 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 12:33:26 O
イスラエルは核実験したことあるの?

150 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 12:38:53 0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB

核拡散防止条約(NPT)に加入していないイスラエルは核保有に関して肯定も否定もしていない。
しかし、核技術者モルデハイ・ヴァヌヌの内部告発などの状況証拠から、
国際社会においては核保有はほぼ確実視されておりアメリカも核保有を事実上認めている。

151 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 15:26:39 0
地球ドラマチック録画してたの今みてますー


152 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 15:32:46 0
うおーすげーおもしろい

153 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 15:40:57 0
イスラエル最高!!

154 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 20:18:00 O
あまり知られていないがイスラエルは日本武道に対して関心が非常に高い。
徴兵制度がある紛争地帯という事もあって、軍や警察では武道が必須課目になっている。
イスラエル式の軍隊格闘技は日本の松涛流空手がベース。
現在日イスラエル大使は松涛流空手五段の腕前。

155 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 20:28:13 0
>>154
その情報のソースは自称空手黒帯でモサドにも多数知人友人のいるという
落合信彦ですか?

156 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 20:49:24 O
>>155
落合の事は何も知らないけど
イスラエル大使は都内の某道場にたまに顔を出してるよ。

157 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 21:21:51 0
どうせなら技の名前が全部ヘブライ語の格闘術とか作ればカコイイのに

158 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 21:29:46 0
一般人に混じって道場に顔を出すとは危機感ない外交官だな。
パレスチナに拉致されたらどうするんだ?

159 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 21:40:18 0
>>158

認識が甘い。

既に、東京の治安はモサドにコントロールされている。

160 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 21:48:37 O
>>158
それも大使の仕事のうちなんだろう。日本の伝統文化に親しんでみせるというのも…
危ないからと引き込もってたら大使の意味が無い。
それに一般人と一緒に練習するのではなく、あくまでVIPとして見学に来るだけ。

161 :世界@名無史さん:2006/10/24(火) 05:52:36 O
>>159
論拠は?

162 :世界@名無史さん:2006/10/24(火) 13:52:42 0
>>161
きっと東京のお巡りさん全員が知らないうちにモサドの人に入れ替わっている事に
気がついたんだろ。ああおそろしいユダヤの陰謀。

163 :世界@名無史さん:2006/10/24(火) 21:08:38 0
http://www.geocities.com/Petsburgh/Park/7291/tarumudo.html

タルムードに生きるユダヤ人を信用で来るか

「この文章の内容はアラン・R‐クリチリーとマイケル・ホフマンにより調査され確認されている。http
//:www.hoffman/1nfo・com
エルビン21b 誰でもラビに従わないものは死に値し、地獄の熱い大便の中でゆでられる懲らしめを受ける
だろう。
モードカッタン17aユダヤ人が悪を行うように誘惑されたら、彼は自分が知られていない町に行ってその
悪を行わなければならない。
パパメジア114a−b ただユダヤ人だけが人類である(ただ汝のみ人として選ばれたり)。
カリソス6bの〃油注ぎ〃の副題とペラコス58aに異邦人の女は動物として選ばれた(造られた)とある
(ロパ女)。
サンヒドリン58bもし異邦人がユダヤ人を蹴ったら、彼は殺されなければならない。ユダヤ人を蹴ること
は神を蹴ることと同じである。



164 :世界@名無史さん:2006/10/24(火) 22:43:21 O
イスラエル人と話した事があるが…
第三者である日本人がパレスチナ問題に口を突っ込むのはつくづく難しいと感じた。

165 :世界@名無史さん:2006/10/24(火) 22:55:06 0
>>164

彼らが情熱を込めて語る神との約束を、真に受ければ、そう感じるだろう。
しかし、ユダヤ人の 99% は無神論者だ。

神との約束は、非ユダヤ人向けのシオニストのプロパガンダ、ドグマだ。騙されるな!

166 :世界@名無史さん:2006/10/24(火) 23:31:56 O
>>165

いやね…自分もイスラエル建国というのは相当な横車だと思うし、ぶっちゃけ必要なかったのでは思ってるけど
それを実際にイスラエルで生まれ育ったイスラエル人に言ってきかせる事は難しい…というかほとんど不可能だよ。
彼らは徴兵制度で多くは戦争や紛争の危険を肌で知ってるわけで
「ここは我々が守るべき祖国だ」という国民意識、国家意識、危機感は
平和憲法で世界は平和になると言う、脳天気な島国の日本人の比ではない。
「日本人は我々や中国人みたいに民族の苦労をしてないからそんな事が言えるんだよ」
と言われたりもしたな。いや、そんな事はないよと一応説明したけど…

167 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 23:20:13 0
>>166

まあ、どこの国の人間だろうが「あなたの国は必要ないはず」
なんてこと言われたら普通怒るだろうな。

168 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 10:27:26 0
ポルトガルに逝った事あるんだが、ありゃ日本より平和ボケしてる国だね。
ナポレオン戦争以来、攻撃された経験がないから仕方ないなぁと思ったが、
ポルトガルより遥かに平和期間が長いスイスの場合、男子は2年間の徴兵の上、
50才になるまで毎年2週間兵営入りして、射撃の腕や体力が落ちていないか
チェックされる。地理的要因や国民性や歴史の違いがあるんだろうけど、
伝統的なものだから、簡単には変わらないよ。

169 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 07:32:55 0
>>168
海洋国と内陸国の差もあるんじゃないかね?

170 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 09:16:26 0
世界的にみれば日本人なんて平和ボケしてない方だろ
隣の国がミサイル実験しただけで世論が沸きあがり憲法改正までOKしちゃうんだからさ

171 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 15:54:57 0
動画、「911ボーイングを探せ」日本語版プレビュー
911テロは米ネオコンの自作自演、真相に迫る驚愕の映像

http://www.uploda.net/cgi/uploader1/index.php?file_id=0000164754.avi


172 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 16:45:41 O
>>170
日本が平和ボケっていうのは日本人自身の自己偏見だと思うね。
確かにボケてるかもしれないが、それは平和のせいじゃない。
平和ボケっていう言い方には平和が悪いものだと言う悪しき偏見を感じる。
北欧や南米などには日本より長い間戦争してない国がいくらでもある。

173 :世界@名無史さん:2006/11/02(木) 11:42:40 O
今度はガザ北部侵攻か。
なんか戦闘状態を維持することそのものが目的みたいだなあ。

174 :世界@名無史さん:2006/11/02(木) 12:06:33 0
>>173
平和ボケとある意味類似している、戦争ボケなのかもしれないね>イスラエル

175 :世界@名無史さん:2006/11/02(木) 12:34:31 0
今イスラエル国歌聴いてるんだが、哀愁を帯びた、
なんてものじゃない。凄絶な悲しみの曲調だね。
素直に名曲だと思う。

