5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世界の現王室・旧王室の人々 8

1 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 01:38:00 0
欧州の王室などの家系について
ttp://nekhet.ddo.jp/
欧州の王室人の現在の消息(英語)
ttp://www.hellomagazine.com/royalty/
欧州以外の王室(英語)
ttp://www.4dw.net/royalark/

■過去スレ
世界の現王室・旧王室の人々
http://academy2.2ch.net/whis/kako/999/999517615.html
世界の現王室・旧王室の人々U
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1046673892/
世界の現王室・旧王室の人々 3
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1088829763/
世界の現王室・旧王室の人々 4
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1123589327/
世界の現王室・旧王室の人々 5
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1149510447/
世界の現王室・旧王室の人々 6
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1155430683/
世界の現王室・旧王室の人々 7
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1160910375/

2 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 01:50:50 0
ごめん。前スレの最後に書き込んだことをもう一度。
皇帝ネタで盛り上がってたけど、ベトナムも皇帝だよね。
最後の保大(バオ・ダイ)帝は10年前までフランスで健在だったし、
皇太子は今なおフランス在住だと思った。

3 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 06:19:41 0
>>2
カンボジアの現国王が、フランスでダンス指導員してたね

4 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 06:37:44 0
996 名前:世界@名無史さん :2007/01/03(水) 01:27:10 0
後鳥羽院や後醍醐天皇にはロマンがあるが
現代の政治家たちにそんなのあるか?


997 名前:世界@名無史さん :2007/01/03(水) 01:27:15 O
天皇はもともと神道の最高権威だが、
その事は天皇が皇帝ではない根拠たりえない


5 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 06:45:59 0
>>4

政治に「ロマン」なんぞ要らん
ていうか、「ロマン」って政治的野心のことか?
そんなもの豊臣秀吉や足利尊氏にもあったろ

6 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 07:05:36 0
>>4
>後鳥羽院や後醍醐天皇にはロマンがあるが

どちらも失敗した政治家
しかも民生には無関係

7 :前スレ972:2007/01/03(水) 09:35:20 0
なんかしらんがすげー連投になってるwwww俺落ち着けwww
スレ汚して本当にすまん。

8 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 11:52:11 0
ところで、王の概念を詳しく頼もう

9 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 12:11:04 0
>>3
それは知らなかった。
でも、国を追われた王族貴族が、身につけた教養や素養を活用して生きていく、
というのは納得できる話だね。

10 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 13:20:44 0
各国の国王にも新年祝賀の儀式とか、やはりあるんだろうか。
西欧諸国の君主はやっていそうだが。

11 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 13:27:30 0
>民生には無関係

日本に限らず君主の文化事業とかを「所詮宮廷人の専有物だろ」とか切って捨てられるか?

洗練された文化はある程度の富の蓄積のある人間でないと作り出せないよ。


12 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 15:01:40 0
ビルマ王家ってもう滅亡したの?

13 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 15:30:50 0
>>11
何が言いたいのかさっぱり。

「洗練された文化はある程度の富の蓄積のある人間でないと作り出せない」
なら、
「君主の文化事業とかを「所詮宮廷人の専有物だろ」とか切って捨て」
られても仕方がないでしょうに。

馬鹿って可哀相。

14 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 15:38:29 0
とりあえずさ、君主制の是非に関する議論はスレ違いということにしないか?

15 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 15:49:05 0
>>13
そうそう
せいぜい観光で、後の住民が稼げるくらいしか意味なし

>>4の二人の場合、そういうメリットを遺したとも言えない

16 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 15:50:39 0
共和にまさるものはなし

17 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 15:55:16 0
>>2
保大帝はわりと最近まで生きてらっしゃったんだよな。

18 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 15:56:18 0
ところで、王の概念を詳しく

19 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:02:24 O
人類は知力を発達させる事で筋力に勝る禽獣との戦いに優勢を確保して食物連鎖の頂点に立った。

賢い人間ならば知力の大切さを理解しているし、個体の寿命という限界を超えて情報の蓄積を継続する事が知力の増強にとって重要だという事も知っている。

天変地異や戦災などで容易に失われる危険が付き纏う情報と知識を保存し、後世に残す事の大変さと重要さを知っているのが文明人の文明人たる所以だ。

故に文明人は破壊よりも保存に価値を見出だす。

共和制とは、伝統に価値を見出だす事も出来ず、伝統の価値を後世に伝える事も出来なかった無能の具現に他ならない。

共和とは野蛮人の、
野蛮人による、
野蛮人の為の政治なのだ。

20 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:06:53 0
>>19
共和国でも、文化遺産やら従来の法制度の良い部分の保存はしていますが何か

アメリカでもフランスでもドイツでもイタリアでも

21 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:08:22 O
野蛮な無能どもが右往左往してるだけ

22 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:12:07 0
>>21
それは日本でも大差ない。



23 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:13:50 0
>>19
共和制にしろ君主制にしろ、
客観的にそれがベストだといえるものじゃないだろう。
何言ってるんだか。

24 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:16:59 O
共和国

口先だけ達者な詐欺師の名前を書き込んだ投票用紙を手に持った人々が焦点の定まらない目でウロウロとさまよい続ける社会。

25 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:18:45 0
世襲

ボンクラが地位と特権を独占する社会

26 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:20:29 O
文明人が価値ある伝統を継承している君主国と、
君主制の継承程度の事業にさえ失敗した蛮族が代用品として縋る共和国とでは天地の開きがある。

27 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:23:28 O
ボンクラによる世襲では君主制を継続できないよ。
すぐに野蛮人が反乱するから。

君主制の伝統は叡知のバロメーター

28 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:24:10 0
お前の馬鹿さと君主国とはなんの関係もないと思うが

29 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:26:19 O
共和制に変な幻想を抱く馬鹿が君主国にも湧く事はある。

30 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:28:07 0
>>27
君主が飾り物なら、わざわざ反乱を起こさない

31 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:30:53 O
つまり君主制は戦乱を予防して情報と知識を保存するのに最適なアイデアなんだね。

共和国ってやたらに虐殺とか侵略を好むしね。

32 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:37:18 0
>>31
途上国では君主にしろ共和にしろ虐殺や侵略は起こるだろうし、
先進国では君主も共和も虐殺や侵略なんてしないだろ。

33 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:38:00 0
>>31
中国の王朝の変わり目を知らないの?

34 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:40:39 O
野蛮人が君主制をろくに継続できずに王朝が頻繁に興亡するのは無能だからだよ。

そんな無能どもの国がしまいに共和制に陥るのは当然の成り行き。

35 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:42:21 0
素朴な疑問ですが、王が身内に位を譲るのが「世襲」
身内以外の人間に位を伝えるのが「禅譲」ですよね?

何で「襲う」などという穏やかでない文字が使われているのですか?
おかげで子供のころは世襲という行為に悪いイメージを抱いていました。


36 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:47:40 0
>>34
すると、「文明国」は日本、イギリス、北欧三国、タイ、マレーシアあたり?
エチオピアも70年代まで「文明国」


37 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:48:43 O
19世紀にはイギリスとならぶ2大列強だったロシア帝国は無線通信の実用化などで先端を行く先進国だった。
そんな先進国ロシア帝国を倒したソ連は2500万の自国民を虐殺して対外侵略を繰り返した揚句3流国に転落して自滅。

アメリカ合衆国は建国当初から先住民2000万を虐殺、
その後もフィリピン、ハワイ、日本、ベトナム、アフガニスタン、イラクなどに侵略を展開して民衆を現在も虐殺しまくり。

38 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:55:07 O
共和国は情報と知識、そして人命を尊重しない。

39 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 16:55:42 0
>>35

その地位に就くのに勇気を持って向かわなければ行けない場合が多かったから。

襲うとは、そこを占拠支配する意志で既に人が居るところへ来訪する事。襲撃になるとは限らない。

40 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 19:14:07 0
君主オタの我田引水な理屈は聞き飽きた。
現存の君主自体が過去の残虐な暴君のなれの果てだろうに。

41 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 19:14:46 0
>>35
漢和辞典で「襲」の意味を調べましょう。
類似の用例としては、「襲名」等もあります。

42 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 19:15:36 O
実情を見る限り立憲君主国以外は何かと野蛮で凶悪すぎる国だらけ。

共和国はパラオなどの例外を除いて殆ど全部が血に飢えた未開国でしょ。

43 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 19:16:33 0
>>39
今手元に漢和辞典がない状況(海外在住)なので直ちに調べられんが、

>その地位に就くのに勇気を持って向かわなければ行けない場合が多かったから。

これはホント?


>>35
語源については知識不足で良く知りませんが、
通常「襲」の字を用いる場合、「跡を継ぐ」という意味もあります。
「襲名」「襲爵」等の用例を見れば明らかかと。

44 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 19:18:50 0
>>13>>15

後鳥羽院は日本最高の歌人の一人であることは常識なんだが。
その程度の事も知らないから平気で「観光しか」とか言えるんだね。

45 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 19:26:34 0
>>13

宮廷文化,貴族文化を認めないということは即ち
大衆文化以外は排斥するという
文化大革命並のレベルに堕してしまうのだが。


46 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 19:32:49 0
スウェーデン王制は、国王は法律公布すらできないのに
よく存続できているな。今のベルナドッテ王朝が極めて政治的な理由で
樹立された事を考えれば今の姿は感慨深い。

ある意味で君主制の究極の進化形態だ。

47 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 19:38:28 0
スワジランドは国民の過半数が基督教徒らしいけど
国王が時々側室選抜の大舞踏会?を開いているのを見ると
王室は基督教ではないようだね。

48 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 19:46:45 0
>>44
ナンセンス
一人や二人の歌人よりも、民政を始めた戦国大名の功績の方がよほど大きい

歌人など他でも間に合う。
平安期には、民政などなきに等しく、病人やけが人が打ち捨てられて野犬に食われていた。



49 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 19:56:20 0
>>45
文化大革命などせずに、正倉院や博物館に収納しておけばよい。
観光客や好事家から入場料金を徴収すればよい。

役に立つ伝統なら、大衆文化にも継承されているはず。
フランス料理、イタリア料理、中華料理のごとく。

50 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 20:00:00 0
>>47
HIV感染者人口が国民の3割突破し世界最高率のエイズ蔓延国に・・・
スワジランドもうだめぽ

王様が「婚前交渉禁止令」を発したらしいが時既に遅しorz

51 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 20:04:34 0
>>50
そういえば、かつて「セックスランド」と呼ばれたタイ王国のエイズ対策は、
どのようにして成功したのだろうか

52 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 20:10:37 0
>>37
グレートブリテン王国も、タスマニア島先住民絶滅などの野蛮行為を繰り返していた時代があったのだが

53 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 20:13:04 0
>役に立つ伝統なら、大衆文化にも継承されているはず。

貴方の文化理解の程度は低すぎる。
大衆文化に優れたもの、後世に残るものが無いとは言わない。
だが「安くて効率よくてなんぼ」の程度のものが大半だ。


54 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 20:16:00 0
>平安期には、民政などなきに等しく、病人やけが人が打ち捨てられて野犬に食われていた。

日本史上最も平和だった江戸時代ですらよく見られた光景。
松平定信が「飢饉でも領内で餓死者を出さなかった」ことが賞賛されているのは
つまりその逆の藩主が大半だったことの反映です。

55 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 20:18:32 0
>>19
「価値ある伝統」というなら、欧州諸国なら共和国でも、旧市街の景観保存に力を入れている。

また、近代国家フランスの諸制度もまた、大革命以前の制度をアレンジしたものが多い。
そもそも人間にはむやみに新しいものは創造できない。
既にあるものや古のローマの制度を参考にするなり、外国の既存の制度を借用するしかない。

56 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 20:28:17 0
>>53
貴族の文化にしても、あくまで後世に評価されたものだけが遺されている。
水銀を含んだ化粧の類の悪習は、いくら「伝統」などといわれても、
現在の皇室や、旧宮家・旧公家の人々が模倣しているとは思えない。

映画の中の一握りの名画のように、伝統文化というものも、
貴族的であれ、より大衆的であれ、
頂点のひとつまみのみ大切に保存され、
大半はゴミの山として廃棄されてきたのが、現在までの歴史である。


57 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 20:32:56 0
スワジランド国王はDQNだが、レソトのほうはまともっぽいな。

58 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 20:35:45 0
>>54
江戸時代には、「民を亡所に」しないようにする徳川幕府による一定の監視制度が
働いていた。
また、幕府の天領での統治はおおむねまともなものであった。