176 :世界@名無史さん:2006/11/02(木) 15:09:05 0
>>175
歌詞が侵略そのもの。悪の国歌だな。そういう意味ではフランス国歌の歌詞より酷いね。

177 :世界@名無史さん:2006/11/02(木) 15:52:10 0
国歌ではよくあること

178 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/11/02(木) 19:37:58 0
 イスラエル軍は1日、パレスチナ自治区のガザ北部で大規模な軍事作戦を開始しました。
 パレスチナ自治区ガザにあるベイトハヌーンでは、時折大きな砲弾の音が聞こえ、
黒い煙が上がっています。イスラエルは数十台の戦車をこの街に侵攻させ、緊迫した
状況が続いています。街に入る車などはなく、街はイスラエル軍によって封鎖された状況です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    イスラエル軍が理由なくガザへ大規模軍事行動を
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / 開始したようだ。ハマスが報復しようとしてる。
  |ヽ   | | ミ#・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 米軍需産業は冷戦終結後、経営不審。ブッシュはどうしても世界を
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l  二分化した民族対立醸成のため紛争を続行させたいようですね。(・A・#)

06.11.2 TBS「イスラエル、ガザ北部で大規模軍事作戦」
http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3415982.html

179 :世界@名無史さん:2006/11/02(木) 22:15:14 0
この世界にユダヤ人しかいなければ、彼らは泥や汚物に息がつまるか、
憎しみに満ち満ちた争いの中で互いに騙しあおうと務めるだろう。

180 :世界@名無史さん:2006/11/02(木) 22:50:57 O
実際ソマリアとかアフガニスタンとかイスラエルもそうだが
紛争ボケで麻痺しちゃってるような国もあるんだろうね。
なんかやたらに紛争地帯を美化…っていうか妙に憧れてる人が日本には多い気がする。

181 :世界@名無史さん:2006/11/03(金) 18:24:57 0
>>180
いまだに、戦国武将のドラマなんてやってるものな
政治に「ロマン」なんぞ求めない方がいい

182 :世界@名無史さん:2006/11/03(金) 19:55:04 0
>>181
世界中で歴史ドラマは戦争ものの方が受けてるだろ。欧米の歴史大作で、文芸物意外で
戦争もののなかったためしはないぞ。むしろ江戸時代のものを多く映像作品にする
日本のほうが世界的に見れば平和を愛好している、と言う風に言うことだって出来る。

80年代から抜け出たような変な日本人特殊論を今更言われてもなあ。

183 :世界@名無史さん:2006/11/05(日) 01:53:03 0
アレクサンドロス大王はイスラエルをどう扱ったの?
当時の為政者の名前も知らないけどなw

184 :世界@名無史さん:2006/11/05(日) 01:58:44 0
>>183
アレクサンドロスはどこでもそうだから、ユダヤに対してもペルシャ帝国の政策を継承したんでしょ。

185 :世界@名無史さん:2006/11/05(日) 02:05:17 0
うむ〜。大王の死後はプトレマイオスの支配に入ったんだっけ?

186 :世界@名無史さん:2006/11/05(日) 15:39:59 0
ようつべ動画?
http://www.youtube.com/watch?v=biQtrQpyJGo

187 :世界@名無史さん:2006/11/07(火) 03:23:25 0
>>185
最初プトレマイオス王朝の支配下に入り、その後アンティオコス3世が前198年の
パニオンの戦いでプトレマイオス5世を破ると、エルサレム教団がセレウコス朝に
味方したこともあって、自治権を与えられた。


188 :世界@名無史さん:2006/11/10(金) 04:25:39 0
>>186
なんか迫力のある歌だね。
これイスラエルの国歌なの?

歌っているのは誰?

だれか詳しい解説求む(´・ω・`)

189 :世界@名無史さん:2006/11/10(金) 11:11:24 0
ユダヤロビーが多い民主党が勝利したな

190 :世界@名無史さん:2006/11/10(金) 23:08:27 0
ヨーロッパのメディアでは最近イスラエルが批判されることが多くなっているが、
将来、欧州で反ユダヤ主義が復活する可能性はあるかな?

191 :世界@名無史さん:2006/11/10(金) 23:14:31 0
>>190
今は昔ながらの反ユダヤと、新入りムスリムの反ユダヤが
あってややこしいからね。独・仏方面だと相変わらずナチネタ
でゲタ履かされてる状態だから、復活の可能性は低いんじゃないの。

192 :世界@名無史さん:2006/11/10(金) 23:28:17 0
フランスもドイツも本音ではイスラエル嫌いなんじゃないの。
フランスのなんかのアンケートで世界の平和に危険な国の第一位が
イスラエルになったらしい。

193 :世界@名無史さん:2006/11/10(金) 23:30:00 0
昔からユダヤ人と金融を結びつける考え方は強かったけど、今の欧州では
どうなのかな。
欧州中央銀行とか国際金融財閥とかにユダヤ人が多いなんてことはないの?

194 :世界@名無史さん:2006/11/10(金) 23:43:29 0
世界の石油が枯渇したらイスラエルはどーなるの

195 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 00:13:03 O
>>192

自分らの厄介払いでユダヤ人をアラブに押し付けたくせに
勝手な連中だなおい。
だったらイスラエルがあちこち空爆してる時に抗議や制裁してみろっての。
と無関係な日本人が言ってみる。

196 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 00:39:00 0
昔イスラエルが労働党政権で、“アラブ諸国に包囲された弱体な国”
というイメージを持たれていた頃は、欧州でもイスラエルマンセー派が
多かったが、
最近になって右派のリクードなどが政権を握り、イスラエル=強者、
アラブ諸国・パレスチナ人=弱者というイメージが浸透するように
なると、イスラエル批判の論調が増えたように思える。

197 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 08:36:09 0
今年の夏に起きたレバノン侵攻はひどかったな。

イスラエルは嫌いではないが、オレの中ではかなりのイメージダウン。
子供たちのグロい死体が頭にこびりついて離れない。

198 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 15:48:00 0
イスラエルではよくあること・・・。

199 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 23:47:46 0
ヘレニズム・ローマ時代のパレスチナにも、いわゆる「ヘレニズム都市」
(アレクサンドリアやアンティオキアのように、「ギリシア人が新しく作ったり、
もとからあった都市にギリシア人・マケドニア人を植民させたりした都市)
が存在した。

スキュトポリス、サマリア、カイサリアなどがそうだが、日本でいえば明治以降の
横浜・神戸のような外国人居留地のあった都市のようなものかな。

200 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 12:37:51 0
200ゲッセマネ

201 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 15:13:10 0
>>196 でもヨーロッパの保守派って親イスラエルの方が多いよな。
アスナール、ベルルスコーニ前首相とか。

今は反ユダヤより、反イスラームが潮流じゃない?