平安期の受領は、地方の豪族や庶民から見て、搾取をする存在に過ぎなかった。
だからこそ、豪族は、中央貴族や有力寺社などに自らの支配地を荘園に寄進し、
庶民もまた荘園に逃げ込んだのである。

59 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 21:09:10 0
>>57
紆余曲折を経て今のレソトは立憲君主制の形で
一応は落ち着いている。

先代の国王は相当波瀾に満ちた生涯を送っている。

60 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 21:15:55 0
スワジランドも先代の王が崩じた後王室内で紛争の末
今の王で決着したらしい。

61 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 21:17:24 0
君主国で平和的というと、極小国のリヒテンシュタイン連想するな。

第一次大戦のときは、侯爵のポケットマネーで領民が飢餓を免れ、
第二次大戦のときは、総選挙を延期して、新ナチの若者をオーストラリアに追いやった。



62 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 21:18:30 0
>>61
訂正
×オーストラリア
○オーストリア

63 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 21:20:08 O
虐殺の規模や頻度では共和国による犯行の方が桁違いだよ。
民衆の虐殺なんてえげつない真似を繰り返す野蛮人ではとうてい君主制を長期にわたり継続する事ができない。

アメリカ合衆国が建国以来200年、北朝鮮や中国が建国以来60年もの長い年月にわたり悪逆非道の限りを繰り返しているのに国家が滅亡しないのは共和国だから。

64 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 21:33:25 0
ところで、王の概念を詳しく

65 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 22:28:08 0
中国版のウィキ

>政治体制 君主立宪制

>国家元首:天皇:明仁天皇
>政府首脑:首相:安倍晋三

66 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 22:30:53 0
一般的にひとつの国を治めているのが王で
複数の国を治めているのが皇帝ではないか?
むろん例外もあるが。

67 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 22:34:59 0
今までの議論からしても
「民衆が王と認めたら王、皇帝と認めたら皇帝」
としか言いようが無いと思う。

中国史には皇帝と称しながら治めている地域は中国全土どころか
僅か数州とかいうのがごまんといる。

68 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 22:46:21 O
皇帝は複数の国を統治する存在だからこそ、律令体制で中央集権化した支那や日本でも地方の行政区分を国として取り扱う。唐の初代皇帝である李淵は皇太子である東宮を除いて息子達を秦王、斉王などと呼ばせていた。
2代目の太宗李世民は兄である東宮と弟の斉王をクーデターで殺害した秦王だった。

69 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 22:52:01 0
日本も、属国で僭称だったしな。

70 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 22:52:11 O
「民衆が皇帝と認める」だけではまるで不十分。

元首の格式というのは外国の元首との関係の問題だから、外国から公式に皇帝として認められてなければ結局ヒラ君主。

71 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 22:57:09 O
日本が属国だったのは平安時代までの話。
その後は独立国だし、明治7年の征台の役以後、清国との間でお互いの元首を対等の皇帝として認める事を取り決めた。
それ以降の日本は単なる自称ではない正真正銘の帝国として現在に到る。

72 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 23:04:54 0
明朝に服属して日本国王と称し、国内では天皇家の権威をしのいで
書面上とはいえ「室町殿様」と帝に呼ばしめた足利将軍はどう位置付ければいいだろう。

室町前期は明の属国状態だったと言うべきだと思う。

73 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 23:09:28 O
明国の皇帝が日本国王として任命した人物が任地である当の日本では天皇の臣下としての立場に留まっていた以上、
日本国内における権威は

天皇>明皇帝

としか解釈しようが無い。

明に属した状況とは到底言い難い。

74 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 23:18:16 O
創価学会の朝鮮系名誉会長が天皇を凌ぐ権勢を誇っているからといっても、日本が朝鮮の属国という理屈にはならない。
創価学会名誉会長は所詮皇帝の格式には遠く及ばないカルト教団の頭目風情に過ぎないからだ。

75 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 23:19:09 0
皇太子夫妻は国民に迷惑をかけないように。
ただ税金を無駄遣いするだけの存在にならないように。


と釘を差しておく。

76 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 23:26:27 O
ここでそんな釘を刺してどうすんだ?
東宮に意見したければ本人に投書でもしろよ。

77 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 02:47:16 0
>>73
明皇帝>足利将軍
天皇>足利将軍

ここまでは同意。だけどこれだけでは、明皇帝と天皇の上下はわからない。
高校で習った「集合」を当てはめて考えた結果。

78 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 04:15:03 O
>66
その概念は中国の皇帝像
欧州ではエンペラー・キング・グランドデュークに序列は無く単に称号上の違い

つーかもう新しくスレたってんのか はやっ

79 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 05:20:36 0
ここに至るまでのレスでスレの趣旨に沿ったレスが10レス程度
お前ら自粛しろ。
特に前スレからずっといる携帯厨。

80 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 06:39:11 0
>>73>>70
まったく矛盾してるぞ

81 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 06:47:17 0
>>80
対外と対内双方で皇帝と認められた君主がいなかった室町前期に
日本に皇帝はいなかったというわけね



82 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 10:54:01 0
タイでのテロはタクシン派なのかね。

今年はプミポン国王が80歳を迎える年だそうで、
即位60周年の去年に引き続いて祝賀ムードだったらしい。
だとしたらタクシンはプミポン国王に反逆する逆賊決定。

83 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 11:42:53 0
タイの次は気になる。

次の次は、おそらくワチラロンコン皇太子の息子だろうけど。

84 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 16:58:19 O
>>70>>73は全く矛盾が無い。

明皇帝が任命した日本国王本人が肝心の領地である日本国内ではあくまで天皇の一臣下に過ぎなかった。

これは日本国王自身が日本社会における権威の序列を
天皇>明皇帝

なのだと認めない限り有り得ない状況だ。

85 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 17:13:59 0
マッカーサー元帥は釈迦のような慈悲の持ち主と讃えられ、
孔子の「論語」に登場する「遠来の友」にもたとえられた。
また、日本を悪夢のごとき戦争から救ったとして崇められている。

86 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 17:20:50 0
マルチ乙

87 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 18:27:45 0
>>84-85
天皇はマッカーサー元帥を訪問したが、
マッカ−サー元帥は天皇を訪問しなかった。

これは天皇自身が日本社会における権威の序列を
マッカーサー元帥>天皇

なのだと認めない限り有り得ない状況だ。




88 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 18:29:44 0
>>63
なるほど、世界の大勢が共和国になる道理だ


89 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 18:34:18 0
>>63
>民衆の虐殺なんてえげつない真似を繰り返す野蛮人ではとうてい君主制を長期にわたり継続する事ができない。

第二次大戦後、共和国になった欧州諸国で、民衆を虐殺した国というと何処?

イタリアや東欧諸国(ソ連を除く)で大規模な虐殺が起きた?

90 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 18:50:42 0
>>63
>民衆の虐殺なんてえげつない真似を繰り返す野蛮人ではとうてい君主制を長期にわたり継続する事ができない。

そう日本人のしてきた殺戮など世界的には微々たるもの。
「南京事件」はあっても「南京大虐殺」はなかった。
「南京大虐殺」とは、太平天国鎮圧の際に、清国軍が行ったのが、本来の意味。

91 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 18:56:20 0
>太平天国鎮圧の際に、清国軍が行ったのが、本来の意味。

この時天王洪秀全の宮殿では数千人の宮女が首をつって自殺したらしい。
勝利者の曽国藩が上奏文で述べているから間違いないだろう。

92 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 18:56:32 0
>>90
もともと「三光」も、
お雇い外国人のゼークト将軍率いる国民党軍の紅匪狩りのときの作戦を指していた。

93 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 19:31:54 0
>>84
たしかに、シチリア島では

マフィア>国家

と、シチリア社会が認めています。

94 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 19:51:20 0
>>84
それで、国際的に天皇は皇帝だったの?

95 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 19:55:09 0
天皇とローマ法王では、国際的にはどちらが権威があるだろうか

96 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 20:06:28 0
そりゃローマ教皇だよ。
全世界のカトリックの頂点に立つんだから。

天皇陛下は日本国限定。

97 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 20:21:07 O
近頃の馬鹿は文化大革命やクメールルージュも教わってないのか

共和制の狂気に無知すぎる

98 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 20:26:16 0
島国のローカル皇帝(自称)だもんな。

99 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 20:31:54 0
しかしなんで一時期、天皇>ローマ法王なんて妄説が信じられてたんだろうか。
1国の君主と全世界のカトリックの頂点に立つ人物、
どちらが世界的に権威があるかなんて、少し考えれば分かるだろうに。

100 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 20:34:17 0
日本オタや天オタの夜郎自大ぶりのなせる業。

101 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 20:44:04 0
日本史板でもそうだが天皇ネタになると伸びるのが早いな。

102 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 21:47:02 0
>>97
狂気なら、中国の正史にも出てくる。
前近代の欧州の異端審問・魔女裁判しかり、宗教改革しかり。

別に君主がいようがいまいが、人間は愚行に奔りやすいもの。
それを扇動して利用する人間も跡を絶たない。

103 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 21:51:15 0
>>97
虐殺こそなかったものの、明治維新直後の廃仏毀釈によって、
多くの文化遺産が破壊された。
革命には、大なり小なり、狂気と愚行はつきもの。

104 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 21:53:48 0
そもそもどちらが上か下かなんて発想自体俗なもの。
そんなに知りたきゃ教皇庁に直接メールでも何でも送って確かめれば?
多分そう言われるから。右翼と左翼の思考回路ってせいぜいそんなもの。
天皇陛下を貶めようとする連中も無闇に持ち上げようとする連中も本質的には変わりゃしない。

105 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 21:57:23 0
質問に答えてよ
どこの王国の国民が自国の君主より天皇を尊敬するの?

106 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 21:57:31 0
その存在に権威を感じる人間はどちらが多いか
その言動に影響を受ける人間はどちらが多いか
と言う点では厳然としてローマ教皇の方が「上」だよ。

ここは世界史板なんだからそういう事は考えておいたほうがいい。


107 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 21:58:02 0
>>97
ブータン王国でも、ネパール系住民に対する虐殺が横行した時期があった。
ヨルダン王国でも、パレスチナ人追放の際、虐殺や強姦が行われた。
スペイン王国の圧政下で、インディオは激減した。


108 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 22:04:10 0
>>105-106
>その存在に権威を感じる人間はどちらが多いか
>その言動に影響を受ける人間はどちらが多いか

天皇についての日本人よりも、フミポン国王についてのタイ人の方が、
上記の人間は多いと思う。

109 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 22:05:51 0
そもそも大日本帝国が

・台湾の霧社事件で毒ガスまで使って高砂族を鎮圧
・朝鮮半島では土地調査事業と称して、朝鮮農民の土地を強奪
・戦時中で手薄になった内地の労働力として朝鮮人の強制連行
・満州国で開拓移民のために中国人の農地を強奪
・いわずと知れた南京虐殺

いろいろやってるわけだが。

110 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 22:06:53 0
>>63
アメリカ合衆国より古い歴史を持つスイスやサンマリノで、どんな大規模な虐殺が起きた?

111 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 22:07:44 0
おまけに大日本帝国の下士官・上等兵は
同じ日本人の新兵に対する凄惨なリンチでも有名だしな。

112 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 22:10:41 0
天皇の御料車の先導を誤った警察官が自決したり、
御真影が火災で焼失した学校の校長が自殺する社会でもある。

113 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 22:15:11 0
>>89
ポーランドでは、第二次大戦直後にも、ユダヤ人虐殺が起きたと、読んだことがある。

イタリアでは、暗殺やテロの類は起きたが、大規模な虐殺はなかったはず。

114 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 01:11:02 0
>>111
すべての内務班でいじめが行われたわけではない
夜の点呼が終わって下士官が自室に引き上げると
大部屋は古兵の天下になる
その時最有力の古兵にへつらう腰巾着がいじめの発信元

内務班生活を書いた人の手記によるとその人の隊では
7班中2班で凄惨ないじめがあったそうで
その元凶の1人が戦後京都市電を運転していたのを見たと
市電の運転手がどの階層の職業かはわかるよな

115 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 02:35:28 0
>>96
> そりゃローマ教皇だよ。
> 全世界のカトリックの頂点に立つんだから。
>
> 天皇陛下は日本国限定。
宗教的権威という意味なら、別に世界中の神道信者の直接的な崇拝の対象である天皇と、
信仰の様式に意味づけを与えるローマ教皇を比較する意味が分かりません。世界中の
空手道場や柔道場に神棚があることを知らないのですか?