202 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 09:43:54 0
反イスラムの背後に石油利権とユダヤ人の影がみえるね

203 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 09:46:50 0
反ユダヤも反イスラムも非常に単純な感情で
自分達の生活テリトリーに何人が多いかってだけの話だろ
日本でも反ブラジルやら反中国の激しい地域ができつつあるぞ

204 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 16:05:17 0
自分たちのテリトリーねぇ・・・・・世界中にヨーロッパ人が侵略し
有色人種が大勢ころされて言ってる。
殺した連中がキリスト教徒の国で、原爆をつくったのは
ユダヤ人たちだ。
どううかんがえても奴らはおれたちの敵だよ。

205 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 09:51:24 0
また偏った史観をお持ちで

それを言うなら日本人だって西洋列強の真似をして
隣国を併合してさらに大陸に侵略して
結果たくさんのアジア人を殺しておりますが
すると我々はアジア人の敵ですね

206 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 10:15:21 0
>>205
戦争は別にいいんだよ。国際法でも認められている。
奴らがやっている便衣兵は違法。
アメリカの原爆も大量破壊兵器に該当する。
で、おまえは在日か?

207 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 11:59:25 0
>>206
在日でもなんでもないわい
欧州人が侵略した理屈と同じ理屈(国際法とやら)で他国を支配下に置いたのは
日本だって一緒なのになぜ欧州だけを責めるのかと
逆に日本だけが責められるもんでもないとは思っているがな

日本は明治以降富国強兵という名の欧州化政策を推し進め
欧州人の理屈を持って欧州風に国家運営してきたんだが
それらに目をつぶって欧州だけを批判するのはイスラエルやらユダヤを語る人に多いので
少々反応しただけです

208 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 12:05:39 0
>>207
ヨーロッパ人は民族絶滅製作や部族絶滅政策をおしすすめてきたが、
日本はそういうことをしていないぞ。
よく知りもしないくせに日本を叩いているやつってきまって在日ではないと
いうが、なぜか日本の歴史を知らないよなあ不思議な話だw

209 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 13:22:54 0
>>208
しかしなんか自分の意見と違うと在日指定されるほど鬱陶しいこともない
ご自身で日本の歴史を知らないくせにとまでおっしゃるってことは終戦直前の数年間に皇民化政策を打ち出した
ことはご存知なんでしょ?
これはたまたま終戦ということで幕を閉じましたがこれも立派な言葉と宗教の押し付けであり
民族性の抹殺政策ですが期間が短いからといってそれを無視するのも同じ日本人として信じられませんが

何度も書いているが欧州と日本を比べて日本は酷いことをしていないという理屈は合わないんだよ
日本が民族と文明の存続をかけて起こしたのが明治維新だし
その中身は強奪される側になるよりもする側になることなわけだからね
日本は列強になることを目指して欧州式のモノを全て取り入れてよいところもわるいところもね
それで実際に列強になったんだからすごいことなんだよ
でも列強ってことは欧州の国と同じ位置に立ったということだ

彼らと同じルールに則って彼らと同じ価値観を持って国を運営し
彼らと同じ土俵で世界の富を分配するレースに参加したんだから
そこを大きく忘れてしまって彼らだけを貶めるのも自分達だけを貶めるのも不当だと言っているだけだよ


210 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 14:11:03 0
>>209
反論になっていない。

日本人は虐殺をしていない 連中は虐殺も民族根絶も平気でやれる。

ちなみに皇民化の意味わかる。 ぜんぜんネガティブなイメージじゃないよ
帝國なら当たり前の表現だし。

>日本は列強になることを目指して欧州式のモノを全て取り入れてよいところもわるいところもね

これも嘘。 遣唐使みてもわかるように宦官や科挙などの概念は輸入されてない
近代においても彼らの虐殺思想は輸入されていないしね。


ということで論破完了! 


211 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 14:42:23 0
>>207
米軍はイラクで圧政者として君臨している。
ttp://www.geocities.jp/seiginokotoba/usiraq-2.mpg
欧米人と日本人を同列にあつかうな!

212 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 16:48:37 0
必死なのが何人かいるみたいだが
一応ここイスラエルスレだからねー

213 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 16:59:04 0
>>212
反論になってないよアングロサクソンとユダヤの手先君

214 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 17:52:38 0
欧米か!

ってかここ世界史板なんだから欧米人(w)が無茶やってた時代と
日本が帝国主義になった時代の人権意識とかを少々鑑みてから議論していただきたいものだ

215 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 18:01:01 0
日本人が帝国主義になった時代の人権意識ときたか

つ東京大空襲ト
つ広島長崎への原爆投下

216 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 18:29:02 0
>>205
偏った史観を持ってるのは、どうやらおまえのようだぞ?

217 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 18:52:38 0
キモイのがわいてるな

218 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 19:50:55 0
親米左翼なんて人種はじめてみたお
たしかにキモすぎるよ

219 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 10:15:41 0
副島臭がする

220 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 08:35:49 0
敵と決め付けるよりもどう利用するかを考えた方が建設的だが難しいところだ

221 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 13:33:08 0
>>218

親米右翼
親米左翼
反米右翼
反米左翼


ごくあたりまえのカテゴライズだと思うが何か?つか今、保守の枠組みがずれてるしな。
ていうか今時右翼左翼で対立軸を捉えるのが無理だろ・・・とかこんな話してもムダだろうけど
最低限、大きい政府小さい政府、グローバライゼーションへの賛否、民族主義と多文化主義って
いう程度の複数の軸で見ないと理解できないよ。

日本のいわゆる右ってそのへんなぁなぁで来たから今あんなわけわからないことになってんだな。
民族主義と親米とか保守って本来相反するのに。

何言っているかわかんなかったら東アジア板とかニュー速に帰れ。

222 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 13:43:30 0
>民族主義と親米とか保守って本来相反するのに。

ところが相反しないんだな。今更ながらだが、福沢諭吉でも読んだほうがいい。
中国の知識人が驚いたりしてるから。本来、相反するはずのものが
福沢のなかでは合理的に昇華できてるのに驚いてる。
こうした発想ができなかったせいで中国は多大な犠牲と回り道をしたと
言ってたりするよ。

223 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 15:07:04 0
アメリカの犬の時代が長すぎて
犬であることが正当だと思ってんだろ

224 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 15:37:11 0
広河某の「パレスチナ」っていう岩波の本、すげぇパレスチナ寄りじゃない?
イスラエルがパレスチナ人を○人殺した等々・・・の記述しか書いてない。
あそこに書かれてる内容って、本当のことなのか?

225 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 15:46:09 0
>>223
こういうほと言っている奴って「現状に反発しているオレって、現状を追認している奴らと違って
自分の頭で考えてるぜカッコイイキャッホー」って思ってて、現状認識とか他者との関係とか、そういう
ものを一切自分の頭で考えていない事に気が付いていないよね。


226 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 16:04:59 0
>>225
そういうのを要約すると副島厨といいます
以前ネットウヨの原型となっていたのは小林某でしたが最近では副島の方が影響がおおいのかな?
とくにユダヤ系の扇動記事が面白いのでこういうイスラエル系のスレでは沸きやすいのでご注意

227 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 17:06:51 0
>>222

今まさに保守論壇とかそのへん(民族・親米)で対立・支離滅裂して内ゲバしてる
わけなんだが。反共の旗の下で細かい矛盾は無視して団結できた時代はもう終わり。

富国強兵でもなんでもいいけど大目標があるときはとりあえず細かい思想的違いは
無視して団結できるからな

しかも今の保守って天皇の位置づけっていうやっかいな問題もあえて無視しているし。
これをつつくとさらに・・・・

228 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 17:17:29 0
>>227
なんでもかんでも「最終解決」したがる人間気持ち悪い。

自分の脳内で勝手に議論も反論もないユートピアを作ってそこで暮らしてください。

229 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 17:26:33 O
>>228
確かにスレ違いな話題だけどなんでそんなにファビョってるの?気でも触れた?

230 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 17:36:58 0
>>229
何でそんなに顔真っ赤にして書き込んでいるの?病気?

231 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 20:36:10 0
スレ違い
ヨエル書読んで
まとめて消えろ


232 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 20:39:58 0
イスラエルはユダヤ教ってだけで、やたら多人種な国だけど、民族問題とかそういうのは
どうなってるんだろ?あまりニュースにもならないけど。

233 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 21:33:16 0
広河某の岩波のパレスチナだと、中国系ユダヤ人などは国内で見下されているらしい。
カラードはやっぱり差別されんじゃないの。

234 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 23:34:11 0
>>233
エチオピア系ユダヤ人とかもいたよね。ああ言うのもやっぱり差別されているのだろうか?

随分昔にその人たちのドキュメンタリー見て、元々エチオピアで貧しくとも平和に暮らしていたのに
それを「発見」したイスラエルのユダヤ人が「聖書の記述どおりだ!」みたいな変な興奮して、金で
追い立てるようにそこの人たちをイスラエルにどんどん連れて行って、そのせいで人口の減った
そのコミニュティでは、残った人も生きていく事が出来ずに(しかもイスラエル人が来たことにより、
それまで存在しなかった反ユダヤ感情がその土地に現れた)、結局みんなイスラエルに移住して
何千年も続いてたエチオピアのそのコミニュティは消えてなくなって…、って奴だった。

そんな移住した人たちが、その移住先で差別を受けているとしたら、それは何て言う悲劇なんだろうな?

235 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 00:04:21 0
ところで、嘆きの壁ってなんで嘆きの壁で、どんないわれがあるの?

236 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 08:31:41 0
>>234
中国系の人たちは、近代的西欧的な生活習慣になじめないために差別されたそうだ。
おそらくそういうエチオピアの人たちも、生活習慣に適応するのに苦労してるんじゃないかな。

237 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 18:32:48 0
>>236 アラブ・イスラエル人も差別されてるわな。 リーバーマンなんかは、アラブ系の排斥を
主張してる。 

238 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 18:54:03 0
人種差別国家ですよね。 イスラムの国々は民族の垣根をこえた平等社会なのに・・・・

239 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 21:32:54 0
非白人系のユダヤ人やパレスチナ系イスラエル人の数が増えすぎて
深刻な社会問題になってるらしいね。
民主主義国なだけにそうした人々が多数派になってしまうと国そのものが立ち行かなくなる恐れがあるのだとか。

240 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 22:16:34 0
>>238
イスラム教国でも北アフリカ等のアラブ人と非アラブ人が混在
してる地域では同じイスラム教徒の間でも、アラブ人が一番エラい、
というような風潮で非アラブ人の肩身は狭いよ。

241 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 22:45:36 0
>>240
スーダンとかそのアラブ系が大暴れしてて偉いことになってるからね。

242 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 23:36:59 O
ダルフール虐殺事件とかな。
端からみれば両方黒人にしか見えないのにドキュンもいいところ

243 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 11:38:25 O
タイでも南部のイスラム教徒の集団が仏教徒を虐殺したりして問題になってるのな。
最近まで知らんかった。しかもそいつらはクーデター政権を支持することで勢力を強めてるのだと。
これじゃイスラエルならずとも国内のイスラム勢力を危険視するようになるのは当然だろうな。

244 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 11:41:36 0
アラブ系は白人だが??>スーダン

245 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 12:06:47 0
>>240
イラクでは肩身が狭いどこ炉がアメリカ人による虐殺が進行している。

246 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 23:12:14 0
>>245 は? むしろ、シーア派とスンナ派が互いに虐殺しまくってるだろ。
バグダードでは毎日40体ぐらいの遺体がごそっと見つかるじゃん。

247 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 04:12:22 0
米軍による虐殺が続いているね

248 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 07:01:44 0
ユダヤ万歳!!!

249 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 08:41:46 0
>>204
>>206
>>208
>>210
日本語がおかしいですよ。
在日の方ですか?