国の元首ということなら同格で、在位年数に応じて対応が変わるわけです。

116 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 04:17:15 0
日本>バチカン市国
世襲君主>非世襲元首
2667年>2007年
∴天皇陛下>ローマ法王

117 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 04:39:49 0
完全に糞スレだな

早く冬おわれ

118 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 04:41:59 0
反日・反天皇の輩が暴れてるからな

119 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 08:09:44 0
馬鹿がウヨウヨしてる

120 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 08:25:33 0
>世界中の神道信者の直接的な崇拝の対象である天皇
>神棚

クリスチャンやムスリムの柔道選手が日本のエンペラーを崇拝していると
本気で思っているの?

121 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 08:32:08 0
本当に世界中の柔道場に神棚あるのか?

ムスリムが神棚に頭を下げたり手を合わせる光景なんか想像できない。
明らかに彼らにすれば偶像崇拝だろうに。

122 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 08:36:40 0
明治神宮に初詣に行く人だって明治大帝を崇拝しているという人なんか
ほんの一握りだと思うぞ。

123 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 10:52:29 0
>>116
>2667年

馬鹿じゃないのw

124 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 10:57:20 0
おーいそろそろスレの流れを元に戻そうや。
脱線し杉。

125 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 11:09:44 0
晒しage

126 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 11:49:18 0
商人たちの歴史について語りませんか。

127 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 12:23:04 0
>>120-121
ネタに決まっているわ。


128 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 14:59:21 0
豚商人出身のセルビアのカラジョルジェヴィチ王家があったな。
世界的にも商人出身の王室は珍しいんじゃないか。

129 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 16:48:27 0
商人出身の王家の代表はトスカーナ大公のメディチ家。

130 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 22:30:04 O
格式について最低限の知識を備えた全世界の人間が天皇ただひとりを皇帝として認めているよ。

131 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 22:39:44 0
ふーん、そう

132 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 23:18:10 0
執事が先祖のスチュアート朝

133 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 23:25:07 0
托鉢僧が開祖の明朝

134 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 23:47:06 0
テューダー朝も一介の納戸係が先祖

135 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 23:57:09 0
ハプスブルク朝は元をただせば先祖は誰?

この前博物館で見た公式系図ではクローヴィス王が先祖となってたけど。

136 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 23:59:13 0
ハーレムの奴隷女が開祖のエジプト・マムルーク朝

137 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2007/01/06(土) 00:06:11 0
ブルガリア皇帝として、モンゴルや東ローマを撃破したイヴァイロは元豚飼い。
それも自分の豚すら持っておらず、他人の豚を世話していたほどの貧乏人。

138 ::2007/01/06(土) 00:12:15 0
ナポレオンの子孫いないかな?

139 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 00:13:26 0
神代から天皇家以外は天皇になれない日本は身分移動が厳しく制限されていた
ということか。

140 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 00:47:32 0
小泉は、この間まで一般人の男系子孫を皇位につけようとしてたけどな。

141 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 01:32:52 0
>>138
子孫というかボナパルト家なら今でもちゃんと存続してるよ。
何年か前にボナパルト家の宗主(ナポレオン公)が地元の
市長選挙かなんかに出てニュースになった。

142 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 01:49:16 0
>>135
スイスの田舎豪族というか、ドイツからアルプス越えの街道筋にある鷹の城で
ローマ詣でに行く奴等から通行税取って儲けたんだっけ。
日本史でいえば三河松平郷の松平家みたいなもんかしらん。

143 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 03:08:55 0
カロリング朝も宮宰上がりなわけで、執事と言えなくもない。

144 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 06:19:30 0
>>123
それをいうなら「2007年」にも突っ込みなさいよ。

145 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 10:16:11 0
いずれにしてもローマ法王より天皇が古いわけがないから

146 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 10:28:34 0
初代天皇は7世紀後半の天武天皇なので天皇としての歴史は1330余年。
前身の大王までさかのぼっても現天皇家の直接の先祖は6世紀初の継体大王。
今年で継体王朝成立からちょうど1500年だな。

ローマ教皇より古いなんてことは絶対ない。

147 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 11:25:40 0
ちなみに権威は
日本の天皇=ローマ教皇>エリザベス女王
ブッシュ大統領はこの三人のみ最敬礼(ホワイトタイでお迎え)するよ。
日本の天皇はカトリックが認めた唯一、最古の皇室だからね。
王室じゃないから天皇を出すのはスレ違い。

148 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 11:40:37 0
世界三大権威にホワイトタイか…
とことん頭の悪さを曝け出してくれるな

149 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 14:31:14 0
>>147-148
他にもホワイトタイで出迎えられた国賓がいたと聞くけど

150 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 14:37:57 0
実際に訪米してくれると一発で結論が出るんだけど、なかなか難しいだろうな…

151 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 14:49:08 0
ローマ法王は世襲じゃねーだろ
その時点でローマ法王の方が下だろが

152 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 14:50:44 0
ローマ法王は王室ではない
あえて天皇と比べた場合、明らかに天皇の方が格上

153 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 15:16:30 0
>>147
つりじゃないと仮定して聞くが、
>日本の天皇=ローマ教皇>エリザベス女王
の根拠と、もう一点、ホワイトタイとは一体何を意味してるか理解してますか?

154 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 16:42:32 0
天オタ、ネットウヨクってうざいな。

日本が日本民族(大和民族)主体の民族国家であることをやめて、
アメリカやカナダみたいになんでもありの多民族国家になれば問題ないだろ。

カナダの前総督は香港生まれの中国人、現総督はハイチ出身の黒人だぜ。

155 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 18:24:12 0
英連邦諸国の総督みたいな自国内に君主のいない国の総督とか、
ハンガリーのホルティ摂政みたいな「王なき王国」の摂政がカッコいい。

156 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 18:40:27 0
おまえらシーランド公国についてはノーコメントですか?

157 ::2007/01/06(土) 18:54:44 0
>>156
そんなもん世界のどこの国も認めてないだろ?

158 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 19:13:13 0
オッサンが英海軍の作った海上基地の跡を占拠して王様ごっこしてるだけ。

159 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 19:41:33 0
>>155
フランコもそうだね。
で、フランコの後継者として育てられていたフワン・カルロス王が実は民主主義者だった、というオチつき。
腹の中は「忍」の一字だったんだろうね。

160 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 20:08:20 0
>>157
英国が認めていますが何か?