250 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 08:44:02 0
>>215
総力戦ですよ?
それに同じ白人であるドイツも焼き払ったでしょうが。
ドレスデンなんか下手すりゃ長崎以上の死者が出てる。
戦略爆撃自体日本が始めた物だし。

251 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 08:47:17 0
しかし多様な文化を持ち幾つもの国がある地域の人間をヨーロッパ人と一つ括りに語るのが以下に頭が悪いことか全く気付いてないようだな。


252 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 13:33:16 0
>>250
蒋介石が降伏しないのが悪いんだろ。

253 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 13:35:51 0
>>251
ヨーロッパ人はキリスト教徒という価値観によって統一されている。
奴隷制を好み、他文化圏を侵略してきたまさに外道。

254 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 13:49:14 0
>>253
アラブ人はイスラム教徒という価値観によって統一されている。
奴隷制を好み、他文化圏を侵略してきたまさに外道。

255 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 14:19:53 0
ヨーロッパ人は他者の文化をみとめず虐殺するか改宗させるかゲットーにとじこめてきたが、
イスラム系の国々ではそういうことはしてない。
むしろ他の文化の共存を図る宗教だよ

256 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 14:43:17 0
>>255
現在ヨーロッパでは、キリスト教からイスラム教やその他の宗教に改宗も出来るし
モスクや仏教寺院を建設する事も出来るけど、

現在イスラム教国では、イスラム教から他宗教へ改宗しようとすると、最悪死刑になるし
教会や寺院の建設も絶対に許されないよね。

257 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 14:57:53 0
>>255
ゾロアスター教徒が現在インド東部にしかいないのは何でだと思ってるんだ?

258 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 15:01:57 0
>>253
プロテスタントやカソリックやそれらの膨大な分派は無視ですか。
>奴隷制を好み、他文化圏を侵略してきたまさに外道。
力を持つ国ならどこだってやっとるわ、そんな事。

259 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 15:09:00 0
原理的に悪なんて物が存在しない以上外道等と言う物も存在しない。

260 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 15:27:32 0
しかしユダヤ人もいろんなのいるのーほとんど黒人じゃないか
http://fr.sports.yahoo.com/14122005/40/photo/haile-satayin-of-israel-during-the-mens-marathon.html

261 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 15:29:35 0
>>257
イベリア半島やイタリア半島南部やシチリアからなんでムスリムがいなくなったんですか?

262 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 15:47:03 0
>>261
追放されたり同化したりしたから。
ゾロアスター教徒がインドにしかいないのは11世紀にイスラム教徒による迫害に耐え兼ねて逃げたから。

263 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 15:57:29 0
>>261
多分「ヨーロッパ人はイベリア半島やイタリア半島南部やシチリアのイスラム教徒を迫害しましたねかんしゃくおこる!!11!!1!!111!」とでも言いたいんだろうが、現在の価値観で当時を断罪するのが以下に愚かな事かは言うまでも無い。
それにイスラムもユダヤやキリストの「啓典の民」には寛容だったが、他の宗教の教徒に対しては迫害を加えた。
イランのゾロアスター教徒とインドに移住したゾロアスター教徒を見れば明らかだ。
インドではパールシー(ペルシア人)と呼ばれたのに比べ、イランでは平然にガウル(不信心者)と罵られ続けた.
それに経典の民には寛容といってもこんな例もある。
キリスト教徒は馬に乗っていてもイスラム教徒が通りかかれば下馬しなければならなかった。
さらにユダヤ、キリスト教徒をイスラム教徒と区別する為、靴の色も指定されていた。
イスラム、キリスト教徒の平和共存、というより異教徒を押さえつけていたのが真相。
オスマン帝国やムガール帝国、イランでも異教徒がイスラム教徒を殺害すれば、たとえ正当防衛だろうとイスラムに改宗しない限り死刑。
その逆にイスラム教徒が異教徒を殺しても、裁判に掛けられる事さえ稀。裁判になっても無罪釈放、という有様。
異教徒がイスラム教徒を侮辱しても死罪。イスラム教徒が異教徒を「不信心者」と罵声を浴びせ、それに口答えしただけで「イスラム教徒への中傷は許されない」と斬首された者さえいた。

264 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 16:46:18 0
>>263
今現在も状況は全く変わらないな。イスラムの新聞TVがキリスト教やユダヤ教を批判しても
それは何の問題にもならないが、西欧の新聞TVがイスラムを非難すれば、死者が出るほどの
大騒ぎをする。

265 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:33:13 0
>>262
嘘つきだねイスラム教徒がいなくなった理由はキリスト教徒による虐殺だよ

266 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:36:34 0
読点打ってみろよチョン

267 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:57:55 0
>>265
いいか、レコンキスタが完了した当時も、スペインの農民の多くはイスラム教徒だったんだ。
そいつらを全部虐殺したらどうなる?何物も生産しない荒廃した土地を得ることになるんだぜ。

善か悪かは関係ない。普通の人間は、損か得かで考えるものなんだ。

268 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:23:49 0
現にムーア人やユダヤ人がいなくなっているが<レコンキスタ後

269 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:30:08 0
>レコンキスタが完了した当時も、スペインの農民の多くはイスラム教徒だったんだ。

イスラム教徒は改宗できないってしってて書いているのこのバカは

270 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:34:27 0
>>269
スペインの再キリスト教化の歴史を知らんのかお前は。

271 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:48:39 0
>>267
後ウマイヤ朝の首都だったコルトバは100万人の大都市だったが、現在ではわずか30万人しかいない。
消えた住民はどこへいったのか説明してくれ

272 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:53:29 0
>>271
コルドバが100万都市だったのは、500年も前の話ですな。


モンゴルの時代、泉州(ザイトン)は100万人の大都市だったが、現代ではわずか10万人しかいない。
消えた住民はどこに行ったのか説明してくれ。

273 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:02:38 0
>>272
モンゴル帝國が崩壊し、モンゴル人が北へ去ると、現地にのこった色目人は保護を失い
漢人によって虐殺されているんだが。

となると、コルドバが今の衛生状態が良い現代においてもわずか30万人しかいない理由は・・・・・

274 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:07:16 0
>>273
当時色目人が何万人いたんだよwww

275 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:10:14 0
>>274
虐殺されたのは事実。
ついでに言及するならばスペイン人は新大陸で幾多もの民族を根絶させているんだが。
虐殺のプロトタイプはおそらくレコンキスタの総仕上げグラナダ王国崩壊時にあるのでは

276 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:18:32 0
カスティリア王国はグラナダを滅ぼした後にローマ教会とは別にスペインの王家独自で異端審問会を作ってる。
ローマとも交渉済みでスペインの王家の独断でガンガン火あぶりにして殺しまくっているんだがね



277 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:20:31 0
http://www.m-t-o.co.jp/supein-rekisi.html

1492年1月2日、アルハンブラ宮殿にイサベル=フェルナンド両王が入城し、レコンキスタが完了 した。
キリスト教徒のグラナダ.イスラム教徒に対する宗教裁判をともなう圧迫は、その農業を衰退さ せ、
1569年に挑発的宗教裁判に反乱を起こし、大虐殺を受けグラナダは衰えた。


勝負ついたね

278 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:24:06 0
>>277
一生懸命そのページ探してきたんだね。だけどそこのページ内にある


新4Sアトム電池の開発
人類の生存をめざしてCO2排出の軽減

CO2排出量を抑え,かけがえのない地球を救うために、2006年までに完成をめざした電池です。
環境保護を目的とした電池ですが、この電池が稼動すると、電気料金は今迄の約半額になり、
その料金が電池のリ-ス料金になります。
王立地球財団
地球環境対策研究所
 代表 金 城 信 王
沖縄県沖縄市泡瀬5-4-6
http://www.m-t-o.co.jp/atom-1.html


なにこれ?www

279 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:28:16 0
>>278
誰であろうと関係ないでしょ

>>267であんた?(同一人物と仮定して)の話では

レコンキスタが完了した当時も、スペインの農民の多くはイスラム教徒だったんだ。
そいつらを全部虐殺したらどうなる?何物も生産しない荒廃した土地を得ることになるんだぜ。

と語っているよな

現に
キリスト教徒のグラナダ.イスラム教徒に対する宗教裁判をともなう圧迫は、その農業を衰退さ せ、
1569年に挑発的宗教裁判に反乱を起こし、大虐殺を受けグラナダは衰えた。


衰えているじゃないか しかも グラナダの人口も現実に大減少しているし。

280 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:30:37 0
ちなみに 1569-1570 アンダルシアの反乱が実際に行われ鎮圧されている。

281 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:31:37 0
>>279
そのページの著述への信憑性に疑いを挟んだのが解らない?
君は文字さえ書いてあれば全部真実だと思っているのか?

282 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:37:21 0
アンダルシアの反乱がみえないのかね
またスペイン人は南米やユダヤ人に対する態度をみても寛容ではありえない。
ユダヤ人に対してはマルガとよばれる隠れ信者までいぶりだして宗教裁判に
かけているがねイギリス人がモンティパイソンで揶揄するほど徹底したもので
イスラム教徒に対しても当然・・・・・

283 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:39:02 0
こんな電波とかニュー速系のやつとか陰謀論とかが飛び交うスレで
マジレスするのもあれだけど、コルドバはすでにイスラム王朝中期以降に
人口の減少が始まっていたんだよ。

原因は、統一王朝の崩壊とその後の延々と続いた内乱と戦争。
それに各地に小王朝が乱立して、首都としての役割を失った。

あと、人口百万って数字もかなり誇張された伝聞が元になった数字。

それにイベリア半島にいたのは誰か、って問題を無視してるな。
人口の殆どは土着民で、当初は西ゴートのもとでキリスト教を信仰していて、
後にアラブのもとでイスラムに、そしてカスティーリャの支配下でまた
キリスト教徒に。当時スペインにいたイスラム教徒にはアラブから移民して
きた集団とマグレブから移動して王国を立てた集団がいて、レコンキスタで
スペインを去ったのはこのコアとなる集団だけ。

大多数の被支配層は、時の権力に応じて改宗していた。

284 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:42:24 0
アンダルシアの反乱をぐぐっても具体的な説明がないが誰か援護射撃してくれ

285 :さくら:2006/11/22(水) 03:07:45 0
突然ですが・・・イスラエル共和国(第一次中東戦争)時のイスラエルによる
虐殺や脅迫の詳細をご存知の方、いらっしゃいましたらご協力下さい!
デイル・ヤシーン事件しかヒットせず、レポートが・・・(++)
無知でお恥ずかしいかぎりです(mm)                        

286 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 12:40:08 0
>>285
アラブ側の脅迫や虐殺の事なら知ってる。

287 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 12:41:33 0
>>285
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%80%E3%82%B5%E3%83%BC%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%BE%93%E4%BA%8B%E8%80%85%E8%99%90%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

288 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 13:14:45 0
>>287
それはこの事件に対する正当防衛でしょ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A4%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

289 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 13:30:56 0
>>288
日本語の使い方間違えてるぞ。正当防衛じゃねえ、こういうのは「報復」って言うんだ。
しかも無関係で非武装の市民に対するな。

290 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 14:09:28 0
>>289
彼らは武装移民 はっきりいえば侵略者ですよ。

291 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 17:58:06 0
>>290
「非武装」のユダヤ人医師、看護婦、教授、講演者と書いてあるのが読めないか?
読めないだろうな、都合の悪いことは目に入らない様だから。

292 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 19:54:38 0
東欧系のアシュケナジー系がなぜイスラエルにいるのかな?
非武装以前に彼らは誰の許しを得てパレスチナに来たんだ。

293 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 20:46:31 0
>>292
その通り。
彼らは不法入国者でいわば侵略者だから射殺されて当然だ。

294 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 21:54:29 0
最初からすんでいた人たち=パレスチナ人=日本人
後から不法入国して国をのっとり、ゲットーにおしこめすき砲台している卑劣韓=在日

こう考えてみるとどちらが悪いか良くわかる。

295 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 22:07:33 0
>>294
その通り。
ユダヤ人は直ちにパレスチナ人に謝罪と賠償をしイスラエルから退去するべきだ。


296 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 15:18:45 0
>>294-295
じゃあお前ら在日を今すぐ無差別に銃撃して来い。女子ども関係なく殺して来い。
そうすることが正義なんだろ?

お前らの言っている事はそういうことだ。



まあ、絶対理解する気はないんだろうけど。

297 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 15:37:13 O
ユダヤ人って第二次大戦中に迫害されたって言うくせに自分らはアラブ人を迫害してるよね

298 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 16:08:03 0
>>296
何の反論にもなってない糞感情論乙。

299 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 19:15:48 0
つい最近、イスラエルの極右政党のリーバーマン党首が
イスラエルの副首相に就任したらしいね。

副首相が極右の男で大丈夫なの?

現在の民主主義の国の中で、
副首相が極右主義者の国って存在するの?