161 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 20:09:58 0
>>155
日本も現皇室の血統絶えたら、国会が摂政を選任すればよか

162 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 20:52:14 0
インドネシア第1王女、たこ焼き店開く
1 :ブルーベリーうどんφ ★ :2007/01/06(土) 14:56:18 ID:???0
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070106it04.htm?from=top
インドネシアの古都ジョクジャカルタで昨秋、現地の王室のグスティー・パンバユン第1王女(33)が
誘致した「TAKOYAKI(たこ焼き)店」がオープンし、人気を集めている。
「日本の庶民の味」にほれ込んだ王女が出店を熱望し、たこ焼きなど粉食の普及に取り組む
日本コナモン協会(大阪市)の協力で実現した。街には昨年5月のジャワ島中部地震のつめ跡も残り、
関係者は「被災者らも元気づけられれば」と、テント生活が続く人々にたこ焼きを振る舞うことも
検討している。
インドネシアは共和制だが、一部地域では王室も存続している。王女は同国特産の黄金色の繭を
生産する「ロイヤル・シルク財団」を主宰し、繭のPRなどで5年前から来日を重ねるうち、
和食ファンになった。
たこ焼きは一番のお気に入りで、昨年春の来日時、財団を通じてコナモン協会に「祖国でも広めたい」
と協力を要請して東京のたこ焼き店を紹介してもらい、財団関係者が修業を始めた。
鉄板など調理器具の図面やレシピ(調理法)などの提供、店舗設計の助言なども受け、
財団は昨年9月、市街地のショッピングセンターで「KONAMON」という名の店を開いた。
今は地元の若者7人が、千枚通しを手にTAKOYAKIをつくっている。
値段は1食(4個)1万1000ルピア(約140円)で、同国の働き手の平均月収の1%ほどするが、
タコ以外にチーズやバナナ、チョコレートを入れるなどの工夫をし、1日約500食を販売している。
近くの大学からは「キャンパスに出店を」と打診もあるという。
ジョクジャカルタは人口約300万人で、地震では家屋約20万戸が倒壊、5000人以上が死亡した。
今もテントで暮らす被災者は多く、財団は「店舗を増やせれば、失業者の雇用創出にもつながる。
たこ焼きで被災地を元気づけていければ」としている。
生活文化研究家で「タコヤキスト」を自任する熊谷真菜・日本コナモン協会長は
「たこ焼きの輪が世界に広がるのは素晴らしい。今後も協力できることは惜しまない」と話している。



163 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 21:00:28 0
で、お前ら先ほどあった王室番組みたか?

164 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 21:01:17 0
>>161
多分、議論も無しに旧皇族が登位することになると思われ。

165 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 22:23:17 0
>>164
漏れは皇后とかが摂政即位→共和制移行ってなるほうが確率高いと思う。
そもそもそれ以前に断絶しないようにすべきなんだろうけど。

>>162
インドネシアのどこの王室だ?

166 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 23:31:35 0
>>163
見た。アリクス殿下が出てたね☆皇室日記からのリサイクル映像だった。

>>147
まだ居たんだね。

167 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 01:24:31 0
イタリアで王制復古しますように

168 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 02:08:30 0
現時点でもっとも王制復古の実現が近い国ってどこかね?

169 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 07:03:33 0
思い当たらないのが悲しいところだな。

>>165
ジョグジャカルタ(ヨクヤカルタ)でしょ
マタラム王国(バリではなく中部ジャワの方)が分裂して今でも残ってる2家のうちの片方。もう片方はスラカルタ

170 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 07:40:16 0
王政復古なんてセコイこと言わずに、新王朝を建てろよ

ところで最も新しい王朝ってどこかね?やっぱ中央アフリカ帝国かな

171 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 10:40:25 0
>>151
世襲より禅譲のほうが尊いに決まってるだろwwww

172 ::2007/01/07(日) 11:42:48 0
ポルトガルとドイツとフランスはもう無理か?

173 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 12:31:29 0
>>172
どうだろうな。でももうこの際韓国でもどこでもいいから王制を復活させて
王制復古の流れを作ってほしいな。

国際的な影響力のことを考えるとやはり欧州のフランスやドイツあたりの
大国に復古が起きてほしいところだがスペインのような欧州の名だたる
国でさえ、それ以降に王制復古を果たしているのはカンボジア一ヶ国のみ。

現実的にはやはり厳しいんだろうな・・・・・

174 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 12:42:19 0
>>170
だろうな。数年で崩壊してしまったのが悔やまれるが。

175 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 13:04:34 0
質問。
世界で一番古い王室は・・・という話はよくきくけど、
世界で一番新しい王室はどこですか?

176 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 13:14:18 0
>>175
現存王室だったら多分ブータンではなかろうか

177 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 13:19:38 0
へー1907年かあ。
ありがとさんです。

178 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 13:59:56 0
>>171
>世襲より禅譲のほうが尊いに決まってるだろwwww

そんなわけねーよ馬鹿wwwwwwwwwwww

179 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 14:01:05 0
近々英王室の王朝名が変わるからそちらになるだろう。

180 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 14:06:20 0
ただ英国はノルマン王家からこっちを全部、一連の王室とみなしてるからな。

181 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 17:02:42 0
ケベックが独立してエリザベス二世を君主として仰げば、新立憲君主制国家の出来上がり

182 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 17:39:12 0
ちょっと待て。
英国系が圧倒的多数のオーストラリアですら君主制廃止、共和制移行の声が高いのに、
フランス系が多数派のケベックが英女王を元首にして独立するとは思えない。

183 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 18:02:29 0
共和制移行は許さん
共和制移行するくらいならチャールズ皇太子か誰かが
オーストラリア王として迎え入れられれば面白いのにな
英国王は人気のあるその息子で

184 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 20:55:24 0
343 :世界@名無史さん :2005/09/13(火) 15:22:27 0
天皇が象徴となった現在は日本の第一共和政時代にあると言える。
まあ、今後は確かに小泉首相は事実上の大統領になるだろうな。
もはや党内に彼にまともに逆らう人間なんていやしないのだからな。


345 :世界@名無史さん :2005/09/14(水) 08:16:42 0
>>342何処か小泉はラインハルト的なものを感じる「ライオンハート」
などと言っている時点で。となると阿部はミュラーと言ったところだ
ろう。突然出てきて突然成り上がるというパターンにおいては。となると
鈴木宗雄あたりがラングかな?小泉に関して言えば、ラインハルトだけで
なく「逆襲のシャア」のシャアや現在放送中の「ガンダムSEED DESTINY」
に登場するギルバート・デュランダル議長とも何処か似ている。

185 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 21:01:37 0
>>183
あんたが許す許さんの問題か
イギリス連邦加盟国の大半はとっくに共和制だぞ

186 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 21:34:45 0
>>182
つまり旧フランス王家につらなるものを王位につければいいってことだな
フランスブルボン家復興の兆しが見えたな!