ガクガク((( ((;゚Д゚)) )))ブルブル

300 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 19:57:00 0
>>299
前首相のシャロンを忘れている。

301 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 21:07:55 0
>>299
その名前でぐぐってみるとアメリカの政治家にこんな奴がひっかかった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3

ジョー・リーバーマン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

ジョー・リーバーマンジョゼフ・イサドア "ジョー" リーバーマン(Joseph Isadore "Joe" Lieberman, 1942年2月24日 - )は
、コネチカット州選出の民主党所属の上院議員。

イェール大学に学び、同大ロースクールで弁護士資格を得る。妻ハダッサと共に敬虔なユダヤ教徒として知られる。

2000年アメリカ合衆国大統領選挙においてアル・ゴアの伴走者として副大統領候補に選ばれた。

その後、ブッシュJr.大統領のイラク戦争、イスラエル支援政策に対して、民主党内では異例の強い支持を表明し続け、2006年11月の
アメリカ中間選挙の一環として行われるコネティカット州上院議員選挙においては、現職ながら州予備選において敗北し無所属として立候補し民主、共
和両候補を破り再選。再び民主党に復帰した。

コネティカット州もどうやらユダヤに支配されているようだ。


302 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 21:10:46 0
>>ユダヤに支配されているようだ
知能が低すぎる。


303 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 21:14:23 0
しかし「ユダヤ人」と言う同じ思想を持つ陰謀団体が存在していると思ってる糞馬鹿の多い事。
292とか293とか297とか301とか。
>>294
糞の役にもたたんアナロジーだ。
そもそも一体何時在日朝鮮人が日本を乗っ取ったんだ。
>>東欧系のアシュケナジー系がなぜイスラエルにいるのかな?
医者がいちゃいけないのか?
>>非武装以前に彼らは誰の許しを得てパレスチナに来たんだ。
イギリスだろ?
イギリス統治下だったんだから。

304 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 22:01:06 0
ユダヤは世界を影から支配し
大英帝国を操り
アメリカを操り
ソ連を建国し
ソ連を滅ぼし
ナチスドイツを作り
ナチスドイツを滅ぼし
大日本帝国を勃興させ
大日本帝国を滅ぼし
今は中国を勃興させていて

パレスチナ問題一つ解決出来ない

そんな悪の秘密組織です。

305 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 23:26:30 0
>>296
そういうことじゃねーよ。在日を船に詰め込んで日本海に流すってことだ。
戦後のどさくさにまぎれて不法占拠した土地をはじめ日本人から不当に
奪った資産で儲けた資産は全て没収。もとの所有者に返す。
殺す必要は無い。彼らにも新天地で生きる権利はある。

306 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 01:06:53 0
>>305


イスラエルでユダヤ人が住んでいるところにはには、ユダヤ人が地元のアラブ人の地主から、「正等に」購入した土地も
かなりあるのだが、そういうユダヤ人を君はどうしたいんだ?

307 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 10:53:13 0
>>304
アシュケナジーやセファラディー等等いろんなのがいるから
どこが取るかあらそっているんだろうよ。
同じ日本人でも、豊臣と徳川、薩長と会津、天皇とアイヌといったように
対立軸はいくらでもある。

308 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 10:56:45 0
>>306
それはアンネの日記同様にプロパガンダでしょ。
100の土地があったとして1回かったから99回奪ったそういうレベル。
そもそもアメリカへの白人の侵略も手始めは二束三文でオランダが
森林インディアンから買い叩いたのよ。
侵略者はまず善人面をして現れるものだ。

309 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 13:17:09 0
つまりパレスチナ人はあの時代にあってインディアン並の連中だと
そういいたいわけですね

310 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 19:16:45 0
>>305
イスラエル建国前から住んでたユダヤ人はどうするんだ?
アラブ系のユダヤ教徒は?
>>307
本気で「ユダヤ人が世界を支配しようとしている」なんて妄想してるのか?
>>308
>それはアンネの日記同様にプロパガンダでしょ。
まさかアンネの日記偽造説を信じてるのか?

311 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 19:18:12 0
しかしここで反ユダヤ妄想を撒き散らしてるバカどもの内一体何人がイスラエルに行ったり、いやそもそもユダヤ人と話した事があるのか興味がある物だ。


312 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 19:23:57 0
ニートが国政を語るような場所で何を申しているのかさっぱりわかりません


313 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 19:56:58 0
>>310
イスラエル建国前にすんでいたアラブ人は「中東系」
19-20世紀前半にきた連中は東欧系で中東系から実権をうばい
勝手に国を建てた連中だよ。
しかもこいつらは以前からいた中東系を迫害しているんだが。

314 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 20:00:24 0
イスラエルの本質とはなにか。
中東系がいることを理由に二千年もの間寄り付きもしなかった
東欧系、南欧系の連中が来襲し侵略した
最近ではソ連崩壊後のロシア系やイスラエルにいけば
飯がくえると信じたどこの馬の骨ともしれないインド系や黒人らまで
ウジャウジャと集まってくる泥棒民族。それがイスラエルを構成してる
ユダヤ人の招待だよ。

315 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 20:04:06 0
ユダヤ人の特徴は後からきた白い奴らが2千年以上前から
約束の土地があると詐称してやってきたゲットーや成金あがりの
嫌われ者どもが中東系の村落から実権をうばいテロ組織をつくり
英仏と戦争しつつ、アラブ人にテロを働きどさくさにまぎれて建国した。

そしてパレスチナ人の出生率が高くなると食い詰めた自称ユダヤ人や
落ちぶれたロシア系えをかき集めたそれが泥棒t国家イスラエルの
真の姿だよ。

316 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 20:07:22 0
そして社会階層が出来た。
セファラディー・アシュケナジー>ロシア系>中東系>エチオピア・インドその他のジュウたち
>戦後イスラエル市民権を獲得したアラブ系ユダヤ人>アラブ人>パレスチナ人という
ランキング



317 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 20:30:27 0
「白人系ユダヤ人がパレスチナ人民を弾圧している!」
とか,その手の話に繋げようとする人がいるが,実際にはリクードを初めとする強硬派政党に票を入れているのは,経済的に貧しい人間が多いミズラヒムが中心で,白系ユダヤ人は寧ろ労働党支持者が多い(笑).


318 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 21:25:39 0
>>317
当たり前だろ。
20世紀前半に中東系から実権を奪ってイスラエルを建国した連中は建国初期においしい土地を全部とった。
だから今はこの状態を安定させたい。

それに大して後から人数あわせできた連中は土地が無い。だからロシア系や黒いのや黄色いのは
リクードにいれるんだよ。

つまり既得権益をにぎった連中と後からきた連中は利害がいっちしないわけだ。

だが、パレスチナ人からみたらどちらも敵なんだよ!