187 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 21:35:38 0
フランスで王制が復活するとしたら
どの家がふさわしい?

188 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 21:42:00 0
オルレアン家かボナパルト家

189 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 21:55:33 0
>>187
加藤家

190 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 22:15:27 0
オルレアン家だな。

ボナパルト家は近代になってからの成り上がりのイメージが強すぎる。

191 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 23:13:20 0
そしてスペイン王がフランス王位を要求

192 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 23:15:52 0
実際、スペインの王族がアンジュー公とか名乗ってブルボン家の正統を主張しとる。

193 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 23:50:03 0
ルイ14世の孫がスペイン王位の継承をしたときに
フランス王位継承権は放棄すると宣言してなかったっけ?

194 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 00:04:12 0
フィリップ・エガリテがフランス革命の際に王位継承権を放棄したのに、
息子のルイ・フィリップが王位についたのだから、スペイン・ブルボン家も
フランス王位継承権を放棄する必要はないとかいう理屈らしい。

ただし、主張してるのは国王ではなくて、その従兄弟か何かだが。

195 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 02:58:36 0
何かの間違いでフランスで王政復古の機運が高まって
ブルボン派、ボナパルト派、共和派とかで三つ巴になったりしたら野次馬的には面白いね

196 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 03:14:56 0
>>195
第三共和制の初期って、本当にそんな状況だったらしいよ。
ブルボン派、オルレアン派、ボナパルト派、共和派と。

ブルボン派とオルレアン派が「こっちが王に相応しい」と喧嘩してなけりゃ、
フランスは王政復古できた状況だっだんだよね。
(やっと「まずブルボン、王位継承者にオルレアン」という妥協が成立したけど、
時既に遅し)

197 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 05:49:17 0
ブルガリアも王制復古してほしかった
あの時は死ぬほど期待したものだが…

198 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 07:58:29 0
今もフランスの君主主義者はブルボン、オルレアン、ボナパルトで分裂してる。
フランス・ブルボンの直系はアンリ5世で途絶えてしまったので、
そっちの継承権が今はスペイン・ブルボンのアンジュー公、ルイ20世に移っている。
少し前までは自称ルイ17世のノンドルフの子孫を支持してる人もいたが、遺伝子検査で偽物だったと確定。

199 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 10:16:06 0
>>196
でも、次の国民議会総選挙、元老院改選では共和主義多数に
以後、共和制が定着

国家の政治体制というのも下部構造を土台にしたストラクチャーが本当に重要
フランスの場合、貴族などの階層の利害と各王家が結びつき過ぎだたんでしょ

イギリスなら、一々革命起きなかった七月革命、二月革命

200 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 10:23:53 0
>>199
スタンダールの『赤と黒』読んでも、
マチやムラの顔役、有力者層の間の対立にまで、王党派の共和派だのが
関係している。

それと、軍人の将校の平民主流化も大きい。
大日本帝国の革新運動でも、小作農救済には、結局実を結んだ
(地主ではなく「生産者」に財政支援が行われるようになった。)。
フランスの旧貴族の利益べったりのブルボン家を、大多数の軍人が支持するはずもなかった。


201 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 10:38:45 0
>>199
七月革命前の銀行など金融資本家の勃興
二月革命前の工業資本家の勃興と労働者階級の形成
それぞれ政権側がおとなしく選挙権拡大に応じていれば、革命を回避できたはず。

ナポレオン第二帝政にしても、第二共和制政府が労働者の利益をまるで無視していたからこそ、
可能だったともいえる。おまけに、この頃から中小の自営業者の没落が始まっていた。
マルクスとユゴーには叩かれていたが、第二帝政はフランスの福祉国家化の先駆けでもあった
(無償の義務教育、労働者向け公営住宅、国選弁護人など)。

第三共和制の定着も、王党派と縁の薄い新興の資本家や中間層が、
王党派の地主や銀行家男爵を排除したかったからだと思う。




202 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 10:43:15 0
>>201
この点でも、イギリスなら、爵位やサーの称号を持った新貴族や一代貴族
を濫造して、成り上がり者の取り込みにかかったことだろう。

203 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 10:52:14 0
>>186
ケベックのフランス語は本国と違うことが、吉と出るか凶と出るか

204 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 15:41:50 0
イギリスのエリザベス女王が死んだら、天皇は葬式に行くんだろうか?
最低でも総理大臣経験者と皇太子は行くだろうけど。
(皇太子はトンガの国王の葬式でも行っているが)
ちなみにベルギー国王のときはとんぼ返りで行っている。

205 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 15:44:42 0
いけば最上位ということは分かりきっているが。
秩父宮が昭和天皇の名代でジョージ6世の戴冠式に行ったときは
すべて最上位の座次の待遇だったという。

206 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 18:02:07 0
ロマノフ王朝

207 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 18:16:14 0
>>204
7歳差だろ?
どっちが先に崩じるかわかったものではないと思うが。

名代はは本人と同等の扱いを受けるのだったら、皇太子が名代で行っても最上位になるだろ。
皇太子として行った場合は親の即位が早い順とかじゃなかったっけかな。

208 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 18:40:34 0
つまりこれから新自由主義が拡大して資本家と労働者の対立がさらに深まれば第五共和制転覆も・・・
しかし出てくるのは君主制じゃなくて極右か極左か。

アクシオン・フランセーズなんていう王党派のファシスト団体が戦前あったけど。

209 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 19:00:01 0
>>201

>>208

210 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 00:22:02 0
巷で密かに話題になっているあのシーランド公国が売りに出されるとの
情報を入手。一国の統治者になれるチャンス?