319 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 02:54:57 0
(ツッコミどころだらけだが)見てきたかの様に語ってるやつが多いが、ソースはなんだ?
大方イスラエルに行った事もなければユダヤ人に話した事もないバカがネットで仕入れた情報で語ってるだけなんだろうが。


320 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 04:34:16 0
レイシストが跳梁跋扈している国。

それがイスラエル。

この前、NHKで放送してた。

321 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 11:11:15 0
フランスなんかおかしいよな。ユダヤ人侮辱容疑があるのになぜかアラブ人侮辱容疑でつかまることは無い。
トンでもない人種差別国家だ。

322 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 12:45:09 0
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061124-00000103-yom-int
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061124-04854247-jijp-int.view-001

ガザで地元の57歳女性が自爆、女性テロ犯で最高齢

 【エルサレム=三井美奈】イスラエル軍による武装勢力の掃討作戦が続くパレスチナ自治区ガザで
23日、難民キャンプに立ち入ろうとしたイスラエル軍兵士たちに地元の女性(57)が近づいて自爆し、
兵士3人が負傷した。

 イスラム原理主義組織ハマスが犯行声明を出した。

 女性は9人の子供と約30人の孫がおり、パレスチナの女性自爆テロ犯としては最高齢。
不審に思った兵士らが手投げ弾を投げつけた途端、女性は体に巻き付けた爆弾を起爆させ、死亡したという。

 ハマスが公開した事前撮影のビデオで、ベール姿の女性は銃を掲げ、「神と故郷のために犠牲になる」と話した。


政権党がテロ活動とははいかがなものか


323 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 09:30:34 0
副島ソースは禁止な

324 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 13:06:03 0
ロスチャイルド家とロックフェラー家は神

325 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 16:55:29 0
赤いハイファに行きましたが、
バーで会ったホリエモンみたいな新興リッチの皆さんは左派ということで一致してました。
その人たち曰く自分達左派は新しい左派を望んでいるんだそうだ。

私は「そういえば変化党は一部のマスコミから中道右派と言われましたが」と言ったところ。
彼らから「でも、メレツから分裂したんだから、世論は左寄りと考えてるよ。」と言われました。

逆ドイツってことだな。本当は左なのに右であることにやたらこだわるナチどもの反対。

326 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 17:01:54 0
壁の建設自体が元々労働党のアイディアだからね。
東ベルリンの壁も共産党のアイディアだからね。  

327 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 17:10:52 0
シオニスト左派は世俗タカ派(地理・戦略として)
シオニスト右派は宗教タカ派(イデオロギーとして)

パレスチナが右翼の基地である理由
1.わが闘争が大ベストセラー
2.女性差別でアメリカ、イスラエルに比べれば左翼への弾圧が厳しい
3.コーラン訳者大川周明はファシズムの未来としてイスラムを崇めた

328 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 17:56:58 0
>>322 ハマースは軍事部門と政治部門に分かれてるから。さらに、政治部門でも
強硬派、穏健派に分裂。政治部門強硬派と軍事部門とシリア亡命組の力が強い。

329 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 18:09:13 0
テロ活動しているのはどこのセクションの何派?

330 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 22:09:59 0
>>329 軍事部門の「カターイブ・イッズッディーン・アル=カッサーム」

331 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 02:52:02 0
カーター氏の反イスラエル本が話題に 「愚かしき本」との評価も
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2821031/detail



332 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 23:52:01 0
心ない落書き「鉤十字」 独総領事館などのクリスマス会場 大阪・キタ

 在大阪独総領事館などが主催する大阪・キタのクリスマスマーケット会場で7日
未明、ドイツ・ナチス党のシンボルだった「鉤(かぎ)十字(ハーケンクロイツ)」の
落書きが計5カ所で見つかった。ドイツ国内で「鉤十字」を落書きすることは犯罪行為。
心ない落書きに、スタッフのドイツ人らは心を痛めている。

 落書きが見つかったのは、大阪市北区大淀中のスカイビル1階中央広場で開催
されているイベント「ドイツ・クリスマスマーケット大阪2006」の会場。

 ビル管理会社によると、落書きは7日午前4時ごろ、警備員が発見。会場に特設
されたヒュッテ(小屋)の木窓4カ所とアクリル製の窓1カ所に黒いスプレーで「●」の
文字が書かれていた。アクリル板の落書きはすぐに消去し、木窓の字も近く消すことに
しているが、被害届を出す予定はないという。

 だが、現場で運営に携わっているスタッフたちのショックは大きく、現場責任者の
ザビーネ・フィスターさんは「日本人が大好きで5年間、毎年来ているのに…。
ドイツ人を傷つける落書きをする日本人がいるなんて信じられない」。ゲロルト・
アメルンク総領事も「ドイツでは『●』を書けば犯罪になる。政治的背景はないと
思うが残念」と話している。

 イベントは総領事館などでつくる実行委の主催で先月17日から開かれており、
今年で5回目。ドイツ人約20人も会場スタッフに加わり、独製屋台のヒュッテなど、
同国のクリスマス文化が実現されている。
1)
産経関西
http://www.sankei-kansai.com/01_syakai/sya120802.htm

これ日本人の仕業かどうか怪しいな・・・・・俺の勘では、イスラエルに批判的な日本人をヘイト国家として
認定し、日本でもユダヤの影響力を行使したい、ウインターゼル機関の陰謀だと思うんだ。

333 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 00:36:07 0
>>333
大阪民国とくれば・・・W杯で
「ナチの子孫は帰れ」と横断幕を掲げた香ばしい民族のスクツじゃないかw


334 :世界@名無史さん:2006/12/23(土) 10:30:55 O
米軍がイラクから撤退したらどうすんのかな。
やっぱりイスラエルの周りも紛争が激化するんだろうか。
レバノンは内戦になりそうだし。

335 :世界@名無史さん:2006/12/23(土) 16:55:56 0
イスラエル的には、米軍には永久的にイラクに駐留してもらってイランに睨みをきかし、
なおかつシリアに圧力を掛け続けて、レバノンの親欧米派を支援するっていうのがベスト。
最終的にはシリア・イランのレジームチェンジが望ましい。そうすればヒズボラ・ハマスは
壊滅する。

336 :世界@名無史さん:2006/12/25(月) 07:31:49 O
今のパレスチナのアラブ人ってオスマン時代にやってきた移民が元だと思うけど、
大体何世紀ぐらいにやってきたのが一番多いの?

337 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 12:52:48 O
シャロンってもう廃人同様だったんだな…
倒れたのは知ってたけど。
果たして彼の人生は幸せだったのか否か。

338 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 16:19:58 0
>>332
日本のイメージ低下を企む半島国家の仕業だろ

339 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 20:46:20 O
>>337
端から見てると普通は地獄に落ちそうな人生だけどね
>シャロン


でもユダヤ教的にはOKなのかな。

340 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 22:31:43 0
>>339
そんなことはない。
ユダヤ教のことは詳しくないが、
ユダヤ教徒同根のキリスト教の教皇ウルバヌス2世によれば、
「聖地奪回のために異教徒を殺しても罪にはならない。またこれまでの罪が免除される」
らしいから、ユダヤ教も同じようなものだろ。

109 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)