独立40年、「シーランド公国」を買いませんか? - 英国

【ロンドン/英国 7日 AFP】北海の沖合に設けられた第二次世界大戦時の海上要塞で、
過去40年間にわたり一国として「統治」されてきた「シーランド公国(Principality of Sealand)」が、
売りに出されることがわかった。タイムズ(Times)紙が8日、報じた。

英国東部ハーウィッチ(Harwich)沖合約11キロに位置する面積わずか550平方メートルの小国
「シーランド公国」は、もともと、1941年に建設された海上要塞「Roughs Tower」である。シーランド
公国への「足」はヘリコプターかボートのみと少々不便だが、現在の「統治者」は、360度の水平線、
完璧なプライバシー、そして“タックスヘイブン”が魅力だと語り、数千万ポンド規模での売却を考えているという。

タイムズ紙によれば、シーランド公国マイケル皇太子(Prince Michael of Sealand)は次のように語ったもよう。
「われわれは40年間にわたりシーランド公国を統治してきましたが、すでにわが父も85歳になりました。
そこで、そろそろ国の活性化が必要ではないかと思ったのです。(売却価額については)天文学的な数字が
噂されていますが、われわれとしては、どのような提示額があるかまずは見てみたいと思っています」

実際にひとつの「国」と認めてよいのかどうか微妙なシーランド公国だが、軍事力によって外敵から
主権を守り通した点では、ほかの国々と何ら変わりはない。(〜中略。以下はソースを参照のこと)

http://www.afpbb.com/article/1219425

211 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 00:27:07 0
>>210
ちょっと欲しいな

212 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 01:50:57 0
セボルガ公国っつーのがあるらしい

213 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 02:01:16 0
自称国家で大統領ではなく公を自称したのは偉いと思う
ともかく、第二、第三のボカサ様の登場を願う次第だ

214 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 02:04:04 0
どこかの無人島を購入して勝手に公を自称してみたい

215 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 03:26:21 0
20世紀でも、第二次大戦前ならアルバニアのゾグーみたいに大統領から国王になった例はある。
これはボカサの偉大な先達だな。

216 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 03:53:46 0
>>214
別に島である必要はないだろ
君の家を国土に独立宣言して公国を名乗ればいいよ

217 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 03:56:31 0
>>214
別に島である必要はないだろ
君の家を国土に独立宣言して公国を名乗ればいいよ

218 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 04:22:02 0
>>216

島のほうが国っぽいっつーか領土っぽいじゃん?
孤島こそに魅力を感じるみたいな

219 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 04:57:49 0
島国民族的発想。

220 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 06:04:11 O
>183
次男のヘンリー王子をオーストラリア国王に迎えようって話しはある
ただ極々、少数意見で現実的には難しいそうだ

221 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 06:18:53 0
大総統から皇帝になった人が20世紀初めの中国にいたな。猛反発されて失脚したけど

ハイチあたりにまた皇帝でないかねw

222 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 08:27:57 0
袁世凱の帝政が成功していれば大躍進も文化大革命も無かった。
どれだけの中国人が救われたことか・・・。

223 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 09:20:24 0
>>183
ってかオーストラリアに住む
ゴミWASPは豪州をアボリジニに返還して
さっさとイギリスに帰れよ
犯罪者どもは不法占拠が好きなのか?

224 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 09:25:03 0
アボリジニなんて点在してただけでしょ

225 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 09:37:38 0
 英国東部サフォーク沖10kmに位置する「独立国家」シーランド公国が、国家全体の買い手…
…ではなく「統治権の移譲」相手を募集中とのこと。

 シーランドとはもともと第二次大戦時に英国の海上要塞として建造された構造物で、戦後放棄
されていたところを元英国陸軍少佐・当時は海賊ラジオ放送者だったロイ・ベイツ氏一家が1967
年に実力で占拠し勝手に独立国家を宣言したもの。

 英国としては当然独立など認めないところですが、少なくとも1967年当時は英国の領海外であ
り司法権がおよばない(と考えられた)こと、独立を宣言したロイ・ベイツ氏(現、シーランド公ロイ一
世)が統治権は国際法的にも有効であると主張して居座り続けたことから事実上の黙認、変人一
家の趣味として国際的にスルー状態となっていました。

 またインターネットと国家主権の衝突が問題となりはじめた2000年前後には、シーランドの法
的に曖昧な状態を利用して「どの国家からも干渉されない安全なデータ・ヘイヴン」を謳ったコロ
ケーションサービスを提供する企業HavenCoが話題となったのも記憶に新しいところです(まだやっ
てるか知りませんが)。

 というわけで自称独立国家のシンボル的存在だったシーランド公国ですが、昨年の火災で国土 
(といっても550平方メートルくらい)の大部分が大きなダメージを受けたこと、統治者ロイ一世の
高齢といった問題もあり、ロイ一世の息子であり摂政を務めるマイケル公および王室一家の総意
として、国家の買い取り先 統治権の移譲先を求めることになったと伝えられています。

 リンク先は(スペイン語なのでよく分かりませんが)このことを報じる記事。こちらの不動産業者の
ページで買い手の募集がおこなわれているようです。引っ越すにしても英国からヘリコプターか
船を使うほかなく、海賊に襲われても自力で防衛するしかないなどいろいろと面倒なことはあるも
のの、そろそろ国のひとつも所有してみるかという気になっていた方はコンタクトしてみてください。
設備が復旧していれば衛星インターネットも完備の優良物件です。

http://japanese.engadget.com/images/2007/01/Sealand_fortress.jpg
http://japanese.engadget.com/2007/01/04/principality-of-sealand-for-sale/

王国崩壊の危機!!!

226 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 17:15:29 0
売国奴め!

227 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 17:51:21 0
>>226
だれがうまいことをいえと

228 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 19:40:18 0
ニュージーランドには今でもマオリ族の王がいるらしいけど。

229 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 19:54:11 0
アラブ世界で、王国と首長国の格差はどこに起因するのだろうか。

230 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 21:34:17 0
湾岸産油国の王族って、黒人ハーフっぽい容貌の人がけっこういるね。

231 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 22:38:54 0
>>228
ニュージーランド政府観光局・ニュージーランドあれこれ
『テ・キンギタンガ − 王擁立運動とマオリ王の系譜』

232 :231:2007/01/09(火) 22:40:14 0
あっリンク先忘れた
ttp://www.newzealand.com/travel/ja/media/backgrounders/06_sep_25_te_kingitanga_backgrounder.cfm

233 :世界@名無史さん:2007/01/10(水) 00:00:03 0
世界の中心で、王制万歳をさけぶ

234 :世界@名無史さん:2007/01/10(水) 04:12:29 0
>>229
適当だろう
バーレーンが突然王国になったりしてるし

56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)